2021年06月の記事 - 嘘八百のこの世界
fc2ブログ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント
月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告
2021年06月の記事

「Fun」Sly & The Family Stone

今日の1曲は、スライ&ザ・ファミリー・ストーンの「Fun」です。




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「COVID19のワクチンは接種しない」byオリビア・ニュートン・ジョン

「嘘八百の新型コロナウイルス詐欺に騙されるな!87」


アルシオン・プレヤデスの新しい動画のリンクを貼っておきます。


https://www.bitchute.com/video/UH91fcoPQzIb/

アルシオン・プレヤデス113:反ワクチンの著名人、アスリート、ビッグ・ブラザー‐AI、訴訟、ファウチ‐ゲイツ

現在の世界がどのように機能しているのかを理解するために、チェス盤を想像することは、実に有益だ。いわゆるパンデミックの動きにおいて、誰もが支配的な帝国の単なるポーンとして、目覚め、ひどい害をなしているグローバル主義者らに、チェックメイトをかけるよう運命づけられている、と知るべきだ。たとえ全てが私達に不利であろうと、大きな家族のように団結するなら、巨人ゴリアテを殺した、小さなダビデのように勝利する大きな可能性がある。
それゆえ、唯一の選択肢は、目覚めるために闘うことである。さもなければ、私達の思考や行動は、今後数年で消えていき、2030アジェンダが完了するだろう。というのも、力をさらに授けるべく、テクノロジーのビッグ・ブラザーに訴えるからだ。ビッグ・ブラザーは、人工知能技術をもって、デジタル看視者を装って、世界全体をコントロールしている。
それゆえ、日増しにより多くの人が、執拗なワクチン接種に起こっていることを知り、この実験に参加することに反対している。その中には、有害なワクチンに対する拒否を示す、多くの著名なスポーツ選手、また、アーチストやミュージシャン、歌手、司会者、プロデューサー、俳優が、ワクチンへの反対を表明してきた。というのも、情報メディアで報道されないものの、多くの者達が被害を受けており、また別の者達は、ワクチン接種後に死亡しているからだ。
それゆえ、日増しにより多くの人が、課せられた非道な対策の被害について、判事や国会議員、代議士、権威ある医師、弁護士の支援を受け、政府を告訴するべく、団結しつつある。彼らは、警察国家や全体主義、大量虐殺を推進する政府を非難し、国際裁判所に陳述書を提出している。
では、発覚した米国の科学顧問、アンソニー・ファウチのスキャンダルや、ビル・ゲイツとの関係、その偽りのパンデミックについては、何が言えるだろうか?同じく、そのCovidの元凶への関与と、ワクチンを販売するための製薬企業への融資については?また、効果的な医学的治療の使用を認めず、多くの寄る辺ない人達の死を引き起こした、その嘘については?
提供:アルシオン・プレヤデス





前半箇所より一部書きおこしをしておきます。


・「COVID19のワクチンを受けるくらいなら、東京オリンピックに出ない方がマシだ。誰も選択制を奪われるべきではないし、大衆に従う理由はない」
ヨハン・ブレーク(ジャマイカの短距離走者)

・「ファイザーの注射を受けた数日後に死亡した」
ハジク・カマルディン(マレーシアのアーチェリーのオリンピック選手)

・「COVID19のワクチン接種後、サッカーの試合中に心停止により死亡した」
ロベルト・リマ(ウルグアイのサッカー選手)

・「COVID19のワクチンを受けるよりは引退した方がマシだ」
コール・ビーズリー(バッファロー・ビルズ)

・「COVID19のワクチンを打つな。それはしてはダメだ。死ぬまで注射される」
ブライアン・ロイ(元アヤックスの選手)

・「私達を殺そうとしている。パンデミックは私達をコントロールするための各国政府の真っ赤な嘘である。実験的ワクチンに反対する」
ミゲレ・ボセ(スペインの歌手)

・「COVID19のワクチン接種に対する科学的根拠が存在するのか」と番組中に発言する。
アンソニー・ファウチを批判し、このように述べた。
「COVID19のワクチンによりどれほどのレベルで危険にさらしたがっているのか。みんな分かっている」
彼は科学やコロナウイルスの誇張に向け研究し、調査するよう視聴者を駆り立てている。
ショーン・ハニティ(FOXニュース・キャスター)

・「いかなるパンデミックも存在していない。これは本物のワクチンではない」と述べてCOVID19のワクチンを拒否することを明言した。
テッド・ニュージェント

・「COVID19のワクチンは接種しない」
オリビア・ニュートン・ジョン

・COVID19のワクチンを拒んでおり、祝祭の席でこれをはっきり告げ、ブジッド・バルドーやフランスの政治家ジャン=リュック・メランションに賛同した。彼らもやはりCOVID19のワクチンにNOと告げており、次のように述べたからだ。
「これは完全に実験的なしろものであり、今まで決して用いられたことがなく、ワクチンと誤って呼ばれているものです。これは、その長期的な影響が不明の遺伝子治療だからです」
アニー・デュプレー(フランスの女優)




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村



「Don't Knock My Love」Wilson Pickett、Marvin Gaye & Diana Ross 「ドリフターズの「8時だョ!全員集合」の早口言葉」

今日の1曲は、ウィルソン・ピケットの「Don't Knock My Love」です。



マーヴィン・ゲイ&ダイアナ・ロスのヴァージョンです。


はい、お分かりですよね。
ドリフターズの「8時だョ!全員集合」の早口言葉の原曲です(笑)




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

河野太郎に告ぐ「何故に副反応が起きても製薬会社に損害賠償責任がないことを問題視しないんだ! もう一度言う。もうすでに新コロワクチン接種後に356名が亡くなっているんだぞ! アンタは誰の立場に立っているんだ! 製薬会社の立場か。国民の立場か。はっきりしろ!」byソウルマン

「嘘八百の新型コロナウイルス詐欺に騙されるな!86」


私はこれまで何度も何度も繰り返し訴えていますが、どれだけの人が理解しているのやら?一人も理解していないのでは?

「右も左も根は同じ」
「右も左も「協力」してコロナ詐欺を演じている」という「常識」を。



https://www.tokyo-np.co.jp/article/113119
世界が注目するコロナデータのサイトはどう作られたのか 加速するシビックテック
2021年6月28日

<民主主義のあした>
 新型コロナウイルスの世界の感染状況など、最新の情報を提供する米ジョンズ・ホプキンズ大の特設サイト、東京都の感染や検査のデータを分かりやすく示す都の感染症対策サイト。これらはいずれも情報技術(IT)にすぐれた市民たちの手で作られた。こうして行政や社会が抱える問題を、ITを駆使する市民の協力で解決するのが「シビックテック」だ。世界に広がりつつある新しい民主主義の取り組みを追った。

米ジョンズ・ホプキンズ大のサイト 作成した中国人留学生の願い
 世界の新型コロナウイルスの感染者動向を追跡する米国のジョンズ・ホプキンズ大(JHU)の特設サイト。世界中で閲覧され、各国政府のコロナ対策に広く活用されているサイトを立ち上げた中国人留学生董恩盛(とうおんせい)さん(32)に経緯や狙いなどを聞いた。(ワシントン・吉田通夫)




ジョンズ・ホプキンス大学という名を聞くだけで、この大学と称する組織が何者かということは理解されておられますよね?
あの「有名な予行演習」を主催していたのがこの大学と称する組織であることを。


http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-3225.html
悪魔の詐欺師どもが行う「予行演習」
「嘘八百の新型コロナウイルス詐欺に騙されるな!⑤」



http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-3614.html
「コロナ詐欺の演出者とグレート・リセットの計画者は同じだった」byソウルマン
「嘘八百の新型コロナウイルス詐欺に騙されるな!53」





ご理解いただけましたでしょうか?
「右も左も「協力」してコロナ詐欺の「予行演習」を行い、デタラメのコロナデータサイトを作って嘘情報を拡散し、人口削減(=グレート・リセット)を推進している」というお話しでした。
メデタシメデタシ、なわけねーだろ!

厚生労働省が公表しているだけで6月18日までにもうこれだけの方が新コロワクチン接種後亡くなっていますよ。



https://www.mhlw.go.jp/content/10601000/000796557.pdf
1.報告状況
○前回の合同部会(6月9日)以降、コミナティ筋注の副反応疑い報告において、医療
機関又は製造販売業者から死亡として報告された事例が新たに81 件あり、令和3年
2月17 日から令和3年6月13 日までに報告された死亡事例は計277 件となった(別
紙1、2)。
○なお、上記に加え、令和3年6月14 日から令和3年6月18 日までに、医療機関又
は製造販売業者から死亡として報告された事例が78 件あった。





モデルナが1名らしいから、計356名ですね。
隠しきれない数字なのでしょう。
実際はこのうん十倍の死亡者が出ていることが推察されます。
全員「情報不足等によりワクチンと症状名との因果関係が評価できないもの」として補償もされていません。4000万以上補償するという政府発表は何だったんですか?
今年の流行語大賞は「情報不足等によりワクチンと症状名との因果関係が評価できないもの」ですか?
こんなに大勢の人が亡くなっているのにこのワクチンと称される毒物注射をまだ続けるつもりですか?
これだけ大勢の人が亡くなっていることを知っているにもかかわらずいまだに新コロワクチンを打つか打たないかを思案している人が周囲にいることには呆れるばかりです。
ここまで洗脳されている人は救いようがありません。


新コロワクチンの中止を求める「正義感を持った医師と議員」が立ち上がったようです。
私もまだちらっとしか観ていませんが、目を通しておくべきでしょう。



https://www.bitchute.com/video/oCsqx9VK1tHO/
国内の医師ら450人がワクチン接種中止を求めて嘆願書を提出 ❣「新型コロナワクチン接種中止」の嘆願書を厚労省に提出後の記者会見の全録画!消されないように(^^;) 2021年6月24日参議院会館101






この動画で語る「正義感を持った医師と議員」はテレビには出してもらえません。
テレビに出ているのは、製薬会社や死の商人とズブズブに繋がった“偽物の専門家”ばかりです。
河野太郎がこういった新コロワクチン危険性を訴えている人々の発言をデマ呼ばわりして真実隠蔽に躍起になっているようですが、この男に以下のように言っておく。



デマだと言うのなら、新コロワクチンが危険でないという科学的根拠を示してから発言しろよ!

新コロワクチン接種後に356名が亡くなったと発表したのは厚生労働省だぞ!

これだけの人が亡くなっているにもかかわらず新コロワクチン接種を中止しないのは異常だと思わないのか!

普通の人間なら、一人でも亡くなったらワクチンなど中止にするだろ!

政府も各自治体もコロナの存在証明がないことを認めていることを知らないとは言わせないぞ!

そもそも存在が証明もされていないウイルスに対して効果もクソもないだろ!

PCRがウイルス判定に使えないことをPCR発明者のキャリー・マリスが語っていたことを知らないとは言わせないぞ!

新コロワクチンに遺伝子組み換え物質を入れることによって“効果”があるという科学的根拠を示してみろよ!

そもそも存在が証明もされていないウイルスに対して効果もクソもないだろ!

そもそも存在が証明もされていないウイルスに対して変異もクソもないだろ!

政府やメディアが新コロワクチンに遺伝子組み換え物質を入れていることを国民にきちっと伝えていないことは問題じゃないと思っているのか!

何故にきちんと情報開示しないんだ!

仮にコロナが存在していたとしても、一人も死んでいない子供に新コロワクチンを打つとは何事だ!

何故にアンタは製薬会社の人間でもないくせに、血眼になって新コロワクチンを推進しているんだ!

何故に副反応が起きても製薬会社に損害賠償責任がないことを問題視しないんだ!

もう一度言う。もうすでに新コロワクチン接種後に356名が亡くなっているんだぞ!

アンタは誰の立場に立っているんだ!

製薬会社の立場か。国民の立場か。はっきりしろ!

アンタにも家族があるんだろ。アンタのしていることを家族にどう言い訳してるんだ!

「お前たちだけは大丈夫だから、安心しておけ」とでも言っているのか!

お前はそれでも人間か!恥を知れ!




