2021年01月の記事 - 嘘八百のこの世界
fc2ブログ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント
月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告
2021年01月の記事

「新非常識! 2020年嘘八百ニュース」(前半:1~6月)

「新非常識! 2020年嘘八百ニュース」(前半:1~6月)


恒例行事のようになってきましたが、今回も昨年の記事からピックアップしておきます。
昨年記事はコロナコロナのオンパレードでしたね。今もですが・・・
コロナのおかげで(?)例年以上に記事が多く、選択記事数を増やしました。
以前からご訪問いただいている方は改めて見返していただき、新しい読者の方は「こんな記事も書いていたんだな」と知っていただけたら幸いです。



*「ルソーの影響を受けたマルクスとエンゲルスは、『共産党宣言』で、こう宣言した。家族の廃止! ・・・完全に発達した家族は、ブルジョア階級にだけしか存在しない」→「お前らゴイムには家族制度など必要ない。全員我々の奴隷になるのだ。家族は我々エリートにのみ存在するのだ」
「“悪魔の思考”「家族解体法」を施行したレーニン、廃止したスターリン」
http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-3141.html


*「「日本人が失いつつある大切なものを伝えている映画」、 「簡単・便利の裏側に潜んでいる危険に気づかせてくれる映画」、それが「男はつらいよ」なのかもしれませんね」by ソウルマン
「映画『男はつらいよ お帰り 寅さん』を観て」
http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-3143.html



*「芝居であるにもかかわらず、現実のことだと思い込んで、“怖い怖い”と思ってしまい、ワクチン詐欺に引っかからないように!」byソウルマン
「嘘八百の新型コロナウイルス詐欺に騙されるな!④」
http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-3214.html



*「現金に触れないカードを使え。現金だとウイルスが拡散してしまう」→「ワンワールド通貨によるキャッシュの廃止」→「マイクロチップの人体埋め込み」!?
「嘘八百の新型コロナウイルス詐欺に騙されるな!⑩」
http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-3249.html



*秀吉が伴天連追放を行った本当の理由は?
「フロイスの見た戦国日本」川崎桃太
http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-3256.html



*「西洋の歴史の本質は、秘密結社であり、秘密結社のイデオロギーは、 デモノロジー(悪魔学)、あるいは悪魔術、又は魔術である」byデス・グリフィン
「「歴史秘話ヒストリア」→「歴史偽話嘘つきや」!?」
http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-3261.html



*「詐欺の中にまた別の詐欺をテンコモリにする」という本当にとんでもない大根詐欺師をぶった切れ!
「嘘八百の新型コロナウイルス詐欺に騙されるな!⑱」
http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-3289.html



*新型コロナウイルス(COVID-19)というものは存在していない?
「嘘八百の新型コロナウイルス詐欺に騙されるな!⑲」
http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-3292.html




*人間やめますか?「ワクチン強制接種計画」やめさせますか?
「「WO2020060606」=「2020年の悪魔が治める世界秩序」」
http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-3302.html



*リーマン・ショックとは何だったのか?
「「大恐慌」以後の世界(多極化かアメリカの復活か)」①浜田和幸
http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-3306.html



*人間やめますか?マイクロチップの人体埋め込み計画やめさせますか?
「「やりすぎ都市伝説」→「嘘すぎ都市伝説」?」
http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-3309.html



*「私はアフリカ人全員に彼らのコロナウイルスワクチンを使わないようにお願いします。それは死ぬので」byマダガスカル大統領
「嘘八百の新型コロナウイルス詐欺に騙されるな!㉒」
http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-3311.html



*「詐欺師ども、詐欺師の手下ども、いつまでも国民を騙せると思ったら大間違いだ!」 「お前らを全人類の敵・悪魔の手先・極悪犯罪人として告訴する!」byソウルマン
「嘘八百の新型コロナウイルス詐欺に騙されるな!㉓」
http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-3318.html



*「アメリカも中国も勿論日本も世界中のほとんどの国が「彼ら」の支配下であり、ともに“協力して”コロナ詐欺を演じている」byソウルマン
「嘘八百の新型コロナウイルス詐欺に騙されるな!㉔」
http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-3322.html




*「不安や不自由なく日常生活に戻るのに必要なものは、日米ともに「ワクチンが開発され 利用可能になること」がトップ。日本では82%、米国では56%を占める」by電通、新型コロナウイルス日米定点生活者意識調査
「「持続化給付金の闇」→「電通の闇」→「日本近代史の闇」」
http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-3333.html




*清廉潔白な偉人、「本当の専門家」、大橋眞教授の真実の声を聴け!
「嘘八百の新型コロナウイルス詐欺に騙されるな!㉖」
http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-3342.html




*西周→森鴎外→与謝野晶子→市川房枝→緒方貞子→?
「与謝野晶子と森鴎外から見るスペイン風邪、そして新型コロナウイルス」
http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-3349.html




*西周→森鴎外→与謝野晶子→生田長江→平塚 らいてう→市川房枝→緒方貞子→?
「日本におけるフェミニズム、フェミニスト、ウーマン・リブ発生の背景を追う」
http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-3358.html







ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村




<フィル・スペクター追悼③>「 To Know Him Is to Love Him(会ったとたんに一目惚れ)」Teddy Bears

今日の1曲は、テディ・ベアーズの「 To Know Him Is to Love Him」です。
邦題は、「会ったとたんに一目惚れ」です。
1958年にリリースされたフィル・スペクターの自作で、チャート1位になりました。
結果的に、この3日間は、フィル・スペクターの追悼特集になりました。





ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

<フィル・スペクター追悼②>「Be My Baby」The Ronettes、John Lennon 、Linda Ronstadt、弘田三枝子

昨日フィル・スペクターを追悼したのだが、追悼ついでにもう1曲とりあげます。
やっぱりフィル・スペクターと聞いて連想する曲の1位は、この曲でしょう。
はい、「Be My Baby」です。
この曲はザ・ロネッツが1963年8月に発表した楽曲であり、作詞・作曲はジェフ・バリー、エリー・グリニッチ、フィル・スペクター、編曲はジャック・ニッチェです。
ちなみに、フィルはロネッツのリードシンガーのヴェロニカ・ベネット(別名ロニー・スペクター)と後に結婚しました。
フィルはユダヤ系ですが、ロネッツのヴェロニカとエステル姉妹の母親はアフリカ系とチェロキー族の混血だったようです。
ロネッツのヴァージョンです。



意外な人物がこの曲を歌っていました。
ジョン・レノンのヴァージョンです。
アレンジ変えまくってますね。なかなか歌わないのでインストかと思ってしまいました(笑)


リンダ・ロンシュタットのヴァージョンです。
静かな「Be My Baby」もいいですね。


弘田三枝子のヴァージョンです。





ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「(亡くなった方の)ご冥福をお祈りするとともに、ご家族の皆様にお見舞いを申し上げます」byファイザー株式会社の広報担当者

「嘘八百の新型コロナウイルス詐欺に騙されるな!59」



大阪市立大学医学部名誉教授 井上 正康氏の動画をどーぞ。



・PCR検査のCT値を35サイクルに上げたときは、ほとんど感染力を持ったウイルスはつかまらないことが論文的にも分かっており、WHOも新しく出てきたデータを基に35サイクル以上やるのは無意味であると認めている。

・元々あった人間の遺伝子や子供のころからあったコロナ風邪を拾っているのだ。

・35サイクル以上の場合はほとんどが偽陽性になる。



ちなみに、日本の国立感染研究所が推奨するCT値=遺伝子増幅回数は45回です。
狂っているとしか言いようがありません。
私はPCRそのものに反対ですが、百歩譲ってCT値を30に改めろという署名には賛同しなくもないです。
署名のサイトはこちらです↓

https://www.change.org/p/pcr%E6%AD%A3%E5%B8%B8%E5%8C%96%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%AF%E3%83%88%E4%BA%8B%E5%8B%99%E5%B1%80-%E7%A7%81%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%81%AF%E6%97%A5%E6%9C%AC%E6%94%BF%E5%BA%9C%E3%81%AB%E5%BC%B7%E3%81%8F%E8%A6%81%E6%9C%9B%E3%81%84%E3%81%9F%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%99-%E7%A7%91%E5%AD%A6%E7%9A%84%E3%81%AB%E4%B8%8D%E9%81%A9%E5%88%87%E3%81%AApcr%E6%A4%9C%E6%9F%BB%E5%9F%BA%E6%BA%96%E3%82%92%E8%A6%8B%E7%9B%B4%E3%81%97-%E7%A7%91%E5%AD%A6%E7%9A%84%E3%81%AB%E6%AD%A3%E3%81%97%E3%81%84%E5%9F%BA%E6%BA%96%E3%81%AB%E6%94%B9%E3%82%81%E3%82%8B%E3%82%88%E3%81%86%E9%96%A2%E4%BF%82%E6%A9%9F%E9%96%A2%E3%81%AB%E6%8C%87%E5%B0%8E%E4%B8%8B%E3%81%95%E3%81%84?utm_content=cl_sharecopy_27005667_ja-JP%3A2&recruiter=1176214610&utm_source=share_petition&utm_medium=copylink&utm_campaign=share_petition




「本物の専門家」大橋眞教授と同じことを言っています。
私は、この教授が新型コロナウイルスの存在を認めていることから信用してはいないが、テレビに出ている偽学者と比べたら数倍信用できると判断します。

PCR検査は嘘を根拠にしたデタラメ検査であり、存在さえしていないウイルスに感染しているという嘘八百を大衆に信じ込ませるために仕組まれた詐欺以外の何物でもないことは、疑いのない事実である。

NHKをはじめとした詐欺メディアが毎日のように垂れ流す「感染者数なるもの」は、科学的根拠も医学的根拠もないPCR詐欺検査で発表された「偽陽性者数」そのものであり、感染者という情報は全くのデタラメである。

こんなデタラメ情報を毎日報道するNHKの罪は大きい。

国民はもっと怒らなければならない。

「公共の電波を使って科学的根拠も医学的根拠もない偽情報を毎日垂れ流すな!」と。

「お前らのやっていることはナチスのゲッペルスがやっていた宣伝工作よりも悪質であることが分かっているのか!」と。

「NHK会長及び責任者を国家騒乱罪・国民攪乱罪(そんなもんがあるかどうか知らんけど(笑))で牢獄にぶち込め!」と。

いつまでもおとなしいシープルのままだから、奴らに好きなようにされてしまうのです。
怒るべきことに怒らないと、気が付いたら屠殺場に入れられてしまいますよ。

屠殺場に入れられて、死の間際に「PCRやワクチンは詐欺だったんだ。政府やNHKは我々を騙していたんだ。」と気づいても、後の祭りなんですよ。

国民を騙しているのはNHKだけではありません。



https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/284534
見えた変異株の正体 増殖力は従来型の100倍で発症しやすい

緊急事態宣言が発令されてから3週間が経ったが、新型コロナの感染者数は依然、高水準。心配なのが、変異株が国内に広がりつつあることだ。英国の研究などで変異株の正体が見えてきた。想像以上にやっかいなウイルスだ。





日刊ゲンダイは終わってますね。
先日も指摘しましたが、もう諦めました。
この媒体は明らかにあっち側の回し者です。
国民を騙すことを目的として存在している“中小系ダマスゴミ”確定です。
ウイルスの存在さえ誰も証明できないのに、何が変異株だ!
ウイルスの存在を確認してから変異とやらを語れよ!
元から存在していないウイルスに変異もクソもないやろ!



https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/284533
日本はコロナ対応で45位の衝撃 成長している国ほど成功




存在さえ証明されていないウイルスに対して「成功」もクソもあるか!
それともアンタの言っている「成功」は、詐欺PCRと毒ワクチンを使って人口削減を「成功」させることなのかい?



コロナ詐欺に、この人物が参画したようだ。
ゴミウリとタイアップして。



https://news.yahoo.co.jp/articles/0816fde7c9e283c0d8769fa7aa598a0c11fbb54c
松村邦洋さん、回復後も深呼吸で胸に違和感「絶対ただの風邪ではない」…[コロナ #伝えたい]
1/28(木)

2度目の緊急事態宣言が発令されている。私たちが一刻も早く、コロナを乗り越えるには――。そのためにいま「#伝えたい」ことを、感染の経験や独自の視点を持つ著名人に聞いた。

起きたらいきなり38・4度

昨年12月26日朝、起きたらいきなり38・4度の高熱が出ていました。病院に着く頃には36度まで下がり、新型コロナの抗原検査は陰性。医師から「大丈夫」と言われて体調も回復し、27日には滋賀県で仕事をしました。

ところが28日夕方にだるさに襲われ、PCR検査を受けたところ、30日朝に陽性が確定しました。移動時はマスクとフェースガードを一緒に使い、手洗いやアルコール消毒を徹底し、会食も控えたのに、どうして……。滋賀県の皆さんにもご迷惑をかけてしまいました。気持ちが落ち込み、夜はせきが苦しくて眠れませんでした。
 感染がわかった後、やはり病院は混み合っていたようで、30、31日と保健所の方にフォローしていただきながら、自宅療養で様子を見ることになりました。タレント仲間の水道橋博士は一人暮らしの身を心配してくれて、「今の熱は何度だ 異常はないか」と、看護師さんみたいに1日に何度も電話やメールをくれました。
ドクター「少し遅れたら危なかった」
 元日朝に入院することが決まりました。12年前の東京マラソンで、倒れて一時心肺停止になったことを重くみていただいたようです。入院直後、ドクターは「少し遅れたら危なかった」と。肺炎が起きていました。





松村邦洋をウイキで見てみる。


松村 邦洋(まつむら くにひろ、1967年(昭和42年)8月11日[1] - )は、日本山口県田布施町出身のお笑いタレント、ものまねタレント。日本史上の人物、タレント、プロ野球選手、政治家など幅広くモノマネをしている。




安倍が「いいとも」に出た時、花を贈ってましたね。
動画の冒頭に出てきます。
「田布施の後輩」松村邦洋は、「田布施の先輩」安倍と“密接な繋がり”があるようである。



http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-358.html
笑っていられないとも
「「笑っていいとも」出演で安倍が自ら暴露する日本支配者層の闇の血族支配の実体」


先日終了したウジテレビの「笑っていいとも」に安倍が出演したらしい↓
https://www.youtube.com/watch?v=gd7RtV61p-M





コロナ詐欺に「協力」したことで、彼はこれからも芸能界で「成功」することでしょう。
彼の出演料の代償となる一般大衆の命を引き換えとして。
ダマスゴミやダマス芸能人の罪は大きい。
ただ、騙されっぱなしのコロナ脳の方も悪いんですよ。
このような“隠しながらも出てくる本当の情報”を見聞きしても、騙されるようでは・・・



https://news.yahoo.co.jp/articles/07f6d0a13a34cb63c7754555a911037ead33bc74
ファイザーワクチン接種の米60代医療スタッフ、接種4日後に死亡
1/28(木)

米国製薬会社ファイザーと独ビオンテックが共同開発した新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)のワクチンを接種した米国の60代医療スタッフが接種から4日後に死亡する事件が発生した。 現地メディアのオレンジ・カウンティ・レジスタなどが27日(現地時間)、米カリフォルニア州サンタアナの病院でレントゲン撮影技師として勤めていたティム・ジュークさん(60)がファイザーワクチンを接種してから4日後に死亡したと報じた。 ジュークさんは5日、ファイザーワクチンを2次接種した数時間後に呼吸困難と下痢などの異常反応が出た。緊急治療室の診断結果、ジュークさんはコロナの疑いがある症状とうっ血性心不全の症状があると診断を受けた。 その後血圧が低下し、腎臓機能に異常が見られたジュークさんは呼吸器を付けた状態で治療を受け、9日に死亡した。 妻のロシェル・ジュークさんは、夫は高血圧で若干肥満気味だったが、健康上の問題はなかったと述べた。 ロシェルさんは「夫はコロナワクチンウイルスを信じ、他の人も接種することを願ったと思う」とし「私たちは製薬会社を非難しないが、当局はワクチンの安全性についてより多くの研究を行う必要があり、夫の死亡原因を明らかにすべきだ」と述べた。 オレンジ郡検死官室はジュークさんの死亡原因を調査している。ワクチンと関連性があると判断されれば、保健当局に通知する予定だという。 ワクチン接種後に死亡した事例は今回が初めてではない。今月3日、米フロリダ州マイアミで産婦人科医のグレゴリー・マイケルさんがファイザーワクチン接種から16日後に脳内出血で死亡した。 マイケルさんは、ワクチンを接種し、血液が正常に凝固しない免疫血小板減少症(ITP)の症状が見られ、集中治療室に入院したが死亡した。 また、郡保健当局によると、21日にはカリフォルニア州プレイサー郡の住民がワクチン接種から数時間後に死亡した。 保健当局は、死亡原因を調査中とし、この住民の身元と接種を受けたワクチンの種類は公表していない。



https://news.yahoo.co.jp/articles/a43c9a24429b20174b85edf260c9db6915d97772
北欧でワクチン接種後に高齢者死亡…ファイザー社の見解は
1/29(金)

「できる限り2月下旬の(医療従事者を対象とした)接種開始を目指して準備したい」 1月22日の会見で、新型コロナウイルスのワクチンについて語った河野太郎“ワクチン担当相”。

日本で真っ先に接種が始まるのは、米ファイザー社と独ビオンテック社が共同開発したワクチンだが、1月中旬には、世界の医療関係者が注目した報道があった。 「ノルウェーで両社のワクチンを接種した約4万2千人のうち33人が、発熱や吐き気などの副反応を示し、接種後数日以内に亡くなったと報じられました。大半は80歳以上の高齢者だったそうです」(医療ジャーナリスト) ァイザー株式会社の広報担当者は、本誌の取材に対し、次のような見解を示した。 《(亡くなった方の)ご冥福をお祈りするとともに、ご家族の皆様にお見舞いを申し上げます。 ノルウェー当局は老人ホームの入居者等に対するワクチンの接種を優先していますが、その多くは非常に高齢で基礎疾患を有しており、中には終末期の方もいます。 ノルウェー医薬品局は、医学的にリスクの高い人に対する本剤の接種と死亡の関連性は完全には否定できないものの、ワクチン接種との直接的な因果関係を示すエビデンスは得られていないと表明しています。 今回の件を受けて、ノルウェー保健局は重度のフレイル患者(例えば、Clinical Frailty Scale 8以上)、および終末期患者に対するワクチン接種のガイダンスを改訂し、ワクチン接種によって得られるベネフィットとリスクを慎重に評価するよう求めています。》 ■「追跡調査の期間が足りない」と指摘する専門家も この件について、日本の専門家はどう見ているのだろうか。大阪大学免疫学フロンティア研究センター招へい教授の宮坂昌之さんは、 「ノルウェーは日本と同じように高齢者が多い国ですし、その状況は今後も注視すべきだと思います。しかし、いっぽうで“ワクチン接種は危険なのではないか”というイメージだけが独り歩きしてしまうことを心配しています。ファイザーや米国のモデルナが開発したのは“mRNAワクチン”という種類のものです。ファイザーのワクチンは有効性が95%、モデルナは約94%と、非常に優秀です」 だが軽重はともかくとして、あらゆるワクチンに“副反応”はつきものだという。 「基本的には打った部分が腫れる、接種後に発熱する、関節痛のような痛みが生じる、といった症状です」(『ワクチン診療入門』の著書もある、ナビタスクリニック川崎の医師・谷本哲也さん) 新潟大学名誉教授の岡田正彦さんはこう語る。 「mRNAワクチンには、たんぱく質などを安定化させるポリエチレングリコール(PEG)が使用されていることが判明しています。“PEGによるアレルギー反応は不明”という論文もあり、その点について私は懸念を抱いています」 PEGについて、前出の宮坂さんは、 「薬品や化粧品などにも添加されている物質ですが、調査によればPEGによりアレルギー反応を引き起こされる人も多いのです。だから医師仲間の間では、『ワクチン接種後に、PEGによるアナフィラキシー(アレルギーの原因物質が体内に入ることによって、一つの臓器にとどまらず複数の臓器に強い症状が現れる過剰反応)が発生する可能性もあるのでは』という話はしていました。しかし幸い、アナフィラキシーに関して言えば、注射後の15?30分で反応が出ますので、医療機関の付近にいれば救命措置をとることもできます」 “ワクチン反対派ではない”という岡田さんだが、接種後すぐに判明する副反応よりも、将来の不安を感じているという。

https://news.yahoo.co.jp/articles/a43c9a24429b20174b85edf260c9db6915d97772?page=2
「特に英国のアストラゼネカが開発したウイルスベクターワクチンで、すでに日本で治験が始まっています。人工合成したDNA遺伝子そのものを、無毒化したアデノウイルス(風邪のウイルスの一種)に組み込んで注射します。 いままで人類が経験したことのない新型ワクチンですので、本来であれば、発がん性の有無などを確認するために、5年以上は追跡調査すべきだったと思います。長期的な安全が証明されていないわけですから、私自身は打つことを考えていません」 『AERA』(1月25日号)には医療関係者1726人への調査結果も掲載されている。『ワクチンを接種しますか』という設問に対しては、「する」が31.4%、「種類による」が27.3%、「しない」が11.8%、「わからない」が29.5%と、意見も割れているようだ。 ■「若い人も高齢者も副反応は同じ」 今回取材した専門家たちに、“接種を控えるべき条件”について聞いてみた。 「ワクチン接種によりコロナ感染を防ぐというメリットと、接種による副反応というデメリットのバランスを、個別に判断していくことが必要となります。 その際に、一つの尺度となるのが、“病気の重篤度”です。たとえば、高齢で、認知症のために寝たきりのような状態の方であれば、ワクチンの副反応が出たときに、体に致命的な影響が及ぶ可能性もあるでしょう。また心臓が弱っている方の場合、ワクチン接種で高熱を発することで、さらに心臓への負担がかかり、亡くなってしまうというケースもあるかもしれません」(谷本さん) 現在は、医療従事者についで、高齢者が優先的に接種できるという方針が示されている。1月25日に厚生労働省は、65歳以上の高齢者への接種券を3月中旬以降に発送するといったスケジュールを明らかにした。 だが、岡田さんは違和感を覚えているという。 「ワクチンを製造している会社の論文を読むと、若い人も高齢者も副反応は同じ、とありますが、たとえばインフルエンザワクチンも私の経験では高齢者のほうが副反応は強いです」 また、深刻なアレルギーを持つ人も注意が必要だという。 「イギリスでは医薬品や食品、あるいはワクチンに対して重大なアレルギー反応が現れたことのある人には接種しないように呼びかけています」(宮坂さん) 「アナフィラキシーを起こしたことがある方は避けたほうがいいと考えています」(谷本さん) 最後に宮坂さんは、こんなアドバイスをしてくれた。 「一般の人に接種の順番が回ってくるまで、あと数カ月は必要になるでしょう。その間に、世界のワクチンに関するデータは積み上がっていきます。そのデータを見て、自分は打つべきかどうか最終的に判断してはどうでしょうか」 自分や家族の身を守るために、感染状況だけではなく、ワクチンの影響にまつわるニュースも注視していく必要があるのだ。
「女性自身」2021年2月9日号 掲載





