2021年08月の記事 - 嘘八百のこの世界
fc2ブログ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント
月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告
2021年08月の記事

「This Way この道」シーナ&ザ・ロケッツ 、「この道」鮫島有美子、美空ひばり、大貫妙子、合唱

今日の1曲は、シーナ&ザ・ロケッツの「This Way この道」です。



勿論、この曲は、シーナ&ザ・ロケッツのオリジナルではありません(笑)
北原白秋 作詞 山田耕筰 作曲の、日本を代表する唱歌です。
鮫島有美子のヴァージョンです。


美空ひばりのヴァージョンです。


大貫妙子のヴァージョンです。


合唱です。






<参考記事>
http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-1058.html
「この道はいつか来た道」=「八百長戦争への道」
「安倍ファシスト政権が戦争法案を強行可決、このままでは、またもや“八百長戦争”に日本は巻き込まれ、国民が殺されてしまいます」




この頃は、私も与野党グルの構造には気づいていませんでした。

すべてが芝居だったんですね・・・

この記事の中で与党を批判している記事を書いているサイトも、
今のコロナ詐欺にはダンマリです。

当時は”ジャーナリズム精神を持ったサイト”だと思っていたんですけどね・・・

ある意味、コロナ詐欺のおかげで、以下の事実が明らかになりましたね。

1、与野党がグルであり、対立なんて一切していないこと。

2、「戦争反対」「原発反対」といった風に政府を批判していたサイト(ブロガー)も、本当は”政府広報サイト”であり、政府と裏で繋がっていたこと。

これが唯一のコロナ詐欺がもたらした”良い効果”なのかもしれませんね。

それにしても、「この道」はどこに続くのでしょうか・・・




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村




「地図にない国~MeltingPot」 PANTA

今日は、2曲。PANTAの1989年のライヴから「地図にない国~MeltingPot」です。





ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

“涙と笑いの恋愛伝道師”、これがリロイ・カーです!

「BLUES BEFORE SUNRISE」LEROY CARR


1962年に発表されたリロイ・カーのアルバムです。
しかし収録された曲は、1932年から1934年に録音されています。
リロイ・カーは、1905年3月27日にナッシュビルで生まれ、1935年4月29日に肝臓病(酒が原因?)で亡くなりました。
つまり、本作の収録曲を録音した翌年に亡くなったのです。
まだ30歳になったばかりでした。
リロイ・カーはヴォーカルとピアノを担当しています。
ほとんどの曲でスクラッパー・ブラックウェルがギターを弾いています。
このギターが実に味があるんです。
一部の曲でジョシュ・ホワイトがギターを弾いています。
個別の曲に触れておきます。

「MIDNIGHT HOUR BLUES」
リロイ・カーの自作です。「真夜中のまだまだ夜の明けぬ頃、ブルースが忍び込み、お前の気持ちを滅入らせる」と歌っています。メランコリックなブルースです。

「MEAN MISTREATER MAMA」
リロイ・カーの自作です。「お前は酷い仕打ちをするやつだ。ろくな扱いをしない」と歌っています。ピアノ~ヴォーカル~ギターの絡みが素晴らしい。

「CORN LICKER BLUES」
リロイ・カーの自作です。「とうもろこし焼酎が一番好きだ」と歌っています。
とうもろこし焼酎ってどんな感じかな?飲みたくなってきました(笑)

「BLUES BEFORE SUNRISE」
リロイ・カーの自作です。冒頭で「涙を目にため、日の出前にブルーな気持ちだ」と歌っています。最後の歌詞は、「すごいピストルを買って、あいつを墓に送りこんでやる」という怖い内容です。この歌詞は次の曲に続きます。

「TAKE A WALK AROUND THE CORNER」
リロイ・カーの自作です。「朝になったら出かけよう、45口径をもって。俺の女を殺してやる。他の男に惚れやがって。裁判官殿、俺の女を殺したわけは、あまりに酷い仕打ちをしたからなんです。お願いですから電気椅子はご勘弁ください」と歌っています。
どーしようもない男が題材になっています。この歌詞は次の曲に続きます。

「MY WOMAN’S GONE WRONG」
W.R.CalawayとC.Wiliamsの作です。「今朝目を覚ましたら、俺の女が俺の側に立っていた。あいつは45口径をもって怒り狂っていた。撃たないでくれ。俺が愛する女はお前だけ。お前は誤解してるんだ。あれは他人の奥さんなのさ」と歌っています。
どの曲が先に作られたのかは知りませんが、これは完全なギャグです(笑)

「I BELIEVE I’lLL MAKE A CHANGE」
R.Brownの作です。ロバート・ジョンソンの曲で、1936年にリリースした「I Believe I'll Dust My Broom」(エルモア・ジェームスも「Dust My Broom」のタイトルで歌っています)の元歌です。歌詞もメロディーも似通っています。
リロイ・カーはロバート・ジョンソンにも影響を与えていたのです。

「BOBO STOMP」
リロイ・カーの自作です。ギターが軽快です。
BOBO とはマリファナのことのようですね。

「BIG FOUR BLUES」
リロイ・カーの自作です。ジョシュ・ホワイトがギターを弾いています。「あれだけよくしてやったのに、あいつは出て行ってしまった。汽車に乗る金もない。ブレーキマン、お願いだ、憐れなこの俺を乗せてくれ。忘れられないあの娘のもとに戻るんだ」と歌っています。
汽車の音を似せて壊れたラッパのような音が挿入されており、これがメチャ効果的です。



リロイ・カー最高です。1930年代にとんでもないブルースマンが存在していました。
リロイ・カーは渋いだけのブルースマンじゃありません。
曲も歌詞も最高です。「俺の女は出て行ってしまった。俺の心はブルーなのさ」といった“お涙ちょうだいもの”だけの歌詞ではありません。
かなりのブラックユーモアが含まれた歌詞も書いています。
現代のしょーもない芸人のギャグよりも、よっぽど笑わしてもらいました(笑)

“涙と笑いの恋愛伝道師”、これがリロイ・カーです!








評点:100点






ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村


<チャーリー・ワッツ(Charlie Watts )追悼・第二弾>「Waiting On A Friend」 「Slave」「Neighbours」The Rolling Stones

今日は、昨日に続いて、チャリー・ワッツ追悼第二弾とします。
ストーンズが1981年のアルバム『Tattoo You(刺青の男)』を制作するするにあたって、ミックがチャーリーに「最高のサックス奏者は誰だ?」と訊き、チャーリーは「サニー・ロリンズだ」と答えたのです。このことがきっかけで、このアルバムにサニー・ロリンズがサックスで参加することになりました。
サニー・ロリンズのサックスが聴ける「Waiting On A Friend」 「Slave」「Neighbours」の3曲で、改めてチャーリーを追悼します。チャーリーのアドバイスがなかったら、サニー・ロリンズのサックスがこれらの曲で聴けることはなかったのです。これはサニー・ロリンズの功績であると同時に、チャーリー・ワッツの功績でもあるのです。サニー・ロリンズは9月7日が誕生日ですので、もうすぐ91歳になります。















ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村



<チャーリー・ワッツ(Charlie Watts )追悼>「Satisfaction」「Honky Tonk Women」「Jumpin' Jack Flash」「All Down the Line 」「Get Off Of My Cloud 」「Let It Bleed 」The Rolling Stones

ローリング・ストーンズのドラマー、チャーリー・ワッツが亡くなりました。


https://rollingstonejapan.com/articles/detail/36411
チャーリー・ワッツが80歳で死去 ローリング・ストーンズを支えたドラマー

2021/08/25

ローリング・ストーンズのドラマー、チャーリー・ワッツが80歳で死去。「8月24日にロンドンの病院で、家族に囲まれ静かに息を引き取った」と広報担当者が発表した。

広報担当者の声明には「我々の愛するチャーリー・ワッツの死を発表することは、計り知れない悲しみを伴います。彼は本日、ロンドンの病院で家族に囲まれながら静かに息を引き取りました」と記されている。さらに、チャーリーを「同世代で最も偉大なドラマーの一人」と追悼。「この困難な時期に彼の家族、バンドメンバー、そして親しい友人のプライバシーを尊重してください」と締めくくっている。

チャーリーの訃報が届いたのは、ストーンズの全米スタジアム・ツアー「ノー・フィルター」不参加が発表されてから数週間後のことだった。バンドの担当者は当時の声明で、「チャーリーの手術は完全に成功しましたが、彼の医師は適切な休養が必要であると判断しました。数週間後に始まるリハーサルを前に、控えめに言っても非常に残念ですが、このような事態になるとは誰も予想していなかったと言ってもいいでしょう」と述べていた。

「黒くぬれ」「ギミー・シェルター」「ブラウン・シュガー」などの代表曲で聴かれる軽やかなタッチ、独特のリズム感、完璧なフィーリングは、バンドの音楽を動かすエンジンそのもの。チャーリーは史上最も有名かつ尊敬されているドラマーの一人であった。

キース・リチャーズは1979年、このように語っている。「みんなミックとキースがストーンズだと思っている。でも、チャーリーのドラムがなかったらバンドは成り立たない。チャーリー・ワッツこそがストーンズなんだよ」

チャーリーは1941年、ロンドン生まれ。1963年1月にストーンズ加入。デビュー当時からのオリジナルメンバーで、半世紀以上にわたって第一線で活躍した。物静かな性格と英国紳士然とした風貌で知られる彼は、他のメンバーとは対照的に初婚を貫いてきた愛妻家であるほか、熱心なジャズ好きとしても有名。自身のジャズ・アルバムも発表している。




https://rollingstonejapan.com/articles/detail/36422
チャーリー・ワッツのいない世界など想像できない。彼の繰り出すバックビートは、世界中のサウンドを変えた。ザ・ローリング・ストーンズの伝説的なドラマーは、60年近くに渡り、最高の仕事をなし遂げた。チャーリーの神秘的なオーラは、「Let It Bleed」のイントロで聴かせた5秒間のドラムに集約されていると思う。ストーンズの名曲のひとつだが、バンドをリードするのはチャーリーのドラムだ。ミックはチャーリーのリズムに歩調を合わせ、ギターはミックに付いていく。一方のチャーリーは、誰が何をしようと動じない人間だった。彼の妥協しない姿勢が、ストーンズを偉大なバンドにしたのだ。

他のメンバーは、チャーリーの感情を動かすことなど不可能だとわかっていた。チャーリー自身も自分のプレイに一喜一憂したりすることがなかったのだから、他のメンバーはなおさらだ。キース(リチャーズ)は、1981年のローリングストーン誌のカバーストーリーで語っている。「俺はチャーリー・ワッツがいてくれることに、本当に感謝している。特に一緒にいる時はそう思うよ。彼はああいう人間だから、自分では意識していないけれどね」というキースの証言に、当時のインタビュアーは耳を疑った。しかしキースは、「チャーリーの謙虚さに対して、何かを押し付けることなどできない。全く裏表がないんだ。彼にとっては、自分のドラムがどう評価されているかなんてお構いなしさ」と断言した。




https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202108250000437.html
激情家の一面も伝えられる。ストーンズが名声を築いた80年代、酒に酔ったミックがチャーリーのことを「俺のドラマーはどこだ」と探したと聞き及ぶと、ミックの元へ一直線。ドラムで鍛えた腕っぷしで一撃でミックをダウンさせ「二度と『俺のドラマー』と呼ぶな、『俺のシンガー』よ」と言葉を発したのは語り草となっている。

気分屋のキースも、一貫してチャーリーの人間性、音楽性は評価し続けた。「ストーンズはミックか、キースか」との趣旨の質問にはいつも、ストーンズの楽曲の多くがチャーリーの音で終わることを示しながら、「ストーンズはチャーリーだ」と答えていたという。キースが今回の訃報を受け、チャーリーのドラムセットに「CLOSED」の看板を下げた写真をSNSにアップしたのは、示唆的な一面も感じさせる。






”ロックスピリットの欠片らもない、悪魔に魂を売った計算高い肉じゃが野郎”なんて、ぶっ飛ばしてやれ!ナイスだチャーリー!

これでストーンズも終わりでしょう。

「Satisfaction」「Honky Tonk Women」「Jumpin' Jack Flash」「All Down the Line 」「Get Off Of My Cloud 」「Let It Bleed 」の6曲でチャーリーを追悼します。
チャーリーは本物のロッカーであり、ジャズドラマーでした。



















ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村


「Goodbye Baby」Elmore James

今日の1曲は、エルモア・ジェームスの「Goodbye Baby」です。





ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「新コロワクチンは危険だが、イベルメクチンを含めた薬がコロナに“効果がある”」と語る人物の正体は?④

「嘘八百の新型コロナウイルス詐欺に騙されるな!102」


あおり運転を批判するフリをして、存在していないウイルスに感染したという偽装感染者数の”あおり報道”をし続ける狂った社会。

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUF260KE0W1A820C2000000/
あおり運転100件摘発 レコーダー映像9割超、厳罰化1年




レコーダーを設置しておくべきなのは、与野党の政治家やテレビ局の舞台裏じゃないのかい?ここに設置しておけば、“あおり報道の証拠”がガンガン映し出されることでしょう。
与野党グルの政治家やダマスゴミの連中を、厳罰化してやりましょう。
あおり報道と言えば、こんなのもありましたよね。


https://www.zakzak.co.jp/soc/news/210716/dom2107160007-n1.html
木村氏は、あとがきに、こう記した。
 同書では、政府や地方自治体、政府分科会、医師会なども断罪されているが、注目はメディア、ワイドショー批判だ。
 特に、テレビ朝日系の情報番組「羽鳥慎一のモーニングショー」の内幕が興味深い。
 木村氏は同書で、2020年初頭に出演依頼があった際、番組関係者が「この話題は長引きますよ。この新型コロナ、ガンガン煽って、ガンガン行きましょう」という趣旨の発言があったことを紹介している。
 白鴎大学の岡田晴恵教授の「東京も2週間後には今のニューヨークになる」(20年4月時点)という発言や、局員の玉川徹氏が「煽っていると言われるくらいでいい。『もっと強い手を打っておけばよかった』って思うよりは、強めに言っておいて、そうでもなかったというほうがいい」などの発言も紹介される。




オウムの時も酷かったが、今回のあおりの酷さはあの戦争時と同じぐらいである。
こんな報道も。


https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA25EKV0V20C21A8000000/
厚生労働省は26日、米モデルナ製の新型コロナウイルスワクチンについて異物の混入が見つかったとして、約160万回分の接種を見合わせると発表した。一部はすでに接種されているものの、現時点で健康被害は報告されていない。異物の詳細はモデルナ社が確認中という。




異物混入って、毒物の中に異物が入っていただけじゃないか!
まだ異物の方がマシだよ。
「異物を取り除いて毒物だけにしましたからご安心ください」ちゅーわけかい(呆)
こんな毒物接種は未来永劫「見合わせる」べきだろう!

