2018年11月の記事 - 嘘八百のこの世界
FC2ブログ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント
月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告
2018年11月の記事

「Devils Haircut」Beck

今日の1曲は、ベックの「Devils Haircut」です。




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「The Sidewinder Sleeps Tonite 」R.E.M.

今日の1曲は、R.E.M.の「The Sidewinder Sleeps Tonite 」です。




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Nobody's Hero」 Stiff Little Fingers  

今日の1曲は、スティッフ・リトル・フィンガーズ の「Nobody's Hero」です。
当時、ジェイク・バーンズのつぶれた声が好きでした。
でも、 あたりまえだけど、若いネ~




これも、別の意味で、若いネ~(笑)
この太ったオッチャンは本当にジェイク・バーンズなのだろうか?







ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Soul Doctor」Foreigner

今日の1曲は、フォリナーの「Soul Doctor」です。







ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「I've Got A Thing About You Baby」Tony Joe White 、Elvis Presley 、Clarence Carter

今日の1曲は、トニー・ジョー・ホワイトの「I've Got A Thing About You Baby」です。


エルビス・プレスリーのヴァージョンです。


クラレンス・カーターのヴァージョンです。







ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

まさに“スルメ・アルバム”。聴けば聴くほどに魅了される作品である! Elvis Costello & The Imposters

「Look Now」Elvis Costello & The Imposters


2018年10月発売の、エルビス・コステロの最新アルバムである。
ザ・ルーツとの共演作である「ワイズ・アップ・ゴースト」からは5年ぶり、インポスターズとの作品では「百福」以来の10年ぶりの作品である。
待たされた本作の出来は如何に?

近年まれに見る大傑作アルバムである!
まさに“スルメ・アルバム”。聴けば聴くほどに魅了される作品である!

コステロ自身「「インペリアル・ベッドルーム」のエモーションに「ペインテッド・フロム・メモリー」の美しさを持つアルバム」と述べているそうだが、この過去の傑作である2作品にも引けを取らない優れた内容である。
確かに「ペインテッド・フロム・メモリー」で共演したバート・バカラックと改めて共作した曲が3曲あるが、その3曲以外でも「ペインテッド・フロム・メモリー」の雰囲気を感じさせる曲が挿入されている。

なにしろ「美しすぎる曲」ばかりなのだ!
駄作が全く存在しないのである!
「本作はエルビス・コステロのベストアルバムです」と言っても十分通るでしょう!

通常盤では12曲なのだが、ボーナス曲である残りの4曲もメチャ素晴らしいのである。
ところで歌詞はどうかって?

はっきり言って、よー分かりません(笑)
コステロの歌詞が難解であることは、今に始まったことではない。
今も昔も理解不能なのだ。
ひょっとしたら、曲を作った本人もよく分かっていないのかもしれない(爆)
今の若い音楽ファンは知らないだろうが、コステロのアルバム(デビュー時から少なくとも「ゲット・ハッピー」の頃まで)は輸入盤(勿論レコード)しかなく、歌詞カードもないため、当時の私は歌詞の意味も分からずに聴いていたのである。
そんな恵まれない環境にもかかわらず、なんで聴いていたかって?

歌詞の意味が分からなくても十分に説得力のある優れた楽曲であったからなのだ!

初期のコステロの歌詞を理解することが出来たのは、1993年に発売された「エルヴィス・コステロ詩集」を購入してからなのだ。
当時の私にとってこの本がどれだけ有難かったのかは、言うまでもないことである。
個別の曲についての解説は省略させてもらうが、一言「全曲素晴らしい」ことだけは保証します。
「恐らくコステロは現存するソングライターの中でも最高峰の存在である」と私は以前から感じているが、本作を聴いてその想いが確信になった次第である。

ところで気になるのは、アルバムタイトルに関連してか“ジャケットが目玉で溢れている”ことである。
ジャケットの裏には“鬼太郎の目玉親父”のような女の子の絵も挿入されている。
お世辞にも趣味がいいとは言えない。
裏がないことを願うばかりである・・・

最後にコステロ自身が本作について語っているサイト記事が二つあったので、リンクを貼っておきます。


https://rollingstonejapan.com/articles/detail/29187
エルヴィス・コステロが語る、5年ぶりとなる新たな名盤『ルック・ナウ』

http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/68387/2
エルヴィス・コステロ 最新インタビュー~ニューAL『ルック・ナウ』や闘病について語る



癌を克服された(?)(手術はしない方がいいと思いますが)コステロさん、体調を万全の状態にしてもらい、また来日公演に来てくれることを楽しみにしています。






評点:100点







ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「サリン」 THE TIMERS

今日の1曲は、タイマーズの「サリン」です。
松本サリン事件の後に作られた曲のようです。
この動画のコメント欄には全く真実を理解していないアホなコメントばかりなようだが(呆れ)、ここにはいまだにテレビ報道を信じ切っている”幸せなお方”はおられないとは思うが、万が一そのような”洗脳患者さん”がいらっしゃったら、E加減真実に気づいてくださいネ。真犯人に殺されてしまう前に・・・


https://www.youtube.com/watch?v=5CS1JSE-sMI



ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村



「季節はずれの男」エレファントカシマシ

今日の1曲は、エレファントカシマシの「季節はずれの男」です。




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「ネフードの風」PANTA

今日の1曲は、PANTAの「ネフードの風」です。
何度も言うけど、このような歌詞の曲を作ることが出来るのは、PANTA以外には存在しないでしょう。








ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「さくらんぼ」大塚 愛

今日の1曲は、大塚 愛の「さくらんぼ」です。




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「ヘイ・ボーイ」ザ・スパイダース

今日の1曲は、ザ・スパイダースの「ヘイ・ボーイ」です。




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

米軍が武器を持ち日本に駐留し、日本を支配下に置いているように、読売新聞、日本テレビ、プロ野球・読売巨人軍は、米軍の「兵器」として「作られた」

「徳川慶喜や勝海舟から代々続いている売国奴の系譜」


ナベツネが死んだらしい。
何故かゴミウリは公表を控えているらしい。
CIAから「公表してよい」という許可がまだ出ていないからなのか?
NHKと並んで「日本人総白痴化」を目的として設立されたゴミウリのトップの死なのだから、“雇い主”であるCIAの「お許し」が出るまでは公表することが出来ないのだろう。
お悔やみを述べるつもりはさらさらないが、この人物の正体を国民は理解しておく必要があるため、この人物に関する過去のブログ記事を紹介する。
どうやら元共産党員だったみたいですナ。
「左のエージェント」を演じていたのに過ぎないでしょうが。
まさに「右も左も根は同じ」の証明ですナ。
ついでに同姓同名人物であるCIA関係者に関するブログ記事もアップしておきます。




https://no-tenki-e-tenki.com/3064.html
渡辺恒雄氏(ナベツネ)が死去。死因は?ソースは菅野完さんのメルマガからのTwitterから。
投稿日:2018年11月17日

ちょっとビックリした速報が入りました。
あの読売新聞社の渡辺恒雄氏、通称ナベツネさんが亡くなったとの事。
しかしまだ読売は発表していません。
何故すぐに発表しないのでしょうか?それはとある人のためだそうで…
死因も調べました。菅野完さんのTwitterの情報もどうぞ!




(トカナ)さん
https://tocana.jp/2016/03/post_9167_entry.html
ナベツネは「天皇制打倒」の元共産党員だった! 保守系路線に鞍替えした理由とスパイ疑惑とは?
2016.03.16

読売巨人軍の高木京介投手が野球賭博に関与していたことの責任を取って、渡辺恒雄球団最高顧問が辞任することが、3月8日明らかになった。だが、代表取締役会長・主筆として、渡辺恒雄氏が読売新聞グループに君臨し続けることに変わりはない。
 読売新聞は保守系と見られるが、1934(昭和9)年生まれの渡辺は戦時下で反軍青年であった。戦後は「天皇制打倒」の主張に共感して、日本共産党に入党したことがある。読売新聞に入社してからの記者時代には、武装闘争路線を掲げていた日本共産党の山岳アジトに単身で乗り込んで取材し、スクープしたこともある。
 日中戦争が深まる1939(昭和14)年、渡辺は開成中学に入学し、哲学書を読みふける日々を過ごす。軍国主義を吹聴する校長ら教員を、闇夜に襲って殴ったこともあった。
 1945(昭和20)年4月、渡辺は現在の東京大学である、東京帝国大学文学部哲学科に入学する。太平洋戦争で徴兵され、この時代の軍隊生活の例に漏れず、上官から殴る蹴るの暴行を受けた。
 その年の8月、日本が敗戦すると、渡辺は復学。東大のキャンパスに戻ってみると、保守政党から社会党まで「天皇制護持」だったが、共産党だけが「天皇制打倒」を宣言していた。軍隊での暴行も、天皇の名の下に行われていた。「天皇制と軍隊の二つを叩き潰すためにどうすればいいか、それが共産党だ」と渡辺は考えた。
 同じ年の12月には、日本共産党に入党を申し込み、下部組織である日本青年共産同盟のメンバーとして活動を始める。街のビラ貼り、他の学校へのオルグなどから始まり、教員の解雇問題のあった女子校を実力占拠するなど、活躍した。母校である東京高等学校に行き、インターハイを目指す野球部員に「野球なんてくだらないものをする時ではない」と活動に誘ったこともある。そして、東大の学生党員約200名のトップに立つまでに至った。




(浮世風呂)さん
https://blog.goo.ne.jp/yamanooyaji0220/e/31b8776d983469bad82ffec40288122b
日本の中のCIAエージェント
2012-10-02

日本の政界、財界、マスコミ、学者、評論家、右翼・暴力団などあらゆる分野に張り巡らされたCIAのスパイ・エージェントの数は一体どのくらいになるのであろうか

★渡辺恒雄
読売新聞経営者。敗戦当時、日本にはテレビ局はNHKしか存在しなかった。米軍は3S作戦実行のため、戦前からのCIAスパイである読売新聞の創立者、正力松太郎とその部下渡辺恒雄(現在の読売新聞・経営者)に「命令」し、CIA直営のテレビ局として日本テレビの創立を命令する。CIAスパイエージェント正力松太郎は、CIAの資金で読売新聞を日本最大の新聞に育て上げるが、戦争中読売新聞は、日本の中国侵略と日米戦争を大々的に「アオッタ」新聞である。日本に中国侵略と日米戦争を行わせる事は、CIA新聞である読売新聞を使った米国の戦略であった。

正力松太郎と渡辺恒雄がCIA工作員として、読売新聞、日本テレビ、プロ野球・読売巨人軍を創立し、その経営資金がCIAから出ている事実は、米国政府の心理戦争局の内部文書Records Relating to the Psychological Strategy Board Working Files 1951-53に明記されている。
米軍が武器を持ち日本に駐留し、日本を支配下に置いているように、読売新聞、日本テレビ、プロ野球・読売巨人軍は、米軍の「兵器」として「作られた」。

 政治部の渡辺記者は大野番として出発したが、大野伴睦や児玉誉士夫に密着して子分役を務め、暴力団の東声会のクラブの運営委員に連なったり、ロッキード事件の前にワシントン特派員として、児玉の対米窓口を果たしたとも噂された。また、児玉が乗っ取った出版社の「弘文堂」では、若き日の中曽根と共同経営者に名を連ね、その時の株主仲間には児玉や中曽根の他に、大橋富重、萩原吉太郎、永田雅一、久保満沙雄のような、戦後の疑獄史の裏面に出没した政商たちが、読売の現役記者だった渡辺と共に名を連ねている。

★麻生太郎

★加藤紘一娘、加藤亜由子
★中曽根康弘の孫、中曽根康隆
★小泉進次郎
 小泉進次郎 だけでない。3人とも、ジェラルド・カーティス教授とのコネで国際関係(SIPA)に入学。

★渡辺恒三
CIA指令「小沢抹殺」実行の主役の一人である。原発利権とCIA工作によって寝返った。国のレベルでも地方のレベルでも、渡辺恒三一族は従米ネオコンエージェント活動を主導している。
★渡辺恒三の息子、渡辺恒雄
グリーンの教え子で、肩書きもCSIS(シー・エス・アイ・エス)の研究員である。
鳩山・小澤の政権時、息子の恒雄が、前原誠司や枝野幸男ら民主党内の反小沢グループを何かあるとすぐにそそのかして民主党分裂策動を開始する。「七奉行の会」とかを作って定期的に会っている。ここに、岡田克也までがすぐにひきづられて連れて行かれる。そうして「アメリカとしては、鳩山、小沢のあとはお前たちに日本の政治を任せようと考えている」とマイケル・グリーンが、渡部恒雄と出てきて盛んに扇動していた。
★渡辺恒三の甥っ子、佐藤雄平
福島県知事




(HDD)さん
http://d.hatena.ne.jp/boogierock/20110124/1295835358
2011-01-24

●渡辺恒三の息子の渡辺恒雄はCIAのエージェント!
11:15

■茂木先生に激しく共感しています。"絶望"の言葉が頭をよぎります。
司法、立法、行政、マスゴミ、大企業(株主の30~50%弱が外人なので外国の機関といってもいい)、そして闇が結託して国民の目の前で犯罪を繰り返すこの日本の現状を"絶望"感なしで語ることはできない。
検察が事件を捏造し、議員がリンチ国会でいたぶり、マスゴミが偏向報道し、国民を洗脳し、時には"殺人"によって事実を封印し、関係者に見せしめる。
これまでは裏の世界のできごとで我々国民には気づかれないまま繰り返されてきた国家の犯罪だ。
しかし、ネットにより国民の多くが事実情報を共有できる今は『公衆の面前で国家の犯罪が繰り返されている』状態になっている。
公衆の監視に晒されているとわかっても、「けもの道」に一度足を踏み入れたこれらの犯罪集団の犯罪行為は止まることができない。
●私が"絶望"の感にとらわれたのは『渡辺恒三』がネオコン主役の一人である事実を知ったときだった。
渡辺恒三はしょっちゅうテレビに取り上げられて「小沢追放」を叫んできた人物だ。また、若手ネオコングループを7奉行などと言って教育・指導してきた人物でもある。
彼がなぜネオコンなのか今一つ理解できずにいたが、阿修羅の情報で明確に理解するに至った。
それは、国政レベルだけでなく地方も既にネオコンに支配されていると言う事実だった。
「国家の犯罪」とまったく同じ構図で「地方の犯罪」が行われ、その通底に米国ネオコンの存在があったのである。
このことに私は激しい"絶望"感におそわれた。
以下、渡辺恒三が従米ネオコンの主役の一人であることを明らかにする。
●渡辺恒三の甥っ子「佐藤雄平」の県知事大出世の陰にCIAあり。
『特捜検察は、知事と福島県民を「抹殺」した(佐藤栄佐久ブログ)』
http://www.asyura2.com/10/senkyo103/msg/936.html
(投稿者 クマのプーさん 日時 2011 年 1 月 08 日)
他の方もコメントしているように、佐藤栄井作知事の後任の佐藤雄平は渡辺恒三の姉の息子だ。
---wikipediaより一部引用---
2006年11月12日に投開票された福島県知事選挙において、渡部の秘書を長く勤め、当時参議院議員(民主党所属)だった渡部の甥(姉の長男)である佐藤雄平を擁立。佐藤は当選を果たした。
---------
この投稿士の記事及びコメント士の記事によればプルサーマル原発がらみの問題でCIAにやられたと見ていいようだ。
佐藤栄井作知事失脚の2006年はプルサーマル原発について米国とのパートナーシップの発表があった年である。
そして福島のプルサーマル原発は佐藤雄平知事の下で先日稼働を始めた。

-----Wikipediaの「プルサーマル」より引用---
2006年には、アメリカが国際原子力パートナーシップを発表し、日本を含む国際協力による高速炉を用いた核燃料サイクルの実施計画が開始された。
(中略)
東京電力 福島第一原子力発電所3号機 2010年(平成22年)9月18日より試運転開始。同年10月26日より、営業運転を開始
--------引用終わり-----
●渡辺恒三の息子の渡辺恒雄はCIAのエージェント!
阿修羅投稿情報『CIAの陰がちらつく、渡部恒三氏、前原誠司氏こそ諸悪の元凶ではないか』から副島さんの記事を引用させていただきます。
------以下引用します----
 マイケル・グリーンが手足として使っている(長島昭久議員の他の)もう一人の男は、小沢一郎から分離、反抗の態度で、すぐに浮ついたこと発言するようになった、民主党の長老の渡部恒三(わたなべこうぞう)議員の息子の、渡部恒雄(わたなべつねお)である。
グリーンの教え子で、肩書きもCSIS(シー・エス・アイ・エス)の研究員である。
彼は、東北大学歯学部を卒業後、ワシントンCDで政治学を研究して、そして、グリーンの忠実な分子として、洗脳されて、今の立場にいる。
やはり渡部恒三氏も親バカ何とかという諺があるように、洗脳された息子のアポに、ひきづられて、「小沢氏追い落とし」の攻撃を仕掛けているのである。
息子の恒雄が、前原誠司や枝野幸男ら民主党内の反小沢グループを何かあるとすぐに唆し(そそのかし)て民主党分裂策動を開始する今は、「七奉行の会」とかを作って定期的に会っている。ここに、岡田克也外務大臣までがすぐにひきづられて連れてゆかれる。そうして「アメリカとしては、鳩山、小沢のあとはお前たちに日本の政治を任せようと考えている」とマイケル・グリーンが、渡部恒雄と出てきて盛んに扇動していたと言う。
なお詳しくはここから
http://snsi-j.jp/boyakif/wd201002.html
--------------------
●渡辺恒三は脇役ではなくほぼ主役の従米ネオコンエージェントだった!
以上の通り渡辺恒三はCIA指令「小沢抹殺」の実行の主役の一人であることが明らかになった。
息子の渡辺恒雄は読売論壇賞を受賞するなどゴミウリとも因縁浅からぬ人物で、竹中平蔵支援の発言はつとに目立っていました。これも売国小泉・竹中と一体行動していたエージェントなりの仕事だったのです。
(ゴミウリの渡邊恒雄と同姓同名なのはなんの因果かわかりませんが・・・)
国のレベルでも地方のレベルでも渡辺恒三一族は従米ネオコンエージェント活動を主導している。





浮世風呂さんが紹介していた「日本の中のCIAエージェント」の中に入っていたアホウが水道民営化を推進し、小泉の息子が大手企業の全従業員に風疹の予防接種などを行うよう経団連に直談判した理由は、すべてここにあるのです。
徳川慶喜や勝海舟から代々続いている売国奴の系譜が、今もしっかりと引き継がれているのです。「日本民族絶滅」という同一の目的のもとに・・・




https://inazuma7.tokyo/?p=159
何度だって書いてやる。
なぜかって?麻生太郎の娘婿が勤めるヴェオリア・ジェネッツというフランス企業に国民のライフラインを売り渡した。
娘へのプレゼントだよ!


水道なぜ民営化 世界と逆行も | 2018/11/15(木) - Yahoo!ニュース https://news.yahoo.co.jp/pickup/6303433 @YahooNewsTopics

2018年11月15日




https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20181113-00405419-fnn-soci
予防接種を“直談判” 小泉進次郎氏
11/13(火) 19:35配信

小泉進次郎氏が、大手企業の全従業員に風疹の予防接種などを行うよう、経団連に直談判した。

自民・小泉進次郎厚労部会長は、「30代・40代・50代、働き盛りの現役世代の皆さんを社員さんとして多く抱えている、日本の大手の経団連の皆さんの取り組みが、風疹撲滅に対してできることが非常に大きい」と述べた。

自民党の小泉厚生労働部会長は13日、経団連を訪問し、妊婦などの風疹感染を防ぐための対策として、企業が年齢や性別にかかわらず、全従業員への風疹の抗体検査や予防接種を行うよう、中西会長らに協力を求めた。

経団連側も前向きに対応する意向を示したということで、小泉氏は今後、政府に対し、予算措置を含めた対応を求めていく意向を示した。




悪魔どもとその手先の最終目標は、ここにあるのでしょう。
チップを埋め込まれた人間は、最早人間ではなく、「完全な奴隷」です。



https://gigazine.net/news/20181112-alarm-implant-employee-microchip/
2018年11月12日
企業が従業員の体にマイクロチップを埋め込む試みに対し労働者組合が「不快だ」と警告

「人間の体内にマイクロチップを埋め込む」という技術はすでに実用化されており、最新技術を用いて人体そのものの拡張を目指す「トランスヒューマニスト」を始めとする一部の人々が、実際にマイクロチップを体内に埋め込んで生活しています。また、「企業が従業員の体内にマイクロチップを埋め込む」といった動きも現れ始めていますが、イギリスの労働者団体はこの動きを「不快だ」として警告を発しています。

Alarm over talks to implant UK employees with microchips | Technology | The Guardian
https://www.theguardian.com/technology/2018/nov/11/alarm-over-talks-to-implant-uk-employees-with-microchips

イギリスのバイオテクノロジー企業であるBioTeqは、すでにイギリス国内で150ものマイクロチップを埋め込んできたとのこと。BioTeqが埋め込むマイクロチップは小指の爪ほどの大きさで、親指と人差し指の間の肉に埋め込むもの。埋め込んだマイクロチップをかざすことで会社のドアや社用車の鍵を開けたり、従業員の医療データにアクセスしたりといった利用が可能だそうです。

また、スウェーデンの企業であるBiohaxは、イギリスにある複数の法律事務所や金融機関と「従業員にマイクロチップを埋め込む試みに関する相談を行っている」と語りました。マイクロチップに興味を示した企業の中には数十万人もの社員を抱える大企業もあるとのことで、今後はこれまで以上に大規模な従業員へのマイクロチップ埋め込みが行われるようになる可能性もあります。

そんな企業の動きを受けて、イギリスの労働者団体であるイギリス産業連盟(CBI)は懸念を表明しています。CBIの広報担当者は、「テクノロジーは私たちの仕事を変えつつありますが、マイクロチップを従業員に埋め込むという動きは明らかに不愉快なものです」と述べ、企業の従業員が命令によって無理矢理マイクロチップを埋め込まれる危険性があるとしています。

CBIの総書記であるフランシス・オグレイディ氏は、「企業の従業員は最新のテクノロジーにより、自身のプライバシーが侵害される危険性について心配しています。マイクロチップを埋め込まれるといった行為は職場の上司にさらなるパワーを与え、部下を支配することが可能になるでしょう。また、体内のチップを埋め込むことにはリスクもつきまといますが、企業の命令によって従業員が拒否できない危険性もあります」と語りました。

一方、ハンプシャーに本拠を置くBioTeqの創設者であるスティーブン・ノーサム氏は、これまでに埋め込んできた150のマイクロチップはほとんどが個人向けのものであると述べています。しかし、いくつかのマイクロチップは金融企業やエンジニア企業などの依頼によって、従業員に対して埋め込まれたものであることも認めました。また、ある銀行も試験的なマイクロチップの埋め込みを行っており、イギリス国内だけでなくスペイン・フランス・ドイツ・日本・中国などにもマイクロチップが出荷されているとのこと。

マイクロチップを埋め込むのに必要な料金は1人あたり70ポンド(約1万300円)~260ポンド(約3万8000円)となっており、ノーサム氏をはじめとする全取締役がすでに自身の体内へマイクロチップを埋め込んでいるそうです。

Biohaxの創設者であるユアン・エステルルンド氏は、150ポンド(約2万2000円)で埋め込みを提供しているBiohaxのマイクロチップが、法律事務所や金融機関のセキュリティを向上させると考えています。「重要な機密文書を扱うこれらの企業は、マイクロチップを従業員に埋め込むことでこれまで以上に強力なセキュリティシステムを設けることができます」と、エステルルンド氏は語りました。

2017年にはアメリカ・ウィスコンシン州に本拠を置くThree Square Market(32M)という自動販売機メーカーがBiohax社と提携し、従業員にマイクロチップを埋め込む試みをスタートしました。埋め込みを行うのは試みに賛同した従業員に限っており、従業員の居場所をマイクロチップから取得するといったことはできないようになっているとのこと。

Biohaxはロンドンにオフィスを構える予定をウェブサイト上で発表しており、すでにスウェーデン国内で4000人を超える人々がマイクロチップを埋め込んでいると主張しています。また、スウェーデンにおいて鉄道事業を行う国有企業SJ ABと提携し、乗客が体内に埋め込んだマイクロチップを利用して鉄道に乗車できるようにする試みを行っているとも述べました。





ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村






「Kalou Man Kene」「Kaira」Kasse Mady Diabate

今日の2曲。
マリのミュージシャン、カッセ・マディ・ジャバテの「Kalou Man Kene」「Kaira」です。










ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Just As Strange」「Don't Know What It Means」「Anyhow」Tedeschi Trucks Band

今日は、スペシャル。
テデスキー・トラックス・バンドの2016年のライブです。
曲は、「Just As Strange」「Don't Know What It Means」「Anyhow」の3曲です。
このバンドを良く知らない方のために解説しますと、テデスキー・トラックス・バンドとは、スーザン・テデスキー(女・ヴォーカル・ギター)とデレク・トラックス(男・ギター)の夫婦が、それぞれが中心メンバーとして活動していたバンドを合体させて、夫婦ごとの元々の名字をバンド名にして再結成させた大所帯のバンドです。
分かりやすく言えば、山口百恵と三浦友和がバンドを組んで、山口・三浦バンドと名乗ったようなものです(爆)



<参考記事>
2014年コンサート評、TEDESCHI TRUCKS BAND
「黒人音楽を敬愛する史上最強の“おしどり夫婦バンド”、テデスキ・トラックス・バンド」

http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-279.html


2016年コンサート評、TEDESCHI TRUCKS BAND
「世界最高峰のブルース・ロック・バンド、テデスキー・トラックス・バンド」

http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-1444.html



ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Observation Is No Crime」 Fela Kuti

今日の1曲は、フェラ・クティの「Observation Is No Crime」です。




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Blame It On My Youth」Frank Sinatra 、Connie Francis 、Keith Jarrett、Aaron Neville

今日の1曲は、「Blame It On My Youth」です。
この曲は、1934年に、オスカー・レヴァントとヘンリー・ヘイマンによって作られました。
フランク・シナトラのヴァージョンです。


ナット・キング・コールのヴァージョンです。


コニー・フランシスのヴァージョンです。


キース・ジャレットのヴァージョンです。


アーロン・ネヴィルのヴァージョンです。




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村





俺は誰の指図も受けない  俺は自分の好きなように行動する by TONY JOE WHITE

「UNCOVERED」TONY JOE WHITE


トニー・ジョー・ホワイトの2006年のアルバムである。
トニーは、10月24日に心臓発作で他界した。75歳だった。
追悼の意を込めて、本作をレビューします。

「Run For Cover」は、トニーの味わい深いギターイントロで始まる。
そして、語りかけるようなトニーの渋いヴォーカル。スワンプ・ロックである。
「俺たちの体温が地球温暖化の始まりだ」という歌詞だけは、勘弁してもらいたいが(笑)

「Not One Bad Thout」は、マーク・ノップラーがゲストで参加している。
“渋い親父の共演”といったところか。

「Did Somebody Make A Fool Out Of You」は、エリック・クラプトンとの共演である。
「誰かがお前を笑いものにしたのか」というフレーズを繰り返し歌っているのだが、これがまた渋いんだな。クラプトンのギターとトニーのハーモニカの掛け合いが、これまた超渋い。

「Louvelda」は、J.J.ケールがゲスト参加しています。
これまた “渋い親父の共演”といったところか。
惚れた女の名前を連呼しているだけの歌詞なんだが、迫ってくるものがあるんだな。

「Rebellion」は、トニーの生きざまを端的に表現した歌だろう。
ラストの歌詞がそれを物語っている。

俺は誰の指図も受けない 
俺は自分の好きなように行動する
とにかく好きなようにギターを弾く
ライトニン・ホプキンスは俺の友達だった


「Shakin’ The Blues」は、ゲスト参加しているウェイロン・ジェニングスの曲である。
淡々とした曲だが、骨太のブルース・ロックである。

「Rainy Night In Georgia」は、泣く子も黙る(?)トニー自作の名曲中の名曲である。
この曲を作っただけで、この男は最早、人間国宝である。

「Baby,Don’t Look Down」は、マイケル・マクドナルドがゲスト参加している。
哀愁の漂う佳曲である。

「Taking The Midnight Train」は、「失恋した男が失意のあまりに夜行列車で旅立つ」という、いかにも“昔風の失恋ソング”なのだが、これまた渋いんだよね。

「Keeper Of The Fire」は、締め曲だが、渋いながらも希望を感じさせる曲調である。
タイトルの「炎を維持する者」は、トニー・ジョー・ホワイトそのものであるようだ。


気が付いたら、全曲解説してしまった。
ほとんどの曲がトニーの自作である。
決して派手さはないのだが、自分がこうだと決めたらそのまま突き進む、そのようなトニーの生きざまが感じられる名盤である。
そして、これらの優れた楽曲を“あの声”で“聴かせる”のである。
高音の声もいいのだが、トニーの低音ヴォイスは腹にしっくりと収まる。
これだけ低音の魅力を伝えることのできるシンガーは、そうはいない。
アルバムタイトル通りの「おおいのない」「むき出しの」声である。
トニーが他界したことは大変残念であるのだが、心臓発作で苦しまずにあっさりと亡くなったというのが本当なら、これまたトニーらしい人生のエンディングと言えるのかもしれない。天国で“友人”であるライトニン・ホピキンスが待っていることだろう。




評点:90点






ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「I Once Had Your Love (And I Can't Let Go) 」The Isley Brothers

今日の1曲は、アイズレー・ブラザーズの「I Once Had Your Love (And I Can't Let Go)」です。







ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Billie's Blues」Billie Holiday

今日の1曲は、ビリー・ホリデイの「Billie's Blues」です。







ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

ペリー来航とジョン万次郎の帰国とグラバー来日は、「同じ目的」を持っていたのである

「持丸長者・日本を動かした怪物たち(幕末・維新篇)」広瀬隆


2007年の書である。発売当時に読んだものを再読した。
以下、一部引用する。



*うち、薩摩藩主の島津斉彬は、すでに土佐藩に先んじて、日本帰国上陸後の万次郎を薩摩藩が取り調べた折、この帰国者が日本最高の至宝であることをただちに見抜いて、薩摩に滞留させながら、家臣に万次郎から新技術を吸収するように命じていた。そこから得た知識を活用し、斉彬が全土に先がけて切り拓いた画期的な技術は、わが国で嚆矢(こうし)となる紡績工場の建設をはじめとして、鹿児島集成館の宝庫に山ほど偉業の足跡が残されている。
伊予宇和島藩主の伊達宗城は、ヨーロッパの知識を高く評価して、国外に追放された異人シーボルトが日本滞在中に日本人女性の楠本滝に産ませた娘イネを保護し、幕府に追われて逃亡中の蘭学者・高野長英を匿い、斉彬と競うように藩内に次々と新技術を生み出し、日本人の独力で蒸気船を製造させる。

*このようにゴールドラッシュ、捕鯨、奴隷貿易、綿花という四大産業にかかわる一族から出たペリー提督は、日本に出立する前に、すでに十年間も中国に滞在してもうひとつの大悪事「アヘン貿易」に携わってきた大商人ウォーレン・デラノ船長に会って、日本の港を開かせるにはどうすればよいかと事情を尋ねた。この麻薬商人デラノ船長の孫が、第二次世界大戦時の大統領フランクリ・デラノ・ルーズヴェルトである。
のち、ペリー提督の孫娘フレデリカが、そのデラノ船長の娘と義理の姉妹関係となるが、両家を結びつけた一族が、メイフラワー号でアメリカに上陸した名門ハラウンド家であった。天命のめぐり合わせほど、不思議なものはない。それが、漂流していた万次郎を救った捕鯨船ジョン・ハウランド号のオーナー一家だったのである。まったく同じ時期、ニューベッドフォ-ドで成人した万次郎が日本に帰国すると、その十一カ月後に、同じニューベッドフォ-ドの利権グループに属するペリー提督が、日本への派遣使節として任命されたことになる。そのような人物が日本に向かおうとしていたのだから、奇遇と言えば、これほどの奇遇もない。

*薩摩藩のイギリス攻撃は、薩摩藩主の父で、実質的な実権者だった島津久光の行列が武蔵国生麦村(横浜市)に差しかかった時、横浜在住のイギリス人四人が行列前方を乗馬のまま横切った。これを無礼と怒った薩摩藩士・奈良原喜左衛門が斬りかかり、イギリス人一人が死ぬという生麦事件がその前にあった。島津久光は名君・斉彬の弟であり、喜左衛門の弟・奈良原繁は明治時代に日本鉄道会社社長となり、その息子・奈良原三次は奈良原式飛行機を発明して日本航空界の草分けとして名を成した

*もうひとつ驚くことがある。勝海舟といえば、西郷隆盛と談判して江戸を無血開城に導いた偉人として名を残した。
・・・・・(中略)・・・・・
無能だったはずの勝海舟がなぜにこの最重要局面で幕府代表をつとめたのか。
それは、鳥羽・伏見の戦いから七日後、1月10日に朝廷側が、鳥羽・伏見の戦いに関係した幕府関係者の大名・旗本32人を「朝譴者(ちょうけんしゃ)」つまり朝廷の咎めを受けるべき人物として処罰するリストを発表したが、勝海舟がこの名簿を手に入れて、幕府内で優秀だった人間を粛正することに成功し、この権力闘争に勝ち抜いて頂点に立ったからである。


ここに勝海舟の行為を記述しなければならないのは、この男が幕府の誠実な有力者を大量に犯罪者に仕立て上げたからである。明治元年4月8日、長崎海軍伝習所指導者の永井尚志、蒸気機関の最高技術者である榎本武揚らを処分したばかりか、伝習所で図抜けた成績をあげ、勝海舟など足元にも及ばず、咸臨丸航海長をつとめた男、自分にとって邪魔者の小野友五郎という天才を無実の罪で伝馬町に投獄したのである。伝習所以来の自分の過去を知っている者を次々と粛正したわけである。榎本武揚が函館戦争に走った心情がそこにあった。

*廃藩置県は、それ以前から藩主たちが言い出していたとされるが、その建言・主張をおこなった代表者四人は鳥取藩知事・池田慶徳、徳島藩知事・蜂須賀茂韶(もちあき)、尾張藩知事・徳川慶勝、熊本藩知事・細川護久で、いずれも最後の将軍・徳川慶喜の近親者であった。彼らは、中央集権国家にしたあと、大蔵省に日本の金を全部集めて、それを一族で寄ってたかって食い物にしようという陰謀を企んだのか。徳川慶喜の息子・忠太郎は勝伊代子と結婚して入婿となり、勝精(くわし)と名乗って明治32年に三百代言・勝海舟の伯爵家を相続した。さらに勝精と伊代子の娘が、長州財閥の藤田伝三郎の孫と結婚しているのである。




(管理人)
皆さん、分かりますよね。
私がここに引用した本書の箇所の共通点が。

はい、「八百長明治維新の証明」です。

著者は、丹念に歴史資料を調べ、その結果として日本の持丸長者の実体を詳細に記したわけであるが、私の関心事はそれよりも「明治維新の真実」を追及することにあるのです。
本書には、私の関心事を満たすに十分なヒントが散りばめてありました。
本書を読んで改めて感じたことは、「八百長明治維新」にかなりの部分でジョン万次郎が関わっていたという事実である。
ジョン万次郎は、島津斉彬と関係を持っていた。
斉彬お抱えの武士であった西郷隆盛が明治維新の中心人物となったルーツは、斉彬とジョン万次郎の繋がりにあったことは間違いないだろう。
坂本龍馬がジョン万次郎の影響を受けていたことは、以前書いている
ペリー家とデラノ家を結びつけたのがハラウンド家だとのことだが、漂流していた万次郎を救った捕鯨船ジョン・ハウランド号のオーナー一家だったのが、ハラウンド家だったのだ。
著者はハウランド家と繋がりのあるペリーの来航のことを「奇遇と言えば、これほどの奇遇もない」と記しているが、これは奇遇なんてものではない。
ジョン万次郎の漂流は真実だろうが、ジョン万次郎をアメリカに連れて帰って育て上げ教育したのは、ホイットフィールド船長の単なる親切心ではないことは間違いないだろう。

ある目的故のことであったのだ。

それはハウランド家の意思であり、ペリー家の意思であり、デラノ家の意思であったのだろう。つまり、「彼ら」の意思であったのだ。

ペリー来航とジョン万次郎の帰国は、「同じ目的」を持っていたのである。

デラノ家が「アヘン貿易」に携わっていたのは有名な話である。
ところで「アヘン貿易」と聞けば、誰かを思い出しませんか?
はい、グラバーです。グラバーはジャーディン・マセソン商会の長崎代理店として「グラバー商会」を設立しました。ジャーディン・マセソン商会が「アヘン貿易」に携わっていたのは、ウィキにも記載されている有名な話です

ペリー来航とジョン万次郎の帰国とグラバー来日は、「同じ目的」を持っていたのである。

ウィキを見たついでに記しておきます。
グラバーは、井上聞多、遠藤謹助、山尾庸三、野村弥吉、伊藤博文の長州五傑のイギリス留学の世話をしています。

長州ファイブは、「アヘン貿易」に携わっていたジャーディン・マセソン商会によってイギリス留学したのです。
グラバーは、長州五傑、五代友厚(薩摩)、坂本龍馬(海援隊)、岩崎弥太郎(三菱財閥)等を支援しました。

長州ファイブ、五代友厚(薩摩)、坂本龍馬(海援隊)、岩崎弥太郎(三菱財閥)は、「アヘン貿易」に携わっていたジャーディン・マセソン商会によって支援されていたのです。

さらに記しておきます。
吉田茂の養父・吉田健三は、ジャーディン・マセソン商会横浜支店長でした。

吉田茂は、「アヘン貿易」に携わっていたジャーディン・マセソン商会によって支援されていたのです。

吉田茂の孫は誰でしたでしょうか?

はい、アホウです。
アホウが「日本の水道を民営化します」というトンデモ発言したルーツはここにあります。

水道民営化という謀略は、「アヘン貿易」に携わっていたジャーディン・マセソン商会によってなされようとしているのです。

ジャーディン・マセソン商会がロスチャイルド系列であることは、言うまでもありません。

かなり話が飛躍しましたが、本書の引用文に戻ります、
下関戦争が八百長であることは以前記事にしましたが、生麦事件もその可能性が高そうです。
イギリス人に斬りかかったという奈良原喜左衛門を調べると、死刑になっていないのです。
弟の奈良原繁をウィキで見ると、イギリス人を斬りつけたのは、兄の喜左衛門ではなく、弟の繁であると子孫から異議が申したてられているとのことである。
その奈良原繁は、明治になって日本鉄道会社の社長になったそうである。
何故に奈良原繁はそれほど出世できたのだろうか?
裏がないと思うこと自体、どうかしているだろう。
巨額な賠償金は、薩摩藩ではなく幕府が支払わされている。

次に、勝海舟である。
勝海舟が「彼ら」の手先であることはフルベッキ写真に写っていることで証明されているが、突然出てきたこの男が何故に幕府の代表になれたのかがこれまで分からなかった。
なるほど、幕府の誠実な有力者を大量に犯罪者に仕立て上げたからであるようだ。
勝海舟を抜擢したのが徳川慶喜であることは、間違いない。
勝海舟に幕府の誠実な有力者を大量に犯罪者に仕立て上げさせたのは、慶喜であるだろう。
二人とも、幕府のみならず日本そのものを「彼ら」に売り渡した売国奴である。
明治になって慶喜と勝海舟の子孫が親族関係になっているのには、呆れてものが言えない。

最後に、本書を読んで感じたことを記しておきます
これだけ詳細に家系図を調べ上げ、江戸時代から明治にかけての持丸長者を洗い出した著者の姿勢は立派であると思うが、許しがたき記述が一つだけある。
それは、「フルベッキ写真が偽写真である」と切り捨てた記述である。
それも何の根拠も示さずに。
著者は、「フルベッキ写真が偽写真である」と断言するならば、何故にそうであるかを示すべきである。
「偽写真であることの根拠を示すのと同時に、誰が何の意図をもって偽写真を撮影したか」を記すべきである。
坂本龍馬や勝海舟も加わった幕末の有名人物が一堂に会したこの写真が本物でないことを、根拠を上げて示すべきである。
本物でないというのなら、写真に写っているのは何者であるのかを、根拠を上げて示すべきである。
それもしないで一方的に偽写真だと論じることは、暴論である。
ジャーナリストであるならば、絶対にやってはならないことである。
そもそも広瀬さん、幕末の持丸長者をこれだけ調べ上げているわりに明治維新の中心人物と外国人勢力の関わりを指摘せずにいるのは不自然だと思われませんか?
私は、「広瀬隆は名著「赤い楯」を書いた本物のジャーナリストだ」と信じているからこそ、明治維新の中心人物と外国人勢力の関わりをスルーし続ける広瀬氏の姿勢に疑問を抱かずにはおられません。



評点:70点






ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村



「When My Left Eye Jumps」Buddy Guy

今日の1曲は、バディ・ガイの「When My Left Eye Jumps」です。







ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村


「Night Train」World Saxophone Quartet

今日の1曲は、World Saxophone Quartet の「Night Train」です。




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Coming In From The Cold」 Bob Marley

今日の1曲は、ボブ・マーリーの「Coming In From The Cold」です。
ボブは、落ち込んでいる人に、 このように語りかけています。

「一つのドアは閉まっていても、もう一つのドアが開いているじゃないか!」








ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村



「Pay No Mind」 Beck

今日の1曲は、ベックの「Pay No Mind」です。







ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

JAL123事件は日本の「911」であり、「311」を予告していたのでしょう。 そして、原爆も・・・

「「嘘八百のこの世界」の「嘘八百の糞ニュース」あれこれ」


「嘘八百のこの世界」というタイトルでブログを書いて相当経つが、相も変わらず毎日のように嘘がまかり通っている。
読者の皆さんも嘘世界に慣れてこられたとは思うが、まだまだこの世界の嘘に気づいておられない方が大多数なのだろう。
というわけで、嘆かわしいばかりの最新の嘘ニュース(糞ニュース)を紹介する。
皆さんが理解できるように、このニュースが何故に嘘であるかを証明する過去記事付きで。
なんて私は親切なんでしょう。カニかおせち料理でも買ってやってくださいナ(爆)




https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/241163/2
天敵に白旗 小池都知事は自民党に“土下座”しても再選熱望
2018/11/08

「選挙時期の前倒しを要請するくらいですから、小池知事は2期目を狙っている。何とかして再選し、東京五輪の旗を振りたいと考えているようです。勢いが地に落ちた小池知事が再選するには、固い組織を持つ都議会自民党の支援は必須。“天敵”に頭を下げてでも支援をお願いしたいということでしょう」(都政関係者)

 ところが、小池へ恨み骨髄の都議会自民党が「ハイ、そうですか」とすんなり謝罪を受け止めるはずがない。

「都議会自民の幹部らは、今回の一件について『謝罪だと思っていない』という態度です。小池知事に徹底的に叩かれ、昨夏の都議選で大幅に議席を減らしましたから、恨みは相当なもの。おいそれと許すわけがありません。既に小池知事の対立候補の選定に着手しているといいます。小池知事としては『どうか対立候補は出さないで欲しい』と無理やりにでも謝罪したことにしたかったのでしょう」(前出の都政関係者)

 “土下座”をしてでも知事再選を果たしたいということか。

 さすがは“政界渡り鳥”と評されるだけの変わり身の早さだ。




小池と自民党が対立しているなんて嘘八百です。
「彼ら」の指示に従って安倍自民と結託して憲法改悪を企み、国民を八百長戦争で死に追いやろうとしていることはミエミエです。



http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-2228.html
悲しいかなこの国の政治は、「政党間の対立」という視線で見ていては本質が見えてこないのである。
「この国の政治や選挙というものがイカサマであるということの証明」


まぁ、この国の政界も、経済界も、マスゴミも、その周辺も、すべてが腐りきっていることは百も承知だが、それにしても酷いね~。
国民の血税を自分たちの都合で浪費しまくり、する必要のない解散選挙を強行しただけでも酷いが、もうメチャクチャである。
「彼ら」の手先であるチーム・イルミナティの連中がこの選挙の強行実施によって狙ったことは、下記のようなことだろう。



・前原を使って民進党を解散させる。

・小池を使って希望の党という名の絶望の党を発足させ、さも「国民には自公に敵対する政党に投票する権利があり、この国には民主主義が存在している」かのように国民に思わせ、コロッと騙す。
実際は「安倍も小池も前原も、同じ邪悪な目的を持ったチーム・イルミナティの同志である」にもかかわらず・・・

・数々の問題を起こして退職したはずのチーム・イルミナティの手下の元議員を復活させる。

・選挙に自公が勝利することで「森友・加計問題」に幕を引かせる。
「森友・加計問題に関する疑惑に対して安倍はシロであった」という嘘八百を「国民が自公政権を支持しているのがその最大の証拠だ」という詐欺報道を用いることで「森友・加計問題はすべて解決」「国民の支持を得られた安倍首相万歳!」「北朝鮮ミサイルに負けるな、頑張れ安倍ちゃん!」といった“恐るべき大本営発表”をマスゴミによって拡散させる。

・すべては安倍の身内企業であるムサシを使った不正選挙によって「自公政権の大勝利」に持っていく。いつものように、マスゴミも、野党も、不正選挙の「フ」の字も言わない。



ここに書いたことが真実であることを、証明しようと思う。
その方法は簡単である。
ここに登場する政治家も、一応人間であるだろう。
レプティリアンかどうかという話は置いておく。
人間であるならば、自分の利益を考えて行動するだろう。
自分の不利益となることを、自ら行ったりはしないはずである。

まずは、前原である。
彼が民進党の代表に選ばれ、本気で自公政権に勝利しようと考えていたならば、
希望の党に合流して民進党を解散に持っていこうなどとは思わないはずである。
少なくとも民進党の議員から支持されたいと思うはずである。
「前原を代表にしてよかった」と思われたいはずである。
自公政権に勝利するにしても、実質上自公政権と同じ政策を掲げている希望の党に合流しても、対立する政策が存在しないため有権者から支持されるわけがなく、落選することは分かっていたはずである。
最終的には惨敗して自ら党を辞任することになることは、察しがついていたはずである。
国民からも総スカンをくらう「悪役」となることは、分かっていたはずである。
であるのにもかかわらず、何故に彼はこのような行動をとったのだろうか?

ある勢力(私は「彼ら」と呼んでいます)に命じられていたからである。

次に、小池である。
彼女は東京都知事である。
「ご立派な要職」に就いている彼女が、わざわざ新党をつくった理由は何か?
自公政権と同じ右寄りの思考を持つ彼女が、自公政権と対決する理由はない。
「原発の廃止」など本気で思っていないことは、余程のバカでない限り、誰もが気づいているはずである。
ならば、自身の名誉欲のためだろうか?
東京都知事では満足できず、総理大臣になりたかったのか?
もし本当にそうならば、相当に権力欲の強い奇人変人だが、そんなことはあり得ないだろう。
実質上自公政権と同じ政策を掲げている希望の党が有権者の支持を得られるはずがないことは、事前に分かっていたはずである。
新党をつくるのにも、それ相当の金が必要だろう。
どうやってその資金を調達したのかも不明だし、そもそも勝算のない選挙に向けて新党を立ち上げるほど彼女がバカだとは思えないし、リスクを冒してこのような暴挙を実行する理由もないはずである。
結果として自身の責任問題に発展することなど、分かっていたはずである。
彼女は自分で自分の首を絞めているのである。
であるのにもかかわらず、何故に彼女はこのような行動をとったのだろうか?

ある勢力(私は「彼ら」と呼んでいます)に命じられていたからである。

以上が「この国の政治や選挙というものがイカサマである」ということの証明である。
ムサシ以前の問題である。
悲しいかなこの国の政治は、「政党間の対立」という視線で見ていては本質が見えてこないのである。
表に出てこない勢力のことを考えない限り、いつまでたっても政治の真実は隠されたままであり、国民は藪の中から抜け出せないのである。





(リテラ)さん
https://lite-ra.com/2018/11/post-4355.html
2018.11.05

現在来日中のポール・マッカートニー。昨年4月以来となる短いスパンでの来日となる今回の「FRESHEN UP JAPAN TOUR 2018」では10月31日、11月1日に東京ドーム、5日に両国国技館、8日にナゴヤドームでのコンサートが予定されている。
 そんななかポールによるInstagramの投稿が話題を呼んでいる。10月30日、彼はナンシー夫人とともに二人揃って「WE CAN END GUN VIOLENCE」と書かれたTシャツを着た写真とともに、「ここ最近アメリカで起きている悲しい銃撃事件を受けて、アメリカ国民が分別ある銃規制法案を支持する政治家に投票することを願っています」と、11月6日に行われる中間選挙に向けてのコメントを綴った。
 ポールは今年3月にも銃規制を求めて開かれた全米各地で開かれたデモ「March For Our Lives」に参加している。ポールはニューヨークのデモに赴いていたが、その場で受けたCNNの取材に「(銃による暴力を完全になくせるか)わからない。でも、これが僕らにできることだ。だから、僕はいまここにいる。僕の親友の1人が、このすぐ近くで銃の暴力により殺された。だから、これは僕にとって重要なことだ」(2018年3月26日付ニュースサイト「BARKS」)とコメントしている。ここでポールが言及した「親友」は、言うまでもなく、1980年12月8日にニューヨークの自宅アパート前で凶弾に倒れたジョン・レノンのことである。
 北アイルランドでデモに参加していた市民がイギリス軍によって射殺された「血の日曜日事件」を受けて書かれている「アイルランドに平和を(原題:Give Ireland Back to the Irish)」など一部の例外を除いて、ポールはジョンほど積極的に政治や社会について発言することはなかったし、プロテストソングに類する曲もほとんどない。
 ポールがここまで直接的に政治に言及するのは、ビートルズ時代からの長いキャリアでもかなり珍しいことだが、そんな彼がここまで踏み込んだ背景には、やはり、トランプ大統領の言動や、右傾化、ファシズムの台頭が進む世界情勢を受けての危機感があるのだろう。
 2018年10月31日付ニュースサイト「CINRA」に掲載されたインタビューでは、トランプ大統領について語っている。
 トランプ大統領は、10月27日にペンシルベニア州ピッツバーグにあるユダヤ教礼拝所で男が銃を乱射し11人が射殺された事件の数時間後、インディアナ州での集会に出席して演説を行っているが、その際にファレル・ウィリアムスのヒット曲「ハッピー」を流したことが問題となっている。
「ハッピー」は日本でもヒットした曲なのでご存知の方も多いと思うが、非常に明るい曲調で、歌詞も〈だって僕はハッピー/幸せって本当にあるんだなという気分なら手拍子しよう〉(編集部訳)と歌ったもの。銃乱射事件の直後に、トランプ大統領は一体どういうつもりでこの曲を流したのだろうか。
 ポールは、この状況で「ハッピー」を流したトランプ大統領を、こう断じている。
あの曲を、あの状況で流せる人間が、果たして無神経でなくてなんだろう。トランプっていうのは、人に対する思いやりや想像力に欠けた人物だと思うね




