2018年02月の記事 - 嘘八百のこの世界
FC2ブログ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告
2018年02月の記事

「Not Great Men」 Gang of Four

今日の1曲は、ギャング・オブ・フォーの「Not Great Men」です。









ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Play With Me」Jeff Beck

今日で、当ブログは5周年そして6年目を迎えます。
よくぞここまで続けられたものだと思ってしまいます(笑)

今日の1曲は、ジェフ・ベックの「Play With Me」です。








ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「GET READY」って何の準備かい? NEW ORDER

「GET READY」NEW ORDER


ニュー・オーダーの2001年のアルバムである。
2001年と言えば、「911」である・・・
「彼ら」のニュー・ワールド・オーダー体制構築の記念の年にニュー・オーダーが発表したアルバムタイトルが「ゲット・レディー」とは・・・

これって「(ニュー・ワールド・オーダー体制への)用意をしておけ」という意味かい?

全ては「偶然」なのかもしれないが、前身バンドであるジョイ・デヴィジョンのイアン・カーティスは首つり自殺しているし、このバンドの船出そのものが真っ暗であったから、この不可思議なバンド名といい、「彼ら」及び「911」と関係しているという疑いをもたれても仕方ないだろう。

この話はさておき、アルバム本体に移ろう。
私がこのような“ロック・アルバム”を正面から聴いたのは、久々のような気がする。
遠い昔はこの手の音楽ばかりを聴いていたのだが、ブラック・ミュージックを中心に聴いている今の私には、逆に新鮮に感じられた。

何といっても冒頭の「クリスタル」である。
女性コーラスから始まって、ドラムとギターの力強いロック・サウンド。もう最高である。
「僕たちはクリスタルのようなものだ 簡単に砕けてしまう」「君はもう一人じゃない 存在のコアまで僕を揺さぶる」と歌う歌詞も素晴らしい。

「ターン・マイ・ウェイ」
あまりに単純な歌詞だが、情緒的でいい。

「ヴィシャス・ストリーク」
ニュー・オーダーらしく、テクノでメロディアスな曲である。

「プリミティヴ・ノーション」
これまたギターとドラムの絡みがいい。この“冷たさ”がたまりません。

「スロー・ジャム」
単調ではあるが、徐々に盛り上がるサウンドである。
ライヴでは盛り上がること間違いないだろう。

「ロック・ザ・シャック」
これまたライヴで盛り上がること間違いなしである。
「僕はこの世界が罪や悪徳に満ちていると信じている しかし暗闇にも光に向けて手を伸ばすことが出来る 世界を正すんだ」と歌う。
このバンドはこの世界の真実を知っている。そしてそれを正せというメッセージに希望の光を見出した気分である。

「ラン・ワイルド」
アルバムで唯一のスローな曲であり、ホッとさせられる。
「いい時代がそこまで来ている」と歌う。
ひょっとしてアルバムタイトルの意味は、「良き時代到来の準備をしろ」という意味なのか? このバンドに光が差し込んできた。




評点:80点






ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Lonesome Day」 Bruce Springsteen

今日の1曲は、ブルース・スプリングスティーンの「Lonesome Day」です。




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Sweet Soul Music」Arthur Conley 、Rod Stewart 、Ike & Tina Turner 、Diana Ross 、Sam & Dave 、Bruce Springsteen 、Cyndi Lauper Ben E King Billy Joel

今日の1曲は、アーサー・コンレイの「Sweet Soul Music」です。
この曲の作者は、アーサーとオーティス・レディングとサム・クックとされています。


ロッド・スチュワートのヴァージョンです。



アイク&ティナ・ターナーのヴァージョンです。


ダイアナ・ロスのヴァージョンです。


サム&デイヴのヴァージョンです。


ブルース・スプリングスティーンのヴァージョンです。


最後に、シンディ・ローパー、ベンEキング、ビリー・ジョエル他オールスター共演のヴァージョンです。







ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村



「Big Chief」Professor Longhair、Dr.John, Professor Longhair, Earl King and The Meters 、The Neville Brothers 、Allen Toussaint 、Dirty Dozen Brass Band

今日の1曲は、アール・キングによって作曲された「Big Chief」です。

この曲を1964年にヒットさせたプロフェッサー・ロングヘアのヴァージョンです。
これだけ口笛で”聴かせる”ミュージシャンもいないでしょう。



ドクター・ジョン、プロフェッサー・ロングヘア、アールキング&ミーターズのヴァージョンです。



ネヴィル・ブラザーズのヴァージョンです。


アラン・トゥーサンのヴァージョンです。


ダーティー・ダズン・ブラス・バンドのヴァージョンです。








ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Who Told You That」Mavis Staples

今日の1曲は、メイヴィス・ステイプルズの「Who Told You That」です。







ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村


「Don't Stop」 The Rolling Stones

今日の1曲は、ローリング・ストーンズの「Don't Stop」です・・・




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Something Better Change」The Stranglers:

今日の1曲は、ストラングラーズの「Something Better Change」です。







ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

人間国宝級の音楽家集団+超大物ゲスト=「The New Orleans Album」

「The New Orleans Album」Dirty Dozen Brass Band


1989年のダーティー・ダズン・ブラス・バンド(DDBB)のアルバムである。
エディー・ボーとデイヴ・バーソロミューとエルビス・コステロがゲストで参加している。

1曲目の「Inside Straight」は、バリトン・サックスのくだけたノリがたまりません。
「When I’m Walking」は、エディー・ボーのヴォーカルが堪能できる。
「Hannibal」は、サックスとドラムの絡みが絶妙である。
「That’s How You Got Killed Before」は、エルビス・コステロがヴォーカルで参加している。故意に音ズレさせたトランペットがいい。コステロもこんな凄腕ミュージシャンと共演できて幸せに思っているだろう。
「Song For Bobe」は、サックスが最高である。
「The Monkey」は、作者であるデイヴ・バーソロミューがヴォーカルとトランペットで参加している。
「Snowball」は、サックスとトランペットの絡みがこれまた最高である。
「Me Like It Like That」は、“ノリノリ”“ウキウキ”のハッピーソングである。
「Kidd Jordan’s Second Line」は、曲名通りのセカンドラインがたまりません。

人間国宝級の音楽家集団DDBBに超大物ゲストが参加した本作は、アルバムタイトルの「The New Orleans Album」に相応しい内容であり、ニューオーリンズの音楽の素晴らしさを改めて思い知らされる快作である。
昔懐かしい映画評論家の決め台詞じゃないけど、こんなフレーズが頭に浮かびました。

いや~音楽って本当に素晴らしいものですネ(笑)





評点:100点





ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Dance Little Rude Boy」 Ian Dury and the Blockheads

今日の1曲は、Ian Dury and the Blockheadsの「Dance Little Rude Boy」です。







ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Smile」Charles Chaplin、 Nat King Cole 、Michael Jackson、Elvis Costello 、Rod Stewart

今日の1曲は、「スマイル」です。
なんとこの曲は、あのチャップリンが作曲したものなのです

映画『モダン・タイムス』におけるチャップリンのヴァージョンです。


ナット・キング・コ-ルのヴァージョンです。


マイケル・ジャクソンのヴァージョンです。


エルビス・コステロのヴァージョンです。


ロッド・スチュワートのヴァージョンです。




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村





自分の目で「何が真実なのか」を考え、「自分の意思」で「真実をつかむのだ」という強い意志がなければ、「真実の情報」が得られることはないだろう。

「新版300人委員会[下]陰謀中枢の正体」⑤(最終回)
ジョン・コールマン



前回に続く。今回は、特にテーマを絞らない。
以下、一部引用する。



*インチケープの例に倣って、300人委員会のメンバーで南アフリカでロスチャイルド家の「表看板」を務めたセシル・ジョン・ローズがクーリー労働を利用した点は注目に値する。ローズは、何十万というインドの「ハリジャン」を輸入し、南アフリカのナタール地方にあるサトウキビの大農場で重労働をさせた。ハリジャンとは祖国インドで大きな社会問題となっていた「不可触民」のことだ。彼らを指導したのが、共産主義のアジテーターでトラブルメーカーであったマハトマ・ガンジーだ。

*ところで300人委員会の系列企業のなかでも、アメリカン・エキスプレス(AMEX)は最大の企業の一つだ。同社の歴代社長は定期的に300人委員会の役員を務めている。私が初めてこの企業に関心を持ったのは、ドラッグ・マネーを追跡している最中に、調査の対象としてジュネーヴの貿易開発銀行が浮かび上がったときだ。
私は、貿易開発銀行が自行を通して何トンもの金(きん)を香港市場に供給していることを知った。当時の貿易開発銀行は、アヘンと金取引のキーマンであるエドムンド・サフラが経営していた。
・・・・・(中略)・・・・・
貿易開発銀行はその後、アメリカン・エキスプレスに身売りした。その際、前司法長官エドウィン・ミースがこの銀行をざっと調査したのだが、ミースはそのせいで地位を追われ、「汚職官僚」のレッテルを張られた。
果たして貿易開発銀行はドラッグ・マネーの洗浄機関だったのだろうか。少なくともこれまでのところ、なぜ一民間企業が、実質ドル紙幣に相当するものを印刷する権利を持っているのか、明確に説明できた者はいない(アメリカン・エキスプレスが発行するトラベラーズチェックは、ドル紙幣と同じ扱いを受けている)。

*国王が王位を継いだ当時、イランにはアヘン・ヘロイン中毒患者が100万人もいた。そこで国王は、イギリスがイランで行っていたアヘン貿易を取り締まり、事実上終わらせてしまった。そのうえ、モサデク博士の助言に従い、従来の石油政策を変えてしまったのだ。イギリスはこうした行為に我慢がならず、怒りを爆発させた。イギリスはアメリカとの「特別な関係」を利用して、CIAを使ってパーレビ政権を倒したのだ。
こうしてイギリスは自らの手を汚すことなく、カーミット・ルーズヴェルトの率いるCIAのチームに国王の政権を転覆させ、ホメイニを同国の指導者の地位に就かせた。
・・・・・(中略)・・・・・
先にも述べたが、ホメイニは自らの力でイランの指導者の座に上ったのではない。300人委員会が裏ですべてを調整し、指揮していたのだ。ホメイニはアフガニスタン生まれのアフガニスタン育ちで、父親はイギリスMI6のエージェントであった。こうした出自を持つ彼がテヘランを掌握すると、アヘンの生産量はたちまち急上昇した。




(管理人)
今回紹介した文章は、本書の膨大な情報のほんの一部に過ぎない。
そして本書の情報は、決して新聞・テレビからは得られない貴重な情報ばかりである。
本書の監訳者である太田龍氏は、「本書を知らずして、いわゆる「陰謀論」を云々すべきではないし、本書を読まずしてこれからの日本と世界の情勢を理解し、展望し、予測し、対処することは絶対に不可能である」と述べておられる。
全く持ってその通りである。
こういった情報に耳を傾けずして新聞・テレビが報道するデマ情報を基準にこれからの日本と世界の情勢を理解しようとすることは、真夜中の真っ暗闇の断崖絶壁を懐中電灯なしで歩くようなものであり、真実解明にはほど遠い行為であり、その行く先には死が待ち受けているばかりである。
我々が本当に知るべき「真実の情報」は、簡単に手に入れられる新聞・テレビや書店に山積みされているベストセラー本の情報ではなく、新聞・テレビが決して宣伝しない本書のような書のなかに含まれているのである。

自分の目で「何が真実なのか」を考え、「自分の意思」で「真実をつかむのだ」という強い意志がなければ、「真実の情報」が得られることはないだろう。

真実追及の求道者であった太田龍氏が他界されて久しい。
太田氏亡き現在、本書が発売されていた当時と比べて、真実の情報が得られる機会が減少していると感じる。
しかしそれでも、本書のような良書を我々は手に入れて読むことはできる。
近い将来、この国のファシズム化が進行すると、我々は本書のような良書を手にすることができなくなるかもしれない。
そのような事態になる前に、我々は本書のような良書を手に入れておくべきである。
それもただ単に読み流すだけではなく、「悪魔勢力に対抗するための指南書」として熟読するべきである。

著者は「イランのホメイニが300人委員会の傀儡であり、父親はイギリスMI6のエージェントであった」と指摘しているが、これは何も外国だけの問題ではない。
我々日本国民は、この指摘から「この国の首相とは一体全体何者であるのか」「その祖父は何者であったのか」ということを理解するべきである。
「300人委員会が“自分たちに都合のいい政権”を樹立するために、“自分たちに都合のいい傀儡指導者”を樹立することを得意技にしている」ことを理解するべきである。
「この国においては明治以降にこの「方程式」が成立している」ことを理解するべきである。


評点:100点






ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「I'm a doggy」Marvin Pontiac

今日の1曲は、マーヴィン・ポンティアックの「I'm a doggy」です。







ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「山のふもとで犬と暮らしている」忌野清志郎 

今日の1曲は、忌野清志郎の「山のふもとで犬と暮らしている」です。




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村


「少年時代」井上陽水 

今日の1曲は、井上陽水の「少年時代」です。
「少年時代」なら曲のタイトルになりますが、
「おっさん時代」ならギャグにしかなりませんナ(笑)





ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「秋でもないのに」本田路津子

今日の1曲は、本田路津子の「秋でもないのに」です。
確かに秋ではありませんね・・・





ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

シリアの真実を知りや? パート7

「嘘世界支配下の嘘国家の嘘ニュースを信じ込んでいる「常識」のない国民」



悪魔が自分たちの利益追求のために善良な国家指導者を悪人に仕立て上げている。
御用マスゴミを使って自分たちが創作した“悪魔のシナリオ”が真実であるかのように、
国民に信じ込ませようとしている。

本当に化学兵器を使用しようとしているのは誰か?
テロリストを育成・援助しているのは誰か?

ご自身の頭で「何が真実であるのか」を考えてみてください。
「彼ら」は本気で“第三次八百長戦争”を創作しようとしています。
常識のない人が多すぎるため、何度でも言います。

戦争もテロも八百長、これ「常識」。

新聞・テレビの報道が真実であると信じている限り、
あなたにはいつまでたっても「常識」が身につかないでしょう・・・




http://parstoday.com/ja/news/world-i39967
フランス大統領、「シリア政府の化学兵器使用が証明されれば、シリアを攻撃」
2018年02月14日20時05分

フランスのマクロン大統領が、「シリア政府の化学兵器の使用が証明されれば、シリアを攻撃する」と警告しました。
イルナー通信によりますと、マクロン大統領は同時に、フランス政府はこれまで、シリア政府が化学兵器を使用した証拠を発見していないと認めています。
フランスのフローレンス・パーリー国防大臣も、9日金曜、フランスのラジオ局のインタビューで、「これまでに、シリア政府が化学兵器を使用したことを示す確かな証拠は発見されていない」と語りました。
アメリカとその同盟国は、昨年4月のシリア・イドリブ南部のハンシャイフンに対する攻撃など、化学兵器の使用を、シリア政府が行ったと繰り返し主張してきました。しかし、シリア政府はこの主張を否定しています。
ハンシャイフンに対する攻撃では、100人以上が死亡しました。

正式な報告によりますと、イラクとシリアでは、テロリストが何度も化学兵器を使用しています。
多くの専門家は、シリア政府が化学兵器を使用したとする非難は、シリア政府軍によるテロリストへの最近の勝利を受け、事実をごまかし、世論の目を逸らすためのものだとしています。
ロシア外務省も最近、アメリカとその同盟国が、シリア政府を化学兵器の使用で非難する目的は、テロリストを救うことにあるとしました。
シリア危機は、サウジアラビア、アメリカ、その同盟国が支援するテロ組織の大規模な攻撃により、2011年に始まりました。





https://jp.sputniknews.com/politics/201802134574215/
エルドアン氏 米は「ダーイシュ(IS)との芝居」を止めよ
2018年02月13日 23:00

トルコに対する戦いに変化しつつある「ダーイシュ(IS、イスラム国)」に対する戦いを演じる芝居を米国は止める必要があると、トルコのエルドアン大統領が述べた。

トルコ政府がテロ集団と見なすクルド民兵組織「人民防衛部隊(YPG)」を米国が支援していることが理由で、トルコ政府の米政府との関係は緊迫している。

エルドアン氏は、「我々はシリアと911キロにわたる国境線で接している。米国はシリア国境とどのような関係があるのか?彼らは既に5億5千万ドルを費やしたが、今はこの数字を30億にまで増やしたがっている。あなた方はダーイシュを相手に戦っているのだと言う。では、ダーイシュのメンバーをあなた方は何人殺したのか?ダーイシュを相手に戦っていた人々が、今はトルコを相手に戦っているのだ。ダーイシュを口実として使う権利は誰にもない。このダーイシュとの芝居を終わらせる時が来ている。今こそ仮面を脱ぐべきだ」と述べた。





(櫻井ジャーナル)さん
https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201802130000/
2018.02.14
朝鮮半島の軍事的な緊張は緩和されたが、中東では米国の好戦派が新たな戦争を目論んでいる

ウラジミル・プーチン露大統領が公式行事をキャンセルした。風邪を引いたと説明されているが、シリア情勢が緊迫しているからではないかと推測する人もいる。

そのシリアでは1月6日にロシア軍が使用しているフメイミム空軍基地とタルトゥースにある海軍施設を13機の無人機(ドローン)が攻撃を仕掛けている。その際、目標になった両施設の中間地点をアメリカの哨戒機P-8A ポセイドンが飛行していた。2月7日にはアメリカ中央軍が主導する部隊がデリゾール近くの油田地帯でシリア政府側の戦闘手段を空爆して多くの死傷者が出ている。アメリカ側は100名以上を殺したと主張、ロシア側は25名が負傷したことを承知していると語っている。

実態は不明だが、死者数は数十名にのぼり、その中には相当数のロシア人傭兵が含まれているともいう。アメリカ側はロシア人の犠牲者数を大きく見せたがっている。ロシア人の犠牲者を出すことでプーチンの責任が問われる環境を作り、3月に予定されている大統領選挙に影響を及ぼそうとした可能性もある。

デリゾールでの攻撃から間もない2月10日、ゴラン高原のイスラエル占領地域へ入ったイランのドローン(無人機)を撃墜したとイスラエル軍がに発表した。その直後にイスラエル軍はシリア領内を攻撃したが、その攻撃に参加したF-16をシリアの防空システムが少なくとも1機撃墜した。それを受けてイスラエル軍は激しいミサイル攻撃をを実施したが、思惑通りには進まなかったと言われている。一方、今年(2018年)1月20日からトルコ軍はシリア北西部のアフリンにいるクルド勢力に対する攻撃を開始、アメリカはクルドへ高性能兵器を供給して反撃させているようだ。

ここにきて噂されているのは、ジャブハト・アル-ヌスラ(AQI、最近ではジャブハトファター・アル-シャム)とシリア市民防衛(白ヘル)がイドリブで化学兵器を使用するという話。その責任はシリア政府に押しつけ、アメリカ軍が本格的な戦闘を始める可能性があるということだろう。

マイク・ペンス米副大統領や安倍晋三首相のような人々によって軍事的な緊張が高められていた朝鮮半島では、韓国の文在寅政権によって流れに変化が生じている。昨年(2017年)12月に慰安婦をめぐる問題の合意に疑問があることを明らかにしてアメリカが戦争をしにくい環境を作り、1月4日には文大統領がドナルド・トランプ米大統領と電話で会談、オリンピック期間中に米韓合同軍事演習を行わないことを認めさせ、オリンピックでは金與正(金正恩の妹)との友好的な関係を演出している。

2月7日にペンスは朝鮮に対する制裁の強化を口にしてが、同じ日にジェームズ・マティス国防長官は朝鮮半島の問題を外交的に解決する意向を示していた。トランプ政権内でも政策が一致していないように見えるが、帰国後にペンスは朝鮮側が「話したいと言うなら話す」と語っている。流れは変化したようだが、これで平和に向かうとは言えない。アメリカの好戦派は中東で大規模な戦争を目論んでいるからだ。




(マスコミに載らない海外記事)さん
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2018/02/post-8c31.html
2018年2月13日 (火)
アメリカによるシリア軍兵士虐殺が、より大規模な戦争を引き起こす恐れ

Bill Van Auken
2018年2月9日
wsws.org
水曜日、北東のデリゾール県で、アメリカ戦闘機と砲兵隊が、100人の親政府派兵士に対する正当な理由のない大虐殺を実行したことは、三年以上にわたるアメリカのシリア直接軍事介入で、新たな遥かに危険な段階の始まりを示している。
ユーフラテス川東岸の村ハシャムとアル-タビヤの間のイラクとシリアのイスラム国 (ISIS)分子に対する作戦遂行中に、シリア軍がアメリカに攻撃されたと主張して、攻撃は“戦争犯罪”で“テロの直接支援”だとシリア政府は非難している。
ペンタゴンが100人の親政府派戦士を殺害したと誇らしく主張する一方、ダマスカスは、アメリカ攻撃が“何十人もの命を奪い、他の多くが負傷し、地域は大きな損害を受けたと認めた。”
一方、シリア人権観測所は、親政府部隊の死者は20人だけだと確認したと述べている。
正確な犠牲者数が何であれ、爆撃と砲撃の後、いかなる地上攻撃も行われなかったことからしてペンタゴンの数値は疑わしいが、これは昨年4月 イドリブ県での化学兵器攻撃という裏付けのない主張への反撃としての59発のアメリカ巡航ミサイル発射を顔色なからしめる、シリアに対するアメリカ侵略の大規模エスカレーションだ。
・・・(中略)・・・
デリゾール攻撃は、シリアのアメリカ軍による永久占領を維持し、シリア政権転覆と、地域におけるイランとロシアの影響力を押し戻すという本来のアメリカの目標を中心にした“ISIS後”政策を追求するというワシントンの決定発表によって、引き起こされた部分が多いシリアにおける多面的紛争の絶えざる強化の一環だ。2014年に、対ISIS作戦を開始するまで、ワシントンは、ISISそのものから枝分かれしたアルカイダとつながる過激派を支援し、武器を与えることで、バッシャール・アル・アサド大統領政権打倒を追求した。これが約350,000人のシリア人の命を奪い、更に何百万人も難民にした七年に及ぶ残虐な戦争を引き起こしたのだ。
三年以上前にシリアを侵略して以来、アメリカ代理地上軍として、アメリカ軍は、主にクルドYPGに頼ってきたが、イスラム主義民兵集団にも、武器を与え、訓練を続けている。ラッカや他の元ISISが占領していた町のアメリカが支援した包囲に際し、アメリカ軍と、そのクルド代理軍は、多数のISIS戦士の撤退と、デリゾール県の戦略的に極めて重要な石油とガス田に向かって進撃するシリア政府軍と敵対させるための配置転換を組織した。
主にクルドYPGを基に兵員30,000人の“国境治安軍”を組織し、事実上のクルド国とアンカラが見なすものをトルコ国境に設立するというアメリカの計画への対応として起きたクルドが支配する飛び領地アフリンへのトルコ侵略は、欧米にとって、名目上はNATO同盟国であるアメリカとトルコとの間の直接衝突へとエスカレートしかねない脅威だ。

水曜日、シリアとイラクのアメリカ最高司令官ポール・ファンク少将が、YPGと、そのアメリカ特殊部隊ハンドラーが占領しているユーフラテス川西岸にあるシリア都市マンビジを訪問した。トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領が、トルコ軍は攻勢を市内にまで拡大する予定だと明言し、マンビジからのアメリカ軍撤退を要求した、すぐ翌日、訪問が行われた。
トルコの脅威は心配かと質問され、ファンク少将は答えた。“私の職務説明書には、心配は書かれていない。私の職務は戦うことだ。”
一方、アメリカとフランスの政府は、イドリブ県と東グータ爆撃を巡り、ダマスカスを非難し、一般市民に対して塩素ガスを使用したという裏付けのない主張を行った。国務省は、爆撃は“今停止しなければならない”という声明を出した
昨年のイラク、モスルやシリア、ラッカ包囲の際、アメリカが何万人もの一般市民を殺害し、都市丸ごと灰塵にした際、ほとんど沈黙していた偽善的な欧米マスコミが、突然目覚め、シリアとロシア戦闘機による爆撃での一般市民犠牲者を報じている。連中は、またしても、世界の二つの核大国アメリカとロシアの直接軍事対立を引き起こす可能性がある軍事エスカレーションを準備するためのプロパガンダを送り出している。
記事原文のurl:https://www.wsws.org/en/articles/2018/02/09/syri-f09.html




http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-1968.html
シリアの真実を知りや? パート6
「「中立、不偏、人道」を掲げ、「勇敢なボランティア精神」が称賛され、「ノーベル平和賞」にノミネートされた、ホワイト・ヘルメットの正体は?」




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「結婚しようよ」吉田拓郎

今日の1曲は、吉田拓郎の「結婚しようよ」です。
もうすぐ春が・・・





ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「戦争は知らない」「時には母のない子のように」カルメン・マキ