このショッカーの戦闘員の発言がデマのオンパレードであり科学的根拠ゼロであることは前にも証明したが、もう一度リンクを貼っておきます。



http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-3821.html
「他のことを多少犠牲にしてでも、スピードを上げる。それが私の方針です」by河野太郎
「嘘八百の新型コロナウイルス詐欺に騙されるな!82」





ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Leave My Wife Alone」John Lee Hooker

今日の1曲は、ジョン・リー・フッカーの「Leave My Wife Alone」です。
ジョン・リー・フッカーの自作曲です。





ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Touch The Hem Of His Garment」 The Soul Stirrers 、Merry Clayton 、Al Kooper

今日の1曲は、ソウル・スターラーズの「Touch The Hem Of His Garment」です。
ソウル・スターラーズは、サム・クックが在籍していたゴスペル・グループです。
この曲はサムの自作で、「病気だった彼女は言った「イエス様のお召し物の裾に触れることができたら、私は回復できるはずです」」と歌っています。
アリサ・フランクリンは、サム・クックのことが好きだったそうですね。



メリー・クレイトンのヴァージョンです。


アル・クーパーのヴァージョンです。







ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村





「私たちはまったくの盗賊であって、日本人の魂と心を悪魔の手から奪いとって、その造主にわたすために来たのです」byイエズス会宣教師ロレンソ

「海賊の日本史」山内譲


2018年の書である。著者の書は初めて読んだ。
以下、一部引用する。



*このように平氏は、瀬戸内海や九州の武士を数多く組織し、その水軍力を自軍に取り込んでいた。西海に逃れて以後も平氏が意外に長期間にわたって抵抗を続けることができたのも、その力によるところが大きかったと思われる。
しかし平家方水軍の瀬戸内海における優位はいつまでもは続かなかった。あれほど平家に忠誠を誓っていた阿波の重能が壇ノ浦で寝返ったのはその意味で決定的だったが、源氏方の海上勢力が着々と力を蓄えつつあったことも見逃すことはできない。
伊予の河野氏が、額入道西寂や重能のたびたびの攻撃を受けながらもついに屈しなかったのは先に述べた通りだが、彼らはその後、態勢を立て直し、屋島・壇ノ浦の合戦においては源氏方水軍の主力として海戦に参加するまでに成長していたのである。
以上、松浦党に関連付けて、平氏政権を支えた多様な海上勢力についてみてきた。本書の問題関心からすれば、彼らは海賊といえるのかどうかが重要だが、それについては否といわなければならないだろう。彼らは海上でさまざまな活動を展開したが、海賊特有の、通行料の徴収などの行為はみられないし、史料的にも、管見の及ぶ限り「海賊」という言葉が使われている証拠も見当たらない。それでは彼らはどう位置付ければいいのかということになるが、当面は、海辺部に拠点を有し、そこでの活動によって水軍力を蓄えてきた海辺の在地領主ととらえておきたい。

*倭寇とは、14世紀から16世紀にかけて朝鮮半島や中国大陸沿岸を襲った日本の武装勢力、という辞書の記述で問題はないように思われるが、ことはそう簡単ではない。倭寇の大きな波が14世紀後半と16世紀中葉にあったことはよく知られているが、その両者で構成員や活動のあり方が大きく異なっているからである。そのため両者はしばしば前期倭寇、後期倭寇という言い方で区別される。
このうち後期倭寇の実態が、倭寇とはいいながらも日本人よりもむしろ中国人が中心で、それにポルトガル人などが加わった集団であったことも早くから明らかにされてきた。そのことは中国側にもよく知られていて、明代の倭寇研究所ともいうべき『籌海図編(ちゅうかいずへん)』にも、倭寇は「真の倭人は甚だ少なく、みな福建や浙江の者で、異国人と結託した連中である」と記されている。
そのような後期倭寇を代表する人物が、鉄砲伝来にもかかわったとされる王直(おうちょく)である。王直は、中国歙県(しょうけん))安徽省(あんきしょう)の生まれで、広東(かんとん)に行って大船を造り、その船でルソン・アンナン・マラッカ方面に出かけて巨富を得たという。彼の本拠は杭州湾沖の舟山列島の一角にある双嶼(そうしょ)だったが、それとは別に五島や平戸にも拠点を置き、東シナ海を縦横に行き来して密貿易に従事した。


*鹿児島市の市街地の北端に、東福寺城という南北朝時代の山城が残されている。鹿児島湾に面した南北に細長い丘陵上に設けられた城で、点在する曲輪をすべて合わせると南北1キロメートルほどにもなろうかという大規模な城である。この城は戦国時代まで存続していたようだから、現在の遺構のどこまでが南北朝時代のものかはわからないが、この地域の重要拠点であったことは推測できる。城を支配していたのは、薩摩国守護でこの地域の北朝方の有力者であった島津貞久(さだひさ)である。この東福寺城を、1347(貞和3)年6月、「熊野海賊以下数千人」の軍勢が襲った。

*熊野で活動する海上勢力の歴史は古いが、最も有名なのは源平争乱期に活躍した熊野別当湛増(たんぞう)だろう。
・・・・・(中略)・・・・・
彼らの海上での活動能力は、内乱後期になると、瀬戸内海において平家を追い詰めた源義経の注目するところとなり、1185年(元暦2)年の壇ノ浦の戦いに加わることになる。
・・・・・(中略)・・・・・
このような別当湛増の活躍の流れを受けて、南北朝期に再び歴史の表面に現われてきたのが「熊野海賊」である。彼らの活動は、湛増のそれのように軍記にとどめられることはなかったが、その活動期間は湛増よりも長く、また活動範囲も広い。その最も顕著な例が先の1347(貞和3)年の薩摩での合戦ということになるだろう。数千人の軍勢で東福寺城に攻めよせて北朝方の武士を震え上がらせた「熊野海賊」の実態を追ってみることにしよう。





(管理人)
私が本書を読んだ理由は、以下の理由である。

日本において海賊が存在していたというのは紛れもない事実である。
しかし、その実態を私はほとんど知らない。
それゆえに、その実態を知りたいと思ったからである。

著者は、時代ごとに分けて「日本における海賊の歴史」をよく調べておられました。
海賊の定義を「通行料の徴収」行ったこととする著者の指摘は面白かった。
平家や源氏に協力した(雇われた?)海賊らしき勢力は、「通行料の徴収」を行っていないため海賊ではなく水軍及び「海辺の在地領主」だというわけである。
「通行料の徴収」は、瀬戸内海地方の海賊が行っていたようである。
「通行料の徴収」というと暴力団のみかじめ料のように感じないこともないが、当時の海賊と呼ばれる人々はそれを当然の権利と思っていたのだろう。
少なくとも、西洋の海賊のような悪逆卑劣な集団ではなかったようである。

倭寇についての記述も興味深かった。
時代にもよるのだが、「後期倭寇の実態が、倭寇とはいいながらも日本人よりもむしろ中国人が中心で、それにポルトガル人などが加わった集団であった」ということで、倭寇という輩は日本人よりも外国人を中心に構成されていたようである。
ここで後期倭寇を代表する人物あったという中国人の王直について考察してみる。

王直(ウィキより抜粋)


王直または汪直(おうちょく、生年不詳 - 嘉靖38年12月25日(1560年1月22日))は、中国の明代の貿易商人(海商)で、後期倭寇の頭目。王直はあだ名で、本名は王鋥(おうとう)と言い、徽王や老船主とも称した。
明朝では王直の処遇について意見が対立していたが、1559年12月に王直は捕えられて処刑された。
王直の個人的評価は、中国の歴史家の間では分かれており、貿易商人的側面が評価される一方、倭寇の頭目であり、さらに日本と通じた売国奴であるとの否定的評価をする論などがある。



王直は鉄砲伝来にもかかわっていたようです。

http://www2.odn.ne.jp/nihonsinotobira/sub30.html
1543(天文12)年、種子島に漂着した中国船(この船の持ち主で、五峰と名乗る中国人は、実は倭寇の頭目の王直でした)の中に、異様な風体をした外国人が乗船していました。彼らはポルトガル人で、エスピンガルダと呼ばれる細長い棒状の筒を手にしていました。これが鉄砲(火縄式長銃)でした。

 ポルトガル人が島で鉄砲射撃の実演を行うと、島主種子島時堯(たねがしまときたか。1528~1579)は早速興味を示しました。好奇心旺盛な16歳の少年島主は、二千金という大金もいとわずに2挺の鉄砲を買い取りました。そして、家臣に火薬の製法を学ばせ、刀鍛冶に鉄砲製造方法を研究させたというのです(南浦文之(なんぽぶんし)『鉄炮記』).。

 種子島以前にも、わが国において鉄砲が使用されたとする記録は散見されます。また、日本に伝わった鉄砲は東南アジアで使用されていた鉄砲と酷似しています。東南アジアは倭寇の交易圏でしたので、わが国に鉄砲を伝えたのはポルトガル人という通説に対して、「鉄砲伝来の主人公は倭寇とする方が歴史の事実に近い」という意見もあります(宇田川武久『鉄炮伝来』1990年、中公新書、P.2~15)。

 ともかくこうして、わが国における本格的な鉄砲生産が始まりました。その後、鉄砲生産の技術は種子島から堺(和泉)・国友(くにとも。近江)・根来(ねごろ。紀伊)など各地に伝わり、量産されていくようになりました。




同じサイトに凄いことが記されています。



織田信長は南蛮人宣教師たちに、彼らが東洋まで進出してきた理由を尋ねたことがありました。宣教師が持参した地球儀上で見ると、日本はヨーロッパから遥かかなたに位置します。幾多の危険をかえりみず、縹渺(ひょうびょう)たる大海原を乗り越えてまでやってくる彼らの目的が何なのか、素朴に疑問を持ったのです。「盗賊であって何かを奪おうとするのか、あるいは教えの大切なためか」という信長の問いに対し、イエズス会宣教師ロレンソ(1526~1592)は次のように答えました。


「私たちはまったくの盗賊であって、日本人の魂と心を悪魔の手から奪いとって、その造主にわたすために来たのです」(鈴木良一『豊臣秀吉』1954年、岩波新書、P.56)





はい、イエズス会は自分たちが「まったくの盗賊」であることを信長に認めたようです(笑)
NHKをはじめとしたメディアや学校教育は、この「告白」をいつ公表するのでしょうか?


次に、こちらのサイトから抜粋します。


https://tabinaga.jp/history/view.php?category=3&hid=29&offset=4
平戸は、遣唐使船の寄港地となるなど、古くからアジアとの海上交通ルートにおいて重要な港でした。16世紀、この港町は世界を結ぶ海外交易の要所としてさらに栄えることとなります。
  長崎県と西洋の最初の出会いは、1550年、ポルトガル船の平戸入港に始まります。東洋でのキリスト教布教に生涯を捧げたフランシスコ・ザビエルも平戸にやってきました。貿易に熱心だった当時の領主・松浦隆信のもと、南蛮貿易とキリスト教布教の出発の地となった平戸は、世界地図にFirando(フィランド)と記され、その名を世界に知られます。
  17世紀になると、新教国のオランダやイギリスがアジアに進出。ポルトガル船が去った平戸にも入港し、1609年にオランダ商館が、1613年にはイギリス商館が開設され、瞬く間に国際貿易港としての脚光を再び浴びることになります。
 1550年(ポルトガル船来航)から1641年(オランダ商館が長崎・出島に移転)までのおよそ90年間、ポルトガル、イギリス、オランダなどヨーロッパの国々と親密な交わりをもち、海外文化の交差点となった「平戸」。いまから約450年前、世界への扉が大きく開け放たれたこのまちに残る異国の香りを訪ねました。


「VOC」のマークを、美術館や博物館で見たことはありませんか? そうです、オランダ東インド会社の社章です。この会社が平戸へやってきたのは、会社設立から7年後の1609年。江戸幕府から日本での貿易と商館の設置を許され、当時の平戸藩主 松浦鎮信も歓迎しました。本館のほか住宅や石造りの倉庫などの施設が建ち並び、平戸は貿易港として脚光を浴び賑わいます。東洋で最大規模を誇っていた商館でしたが、1640年、幕府から取り壊し命令が下され、翌年には長崎の「出島」へ移転を言い渡されます。


平戸観光資料館の上、市民の憩いの場でもある崎方公園内にザビエル記念碑があります。イエズス会創設のメンバーのひとりで、東洋のキリスト教布教に生涯を捧げたザビエルが平戸に来たその時から、長崎におけるキリシタンの歴史が始まったのです。日本にキリスト教を伝えたことで有名なザビエルですが、彼が平戸を3度訪れトータル2ヶ月ほど滞在したことは意外と知られていません。この碑は、ザビエル来航400周年を記念して建てられました。


日本式のものとは違って、独特の形をした六角形の井戸。中国の様式で作られたものだとか。この辺りは中国の商人たちが住んでいたそうです。長崎県各地の港町にはこのような六角井戸が残っています。密貿易で東シナ海を舞台に勢力をふるった貿易商人 王直さんも、この井戸で喉の渇きを潤したのかもしれませんね。ちなみに、ポルトガル船を平戸港に誘導し、南蛮貿易の橋渡し役をしたのはこの王直さんという話です。


イギリスの東インド会社もやってきた!
同時に、ビールもやってきた!
1613~1623年のあいだ、記念碑の対岸(現在の親和銀行付近)にイギリス商館がありました。海岸地帯に商館・倉庫・住宅が建ち並んだそうです。徳川家康は商館を浦賀に置くようにすすめましたが、朱印状を貰って、平戸を拠点に貿易を始めました。初代の商館長はリチャード・コックス。イギリスといえば、英国船「グローブ号」が積んでいたビールが平戸に上陸したという記述が『セーリス日本渡航記』にあります。後に、幕府が海外貿易の制限を強めてくると、オランダとイギリスの貿易を巡る抗争が激しくなって、松浦隆信が仲裁に入るほどだったらしい。




“普通の平戸の歴史を紹介するサイト”にも、凄いことが記されています。
王直も、イエズス会も、平戸に関係していました。
オランダ東インド会社も、イギリス東インド会社も。
平戸でキリスト教の布教が始まったのは、「偶然」ではなさそうです。
平戸は本書にも紹介されていた松浦党とも関係していたようである。
松浦党をウィキで見てみる(抜粋)




松浦党(まつらとう)は、平安時代から戦国時代に肥前松浦地方で組織された松浦氏の武士団の連合。一族は48つに分かれており、松浦四十八党とも呼ばれた。水軍として有名。
これら松浦一族は、その居住した地域が多島海沿岸であったことと、朝鮮半島、中国大陸に海を隔てて近接していたことから、船を利用して日宋貿易に従事する機会も多かったと思われる。また、船に頼る生活から、水軍として、さらには海賊常習者のイメージが中央貴族をはじめ一般にも定着し、松浦党の呼称が与えられることになった。
天文11年(1542年)、明人王直は、領主松浦隆信の優遇を受け平戸を根拠地として密貿易を開始した。中国沿岸は勿論、ルソン、安南、シャム、マラッカ等に航路を求め、大陸物資の導入に努め、平戸は殷盛を極めるようになった。その後は李旦、鄭芝竜が来るなど中国と松浦党の関係は密であった。




