2021年04月の記事 - 嘘八百のこの世界
fc2ブログ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント
月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告
2021年04月の記事

「お前らが生きていられる今の間だけ、少し夢を見させてやるぜ。どうせ紙代だけで済むんだからな。カネを渡しても、それを使う頃にはお前らは存在していないだろう。生き残っても、遺伝子組み換えされた奴隷アバターとして我々に仕えるしか道はないのさ」(政府・メディアの背後にいる悪魔の本音)

「嘘八百の新型コロナウイルス詐欺に騙されるな!75」


まずは、「本当の専門家」大橋眞教授の最近の動画をどーぞ。

発症抑制ワクチンは存在するのか


・今回のワクチンは感染を阻止するのではなく、発症を抑えるようなワクチンであると伝えられている。

・感染したら、免疫を活性化させなければならない。

・鼻水、発熱といった症状は、体を守るための仕組みの一端であって、体を守るために症状が出ているのである。

・症状を抑えるためのワクチンというのはあり得ない。

・症状を抑えるのは体にとってよくないことである。

・発症抑制型のワクチンは基本的にないだろう。




全くもってその通りである。
病原体から体を守るために最も大事な方法は、免疫を高めることである。
この最重要事項を無視して真逆なことをやっているのは、今回の新コロワクチンだけではない。西洋医学そのものがこの最重要事項を無視して“やってはいけないこと”を人体に強いることで成り立っているのである。
「鼻水を抑える風邪薬」「熱を抑える風邪薬」など、体本体に備わっている免疫をないがしろにするもので、飲んではいけないものであり、“やってはいけないこと”を人体に強いるという“あり得ない行為”なのである。
その最たるものが、“がん治療という名の医療殺戮行為”である。
そして今回行われている新コロワクチンは、“がん治療を上回る医療殺戮行為”なのである。


「本当の専門家」大橋眞教授の動画をもう一つ。


無症状感染でワクチンなど必要ない



・無症状感染者が感染させるという実証は何もない。

・そもそもPCRで見ているのは何かわからない。

・本当にこれはウイルスの遺伝子ですか?

・ワクチンの副反応は今回のウイルスの感染と似たような症状が出てしまう。

・そもそも我々の体内には腸内細菌でも何万種類、それ以外にも気道・粘膜にもたくさんのウイルス・微生物がいる。これは無症状感染といえば無症状感染なわけです。

・これまで腸内細菌という形で問題にしなかった。

・むしろ我々の体のためになる。消化を助けるいい腸内細菌がいれば、我々の腸が健全に保たてる。

・我々はそれと共存している。だから普通に生きていくことが出来る。

・今PCRを使って無症状感染と名付けられて問題にしているのであって、何も今までと変わらない。

・今まで何の問題にしなかった不顕性感染をPCRを使って手品のようにいろんな人が似ているから問題だと言い出した。これが一番の問題である。

・ウイルスの存在は証明されていない。これが証明されない限り、このワクチンと言われているものを打ったところで意味がない。まずウイルスの証明をすることが極めて重要である。




全くもってその通りである。
はい、「無症状感染者が感染させるという実証は何もない」のである。
「無症状感染者が感染させる」という科学的根拠を示して見ろよ!
それさえしないで「やれ自粛だ。やれマスクだ。やれワクチンだ」とほざくんじゃないよ!
太古の昔から我々の体内に存在している腸内細菌を問題視してこなかったくせに、今になって従来からの不顕性感染を無症状感染と偽るんじゃないよ!
「無症状感染者が感染させる」という科学的根拠も示すこともできず、「ウイルスが存在しているという証明」も世界中の誰一人として示せないにもかかわらず!
こんな“架空のウイルス騒動”で、いつまで国民を騙すつもりなんだ!
国民も、こんな“架空のウイルス騒動”にいつまで騙されているんだ!
いまだにこのウイルスが存在していると思い込んでいるオメデタイ人は、一生そのように思い込んでいてください。
私はそのような“オメデタイ信者”を“治療”することはできませんし、するつもりもありませんので、ご自身でお好きなようにお過ごしください。
はっきり言って、私はそのような“オメデタイ信者”のお相手もしたくありません。

次に、この記事を。


https://news.yahoo.co.jp/articles/9d26ab9b562ed988875e2510bcfd6f021c8304ba
コロナ予備費の5千億円支出決定 事業者支援を後押し
4/30(金)

政府は30日、2021年度予算で5兆円を計上した新型コロナウイルス対策の予備費から、5千億円を支出することを閣議決定した。地方創生臨時交付金の特別枠として都道府県に交付し、事業者支援を後押しする。21年度のコロナ予備費の支出は初めてとなる。

中小企業の事業継続や観光需要喚起策への支援に充てるほか、感染防止徹底の見回り強化といった対策に使うことを想定している。  政府は機動的にコロナ対策を行うため、20年度の第1次と第2次の補正予算で計11兆5千億円のコロナ対策予備費を計上。年度内に約5千億円を残してほぼ使い切った。21年度予算でも5兆円を積んだ。



いったい我々の血税をいくら使ったら気が済むのだろう。
頼みもしないのに勝手に毒ワクチンを大量に購入し、自分たちでコロナ騒動を作った後の“対策”としていろんな業者にカネをばらまき、旅行業者にもカネをばらまき、感染防止徹底の見回り強化という名の“国民監視バイト”を雇うカネまで税金から出すという。
野党もグルだから、何も文句を言わない。
文句を言うどころか、「もっとカネをばらまけ」「もっとPCRを拡大せよ」と宣う。
国民には「PCRの真実」も「ワクチンの真実」も全く伝えずに。
ここまで税金が余っているのなら、今からでも返してくれよ。
ここまで政府がカネを使いまくっていることに、私には悪い予感がしている。
カネといっても紙を印刷しているだけである。
国民を騙すには、強制措置のようなムチだけではうまくいかないから、カネをばらまくというアメが効果的である。
国民はカネというアメを貰うことで政府を信用し、納得するのだろう。
政府は俺たちのことを考えてくれているんだな、と。

まさに「屠殺場に連れていかれる前に餌を貰って満足している家畜」のようである。

悪い予感とは、以下のようなことである。

(政府・メディアの背後にいる悪魔の本音)

「お前らが生きていられる今の間だけ、少し夢を見させてやるぜ。どうせ紙代だけで済むんだからな。カネを渡しても、それを使う頃にはお前らは存在していないだろう。生き残っても、遺伝子組み換えされた奴隷アバターとして我々に仕えるしか道はないのさ」


悪魔の思惑は徐々にばれだしている。



(トカナ)さん
https://tocana.jp/2021/04/post_207207_entry.html
「新型コロナmRNAワクチンは脳を退化させる」有名免疫学者の論文に波紋! 圧倒的データ不足の現状と“未来のリスク”とは?
2021.04.28

新型コロナウイルスのワクチンについて、衝撃的な研究が発表された――。
■ワクチンで脳機能が退化する?
 現在、イスラエルでは61パーセント、英国は50パーセント、米国、チリは40パーセントの国民が新型コロナワクチンを少なくとも1回は接種したという。
 我が国を含め各国は一刻も早く国民のワクチン接種率を引き上げたいとしているが、今回発表された論文によると「mRNA COVID-19ワクチン」は、プリオン関連の病気を誘発し、脳を徐々に退化させる危険性があるというのである。
 それだけではなく、このワクチンを接種した人に筋萎縮性側索硬化症、前頭葉変性症、アルツハイマー、その他の神経変性疾患も引き起こす可能性があるという。

 この論文「COVID-19 RNAベースのワクチンとプリオン病のリスク」は、米国の免疫学者で、ワクチン接種反対派のJ.バート・クラッセン博士によって執筆され学術誌「Microbiology & Infectious Diseases」に掲載された。米国で有名なワクチン反対論者である博士は、2017年、トランプ前大統領に「悲惨な政府のワクチン政策」をやめるよう呼びかける手紙を書いている。





アルツハイマーにさせられても、まだ生きていられたら幸せな方ですか?
ワクチン接種者から「感染」するという話も表に出てきています。



(さてはてメモ帳)さん
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/b6b627f6da1c2fb2dca42fe1f5f3f89f
ジム・ストーンが語るVaxxの恐怖の物語 by tts-admin
2021-04-30

つまり、日本でも、すでに病院に行ったら終いらしい、、医療関係者を優先的に狙った大きな理由の一つでしょう 重要なので、速報公開

こういうワクチデンツもあると、、

Jim Stone with Some Vaxx Horror Tales
ジム・ストーンが語るVaxxの恐怖の物語 by tts-admin | Apr 29, 2021
http://www.thetruthseeker.co.uk/?p=233126
ワクチンを打った者に近づくな、これは公式、ファイザー自身の文書よりの話

Download from original source

Download from my server

エリートたちはすでに隠れ家に飛び立ち、ジェノサイドを公表している

読んで泣いてください、私たちは破滅します。ファイザー社の文書によると、吸入と皮膚への接触の両方で、ワクチンに含まれるものは、ワクチンを受けた人から受けていない人に伝わります。(訳注:最低、体内で生産された改悪スパイクタンパクが、呼気に出てきたり、汗で分泌されたりするのだろう)

このファイザーの文書のほんの一部をご紹介します:

1. ワクチンを受けていない男性が、ワクチンを受けた女性に触れたり、彼女が吸った空気を吸ったりして(つまり、オフィスで彼女のそばを通る)、彼の妻とセックスをした場合、彼の妻は有害事象を起こす可能性があり、子供を持つことを避けるべきである。

2. 予防接種を受けたことのない女性が、予防接種を受けた女性に接触した場合、その女性は

A:流産する

B:自然流産する

C:母乳で赤ちゃんを毒殺する

D:認知に関する障害を持つ赤ちゃんを産む

これは世界共通で、とても悪いことです。私が英語に翻訳したテキストの小さな部分を紹介します:

8.3.5.3. 職業上の暴露

「職業曝露とは、ある人がワクチンの被検者と予定外の直接接触をし、それが有害事象の発生につながるかどうかに関わらず、発生することです。このような人には、医療従事者、家族、治験参加者の周りにいるその他の人が含まれることがあります。

このような曝露が起こった場合、関連する二次的な有害事象の有無にかかわらず、治験責任者は、それが起こったことに気付いてから24時間以内にファイザー社のsafteyに報告しなければなりません。この報告には、ワクチン二次有害事象報告書を使用する必要があります。その情報は研究に参加している参加者に関係しないため、その情報は研究とは別に保管されます。」

明確にすると:ワクチン研究の参加者は、何かの超拡散者となります。彼らはそれが何であるかは言いませんが、ワクチンを受けたことのない人が、ワクチンを受けた人に接すると、二次的な有害事象を誘発します。

これはとても悪いことです、ワクチンを接種した女性と接触したワクチン未接種の男性は、ワクチンに含まれる何かを別の女性にうつしてしまうという警告が、この小さな引用文に書かれています。

ここに掲載した文書の比較的小さな部分を見ても、ワクチンを接種していない人がワクチンを接種した人に接すると、自然流産や生殖器系の問題を引き起こすと書かれていますし、ワクチンを接種した母親の母乳は乳児に害を与える可能性があります(訳注:これはすでに死亡例がありますね。これはわかり易いですが、近くにいただけでやばいとすると、恐ろしいですね、、)。もし信じられない人がいたら、上のリンクをクリックして、その膨大で意図的に混乱させている文書を読み解いてください。皆さん、その「ワクチン」はまさに殺し屋です。

・・・・・(中略)・・・・・

フロリダのアッパークラスの私立学校:もしあなたがワクチン接種したならば、ここでは教えられません

フロリダ州マイアミにあるセントナー・アカデミーでは、ワクチンの安全性が証明され、すべての長期的な研究が完了するまで、ワクチンを接種した教師は停職処分としました。そして、その研究が終了した後、まだ交代させられていなければ仕事に戻れることになっています。この規定は非常に明確に定義されており、ワクチンを接種した人が生徒やスタッフに感染させる可能性はすべて排除されています。

これは学校から送られてきた言葉です:

追って通知があるまで、実験的なCOVID-19の注射をまだ受けていない従業員には、年度末まで待ってもらうことにしました。また、この実験薬がワクチンを接種していない人に影響を与えているかどうかについて、さらなる調査が行われるまで、すべての教職員に注射を控えるよう勧めました。私たちは、可能な限り、実験的なCOVID-19注射を受けた人を、さらなる情報が得られるまで雇用しない方針です。

最近、世界中の何万人もの女性が、COVID-19の注射を受けた人の近くにいることで、生殖に関する問題を報告しています。

何が原因なのか正確には分かっていませんが、注射を受けた人が自分の体から接触した人に何かを伝えている可能性があるようです。








「存在さえしていないウイルス」を存在していると信じ込ませ、「感染対策」の名のもとに「遺伝子組み換え毒ワクチン」を打つことによる「感染」及びワクチン接種者による「間接感染」を引き起こすことが、「彼ら」の目的のようですナ。
人口削減を達成するための・・・

現代の731部隊」から“素敵な贈り物”が届いたようです。
これだけ言っても贈り物を待望しているオメデタイ人を治療する術は、残念ながら当“コロナ脳専門外来”でも持ち合わせておりません。他をあたってください(笑)




https://news.yahoo.co.jp/articles/9537bd5f8093974703c9be80a7dae8814d1d8748
米モデルナ製ワクチン第1便、関西国際空港に到着
4/30(金)

米モデルナ製の新型コロナウイルスワクチンの第1便を載せた日本航空機が30日午前、ベルギーのブリュッセルから関西国際空港に到着した。5月にも承認される見通しで、政府は東京と大阪で設置を検討している大規模接種センターでの使用を調整している。

国内で接種が進む米ファイザー製は成田空港に順次到着しているが、関空でのワクチン受け入れは初めて。同機は午前9時ごろ着陸。カーゴドアから作業員数人がワクチンが入ったコンテナをゆっくりと降ろし、倉庫に搬入した。  モデルナ製は米ファイザー製と同様に、遺伝情報を伝えるメッセンジャーRNA(mRNA)を使ったワクチン。保管温度はマイナス20度前後で、ファイザー製のように超低温冷凍庫の必要がない。国内での開発、流通を担う武田薬品工業が厚生労働省に承認申請している。  関空を運営する関西エアポートは1月、到着したワクチンを30分から1時間で空港外へ搬出する体制を構築。輸入品の搬出には医薬品で通常約24時間かかるが、ワクチンの運搬や保管、通関検査を最優先し、搬出時間を大幅に短縮できるようにしている。



ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村




「Piano Man」 Billy Joel

今日の1曲は、ビリー・ジョエルの「Piano Man」です。
2006年11月30日ビリー・ジョエルの「イン・コンサート2006」東京ドーム・ライブより。









ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Love of My Life」Santana & Dave Matthews

今日の1曲は、サンタナ&デイヴ・マシューズの「Love of My Life」です。




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

1789年4月30日、ジョージ・ワシントンは大統領に就任した。就任の宣誓式を執りおこなったロバート・リヴィングストンはニューヨーク・グランドロッジのグランドマスターだった。

「米国エリートの黒い履歴書~秘密結社・海賊・奴隷売買・麻薬」②スティーヴン・ソラ


前回に続く。以下、一部引用する。


アメリカの歴史に最初から、一握りのフリーメーソンが陰に陽に強い影響力を及ぼしているのは明らかだった。独立宣言を起草したのはメーソンではないトマス・ジェファソンだったが、最初に署名したのはメーソンのジョン・ハンコックだった。

*イルミナティ(啓明結社)はヨーロッパでもっとも秘密主義的で、おそらくもっとも陰謀団的な集団だが、イルミナティはフリーメーソンリーのように植民地に進出しようとはしなかった。ワシントンはこの一派を「神による創造を認めない」と非難して、フリーメーソンリーとは無関係だと語っている。しかしワシントンも家系をたどれば貴族階級であり、民主主義のために尽力したにもかかわらずエリート主義者であり、自ら創設したシンシナティ協会には上流階級出身者しか入会させなかった。

1789年4月30日、ジョージ・ワシントンは大統領に就任した。就任の宣誓式を執りおこなったロバート・リヴィングストンはニューヨーク・グランドロッジのグランドマスターだった。進行役は、これもメーソン会員のジェイコブ・モートン将軍である。そして、やはりメーソン会員のモーガン・ルイス将軍が介添え役を務めた。アレキサンドリア・ロッジのマスターだったワシントンは、ニューヨークのセントジョンズ・ロッジから取り寄せた聖書に手を置いて、就任の宣誓をした。

*アメリカ独立革命の戦士で理神論を信奉していた者には、ジョージ・ワシントン、ベンジャミン・フランクリン、トマス・ジェファソン、トマス・ペイン、イーサン・アレン、ジェームズ・マディソン、アレグザンダー・ハミルトン、ジョン・クインシー・アダムズなどがいる。なかでもペインは歯に衣着せずにものを言う人物で、その著書『理性の時代』は反キリスト教会の論文である。ワシントンは英国国教会派の教会に通ったが、聖餐式の前には必ず席を立った。ジェファソンは、キリスト教は人間精神の上にのしかかる暴政だと考えていた。フランクリンはナインシスターズ・ロッジの会員だったが、仲間のブラザーには、ジャン=ジャック・ルソーと並んでこの「自然」宗教の主唱者として名高いヴォルテールがいる。

*フランクリンやジェファソンの著作は、暴力的な手段で政府に異を唱えることを容認しているように思われた。ヨーロッパと南アメリカの全土で叛乱の火の手が上がったが、それを率いていたのはほとんどがフリーメーソンである。オランダ、スイス、それにイタリアの地方国家など、いくつかの国では新しい共和体制が速やかに、しかも暴力なしに形成された。イタリアでは、グランドマスターで第33位階のメーソンでもあるジョゼッペ・ガリバルディが奮闘してイタリアを統一し、同じメーソンのヴィットリオ・エマニュエレ2世が王位に就いた。ロシアではフリーメーソンが中心になってデカブリスト(12月党員)の乱が起こったが、この計画はメーソンロッジで立てられたものだった。ラテンアメリカでは、ベネズエラのシモン・ボリバル、アルゼンチンのホセ・デ・サンマルティン、メキシコのベニート・ファレスといったフリーメーソンの革命家が活躍した。
フランスでは、ルソーやヴォルテールが自由思想やフリーメーソン主義の理想を注入したにもかかわらず、革命は異様で血なまぐさい捻じれを起こし、国中が殺戮と破壊に熱中する暴徒であふれてしまった。不幸にも、ラファイエット侯爵やド・ローザン公爵など、アメリカの大義を守って戦った者の多くがたいへんな犠牲を払うことになってしまった。





(管理人)
日本人ほどフリーメーソンを理解していない国民は他にいないだろう。

個人個人が集団になって声をあげ、行動を起こし、革命が発生した。
その結果、「偶然」新しい国家が形成された。

このように思っている人間が大半だろう。
真実はそうではない。
アメリカも、フランスも、オランダ、スイス、イタリアも、数多くの国家がフリーメーソン勢力によって成立したのである。
この「事実」を日本人は正しく理解するべきだろう。
そして、何を隠そうこの現在の日本も、フリーメーソン勢力によって形成されました。
私はこれまで何回も書いてきたが、明治維新という“売国クーデター”によってこの国は外国勢力に売り渡されました。
この外国勢力はフリーメーソン勢力が中心であった。
この“売国クーデター”は維新側と幕府側の「協力作業」によって成立しました。
維新側も幕府側もフリーメーソン勢力に支配されていました。
維新側と幕府側が対立して明治維新が起こったというのは「完全なる騙し」である。



http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-1406.html
日本において、体制の変化がおきるとすれば、それは日本人だけから端を発しているように見えなければならない
「あやつられた龍馬 明治維新と英国諜報部、そしてフリーメーソン」
加治将一



私は何も「フリーメーソン勢力のみがこの世界を支配している」と言うつもりはない。
「私が「彼ら」と呼んでいる邪悪な勢力がこの世界を支配しており、その勢力にフリーメーソン勢力がかなりの部分で関わっている」と述べているのだ。

