2016年06月の記事 - 嘘八百のこの世界

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告
2016年06月の記事

「As」Stevie Wonder

今日の1曲は、Stevie Wonder の「As」です。











もう一つの国であり、もう一つのカントリー・ミュージック THE CHIEFTAINS

「ANOTHER COUNTRY」THE CHIEFTAINS



1992年発表のチーフタンズのアルバムである。
数多くのグラミー賞を獲得してきた彼らだが、本作は初めて彼らがグラミーを受賞したアルバムでもある。
タイトルには二つの意味があるようだ。
一つは文字通り「もう一つの国」であり、先祖がアイルランドから移住したアメリカを指すとのこと。
もう一つの意味は「もう一つのカントリー」であり、カントリー・ミュージックを指している。つまり、カントリー・ミュージックのルーツがケルト・ミュージックにあることを指しているのである。

そのタイトル通り、本作はカントリー、ブルー・グラスの要素が色濃く反映されている。
ゲストも実に豪華である。ニッティ・グリッティ・ダート・バンド、“カントリー界のライ・クーダー”ことドブロ名人のジェリー・ダグラス、“バンジョーのジミヘン”ことベラ・フレック、エミルー・ハリス、ドン・ウィリアムス、リッキー・スギャッグス、チェット・アトキンス、ウィリー・ネルソン、コリン・ジェイムズ等、実に多種多彩で、まさにビックリポンのメンバーばかりである。

敢えて個別の曲の解説はしませんが、どの曲も素晴らしいとだけ述べておきます。
特筆すべきはフィナーレの「Did You Ever Go」「Uncle Joe」「Will the Circle Be Unbroken」のメドレーです。12分7秒もありますが、圧巻の一言です。









評点:90点





「Don't Know Much」 Linda Ronstadt & Aaron Neville

今日の1曲は、Linda Ronstadt & Aaron Neville の「Don't Know Much」です。
最後に二人がキスをするシーンがいいですね。











国民の生活が大事なんて政治はですね、私は間違っていると思います

「クレイジー・ワールド、クレイジー・ジャパン⑥」



この世界がマトモになるまで何度でも、無理な話か・・・
https://www.youtube.com/watch?v=9BG6URzDxno


「国民主権、基本的人権、平和主義、これをなくさなければ本当の自主憲法ではないんですよ」などと宣う変な奴らが、変な宗教をバックに、変な選挙を行って、変な戦争に参加させようとしている。変なワクチンの好きな変な「彼ら」の下請として、この国をさらに変にしようとしている・・・





(リテラ)さん
http://lite-ra.com/2016/06/post-2372_2.html
稲田朋美が改憲で「自民党は国民主権、平和主義、人権尊重は変えない」と大嘘! 自民党改憲案とお前の過去の発言を読み直せ
2016.06.27

先日発売された自民党改憲草案の批判本『あたらしい憲法草案のはなし』(太郎次郎社エディタス)は、〈憲法草案、すなわちあたらしい憲法の三原則〉について、その本質をこう指摘している。
〈一、国民主権の縮小
 一、戦争放棄の放棄
 一、基本的人権の制限〉

 そもそも改憲草案は、現行憲法の前文の主語が「日本国民」であるところが、「日本国」にすり替わっている。これは〈国民を必要以上につけあがらせてはけない〉という考え方からきており、〈国の中心が「国民」ではなく、「国」そのもの〉に変更されている証拠にほかならない。ようするに、国民主権という思想が根本から覆されているのだ。
 さらに、平和主義の根幹を成していた憲法9条からは「戦争放棄」の題が消え、「安全保障」という名の〈軍事力を自由に行使する(使う)ことのできる国〉になることを明記している。そして、集団的自衛権の制約もなくなり、国防軍が組織される。もちろん、この改憲草案では、国民にも戦争協力を求めている。
 基本的人権も同様だ。現行憲法13条では《すべての国民は、個人として尊重される》とあるが、自民党の改憲草案では〈全ての国民は、人として尊重される〉という大雑把な扱いになっている。人は生まれながらにして人権をもっているという考え方を否定し、個人の権利よりも国を優先させているのである。