「存在していないウイルス」に「感染した」というタレントが退院したらしい。
お芝居を終えて(笑)
まさに“不思議発見”である(爆)


https://news.yahoo.co.jp/articles/6bb268938ea7ebebb7ca61eb3d4214dcca2e6f1d
野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
8/25(水)

タレントの野々村真さんが8月25日、YouTubeで退院を報告。7月31日に新型コロナウイルス(COVID-19)への感染が発表され、症状が悪化したため8月5日から入院していました。  退院したとはいえまだ本調子からは程遠いようで、すっかりやつれ、声もかすれたままながら自分の言葉で退院を報告した野々村さん。「入院中は精神的にも肉体的にも苦しい日々が続きましたが」と入院生活を振り返り、“命を救ってくれた”医療従事者の献身に感謝しています。  野々村さんは関係者やファンへ向け「本当にご心配おかけして申し訳ございませんでした」と謝罪。今後も芸能界で頑張っていきたいと復帰へ向け意欲を示しました。




「存在していないウイルス」が「存在している」と国民に思わせる工作に“貢献”した野々村真は、これからも“芸能界で頑張っていける”ことでしょう(呆)

ファシズムがどんどん加速しているようです。


https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN25DUF0V20C21A8000000/
米デルタ航空、ワクチン未接種社員は保険料月2万円上げ
2021年8月26日

【ニューヨーク=大島有美子】米デルタ航空は25日、新型コロナウイルスのワクチン未接種の従業員に対し、会社が提供する医療保険料を11月から毎月200ドル(約2万2千円)引き上げると発表した。接種義務付けはしないが、ワクチン未接種者の医療コストを増やすことで接種を促す米大手企業では初の事例となる。




接種義務付けはしなくても、このような嫌がらせをするわけなのです。
狂った政府が公認するウイルス詐欺の下では、狂った航空会社の“誰が見てもおかしい差別対応”が批判もされずに発表されるわけである。
スポーツ選手に対する“どーでもいい差別発言”に対しては、さも鬼の首を取ったみたいにワイドショーでギャーギャー言うくせに、本当の差別にはダンマリを決めるわけです。

大学でもファシズムが加速しています。


https://www.epochtimes.jp/p/2021/08/77751.html
米バージニア大学、ワクチン接種義務付けに従わない238人の学生「登録を抹消」
2021年8月23日

米大学では、新型コロナウイルスワクチン接種の義務化が進んでいる。バージニア大学は、義務付けしている新型コロナウイルスワクチン接種の規則に従わなかった238人の学生に対して、秋季の登録を抹消したと発表した。
バージニア大学は、2021-22年の秋学期では、「大学で生活して、勉強する」ことを希望するすべての学生に対し、新型コロナウイルスのワクチン接種を完了するよう義務付けている。ただし、医療上または宗教上の理由での免除は認めるとしている。
大学広報担当ブライアン・コイ氏はワシントン・ポスト紙に対し、秋季の登録を抹消した学生238人のうち、受講登録をしていたのは49人のみだったと指摘。つまり、残る189人は大学のワクチン接種方針にかかわらず、この秋に大学に戻る予定はなかった可能性があると述べた。
同校の広報担当者によると、大学職員は学生の登録を抹消する前に、何度も連絡を取り、予防接種を受けるか、免除を申請するように促してきたと説明。現時点では、バージニア大学の学生の約96.6%、教職員の約92%がワクチン接種を完了している。
医療上または宗教上の理由でワクチン接種を免除された学生は、屋内外を問わず常にマスクを着用することや、週に1回のウイルス検査が求められる。大学の広報担当者は「(検査の頻度を)今後増やす可能性もある」と指摘した。
8月11日に行われたオンラインミィーティングでバージニア大学の指導者たちは、大学での高いワクチン接種率がデルタ型の感染拡大を最小限に抑えることができると期待を示した。
『Chronicle of Higher Education』誌によると、全米で749のキャンパスがワクチン接種を義務付けているという。




「医療上または宗教上の理由での免除は認めるとしている」とのことだが、「科学的根拠がないおかしなワクチンを受けたくない」という理由は認められないのか?
「ウイルスの存在証明がない」及び「新コロワクチンはワクチンでなく遺伝子組み換え物質が入っているDNA改編装置であり毒物である」という科学的根拠を示してもダメなのか?
日本の大学でも「対面授業を受けるには新コロワクチン接種が求められている」という話を聞いている。このような大学は大学ではない。
毒物の強制接種を科学的根拠なしに問答無用に要請する強制収容所である。
このような非人間化された大学で学ぶものなど何一つないだろう。
さっさと退学するべきであるだろう。
このように狂った企業・狂った大学が進める狂った行為の出所は、狂った政府にあるようだ。
さらに奥には狂った製薬会社、狂った悪魔崇拝者が存在しているようだ。

(櫻井ジャーナル)さん

https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/202108250000/
2021.08.25

COVID-19ワクチンを拒否する動きが広がる中、暴走を始めた接種推進派

 BioNTech/ファイザー製の「COVID-19(2019年-コロナウイルス感染症)ワクチン」をアメリカのFDA(食品医薬品局)は8月23日に承認した。この「ワクチン」は安全性/危険性を確認する通常の手続きを踏んでいない。「緊急事態」という名目で2020年12月11日にFDAがEUA(緊急使用許可)を出し、使われてきた。今回の承認も強引なもので、VRBPAC(ワクチン生物医薬品諮問委員会)においてデータについて討議されていない。「ワクチン推進派」は暴走を始めた。
 現在、アメリカでも「ワクチン」に対する不信感が高まり、接種を拒否する人が増えているようだ。そこで「ワクチン」の推進派は強制的に接種しようとしはじめ、例えばジョー・バイデン米大統領は大学、老人ホーム、国の資金が提供されている団体に対し、「ワクチン」を強制しない場合は資金の提供を取りやめると脅し始めた。国防総省は軍関係者に、またニューヨーク市では学校の教職員にそれぞれ接種を強制しようとしている。
 これまで欧米の巨大医薬品メーカーが臨床試験に使ってきた地域のひとつ、インドではIBA(弁護士協会)がWHO(世界保健機関)の主任科学者のソーミャ・スワミナサンを告発している。COVID-19に絡み、インド人を死に至らしめたという理由からだ。
 アフリカやハイチなどと同じように、インド人がアメリカの医療利権を嫌う理由がある。例えば、シアトルを拠点とするPATHなるNGOは2009年、インドのテランガーナ州で9歳から15歳の少女1万6000名に対し、メルク製とグラクソウスミスクラインの子宮頸癌ワクチンを臨床試験のために接種、メルク製の製品が問題になった。数カ月後に多くの少女を病気になり、中には死亡するケースもあったという。
 このNGOに資金を提供していたのが、COVID-19騒動でも中心的な役割を果たしてきたビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団だ。インド政府は2017年、インド公衆衛生基金などのNPO法人がこの財団を含む外国のスポンサーからの資金受領を禁止した。そして今年4月、インドはロシア製の「スプートニクV」を承認している。




「PATHなるNGOにビル・ゲイツが資金提供していた」とのことである。
「PATHなるNGOは2009年、インドのテランガーナ州で9歳から15歳の少女1万6000名に対し、メルク製とグラクソウスミスクラインの子宮頸癌ワクチンを臨床試験のために接種、メルク製の製品が問題になった」とのことである。
ここでビル・ゲイツとメルクが繋がるのである。
狂った政府の背後にビル・ゲイツが存在しており、メルクも存在していた。
メルクは子宮頸癌ワクチンの推進企業であり、あのイベルメクチンの推進企業であるのだ。
ということは、イベルメクチンと新コロワクチンが繋がっていることがここに証明されている。
イベルメクチンと新コロワクチンを推進している勢力は同じ勢力であるようだ。
新コロワクチンとイベルメクチンがマッチポンプである」ことがここで証明されている。




http://koueki.jiii.or.jp/innovation100/innovation_detail.php?eid=00066&age=stable-growth
イベルメクチンは、日本の大村智博士が微生物から発見、抽出した「エバーメクチン」をもとに、米国の製薬会社メルクによって開発された寄生虫駆除薬である。WHO(世界保健機関)によって「顧みられない熱帯病」に指定されてきたオンコセルカ症や象皮病などリンパ系フィラリア症等、寄生虫による感染症に劇的な効果を上げ、これらの病気に苦しむアフリカなど世界中の多くの国・地域の人々を救ってきた。
 1973年、北里研究所の研究者であった大村は、留学先で知り合ったメルク社との間で、研究開発資金の提供を受ける一方、その成果である将来の特許は同社が排他的に保持する権利を認め、他方で売上に対する世界の一般的な特許ロイヤルティー・レートでの特許使用料の支払いを受ける契約を結んだ。
 大村は、畜産動物の消化器官内の線虫駆除の薬品開発は、世界の多くの製薬企業が取り組んでいなかったことから、あえてこれに挑戦した。その開発は土壌中に存在する膨大な微生物それぞれが作り出す化学物質の機能を確認し、薬剤としての可能性を探る地道な、しかし、チームワークを駆使したスクリーニング等の連続作業であった。
 1974年、大村は静岡県川奈で採取した土から、後のイベルメクチンの素となる放線菌を発見し、それが生成する化学物質の有効性に注目した。メルクとの共同研究を経て、1979年、これが求めていた抗寄生虫作用の有効性があることを学会で発表した。そして、メルクによって商品化され、発売されたイベルメクチンは、畜産物の線虫駆除に絶大な効果を発揮するのみならず、人間に対しても上述の深刻な寄生虫駆除に画期的な効果をもつ薬剤となった。
 イベルメクチンは巨額のロイヤリティーフィー収入をもたらしたが、大村はその大半を自らの研究費の独立採算化とともに、研究所の役員、所長として赤字財政により窮迫した北里研究所の強化に充当した。そして、組織改革を実施するとともに理想とする第2病院の建設など大学並びに研究所を経営者として一体化し再建した。産学連携の理想的な姿といえる。
 2015年、ノーベル生理学・医学賞が「線虫感染症の新しい治療法の発見」の貢献者として、大村と元メルク社のウイリアム・キャンベル博士に授与された。







イベルメクチンは731部隊と関係している北里研究所と関係しており、子宮頸癌ワクチンの推進企業のメルクと関係しており、ビル・ゲイツとも関係している。

完璧に“あっち側の薬”である。

この事実を知ってもいまだに「イベルメクチンは新型コロナウイルスに効果があるんだ!」などとほざいている輩は、明らかに“あっち側の工作員”である。
CIA日本テレビ系列のミヤネ屋に出演してイベルメクチンの“効果”を喧伝している人間は、出演者も、司会者も、テレビ番組そのものが“あっち側の仕掛け”であり、国民を騙すために準備された工作活動である。
大摩邇(おおまに)さんのところに「イベルメクチンの真実」を理解されている方のコメントが掲載されており、その方が貼っていたリンクを開こうとしたら、リンク先の記事に移行したのだが、下記のようなポップアップメッセージが出てきた。



タブは表示中のページより閉じられようとしています。
このタブを閉じますか?



このメッセージの下に「はい」と「いいえ」があるのだが、どちらをクリックしても開かないのである。
それどころかこのリンク先から移動できなくなってしまったのである。
右上の「×」も押せなくなっているので、仕方なくパソコンそのものを強制終了させた。
つまり、リンク先のブロガーが、私が訪問したら強制終了させるように仕組んでいたわけである。
私のパソコンのデータを事前に察知して、工作していたのである。怖・・・
ちなみにそのリンク先は、下記のリンクである。


https://ameblo.jp/housyasenhibaku/


イベルメクチンを推進しているサイトのようである。
そこまでしてイベルメクチンを喧伝しようとしている理由は何ですか?
イベルメクチンの嘘を暴いている私がそれほど邪魔なんですか?

「コロナの嘘や新コロワクチンの嘘に気づいた人間は多いが、イベルメクチンの嘘に気づいた人間はほとんどいない。なのにお前のせいでイベルメクチンの嘘が大衆にバレてしまうじゃないか。せっかく元製薬会社の副社長や医療専門家の肩書を付けた工作員を配置したのに有名陰謀論者に仕立てた工作員や陰謀ブロガーに仕立てた工作員を配置したのに医者の肩書を付けた工作員をテレビに出演させたのに。お前のせいで“苦労が水の泡”になってしまうじゃないか。ワクチンで騙せなかった人物を騙すために計画した“新たな人口削減計画”や“新たな製薬利権”がバレてしまうじゃないか。お前のパソコンのデータはつかんでいるので、お前が来たら妨害工作をしてやるぞ」ということですか?