国家間の対立のみで戦争が起こったというのは嘘である。

資本主義と共産主義が対立しているというのも嘘である。

民衆が「偶然」立ち上がって革命が成立したというのも嘘である。

この邪悪な勢力(=「彼ら」)が現在も連携して一般大衆を騙しにかかっている。

西側国家の政治家・メディア及びテレビに出ている著名人は、大半が「彼ら」の手下である。

現在起こされている新型コロナウイルス騒動は、「彼ら」が演出した詐欺・フェイクである。

正しい歴史を理解しない限り大衆は騙され続けるばかりであり、命まで奪われるだろう。

「嘘八百のこの世界」を理解されたし。

「信じる者は殺される」ことを理解されたし。




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村


「Sistamamalover」 Lenny Kravitz

今日の1曲は、レニー・クラヴィッツの「Sistamamalover」です。




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

(昔)「欲しがりません勝つまでは」→(今)「欲しがりません(ワクチンで)死ぬまでは」

「米国エリートの黒い履歴書~秘密結社・海賊・奴隷売買・麻薬」①スティーヴン・ソラ


2007年の書である。著者の書は初めて読んだ。
複数回に分けて記す。以下、一部引用する。



*軍で昇進したければ、移動式のメーソン拠点であるミリタリーロッジに加わることが必要不可欠で、独立戦争で活躍した軍人は、ジョージ・ワシントン、ジョン・ポール・ジョーンズ、さらにはフランス人のラファイエット侯爵など、ほぼすべてメーソンである。
アメリカにビジネス帝国を築き、一族の財産を積み上げてきた秘密主義のエリート組織は、自らの歴史をみごとに隠してきた。今はわずかな不注意でも公職を失いかねない時代だから、それと比べると、建国の父とその組織にまつわる汚い背景や一族の歴史は驚くべきものだ。わたしたちは奴隷貿易業者やアヘン商人の名を冠した大学を受け継いでいる。犯罪で富を成した家系の大統領や政治家を崇めている。応援している企業にしても、創業者のほとんどは、不法な活動で富を手に入れた連中だ。
・・・・・(中略)・・・・・
誰もが新しいスタートと新しいチャンス、そして平等な機会をあたえられるはずのアメリカなのに、独立後になって劇的に貧富の差が拡大したのは妙なことに思える。しかしこれは偶然でもなければ勤労の成果でもない。ヨーロッパから受け継がれた秘密組織がネットワークを築き、自分たちの成功と権力を確保した結果なのだ。ヨーロッパで数百年前に創設されたのと同じ秘密結社が、ごく早い時期から各植民地に輸入されていたのである。

*今日のような銀行業はテンプル騎士団が始めた制度だ。それまでは一部の者が、故人として、通貨交換を促進する目的で見本市などに参加し、営利事業の株を売買したり金を貸したりしていた。そうした初期の銀行業を行っていたのはイタリアのフィレンツェ、ヴェネチア、ロンバルディアなどの名家がほとんどだった。しかしこうした銀行家の活動は、多くの法律で制限されていた。
教皇とカトリック教会が規制を作る世界では、利子をつけて金を貸すことは禁止されていた。だがテンプル騎士団には、そんな決まりを逃れる手がいくつもあった。一つは、単純に貸付の手数料を取るという方法だった。しかしそんな小手先のごまかしでは信心深い団員からの非難を避けきれなかった。そこで次の手段として、有利子貸付に別の名前をつけるようになった。テンプル騎士団は貸付に「聖戦のための利子」をつけることが許されていた。顧客となる貴族からはたいてい土地が寄進されていたので、そうした資産から得る収入がある。貴族たち~たいていはイングランド王とフランス王~は戦争のたびに金を借りる必要があり、騎士団はすすんで貸し付けて、その謝礼をとったのである。それでも有利子貸付が許されない場合には、通貨の違いから利益を得るようにした。たとえばフランス産の羊毛を騎士団の船に積み込んでイングランドの買い手に売る場合、通貨が変わる。そこで買い上げの段階で、実際の価値より少ない額で支払っておくのである。

ヴェネチア、ジェノヴァ、ルッカ、フィレンツェといった北イタリアの銀行家はひっくるめて「ロンバルディア人」と呼ばれ、ユダヤ人に代わってヨーロッパの商人銀行家となった。貸付金利は、企業向けの15パーセントから個人向けの100パーセントまで実にさまざまだった。テンプル株式会社はこの事業をイタリア人商人から奪ったのである。

*キリキアにあるトルコの港アイアスは奴隷貿易の中心で、テンプル騎士団はそこに埠頭を築いた。テンプル騎士団は、ライバルのキリスト教騎士団であるマルタ騎士団(聖ヨハネ騎士団)と並んで地中海で最大のヨーロッパ奴隷貿易商となり、両騎士団ともヴェネチアに根拠地を置いていた。


奴隷貿易、商品の交易、兵員の輸送と武器、・軍需物資の運搬に加えて、テンプル騎士団は海賊行為にも従事していた。「海賊行為」とは、会場で他の船を捕獲する行為と定義される。しかしテンプル騎士団の船がイスラム教徒の船を襲うのは、両者が戦争状態にあったことから、海賊行為とはみなされなかった。厳密に戦闘用に設計された船はほとんどなかったが、輸送船はすべて武装していた。したがって、イスラム商人の船を捕獲するのは「私掠行為」とみなされるようになる。海賊行為と私掠行為には明確な違いがある。私掠行為の場合は、船長が統治者からの認可証(のちの「他国船拿捕免許状」)を得て、海賊行為に従事するのである。

*イタリア人銀行家とテンプル騎士団がどれほど密接な関係にあったかは、まったく知られていないのではないだろうか。彼らは最初、十字軍に出資して兵士を輸送する役割を果たしていた。フィレンツェでは独自の硬貨を鋳造していたが、のちにはその片面に、テンプル騎士団の守護聖人である洗礼者ヨハネを描いて敬意を表している(もう片面には、王家の血統を示すユリが描かれていた)。フィレンツェには、珍しい八角形の洗礼堂がある。この珍しい様式はエルサレムから借りたもので、各地のテンプル騎士団拠点へと広まっていった。ポルトガルのトマールからアイルランドのドローイダまで、この様式は、聖ヨハネが最初にイエスに与えた洗礼を表している。フィレンツェの洗礼堂は洗礼者ヨハネに奉献されている。




(管理人)
著者は、本書で「表に出てこない隠されたアメリカ史」を書いている。
私がブログで「表に出てこない隠された日本史」を書いているのと同じように(笑)
名家・名君と表で言われている家や個人は、悪行を繰り返すことでその地位を手に入れた奴らばかりであり、最低・最悪のカスばかりである。
日本においても、名家・名君と言われている家や個人は、国を外国勢力に売り渡すことで地位を手に入れた最低・最悪のカスばかりである。
そういったどーしようもない最低の奴らを、NHKを中心とする歴史偽造メディアは、さも立派な家・人物であったかのようにでっち上げる。
ものを疑うことを知らない従順な国民は、このような嘘歴史を“そのまんま”真実だと信じ込む。

こういった無知から来る“ものの見事な騙されっぷり”は、現在進行中の新コロ詐欺で頂点を極めている。

ちょっと調べれば分かるはずなのに、自分でものを考えようとしない白痴化した“素直な国民”は、“何から何まで嘘で固められた政府やメディアが垂れ流すクソ情報”を、“疑うことなく”真実だと思い込んでいる。

マスクがウイルス対策に役立つのかどうかなど、一切考えない。
ワクチンに何が入っているかなど、一切考えない。
満員電車やパチンコ屋は大丈夫(対策不要)で、夜の8時以降の飲食店のみにウイルス対策が必要だという“ちょっと考えたら小学生でも嘘だと分かるデタラメ”を、真実だと思い込む。

もう腹が立つのを通り越して笑ってしまう。
あまりの“想像を絶する”頭の悪さ加減に呆れるばかりである。

本書と全然関係ないことを書いてしまった(笑)
いや、そうでもないかもしれない。
アメリカも、ヨーロッパも、日本も、同じことが言えるのである。
世界中が自国の歴史の真実を知らないばかりに、子供のころから騙されまくっているばかりに、現在このように“完璧に”騙されまくっているわけだ。

中でも日本人の“ものの見事な騙されっぷり”は、最早世界一と言ってもいいだろう。
はっきり言って、表彰ものだ!金メダル獲得だ!
オリンピックに「洗脳競技」があったなら、日本は向かうところ敵なしだろう(爆)

いまだにデモ一つ起こらない。
バカな知事の発言を“そのまんま”受けとり、早速マスク会食を実践している。
お上やメディアが言ったことを、“そのまんま”何も考えずに実行に移す。
近い将来ワクチンで殺されても、“たまたま”運が悪かったと納得するのだろう。
ワクチンが毒物だったとは、“1ミリも”思わないんだろう。
私はお国のために尽くしたんだと思って、自分を「評価」するのだろう。
特攻隊の“潔い精神”は、“相も変わらず”受け継がれているようである。

まさに“ワクチン特攻隊“である。
本当に“スゴイ国民”だよ、日本人!
(昔)「欲しがりません勝つまでは」→(今)「欲しがりません(ワクチンで)死ぬまでは」






ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村


「Shattered」 THE CRANBERRIES

今日の1曲は、クランベリーズの「Shattered」です。




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Shattered」 The Rolling Stones

今日の1曲は、ローリング・ストーンズの「Shattered」です。




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「EAZY SLEAZY」Mick Jagger with Dave Grohl

今日の1曲は、ミック・ジャガーとデイヴ・グロールの「EAZY SLEAZY」です。
昨日の「ワールド・ロック・ナウ」で、この曲を海外在住の女性が紹介していました。
その女性は「歌詞にビル・ゲイツのワクチン陰謀説が触れられており、そのようなことを信じている人間を陰謀論者としてミックはバカにしているんだ」と語っていました。

私はストーンズのファンですが、これを聴いてミックがメチャ嫌いになりました。
本当にミックはそんなヤバイことを歌っているのかと思い、調べました。
そして、その歌詞を訳してみました。



Shooting the vaccine

ワクチンを打って

Bill Gates is in my bloodstream

ビル・ゲイツが俺の血流に

It's mind control

それはマインドコントロールだ

The earth is flat and cold

地球はフラットで冷たいものだ

It's never warming up

決して温暖化にはならない

The arctic's turned to slush

北極は氷が解けだしている

The second coming's late

キリストの再臨は遅れている

And there's aliens in the deep state

ディープ・ステートには宇宙人がいるんだぜ





確かにビル・ゲイツのワクチンに触れていますが、肯定も否定もしていません。
同じく地球温暖化についても、否定説と肯定説の両方を語っています。

ミックは「ワクチンは毒だ!」と歌ってはいませんが、ワクチン陰謀論を語る私のような人間を決してバカにしたりしていないのです。「地球はフラットで冷たいものだ」や「ディープ・ステートに宇宙人がいる」という歌詞については、「そんなわけねーだろ」という皮肉が込められている可能性は十分ありますが。

番組における海外在住の女性の紹介は、明らかな間違いでした。

ミックはコロナ詐欺や新コロワクチン詐欺について十分理解しているでしょう。
ただ音楽業界は「彼ら」の支配下であり、自分自身がそこに関わっている人間だから、「これは詐欺だぞ!」と歌う勇気はないのでしょう。
かといって、ワクチン陰謀論を語る私のような人間をバカにするような卑劣なことはしないでしょう。
そんなことをしたら、ミックは世界中で相当数に拡大している”覚醒したファン”を失うことになるのですから。
いくらストーンズやミックのファンであっても、ミックがこのようなことを話したり歌ったりしたら、”覚醒したファン”がミックを許すことはないでしょう。