今日は、2曲。
カルメン・マキの「戦争は知らない」「時には母のない子のように」です。




<参考記事>
インド洋やイラクに派遣された自衛官のうち、54人が自殺していたことを明らかにした。
「私たちは戦争を知らない、いや、戦争が八百長だということを教えられていない」

http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-988.html





ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「429 Street」PANTA

今日の1曲は、PANTAの「429 Street」です。
ライヴでこの曲がかかると、メチャメチャ盛り上がります。








ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村




「Tell Daddy」Clarence Carter 、「Tell Mama」Etta James、 Janis Joplin 、Tedeschi Trucks Band 、John Lee Hooker, Carlos Santana and Etta James

今日は、2曲。
クラレンス・カーターの「Tell Daddy」と、エタ・ジェイムスの「Tell Mama」です。
ともにクラレンス・カーターの作詞作曲によるもので、「Tell Mama」は「Tell Daddy」をアレンジしたものです。


クラレンス・カーターの「Tell Daddy」です。


エタ・ジェイムスの「Tell Mama」です。


ジャニス・ジョップリンのヴァージョンです。


テデスキー・トラックス・バンドのヴァージョンです。


ジョン・リー・フッカー、サンタナ、エタ・ジェイムスのヴァージョンです。
まさに夢の共演です。







ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

アカペラだけで聴かせることのできるシンガー KARAN CASEY

「SONGLINES」KARAN CASEY


カラン・ケーシーの1997年のソロ・デビュー・アルバムである。
カランは、1969年生まれのアイルランド南東部のウォーターフォード州出身のシンガーである。1993年に渡米し、ジャズやクラシックを学んでいたが、アイリッシュ伝統音楽への興味が再燃し、マンハッタンのアイリッシュ・パブで歌うようになる。1994年にシェイマス・イーガンとウイニフレッド・ホーランに誘われて、ソーラスに加わる。
本作のプロデューサーもシェイマス・イーガンが務めている。

ソーラスのヴォーカリストとして活躍していた彼女の声に魅かれ、本作を聴いてみたい気になった。ソーラスの作品と比べると、どうしても演奏面においては物足りなさは感じてしまうが、インスト中心のソーラスでは表現できなかった彼女の歌いたかった歌を発表するという目的は成功したと言えるだろう。決して派手さはないのだが、カランの澄みきった透明感のある歌声が、アルバム全体を通して堪能できる。

「Roger the Miller」は、爽やかなフォーク調のポップな曲である。

「She Is Like the Swallow」「Shamrock Shore」は、ともに落ち着いた感じの語りかけるような曲である。

「The Creggan White Hare」は、繊細かつ軽快な曲である。

「The Song of Wandering Aengus」は、弦楽器の印象的な美しい曲である。

「The World Turned Upside Down」は、ドラムの印象的な軽快な曲である。

「One, I Love」は、ほぼ、「An Buachaillin ban」「The Labouring Man’s Daughter」は、完全なカランによるアカペラである。恐らく彼女はこれがやりたかったのだろう。アカペラだけでここまで聴かせることのできるシンガーは、そういないだろう。





評点:70点






ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Wake Up」Eddie Bo & Chris Barber

今日の1曲は、エディー・ボー&クリス・バーバーの「Wake Up」です。







ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

戦争も八百長だが、テロも八百長である。これ「常識」。

「戦争もテロもイーロン・マスクもトランプも金正恩も偽物も本物も、ぜ~んぶ嘘!」



私は別にこの政治家を支持しているわけではないのだが、
あまりにこの国の他の政治家が問題の本質からずれた発言ばかりしているため、
この政治家の発言が新鮮に映る。
私に言わせれば、この程度の発言などまだまだ生ぬるいのであるが・・・
そうは言っても「戦争は単なる国家間の争いではない」といった趣旨の発言をしたことは、
評価できるだろう。




http://www.asyura2.com/18/senkyo239/msg/610.html
原口一博議員が「軍産複合体」を国会で取り上げる!「国と国が戦うのでは無く、戦争屋の自作自演で戦争をしているのではないか」
投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 2 月 09 日 02:05:05





何度も言う。「全ての戦争が八百長である」と。

併せて、この政治家が「小泉の反原発の主張が嘘八百であり、この男が311に関わっている」ことを暗に告発した動画を改めて紹介しておく。
これも評価できるだろう。





戦争も八百長だが、テロも八百長である。これ「常識」。




http://parstoday.com/ja/news/iran-i39767
イラン最高指導者、「アメリカ政府は、残忍なISISよりも醜悪」
2018年02月08日22時26分

イランイスラム革命最高指導者のハーメネイー師が、「アメリカ政府は、残忍なテロ組織ISISよりも醜悪である」と語りました。
ハーメネイー師は8日木曜朝、イラン軍の航空防衛部隊や空軍の司令官、関係者と会談し、「今年の2月11日の革命記念日は、例年以上に見ごたえのあるものになるだろう。なぜなら、アメリカやそれ以外の国の政治家の一部が行った愚かな発言により、敵が敵対や攻撃の機会を狙っていることを国民が感じているためだ。今年、国民の参加は例年よりも盛大なものになり、すべての人が行進に参加するだろう」と強調しました。