原因はあなた方にあるんですよ。
しょーもない仕掛けをして私のブログを排除するような“せこい工作”をするから、私も改めてあなた方の悪事を暴こうとしただけですよ。
皆さん、イベルメクチンを推進している人間を信用してはいけません。
こいつらは、明らかに“あっち側の工作員”です。





ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村


「Just A Pimp」Angie Stone

今日の1曲は、アンジー・ストーンの「Just A Pimp」です。




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

米国の最高裁が、ワクチン接種した人々はトランスヒューマニズムの特許取得済み商品となると判決。

「嘘八百の新型コロナウイルス詐欺に騙されるな!101」


アルシオン・プレヤデスの新しい動画のリンクを貼っておきます。
後半の半分だけでもいいと思いますよ。


https://www.bitchute.com/video/OMVExN4T34nM/

アルシオン・プレヤデス117:過去/現在の自動人形 AI 動物/人のハイブリッド スマートシティ トランスヒューマン

自動人形、ロボット、人工知能の存在に関する全ては、現代のものと考えるかもしれないが、驚くことに、古代に既に存在していたのであり、ギリシャや中国、インドの古来の神話や物語に、痕跡を残してきた。それは、広範囲に及ぶ人工生命の形態、生命のあるものとないものの混合で、決断能力があり、AIへと至っている。ケンタウロスやミノタウロスのような、人間と動物のハイブリッド、あるいはキメラのような、種族間の交雑による、伝説の生き物も、同様である。
現在私達は、今一度、AIと結びついたロボット文化に突入しており、顔認証や生態認証データ、人々の追跡、私達が気づかないうちに収集される個人データといった、新しい技術が、偽のパンデミックを口実にして、民衆の監視とコントロールに用いられている。彼らが課したがっている、この技術による新しい生活形態に対する解決を模索しなければ、その目的は、新たな、従順なサイボーグ・ロボットを用いた、次第により危険となる自動化なのだ。
もしかして、AIの機械が世界を掌握し、ごくまもなく私達は、自動人形・ロボットの機械に取って代わられるのか?もしくはそれらが、新たな世界的教化の指針や、既に用いられているドローン昆虫を介しての、ワクチン接種の義務付けに従わない、全ての者達をコントロールするために役立つのか?
では、人工知能を人間の脳に植え付けようとしている、ニューラリンク社については、何が言えるだろうか?もしかして、その目的は、拡張スーパー兵士ないしは、既に存在するような、戦いのために準備された、感情のない、人間と動物のハイブリッドのサイボーグ、あるいはおそらく、人々の遺伝子組み換えなのか?これは、SFの話ではない。
警戒していなければならない。というのも、支配層のエリートの目標は、その見解に応じた理想社会の創造であるためだ。その生産的な作業は、エリートの必要性に屈し、従い、奉仕するよう構想され、ハイブマインド(集合精神)に導かれた、奴隷の人種によって行われることになる。これは、そのトランスヒューマニズムのアジェンダの一端であり、それは既に、ワクチンに偽装した、危険なmRNAの遺伝子治療のナノチップをもって、進行中である。このワクチンは、私達を魂も、倫理的原則も、人間らしい価値観も持たない存在と化そうとしている。
ビデオ制作:アルシオン・プレヤデス






一部、書きおこしをしておきます。


(各国で都市のスマートシティー化がなされている)
しかしそれは、市民に対し、プライバシーの喪失、ゾンビ化、依存、冷淡さ、非人間化をもたらしている。
ハイブマインドが到来すると、私達は銃を向けられるのではなく、楽園を提供されるだろう。
その一方で、脳に新しいチップが設置されていく。
何故なら、基本的には感情も意識もない巨大なハイブマインドは、市民の一人一人が、ハイブな概念が支配的である機関・組織・団体と、直接もしくは間接的に、精神ないしは情報面で、密接な繋がりを持つ社会を形成することであるからだ。
これは、個人の存在が排除され、存在する市民一人一人の思考の供給を受ける現実のことである。
ハイブマインドは「一人は皆のためで、皆は一人のため」である。
昆虫や蜂、蟻の群れに似ており、共産党と同様に、巨大なマインドにより計画されたものである。
全てが巨大な思考する存在の一部を成し、また、巨大な集合精神の存在の前では、親密さ、秘密、プライバシーも存在しない。
したがって、私達が行い、記憶し、感じる全てのことは、集合精神のものとなる。
それは、反骨精神や自由を一切許さず、永久的な奴隷状態を課す。
その中で、不滅を確保する代わりに、取引の材料として、私達の魂が引き渡され、高度な技術の未来により操作される、ユートピアないしはディストピア、またはトランスヒューマニズムのよりエイリアン的な行動を伴うことになる。
例え多くの人達が信じなくても、この種の社会が存在している。
これは集合精神の思考構造のみに基づいて行動するため、その機能が極めて低く、グループの後を追う昆虫のみに見られるものではない。
またグループの誰一人として、リーダーシップをとる必要はない。
何故なら、誰もリーダーの役割を果たすことのない巣箱に住み、そして、四六時中指示を求めることなく、ただ単に作業における完全な従順さを実践するからだ。
というのも、個人としての自分自身の判断ないしは思慮分別をもって、何かを構想する能力はないからだ。


米国の最高裁が、ワクチン接種した人々はトランスヒューマニズムの特許取得済み商品となると判決。

大手製薬会社のmRNAワクチンが、人間に特許を取得するために利用される。

COVIDのワクチンには、私達を遠隔操作するためのグラフェンのナノ粒子が入っているのか?






ハイブマインドをウィキで見てみます。


集合精神 (英: group mind) または集合自我 (英: group ego) は、サイエンス・フィクション (SF) に登場する概念であり、複数の個体がひとつの意識を共有している状態を意味する。その起源は定かではないが、少なくともオラフ・ステープルドンの『最後にして最初の人類』(1930年)まで遡ることができる。集合精神は、人々が脳と脳を何らかの手段で直結する通信方法を入手するなど人工的なテレパシー(telepathy)によって形成される場合もある。ハイブマインド(hive mind)は集合精神の一種であるが、各個体の個性がほぼ完全に失われている点が特徴とされる。SF小説で描かれる集合精神はハイブマインドであることが多い。集合精神やハイブマインドの概念はアリやハチの実在する超個体の知性版と見ることができる。




勿論一人一人個人差はあるのだろうが、どこに行っても周囲の人間は、判で押したようにマスクをしたロボット人間ばかりである。
(表面上はそのように見える)

自分の頭でものを考えることを拒否した人間ばかりである。
(そんなことなく問題意識を持っている人も多いと信じたいが)

テレビの嘘を信じ込み、自ら毒ワクチンの列に並ぶ人間ばかりである。
(テレビが嘘で構成された詐欺媒体であることを理解している人も多いと信じたいが)

毒ワクチンを打って遺伝子組み換えされた改造人間にされてしまうなる前から、ハイブマインドを仕込まれる前から、生まれつきハイブマインドが備わっているのだろうか?
(人間はそれほど愚かではないと信じたいが)

完璧に騙されまくっている人は救いようがないが、
マスクの嘘、PCRの嘘、ワクチンの嘘に気づいている人も多いだろう。
イベルメクチンの嘘、コロナの存在の嘘に気づいている人はまだまだ少数かもしれないが。

このような覚醒しだした人でもこのように思っているのだろうか?

「マスクをしないといけないという同調圧力が・・・」
「ワクチンを打たないといけないという同調圧力が・・・」と。

ハイブマインドなんてクソくらえ! 同調圧力なんてクソくらえ!




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村


「Sing a Simple Song」Sly & The Family Stone、Sly Stone 、The Meters、King Curtis 、Diana Ross and The Supremes with The Temptations

今日の1曲は、スライ&ザ・ファミリー・ストーンの「Sing a Simple Song」です。
スライ・ストーン作の曲で、1968年にリリースされました。



スライ・ストーンの2008年東京ジャズのライヴです。


ミーターズのヴァージョンです。


キング・カーティスのヴァージョンです。


ダイアナ・ロス&ザ・スプリームス with ザ・テンプテーションズのヴァージョンです。








ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村




「Grinnin' In Your Face」Son House、The White Stripes 、Ruthie Foster、Larkin Poe

今日の1曲は、サン・ハウスの「Grinnin' In Your Face」です。
なんと生歌と手拍子だけです。
圧倒的な存在感を醸し出しています。
あっぱれ、サン・ハウス!




ホワイト・ストライプスのヴァージョンです。
生歌をヘヴィメタに変えています。
何ぼ何でもこれは飛躍し過ぎやろ。
まぁ、この曲を知っていたことだけは、「評価」してやろう(笑)


ルーシー・フォスターのヴァージョンです。
サン・ハウスと同じく生歌と手拍子だけです。
サン・ハウスに負けない存在感です。
あっぱれ、ルーシー・フォスター!


ランキン・ポーのヴァージョンです。
楽しんでいるのは分かるけど、ACDCのTシャツを着てこの曲を歌うなよ(笑)





ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村



「I Wonder Why」Otis Rush

今日の1曲は、オーティス・ラッシュの「I Wonder Why」です。




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「I Don’t Want To Talk About It」 Danny Whitten(Crazy Horse)、Rod Stewart 、Everything But The Girl 、Rita Coolidge

今日の1曲は、1971年にダニー・ウィッテンが作詞作曲した「I Don’t Want To Talk About It」です。
ライ・クーダーがスライドギターで参加しています。
ダニー・ウィッテンは、ニール・ヤングのバックバンドであるクレイジー・ホースのギタリストでした。
この曲はクレイジー・ホースのデビュー作に収められていますが、翌年にダニー・ウィッテンは他界しました。
ヘロイン中毒が原因とされていますが、真実か否かは分かりません。まだ27歳でした。
I Don’t Want To Talk About It




有名なロッド・スチュワートのヴァージョンです。


エブリシング・バット・ザ・ガールのヴァージョンです。


リタ・クーリッジのヴァージョンです。





ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村





「mRNAワクチン、実験的な遺伝子の場合、ワクチン接種した人は、遺伝子組み換え生体に同化される可能性をもって修正され、むしろ、遺伝子組み換え人間となるでしょう」byチンダ・ブランドリーノ博士

「嘘八百の新型コロナウイルス詐欺に騙されるな!100」


今日は、いろいろな動画を紹介します。
まずは、「本当の専門家」こと大橋眞教授の新しい動画をアップしておきます。



病原体は特定されていない?


・学問だけでなく法律においても存在証明があるかないかということが重要である。

・本当にウイルスを検出しているかどうか調べる段階でキャリブレーションを行うが、ウイルスが見られる状態でなければキャリブレーションが行えない。

・今使っている遺伝子キットは遺伝子を検査するキットであって、病原性ウイルスの検出に使えるとは誰も保障していないし言っていない。

・これを検査キットと言っていること自体が問題である。

・国会でも厚労省のサハラ審議官が「PCR陽性は病原性ウイルスの存在を意味しない」と明確に答えている。

・同様のことは、米国のCDCのマニュアルにも明確に書かれている。

・予防接種法の附則抄第7条には「新型コロナウイルス感染症」とは書かれているが、病原体としての新型コロナウイルスの名前は書かれていない。法律には一言も書かれていない。

・新型コロナウイルスという名は属名である。「こんなものですよ」ということである。

・SARS-Cov2の遺伝子が正しいということは、誰も確認していない。

・「中国がWHOに対して人に伝染する能力を有すると報告した」と書かれているが、厚労省は「その資料がない」ことを認めている。

・「人に伝染する能力を有する」というのを証明するには、病原体の証明ができなければできませんので、SARS-Cov2の遺伝子の存在証明さえできない状態でウイルスの存在証明ができるのか。

・現実的にはあり得ないことが書かれている。

・遺伝子が決まらないと、PCRは使えないはず。

・この法律の文面でいきますと、PCRは成立しないことになる。

・遺伝子が決まらなければ、遺伝子ベースで作っているワクチンができるはずがない。

・あるかどうか存在証明されない遺伝子に対して、遺伝子ワクチンができちゃった。
これ、どうゆう風に表現しますか?

・種が決まらない、ウイルスが特定されない状態で、ワクチンを作りようがない。






全く持ってその通りである。
大橋眞教授の主張は、昔から一貫している。

「怖いウイルスが存在するから対策をしろと言うのなら、その存在証明を示しなさい」
「誰もウイルスの存在証明が出せないじゃないか」
「怖いウイルスなんかどこにも存在していないのだ」と。

この「基本的事実」を、表現を変えて、大橋眞教授は繰り返し訴えておられるのである。
はっきり言って、このことが「一番重要」なのだ!

この「一番重要」なことをスルーしてコロナについて語る人間が、腐るほど存在している。
このような人物は、救いようのないアホか、工作員のいずれかである。
救いようのないアホの代表格が、ここにある。
工作員の代表格が、ここにある。
救いようのないアホは、まだ罪が浅いだけ救いがある。
工作員は、意図的に偽情報を拡散しているので、大罪であり、看過できない。

残念ではあるが、中途半端にコロナの嘘に気づきだした人間が、このような工作員にコロッと騙されてしまうのである。
ちょっと考えたら分かるはずなのに、考えることができないようなのだ。
これは、ゆゆしき問題である。
このような工作員に騙されないようにするために、解決策を提示しておきます。

はい、「この人物が工作員か否か」を見抜くためのポイントを2点だけ述べておきます。
あれこれ言っても混乱すると思われるので、シンプルに記しておく。

1、その人物がテレビに出ているか否か

テレビに出ている人間は、基本的にあっち側である。
新聞・テレビに代表される“表の媒体”は、基本的にあっち側である。
あっち側に“認められた”ということは、あっち側の工作員であるということなのだ。
大橋眞教授がテレビに出してもらえないことでも分かるでしょう。
テレビに出て政府批判をしているポーズをとっている人間は、あっち側が準備した“シナリオを進めるための演出者”であり、“自分の言葉”で話しているのではない。
すべて台本通りに演じているだけなのである。
与党と野党がグルで対立ごっこを演じているのと同じである。
裏で政府ときっちり繋がっているのである。
「イベルメクチンという薬がコロナに効くのに何故政府はイベルメクチンを国民に配らないのだ」というくさい芝居を演じて、国民を騙そうとしているのである。
存在していないウイルスに対して恐怖を煽り、ワクチンだけでなく、イベルメクチンという“731部隊と関係している北里研究所”由来の“犬のフェラリア対策という嘘を口実(実際の目的は犬殺害)”として作られた“非常に怪しい薬”が、後年になって突然発生したとされている新型コロナウイルスという存在証明のないウイルスに“効く”と喧伝することで、ワクチンで騙せなかった人を騙そうとしているのである。