どうやら平戸は、松浦党、王直といった海賊と結びつき、さらにはイエズス会とも繋がっていたようである。
次に、こちらのサイトから紹介します。



http://hirado.nmy.jp/?eid=783616
1550年一隻のポルトガル船が平戸に入港する。前年鹿児島に上陸していたフランシスコ・ザビエルも船員にミサを行うため、平戸に来航する。ときの領主松浦氏25代隆信の喜びは大きく、宣教師に対しても、極めて好意的であった。ポルトガルとの貿易が大きい発展につながることを知っていたからである。
 ポルトガル船が平戸に来航するにあたっては中国人の助けが大きかった。松浦氏24代興信の後半時代に、明の鎖国令に違反して密貿易を行う中国人海商が平戸へ来るようになった。そのなかで、トラブルで殺害した中国人の霊がたたったため、以後手厚く祀り、唐人を優遇したので福建商人が多く平戸に来るようになった。鎖国令に違反して密貿易を行い時として明の海岸を襲う中国人は後期倭寇と言われている。
その一人である王直は元来塩商人であった。しかし事業に失敗したことから海上密貿易者に転じた。広東を根拠に大船をつくり、日本・シャム、その他南洋方面で硝石・硫黄・生糸・綿等の密貿易を行い、たちまち巨富を蓄えるにいたった。その人柄は任侠と智略に富み、ある程度教養も備えていた。こうしたことからやがて倭寇の頭目となったのである。
王直が平戸に居を構えたのは、恐らく領主松浦隆信の勧誘によるものと思われる。隆信はこれを迎え、港を見下ろす町の一角に屋敷を与えた。「大曲記」はその屋敷を印山寺屋敷と称したとする。その屋敷は唐風の豪奢なものであり、常に緞衣をまとった彼は港に300人を乗せる大船を浮かべ、2000人の部下を従え、徴王とも言われていたという。そのため中国船の平戸への入港が相次ぎ、平戸は繁栄した。松浦氏が王直を招いたのも、正にその点に狙いがあったのである。
王直はまた大内義隆や、大友宗麟とも交渉を持っている。対外貿易の利を追う西日本の戦国大名としては、王直は誠に頼み甲斐のある存在であったのである、
1553年王直は倭寇を従えて中国沿岸を襲った。このとき海を蔽うばかりの数百の船を連ねていたという。しかし、さしもの王直も1559年、明の官憲のために謀殺されてしまった。
             「松浦氏と平戸貿易」外山幹夫著  「平戸の文化と自然」 参照





王直は大友宗麟とも繋がっていました。
「硝石の密貿易」も行っていたようです・・・




http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-24.html
大友宗麟へのバテレンからの武器供与は、史料的に明らかである。
天文二十一年(1552)八月十九日、豊後に到着したバテレンのバルタザール・ガーゴは、インド副王からの贈りものとして「非常に美しい武器、その他の進物」を携えて訪れ、宗麟に領内での布教許可を願った。(「日本史」6)
・・・・・(中略)・・・・・
また、宗麟は、永禄十年九月十五日付けで前述のカルネイロ司教に宛てて、「山口の国王、すなわち毛利元就に対して自分が勝利を博するためには、貴下の援助により、硝石の日本輸入は、自分以外の者にはいっさい禁止されたい」と要請する書簡を出している(「日本史」7)。
当時、火薬製造に欠くことのできない硝石の大部分は輸入に頼っていた。司教がその輸入独占の取りはからいを、宗麟から依頼されていたということは、イエズス会が貿易に関与していたばかりでなく、宗麟の軍事行動をも援助していた証拠となる。


http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-28.html
 こうしてみるとザヴィエルはポルトガルの経済戦略の先兵隊員ではあったようです。
 そして、このザヴィエルが貿易の目玉としたのは、火薬の原料となる“硝石”でした。
「徳富蘇峰の『近世日本国民史』の初版に、秀吉の朝鮮出兵従軍記者の見聞録がのっている。(二版では憲兵命令で削られた)
キリシタン大名、小名、豪族たちが、火薬がほしいばかりに女たちを南蛮船に運び、獣のごとく縛って船内に押し込むゆえに、女たちが泣き叫ぴ、わめくさま地獄のごとし。
<中略>
キリシタン大名の大友、大村、有馬の甥たちが天正少年使節団としてローマ法王のもとにいったが、その報告書を見ると、キリシタン大名の悪行が世界に及んでいることが証明されよう。
行く先々で日本女性がどこまでいってもたくさん目につく。ヨーロッパ各地で50万という。肌白くみめよき日本の娘たちが秘所まるだしにつながれ、もてあそばれ、奴隷らの国にまで転売されていくのを正視できない。
鉄の伽をはめられ、同国人をかかる遠い地に売り払う徒への憤りも、もともとなれど、白人文明でありながら、何故同じ人間を奴隷にいたす。
 ポルトガル人の教会や師父が硝石(火薬の原料)と交換し、インドやアフリカまで売っている。
」(山田盟子『ウサギたちが渡った断魂橋』)
キリシタン大名は、火薬一樽で50人を奴隷として差し出したとのことです。また、キリシタン大名は、硝石欲しさに仏像や寺社の破壊も行ないました。
イエズス会のバテレンのルイス・フロイスの『日本史』の記述を読むと、大友宗麟の姿が見えてくる。この『日本史』は、1583年の秋からフロイスが編集した日本におけるイエズス会の布教の歴史である。
大友宗麟が織田信長に鉄砲や火薬を仲介する商人の姿が書かれている。宗麟は貴族の久我晴通に、禁裏(天皇)へのバテレン優遇の奏上を依頼している。
信長が仏寺破壊を行なって、フロイスは祝意を表明している。バテレンは宗麟にも仏像・寺社破壊を奨励した。
 宗麟は1561年に宇佐八幡宮を焼いたのをはじめ、領内の仏像・寺社破壊をなした。1581年10月8日に、豊前彦山の三千坊といわれる坊舎を焼いた。
 宗麟はヴァリニャーノに「このたびの勝利が、デウスの御業と司祭たちへの祈りの賜である」と伝えた。その報酬として、イエズス会は宗麟の武器援助の要請に応じた。








松浦党、王直、倭寇、イエズス会、大友宗麟、オランダ東インド会社、イギリス東インド会社、これらは連綿と繋がっていたようですナ。
「鉄砲伝来の裏に倭寇と奴隷貿易あり」というのが真実のようですナ。
「彼ら」の日本民族絶滅計画は、鉄砲伝来の時から既に始まっていたようですナ。
王直は中国で「日本と通じた売国奴である」と評されているようだが、私は日本民族にとっても「外国勢力と通じた売国奴」であると判断します。
イエズス会や大友宗麟と通じて硝石と引き換えの日本人奴隷貿易を行っていたことがミエミエです。
死罪になったとはいえ同情するつもりはさらさらありません。

本書の内容とは全然違う方面に話がいってしまったが、良しとしておきます(笑)
「普通の読書感想」を書けないのは“私の性”かもしれませんナ(笑)
「源平の謎」や「南北朝の謎」や「島津家の謎」にも触れようと思っていましたが、やめておきます。
取って付けたようで申し訳ないですが、本書はあまり知られていない日本における海賊の歴史を丹念に調べた良書であると思います。
私も本書のおかげで「日本の戦国史の真実」が理解できるようになりました。
海賊・倭寇・平戸・王直のことについては、これまで全く調べていませんでした。
前にも書きましたが、「ほとんどの人が過去の歴史で騙されているから、今現在大多数の人が騙されまくっているのだ」と私は思っています。
「本当の歴史」を理解しましょう。
そうすれば、「今起きていることの真実」が見えてくるでしょう。
「テレビの嘘」が見えてくるでしょう。


評点:80点






ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村



「Quitate Tu 」Fania All-Stars

今日の1曲は、ファニア・オールスターズの「Quitate Tu」です。
1995年のコロンビアでのライヴです。
セリア・クルースもジョニー・パチェーコも参加しています。
スペイン語はよく分かりませんが、「脱いで」と歌っているのかな。








ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「So It Shall Be」 k.d.lang

今日の1曲は、k.d.ラングの「So It Shall Be」です。




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Julianne」Ben Folds Five

今日の1曲は、ベン・フォールズ・ファイブの「Julianne」です。




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Who's Gonna Help Brother Get Further?」Allen Toussaint 、Elvis Costello & Alan Toussaint 、Lee Dorsey

今日の1曲は、アラン・トゥーサンの「Who's Gonna Help Brother Get Further?」です。


アラン・トゥーサンとエルビス・コステロのヴァージョンです。


リー・ドーシーのヴァージョンです。







ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村


デヴィッド・バーンが『アメリカン・ユートピア』と名づけた理由は何?

「映画『アメリカン・ユートピア』を観て」




映画『アメリカン・ユートピア』を観たので、感想を書いておきます。
元トーキング・ヘッズのフロントマン、デヴィッド・バーンによる同名タイトルのアルバムを基としたブロードウェイショー『American Utopia』を、スパイク・リー監督によって映像化したものです。

ミュージカルとロック・コンサートの中間のような内容だった。
デヴッィド・バーンは、このようなミュージカル形式のライヴをやりたかったのだろう。
そして、そのライヴを映画化したかったのだろう。
中途半端な質のミュージカルやロック・コンサートを観るのであれば、例えその場にいない映画体験であっても、得られるものはこの映画の方が大きいだろう。
デヴッィド・バーンと他の出演者の息はピッタリで、録音と間違われるぐらい統一のとれた生演奏であり、音楽とマッチしたパーフォーマンスであった。
これだけのショーを演出したデヴッィド・バーンは、たいしたものである。

ただ、私に関してはタイミングが悪すぎた。
『アメイジング・グレイス』観賞後の同日に観たからだ・・・
あの「史上最高の音楽映画」を観た後であれば、どれだけ優れた映画作品であったとしても「良かったけど・・・」となってしまうのである。
比べること自体が無茶な話なのだが、どうしても比べてしまうのである。
『アメイジング・グレイス』は、アリサ・フランクリンを中心としたゴスペル音楽映画であり、その背景には奴隷としてアフリカから連れてこられた黒人の悲しい歴史がある。
片や『アメリカン・ユートピア』は、デヴッィド・バーンを中心とした音楽映画であり、その背景にはミュージカルショーを基調とした白人の音楽文化がある。

「どちらがいいか」という問いには、回答は出ない。
視聴者の音楽的趣味によって価値観が異なるからである。
私は白人音楽よりも黒人音楽を好む傾向があるため、『アメイジング・グレイス』の方に感情輸入してしまうが、白人音楽の方が好きな方は『アメリカン・ユートピア』を好むだろう。
こんなことを書けば私がゴリゴリの黒人音楽嗜好の強い人間にように思われるかもしれないが、実際はそんなことはない。
「今日の1曲」で毎日紹介している音楽は、恐らく白人ミュージシャンの方がずっと多いのではないだろうか。
私は、白人のロックも聴けば、黒人のブルース・ソウル・ジャズも聴く、日本人のロックやポップスも聴く、クラッシックや歌謡曲でさえ時々聴く、“ストライクゾーンの超広い音楽好き”なのである(笑)

このように種々雑多な音楽を聴く私ではあるが、そのような特異な音楽嗜好の中でも、黒人音楽が上位に存在しているのは間違いない。
優れたミュージシャンは白人にも日本人にもアジア人にも数限りなく存在するが、黒人ミュージシャンの音感には白人・日本人・アジア人は追随できないと思っています。

その優れた黒人ミュージシャンの中でも、アリサ・フランクリンや、オーティス・レディングや、サム・クックや、レイ・チャールズや、マーヴィン・ゲイや、ボブ・マーリーや、ジェームス・ブラウンや、サン・ハウスや、ロバート・ジョンソンや、マディ・ウォーターズや、ハウリン・ウルフや、ライトニン・ホプキンスや、ジョン・リー・フッカーーや、アルバート・キングや、アリ・ファルカ・トゥーレや、フェラ・クティ等は、“トップ中のトップに位置するレジェンド・ミュージシャン”である、ということなのだ。

デヴッィド・バーンが素晴らしい才能あるミュージシャンであるのは間違いのない事実なのだが、これらの“トップ中のトップに位置するレジェンド・ミュージシャン”と同列に評価することはできないのだ。
はい、これらのミュージシャンと比べること自体が無茶な注文であるのだ。

これだけ質の高いロック・ミュージカルを完成させたデヴッィド・バーンを称え、素直に評価したい。

恐らくデヴッィド・バーンは、ネーミングに皮肉の意を込めて『アメリカン・ユートピア』というタイトルのアルバム、ロック・ミュージカル及び映画を作ったのでしょう。
メディアが流す『アメリカン・ユートピア』という宣伝文句に騙されていた大衆は、これが“偽りの理想”であったことに、今、気づいていることでしょう。
何、まだ気づいていない?
そのような“お幸せな人”は、あの世に行っても、頭の中は『アメリカン・ユートピア』のままなんでしょうナ。
なんとまぁ、お幸せなことでしょう(爆)







ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Dragon」Jake Shimabukuro

今日の1曲は、ジェイク・シマブクロの「Dragon」です。




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

アリサ・フランクリンが歌う「本物のゴスペル映画」を観て、ゴスペルの歴史を考える。

「映画『アメイジング・グレイス』を観て」



映画『アメイジング・グレイス』を観てきたので感想を書いておきます。
1972年1月13日、14日、ロサンゼルスのニュー・テンプル・バプティスト教会で行われたアリサ・フランクリンのライヴは、アルバム「Amazing Grace」として発売され、300万枚以上売れた。アリサ最大のヒットアルバムである。
同時にこのライヴは、シドニ・ポラックの手で映画化される予定だったが、音と映像をシンクロさせることができないという理由のためにお蔵入りとなっていた。
しかし、ワーナー・ブラザーズから映画を買い取ったプロデューサーのアラン・エリオットトがデジタル技術を駆使して本作を完成させ、49年ぶりの映画公開となったのだ。
で、感想は?

