2018年01月の記事 - 嘘八百のこの世界
FC2ブログ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント
月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告
2018年01月の記事

「Ironic」 Alanis Morissette

今日の1曲は、アラニス・モリセットの「Ironic」です。
「フロントガラスの雪を取れよ」と、言いたくなります(笑)








ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Imitation Of Life」 R.E.M.

今日の1曲は、R.E.M. の「Imitation Of Life」です。







ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Swamp Song」 Blur

今日の1曲は、ブラーの「Swamp Song」です。







ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「新非常識! 2017年嘘八百ニュース」(前半:1~6月)

「新非常識! 2017年嘘八百ニュース」(前半:1~6月)


今年も振り返っておきます。
新聞テレビが絶対に報道しない“嘘八百ニュース”の2017年ヴァージョンのベスト版を。
タイトルは“嘘八百ニュース”と名付けたものの、少なくとも新聞テレビのようなフェイクニュースではなく真実に迫った内容であると、自画自賛しております(笑)
選考基準はあくまでも私ソウルマンの「独断」と「偏見」と「思い付き」によるものなのでご了承ください(笑)



*ヴァチカンと イルミを結ぶ オベリスク
「伊太利亜(フィレンツェ・ローマ)見聞録」⑤
http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-1822.html


*ヴァチカンが信奉している神はルシファーである
「長州の天皇征伐」~日本の<悲劇>はすべてここから始まった~③(最終回) 太田龍
http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-1852.html


*DNA=龍=蛇?
「異次元の刻印」~人類史の裂け目 あるいは宗教の起源~下 グラハム・ハンコック
http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-1867.html


*パソコンの中央上部に付いてるウェブカメラを遠隔操作されてるんだ
「映画『スノーデンデン』じゃなくて『スノーデン』を観て」
http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-1872.html


*政財官とカルト宗教とマスゴミが一体となって国民を騙そうとしていることを言ってやれ
「朝日新聞社説の論者さんに一言、国民をなめたらあかんぜヨ!」
http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-1894.html



*ヴァチカン~イエズス会~ルター~ヴェネチアの黒い貴族~メディチ家~イルミナティ
「ルネサンスとは何だったのか」塩野七生
http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-1961.html


*「日本から満州に来た官僚の中で一番悪いのは岸信介だ」by 小澤開作
「「共謀罪」推進派と反対派の不思議な関係」
http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-1972.html


*「ブラザーフッドの三大シンボル」は、かがり火、白い鳩、赤い薔薇である・・・
「究極のプロパガンダ嘘映画を観たことをきっかけに、改めてケネディ暗殺事件の真犯人を検証する」
http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-2023.html


*“地球に優しくしたい勢力”は、“地球を破壊したい勢力”なのです ②
「“地球にやさしい”組織を装うことで地球温暖化詐欺を推進するWWFの正体は?」
http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-2033.html


*本当に共謀罪を適用しなければならないのは、 “共謀して自らの犯罪隠蔽を企む”チーム・イルミナティのお前らだろう!
「アホでカルトな極悪人犯罪者集団(=チーム・イルミナティ)に支配された国家」
http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-2044.html


*『沈黙‐サイレンス』が「沈黙」している歴史の真実とは?
「映画『沈黙‐サイレンス』を観て」
http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-2050.html


*「加計学園と安倍は関係ない」by 武田邦彦
「ある程度は真実を語り、本筋で嘘を言う人物(バランサー・工作員)に、ご用心、ご用心!」
http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-2061.html





ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Come On, Come Over」Jaco Pastorius w. Sam & Dave

今日の1曲は、Jaco Pastorius w. Sam & Daveの「Come On, Come Over」です。







ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

<Denise LaSalle追悼>「Trapped By A Thing Called Love」「Drop That Zero」「Don't Mess With My Man」「Lady In The Street」

デニス・ラサールが亡くなりました。78歳でした。


http://amass.jp/99573/
“サザン・ソウルの女王” デニス・ラサールが死去
「Trapped by a thing called love」(1971年)のヒットでも知られ、“サザン・ソウルの女王”“ブルースの女王”とも称された、ブルース/R&B/ソウル・シンガーのデニス・ラサール(Denise LaSalle)が1月8日、ナッシュビルの病院で死去。デニスは最近、健康上の問題を抱え、右足を切断していました。78歳でした




「Trapped By A Thing Called Love」「Drop That Zero」「Don't Mess With My Man」「Lady In The Street」で追悼します。







ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Tear Off Your Own Head ( It's A Doll Revolution)」Elvis Costello 、The Bangles

今日の1曲は、エルビス・コステロの「Tear Off Your Own Head ( It's A Doll Revolution)」です。




バングルスのヴァージョンです。







ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

新聞やテレビで目にする世論調査の大半は、世論調査会社が事前にチェックして承認したものだ。つまりわれわれは、世論調査屋が「世論はこうあるべき」としたものだけを見せられている。

「新版300人委員会[上]支配される世界」④ジョン・コールマン


前回に続く。今回のテーマは「世論調査という名の洗脳工作」である。
以下、一部引用する。



*ここまでいくつかの主要なシンクタンクを紹介してきたが、もちろんほかにもまだ数多くある。今後は本文のなかでいくつかについて触れていく。シンクタンクの研究結果と政府の政策や社会政策を結びつける際に重要な役割を果たすのが「世論調査屋」だ。世論調査会社の任務は、陰謀者の思惑どおりに世論を形成することだ。世論調査は絶えず、CBS、NBC、ABC、ニューヨーク・タイムズ、ワシントン・ポストが行っている。こうした調査の大半は「全米世論調査センター」で結果を調整されている。驚くべきことに、このセンターでは、国全体を動かす心理的人物印象操作術が開発されているのだ。こうした事実は、前述のシンクタンクで働いたことのある人間でなければ、にわかには信じがたいだろう。受け入れがたいことだが、こうした行動をするように特別に洗脳された人間が200万人近くも、アメリカ国内で雇われている事実を理解しなければならない。彼らは、過去、現在、未来について何も考えていない。ブレジンスキーの予言に登場する「創造物」なのだ。世論調査で集計された意見や統計は、ギャラップ世論調査所やヤンケロヴィッチ・スケリー&ホワイト社のコンピューターに入力され、比較検討される。新聞やテレビで目にする世論調査の大半は、世論調査会社が事前にチェックして承認したものだ。つまりわれわれは、世論調査屋が「世論はこうあるべき」としたものだけを見せられている。これは「世論形成」と呼ばれており、この社会調整の背後には、300人委員会が伝える政策命令が大衆にどう反応するかを見極めようとする意図がある。これらはすべて、タヴィストックが生み出した巧みな世論形成手法の一環だ。

*ドイツと日本がアメリカを侵略するなど、論理的に考えればありえない話であった。しかし世論形成によって国民はあまりにも洗脳されていたため、この点について疑問の声が上がることはなかった。洗脳とはそれほど危険なのだ。人々は、ひどく偏った「選別された情報」によって、ドイツと日本が本当に敵であると信じ込まされてしまったのだ。





(管理人)
マスゴミは「彼ら」悪魔勢力の支配下であり、国民を騙すことを目的として存在している。
このようなことは、これまで腐るほど書いてきた。
皆さんも、当然この「常識」をご理解いただいていることだろう。
しかし、ここまで具体的にこの「常識」を解説している書は他に見当たらない。
著者が元MI6将校であるが故の情報である。
宗主国がこのような悲惨な状況であるのに、その属国であるこの国のマスゴミが国民に正しい情報を提供しているはずがないことは、言うまでもないことである。
ドイツと日本がアメリカを侵略するという世論形成をアメリカマスゴミが行ったと著者は指摘しているが、現在この国で行われている「世論形成」と瓜二つである。
あの国に対して政府やマスゴミが脅威と繰り返し強調する「世論形成」を、あなたは今でも信じておられますか。
まさかそんな純粋な方はいないとは思いますが、まだそんなオメデタイ方がいるとしたら、贈る言葉もありません。
せいぜい避難訓練にでも励んでおいてください。
韓国ウジテレビ傘下のFNNが報じる「世論調査」に洗脳されておいてください。
「若い世代ほど安倍内閣を支持している」と・・・



http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00382635.html
世論調査 若い世代ほど安倍内閣支持
01/22 13:09

男女ともに、若い世代ほど安倍内閣を支持していることがわかった。
FNNが21日までの2日間行った世論調査で、安倍内閣を「支持する」と答えた人の割合は、全体で52.6%だったが、「男性の10代と20代」に限ると71.8%、「男性30代」では69.9%、「女性の10代と20代」では59.7%と、男女ともに若い世代ほど安倍内閣を支持している。
一方で、女性の「30代」と「40代」、それに「50代」では、安倍内閣を「支持しない」と答えた人の割合が、「支持する」と答えた人の割合を上回っている。

調査は、1月20日・21日の両日、電話調査(RDD)で行われ、全国の有権者1,000人が回答した。




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Only a Fool breaks his own Heart」Nick Lowe

今日の1曲は、ニック・ロウの「Only a Fool breaks his own Heart」です。







ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Starman」David Bowie

今日の1曲は、デヴィッド・ボウイの「スターマン」です。







ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

鳥羽・伏見・八百長戦争

「鳥羽・伏見の戦いって何? 錦の御旗って何?」



「今年は明治元年から150年」と、売国奴政治家が「明治維新万歳、大日本帝国憲法万歳、憲法を破壊して“戦争のできる国”を取り戻そう」と企んでいるようだが、そうさせないためにも我々は「明治維新の真実」を理解しておかなければならない。
NHKが捏造する偽歴史番組に騙されてはいけない。
そういうわけで、鳥羽・伏見の戦いって何? 錦の御旗って何?

鳥羽・伏見の戦いって何?

基本的に、これまた八百長でしょう。
フランス・フリーメーソン配下の徳川幕府と、イギリス・フリーメーソン配下の新政府軍とで、日本転覆計画の下に仕組まれた八百長戦争でしょう。
慶喜は、新政府軍に勝つつもりなんてはじめからなかったんでしょう。
逃亡したのも怪しいですしね。
慶喜は、はじめから幕府を弱体化させ、負けるように命じられていたのでしょう。
命令に従ったからこそ、明治になっても“ご立派な地位”を与えてもらったんでしょう。
徳川が本当に新政府軍に敵対していたのならば、その地位は完全にはく奪され、お家断絶・さらし首の刑に処せられているでしょう。




http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-707.html
たとえ徳川家が滅亡に追いやられても、武士の魂だけは決して忘れてはならない
「幕末・明治維新の真相、歴史の裏舞台に“貢献”したフリーメーソン・工作員の正体を暴く②(徳川編)」




鳥羽・伏見の戦い(とば・ふしみのたたかい、明治元年/慶応4年1月3日 - 6日(1868年1月27日 - 30日))は、戊辰戦争の緒戦となった戦いである。戦いは京都南郊の上鳥羽(京都市南区)、下鳥羽、竹田、伏見(京都市伏見区)、橋本(京都府八幡市)で行われた。





錦の御旗って何?


錦の御旗(にしきのみはた)は、天皇(朝廷)の軍(官軍)の旗。略称錦旗(きんき)、別名菊章旗、日月旗。赤地の錦に、金色の日像・銀色の月像を刺繍したり、描いたりした旗(この日之御旗と月之御旗は二つ一組)。朝敵討伐の証として、天皇から官軍の大将に与える慣習がある。承久の乱(1221年(承久3年))に際し、後鳥羽上皇が配下の将に与えた物が、日本史上の錦旗の初見とされる。

1868年(慶応4年)正月、鳥羽・伏見の戦いにおいて、薩摩藩の本営であった東寺に錦旗が掲げられた。この錦旗は、慶応3年10月6日に薩摩藩の大久保利通と長州藩の品川弥二郎が、愛宕郡岩倉村にある中御門経之の別邸で岩倉具視と会見した際に調製を委嘱された物であった。
岩倉の腹心玉松操のデザインを元に大久保が京都市中で大和錦と紅白の緞子を調達し、半分を京都薩摩藩邸で密造させた。もう半分は数日後に品川が材料を長州に持ち帰って錦旗に仕立てた。その後鳥羽・伏見の戦いが始まると征討大将軍・仁和寺宮嘉彰親王に節刀と共に与えられた(製造は許可を得ていない密造であったが、掲揚は正式なものであった)。
新政府(官軍)の証である錦旗の存在は士気を大いに鼓舞すると共に、賊軍の立場とされてしまった江戸幕府側に非常に大きな打撃を与えた。当時土佐藩士として戦いに参加し、のちに宮内大臣や内閣書記官長などを歴任した田中光顕は、錦の御旗を知らしめただけで前線の幕府兵達が「このままでは朝敵になってしまう」と青ざめて退却する場面を目撃している。




孝明天皇(こうめいてんのう、天保2年6月14日(1831年7月22日) - 慶応2年12月25日(1867年1月30日))は、第121代天皇(在位:弘化3年2月13日(1846年3月10日)‐ 慶応2年12月25日(1867年1月30日))。諱は統仁(おさひと)。仁孝天皇の皇子、明治天皇の父。





http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-9.html
天皇史そして日本史の真実
「天皇破壊史」太田龍


*ユダヤ・イルミナティ・イエズス会の売国奴・手先である伊藤博史、岩倉具視、大久保利通らが孝明天皇(睦仁親王)を弑逆(しいぎゃく)し、ニセ明治天皇の大室寅之祐にすり替える。

*明治天皇は、ほっそりとした16歳の少年であったはずなのに、明治改元とともに東京に遷都された明治天皇は体重24貫の大兵、相撲、軍事訓練に精通しておられた。

*ご立派な明治神宮と比べて、孝明天皇をご祭神とする玉鉾神社は無各社(名もないほこら)である。






鳥羽・伏見の戦いの1年前、孝明天皇は弑逆されていました。
じゃあ鳥羽・伏見の戦い時に使用された錦の御旗とは何なんだ!
それも、これを企んだ岩倉具視は孝明天皇弑逆事件の下手人である。
天皇を弑逆した極悪人が、何が錦の御旗だ!

すべてが嘘八百である・・・

自称右翼に告ぐ。
アンタが似非右翼じゃなくて本物の右翼なら怒りまくれ!
アンタの大好きな天皇が弑逆されただけでなく、
その殺人犯が錦の御旗を「不正使用」したんだぞ!
怒らないのであれば、アンタは似非右翼であり史上最悪の売国奴である!




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Billy Jive」 E-Rotic

今日の1曲は、E-Roticの「Billy Jive」です。







ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「I Can’t Stand the Rain」Ann Peebles 、Tina Turner 、Dee Dee Bridgewater 、Albert King 、Booker T & the MG'S 、Cassandra Wilson 、Janis Joplin 、Don Bryant & The Bo-Keys

今日の1曲は、アン・ピーブルズの「I Can’t Stand the Rain」です。
アン・ピーブルズは、昨日紹介したドン・ブライアントの奥さんです。
この曲は、彼女とドン・ブライアントとバーナード”ベルミ”ミラーとの共作です。
ジョン・レノンが「今までで最高に好きな曲だ」と語っています。









ティナ・ターナーのヴァージョンです。


ディー・ディー・ブリッジウォーターのヴァージョンです。


アルバート・キングのヴァージョンです。


ブッカー T & ザ MG'S のヴァージョンです。


カサンドラ・ウィルソンのヴァージョンです。


ジャニス・ジョップリンのヴァージョンです。


最後にドン・ブライアントのヴァージョンです。








ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村








近々日本軍が攻撃する。防衛策は講ずるな。いわれのない攻撃を受ければ、アメリカ国民は国をあげてこの戦争を支持するようになる。 by ルーズヴェルト

「新版300人委員会[上]支配される世界」③ジョン・コールマン


前回に続く。今回のテーマは「真珠湾攻撃」である。
以下、一部引用する。



*彼らの「パールハーバー作戦」は、このうえなく卑怯な計略であった。2500人ものアメリカ兵が計画の犠牲となり、日本軍の爆撃機や電撃機に急襲され命を落とした。大統領は事前に、この奇襲について一言でも漏らそうとする者は監禁して永久に口を封じるよう命じていた。陸軍情報参謀のジェラルド・メーソン・ヴァン・ダイク[訳注:真珠湾攻撃時にハワイにいた陸軍情報将校。奇襲攻撃について事前に本国に報告していた。死後、甥とその息子が事実を公表]は興味深い証言を残している。それによると、ルーズヴェルトは真珠湾にいる将校のなかでもっとも信頼している人物、海軍情報局(ONI)のクリフォード・M・アンドリューズ中尉に電報を打ち、来たる真珠湾への攻撃に対していかなる防衛策も講じないよう指示していたという。電報の一部を紹介する。

近々日本軍が攻撃する。防衛策は講ずるな。いわれのない攻撃を受ければ、アメリカ国民は国をあげてこの戦争を支持するようになる。





(管理人)
改めて、我々はこの「常識」を完全に理解しておかなければならない。
よって、この「常識」に触れているブログ記事を紹介する。
はい、「真珠湾攻撃は日米合作の八百長だった」という「常識」である。
大多数の国民がいまだにこの「常識」を理解できていないのであれば、
またもやこの国は「同じ過ち」を繰り返してしまうでしょう。
「軍部が独走したために“たまたま”戦争が起こってしまった」と信じ込んでいる限り、
またもやこの国の国民は「同じ過ち」で殺されてしまうでしょう。

何度も言うが、「原因を理解していなければ、結果を変えることはできない」のである。

あの戦時中の大本営発表が嘘八百であったことを知っているくせに、
「マスゴミは国民を騙すために存在している」ことをいまだに理解していない。
そんな精神状態であるからこそ、
現代のマスゴミが報じている北朝鮮ミサイルの嘘報道に“そのまんま”騙されるのである。

マスゴミの報道を見聞きして、
「これっておかしくないか?」と、自分の頭で考えてみてください。
そして、E加減ご理解ください。
あの戦争が初めから終わりまで全て八百長だったことを・・・





http://www.asyura2.com/11/warb8/msg/425.html
やはり真珠湾攻撃は奇襲ではなかった
http://www.asyura2.com/11/warb8/msg/425.html
投稿者 尚林寺 日時 2011 年 12 月 09 日 11:46:35