「“ワクチン接種は危険なのではないか”というイメージだけが独り歩きしてしまうことを心配しています」という発言だけで、宮坂昌之という人物が何者であるかは分かりますよね。
私はこれまで何度も言ってますが、もう一度言っておきます。

「信じる者は殺される」と。






ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村




<フィル・スペクター追悼>「Christmas(Baby Please Come Home)」Darlene Love 「Silent Night 」Phil Spector

16日にフィル・スペクターが亡くなりました。81歳でした。


https://www.barks.jp/news/?id=1000195354
プロデューサーのフィル・スペクター、死去

2021.1.18

ザ・ロネッツ、ライチャス・ブラザーズ、ザ・ビートルズ、ラモーンズらの作品を手掛け、ウォール・オブ・サウンドを生み出したプロデューサーのフィル・スペクターが1月16日、殺人罪で収監されていた刑務所内で死去した。81歳だった。

カリフォルニア州の更生・矯正局は、土曜日午後6時35分に死亡が宣告され、正式な死因はこの後検視官により判断されるとの声明を出した。

ニューヨークに生まれたスペクターは、50年代終わりに高校のときの友人たちとヴォーカル・グループThe Teddy Bearsを結成。彼が作った「To Know Him Is to Love Him」で全米1位を獲得した。

その後、プロデューサーに転向し、レコード会社Philles Recordsも設立。60年代にクリスタルズの「He’s A Rebel」「Da doo Ron Ron」、ロネッツの「Be My Baby」、ライチャス・ブラザーズの「You’ve Lost That Lovin’ Feelin」など多くのヒット曲を誕生させ、ザ・ビートルズの『Let It Be』、ジョン・レノンの『Plastic Ono Band』『Imagine』『Rock ‘n’ Roll』、ジョージ・ハリスンの『All Things Must Pass』、ラモーンズの『End Of The Century』などをプロデュース(共同も含む)した。

プロデューサーとしては傑出した手腕を発揮したが、ドラッグによる錯乱状態、セッション中や自宅を訪れたミュージシャンに銃を持ち出すなど奇行が目立つようになった。

2003年に女優のラナ・クラークソンを殺害した容疑で逮捕され、2009年に第2級殺人罪で有罪判決が言い渡されて以降、カリフォルニア州で収監されてきた。




個人的にフィル・スペクターについて一番印象に残っているのは、彼がプロデュースした「A CHRISTMAS GIFT FOR YOU」である。
ピーター・バラカンもクリスマスの度に聴いているとのことだが、私も昔からクリスマスの度に聴いているアルバムである。
クリスマスの是非は別として、聴いていてとてもハッピーな気分になれる名盤であると思います。
このアルバムの中から、ダーリン・ラヴの「Christmas(Baby Please Come Home)」と、アルバムの最後に収められている「Silent Night」で追悼します。「Silent Night」ではフィルのメッセージを聴くことができます。











ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「ソンムの原に」頭脳警察

今日の1曲は、頭脳警察の「ソンムの原に」です。




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「You May Dream」シーナ&ザ・ロケッツ

今日の1曲は、シーナ&ザ・ロケッツの「You May Dream」です。




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「大阪LOVER」 DREAMS COME TRUE

今日の1曲は、DREAMS COME TRUEの「大阪LOVER」です。




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「負けないで」ZARD

今日の1曲は、ZARDの「負けないで」です。
作詞は坂井 泉水、織田 哲郎です。
「コロナに負けないで」なんて思っている人、勘弁してくださいね。
「コロナ詐欺に負けないで」ですから。





ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「ワクチンは汚物のようなもので、予防接種キャンペーンは医療テロであり、私も仲間もワクチン接種はしない」byイタリアの医師、パスクアーレ・マリオ・バッコ

「嘘八百の新型コロナウイルス詐欺に騙されるな!58」


アルシオン・プレヤデスの新しい動画のリンクを貼っておきます。

https://www.bitchute.com/video/ERaqUeWfNtlK/


一部書きおこしをしておきます。




・ロバート・トヨサキ
「コロナワクチンを批判したことで、製薬会社が私を殺すと脅迫した」

・数百人のイスラエル人が、ファイザー、ビオンテックのワクチンを受けた後にCovid-19に感染

・Covidの実験ワクチン接種の最初の1週間で、米国の医療従事者3150人に病変

・WHOは、Covid-19のワクチンが病気の蔓延を防ぐことについて何の証拠もないと告げる。では、何の役に立つのか?

・イタリアの医師、パスクアーレ・マリオ・バッコ
「ワクチンは汚物のようなもので、予防接種キャンペーンは医療テロであり、私も仲間もワクチン接種はしない」

・スイス・マウンテン・クリニックの医長
「コロナのパンデミックが世界経済の混沌の一端としての計画的な陽動作戦である」
「5Gネットワークの基準がウイルスを再活性させる決定的要素だ」

・アメリカの医師、アンドリュー・ワイ
「陽性とされる患者の1500のサンプルにおいて、Covid-19を見つけられなかった」

・デーヴィッド・アイク
「ワクチンは、我々をトランスヒューマニズムに導き、不妊や遺伝子組み換えをもたらすべく作られた生物兵器だ」

・アメリカのカトリックの主要な高位の枢機卿、レイモンド・パーク
「グレート・リセットの擁護者によって、その邪悪なアジェンダを進めるために、Covid-19のパンデミックが悪用されている」

・ドイツの医師、ウォルフガング・ヴォダルク
「実際、この大半の人にとっての「待望のワクチン」は、禁止されるべきだ。というのも、それは遺伝子操作であるためだ」

・米国の医療従事者の60%が、Covid-19のmRNAの実験ワクチンを拒否。

・ローマ法王
「ワクチンがすべての人に行き渡るべきだ」

・バチカンは、Covid-19のワクチン使用を認め、推奨している。

・パスクアーレ・マリオ・バッコ医師
「Covid-19のワクチンは、健康に対するテロだ」

・エドゥアルド・ヤーベス医師
「これは遺伝子工学なので、ワクチンと呼べない」





しょーもないテレビを観ている暇があるのなら、この動画を真剣に観るべきです。



ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村



「A Stor Mo Chroi」 The Chieftains & Bonnie Raitt

今日の1曲は、アイルランド伝統音楽で、チーフタンズ&ボニー・レイトの「A Stor Mo Chroi 」です。
ゲール語と英語で書かれた歌詞で構成されており、タイトルは、「心から愛するあなた」といったような意味でしょう。
アメリカ大陸等へ移民した人々への想いを歌っています。







ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Blonde」Roger & Brian Eno

今日の1曲は、ロジャー・イーノ&ブライアン・イーノ の「Blonde」です。







ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Death Letter」 Son House

今日の1曲は、サン・ハウスの「Death Letter」です。
「ある朝、手紙が届いた。その手紙にはお前の彼女が死んだと書かれていた。俺はスーツケースを持ってかけつけた。彼女はクーリングボードの上で横たわっていた。俺は抱きしめる相手も魂も失ってしまったんだ。昨夜もその前も夜通し泣いたんだ。」といった歌詞です。
サン・ハウスの自作の曲です。
サン・ハウスは、あのロバート・ジョンソンのギターの師匠であり、正当防衛ではあるが殺人罪で刑務所に入っていたこともあり、5度の結婚をしたことのある、ヘヴィーなブルースマンでした。
この”歴史上の人物”の弾き語りのカラーライヴ映像が観れるということは、とても有難いことだと思います。








ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村



「Walkin' the Boogie」John Lee Hooker

今日の1曲は、ジョン・リー・フッカーの「Walkin' the Boogie」です。




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「You Are Everything 」Marvin Gaye & Diana Ross 、The stylistics 、Rod Stewart 、David Sanborn

今日の1曲は、マーヴィン・ゲイ&ダイアナ・ロスの「You Are Everything」です。



オリジナルであるスタイリスティックスのヴァージョンです。



ロッド・スチュワートのヴァージョンです。


デヴィッド・サンボーンのヴァージョンです。






ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「感染症対策課さん、「感染者は厳密に定義しておらず明確にお答えできない」ってどーゆーこと?国民をバカにするんじゃないよ!」byソウルマン

「嘘八百の新型コロナウイルス詐欺に騙されるな!57」


まずは、日刊ゲンダイのこの記事を。


https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/283896
吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」
2021/01/15

大阪府は14日、コロナによる累計死者数が714人に達し、東京都を超えて全国最多となってしまった。感染拡大に歯止めがかからない中、吉村洋文府知事の口から、また「妄言」が飛び出した。
13日午後に開かれた知事の定例会見。吉村府知事は記者から「PCR検査の陽性者と感染者は違うという認識か」と問われ、「そうです」と真顔で返答。ドヤ顔で持論を続けた。

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/283896/2
「僕の中では感染者っていうのはそれに感染して、他に感染させる力がある状態で、陽性者はあくまでも検査で陽性になった人であって、イコール感染者ではない」

 この発言にネット上は大荒れ。〈言っていることは正しい〉と、吉村府知事に賛同する声も出ている一方、〈何を言っているか分からない〉〈既存の言葉を自分勝手に解釈してそれを発表することになんか使命でもあるの?〉といった批判も相次いでいる。

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/283896/3
「ガラスの天井」も誤用
府に陽性者と感染者を使い分けているか問い合わせると、「日々公表している数字や会議資料では『陽性者』としています」(感染症対策課)とのこと。陽性者と感染者の定義については、「陽性者は検査が陽性だった人ですが、感染者は厳密に定義しておらず明確にお答えできない」(同)と困惑気味だった。つまり、「陽性者は感染者ではない」「感染者は感染させる力がある状態」との吉村府知事の自説に説得力はないのだ。医療ガバナンス研究所理事長の上昌広氏がこう言う。

「吉村さんの発言はまったくもってナンセンスで、科学的根拠を欠いた恥ずかしい発言だと思います。感染させるかどうかは結果論であり、感染者本人も診療する医者も、その人が誰かに感染させるかどうか分かりません。コロナの場合、無症状者が感染させることもあり、陽性者が誰かに感染させるかどうか分からないからこそ、広く検査をして隔離することが大事なのです」

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/283896/4
吉村府知事は緊急事態宣言の要請を巡る発言の変遷についても「(新規陽性者数が)560名の一挙に『ガラスの天井』が突き抜けた瞬間」とシタリ顔で語っていたが、「ガラスの天井」とは能力のある人が性別や人種によって組織内で要職に就けない状況など、「見えない障壁」を表す。言葉の意味をネジ曲げる悪癖でもあるのか。

 こんなトップに振り回される府民が気の毒だ。





吉村を援護する気などさらさらないが、
日刊ゲンダイのこの記事があまりに酷いことに呆れてしまった。
大手の新聞・テレビが政府の広報誌として国民を騙すために存在していることは「常識」として承知しているが、日刊ゲンダイのような中級の新聞社は反権力の姿勢を持っており、ある程度は真実を国民に伝えてくれる“メディアとしての機能が働いている新聞社”であると感じていた。
が、その淡い期待はこの記事で裏切られた。そして、このように感じた。

「日刊ゲンダイも、大手新聞・テレビと同根の“国民を騙すために存在している媒体”である」と。

コロナの嘘報道を“したり顔で”報じているだけでなく、吉村の“当たり前の発言”をさも問題発言であるかのように批判しているのである。

あの戦争時の言論弾圧そのものである。
あの時代、日本の勝利に少しでも異を唱える者は非国民扱いされて弾圧されていたように、政府が唱える「コロナ絶対主義」に少しでも異を唱える者を非国民と見做し、政府の番犬として徹底的に叩く役割を担っているかのようである。
日本が戦地で敗れていたとしても、「我が帝国海軍、敵の軍艦を撃沈させたり」と嘘八百の勝利報道を”平気の平左で”報じていた大本営発表そのものである。
実際の情報など、どーでもいいのである。
政府に命じられるままに、「仰せの通りでございます」とばかりに、政府が望む報道を“真実に関係なく”報じるのである。
こんなものがジャーナリズムでないことなど、言うまでもないことである。

あの暗黒の時代と同じことを、今のメディアはやっているのである。
朝日や読売といった大手新聞が報じていれば、単に「いつもと同じことをやっている」と思うだけだが、日刊ゲンダイはこれまで反権力的な報道をしていたため、残念なのだ。
それなりには期待していたためショックも大きく、このように書いている次第である。

吉村の「僕の中では感染者っていうのはそれに感染して、他に感染させる力がある状態で、陽性者はあくまでも検査で陽性になった人であって、イコール感染者ではない」という発言の何が間違っているというのだ!

“普通にものを考える力のある人間”なら誰でも知っている「絶対的事実」じゃないか!

毎日毎日NHKを中心に垂れ流している「感染者」というのは、単なる「PCR検査で陽性になった人」じゃないか!

そうじゃないと言うのなら、どうやって「感染者」の情報を捻出しているのか言ってみろよ!

もう一度言う。

「毎日毎日NHKを中心に垂れ流している「感染者」というのは、単なるPCR検査で陽性になった人の数字であり、“普通にものを考える力のある人間”なら誰でも知っている「絶対的事実」である」と。

日刊ゲンダイが吉村に勝ち誇ったかのように書いていることの根拠として、感染症対策課の「陽性者は検査が陽性だった人ですが、感染者は厳密に定義しておらず明確にお答えできない」という発言が紹介されている。

何故にこのようなメチャクチャな発言が根拠になるのだ!

感染症対策課も「感染者はPCR陽性者である」などと言っていないじゃないか!

「感染者は厳密に定義しておらず明確にお答えできない」と根拠を示せないんじゃないか!

日刊ゲンダイは、批判するんだったら吉村の“当たり前の発言”を批判するのではなく、感染症対策課のこのメチャクチャな超問題発言を批判しろよ!

「何が「陽性者は検査が陽性だった人ですが、感染者は厳密に定義しておらず明確にお答えできない」だ!」「感染者数の根拠も示さずに何をぼやいているんだ!」と。

「「明確に答えることもできない」「根拠を明示することもできない」わけのわからない根拠を基準として「感染者数」なるものを発表するなど言語道断だ!」と。

こんな「何の根拠も示せない」「想像上の数字と言われても仕方ない」根拠を基に、毎日毎日「感染者数である」と断言して発表すること自体を叩けよ!

「このような嘘八百の感染者数を発表するな!NHK!」と。

「このような嘘八百の感染者数を発表するな!感染症対策課!」と。

「このような嘘八百の感染者数を発表するな!詐欺政府!」と。


上昌広なる“政府広報伝達者”の妄言を紹介しているところも、看過できない。

何が「吉村さんの発言はまったくもってナンセンスで、科学的根拠を欠いた恥ずかしい発言だと思います。感染させるかどうかは結果論であり、感染者本人も診療する医者も、その人が誰かに感染させるかどうか分かりません。コロナの場合、無症状者が感染させることもあり、陽性者が誰かに感染させるかどうか分からないからこそ、広く検査をして隔離することが大事なのです」だ!

「科学的根拠を欠いた恥ずかしい発言」などと、よく言えたものである。
貴方の発言を、そのまま貴方に返させてもらいます。

「貴方はPCRを発明したキャリー・マリスが「PCRをウイルスの検査に使ってはならない」と言っていたことを知らないのか?」と言いたい。

「PCRはウイルスを感知するものではなく、遺伝子情報を見るものだということを知らないのか?」と言いたい。

「WHOやファウチでさえPCRのCT値のサイクル数が35以上であれば役に立たないと認めたことを知らないのか?」と言いたい。

「この日本ではPCRのCT値のサイクル数が45以上となっていることをオカシイと思わないのか?」と言いたい。

「PCRで検出された陽性者というのは、元から体内に存在していた遺伝子情報ではなく“コロナ特有のものである”という証明がされていないということを知らないのか?」と言いたい。

「「コロナの場合、無症状者が感染させることもある」などという貴方の発言は全く科学的根拠がないものであるということを知らないのか?」と言いたい。

「そもそも、新型コロナウイルスなるものが存在しているということを証明した人間は世界中で1人もいないということを知らないのか?」と言いたい。

貴方のご指摘の通り、「科学的根拠」を踏まえて国民にお答えいただきたいものである。
「科学的根拠」がお好きなくせに、「科学的根拠」に基づかない発言をされる貴方に答えれるはずがないことは分かっていますがね。
まさか「政府にこのように言えと言われて、その通りに「科学的根拠なし」にご発言された」ということではないでしょうね?


日刊ゲンダイさん、いったいどうなってしまったんですか?
森友や加計等の安倍批判・政権批判をしてきた今までの報道は何だったんですか?

「政権批判はしていいが、コロナ報道批判はしてはならない。コロナについては全面的に政府の応援部隊となれ」という「業界の法則」なるものが存在しているんですか?

それとも吉村批判をしたのも、“シナリオ通りにことを進めた”だけだったんですか?

もしそうだとしたら、“シナリオ通りにことを進める”ことがあなたの「仕事」であるとしたら、恥ずかしくないですか?

ジャーナリストとして、人間として、恥ずかしくないですか?

きついことを言っていると思われるかもしれませんが、これまで“ジャーナリスト”として期待していたから言及しているのです。
元から期待などしていない大手新聞社には、このように言及する気も出てきません。
「昔から国民を騙してきたダマスゴミの連中が、また同じことをしている」と呆れるだけです。

日刊ゲンダイさんに集中してしまいましたが、昨年来のコロナ詐欺後にこういったオカシナ報道をしているのは日刊ゲンダイさんだけではありません。
同じく今まで政権批判をしていた他の中小メディアも、独立系メディアも、このコロナ詐欺についてはどこも“右に倣え”で政府に同調する大本営発表を垂れ流しているようです。
はっきり言って、とても残念です。

コロナ以前にコロナ報道なるものがいかにメチャクチャな大本営発表で構成されていることは自明の理であり、コロナとされているウイルスもその存在さえ証明されていないものであり、厚生労働省も「コロナが怖い」という根拠がないことを認めており、その“正体不明なコロナ”に対してワクチンができるということ自体がメチャクチャこの上ないことであり、PCR検査も科学的根拠も医学的根拠もないデタラメな検査であり、すべてが明らかな超メチャクチャな“世界同時詐欺”から来ているものであることは、疑いのない事実なのです。

ロンドンオリンピック開会式にコロナ予告がされていた「事実」だけでアウトです。

昨年の10月にコロナの「予行演習」がされていただけでもアウトなのです。

中小及び独立系のメディアの皆さん、しっかりしてください。
あなた方の役割は大きいのです。
少なくとも中小及び独立系のメディアが勇気を出して真実を報じるようにならないと、国民は“世界同時詐欺”に騙され続けるばかりなのです。
今からでも遅くありません。中小及び独立系のメディアの皆さんが、“ジャーナリストとしての使命”を思い出してくれることを期待しています。
権力を握った詐欺師の立場に立つか、国民の立場に立つか、今皆さんは踏み絵の前に立っているのです。
権力を握った詐欺師の立場ではなく、国民の立場に立ってくれることを願っています。





ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村


「(Don't fight it) Feel It」Sam Cooke

今日の1曲は、サム・クックの「(Don't fight it) Feel It」です。


ハーレム・スクエア・クラブのライヴです。






ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Dance To The Music」 Sly & The Family Stone

今日の1曲は、スライ&ザ・ファミリー・ストーンの「Dance To The Music」です。
エド・サリバン・ショー出演時のライヴです。他の曲も混じっていてノリノリですね。
それにしても、「しらけた白人の観客はなんとなならんのか」と思ってしまいます。




こっちの方は、観客のノリが最高です。


ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村




「『しあわせ運べるように』なるためには、ただ願っているだけではダメなのです。「他人のしあわせを潰そうとしている邪悪な奴らが存在している」ことを、きっちりと理解しないといけないのです。」byソウルマン

今日は、阪神”人工”大震災が「起こされた」日です。
まずは、この曲をどーぞ。

『しあわせ運べるように』


私は、以前、ある大手旅行会社に勤めていました。
国内旅行に添乗員としてバスに乗っていたある日、バスガイドがこう言ってこの曲を歌ったんです。

「震災当時、私は小学生だったんです」と。

私は、こう思いました。

「震災当時小学生だった子供が、こうして立派にバスガイドになって頑張っているんだな」と。「応援してあげたいな」「俺も頑張らなアカンな」と。

実は私、震災当時、神戸に住んでいました。
震災の前日にパチンコをしていて、軽い地震の揺れを体験していたのです。
あれが前震であったことなど、当時は知る由もありませんでした。

突然やって来た地震で、飛び起きました。
大型テレビは、倒れはしませんでしたが、元あった場所からけっこう移動しました。
食器棚は倒れて、割れた食器が散乱しました。
テレビも付かなかったんですが、私は三ノ宮にある会社に行かないといけないと思って行こうとしたんですが、嫁に「こんな状態で家をほったらかして会社に行くつもり」と言われて、会社に行くのを思いとどまりました。

後でテレビが見れるようになり、会社があったビル自体がやられていたことを知りました。
確か、会社は6階にあり、7階が潰れていて、8階が6階の上に載っている状態だったと思います。
朝礼の時間帯に地震が起きていたら、もっと大変なことになっていたでしょう。
ここまで神戸がやられているとは、地震発生直後は分かりませんでした。
会社に行くどころではなかったのです。
会社自体が潰れていたんですから。

暫くは、自宅待機の状態が続きました。
一度バイクで三ノ宮に行き、不謹慎で申し訳ないのですが、被災した街の状況を写真に撮りまくったことがあります。
ある倒壊した居酒屋らしき建物に「てんてこまい」という看板が付いていました。

「これがホントの「てんてこまい」やな」と思いましたm(__)m

震災数カ月後、私は他の支店に転勤になりました。
あの震災がなかったら、恐らく転勤もなかったでしょう。
震災で命を奪われた方や大被害に遭われた方と比べたら、私の被害など”取るに足らない”ものでしょうが、あの震災が大なり小なり私の人生に影響を与えたことは間違いありません。

普通にあった「日々の暮らし」「電気・水・ガス・食料」が、簡単には手に入らなくなりました。「命の大切さ」も教えられました。

「当たり前の日々の暮らしに感謝しないといけない」という話だけなら”どこででも聞きそうな普通の話”なんでしょうが、このブログでは「そのまま終わらせる」わけにはいきません。
震災当時の私には理解できませんでしたが、今の私にははっきりと理解できます。

あの震災は「偶然」起こったのではないということが。
あの震災はある勢力が意図的に「起こした」ものだったということが。

そのことを記した過去記事を、再掲します。
本当の原因を理解しない限り、対策は立てられません。
理解しても地震は避けられないでしょうが、何も分かっていないのと比べると、格段に違うと思います。