 そのような憲法改正草案を掲げておいて、選挙を目の前に控えて「国民主権、平和主義、基本的人権の尊重、これまったく変えません」などとNHKのテレビ番組でうそぶくことは、はっきり言って国民への背信行為だ。
 実際、稲田政調会長の本音はもっと過激なものだ。稲田氏は過去に書籍のなかで、「国民主権、平和主義、基本的人権の尊重」が謳われた現在の憲法をこのように指弾している。
〈どこの世界に自国を自分で守らないと宣言する国があるでしょうか〉(渡部昇一監修『中国が攻めてくる!日本は憲法で滅ぶ』総和社、2011年)
〈前文だけ読んでも、まじめに勉強すれば、反日的になるような自虐的な内容です〉(『私は日本を守りたい』PHP研究所、2010年)

http://lite-ra.com/2016/06/post-2372_3.html
その上で、稲田氏は前文をこのように変えるべきだ、と主張している。
〈本来前文には憲法ひいては国としての理念が語られなければならないはずです。前文で書かれるべきは、日本という国が神話の時代から連綿と連なる歴史を保持し、四海に囲まれた自然豊かな風土を持つ日本が、どのような国を目指すべきなのかという理想が語られるべきです〉(前掲『中国が攻めてくる!日本は憲法で滅ぶ』)
 思考が完全に戦前……。それを裏付けるように、ある講演会の壇上で稲田氏は「国民の生活が大事なんて政治はですね、私は間違っていると思いますとまで断言している。
 国民の生活など政治は守る必要はない──この考えは、しかし稲田氏だけのものではない。安倍首相が会長を、稲田氏が事務局長代理を務める創生「日本」の研修会では、第一次安倍内閣で法務大臣を務めた長勢甚遠氏が改憲草案を「不満」だと言い、こう述べている。
いちばん最初に国民主権、基本的人権、平和主義、これは堅持すると言っているんですよ。この3つをなくさなければですね、ほんとうの自主憲法にならないんですよ
 自民党の改憲草案は十分に国民主権、基本的人権、平和主義を無効化する恐ろしい内容だが、それでもまだ足りないとさえ考えているのである。
 安倍政権が憲法改正に動き出せば、この国は確実にこれまでとはまったく違う国へと変貌する。だからこそ、それを阻止するために野党は共闘という手段に打って出ているのだ。言わば、この国はそれほどまでに、安倍首相によってギリギリのところまで追い詰められている。改憲の先兵たる稲田政調会長は、これからも耳障りのいい話ばかり吐きつづけるだろうが、そんな見え透いたウソにはどうか騙されないでほしい。
(水井多賀子)






長勢 甚遠(ながせ じんえん、1943年10月3日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の元衆議院議員(7期)。
法務大臣(第78代)、内閣官房副長官(第3次小泉改造内閣)、法務副大臣(第2次森改造内閣)等を歴任。
2013年11月、秋の叙勲にて旭日大綬章を受章

2006年6月、日本共産党の機関紙しんぶん赤旗に、統一教会の集団結婚式(天宙平和連合祖国郷土還元日本大会)へ祝電を送ったと報じられた。

日本精神科病院協会政治連盟からの政治献金を巡り、有利な国会質問を行い、返金した政治献金を再度受領しているとされる問題や、自身が相談役を務めていた(問題発覚後に辞任)外国人研修生受け入れ団体「富瀋国際事業協同組合」の依頼で長勢事務所が査証発給状況を法務省入国管理局に照会し、その見返りとして同組合から献金を受けていた問題が明らかになった。





この宗教も昔はマトモな主張をされていたようですが、これも“お芝居”だったんですかネ。



(健康になるためのブログ )さん
http://健康法.jp/archives/18598





日本を八百長戦争に持っていきたい勢力は、八百長選挙によって、八百長政権を確立し、八百長法案を成立させることで、国家・国民を死滅させようとしているようです・・・




(新ベンチャー革命)さん
http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/36024222.html
なぜ、日本で選挙不正が蔓延しているのか:日米同盟を逆手にとって、日本を韓国同様の徴兵制国家にしたい勢力からの強い圧力があるからと知れ! 

新ベンチャー革命2016年6月28日 No.1415

タイトル: なぜ、日本で選挙不正が蔓延しているのか:日米同盟を逆手にとって、日本を韓国同様の徴兵制国家にしたい勢力からの強い圧力があるからと知れ!

1.今の日本において民主主義の根幹を成す選挙の開票集計は決して公明正大なものではない!

 本ブログでは今、日本に蔓延する選挙不正問題を取り上げています(注1、注2、注3)。ネットでも7月の参院選に向けて選挙不正の話題が頻繁に取り上げられています。

 選挙のプロセスをみると、開票集計機メーカーの選挙屋・ムサシがその気になればさまざまな手口の不正が可能であるとわかります。今の選挙では手作業による開票集計はなくなっており、ほとんどがムサシなどの選挙屋に開票集計作業が丸投げされています。ムサシは開票集計機を自治体に高く売りつけると同時に、投票された後の投票用紙の管理をすべて請け負っています。まさに、選挙請負企業そのものです。彼らが機械を使って出した開票結果を自治体も国民も信用するしかないのです。今、選挙不正を追及しているネットブロガーで有名なのは小野寺氏ですが(注4)、同氏はこれまで、全国の選挙区でいくつかの不正疑惑や不正の事実を指摘しており、これらの追及から、選挙は決して、公明正大なものではないことがよくわかります。

 しかしながら、選挙請負企業のムサシなどの不正が官憲に暴かれたことはありません。

2.もっともばれにくく、もっとも効率的な得票不正の手口は立候補者ごとの得票が500票の束でシールされ、そのラベルがバーコード化されている仕組みに潜む

 上記、小野寺氏が指摘する選挙不正の手口でもっとも発覚しにくい例は、開票集計機に内蔵されるソフトの改ざんのようです。

 この機械では、立候補者ごとに仕分けされた得票用紙が500票の束にしてシールされ、束の表に得票した候補者名がバーコード表示されるようです。この状態では束の中身はチェックできず、バーコード読み取り機がないと誰の得票の束か、それを扱う作業者が特定できないようです。このバーコードは束の取扱者による不正防止の名目で採用されている仕組みですが、ムサシにとっては絶好の不正手口に利用できる仕組みに豹変します。


 したがって、開票集計機のソフトを改ざんできる人間は、簡単に不正ができます。たとえば、A候補の得票500票の束のラベルのバーコードを、A候補の得票が一定数を超えたら、B候補のバーコードにすり替えるようソフトを改ざんすれば、B候補の得票束を増やせるので自動的にB候補を当選させることができます。この500票の束を、束の取扱者が絶対に不正できないよう完全にシールしておけば、もう自治体職員はシールを破って確認することはできません。

 以上からわかるように、開票集計を機械化するということは不正を暗に認めているに等しいのです。


http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/36018659.html
英国の国民選挙は不正のできない手作業で開票集計されているのに、日本はムサシの開票集計機の導入を止めないどころか増やしているのはなぜか

新ベンチャー革命2016年6月26日 No.1414

タイトル:英国の国民選挙は不正のできない手作業で開票集計されているのに、日本はムサシの開票集計機の導入を止めないどころか増やしているのはなぜか

1.テレビ朝日がムサシの開票集計機についてようやく放送したようだ

 2016年6月24日、参院選開始のタイミングにて、テレ朝が選挙屋ムサシの話題を放映したそうです(注1)。

 本ブログでも、最近、選挙におけるムサシの開票集計機の問題を取り上げています(注2、注3)。

 ネットではムサシの開票集計機の改ざん疑惑が満ち溢れていますが、大手マスコミはこの疑惑をこれまでまったく取り上げてこなかったのです。しかしながら、世界に衝撃を与えた英国のEU離脱の是非を問う国民投票の開票集計が手作業で行われていると知ったテレ朝が、ムサシの機械集計問題をようやく取り上げたようです。

 自治体は当然のように、ムサシの機械購入に邁進しているようですが、開票集計を機械化すると、得票の改ざんが自由自在となることに国民はみんな気付くべきです。

 テレ朝のスタッフもネットを見ているでしょうから、ネットではムサシの開票集計改ざん疑惑が渦巻いていることを知っているでしょう。しかしながら、もし、その問題を取り上げたら、日本の大手マスコミを徹底的に監視している米国戦争屋CIAから猛烈な圧力が掛かるはずです。もちろん、彼らの傀儡である安倍官邸からも圧力が掛かるでしょう。

なお、上記、日本を乗っ取っている米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.816の注記をご覧ください。

2.英国の国民投票にて事前の予想を覆す結果が出たのは開票集計を手作業でやったから

 先日、英国で行われたEU離脱の是非を問う国民投票にて、事前のマスコミ報道の予想を覆すEU離脱という結果が出て、世界中が大騒ぎとなっていますが、本ブログの見方では、国民監視下にて手作業で開票集計が行われたからではないでしょうか。