だから、ミヤネ屋に出演できるのである。
「本当のこと」が語れる人物は、ミヤネ屋に出演できないのである。
ミヤネ屋がCIA日本テレビの系列であることを忘れてはいけない。

「本当のサムライ」はテレビに出演できないが、国民を騙すために用意された「フェイクサムライ」は出演でき、イベルメクチンが広く行き渡る措置を取るように「菅総理にもお願いしたい」などといったくさい台詞がはけるのである。


2、新型コロナウイルスの存在証明を問題視していないこと。

ワクチンの危険性をいくら語ったとしても、この問題をスルーしている人間を信用してはいけない。新型コロナウイルスの存在を肯定しているということは、ダマスゴミが毎日垂れ流している偽のコロナ感染者数を肯定していることであり、明らかな工作員である。
新型コロナウイルスが存在していないことを認めれば、それに対する薬もフェイクであることは簡単に理解できるだろう。「インドの変異株にこの薬の効果があった」などというニュースもフェイクであることが分かるだろう。
新型コロナウイルスなんてもんは存在していないのに、変異株なんてもんが存在しているわけがないのである。
新コロワクチンと5Gで操作しているだけのことである。
さらには、“コロナ禍”などといったイルミ語を使用する人間は、人類の敵である。
裏社会を批判するふりをして実際は裏社会から派遣されている詐欺師である。
もう一度言っておく。

「存在していないウイルスに対して効果もクソもないのである」と。


以上、“誰でも分かる工作員の見抜き方”でした(笑)
もう騙されませんよね。

こんなこと言うと、工作員本人及びその取り巻きのアホがワーワー言ってくることが予想されるが、このようなアホは救いようのないアホであるため、新型コロナウイルスの存在証明に対して一言も反論できない。
反論できないが故に、問題をすり替える。
「俺はこの薬飲んでるけど何でもないぞ。効いてるんじゃ!」と言った超低レベルな発言をすることで自己満足している。本当に救いようのないアホである。
近い将来“薬の効果”で逝ってくれたら、人類にとっても吉報になることだろう(笑)
人口を削減したい「彼ら」の気持ちが分からないでもないかな(笑)
工作員と救いようのないアホを区別しようとしたのだが、どうやら同じようでした(爆)



次に、アルシオン・プレヤデス動画のリンクをいくつか貼っておきます。



モデルナがそのワクチンは実験だと認める

https://www.bitchute.com/video/XyUJUewBlUN6/



モデルナの広報担当者がこのように語っています。


・人々がワクチン接種するにしたがって、私達はそれらのデータを収集し続けています。

・FDAに認可されたCovid-19を予防するためのワクチンは存在しない。

・臨床試験に関して、実のところ、あらゆる試験が今なお進行中です。





ある意味、モデルナの広報担当者は正直でしょう。
新コロワクチンは治験中であり、人体実験であることを、認めているんです。
世界の中でも日本人は無知過ぎるのです。
自ら進んで人体実験の列に並ぶのですから・・・




チンダ・ブランドリーノ博士: 実験段階の遺伝子組み換えワクチンは、心臓を害し、私達を特許取得済のGMO(遺伝子組み換え生物)と化す!

https://www.bitchute.com/video/D3j8fcWW9HOy/



一部書きおこしをします。


・新しい人間をつくるということです。分かりますか?
それは、組み換えのRNAです。

・細胞の核の中のDNAを組み換えます。

・つまり、自分たちの遺伝子を伝えるDNAに変異を引き起こすのです。

・自分たちの遺伝子、自分たちの性質そのものを、変異することになります。
そしてそれは、子供たちに遺伝します。

・なぜなら、スパイクの主な受容体は、アンジオテンシン変換酵素2であり、ACE2タンパク質であり、そして、大量に、男性の精巣に位置しています。

・男性の不妊症を狙っています。

・遺伝子組み換え生物を含むCovid-19のワクチン接種キャンペーンは、ワクチン接種した人々やその子孫のゲノムに全く予測不可能な変更をきたす能力を示しています。

・特定の細胞のゲノムを永続的に変化させる危険性は、これより、何にもまして現実的であり、このリスクをはっきりと退け得る、いかなる科学的データもなく、全ては全く逆です。

・mRNAワクチン、実験的な遺伝子の場合、ワクチン接種した人は、遺伝子組み換え生体に同化される可能性をもって修正され、むしろ、遺伝子組み換え人間となるでしょう。






私は以前から「このワクチンで改造人間にされる」と言ってきましたが、冗談ではないのです。
死ななかったり、副反応が出なかったらいい、というレベルの問題ではないのです。

私は、「嘘八百の新型コロナウイルス詐欺に騙されるな!」というタイトルで、コロナ詐欺を告発してきましたが、今回で100回目となります。
このタイトルで書きだした頃は「大げさなこと言って」と思われていたかもしれませんが、決してこのタイトルが大げさでなかったことは、ここに来られている皆さんなら、ご理解いただいていることと思います。
この騒動が始まったときから、私は、一部の人に「必ずワクチンをしろと言ってくることになりますよ」と言っていました。
そして現在、その通りになっています。

今、私は、「このままいけば、我々は、生き残っても人間以外の遺伝子組み換え人間にされてしまう。外部から遠隔操作される奴隷アバターにされてしまう。これがコロナ詐欺の目的である」と伝えておきます。

「そんなアホな。アンタSF映画の見過ぎやで」と、あなたは今でも思いますか?
勿論、私の予想が外れればこれ幸いなのですが、事態をそんなに楽観視してはいけないでしょう。

「嘘八百の新型コロナウイルス詐欺に騙されるな!」というタイトル以前に、「嘘八百のこの世界」というタイトルでブログを書いてきた私ですが、これは決して大げさなタイトルではないのです。
ノホホンとテレビを見ながら幸せな人生を送ってきた人々は、「大げさなタイトルつけて」と思われるかもしれませんが、紛れもなくこの世界は嘘に塗れています。
それも、邪悪な嘘で構成されているのです。
この世界は、とてつもない邪悪な勢力に支配されています。
邪悪な勢力のことを私は「彼ら」と呼んでいます。
「彼ら」は、自らが仕組んだ邪悪な嘘を真実であると大衆に思い込ませることで大衆を洗脳し、我が物顔でこの世界を支配しているのです。
この事実を以前から理解していた私は、この騒動が始まった時、すぐに理解できたのです。

「奴らは今回本気やな」と。

これまで「911」や「311」のような邪悪な蛮行を局地的に行ってきた「彼ら」ですが、今回は全世界で行っているのです。
私はすぐに理解できました。

「本気で人口削減するつもりやぞ」と。

「本気で人間を完全奴隷化するつもりやぞ」と。

テレビは一切報じません(テレビが国民を騙すために存在しているということがここに証明されていますよね)が、世界中の覚醒した人々が立ち上がっています。
自由を守るために闘っています。
日本人も置いて行かれてはいけません。
あなたが人間でいたいのならば、声を上げなければなりません。
邪悪な悪魔どもを打ち倒さなければなりません。
そのための第一歩として、「コロナが存在していない」ことをきちっとご理解ください。
「コロナ対策は自分自身が声を上げることだ」ということをご理解ください。




ワクチンや偽りのパンデミックとその対策に対する抗議が続いている

https://www.bitchute.com/video/gzdFXueIpbQf/





ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Something On Your Mind」Karen Dalton

今日の1曲は、カレン・ドートンの「Something On Your Mind」です。





ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Burning With Optimism's Flames」XTC

今日の1曲は、XTCの「Burning With Optimism's Flames」です。
1980年リリースのアンディ・パートリッジ作の曲です。
「彼女は楽天的な炎で燃えている」
「微笑みさえすれば夜は消えてなくなるのさ」と歌っています。






ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村


「Sakura, Sakura」Jake Shimabukuro 、渡邊 香澄

今日の1曲は、ジェイク・シマブクロの「Sakura, Sakura」です。
どうぞよろしくお願いシマブクロ(笑)




25絃箏の渡邊 香澄のヴァージョンです。
8月に観る桜も悪くないですね(笑)





ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Freedom For The Stallion」Lee Dorsey、The Hues Corporation、Elvis Costello with Allen Toussaint

今日の1曲は、アラン・トゥーサン作詞作曲の「Freedom For The Stallion」です。
1971年リリースのリー・ドーシーのヴァージョンです。


1973年リリースのヒューズ・コーポレーションのヴァージョンです。


2006年リリースのエルビス・コステロ&アラン・トゥーサンのヴァージョンです。



ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「High」 James Blunt

今日の1曲は、ジェームス・ブラントの「High」です。




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「新コロワクチンは危険だが、イベルメクチンを含めた薬がコロナに“効果がある”」と語る人物の正体は?③

「嘘八百の新型コロナウイルス詐欺に騙されるな!99」


新コロワクチンで騙されなかった人間を別手段で騙そうとする工作員が、あちらこちらに配置されているようです。ブロガーにもいるよ。注意されたし!


https://news.yahoo.co.jp/articles/50ec3280bee65b5a3699e8c082e09775628273a0
長尾和弘医師の提言に賛同の声 コロナを5類扱いにすれば「全て氷解」「イベルメクチンという特効薬が…これを全国民に配る」
8/10(火)

フジテレビ系の情報番組「バイキングMORE」は10日、新型コロナウイルスによる医療逼迫(ひっぱく)を防ぐため、専門家の提言を紹介した。この中で長尾クリニック院長の長尾和弘医師が感染症法上の分類を引き下げるよう訴えると、ツイッターなどには賛同する発言があふれ、「バイキング」がトレンドワード入りした。  長尾院長は現在、2類相当に分類されるコロナを季節性インフルエンザと同じ、5類扱いにするよう提言。引き下げにより、「開業医による早期診断・即治療が可能=重症化予防」「すぐに入院が必要な人は開業医が直接依頼=タイムラグなし」「濃厚接触者の健康観察、入院先の割り振りが不要に=保健所崩壊解消」と、3つのメリットを挙げ、「5類にすれば全て氷解する。24時間医師と直接話せる体制、重症化リスクの高い人はドクターtoドクターで直接話せるような体制を構築することが大事」と解説した。  また「イベルメクチンという特効薬があって、誰でも使える。疥癬(かいせん)の治療で普段使ってる薬。これを全国民に配る」と話し、「アベノマスク」に匹敵する「スガノメクチン」制度も提案した。  その上で長尾院長は「僕が言ってることが間違ってたら、僕は責任取って医者辞めます」と強い覚悟をにじませ、「1年半やってきて確信してる。今のやり方はわざわざ重症化するのを待っているようにしか見えない。早く治療すればそれで終わり。私が診てる人は1人も死んでない。最初にコンタクトした医者がちゃんとやるには法改正、5類落としが大前提。今やるべきだと思います」と締めくくった。  これに火曜レギュラーのブラックマヨネーズ、小杉竜一(48)も「メリットしか感じない」と同意。ツイッターでも「ようやく動き出した『イベルメクチン』の話題。今日のバイキングで、長尾医師が医師生命をかけて断言。素晴らしい!スガノメクチン、一日も早く」「長尾先生はサムライですね」「万が一、コロナにかかったら長尾先生のところに行きたい」と意見が相次いだ。





韓国ウジテレビも、このセンセをテレビ出演させて“応援”してますね。
何がサムライだ!
「本当のサムライ」こと大橋眞教授は一切テレビ出演させないくせに。
このセンセのブログ記事です。



https://blog.drnagao.com/2021/08/post-7678.html
(ブロックされているようなので、コピペして見てください)


「尼崎だけでなく大阪や神戸からの放置患者からのSOSが絶えない。
朝から晩までコロナ患者さんと対峙しているが、全員放置されてる。」
と宣わっておられるが、そんな人、どこにおるねん!

「この2週間、僕は、自分のやってきたことを、テレビでお話し、した。
その関係で全国各地から放置者からの悲鳴が鳴りやまず、パンクした。」
と宣わっておられるが、パンクしているのはあなたの頭の中じゃないんですか?

「基礎疾患のない若年者もそこそ重症化する。今までと違う。
  もはや「基礎疾患」という言葉には意味が無くなってきた。」
と宣わっておられるが、あなたは何の論文を根拠にしてそんなE加減な発言をされておられるのですか?

「発熱で保健所に電話→予約された指定のPCRセンターで検査して陽性。
  その後、1週間放置された患者さんが多い。医療が無いから重症化する。
PCR陰性肺炎が今でもあるけど、PCR原理主義は不変である。
  それが1週間後に重症化。診断が遅れるからもちろん治療も。
  だから怪しい症例は、初診時にCT撮るほうが診断精度が上だ。」
と宣わっておられるが、PCR陽性をコロナ判定基準とされていることに疑問を持たないんですか?PCR原理主義はあなたじゃないんですか?

「発症8~10日目あたりの重篤化が多い。
  それでも保健所は「隔離解除です」と嬉しそうに告げるけど、喜劇だ。
  保健所の意義が全く理解できない。患者生命 < 感染症ムラの利権?」
と宣わっておられるが、そんな人、どこにおるねん!
あなた自身が感染症ムラの関係者じゃないんですか?

「ワクチン接種直後の感染が数人いたが、副反応と実に紛らわしい。
  なんでワクチンをもっと早くやらないのか、意味が分からないよ。
  今の感染者は若者と、40代、50代の非ワクチン世代。」
と宣わっておられるが、あなたのご発言は、最早、殺人幇助になりますよ!
新コロワクチン接種後に亡くなった人が何人いるのかあなたは知らないの?

「早期診断・即治療されている患者さんは、僕の想像では患者の1%かな。
  99%の患者が、即治療を受けられない体制が問題で、人を殺している。」
と宣わっておられるが、あなたのご発言自体が人を殺しかねないんじゃないの!

「僕は、製薬会社からお金をもらっていません。
  イベルメクチンは政府がコロナに保険請求をちゃんと認めているので
  「死ぬよりはましだろう」と、同意を得た患者さんに投与しているだけ。
  僕の4つの武器の一つがイベルメクチン。
  効くのかなあ?と思うのでメールで翌日、翌々日の体調を報告してもらっている。」
と宣わっておられるが、「効くのかなあ?と思う」だけで薬を投与するんじゃないよ!
あなたは医者なんだから、あなたの想像で対処するんじゃなくて、自分が「武器」と思っている薬の背後をきちっと調べてから“患者にされた人”に投与しなさいよ!
それとも本当に「武器」であることを知っていて投与してるんじゃないですよね!
あれこれコロナについて政府批判している素振りをしているようですが、新コロワクチン接種者の死亡者数や副反応者数については一言も触れておられませんね。
おかしいですね~?
あなたが韓国ウジテレビに出演できる理由がここに証明されてるでしょう。
私は騙されませんが、中途半端にコロナの嘘に気づいた人間を、政府批判している素振りをすることで信用させ、医学的根拠のない薬を勧めるんじゃないよ!
コロナの恐怖を煽るのなら、ウイルスの存在証明を示した論文が存在しないことをスルーしてはいけませんよ!
まさかこの事実を「知らなかった」と言うんじゃないでしょうね!

工作員さんに騙されないようにするために、おさらいしておきましょう。



http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-3857.html
「新コロワクチンは危険だが、イベルメクチンを含めた薬がコロナに“効果がある”」と語る人物の正体は?
「嘘八百の新型コロナウイルス詐欺に騙されるな!89」


http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-3861.html
「新コロワクチンは危険だが、イベルメクチンを含めた薬がコロナに“効果がある”」と語る人物の正体は?②
「嘘八百の新型コロナウイルス詐欺に騙されるな!90」





新コロワクチン接種者の死亡者数です。


https://twitter.com/someone5963/status/1423525778663239682/photo/1
凄いの拾ったw 毒チン死は6/中旬で13,572人 厚生労働省の内部告発 殊勲賞を授与する





政府の嘘はチョンバレです。
デマ太郎は、新コロワクチンを中止しないどころか、3回目接種とか言ってます。
デマ太郎さん、政府と製薬会社の2足の草鞋を履くのはやめてくれませんか。
あなたも国の大臣なら、国民の死に真剣に向き合うべきでしょう!
これ、普通の国ですか?



https://news.yahoo.co.jp/articles/0044187133a17cced1f0f8dbf27485c5f53f0ccb
河野大臣“ワクチン3回目接種分も確保”
8/16(月)

河野ワクチン接種担当大臣が、日本テレビのCS番組に出演し、ファイザー社製ワクチンについて、3回目接種分も確保していると明らかにしました。 政府は、新型コロナウイルスワクチンの効果をより確実にするための3回目接種を検討しています。 こうした中、河野大臣は、番組内で「ファイザーともブースター分の供給について合意はできている」と述べ、ファイザー社製ワクチンの3回目接種分を必要量確保していると明らかにしました。 また、来年分のワクチンについては、既にモデルナ社とは5000万回分の追加供給を受けることで合意していて、アメリカの製薬会社ノババックス社とも1億5000万回分の供給を受けることを前提に協議しています。 一方、河野大臣は3回目の接種について、1回目・2回目に接種したワクチンを接種すべきかについては、「これからの研究結果を見てからになる」と明言を避けました。






「新型コロナウイルスワクチンの効果をより確実にするため」って、国民が死ぬ効果ですか?
新コロワクチンで何人死んだら“効果がより確実”になるんですか?
13572人じゃまだ足りませんか?

全員死なないとあきませんか?

2回接種で大丈夫だった俳優が、3回目接種後に亡くなったそうです・・・
「これからの研究結果」を見るのもいいですが、「今、何が起こっているのか」を見れば、「どうするべき」かは“普通の人間”なら分かると思うんですが。
それともあなたは“普通の人間”じゃないんでしょうか?


(さてはてメモ帳)さん

http://glassbead.blog.shinobi.jp/vaccine/michael%20mitchell%20boosted
(ナチュラルニュース) 元「ミスター・ユニバース」で「ブレイブハート」の俳優マイケル・ミッチェル[Michael Mitchell]が、3回目に推奨されたファイザーの武漢コロナウイルス「ワクチン」の「ブースター」注射を受けた後、死亡したと報告されました。
報道によれば、ミッチェルは2月下旬にシノバックの最初の2回の注射を受けています。シノバックは、米国、ロシア、西ヨーロッパの大部分を除くほぼすべての国で入手可能です。このワクチンは、7月に中国のウイルス研究者であるノビラ・スジャフリ・バッティア[Novilia Sjafri Bachtiar]を殺害したワクチンと同じものです。
シノバックの最初の2回の注射を受けた後、ミッチェルは新しい「デルタ変異株」の検査結果が「陽性」になるかもしれないことに怯え、急いでファイザーの3回目の注射を受けに行き、ほぼ即死してしまったようです。
ちなみにミッチェルは、中国製のシノバックの最初の2回の注射では副作用が出なかったことをSNSで自慢していたといいます。また、ミッチェルはマスクの信奉者でもあり、3月31日には、アニメのキャラクターであるチャーリー・ブラウンがマスクを着用している様子を描いた写真を自身のフェイスブックに公開し、「やれやれ、マスクを着用すればいいじゃないか」と網目を通してつぶやいていました。




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Take Me Home, Country Roads(故郷へかえりたい)」John Denver、Olivia Newton-John、Ray Charles 、キャンディーズ

今日の1曲は、有名な曲で、「Take Me Home, Country Roads(故郷へかえりたい)」です。
ジョン・デンバーの歌唱で1971年に発売され、ビルボードで全米2位の大ヒットとなった。作詞・作曲は、ジョン・デンバー、ビル・ダノフ(Bill Danoff)、タフィー・ナイバート(Taffy Nivert)による共作です。
歌詞に繰り返しウェストバージニア州が登場することから、同州の代名詞的な楽曲ともなっている。2014年に公式にウェストバージニア州の4番目の州歌となった。 ただし、歌詞にあるブルーリッジ山脈はウェストバージニア州を通っておらず、シェナンドー川もわずかにかかるだけで、そのほとんどは隣のバージニア州を流れている。これは、デンバーらがそのことを知らずに制作してしまったことに由来すると言われるが、ウェストバージニア州内でも、ハーパーズ・フェリーからは、実際にブルーリッジ山脈とシェナンドー川の両方を一望できることをファンに教えてもらい驚いたという(ウィキより)。
個人的には中学時代にNHKのラジオ英会話講座の題材にこの曲が使われため歌詞とともに覚えた思い出があります。懐かしさとともに愛着を感じる曲ですね。
ジョン・デンバーのヴァージョンです。



新コロワクチンに反対の立場を表明しているオリビア・ニュートン=ジョンのヴァージョンです。真っすぐに生きている女性は輝いていますよね。


レイ・チャールズのヴァージョンです。


こんなグループが歌っていたんですね。
キャンディーズです。衣装がなんとも言えませんね(笑)




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「あなたは天皇陛下のために死ぬ必要はないのです。 あなたは”敵が存在しない戦争”のために死ぬ必要はないのです。 あなたはワクチンのために死ぬ必要はないのです。 あなたは”存在しないウイルス”のために死ぬ必要はないのです」byソウルマン

「現在は、「第三次”八百長”世界大戦」の真っただ中です」


本日8月15日が終戦記念日であることは、皆さんご存知のことと思います。
しかし、戦争は過去のものではありません。
戦争は現在進行中であり、決して終わっていません。

現在は、「第三次”八百長”世界大戦」の真っただ中です。

この戦争は国家間の戦争ではありません。
1%の悪魔勢力(=「彼ら」)と一般国民の間で繰り広げられている戦争です。

1%の悪魔勢力(=「彼ら」)は少数ですが、政治家・メディア・軍隊・警察等の権力機構を支配しています。
99%の一般国民は、そういった権力機構を持ち合わせていません。
しかし、数の上では圧倒的に1%の悪魔勢力を上回っています。
99%の一般国民が一致団結して戦えば、1%の悪魔勢力を打ち倒すことは容易でしょう。

フランスをはじめとしたヨーロッパ諸国では、1%の悪魔勢力に対して十万人を超える一般国民がデモ行動をして闘っています。
偽りのウイルス騒動や、それを理由としたワクチンパスポート導入というファシズム体制に、一般国民は「NO!」を叩きつけています。
国民は、こういった”ファシズムの道具”を義務付ける店舗には行かなくなり、こういった”ファシズムの道具”を義務付ける職場を辞職し、抗議のストをしています。

国民は、「人間としての尊厳」を守るために闘っています。

日本人も、いつまでもノホホンとしていてはいけません。
新型コロナウイルスなんてものは、存在していないのです。
世界中の誰一人としてその存在を証明できないのです。
新型コロナウイルスなんてものは、1%の悪魔勢力(=「彼ら」)が捏造したフェイクニュースなのです。
我々は、1%の悪魔勢力(=「彼ら」)が捏造したフェイクニュースで煽られ、ワクチンという名の生物兵器を使った国民撲滅戦争を仕掛けられていることをきちんと理解しなければなりません。

1%の悪魔勢力(=「彼ら」)が国民を“煽り運転”している詐欺師であることを、きちんと理解しなければなりません。

テレビに出ている御用学者や御用芸能人のほとんどすべてが1%の悪魔勢力(=「彼ら」)の傀儡であることを、きちんと理解しなければなりません。

1%の悪魔勢力(=「彼ら」)があなたを殺そうとしていることを、理解しなければなりません。

事実を正しく理解したら、「人間としての尊厳」を守るために闘わなければなりません。

今までの戦争がすべて八百長であったように、今起こされている戦争も、「コロナという存在していないウイルスを使った八百長」です。
過去の戦争を理解しないと今の戦争が理解できないため、改めて過去の戦争の正体を暴いた記事を再掲します。

「過去のすべての戦争が八百長である」ということを、正しくご理解ください。
「過去のすべての戦争が八百長である」ということが理解できたら、現在行われている戦争も八百長であることが理解できるでしょう。
過去の戦争が理解できない人は、今の戦争が理解できず、騙されたまま毒ワクチンを打って殺されてしまうでしょう。

戦争で殺されても、「自分が何故死んだか」ということさえ気づかないでしょう。
毒ワクチンで殺されても、「自分が何故死んだか」ということさえ気づかないでしょう。

このような“騙されまくった戦死者”は、「死ぬまで騙され続ける」のではなく、「死んでからも騙され続ける」のです。

過去が理解できなければ、今が見えてきません。

あなたは天皇陛下のために死ぬ必要はないのです。
あなたは”敵が存在しない戦争”のために死ぬ必要はないのです。

あなたはワクチンのために死ぬ必要はないのです。
あなたは”存在しないウイルス”のために死ぬ必要はないのです。










「太平洋“八百長”戦争・完全証明」


「あの戦争が八百長だったこと」を日本で一番告発した作家は、鬼塚英昭氏であるだろう。
同じことをネットで一番告発したのは、ひょっとしたら私かもしれない。
「よくも同じことばかり飽きもしないで書きよるわ」と、思われているかもしれない。
これだけ「同じこと」を告発しているわりには、読者の方の反応があまり感じられない。
あまり関心がないのかな?
戦争というものが身近に感じられないことが、その理由なのかもしれない。
戦争体験者で今も生きておられる方は、ごく少数しかいないだろう。
「戦争を知らない子供たち」が流行っていた時代の若者でさえ、今では高齢者である。
ましてや「戦争を知らない子供たち」の後追い世代である私が戦争の怖さを実感できているはずがないことは、言うまでもないことである。
斉藤和義の「僕の見たビートルズはTVの中」じゃないけれど、「僕の見た戦争はTV・映画の中」である。
「そんな戦争の「せ」の字も知らない若造が、戦争が八百長だなどと知ったようなことを抜かすな」と戦争体験者の方からお叱りを受けるかもしれないが、それでも黙っていられないのでこれまで書いてきました。

私が黙っていられない理由は、「戦争の真実」を知ってしまったからです。
「過去に発生したほとんど全ての戦争が八百長である」という真実を。

勿論真実を知った以上黙っていられないという私の持って生まれた性格も、大きな要因であるでしょう。
「知っていても知らないふりをして生きていった方が得だからそうしよう」というような器用な生き方を私はできませんし、するつもりもありません。
誰が何と言おうと、私は「過去に発生したほとんど全ての戦争が八百長である」ことを確信しています。

そして、私が「戦争の真実」を書いてきたもう一つの理由は、戦争が決して「過去の物語」ではなく現在・未来へと続いていく問題であるからです。
我々よりも我々の子や孫が戦争に巻き込まれてしまうかもしれないからです。
我々の子や孫が「他人に殺される」か「他人を殺す」かもしれないからです。

それも「偶然」ではなく誰かの故意による「計画」で起こされた戦争が原因で。

我々の子や孫をこのような悲惨な目に遭わせる戦争が「偶然」発生するものではなく誰かさんの「計画」であったならば、あなたは許すことができますか?
私にはできません。
もう一度誰でもわかるように、我々日本人が直近で体験したあの戦争の真実をまとめておきます。
この記事から「太平洋“八百長”戦争年表」を、この記事から「太平洋“八百長”戦争証明のポイント」を、転載します。

これで太平洋“八百長”戦争が完全証明されたと思っています。

「「そうだったんだ」とテレビで堂々と嘘をついているあの人があらゆる放送局の番組で時事問題の解説をしている理由」を考えてみてください。
ここに「すべてのテレビが同じ目的をもって同じ方向に向かっている」ことが証明されています。

「国民に真実を知らせるな」という方向に。

「国民に戦争の真実を知らせるな」という方向に。

「国民に北朝鮮の真実を知らせるな」という方向に。

「国民にシリアの真実を知らせるな」という方向に。

「国民にこの世界が嘘八百であることを知らせるな」という方向に。


現在の新聞・テレビは、戦時中の大本営発表と全く変わりありません。
これまで何度も書いてきましたが、最後にもう一度書いておきます。

戦争を終わらせる(始めさせない)ためには「戦争の真実」を理解しなければならない。





<太平洋“八百長”戦争年表>

1、 1918年、モスクワのイルミナティ大会により「日支闘争計画書」が作成される。
http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-260.html   

2、 1919年、アメリカで「オレンジ計画」が立案される。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B8%E8%A8%88%E7%94%BB