史上最高の音楽映画ここにあり。ゴスペルここにあり。アリサ・フランクリンここにあり。

いや~素晴らしかった。
全盛期のアリサのライヴが凄くないわけがないのだが、ここまで凄いとは・・・

まさに神様、仏様、アリサ様である。

ちょっと(かなり?)古いか(笑)
それにしても、これだけ凄いライヴ映像をこれまで公開していなかったとは。
アリサ本人が公開を許可しなかったという噂もあるようですが。
私もこれまで数ある音楽映画を観てきましたが、これほど感動したものはなかったです。
それほど凄かったのです。

アリサが凄いだけでなくゴスペルという音楽自体が凄い、とも思った。
そして、ゴスペルについて考えてみた。
「ゴスペルとは何ぞや?」と。「何故にこれほど素晴らしい音楽が誕生したのか?」と。

ゴスペルはアメリカ黒人が生み出した音楽である。
アフリカから薄汚い白人の奴隷商人に連れてこられた黒人が、きつい労働から解放されるためにキリスト教を自分たちなりに解釈し、自分たちの体に染みついていたアフリカ音楽と融合させたのだ。
奴隷制度が廃止されてからも、人種差別に基づいていた白人の教会は、黒人を教会に入れることを拒んだため、黒人は独自の教会を組織した。
そして、ゴスペルが生まれたのだ。

ゴスペルは神を称える歌であり、悲しみの歌であり、黒人解放の歌であったのだ。

この映画を観て「キリスト教もいいもんだな」と思いかけたが、そうじゃないんだ。
本当に素晴らしいのは、奴隷としてアフリカから連れてこられた黒人が、白人の教えであるキリスト教を自分たちなりに解釈し、神に救いを求め、「自由・解放の叫び」としての音楽表現を生み出し、ここまでの音楽文化に昇華させたことが素晴らしいのだ。
全てのアメリカ黒人は、このような悲しみの歴史を痛いほど理解しており、ゴスペルを通して神に救いを求めると同時に、「自由・解放の叫び」を表現しているのである。

だから、キリスト教でもない日本人の私でも、ゴスペルに感銘を受けるのである。
アリサの歌に感動するのである。

何の苦労もしないで適当な日々を送っていただけの白人に、「神様ありがとう」もクソもないのだ。
ましてや自分たちの金儲けのために誘拐した黒人を無理矢理船底に押し込め、その黒人を売り飛ばしてカネに変えて“幸せ”になり、“自分さえ良ければいい”という“都合のいい人生”を送っていた白人が、ある日自分が死にかけたからといって神にすがり、「こんな自分でも神は救ってくれた」と神に感謝するだけで「アメイジング・グレイス」を歌っていい気になるんじゃないよ、ということなのだ。

そんなクソ野郎を助ける神など神ではないのである。

そんな奴らがクソであることは、アリサに限らず黒人はすべて理解しているのだ。

ちょっと感情的になってしまいました。
私は文章を書いていると、感情が突然高ぶりだす傾向があるようである(笑)
「別のこのような文章を書こうとしていたわけではないのだが、気がついたらこういったことを書いていた」といったことがよくあるのである(笑)

誰かが私に乗り移っているのかもしれない((;^ω^)

奴隷商人のことを白人と書いたが、偽ユダヤ人が多かったとも聞いている。
普通の白人は、普通に神に感謝をして日々の暮らしをつつましく暮らしている、善良な人なのだろう。
コロンブスに限らずこのような悪行を行った奴隷商人は、ほんの一握りの奴らだろう。
こいつらの末裔が、エリート銀行家、名家、成功者、偉人と偽って現在のアメリカ経済界の中枢をなしていることは、先日紹介した書に詳しく書かれている。

こいつらがコロナ詐欺の仕掛け人であることは、言うまでもないことである。
残念ながら、この世界はカルトが支配しているのである。
善良なる神様が本当に存在しておられるのならば、こいつら悪魔どもを地獄に突き落としてもらえませんか。
あなたが本当にアメイジング・グレイスを持ち合わせておられるならば。









ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村


「What Am I Gonna Do (I'm So In Love With You) 」Rod Stewart

今日の1曲は、ロッド・スチュワートの「What Am I Gonna Do (I'm So In Love With You) 」です。







ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「How High The Moon 」Helen Forrest &Benny Goodman 、Ella Fitzgerald 、Sarah Vaughan 、Dianne Reeves 、Louis Armstrong 、Marvin Gaye、Jeff Beck and Imelda May 、Emmylou Harris

今日の1曲は、「How High The Moon」です。
作詞ナンシー・ハミルトン、作曲モーガン・ルイス、1940年にミュージカル『Two For The Show』のために書かれた曲です。
ヘレン・フォレスト&ベニー・グッドマンのヴァージョンです。



エラ・フィッツジェラルドのヴァージョンです。
スキャットに「ハード・デイズ・ナイト」を入れてますね。圧巻です。


サラ・ヴォーンのヴァージョンです。


ダイアン・リーヴスのヴァージョンです。


ルイ・アームストロングのヴァージョンです。


マーヴィン・ゲイのヴァージョンです。
意外や意外、マーヴィン・ゲイがデビューアルバムでこの曲を歌っていたとは。


ジェフ・ベック&イメルダ・メイのヴァージョンです。


エミルー・ハリスのヴァージョンです。









ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村





「Nothing Without You」Cloud Nothings

今日の1曲は、クラウド・ナッシングスの「Nothing Without You」です。







ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Every Step of the Way」Santana

今日の1曲は、サンタナの「Every Step of the Way」です。







ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Pleasure Is All Mine」 Björk

今日の1曲は、ビョークの「Pleasure Is All Mine」です。




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Nearer To You」Elvis Costello & Allen Toussaint、Bettye LaVette、Betty Harris

今日の1曲は、エルビス・コステロ&アラン・トゥーサンの「Nearer To You」です。


ベティ・ラヴェットのヴァージョンです。


ベティ・ハリスのヴァージョンです。







ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村



「遺伝子レベルでトランスヒューマンと化した奴隷となり、人口が削減されるか、システムを断固拒否して自分を信じるのか、どちらかしか選択肢はない。 そのため、唯一の解決策は、集団で蜂起することだと今一度強調しておく」byアルシオン・プレヤデス

「嘘八百の新型コロナウイルス詐欺に騙されるな!85」


アルシオン・プレヤデスの新しい動画のリンクを貼っておきます。


アルシオン・プレヤデス112:ワクチン‐ナノ粒子、バイオセンサー、磁石、5Gアンテナ、ヒドロゲル、軍人の反抗

https://www.bitchute.com/video/29oyoJM9emdO/

現在見られているところでは、どの国でも、ワクチン接種の曲線に、死者の曲線が続いており、新たな変異種が、ワクチン接種自体の結果として発生している。さらに最新の研究によると、Covid-19のワクチン接種を受けた人々が、スパイクタンパク質を分泌するスーパースプレッダーと化すことが知られている。それにより、ワクチンを打っていない人達に感染させ得るのだ。
それだけでなく、またワクチンのスパイクタンパク質が、言われていたほど無害ではなく、接種箇所から移動し、全身の臓器や組織に蓄積され、心血管障害や認知的問題を誘発し得ることが、既に判明している。
ではcovidのワクチンに関する、一連の奇妙な事象は、どう説明できるだろうか?たとえば、注射した箇所に磁石がくっついたままになるとか、ワクチン接種した人々が、Bluetoothの受信機と化すというのは?もしかして、covidのワクチンは、人体を5Gのアンテナと化させるのか?では、他の有害な汚染物質に加え、マスクに存在する寄生性ナノチューブの成分については、熱や湿度により活発化するのか?なぜそこに存在するのか?
この注射が、磁性のヒドロゲルの金属のナノ粒子、ないしは脳にまで至り、人の精神活動を記録し、それをコンピューターやネットワークに伝えることのできる、バイオセンサーを含有しているというエビデンスが存在する。これは、アメリカ国防高等研究計画局(DARPA)とゲイツ財団から資金を得ている、シリコンバレーの企業Profusaによって実行されており、著名な医療専門家らは、これが自己複製の生物兵器であるとして、意見が一致している。もしかして、このcovidのワクチンにおける遺伝子組み換え実験をもって、人類をコントロールし、人々をスマートグリッドないしはスマート送電網のノード(接続ポイント)と化させようと模索しているのか?
たとえ真実を受け入れることが難しくとも、この全ては、世界的な人口削減のアジェンダの一端を担っている。それゆえ、日増しに警官や軍人、海兵、その他の法執行機関が、偽のパンデミックの措置に対して抵抗し、有害なワクチンを集団で拒否しているのか?
提供:アルシオン・プレヤデス




前半の箇所から、全部ではないが転載します。



ワクチンでない化学薬品の混合物の注射が用いられているのだ。
それは磁気電気のナノ粒子であり、血流に入って脳まで到達し、マインドの活動を記録し、その情報を外部のコンピューターに伝達するのだ。
そうして私達の振る舞いや意見を変え、同時にそれらの磁気電気のナノ粒子がワクチン接種者の腕に検知されており、その後脳に移る。
私達の脳は、実質的に電場及び磁場の言語を理解する電動機であることを思い出そう。
磁気電気のナノ粒子は、ケーブルもインプラントも必要なく、脳と交信する。
そうして、この遺伝子組み換えの実験をもって、人類をリモートコントロールで制御するに至る。
というのも、その目的は、人々をスマートグリッドないしはスマート送電網のコード接続ポイントと化すからだ。
つまり、電気工学と情報通信技術が結びつくところである。
同じく、ワクチンが接種を受けていない人にも、近くにいるだけで影響を及ぼしていることに加えて、また、このワクチンは金属のナノ粒子、ないしは、磁気性のハイドロジェルを含有しており、このワクチンもどきを受ける人の腕の注射の部分に磁石がくっつくようにさせることも判明した。
金属に満ちたハイドロジェルにより、細胞あるいは脳のニューロンに、言語を絶する影響のある伝達が可能となる。
このハイドロジェルゆえに、実におぞましい事実が存在する。
というのも、アメリカやその他の国々で、何人もが映像の記録をもって、注射した箇所に小さな磁石を当てると、ちょうどCOVIDのワクチンもどきが打たれた箇所に、磁石がくっつくことを報告しているからだ。
しかしながら、この同じ磁石を体の他の場所においてもくっつかず、ただ落っこちるのだ。
COVIDのワクチンの磁石のぞっとする現象と共に、磁気性のハイドロジェルが、スマートグリッドを介して磁気的に活性化され、遠隔操作され得ると示す。
最近の研究全ての理由だとも言われている。
それは前述したように圧倒的な証拠があり、この化学薬品の混合物の注射は、ワクチンではなく、磁気性のハイドロジェルの金属のナノ粒子なのだ。
一方ではポリマーサと金属を含む電子部品で構成されており、それはシリコンバレーのアメリカ企業プロフーサによって実行されている。
これは、アメリカ国防高等研究計画局ダーパとビル&メリンダ・ゲイツ財団から資金を得ている。
プロフーサは、ナノ粒子を用いて、人体の化学的性質や、その酸素濃度、血糖値、ホルモンレベル、心拍数、呼吸数、体温が、いかに反応するのかを見たがっており、その後、この情報を、大衆を操作するために用い得る新世界秩序を企む者たちの元へ伝えるのだ。

絶えず体を見張るために考案されたハイドロジェルのセンサーであり、情報を補完する集積回路のナノチップと繋がっている。
マイクロチップは、私達が使う無数の装置の中で見つけられる。
例えば、コンピューターやスマートフォンがそうだ。
だが、ハイドロジェルのセンサーの中にマイクロチップは存在せず、ナノチップがワクチン自体の中に組み込まれている。
ハイドロジェルは、出来るだけ早く、そのウイルスの疾患を検知するために作られた、その伝染を減らし、適任隔離や検疫を行うために重要だと言われるが、実際には、個人の位置を明らかにする接触追跡を得るために作られたものである。
その間も、DNAの受発信アンテナの性質を変容させる。