一言、偽物のお前が言うな!
ジョン・レノンはアンタの友人なんかじゃないよ!
銃規制を主張しているのはアンタの意思ではなくて、「彼ら」の意思だろう。
FEMAを実行に移すためには国民が銃を持っていたら“やりにくい”という理由のね。



http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-672.html
音楽界に友達がいなくて有名でw ギョーカイの人は偽物だとみんな知ってる
「ポール・マッカートニーは1966年に死んでいた?現在のポールは替え玉?」


バンド解散後
ジョンレノンは露骨にポール嫌いを表に出すようになって
それはバンドのために代役を演じていたFaulが
バンドを解散したら当然表舞台から少しずつ
フェイドアウトするだろうってメンバーは思ってたのに
解散後も図々しくポールのフリしてやりたいようにやり始めたせい


で、ジョンが殺された理由ってのが
殺される直前にオノヨーコと離婚しようとしていたこと
ポールが死んだ原因を突き止めて発表しようとしていたこと
らしいのです


政府の要人や権力者の替え玉をダブルdoubleって言うんですが
ジョンが活動再開して発表したアルバムが
"Double Fantasy"

ヨーコとキスしてるあの有名なジャケですが
このアルバム発表後1ヵ月経たないうちに殺害されてしまった





(Electoronic Journal)さん
http://electronic-journal.seesaa.net/article/462583141.html
2018年11月07日

●「123便墜落事故と日本航空倒産」(EJ第4885号)

ところで、2010年1月19日(火)の夕刻に何が起きたか
ご存知ですか。
 この日、日本航空株式会社、日本航空インターナショナル、ジ
ャパンキャピタルの3社が、東京地方裁判所に会社更生法の適用
を申請したのです。
青山透子氏は11月19日(引用者注:1月19日の間違いであると思われる)の「119」が気になったといいます。なぜなら、それは、墜落機の個別認識記号だからです。
─────────────────────────────
           JA8119号機
─────────────────────────────
 「JA」は日本国籍、「8」はジェット機をあらわし、次の3
桁の数字「119」が個別の番号です。個別識別番号と同じ日に
倒産とは、奇妙な偶然です。




ここにJAL123事件が「彼ら」の犯行であることが証明されています。
日本航空が会社更生法の適用を申請した日と墜落機の個別認識記号が「偶然」一致するわけがないのです。
根底に数字に異常に拘る「彼ら」のカルト思想が存在することは間違いありません。
さらには、次のことが連想されます。

2010年1月19日=2・1・1・1・9=(2+1)・1・1・9=3・1・1・9

前から読めば「311」、後ろから読めば「911」

JA8119号機=8119

「81」が何を表しているかは分かりますよね。
はい、日本の国番号です。
JAL123事件は日本の「911」であり、「311」を予告していたのでしょう。
そして、原爆も・・・




http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-2598.html
もう一度、六・八・九としてやり直したい、歌手としてやり直したい」by 坂本九
「JAL123便から33年、その真相とは!」


坂本九の「上を向いて歩こう」(別名「Sukiyaki」)にはある噂がささやかれているようです。
タイトルも意味深ですし、この曲がアメリカで大ヒットしたことも偶然ではなかったような気がしてきました・・・



坂本 九さんの大ヒット曲、「上を向いて歩こう」別名は、「Sukiyaki」です。Sukiyakiのレコードジャケットは、坂本さんが火薬箱に腰掛けているものでした。この歌は、作詞「永 六助」、作曲「中村 八大」で、8・6・9という数字の名前をもつ人物で構成されています。火薬箱・8月6日・9日と考えると、原爆投下を忘れるなよ、とのメッセージが込められているのかも知れません。



ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Good Year For The Roses」Elvis Costello & The Attractions

今日の1曲は、Elvis Costello & The Attractions の「Good Year For The Roses」です。







ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「The Universal」 Blur

今日の1曲は、ブラーの「The Universal 」です。







ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Suspect Device」Stiff Little Fingers 「3・3・3」アナーキー

今日の1曲は、スティッフ・リトル・フィンガーズの「Suspect Device」です。



この曲をカバーしたアナーキーの「3・3・3」です。


両バンドともに今も現役です(*^-^*)
そんなーに真面目に生きてもしょうがない!
ホンマやネ。






ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Gloria」 Patti Smith

今日の1曲は、パティ・スミスの「Gloria」です。







ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

愛想もクソもない商品紹介記事

「カニとおせち料理の広告で~す」


広告宣伝記事をアップします。
気が付いたらカニやおせち料理の季節がやってきたようなんで、カニとおせち料理の広告です。

全く何のひねりもなくてスミマセン(笑)

正直言って私はまだこちらの商品を購入していないので、うまいかどうか得かどうかは分かりません(笑)
販売会社ごとにそれぞれ「価格の違い」「売りの違い」があるようですが、A8ネットと提携している会社の中で素人の私が”いいかもしれない”と感じた会社を紹介させていただきます。
ということで、素人の私の判断なので商品の良し悪しは全く分からないことを初めに申しておきます。
「お前が紹介した商品は最低やったぞ」と言われても、「元からこの商品は間違いないでっせ」などとは私は一切言ってませんで、そのような苦情は一切受け付けません。
苦情は直接販売会社に伝えてくさい。
私は皆さんが商品を購入いただけたら私に手数料が入るので紹介させていただいているだけです。

あまりに正直すぎてスミマセン(爆)

全く愛想もクソもなくてスミマセン(爆)

ブログでこの世界の嘘を告発している以上自分自身が嘘をつくわけにはいきませんので(正直者とはとても言いませんが(笑))、正直に書いている次第です(笑)
「こんな愛想のないソウルマンからでも一つなんか買ったろ」と思っていただける奇特な方がいらっしゃいましたら、感謝感激雨あられでございます(*^-^*)

以上、愛想もクソもない商品紹介記事ですみませんでしたm(__)m



















ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

テンプレート説明

このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。
背景はスライドショーになっています。

◎プラグイン説明

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。
←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。
このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

※最上部メニューバーの上に隙間がある方

最上部のメニューバーの上にFC2検索バー用のスペースを設けています。
検索バーを表示しない設定にしている方は、cssの最上部メニュー.MegaMenuの中にあるtop:27pxをtop:0に変更してください。

◎背景スライドショー説明

random : 1, // ランダム 0:オフ 1:オン
transition : 1, // 0:単純画像切替 1:フェード 2~7:移動 8:ページ更新毎に切り替え
transition_speed : 1000, // 画像間の切替時間
slide_interval : 3000, // 1枚毎の画像停止時間
slides : [
{ image : '画像URL' } // 画像の追加・削除はここ

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れません。