もし私たちが涙のない世界に住んでいたなら・・・ LUCINDA WILLIAMS - ルシンダ・ウィリアムス
FC2ブログ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

もし私たちが涙のない世界に住んでいたなら・・・ LUCINDA WILLIAMS

「World Without Tears」LUCINDA WILLIAMS

ルシンダ・ウィリアムスの2003年のアルバムである。
「フルーツ・オブ・マイ・レイバー」は、「努力によって実らせた果実(結果)」という意味である。ゆっくりしたギターとハーモニカが、いい味を醸し出している。
「ヴェンチュラ」は、これまたゆるやかな曲調だが、ルシンダのけだるいヴォーカルとペダルスティールがマッチしている。
「リアル・ライヴ・ブリーディング・フィンガーズ・アンド・ブロークン・ギター・ストリングス」は、「本物の血が流れる指と切れたギターの弦」という意味である。ギター中心のアメリカン・ロックである。
「オーバータイム」は、淡々とした曲調にキラリと光るものを感じさせる名曲である。
「ゾーズ・スリー・デイズ」は、恋人と過ごした三日間を歌うあからさまなラブソングである。間奏のギターが実にいい。
「ミネアポリス」は、「去って行った恋人をミネアポリスで待っている」という歌である。切ない女心を感じさせる名曲である。
アルバムタイトル曲である「ワールド・ウィズアウト・ティアーズ」は、「もし私たちが涙のない世界に住んでいたなら、どうやって心の傷は寄りかかる肩を持つ人を見つけるのだろう」と歌う。実に感慨深い歌詞である。
「ワーズ・フェル」は、「言葉は落ちてしまった、足下に散るバラの花びらのように、あなたが私に涙を見せて、沈黙の唇が私の頬に寄せられたとき、言葉は出てこなかった」と歌う。

全作ルシンダの自作である。とりたてて派手さはないが内省的な歌詞がほとんどであり、彼女の詩人としての才能が強く感じられる。また、彼女独特のあからさまな恋愛感情をさらけだした歌詞には、聞き手が気おくれするほどの“ほとばしる熱い思い”に満ち溢れている。
出遅れて彼女の存在を知った私だが、数少ない「本物」のミュージシャンであることは間違いないだろう。是非、多くの音楽ファンに聴いてもらいたいものである。
購入を検討されている方は、歌詞対訳が記されている日本盤をお勧めします。











評点:80点

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント