2016年09月の記事 - 嘘八百のこの世界

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告
2016年09月の記事

東北や熊本の復興もままならぬ現状で、売国詐欺師連中が推進するオリンピックなど 絶対に行うべきではないのです!

「この国を支配するチーム・イルミナティという名の1本のドス黒い鎖を断ち切れ!」



http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20160929-00000022-ann-soci
東京五輪「今のままだと3兆円超える」都政改革本部
テレビ朝日系(ANN) 9月29日(木)11時49分配信

 東京オリンピック・パラリンピックの経費を検証している都政改革本部が第1次調査報告書を公表し、現時点で開催費用が3兆円を超える可能性があると明らかにしました。

 上山信一特別顧問:「今のやり方のままやっていると、3兆円を超えると。これが我々の結論であります」
 公表された報告書によりますと、4年後の東京大会の開催費用は会場整備費や運営費などを合わせると、現時点で総額3兆円を超えると指摘しています。費用削減のためには都が整備している恒久施設のうち、ボート会場については東京・江東区の「海の森水上競技場」を宮城県の「長沼ボート場」で開催することも選択肢の一つだとしています。また、大会全体を見据えて、国、都、組織委員会の取り組みを一元的に管理する司令塔が必要だと指摘しています。
最終更新:9月29日(木)11時49分






この上山信一という人物、今日の「ニュースウォッチ9」にも出演していた。
さも東京オリンピックの経費を検証しているような素振りを見せていたが、
この素振りが、あくまでもポーズに過ぎないことは、ミエミエである。
逆に言えば、「オリンピックに3兆円かかっても仕方ない」という世論を形成することが
狙いなのではないだろうか。
この国が借金だらけだという刷り込みを国民に植え付けているくせに、
オリンピックやODAに莫大な血税をつぎ込んでも「仕方ない」の一言ですますつもりなのだ。
家庭であれば、家計が厳しい時は出来るだけ出費を抑え、やり繰りするものだが、
このクレイジー国家では、国民からは国家財政が苦しいと訴えて、増税をしまくり、
反面、オリンピックだODAだと宣い、
我々の貴重な血税を湯水のように大盤振る舞いするのである。
NHKを始めとしたマスゴミは、「これがオカシイ」とは一言も言わないのである。
変な都知事の小池と共に、上山信一という人物が、
本気で改革をするつもりなどないことは、言うまでもないことである。
その証拠がここにある。
あのアホウの弟が会長をしている株式会社麻生の監査役をしているのだ。
https://www.aso-corp.jp/outline.html

この人物が行なう改革なるものは、「彼ら」に指示に従って行う、
水道民営化のような売国詐欺としか考えられません。

ところで、この上山信一という人物、皆さん、見覚えはないでしょうか?
はい、ハシシタのバックにいた、あの男です。
笹川良一と関係のある元東京財団の人物です。
そういえば、アホウもハシシタも水道民営化詐欺を推進してましたね
こいつは明らかに、チーム・イルミナティの一員です。
こいつが変な都知事の下で都政改革本部の特別顧問に就任し、
NHKを始めとしたマスゴミに出演していることは、決して「偶然」ではありません。
全てがシナリオ通りなのです。
こんな人物が語る都政改革などが、都民・国民にとっての良い改革であるはずがありません。
少なくとも、アホウ、ハシシタ、小池、上山が、1本のドス黒い鎖で繋がっていることは
ここで証明されています。
こいつらの背後に「彼ら」が存在していることは、明白です。
E加減、日本国民は、この国がチーム・イルミナティという売国詐欺師連中に乗っ取られ、
改革という名のもとに血税を盗まれ続けていることに気づかなければいけません。
東北や熊本の復興もままならぬ現状で、売国詐欺師連中が推進するオリンピックなど
絶対に行うべきではないのです!






http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-960.html
今の日本の政治で一番重要なのは独裁。独裁と言われるぐらいの力だ
「“大阪をイルミナティに売り渡す”大阪都構想という名の大阪市解体、市民税収の強奪詐欺を許すな!」