これは、地震だけの話ではありません。
今回のコロナもそうです。
戦争もそうです。
こういった災害・ウイルス騒動・戦争は、決して「偶然」発生するのではありません。
「過去の災害・ウイルス騒動・戦争の真実」を正しく理解することが一番重要な「対策」であると、私は思います。

『しあわせ運べるように』なるためには、ただ願っているだけではダメなのです。
「他人のしあわせを潰そうとしている邪悪な奴らが存在している」ことを、きっちりと理解しないといけないのです。

「嘘八百のこの世界」を生き抜くためには。




http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-241.html
「阪神淡路“人工”大震災追悼記念日、犯人は“666”と“46”に拘る悪魔カバラ主義者(=ユダヤ・フリーメイソン・イルミナティ)である」



作日(1月17日)は阪神淡路大震災が起こった日である。
これまた、例外なく「彼ら」が仕組んだ人工地震であることは疑いようがないだろう。
1月17日(1+17=18=6+6+6)ということで、「彼ら」はこの日(1月17日)に人工地震を仕込むことが多い。

サンフランシスコ地震 1989・10・17
ロスアンジェルス地震 1994・ 1・17 
阪神淡路大震災    1995・ 1・17 
ちなみに湾岸戦争   1991・ 1・17

東日本大震災は、2011年3月11日(2+1+1+3+11=18=6+6+6)
である。
「666」については、あまりにも有名だが、「ヨハネの黙示録」に記されている「獣の数字」である。
下記サイトより抜粋する。



http://matome.naver.jp/odai/2136844115014272701
Here is wisdom. Let him that hath understanding count the number of the beast: for it is the number of a man; and his number is 666.
獣の印=「バーコード」あるいは「マイクロチップ」
『また、小さい者にも、大きい者にも、富んでいる者にも、貧しい者にも、自由人にも、奴隷にも、すべての人々にその右の手かその額かに、刻印を受けさせた。また、その刻印、すなわち、あの獣の名、またはその名の数字を持っている者以外は、だれも、買うことも、売ることもできないようにした。ここに知恵がある。思慮ある者はその獣の数字を数えなさい。その数字は人間をさしているからである。その数字は六百六十六である。』(黙示録13:16-18)


<引用終了>

この「その名の数字を持っている者以外は、だれも、買うことも、売ることもできないようにした」という文面の意味はクレジットカードを表している、という説がある。
便利なあまりに現金を使用しないでクレジットカードに頼りきった人間が、ある日突然「このカードは使用できません」と、言われてしまったらどうなるだろうか?
まさに、その瞬間から「買うことも、売ることもできない」ようになるのだ。
「クレジット」とは「信用」である。「彼ら」から信用されなくなった人間は、まさに路頭をさまようしかないのだ。これが「彼ら」の“企み”であるのかもしれない。
「666に関する陰謀説」は腐るほどありますが、一例を挙げると、AMラジオの周波数は日本全国どこでも足したら「666」になりますヨ。
ちなみに、関西のラジオ周波数は下記の通りです。

朝日放送  1008キロヘルツ(10+8=18=6+6+6)
毎日放送  1179キロヘルツ(1+1+7+9=18=6+6+6)
ラジオ大阪 1314キロヘルツ(13+1+4=18=6+6+6)
AM神戸   558キロヘルツ(5+5+8=18=6+6+6)
NHK     666キロヘルツ(解りやすいね~(笑))

テレビのみならず、ラジオによっても洗脳したいようですナ。
他にも、硬貨をすべて足したら「666」になる(500+100+50+10+5+1=666)とか、
バーコードとか、グーグルのマークとか、インターネットのwww(ヘブライ語で666です)とか、ディズニーのサインや、みんなの党のロゴとか・・・。
数限りなく「666の陰謀」は皆さんの生活に忍び入っているようですヨ(笑)。

そして、「彼ら」が拘る数字は他に、「46」がある。

阪神淡路大震災    1995年1月17日 5時46分
アメリカ同時多発テロ   2001年9月11日 8時46分
東日本大震災     2011年3月11日14時46分

「46」という数字は、フリーメイソンの魔法陣によるコンパスを表しているという“噂”もある。
ちなみに、もう一つの「彼ら」が好む数字である「11」は、フリーメイソンの定規を表しているらしい。
どちらにしても、「彼ら」はユダヤ・カバラ教の熱烈な信者のようなので、数字に対する思い入れは半端じゃないようです。

これだけ具体例を例示しても、「偶然でしょ」と思っている“おめでたい”方には、私はこれ以上何もお伝えする気力がなくなってしまいますので、「今すぐ、こんなブログなんか見てないで、死ぬまで韓国ウジテレビでも見ながら、“幸せな人生”を送ってください」と、アドバイスさせていただきます。

最後に、阪神淡路大震災が人工地震であることを暴いている記事からの抜粋及び、記事に関連する動画を紹介します。
「震災で亡くなった方々が、誰にどうやって“地震に遭遇させられたのか”」が隠されたままでは、「本当の意味での追悼にはならない」と、思います。
そして、「無念の思いで天国に旅立った多くの方々を追悼するためには、ただ黙り込んでいるだけではいけない」とも思います。
尊い命を奪い去った「彼ら」の“悪魔の行為”を理解して下さい。
そして、家族・恋人・友人・知人に拡散して下さい。
そうすることが、「「彼ら」の犠牲にさせられた尊い御霊の最大の追悼になる」と、私は思います。
そして、「彼ら」の極悪計画は現在進行中であることを、決して忘れないでください。






http://www.asyura2.com/0502/jisin12/msg/374.html
神戸地震(兵庫県南部地震)は、人工地震と自然地震のダブルの双子地震で、直前に赤い稲妻・キノコ雲が空に走ったとの証言

地震直前に赤い稲妻が走った!
 人工地震説を唱える人は、一つの根拠として地震発生直前の発光現象を挙げている。
 徳山和夫さん(61歳)が撮影した地震発生直前の発光写真は、有名になった。2月3、4日頃東京新聞、産経新聞にカラー印刷で掲載されたから、記憶している方もいると思う。徳山さんが1月17日午前5時40分頃、神戸市内から淡路島方面に向けて撮影したその写真は、西空が夕焼けの様に赤く染まっている光景を捉えている。やや遠くに、雲を刃物で切り裂いたかのような一直線から、一際赤い空が見えている。その手前は何筋にも雲が切れ、やはり赤い空が見えている。地震発生の数分前の光る西空である。
 「細く薄い雲のような物が、空の石(西)から左(東)に向け、さっと走った。その直後。
 三回、雲越しに稲光のような光が見え、激しい揺れでハンドルをとらえた(震源から約40
 キロ東の伊丹市を南に向けて走行中だったタクシー運転手の吉井好雄さん--37歳-)
 「雷が落ちた様にピカッと白い光が目に飛び込んできた」(震源地近くの明石海峡付近で底
 引き網漁をしていた淡路島・淡路町の大平憲次郎-48歳-)
 「カメラのストロボをたいたときのように明るくなった」(西宮市から通勤途上だった会社
 員-48最-)(以上3件、「日本経済新聞」1月17日付夕刊による)

 その他、色々の新聞に目撃者談が発表されている。こういう地震直前の空の発光現象は、昭和18(1943)年の鳥取大地震、昭和40年から5年間続いた松代群発地震の時にも見られたもので、今回のも決して雷の見間違いではない(発光現象そのものが電磁波現象である。電磁波からスカラー波(重力波)を発生する事が出来る。重力波と共鳴現象で地震を発生する事が出来る!忍。神戸海洋気象台の「当時、雷は発生していない」という言がある)。
 ところが、キノコ雲の様なものが空に立ち上がったという目撃者がいるらしい。これはどこかのFMで放送されたもので、未だに確かめていないが、キノコ雲といえば、ただ事ではない。これが事実で、目撃者が複数いるならば、原爆による人工地震説の有力な証拠となるかもしれないが、地震の予兆現象には豊富な例を持っている中国では、大地震の直前に巨大なキノコ雲が出現したという報告がある。
 又目撃者の中には「赤い稲妻が走った」というのもある。その「赤い稲妻」が雷の稲妻のように上空から地上に向かって光ったならば、次のような推理も可能だろう。
 「地震直前、空が1/4程不気味な赤色になり、赤い稲妻が走ったのを見たという数人の証
 言がある。これは震源を発生させる断層に向かってマイクロウェーブ波を撃つ時、複数のマ
 イクロウェーブ波の焦点を取る為に、人工衛星からマイクロウェーブを発射した時起きたプ
 ラズマ現象である。この人工衛星は湾岸戦争の時使われたプラズマ兵器でもある」(OHさん)


第一の謎--バスを連ねて脱出した?被災地の欧米人
 といった中で、奇妙な新聞記事に出会った。平成7年2月11日付けの「讀賣新聞」である。
 「米国人を中心とする欧米
 人の内、約400人は地震
 発生後の1月19日から2
 0日にかけ、自前で船をチ
 ャーターし、関西国際空港
 から日本を脱出する素早い
 避難を見せた」

 たった7行の記事である。しかし、これはあり得ないニュースである。
 この400人は、全く不可能な行動を取っている。第一、電話は不通であった。第二に、船を出そうにも、ポートアイランドに行く阪神高速道路は落下し、車が通れなかった。第三に、ポートアイランド近くはガス漏れしていて危険なので立ち入り禁止になっていた。
 1月19日、20日にかけて400人もの外国人が日本から出国したかどうかは、関西国際空港で調べれば確認出来る筈だが、この記事を書いた記者はそれを確認したのかどうか。一体記者は、誰から取材してこの話を書いたのか。
 地震直後の19日、20日に、被災地を400人の青い目の人達がぞろぞろ移動したら、マスコミや警察の目に止まらない筈はない。だが、そんな報道は全くなかった。兵庫県警の話によると、大量の外国人が避難の為にどこかに移動したという報告は全く無い。
 山の手地区の居住外国人は被害が少なく、警察では、外国人被災者用に確保したフェリーには何人かが一旦入居したが、間もなくそこから出ていったという。
 そうだとすると、どうして、このあり得ない話が報道されたのか。
 察するに外国人から聞いたのだろう。その外国人は、地震発生以前に避難勧告があって、一部の外国人が神戸を離れていた事を知っていたのではないか。本当の事を言えば、「じゃ、どうして地震が起こる事を知っていたんだ?と云う事になる。そこで、月日を変えて、地震発生直後の話として記者に語った・・・のではなかろうか。 
 そして、この新聞記事そのものが新たな謎を生んだ。
 問題の7行の記事が載ったのは「讀賣新聞」東京版14面のトップである。「阪神大震災、どう救う不法残留外国人」という横見出しと「医療費の扱い未定」「求められる人道的配慮」という6行三段抜きの見出しがついている。それに対して同日の大阪版は二面で同じ記事を取り上げてはいるが、横見出しは三段の縦見出しだけで、扱い方は東京版の半分以下。そして、問題の7行は削ってある(やはり、讀賣新聞も情報操作をしているか!!忍)。
 
東京版も大阪版も「英字新聞課(大阪)多田正俊」(もしかしたら、ユダヤ・フリーメーソンか!忍)という著名入りの記事である。この不思議な変更を指摘した「月刊ふじ」(平成7年7月1日号)は、次のように続けている。
 「讀賣新聞は、被災直後の神戸港の状況を海運最大手日本郵船の大山神戸支店長の話として
 『空襲されたバグダッドだ』と当時の惨状を表現し、『支店長89人中11人の安否が不明』
 と連絡を取り合うのが極めて困難であったと報道しています。又、同社の東京本社の村田ア
 ジア事業部課長は『神戸港だけじゃない』と判断、東南アジアからのコンテナ船ライラック
 は東京港に、シンガポールからの雑貨を運んできたコンコルガッサンは堺港へ。神戸港を目
 指していた北米、欧州航路の29隻は東京、横浜などに変更したと伝えています。」
 こうなると、脱出した400人の欧米人は超能力者集団だったのか、という事になる(要するに事前に地震が起きることを知っていたから、逃げた説が正しいと思う!忍)。