「結局、お前も悪魔の手先に過ぎなかったんだな!」
「確かにお前が「悪魔にシンパシーを感じている」ことがよく分かったよ(Sympathy For The Devil)!」
「お前は最低の偽物商売ロッカーだぜ!」と。

最後に、ミックはポール・マッカートニー替え玉説にもちらっと触れているようですナ。



You gotta pay Peter if you're robbing Paul

ポールを盗むなら ピーターに払わないといけないぞ




ピーターは誰を意味しているのでしょう?
この歌詞がビートルズを指しているのは、最後の歌詞から明らかです。



Easy, cheesy, everybody sing "Please Please Me"

簡単で安っぽい、みんなで歌えよ「プリーズ・プリーズ・ミー」と








ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村













「Me Esta Matando」Flaco Jimenez

今日の1曲は、フラコ・ヒメネスの「Me Esta Matando」です。








ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Living Through Another Cuba」XTC

今日の1曲は、XTCの「Living Through Another Cuba」です。




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Waiting For Another Day」Cloudberry Jam

今日の1曲は、クラウドベリー・ ジャムの「Waiting For Another Day」です。




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「The Stranger」Billy Joel

今日の1曲は、ビリー・ジョエルの「The Stranger」です。




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

731部隊の金子軍医は戦後、武田薬品の山口県光工場に勤務し、ワクチン製造などにかかわりました。

「731部隊、原発、モンサント、薬害エイズ、子宮頸がんワクチン詐欺、新コロワクチン詐欺~すべてが繋がっているわけですね」


今回は、前回の続編である。
はい、731部隊と現代の闇の繋がりをもう少し追ってみます。
この闇に武田薬品も関係していたようである。


(山崎ジャーナル!海外発信する国際戦略室)さん

http://enzai.9-11.jp/?p=6286
豚インフルエンザ・・・米軍による、市民に対するウィルス兵器の強制的人体実験の歴史
オルタナティブ通信
2009年05月27日
http://alternativereport1.seesaa.net/article/120286342.html
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【引用開始】
1、第二次世界大戦中、日本は中国大陸に侵略を行い、黒竜江省のハルビンに生物化学兵器(以下BC兵器)研究所を作った。悪名高い石井四郎、内藤良一を中心とした陸軍731部隊は、中国人3000名に対しコレラ等を「強制的に注射し」、過酷な人体実験を行った。
しかし、軍人にバイオテクノロジーの知識があるばずもなく、実際には日本国内から派遣された科学者が人体実験を行った。その科学者の大部分は日本の代表的薬品メーカー武田製薬の研究者であり、731部隊の実態は武田製薬満州支部であった。
2. 過酷な人体実験のデータは戦後、米軍を通じ、武田製薬の事業提携先の米国モンサント社に手渡された。モンサント社の親会社は、ブッシュ前大統領一族の経営する銀行ブラウン・ハリマンであり、モンサントの子会社はブッシュの国防長官ラムズフェルドの経営するギリアド・サイエンス社である。
3. モンサントは731部隊の研究成果を生かし、ベトナム戦争で使われた枯れ葉剤等を開発した。農産物を全滅させる目的で使用された枯れ葉剤の中身は、強烈な発癌物質ダイオキシンである。
ベトナムでは現在も、枯れ葉剤の影響で、多くの奇形児が生まれている。
4. 米国は現在、人類を数百回、全滅させる事が出来る核兵器を持っているが、その核兵器の起爆装置の70%は、モンサントが製造している。モンサントは核兵器のメーカーでもある。
5. 731部隊の指導者、内藤良一は過酷な人体実験の「成果」を使用し、戦後、製薬企業ミドリ十字を創立する。ミドリ十字は、汚染された血液製剤を平然と販売し、薬害エイズ事件を起こした。
ミドリ十字の実態が731部隊であれば、事件は当然とも言える。

【引用終了】
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【9/10追記】
武田薬品が、核ビジネス・モンサントとつながっているとすれば、下記、記事の武田薬品社長の発言も、同感はしないが、理解しうる。
人の命や健康に無頓着な者たち(グローバル企業の経済至上主義者たち)にとって、薬害も原発事故・放射能被害も、ひとごとである。
---------------
ブログ:世に噛む日々
「原発は50年先に必ず貢献」 (武田薬品社長)だと!タケダの薬の不買運動を起こそう!
http://eiji008.blog19.fc2.com/blog-entry-631.html
より
【引用開始】
「原発は50年先に必ず貢献」 経済同友会代表幹事
2011.9.5 15:18
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110905/biz11090515210008-n1.htm
経済同友会の長谷川閑史代表幹事(武田薬品工業社長)は5日、都内で講演し(略)「日米仏の原発先進国は協力を推進すべきだ」と強調。そのうえで2050年に世界の人口が93億人に達すると言及、「技術移転などで人口増の対応に貢献するのは先進技術国の義務だ。原発は必ず50年先の世界のエネルギー需要に貢献できる」と展望した。国内のエネルギー政策では「国際機関が安全性チェックをしたうえで、定期点検中の原発の再稼働が必要だ」と強調。点検停止に伴う電力不足に備え、「武田はNAS電池関連などで50億円近い投資を決定した」と述べ、「電力供給の不安定さが企業にどれだけの負担をかけているか、政府はよく考えてもらいたい」と苦言を呈した。

原子力には、命を損耗する力があり、生物の存在とは相容れないエネルギーだ。ヒロシマ、ナガサキ、チェルノブイリ、フクシマがそれを実証している。いったい、どれだけの被爆者が増えたら、この者どもは自分の考え違いを悟るのだろうか。人の命や健康に無頓着な者が製造する薬品とはどんなものか。僕は絶対にそのような薬は服まないし、人にも勧めない。どころか、不買運動さえ、起こしたくなってくる衝動を抑えきれないでいる。
【引用終了】





https://www.medical-confidential.com/2013/08/01/post-5760/
武田薬品工業社長・長谷川閑史。3期連続で減益を達成した辣腕経営者としてその名を知らぬ者はいない。2013年3月期決算では本業の儲けを示す連結営業利益は前期比54%減の1225億円となった。約1000億円も儲けを減らした長谷川はどんな経営責任を取ったのだろうか。3億500万円(11年度)もの年俸をせしめ、経済同友会幹事として「政治ごっこ」に興じる日々。武田の鷹揚な社風には誰しも憧憬の念を禁じ得ない。
 7月には経済同友会幹事として廃炉に向けた作業が続く東京電力の福島第1原子力発電所を視察。
 「逆風の中で、多くの方が使命感で取り組んでいるのは日本の強み。経済再生やエネルギーの安定供給には、原発がどうしても必要だ
 と発言している。「2010年問題」を見越して国内拠点の統廃合を実施した結果、誕生した「湘南研究所」。安定した運営のためには電力が欠かせない。武田が東日本大震災発生時に相当神経質になっていたことについては内部告発の声も届いている。正直さは経営者の美徳なのか。
 武田といえば、「731部隊」との関係でも知られている。731部隊は第二次世界大戦中、旧陸軍に設置された研究機関の一つだ。正式名称は関東軍防疫給水部本部。防疫活動や人体実験、生物兵器の開発や実験的使用を任務としていた。
 海拉爾支部の支部長である安東洪次は戦後、武田で顧問を務めている。部隊には3000人ほどの医師が加わっていた。研究者の大半は武田からの出向組。人体実験のデータは戦後、米軍を通じ、武田製薬の事業提携先の米国モンサント社に手渡されている。モンサント社は研究成果を基にベトナム戦争で使用された枯葉剤などを開発した。武田が戦前戦後に覚醒剤(メタンフェタミン)を販売していた事実も記憶しておく必要がある。






http://www.anti731saikinsen.net/nicchu/bunken/kanekokaisetu.html
細菌戦の新発見資料について

 1937年の日中戦争勃発以降45年の敗戦まで、関東軍防疫給水部、通称731部隊が、中国東北=満洲のハルビン郊外の平房に建設され、少なくとも3000人の中国人などを人体実験の対象として細菌兵器を開発し製造したことは周知のことと思います。日本軍は、731部隊で製造された細菌、とくにペストに感染させたノミを、実際に1940年から中国十数地域で地上で撒いたり、飛行機から散布したりした結果、多数のペスト患者の犠牲者を生み出しました。これまで、1940年10月に浙江省の寧波や衢州(衢県)にペスト感染ノミを投下したこと、翌41年11月に湖南省の常徳に投下したこと、さらに42年の浙かん作戦のとき地上で散布したことなどが、日本軍の作戦日誌やハバロフスク裁判公判書類や中国側の防疫資料によってある程度判明しておりました。戦後補償裁判でも、原告敗訴にはなりましたが、731部隊における人体実験も、細菌戦による各地の犠牲も事実認定されました。だが、細菌兵器の使用を禁止した1925年のジュネーヴ議定書に違反しているにもかかわらず、日本政府は「証拠がない」として細菌を散布した事実を現在にいたっても認めていません。このたび発見された報告書は731部隊の所属する医者が作成したものであり、日本軍が中国で実際に細菌兵器を使用したことを示す確固たる証拠であるという点で、極めて重要な意義をもっています。

 この研究報告書は、国立国会図書館関西部にある約50万点の博士論文のなかから奈須重雄氏が見つけたもので、731部隊所属の金子順一軍医が1949年に東京大学に医学博士号取得のために提出した論文集です。これは1940~44年に「陸軍軍医学校防疫研究報告」として発表した論文8点をたばねて論文集としていたものですが、8点とも印刷物で、表紙には石井史料部隊長の名前も併記されています。そのなかの「PXノ効果略算法」と題された1943年12月の論文は、(PXとはペスト感染ノミのことです)太平洋や東南アジアでペスト菌を撒くことを想定し、地域や季節による効果を試算した研究ですが、試算の根拠は中国での実際にペスト感染ノミを投下した6つのケースの実戦データです。まず、1940年6月4日に農安(吉林省)でノミ5グラムをまき、1次感染8人、2次感染607人の患者発生に始まり、同年10月27日には寧波で2キロ軍機から投下し、1次・2次感染合計1554人、41年11月4日には常徳に1.6キロ投下し、2810人を感染させたなどと紹介し、6つケースの細菌戦では感染者は計2万5946人に上っています。投下した年月日はこれまで判明していたものと一致しています。