このように真珠湾攻撃が茶番劇であったことは確定的ですが、それを更に裏付ける資料が出てきました。本日付の東京新聞に、次の記事が掲載されています。(http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011120890070334.html)
   旧海軍の暗号方式  真珠湾前に解読 米軍史料発見で新説
 太平洋戦争が開戦した1941(昭和16)年12月8日のハワイ・真珠湾攻撃の前に、米側が、旧日本海軍が作戦指示に使った暗号をほぼ解読していたとする報告書が、米軍の史料から初めて見つかった。42年6月のミッドウェー海戦前に解読され、米軍の大勝につながったというのが定説だった。米側が開戦前に、旧海軍の動きをかなり把握していた可能性もでてきた。
 報告書は「日本から奪った文書が暗号解読にどう役立ったか」との題で四七年三月、米海軍通信機密保全課内で作成された。戦史研究家の原勝洋氏(69)が三年前に米国立公文書館で見つけ、本紙に初めて公開した。
 百七ページ、全七章にわたり、太平洋戦争で旧海軍から傍受、収集した各種暗号の解読に至る経過を検証している。第一章の冒頭二ページで、開戦前の解読成功に触れていた。
 開戦当時、旧海軍が作戦指示に使った暗号は、まず暗号書で例えば「連合艦隊司令長官旗艦」なら「00867」と、言葉を五桁の数字に変換。その数字を「乱数表」を使って、別の数字に置き換える二段階方式だった。
 報告書や原氏によれば、暗号解読の作業を一九三九(昭和十四)年夏から開始。二〇年代初頭、軍や警察のチームがニューヨーク日本総領事館に忍び込み、撮影した古い海軍暗号の法則をヒントに進められた。暗号書と乱数表は、旧海軍が随時、更新していたが、報告書には暗号方式を「真珠湾攻撃の前に解読できていた」と明記している。
 ただ当時は米軍も対ドイツの情報収集に忙しい時期だった。報告書では、真珠湾攻撃について「十分な人員さえあれば、奇襲にはならなかっただろう」との注釈を付けている。
 このため乱数表の解読で、第一段階となる言葉を数字に直した状態まではつかんでいても、数字に当てはまる旧海軍の専門用語を完全に割り出していなかった可能性もある。ただ原氏は「開戦前に解読していたと明記した史料はこれが初めて。どこまで旧海軍の指示が明らかにできていたかは、検証する必要がある」と話している。
 米側は開戦前、日本の外務省が使用する外交暗号の解読に成功したが、より複雑な旧海軍の暗号解読は遅れたという見解が一般的だった。専門家の中には「米国は開戦前の解読で真珠湾攻撃を察知していたが、ルーズベルト大統領の謀略で日本を戦争に誘い込んだ」との主張もあるが、決定的な証拠がなく、論争が続いている。(太字は引用者による)
 「報告書には暗号方式を『真珠湾攻撃の前に解読できていた』と明記している」とありますから、米国側は知っていたわけです。こうなると「ルーズベルト陰謀説」が成り立ってしまうので、「当時の米軍は忙しかったから奇襲対策までは打てなかっただろう」という余計な注釈がついています。報告書を書いた人は、我国の官僚のように政治的配慮を働かしたのです。





(コンサルの独り言)さん
http://kongojia.exblog.jp/23698154/
真珠湾の大嘘

昨日は日本海軍が真珠湾を攻撃し
太平洋戦争が始まった日である
もちろん八百長である

八百長である理由はそもそも
なぜ太平洋戦争が仕組まれたかということにある
日本の現代歴史家は
ここを明らかにしていない
それはすでに
第一次世界大戦後から仕組まれていた
戦争は儲かるのである
戦争によって国際金融機関は大儲けを画策する
そのための役割を天皇裕仁は演じた
そのために邪魔な軍人政治家たちはテロリストにより排除された

真珠湾攻撃は
三つの要素でなされた
空と船と水中魚雷である
航空機から放たれた魚雷が戦艦の装甲の薄い脇腹にあたるためには
水深の浅い位置を進ませる技術がいる
この技術は理研の大河内所長が完成させた
しかし真珠湾攻撃の功労者としてかれは出てこない

真珠湾の調査のため吉川孟夫がオアフ島をおとずれる
既に、このときの暗号はすべて解読されていた
ということは
この作戦そのものは
事前にル-ズベルト大統領は把握していた

真珠湾攻撃を推進したのは
山本五十六大将と山口多聞少将だった
山本氏は間違いなく米国洗脳組
かれの消え方(生死不明)は上級スパイのそれである
山本五十六の私生活についてつっこんだ伝記はない
なぜか英雄として、虚構が一人歩きしている

当時のオアフ島にはレ-ダ-基地が存在していた
そして吉川スパイはそれを山本五十六に報告していたに違いない
はなはだ具合の悪い真実なのである

東京裁判において、戦争犯罪人は陸軍から多くでたのに、海軍からはひとりも出ていない
そして起訴状には「真珠湾攻撃」の件についてはひとことも触れられていないのだ
あれほど宣戦布告前の攻撃だと非難しておきながら

戦争裁判でなぜとりあげなかったかだ

それには
二つの理由がある
一つはアメリカ側が東京裁判で真珠湾を取り上げてほしくなかったのだ
もう一つは日本側の思惑で、天皇の戦争責任と海軍への追求を避けたいという
それで
東京裁判が筋書き通りのインチキに終始した

真珠湾で沈められたのは太平洋艦隊の主力ではない
空母レキシントン
空母エンタ-プライズ
空母サラトガ
は真珠湾にはいなかった


そして、ホノルル放送は二回も「目ん無い千鳥」をながし
攻撃のタイミングを知らせた
明らかに八百長なのである






http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-270.html
「センチメンタル・ジャーニー」と「目ン無い千鳥」の秘密
「太平洋“八百長”戦争の真実、東京ローズと売国奴連中」


鬼塚英昭氏の『白洲次郎の嘘』には、この柴田哲孝氏の『異聞 太平洋戦記』が引用されている。そして柴田氏が解明した昭和20年3月10日の東京大空襲も、真珠湾攻撃も、広島への原爆投下もみな八百長だったことを解明していることを紹介している。

 3月10日東京大空襲は事前に日本側に「ヨハンセン・グループ」を通じて軍部にも連絡されていた。日本側は東京ローズの謀略放送(ということになっていた)で、当日夜に「煙」とか「炎」とかの言葉が入った音楽を流した(「煙が目にしみる」「世界を火に包まないで」「過ぎ去りし日の恋の炎」)。それは、安心して低空飛行で爆撃に来ても大丈夫ですよ、日本の戦闘機は迎撃しません、という合図=暗号だったのだ。

 真珠湾攻撃のときは、アメリカのハワイの放送が、昭和12年12月8日未明(日本時間)普段は絶対に流すことはあり得ない日本の歌謡曲「目ン無い千鳥」の歌をニ度も流したのであった。その歌を合図に、日本軍機が全軍真珠湾に突撃して行ったのだ。アメリカ軍は迎撃してこないという暗号だったのである。

 もうひとつは昭和20年8月6日、広島に原爆を落とすためにテニアン島から飛び立ったエノラ・ゲイ機に対して、東京ローズは「センチメンタル・ジャーニー」を流し続けていた。つまり原爆搭載したB29が低空で侵入しても、日本軍は迎撃しませんという合図であった。


 これを解明した柴田氏はすごい。
 そして鬼塚氏はこう解く。
 「山本五十六は天皇裕仁、牧野伸顕らから、真珠湾攻撃における八百長工作を持ちかけられ、受けざるを得なかった。近衛文麿から東条英機に急に首相が替わったのも、天皇の作戦を東条英機が忠実に実行すると約束したからである。
 
 なぜ「目ン無い千鳥」の歌なのかは、たぶん、山本五十六の愛人がこの歌を好きだったからではないか。山本五十六はヨハンセン・グループから金を貰い続け愛人を囲う身分になっていた。
 山本五十六は愛人と最後の夜に酒をくみかわし、二人してこの歌を唄ったのではなかったか。それでアメリカに、この歌を流すように頼んだ。」


 鬼塚氏は東京大空襲も広島原爆投下も、ヨハンセン・グループがNHKを利用して無条件にアメリカ側に流させたと言う。
 ヨハンセン・グループとは吉田茂、白洲次郎、牧野伸顕、松本重治、牛場知彦、貞明皇太后、樺山愛輔さらには天皇裕仁を巻き込んだ売国奴の連中を言うのである。彼らはユダヤ国際財閥が仕掛けた戦争に協力して、日本を敗北させるべく暗躍したのである。

 
 ならば、山本五十六はアメリカから裏切られ捨てられただけでなくヨハンセングループからもはめられ、殺されたのかもしれなかった。もしかしたら、勝手な妄想かもしれないが、山本機を撃墜したのは米軍ではなく、日本の零戦か、山本を誘い出したのは生き延びた宇垣纏参謀長だったかも…。

 山本の遺体が荼毘に付されたのは、4月21日、検死後に秘密裏にジャングルの中で行なわれた。立ち会ったのはごく少数の司令部の首脳のみであるのも異常である。何かを隠す必要があったとしか思えない。

 ブーゲビル島の密林で、救助を待つ山本を射殺したのが日本軍特務機関員だとすれば、この者はヨハンセングループなりヒロヒトからの指令で実行したのかもしれない。
 柴田氏の「ブーゲンビル日記」によると、山本長官の捜索に当たった部隊の将兵はその後、みんな激戦地に送られほぼ全員が戦死している。これも異常な措置であった。上層部がなんとしても口を封じたかったのである。現地での目撃者たちを生かしておいては困るもの、その最右翼はやはりヨハンセン・グループなのではないか…。




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村



「Don't Give Up On Love」Don Bryant

今日の1曲は、ドン・ブライアントの「Don't Give Up On Love」です。







ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「亜麻色の髪の乙女」島谷ひとみ 、ヴィレッジ・シンガーズ

今日の1曲は、島谷ひとみ の「亜麻色の髪の乙女」です。




オリジナルのヴィレッジ・シンガーズのヴァージョンです。




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「人にやさしく」THE BLUE HEARTS

今日の1曲は、ブルーハーツの「人にやさしく」です。




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

<ドロレス・オリオーダン追悼>「Dreams 」「Linger」「Zombie」The Cranberries

クランベリーズのボーカルのドロレス・オリオーダンが亡くなった。
まだ46歳だった。
46・・・
「フリーメーソンの生贄にされた」と指摘している動画もあるようだ。




https://jp.sputniknews.com/life/201801164474529/
ロックバンド「クランベリーズ」のボーカル急死
2018年01月16日 04:42

アイルランドのロックバンド「クランベリーズ(The Cranberries)」のボーカル、ドロレス・オリオーダンさん(46)が15日、英ロンドンで急死した。オリオーダンさんの広報担当者が発表した。AFP通信が伝えた。

発表によると、オリオーダンさんはレコーディングのためロンドンに滞在していた。死因は不明。

ロンドン警視庁によると、グリニッジ標準時の15日午前9時5分(日本時間午後6時5分)にロンドン中心部パークレーンのホテルに急行した警官らが「突然死に対応」している。「40代半ばの女性」が死亡したとしつつも、その身元は明かしていない。

​1971年、アイルランド西部リムリック生まれ。1990年にクランベリーズに加入した。バンドは90年代に「ドリームス」「リンガー」「ゾンビ」などのヒット曲を連発し世界的な人気を集めた。00年代前半にバンドは一時活動を休止したが2009年に活動を再開。




「彼女の声が中島みゆきに似ている」と感じるのは、私だけでしょうか。
「ドリームス」「リンガー」「ゾンビ」で追悼します。








ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村





籠池夫妻って拘置所じゃないですか  差し入れにでも昭恵さん行ったのかしら   by 田中眞紀子

「本当のことを言えない国家はファシズム国家であり未来はない」


あまりにマトモなことを語る政治家がいないこの国で、この人物は貴重な存在である。
はい、田中眞紀子である。
彼女は「当たり前なこと」を言っているだけなのだが、嘘つき政治家・嘘つきマスゴミ・嘘つき芸能人だらけのクレイジー国家においてはとても新鮮に映る。
いつになったらこの国は「当たり前のことを当たり前に語れる国家」になれるのだろうか。
本当のことを言えない国家はファシズム国家であり未来はない。





http://www.asyura2.com/18/senkyo238/msg/457.html
田中真紀子節さく裂!「安倍さんは終わり!」「昭恵さん、加計さん出て来て答えなさい!」「進次郎さんはお父っちゃまと同じ」
投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 1 月 15 日 14:00:30

田中真紀子が吼える!永田町メッタ斬り!

文字起こし(抜粋)

小池劇場の落日

メディアの方というのは

そうじゃなかったら生き残れなかったじゃでないしょうか

企業の内部留保、キャスターの悪い癖が出た


安倍一強にモノ申す

どうして今時、バルト3国に行くの

しかも あのおばちゃんも着いていったんですね


私 国会を早く開くべきと思っているんです

国会は通年国会にするべき 私の持論だった


元同士 小泉氏と原発

今ごろ何をおっしゃるお猿さんじゃないけど 小泉さんと思うんですよ

なぜ あの頃から ベテラン政治家として原発問題について意識を持っておられなかったのか


籠池夫妻って拘置所じゃないですか

差し入れにでも昭恵さん行ったのかしら

だって 昭恵さん 4回も学校に行ってて名誉校長 

安倍晋三小学校なんでしょう 

4回も会いに行ってお金をあげたりしているんでしょう


みのもんた 小泉さんのご子息の進次郎君の話に移ってもいいですか

あまり言うと政府からくるんですね

みのもんた そんなことはないです この番組は一切そういうことはない 跳ねつけてますから まったく


あの方 お父様と似てますね

安倍内閣の法案の通し方でありますとか共謀罪もそうですし そのほか たくさんあります 

安保法制とか そういうものにあの方反対したことがありますか 対案を出したことがありますか 

強行採決に反対したことがありますか

だけども 選挙のやり方も こんな時は良くない 国民の声を聞いていない 

こんな自民党の閣議決定の仕方よろしくない 

そういうことを言っていて その時 何も反対論 一度も手を挙げて言ったこと聞いたことがないですよ

終わると あのやり方は良ろしくない 評論家じゃないでしょ

そこで発言しないで何時やるんですか 

あれじゃ お父っちゃまと同じゃないですか

終わってからぼやいている 目立つだけ
 

みのもんた 今の自民党としては 筆頭の副幹事長ですか

だったら なおさら 自民党内のエネルギーを もっと持ち上がるためには

泥をかぶって火の中に飛び込まなければいけない

みのもんた 例えば

いないじゃないですか あの坊やがやるのかなと思ったらば

後でマスコミ向けに なんか さも分かったことのように言っているけど

自分は一議員として行動を起こしていないでしょということを申し上げたい

例えば武器輸出三原則 見直しするなんて とんでもないことだと 私 思いますよ

反対しましたか 小泉さんの坊やは してないでしょ


河野さんの坊やはしましたか

安倍一強にモノ申す

みのもんた 安倍一強 本当にそうですかね

数の面でそうでしょう

だから安倍晋三さんとが言う人が強いとか 立派であるということでない

皆さん 分かっているんじゃないですか

みのもんた 安倍さんがいるからこそ 

これほどの数の議員が自民党に集まったというわけじゃない?

違うと思います

野党が 民主党がああいう状態になってしまった

今 現在もあれだけ分裂してると そういうのを見ていて

みのもんた 野党がだらしないから

それだけ言ってもしょうがない

野党は野党でしかないんですから 昔から

核兵器廃絶批准 これ早くやってほしいと 私 思っています

バルトなんて いつだり行けばいいんですから 用があれば呼べばいいんじゃないですか

国会を開け と

みのもんた 真紀子さん 与党ですか 根っから

私 生活者党ですよ 

だからごみの問題を言ったではないですか 生ごみ

みのもんた 右傾化という問題 憲法の問題に関してどんな心情をお持ちなんですか

憲法については 今の平和憲法 しっかり守るべき

ですから日本が目指すべき国家像として 私なりにありまして

やっぱり完全に平和志向の経済大国にしっかりなって そして世界のあらゆる人種超えて

感じられている普遍的な価値 それは一人ひとりの命を大切にして平和な世の中を

基づいていく そのためにあるのが政治だと思います


アメリカの顔色ばかり 安倍さん見ているだもん

おじいちゃんの岸さんがアメリカから命を助けてもらった 

巣鴨の拘置所にいたけど 断頭台の露に消えずに済んだ

だからアメリカさんのいうこと 直ぐ50何万もするゴルフのパターを持って

吹っ飛んで行ったりして
 

どうですか 今のトランプさん…

みのもんた 僕が言っているんじゃないからね

都合悪くなると 森友学園 加計学園が出てくる

あれはね 都合が悪くなかったら ちゃんと出てきて 昭恵さんも

話をちゃんとして 質問に答えなきゃいけない

あの何とかいう国税庁長官も そう

加計さんも そう

髭を伸ばしている暇があったら 現れてね 国民の税金の問題


みのもんた 笑い声を出さないよう必死にこらえる

何を笑ってられるか 

真紀子さん、テーブルを「バン」と叩く(動画がリピート)


みのもんた どうなんでしょう 日本の政治ってのは

やっぱり 志と勇気 

日本の将来を思って 早く 安倍さんに辞めてもらって

帰って来たらバルトから 直ぐ辞めてもらってもいいから

みのもんた 安倍さん 3選?

自分でそう思っているのでしょ

世の中 どんな風が吹くか分かりませんから

やっぱり 若い人たちが本当に死ぬ気になって 

やっぱり いい仕事をしたい 財政再建こうする

そのためには受益と負担だから これだけ増税をしますと

先送り2回もやっているんでしょ 安倍さん 関係ないんですから

関係あるんですよ 我々納税者 国の将来考えたら

先ほど言ったような借金があってですよ デフォルトが起きたらどうするんですか

日銀総裁に丸投げしているだけでしょ 金利の問題も

どこまでお分りなっているかということなんですよ

ですからそういうことに良く精通した人が 枝野さんでもいいし 自民党の中でもいいですよ

本気でも 自分は捨てて 頑張りたいと いう人がいたら バーンとそこへ行きますよ

そうあって欲しい 1日も早く 

安倍さん もう 5年で分かった アベノミクス

分かった 終わり!

日本のためですからこれは

世界のためでもあるんですよ

みのもんた そういう危惧 今 非常にこう…

ものすごく持っています

みのもんた 持っていらっしゃいますね

そうです

みのもんた それ感じます





この植民地国家も酷いが、宗主国もメチャメチャである。
当ブログの読者の方なら、こんなことは「常識」として理解されているだろうが。
何のことかって?
「テロとの戦い」を声高に叫んでいる国家が「テロリスト製造国家」であるという「常識」である。





http://parstoday.com/ja/news/middle_east-i38873
ISISにアメリカ人の幹部が存在
2018年01月15日22時55分

アメリカの月刊誌アトランティックが、「2年間にわたる調査の結果、テロ組織ISISの幹部にアメリカ人1名がいた事が判明した」としました。
アトランティック誌は、「ISISの上級幹部に、アメリカ人の司令官Zulfi Hoxhaという人物が存在し、彼はSNSを通じてデイビッド・ライトといったISISのほかのメンバーと連絡をとっていた」と報じました。
デイビッド・ライトは昨年12月、ISISとの共謀罪で、禁固28年の刑を言い渡されています。
アトランティックはまた、「ライトとHoxhaは、チャットサービスのパルトークでの、人類にとっての解決法、そして天国への道と証するグループのメンバーであり、互いに議論や意見交換を行っていた」としました。
さらに、「ISISの司令官に昇進できたアメリカ人は、通信、メンバーの勧誘への影響力、テロ計画の技術を利用して、組織内で効果的な役割を果たしている」としています。
アトランティックはまた、「イラクとシリアでのISISの本拠地が破壊されたことで、特にアメリカ人をはじめとするこの組織のメンバーは、トルコに潜伏し、時間を待ってISISの将来について決定し、計画しようとしていた」と報じました。




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村




「ふざけるんじゃねえよ」 頭脳警察 、渋さ知らズ大オーケストラ with PANTA

今日の1曲は、頭脳警察の「ふざけるんじゃねえよ」です。
相当昔の歌ですが、このストレートなメッセージは色あせません。
それにしても今の時代、ふざけた奴らが多すぎますナ・・・




渋さ知らズ大オーケストラ with PANTAのヴァージョンです。
https://www.youtube.com/watch?v=BFPZJEvCI0U


ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「スローバラード」RCサクセション 

今日の1曲は、RCサクセションの「スローバラード」です。




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

東インド会社(特に英国東インド会社)を理解しなければならない理由

「新版300人委員会[上]支配される世界」②ジョン・コールマン


前回に続く。今回のテーマは、東インド会社(特に英国東インド会社)についてである。
以下、一部引用する。



*すでに述べたように、東インド会社(EIC)は1600年にチューダー朝最後の君主エリザベス1世の勅許を得て設立された。EICの面々はヴェネチアのレヴァント会社の後につづき、ムガール帝国の王族や商人、銀行家と良好な関係を結ぶべくインドに渡った。EICは、権力エリートの祖であるロンドン・ステープラーズ同業組合とその後身ロンドン毛織物商会で構成される一種の「ロイヤル・ファミリー」だ。
この「ロイヤル・ファミリーによる独占的同業組合はヴェネチアとジェノヴァの黒い貴族銀行家ファミリーに根ざしている。EICは初期のころから共産主義的意図を持っていた。その証拠に、新大陸のヴァージニア植民地は共産主義に近い運営のされ方をしている。EICの役員には先に述べたキリスト教宗派の信者や、グノーシス派、薔薇十字団の信奉者などが並んでいた。

東インド会社の人間がインドの金融支配者から得た最大の収穫は、ヨーロッパとアメリカで準備銀行制度として知られるようになる金融制度だ。この仕組みは1625年にイギリスに導入された。東インド会社の人間はインドの銀行制度の内奥で通じ、その秘密をロンドンに送った。こうしたレポートには、インドで過去何世紀もの間受け継がれた制度の内容がつまっていた。なかには、古代バビロニアもこのシステムもインドから学び、大成功を収めたことも記されていた。
インドの金融システムはのちに、オランダ、イギリス、アメリカの国家金融制度となっていく。


*東インド会社の台頭にともない、300人委員会のファミリーも力を持ち始めた。チャーチル家、ラッセル家、モンタギュー家、ベンサム家、トマス・パピヨン家、ベッドフォード家などだ。アメリカではフォーブス家、デラノ家、メロン家、パーキンス家、ラッセル家、モーガン家、コリン・キャンベル家などが挙げられる。いずれも東インド会社のおかげで非常に繁栄し、インド・アヘンを中国に輸出する貿易で莫大な利益を得たファミリーだ。
東インド会社の最重要メンバーの一人は、ジェレミー・ベンサムだ。彼はダントンとマーラーを指導して、フランス革命を裏で仕切った人物だ。ベンサムは東インド会社の「キング・メーカー」であり、フェビアン協会の前身「哲学的急進派」のリーダーでもあった。ワン・ワールド政府を初めて公然と支持した人物でもある。彼の思想は、今日では「功利主義哲学」と呼ばれる。
ベンサムの主張は、クエーカー教徒の大富豪ウィリアム・アレンとそのパートナー、ロバート・オーウェンに採用された。アレンはイギリス平和協会の創設者だ。アレンとともにラナークの紡績工場を経営していたオーウェンは無神論者であり、のちにアメリカに強制されることになる自由恋愛と人工中絶の擁護者であった。ベンサムは1782年以降、英国東インド会社のトップに君臨した。オーウェンは謝意主義を植えつけるためにアメリカに渡り、インディアナ州ニューハーモニーに社会主義的共同体を創設した。「社会主義」という言葉が政治的信念として初めて使われたのは1830年、ちょうどこのころだと思われる





(管理人)
著者は「300人委員会がこの世界を支配しており、その300人委員会の前身は東インド会社であり、東インド会社はヴェネチアとジェノヴァの黒い貴族銀行家ファミリーに根ざしており、その祖先はバビロンで生まれたマニ教を起源とするボゴミール派、アルビ派、カタリ派の流れを汲んでいる」と、指摘している。
「黒い貴族やバビロンで生まれたマニ教を起源とするボゴミール派、アルビ派、カタリ派」についてはここでは追及しないが、東インド会社とは一体何者であるのだろうか。
長きにわたってこの世界の真実を伝えてくれている「さてはてメモ帳」さんが、ジョン・コールマンやユースタス・マリンズの書を紹介してくれているので、転載します。



http://satehate.exblog.jp/8675831/
こんな意見もあります。

●清をアヘンで引導を渡し大躍進した悪魔のアジア侵略

300人委員会は、1897年頃に設立されている。しかし実質的な成立は、それからまだ50年ほど前にまで遡ることができ、約150年の歴史を持つ。その誕生は、イギリス東インド会社(BEIC=ブリティッシュ・イースト・インディアン・カンパニー)内であった。つまりBEICで設立された「300人評議会」こそ、現代の300人委員会の胎児であったのだ。

ここで読者はいぶかしく思うかもしれない。そもそも「東インド」とは何のことだろうか、と。だが、これを説明するためには15世紀末にまで、遡らなければならなくなる。

当時、コロンブスの船隊はヨーロッパの国際銀行家(悪魔主義者)の命を受けて、南北アメリカ大陸の西方海上に到っていた。彼らにとって、その地こそ「インド」だった。これが現在の西インド諸島である。よって本物のインドが「東インド」になったというわけだ。

話を戻す。
国際銀行家は、この東インド会社(BEIC)をフル活用した。つまり17世紀初頭以来の、大々的なアジア(インド以東)侵略という彼らの邪悪な野望にとって、この組織は恰好の道具であった。

BEICはブリテン(英国)、フランス、オランダという3国家の顔を見せてはいたが、その真の主人は国際銀行家だったのである。 

BEICの重要な役割はアヘン取引とアヘン市場の独占管理であった。この悪魔的機関が大活躍をしたのは、英国(の仮面を付けた国際銀行家)が清帝国を粉砕するためにアヘンを武器として選んでからである。

その結果、清のおびただしい数の国民は、悪魔のドラッグ、アヘン浸けとなった。

やがて英清アヘン戦争(1839~42年)が起こったが、この戦争で清は大敗を喫した。
ここにBEIC・悪魔勢力は歴史的大勝利を収めたのである。



http://satehate.exblog.jp/8777131/
英国東インド会社によるアヘン貿易の真相 

大英帝国は海賊行為と奴隷制と麻薬貿易によって繁栄した。

ドレーク海賊団(サー・フランシス・ドレーク[1540?-1596]を首領とする)がマーチャント・アドヴェンチャラーズ商会(セバスティアン・カボット)と変わり、これがのちに東インド特許状会社となった。

この会社は1700年に再編成された。もともと東インド会社(1600年設立)は広東の公商(清代に外国との取引を許された約10社の特許商人。そのギルドが公行、公行の代表が総商)に茶葉の代金を銀で支払ったが、やがて公商たちはアヘンによる支払のほうを歓迎することがわかる。茶葉代金のアヘンによる支払というこの偶然の取決めは、中国人指導層の一部から妨害を受けることになり、その結果、英国は中国に対して、1840~43年のアヘン戦争以来、1931年の満州占領に到るまで10回のアヘン戦争を遂行したのである。

1715年、英国東インド会社は初めて広東に極東事務所を開設した。

英国の政治支配を円滑にするため、中国人住民のあいだにアヘン中毒を植えつけることが国王の政策となった。当時の大英帝国は、アメリカ植民地を失えば破産するという危機に脅かされていた。(引用注:アメリカ「独立」戦争は1775-1783年)

アメリカの植民地反乱軍を鎮圧するため、中国のアヘン貿易の利益がマイヤー・アムシェル・ロスチャイルド[1744-1812]を仲介として(引用注:ヘッセン方伯フリードリッヒ二世とその子)ヘッセン選帝公のもとに送金され、1万6800人のヘッセン人傭兵部隊を雇うことになったのである。

このように、麻薬貿易に関与したロスチャイルドはアメリカの歴史で中心的な役割を果たしたのだが、これまでの歴史書では無視されるか抹消されてきた。

貨幣数量理論および「地代」理論すなわち略奪理論の父デイヴィッド・リカード [1772-1823年。英国の経済学者。労働価値説・差額地代論・国際貿易にかんする比較生産費説などを唱えた]は、東インド会社の経営役員会に席を連ねていた。

ジョン・スチュアート・ミル[1806-1873年。英国の経済学者・哲学者]を東インド会社の首席検査官に任命するようにしたのはリカードだった。

アヘン戦争中のイングランドの植民大臣はエドワード・ジョージ・ブルワー・リットン[1803-73年。初代リットン卿、小説家・劇作家・政治家]で、1842年の南京条約を締結し、イングランドに2100万ドルの銀貨と自由港・香港の領有権とをもたらした。

その当時、英国は中国の紅幇や三合会、暗殺団と同盟を結び、今日まで中国人を支配してきたのである。

ブルワー・リットンの息子エドワード・ロバート・ブルワー・リットン[1831-91年。初代リットン伯爵、政治家・詩人]はアヘン貿易最盛期の1880年代にインド総督[1876-91年]をつとめ、英国のインド統治を描いたラディヤード・キプリング[1865-1936年。インド生まれの英国の小説家・詩人]の著作活動を支援した。

麻薬貿易で暴利を得た者のなかにシェルバーン伯爵ウィリアム・ペティー[1737-1805年。1782-83年首相]がいるが、彼は英国に最初の諜報機関を組織した人物である。

諜報工作員は英国の指導者の家庭から採用された。諜報機関の長官はジョージ・ベアリングで、アダム・スミス[1723-90年。古典派経済学の始祖。主著『国富論』]とジェレミー・ベンサム[1748-1832年。思想家。功利主義の代表者。快楽を助長し苦痛を防止することをすべての道徳や立法の究極の原理とし[最大多数の最大幸福」の実現を説いた]とトーマス・マルサス[1766-1834年。経済学者。人口は幾何級数的に増えるが、食料は算術級数的にしか増加しない、ゆえに貧困は一種の自然現象で、社会制度の欠陥によるものではないと説いた。主著『人口論』]が工作員として雇い入れられた。

英国諜報機関のジュネーヴ本部はマレット・プレボー家によって運営されたが、その子孫にCIAのアレン・ダレスがいる。

バジル・ラボックが1933年に刊行した『アヘン貿易クリッパー船』には、アヘン貿易に従事した英国の帆船の主な所有者たちの名前が、それぞれの帆船旗のカラー挿絵付きで掲載されている。

そのほとんどはかつての奴隷貿易商人だった。

第1位は光栄ある東インド会社(中国人にはホン・ジョン会社と呼ばれた)、
第2位はジャーディン・マセソン商会
第3位はデント商会、
第4位はパイバス・ブラザーズ、
第5位はラッセル商会、
第6位はカマ・ブラザーズ、
第7位はアソル公爵夫人、
第8位はバルカラス伯爵、
第9位はジョージ四世[在位1820-30年]、
第10位は摂政の宮[ジョージ三世が精神に異常をきたしたので即位までジョージ四世に与えられた称号、1811-20]、
第11位はキャムデン侯爵、
第12位はメルヴィル夫人であった。


1927年2月1日のニューヨーク・タイムス紙にサー・ロバート・ジャーディンの死が次のように報じられている。

故サー・ロバート・ジャーディンの嫡男で、父の後を継いで香港のジャーディン・マセソン商会の会長であった。同社は長年にわたりインド産アヘンの中国輸出をほぼ独占した。

サー・ロバートは2000万ドルとスコットランドの土地2万エーカーを相続していた。先祖のウィリアム・ジャーディン博士が広東に住み着いたのは、1819年のことだった。

現在のアソル公爵はブレア・キャスルに20万2000エーカーの土地を持ち、イングランドでただ一人、私兵の所有を国王によって認められている。

メルヴィル夫人の祖先の初代伯爵ジョージは1688年にオレンジ公ウィリアムの王位就任に加担し玉璽尚書に任命された。

ユースタス・マリンズ 世界権力構造の秘密 上巻 富と権力の強奪史 p142-145 抜粋






(管理人)
東インド会社とは、私が「彼ら」と呼んでいるこの世界を支配している邪悪な悪魔どもが牛耳っていた組織であることは疑いようがない。
ここに登場した家系や登場人物や組織名を見るだけで、邪悪な臭いがプンプンする。
我々は、こいつら悪魔勢力の正体を、理解しておかなければならない。
何故なら、東インド会社の歴史は決して単なる昔話ではないからである。
東インド会社の末裔が、21世紀の現代社会も支配しているからである。

「フランス革命」や「左右対立の思想詐欺」や「中央銀行詐欺」も、
この勢力が「真犯人」なのである。

安倍もアホウもハシシタも、東インド会社の末裔の極東地域における末端中の末端であることを、我々は理解しなければならない。
安倍が八百長戦争に日本国民を巻き込もうとしている理由も、ここにあるのである。
安倍を辞めさせたところで、新たな傀儡の売国奴が用意されるだけなのだ。
この昔から続いている「真実の歴史」を理解しない限り、「悪魔のシステム」が長きにわたって続いていることを理解しない限り、このシステムを終わらせることはできないのである。
「悪魔のシステム」が存在していることを、決して学校教育や新聞テレビは国民に教えようとしない。
学校教育や新聞テレビは東インド会社の末裔に支配されているからである。
学校教育や新聞テレビは国民をフールにしておくために存在しているのだから、当然のごとく国民に与えられるのは“偽りの歴史狂育”であるわけだ。

我々は、「真実の歴史」に目覚めなければならない。
「真実の歴史」を理解することで、「悪魔のシステム」が現在も続いていることが理解できるのである。
「安倍が八百長戦争に日本国民を巻き込もうとしている理由」「安倍を操っているのが何者であるのか」が、見えてくるのである。
まずは、原因を理解することである。

原因を理解しない限り、問題を解決することは不可能であるのだ。







ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Changes」Charles Bradley

今日の1曲は、チャールズ・ブラッドリーの「Changes」です。







ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Rachenitsa」Country for Syria

今日の1曲は、カントリー・フォ・シリアの「Rachenitsa」です。




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

そもそも、人間ドックという言葉があるのは日本だけ by 新潟大学岡田正彦名誉教授

「健康診断で健康死んだん?」


まずは、この記事を↓

(スプートニク)さん
https://jp.sputniknews.com/us/201801124462715/
トランプ氏、健康診断を受ける 結果公表へ
2018年01月12日 08:20

トランプ大統領が12日にワシントン近郊の病院で健康診断を受けることが11日、わかった。結果を同日中に公表し、担当医が16日に記者会見で詳細な説明をする方針。共同通信が米ホワイトハウスの発表を引用して報じた。

71歳のトランプ氏は記者団に「(結果は)良いだろう。君たちは驚くはずだ」と語った。





ワクチンを問題視する「常識」を持ち合わせていたと思われるトランプが、
健康診断を受けるそうだ。
「常識人」と思わせておいて、やっぱり「彼ら」の使用人に過ぎないということなのか。
トランプはアメリカ国民に健康診断を受けさせる目的のための「広告塔」として健康診断受診を命じられたのかもしれないが、トンデモ男で名高いトランプが健康診断を受けるという報道は、かえってアメリカ国民に「健診を受けるのはやめとこう」という気にさせるかもしれませんナ。

改めて一言、健康診断や人間ドッグなんて受けるもんじゃありませんよ!

「日本ほど健康診断を国民に義務化している国家はないことを何故に厚生労働省や医者が国民に周知させていないのか」という疑問を抱いてください。
「健康診断や人間ドッグは国民の健康を国家が気遣って実施しているのではなく医者や製薬会社の金儲けと日本人絶滅計画推進のために実施されている」ことを理解してください。

何? そんなわけがないだろって?
アンタ頭がオカシイのとちゃうのって?

頭がオカシイのはアンタです。
そのように思っているオメデタイ方には反論する気も起りません。
そのようなハッピーな方は、死ぬまで健康診断や人間ドッグを受けまくり、ワクチンや抗がん剤を打ちまくり、医療ならぬ医猟に「貢献」してください。
国家・企業・製薬会社・医者・マスゴミ等が一体となって“何も知らない国民”に対して行っている“集団詐欺”に「貢献」してください。
「彼ら」は、このように思って笑いが止まらないでしょう。

「疑うことを知らない“洗脳患者”が増殖し、このシステムが続く限り、我々は安泰である」と。

疑う気持ちを持っている皆さんに、医療ならぬ医猟の餌食とならないために役立つ優良記事を紹介します。

「健康診断で健康死んだん」とならないために・・・

座布団4枚(苦笑)






http://news.livedoor.com/article/detail/9804630/
健康診断やがん検診は受けてもムダ! あの近藤誠医師が“女性の医学”で男性にも警鐘
2015年2月20日 6時0分
週プレNEWS
もし、愛する奥さんや彼女が病気になってしまったら――? そんなとき、慌てずしっかりとパートナーをフォローするために知っておきたいことがある。それは、実は現代の日本において「女性は医療の犠牲になりやすい」という現実だ。
『患者よ、がんと闘うな』などで医療の真実に鋭くメスを入れ、医学界の常識とも闘い続ける医師の近藤誠が新著『もう、だまされない! 近藤誠の「女性の医学」』を刊行。今また、この国の医療のあり方に警鐘を鳴らす、近藤氏に聞いた。
***
―健康のためによかれと受けている健康診断やがん検診が、無意味どころか、むしろ有害という主張に驚かされました。
近藤 今の日本の医療は万事、お金が中心になっていて、健康人は常に病人にさせられようとしています。健康診断、人間ドック、がん検診などは病気というレッテルを貼り、健康人を病人に転落させるための検査。本当に痛い・苦しいという人が病院に行くだけでは、医療産業は潰(つぶ)れてしまうからです。
実際は様々な比較試験のデータが、健康な人に見つかる病気は治療しないほうが長生きできると示しています。

―そんな中でも、特に女性は医療の被害者になりやすいと指摘されています。
近藤 女性は子供を産むという役割を担っている関係で、生理的な変化・変動が激しく、体の不調を感じて病院に行く機会が多い。それらは本来、生理的な変化でしかないのですが、そこで何かが見つかって病名をつけられ病人にされてしまい、結果として医療被害者になりやすい。
しかも、本当はやらなくてもいい手術によって、生殖臓器である子宮や卵巣、あるいは乳房を失いやすいんです。
―特に乳がん検診で受けるマンモグラフィは有害だと?
近藤 まったく無意味かつ有害です。ここ十数年、マンモグラフィが盛んに行なわれるようになったため、乳がんの発見数は80年代のそれの3倍以上と、大幅に増加しました。しかし、乳がんの死亡者数はまったく減っていないんです。信頼できる海外の比較試験でも、約9万人の被験者をマンモグラフィありとなしのグループに分けて追跡したところ、定期的に実施してもがん死亡者数が減らないことがわかりました。

