2020年10月の記事 - 嘘八百のこの世界
fc2ブログ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント
月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告
2020年10月の記事

「Letter To You」 Bruce Springsteen

今日の1曲は、ブルース・スプリングスティーンの新曲「Letter To You 」です。
ジャケットの顔が切れて片目になっているのが気になりますナ・・・








ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「揺れる想い」ZARD

今日の1曲は、ZARDの「揺れる想い」です。
作詞は、坂井 泉水によるものです。
坂井 泉水は、抗がん剤治療をしていたようです。
がんが原因ではなく、がん治療が原因で亡くなったのでしょう。

医者やテレビの情報を信じ切っていたら、
自分や自分の大切な人の命を守ることはできません。

今コロナワクチンという最大の医療殺戮が実施されようとしています。

自分自身の頭で何が真実かを考えない限り、
自分や自分の大切な人の命を守ることはできません。






ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「マスカット・ココナッツ・バナナ・メロン」ムーンライダーズ、林未紀

今日の1曲は、ムーンライダーズの「マスカット・ココナッツ・バナナ・メロン」です。


林未紀のヴァージョンです。





ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Tramp」ウェスト・ロード・ブルース・バンド

今日の1曲は、ウェスト・ロード・ブルース・バンドの「Tramp」です。




<参考記事>
http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-1829.html
「Tramp」Lowell Fulsom、Buddy Guy 、Otis Redding & Carla Thomas



ドナルド・トランプのトランプは「Trump」のようで、意味は「(トランプの)切り札、切り札の組、奥の手、最後の手段、すばらしい人」らしいですね。
どう見てても「すばらしい人」には見えませんが(笑)



ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村











「臨時ニュース」PANTA&HAL

今日の1曲は、PANTA&HALの「臨時ニュース」です。
パンタ若いね~。





ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「轍-わだち-」コブクロ

今日の1曲は、コブクロの「轍-わだち-」です。




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

あなたが詐欺られるのが嫌ならば、そしてあなたが老後も人間らしい最低限度の生活を送りたいのなら、こんなトンデモ法改悪を許してはいけません!

「「成長戦略会議」及び「ベーシックインカム」とは何か?」



コロナ詐欺の裏で、また別の詐欺が秘かに行われているようである。
兎角この世界は詐欺だらけ。
兎角この国は詐欺だらけ。



(リテラ)さん
https://lite-ra.com/2020/10/post-5677.html
菅政権「成長戦略会議」恐怖の顔ぶれ! 竹中平蔵、三浦瑠麗、「中小企業は消えるしかない」が持論の菅首相ブレーン・アトキンソンも
2020.10.19 07:02

16日、菅政権が新設した有識者会議「成長戦略会議」の初会合が開催され、その顔ぶれに話題が集まっている。
 この「成長戦略会議」は、今井尚哉・前首相補佐官や菊池桃子と結婚したことでも話題となった新原浩朗・経済産業政策局長ら経産省の官邸官僚が主導してきた安倍政権の「未来投資会議」を解体し、菅政権が新たに始動させたもの。今後、この「成長戦略会議」と「経済財政諮問会議」が菅義偉首相の肝いり政策を後押ししていくことになるとみられるが、問題は有識者に選ばれたその面子だ。
 たとえば、三浦瑠麗氏。三浦氏といえば、新型コロナ問題では緊急事態宣言によって感染が落ち着いてきた5月14日に〈一刻も早く『通常運転』に復帰すべきであるにも関わらず、ダラダラと緊急事態宣言解除の判断を先延ばしにし、自粛の雰囲気を持続させて経済・社会を窒息させている〉〈本当は、コロナ自体は当初思ったよりも大きな脅威ではありませんでしたと宣言すべきなのだが、国民に浸透している恐怖心を踏まえると政治的にできないでいる。どうしても、引き続き気を付けてくださいという煮え切らないメッセージにならざるを得ない〉などとツイート。感染防止対策よりも経済最優先の菅政権にとっては好都合な人物であることに違いない。
 さらに、有識者の人選でくっきりと浮き彫りになったのは、安倍政権時と変わらない“お友だち”人事と、その“新自由主義”色の強さだ。
 そのひとりが、金丸恭文・フューチャー会長兼社長。金丸氏は安倍前首相とも親しい関係にあったが、安倍政権下で委員を務めた「規制改革会議」では当時官房長官だった菅首相の“名代”となって農協改革を主導、自由競争を推進させた人物だ。
 だが、なかでも大きな注目を集めているのは、竹中平蔵・パソナグループ会長だろう。竹中氏は安倍政権下でも政府の諮問会議のメンバーや民間議員を務め、自身が会長を務めるパソナグループなどに利益誘導を図ってきたことが批判されてきたが、竹中氏は「菅首相のブレーン」であり、菅政権でさらにその影響力は増している。

https://lite-ra.com/2020/10/post-5677_2.html
竹中平蔵「ベーシックインカム」の裏に社会保障打ち切りと正社員首切り政策

 そして、実際に竹中氏は菅政権の発足とともに、とんでもない主張を繰り出している。そのひとつが、9月23日に『報道1930』(BS-TBS)で“1人7万円のベーシックインカム導入”を唱えたことだ。
 そもそも竹中氏は担税能力に関係なく一定額を国民全員に課す人頭税の導入を主張していた人物だが、今回も竹中氏はベーシックインカムの導入と同時に、留保をつけながらも年金や生活保護の廃止も打ち出していた。つまり、個別の状況を考慮して最低限の生活を保障するのではなく「1人7万円でなんとかしろ」と迫り、さまざまな社会保障を打ち切ろうという考え方なのだ。
 しかも、竹中氏は社会保障の打ち切りだけではなく、このベーシックインカムの導入と引き換えに、有期雇用規制や解雇規制の緩和といった「雇用規制改革」を目論んでいるはずだ。これが実現されれば、正社員の首はすぐに切れるようになり、労働者は非正規の使い捨てとなる。
 それでなくても竹中氏は「時間内に仕事を終えられない、生産性の低い人に残業代という補助金を出すのも一般論としておかしい」(東京新聞2018年6月21日付)などと労働者の権利を無視するような数々の暴論を振りかざしてきたが、このような人物を菅首相は自身のブレーンとして引き立て、政策の推進役を担わせようとしているのである。端的に言って恐怖でしかないだろう。
 いや、さらに恐ろしいのは、今回「成長戦略会議」のメンバーに選ばれた、小西美術工藝社社長であるデービッド・アトキンソン氏の存在だ。
 アトキンソン氏はゴールドマン・サックス証券の元アナリストで、竹中氏と並ぶ菅首相のブレーンとして一躍注目を集めている。しかも、菅首相の入れ込みようは相当で、講演では「私はアトキンソンさんの言うとおりにやっている」と発言しているほど(朝日新聞9月19日付)。
 
 だが、そのアトキンソン氏の主張は危険なものだ。アトキンソン氏は“最低賃金の引き上げをおこなうべき”という主張で知られ、格差是正や貧困問題の観点からもその主張に肯首しそうになるものだ。しかし問題なのは、アトキンソン氏は、最低賃金の引き上げによって打撃を受ける中小企業の雇用を守るのに必要不可欠な支援策の拡充ではなく、むしろ最低賃金の引き上げによって中小企業を淘汰することの必要を訴えていることだ。


https://lite-ra.com/2020/10/post-5677_3.html
デービッド・アトキンソン氏「大きくなれない中小企業は消えてもらうしかない」

 アトキンソン氏は「プレジデント」(5月29日号)でこう述べている。
「人口減少の観点からして、小規模事業者の中でも中堅企業にはならない、なろうとしない、慢性的な赤字企業はただの寄生虫ですから、退場してもらったほうがいい」
「中小企業は、小さいこと自体が問題。ですから、中小企業を成長させたり再編したりして、器を大きくすることをまず考えるべきです。それができない中小企業は、どうすべきか。誤解を恐れずに言うと、消えてもらうしかありません」

 そして、菅首相はこの主張と呼応するように、さっそく中小企業の統合・再編を促進していくことを表明。中小企業基本法の見直しに向けた検討に入っている。アトキンソン氏の主張を菅首相が展開すれば、このコロナ禍で中小企業の倒産・廃業はさらに相次ぎ、大量の失業者が生み出されることになるのは目に見えている。
 ブレーンを政府に囲い込み、弱肉強食の新自由主義を加速させようとする──。このように、今回の「成長戦略会議」メンバーの顔ぶれからも菅首相の危険な狙いがはっきりとしたわけだが、問題はまだある。それは、安倍首相と同様に菅首相にも“お友だち優遇”疑惑があるということだ。
 アトキンソン氏が社長を務める小西美術工藝社は文化財や神社仏閣などの修復を手掛ける会社だが、同社は菅氏が力を入れてきたインバウンド政策の追い風を受けてきたといわれている。そのひとつが、国宝にも指定されている「日光東照宮」の陽明門の大修理。「週刊文春」(文藝春秋)によると、この修理は総工費が約12億円で、そのうち55%が国の補助金だが、この修理の大半を小西美術工藝社が受注し、すでに8億円超が支払われているという。しかも、修繕から3年しか経っていないというのに、その塗装が剥げたりカビが生えたりしていると「週刊文春」や「FRIDAY」(講談社)が指摘しているのだ。
 菅首相は官房長官時代の2019年12月にも「各地に世界レベルのホテルを50カ所程度、新設することをめざす」とぶち上げて話題となったが、じつはこのときも、官邸官僚は「事前に聞いていなかった。これはアトキンソン案件だ」と口にしていたという(前出・朝日新聞9月19日付)。森友・加計など安倍首相のやりたい放題の陰に隠れていたものの、菅首相もしっかり“お友だち優遇”の政策を打ち立てていたのである。
 新自由主義の加速と政治の私物化──。今回の「成長戦略会議」の新設は、菅政権のろくでもなさの象徴というべきなのかもしれない。
(編集部)





「成長戦略会議」とは何か?
そのメンバーを見ていこう。
まずは、デービッド・アトキンソンである。(ウィキより)




デービッド・アトキンソン(David Atkinson、1965年5月10日 - )は、イギリス出身で日本在住の経営者。小西美術工藝社社長。三田証券株式会社社外取締役。金融アナリストの経歴を持つ日本の観光・文化財活用・経済政策の専門家。
オックスフォード大学で日本学を学ぶ。
アンダーセン・コンサルティング(アクセンチュアの前身)やソロモン・ブラザーズに勤務し、1990年頃に渡日。1992年にゴールドマン・サックスに移ってアナリストとして活動し、バブル崩壊後の日本の銀行に眠る巨額の不良債権を指摘。ほどなく不良債権問題が顕在化し、その名を高める。2006年にパートナーに昇任した後、2007年に「マネーゲームを達観するに至って」退社した[3][6]。
アナリストを引退して茶道に打ち込む時期を経て、所有する別荘の隣家が日本の国宝や重要文化財などを補修している小西美術工藝社社長の家だった縁で経営に誘われて2009年に同社に入社し、2010年5月に会長就任。2011年4月に社長兼務となって、高齢・高給職人に対する賃金カットと若年職人に対する正規雇用化と体系的な教育の導入などの経営の近代化と建て直しにあたった。その後は日本の文化財政策・観光政策に関する提言などを積極的に行うようになり、東洋経済新報社の著書『新・観光立国論』で第24回山本七平賞を受賞した。2015年5月より東洋経済ONLINEにて文化財・観光・経済政策に関する題材を中心とした連載を開始。2016年より三田証券株式会社の社外取締役に就任。2017年6月より日本政府観光局の特別顧問に就任。
菅義偉内閣総理大臣のブレーンの一人で、菅が内閣官房長官時代から観光政策や経済政策に関して助言を行ってきており、2020年に政府の成長戦略会議の議員に起用された。




イルミのオカルト学の総本山のオックスフォード、ロスチャのゴールドマンサックス出身と言う経歴だけで、「彼ら」の命を受けて日本破壊に遣わされた人物であるということは容易に理解できる。
“Mr.売国奴”こと竹中平蔵については説明不要だろう。
次に、三浦瑠麗である。
ちょっと古いが、こちらのサイトから見てみる。



http://www.asyura2.com/15/senkyo183/msg/141.html
ヒラリーの先兵 ポスト桜井よしこ 三浦瑠麗のファシズム発言に注視せよ
http://www.asyura2.com/15/senkyo183/msg/141.html
投稿者 くしゃみ講釈 日時 2015 年 4 月 12 日

4月12日に、ヒラリー・クリントン氏が大統領選に出馬する予定だ。

それにあわせて、日本の一部マスコミでは、三浦瑠麗(みうら・るり)という女性研究者が登場してきている。藤原帰一の弟子であるが、発言内容は、日本のリベラル勢力を完全に抹殺するためにアメリカから「ニューリベラル」として育てられた人材だ。マイケル・グリーンが上級副所長を務める戦略国際問題研究所(CSIS)パシフィックフォーラムにも安保政策に関するレポートを寄稿している。

この数日間、三浦についてリサーチしてきたが、「三浦は、ヒラリー・クリントン前国務長官の鍵となるアドバイザー」たちと深い人脈を築いているというとだ。

その一人がジョシュア・ウォーカーである。ウォーカーは池上彰が取材した「富士山会議」(日本経済新聞主催)のテレビ東京の番組でも登場した。

現在はジャーマン・マーシャルファンドという米国の東部エスタブリッシュメント寄りのシンクタンクの研究員であるが、三浦女史は「このヒラリーの秘蔵っ子」と2012年に共同で経済構造改革についての論文を書いている。これに加えて、最近では三浦はマイケル・グリーンが上級副所長を務めるCSISに日本の安保法制の議論を整理し、アメリカ側に報告するレポートも寄稿していることはすでに書いたとおりだ。

ジョシュア・ウォーカー 写真記事冒頭引用元URLから

ここでわかってくるのは、アメリカのジャパン・ハンドラーズと日本の官僚機構は次期米大統領はジェブ・ブッシュではなく、ヒラリーという初の女性大統領になることを強く期待しているということだ。そこで三浦瑠麗のような人材をマスコミに露出させ、アメリカと日本の官僚機構が推進したい政策をアピールさせるかかりとして使う。安全保障政策に抵抗感がある、日本のリベラル層も「女性政治学者」が鮮やかに説明することで、受け入れやすくなると、言う読みだ。

三浦女史は安保法制の自公の基本合意ができた時にも朝日新聞に登場している。ここで次のようにコメントしている。

(貼り付け開始)

■<考論>試される国会の機能 国際政治学者・三浦瑠麗(みうらるり)さん

日本の安全保障の議論はこれまで、憲法と法律に偏りすぎていた。憲法解釈を変えて法律に書けば、すぐに政策として実現するかのような考え方が根強い。憲法や法律の中に、国や民主主義を守る歯止めが宿っているわけではない。