以下、仮面の騎士 橋下徹 独裁支配の野望と罠 から引用します。

橋下知事のブレーンというか、軍師というか、その政策のバックボーンを握っている存在が、上山信一氏です。
この上山信一氏とは、どういう人物なのか?その軌跡を辿ってみると、橋下知事が妄執する「大阪都構想」へとつながる接点に突き当たるのです。
上山信一氏の経歴を見てみましょう。
1957年、大阪市生まれ、
1980年、京都大学法学部卒業後、運輸省(当時)に入省しました。

1983~84年、米プリンストン大学に政府派遣留学します(公共経営修士号取得)。
1986年、運輸省を退省し、大手コンサルティング会社の
「マッキンゼー・アンド・カンパニー」に入社。
1992年には、同社の共同経営者に就任。
2000年までに、大企業20社の改革を手がけました。
同社在籍中に、行政に「評価」と「経営」の考え方を取り入れることを提唱し、企業改革の経験と英米の先進事例をもとに2冊の本、「行政評価の時代」「行政経営の時代」を出版しました。

また、同時に、神奈川県逗子市役所顧問、福岡市の経営管理委員会委員などをボランティアで兼務します。この時期にNPO法人「行政経営フォーラム」(会員数約500人)を創設し、初代会長となります。

2000年には、マッキンゼーを退社して再び渡米、ワシントンD・Cを拠点に、米ジョージ・タウン大学政策大学院研究教授、東京財団上席客員研究員として政策と行政改革の研究に取り組みます。
2003年に帰国し、慶応義塾大学大学院政策・メディア研究家特別研究教授および大阪市立大学大学院(創造都市研究科)特別教授に就任しました。

2007年に慶応大学総合政策学部(湘南藤沢キャンパス.SFC)の特任教授となり、現在に至ります。

大学教員のかたわら首長や経営者のアドバイザーを務め、政府委員・自治体の各種委員をボランティアで務めています。

このボランティアで地方自治体の各種委員や政府委員を務めるという点が”曲者”です。

つまりマッキンゼーに所属する経営コンサルタントあるいは共同経営者という肩書きをフルに活用しながら、地方自治体や政府の各種委員を手弁当で引き受け、名前を売る。

自治体や政府も報酬の発生しないボランティアだから重宝に扱うと言う図式で、着々と「改革屋・上山信一」の名声を高めることに成功します。

しかも、肝心の改革の中身についてはコンサルタントに「丸投げ」して、その果実と名声だけを収奪するという、狡すっからさも備えています。

この上山信一という人物が、顧問として橋下徹や大阪維新の会の政策に関わっています。
上山が所属していた東京財団のホームページに、彼らの人材育成について次のように書かれている。

以下、東京財団ホームページより

グローバルに展開する人材育成プログラム

東京財団では、将来を担うリーダーの育成をそのミッションの一つにしています。今の時代に求められるリーダーとは、社会が直面する様々な課題に取り組む強い志を有し、広い視野で物事を捉え、取るべき道を創造的に模索する勇気と能力をもつ人材です。その人材育成事業の大きな柱として、東京財団は、2つの世界規模の奨学金プログラムを運営しており、両プログラムを通じて、大学間はもとより、個々の教員や学生間のネットワークが広がっています。

Sylff(ヤングリーダー奨学基金/The Ryoichi Sasakawa Young Leaders Fellowship Fund, "シルフ"と発音):将来の世界を担うリーダー育成を目指して、1987年に日本財団により設立されました。今日までに、日本を含む世界44ヵ国、69の大学・大学連合に各々100万米ドルの基金が寄贈され、他には類を見ない、大規模な奨学金プログラムに発展しました。13,000人にのぼる奨学生の多くは、既に社会の第一線で活躍しています。

日本語教育基金 (Nippon Foundation Fund for Japanese Language Education: NF-JLEP):世界の日本語教育を促進するために、日本財団により1994年に設立されました。世界6ヵ国、8大学に各々150万米ドルが寄贈され、日本語を学ぶ学生や、日本語教師を支援しています。



東京財団は、笹川良一の日本財団によって設立された。
外交や経済への提言を行い、奨学基金の運営を行うシンクタンクとして機能している。皆さんご存知のとおり、笹川良一は戦後日本政治におけるブラックボックス的人物であり、児玉誉志男のボスでもあった。


ムッソリーニと手を握り、神風特攻隊を組織させ、戦後、巣鴨プリズンの収容されるも、釈放されると国会議員に収まり、自身の事業である賭博競艇を合法化させる法律を国会で通し、その資金で日本財団や数々の組織を生み出してきた。

東京財団から多額の金が海外の大学に送られているが、その奨学金を受け取る人々をどう選出するかは、外国の大学を支配する人々の手に委ねられるだろう。

日本人から集めたお金で、日本語を勉強した外国人が、やがて日本にやってきて、日本の政治や経済に口をはさみ、日本国民を彼らの目的のために利用することもあるだろう。

いずれにせよ、これらの協力によって、右翼の頭目でファシストであった笹川良一が国連平和賞を受けるという、われわれ一般人には理解できない、世界の裏側、実は「真世界」の支配者のブラザーとして迎えられたのであった。
笹川は児玉に対して「私利私欲があってはならん」と説いている。それは、すべては彼らの「義」のための行動でなければならず、集めた金も、世界を変えてゆく目的のために使われるという意味なのだ。

上山信一が留学したプリンストン大学は、かつてはCIAの長官でアメリカを動かしたダレス兄弟やケネディを輩出し、
ユダヤの天才科学者アインシュタインも研究員として在籍、最近の著名者では、ブッシュ政権のあの悪名高いドナルド・ラムズフェルド国防長官も在籍したようだ。
上山が所属していたマッキンゼー&カンパニーとは、アメリカだけではなく、世界的に絶大な影響力を誇るコンサルティング会社であるらしい、「世界の指導的コンサルタント機関」という記述がウィキペディアに出ている。創立者はシカゴ大学[University of Chicago]教授のジェームズ・O・マッキンゼー[James O. McKinsey, 1889-1937]となっているから、ジェームス=ジェイコブ=ヤコブという図式によって、やはりユダヤ人であることが分ってくる。

世界のあらゆる業界の指導者がユダヤ人である。
このことから、橋下徹の政策の根幹を成す「大阪府(都)構想」を生み出した上山信一という人物が、どの民族の、どういった思想の下で教育を受け、活動してきたかが見えてくるのである。そして、日本財団を通して繋がってゆくことも。

上山信一は京都大学から運輸省に入省しているから、日本におけるエリートコースを進んでいたわけだが、政府要因としてアメリカに留学したときに、外国勢力の強力な思想を植えつけられたとも考ええられる。

日本国民の税金で留学したわけだから、日本人の利益のために働くべきだと考えるが、もし、その使命を忘れて外国人の世界構想に手を貸しているならば、それは日本人の為にはならないであろう。

ジョージ・タウン大学もイエズス会の創設であるから、これもマラーノのカトリック団体によって創設された、すなわちユダヤ系マラーノのための教育機関だったと言える。ビル・クリントンがこの学校を出ている。
上山氏の役割については、この「仮面の騎士 橋下徹」がよく描き出している。

上山氏はボランティアを標榜しながら、実際に政策の立案を頼まれると、コンサルティング会社に丸投げするのである。
つまり、実際にはボランティアではなく、上山信一はコンサルティング会社のエージェントなのである。これらコンサルティング会社が無料であるはずはなく、シンクタンクを含めて、詳細を詰めていないプロポーザルであっても、高額な報酬を要求するはずである。


つまり、上山信一氏はちょうちんアンコウがぶら下げている、あの囮の役割を果たしているわけだ。
さらに、上山氏が推挙するコンサルティング会社の出してくる戦略的企画書には、こうしたアメリカの学派によって推進されている、新世界秩序の計画に沿った戦略が埋め込まれていると考えられるのではないだろうか。










カナン~ワカラン~カナワン・・・

「寄生虫ユダヤ3000年の悪魔学 カナンの呪い」①
ユースタス・マリンズ




2004年の書である。以前読んだのだが、再読した。
複数回に分けて記す。以下、一部引用する。



*ニムロデは人類の歴史上、邪悪なサタンの慣習のシンボリズムとして無比の存在である。フリーメーソンを創設したのも、神の意思に逆らって、伝説のバベルの塔を建設したのも彼だと言われる。<タルムード>の伝説によれば、彼は「神に背くよう、すべての人々を仕向けた」とされている。<ミドラッシュ>の伝説では、アブラハムの誕生を知らされるや、確実に彼を抹殺する方法として、ニムロデが命じたのはすべての男児を殺害することだったとされる。アブラハムは洞穴に隠されたが、のちにニムロデに発見され、火を崇拝するように命じられた。これを拒んだアブラハムは火の中に放り込まれた。
伝説上、ニムロデは常に魔術を意味するシンボル「X」として記される。
「X」がクリスマスの短絡形として使われれば、実のところ、それは「ニムロデの祭を祝う」という意味になってしまう。
「二重X」(ダブルクロス)となると「裏切り」を意味するが、根底にある意味は、誰かが裏切ってサタンの手中に落ちることである。たとえばアメリカ企業が~Exxon社(ロックフェラー傘下の企業、スタンダード・オイル・オヴ・ニュージャージーの改名称)のように~ 「X」をそのロゴに使うとき、そこにはほぼまちがいなく隠された意味が秘められている
・・・・・(中略)・・・・・
ニムロデはセムの白人子孫を殺して食べたばかりでなく、怒りと憎しみで、彼らを生きたまま焼いたりもした。殺害した人々を食べることを含め、このような人身御供に対する単語はニムロデの叔父にあたるカナンの名と邪神バールの名に起源をもつ。この二つの名を合わせて“cannibal”(カナバル=人肉嗜食)となったわけだ。また、ニムロデは古代史においてはマルドゥーク、ベル、メロクダックといった名でも知られ、歴史的にも、バビロンがニムロデの地と称されるほど、重要人物でもある。さらにはフリーメーソンの創設者として、最古のフリーメーソン文書の中にも引用されている。

*ヘロドトスによれば、エジプトの最初の王は紀元前2320年までエジプトを支配したとされ、エセウビウスによれば、この王に始まる300年間の統治者、シナイ人の王が半神半人の統治のあとを受けたとされる。

*カナン人の政治的集団としてはパリサイ人、サドカイ人、ゼロテ党、エサイン派、アシシン派、ヘリデ党、律法学者が挙げられる。のちの一派、エサウの子孫エドム人はその後トルコ人と交わり、トルコ系エドム人を産み出した。また、ユダヤ人学者アーサー・ケストラーによれば、現在イスラエルを占拠しているハザール人として知られている人びとはこの流れを汲むとされる。

*ニムロデのたどった道はオシリスとその妹イシスの伝説にも生きている。オシリス(カナン人の神バールの別名)とその配偶者アシュトレト(ことイシス)の儀式はカナン人によってエジプトに持ち込まれたもので、そこでは豊穣の神々が崇拝された。エジプトの伝説によれば、オシリスの弟セト(セム)は彼を14の肉片に切り刻んだとされている。イシスはそれを集めたが、もっとも重要な男根が見つからなかった。伝説によれば、カニが食べたとされているが、イシスはそれに代わるものを木で作って、兄を復元したのだった。
男娼、売春婦に捧げられたバール神の神殿に起源をもつところから、フリーメーソンは合衆国を両性具有の国にするという隠された動機のために暗躍する見えない勢力であり続けてきた。その思想的指導者アルバート・パイクはこのことについて、独断的なその所『道徳と教義』(前出)で、「畏れ多くて口にできないその名の綴字を逆に並べて分割したところ“bisexual”となった」とあっさり白状している。これはまさにカバラの思想であり、私たちの目をバールとアシュトレトのカルトに直接向けさせるものでもある。同書でこの点をより明確に記しているのが「フリーメーソンは啓蒙の光を求める。これを追及していくと、ご覧のとおり、カバラ思想に直接結びつき、そこに戻っていく。自説を曲げない真の宗教はすべてカバラに発し、カバラに帰する。イルミナティやヤコブ・ベーメ、スェーデンボル、サン・マルタンなどに見られる宗教的理想の高邁な部分はすべてカバラから借用されている。フリーメーソンの組織もすべてその秘義、シンボルをカバラ思想から拝借している」という記述である。
フリーメーソンの真の起源とその目的について、これ以上明確に示したものはない。カバラ思想に起源をもち~世界に散らばる600万人のフリーメーソンを支配する実力者集団にしてさらに謎の多い組織イルミナティを通じて~悪魔的目的を果たすのがフリーメーソンなのである。