3、 1924年、イギリスのヘクター・C・バイウォーターの「未来予測」発表。
http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-285.html

4、 1930年、幣原喜重郎が「ロンドン海軍軍縮条約」を締結する。
http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-268.html

5、1936年、「二.二六事件」が起こされる。
http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-463.html

6、1941年、ロックフェラーの別のフロント組織、太平洋問題研究所 (IPR)が、日本の真珠湾攻撃工作資金を拠出する。
http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-2621.html

7、 1941年、日本海軍が「真珠湾攻撃」決行。太平洋戦争勃発。
http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-270.html

8、 1945年、広島と長崎に原爆が投下される。ポツダム宣言受諾。日本敗戦。幣原喜重郎が戦後初代の内閣総理大臣となる。
http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-46.html

9、1945年、「8.15宮城事件」が起こされる。
http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-536.html





<太平洋“八百長”戦争証明のポイント>

・東京大空襲で皇居や財閥系企業の施設は被害を受けなかった。

・三菱重工広島造船所や長崎造船所は広島、長崎の原爆投下でも被害はなかった。

・東京裁判では米国にとって最大の「敵」であったはずの人物は無罪とされた。

・天皇の戦争責任を追及したアメリカ人ジャーナリストのバーガミニは、日本ではなく米国から妨害工作を受け、ジャーナリスト生命を断ち切られた。

・戦時中、財閥系企業は「天皇の軍隊」を利用して莫大な利益を上げた。

・財閥解体なんて嘘八百であり、戦後も存続・拡大し続けている。

・昭和天皇はガーター騎士団の一員(エリザベスの臣下)であった。
日本がイギリス相手に戦争を起こすということは、君主への反逆を表すことになる。

・石油も鉄くずも所有していない日本が、何故に4年も戦争を続けることが出来たのか。
敵国であるはずの米国から、裏ルートで輸入されていたからだ。

・白洲次郎やヨハンセン・グループは、空襲や原爆の情報を事前に教えられていた。

・満州国で実権を握っていたのは、岸信介をはじめとした田布施グループである。

・満州国で岸信介は麻薬を取り仕切っていた。
麻薬の製造方法や販売手段を日本は知らなかったはずである。
それらの情報を教えたのは誰か。

・田布施グループの一人である松岡洋右が国際連盟脱退のお膳立てをすることによって、
日米開戦の原因を作った。

・ロンドン海軍軍縮条約を締結させて日本海軍の弱体化を謀った幣原 喜重郎は、
フリーメーソンだった。

・幣原喜重郎の妻・雅子は三菱財閥の創業者・岩崎弥太郎の四女である。
ここでフリーメーソンと三菱が繋がってくる。

・太平洋戦争開戦以前に、「日支闘争計画」が存在していた。
これは、日本と中国を戦争させる計画である。

・開戦前の二.二六事件も、終戦の際の八.一五宮城事件も、ヤラセであった。
ともに「あの戦争は軍部が独走して起こしたものであり、天皇は戦争に反対していた」という嘘を広めることが目的だった。



ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村





「Renaissance Of The Resistance」Kahil El'Zabar's Ritual Trio

今日の1曲は、カヒル・エルザバールズ・リテュアル・トリオの「Renaissance Of The Resistance」です。




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「All the Gin Is Gone」Jimmy Forrest

今日の1曲は、ジミー・フォレストの「All the Gin Is Gone」です。
テナー・サックスはジミー・フォレスト、ピアノはハロルド・メイバーン、ベースはジーン・レイミー、ドラムスはエルヴィン・ジョーンズ、そしてギターは本作がデビュー作となるグラント・グリーンです。1959年の録音です。








ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「「リンカーン暗殺」も、「ケネディ暗殺」も、「孝明天皇弑逆」も、「FRB創設」も、「タイタニック」も、「すべての八百長戦争」も、「原爆投下」も、「911」も、「311」も、「コロナ詐欺」も、すべて主犯はこの勢力が行っていたのである」byソウルマン

「明智光秀が信長に謀叛を起こした本当の理由は?能はユダヤ由来?」


かなり昔の講演会の動画のようだが、思った以上に面白かったので紹介する。


宇野正美 古代ユダヤ 丹波と秦氏



気になったことを記しおく。
八上城や波多野氏について調べていたら、あることに気づいた。
それは、この記事に記されていた箇所にあった。


https://jocr.jp/raditopi/2020/08/25/125188/



明智光秀は、八上城城主であった波多野秀治を降伏させるために、「信長に謝りに行ったら許してもらえる」と語って波多野秀治を説得し、信長のもとに連れて行った。しかし、信長は波多野秀治を許さずに殺してしまった。それに対して怒った波多野秀治の家臣が、人質として差し出していた明智光秀の母親を殺した」と。

私は、「これが明智光秀が信長に謀叛を起こした最大の理由である」と悟った。

恐らく明智光秀は、「波多野秀治を私のもとに連れてくれば許してやるから、波多野秀治を安心させるためにお前の母親を人質に差し出せ」と信長に言われたのでしょう。
その約束があったから、明智光秀は自分の母親を人質に差し出したのでしょう。
だけどその約束は反故にされた。信長は波多野秀治を殺害した。
そして母親は、代わりに殺されてしまった。

これでは明智光秀が「信長を殺してやる」と思うようになったのも、うなずけます。
このような裏切りをされては、君主もクソもありません。
自分が蹴られたぐらいのことなら我慢できても、これだけは許せないでしょう。
信長は、家来に殺されても仕方ないことをしていたのです。
はっきり言って、自業自得です。
このような明智光秀の感情を利用したのが秀吉であり、黒田官兵衛であり、その背後にいたのがイエズス会だったのでしょう。

だけどこういった史実を、何故かNHK等の「表の歴史」は隠蔽しているようです。
昨年のNHK大河ドラマでも一切報じられなかったはずです。
何故でしょう?
このことは、それほど隠しておかなければならないほどの史実とは思えないのですが。

ひょっとしてこの事件には、「彼ら」が触れられたくないことがあるのでしょうか?

それは私が思うに、宇野正美氏が動画で語っていたように、
「波多野=ユダヤの末裔」という“隠された事実”にあるのではないのでしょうか?

イエズス会はキリスト教を装っていますが、実際はユダヤ教です。
自分たちと同じユダヤを殺した信長を、許せなかったのではないのでしょうか?
これが「イエズス会が明智光秀を使って信長を殺した最大の動機」ではないのでしょうか?

「これが真実だ」とまでは言い張るつもりはありませんが、NHKをはじめとした「表の歴史」がこの史実を隠蔽していることから、このように感じました。


次に能について書きます。
能が能と呼ばれるようになったのは明治以降であり、それまでは猿楽と呼ばれていた。
猿楽をウィキより抜粋する。



猿楽(さるがく、猿樂)は、室町時代に成立した日本の伝統芸能。能は江戸時代までは猿楽と呼ばれ、狂言とともに能楽と総称されるようになったのは明治以降のことである。
(南方)中国大陸から伝わった散楽が申楽(猿楽)のはじまりと考えられている。申楽(猿楽)・能楽の始祖とされる秦河勝が「六十六番の物まね」を創作して紫宸殿にて上宮太子(聖徳太子)の前で舞わせたものが「申楽」のはじまりであると風姿花伝に記されている。
朝廷は散楽師の養成機関「散樂戸」を設けるなどし、この芸能の保護を図った。
延暦元年(782年)、桓武天皇の時代に散楽戸は廃止される。朝廷の保護から外れたことにより、散楽師たちは、寺社や街角などでその芸を披露するようになった。そして散楽の芸は、他の芸能と融合していき、それぞれ独自の発展を遂げていった。
鎌倉時代には平安時代に成立した初期の申楽とは異なる芸態の申楽が出現した。現行の翁に相当する翁申楽である。永仁5年(1297年)に書かれた『普通唱導集』では、もっぱら翁申楽について言及しており当時の申楽が翁申楽を本芸としていたことを物語っている。
翁申楽は寺社の法会や祭礼に取り入れられたため、申楽は寺社との結びつきを強め、座を組織して公演を催す集団も各地に現れた。
座のなかでも、とくに大和申楽の四座、近江猿楽六座が名高い。もともと申楽(猿楽)は大和において「七道の者」であった。漂泊の白拍子、神子、鉢叩、猿引きらとともに下層の賤民であり同じ賤民階級の声聞師の配下にあった。室町時代には、鎌倉時代の猿楽が発展し観阿弥や世阿弥らの登場によって現在の能楽とほぼ同等の芸能としての申楽(猿楽)が形作られる。
平安時代後期から鎌倉時代初期にかけて同業組合としての座が生まれ、寺社の保護を受けるようになる。それが鎌倉時代末期から南北朝時代にかけての動乱期を経て室町時代に入る頃になると、これに代わって武家が田楽を保護するようになり、それとともに衣装や小道具・舞台も豪華なものになっていった。このような状況の中、大和申楽の一座である結崎座より観阿弥が現れ、旋律に富んだ白拍子の舞である曲舞などを導入して、従来の申楽に大きな革新をもたらした。
永和元年(1375年)、室町幕府の三代将軍足利義満は、京都の今熊野において、観阿弥とその息子の世阿弥による申楽を鑑賞した。彼らの芸に感銘を受けた義満は、観阿弥・世阿弥親子の結崎座を庇護した。





秦河勝が能楽の始祖とされているようだ。
「能=ユダヤ発祥」のようですね。

次に、観阿弥について記しておきます。ウィキより抜粋する。




観阿弥(かんあみ/かんなみ 觀阿彌陀仏 正慶2年/元弘3年(1333年) - 至徳元年/元中元年5月19日(1384年6月8日))は日本の南北朝時代から室町時代にかけての申楽師。息子の世阿弥とともに、いわゆる能を大成した人物である。
観阿弥は、はじめ興福寺、春日神社などの神事能に奉仕する大和猿楽四座の結崎座の一員として、大和および、近隣の各地で活躍していたが、1370年代ごろから自らの一座を率い醍醐寺での演能など、京都周辺へも進出していった。
当時都では猿楽より田楽のほうが評価が高く、足利尊氏などの権力者も田楽を後援していた。ところが、1375年(永和元年 1374年説もあり)に京都新熊野神社で観阿弥が息子の世阿弥とともに演じた猿楽能を足利義満が見物、以降、将軍はじめ有力武家、公家らの愛顧を得、観阿弥が率いる観世一座は幕府のお抱え的存在とみなされるようになる。
観阿弥の息子、世阿弥の『世子六十以後申楽談儀』には、観阿弥の祖父が伊賀の服部氏一族から宇陀の中家に養子にいき、その人が京都の女性と関係して生まれた子が観阿弥の父であるという記述がある。この観阿弥の父は、大和の山田猿楽の一座に養子にいき、観阿弥の母は同じく大和猿楽の一座、外山の座の出身であるという。なおこの記述によると、観阿弥の長兄は宝生大夫、次兄は生市とあり、いずれも大和猿楽に関係していたと思われる。
また曾孫に当たる観世小次郎信光の肖像に書かれた讃には、伊賀の服部氏一族の武士であった観阿弥の父が、あるとき春日神社より「子を楽人として神に仕えさせよ」との神託を受け、三男である観阿弥に結崎氏を名乗らせ春日神社に捧げた、という伝説的なエピソードが記されている。
一方、1962年(昭和37年)三重県上野市(現・伊賀市)の旧家から発見された上嶋家文書(江戸時代末期の写本)によると、伊賀・服部氏族の上嶋元成の三男が観阿弥で、その母は楠木正成の姉妹であるという。この記載に従えば、観阿弥は正成の甥ということになる。




観阿弥は楠木正成の甥であるかもしれない。
ということは、南朝支援勢力である。

世阿弥について記しておく。ウィキより抜粋する。



世阿弥(ぜあみ、世阿彌陀佛、正平18年/貞治2年(1363年)? - 嘉吉3年8月8日(1443年9月1日)?)は、日本の室町時代初期の大和申楽結崎座の申楽師。父の観阿弥(觀阿彌陀佛)とともに申楽(猿楽とも。現在の能また歌舞伎の祖形ともいう)を大成し、多くの書を残す。観阿弥、世阿弥の能は観世流として現代に受け継がれている。
義満の死後、将軍が足利義持の代になっても、世阿弥はさらに申楽を深化させていった。
義持が没し足利義教の代になると、弾圧が加えられるようになる。1422年、観世大夫の座を長男の観世元雅に譲り、自身は出家した。しかし将軍足利義教は、元雅の従兄弟にあたる観世三郎元重(音阿弥)を重用する。一方、仙洞御所への出入り禁止(1429年)、醍醐清滝宮の楽頭職罷免(1430年)など、世阿弥・元雅親子は地位と興行地盤を着実に奪われていった。
1432年、長男の観世元雅は伊勢安濃津にて客死した。失意の中、世阿弥も1434年に佐渡国に流刑される。





「将軍足利義教は、世阿弥・元雅親子は地位と興行地盤を奪った」とのことであるが、「元雅の従兄弟にあたる観世三郎元重(音阿弥)を重用した」ということなので、宇野正美氏が「世阿弥が南朝を支援した楠木正成の血筋だから、佐渡に流刑されたのでは?」という説は間違いだろう。
何故なら、音阿弥は観阿弥の孫であり、世阿弥と同様に楠木正成の血筋であるからだ。
楠木正成の血筋を問題視したのなら、音阿弥も弾圧されているはずである。







私は、基本的に「日ユ同祖論」の支持者ではない。
むしろ、この説に異議を唱えている方である。
この説を支持するということは、基本的に「ユダヤは優れた良い民族である。日本民族にはその優れた民族の血が入っているので優秀なのだ」といった考えの支持者が多いような気がする。
そのような「ユダヤ肯定論」には、どうしても違和感を覚えてしまうのである。