また、「今年の革命記念日は、見ごたえのあるものとなるだろう」としています。
さらに、イスラム革命は生き生きとした真実だとし、革命の現在の力は、革命の当初よりも高まっていると強調し、「現在の革命活動家は、革命当初の活動家よりも知識や見識を増し、強い決意を有している。そのため、革命は前進し、成長している」と語りました。

ハーメネイー師は、国際レベルでの圧政や腐敗に抵抗し、それを暴くことは、重要な政策とみなされるとして、「今日、世界でもっとも残忍で、抑圧的な集団とは、アメリカ政府であり、ISISよりも悪質だ」と強調しました。
また、「ISISを生み出したのはアメリカであり、アメリカの現大統領も選挙戦でこの事を指摘している」とし、「アメリカは、ISISを生み出し、彼らを支援し、他方ではアメリカ政府は国際的なプロパガンダにおいて人権や抑圧されている人々、動物の権利の支持を主張しているが、真実を語り、彼らの嘘を明らかにすべきだ」と述べました。





何でもかんでも「八百長」「偽者」の「嘘八百のこの世界」だが、
イーロン・マスクやトランプや金正恩の偽物も現れたようである。
そもそも本物とされるコイツラ自体が偽物(=「彼ら」悪魔勢力のパペット)なんだけどね・・・




https://jp.sputniknews.com/incidents/201802094557422/
偽イーロン・マスク、1晩で50万円相当の仮想通貨をだまし取る
2018年02月09日 03:04

SNS利用者が騙され、1晩で5000ドル(約55万円)相当の仮想通貨が騙し取られる被害となった。犯人らは有名人の偽アカウントを用いてフォロワーに、最小限の投資で利益を約束していた。サイト「BleepingComputer」が報じた。

イーロン・マスクやウォーレン・バフェット、ジョン・マカフィーなどの有名な富裕層の名前でツイッターアカウントを作り、大金をばらまく旨のツイートを投稿し始めた。「BleepingComputer」によると、特に人気が高かったのは、ロケット「ファルコンヘビー」の打ち上げに成功したマスク氏の偽アカウントだ。

トランプ大統領やマスク氏の本物のアカウントのツイートに対するリツイートとして「ありがとう。100イーサ(仮想通貨イーサリアムの単位)をフォロワーに配布したいと思う。下記のアドレスに0.2イーサを送るだけで、2イーラが受け取れます」というツイートがあった。
上記のツイートは1日ほど削除されず残っており、わずか数時間で信用しやすい人々はイーサを送り、計5000ドル強相当の被害となった。サイバーセキュリティの専門家は、誰にでも最小限の投資ですぐに金が手に入ると約束する詐欺師をネット利用者が依然として信用することに驚きを示した。





http://www.afpbb.com/articles/-/3161888?cx_part=topstory
金正恩氏とトランプ氏のそっくりさん、平昌五輪開会式の会場に登場
2018年2月9日 20:15 

【2月9日 AFP】平昌冬季五輪の開会式の会場、平昌オリンピックスタジアム(Pyeongchang Olympic Stadium)の外で9日、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong-Un)朝鮮労働党委員長とドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領のそっくりさんが現れた。(c)AFP




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Shake It For Me」Howlin' Wolf

今日の1曲は、ハウリン・ウルフの「Shake It For Me」です。




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村


「Doxandeme」Cheikh Lo

今日の1曲は、シェイク・ローの「Doxandeme」です。




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Old Man」 Youssou N'dour

今日の1曲は、Youssou N'dourの「Old Man」です。







ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

真実追及サイトの正体は?

「「るいネット」って何者?」


「るいネット」というサイトがある。
いつその存在を知ったのかは覚えていないが、今の今まで当ブログのような陰謀系(私は真実追及系のつもりだが)の記事を紹介しているサイトという印象ぐらいしかなかった。
この「るいネット」掲載の「主要サイトランキング」に当ブログが採用されていることを、昨年知った。
多くの著名人がひしめくサイトランキングに私のような無名の個人がやっているブログが取り上げられていることを知ったときは正直驚いたが、悪い気はしていなかった。
当ブログは、なぜか「世界を動かす金融勢力」というジャンルに入っていた。
つい最近まで、当ブログはこのジャンルの中で13位だった。
しかも月間アクセスカウントが16000前後と表示されていた。
この数字は、本を出版されていたりテレビにも出ているような著名人のブログよりも格段に多いアクセス数であったのだ。
「これってホンマ?」と思いながらも、悪い気はしなかった。
実際、記事の中でこのことに触れたこともある
それがそれが、である・・・
たった今このサイトをクリックしたら、当ブログが消えていたのである・・・
他のジャンルに移行されたのかなとも思ったが、どうやらそうでもなく全く消去されたようなのである。
問答無用でランキングにご採用いただいたのはいいが、問答無用で消去されてしまったのである(爆)
私は何か「るいネット」管理者の気に障る記事でも書いたのだろうか?
当然私は「るいネット」管理者とは全く面識もなく、当ブログにも何の連絡もないので、私がその理由を知る由もない。
勿論私がランキング入りを希望したわけでも何でもないので、勝手にご採用いただいたサイト管理者に気を遣う必要もないのだが・・・
ただ、正直言っていい気はしない。