 EUをつくったのは欧州寡頭勢力であり、英国マスコミを牛耳る彼らは、事前に、EU離脱反対派が勝つよう世論誘導を行っていました。にもかかわらず、彼らに不利な結果となったのは、英国民が手作業による開票集計を要求し、機械集計を全く信用していなかったため、開票集計の改ざんができなかったためではないでしょうか。

 この英国国民投票の結果を見て、われら日本国民もムサシによる機械集計に反対する運動を起こすべきです。もっとも、それを主導すべきは、いうまでもなく野党(民進党を含む)ですが、この問題に限って、民進党の前身・民主党も代表選にムサシを使って不正選挙をやっていますので、どうしようもありません(注2)。

 重要な選挙ほど、その結果が政府や政党に重大な影響を与えるので、権力者はいったん選挙に機械集計を導入すると、まさにヤミツキとなるのです、そして今の日本の政党は与野党問わず、ムサシの開票集計機の導入に異議を唱えません。日本共産党も、選挙運動にムサシを使っているようですから、もうどうしようもありません。さらに、ムサシの方も、各政党とズブズブの関係を構築するため、抜け目なく自民などに政治献金をやっています。

3.日本政府もマスコミもなぜ、ムサシの機械集計疑惑を追及しないのか

 ネット住人は、ムサシの機械集計疑惑にも、自民による改憲策動の対国民への隠蔽にも敏感であり、その危険性にも気付いています。自民の危険な動きの背後には、自民を傀儡化している米戦争屋CIAが控えています。その上、米戦争屋CIAは抜け目なく、日本の官憲も日本の大手マスコミも完全に牛耳っています、彼らが唯一、手を焼いているのはネット世論のみです。そのため、大手マスコミの報道とネットとの間の情報乖離が年々、ひどくなっています。

 われら日本国民が気付くべきは、なぜ、米戦争屋CIAはここまで強引に、日本の政治やマスコミに介入してくるのかと言う点です。それを知るには彼らの対日戦略に着目する必要があります。ちなみに、彼らの対日戦略は一般の日本人に対してひた隠しにされています。

4.日本を乗っ取っている米国戦争屋CIAはなぜ、次期参院選で選挙不正をさせてまで自公与党を勝たしたいのか:その対日戦略とは

 さて、それでは彼ら米戦争屋CIAの今の対日戦略とは何でしょうか、それはまず、日本の自衛隊を米軍の傭兵としてただで使い(コストは日本人の血税負担)、自衛隊を米戦争屋の仕掛ける戦争に引き摺り込むことです、そしてあわよくば、日本政府に徴兵制を強制して、自衛隊員以外の一般日本人を徴兵して米軍の傭兵としてただで活用することです。それを実現するためには、日本の平和憲法を改悪させて、日本が米戦争屋の企む戦争に参加しやすくしたいのです。しかしながら、彼らの魂胆に日本人が気付くと、みんな猛反対するのは自明ですから、この魂胆を日本人にひた隠しし、日本国民をだまして、彼らの傀儡・自民に改憲(戦争国家化)を強行させようとしているのです。

 一方、自民の親米右翼連中や日米安保マフィア連中は、米戦争屋CIAの言いなりになることで、日本において権力の座に居座ることが米戦争屋CIAに保証されているということです。彼ら自民は戦後から今日まで、米戦争屋CIAの傀儡政党であり続けていますが、野中氏や古賀氏や亀井氏など、戦中派の反戦主義者が自民党内で実権を握っていた時代、すなわち、2001年の小泉隷米政権誕生以前は、幸い、米戦争屋CIAは自衛隊の傭兵化、そして日本人の徴兵による米軍傭兵化を今ほど、強く求めていなかったに過ぎません、なぜなら、2001年以前、彼ら米戦争屋CIAは米国内で米兵を容易に調達できていたからです。

 ところが、ネットの発達で、米国民が覚醒し、米国民が反戦化して米兵の調達が思うようにできなくなったのです。さらに、タックスヘイブンの発達で米政府は税収が減り、米財政の悪化で、国防予算に余裕がなくなったのです、その結果、今の米国防総省は米軍の人員削減が不可欠となっているのです。そこで、日本を乗っ取っている米戦争屋CIAは、その穴埋めを日本人で補充する考えなのです。しかも、日本兵のコストは日本政府負担(すなわち、われらの血税で負担)ですからタダで使えます、だからこそ彼らは何としても日本人を米兵代わりに徴兵したいわけです。

 みんなこの現実に気付かないと、日本人が安易に米軍の傭兵にされてしまいます。

 今回、米戦争屋CIAに牛耳られている大手マスコミは、彼らの指令にて、参院選後、自公与党勢力を全体の三分の二以上にして改憲可能にするよう世論誘導を実施させられていますが、その先に待っているのは米軍のための日本人の徴兵制なのです、だから、その真実を知る自民幹部は改憲を参院選の争点にできないのです、みんなこの闇の真実に気付きましょう。

 最後に一言、日米同盟という名の実質的な対米隷属下での改憲ほど危険なものはありません!改憲するなら対米自立が先です。





いまやネット上では超有名な超ブラック企業・ムサシに八百長選挙のノウハウを伝授したのは、悪魔崇拝主義者で恐怖のワクチン推進論者のビル・ゲイツだったのかもしれませんナ・・・




(zeraniumの情報掲示板)さん
http://8729-13.cocolog-nifty.com/blog/2016/06/post-7db3.html
・ウィルスによる人口削減

フルフォード   最近明るみに出てきているけども、グルジアとかいろんなところで、米国の生物兵器研究所がウィルスの製造を始めているんです。そしてちょうど先週(2016年1月20日)、ウクライナで謎のインフルエンザによって200人が病気になり、20人が死亡しました。
.
ロシアによると、それはグルジアから発生したと言っています。だから今も、生物兵器はつくられているし、エボラももちろんそうです。ちなみにエボラウィルスの特許を持っているのはアメリカ政府です。(P.138のパテント参照) 普通にグーグルで「エボラ 特許権」と検索すると出て来ます。
.
船瀬   「バイオ・パテントはわしらが持っている」ということは、「わしらがつくった」ということだね。
.
フルフォード  つまり、内部の人がこういうものを出して暴露しているんです。
.
宮城   命令に従っているふりをして、実は秘かに暴露している。
.
船瀬   間違ったふりをしたりしてね。これも内部告発の一種だ。
.
フルフォード  実は私のところに日本政府の関係者から、「ジカウィルス」についての質問があったんだけど、私は「インチキです」と伝えた。私は実際に調べた。現場の医者に連絡をとって、「本当に病気があったのかどうか」事実確認をした。今はネットもあるから、騙されにくい。だから日本政府も今、ジカ熱の騒ぎには乗っていません。
.
船瀬   かつて6割というとんでもない致死性の猛毒、鳥インフルエンザ・ウィルスを入れたワクチンが世の中に出て、それをWHOが全世界に配布して人々に打つ直前までいったことがあるね。そのワクチン接種を止めたのはある医師です。彼が試しに、自分が飼っているフェレット(イタチ)にワクチンを打ってみたら、全部死んでしまった。それで驚いてWHOに問い合わせ、製薬会社に問い合わせたら・・・。
.
フルフォード   「オー、間違えた。アイムソーリー」
          それだけで、誰も責任をとらない。誰も逮捕されない。
.
宮城   責任の所在がはっきりしないようにしておいて、誰も責任をとらない。
     だから報道も、誰の責任かわからないように流す。
.
船瀬   この猛毒の鳥インフルエンザ・ウィルスのワクチンがもし接種されていたら、えらいことになっていたよ。広島原爆の死者が小さいことにしか思えないくらい、何百万人もの死者が発生しただろうと言われている。
.
   同じようなことを、クリントンも認めています。
   アメリカが、アフリカの天然痘ワクチンのためにお金を出したんだけど、その中に実はHIVのウィルスが入っていた。で、この時も、「うっかり混じっていた。アイムソーリー」だ。そうやってウィルスによる人口削減をやろうとしているわけです。
.
フルフォード   ビル・ゲイツも公けの場で、「ワクチンを使って人口削減をやります」と言っている。
.
船瀬   ビル&メリンダ・ゲイツ財団でね。
.
フルフォード  私は昔、ビル・ゲイツのことをいい人だと思っていたんです。
        そしたらオラクルというCIAの会社の、今クラウド・コンピューティングをやっている会社の社長が、私のところに人を送って情報をくれた。何でも、ビル・ゲイツの自宅には死者を祭る部屋があって、そこには人間の骨がいっぱいあるという。その社長はビルと同じようなIT関連の金持ちで、ビル・ゲイツの自宅にも行ったことがある人間なので、これは非常に信憑性のある情報です。
.
船瀬   彼もやはりサタニストだ。
.
フルフォード  それで彼のことをよく調べたら、ビル・ゲイツは「大学を中退して起業して大儲けした」と言われているけども、そうではないことがわかった。彼は実はIBMのワトソン一族なんです。ワトソン一族とは優生学の人たちで、ナチ・ドイツの強制収容所の管理のシステムを請け負っていたのがIBMでした。そしてビル・ゲイツの父親はワトソン一族のかばん持ちで、彼らの右腕だった。
.
   そしてビル・ゲイツの奥さんのメリンダは、旧姓がワトソン。
   つまり、ビル・ゲイツはワトソン一族の娘と結婚して、その手土産としてIBMのパソコンソフトを手に入れたということです。