(管理人)
「カナンの呪い」については、下記サイトを参照ください。

http://matome.naver.jp/odai/2139656015357706701
【オカルト】カナンの遺言【ノアの箱舟】

(これから来る君へ)さん
http://takao-sato.seesaa.net/article/265792955.html
人類を苦しめるすべての悪の要素は「カナン族」から出ている

 
ユータス・マリンズは本書(『衝撃のユダヤ5000年の秘密 太田龍・解説 日本文芸社 1995年刊』)で、ユダヤの根本的特徴を「寄生性」と定義している。
 
英語では、パラサイト(Parasite 生物学では寄生生物、寄生虫、宿り木の意。古代ギリシャでは太鼓持ち的食客と辞書にはある)。つまり、ユダヤは次の3つの傾向を持っているということになる。

 (1) 悪魔性
 (2) 寄生性
(3) 欺瞞性


 
この3つをどんな具合に結びつけたらよいのであろう。この五千年来、人類は「カナンの呪い」にたたられてきたとマリンズはいう。
 
『旧約聖書』「創世記」の中に、かなりよく知られている次の場面がある。
 

 ノアが酒に酔いつぶれて裸で寝込んでしまった。ノアに3人の息子(セム、ハム、ヤペテ)があり、ハムの息子がカナンである。そのカナンが、ノアの裸を見た。目が覚めたあとノアは、カナンに激怒し、「カナンは呪われよ。汝は、奴隷として仕えよ」と叫んだとある。
 
マリンズは、現在ユダヤ(タルムード、カバラ)教徒として現れている人びとは、実はセム人の子孫ではなくて、カナン人の系統であることを突き止めた、という。(※これはすなわち、ユダヤ教は悪魔教に成り下がっていることを示している。その一つが『聖書』の教えよりもラビによる『タルムード優先主義』にある。言うまでも無く、タルムードの内容は極めて悪魔的である。)
 
カバラも、フリーメーソンも、共産主義も、そのほか人類を苦しめるもの、そして人類を神から引き離し、神に反逆させるすべての悪の要素は、このカナン族から出てくる。
 
カナン人の信条は「世俗的人間至上主義(secular humanism)」であり、そしてそのヒューマニズムへの原動力は「憎悪」である、とマリンズは見た。

・・・・・(中略)・・・・・

カナン族の主な風習として、本書は次の五つを挙げる。
1、 悪魔(サタン)信仰
2、 オカルト的儀式(儀式殺人)
3、 幼児人身御供
4、 人間嗜食(食人)
5、 性的狂宴

こうした秘儀を、カナン人とその系譜を引く、バビロニアタルムードとカバラを信奉する現在のユダヤ人、フリーメーソン、イルミナティーなどの多種多様な秘密結社は、ひそかに実践し続けているという。本書によれば、悪名高き「ベネチアの黒い貴族」は、実はカナン人そのものに他ならない。ベネチアの黒い貴族は、十字軍戦争を契機として中世ヨーロッパの権力構造に深く食い込んでいく。(中略)