磁性のハイドロジェルは注射され、人々にワクチンとして提示される注射をもって皮膚の下に埋め込まれる。
このようにワクチン接種者の腕に磁石がくっつく現象は証明される。
これより、磁性のハイドロジェルが人々の腕の注射の箇所に磁石がくっつくようにさせるものがあることが裏付けられる。
最近公開されたスロバキアの情報が明らかにしたところでは、COVIDの検査は、ナノ技術のハイドロジェルのために開発されたが、第一線の医療専門家からは、自己複製の生物兵器であるという意見が一致している。
これらの生物兵器は、テロ行為であり、血液・脳・関門を容易に通過し、脳に入り、深刻な影響を及ぼす。
また、人間を実験用ラットとしてナノボットが試されており、COVID19の注射や、スワブ、マスクを介して、薬剤や化学物質、爆発物、毒素、遺伝子編集技術といった有効な積荷を届け、DNAを変異させ、免疫の健康を損ない、人類を遺伝的に組み換えると言われる。
ダーパは、人のゲノムを永続的に変異させ、人類を一部人工物で、一部生体のハイブリッドと化している。
これらのバイオテクノロジー技術の開発に極めて重要な役割を担っている。
これにより、体やマインド、感情に対する外からのコントロールや、登録商標、所有が可能となり、人々は人工知能のコンピューターに接続し、コントロールされることになる。
このようにダーパは、人のDNAを組み換えるべく、プロフーサの埋め込み型バイオチップの開発に資金を出しており、そのために遺伝子のカット&ペーストとして、より知られているクリスパー技術のもとに、これを行っている。
この人工物は、微生物細胞ないしはバクテリオファージを用いて、無機のナノナトリアムの整合性に置いて、体内で成長する。
ナノボットはまた、独自の電気を生み、その熱やエネルギーを電気に変えて、その独自のエネルギーをバッテリーとして使うことが出来る。
さらには、宿主にとっての寄生虫のように、眠っている間に脳のデータを使用することさえ可能なのだ。
ナノボットとハイドロジェルは、外部の電子機器と連携し、人工知能にその生体認証電波を送信するバイオセンサーである。
しかしながら、ナノ技術におけるハイドロジェルの脂質の被膜に対する拒否や、アレルギー反応を、多くの人に生んでおり、アナフィラキーショックや痙攣、死亡を誘発している。
またこれは、血栓の主要な原因である。
遺伝子レベルでトランスヒューマンと化した奴隷となり、人口が削減されるか、システムを断固拒否して自分を信じるのか、どちらかしか選択肢はない。
そのため、唯一の解決策は、集団で蜂起することだと今一度強調しておく。





Profusa(プロフーサ)について触れている日本語記事です。


http://ex-press.jp/lfwj/lfwj-news/lfwj-science-research/13404/
Profusaの組織注入光バイオセンサ、リアルタイムで身体の生化学をモニター

May, 31, 2016, Vienna--身体の組織の1つになる注入可能バイオセンサがやがて臨床実験室に取って代わる日が来る。Profusaは、デジタルヘルスの新時代を約束する、注入可能なLumeeバイオセンサ技術を発表した。
 DARPAと国立衛生研究所(NIH)から助成金を受け、Profusaの技術と新しい生体工学アプローチは、バイオセンサの体内での長期利用の最大の障害、異物反応を克服している。特殊設計の注射器で皮下に注入するバイオセンサは、長さ3~5㎜、直径約500µm。身体から分離するよりも、Profusaのバイオセンサは、金属デバイスやエレクトロニクスはなく、身体組織内に完全に組み込み動作する。異物反応効果は克服されている。
 個々のセンサは、生体工学で造られた「スマートハイドロゲル」(コンタクトレンズ材料と類似)で多孔性の組織組込みスカフォールドを形成しており、周囲組織からのキャピラリや細胞の内殖を引き起こす。スマートゲルは蛍光放出分子にリンクしており、酸素、グルコースあるいは他のバイオマーカーなど、体内の化学物質の存在を伝える。
皮膚表面に接触するか、手に持つ別の光学リーダーを使って、埋め込みバイオセンサからの蛍光信号を読み取る。リーダーは、励振信号を皮膚を通してバイオセンサに送る、するとバイオセンサは関心のある分子濃度に比例した光を放出する。データはスマートフォンにリレーして、暗号化された個人記録および過去のトラッキングとされる。データは、HIPAA準拠デジタルネットワークを介してセキュアにヘルスケア提供者と共有することができる。



この会社のホームページのリンクを貼っておきます。

https://profusa.com/






「彼ら」は新コロワクチンを通して我々の体内にバイオセンサーを埋め込み、奴隷アバターとして操作するつもりであるようです。
「新生活様式」や「ムーンショット計画」が新コロワクチンと結びついていることが、ここで理解できますよね。
SF映画の話じゃないですよ。今現在大々的に起こされている「世界同時詐欺」の話ですよ。
「そんなアホな。陰謀論に決まってるやん」じゃないですよ。
これだけ証拠がそろっているにもかかわらず、何の行動も起こさないようであれば、結果は決まってしまいますよ。
一人でも多くの人に真実を伝えてあげてください。そして立ち上がってください。

これは戦争なんですよ。悪魔と悪魔の僕が人類に向けて仕掛けた戦争なんです。

悪魔どもはホモサピエンスを絶滅させようとしているんです。
生き残った人間は、最早人間ではなく、外部から遠隔操作が可能な「遺伝子組み換えされた奴隷アバター」だけになってしまうんです。
抵抗する意思さえ奴らに操作されて、抵抗できなくなってしまうんです。
「嘘のような本当の話」です。
それも全世界共産主義になり、土地も、お金も、食糧も、家族も、自由も、何もかも我々から奪い取るつもりなんです。
これが内閣府のホームページに記載されているムーンショット計画の目的なんです。

我々が人間であり続けるために、最後まで闘っていきましょう。
奴らは数の上ではほんの1%に過ぎない少数なのですから、我々が目覚めれば十分に勝てるはずなのです。
諦めてはいけません。




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「ほとんどの人は過去の歴史・事象の真実が理解できていない(騙されたままである)から、今現在騙されまくっているんじゃないのでしょうか? 「今起きている事象の真犯人とJFK暗殺の真犯人は同一である」とだけ申しておきます」byソウルマン

「ケネディとユダヤの秘密戦争~JFK暗殺の最終審判」マイケル・コリンズ・パワー
監訳:太田龍



1994年に出版された原書を、太田龍氏の監訳で2016年に日本発売された。
以下、一部引用する。


*シオニスト国家の核保有の意図をめぐるケネディとイスラエルの対立を徹底的に調べるために、もう一度スティーヴン・グリーンの『軍事国家イスラエルとアメリカの秘密の同盟関係』に戻ってみよう。
・・・・・(中略)・・・・・
ケネディが1960年12月の政権移行期間にホワイトハウスを訪れたとき、アイゼンハワー政権は彼に、イスラエルがディモナという砂漠で秘密の核開発を行っていることを教えた。イスラエルはディモナでの活動についてはそれらしい作り話でごまかしていた。
イスラエルは可能なかぎり核兵器プログラムを秘密にしていたが、アメリカの情報機関がその存在を暴いた。ケネディはその状況を「大きな懸念材料」と考えた。大統領に就任したケネディは、イスラエルの核開発を中止させようと決意した。核拡散の問題はケネディの重要課題のひとつだった。

*ワシントンでは、JFKが決然とした態度で問題を終わらせようとしていた。スティーヴン・グリーンがケネディのとった次の行動について書いている。

5月、ケネディとベングリオンがニューヨークのウォルドーフ・アストリア・ホテルで会談した。ケネディはすでにベングリオンにディモナ計画についての懸念を書き送り、国際原子力機関による定期的な査察を要求していた。ニューヨークで、ベングリオンは妥協案を出した。年一回程度、イスラエル国防省が指定する時期と条件で、アメリカの科学者による査察を認めるというものである。

*ケネディのアラブ諸国への友好的な申し入れは、表の政治にすぎなかった。その背後では、最後にはケネディとイスラエルとのあいだの全面的な「秘密戦争」に発展する事態が進行していたのである。

*ベングリオンの若いほうのケネディを軽蔑する気持ちはどんどん高まり、ほとんど病的と言えるまでになった。ハーシュによれば、「イスラエル首相はその後のホワイトハウスへの書簡で、大統領のことを“お若いかた”と書きはじめた。無礼な手紙だ、とケネディは補佐官たちにはっきり言っていた」
ケネディのほうは、親しい友人のチャールズ・バートレットに、イスラエルの「バカ野郎どもが核について嘘ばかりついている。もううんざりだ」と不満をもらしている。
明らかに、二人の指導者の関係は険悪だった。米・イスラエル関係にはますます埋められない裂け目ができていたが、当時のアメリカ国民は何も知らされなかった。

*いったい、チャイナ・コネクションとは何なのか。事実を述べよう。1963年には、中国とイスラエルがひそかに裏ルートを使った共同の核開発計画を勧めていた。さらに、この両国の共同プログラムでの鍵となった人物は、故ショール・アイゼンバーグその人だった。JFK暗殺の陰謀で中心的役割を果たすパーミンデクスを動かしていたティボール・ローゼンバウム(モサドの武器調達および財政担当)の古くからのビジネスパートナーである。

*まずは、さまざまな情報源をもつ「保守派」コラムニスト、ポール・スコットが1970年2月13日に書いた記事を見てみよう。ケネディ暗殺から6年が過ぎたころのものだ。

[国務長官ディーン・]ラスクは故ケネディ大統領が命じた共産中国の核施設破壊のための危機管理計画を中止するのに中心的な役割を果たした。暗殺のほぼ10週間前にケネディが承認した危機管理計画は、ジョンソン大統領が就任してまもなく、突然中止された。
ホワイトハウスの記録から、ケネディが中国の核能力を排除する計画をスタートさせたことが明らかになったが、なぜその極秘計画が彼の死の1カ月後、1963年12月に中止されたのかに関しては公式記録がいっさい残っていない。




(管理人)
ここに引用した箇所は、本書のほんの一部に過ぎない。
詳細はご自身の目で熟読されることをお勧めします。
私はこれまでJFK関連の書を数冊読んできたが、本書程核心に迫った書ではなかった。
本書はまさにJFK暗殺本の本丸である。
この書を読んだ後で振り返ってみると、「今まで読んできた書は“真相を隠すことを目的とした工作本”に過ぎないのではないか」とさえ思ってしまう。
私が初めて読んだJFK関連の書は、落合信彦の「2039年の真実」である。
この書は早くからJFK暗殺の闇に切り込んだ書であり、内容的にも秀逸であったことは間違いないだろう。ダラスのパレードルートが直前に変えられていたことや、CIAの犯行を示唆する記述も評価されて然るべきだろう。
しかし、しかしである。
落合信彦がJFK暗殺の黒幕として示唆していたのは、ニクソンや軍産複合体であった。

はっきり言って、真犯人から目を逸らしているのだ。
今思うと、落合信彦がこの書を書いた目的は真犯人を隠蔽することだったとしか思えない。

オリバー・ストーンの映画『JFK』を観た人は多いだろう。
多くの人が感じたと思われるが、私も秀逸な映画だと思った。
暗殺犯の狙撃の実態を分かりやすく分析しており、ウォレン委員会の調査(?)を基とした「オズワルドの単独犯行というアメリカ政府のJFK暗殺の公式見解」がいかに嘘八百であるかということを見事に解明していた。
当時の私は、「これだけ真に迫った映画を作ったオリバー・ストーンはたいしたものだ」と思っていた。
その反面、「何故にこんなヤバイ映画が堂々と発表されたのだろう?」とも感じていた。
そして今、その疑問の答えが分かった。

真犯人を隠蔽することが目的で映画『JFK』は発表されたのだと。
だから堂々と「アメリカ政府のJFK暗殺の公式見解」と異なる見解の映画を世に出すことができたのだと。

つまり「オリバー・ストーンもあっち側の工作員だ」ということだ。

いまだにオズワルドの単独犯行であると信じている“オメデタイ人”はいないでしょう。
“普通にものを考える能力(脳力?)のある人”ならば、オズワルドの単独犯行であるはずがないことは「常識」として理解できるはずである。

「それならば大衆の目を他に向けさせる必要があるな」と真犯人は判断したのでしょう。
大衆の目が真犯人でない誰かさんに向いてくれればそれでいいのである。
CIAに向いてくれたら“好都合”なのである。
CIAが犯行に関わっていたことがバレたとしても、CIAを支配している組織が分からなければそれでいいのである。

真犯人が誰かということは、ちょっと調べれば分かることだったのだ。
JFK暗殺に関わったことが判明しているクレイ・ショーの背後にいる人脈をたどれば、すぐに真犯人が見えてくるはずなのだ。しかし、メディアは真犯人を徹底的に隠蔽した。
この事実から、メディアが真犯人の支配下にあることが分かるでしょう。

著者は、オリバー・ストーンの映画『JFK』の配給を扱ったワーナー・ブラザースの背後関係及び映画製作資金の出所も本書で暴いている。
ワーナー・ブラザースの背後関係及び映画製作資金の出所を調べれば、オリバー・ストーンにこの映画を発表させた組織が見えてくるだろう。

この映画が単にJFK暗殺の真相を暴くことを目的としたのではないということも見えてくるだろう。

ちなみに、この映画でも「真犯人は軍産複合体である」というスタイルだった。
見事な“ボカしかた”である。落合信彦と同じ“ボカしかた”である。

こういった“ボカし本”を読んだり“ボカし映画”を観た人は、「アメリカ国内の“実態がよく分からない”悪い奴らの集合体がケネディを暗殺したんだな」と思ってしまうだろう。
真犯人が国外にいるなどとは思わないだろう。