―それでも、少しでも本当のがん患者が見つかるなら意味あるかと……。
近藤 マンモグラフィで見つかる乳がんは、実は進行も転移もしない「がんもどき」なんです。それなのに「がんの疑いあり」と判定されれば、不要な精密検査を受けさせられ、無駄な精神的苦痛を被ることになります。さらに、一度の検査で乳がん発症の原因になりうるほどの放射線量を浴びることに。
そして一番の問題は、「必要のない手術でおっぱいをなくす危険性が高い」こと。世界的な乳房温存療法の流れに逆行して、日本では乳房を丸ごと切除する“乳房全摘出手術”が増えている。でも、実際には僕のところにセカンドオピニオンで来る患者さんで、本当に全摘出が必要だった人はほとんどいません。
―そういった理由から、スイスではついにマンモグラフィの廃止が勧告されたそうですね。
近藤 つまり、これまでマンモグラフィを受けて治療した人は丸損だったってこと。でも、日本では決してやめようとしません。やめたら自分たちの仕事がなくなっちゃうからね。
もうひとつ、日本がひどいのは、海外でもこれまで乳がん死亡をマンモグラフィで減らせると言っていたのは50歳以上の話だった。それなのに日本では、20代にもどんどん検診を受けさせて、失わなくてもいい乳房を全摘出されている人もいる。

―本当は乳房をとる必要がなかったと知ったら…辛いですね。隔年で受診が推奨されている、子宮頸がん検診にも同じことがいえる?
近藤 実は、子宮頸がんによる死亡数は、日本も含めて先進国では自然に減ってきています。それは決して検診のおかげではなく、栄養状態がよくなり内風呂が発達するなど清潔になったから。一方で、検診の広がりのせいでここ数年、子宮頸がんの発見率はうなぎのぼり。検診で無害なものがいくらでも見つかるからです。
でも、海外においても子宮頸がん検診で寿命が延びたという比較試験はなく、受けるメリットはありません。それどころか、早期発見・早期治療で不要な手術をさせられ、子供を産めなくなってしまう可能性もあります。

―仮に検診で異常が見つかったとしても、医者に言われるがまま切る必要はないと。男としてパートナーにそういうことを教えてあげる知識も持つべきですね。
近藤 女性になり代わることはできないけれど、女性特有の辛さが起きる時、それを支えてあげることは大切ですね。ことに、がんなんて言われた時には、本人はパニックになっていることも多いから、本当に治療が必要なのか一緒になって調べる。僕のセカンドオピニオン外来に来る患者さんでも、パートナーが調べてくる人も多い。深い愛情を感じますね。
―確かに、パートナーに真剣に自分の体を心配してもらえたら女性としても心強いでしょう。
近藤 それと、病院や検査に近づかないほうがいいのは男性も同じ。健診で見つかる異常なんて、ある種の老化現象や個性といってもいい。それなのに、一定の値を超えるとすぐに病名をつけて薬を出される。フィンランドの中年管理職を対象とした試験で、健康診断で値が異常だった人に高血圧や高血糖の薬を出したグループは、何もしなかったグループより15年後の死亡率が46%も高くなったというデータがあります。
―高血圧などのいわゆる“基準値”も曖昧(あいまい)だということですね。男性は特にメタボなんかも気にしがちですが。
近藤 メタボは厚労省を巻き込んだ陰謀の一端。日本ではBMIは22が標準とされていますが、実は実測データでは、男性は25-27が最も死亡率が低いんです。やせてる人より太めの人のほうが長生き。また、コレステロールもイメージが悪いですが、日本人男性ではコレステロールが高いほうが長生き。
一方、女性も高コレステロール血症とされた人の寿命は平均値の人と変わらないのに、更年期を迎えて値が260を超えるとすぐに薬を出されてしまう。基準値を下げれば、その分、薬が売れるからですね。こういう国は他にありません。

―胃がん検診をやめた、信州・長野の泰阜(やすおか)村の話も象徴的でした。検診をやめたら胃がんで死ぬ人が半分以下になったという。
近藤 治療しなければ長生きできた人が、手術を受けたために早く死んだ。“治療死”という診療項目がないから胃がんで死んだことにされてきたんです。今の日本で、胃がんや肺がんなど内臓のがんで死ぬ人の多くは治療が原因です。
あなた方は言ってみれば「釣堀の魚」。釣り糸をたれるのは医療産業で、釣り針の先には早期発見・早期治療というエサがぶらさがってる。健康な魚がパクッと食うと、吊り上げられて後は適当に料理されちゃう。

―まさに、切られたり、料理されちゃうと(苦笑)。お話を伺っていると、だんだん病院も医者も信じられなくなってきますが…。なるべく健康で長生きするためには?
近藤 “君子危うきに近寄らず”で、健診や検査に近寄らないこと。そのためには、知性と理性が必要です。みんなと同じとか基準値とかを気にするのは間違い。
人間の体は、その人が快適で健康に長生きできるようにと、自然に自分で調節している。血糖値もコレステロールも体が必要と判断してその値になっている。それをわざわざ下げようとせずに、もっと自分の体を信じろと言いたいですね。
―知性と理性を持ち、女性に頼られるために男性にもこれはオススメしないとです!
(取材・文・撮影/週プレNEWS編集部)
●近藤誠(こんどう・まこと)

1948年生まれ。73年、慶應義塾大学医学部卒業。同年同医学部放射線科入局。83年より同医学部放射線科講師をつとめ、当時、日本では行われていなかった乳がんの「乳房温存療法」を提唱し、医療界から猛反発を受ける中、普及させる。2012年、「乳房温存療法のパイオニアとして、抗がん剤の毒性、拡大手術の危険性など、がん治療における先駆的な意見を、一般人にもわかりやすく発表し、啓蒙を続けてきた功績」により「第60回菊池寛賞」を受賞。現在、「近藤誠がん研究所・セカンドオピニオン外来」を主宰
■『もう、だまされない! 近藤誠の「女性の医学」』

集英社 1404円

医者の言いなりにならず、自分で考える医療を提案し続ける反骨の医師・近藤誠が、医者やクスリや誤った思い込みに惑わされずに、女性が元気に長生きするヒントを提唱する。健康に長生きするために、知っておくべき女性の医療の落とし穴とは?





(薬屋のおやじのボヤキ)さん
http://blog.goo.ne.jp/miyakekazutoyo230910/e/273b371ab914396f95e30a730c4c1899
健康診断の“検査”は“病人”を作り出すだけのもの、特に「血圧」と「コレステロール」が悪質
2013年07月25日

健康診断の“検査”は“病人”を作り出すだけのもの、特に「血圧」と「コレステロール」が悪質
 元気で長生きしたいから、“早期発見・早期治療”につながる健康診断の“検査”を定期的に受けている、という方が圧倒的に多いのが、日本人に特徴的な健康管理法です。
 こんな国は世界中探してもありません。
 特に、米国やフィンランドでは、健康診断の“検査”は、やる意味がないし、寿命が延びることもないという、明確なデータがちゃんと公表されていますから、健康な人は“検査”を受けるのはまれですし、ましてや“検査”結果を重視するというような考え方は持っていません。
 また、欧米諸国では、日本のような住民集団検診や企業検診制度はないです。これは、個人の健康は個人で管理するのが当たり前という、個人個人のしっかりした考え方が強いお国柄からとも言えますが、各国政府は、そんなことを行っても“早期発見・早期治療”につながらず、決して生活習慣病が減らないことを知っていますから、多額の税金を投入してまで制度化するなんて全く考えもしないのです。
 その健康診断“検査”の基準値というものが、万人に当てはまる正しい指標であれば、まだ許されるのですが、日本では、時代の経過とともにころころ変わりますし、たいていは男女差が無視され、年齢差も無視されたり、あったとしても実に大ざっぱな設定しかなされていません。
 日本とは違って基準値を重視することがない欧米の方が、男女差や年齢差を踏まえて、かえって基準値がしっかりしたものになっています。
 そして、日本では、その基準値も統一されたものではないです。各学会のガイドラインはあるものの病院・クリニックによって若干の違いがあります。
 日本における基準値がこのような形になっている原因は、実は健康な人の数値が幾つなのか、これがどんな調査方法を取ったとしても算出不可能だからです。
でも、日本の政府も医師会も、基準値はさも正しいような言い方をしています。
 そして、日本では、国をあげて、“早期発見・早期治療”そのために“健康診断を定期的に受けましょう”の大合唱で、人間ドッグが大流行りとなり、まずは“検査”をすることが健康確保の第一にされてしまっています。酷い企業は強制的に社員全員に人間ドッグを受けさせて、その“検査”結果を勤務評定に加えることまでしています。
 あきれて物が言えない日本の健康診断“検査”の扱い方です。
 この日本独特の健康診断制度は、個人主義が未発達という土壌にあることと、戦前の学童体力向上対策や疫病・感染症対策のやり方が尾を引いているのでしょう。
 皆が同じ検査をし、皆が同じことをやり、皆が揃って病気を防ごう、というものです。
 現代社会になって、日本人もかなり個人主義的になってきていると思われるのですが、どっこい健康診断“検査”だけは時代に大きく逆行し、メタボ検診がいい例ですが、どんどん強化されてきています。
 そして、“検査”はいいことだ、“検査”は補助によってタダか少しの負担で済むからと、皆が“検査”を進んで受け、それでもって“検査”結果に一喜一憂させられているのです。
 こうした“検査漬け”によって、あるとき、たまたま“検査”の数値が基準値から上にはみ出しでもすれば、医者は、高血圧“症”、糖尿“病”、脂質“異常症”といった診断結果を被検者に告げ、病人を意のままに作り出し、薬を死ぬまで飲ませ続けるのですから、これはもう「医は医術にあらず算術である」としか申しようがありません。
 日本では、医師により差はあるものの、基準値をオーバーすると“とりあえずお薬を出しておきましょう。”となってしまうのが通例ですが、欧米では“まずは生活習慣の改善をしましょう”という指導がなされるだけで、即投薬ということはないです。
 ちなみに、コレステロールを下げる薬は日本人が何と世界の生産量の6、7割を消費しています。それも、大半が更年期過ぎの女性をターゲットとしたものです。これは、のちほど説明しますが、日本の基準値が際立って厳しすぎる上に即投薬傾向にあるからです。
(2014.1.18追記)
 米国の基準値は日本とあまり大きな差はないようですが、単なる指標としてしか捉えられていないようでして、即投薬には決してなりません。コレステロールについては更年期過ぎの女性はだれでも数値がグーンと上がりますから、米国では基本的に投薬しないことになっているようです。また、高血圧は州や保険会社によって違いがあるようですが、180を超えた場合に初めて投薬対象になるようで、それがカリフォルニア州では最近10アップされたとのことです。なお、このように投薬に慎重になるのは、投薬による副作用が大きいと医療訴訟で敗訴することが多いことも背景にあるようです。
(追記ここまで:高血圧についてはLA在住の日本人の方からいただいた情報です。)
 “検査”の結果が基準値からはみ出したからといって、それは“症”でも“病”でもないです。単に、高血圧状態、高血糖状態、高コレステロール状態といった単なる状態にあるというだけのことであり、加えて、そういう状態であっても健康体の方の数値には個人差がかなりありますから、それはそれで正常だ、という場合の方が圧倒的に多いのです。
 逆に、基準値の範囲に納まっていても、発症する場合が往々にしてあります。痛風がいい例で、尿酸値が基準値をオーバーすると痛風予備軍の扱いを受けますが、痛風の発症は体質が大きく影響し、基準値の範囲内であっても発症しますから、“検査”の数値は無意味なものになっています。
なお、基準値の上限値と下限値の算出方法については、のちほど説明します。
 さて、「医は算術」と申しましたが、医師になることを志し、大病院で体を酷使して患者の命を救うために日夜働くものの、ある程度の年齢になると体力の限界を知り、マイペースで仕事ができる開業医となるのが一般的で、開業医が年々増えてきています。
 開業には初期投資として多額の資金が要りますから、それを回収し、加えて子息を医者にしようとなると、これまた教育費が高額なものとなりますので、開業医が食っていくためには多くの患者を抱え込み、“検査”と薬の処方箋で保険点数を上げねばなりません。
 ここに、日本の医療制度の大きな病根があるのです。
 ますます増える開業医の生活保障をするために、開業医の既得権益を守ることに重点を置いている日本医師会が、政府を抱き込み“検査漬け”と“薬漬け”を正当化していると言えます。こうして、健康な人があたかも病人であるかのように扱われているのが日本の医療の現状なのです。
 「医は算術」であることの例を幾つか紹介しましょう。
 先ずは、高血圧“症”。その昔は最高血圧の標準値(平均値)は「年齢+90」でした。その後、基準値の上限設定が定められ、上限値160が長く続き、2000年に140にされ、2004年には老人を除き130にされてしまいました。
 2000年の改定で、それまでの高血圧“症”の患者数は1500万人が、3700万人に。
 次に、糖尿“病”。血糖値の上限は、その昔は140だったものが、1999年に126に、その後110に引き下げられています。新潟大学名誉教授の岡田正彦氏によれば、基準値の上限を10下げると、はみ出しが2.5倍増えるとのことです。