 これまでは1940年の農安のペスト患者は自然発生によるものと思われてきましたが、これが731部隊による細菌散布であったこともはじめて判明しました。農安から60キロ離れた当時の満州国の首都・新京(現在の長春)でも1940年にペストが大流行し、平房の731部隊本部から防疫隊が新京 ・農安にやってきたのですが、別の731部隊の平沢正欣軍医の博士論文により、この新京のペストが農安の富豪が持ち込んだ犬に付着していたイヌのみを媒介として犬猫病院〔最初の患者が出た犬猫病院で長春駅近くの三角地帯にある)から発生したわかりました。この論文は平沢軍医が1945年に京都大学から医学博士号を得た論文集のなかにあるもので、ここでも石井四郎部隊長との連名の論文があります。40年秋の新京ペストでは28人が感染・死亡し、このうち日本人13人が感染死亡していますが、農安への細菌兵器による攻撃が新京に飛び火し、日本人の一般市民まで犠牲が及んでいたことになります。平沢軍医は敗戦直前死亡しましたが、金子軍医は戦後、武田薬品の山口県光工場に勤務し、ワクチン製造などにかかわりました。

 2人の軍医将校の博士論文集には「陸軍軍医学校防疫研究報告第1部」が11点含まれています。同報告には2種類あり、「第2部」は米国で800点ほど確認されていました(日本で復刻されています)が、表紙に「軍事秘密」と記されている「第1部」は発見例がほとんどありませんでした。






金子順一は、「ペストノミを撒いた」という論文を発表しているようです。

http://yu77799.g1.xrea.com/731/saikinsen.html
金子順一は、1936年東京帝大医学部卒後、1937年7月に731部隊に参加しました。その後帰国し、「石井機関」の中核である「軍医学校防疫研究室」を、内藤良夫とともに取り仕切っていた、と伝えられます。(松村高夫『旧日本軍による細菌戦攻撃の事実』=『月刊保団連』2012年8月号P10、常石敬一『医学者たちの組織犯罪』朝日文庫版P41)

 金子は「731部隊」を中核とする「石井機関」の中心幹部の一人、と言ってもいいでしょう。「細菌戦」についてもかなりの関わりを持っていた様子で、「フェル・レポート」尋問調書にも、「生物戦について最も良く知っているのは増田、金子、そして内藤である」(亀井貫一郎の発言)の一文を見ることができます。

 2011年夏、奈須重雄氏(NPO法人731部隊細菌戦資料センター)が、国会図書館関西部で、『金子順一論文集』を発見しました。この論文は、国家機関である「陸軍軍医学校防疫研究所」の「研究報告」に掲載されたいわば「公的文書」であり、資料としては「超一級」と言ってもいいほどの重要論文です。戦後金子の復員後、東京帝大に学位請求論文としても提出されました。

 その中でも注目を集めたのが、『Pxの効果略算法』と題する論文です。どこにいくらペストノミを撒いたら、何人の感染死者が発生した、という、何とも凄まじい内容です。(ネットでは、こちらで全文を読むことができます)




金子順一が武田薬品に在籍していたことは、こちらで分かります。


https://ci.nii.ac.jp/naid/40018658026/

https://ci.nii.ac.jp/nrid/9000005776208

https://www.jstage.jst.go.jp/article/expanim1957/6/2/6_2_36/_article/-char/ja/




武田薬品の社長がグラクソから来たというのも、「偶然」ではないようですね。


http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-179.html
保健室の先生に殺される!
「国際製薬会社が企む悪魔の人口削減計画、誰か製薬会社を制約してくれ!」





武田薬品の役員リストです。この会社、日本の会社ではないようですね。

https://www.takeda.com/jp/who-we-are/company-information/executive-leadership/



このように少し調べてみると、日本の近代史の真実が見えてきますね。
少なくとも731部隊が創設された時点で、この国が外国勢力の意図で動かされていたことが分かりますよね。
これでも分からない方は、本当に脳に皺がないんでしょうね(笑)
そのような方は、当「コロナ脳治療専門外来」でも治療の施しようがありません(爆)

731部隊、原発、モンサント、薬害エイズ、子宮頸がんワクチン詐欺、新コロワクチン詐欺~すべてが繋がっているわけですね。

モンサントと繋がっているから、新コロワクチンにも遺伝子組み換え物質が入れられているわけですね。
新コロワクチン詐欺は、アストラゼネカやファイザーらの新コロワクチン会社が単独で行っているのではありませんよ。
ここに出てきたような企業や個人が、国を飛び越えて、各国政府や各国メディア等と「協力」しながら行っているんですよ。
そしてこの悪魔どもは、731部隊を支配していた勢力と同じ勢力なんですよ。

「731部隊が行った人体実験と「同じこと」をその末裔が現在行っている」ということ、「それは新コロワクチンによる人体実験である」ということを、正しく理解してください。

こういった「悪魔の繋がり」が存在していることを、「悪魔の繋がり」の「最底辺の手下」である「テレビに出ている偽専門家」が語らないことは、言うまでもありません。




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Big Boys」Elvis Costello

今日の1曲は、エルビス・コステロの「Big Boys」です。




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Sunrise」 Norah Jones

今日の1曲は、ノラ・ジョーンズの「Sunrise」です。




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村


「Cosmic Fringes」 Paul Weller

今日の1曲は、ポール・ウェラーの「Cosmic Fringes」です。







ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Celebration」 Kool & The Gang

今日の1曲は、「Celebration」です。
コーランにアダムの誕生を祝う言葉が記されているらしく、 そのことをきっかけにこの曲を書いたそうです。



世界中の子供たちが歌っているヴァージョンです。




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「安里屋ユンタ」夏川りみ 

「日本全国北から南へズズーと縦断、ご当地ソング特集」も、今日で最終回となりました。
4週にわたって続けた特集は、今までで例がありません。
この特集をやって分かったことは、「有名なご当地ソング」がある土地とない土地があることです。
その関係でご紹介できなかった土地が多々あったことは私の責任ではありませんので、ご容赦くださいませ(笑)
最近になって当ブログにご訪問いただくようになった方に「この人は歌謡曲と演歌が好きなようだね」と誤解されているかもしれないことを危惧しています(爆)
最終回を飾るのは、「安里屋ユンタ」です。夏川りみのヴァージョンでお届けします。
 




「安里屋ユンタ」は、ウィキで以下のように紹介されています。



「安里屋ユンタ」(あさとやユンタ)は、沖縄県の八重山諸島の竹富島に伝わる古謡。

これを元歌に、三線で節をつけたのが「安里屋節」(あさどやぶし)である。

さらに1934年に星克作詞、宮良長包作曲により標準語でレコード化された「安里屋ユンタ」(あさどやユンタ)があり、古謡と区別して「新安里屋ユンタ」ともいう。日本全国に広く知られているのは、この3番目の「安里屋ユンタ」であり、これを元歌に鹿児島県の奄美群島で「奄美チンダラ節」が歌われるなど、替え歌も作られている。

ユンタは労働歌の一種であり、田植え歌として歌われた。楽器は使わず、男女掛け合いで歌うことが多く、掛け合いが重なる部分では二部のコーラスに聞こえる。また、力を入れる時のタイミングを合わせるために力強い囃しが入る。

「安里屋ユンタ」は、琉球王国時代の竹富島に実在した絶世の美女・安里屋クヤマ(1722年 - 1799年)と、王府より八重山に派遣され、クヤマに一目惚れした目差主(みざししゅ。下級役人)のやり取りを面白おかしく描いている。

ヒヤ 安里屋ぬクヤマにヨー サーユイユイ 目差主ぬ 乞ゆたらヨー ハーリヌ チンダラチンダラヨー マタ ハーリヌ チンダラチンダラヨー
— 竹富町民謡工工四

八重山では、1637年から琉球王国が苛酷な人頭税の取り立てを行っており、庶民が役人に逆らうことは普通では考えられなかった。そんな中で目差主の求婚を撥ね付けるクヤマの気丈さは八重山の庶民の間で反骨精神の象徴として語り継がれ、結の田植歌と結び付いて19世紀初頭までに「安里屋ユンタ」となったと考えられている。

歌詞は23番まで続き、4番以降ではクヤマに振られた目差主が「ならばお前より美しい娘を見つけて嫁にする」と言ってクヤマと別れ、イスケマという娘を娶って郷里に連れて帰る過程を描いているが、一般に歌われるのは6番までのことが多い。

なお、安里屋ユンタの本家である竹富島では、安里屋ユンタは「あさとやユンタ」と云い、濁音の「ど」ではない。これは、クヤマの生家である安里家の屋号がアサッティヤと呼ばれているためである。




一般的に知られているのは「新安里屋ユンタ」であり、歌詞の内容も変えられているようですね。
元の歌詞は、「権力者の横暴に立ち向かった女性のことを歌った歌」だったようですね。
コロナ詐欺・新コロワクチン詐欺をしている悪魔どもに立ち向かうには、ピッタリの曲かもしれませんね。
元歌の方もアップしておきます。




「安里屋ユンタ」のルーツを探る動画をアップしておきます。





ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村


「長崎の鐘」藤山一郎

「日本全国北から南へズズーと縦断、ご当地ソング特集」第19回は、藤山一郎の「長崎の鐘」です。
永井隆が執筆した随筆をモチーフとして1949年に発表されました。
サトウハチロー作詞・古関裕而作曲です。
添乗員の仕事で長崎には何度も行きましたが、バスガイドが永井先生の話をした後にこの曲を歌うのが定番でしたね。





ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村


「現在行われているコロナ詐欺・新コロワクチン詐欺は、731部隊の末裔が行っている「現代版人体実験」なのです!」byソウルマン

「嘘八百の新型コロナウイルス詐欺に騙されるな!74」


まずは、懐かしいアナーキーの「ヒーロー」を↓


ヒーローなんてどこにもいやしないぜ 早く気がつけよ
ヒーローが何かやってくれるなんてバカなことさ 早く気がつけよ

本当にその通りである。
コロナ詐欺、ワクチン詐欺、まん延防止法詐欺が「蔓延」している現在、「仮面ライダーのようなヒーローが出てきて人類絶滅を企むショッカー以上に極悪な悪魔勢力を倒してくれないかな」などと思ったりもしますが、そんなヒーローは存在していません。
自分たちが知識武装して、行動して、闘うしかないのです。
闘う以前に、いまだに社会がおかしくなっていることにさえ気づいていない人が多すぎます。

本当に「早く気がつけよ」ということなのです。

「悪魔のシナリオに気づかずに、政府やメディアに言われるままに新コロワクチンを打ってしまったら、殺されてしまうか、遺伝子組み換えされた別の生命体にさせられてしまいまっせ」ちゅーことなのです。

今日は、悪魔勢力の正体を探ってみようと思います。
敵が何者なのかが分かっていなければ、闘う前に負けてしまいますので。
敵の正体を理解するには、過去の歴史を正しく理解する必要があるようです。
まずは、この記事を。



https://news.yahoo.co.jp/articles/0106fc408accc970f024a709562efba41d94d200
国立感染症研究所“緊急事態”中に21人が送別会
4/9(金)