調べたら、著者は54歳で亡くなっておられました
年齢から言って普通の理由が原因で亡くなったのではないことは、容易に推察できます。
著者マイケル・コリンズ・パワー氏は、自らの死を恐れず真犯人の犯罪を告発した“勇気ある本当のジャーナリスト”でした。
彼の勇気ある行動のおかげで、我々はJFK暗殺の真相を知ることができるのです。
ケネディも、真犯人を暴いてくれた著者に対して感謝の念を感じていることでしょう。
併せて、監訳者の太田龍氏の和訳及び解説は素晴らしかったです。
太田龍氏が他界して数年が経ちますが、氏の博学ぶりを改めて感じ入る次第です。
本書を出版してくれた成甲書房にも感謝しています。
これらの皆さんの協力がなかったら、日本人はJFK暗殺についていつまでたっても無知のままだったでしょう。
落合信彦やオリバー・ストーンを使って我々を騙そうとしていた真犯人の罠に嵌ったままだったでしょう。

「JFK暗殺の真相など今更どーでもいいじゃないか」と思う人もいるかもしれませんが、そうじゃないんですよ。
JFK暗殺の真相に限らず過去の歴史・事象の真実が理解できていない(騙されたままである)と、今起きている事象の真実が理解できなくなってしまうんですよ。
私が何を言おうとしているかは、これ以上言わなくても分かりますよね。
今何が起きていますか?
ほとんどの人は過去の歴史・事象の真実が理解できていない(騙されたままである)から、今現在騙されまくっているんじゃないのでしょうか?
「今起きている事象の真犯人とJFK暗殺の真犯人は同一である」とだけ申しておきます。


評点:100点







ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

<小林亜星追悼>「ワンサカ娘」(レナウンCM/シルヴィ・バルタン & 弘田三枝子)「ピンポンパン体操」「ひみつのアッコちゃん」「魔法使いサリー」「野に咲く花のように」(ダ・カーポ)

小林亜星が亡くなりました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210614/k10013084331000.html
作曲家の小林亜星さん死去 88歳 「北の宿から」など作曲
2021年6月14日

「この木なんの木」の歌いだしで知られるCMソングやアニメの主題歌、都はるみさんの「北の宿から」などを手がけた作曲家で、俳優としても活躍した小林亜星さんが先月30日に心不全のため亡くなりました。88歳でした。

小林さんは東京都の出身で、大学時代にジャズバンドで活動し、卒業後に本格的に作曲を学びました。

テレビコマーシャルの黎明期だった頃にCMソング「ワンサカ娘」を手がけ注目を集め、その後も「この木なんの木」の歌いだしで知られるCMソングのほか「魔法使いサリー」や「ひみつのアッコちゃん」などのアニメの主題歌を手がけ、軽快な音楽で人気を集めました。

また、昭和51年には都はるみさんが歌った「北の宿から」が大ヒットし、日本レコード大賞を受賞しました。

俳優やタレントとしても活躍し、向田邦子さんが脚本を担当した昭和49年のテレビドラマ「寺内貫太郎一家」で頑固な父親の役を演じて人気を集めたほか、平成14年にはNHKの連続テレビ小説「さくら」で主人公の祖父の役を演じました。

関係者によりますと、小林さんは先月30日に都内の自宅で倒れ、病院に搬送されましたが、心不全のため亡くなりました。

88歳でした。




この人、アニメソングも手掛けていたんですね。
「太ったおっちゃん」ぐらいのイメージしかありませんでした。
「裸の大将」にはご自身が出演されても違和感がなかったかもですね(笑)
「ワンサカ娘」(レナウンCM/シルヴィ・バルタン & 弘田三枝子)「ピンポンパン体操」「ひみつのアッコちゃん」「魔法使いサリー」「野に咲く花のように」(ダ・カーポ)で追悼します。













ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Jackson Cannery」Ben Folds Five

今日の1曲は、ベン・フォールズ・ファイブの「Jackson Cannery」です。






ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村


「The Water Is Wide」Fred Neil、James Taylor 、Karla Bonoff、Pete Seeger 、Sheryl Crow 、David Sanborn & Linda Ronstadt、Peter, Paul and Mary

今日の1曲は、トラディショナルの「The Water Is Wide」です。
以下、ウィキより抜粋。



「広い河の岸辺」(ひろいかわのきしべ)、ないし、「流れは広く」(ながれはひろく)、あるいは「悲しみの水辺」(かなしみのみずべ)などとして知られる、「ザ・ウォーター・イズ・ワイド」(The Water Is Wide)、別名「オー・ワリー・ワリー」(O Waly, Waly) は、スコットランドに起源をもつ民謡であり、歌詞の一部は17世紀に起源をもつとされている。

歌詞の内容は、試練にさらされる愛を描くものであり、最初の蜜月の段階ではどのような関係においても「愛は気高く、愛は優しい (Love is handsome, love is kind)」と歌われる。しかし、時が経てば「愛も古び、冷える (love grows old, and waxes cold)」。「真実の愛さえ (Even true love)」「朝露のように消えてゆく (fade away like morning dew)」とも歌われる。

現代における。この曲の(英語の)歌詞や曲名は、1906年にセシル・シャープがまとめたものが決定版となっているが、これは、イングランド南部に伝承されていた、話の内容もスタイルも多様ながら同一の韻律に従っていた、多数の典拠に基づいている。これより古い時期の典拠は、しばしば歌詞のみのブロードサイド・バラッド(英語版)として出版されていた。これを歌ったり、出版した者たちは、しばしば歌詞を加除し、また、歌詞の流用などを行なったが、こうしたあちこちに流布していった歌詞の詩句は、賛美歌や伝統的なブルースの歌詞にも共通した特徴である。様々な異なる典拠から得られる歌詞は、同じ韻律の異なる旋律に当てはめて歌われることもあり得た。このため、今日知られる歌詞の詩句は、もともと現在のような詩句の前後関係に置かれていたとは限らないし、主題に沿った内容となっているとは限らない。



フレッド・ニールのヴァージョンです。


ジェームス・テイラーのヴァージョンです。


カーラ・ボノフのヴァージョンです。


ピート・シーガーのヴァージョンです。


シェリル・クロウのヴァージョンです。


デヴィッド・サンボーン&リンダ・ロンシュタットのヴァージョンです。


ピーター・ポール&マリーのヴァージョンです。





ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村




「Chon Chon Kijimuna / ちょんちょんキジムナー」平安隆&ボブ・ブロッズマン

今日の1曲は、平安隆&ボブ・ブロッズマンの「Chon Chon Kijimuna / ちょんちょんキジムナー」です。







ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「ワクチンは人類の公共財とするべきだ。誰もが健康に生きる人権の価値を再確認したい」by朝日新聞社説

「嘘八百の新型コロナウイルス詐欺に騙されるな!84」


毎日表のニュースに出没する工作員あれこれ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/b2f51767be0afd5fd041d57363d87e74f68f35a6
田崎史郎氏、1回目のワクチン接種「副反応も全然、なかったです」
6/11(金)

そんな田崎氏に宮根誠司キャスターは「田崎さんはワクチン打ちました?」と唐突に質問。これに田崎氏は「1回目を打ちました。大規模接種センターで打ちまして」と返答。「副反応はありました?」とさらに聞く宮根氏に「全然、何もなかったです。副反応も無し」と答えていた。



はい、はい、わかりました。「聞き役」も「聞かれ役」も、すべて役者ですからね。
打ってもいないワクチンに「全然、何もなかったです。副反応も無し」もクソもないやろ。
こんな大根役者に騙されてはいけませんよ。
こんな工作員もいます。



https://news.yahoo.co.jp/articles/0f0311f5894746d79386f84d03f9d214ff8badaf
コロナ感染の立花孝志氏がついに入院報告「コロナは風邪だからと言い続けてきたが…」 涙を流し声詰まらせる
6/11(金)

古い政党から国民を守る党の立花孝志党首が11日に自身のYouTubeを更新し、新型コロナウイルスの症状がおさまらないため、東京都内の虎の門病院に入院すると明らかにした。  立花氏は今月8日に新型コロナ陽性が判明。自宅療養を続けながらYouTubeを更新し、6度にわたり病状を報告していた。これまでの動画では脈拍が高かったり、食欲に波があったり、咳がよく出たりといった症状を告白。「状況が変わらなければ、場合によっては入院するかもしれない」と明かしていた。    今回更新した動画ではしきりに咳き込む場面が見られた。そんな中、「『コロナは風邪だからと言い続けてきたから入院しない』ということが理由で、万が一のことがある人がいないように。保健所の方も入院を勧めてくれている。元の奥さんは看護師で、僕の姉も看護師。娘は薬剤師。医療に関わっている人たちが周りにいて、僕を心配してくれているのが嬉しくて…」と涙する場面もあった。




「コロナは風邪」と「本当のこと」を言っていたらしいが、「本当のこと」を言うふりをして実はあっち側と繋がっている“巧妙な工作員”ですよ。
「「コロナは風邪」なんて言ってたけど、俺コロナになってもーてん。コロナは本当にありました。皆さんお気をつけて!」なんて超クサイ芝居をしてるわけですよ(笑)
中途半端に「コロナは嘘かもしれない」と思い始めた人間を騙すことを目的に、“コロナ患者役”を与えられた憐れなオッサンですよ。
以前「「ひょっとしてこの人物は、この“逆効果現象”を演出するためにNHKが送り出したエージェントなのかもしれない」とさえ思ってしまった」と書いたことがあるが、ひょっとしないでもNHKどころかあっち側に雇われた工作員であることは間違いないでしょう。
ここで大手新聞社の社説を見て見ましょう。



(ゴミウリ)
https://www.yomiuri.co.jp/editorial/20210610-OYT1T50257/
職場でワクチン 打ち手の確保に知恵を絞れ
2021/06/11

新型コロナウイルスのワクチンは個人を守ると同時に、社会全体の感染抑止につながる。打ち手を早期に確保し、接種の機会と場所を増やすことが不可欠だ。
政府は、ワクチン接種を企業や大学でも実施することを決め、申請の受け付けを開始した。多くは21日から接種を始めるが、先行実施も可能だという。
 接種を担う医師や看護師、会場は企業や大学が自前で確保し、米モデルナ製のワクチンや専用の冷凍庫を政府が配送する。費用は接種の回数に応じて政府が一定額を負担する仕組みだ。
 多くの大企業が実施の意向を示している。社員への接種を着実に進め、関連企業や下請け企業にも範囲を広げてほしい。
 中小・零細企業は、独自に実施することが難しい。自治体や商工会議所、医師会が連携し、個別の事情に応じた支援が必要だ。
・・・・・(中略)・・・・・
菅首相は、10~11月に希望者全員への接種完了を目指すとしているが、ワクチンがあっても接種体制が不十分では達成できまい。
 ワクチンを迅速に行き渡らせるには、接種を希望する人の事情に応じて、自治体や職場、大学などの会場を柔軟に選択できるようにすることが重要だ。
 製造業は経済産業省、建設や不動産業は国土交通省、大学は文部科学省など、各省庁が相談窓口を設けている。縦割りを排して情報を共有し、現場が混乱しないようにせねばならない。
 ワクチンは、感染を完全に防げるわけではない。接種を受けた人も当面は、マスク着用などの感染対策を継続してほしい。




(朝日)
https://www.asahi.com/articles/DA3S14935612.html?iref=comtop_Opinion_04
(社説)ワクチン格差 是正は先進国の責務だ
2021年6月11日

ウイルスに国境はない。世界のすべての地域で流行を抑え込まねば、再発を繰り返す。
 なのに、豊かな国でワクチンの接種が加速する一方、貧しい国ではほとんど進んでいない。事態を変えるには国際社会の協調した行動が求められる。とりわけ先進国の責務は重い。

 先の主要7カ国(G7)保健相会合では、将来の感染症に備えた制度作りなどで一致した。だが、ワクチンの世界での共有は、「国内状況が許せば」支持するとの表明に終わった。危機感が乏しいのではないか。
 米英カナダなどは、全国民が2回接種する分を大きく超える数量を契約ずみだ。政府が自国民を守ろうとするのは理解できるが、あまりに過剰な規模となれば、「囲い込み」といわれても仕方あるまい。
 途上国にワクチンを分配する仕組みは、世界保健機関(WHO)などが主導する「COVAX(コバックス)」がある。年内に途上国人口の約3割、18億回の供給をめざす。だが、これまでの提供は7700万回にとどまる。主要な供給元のインドが、自国の感染爆発で輸出を止めた影響が大きい。
 この枠組みに頼るアフリカでワクチンを調達できたのは50カ国で4700万回あまり。接種率は2%に満たない。先進国は支援を強める必要がある。
 11日からG7首脳会議が開かれる。その前に、WHOや国際通貨基金など四つの国際機関のトップが連名で提言をした。柱は、ワクチンの公平な分配などのために500億ドル(約5兆5千億円)を投じることだ。
 それにより感染や命の損失を減らせば、25年までに世界で9兆ドルの経済効果があるという。逆に接種から取り残された国があれば、危険な変異株が生まれかねない。世界全体に跳ね返り、結局は経済回復を遅らせる――そう訴えた。
 日本を含む各国はこの認識を共有すべきだ。バイデン米政権は、COVAXを通じて5億回分のワクチンを約100カ国に供給する計画を立てているという。各国が具体策を詰め、格差の是正を急いでほしい。

 一方、国際的な枠組みとは別に、二国間でワクチンを融通する動きも進んでいる。中国やロシアが先行したが、米国や日本も当面使う予定のない分をアジアなどに直接提供し始めた。
 相手国の事情を踏まえて迅速に人道支援するためならば結構だ。だが、外交的な影響力を競うための道具とするならば、人道の理念は損なわれ、配分にもゆがみを生みかねない。
 ワクチンは人類の公共財とするべきだ。誰もが健康に生きる人権の価値を再確認したい。