第二の謎--”予言”されていた阪神大震災
 オウム真理教んぽ信徒は別として、オウムがラジオ放送をしていた事は、知る人ぞ知るだったかもしれない。中波(1476Hz)午前零時から3時間流していた「エウアンゲリオン・テス・パシレイアス」という放送である。
 平成7年1月8日の放送の中で、彼等は「1月18日に、直下型の大地震が起こる」と”予言”していたのである。地震後に、的中したというので、オウムではB5判4頁、カラー印刷の「緊急速報」を大量に印刷して東京・大阪その他の都市の各戸に投げ込んだ。
「この惨事は1月8日警告されていた!」「またもや的中 麻原彰晃尊師の予言」「場所は『神戸・直下型』 時は『1月18日前後』!」「尊師の予言はこれからも的中する!」等の見出しが踊るこの印刷物によると、同放送は麻原と彼をリーダーとするオウム真理教占星学研究グループが出演し、麻原独自の「地震占星学」に基づいて1995年の地震を予言したという(此の地球上で神戸に大地震が起きるという場所を限定している理由が分からない。星の運行は地球全体に重力の影響を与える。それを1個所に限定する理由は分からない。地球自身にも固有な循環作用があることは理解出来るが、これは、星の運行による占星学だけで決定つけられるのか疑問がある。やはりシバ魔人が1月18日に決定し、シバ魔人の主催しているフリーメーソンが人工地震を起こしたのか!忍)。

 その占星学によれば、1995年は冥王星が蠍座から射手座へ宮(きゅう)を移す。其の前後には必ず変動が起こる。
 「95年の1月に冥王星が宮を移す--その正確な日付は、1月18日なのである。こうし
 て『1月18日前後』が危険日として特定された。
  更に続けて、地震の発生する場所についての検討が加えられた。兵庫県--更に限定して
 『神戸』という地名が飛び出した。神戸近辺に危険な地点がある。
 『一番危険なのは神戸だ』
  神戸近辺が震源--つまり『神戸で直下型の大地震がある』と麻原尊師は断定されたので
 ある。
  1月18日前後。神戸で直下型大地震。そのものずばりの予言が地震の十日前に完全な形
 で行われていたのである!」(「緊急速報 神戸地震!この惨事はけいこくされていた!」)

 因みに、このカラー印刷物は、地下鉄サリン事件以前に配付されたものである。
 
地震予告が、なぜアメリカという国から来るのか
 オウム予言の他にも、あまたの地震予言があったのが、今回の特徴といえるが、予言(デマ、流言飛語もそうだが)は、一旦人に伝わり始めると、出所を正す事なく広がっていく。オウムのように、わざわざ出所を明らかにするのは珍しい例かもしれない。出所を問い正していくと、奇妙な予言もあった。
 その一つは、阪神大地震に関するものではなく、1月末に東京で起こるというものであった。それが外資系企業の日本支社に米国の本社から業務用のファックスを使って、地震があるから注意せよと流れてきたのである。アメリカ人の事だからジョークで流したかもしれないが、いささか悪い冗談である。それだけではない。元CIAの人物から日本の知人宛てに、「2月15日は1月17日と同じく満月であった為、この情報は信じられ易かったが、数日前になって元CIA氏から「あの件は取消」という電話が入ったという。
 ジョークかもしれない物を含めて、地震予告が、なぜアメリカという国から来るのか。又、平成6年秋にオーストラリアの地震研究所で所長が、「来年(平成7年)の1月と10月に日本で大地震がある」といったのを聞いた人もいる。
 この様に、今回の地震予言・予告が海外から来ている事を考えると、前述した神戸の一部の外国人が事前に避難したというのはありえない話ではない。
 オウムの予言には、その後があった。公にはされなかったが、3月・静岡、4月・大阪 9月・東京に地震が起こるという話も流されていた。その話は少なくとも2月上旬には、信者獲得の為に語られていた。地震から免れたければオウムに入れ、今入信すれば2ヶ月分の食糧を提供し、核戦争に備えてシェルターに避難する事も出来るとも説いていた。

 そして、そのオウムの話の中には、すこぶる興味深い情報が入っていた。
 「外資系のベクテル社というボーリング会社が工事に参加した所で地震が起こる。彼等は
 活動層を狙って地震の種を仕掛けている。その会社は淡路島でも工事をやった。東京近郊
 は府中、国立付近。埼玉付近にもある」
 というのである。


闇の世界政府「300人委員会」がレーガン政権に送り込んだベクテル人脈
 オウムが具体的に名前を挙げた「ベクテル社」とは、米国のフーヴァーダム、サンフランシスコ・ベイブリッジ、スリーマイル島を含む全米の52%の原子力発電所、アラビア横断パイプライン等の建設、世界最大のニューギニアの銅鉱山、サウジアラビアのアルジュベール新産業都市全体設計、中国のジュンガル石炭開発計画等を行っている最大の建設・エンジニアリング会社「ベクテル・グループ・インコーポレーション」の事で、日本のダムや原発建設にも参画している。
 1898年に創立した同社は、創立者とその同族が株の大半を所有し、しかも株と業務内容は一切非公開で(だから日本人はウォール街とロンドンのシティの株式市場を信用しているから、本当の最重要企業は隠されている事が分かっていない!忍)、レーガン政権時代に、ジョージ・P・シュルツ国務長官(元社長)、キャスパー・W・ワインバーガー国防長官(元副社長)の二人を閣僚に送り込んだ企業である。
 ジョン・コールマン博士『300人委員会』(歴史修正学会訳、KKベストセラーズ)によると、このシェルツは闇の世界政府「300人委員会」が選んだ国務長官で、ヘンリー・キッシンジャーの子飼いであった。キッシンジャー・コネクションを胡散臭いと思っている国々に接近する役目を担っていたのが、ベクテル社でありシュルツであった

 全米の原発の半分以上を建設しているベクテル社は、日本を含む他の国々の原発も手掛け、日本列島の中でも同社が参加している施設は、地震兵器が仕掛けられる可能性があると、オウムはいう。現在のボーリング技術では、地中数百メートルどころではなく、1キロを越える深さまで掘る事が出来る。先に挙げたソ連の地震兵器は「小さな核爆発」で「大きな地震」を起こす事が出来るが、深くボーリングした個所に「小さな核爆発」を起こす物を埋め込んでおけばいいことになる。













ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Bobby Jean」Bruce Springsteen

今日の1曲は、ブルース・スプリングスティーンの「Bobby Jean」です。




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Promises」 The Cranberries

本日1月15日は、クランベリーズのドロレス・オリオーダンの命日です。
彼女が亡くなって、早くも3年が経過しました。
クランベリーズの「Promises」で追悼します。





ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村


「癌も嘘、心臓病も嘘、コロナも嘘。医者に行ったら殺されるのです。ワクチンを打ったら殺されるのです。」byソウルマン

「心臓病の真実は?」


字幕大王さんが訳してくれたトーマス・コーワン医師の動画のリンクを貼っておきます。

https://jimakudaio.com/yt?v=KGIzWjjkpNk&lang=ja

コーワン医師の発言で私が一番印象に残ったのは、以下の発言です。
49分30秒ぐらいからです。


「1920年にはアメリカには心臓病はなかった」


これは、決してスルーしてはいけない指摘でしょう。
この発言を逆に言えば、こうなります。

「1920年以降に心臓病という病気が「製造」された」と。

この件に関するコーワン医師の発言を、一部文字起こしします。




EKG(心電図)を発明したハーバード医大の人間が、EKG(心電図)をハーバードの教授に提供しようとしたが、役に立たないと言われた。

アメリカに心臓病などないから。

2、3世代前では、ほとんど誰も心臓発作にならなかったんです。
1920年のアメリカ人が食べていた健康的な食事は、
バター、ラード、卵、クリームでした。

1940年のアメリカ人の第一の死亡原因は、心臓病になりました。

原因としては、3つ考えられます。

1、 食事の大きな変化
  マーガリン、食用油脂、加工食品です。

2、 農業における広範囲の化学物質使用

3、 増加する地球の電気化

この3つが起こるや否や、心臓病が流行しました。

心臓へ運ばれる冠状動脈にプラーク(血管の瘤(こぶ))ができて血液が流れなくなることが原因で心臓発作になると、誰もが思っています。

このことを分析してみましょう。

冠状動脈と脾臓や肝臓や足他の血液は同じだと思いますか?

(答え)同じだと思います。

では、脾臓へ行く血液もプラークが発生しますか?

(答え)はい。

では、脾臓発作を聞いたことはありますか?

(答え)いいえ。

脾臓発作、肝臓発作、足発作を聞いたことはありますか?

(答え)いいえ。

なぜ心臓発作しか聞かないんでしょうか?
同じ動脈、同じ血液、同じプラークなのに。

次の質問です。

50歳の男性が「先生、丘に登ったら胸に少々圧力を感じたんです」と言いました。

医者に行くと、このように言われました。

「心臓病かもしれない。動脈をチェックしよう」

「君はブロックされている。これ以上ブロックされたら心臓発作になる」と。

「君の動脈には5%しか流れていないんだ。5%がブロックされて3%になったら死ぬぞ」と。

私は、この医者の話を信じません。
5%は血流じゃありません。何の証拠もないんです。それがどんな違いをもたらすかの。

心臓発作で死亡した人の検死について書いた書があります。
ジョージオ・バロルディという人が書きました。
41%が動脈をブロックされていたと。
しかし、そのブロックのうち50%は心臓発作の後に起こっていると。

前ではなく。

心臓発作の80%は、何のブロックの何の証拠もないんです。

ステントによって長生きしたとか、第二の心臓発作を起こさなかったとかの何の証拠もないんです。

2018年10月に、ランセット誌で初めて、ステントの盲検法が行われました。
結果、「ステントは役に立たない」と証明されました。

ステントは、さらなる心臓発作を回避しないし、長生きもさせないし、胸の痛みの減少もしません。

では、何の利益があるのか?

そして問題としては、我々の心臓への血管流入のほとんどは、何はともあれ、これらの動脈から来るのではありません。
これは分水地点なんです。
数百万の小さな毛細血管の、ちょうど川ではなく、分水地点です。

そして、病気になった時、エネルギーを作りだす方法として、心臓発作があるんです。





次に、厚生労働省のホームページから、人口動態統計100年の年次推移が紹介されているので、リンクを貼っておきます。

https://www.mhlw.go.jp/www1/toukei/10nengai_8/hyakunen.html



図14を見れば、癌も、心臓病も、昔より激増していることが分かります。
医療技術が進めば進むほど、癌や心臓病で亡くなる人は増えているようです。

この事実から分かることは、「癌や心臓病を中心とした病気は意図的に作りだされた」ということではないのでしょうか。

今回のコロナ詐欺を見て分かるでしょう。
国が医療の名のもとに行っていることは何でしょう?