民主主義とは本来、時の政権、国会、国民が自分たちの意思を示す行為だ。民主主義的なプロセスを踏んで参戦を判断し、国民はその代償を支払うこともある。たとえば、米国はイラク戦争で4千人以上、韓国もベトナム戦争で約5千人の死者を出した。

自衛隊の派遣について、平和国家としての理念を議論せず、法律や国連決議といった「歯止め」にとらわれるのは、結果的に民主主義を弱くしてしまう。問題なのは、自民一強の国会がきちんと機能していないことだ。

例えば、政権が自衛隊派遣を決めた時、野党が対案を示したうえで、政権を追及することができるか。そうした能力が問われている。

(貼り付け終わり)

この議論、一見するともっともそうに見えるのだが、非常にたちが悪い。まず、今の国会では自公が圧倒的多数であり、民主党にも維新の党にも安保政策では自民党と変わらない勢力がいる。そのようなときに、国会が機能していないことに対する解決策を述べることなしに、「政権が自衛隊派遣を決めた時、野党が対案を示したうえで、政権を追及することができるか。

そうした能力が問われている」と他人ごとのように評論するだけだ。国会が機能しないからこそ、「法律や国連決議」という制度で国会の暴走を止めるという発想にならないのが非常におかしい。

長期的には「平和国家としての理念を議論」することも必要だが、まずは憲法解釈の変更だけで短兵急に安保法制をなし崩しに変えてしまうということが、日本の立憲主義に与える打撃について論じるべきだ。このように時間軸を混同させるというのが三浦女史のレトリックである。違う時間軸の問題を、まるで同じ時間軸のように議論するという手法であると、私の知り合いも言っていた。

廣瀬さんによると、この手口は、①前後関係と因果関係を意図的に混同させ、その因果関係も、短期と長期を意図的に混同する、というもの。この「二重の混同」が、焦点をうまくぼかす、ということである。これも合理的選択論における「選好の混同」を促す手口である。そもそも今の段階で安保法制を改正すべきだという議論は世論調査においても少数派だ。

安保法制を急ぎたいのは外務省や防衛省やアメリカのジャパン・ハンドラーズであり、それはガイドライン改訂という官僚機構にとっての利害の問題だ。この問題をまるで「日本国民の問題」であるかのように、合理性選好を混同させる役目を三浦女史は負わされている、という風にしか私には見えないのである。そういう「国民洗脳」がマスコミ主導で始まった、ということだ。

私がこの三浦女史の「朝日」のコメントを読んだ段階ではまだ彼女の人脈を深堀りしていなかったので、「なんだこの支離滅裂な議論は」というふうに思った程度だった。ただ、私の日米関係研究家としての本能的な直感が「この女学者について徹底的に調べる必要がある」という風に感じさせた。だから、調べてみたら、やっぱりだ。人脈的にはこの三浦女史は藤原帰一の弟子で、「東大国際関係論人脈」に連なり、そして、どうやら10年前から今日に備えて育成されてきたようだ、というふうに見えてきた。

彼女は、元々は農業政策の研究者(http://www.land.en.a.u-tokyo.ac.jp/research/activity2)である。「読売新聞」によると、「イラク戦争に衝撃を受けて農学部から政治学に転身」しているが、この頃に結婚もしており、元外交官で現在は投資ファンド「ベインキャピタル」に務める夫と同じ国際関係論の専攻に鞍替えしている。岩波系リベラルの藤原帰一教授のもとで学んでいる。三浦の学んでいた東京大学の国際公共政策コースというのは要するに日本において「ハーヴァード大学ケネディスクール」を真似した学部であろう。(http://www.pp.u-tokyo.ac.jp/qanda/voices/v20050808.htm)

三浦は次のように書いている。

「現在は、修士論文に相当する研究論文を執筆中であり、藤原帰一先生の下でご指導を受けている毎日である。昨年度は茂田宏先生のご指導の下シビリアンコントロールに関するリサーチペーパーを書き、それが結局研究論文の論考を深めるきっかけとなった。」

このシビリアンコントロールについての論文が彼女の処女作であり、この研究業績がジャパン・ハンドラーズの目にも止まったのであろう。そして、目下、「ワーキングマザーの女性学者」というコンサバ奥様受けするような「リベラル学者」として売り出し中である。

三浦について私が非常に恐ろしいと感じることは、「論文は論旨があっちこっちに行ったり来たりしているくせに、しっかりと従来の戦後リベラルの主要な論点については決めつけに近い形で、批判する」ということである。たとえば、彼女は下の論文で今のリベラル派の安保法正反対議論を「立憲主義を方便死とした現状維持」であると論じている。

(引用開始)

ここで出てくるのが、「どうどうと憲法を改正すべき」という主張です。私がこの、もっともそうなこの主張になかなか与する気になれないのは、このような主張をされる方の本音が、立憲主義を方便とした現状維持であるのが見え見えだからです。加えて、このような主張には、立憲主義を方便とした日本の民主主義に対する軽視が潜んでいるように思えます。民主主義の仕組みの中で少数者の利益が害されないように最大限工夫してから立憲主義は持ち出されるべきものであって、国家観や安全保障観をめぐるイデオロギー的な争いの錦の御旗として使われるべきものでもないような気がする。
http://pari.u-tokyo.ac.jp/unit/ssu/articles/lully20140704.html

(引用終わり)

確かにそのような考えで、戦術的に論じているリベラル派の論客がいることは私も否定しない。しかし、それが問題であるだろうか。実際問題として、アメリカの属国である日本にとってはその程度の「ボーキング」をしながら、日本がアメリカの安全保障サークルの思惑によってコントロールされないようにするくらいしか短期で見れば道は他にない、ということなのである。そのような戦術が、「民主主義に対する軽視」であるという三浦の議論は「三浦がそう思う」のは勝手だが、根拠が無い議論だ。

三浦は理念としては反論のしようのないことを言っているが、現実的には妥当しない。アメリカのジャパン・ハンドラーズによって、日本政治が蹂躙されている中、できる抵抗はこの程度のものだが、どうもグローバリストリベラルにはその程度のこともお気に召さないようだ。

このような三浦話法(まさに東大話法である!)が展開されているのがこの論文である。三浦は10年かけてこの東大話法を仕込まれたのだろう。

集団的自衛権論争の本質/三浦 瑠麗
東京大学法学政治学研究科 日本学術振興会特別研究員(PD)
http://pari.u-tokyo.ac.jp/unit/ssu/articles/lully20140704.html

三浦はテレビでは明確な言い切り型の話術もできるし、リベラル派をここぞとばかり批判するときは、上のようにかなり自分の考えをはっきり書いているが、それ以外の部分では何を言っているのかわからない相手をけむにまく議論をする。

それは、東大学者という肩書によって権威づけし、論旨が不明確な文章の中に自己弁護を織り交ぜ、しかし、「論争相手」である日本のリベラル層に対しては大した根拠なく否定するという、彼女のレトリックなのである。これは「東大話法・女性学者版」というべきものだろう。リベラル派の岩波文化人、藤原帰一の地肌もここで見えてしまった。

わけがわからない論旨の論文を理解しようとしてはいけない。理解しようとするなら、「三浦瑠麗とジャパン・ハンドラーズの関係性」を踏まえた上で読むべきである。そうすると、「謎文書」のようにしか見えなかった論文が綺麗に読めてしまう。

ニューリベラルというが三浦女史はスーザン・ライスやサマンサ・パワーのような、リベラル人道介入主義者にちかい危険な匂いを感じる。共和党のネオコン派と同じく、これらのアメリカの政治派閥はアメリカの世界介入戦争を様々な理由をつけて理念的に肯定する勢力だ。

三浦瑠麗は、東大農学部にいた時は旧姓の濱村瑠璃と名乗っていた。1980年生まれで、東大在学中にベインキャピタル(ミット・ロムニー元共和党大統領候補が所属していたファンド)に現在務める、福岡出身の三浦清志(義理の兄がどうもアメリカ人学者である)と2003年3月に結婚している。まさに「イラク戦争記念結婚」というべきか。結婚を転機に農学部から国際政治に転向しているわけだ。

三浦女史の兄弟は金融庁勤務を経て今はシカゴに留学中の妹がおり、弟は東大で国際関係論を学んでいるようだ。要するに、現在の日本の「東大パワーエリート」とはこういうものだ、という見本のようなファミリーである。

私が、三浦女史がアメリカと日本のそのカウンターパートの受け皿としてかなり計画的に、かつ組織的に育てられた人材であることを直感したのは、彼女と夫が東洋経済が主催した「高橋亀吉賞」という経済学論文賞を同じ年に夫婦で同時受賞していることだ。


しかもともに「佳作」。他に受賞者がいないというのも驚きである。このような夫婦同時受賞というのは普通有り得ないことである。この論文の審査体制に疑問が生じるが、やはりというべきか、2014年を持ってこの論文賞は廃止されている。このように経済、安保、農政と様々な人脈があって、東大国際政治学者・三浦瑠麗は準備されていた、ということだ。そしてイスラム国事件を論じる「ニューリベラルの論客」としてデビュー。
おそらく、三浦女史は「ニューリベラル」としての自分のポジションを日本において確立するために、マスコミにじゃんじゃん登場し、「あっちでもあるようなこっちでもある」という鵺(ぬえ)のような「コウモリ言論」を繰り広げていくことだろう。朝ナマの感想をネットでウォッチした限りでは、半分くらいがこの東大話法の恐ろしさに気づいていないようだった。

ヒラリー・クリントン大統領が誕生すれば、今も安倍政権で進められている「女性の活躍」が更に推奨されるだろう。金融関係においてはゴールドマン・サックスのキャシー松井のような事例もある。

外交安保政策においては、この不敵なモナリザ・スマイルをたたえる「ルリー・ミウラ」が日本における強力なスポークスパーソンになることは間違いないだろう。そして、日米の官僚機構が推し進めるさらなる日米同盟のグローバル化を、美貌と詭弁を駆使して、お茶の間にお届けするに違いないのである。そして「日本政治に絶望した一般庶民」はさらに絶望のどん底に叩き込まれることになるのだ。注視すべきだ。

ソース
http://blog.livedoor.jp/bilderberg54/archives/43999644.html






2015年の投稿記事だが、2020年の「成長戦略会議」に参加することは当時から織り込み済みだったのではないか。
CSISと関係していることで彼女のバックが何者であるかは容易に察しが付く。
「成長戦略会議」のメンバーを決めるのは菅ではないのである。
実質「成長戦略会議」のメンバーを決め、取り仕切っているのは、「彼ら」から遣わされたデービッド・アトキンソンだろう。
外国人であるデービッド・アトキンソンに「日本の中小企業を潰せ」と偉そうに命じられる筋合いなどないのである。

もし日本人がイギリスやアメリカに行って同様の趣旨の発言をしたらどうなるだろう。
そのような発言をした人間は、外国メディアに袋叩きにされるだろう。

「黄色い猿が生意気なことを言うな!」と。

最終的には一個人の責任では済まなくなり、国家全体としての責任を取らされてしまうだろう。
日本においては外国人にこのように言いたい放題に言われても、政治家もメディアも反論さえしないのである。
さらに驚くべきことには、なおかつそのような問題発言をしている外国人を咎めるどころか、国の重大な政策を変える権限を与えようとしているのである。
はっきり言って、バカにされているなんてレベル以前の話なのである。

完璧に見下されているのである。

哀しいかな明治維新という売国クーデター以来(*太平洋戦争敗戦以来ではありません)この国は外国の植民地と化しており、国の自治権など存在していないのである。

「成長戦略会議」とは日本や日本人の成長をめざしているのではありません。
「彼ら」外国勢力の「成長」という名の金儲け・略奪・日本破壊をめざしているのです。
それでは「成長戦略会議」で決めようとしていることは何なのだろう?

はい、ベーシックインカムという名の売国詐欺である。




https://www.moneypost.jp/712411
ベーシックインカム 導入なら年金、医療、生活保護などの社会保障打ち切りも
2020年10月10日

菅内閣がスタートして急速にベーシックインカム(BI)の導入論が巻き起こっている。ベーシックインカムとは、政府が金持ちも貧しい人にも、生まれたばかりの子供にも、すべての個人に対して、生活に最低限必要な現金を無条件で毎月支給する制度とされる。
 今回、導入論に火をつけたのは菅義偉首相のブレーンで経済学者の竹中平蔵氏(パソナグループ会長)だった。雑誌のインタビューやテレビ番組に出演し、コロナ禍では「究極のセーフティネットが必要だ」と国民全員に“毎月7万円支給”を提案した。
 だが、1億2000万人に月7万円支給するためには、年間ざっと100兆円の財源が必要になる。問題は、そのカネをどこから持ってくるかである。そこで竹中氏が提案しているのが「社会保障財源」をあてる方法だ。
 竹中氏は今年8月に刊行した著書『ポストコロナの「日本改造計画」』でこう書いている。
〈一人に毎月七万円給付する案は、年金や生活保護などの社会保障の廃止とバーターの話でもあります。国民全員に七万円を給付するなら、高齢者への年金や、生活保護者への費用をなくすことができます。それによって浮いた予算をこちらに回すのです〉
 現在、年金、医療、介護、失業保険、生活保護などの社会保障支給額は年間約120兆円(2019年度)。それを国民が支払う年金や健康保険などの保険料(約71.5兆円)と国庫負担(約34.1兆円)、地方税(約14.7兆円)、年金積立金の運用益などで賄っている。その財源をベーシックインカムの支払いに回せば足りるという。年金や生活保護などの社会保障を廃止するというのだ。





今まで何年もの間保険料を支払ってきた年金を廃止にするというのである。
月々7万円だけを引き換えとして・・・
老後の計画は水の泡となってしまうのである・・・

これまで年金保険料を支払ってきた人間は大損である。
それほど支払っていない若い人間は「得をする」と思うかもしれないが、詐欺師の話を鵜呑みにしてはいけない。
最初は7万円支給されても、数年すると5万、3万と減額して、ゆくゆくは廃止とされてしまうだろう。
年金財源はすべて「彼ら」が奪うつもりなのだろう。

「チップ入り遺伝子組み換えコロナワクチン」を打たれた人間は、最早「怒り」という人間らしい思考も奪われてしまい、素直にこのトンデモ法改悪を受入れてしまうのだろう。

まさに家畜のように従順に・・・

あなたが人間以外の思考能力を持たない生命体にされてしまう前に、怒りの声を上げましょう。

あなたが長年保険料を支払ってきた年金を奪われたくないのならば、今のうちに怒りの声を上げるべきでしょう。

あなたが詐欺られるのが嫌ならば、そしてあなたが老後も人間らしい最低限度の生活を送りたいのなら、こんなトンデモ法改悪を許してはいけません!




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Stupid Cupid」「Lipstick On Your Collar」「Everybody's Fool」「Don!t Break The Heart That Loves You」(日本語)「Where The Boys Are」(日本語)Connie Francis

今日は、コニー・フランシスのスペシャルです。
日本のテレビに出演した時の動画です。
曲は、「Stupid Cupid」「Lipstick On Your Collar」「Everybody's Fool」
「Don!t Break The Heart That Loves You」(日本語)「Where The Boys Are」(日本語)です。








ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

個人的問題を選手起用に反映させるんじゃないよ!

「不調に陥ったマリーンズ井口監督に言いたいこと」


ずっと好調を維持してきたマリーンズが、現在、非常にヤバイ状態である。


https://news.yahoo.co.jp/articles/c3309bc575f37bde1bea64cc29d585bc4a020331
ロッテ CS進出へ暗雲…今季初の5連敗 3位・西武と3ゲーム差に
10/24(土) 7:30

「オリックス7-2ロッテ」(23日、京セラドーム大阪)  負の連鎖は止まらなかった。ロッテは投打の歯車がかみ合わず、今季初の5連敗。井口監督は「チャンスで、なかなか1点が取れない」と嘆いた。

不振にあえぐ井上を欠場させ、つながりを重視して打線を組んだ。だが相手と同じ12安打を放ちながらも、清田が六回と八回に放った2打席連続のソロによる2得点のみ。藤岡が2打席連続で併殺打に倒れるなど、拙攻も響いた。「もう少し打線のつながりを考えていかないといけない」と厳しい表情だ。  10月に入って6勝12敗と失速し、首位ソフトバンクに9・5と絶望的な差を付けられた。しかも3位・西武と3ゲーム差と、CSに進出するための2位キープにも暗雲が垂れ込めてきた。  「いまさら違うことはできない。やってきたことを、そのままやるだけ。調子いい、悪いと言っている場合ではなく、とにかく残り試合、全力でやっていく」と言葉を絞り出した指揮官。一丸になって危機的な状況を打開するしかない。





今までは投手陣を中心とした選手の頑張りで好調を維持してきたマリーンズだが、現在、投打のバランスが崩れ出し、優勝どころか2位も非常に危ない状態である。
相も変わらず打線が打てないことを言い訳にしている井口監督だが、自分の選手起用に問題があることは一切認めようとしない。
はっきり言う。

「現在のマリーンズの打線が打てないのはあんたの選手起用に問題があるからだ!」と。

井口監督の選手起用には公平性がなく個人的思考が大きく作用していることは、以前も記事にした。


http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-3441.html
”ただ俺が好きなだけ”では困るのである
「好調マリーンズの井口監督に言いたいこと」



この記事で、私は井口監督にこう訴えた。

「福田秀平と鳥谷は即2軍に降格させてください。
2軍でしっかりとした成績を残したなら1軍に呼び戻してください。
成績以外のところで選手起用に差をつけたら選手が腐ってしまいます。
平等・公平な視線で選手を見て平等・公平に選手を起用してやってください。」と。


しかし井口監督は、現在もこの不公平選手起用を一切変えていない。
勿論、井口監督が私の記事など見ているわけがないことは分かっているが、“私の想い”を井口監督に伝えたいのだ。
「この“不公平人事”を正さないことにはマリーンズの明日はない」と感じるからである。

”ただマリーンズが好きなだけ”の想いゆえである。

球団関係者で私の記事を見ている人がいたら、井口監督に不公平選手起用を止めるように助言してもらいたいものだ。
“私の想い”を具体的に書いておきます。

福田秀平の現在の打率は2割3分である。
全然打てなくても福田秀平を使い続けてきた井口監督だが、一瞬スタメンを外しただけで昨日もスタメンで使い続けている。
福田秀平と同じ外野の加藤翔平は、2軍で3割5分9厘の成績を残している。
同じく外野のルーキー高部は、2軍で3割6分3厘の成績を残しているのだ。

加藤翔平は一瞬1軍に登録され1軍でも成績を残したにも関わらず、すぐに2軍に落とされている。
高部も一瞬1軍に登録されたがほんの数打席しかチャンスを与えられず、同じく2軍に落とされている。

この二人の成績と現在の処遇を見れば、何度打席に立っても結果が出せないにもかかわらず起用され続けている福田秀平と比べて選手起用に公平感がないことは明らかである。
私はこう思う。

現在の成績を見る限り、外野の選手起用は指名打者を含めて清田、加藤翔平、藤原、高部の4人をレギュラーとするべきである。
この4人の成績が悪ければ、代わりに荻野、角中、菅野、岡を起用するべきである。
1塁については井上のみを起用するのではなく、上記の選手で1塁を守れる選手を積極的に起用するべきである。
福田秀平は2軍に落とすべきである。2軍で成績を残したら1軍に上げればいいのである。

鳥谷については即2軍に落とすべきである。
コーチとして入団したのなら何も問題ないが、代走や守備要員としてずっと1軍に置いておく必要はないのである。鳥谷がいる分、若手の内野手が1軍に上れないのだ。
若手の西巻は、1軍で成績を残したにもかかわらず鳥谷が帰ってきたことで2軍に落とされたのだ。

井口監督が福田秀平を使い続けている理由は、以下の二つが考えられる。

一つは、自分(井口監督)が球団に主張して大金を使って獲得したことである。
福田秀平を2軍に落とすということは自分自身が選手の実力を過大評価していたことを認めることになり、福田秀平個人の責任ではなく自分の責任へと発展してしまうことになるからだ。
もう一つは、マリーンズに福田秀平が入団した理由の一つが鳥越ヘッドコーチを福田秀平が慕っていることにあり、その関係性から2軍に落とせないということである。
FAで獲得したということで少々の優遇があるのは仕方ない部分もあるとは思うが、度が過ぎると問題である。十分チャンスを与えたにもかかわらず結果を出さない限り、いつまでも“優遇措置”を続けることをしてはいけないのである。

鳥谷については理由は一つである。
はい、自分が球団に「戦力になる」と主張して獲得したからである。
福田秀平と同じく鳥谷を2軍に落とすということは自分自身の判断ミスを認めることになり、同じく自分自身の責任へと発展しかねないため、井口監督としては何としても避けたいのである。もう一つの理由があるとしたら、単に“仲良し”であるからだろう。

どっちにしてもマリーンズがチームとして強くなるためではなく井口監督の個人としての理由である。

個人的問題を選手起用に反映させるんじゃないよ!

きちんと公平な目で選手を起用した結果チームが成績を残せなかったとしたら、井口監督に責任はないが、明らかな不公平な選手起用が原因でチームが成績を残せなかったとしたら、それは明らかに井口監督の責任である。
球団がどう言おうと潔く退団してもらいたい。

選手は心では思っていても口にすることはできない。
口にすると首脳陣批判になってしまうからである。
だから、代わりに私は声を上げたのである。

個々の選手は、人一倍の努力の結果としてプロ野球選手になれたのだろう。
プロ野球選手としての実力がないことを悟って野球を辞めたのなら後悔はないだろうが、実力以外の“個人的な好き嫌い”が理由で辞めるとしたら、いくら後悔しても後悔しきれないだろう。
サラリーマンじゃなく“実力の世界”に挑んだ挑戦者である選手たちに公平にチャンスの場を与えてあげてほしい。
私が言いたいのはそれだけである。




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村



「Guaguanco In Japan」Jose “Chepito” Areas

今日の1曲は、ホセ“チェピート”アリアスの「Guaguanco In Japan」です。







ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Nothing From Nothing」Billy Preston

今日の1曲は、ビリー・プレストンの「Nothing From Nothing」です。







ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

<スペンサー・デイヴィス追悼>「Gimme Some Lovin’」「Keep on Running 」「I'm a Man」Spencer Davis Group

スペンサー・デイヴィス・グループの中心人物であったスペンサー・デイヴィスが亡くなった。

https://www.barks.jp/news/?id=1000190999
スペンサー・デイヴィス、81歳で死去

2020.10.21 9:41

60年代に「Keep On Running」「Gimme Some Lovin’」「I’m A Man」などがヒットしたスペンサー・デイヴィス・グループの要、スペンサー・デイヴィスが、10月19日、肺炎の治療を受けていた病院で息を引き取った。81歳だった。

ウェールズで誕生したデイヴィスは、ジャズやブルースの影響を受け、音楽活動を開始。1963年、まだ14歳だったスティーヴ・ウィンウッド、彼の兄でベーシストのマフ・ウィンウッド、ピート・ヨーク(Ds)とスペンサー・デイヴィス・グループを結成。1965年にリリースしたシングル「Keep On Running」、続く「Somebody Help Me」(1966年)が全英1位に輝き、「Gimme Some Lovin’」は全米で初のトップ10ヒットとなった。

スペンサー・デイヴィス・グループは1969年に一度解散したが、1973~74年にウィンウッド兄弟抜きで再結成し、その後、2006年からデイヴィスを中心に再び活動を続けてきた。

スティーヴ・ウィンウッドは、デイヴィスの訃報に「僕は13歳くらい―スペンサーは22歳くらいだっただろう、その頃から彼のことを知っていた」「スペンサーはブリティッシュ・フォーク・シーンの初期のパイオニアだった。彼の場合、フォーク・ブルースを包括しており、それは最終的に“リズム・アンド・ブルース”と呼ばれた。彼は、僕の音楽のテイストに影響を与えた」「彼は間違いなく、ヴィジョンを持ち、60年代のアメリカにおけるブリティッシュ・インヴェイジョンのパイオニアの1人だった」「僕がプロのミュージシャンになる道を選んだのは彼の影響があったと思っており、僕は彼に感謝している。ありがとう、スペンサー」と追悼の言葉を寄せている。

ビル・ワイマンは、「僕の旧友、スペンサー・デイヴィスが昨日亡くなったとの悲しい知らせを聞いたところだ。81歳だった。僕は1966年、ザ・ローリング・ストーンズのUKツアーでスペンサー・デイヴィス・グループがサポート・アクトだったときに初めて彼に会った。僕らは素晴らしい友となり、それは現在まで続いた」「スペンサーとの素敵な思い出を心に留める―とても親切で、ユーモアに溢れフレンドリーな男だった。ご家族にお悔やみを」と哀悼した。




「Gimme Some Lovin’」「Keep on Running 」「I'm a Man」の3曲で追悼します。











ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Put A Little Love In Your Heart」 Al Green &Annie Lennox

今日の1曲は、アル・グリーン&アニー・レノックスの「Put A Little Love In Your Heart」です。




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「一番違和感があったのは、厚生労働省の文書に「シナリオ通りに進める」という言葉があったことです」by奈須利江議員

「嘘八百の新型コロナウイルス詐欺に騙されるな!㊻」


また新たに真実を語れる勇気ある政治家が現れたようである。


http://nasurie.com/news/8637/
誰が、何が、新型コロナを深刻化させているのか「無症状感染者がうつすエビデンスも、新型コロナウイルスの論文も無い」
2020年10月1日

新型コロナウイルスで日本の形を変えようとしている動きが急速に進んでいるのはご存知でしょか。                              
議会にいると、国、東京都、大田区が、コロナだから、もう変わらなければならないと、人と人との交流から、意思決定、経済のしくみといった、伝統、文化、社会、政治、経済、あらゆる日本のしくみを根幹からかえようとしています。
これに対して、おかしいと言う力が、極めて少数という、非常に恐ろしいことが起きています。
一方、新型コロナについて、この半年で出てきた10万人当たり死亡率は、インフルエンザよりも極めて低い状況です。
              
社会をここまで抜本的に変えて良いでしょうか。
社会をここまで変えなければならないほど深刻な感染症でしょうか。
            
誰が、何が、新型コロナを深刻化させてきたのか、議会質問で明らかにしました
________________________________________
質問により、以下のことがわかりました。
得た答弁は赤字アンダーラインです
新型コロナの死亡率は、10マン人当たり1.17。
悪性新生物300.7、心疾患167.6、結核1.8、インフルエンザ2.7に比べても、ひじょうに低い。
未知のウイルスだから感染したら重症化し、命を落とすかも知れないと言われてきたし、たくさんの人がかかっている。
そう見えた一つが、PCRと結果の陽性者の扱い。
陽性になると、感染者、患者と扱われてきた。
PCRは約1億倍にまで増幅し、たとえ、微量のウイルスのRNAでもが見つかったら、陽性になる。
しかも、陽性者の大半(厚労省の新型コロナ診断役の承認検査結果では97.3%)が極めて少ないウイルス量。

それでも、心配されてきたのが、無症状感染者うつして広がる。という話だが、無症状感染者がウイルスを排出し、うつしているというデータは無いことが保健所の答弁で明らかになった。
マスコミが広げた心配だったという事。
政治と状況報道がここまで、深刻なウイルスだという事をひろげてきたことで、コロナだからと高齢福祉の現場では、高齢者の外出を禁じたり、家族との面会を制限し、電話やテレビ電話だけでになっている。
経済活動も、三密をさけると言われ、卸売業、情報通信業、サービス業などでは深刻な営業不振に陥っている。
しかも、新型コロナは論文で証明されているかと議会質問したが、論文は見つからなかった。
半年国民に制限をかけ続けてきた新型コロナだが、ウイルスの根拠すら論文にはないことが明らかになった。

そこで、心配なのが、指定感染症の見直しにおける国の姿勢です。
厚労大臣は、指定感染症の指定の見直しをすると言うが、1~5類に指定するのではなく、指定感染症のままにする。
なぜなら、法律を変えず、政令で、軽症、無症状、病原体の保有が確認されていない人への措置ができるから。
軽症、無症状、病原体の保有が確認されていない人は、法的強制をする必要が無いにも関らず、ここを、指定感染症に指定すれば、政令で具体的な対応をすることができるから、引き続き指定感染症に指定していくと言っている。
国は、コロナが論文で証明されていないことを知って、指定感染症に指定し、今回指定を続けると言っているのではないか。


_________________________
以下、質問に準備した原稿です。
実際には、時間も無く、質問していない項目もありますし、発言できなかった部分もあります。
動画が公表されたら、ここに、掲載しますが、雰囲気をお伝えするために、掲載します。
新型コロナウイルスは、指定感染症に指定されています。
8月28日の厚生労働大臣の会見で、この指定感染症の指定についての見直しの検討が始まったと聞いています。
実際、大田区からいただいた9月18日現在の数字でも、新型コロナの陽性者数は76610人、
死亡者数1481人、人口10万人対死亡率は1.17で、
平成30年の人口動態統計の死亡率の
悪性新生物300.7、
心疾患167.6、
結核1.8、
インフルエンザ2.7
と比べても格段に低い死亡率です。
当初からインフルエンザより、少し死亡率が高い程度で、ここまで制限をかける根拠は何なのか、感染症対策課長にはお話ししてきたと思います。印象に残っているのは未知のウイルスだから、という言葉でした。
未知のウイルスだったから感染したら、重症になったり最悪命を落とすかも知れない、このリスクへの不安が、この半年私たちのまわりに、広がっていると思います。
その原因のひとつが、PCR検査と結果の陽性者の扱いだと思います。指定感染症の見直しが始まったという事は、御力この死亡率はじめ、データが積みあがってきたという事だと思います。
そこでうかがいます。
1.PCR検査で陽性になった方は、感染者や患者として扱われているとうかがいました。東京都のHPで公表される陽性者数は感染者、患者数と同じ意味ですか。

未知のウイルスと言う心配に加えて、PCRで約1億倍にまで増幅し、たとえ、微量のウイルスのRNAでもが見つかったら、陽性になり、陽性者は感染者であり患者として扱われて、公表され、それがマスコミによって拡散されていたわけです。
一般質問で指摘しましたように、今年6月に承認された富士デビオの新型コロナ診断薬承認の厚労省の検査結果そみると、PCRで検出された97.3%のウイルス量が8以下でした。
コロナに感染するかどうかをみる動物実験では、少なくとも10万のウイルスを投与していますから、その1万分の1にも満たない8以下が感染力が無いことは、確認するまでも無いと思います。PCR検査結果の微量のウイルス保持者が感染者になり、しかも、未症状の感染者が感染させると言われてきました。

そこで、うかがいます。
2.コロナの無症状者が実際
にウイルスを排出しているというデータは無いと聞きました。Aの人が陽性、Bの人が陽性、AとBが無症状期に接触があったという程度だそうです。無症状感染者は証明されていますか?いるなら論文を示してください。大切なことなので、わからなければ国や東京都や国立感染研究所などに聞いてお答えください。みつからなければ、無いとお答えください。
厚生労働省に質問状を出しても、ここの回答はされていないそうです。

死亡率はインフルエンザより、結核より低いことが明らかになり、無症状で人にうつす、コロナの無症状者が実際にウイルスを排出しているというデータは無い状況で、高齢福祉の現場では、心配なことが起きています。
そこでうかがいます。

3.高齢福祉の現場で、感染防止目的で、高齢者の外出を禁じたり、陽性ではないのに家族との面会を制限し、電話やテレビ電話だけになっていると関係者から聞いています。大田区は把握していますか。

コロナに感染させ、重症化させたり、万が一にも死亡させるようなことがあってはならない、という関係者の心配は理解します。しかし、それが、PCR検査で1億倍にも増幅してRNAをとらえて陽性とし、それを感染者としたり、医学的根拠の無い無症状感染者が感染させるからと、過度な身体拘束という人権の侵害が始まっているのは、問題です。
それにより、認知が進む、身体能力が落ちるという事も聞いています。


さらに心配なのが、指定感染症の見直しにおける国の姿勢です。
半年が過ぎて、死亡者数が極めて低いなど、感染状況も明らかになり、実態に合わせた対応に入るのかと思いましたが、会見で厚労大臣は、指定感染症の指定の見直しについて「1から5類感染症のどこかに現在の立場から切り替える、そういう風に理解されている方もいらっしゃいます。必ずしもそういうことを今しようとしているわけではありません。」と答え、
感染症法に位置づけられていない感染症は指定感染症として具体的な感染症名や講ずることのできる措置を個別に政令で指定でき、また新しい知見を踏まえて政令改正により、講ずることができる措置の変更が可能とされている
だから、指定感染症という位置づけは引き続き維持をして、その中で実施することのできるとした措置とその具体的な対応についてきめ細かく規定していく必要があるのではないか、そういった観点から政令の見直しを考えている、と言っていて、
軽症者や無症状の人の宿泊療養等の要請の実効性を担保していくための対応、
病原体の保有が確認されていないが、新型コロナに疑われる症状の人の判別など
について考えていることがわかります。

軽症、無症状、病原体の保有が確認されていない人は、エビデンスが無いわけですから、法的強制をしてはいけないにも関らず、国は、指定感染症に指定すれば、政令で具体的な対応をすることができるから、引き続き指定感染症に指定していくと言っているのです。
そこで心配なのが、新型コロナウイルスについての定義が示されている論文の有無を国に聞いても返事が無いことです。

そこでうかがいます。
4.新型コロナウイルスの定義、新型コロナウイルス感染症の定義の示されている論文はありますか。これも、国、都に聞いていただき、わからなければわからないとお答えください。

無症状感染者がウイルスを排出しうつしているデータも無く、新型コロナの論文も無く死亡率も、インフルエンザ委の1/2にも満たないのに、指定感染症に指定し続ければ、国会議決に寄らず、政令で具体的対応法的強制ができるから、つづけるといっていることになります。恐ろしいことです。
 誤解を与える数値の発表の仕方と、科学的根拠の希薄な、あるいは無いままに、過剰に流され続けているマスコミ報道とで、ここまできたコロナ問題ですが、さらに心配なのが、区民生活への影響です。
 実は、リーマンショックより増えると心配されている大田区の生活保護受給者数や倒産件数ですが、今年に入ってから、対前年比でみると、生活保護は特別定額給付金や逆にコンビニなど求人が増えたと言う報道もあり、世帯数も人数も微減で増えていません。倒産件数も3月に2倍に増えましたが、その後、融資と持続化給付金や協力金などで凌いでいるのか、7月までは減っています。東京都のデータをみると、8月の倒産件数は、対前年比127件、9.5%増。卸売業、情報通信業、サービス業などで、原因の9割以上が営業不振でした。
8月の東京都の倒産件数にあらわれは
じめていると思うのですが、借入金には限界があり長く続かないと思います。
そこでうかがいます。

5.大田区は、「三密」を国や東京都に従って呼びかけ、一方で、三密によって売り上げが望めなくなっている事業者に漫然と融資し続けています。これで返せなくなって利益をあげるのは金融機関です。大田区は、コロナで売り上げが望めなくなっている事業者に融資して、区内事業者をどう救済できると考えていますか。


また、大田区は、

6.無症状感染者のエビデンスや、コロナの論文の所在などを明らかにしないまま、高齢者への過度な拘束を行い、自粛要請による販売不振に対し、漫然と融資を続けています。
アフターコロナ、ニューノーマル、ウイズコロナなど、コロナを理由にした社会経済金融システムの、大きな転換を詳細な説明なく、合意形成も無く、既にスタートさせていて、行政も議会も批判無く受け入れようとしています。

そこで、うかがいます。

この結果の不利益や問題点は、誰が責任をとるべきものでしょうか。
少なくとも大田区の責任の所在についてお答え下さい。
この間の大田区のコロナ対策をみていると、国と東京都の従うばかりで、融資の際の窓口を直接金融機関にして区民の声に直接耳を傾けることをしませんでしたし、保健所の感染者の実態をみて、現場の声を国に届けたり、数値の公表の在り方や、無症状感染者が感染させる問題などについて、自ら確認するといった姿勢に欠けていたと思います。
そこでうかがいます。

7.大田区のコロナ対策において、対策本部は、大田区、東京都、国などの新型コロナ感染状況を把握した大田区の保健所の知見を活かしてきましたか。それは、どのようなことですか。





奈須利江議員です。
「本当のことを語れる」勇気ある議員は女性ばかりである。
一体男性議員は何をやっているのだろうか?
奈須利江さんの議会における動画をアップします。


20201013 奈須りえ 大田区議会 決算特別委員会での質問  誰が、何が、新型コロナを深刻化させているのか?



一番気になった箇所を文字起こししておきます。




「一番違和感があったのは、厚生労働省の文書に「シナリオ通りに進める」という言葉があったことです。今も専門的知見によって国が対策を進めているといったご答弁だったと思いますけれども、それであれば、その知見が積み重ねることによって、対応は変わるはずですね。未知のウイルスなんですから。ところが未知のウイルスの何年も前に作った計画に従ってシナリオ通りに進める。これね、すごくおかしなことが起きていると思っています。




まさにその通りである。
すべてがシナリオ通りに進められているのである。
悪魔とその手先の売国奴どもによって。

シナリオ通りに存在していない(少なくとも存在が証明されていない)ウイルスの脅威を煽られている。

シナリオ通りに必要・効果のない3密を避けよと命じられている。

シナリオ通りに必要・効果のないマスクを強いられている。

シナリオ通りに必要・効果のない自粛生活を強いられている。

シナリオ通りに嘘八百のPCRで陽性になった人をコロナになったと決めつけられている。

シナリオ通りに必要・効果のない新生活様式を強いられている。

シナリオ通りに必要・効果のないどころか、超有害の遺伝子組み換えワクチンを強いられようとしている。

シナリオ通りに我々をアバター(奴隷ロボット)に仕立てようとしている。

あなたはこれでもシナリオに従いますか?

あなたはシナリオ通りに毒ワクチンを打ちますか?

あなたはシナリオ通りにアバター(奴隷ロボット)になりますか?

あなたはシナリオ通りに殺されますか?




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

地震やウイルス騒動を「計画」し、事前予告する習慣のある「悪魔の演出家」にご用心!

「『ニュースウオッチ9』キャスターによる「喪服演出」が示すことは?」


昨日、珍しく『ニュースウオッチ9』を少し観た。
冒頭でこのニュースを報じていた。


https://www.tokyo-np.co.jp/article/62881
東京・調布の道路陥没、外環道トンネル工事と「因果関係ないとは言い切れない」東日本高速が検討委
2020年10月19日 20時58分

東京外かく環状道路(東京外環道)のトンネル工事のルート上にある東京都調布市の市道が陥没した問題で、工事を実施する東日本高速道路(NEXCO東日本)は19日、原因を調査するため、トンネル工事の専門家らを集めた検討委員会を開いた。専門家は「今の段階で原因は断定できないが、(工事との)因果関係はないとは言い切れない」と指摘した。
 同社によると、陥没は掘削機(シールドマシン)が掘り進むルートの真上で発生。トンネル内にひび割れや漏水はなかったという。すでに陥没部分は埋め立てが完了し、近隣住民のみ通行できるという。
 これまでにルート上の別の場所で沈下や陥没などの現象は起こっていないが、同社には1カ月ほど前から、周辺住民から「家屋にひび割れができた」などの苦情が数件、寄せられていたという。
 検討会後に記者会見した専門家は「原因は調べなければ分からない」としたうえで、地中にあった空洞が工事の影響を受けたり、掘削機が土を掘り出しすぎたりした可能性も指摘。同社は今後、ボーリング調査などを実施し、原因を特定するという。(西川正志)



しばらくして、あることに気づいた。
男性キャスターの有馬 嘉男のネクタイの色が黒だったのである。
葬式以外に黒のネクタイをする人間を私は知らない。
シャツの柄も黒白の縦じまの柄だった。
まるで葬式の鯨幕を連想させた。
女性キャスターの和久田麻由子の服も白のブラウスと黒のスカート(またはズボン)だった。
二人そろって葬式を演出しているみたいである・・・
「偶然」だろうか?
この「演出」は何を暗示しているのだろうか?
道路陥没のニュースは、今後起こる(起こされる?)何かを暗示しているのだろうか?
その未来の何かを知っていて、NHKのキャスターは葬式に参列しているかのような衣装を着ていたのだろうか?
道路陥没も、トンネル工事との関係が指摘されていたが、「偶然」とは思えない。
この事故は「悪魔の計画」の「事前演習」だったのではないのだろうか?
私の考えすぎだったらいいのだが・・・
日本人に災いをもたらす「計画」が本当に存在し、NHKのキャスターが「喪服演出」で暗示していたのだとしても、私が記事にしたことで「計画中止」になることを祈っています。
計画の有無は別として、トンネル工事は勿論、ボーリング調査なども止めてもらいたいものである。
あんたたちの調査がろくでもないことは、重々理解していますので。
地中や海中を掘削することは、我々の莫大な血税の私物化・無駄遣いであり、極めて危険な「悪魔の計画」に繋がっているのである。
「悪魔の計画」はコロナ詐欺だけではないことを理解しておくべきである。




http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-1470.html
先生、間違ってますよ。明治から現在までの“本当の日本の歴史”は、これこれこういうことなんですよ。
「シェールガス~メタンハイドレート~ちきゅう~日本郵船~三菱~安倍を結ぶ、1本の“黒い線”を追う」




これも気になっています。


https://eiga.com/news/20200820/16/
「日本沈没2020」劇場編集版が11月公開決定 湯浅政明監督「いい環境で見ないともったいない」
2020年8月20日 18:00
[映画.com ニュース] Netflixで今年7月から配信中のアニメシリーズ「日本沈没2020」が、劇場公開されることが決まった。全10話を再編集し、「日本沈没2020 劇場編集版 シズマヌキボウ」のタイトルで11月13日から全国公開される。あわせて、そびえる富士山の向こうから朝日が昇るなか、空を飛ぶ気球が沈みゆく日本列島を見下ろすポスタービジュアルが公開されている。
同作は、SF作家・小松左京氏による名作「日本沈没」を、「夜明け告げるルーのうた」「DEVILMAN crybaby」の湯浅政明監督が初アニメ化。1970年代の日本を舞台に描かれた原作を、2020年の東京オリンピック終了直後の物語へと翻案し、女子中学生の武藤歩(CV:上田麗奈)らごく普通の家族・武藤家の人々が、未曾有の大地震により日々刻々と沈んでいく日本列島で懸命に生き抜いていく姿を描く。
劇場版は、湯浅監督自らが配信版全10話を再編集。音響を劇場仕様の5.1chにアップグレードしての公開となる。湯浅監督は「1話のダビングの時に5.1chで作られた音が心地良くて、これはいい環境で見ないともったいないと思うようになりました。配信が開始されると内容に非難も巻き起こり、意図したところへたどり着かない視聴者の方も多く見受けられました」と配信開始当時を振り返り、「この作品は見る側へのたくさんの裏切りがあります。それは登場人物が乗り越えるべき苦難と同様で優しくありません。ぜひ劇場でご覧になって確かめてください」と呼びかけている。



小松左京と言えば・・・


http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-1749.html
小松左京はエイズの到来を予言していた?
「映画「復活の日」とフォート・デトリックとエイズの不思議な関係」




地震やウイルス騒動を「計画」し、事前予告する習慣のある「悪魔の演出家」にご用心!



ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Midnight Swan」渋谷慶一郎

先日、私らしからぬ映画『ミッドナイトスワン』を観てきた。
私らしからぬ感想ですが、素直に良かったと思います。
映画を観ている間、主演している女優は蒼井優だと思っていた。
年齢を考えればそんなはずがないのだが。
でも、顔が良く似ていました。
今日の1曲は、渋谷慶一郎の『ミッドナイトスワン』のタイトル曲です。






ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村



「For Your Precious Love」Otis Redding、Jerry Butler

あれだけ暑かったのに、寒くなってきましたね。
気が付いたら、もう年末です。
あの習慣も、続けるのならそろそろ考えないといけませんね。
私も、細々と続けています(笑)
はい、年賀状とおせち料理です。
右上の広告のタグにお勧めの会社の広告を貼っています。
皆さんがご検討されている会社と比べて頂いて、メリットがあると感じたならば、注文していただけると嬉しいです。

今日の1曲は、オーティス・レディングの「For Your Precious Love」です。



オリジナルのジェリー・バトラーのヴァージョンです。
でも、「Unchained Melody」に似てますね。





ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村



「100 Years Ago」The Rolling Stones

今日の1曲は、ローリング・ストーンズの「100 Years Ago」です。
隠れた名曲ですね。



ミック・ジャガーのヴォーカルとニッキー・ホプキンスのピアノによるヴァージョンです。







ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Energy」Disclosure

今日の1曲は、ディスクロージャーの「Energy」です。







ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

我々人類のDNAを操作しようとしている奴らの正体は?

「嘘八百の新型コロナウイルス詐欺に騙されるな!㊺」


まずは、「本当の専門家」大橋眞教授の最近の動画をど-ぞ↓

PCナイ検査 遺伝子変異により消え去るは、「満天の星空の流星が如し」




子供でさえ、この騒動がおかしいことに気づいている。
なのに大人の大半はいまだに騙されたままである。
コロナ脳の大人は「自分の無知によって子供を虐待している」ことに気づいてください。
「見ない」「言わない」「聞かない」そして「考えない」ですか・・・
本当にその通りですね。
おかしいことに「おかしい」と気づいた子供は、コロナ脳の大人に呆れかえっていますよ。
大橋先生も思っているでしょう。

「皆さんもこの騒動がおかしいことに気づいたならば、「見ない」「言わない」「聞かない」そして「考えない」のではなく、何らかの形で自分自身で発信してください」と。

やっとPCRの嘘と大橋先生の名前が表に出た記事が出たようなので、アップしておきます。



https://news.yahoo.co.jp/articles/f102cbc2685613f8c4c47909bfcce7547deaee48
新型コロナ感染者数「大幅水増し」疑惑報道は本当か
10/7(水) 6:01
● 英米で相次いで「水増し」報道 日本でも同じ可能性はないのか  新型コロナウイルスの感染者数が大幅に水増しされているとの記事が、先ごろ米英の主要メディアに相次いで掲載された。  「PCR検査で陽性と判定された人のうち、最大90%の人は感染していないと推定される」(ニューヨークタイムズ=NYT、8月29日)  「PCR検査は非常に敏感なので、死んだウイルスでも陽性になる。パンデミック(世界的流行)の規模は過大に評価されている可能性がある」(英国放送協会=BBC、9月5日)  2つの記事はともに、一部の研究者が早くから指摘していた「PCR検査で新型コロナの感染者を判定することの問題点」を指摘している。  米国や英国と同じことが日本でも起きている可能性がある。 ● PCR検査には限界がある ウイルスの量や増殖ぶりは判定できず  この問題を理解するには、PCR検査とはどんなものか知る必要がある。  PCR(ポリメラーゼ・チェーン・リアクション=ポリメラーゼ連鎖反応)は、ウイルスの遺伝子(DNA=デオキシリボ核酸)を増幅する技術だ(ポリメラーゼはDNAを合成する酵素、連鎖反応は連続した反応の意味)。
 PCR検査は、ウイルス感染症の検査やDNA型の鑑定(遺伝子鑑定)などに幅広く使われており、発明した米国の研究者キャリー・マリスは、1993年のノーベル化学賞を受賞している。  この技術を使うと、DNAを無限に増やすことができ、ほんのわずかのサンプル(検体、試料)でもそこから遺伝情報を読み取れるようになる。  具体的なやり方は、「ウイルスの遺伝子を含んだ可能性のあるサンプル」と「遺伝子を合成する酵素」と「2本のプライマー(人工的に合成した遺伝子の断片)」の混合液を、100度近くまで温め、60度くらいまで冷まし、また70度くらいまで温めるというシンプルなものだ。  この作業は1回がほんの数分で済むが、この1サイクルで、1本の遺伝子が2本になる。  自動的に温度を上下させる機械を使ってこの作業を繰り返せば、2サイクルで4本、3サイクルで8本という具合に遺伝子が増え、30サイクルでは約10億本、40サイクルでは約1兆本になる。  新型コロナの場合は、「リアルタイムRT・PCR」という方法が使われる。  ウイルスには、DNA遺伝子を持つウイルスとRNA(リボ核酸)遺伝子を持つウイルスの2種類があり、新型コロナはRNA遺伝子を持っているので、その情報をDNAに写し取る。そのうえで、新型コロナの遺伝子配列(中国の研究チームが今年2月3日の『ネイチャー』で発表したもの)に基づいて設計されているプライマーと参照し、陽性判定が行われる。  PCR検査では、わかることと、わからないことがある。  わかるのは、サンプル(咽喉で採取した体液や唾液)の中にウイルスの遺伝子(RNA)の断片が存在しているかどうか、だ。存在していれば陽性、存在が認められなければ陰性になる。  だが「そのウイルスが生きているか、死んでいるか」「ウイルスの量はごく少ないか、それとも大量か」「そのウイルスは咽頭に付着しているだけか、それとも細胞膜を突き破って細胞内に入り、増殖している(感染している)か」などは判定結果ではわからない。 ● 検査の「サイクル数」を増やすと 少量のウイルスでも陽性  PCR検査を新型コロナの感染の判定に使うことの問題点を日本で早くから指摘していたのが大橋眞・徳島大学名誉教授だ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/f102cbc2685613f8c4c47909bfcce7547deaee48?page=2
PCR検査ではサイクル数を増やすごとに、より少ないウイルスでも陽性になる。  理論的には、10サイクルだと、ウイルスが1000万個以上ないと陽性にならないが、20サイクルにすれば10万個以上で陽性になる。30サイクルでは1000個以上で陽性になり、40サイクルになると、わずか10個以上でも陽性になるのだ。  新型コロナの場合、感染して発熱などの症状が出るには少なくとも10万個程度のウイルスが必要だから、感染しているかどうかの判定は20~25サイクルで検査するのが適切だと大橋氏は言う。  ところが、日本の国立感染症研究所のマニュアルが示す「リアルタイムPCR」は45サイクルであり、国内メーカーの3つの検査キットでは40~45サイクルとなっている。  これらを使ったPCR検査では、ウイルスが10個程度存在すれば陽性となるわけだ。  問題はそれだけではない。  PCR検査では遺伝子配列の類似性で判定するので、ここまでサイクル数を増やすと、新型コロナの遺伝子配列に部分的に類似した、病原性のない常在ウイルスが存在していても陽性になる可能性がある。  常在ウイルスは多くの人の体内に存在しているウイルスで、こうした共生ウイルスがいくつもの臓器に多数、存在していることが近年の研究で明らかになっている。  こうした実態を踏まえて大橋氏は、国内でPCR陽性者とされた人のほとんどは、咽頭に10~1000個程度の何らかの遺伝子が付着している状態であり、新型コロナ感染とは断定できないとしている。  20サイクルで検査すれば、陽性者は現在の100分の1程度になるという。  このように説明されると、陽性者の多くが無症状である理由がわかる。  大橋氏によれば、毎日、厚生労働省や自治体で発表されている感染者数は実数をかなり上回った数字であり、本当に必要な対策をとるには正確な感染者数の把握が欠かせないという。 ● NYT「米国の感染者数のうち 最大90%は非感染者」  この問題を取り上げたのが、冒頭に紹介した2つの記事だ。  「検査で陽性でも、本当は違うかもしれない」という見出しのNYTの記事は、次のような内容だ(注1)。  (1)https://www.nytimes.com/2020/08/29/health/coronavirus-testing.html

https://news.yahoo.co.jp/articles/f102cbc2685613f8c4c47909bfcce7547deaee48?page=3
感染者だけを正しく陽性と判定するには、PCR検査で30サイクル以下にする必要があると研究者は言っているが、米国では37~40サイクルになっている。この結果、感染者数が実態の何倍にもなっている。  たとえばニューヨーク州のある検査施設で行われたPCR検査では、今年7月、794人が陽性になったが、これは40サイクルで検査した結果だった。同じ対象者を35サイクルで判定すれば陽性者は約半数に減り、30サイクルにすると約30%になると、内部の専門家が明らかにした。  マサチューセッツ州の検査施設の専門家によれば、40サイクルで陽性になった人の85~90%は、30サイクルでは陰性と判定される。  この記者は何人もの専門家から取材した結果、米国で陽性とされた人たちのうち最大で90%は非感染者だろうと結論づけている。  8月27日の米国の新規感染者は4万5604人と発表されたが、実際に感染しており、隔離されなければならなかったのは恐らく4500人程度だと書いている。  米疾病予防管理センター(CDC)は、サイクル数は検査キットのメーカーや各地の検査施設に任せているとしつつ、サイクル数について基準を作ることを検討中と述べている。 ● BBC「PCR検査は 死んだウイルスも感知」  一方、「新型コロナ:検査は死んだウイルスも検知」という見出しのBBCの記事は、次のような内容だ(注2)。  新型コロナの診断に使われているPCR検査は非常に敏感なので、死んだウイルスの破片でも陽性判定が出ることがわかった。これは英オックスフォード大学EBM(根拠に基づく医療)センターがこの問題についての25の研究のエビデンスを調べた結果、明らかになった。  このことはパンデミックの規模が過大に評価されている可能性を示していると、科学者たちは語っている。  研究に参加したカール・ヘネガン教授は、ごく少量のウイルスでは陽性判定が出ないような「サイクル数の基準(カットオフ・ポイント)」を設けるべきだと指摘した。  これに対し英国公衆衛生庁は、現在はさまざまな検査キットが使われており、読み取り方法などが異なっているため、基準の設定は簡単ではないが、基準の設定も視野に入れて検討していると述べている。  (注2)https://www.bbc.com/japanese/54045348 ● 症状のある人の診断を 確定するために使うのが正しい使い方  2つの記事が示すように、現在の新型コロナのPCR検査にはサイクル数が多すぎるために、大量の「偽陽性(間違い陽性)」(感染していないのに陽性と判定すること)を出すという重大な欠陥がある可能性がある。

https://news.yahoo.co.jp/articles/f102cbc2685613f8c4c47909bfcce7547deaee48?page=4
多くの人が実は感染していないのに、入院・隔離・自宅待機を強いられ、なかには誹謗・中傷を受けている人もいる可能性が大きいのだ。  検査は病気の診断や治療をするための一つの手段で、特に診断(病名)の確定に使われる。たとえば、発熱しせきが出るという症状の患者について、普通の風邪かインフルエンザかはっきりしないとき、抗原検査でインフルエンザウイルスが見つかれば、インフルエンザという診断を確定するわけだ(抗原検査は、咽頭の体液や唾液の中に「ウイルスに特徴的なたんぱく質(抗原)」があるかどうかを調べる検査手法)。  ところが新型コロナでは、症状と関係なく、PCR検査で陽性なら感染者とされる。この診断法そのものに疑問を持つ医師や研究者は少なくない。  厚生労働省も東京都や大阪府などの自治体も、「PCR検査の陽性者=感染者」として毎日、感染者数を発表し、それを基に感染拡大防止対策を決めているが、その「PCR陽性者=感染者」という前提に重大な疑問が出ている。  厚労省と自治体はこの疑問にきちんと答える必要がある。  (ジャーナリスト 岡田幹治)





日本にも「本当のことを語れる」ジャーナリストが存在していることに希望を感じた。
次に、ちょいと古いがこの記事を。



https://www.nikkei.com/article/DGXLSSXK20315_W0A001C2000000/
ロッテ、荻野ら7選手もコロナ感染 6日の試合は開催

2020/10/6 13:54

プロ野球ロッテは6日、新たに荻野貴司外野手(34)、角中勝也外野手(33)ら1軍の7選手を含む11人の新型コロナウイルス感染が判明したと発表した。4日に感染が発表された岩下大輝投手(24)らと合わせ、球団内で計13人の集団感染となった。6日に千葉市のZOZOマリンスタジアムで行われるオリックス戦は予定通り開催する。
岩下投手の感染を受けて、1軍の選手や監督、コーチ、スタッフのPCR検査を行った。陽性となった選手は他に清田育宏外野手(34)、菅野剛士外野手(27)、鳥谷敬内野手(39)、藤岡裕大内野手(27)、三木亮内野手(28)。伊志嶺翔大コーチ(32)とチームスタッフ3人の感染も判明。4選手が岩下選手の濃厚接触者と判定された。5日に検査を受けた2軍の関係者全員は陰性だった。6日夕に行われるオリックス戦は、陽性者と濃厚接触者を、2軍選手と入れ替えた上で開催する。
パ・リーグ2位のロッテは5日時点で、首位ソフトバンクを2ゲーム差で追い掛けている。残り28試合と終盤戦に差し掛かる中、15年ぶりのリーグ優勝へ向けて痛手となった。〔共同〕




私はロッテファンなので分かるが、
そうでない方は分かりにくいと思うので書いておきます。
「PCR陽性=コロナ」ではないことは常識ですので、それは置いておきます。

岩下投手ら感染者とされた選手らは、単なる風邪か、常在ウイルスの一部がPCRで感知されただけなので、登録抹消などする必要はないのです。
この騒動は、明らかな「演出」です。
「PCRが嘘である」ことは別として、コロナ感染者とされた選手の名前を見ればおかしいことに気づきます。

投手で感染したことにされているのは、先発では岩下のみであり、他の先発陣は大丈夫でした。
石川、小島、美馬、二木、中村は大丈夫でした。
「偶然」かもしれないが、ロッテは「対策」を打っていたのだろうか?
コロナ詐欺に加担しても先発投手陣に支障をきたさないという「対策」を。
最近になって急遽獲得したチェンが先発に加わることで・・・

リリーフの3人、唐川、澤村、益田は大丈夫でした。
投手陣は、ほとんど痛手を受けていないのです。

野手では、角中、清田、菅野の離脱は痛いことは痛いがが、それほどではない。
荻野の離脱は痛いが、まだ本来の調子に戻っていなかったため、現時点ではそれほど問題ではない。
主軸であるマーティン、井上、中村、安田は大丈夫でした。
野手陣も、大きな痛手は受けていません。

ロッテは優勝争いの大事な時期だが、「絶対に欠けては困る選手」は残って、「現時点では欠けてもそれほどは困らない選手」がコロナに感染したことにされたのである。

この「感染結果」は、私にはとても「偶然」とは思えません。
「偶然」のコロナ発生であれば、このように「上手くいく」わけがないのです。
本当の主力が欠けていたら、優勝争いに大きな影響を受けていたはずなのである。
といことは、すべてが「計画」であり、ロッテは「計画」に「協力」したということなのです。
優勝争いを続けながらもコロナ詐欺の「計画」に「協力」することが可能であるため、ロッテは「計画参加」を「了承」したのでしょう。

皆さんの友人・知人でコロナに感染したという話を聞かれましたか?
私の周囲では全くありません。
一般人の感染者を見聞きしないのに(テレビの報道は別ですよ)、芸能人やスポーツ選手ばかりが感染してしまうという”不思議な病気”がコロナという奴だそうです。

感染したということにされている選手が可哀想です。
無理矢理”ウイルスを感知できないPCR検査”をさせられて、「PCR陽性=コロナ」という偽りの方程式によって登録抹消させられてしまったのですから。
これらの選手が登録抹消になったことを「それほど問題ではない」と書いたことは、決して悪気はないので名前を挙げた選手は気にしないでください。
現在は本来の調子・実力が発揮できていないからそのようにと感じただけなのであり、選手の実力を過小評価しているのではありません。
私はすべてのマリーンズの選手を応援しています。

参考までに、トランプが感染したというのも、すべて「芝居」ですからね。
はい、すべてが「芝居」なんですよ!
世界中で一番この「芝居」に騙されているのが日本人なんですよ!



(さてはてメモ帳)さん
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/d0a25914d2435225b26fd31fad7759b5
パンデミックが目的を持って計画されたことの証明:数百万個のCOVID-19テストキットが  2017年と2018年に販売された
2020-10-08 01:48:34

現在話題の記事を訳しました

パンデミックが目的を持って計画されたことの証明
https://www.stopworldcontrol.com/planned?fbclid=IwAR2LfknuMMo-JqtT5wPnsjLGv5FrwTkUxWLfZ8f3fwCPr5mDMxdXHVZspDQ
100%事実確認済み
私たちの目的は、正確な情報を提示することです。すべての事実は、ページの下部にある参考文献で確認することができます。もし100%正しくない情報があれば、お知らせください


医師はパンデミックが計画されていたと宣言

ドイツで「情報のための医師」と呼ばれる500人以上の医師が所属するグループが、全国的な記者会見で衝撃的な発言をした。(1)

「コロナ・パニックは、劇だ。それは詐欺だ。一つのペテン。世界的な犯罪の真っ只中にいることを理解する時が来た。」

この医療専門家の大規模なグループは、主流メディアの大規模な誤報について国民に知らせるために、毎週50万部の医療新聞を発行しています。「情報のための医師団」は、6,000人以上の専門家によって支えられています。彼らはヨーロッパで大規模な抗議行動を組織しており、2020年8月29日には1200万人が署名し、推定100万人が実際にデモに参加しました。

なぜ500人以上の医師が パンデミックは世界的な犯罪だと言うのか?

私たちが知らないことを 彼らは何を知っているのでしょうか?

スペインの数百人の医師がパンデミックは計画的なものであると述べている

スペインでは「真実のための医師」と呼ばれる600人の医師のグループが記者会見で同様の声明を出した。

「Covid-19は政治的目的のために作られた偽のパンデミックです。これは衛生的な言い訳をしている世界的独裁です。私たちは医師、メディア、政治当局に真実を広めることによって この犯罪的な作戦を止めるよう強く求めます。(2)

ドイツとスペインは、ほんの2つの例に過ぎません。同様に数百人の医療専門家からなる大規模なグループが世界中の国々に存在しています。

アメリカでは、COVID-19が犯罪行為であることを暴露するドキュメンタリー『PLANDEMIC』が、27,000人以上の医師によって支持されています。

なぜ世界中の何千人もの医療専門家が、パンデミックは犯罪だと言っているのでしょうか?私たちが主流のメディアから得られない情報を、彼らはどのように入手できるのでしょうか?

私はあなたが心を開いて以下の事実を見て、あなた自身の結論を出すように招待します・・・


数百万個のCOVID-19テストキットが  2017年と2018年に販売されていた

私たちが知っているように、新しいCOVID-19の病気は、2019年の終わりに向けて中国で登場しました。したがって、それはコロナウイルス病2019の頭字語であるCOVID-19と名付けられました。世界統合貿易ソリューションからのデータは、しかし、驚くべきことを示しています。

2017年と2018年-COVID-19の2年前-には、COVID-19のための何億ものPCRテストキットが世界中で配布されていました。

早く!隠せ!

この不可解なデータは、2020年9月5日に何者かによって発見され、ソーシャルメディアに投稿されました。翌日、それは世界中でウイルスになった。9月6日、WITSは突然、本来の呼称「COVID-19」を「Medical Test Kits」という曖昧な用語に変更しました。

一般的な用語を使うことはトレードでは認められていませんので、常に具体的でなければなりません。様々な病気のためのテストキットには多くの種類があります。

このデータが世界的に知られるようになった後、彼らが「COVID-19」という仕様を削除したという事実は、彼らが誰にも知られたくないということを証明しています。しかし、彼らは1つの詳細を削除するのを忘れていました:ウェブページの下部には、これらの「医療検査キット」の製品コードが300215であることを示しています。

彼らの隠蔽工作は遅すぎました:この重要な情報は明らかにされ、世界中の何百万人もの人々によって明らかにされています。このウェブサイトのオリジナルデータを示すPDFをダウンロードすることができます。

COVID-19の発生の2年前に、世界中の国々が数億の診断テスト器具を輸出し始めました・・・COVID-19。


このデータを否定するために使用される議論は、COVID-19というラベルが2020年に追加されただけだということです。しかし、なぜ彼らは最初に「Medical Test Kits」のような非特異的な用語を使用し、数年後に「COVID-19 Test Kit」に変更し(これはまさにそれが何であるかを示している)、そして古い曖昧な「Medical Test Kits」に戻したのだろうか?この人たちは混乱しているのだろうか?私は、このような明白なものを否定しようとする試みには引っかからない。

ところで、これらのCOVID-19テストキットは、実際にCOVID-19の検査に世界中で使われている有名なPCRテストです。

仮に彼らがラベルをいじっていたのが本当だとしても(それがばかみたいにプロ的ではないので、可能性は非常に低い)、パンデミックの2年前に突然、世界中のすべての国が数億ものPCRテスト(キット)を配布し始めたという事実に変わりはありません。だから、問題の核心は変わりません。

問題は:なぜCOVID-19を検査するために特別に使用されている数億個のPCRテストが、世界中で爆発的に大量に流通したのかということです。

彼らは何のために準備していたのか?

ツイート用:COVID-19 PCRテストキットが2017年、2018年に遡って世界中で配布されていました!


ロスチャイルドは2015年にCOVID-19の試験方法の特許を取得しました。

オランダ政府の発明特許サイトにも興味深いものが掲載されています。イギリスのリチャード・A・ロスチャイルド[Richard A. Rothschild]は、2015年にさかのぼってCOVID-19をテストするシステムの特許を取得しています。

ロスチャイルド王朝を知っている人は、彼らが何世紀にもわたって世界を支配してきたことを理解しています。彼らは、世界のほぼすべての国の中央銀行のほとんどを所有しています。(2D) ロスチャイルド家は、多くの戦争を組織し、政府を操り、伝染病を引き起こすことで知られています。

一人のロスチャイルドがCOVID-19に特化した検査方法を特許化したことは、非常に興味深いことです。


COVID-19「プロジェクト」は2025年まで予定されている

世界銀行によると、COVID-19は2025年3月末まで計画されているそうです。つまり、あと5年は継続するということです。(2C)
・・・・・(後略)・・・・・






最後に、アルシオン・プレヤデスの動画をアップします。
長い動画ですが、少しづつでも観られることをお勧めします。
人類がDNAを操作された生命体であることを告発しています。
操作したのは地球外生命体・アヌンアキであると。
アイクやゼカリア・シッチンも唱えていますが、レプティリアンのことですよね。
やはり、「彼ら」の正体はこいつらなのでしょうか?
人類誕生の真実は「地球外生命体による遺伝子操作」にあるのでしょうか?
少なくとも「猿から人類に進化した」という”おとぎ話”よりは信じられますね。
コロナ詐欺を演出しているのもこいつらです。
この詐欺集団はとても人間の思考を有しているとは思えませんので、
可能性が高そうですね。
こいつらは改めて我々人類のDNAを操作しようとしているようですナ。
遺伝子組み換えワクチンを使って・・・




アルシオン・プレヤデス98:有益なジャンクDNA、12本の鎖・光、オーラ、爬虫類脳・新皮質、エゴ、ニビル人




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村


<ロナルド・ベル追悼>「「Celebration」」「Summer Madness」Kool & the Gang

クール&ザ・ギャングのロナルド・ベルが亡くなった。68歳だった。


https://www.udiscovermusic.jp/news/ronald-bell-kool-the-gang-co-founder-dies
クール&ザ・ギャングのオリジナルメンバー、ロナルド・ベルが68歳で急逝。その半生を辿る

9月 10, 2020

兄のロバート・”クール”・ベルと共に、不朽のソウル・グループ、クール&ザ・ギャング(Kool & the Gang)の共同創設者として知られるロナルド・ベル(Ronald Bell)こと、ハーリス・ベイヤン(Khalis Bayyan)が、2020年9月9日早朝に急逝したことを、彼のレーベルの広報担当者であるスジャータ・ムーティが伝えている。彼は、妻のティア・シンクレア・ベルと共に米領ヴァージン諸島の自宅にいたという。68歳だった。

過去半世紀で最も成功を収めたソウル・グループの一つであるクール&ザ・ギャングを率いた彼は、パフォーマーとしてだけでなく、数々のヒット曲の作曲や編曲、プロデュースを担うグループの中心人物だった。

音楽を独学で学んだロナルド・ベルの特徴的なサウンドは、忘れられないホーン・ラインと、ベース、シンセサイザー、ヴォーカルで聴くことができる。彼は 「Celebration」「Cherish」「Jungle Boogie」「Summer Madness」「Open Sesame 」など、バンドの代表曲の多くを作曲・プロデュースしている。

生い立ちと名門ファンク/ディスコ・レーベル“De-Lite”での成功

ロナルド・ベルは、1951年11月1日に、兄ロバートと共にオハイオ州ヤングスタウンに生まれた。プロ・ボクサーだった彼らの父親が、マイルス・デイヴィスやセロニアス・モンクと親交があったこともあり、彼は幼少期からジャズを聴くようになる。

1960年に家族と共にニュージャージー州のジャージーシティへ移住した数年後、10歳になったばかりのベル兄弟は、近所の友人たちと“ジャジアックス(Jazziacs)”というグループを結成した。ジャズ、ソウル、ファンクを融合し、度重なるグループ名の変更を経て、彼らは1969年に正式に“クール&ザ・ギャング”となる。

クール&ザ・ギャングがその後15年にわたって在籍することになる名門ファンク/ディスコ・レーベル“De-Lite”と初めて契約を交わした1969年にリリースしたセルフ・タイトルのシングル「Kool & The Gang」で、彼らは初めて全米チャートに登場。同シングルはビルボードのR&Bチャートで19位、ポップス・チャートで59位を記録した。

1970年にリリースした、同じくセルフ・タイトルのファースト・アルバムでは、兄ロバートと共に収録曲の多くを手掛け、グループを特徴づけるホーン・サウンドや、ベース、シンセサイザーを取り入れていった。

1970年に再びR&Bトップ20入りを果たした後、1973年からソウル・ヒットを連発したクール&ザ・ギャングは、出世街道を突き進んでいく。「Funky Stuff」(全米5位)に続く「Jungle Boogie」(R&B2位、ポップス4位)、そして1974年にR&Bチャート1位を獲得した「Hollywood Swinging」や「Higher Plane」などの初期の名曲を続々と発表し、翌年には「Spirit of the Boogie 」でソウル・チャートの首位に輝いた。

1970年代後半になると、ロナルド・ベルがグループのサウンドと作曲チームの中核を担い、1979年に発表したクロスオーバー・ディスコの大ヒット作『Ladies Night』は彼らの名を一躍世界に知らしめ、1980年のシングル「Celebration」はグループ唯一の全米シングルチャート1位を記録した。これらの成功によってトップスターの仲間入りを果たした彼らは、イギリスでも熱狂的なファンを獲得し、7作のアルバムがTOP10入りを、18作がTOP40入りを果たした。



「Celebration」「Summer Madness」で追悼します。










ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

<筒美京平・追悼>「また逢う日まで」尾崎紀世彦「17才」南沙織「赤い風船」浅田美代子「よろしく哀愁」郷ひろみ「木綿のハンカチーフ」太田裕美「抱きしめてTONIGHT」田原俊彦

皆さんご存知の通り、作曲家の筒美京平が亡くなりました。


https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202010120000421.html?utm_source=headlines.yahoo.co.jp&utm_medium=referral&utm_campaign=%E3%82%93%E6%AD%BB%E5%8E%BB%E3%80%8C%E3%82%B9
さらば恋人」ほか/筒美京平さん楽曲の年度別一覧
[2020年10月12日19時56分]

作曲家の筒美京平さんが今月7日、誤嚥(ごえん)性肺炎により死去していたことが分かった。80歳。

筒美さんの個人の音楽出版事務所の代行を行っている日音が発表した。

以下は筒美京平さんの主な作曲作一覧。

   ◇   ◇   ◇

【67年】バラ色の雲

【歌手】ヴィレッジ・シンガーズ



【68年】おれは怪物くんだ

【歌手】白石冬美ほか



【68年】スワンの涙

【歌手】オックス



【68年】ブルーライト・ヨコハマ

【歌手】いしだあゆみ



【69年】粋なうわさ

【歌手】ヒデとロザンナ



【69年】サザエさん

【歌手】宇野ゆう子



【70年】あなたならどうする

【歌手】いしだあゆみ



【70年】雨がやんだら

【歌手】朝丘雪路



【71年】また逢う日まで

【歌手】尾崎紀世彦



【71年】さらば恋人

【歌手】堺正章



【71年】真夏の出来事

【歌手】平山三紀



【71年】17才

【歌手】南沙織



【71年】青いリンゴ

【歌手】野口五郎



【71年】お世話になりました

【歌手】井上順之



【71年】潮風のメロディ

【歌手】南沙織



【71年】誰も知らない

【歌手】伊東ゆかり



【71年】雨のエアポート

【歌手】欧陽菲菲



【72年】純潔

【歌手】南沙織



【72年】ひまわりの小径

【歌手】チェリッシュ



【72年】芽ばえ

【歌手】麻丘めぐみ



【72年】男の子女の子

【歌手】郷ひろみ



【72年】初恋のメロディー

【歌手】小林麻美



【72年】私は忘れない

【歌手】岡崎友紀



【73年】赤い風船

【歌手】浅田美代子



【73年】わたしの彼は左きき

【歌手】麻丘めぐみ



【73年】色つく街

【歌手】南沙織



【73年】モナリザの秘密

【歌手】郷ひろみ



【74年】花とみつばち

【歌手】郷ひろみ



【74年】恋のインディアン人形

【歌手】リンリン・ランラン



【74年】夏しぐれ

【歌手】ALFIE



【74年】よろしく哀愁

【歌手】郷ひろみ



【74年】甘い生活

【歌手】野口五郎



【74年】忘れ雪

【歌手】オフ・コース



【75年】にがい涙

【歌手】スリー・ディグリーズ



【75年】ロマンス

【歌手】岩崎宏美



【75年】センチメンタル

【歌手】岩崎宏美



【75年】木綿のハンカチーフ

【歌手】太田裕美



【76年】セクシー・バス・ストップ

【歌手】浅野ゆう子



【76年】未来

【歌手】岩崎宏美



【76年】赤いハイヒール

【歌手】太田裕美



【76年】あなたがいたから僕がいた

【歌手】郷ひろみ



【77年】季節風

【歌手】野口五郎



【77年】九月の雨

【歌手】太田裕美



【78年】東京ららばい

【歌手】中原理恵



【78年】飛んでイスタンブール

【歌手】庄野真代



【78年】リップスティック

【歌手】桜田淳子



【78年】モンテカルロで乾杯

【歌手】庄野真代



【78年】シンデレラ・ハネムーン

【歌手】 岩崎宏美



【78年】たそがれマイ・ラブ

【歌手】 大橋純子



【78年】時代遅れの恋人たち

【歌手】 中村雅俊



【79年】日曜日はストレンジャー

【歌手】 石野真子



【79年】魅せられて

【歌手】ジュディ・オング



【79年】セクシャルバイオレットNo.1

【歌手】桑名正博



【79年】勇気があれば

【歌手】西城秀樹



【80年】スニーカーぶる〜す

【歌手】 近藤真彦



【81年】E気持

【歌手】沖田浩之



【81年】ギンギラギンにさりげなく

【歌手】近藤真彦



【81年】センチメンタル・ジャーニー

【歌手】松本伊代



【82年】ふられてBANZAI

【歌手】近藤真彦



【82年】原宿キッス

【歌手】田原俊彦



【82年】TVの国からキラキラ

【歌手】松本伊代



【82年】ドラマティック・レイン

【歌手】稲垣潤一



【83年】夏色のナンシー

【歌手】早見優



【83年】まっ赤な女の子

【歌手】小泉今日子



【83年】エスカレーション

【歌手】河合奈保子



【83年】夏のクラクション

【歌手】稲垣潤一



【84年】迷宮のアンドローラ

【歌手】小泉今日子



【84年】ヤマトナデシコ七変化

【歌手】小泉今日子



【84年】摩天楼ブルース

【歌手】東京JAP



【85年】Romanticが止まらない

【歌手】C-C-B



【85年】あなたを・もっと・知りたくて

【歌手】薬師丸ひろ子



【85年】夏ざかりほの字組

【歌手】Toshi & Naoko



【85年】なんてったってアイドル

【歌手】小泉今日子



【85年】仮面舞踏会

【歌手】少年隊



【86年】1986年のマリリン

【歌手】本田美奈子



【86年】夜明けのMEW

【歌手】小泉今日子



【86年】ツイてるねノッてるね

【歌手】中山美穂



【86年】WAKU WAKUさせて

【歌手】中山美穂



【87年】Oneway Generation

【歌手】本田美奈子



【87年】「派手!!!」

【歌手】中山美穂



【87年】君だけに

【歌手】少年隊



【88年】抱きしめてTONIGHT

【歌手】田原俊彦



【88年】じれったいね【歌手】少年隊



【88年】17才

【歌手】森高千里



【91年】ときめいて

【歌手】西田ひかる



【92年】心の鏡

【歌手】SMAP



【94年】人魚

【歌手】NOKKO



【95年】強い気持ち・強い愛

【歌手】小沢健二



【98年】恋のルール・新しいルール

【歌手】ピチカート・ファイヴ



【99年】やめないで,PURE

【歌手】KinKi Kids



【03年】AMBITIOUS JAPAN!

【歌手】TOKIO



【06年】恋のダウンロード

【歌手】仲間由紀恵 with ダウンローズ



【08年】綺麗ア・ラ・モード

【歌手】中川翔子



【08年】時空ツアーズ

【歌手】竹達彩奈




これだけの名曲を作曲したことは、後々まで伝えられていくでしょう。
筒美京平さんは、歌謡曲の全盛時代を支えた人だったようですね。
この中から「また逢う日まで」尾崎紀世彦「17才」南沙織「赤い風船」浅田美代子
「よろしく哀愁」郷ひろみ「木綿のハンカチーフ」太田裕美
「抱きしめてTONIGHT」田原俊彦で追悼します。

ちなみに私が最初に好きになったアイドル歌手は、浅田美代子でした。
何故か私の好きになるアイドル歌手は皆、歌が下手な人ばかりでした(笑)


















ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

<フランシス・“ロッコ”・プレスティア追悼>「What Is Hip?」「Ebony Jam 」「Squib Cakes 」Tower Of Power

タワー・オブ・パワーのベーシスト、フランシス・“ロッコ”・プレスティアが亡くなった。


http://amass.jp/139710/
タワー・オブ・パワーのベーシスト、フランシス・“ロッコ”・プレスティアが死去

2020/09/30 23:39

タワー・オブ・パワー(Tower of Power)のベーシスト、フランシス・“ロッコ”・プレスティア(Francis "Rocco" Prestia)が死去。バンドの公式Facebookページで発表。「私たちの愛する“ロッコ”は昨夜、ラスベガスのホスピスで家族に囲まれて安らかに息を引き取った」と投稿しています。69歳でした。

フランシス・“ロッコ”・プレスティアは1951年カリフォルニア州ソノーラ生まれ。本名はFrancis Rocco Prestia Jr.。青年期にエレキギターを弾き始める。タワー・オブ・パワーのオーディションを受けた際、エレキ・ベースに転向した。デヴィッド・ガリバルディ(ds)とロッコによる、16分音符を主体とした独特のアンサンブルは“黄金のリズムセクション”として高い評価を得た。ロッコは病気で休養していた時期があるが、タワー・オブ・パワーの不動のベースプレーヤーとして長年にわたって活躍。世界中のベーシストがリスペクトするカリスマ。

ロッコは2001年から、さまざまな病気と闘っていました。2014年には「命を救うための」腎臓移植を受けました。彼の公式Facebookページの管理者であるBrian Rachlinの投稿によると、ロッコは亡くなる前にホスピスケアで短い時間を過ごしたそうです。

以下は、タワー・オブ・パワーのエミリオ・カスティーヨが発表した声明


私たちの愛する“ロッコ”は昨夜、ラスベガスのホスピスで家族に囲まれて安らかに息を引き取った。私たちの中には、この数日間で、彼と別れの言葉を交わすことができた人もいて、そのことにとても感謝しています。

私がいつもフランクと呼んでいたのは、彼の名前が1965年にフランク・ヒュートンだったからだということを、多くの人が知っています。中学生の時に初めて会った時、フランクは本当にクールな髪の毛をしたとても優しい子で、その髪の毛のおかげで彼をバンドに入れたんだ。

彼はひどいギター奏者だった。父はテリー・サンダースという先生を雇って、週に1曲教えてもらっていたんだけど、テリーがフランクに最初に言ったのは、「お前はベースを弾くべきだ!」ってことだったんだ。テリーは正しかった! フランクはベーシストとしては完全に一人前で、人としては他に類を見ない存在だった。

彼はこの20年の間に長い戦いをしてきたが、今は主のもとにいて、天国が彼の家だ。彼がいなくなるととても寂しいですが、今は安らかに眠っていることを知っているので、天国で彼に会えるのを楽しみにしています。

フランシス・“ロッコ”・プレスティアがタワー・オブ・パワーのサウンドの大部分を占めていたと言っても過言ではないだろう。人々がタワー・オブ・パワーを聴いたとき、彼らが話題にするのはいつもロコのことであり、彼は音楽界に大きな影響を与えた。

エミリオ・カスティーヨ、タワー・オブ・パワーのバンドリーダー



「What Is Hip?」「Ebony Jam 」「Squib Cakes 」で追悼します。













ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Lord's Prayer」Mahalia Jackson 、Susan Boyle 、Jackie Evancho

今日で『真夏の夜のジャズ』で歌われた曲からの特集は最後となります。
最後の曲は、映画のラストの曲としてマヘリア・ジャクソンが歌った「Lord's Prayer(主の祈り)」です。



いつもキリスト教を批判している私ですが、実は、幼少の頃は日曜教会に通っていました。
だから、この「Lord's Prayer(主の祈り)」は今でもよく覚えています。
「天にまします我らの父よ・・・」と唱えていたのを懐かしくさえ感じます。
あの祈りを曲にしているとは知りませんでした。
スーザン・ボイルのヴァージョンです。


ジャッキー・エヴァンコのヴァージョンです。




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村



「When the Saints go Marchin' In」Louis Armstrong 、B.B. KIng、Bruce Springsteen 、Mahalia Jackson 、Fats Domino、Elvis Presley

今日の1曲は、『真夏の夜のジャズ』で演奏された、ルイ・アームスロングの「When the Saints go Marchin' In」です。



この曲は、作者不詳の黒人霊歌の一つで、ディキシーランド・ジャズのナンバーです。
邦題は「聖者が街にやってくる」ですが、この訳は誤訳であるようです。
「Saints」というのは、「聖者」であると同時に、「死者」の意味でもあるのです。
奴隷として苛酷な労働を強いられていた黒人が、死によって解放されることを祝う意味もあるのです。
つまり、「聖者が街にやってくる」ではなく、「死者が天国に召される」という解釈が正しいようです。
そしてこの曲の歌詞は、新約聖書「ヨハネの黙示録」がベースになっているのです。
ここの歌詞を見ても分かるように、「太陽が輝かなくなった時」とか、「月が血の赤色に変わった時」といった終末世界を待望する歌詞が使われているのです。
「When the new world is revealed」という歌詞では、新しい世界を待望していることが分かります。
そして、こう感じました。

「ヨハネの黙示録の思想は、新世界秩序を待望している思想と繋がっているのでは」と。

「ヨハネの黙示録の”666の思想”は、新世界秩序の思想と繋がっているのでは」と。

「キリスト教(偽のキリスト教?)そのものが「彼ら」の思想なのでは」と。

考えすぎかもしれませんが、ちょっと怖くなりました。
気を取り直して、B.B.キングのヴァージョンです。


ブルース・スプリングスティーンのヴァージョンです。


マヘリア・ジャクソンのヴァージョンです。


ファッツ・ドミノのヴァージョンです。


エルビス・プレスリーのヴァージョンです。




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「I Ain't Mad at You」Big Maybelle

今日の1曲は、『真夏の夜のジャズ』よりビッグ・メイベルの「I Ain't Mad at You」です。







ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「All of Me」Dinah Washington、Billie Holiday、 Ella Fitzgerald、Diana Ross 、Louis Armstrong、Frank Sinatra、尾崎紀世彦

昨日の「今日の1曲」はイレギュラーでしたが、また『真夏の夜のジャズ』からの選曲に戻ります。ダイナ・ワシントンの「All of Me」です。
この曲は、ジェラルド・マークスとセイモア・シモンズによって1931年に作曲されました。
「私のすべてを奪い取って!」と歌っています。
いろんなミュージシャンが取り上げているスタンダードですが、まずは、ダイナの『真夏の夜のジャズ』におけるヴァージョンです。



ビリー・ホリデイのヴァージョンです。


エラ・フィッツジェラルドのヴァージョンです。
スキャットがいいですね。


ダイアナ・ロスのヴァージョンです。
彼女が登場するのは後半からです。ダイアナ以上にバックの演奏が凄い。


ルイ・アームスロングのヴァージョンです。


フランク・シナトラの対訳付きのヴァージョンです。


最後に、尾崎紀世彦のヴァージョンです。






ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村


<エドワード・ヴァン・ヘイレン追悼>「You Really Got Me」「Panama」「Jump」「Pretty Woman 」Van Halen

ヴァン・ヘイレンのギタリスト、作曲家であるエドワード・ヴァン・ヘイレンが亡くなった。65歳だった。


https://article.yahoo.co.jp/detail/48ffbd2e076af86c124d5b064c1369d72302a8fe
エディ・ヴァン・ヘイレンさんが死去

10/7(水) 6:28配信

1980年代に数々のヒットを飛ばし、日本でも絶大な人気を誇った米ロックバンド、ヴァン・ヘイレンのエディ・ヴァン・ヘイレンさんが10月6日に亡くなったことがわかった。65歳だった。

長男でベーシストのウルフギャング・ヴァン・ヘイレン(29歳)が、Twitterを更新し、「私はこの報告をすることが信じられませんが、私の父、エドワード・ルドウィック・ヴァン・ヘイレンは、今朝、がんとの長く困難な闘いに敗れました」と、父の死を報告。

そして「最高の父親でした。ステージの内外で彼と共に過ごした時間は素晴らしい贈り物」とつづり、大きな喪失感に襲われた、辛い胸の内をつづっている。

エディ・ヴァン・ヘイレンさんは1955年、オランダ生まれ。1960年代に米カリフォルニアへ移住。1972年に兄弟でロックバンド“ヴァン・ヘイレン”を結成した。「ジャンプ」などのヒット曲を多く生み、全世界で8000万枚以上のアルバムセールスを記録。2007年にはロックの殿堂入りを果たしている。





今はこの手のロックはほとんど聴かないが、中高の頃はちょこちょこ聴いていた。
「日本のバンドは歌手中心だが、外国のロックはギタリストが中心のバンドがけっこうあるな」とか思っていた。
「You Really Got Me 」も、ヴァン・ヘイレンの曲だと思っていた。
オリジナルがキンクスであることを知ったのは、ずっと後になってからである。
一度ライヴに行ってみたかったな・・・
「You Really Got Me」「Panama」「Jump」「Pretty Woman 」の4曲で追悼します。
















ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Tea For Two」 Anita O'Day

今日の1曲は、アニータ・オデイの「Tea For Two」です。




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「政治家(与野党含む)、警察、ヤクザ、宗教団体、芸能事務所、メディアが「協力」して正義感溢れる芸能人を○して偽装自殺にさせる世界」=「嘘八百のこの世界」

「三浦春馬さん、竹内結子さん、芦名星さん、藤木孝さんの死の真相は、ODAの真相を知ってしまったから?」



三浦春馬さん、竹内結子さん、芦名星さん、藤木孝さんは、同じ勢力によって、同じ理由で、○されたようです。
偽装自殺させられて。
理由は、コロナ詐欺、人身売買、ODA詐欺の実態を知ってしまったことにあるようです。
詳しくは、この記事この記事この記事を見てください。

「クローゼットで首つり自殺」というのは、フリーメーソンの手口であることを暗示しています。
皆が「クローゼットで首つり自殺」というのは、おかしくありませんか?
貴方が悩みぬいた末に自殺するのなら、自宅のクローゼットで首つり自殺という手段を選ばれますか?
三浦春馬さんは、肋骨が折れていたそうです。
自殺した人の肋骨が折れていたっておかしくないですか?