ゴミウリは「“毒の打ち手”を確保して国民に毒を打ちまくれ!」と主張。
朝日は「日本のみならずアフリカやアジアの国民にも毒を打ちまくれ!」と主張。
新コロワクチンに何が含まれているかなど一切語らずに。
新コロワクチンがFDAの認可を受けていない人体実験であることを一切語らずに。
世界中の1000人を超える医者や学者が「新コロワクチンを絶対に打ってはいけない」と訴えていることを一切語らずに。
すでに新コロワクチンを打って亡くなった人や副反応で苦しんでいる人が膨大な数に上っていることも一切語らずに。

右も左も根は同じ。右も左も「協力」して国民抹殺に全力を挙げている証拠である。

最後に、「いかに新コロワクチンがヤバイか」を「本当の専門家」が伝えてくれている動画を二つ貼っておきます。
日本にも大橋眞教授以外の「本当の専門家」が出てきたことは希望の光ですね。
ただ、岡田正彦教授の言説には一言ものを申したい。

「「ワクチンは基本的にいいものだが、新コロワクチンは有害だ」と語っておられるが、私は「すべてのワクチンは有害であり、その中でも新コロワクチンは超有害である」と判断しています」と。

それにしても「新コロワクチン接種者が体内で製造し、外部に放出されると言うスパイクタンパク質」、これ本当にヤバそうです。
「打っても打たなくても同じ」なのかもしれないが、「彼ら」は何らかの形で自分たちだけはやられない方法を生み出しているのは間違いないでしょう。
自分たちが人口削減のために作った毒物で、自分たちも“そのまんま”やられてしまったら、“ほんまもんのアホ”ですからね(笑)
悪魔はズル賢そうに見えるが、けっこうアホなのかもしれませんナ(爆)
近いうちに解決策が明らかになることを期待しています。
とりあえず打たないこと、そして打った人間には極力近づかないことが重要でしょう。
「打った人間には極力近づかない」と言っても、これ超難しそうですナ。
はっきり言って、無理でしょう。
誰が打ってるかなんか分からんし。
仙人のように秘境に引きこもるわけにもいきませんしね。
皆が秘境に閉じこもって、秘境が超密になり、秘境が秘境でなくなってしまうかも(笑)
あくまでも、できる範囲でということで・・・
ホンマ、“改造人間製造オタク”のショッカーの連中の考えていることはわかりまへんわ(笑)




💖😙教えて徳先生💞🐱



新型コロナワクチンは危険 岡田正彦(新潟大学医学部元教授・名誉教授)




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村






「記憶喪失」UA

今日の1曲は、UAの「記憶喪失」です。




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「日本政府さん、日本人が何人亡くなったらワクチン接種を中止するんですか? ワクチン接種の被害者に4000万以上補償すると発表したのは嘘だったんですか? 野党の皆さん、メディアの皆さん、何故にこの「事実」を問題視しないんですか? あなたたちはグルなんですか? あなたたちは日本民族を絶滅させたいんですか?」byソウルマン

「嘘八百の新型コロナウイルス詐欺に騙されるな!83」


悪魔が来たりて毒針追加?

https://news.yahoo.co.jp/articles/854976b8b231c1ff9adec66ed9f61520828a2e9d
塩野義、年内にワクチン「3000万人分」量産へ…変異ウイルスに対応も
6/10(木)

塩野義製薬の木山竜一・上席執行役員医薬研究本部長が読売新聞のインタビューに応じ、国内で治験中の新型コロナウイルスワクチンについて、年内に最大3000万人分の量産体制を整える方針を明らかにした。岐阜県池田町に新工場を建設する。木山氏は「安全な国産ワクチンをできるだけ早く提供したい」と述べた。

新工場は、提携先の医薬品製造会社「ユニジェン」の敷地内で5月に着工した。完成すれば、既存の池田町の生産設備と合わせて3000万人分のワクチン製造が可能になる。
 塩野義のワクチンは、「遺伝子組み換えたんぱくワクチン」と呼ばれる。ウイルスの遺伝子情報を基に、昆虫細胞を使って人工的にたんぱく質を培養して作り、ヒトや動物の細胞を使う方法よりも大量生産に適しているとされる。すでにインフルエンザワクチンなどで実績がある。
 また木山氏は、変異ウイルスに対応するワクチンの開発を進めていることも明らかにした。「様々な変異ウイルスにも対応したい」と述べ、有効性の検証を急ぐ考えだ。
 一方、塩野義は新型コロナ治療薬の治験を近く国内で始める。飲み薬での実用化を目指しており、木山氏は「ワクチンは海外の後塵(こうじん)を拝したが、治療薬はどこよりも早く実用化したい」と話した。




塩野義さん、こんなにはっきり言っちゃっていいんですかね?
「塩野義のワクチンは、「遺伝子組み換えたんぱくワクチン」と呼ばれる。ウイルスの遺伝子情報を基に、昆虫細胞を使って人工的にたんぱく質を培養して作り、ヒトや動物の細胞を使う方法よりも大量生産に適しているとされる。」と。
我々を“昆虫系改造人間”にするつもりですか?
「蜘蛛男」とか「ハチ女」に。仮面ライダーもバッタだったな・・・
「塩野義は新型コロナ治療薬の治験を近く国内で始める」とも言ってますね。
現在大大キャンペーン中の新コロワクチンも“治験の真っ最中”なんですけど!




https://news.yahoo.co.jp/articles/38b7466e5e7bff59b5eab0e1008fdf671fbe64fc
竹中平蔵氏が五輪開催の根拠力説「スペイン風邪でもやった」「日本の事情でやめてはならぬ」
6/10(木)

元総務省で経済学者の竹中平蔵氏(70)9日、自身のユーチューブを更新し、東京五輪を開催すべき理由を徹底解説した。

竹中氏は先日放送された「そこまで言って委員会NP」で五輪反対の意見に対して「世論は間違ってる」と発言し波紋を広げていた。  竹中氏は「私はオリンピック・パラリンピックを是非きちっと開催してほしい。万全の対策の講じながら開催してほしい。いや、すべきだと思っています」と改めて主張し、3つの理由を挙げた。  1つ目の理由は日本の責任。「オリンピック・パラリンピックは国内イベントではないということです。世界のイベントなんです」と主張。「従って本来ならば日本の国内事情でこの世界的なイベントを止めるというのはあってはいけないことだと思います。国際的な責任を果たすために国内事情をしっかりとコントロールしながら実行に移す責任がある。それが実は日本が日本で開催されるオリンピック・パラリンピックの本質的な問題だという風に思うんです」。  2つめの理由として、1つ目の理由に付随する形で過去の例を挙げた。過去にオリンピック・パラリンピックを止めたのは第一次世界大戦と第二次世界大戦の時で「つまり世界大戦の時はさすがにこれは世界が真っ二つに割れてるわけですから。これは国内事情ではなくて世界の事情でできないから止めているわけです」と説明した。  さらに今回の状況に類似した1920年のアントワープオリンピックを取り上げ「1918年から数年間世界はスペイン風邪というパンデミックに襲われました。しかしこのパンデミックの中でベルギーのアントワープできちっとやられました。このスペイン風邪というパンデミックは、はっきり言って今の新型コロナウイルスの影響とは比べものにならないほど大きなものでした。それでもオリンピック・パラリンピックをやろうとやったわけです」と話した。続けて「他の欧米諸国に比べて影響がまだ少なくて済んでるわけですから、ここはやはしっかりとして実施すべきだと私は思います」。  3つ目の理由がワクチン。「この数か月の間にコロナ問題に対する世界の認識は大幅に変わったということです。日本では依然として人流を抑えるためにどうこうという話をしていますけど私の認識ではイギリスやアメリカでは、もうそんな議論はしておりません」。  今やるべきこととして「ワクチンを普及させること。そして国際的責任を果たすために日本は今このオリンピック・パラリンピックを万全の対策を講じながらきっちりとやり抜くこと。それが私は日本の責任であるし、これは日本にとっても、よいことだと思います」と持論を述べた。




“ミスター売国奴”こと竹中が、「オリンピックがどーのこーの」「ワクチンがどーのこーの」と言ってますね。
私は何回も言ってますが、オリンピックをやるのかやらないのかなんて権限は植民地国家の日本の政治家には持たされていませんよ。
オリンピックをやるやらないは、どこでやるかも含めてずっと前から決まっているんですよ。
日本にはオリンピックを開催する権限が「ない」にもかかわらず、毎日のように「やるべきだ」「中止だ」なんていう「日本人が決められないこと」を言いあっているわけですよ。
このアホ連中は実に“クサイ芝居”を演じ続けているわけですよ(笑)
こういった猿芝居が芝居であることを理解できず、こいつらと同じようにオリンピックを「やるべきだ」「中止だ」なんて言ってる国民は、まんまと騙されているんですよ。
このように騙されている国民は、その一方で「ない」ウイルスを「ある」と信じ込んで、「ウイルスが怖い怖い」と思い込んで、毒ワクチンの列に並んでいるわけですよ。

戦時中に大本営発表を信じ込んでいた人と同じなんですよ。

戦争なんか八百長なのに「お国のため」と思い込んで志願して軍隊に入隊した人と同じなんですよ。

毒ワクチンを打って死んでしまった人は、死んでからも「政府やメディアに騙された」ことに気づかないかもしれないのです。

志願して軍隊に入隊した人が戦死しても八百長戦争であったことに気づかないのと同じように。




https://news.yahoo.co.jp/articles/85338eaf9ab1ca8a66cf84854f30127aa082f7ad
「ワクチン接種がおもてなし」 橋本聖子五輪組織委会長
6/9(水)

東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長は9日の記者会見で、新型コロナウイルスのワクチン接種対象の拡大検討の意義を「海外の方々らをお迎えするため、できるだけ接種することが、組織委としてのおもてなしだと思っている」と話した。

国際オリンピック委員会(IOC)は米製薬大手ファイザーの協力を得て、日本向けに選手団のほか、審判や通訳ら国内の大会関係者ら計約2万人分のワクチンを無償提供する方針。これを受けて、組織委などは接種対象を約7万人の大会ボランティア、国内メディアまで広げることを検討している。  9日のIOC理事会で、組織委は大会の準備状況を報告。橋本氏は「安全で安心な大会開催に向けて自信を持てるだけの数々のエビデンス(根拠)がそろってきたことを確認できた」と強調した。  「おもてなし」の言葉は五輪招致が決まった2013年9月のIOC総会の最終演説で滝川クリステルさんが使い、流行語になった。【岩壁峻】




こんな恐ろしい「おもてなし」は結構です。
「おもてなし」と言うよりも、「おもてな死」と呼ぶべきでしょう・・・
政府は新たな“毒ワクチン”を作る製薬会社に我々の血税をつぎ込むようです。



https://news.yahoo.co.jp/articles/415c1f64dbcb6ea5b493482bb5b59738eb3e70ce
【独自】コロナ治療薬の開発支援、4社7品目に20億円…厚労省が補助
6/10(木)

厚生労働省は、新型コロナウイルスの治療薬開発を急ぐため、製薬会社4社に対し、国内での臨床試験の費用などとして、計約20億円を補助することを決めた。軽症段階から使える薬を実用化し、重症化を防ぐのが主な狙いだ。

補助金の対象に選ばれたのは、グラクソ・スミスクライン(GSK)、中外製薬、ファイザー、小野薬品工業が開発している7品目。

これらは、すでに海外で緊急使用が認められていたり、臨床試験が進んでいたりする薬が多い。日本で承認されるには、日本人が加わった臨床試験で、効果や安全性を確認することが望ましい。厚労省は各社に、臨床試験や承認手続きにかかる費用として最大6億円を補助し、有望な薬を速やかに実用化したい考えだ。
 国内では新型コロナの治療薬として、ウイルスの増殖を抑える薬や、炎症を抑える薬の3品目が承認されているが、いずれも中等症や重症の患者が対象。自宅療養中に急死する事例が相次いだことなどから、無症状や軽症段階から使える薬を望む声が上がっていた。
 軽症者ら向けにGSKが開発する新薬は、ウイルスを攻撃するための抗体を利用するもので、海外の臨床試験で、軽症者らの重症化や死亡リスクを85%減らしたとの結果が出た。米国で緊急使用が許可された。
 中外製薬の抗体を使った注射薬は、感染前に使うと、濃厚接触による発症リスクを8割抑えるとの臨床試験結果が出ており、予防的にも使えると期待されている。軽症者の重症化や死亡のリスクも減らすとして、米国で緊急使用が許可され、国内で臨床試験が進んでいる。
 ファイザーは主に軽症者向けの飲み薬として抗ウイルス薬を開発。小野薬品は、慢性すい炎の薬を新型コロナに転用する計画で、国内で臨床試験を実施中だ。




いつまでもノーチェックで次から次へと我々の血税を使うのを許していいんでしょうか?
それも“極めて怪しい遺伝子組み換え毒ワクチン”を使って国民を殺すために・・・
野党も山本太郎も全員グルなので、一言も異議を唱えません。