ヨーロッパ大陸極西の小さなブリテン島を足がかりにして、魔法のように、あれよあれよと見ているうちに、七つの海を制し、五つの大陸に領土を有する大英帝国が出現する。その力の源泉は、1694年に設立された、アムステルダムとロンドンを主たる基地とする国際ユダヤ金融資本に所有される民間私立営利会社としてのイングランド銀行である。しかし、世界征服の総仕上げのためには、大英帝国とイングランド銀行だけでは力不足である。かくして彼ら(カナン人)は、1913年12月、米連邦準備制度(FRB)法の成立に成功する。以下略





以上、引用終了。

ここでは、「カナンの呪い」及びカナン人が何であるかといったことには深くは触れないでおく。
ただ、カナン人が古代の民族であり、聖書にも数多く記されているが、
その大部分の記述が非好意的な言及であること、
カナン人→フェニキア人→ベネチアの黒い貴族と、名称が変遷していることのみ、記しておく。
分かりやすく言えば、私がいつも「彼ら」と呼んでいる悪魔勢力のことを指している、と思っていいだろう。
私は、「「彼ら」の正体が本当にカナン人なのか?」という疑問を持っている。
「「彼ら」の正体はベニヤミン民族ではないのか?」という疑問を。
この疑問はちょっとやそっとでは解決できないものなので、これ以上は触れないでおく。
ただ、その名がカナンであれ、ユダヤであれ、ベニヤミンであれ、レプティリアンであれ、
こいつらが邪悪な悪魔崇拝主義者のキチ○イどもであることは、疑いようない事実である。

兎に角、カナンとは、よー“ワカラン”が、“カナワン”奴らのようである(苦笑)

そして、このカナンを叔父に持つのがニムロデだ、ということだ。
はい、誕生日が12月25日で、ロスチャイルドが自分たちの祖先だと崇めるニムロデである。
クリスマスがニムロデ、そして土星を祝う日であることをお忘れなく。

さらにニムロデは、フリーメーソンの創設者でもあるとのことだ。
このカナン、ニムロデの思想は、エジプトのイシス、オシリスの思想と結びついている。
また、フリーメーソンには、合衆国を両性具有の国にするという隠された動機が存在しているとのことだ。
最近になって国連でLGBTの人権問題が議題になっているようだが、
その裏にはカナン人由来のフリーメーソンの暗躍があることを、理解しなければならない。



http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2874765.html
国連で初のLGBTめぐる首脳級会合を開催

 ニューヨークの国連本部で21日、アメリカのバイデン副大統領らが参加して、LGBT=性的マイノリティの人々の人権について議論する初の首脳級会合が行われました。
 「LGBTの皆さんの普遍的権利を守ることが現代の人権問題であり、とても重要なことです」(アメリカ バイデン副大統領)




フリーメーソンがライオンズクラブやロータリークラブのような単なる慈善団体である、
といったデマを主張する人物に騙されてはいけません。
そして、「古代エジプトが、半神半人の統治のあとを受けた」というエセウビウスの記述も
スルーしてはいけないでしょう。











「How Can You Mend A Broken Heart」Al Green

今日の1曲は、アル・グリーンの「How Can You Mend A Broken Heart」です。




十字架の上に六芒星のネックレスをしています。
アル・グリーン お前もか・・・







テンプレート説明

このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。
背景はスライドショーになっています。

◎プラグイン説明

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。
←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。
このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

※最上部メニューバーの上に隙間がある方

最上部のメニューバーの上にFC2検索バー用のスペースを設けています。
検索バーを表示しない設定にしている方は、cssの最上部メニュー.MegaMenuの中にあるtop:27pxをtop:0に変更してください。

◎背景スライドショー説明

random : 1, // ランダム 0:オフ 1:オン
transition : 1, // 0:単純画像切替 1:フェード 2~7:移動 8:ページ更新毎に切り替え
transition_speed : 1000, // 画像間の切替時間
slide_interval : 3000, // 1枚毎の画像停止時間
slides : [
{ image : '画像URL' } // 画像の追加・削除はここ

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れません。