国立感染症研究所の職員など21人が3月の緊急事態宣言中に飲食を伴う送別会を開いていたことが分かり、田村厚生労働大臣は「厳しく注意した」と話しました。  田村厚労大臣:「お酒が出ていたということで、国民の皆様からみれば疑念を抱かれることですから、厚生労働省の方から厳しく注意させて頂いた」  感染研によりますと、送別会は先月18日に研究所の食堂で開かれ、医師を含む管理職や研修生など21人が参加しました。  送別会は午後6時から約1時間で、あいさつの時間などを除く15分程度、酒を含む飲食をしたということです。  参加者はマスクを着けるなどの感染対策をしていました。  感染研は「国民に負担をかけているなか、誤解を与える行為だった」としています。





「国立感染症研究所の職員が送別会をしていた」というどーでもいい記事なのですが、このニュースがさも大問題であるかのように報じられたのは「偶然」でしょうか?
私は、これもコロナ詐欺のシナリオの一環であると判断しています。
コロナ詐欺の中核組織である国立感染症研究所が自ら送別会をしたことで叩かれることで、「先頭に立ってコロナ対策を行わなければならないはずの国立感染症研究所の職員は何をやっているんだ!」「でも国立感染症研究所でさえ叩かれるのだから、我々も宴会などしてはいけないな」「政府が言うように夜の会食を避け、3密を避け、マスクをしてコロナ対策をしないといけないな」と、“自分の頭でものを考えないコロナ脳の方”はこのニュースを見て“そのまんま”信じ込んでしまうのです。

すべてがシナリオであることなど全く気づかずに。

国立感染症研究所とは一体何者なのでしょうか?




(アトピー研究所アトポス)さん(大摩邇(おおまに)さん経由)
http://www.atoppos.co.jp/html/34topic.html
製薬業界政治連盟は、製薬企業70社からなる団体で、あらゆる政党の元職・現職・候補者を問わず、政界に幅広く資金を提供し、政策の方向性に大きな影響を与えます。製薬業界がいかに政界の中で、力を持っているかわかっていただけるでしょう。製薬業界の力は、政界の中だけにとどまりません。メディアに対しても大きな力を持っています。
大手製薬会社は、人気番組をはじめとする多くのテレビ番組のスポンサーであるばかりか、ほとんどのニュース番組のスポンサーです。民放テレビ局は、スポンサーからの広告収入で成り立っているため、どうしてもスポンサーの意図をくんだ番組構成にならざるを得ません。それは、たとえ真実を告げる役割を担ったニュース番組といえども決して例外ではないのです。こうして、テレビ局は、製薬業界の有利に働くようなニュースをことさら取り上げて報道することになります。
製薬業界から莫大な資金の提供を受けている政界やメディアは、新型インフルエンザのパンデミックを事実より、かなり大げさに報道している傾向があります。厚労省は、そのホームページの資料「 インフルエンザワクチン・季節性インフルエンザと新型インフルエンザ」の中で、 「 新型インフルエンザウイルス(H1N1)は、弱毒性であり、致死性は低い」また「ワクチンでウイルス感染そのものは抑えない」としながらも、テレビや新聞では「重症化すると危険である」「感染拡大対策にワクチンが必要だ」という側面を強調しています。 またその死亡者数においてもことさら、恐怖をあおるための細工がなされています。新型ウイルスによる死亡でなくても、その可能性があれば新型ウイルス検査の結果が陰性のものまで全て、新型インフルエンザの死亡者としてカウントし、ニュースに流しているのです。次にその一例をお見せします。 これは、厚生省からマスコミ各社に向けた報告書です。
ここに記載されている男性は、新型インフルエンザの感染の疑いがもたれた後に亡くなりました。一度、A型インフルエンザウイルスの陽性と出たため、新型インフルエンザに感染したと診断され、全国のマスコミに通知が行き渡りました。 しかし、その後の新型ウイルスの感染検査では、陰性でした。 再度、検査を行っても新型ウイルス感染の反応は陰性でした。初めの検査で、A型ウイルス反応に陽性と出て、次の2回の新型ウイルス検査で陰性ですから、この方は通常のA型・季節性インフルエンザに感染したとみるのが妥当ではないでしょうか。しかし、これでも「新型インフルエンザへの感染が否定されたわけではない」として、新型ウイルス感染の死亡者として計数しているのです。
先程の例を含めて、新型インフルエンザについてのニュースは、すべてこの構図で流れてきます。マスメディアは、WHO(世界保健機関)や国立感染症研究所の情報がどんなものであれ、受け取ったらそのままテレビや新聞で流します。その結果、先程のような、「あれ、よく考えたらおかしいぞ、、、。」という情報までもが全く吟味されずに全国に流され、それが私たちの中で「既成事実」とされているのです。ここに私たちが全く知らない構図があります。これは、戦後の日本の医療・製薬業界がどのようにして成り立っているかを理解するために大変重要な一枚です。 私たちが、普段受け取っている新型インフルエンザなどの感染症対策についてのニュースを流している大元は、国立感染症研究所です。次に病気に対する薬やワクチンのすべてを供給している大手製薬会社。さらには、過去に薬害エイズ・薬害肝炎で多数の被害者を出した悪名高い旧ミドリ十字。実は、この3つの組織をひとつに結ぶものがあります。それが、細菌戦部隊731部隊です。
731部隊は、日中戦争から太平洋戦争(大東亜戦争)中の旧日本軍の生物化学兵器戦研究機関の下部組織です。 終戦後、米軍との取引により、731部隊関係者は研究成果を引き渡す事を交換条件に戦争犯罪に問われることなく、日本の戦後医学界の中枢を構成しました。そのほとんどが、 厚生省・大学・製薬会社・大病院などの幹部におさまり、製薬・医療業界を支配し続けてきました。
731部隊の研究者は、戦後に大手製薬会社の幹部であったり、米軍命令で設立された国立予防衛生研究所(現・国立感染症研究所)の所長であったり、ミドリ十字の設立者になっています。 戦時中の731部隊の活動内容については、いまだにその詳細については明確になっておらず、議論が交わされるところですが、戦後に彼らの行った数々の人体実験や薬害事件については、明らかになっています。その中の例をあげると、
1947年・大阪府中刑務所におけるチフス人体実験。
1952年・大腸菌を乳児に飲ませた名古屋市立乳児院事件。一人死亡。
1956年・新潟精神病院ツツガムシ病人体実験。8人死亡。9人重傷。アメリカに存在しないツツガムシの危険性データを求める米軍命令で実施。
1967年・ミドリ十字・赤痢予防薬の人体実験・陸上自衛隊員を対象。577人が急性食中毒。
1970年代薬害エイズ・薬害肝炎、アメリカの製薬会社(バクスター社・バイエル社など)がエイズウイルス混入を知りながら輸出、国立感染症研究所が検査、厚労省が認可。ミドリ十字が販売。薬害エイズ患者629名が死亡。
1993年・大阪大学微生物病研究所のMMRワクチン(はしか、おたふく、風疹三種混合ワクチン)で幼児2人死亡。
このように彼らは、研究目的のため、ときには米軍とも協力をして、戦後も「一部の国民」を対象に人体実験を行ってきたことがわかります。戦後の日本の医療・製薬業界が、このような歴史を持つものであることを私たちは、しっかりと認識しておく必要があるのではないでしょうか。
ですから、今回のように弱毒性であることが判明している疾病に対して、充分な臨床試験をしていないワクチンを、「緊急事態」「非常事態」であるとして接種を急ぐ政策の裏側には、国家がワクチンを「ある特定の国民」を対象に人体実験として使用している可能性があることが、過去の例からも充分に推測できるわけです。





この記事は今のコロナ詐欺のことを言及しているのではなく、インフルエンザワクチン詐欺が「流行」していた当時の記事のようです。
現在起こされているコロナ詐欺の構造と全く同じようですね。
「製薬会社と政府とメディアが一体になって国民を騙している」という構造ですね。
「彼ら」は昔から「同じ方法」で詐欺を行っているのです。
国立感染症研究所の職員が送別会をしていたというどーでもいいことをメディアが大問題であるかのように報じたのが詐欺の一環であることをご理解いただいたけましたでしょうか。
国立感染症研究所の元組織は731部隊だったようですね。
このことは以前も触れましたが
731部隊は、戦後も人体実験を続けました。
そして今も、人体実験は続けられています。
はい、現在進行中のコロナ詐欺という名の人体実験です。
731部隊が国立感染症研究所に名前を変えて実験しているのです。
次に、この記事を紹介します。



https://bunshun.jp/articles/-/37277?page=2
コロナ禍で浮かび上がる感染研、永寿病院と「七三一部隊」の数奇な縁
戦後も「元七三一部隊員」のネットワークが形成されていた

小池 新
2020/04/17

人体実験で殺害された数は2000人とも3000人とも
 最近、「感染研のルーツは七三一部隊」とする情報がネット上で流れている。それは正確ではないが、戦前・戦中の伝研が「七三一」と深いつながりがあったのは事実だ。
細菌戦研究の第一人者である常石敬一・神奈川大名誉教授の著書「七三一部隊」(講談社現代新書、1995年)によれば、七三一とは1936年から敗戦の1945年まで、中国のハルビン近郊の平房に存在した関東軍防疫給水部の本部(通称「満州第七三一部隊」)のこと。陸軍軍医学校防疫研究室(防研)が母体となって作られ、創設者で長く部隊長を務めた石井四郎・軍医中将の名前から「石井部隊」とも呼ばれた。
 隊員数は3000人弱でペスト、チフス、炭疽菌などの細菌兵器を研究、開発。約10年間に2000人とも3000人ともいわれる人を人体実験によって殺害したとされる
一方で、石井の名を冠した浄水機「石井式濾水機」を開発。特許を得て1933年から陸軍で使用され、前線で成果を挙げたという。常石氏によれば、1934年から6年間、伝研所長を務めた宮川米次・東京帝大教授ら3人が防研の嘱託となって石井部隊長を支えていた。戦後の予研初代所長・小林六造慶応大教授も防研の嘱託だった。吉永春子「七三一」によれば、逆に石井の後任の2代目隊長・北野政次軍医中将は伝研の研究生だったことがあるという。
「七三一のDNA」は公衆衛生や細菌・ウイルス研究へ広がった
 敗戦直後、七三一部隊は解散。部隊員はひそかに帰国し、公衆衛生関係を中心にさまざまな職に就いた。1979年に出版された「資料 細菌戦」(「日韓関係を記録する会」編)の巻末には、七三一部隊の戦友会の1つ「精魂会」の名簿が載っている。その中には「国立予防(衛生)研究所」所属となっている元部隊員が少なくとも2人。ほかに中央官庁や国公立・私立大学から公立・私立病院、東京都立衛生研究所、北里研究所、自衛隊衛生学校、国立療養所、薬品会社などの記載もある。
 部隊は当時の優秀な医学者や研究者を集めており、元七三一部隊員が戦後も、かつての仕事と関連した道を歩んでネットワークを形成。「七三一のDNA」が戦後の公衆衛生や細菌・ウイルス研究などの分野に広がっていたことが分かる。
その中で気になるのは、元部員の所属先として「永寿病院」という名前があること。名簿では、元七三一部隊大連衛生研究所航空二課所属の倉内喜久雄院長と主事、技術員の3人が所属している。今回の新型コロナウイルスで院内感染が発生。患者、医師ら160人以上が感染し、入院患者24人が死亡した現・永寿総合病院(東京都台東区)のことだ。
 同病院ホームページの「沿革」によると、1953年に「社団法人ライフ・エクステンション倶楽部」として認可され、倉内氏が会長に。1956年、東京都台東区元浅草に「ライフ・エクステンション研究所」付属の永寿病院として開院。倉内氏は創立者で初代院長。1965年、総合病院として認可され、永寿総合病院となった。
 要するに、「コロナ禍」で登場する研究所と病院のいずれもが、かつて七三一と深く関係した組織だったということだ。