そこで、「るいネット」というサイトは一体何者であるのかが気になった。
今までも「このサイトは何なのか」が少しは気になっていたが、全く調べていなかった。
改めてこのサイトを見ると、なんとこのサイトは私のような個人が運営しているのではなく、株式会社類設計室という「会社」が運営しているようなのだ!
この会社は類グループという事業グループを展開しており、ウィキにも載っているのだ。
以下、ウィキより抜粋する。


類グループ(るいグループ)は、組織系設計事務所である(株)類設計室が展開する事業グループ。
大阪市淀川区西中島及び、東京都大田区蒲田に本社をおく建築設計の他に、農園・地所・社会(新聞)・教育(塾)と4つの事業を展開している。
部門を越えた追求・連携により、2015年度プロポーザル勝率全国1位(59.8%)、教育施設・研究施設部門の全国3位の実績を誇る。また、2016年からは塾経営と豊富な教育施設の設計実績を活かした「教育イノベーションコンサルティング」を展開している。

類グループの中核をなす類設計室は、1972年に設立され、当初は建築コンサルタントを主に手がけていた。その後、1975年に教育を行う部門である類塾をはじめとして、自社農園を運営する部門である類農園、社会事業、そして不動産に関する部門である類地所がそれぞれ発足し、類グループは多岐にわたる事業を手がけることになった。
• 1972年 創立。類設計室大阪事務所設立。若者6名で設立。高度経済成長時代に独立・起業、ベンチャー企業としてスタート。
                             全員出資制、全員合意制、自由勤務(完全フレックス)などを柱にした「共同体企業」として設立。
• 1973年 類設計室東京事務所設立。
• 1975年 教育事業部「類塾」設立。講師2人、生徒150人でスタート。
• 1982年 2年で倍の成長指標を達成。創立10年で140名体制となった。
• 1987年 プロデューサー制・専門分化体制導入。
• 1992年 不動産事業部「類地所」設立。
• 1998年 実現論発表。
• 1999年 農園事業部「類農園」設立。
• 2001年 るいネット開設。
• 2003年 なんでや露店スタート。
• 2015年 社会事業部設立。大手マスコミや教科書には書かれていない事実、地域情報を満載した新聞「週間事実報道」を発刊。
• 2016年 設計プロポーザル勝率59.4%で全国1位に(日経アーキテクチュア資料より算出)。教育施設設計で日本トップレベルの実績を更新中。
• 2017年 共同保育室スタート。出産した社員が企業内でみんなで子育てしながら仕事も担う、共同保育室を大阪・東京でスタート。
• 2017年 教育イノベーションコンサルティング開始。教育施設設計だけでなく、経営、教学の全てを包括する新たなコンサルティング事業を開始。





この会社は「週刊事実報道」という有料新聞も発刊しているようである。
な~んだ、ご丁寧に「主要サイト」としてご採用いただいた当ブログの記事もこの会社の金儲けのために使われていたのか。
目的は真実追及ではなく、単なる企業の利潤追求だったんですね・・・
はっきり言ってガッカリしました。
ランキングから排除された腹いせがあるのも事実だが(笑)、これからはこのような怪しい会社に勝手に私の記事が利用されることがなくなったので、正直言ってほっとしています。
今後二度と当ブログの記事をご採用いただかないよう、重ねてお願い申し上げます(笑)

ところで、この会社は求人業もやっているようである。
このサイトこのサイトにも載っています。
「インディード」って、けっこう有名じゃないですか。
単なる陰謀系サイトと思っていたら大間違いでした。
どうやらこの会社は、私が「彼ら」と呼んでいる“あっち側”なのではないのだろうか。
金儲けだけが目的ならばまだ許せるが、他の邪悪な目的があるんじゃないでしょうナ。
皆さんも、真実追及を装った金儲け第一主義の「会社」に騙されないように!
フェビアン協会じゃないけれど、羊の皮をかぶった狼にご用心ご用心!




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Wa Muluendu」Kasai Allstars

今日の1曲は、カサイ・オールスターズの「Wa Muluendu」です。







ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

テンプレート説明

このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。
背景はスライドショーになっています。

◎プラグイン説明

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。
←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。
このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

※最上部メニューバーの上に隙間がある方

最上部のメニューバーの上にFC2検索バー用のスペースを設けています。
検索バーを表示しない設定にしている方は、cssの最上部メニュー.MegaMenuの中にあるtop:27pxをtop:0に変更してください。

◎背景スライドショー説明

random : 1, // ランダム 0:オフ 1:オン
transition : 1, // 0:単純画像切替 1:フェード 2~7:移動 8:ページ更新毎に切り替え
transition_speed : 1000, // 画像間の切替時間
slide_interval : 3000, // 1枚毎の画像停止時間
slides : [
{ image : '画像URL' } // 画像の追加・削除はここ

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れません。