何故かというと、過去から現在に至るまで、この世界の悪事を仕組んできた中心は、ユダヤ勢力であることは、間違いのない事実なのである。

分かりやすく言えば、「リンカーン暗殺」も、「ケネディ暗殺」も、「孝明天皇弑逆」も、「FRB創設」も、「タイタニック」も、「すべての八百長戦争」も、「原爆投下」も、「911」も、「311」も、「コロナ詐欺」も、すべて主犯はこの勢力が行っていたのである。
実際の実行部隊はその手下が行っていたが。

そういったこいつら悪魔勢力の悪事を無視して、単に「ユダヤは優れた良い民族である。日本民族にはその優れた民族の血が入っているので優秀なのだ」といった考えを持つことは大変危険であると、感じざるを得ないのである。

ただ悪事を行っているのは基本的に「偽ユダヤ」であるので、「悪いのはユダヤだ」と決めつけてしまうのは、これまた「彼ら」の罠に嵌ってしまうことになるため、そこの線引きは注意しないといけないだろう。

そうは言っても、古代ユダヤの血筋が日本人に残っており、古代ユダヤが残した文化・伝統・風習が深く日本に残っていることは、紛れもない事実であるだろう。
古代ユダヤが日本に来ていなかったなら、今の日本の文化は成り立っていなかったことでしょう。日本の伝統文化・技術と思われているあらゆるもの、神社も、相撲も、祭りも、能も、土木技術も、天皇家も、ユダヤ由来であることは間違いないだろう。

こんなこと書くと「なんやかんや言っておきながら、アンタはやっぱり「日ユ同祖論」の支持者やねんな」と思われそうだが、もう一度「そうではない」と念を押しておきます(笑)
「私が叩いているのは、ユダヤではなく偽ユダヤ(=「彼ら」)である」ことも、併せて念を押しておきます。

でも、「明治維新を起こした勢力が北朝天皇を弑逆し、偽物南朝天皇にすげ替え、“南朝が正当である”と唱えたこと」は事実であるし、「秦氏=南朝」が事実だとしたならば、「ユダヤって一体何者やねん?」と思わざるを得ません。

さらに言えば、「悪いのはユダヤ教なの?」「悪いのはユダヤ教というよりも、古代バビロン由来のタルムードの教えじゃないのか?」とも思っています。
さらにさらに言えば「ユダヤ人以外をゴイムと呼んで蔑んでいるのは、ユダヤ教の教えなのかタルムードの教えなのかどっちやねん?」とも思っています。

「ユダヤの闇」は根が深いようです。




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Oceania」Björk

今日の1曲は、ビョークの「Oceania」です。
決してホラービデオではありません(笑)





ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Best Imitation of Myself」Ben Folds Five

今日の1曲は、ベン・フォールズ・ファイヴの「Best Imitation of Myself」です。







ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

映画では美しい物語に仕上げていますが、実際は超ドロドロの物語でありました。

「タイタニックの闇を追う」



先日紹介したアルシオン・プレヤデスの動画で触れていたことについて、記しておく。
はい、タイタニックである。

まずは、ウィキに記されている陰謀説である。



「船を所有していたホワイト・スター・ライン社が財政難になっており、タイタニックの保険金を得るために故意に沈めた」という陰謀説がある。
根拠として、タイタニックを管理していたのはホワイト・スター・ラインであったが、その事実上の所有者は同社に出資していた国際海運商事の社長であるジョン・モルガンであった。モルガンはタイタニックに乗る予定だったが、直前に病気を理由にキャンセルし、代わりに別の大富豪の夫妻が乗船することになったが、この夫妻もキャンセルし、結局ホワイト・スター・ライン社の社長であるブルース・イズメイがこの部屋に泊まった。しかし、病気だったはずのモルガンが同時期に北アフリカからフランスにかけて旅行をしていたことがのちに判明しており、イタリアでは愛人にも会っている。しかも、キャンセルした客の中にモルガンと非常に深いつながりがある人々が数名いることも判明しているため、「モルガンはこの処女航海中に何か起こることを知っていたのではないか」とするものである。
また、モルガンはタイタニックで運ぶはずだった私的な貨物も直前にキャンセルしている。さらに、リパブリック沈没事件で名を馳せたジャック・ビンズという通信士も乗船をキャンセルしており、降格処分で下船した航海士が、双眼鏡をしまったロッカーの鍵を持っていた。乗船をキャンセルした者が自分の貨物をキャンセルするのは自然であるという意見もあるものの、乗船キャンセルの原因となった「旅行」の目的が何であったかは明らかになっていない。しかしこの事故は不注意な運航による予知しにくいもので、仮に航海士たちが巨額の資金で買収され、わざと氷山に衝突させたのなら航海士に死人は出ないはずであり、やはりこの説は憶測の域を出ないものである。
なお、「タイタニック号への乗船を直前にキャンセルしたのは50人を越す」にその他、火夫などを含めてと記されている。



もう一つの陰謀説。


タイタニックには、姉妹船として「オリンピック」がタイタニックより1年ほど早く北米航路に投入されていた。オリンピックは、タイタニックが就航する前に2回事故を起こしている。
• 1911年9月30日、サウサンプトン沖合いでイギリス海軍防護巡洋艦「ホーク」と接触、船尾が大破した。この事故はイギリス海軍査問会にて審理され、オリンピック側のミスと認定、海難保険は一切降りなかった。
• 1912年2月24日、大西洋を航海中に海中の障害物に乗り上げてスクリューブレード1枚を欠損したうえ、船体のキールに歪みが出るほどの損傷を受け、長期間の修理を余儀なくされる。
この2つの事故を鑑みて、「オリンピックは近い将来廃船される予定だったのではないか」というのが、船すり替え説の論拠となっている。つまり、廃棄寸前だったオリンピックを、内装や若干の仕様を変更させて「タイタニック」に仕立て上げて、故意に氷山にぶつかったというのである。




次に、こちらのサイトから引用する。

https://try-it-anyway.com/titanic-giwaku/
お次は、タイタニック号を完成させたホワイト・スター・ライン社について
ホワイト・スター・ライン社ってどんな会社?
1845年、リバプールにて設立され主に貨物輸送を行っていた会社


その後【トーマス・ヘンリー・イズメイ】により買収され大手船舶会社へと成長していきました


19世紀後半から20世紀初頭にかけて、同じイギリスのキュナード・ライン社と激しい海運競争を繰り広げ、巨大豪華客船計画で【オリンピック号】【ブリタニック号】【タイタニック号】の3大姉妹船を完成


そしてタイタニック号の沈没事故の10年前、アメリカ屈指の大富豪である【J・P・モルガン】によって買収され子会社となりました


つまり、事故当時の実質的なオーナーはJ・P・モルガンだったという事になります
オリンピック号の真実
タイタニック号と瓜二つであった【オリンピック号】


先に航海をしていたオリンピック号は何度か事故を起こして保険金が受けられない状態の船でした


しかし、ボロボロの状態でありながら後に起こった第一次大戦ではドイツ軍のUボートからの攻撃をかわし、さらに体当たりをしかけて沈没させる活躍を見せたんです!


何回も事故った船が体当たりすれば、逆に沈んでしまうのでは?


実は、タイタニック号が航海直前にドッグで整備を受けていた時、同じドッグでオリンピック号も修理を受けていたんです


この時に2隻の船はすり替えられた可能性があるんです


事実、タイタニック号はお披露目時と出港時の写真を比べると、窓の数が違う事が判明します
アメリカ屈指の大富豪とされる人物の考えたシナリオとは?
モルガンの行動
銀行、鉄道経営で巨額の富を得たモルガンは大西洋の海運統合を目指しIMM(国際海運商事)を設立し、ホワイト・スター・ライン社を傘下に収めます


実はタイタニック号の処女航海にモルガンも乗船する予定でしたが、なぜか直前になって


本人と関係者すべてが病気を理由にキャンセル


さらに積み込まれるはずだった、モルガンが保有する美術品なども問題が起きた
という理由で積み込みもキャンセル


ところがモルガンは、病気どころかエジプト旅行に行っていたことが後になって判明します


世界最高峰の豪華客船の初航海よりも、旅行を優先させる理由は何でしょうか?


もしかすると事故が起こる事を知っていたのかも知れません
モルガンが書いたシナリオ
経営の傾いたホワイト・スター・ライン社を立て直すには資金が必要でした


モルガンが厄介に感じたのは、先に航海して何度か事故をおこしているオリンピック号の存在


何度か事故を起こした船体は、これから何度航海が出来るか分からない状態で償却できる可能性は低い


しかし処分するにも多額の資金が必要だし、もう保険金はおりてこない船…。そこで思いついたのが、完成したばかりで保険金もおりてくる

タイタニック号とのすり替え
船長には頼りないスミスを任命し、イズメイには「流氷はよくある事」と説明しておけば事故を起こすのは時間の問題


そして航海直前に見張り役を交代させ双眼鏡の存在を曖昧にし、フリートとリーを買収し裁判で証言させる


こうして思惑通り用済みとなったオリンピック号の処分と、多額の保険金(150億円)を手にすることに成功したモルガン
モルガンの誤算
いくら保険金を手にする為とはいえ、これほどの犠牲者を出すとは考えてはいなかったのでしょう


備え付けられた救命ボートで脱出ではわずか705名


そして、一番の誤算は救助に向かった船がカルパチア号1隻だけだった事


少なくとも6隻からの警告を受けていたタイタニック号の付近には、それぐらいの船がいたことは間違いありません


遭難信号を受けたあと、全ての船が救助に向かっていればこれほどの犠牲者は出なかったはず


おそらくモルガンの計算ではほとんどの乗客は助かりタイタニック号だけ沈没するだろうと考えていたはず


保険金目当てで行った策略にしては、あまりにも犠牲者が多すぎる結末…。
その後の調査で、船内に黒くススけて穴があいた部分が発見されています


初航海の船に焼けたような跡が付くでしょうか?
これは何度か航海した船でありすり替えられた証拠のような気がしてなりません


さらに船内からは双眼鏡も発見され、やはり見張り役の証言も信用できません





このブログ主さんは「モルガンの誤算」と書かれておられますが、決して誤算なんかじゃないでしょう。
自分の目的のためなら他人の命など屁とも思わない連中なんですから。「彼ら」は。
アルシオン・プレヤデスの動画で語っていましたが、沈没の原因は氷山じゃなくて魚雷だったのではないのでしょうか・・・

アルシオン・プレヤデスのタイタニックに関する過去の動画は観れなくなってますが、文章を転載します。



http://alcyonpleiades-jp.blogspot.com/2013/04/5-11.html
タイタニック号沈没の陰謀と11という数の下の侵害
このビデオ第5部において、人類に対する「闇の者達についての恐ろしい露見の中にあるものについて、掘り下げ続けることが大いに重要だ」と私達は考えている。ここでは、なぜ名高い大西洋横断船「タイタニック号が海に沈むはめになったのかについての「秘密の原因」について、お知らせしたい。

大衆に向けて「公式に述べられた」こと以上の、決して知らされなかった何かがあったのだろうか?だが、世界最大の太平洋横断船に、本当には「何が起こった」のか?実際のところそれは、実によく計画された「ニビル人−爬虫類人種」による陰謀の企てであったのだ。

これは、一群の「建築家、銀行家、金融業者」といった富裕な企業家達に対し為された強烈な陰謀の企てであった。これらの企業家達は、3名の大変な実力者達と共に、「連邦準備銀行」の創設に断固として反対していた。というのも、その創設により、銀行が中央集権化し、世界経済を支配することになるからだ。

同じく、これは社会全般にも大きな影響を及ぼした。というのも、亡くなった人達の中には、当時「最も裕福な男」ジョン・アスターがいたからだ。彼は、「フリーエネルギーと無限のトロイド」の発見者であるニコラス・テスラの大いなる「友人かつ財政支援者」であった。そして「ニビル人−イルミナティ達」は、何としてもこれを人々に知らせたくなかったのだ。そうして、私達が新世界秩序(New World Order)とその残酷な作業に「依存し続ける」ためである。

では、11という数字にまつわる特定の日付における、これらの陰謀の奇妙な一致について、そして人類に衝撃を与えてきた他の出来事についてもくり返し、このカギとなる日付に起こっていることについては、何と言えるだろうか?

どうやら、スペインのマドリードにおける「2004年3月11日」のテロ事件や、あるいはやはり11日に起こった「ニューヨークのツインタワー」の破壊についての本当の真実は、決して知らされなかったようだ。これらは、犠牲になるのが群衆であれ、あるいは選ばれた人々であれ、「彼らの人身犠牲の儀式」のために、あるいは「戦争の開始または終焉」のために作られた行動計画の一部なのだろうか?