戦後75年たったいまも……
 これについて常石氏は「単なる偶然だと思う」と言う。「当時ウイルスは培養が難しく、七三一はほとんど手掛けていない。七三一の技術はそこまで達していなかった」。
 わずかな例外が、北野による流行性出血熱で、日中戦争中に中国・孫呉で集団発生。「孫呉熱」と呼ばれ、日本軍のウイルス使用が疑われた。研究成果は戦後、七三一の戦争責任を免責した米軍によってひそかに独占され、朝鮮戦争で実戦使用されたともいわれる。石井ら七三一幹部は東京裁判でも訴追を免れた。
「ただ、それだけ石井が作った細菌研究などのネットワークが巨大だったことの表れだろう」と常石氏は話す。七三一の生体実験には戦後、東大や京大で教授などの要職に就いた人たちも関与したとされる。戦後75年たったいまも、細菌やウイルス、ワクチンなどの分野で何かがあれば、「七三一の亡霊」にぶつかるということだ。






永寿病院は、コロナの院内感染が出たことを書籍にしているようです。
それも漫画付きで、分かりやすく。
まるでコロナの院内感染が出たことを世間に宣伝したいかのようです。
“普通の病院”なら、このような事件は病院のマイナスイメージに繋がると考え、世間に公表することをためらいそうなものだと思うのですが。


http://www.eijuhp.com/eiju-nurse/n_news/20210329.html
「永寿総合病院看護部が書いた新型コロナウィルス感染症アウトブレイクの」が、3月29日に発売されました





731部隊と関連がある永寿病院でコロナの院内感染が出たことは、私は「偶然」だとは思いません。
この病院がコロナの院内感染が出たことを書籍にしたことを含めて、すべてがシナリオであると感じています。
何が理由かは分かりますよね?

「院内感染が発生するほどコロナは恐ろしいウイルスなのだ」「政府の言うとおりにコロナ対策を行わないと大変な事態になるぞ」「ワクチンができたらコロナも収束するだろう」と思わせるためですよ。
はい、存在さえしていないウイルスを恐れさせるためですよ。

これらの過去及び現在の記事から何が分かるでしょう?
分かりますよね。

「現在行われているコロナ詐欺は731部隊がやったことと「同じこと」を現在やっている人体実験だ」ということです。
「コロナ詐欺の首謀者は731部隊の首謀者と「同じ人脈」によって構成されている」ということです。
「あの戦時中の悪魔組織が名称を変え、“同じ悪事”を行っている」ということです。

ところで、731部隊は何故にあのような悪事を働いたのでしょう?
石井四郎の“個人的思考”が原因でしょうか?
そんなわけがありません。
石井四郎にあのような残虐行為をするように命じた人間がいたのでしょう。
それが誰だとは言いませんが、石井四郎よりはるかに上席の立場の人間から発せられていることは疑いようがありません。
731部隊が配置された場所から考えて、満州国で実権を握っていた人間と繋がりがあったことは、容易に推察できます。
はい、満州で麻薬ビジネスをやっていたあの連中です
何故にその人間は石井四郎にあのような残虐行為をするように命じたのでしょう?
それを理解するには、当時の日本がどういった勢力の配下であったかを理解する必要があります。
「満州国の支配者であった弐キ参スケのうちの3人が同じ地方の出身者であったのが何故なのか」を理解する必要があります。

さらには、明治維新を正しく理解する必要があります。
私はこれまで何度も書いてきましたが、明治維新は八百長でした。
幕府と維新側が「協力」して外国勢力に国を売り渡したのです。
明治以来、この国は外国勢力の支配下にあります。
勿論、現在も。
その後、外国勢力の支配下にあるこの国は、外国勢力に命じられるままに数々の戦争を行いました。
すべての戦争が八百長でした。
戦争が八百長であることは、同じくこれまで何度も証拠を例示して書いてきました。
この「真実」が理解できないとコロナ詐欺の本質も理解できませんので、「戦争」のカテゴリーの過去記事を熟読いただくことをお勧めします。
外国勢力の支配下にある日本が、外国勢力に命じられて戦争に参加し、中国で731部隊を配置し、中国人等を相手に人体実験を行いました。
「731部隊に人体実験を命じたのが誰なのか」は分かりますよね。
はい、外国勢力です。
日本を支配していた外国勢力です。
昔も今も支配している外国勢力です。
私は、この外国勢力を「彼ら」と呼んでいます。
そして予定通り戦争が終わり、731部隊の人間は東京裁判でも罰せられず、しっかりと生き続けました。
大病院、製薬会社、厚生労働省、国感染症研究所等に「再配置」されました。
この「事実」だけでも、あの戦争が八百長であったことが証明されていますよね。

本当にアメリカと日本が敵対しており、「偶然」発生した戦争であるならば、憎き敵国である日本の731部隊の人間を、“ただ自国の細菌兵器の研究に利用できる”というだけで、何の処罰もせずに、ぬくぬくと生き続けさせることを許すはずがないのです。

はい、戦前から「彼ら」は日本政府を通して731部隊を中国に配置するように命じていたのです。
自分たちが日本政府を通して作らせた731部隊を、自らの手で始末してしまうわけがないのです。
自ら作った北朝鮮やアルカイダやイスラム国を、自らの手で始末しないのと同じことなのです。
「彼ら」が生かし続けた731部隊の末裔は、現在別の目的で働いているのです。
はい、コロナ詐欺を利用したワクチンを使った人体実験を行うことで人口削減を成し遂げることです。
今度の犠牲者は、2000人から3000人なんてもんじゃありません。
人類そのものを消そうとしているのです。

次に、国立感染症研究所で人骨が発見されたという2019年のニュースを紹介します。



https://kakaku.com/tv/search/keyword=731%E9%83%A8%E9%9A%8A/
新宿で100体以上の謎の人骨が見つかった。国立感染症研究所で人骨が発見され、すぐそばに納骨施設がある。今から30年前の1989年7月、施設の建設工事中に土砂から100体以上の人骨が見つかった。新宿区は専門家に鑑定を依頼すると、人為的にドリルで開けた穴や銃で撃たれた痕があり、アジア系の人種のものであると結論づけた。実はこの場所は戦前細菌戦を研究したとされる旧日本軍731部隊と関連がある陸軍軍医学校があった場所。その後、国も調査に乗り出したが、今の所国籍の特定や731部隊との関連についてはっきりとしたことは分かっていない。この人骨問題の真相究明を求め活動する市民団体は昨日、実際に現地に訪問するイベントを開いて人骨が発見された場所や納骨施設などを巡り、ここでなにがあったのかを伝えている。人骨は現在厚労省が管理している。





コロナ詐欺をいまだに理解せず、理解しても「茶番」程度の認識しか持っていなかったら、近い将来発見される人骨は100体なんてもんじゃないでしょう。
生き残っても遺伝子組み換えされた別の生命体になってしまい、今の人類は「ホモサピエンスという生命体が存在していた」という「恐竜のような過去の遺物」になってしまうかもしれません。
そうならないためには、「誰か助けて!」とヒーローを待っているようではダメなんです。
自分自身が立ち上がり、政府やメディアに「詐欺をするな!」「国民を騙すんじゃない!」と声をあげ、連帯して立ち向かわなければ、人類の未来はないのです。
現在行われているコロナ詐欺・新コロワクチン詐欺は、731部隊の末裔が行っている「現代版人体実験」なのです!



ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「南国土佐を後にして」ペギー葉山

「日本全国北から南へズズーと縦断、ご当地ソング特集」第18回は、ペギー葉山の「南国土佐を後にして」です。




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「瀬戸の花嫁」小柳ルミ子

「日本全国北から南へズズーと縦断、ご当地ソング特集」第17回は、小柳ルミ子の「瀬戸の花嫁」です。




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「そして神戸」内山田洋とクールファイブ

「日本全国北から南へズズーと縦断、ご当地ソング特集」第16回は、内山田洋とクールファイブの「そして神戸」です。




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「I May Not Be What You Want」「What’s Your Name」Mel & Tim

今日は2曲。メル&ティムの「I May Not Be What You Want」「What’s Your Name」です。









ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村



「The Train」Ray Charles

今日の1曲は、レイ・チャールズの「The Train」です。




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村


「清田のどーでもいい不倫を叩く暇があるのなら、コロナ詐欺を利用して国民に“遺伝子組み換え物質入りの猛毒ワクチン”を”正しい情報を公開せずに”事実上強制しようとしている政治家・マスゴミ及び悪魔の手先どもを叩くべきじゃないでしょうか!」byソウルマン

「嘘八百の新型コロナウイルス詐欺に騙されるな!73」


今日は、いつもと違うことを書きます。マリーンズの記事に入れるかどうしようかと思ったんですが、やはりこのタイトルの記事に入れておきます。
まずは、この記事を。



https://news.yahoo.co.jp/articles/afffdd13e83f5af1670c81ee0fe4e1ff356c24e8
不倫騒動の楽天・則本「悪いことしたんかな」辰己の“イジり”に反響〈dot.〉
4/9(金)