日本にも「本当のこと」を伝える医師が増えてきました。



(ごとう整形外科)さん
https://karyukai.jp/column/4143
The Daily Expose

Covid-19ワクチンに使用されているSARS-CoV-2スパイク・プロテインが、脳卒中、心臓発作、偏頭痛、血栓などの危険な副反応を引き起こすことを発見した科学的研究が発表された。
ワクチンのパイオニアであるジョナス・ソーク博士が設立した権威あるソーク研究所は、Covid jabに使用されているSARS-CoV-2スパイクタンパクが実際に血管障害を引き起こしていることを明らかにする衝撃的な科学的研究を発表しました。
重要なのは、現在英国で緊急使用許可を受けている3種類の実験的なCovidワクチンはすべて、スパイクタンパクを患者に注射するか、あるいはmRNA技術を使って患者自身の体にスパイクタンパクの製造を指示し、血液系に放出させるものであるということです。
ソーク研究所の研究は、スパイクタンパクが不活性で無害であるというワクチン業界の仮定が誤りであり、危険なほど不正確であることを証明しています。
2021年4月30日に発表された「The novel coronavirus’ spike protein plays additional key role in illness」と題された記事の中で、ソーク研究所は、”Salk researchers and collaborators show how the protein damage cells, confirming COVID-19 as a main vascular disease. “と警告しています。
その記事から。
このたび、ウイルスのスパイクタンパク質が病気そのものにも重要な役割を果たしていることが、新しい大規模な研究で明らかになりました。
2021年4月30日にCirculation Research誌に掲載されたこの論文は、COVID-19が血管疾患であることも決定的に示しており、SARS-CoV-2ウイルスが細胞レベルでどのように血管系にダメージを与え、攻撃するかを正確に示しています。
“この研究の共同研究者であるUri Manor助教授は、「多くの人はSARSを呼吸器系の病気だと思っていますが、実際には血管系の病気です」と述べています。”本研究の共同研究者であるUri Manor助教は、「脳卒中を発症する人がいるのも、体の他の部位に問題を抱える人がいるのも、それで説明できます。これらに共通するのは、いずれも血管が基盤となっているということです」と述べています。
今回の論文では、このタンパク質が血管細胞にダメージを与えるメカニズムが初めて明確に確認され、詳細に説明されています。
今回の研究では、SARS-CoV-2の古典的なクラウン・オブ・スパイクタンパク質に囲まれているが、実際のウイルスは含まれていない「疑似ウイルス」を作成した。この疑似ウイルスを動物モデルに感染させると、肺と動脈に損傷が生じた。これは、スパイクタンパク質だけで病気を引き起こすのに十分であることを証明している。組織標本では、肺動脈壁を覆う内皮細胞に炎症が見られた。
研究チームは次に、このプロセスを実験室で再現し、健康な内皮細胞(動脈を覆っている)にスパイクタンパクを投与した。その結果、スパイクタンパクは、ACE2と結合することで細胞にダメージを与えることがわかりました。この結合により、ミトコンドリア(細胞のエネルギーを生成する器官)に対するACE2の分子シグナルが阻害され、ミトコンドリアが損傷を受けて断片化された。
これまでの研究では、細胞にSARS-CoV-2ウイルスを感染させた場合に同様の効果が見られたが、スパイクタンパクを単独で感染させた場合に損傷が生じることを示したのは今回が初めてである。
“ウイルスの複製能力を取り除いても、このACE2受容体、COVIDのおかげで有名になったSタンパク質受容体に結合できるという理由だけで、ウイルスは血管細胞に大きなダメージを与えることができるのです」とマナーは説明する。”変異したスパイクタンパク質を用いた更なる研究は、変異したSARS CoV-2ウイルスの感染性と重篤性についても新たな知見を与えてくれるでしょう」。
今回の研究では、コヴィッドワクチンが血管疾患を誘発し、血栓やその他の血管反応に起因する怪我や死亡を直接引き起こす能力があることが証明されました。これはすべて、ワクチンに組み込まれたスパイクタンパクが原因です。
・・・・・(中略)・・・・・
この研究では、「ワクチンで作られた抗体」がスパイクタンパクから体を守る可能性があるとしています。
しかし、血管系にダメージを与えるのは、ワクチンに含まれるスパイクタンパクそのものなのです。つまり、人間の免疫システムは、ワクチンによって引き起こされる可能性のあるダメージから、ダメージが発生する前に患者を守ろうとしているのです。したがって、コビットワクチンで重篤な副反応を起こさない人は、当局が皆さんに信じさせようとしているようなワクチンではなく、生まれつきの免疫システムがワクチンから守ってくれているからなのです。 ワクチンは武器です。あなたの免疫システムがあなたを守るのです。
この研究結果だけを見ても、すべてのコビドワクチンは直ちに市場から撤去され、長期的な副作用について再評価されるべきです。

記事の投稿日:2021年06月09日





このスパイクタンパク質、マジでヤバそうですね。
新コロワクチンが遺伝子組み換え注射であること、スパイクタンパク質注射であること、マジでヤバイこと、治験中の「人体実験」であること、こういった「真実」を政府もメディアも一切国民に伝えないですね。
伝えるのは「嘘の感染者数」ばかり・・・
ネットで拡散されるこういった「真実」を、「根も葉もないデマ」だと喧伝していますね。
「根も葉もエビデンスも」明確に示しているにもかかわらず。
厚生労働省のホームページにはどのように記載されているのでしょう。



https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/vaccine_moderna.html
武田/モデルナ社の新型コロナワクチンの有効性・安全性などに関する情報をお届けします。

本剤はメッセンジャーRNA(mRNA)ワクチンです。SARS-CoV-2のスパイクタンパク質(ウイルスがヒトの細胞へ侵入するために必要なタンパク質)の設計図となるmRNAを脂質の膜に包んだ製剤になります。本剤を接種し、mRNAがヒトの細胞内に取り込まれると、このmRNAを基に細胞内でウイルスのスパイクタンパク質が産生され、スパイクタンパク質に対する中和抗体産生及び細胞性免疫応答が誘導されることで、SARS-CoV-2による感染症の予防ができると考えられています。



https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/vaccine_pfizer.html
ファイザー社の新型コロナワクチンの有効性・安全性などに関する情報をお届けします。

本剤はメッセンジャーRNA(mRNA)ワクチンです。SARS-CoV-2のスパイクタンパク質(ウイルスがヒトの細胞へ侵入するために必要なタンパク質)の設計図となるmRNAを脂質の膜に包んだ製剤になります。本剤を接種し、mRNAがヒトの細胞内に取り込まれると、このmRNAを基に細胞内でウイルスのスパイクタンパク質が産生され、スパイクタンパク質に対する中和抗体産生及び細胞性免疫応答が誘導されることで、SARS-CoV-2による感染症の予防ができると考えられています。



https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_16734.html
本日、ファイザー株式会社から昨年12 月18 日付けで製造販売承認申請されていた新型コロナウイルスワクチン
について、医薬品医療機器等法第14 条の3に基づく特例承認を行いました。
 なお、添付文書は別添のとおりです。

  <製品の概要>
  【販売名】:コミナティ筋注
  【一般名】:コロナウイルス修飾ウリジンRNA ワクチン(SARS-CoV-2)
        (有効成分名:トジナメラン)
  【申請者】:ファイザー株式会社
  【申請日】:令和2年12 月18 日
  【効能・効果】:SARS-CoV-2 による感染症の予防


  (参考)特例承認とは
   医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律第14 条の3第1項の規定に基づき、
   1.疾病のまん延防止等のために緊急の使用が必要、
   2.当該医薬品の使用以外に適切な方法がない、
   3.海外で販売等が認められている、
  という要件を満たす医薬品について、承認申請資料のうち臨床試験以外のものを承認後の提出としても良い等
  として、特例的な承認をする制度です。



https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_18787.html
本日、アストラゼネカ株式会社から本年2月5日付け、武田薬品工業株式会社から本年3月5日付けでそれぞれ製造販売承認申請されていた2つの新型コロナウイルスワクチンについて、医薬品医療機器等法第14 条の3に基づく特例承認を行いました。
 なお、添付文書は別添のとおりです。

製品の概要
(アストラゼネカ株式会社が特例承認を取得した製品)
販売名:バキスゼブリア筋注
一般名:コロナウイルス(SARS-CoV-2)ワクチン(遺伝子組換えサルアデノウイルスベクター
申請者:アストラゼネカ株式会社
申請日:令和3年2月5日 
効能・効果:SARS-CoV-2 による感染症の予防
(武田薬品工業株式会社が特例承認を取得した製品)
販売名:COVID-19 ワクチンモデルナ筋注
一般名:コロナウイルス修飾ウリジンRNA ワクチン(SARS-CoV-2)
申請者:武田薬品工業株式会社
申請日:令和3年3月5日
効能・効果:SARS-CoV-2 による感染症の予防





厚生労働省は、新コロワクチンが「mRNAワクチン(遺伝子組み換え)」であることを認めています。
アストラゼネカのワクチンについては「遺伝子組換えサルアデノウイルスベクター」とはっきりと記されています。
スパイクタンパク質が含まれていることも認めています。
そして、「正式承認」ではなく「特例承認」であることも記されています。
こちらの医師も「本当のこと」を伝えてくれています。


(かねしろクリニック)さん

https://www.kaneshiro-honest-clinic.com/2021/05/09/mrna%E3%83%AF%E3%82%AF%E3%83%81%E3%83%B3%E3%81%AF%E4%BA%BA%E5%B7%A5%E3%82%A6%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%81%A8%E8%A8%80%E3%81%88%E3%80%81%E5%A5%B3%E6%80%A7%E3%81%8C%E4%B8%8D%E5%A6%8A%E5%8C%96/
新型コロナウイルスとmRNAワクチンの構造を比較して下さい
ウイルスは遺伝子をカプシドという蛋白質の殻で包むという構造ですが、mRNAワクチンはmRNAという遺伝子を脂質粒子でコーティングした構造をしていて、包むものが蛋白質か脂質粒子の差はありますが構造は非常に似ていてmRNAワクチン自体が人工ウイルスと言えるかもしれません
哺乳類の胎盤形成にはウイルスが関与しています
https://www.a.u-tokyo.ac.jp/topics/2015/20151005-1.html
mRNAワクチンを作っているファイザーの元副社長が新型コロナウイルスワクチンには、女性の胎盤形成に欠かせないシンシチン-1と呼ばれるスパイクタンパク質が含まれていて、ワクチンがこのスパイク蛋白質に対抗する免疫反応を形成するように働くのであればシンシチン-1を攻撃するように女性の体を訓練していることになり、不妊症につながる可能性があると訴えています
女性の胎盤形成以外にもどのように遺伝子が書き換えられるか不明で、将来的にどんな弊害が起こるか分かりません

何度もお伝えしているように新型コロナウイルスは治療薬が無いのに20歳未満ではいまだに1人も亡くなっておらず、亡くなった方の9割は70代以上であり、それほど恐れるウイルスではありません
現時点でも感染しにくい女性の方が副反応の報告が多く、ワクチン接種は弊害の方が大きいと思われ推奨しません
新型コロナウイルスの死亡者は単なるPCR陽性者が他の原因で亡くなっても死亡者としてカウントされていますが、ワクチンで副反応が出た時に政府が十分に対応すると公言して接種が始まりましたが、現時点では副反応が出ても全て因果関係不明として扱われていて、重篤な副反応が出ても政府が補償してくれる保証はありません
接種は本来は任意ですが、なかば強制的に接種させられるような現状があるようですが、強制は基本的人権の侵害、パワーハラスメントに当たると思われ、強制するのであれば副反応が出た時の補償を求めるべきですが、命を落としてしまったり不妊になってからでは取り返しがつきませんので、メリットとデメリットをよく考えた上で接種を判断する事をお勧めします






新コロワクチンが「超危険な毒物」であることは、「根も葉もないデマ」ではありません。
厚生労働省が自らホームページで記している「根も葉もある真実」です。
こんな「超危険な毒物」を、さも「安全・有効な医療行為」であるかのように喧伝し、国民を騙すことは、許し難き重大な犯罪行為です。
職場単位の接種を勧めたり、一人も死んでいない子供までに接種を勧めるこの国は、まさに“狂気のクレイジー国家”にほかなりません。
許されざる蛮行です。
厚生労働省が“こっそり”発表しているだけでも、ファイザーの新コロワクチン接種後に亡くなった方は196名おられます。(6月4日まで)
実際の数字がこんなものじゃないことは、容易に推察できます。



https://www.mhlw.go.jp/content/10906000/000790071.pdf
新型コロナワクチン接種後の死亡として報告された事例の概要

(コミナティ筋注、ファイザー株式会社)
1.報告状況
○前回の合同部会(5月26 日)以降、コミナティ筋注の副反応疑い報告において、医
療機関又は製造販売業者から死亡として報告された事例が新たに54 件あり、令和3
年2月17 日から令和3年5月30 日までに報告された死亡事例は計139 件となった
(別紙1、2)。
○なお、上記に加え、令和3年5月31 日から令和3年6月4日までに、医療機関又は
製造販売業者から死亡として報告された事例が57 件あった。

2.専門家の評価
○令和3年2月17 日から令和3年5月30 日までに報告された139 事例を対象に、専
門家の評価を実施(別紙1)。
○評価結果は、以下のとおり。

因果関係評価結果(公表記号)                      件数
α(ワクチンと症状名との因果関係が否定できないもの)           0件
β(ワクチンと症状名との因果関係が認められないもの)             0件
γ(情報不足等によりワクチンと症状名との因果関係が評価できないもの)  139件






日本政府さん、日本人が何人亡くなったらワクチン接種を中止するんですか?
ワクチン接種の被害者に4000万以上補償すると発表したのは嘘だったんですか?
野党の皆さん、メディアの皆さん、何故にこの「事実」を問題視しないんですか?
あなたたちはグルなんですか?
あなたたちは日本民族を絶滅させたいんですか?



ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村


「工場と微笑」ムーンライダーズ

今日の1曲は、ムーンライダーズの「工場と微笑」です。




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村