存在さえ証明されていないウイルスの恐怖を煽って、やりたい放題やっているんです。

ウイルス対策にならないどころか、不衛生この上ないマスクを、子供や老人にも強いています。

ウイルスを見るのではなく遺伝子情報を見ているPCR検査で、陽性になった人を「コロナ感染者」と偽って、毎日“嘘の数字”を発表しています。

そのデタラメなPCR検査のサイクル数は、あのWHOやファウチでさえ35以上は役に立たないことを認めているのに、日本は45サイクル以上で検査しています。

このデタラメな検査で出た陽性者数を基に緊急事態宣言なるものをまたもや発することで、日本経済をメチャクチャにしようとしています。

そしてまたデタラメついでに、コロナワクチンと称する「遺伝子組み換え物質入り・ナノチップ入りの“ウイルス対策とは何の関係もない”謎の遺伝子注射」を国民に強いようとしています。

人類史上初めての遺伝子注射であり、動物実験さえ行われていません。
副反応で死んでも製薬会社は何の補償もしないことを確約されている“製薬会社に優しい”政府の号令で。

山本太郎をはじめとしたほとんどの野党の議員も、この“おかしな政府の政策”に異議を唱えようとさえしません。
日本異死怪も、どこの知事も、NHKをはじめとしたマスゴミ各社も、偽物の専門家である大学教授も、芸能人も、これまでけっこう政府批判をしていた独立系のジャーナリストも、誰もが「右へ倣え」でこの“おかしな政府の政策”に異議を唱えようとしません。

私が昔から「嘘八百のこの世界」と言い続けているのは、このように“普通の感覚”で考えればおかしいはずなのに、おかしな奴らが連携して“おかしなこと”をしていることを理解していたからです。

このおかしな世界は、今始まったわけではありません。
ずっと前から“おかしなこと”をやり続けていたのです。

今回のコロナ詐欺で、このとこが多くの人にも理解できるようになっただけです。
「彼ら」は、昔から“おかしなこと”をしてきたのです。

だから、癌も心臓病も、いつまでたってもなくならないどころか、増え続けているのです。
これは、「彼ら」が“おかしなこと”をやり続けた結果なのです。

結果であり、「計画」なのです。

「偶然」癌や心臓病が「発生」して増え続けているのではないのです。

元々なかったか、あってもたいしたことのなかった病気を、「計画的に」拡大・流行させて、増え続けさせているのです。

コロナでも同じことをしているだけです。

コロナが存在してようとしてまいと関係ないのです。

「彼ら」は、自分たちのシナリオ通りに好き勝手にことを進めることが可能なのです。

グレート・リセット(=人口削減)というアジェンダを進めるために。

生き残りをアバターという奴隷ロボットとしてこき使うために。

「自分たち以外は全員奴隷」という「全世界共産主義社会」を実現させるために。

癌も嘘、心臓病も嘘、コロナも嘘。

医者に行ったら殺されるのです。

ワクチンを打ったら殺されるのです。

信じる者は殺されるのです。

あなたは、これでも黙ったまま「悪魔のシナリオ」に従うつもりですか?




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Maria Maria」 Santana

今日の1曲は、サンタナの「Maria Maria」です。



ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Walking In My Sleep」 Cloudberry Jam

今日の1曲は、クラウドベリー・ジャムの「Walking In My Sleep」です。




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「相手の存在も分からない、相手が存在しているか否かも分からない、そんなウイルスに対して、どんなワクチンが有効なんですか?」byソウルマン

「嘘八百の新型コロナウイルス詐欺に騙されるな!56」

まずは、この記事を。

https://news.yahoo.co.jp/articles/62f38bf3edf082801680a145d086ebbf76b37bc1
コロナワクチン「3つの副反応」リスクに免疫学の第一人者が警鐘
1/11(月)

新型コロナウイルス対策の切り札とされるワクチン。英米など海外では接種も始まった。特集『総予測2021』(全79回)の#61では、免疫学の第一人者である宮坂昌之氏が、新型コロナワクチンはどこまで期待していいのか、心すべきは何なのかを語る。(ダイヤモンド編集部 小栗正嗣)

「週刊ダイヤモンド」2020年12月26日・2021年1月2日合併号の第1特集を基に再編集。肩書や数値など情報は原則、雑誌掲載時のもの。 ● ワクチン接種がより広まって 初めて見えてくる副反応リスク  新型コロナウイルスのワクチンに注目が集まっています。  日本政府が供給を受けることで合意している、あるいは契約を結んでいるのは、米ファイザーと米モデルナのメッセンジャーRNA(mRNA)ワクチン、それから英アストラゼネカのウイルスベクター(アデノウイルス)ワクチンの三つがあります。  ファイザーと独ビオンテックが開発したワクチンが95%の有効性とうたうのをはじめ、いずれも90%以上の有効率があるとします。  普通のワクチンの有効率は、例えばインフルエンザでは30%から良くても60%ぐらいですから、この数字はすこぶる高い。  ただし、分析データを見てみると、注意する必要があることが分かります。問題は安全性です
 ワクチンの場合は副作用ではなくて副反応という言葉を使います。ワクチンによる健康被害の多くは、免疫反応そのものによって起きるものだからです。  その副反応には大きく分けると3種類ある。一つ目は即時に、接種して数日以内に出てくるもの、二つ目は2週間から4週間たってから出てくるもの、三つ目はワクチン接種者が感染した場合に出てくるものです。  一つ目の早い方の典型は「アナフィラキシー」という、全身に現れるひどいアレルギーです。海産物などの食べ物でも引き起こされるので、よくご存じでしょう。  当初、皮膚がかゆい、目まいがするといった症状から始まって、さらに血圧が低下して意識障害、失神に至り、命を落とすこともあります。  ただし、ワクチンによるアナフィラキシーの頻度は、これまで開発されたワクチンでは100万回に数回というレベルでした。  例えば、ファイザーは第3相臨床試験に4万3000人を超える人が参加したとしていますが、ワクチン接種群とプラセボ(偽薬)接種群がそれぞれ何人感染、発症したかを見ているので、実は半数の2万1000人超しかワクチンを接種していません。  100万回に数回しか現れないような副反応は、2万人超では見えない可能性があるのです。この点で少し心配なのは、英国で接種開始直後に、すでに2例のアナフィラキシーショック様の症状が見られていることです。このリスクについてはもっと時間がたたないと分からないと思いますが、慎重な判断が必要です。  二つ目の遅い方の副反応の典型は、脳炎などの神経障害、それから末梢神経がまひするギランバレー症候群などがあります。  例えば脳炎については、おたふくかぜのワクチンだと、100万回の接種に対して10回ぐらい起こる可能性があるといわれている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/62f38bf3edf082801680a145d086ebbf76b37bc1?page=2
● 重篤な副反応の頻度は 100万回に数回程度  多いように感じられますが、おたふくかぜのウイルスに感染すると、その約10倍の頻度で脳炎が起こり得る。ワクチンによって脳炎にかかるリスクを下げるわけですから、リスクがあっても接種した方がいいということになります。今回のワクチンでは2回目接種の2カ月後ぐらいまでは調べていて、脳炎、神経障害などは見られていないようです。  三つ目の副反応はADE(抗体依存性感染増強)と呼ばれ、ワクチン接種後に抗体ができ、その抗体のために新型コロナ感染症が悪化するというものです。  せっかく獲得した抗体が、再び感染した際に悪く作用し、重篤化につながってしまう。  今回の臨床試験では、ワクチン接種群で10人以内の感染者しか出ていないので、ADEのリスクを判断するのは困難です。この現象は感染の拡大、ワクチン接種の増加によって初めて見えてくるものなのです。  ワクチンによる重篤な副反応の頻度は100万回に数回程度。現段階ではそのリスクについて早計に判断すべきではありません。  ワクチンについてまだ分かっていないことは結構あります。  そもそもウイルス疾患と免疫の関係は非常に複雑です。例えば、おたふくかぜやはしかは、2回ワクチンを接種するか、一度病気にかかれば20年、30年と免疫が続く。それに対して、インフルエンザなどは4カ月ぐらいしか免疫が持続しません。  なぜそのような違いが出てくるのか。本当のところはまだ分かっておらず、この謎を解いたらノーベル賞級です。
● ワクチンはおそらく 毎年接種せざるを得ない  新型コロナに関しては、免疫学者から見ると、さまざまなことがインフルエンザと似通っている。ワクチンができても、インフルエンザ程度の期間しか免疫が持続しない可能性もあります。少なくとも20年、30年続くタイプではありません。おそらく半年とか1年ではないかという気がしています。  インフルエンザのように毎年違う型が出現するわけではないにしても、おそらく毎年ワクチンを接種せざるを得ないでしょう。そうすると、やはり心配は副反応になります。  日本の感染状況では、東京や大阪などの新規感染者数は10万人当たり20人から50人くらいです。しかもその中で、他の人にうつすのは1割から2割といわれている。要は、私たちが他人にうつす感染者と出会う確率は、1万人に1回あるかないかです。  一方で、ワクチンを接種して重篤な副反応が現れる頻度は100万回に数回です。私たちは、ワクチンのメリットとリスクを天秤にかけて判断しないといけません。  ワクチンは治療薬と違い、健康な人が予防効果のために接種するものです。高い安全性が求められます。ワクチン接種が始まるのは2021年半ば以降と見込まれますが、拙速に動くべきではありません。  また、ワクチンは皆が接種を受けないといけないと迫るべきものではありません。個人の自由、個人の意思の下に受けるなら受け、受けたくない人は無理に受けなくていいとすべきものなのです。  Key Visual by Kanako Onda
ダイヤモンド編集部






この先生、最後にいいことを言ってますね。

「ワクチンは皆が接種を受けないといけないと迫るべきものではありません。個人の自由、個人の意思の下に受けるなら受け、受けたくない人は無理に受けなくていいとすべきものなのです」

全く持ってその通りである。
周囲からワクチンを強制されそうになったら、この言葉を声に出して相手に伝えるべきでしょう。

ワクチンによる後遺症を一般的には「副反応」と呼ぶが、実際は「主反応」だという話を聴いたことがある。
ワクチンは「悪いウイルスに感染しない体にする」ことが「主目的」であり「主反応」だと思いがちだが、実際は違うというのだ。

そもそもワクチン自体が「悪いウイルスに感染しない体にする」ことを目的としておらず、
「死を含む後遺症を人体にもたらす」ことを目的にしているということなのか?

だから、一般的には「副反応」と呼ばれる後遺症が出る状態は、「彼ら」にとっては「主反応」であり、「主目的」であるということなのか?

それはさておき、私は基本的な疑問を抱えています。

そもそも、このコロナワクチンなるもの、おかしいと思いませんか?

おかしいもおかしい、絶対におかしい!

どこの会社のワクチンがいいとか、どこの国のワクチンがいいとか、
そういった問題ではありません。

「コロナワクチンとは一体何者なんや?」ちゅー話です。

まず、コロナ(新型コロナウイルス)ちゅー奴は、存在さえいまだに証明されていないんでしょ。

世界中の誰一人としてこのウイルスの存在証明ができないわけでしょ。

存在証明ができないウイルスに対抗するワクチンができるわけがないじゃないですか!

前にも書いたように、相手の傾向が分からないのに対策は立てられないじゃないですか!

プロ野球でもそうでしょ。

相手のピッチャーが160キロの球を投げるならその球を打つために努力することで対策が立てられますが、相手のピッチャーの球速も分からない球種も分からないのであれば、対策など立てられるわけがないじゃないですか。

まず相手のピッチャーが存在しているかどうかから始めないとダメでしょう。

存在さえしていないピッチャーの球を打つのに対策を立てるということは、夢を見てるようなものなのです。

相手の存在も分からない、相手が存在しているか否かも分からない、そんなウイルスに対して、どんなワクチンが有効なんですか?