タイタニックの犠牲になった乗客の中で、大富豪と呼ばれる人間が3名いた。
一人は、ジョン・ジェイコブ・アスター4世である。
ウィキより引用する(抜粋)。



ジョン・ジェイコブ・"ジャック"・アスター4世(英語: John Jacob "Jack" Astor IV、1864年7月13日 - 1912年4月15日)は、アメリカの実業家、陸軍軍人。アメリカの財閥アスター家の一族で客船タイタニック号の乗客の一人として知られる。同船の沈没事故で命を落とした。軍人としての最終階級は中佐(Lieutenant-Colonel)。
4月14日午後11時40分にタイタニックが氷山と衝突した。その時アスターは自室にいたが、氷山とぶつかったらしいことを聞いてボートデッキに出て辺りをざっと見回してから部屋に戻り、妻マデリンに大したことはなさそうだと説明している。4月15日に入った深夜、専属の客室係から夫人は救命具をつけてデッキに出るよう指示を受けたが、その時もアスター夫妻は深く心配しておらず、のんびりした様子であったという。
ボートデッキに出た後、妻が4号ボートに乗るのに手を貸しながら「私のためと思って救命ボートに乗っておくれ」と妻に告げた。さらに二等航海士チャールズ・ライトラーに「妻が身重なので一緒に行ってよいか」と尋ねたが、「ご婦人が済むまで男性は乗れない」と断られたので、妻に「海は静かだ。何の心配もない。皆さんがよくしてくださるよ。朝になったら会おう」と別れを告げた。またメイドのロザリーと看護婦のキャロリンがボートに乗るのにも手を貸した。4号ボートが降ろされると妻に手を振った。





ジョン・ジェイコブ・アスター4世は、ニコラス・テスラの大いなる「友人かつ財政支援者」であったとのことである。
「彼ら」にとってニコラス・テスラの存在は、“非常に邪魔な存在”であったようだ。
彼のフリーエネルギーの発見は、石油をはじめとした既得権益を根底から揺るがすものであった。
当初モルガンは、ニコラス・テスラに資金提供するように装っていたが、途中で引き上げたのだ。
ニコラス・テスラには借金だけが残った。
モルガンは、本当はニコラス・テスラを援助するつもりなど、さらさらなかったのである。
はっきり言って、罠に嵌めたのである。
「彼ら」は、モルガンを“上手く使った”のである。
フリーエネルギーの研究には莫大な費用がかかるのである。
しかし、窮地に追い込まれたニコラス・テスラを救った人間がいた。
それが、ジョン・ジェイコブ・アスター4世だったのだ。
「彼ら」にとってニコラス・テスラのパトロンとなったジョン・ジェイコブ・アスター4世が、ニコラス・テスラ以上に“非常に邪魔な存在”であったことは、容易に推察できる。
そして「彼ら」は、ジョン・ジェイコブ・アスター4世を始末することを決意したのだろう。
ジョン・ジェイコブ・アスター4世を始末することで守られる「彼ら」の既得権益は、保険金詐欺で得られるカネなんてもんじゃないことは言うまでもないことである。

二人目は、ベンジャミン・グッゲンハイムである。
ウィキより引用する(抜粋)。



ベンジャミン・グッゲンハイム(Benjamin Guggenheim、1865年10月26日 - 1912年4月15日)は、アメリカ合衆国の実業家。
ユダヤ系ドイツ人のマイアー・グッゲンハイムの息子である。グッゲンハイム家の一員であり、タイタニック号沈没事故により死亡した。
タイタニック号では、1等船客としてシェルブールから乗船してニューヨークへ向かった。同行者は従者のヴィクター・ギグリオ、運転手のルネ・ペルノ、そして愛人のフランス人歌手マダム・アウベルトと彼女のメイドを務めていたエマの合計4名だった。グッゲンハイムとギグリオは1等船室のB-82号、マダム・アウベルトとエマは同じく1等船室のB-35号、運転手のペルノは2等船室を割り当てられた。 氷山衝突後の4月15日0時10分頃には1等船室付きのスチュワード、ヘンリー・サミュエル・エッチェズに手伝ってもらい救命胴衣をつけた。グッゲンハイムとギグリオは、マダム・アウペルトとエマを救命ボート乗り場へ連れて行った。女性2人が渋々9号救命ボートに乗りこんだ後、グッゲンハイムはエマにドイツ語で「またすぐに逢えるさ、ちょうど修理中なのだから。明日にはタイタニック号はまた動くだろう」と言って2人を見送った。ボートはその後、1時30分頃にタイタニック号から離れた。
事態の深刻さを悟っていたグッゲンハイムは、1時20分頃には救命胴衣を脱ぎ、夜会服に正装してギグリオ及び他の2人の船客と一緒に1等船客休憩室に現れた。グッゲンハイムは、「最上の服装に着替えてきた。これで紳士に相応しく沈んでいく準備は整った」と発言したという。また、妻に宛てて「私は最善を尽くした」という手紙を生存者に託していた。グッゲンハイムとギグリオの姿が最後に目撃されたとき、デッキチェアーに腰掛けた2人はブランデーグラスを傾け、葉巻をくゆらせていた。その後の2時20分に、タイタニック号は沈没した。グッゲンハイム、ギグリオ、運転手ペルノの遺体はついに確認されなかった。




3人目は、イジドー・ストラウスである。
ウィキより引用する(抜粋)。



イジドー・ストラウス(Isidor Straus、1845年2月6日 - 1912年4月15日)は、ドイツ出身のアメリカの実業家。後に百貨店のメイシーズを買収して世界的な百貨店に育て上げ、アメリカ下院議員も務めたが、タイタニック号の沈没事故で妻と共に死亡した。
晩年は各種慈善事業やアメリカ・ユダヤ人委員会設置などにも活躍したが、1912年、外遊先のイギリスからアメリカに帰国する予定のイジドーと妻のアイダを乗せた当時世界最大の客船タイタニック号は、4月14日23時40分に北大西洋のニューファンドランド島沖で氷山と衝突し、わずか2時間40分ほどで沈没した。後日、イギリス商務省が発表した1,513人の犠牲者の中に、ストラウス夫妻の名前もあった。
当時、タイタニック号は「決して沈まない船」という触れ込みで大々的に宣伝されており、造船会社の関係者たちは誰もタイタニック号が沈没するとは考えていなかったため、救命ボートは本来必要な数の半分しか用意されていなかった(これがタイタニック号の沈没時に多くの犠牲者を出した最大の要因となった)。生存者の証言によると、イジドーはタイタニック号の沈没時、すでに高齢とはいえ男性の自分が女性と子供を差し置いて救命ボートに乗り込むことを潔しとせず、妻のアイダだけをボートに乗せようとした。しかし、アイダもまた最愛の夫と別れて救命ボートに乗り込むことを拒否し、夫妻はタイタニック号の中で一緒に最期を迎える道を選んだという。夫妻を最後に見た目撃者によると、夫妻はデッキの上で腕を組んで寄り添っていたという。後にイジドーの遺体だけが発見された。現在、メイシーズのニューヨーク店には、ストラウス夫妻の肖像を刻んだ記念碑が設置されている。
タイタニック号沈没事故を教訓として、その後は乗船者全員が乗れる数の救命ボートを全ての船に備えることが国際的に義務付けられることになった。






「造船会社の関係者たちは誰もタイタニック号が沈没するとは考えていなかったため、救命ボートは本来必要な数の半分しか用意されていなかった(これがタイタニック号の沈没時に多くの犠牲者を出した最大の要因となった)」とのことだが、これは決して「偶然」ではないだろう。

「彼ら」の目的は、単なる保険金詐欺ではなかった。
この3人を始末することにあったのだ。

タイタニックを沈没させることに成功しても、この3人が無事に生還したら、目的が達成できなくなるのだ。
だから、わざと救命ボートの数を少なく用意しておいたのだ。
この3人が女子供を差し置いて自分だけが生き残ろうとするような人間でないことを「彼ら」は事前に理解していたのだ。
万が一、この3人が自ら船に乗り込むことで救出されたとしたら、生き残っても世間から非難されることは分かっており、この3人の名誉を落とすことで「彼ら」は満足を得るつもりだったのだろう。

何故「彼ら」は、この3人を始末したかったのだろうか?

アルシオン・プレヤデスが書いているように、この3人が正義感の持ち主であり、「連邦準備銀行」の創設に断固として反対していたからだろう。
自分たちの邪悪な目的を阻害しようとしていたこの3人を始末することで、「彼ら」は本来存在しないはずの紙幣発行利権を国家国民から盗み取ることに成功したのである。
ニコラス・テスラのパトロンであったジョン・ジェイコブ・アスター4世を始末することと、「連邦準備銀行」を守ることを目的として、タイタニックを沈没させたのであろう。
悪事のついでに保険金詐欺も仕組んでおいたのだろう。

この記事を書くにあたって、広瀬隆の「赤い楯」(上巻)のタイタニックに関する箇所を読み返した。
広瀬隆はこの3人の家系がロスチャイルドに繋がっていることを書いているだけで、「何故にタイタニックが沈没したのか」及び「何故にこの3人がタイタニックで亡くなったのか」ということについては書いていない。
私は「赤い楯」(上巻)のタイタニックに関する箇所を読み返すことで、「彼ら」の目的がもう一つあることに気づいた。
それはまた次回にしておく。

というのは冗談です(笑)

はい、もう一つの目的は、この3人の家系を”そっくりそのまま”乗っ取ることだったのではないのでしょうか。

ジョン・ジェイコブ・アスター4世の姉のヘレン・アスターは、ルーズヴェルト大統領のいとこであるジェームス・ルーズヴェルトと結婚しています。
ヘレンはジョン・ジェイコブ・アスター4世より早く、1893年に亡くなっています。
まだ34歳でした。
ルーズヴェルト家は、ロスチャイルド家と繋がっています。

ベンジャミン・グッゲンハイムの妻は、フロレット・セリグマンです。
はい、セリグマン家の人間です。
フロレット・セリグマンのいとこのアイザック・セリグマンは、モリス・レーブと結婚しています。
はい、クーン・レーブ商会の人間です。
クーン・レーブ商会は、あのジェイコブ・シフとも繋がるロスチャイルド系列です。
ベンジャミン・グッゲンハイムは、妻ではなく愛人とタイタニックに乗船していました。
妻であるフロレットは、事件が発生することを知っていたのかもしれませんね。

次にイジドー・ストラウスですが、彼の弟の息子がゴールドマン・サックスの人間と結婚しています。
ゴールドマン・サックスは、ロスチャイルド系列です。

以上、この3人の家系がロスチャイルドと繋がっていることを示しておきました。
ロスチャイルド=「彼ら」です。
「彼ら」が地球外生命体かどうかは知りませんが・・・
自分たちに都合の悪い人物は始末し、自分たちの利益に繋がる家系のみを“そのまんま”もらい受けるという芸当を、「彼ら」は行ったのです。

これがタイタニック事件の真実であると、私は判断します。

映画では美しい物語に仕上げていますが、実際は超ドロドロの物語でありました。

最後に皆さんご理解いただいていると思いますが、タイタニック詐欺を仕組んだ勢力と新型コロナウイルス詐欺を仕組んでいる勢力は同じです。
タイタニック詐欺は、決して過去の物語ではありません。
日本そのものが、人類そのものが、沈められようとしているのです。
そういえば、来年はタイタニック詐欺から110年ですね。
オリンピックが無事に終わったと思って安心していたら、やられてしまいますよ・・・





ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村


「La Fuente del Ritmo」Santana

今日の1曲は、サンタナの「La Fuente del Ritmo」です。







ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Jesus Make Up My Dying Bed」Blind Willie Johnson 「Michael, Row the Boat Ashore(漕げよマイケル)」Pete Seeger 、Brothers Four 、The Beach Boys、Harry Belafonte 、Peter , Paul & Mary

「キリスト教の教えは「救われるのは死後のみにある」という教えなのです」


今日は、昨日アップした「Then We'll Need That True Religion」に関連した曲を2曲アップします。
1曲目は、ブラインド・ウィリー・ジョンソンの「Jesus Make Up My Dying Bed」です。この曲と「Then We'll Need That True Religion」の関連性ですが、それはズバリ、タイトルの歌詞にあります。
「Then We'll Need That True Religion」の歌詞は、ここに掲載されています。
「Jesus Make Up My Dying Bed」Blind」の歌詞は、ここに掲載されています。
両曲とも「Jesus Make Up My Dying Bed」(イエス・キリストが私の臨終の床を作り上げてくれている)」と歌っているのです。
それでは、ブラインド・ウィリー・ジョンソンの「Jesus Make Up My Dying Bed」です。




次は有名な曲で、「Michael, Row the Boat Ashore(漕げよマイケル)」です。
(ウィキより)
アメリカ黒人のスピリチュアルである。サウスカロライナ州のシー諸島のひとつであるセントヘレナ島で、南北戦争中に記された。
この歌は、北軍の海軍が封鎖する前に島を去った元奴隷たちによって歌われた。ハーバード大学卒業生で 1862年から1865年までセントヘレナ島で援助に携わっていた奴隷制度廃止運動家のチャールズ・ピカード・ウェアによって、この歌は楽譜におこされた。ウェアのいとこであるウィリアム・フランシス・アレンが1863年に報告した内容によると、元奴隷たちはボートを漕ぎながらこの歌を歌っていた。 1867年にアレンとウェアとルーシー・マキム・ギャリソンによって、1867年に『合衆国奴隷の歌』 (Slave Songs of the United States) でこの歌は最初に発表された。

この曲と「Then We'll Need That True Religion」の関連性ですが、これも歌詞にあります。
「Michael, Row the Boat Ashore」の歌詞は、ここにあります。
両曲とも「Jordan's river deep and wide hallelu hallelu(ヨルダン川は深くて広い、ハルー、ハルー(またはハレルヤ)」と歌っているのです。

この3曲を調べて感じたことは、「キリスト教による奴隷制度の肯定」です。
つらい労働を強いられた黒人奴隷は、キリスト教の教えを受入れることで、苛酷な労働も”良し”と思って受入れさせられたのです。奴隷制度を推し進める勢力にとっては、キリスト教はまさに”都合のいい宗教”でした。
何故なら、キリスト教は「奴隷制度を打ち倒せ。人間には自由・権利・平等が等しく与えられているのだ」と教えるのではなく、「現生はつらくても、死後の世界は安らかに暮らせるのです。キリストはあなたを”安らかな死”へと導いてくれるのだ。ヨルダン川で沐浴をし、神を称えましょう。ハレルヤ」と教えるのです。
「皆さんを奴隷として不当な労働をさせている悪魔どもを打ち倒すのです。神は悪魔どもから皆さんをお守りします」などとは教えないのです。
こちらにも「実はこの歌は『天使ミカエルよ、舟をこいで私の魂を天国(向こう岸)へ連れて行ってください』と祈る歌。過酷な境遇にいて死後の世界に憧れる歌です」と解説されています。

キリスト教の教えは「救われるのは死後のみにある」という教えなのです。

これは、現在コロナ詐欺で奴隷のような生活を強いられ、毒ワクチンによって殺されようとしている人間を一切救おうとせず、「ただ従順にしていれば、あなたを”安らかな死”へと導いてあげましょう」という「神の教え」と同じなのです。

はい、「救われるのは死後のみにある」という教えなのです。

キリスト教の神は、悪魔と結託しているのです。
神=悪魔なのです。



ピート・シーガーのヴァージョンです。


ブラザーズ・フォーのヴァージョンです。


ビーチ・ボーイズのヴァージョンです。


ハリー・ヴェラホンテのヴァージョンです。


ピーター・ポール&マリーのヴァージョンです。






ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村