8日の西武戦。試合後のヒーローインタビューで楽天・辰己涼介の発言に、メットライフドームがざわついた。3回に今井達也の直球を逆方向の左翼席に運ぶ3号ソロを放ち、1点差に迫られた7回も右中間に2点適時三塁打を放つなど勝利に貢献した。
その辰己が、ヒーローインタビューで、7回2失点の好投で2勝目を挙げた先発・則本昂大について中堅の守備位置からどう見えたか聞かれると、真顔でこう言った。 「そうですね、前回登板もそうですけど、なんか悪い事したんかなというぐらい気合入っていたので、野手が点を取ってあげて勝たせたいなと思いました」  笑い声と拍手が入り混じる雰囲気にも、辰己は表情一つ変えない。ファンにメッセージを求められると、声を張ることなく呼び掛けた。 「長時間寒い中ありがとうございます。西武ファンの方も楽天ファンの方も長い時間座っていたと思うので、帰った際にはストレッチをしてください。腰が固まったりすると思うので。僕もしっかりケアをして明日に臨みたいと思います」  楽天の球団OBは「この状況で則本をいじれるのは辰己ぐらいでしょう」と苦笑いを浮かべる。  言うまでもなく、辰己がイジったのは則本のグラウンド外の騒動だった。開幕して間もなく、「週刊ポスト」で離婚騒動が報じられた。則本は高校時代の1学年下の野球部マネージャーだった女性と13年オフに結婚。2人の子供が誕生したが、記事によると、昨年に女性と離婚して別の女性とその間に生まれた子供と一緒になる道を選んだという。  SNS上では辰己のヒーローインタビューが話題になった。「楽天ファンだけど、辰己はもうちょっと空気を読んだ方がいい。則本は救われるかもしれないけど、別れた奥さんと子供のことを考えないと」と批判的な指摘がある一方で、「則本、チーム、ファンのことを考えた辰己の愛情でしょう。腫れ物だった則本がいじられることで救われた部分もあると思う」、「空気を読めないという意見があるけど、空気を読んでこの発言をしたのだと思う。辰己はふざけて言ったわけではなく、チクリと言って則本に対する空気を変えたかったのだと思う」と擁護のコメントも多く見られた。




はい、どーでもいい記事である。
野球選手にはよくある不倫を後輩の野手が皮肉ったという「微笑ましい(?)記事」である(笑)
私が疑問に感じているのは、あの似たような野球選手の不倫事件との比較である。




https://news.yahoo.co.jp/articles/b20b06ceecd65d8952a614287abc42b14f4416a6
ロッテの主力・清田育宏 不倫相手との「札幌同伴遠征」
1/7(木)



あまりにレベルの低い記事なので、転載は割愛する(笑)
この事件によって清田が受けた処分は、以下の通りである。



https://www.marines.co.jp/news/detail/00006172.html
2021/01/15(金)
球団処分について

当球団所属の清田育宏選手をめぐる一連の報道を受け、球団内で事実関係を確認した結果、同選手が昨年の札幌遠征において球団ルールに反する不適切な行動を行い、これに関する虚偽報告を行っていたことなどが判明しました。
今回の件に関しまして、まずは日頃よりご声援をいただいているファンの皆さま、ご支援をいただいている関係各位の期待を裏切る事態を招き、誠に申し訳なく、深くお詫び申し上げます。つきましては、当球団として下記の処分を決定しましたことをご報告します。
当球団としましては、事態を重く受け止め、フロント、チームを含め管理、教育を再度徹底し、皆さまの信頼を回復できるよう努めてまいる所存です。

処分

無期限謹慎(無期限活動停止)




清田は現在も試合に出してもらっていないし、処分が解ける様相は全く感じられない。
恐らく今シーズンは出場停止のままじゃないだろうか。
さらには、「来年度更改しない(事実上のクビ)という厳しい措置が取られるんじゃないだろうか」と危惧している。
というのは、私はマリーンズのファンであり、清田は今まで応援してきた選手の一人であるからだ。

則本は冗談交じりに批判されているだけであり、清田になされた処分と比べると、蚊に刺された程度の痛みに過ぎないのだ。
何故だろうか?
私は、あの件が理由であると判断している。

はい、コロナ詐欺である。

清田は、不倫相手が発熱した際に、球団にバレることを恐れて不倫相手に『病院には行かないでほしい』と頼んできたと言われています。これが事実なのかどうかは知らないが。
要するに、このことが問題になっているというわけです。
「不倫相手がコロナだったらどうするんだ!」「自分の身を守るために“コロナかもしれない” 不倫相手のことを気遣うこともなかった清田は最低のクズだ!」という論調なのです。

確かに、清田の下半身に人格がないことは言うまでもないでしょう(笑)
周囲に叩かれても仕方ないでしょう。
でもこれは則本にも言えることで、不倫したことは清田も則本も同じなのです。

だから、コロナ詐欺が原因なのです。

コロナ詐欺がなかったら、清田は単に不倫相手に対して冷たい男として叩かれるだけで、ここまで厳しい処分を受けることもなかったはずなのです。

はっきり言って、清田はコロナ詐欺の宣伝に利用されたのです。

「恐ろしいウイルスが流行しているにもかかわらず、発熱した不倫相手がコロナにかかっているかもしれないのに、その対応を怠った清田は許せない。お前にせいでコロナの感染が拡大してしまうじゃないか!」と。

清田は不倫したことを叩かれたんじゃなくて、コロナに対する対応を怠ったことを叩かれたのです。

清田の不倫は、コロナの脅威を煽るための宣伝道具に使われたのです!

世界中の誰一人としてその存在を証明できないウイルスの脅威を煽る宣伝道具に。
「怖いウイルスが蔓延しているんだ!」「発熱したらすぐに病院に行ってPCR検査を受けるんだ!」という「偽情報」を国民に知らしめる手段に、清田の不倫は利用されたのです。

コロナ詐欺とは関係なさそうな則本の不倫は、何のお咎めもないのです。
清田のことを庇うつもりはさらさらないのですが、私はコロナ詐欺のスケープゴートにされた清田が不憫に思えて仕方ないのです。
そもそもプロ野球選手は芸能人じゃないので、不倫だけでここまでの厳しい処分を受けることはおかしいのです。
「さわやかで明るく誠実な人柄」を商売道具にしているわけじゃないのですから。
「結果がすべて」という厳しい世界で戦っている職人なのですから。

そういえば、井口監督も過去には不倫で叩かれましたね。
何のお咎めもなく、何事もなかったみたいに、平気の平佐で監督業を続けていますが・・・



https://cafemytime.com/2018/12/13/iguchi-kissmark/
井口資仁監督/キスマーク一言暴言。不倫相手は奥濱安奈、妻A子離婚届サイン
2018年12月13日



「清田のどーでもいい不倫を叩く暇があるのなら、コロナ詐欺を利用して国民に“遺伝子組み換え物質入りの猛毒ワクチン”を”正しい情報を公開せずに”事実上強制しようとしている政治家・マスゴミ及び悪魔の手先どもを叩くべきじゃないでしょうか!」ね、清田さん(笑)


ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村


「梅田からナンバまで」上田正樹&有山淳司

「日本全国北から南へズズーと縦断、ご当地ソング特集」第15回は、上田正樹&有山淳司の「梅田からナンバまで」です。作詞作曲は、有山淳司です。
高校時代よくミナミをうろついていたんで、この歌には郷愁を感じます。
授業を抜け出して、ミナミでパチンコしていたこともありましたね(笑)





ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村


「大阪しぐれ」都はるみ 

「日本全国北から南へズズーと縦断、ご当地ソング特集」第14回は、都はるみの「大阪しぐれ」です。




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

大阪「666人」と東京「555人」、相次ぐぞろ目の感染者数は「偶然」でしょうか?

「嘘八百の新型コロナウイルス詐欺に騙されるな!72」


コロナ脳の皆さん、コロナ真理教の皆さん、コロナ原理主義者の皆さん、
このニュースを見ても「おかしい」と思いませんか?



https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210403/k10012954601000.html
大阪府 新型コロナ 過去最多となる666人感染確認

2021年4月3日

大阪府は3日、過去最多となる666人が新型コロナウイルスに感染していることが新たに確認されたと発表しました。1日の感染者数が600人以上となるのは、3日連続で、東京の感染者数を5日連続で上回りました。

大阪府内で感染が確認された人の累計はこれで5万4096人となりました。また、2人の死亡が確認され、大阪府内で亡くなった感染者は1191人になりました。
続きを読む
大阪府の感染者数推移
大阪府内で1日に確認された感染者の数は、これまではことし1月8日の654人が最も多くなっていました。

緊急事態宣言を受けて徐々に減り、先月8日には38人となりましたが、その後、増加に転じ、先月下旬から大幅に増えました。

3日までの5日間は連日、東京の感染者数を上回り、1日から3日連続で600人以上となって、3日、過去最多を更新する666人となりました。
大阪市内では不安の声
大阪府で3日、1日としては過去最多となる666人の新型コロナウイルスの感染確認が発表されたのを受けて、大阪市内では不安の声が聞かれました。

大阪・中央区の大阪城公園の周辺を訪れていた大阪・羽曳野市の60代の男性は「まさかこんなことになるとは、という感じです。緩みがあり対策の甘さを感じるが、経済を成り立たせないといけないし、難しいところがある」と話していました。

また、50代の妻は「感染者が増えていて不安です。身近に高齢者がいるので予防接種を早く受けたい」と話していました。

また、大阪市内の50代の男性は「どうすれば感染を防げるのか分からない状況になったと思う。マスクの着用や不規則な生活をしないなど。できる対策を徹底するしかない」と話していました。

市内の30代の男性は「周りを見ると花見の人も多く、この状況もしかたがない。緊急事態宣言のときと比べ職場の出社率も増え、来客も多くなっていて全体的に気の緩みを感じる。小さい子どももいるのでとても不安だ」と話していました。




https://www.tokyo-np.co.jp/article/96382
<新型コロナ>東京都で新たに555人の感染確認 500人超は2カ月ぶり

2021年4月7日

東京都は7日、新型コロナウイルスの感染者が新たに555人報告されたと発表した。新規感染者数が500人を上回るのは639人だった2月6日以来、2カ月ぶり。都内の累計の患者数は12万3905人で、このうち現在入院している重症患者は41人となった。新規感染者数(1週間平均)は、7日時点で対前週比115.6%となった。

 年代別では、20代が178人、30代が97人、40代が84人、50代が80人などとなっている。65歳以上の高齢者は63人だった。





大阪「666人」と東京「555人」、相次ぐぞろ目の感染者数は「偶然」でしょうか?
コロナ詐欺の首謀者は、国民を徹底的にバカにしているんですよ!
東京は、5月5日は注意が必要でしょう。




http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-241.html
悪魔の数字と人工地震
「阪神淡路“人工”大震災追悼記念日、犯人は“666”と“46”に拘る悪魔カバラ主義者(=ユダヤ・フリーメイソン・イルミナティ)である」



ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村