 また、血糖値の過去1、2か月の指標となるヘモグロビンA1cの基準値上限は以前は5.8であったものがメタボ検診の始まりとともに5.2に。これだけで、何百万人もが糖尿“病”にされてしまいました。
 3つ目が、脂質“異常症”。1987年までは総コレステロール値の上限は250でした。それが意図的に220に改定されたのです。これによって、50歳以上の女性の55%が当時の呼び名である高脂血“症”という患者にされてしまったのです。それが今や“異常症”と改悪改名されました。加えて、総コレステロール値の基準値設定に多くの批判がでてきたことから、総コレステロール値は診断基準から除去してしまい、悪玉と善玉に分けて基準値を新たに設定し直すという、煙に巻く方法に切り替えています。この新しい基準値になって、患者数がどうなったかというと、決して減ることはないようです。
 ここまで質が悪い基準値設定ですから、「病院で殺されないために」とか「病人はこうして作られる」といった本が書店の棚に幾冊も並び、雑誌でも頻繁に記事にされています。
 医師は、このことを知っていても、黙して語りません。なぜならば、自分で自分の首を絞めることになりますからね。生活習慣病“治療薬”は安定した最大の収入源なのです。
 実は、お医者さんもかわいそうです。日本特有の薄利多売方式の保険点数では、開業医は生活習慣病患者を数多く呼び込まないことには食っていけないからです。
 また、多くの患者は、基準値は正しいものと思い込まされていて、素直に医師の指導に従ってしまいますし、加えて、患者の中には基準値はおかしいという情報を得て基準値に疑問を持ちながらも、医師を前にすると、疑問の思考回路をバッサリと切断し、医師に頼りきっていまうという愚かな行動に出てしまう人がけっこう多いです。これも、欧米人とは違った、日本人に特有の特徴です。一言で言えば、ひ弱な精神ということになりましょうし、最近話題になっている言葉を持ち出せば「空気に従う」ということになりましょう。
 健康診断の一番正しいやり方は、自分で自分をチェックする以外になく、毎朝、起きたときの体調がどう感じられるとか、便の状態は良いか悪いか、といったチェックをしてみたり、日中にちょっと動いただけで動悸がしてきたとか、疲れを感じるといった体調の変化に注意して、それを自分自身で感じ取ることです。中高年であれば、これは可能でしょう。
これらの体調変化は、たいてい原因に心当たりがあるものであり、それを是正すれば良いのですし、また、明らかに加齢が原因していると判断されるものも多いです。
 とんと原因が分からないとなったら、そのときには医師の診察を受ければ良いでしょう。まれにとんでもない病気が発症しており、即治療が必要となる場合がありますからね。
 ちなみに、小生(間もなく65歳)はもう15年以上住民検診を受けたことがなく、検査値がどういう値なのか全く知りません。





(「医学革命」 情報局)さん
http://kenko.club-daishizen.com/index.php?%E6%A4%9C%E8%A8%BA%E3%81%8C%E7%97%85%E6%B0%97%E3%82%92%E4%BD%9C%E3%82%8B
健診・人間ドッグ

世界に類をみない日本発祥のシステム。人間ドッグで有難がるのは日本だけです。人間ドッグの受診は、1984年41万人だったのが、30余年後の2009年では、約7倍の301万人にまで激増しています。
世界では、病気が起きていないのに、わざわざお金を払って、病気の判断基準も曖昧で危険な検査を受けません。
世界では、人間ドッグや健診(健康診断)の代わりに、初期医療が浸透。医師会や大学病院の権力からやや離れた、地元のかかりつけ医やホームドクターを持つことが社会に根付いている。人間ドッグの形骸化した「正常値」より、時間をかけて何でも包括的に相談に応じ、説明責任を果たしてくれる顔の見えるホームドクターを作っておくほうが望ましい。
 「人間ドックに入れば、ありとあらゆる検査の中で何らかの病気が見つかりますが、その中には無理に治療が必要でない微細な病気も多く、結果的に過剰医療に繋がって身体にダメージを与えてしまう恐れがあります。そもそも、人間ドックという言葉があるのは日本だけ。推奨している国も他にはないのです」(週刊現代2012.11..2.15新潟大学岡田正彦名誉教授)
(↓NY科学アカデミー会員 中原英臣医学博士)
「医師は手ぐすね引いて待っていても食べてはいけません。病院は「人間ドッグ」という投網を投げて、再検査に引っかからせ、「患者」を見つけ出す必要があるのです。人間ドッグなら医師法に触れず堂々と宣伝ができる。人間ドッグは、いわば「病気を作る商売」。再検査に持つ込むためにやたら「異常」を連発するのです。」





http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-482.html
高コレステロール血症患者は神様なのですよ、健やかに一生お薬を飲んで頂けますからね。
「会社の命令でも「検診」や「人間ドッグ」を拒否すること」




http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-1207.html
人間ドッグは、いわば「病気を作る商売」。再検査に持ち込むためにやたら「異常」を連発するのです。
「健診を受けた人ほど早死にしている、現大医学の神は死神である」








ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村



「Black Rat」 Big Mama Thornton

今日の1曲は、Big Mama Thorntonの「Black Rat」です。




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Cheikh Ibra Fall」Cheikh Lô

今日の1曲は、シェイク・ローの「Cheikh Ibra Fall」です。








ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Oh Boy」 Youssou N'Dour

今日の1曲は、Youssou N'Dourの「Oh Boy」です。







ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Love and Happiness」 Al Green

今日の1曲は、アル・グリーンの「Love and Happiness」です。






ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村


「Down Home Shakedown」Big Mama Thornton

今日の1曲は、ビッグ・ママ・ソーントンの「Down Home Shakedown」です。







ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

テンプレート説明

このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。
背景はスライドショーになっています。

◎プラグイン説明

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。
←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。
このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

※最上部メニューバーの上に隙間がある方

最上部のメニューバーの上にFC2検索バー用のスペースを設けています。
検索バーを表示しない設定にしている方は、cssの最上部メニュー.MegaMenuの中にあるtop:27pxをtop:0に変更してください。

◎背景スライドショー説明

random : 1, // ランダム 0:オフ 1:オン
transition : 1, // 0:単純画像切替 1:フェード 2~7:移動 8:ページ更新毎に切り替え
transition_speed : 1000, // 画像間の切替時間
slide_interval : 3000, // 1枚毎の画像停止時間
slides : [
{ image : '画像URL' } // 画像の追加・削除はここ

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れません。