これだけの“怪しさ満載の死”であるにもかかわらず、テレビは自殺報道の一点張りです。
テレビがこういったことを一切報道しない理由を考えてみてください。
コロナ詐欺に全く気づかないコロナ脳の方でも、これらの報道がおかしいことには気づくでしょう。
テレビが嘘をついていることに気づくでしょう。
テレビが「国民を騙すために存在している白痴製造機」だということを理解すれば、コロナが詐欺であることにも気づくはずです。

この偽装自殺という極悪犯罪は、政治家(与野党含む)、警察、ヤクザ、宗教団体、芸能事務所、メディアの「協力」によって起こされたようです。
与野党含むと書いたのは、右も左も「協力」してODA詐欺を推進しているからです。
これだけの犯罪を演出できる犯人が一個人でないことは言うまでもありません。

三浦春馬さん、竹内結子さん、芦名星さん、藤木孝さんを○したのは、コロナ詐欺を演出している勢力と同一です。

犯人は、「彼ら」と「彼ら」の手先であるチーム・イルミナティの奴らです。
はっきり言って、人間じゃありません。悪魔そのものです!
この国は、この世界は、薄汚い悪魔どもに支配されていることを理解してください。

この世界が
「政治家(与野党含む)、警察、ヤクザ、宗教団体、芸能事務所、メディアが「協力」して正義感溢れる芸能人を○して偽装自殺にさせる世界」=「嘘八百のこの世界」
であることを理解してください。

これだけの「証拠」を見聞きしても「陰謀論」の一言で片づけようとする人は、自分自身が○人の「協力者」になっていることに気づいてください。
ODA詐欺に関する記事を、過去記事からアップします。





http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-361.html
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=175327
★「途上国で飢餓と貧困が無くならないのはなんで?」

「(先進国はこんなに豊かなのに)途上国で飢餓と貧困が無くならないのはなんで?」

答えを一言で言うと、「先進国が徹底的に途上国から収奪しているから」

「でも、先進国はODAとかやって途上国を援助してるやん」…そう思うかもしれません。

でも、この「開発援助」そのものが途上国の地域社会や自然や農業を破壊していて、そのせいで途上国の人々はますます貧困になっていっているというのが事実なのです。

そのカラクリ(構造)の話をしたいと思います。

さて、途上国への援助に関して一般に言われていて誤解されている事を挙げてみます。

板書:「貧困と飢餓に関する4つのウソ(誤解)」

ウソ①
 先進国は途上国へ開発援助にかかるお金を寄付している。
 (実は、途上国の政府に借金をさせている。しっかり金利を取る)

ウソ②
 開発援助によって途上国は豊かになり格差は縮まった。
 (途上国は借金まみれになり、ますます格差は拡大している。
  庶民はより貧困になっていっている。
  資金は環流して自国やグローバル企業の懐に入っている)

ウソ③
 '60年代に大ムーブメントになった「緑の革命」によって、途上国の食糧事情は改善された。
 (一時的には増産に結びついたが、少数の例外を除き大失敗。ほとんどの途上国の一般民衆は飢餓に見舞われた。この事実は、ほとんどの学校・大学で教えられていない)
  リンク

ウソ④
 世銀・IMFは途上国を救うために融資を行っている機関である。
 (実際は、途上国政府を借金漬けにしてコントロールし、途上国の自然や資源、労働力をグローバル企業に供するために存在している。世銀総裁には国際金融機関の要人が就任。原資は先進国から貢がせる血税である。)

 参考:169968、リンクリンクリンクリンク

※ここまでの話で、こんな目に遭った途上国の人々はどう感じているだろうか?その人たちの気持ちに同化してほしい。

この画像を見せながら→リンク

 (土地・生活手段を奪われ、最低賃金の労働者としてこき使われる。主食にならない趣向作物ばかりを作らされ、食料は高い金で先進国から買わされる。欧米の傀儡である財閥や富豪、大地主だけがますます豊かになって、一方自分たちはますます貧困や飢餓に苛まれていく。中南米が反米化している理由、グローバリズムへのレジスタンス[欧米には「テロリスト」と呼ばれているが…]が生み出され続けている理由はまさにここにある)

しかし、日本人のほとんどはこの事実を知らない。ことごとくウソ・誤解がまかり通っている。それはなぜなのか?

→マスコミが事実を報道しないから。

では、なぜマスコミは事実を報道しないのか?

ODAで甘い汁を吸っているのは、マスコミのスポンサーになっているような企業群だから。我々は、偏向したメディアから日々情報を受け取って、完全に洗脳されているのである。

→マスコミに代わる共認形成の場を作らないと、事実を知ることもできないし、洗脳から脱することもできない。我々ふつうの人たちの手で、事実を追求し、マスコミに代わる共認形成の場を作っていくことが必要である。




http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-1683.html
(長周新聞)さん
http://www.h5.dion.ne.jp/~chosyu/nijuukijunbakurosurusatutabagaikou.html
二重基準暴露する札束外交
「財政難」で国民負担は増大
               実質大企業への迂回融資
     2016年9月7日付

「アベノミクス」が息切れしつつある昨今、国民の収入はガタ減りし、同時に国の借金はうなぎ登りに積み上がって、8月時点で過去最高の1053兆円を超えた。国民1人あたりにして830万円超であり、国内総生産(GDP)の2倍強にのぼる。株式ギャンブルに注ぎ込んだ公的年金基金はすでに10兆円が吹き飛び、税収の2倍を超える借金財政の安倍政府は「1億総活躍」の旗を振りながら、情け容赦ない増税と社会保障切り捨てに乗り出している。しかし一方で、国民から吸い上げた税金をODAで湯水の如く海外にばらまいている。政治はいったい誰のために機能しているのか。安倍政府の内外政治の特徴から描いてみた。

・・・・・(中略)・・・・・

世界に100兆円バラまく

 さらに目に余るのが税金の海外へのバラマキだ。安倍政府になってから対外円借款やODA(途上国への政府開発援助)の拠出額はうなぎ登りで、国会閉会中は専用機で世界中を飛び回り、次次にお金を配って回っている。再登板後の1年3カ月で52兆円つぎ込んだと思ったら、すでに世界中にばらまいた資金は100兆円を超えている。その他、米国債の保有残高(150兆円)も中国を抜いて世界最高に躍り出た。
 「消費税の8%据え置きで子育て支援の財源3000億円が不足する!」「少子高齢化だから年金給付が維持できない!」「予算が足りず被災地復興が足踏み!」といって増税に踏み切ってきたが、海の向こうでは数千億から数兆円の「支援」を、湯水のようにバラまいているのである。
 ODAというのも額面通りの「人道支援」と受けとるものなどいない。首相の外遊には、鹿島、大林などのゼネコンやユニクロ、東レなどのアパレルメーカー、三菱、住友、丸紅などの大手商社など数十社の役員や担当者が同行し、政府が「途上国支援」の名目で税金をばらまく見返りに、それらの企業が現地の道路や鉄道、空港などのインフラ整備のうま味を得る。ないしは現地に工場を進出したり、市場を分け与えてもらったり、自社製品を買わせるという形できっちり回収していく仕掛けだ。「支援」は現地の国民向けというよりは大企業への迂回融資であり、それは26兆円の復興予算をつぎ込みながらゼネコンがつかみ取りしていくだけの東北被災地の現実とも重なる。税金を注入する政治家へのバックマージンもこれほどの数になれば相当額とみられる。
 ODAの拠出先は、アジアやアフリカなどの途上国が圧倒的に多く、アジア・インフラ整備では、中国が主導するアジアインフラ投資銀行(AIIB)が50カ国以上から集める12兆円規模の投資に対抗し、日本一国だけで13兆2000億円の拠出を表明するなど、他国に例を見ない規模でばらまいている。バングラデシュのインフラ整備に6000億円、スリランカの空港整備に700億円、カンボジアの国道改修に192億円、フィリピンのマニラ鉄道計画に2400億円など国内そっちのけで専決しその受注先として日本のグローバル企業が食い込んでいく。インドやベトナム、ヨルダンなどでは、日系企業の進出を倍加させることに加え、日本の原発輸出の妥結や交渉加速を約束した。アジア経済の主導権を握ろうとする中国と、TPPによる経済ブロック化で囲い込みを図るアメリカとの対立を背景にして、財政難で手が出ないアメリカの片棒を担がされ、中国との覇権争いをやるために無尽蔵に日本国民の血税が注がれていく構図に他ならない。
 円借款もほとんどが債権放棄であり、ミャンマー政府との間で日本への返済が滞っている2000億円の返済免除を決めたのをはじめ、合計で5000億円の債権を放棄。2011年には、リベリア、セーシェルで164億円、09年にはイラク、バングラデシュ、ネパールなど9カ国で2860億円、08年にはナイジェリア、ザンビア等18カ国で9683億円など、毎年当たり前のように債権は放棄されている。2012年までの10年間でその額は2兆3000億円に上っている。熊本地震では1万世帯が家を失ったが、1世帯3000万円支給しても3000億円あれば全員分の家が建てられる。地震や豪雨災害などで増え続ける国内の被災地は「予算がない!」と放置する一方で、「バングラデシュがかわいそう」と欺瞞的な言辞を弄んで惜しげもないバラマキに興じる。「邦人保護」といいながら国民の苦難にはなんの関心もない姿を体現している。





ODA詐欺のからくりが暴露されている記事です。


((株)フォレスト・コンサルタンツ)さん

https://forest-consultants.com/i/?itemid=792
裏金アラカルト 5
08-01-01

フィクサーであるO.H.氏が渋々ながら重い口を開いて明らかにしたのは、次のようなことでした。
「大手商社が受けとるコミッションは5%、そのうち、自分の会社(現地のダミー法人のことです)が1%、別の会社(日本のダミー法人のことです)が1%だ。これは表向きのもので、この他に実は裏のコミッションがある。
 この裏のコミッションは10%、これは両国(日本と中近東のODAの相手国)の“天の声”に渡すことになっている。その内訳は、相手国の天の声に6%、日本の天の声に4%だ。」
 金額的に言えば次のようになります。
1. 表のコミッション。円借款375億円の5%、18億7,500万円。
1. 大手商社の取り分は3%、11億2,500万円。
2. 日本のダミー法人の取り分は1%、3億7,500万円。
3. 現地のダミー法人の取り分は1%、3億7,500万円。
2. 裏のコミッション。円借款375億円の10%、37億5,000万円。
1. 現地の“天の声”へ。6%、22億5,000万円。
2. 日本の“天の声”へ。4%、15億円。

 私は、O.H.氏に対して“天の声”とは誰のことか問いただしてみたのですが、相手国の要人、日本の要人としか答は返ってきませんでした。更には、最も興味があった、裏金の実際の流れ、つまり、誰がどのようにして10%の裏金を工面して、どのようにして“天の声”に首尾よく届けるのかについても尋ねてみたのですが、頑として教えてはくれませんでした。私には捜査の権限があるわけではありませんし、また、知人からの依頼も、ODA話の真偽ということでしたから、それ以上立ち入ることは控えることにいたしました。

 ただ一つだけどうしても気になっていたことがありましたので、カマをかけて聴き出すことにしました。
「あなたの報酬は表向き1%の3億7,500万円ということだが、この他にも取り分があるのではないか。」
 私から思いもかけなかった質問が飛び出してきたので驚いたからでしょうか、ギョッとした顔付をしながら、何故、そんなことをきくのかと反論してきましたので、私が疑問に思うに至った理由を話すことにしました。
「あなたは武道家として現地に根づき、現地の王族に武道を指導することによって、彼らと家族的な付き合いをするに至ったといっている。つまり、あなたは指導者であって、彼らとの関係では必ずしも従属的な立場ではない。しかも、このODAは、豊かになった日本が発展途上国を支援するという大義名分を持っているために、彼らの国としては近代的なプラント設備をわずかな負担で取得することができるという、タナボタ式のものだ。しかも、その日本との橋渡しをあなたがやっている。彼らの役割はあなたの働きに比べればわずかなものだ。
 このような状況のもとで、1%といっても金額的には3億7,500万円と少なからぬものではあるが、その6倍もの金がヌレ手に粟の形で現地の要人に渡るというのが今一つ私には分かりづらい。
 更には、彼らからかなりの前金を要求されているということで、それを立て替えるあなたには相当以上のリスクがある。このようなことを考え合せると、あなたが1%だけのコミッションで眼の色をかえて走り回っているのがどうしても腑に落ちない。」

 しばしの沈黙の後、実は、といってこのフィクサーが声をひそめて明らかにしたのは、日本の要人への4%はそのまま要人に流れるが、現地の要人分の6%については、半分の3%は自分がもらうことになっているというものでした。






最後に、右も左も「協力」してODA詐欺を推進している証拠記事をアップします。
右も左も「協力」してあなたの血税を盗み取っています。
右も左も「協力」して自分たちの犯罪に気づいた人間を○しているようです。
偽装自殺というミエミエの手段を使って・・・




https://www.jcp.or.jp/web_policy/2019/06/2019-bunya71.html
71 ODA
人道援助への転換、生活分野支援、後発開発途上国支援

2019年6月

貧困の解消と、経済・社会・環境保全の調和をめざす経済協力へ転換する
 2015年9月の国連首脳会合は、2030年までに極貧や飢餓を根絶する国際社会の新たな共通の行動計画となる最終文書「持続可能な開発目標(SDGs)」を全会一致で採択しました。そのなかで、今日の世界の切迫した状況を次のように述べています。
 「依然として数十億人の人々が貧困のうちに生活し、尊厳ある生活を送れずにいる。国内的、国際的な不平等は増加している。機会、富及び権力の不均衡ははなはだしい。ジェンダー平等は依然として鍵となる課題である。失業、とりわけ若年層の失業は主たる懸念である。地球規模の健康の脅威、より頻繁かつ甚大な自然災害、悪化する紛争、暴力的過激主義、テロリズムと関連する人道危機及び人々の強制的移動は、過去数十年の開発の進展の多くを後戻りさせる恐れがある」
 加えて、資源の減少と気候変動(地球温暖化)による環境の悪化は、人類が直面する課題をさらに悪化させていると指摘しています。
 こうした切迫した状況で、日本政府の取り組み、ODAが果たすべき役割はいっそう大きくなっています。



ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村