相手が何者なのか、存在してるかどうかも分からなければ、
対策なんかできるわけないじゃないですか!

相手が何者なのかさえ判読できないウイルスに対して、
ワクチンもクソもないでしょ!

コロナは未知のウイルスだから怖いちゅーわけでしょ。

未知のウイルスにワクチンもクソもないでしょ!

ワクチンを作った製薬会社さん、
アンタら一体何を基準にワクチンを作っんですか?

ちゃんと公表しなさいよ。

政府も、この「誰が聞いてもオカシイと気づくはずの疑問」にきっちりと答えてくれよ!

未知のウイルスであり、相手が何者なのかさえ判読できないウイルスに対して、
何故に遺伝子組み換え物質が入ったワクチンを打つんですか?

相手が何者なのかさえ判読できないウイルスに対して、
遺伝子組み換え物質が入ったワクチンを打つことが「有効である」ことを証明できる方はおられますか?

医学的・科学的根拠をもって説明してもらえませんか?

「相手が何者か分からなくても、
遺伝子組み換え物質が入ったワクチンを打てば、
未知のウイルスでも何でも治るんじゃ~」といったクレイジーな説明は勘弁してくださいね。

何ぼ何でも、それはメチャクチャでしょ。

マスコミ各社さん、
与野党さん、
緑の狸さん、
日本異死怪さん、
製薬会社さん、
医学的・科学的根拠をもった説明を国民にしてくださいよ!

ワクチンを国民に打つ打たない以前の問題ですよ。

アンタら何を根拠にワクチンを作って国民に打たせようとしているんですか?



ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「おもいで河」中島みゆき(カラオケ)

今日の1曲は、中島みゆきの「おもいで河」(カラオケ)です。




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Sixteen Tons」Ben Sidran 、Merle Travis、Tennessee Ernie Ford、Johnny Cash 、B.B. King 、Bo Diddley 、Jeff Beck and ZZ Top 、フランク永井

映画『イエスタデイ』をレンタルして観た。
娯楽映画としては「可もなく不可もなく」といったところが私の感想です。
エド・シーランも出演していたんですが、今日の1曲は、ベン・シドランの「Sixteen Tons」です。
関係ないか(笑)


オリジナルであるマール・トラヴィスが1947年にリリースしたヴァージョンです。
炭鉱府が主人公となっており、毎日石炭を16トンも運んでいる苛酷な労働の日々を歌っています。


1955年のテネシー・アーニー・フォードのヴァージョンです。
カントリー・チャートで1位になりました。


ジョニー・キャッシュのヴァージョンです。


B.B.キングのヴァージョンです。


ボ・ディドリーのヴァージョンです。


ジェフ・ベック&ZZトップのヴァージョンです。


フランク永井のヴァージョンです。




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村





「新型コロナウイルスで死ぬことをゆっくり溺れ死ぬイメージで詳細に記述することで人々を恐れさせる」byドイツ政府の対策会議

「嘘八百の新型コロナウイルス詐欺に騙されるな!55」

まずは、この曲を。


電車は今日もすし詰め 伸びる線路が拍車をかける
満員いつも満員 床に倒れたコロナが笑う


ちょっと編曲してしまいました。
存在さえ証明されていないコロナに擬人法を使って(笑)
老婆であろうが、コロナであろうが、あまりのアホらしい呆道には笑うしかないか。



https://www.tokyo-np.co.jp/article/78735
緊急事態初日に「通勤電車」がTwitterのトレンド入り 寿司詰め状態に嘆きの声
2021年1月8日 12時04分

東京と埼玉、千葉、神奈川の1都3県で緊急事態宣言の期間初日となった8日、ツイッターでは「通勤電車」がトレンド入りした。政府は出勤者の7割削減を目指したテレワークの推進を掲げているが、首都圏では満員の電車も多かったといい、「緊急事態宣言出ても通勤電車は変わらず寿司(すし)詰め状態」などと写真付きの嘆きのツイートが相次いだ。

 ツイッターでは、早朝から「通勤電車」を多くの人が話題にした。
「そうだろうなとは思ってたけどやっぱり通勤電車の混み具合一切変化なくて草 何が緊急事態宣言やねん」




今頃になって「誰でも感じる普通の想い」が報じられるようになったようである。
女子高生の訴えに唯一東京新聞が答えてくれたようです。
他の新聞・テレビはいまだにこの“誰でも感じている訴え”をスルーし続けています。

何が緊急事態宣言やねん!



http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-3606.html
「満員電車はよくて5人以上の食事はダメというのはオカシイ」by女子高生
「嘘八百の新型コロナウイルス詐欺に騙されるな!52」


次は、「学校におけるファシズム体制」の異常さを告発している女子高生の動画です。

#拡散希望 削除される前に即拡散希望【YOUTUBEに削除され続ける真実!】
https://www.bitchute.com/video/3pXqSDLxH7xG/



生徒にマスクをさせて体育の授業をさせるというのは明らかな虐待であり、
死につながる恐れさえあります。
教師は知らなかったではすまされません。
「運動中にマスクを使用することは絶対にしてはならない危険なことだ」
というのは「常識」です。

「上から言われたなら何も考えずにそのまま生徒に命じるのか!」
「自分の頭で物事の良し悪しを判断することもできないのか!」
「お前はそれでも教師か!」
「ロボット人間のお前なんかに子供を教育する権利などない!」と言いたい。

これは「すべての自分の頭で物を考えようとしないバカな教師」に言えることである。
児童相談所やユニセフが児童虐待などと言うのなら、
今現在ほとんどの学校で行われている「科学的根拠に基づかない教育指導」をどう思っているのか。
これこそが児童虐待である。
成長段階の子供に“百害あって一利ない”“不衛生の温床である”“ウイルス対策に全く役に立たない”マスクを強制するんじゃないよ!
女子高生の訴えの中に、私も感じていた“誰でも分かるオカシナ国の指示”があった。

「満員電車はよくて5人以上の食事はダメというのはオカシイ」というもっともな指摘である。

満員電車は密も密、超密状態じゃないですか!
「5人以上の会食をするな」と言う前に、
何故にこのような超密状態をほったらかしにするんですか?
何故に「満員電車でクラスターが発生した」という報道が一切出ないんですか?

怖いウイルスだという根拠がないことを認めた厚生労働省さん、
緑の狸さん、
日本異死会さん、
科学的根拠をもって私や女子高生の疑問に答えてもらえませんか?

5人以上や夜8時以降の飲食をやめるように求めるくせに、
満員電車の超密状態を放置している科学的根拠を示してくれよ!



・・・・・・・・・・・・・・・・・

もうすでに新型コロナ“ワクチン死者”が出ています。
このように表に出ているニュースはごく一部でしょう。
実際は“表に出てない膨大な新型コロナ“ワクチン死者”が存在していると感じています。



https://parstoday.com/ja/news/world-i69590
2人のノルウェー市民がファイザーのコロナウイルスワクチン接種の後、死亡
1月 07, 2021

2人のノルウェー市民が、ファイザーの新型コロナウイルスワクチンを接種した後、死亡しました。
IRIB通信が6日水曜、報じたところによりますと、ノルウェー医薬品局は同国市民の二人の高齢者がファイザーワクチンを接種した後、死亡したとしています。
これ以前にもシオニスト系メディアが、イスラエル市民の一人がコロナワクチンを接種した後、心臓発作で死亡したことを明らかにしています。


ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。
https://twitter.com/parstodayj
https://www.instagram.com/parstodayjapanese/
http://urmedium.com/c/japaneseradio





“普通の感覚”のある政府なら、こう判断するだろう。
「このワクチンは危ない。即刻中止する。安全性を確認できないワクチンを大切な国民に打つようなことは絶対にしてはならない」と。
“普通の感覚”のない政府は、このような「常識」的な措置を取らないようです。
皆さんは、“普通の感覚”のない政府と“普通の感覚”のないメディアの管理下にあることを覚えておくべきです。
“普通の感覚”のない政府と“普通の感覚”のないメディアが報じる緊急事態宣言なるものが、国民の立場を思いやった「常識」的な措置でないことは、言うまでもありません。

「「本当の緊急事態」は、“普通の感覚”のない政府と“普通の感覚”のないメディアの管理下に我々が置かれていることであり、我々の大多数が“普通の感覚”のない政府と“普通の感覚”のないメディアの“科学的根拠も医学的根拠もない”指示・要請に“自分の頭で考えることなく”ただひたすら羊のように盲従していることである」と、私は「宣言」します。

最後に、「本物の専門家」大橋眞教授の新しい動画をどーぞ。

特番『徳島大学名誉教授大橋眞氏 登場。PCR検査の真実は?そもそも新型コロナパンデミックとは?』ゲスト:徳島大学名誉教授 医学博士 大橋眞氏




・今あるのは、遺伝子情報としてデータが遺伝子バンクに登録されているということは確かです。

・ただし、その遺伝子情報を持ったウイルスがこの世に存在するかどうか、あるいはこの世に存在したかどうか、今日本にあるかどうかは、すべて分かりませんということです。

・PCR検査については、WHOやアメリカの感染症対策の責任者であるファウチですら、CT値で35サイクル以上のものは無意味であると言っています。

・日本は国立感染症研究所のマニュアルでは45サイクルであり、民間の検査は基準がない。

・ある会社は50サイクル以上で回している。何をやっているか分からない。

・本当の医療崩壊はPCR検査を導入したことにある。

ドイツ政府の対策会議の文章にこのように書かれていた。
「目的は大衆に圧倒的ショック効果を与えることである」と。
さらに具体的には、次の3つである。
① 新型コロナウイルスで死ぬことをゆっくり溺れ死ぬイメージで詳細に記述することで人々を恐れさせる
② 子供たちが死のウイルスに気づかずにまき散らし、親を殺す危険な感染源であるということを人々に告げる。
③ 新型コロナウイルスの後遺症に関する注意喚起を拡散する。そしてそれが正式に証明されていなくても、人々を怖がらせることになる。


私はこれ(新型コロナウイルスワクチン)をワクチンと呼んでいない。
 「謎の遺伝子注射」と呼んでいます。





この世界が「嘘八百のこの世界」であることを理解しましたよね。

この世界が「狂っている」ことを理解しましたよね。

今「起こされている」緊急事態宣言なるものも“狂った連中”の支配下にある同じく“狂った連中”によって発せられた“偽情報”であることを理解しましたよね。

新型コロナウイルスワクチンなるものはウイルス対策とは“全く関係のない”“科学的根拠も医学的根拠もない”「謎の遺伝子注射」であることを理解しましたよね。

このまま“狂った連中”の“科学的根拠も医学的根拠もない”指示・要請に従っていたら「大変なことになる」ことを理解しましたよね。

「ワープスピード作戦」という「謎の遺伝子注射打ちまくり作戦」を推進していたトランプがバイデンと仲間の“狂った連中”の一味であることを理解しましたよね。

「自分の頭で」考えましょう!

「自分の判断で」行動しましょう!







ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村




「ローリング・ストーンズは来なかった」西郷輝彦

今日の1曲は、西郷輝彦の「ローリング・ストーンズは来なかった」です。
タイトルと歌詞の内容が一致してないですね。
ローリングストーンズ ジョンレノン サンタナシカ~ゴ~(笑)

それと、予告通り、早くも元に戻してしまいました(笑)
それなりに気に入っていたんですけど、サイトの入り方によって動画が観られなくなっていたので。
どこにでもあるような”普通のテンプレート”は好きじゃないしね。
当分はこれで行きます。





ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Tell Her About It」Billy Joel

今日の1曲は、ビリー・ジョエルの「Tell Her About It」です。




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村