.
船瀬   アップルの創業者、スティーブ・ジョブズはビル・ゲイツを名指しで、「お前はIBMを盗んだ」と言っていたね。
.
フルフォード  誰もが思っていたのは、IBMはなぜパソコンソフトを、ただ同然でゲイツに渡してしまったのかということだった。結局、インサイダーなんです。もし私がIBMの株主だったら絶対訴えるよ。なぜなら、本来ならIBMの株主が持つべきものを全部、マイクロソフトが自分のものにしてしまったんです。結局ゲイツはこれで大儲けして、優生学の家族の一員としてその儲けたカネを今度はワクチンとか医療、優生学に使おうとしている。
.
船瀬   そして人口削減をやると言っている。
.
フルフォード  アフリカのザンビアのほうで、ゲイツ財団が「この注射をしないと子どもを殺す」と恐喝した事件があった。つまり、子どもを産めなくする不妊の注射を打つか、他の子どもを殺すかという選択。
.
船瀬  不妊ワクチンでそこまでやってることも、もうバレバレなんだね。
.
フルフォード  だから彼らは、今すごくパニくっているんです。
         ちょうど昨日、アイオワ州でヒラリー・クリントンがかろうじて勝利したと言っていた。だけどあまりにも支持率が低いのに勝てるわけがないことから、明らかに八百長をやったことがすでにバレているし、その八百長があまりに露骨すぎてもめています。
.
   そしてこの八百長に加担したのがビル・ゲイツであり、マイクロソフト社なんです。
   マイクロソフト社はこの選挙に「票集計システム」を提供していたんです。
彼らのあがきは、何とかして自分たちの側の人間を大統領の座につけないと、自分たちが大変なことになると必死なんです。
.
   パパ・ブッシュの失言があるんだけど、ある地元の記者に、「我々のやったことがアメリカ国民にバレたら、我々はすぐさま家から引きずり出されて、近くの電柱に吊るされる」と言ったという。
.
船瀬   ムッソリーニみたいに吊るされるなんて、自分たちがいかに悪いことをやってきたかわかっているわけね。うっかりしゃべったな。
.
フルフォード  そして今、パパ・ブッシュが怖れているようなことが起きようとしているんです。
.
.
       『戦争は奴らが作っている!』 ヒカルランド
        宮城ジョージ ベンジャミン・フルフォード 船瀬俊介  
.
                      抜粋

















「Juke」Little Walter

今日の1曲は、リトル・ウォルターの「ジューク」です。











ローマ法王の発言とオーランド銃乱射事件の関係は?

「イルミナティのローマ法王が、「キリスト教徒は同性愛者に謝罪するべき」だと語った」



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160627-00000021-jij_afp-int
「キリスト教徒は同性愛者に謝罪するべき」、ローマ法王
AFP=時事 6月27日(月)13時55分配信

【AFP=時事】(更新)ローマ・カトリック教会のフランシスコ(Francis)法王は26日、キリスト教徒とローマ・カトリック教会は同性愛者の人々に対してこれまでの待遇を謝罪し、許しを請うべきだと語った。
フランシスコ法王はアルメニア訪問を終えて帰国途上の機内で、ドイツ人のラインハルト・マルクス(Reinhard Marx)枢機卿がカトリック教会は同性愛者の人々への対応を謝罪する必要があると述べたことについて同意するかと記者団から問われ、次のように答えた。

「われわれキリスト教徒には、謝らねばならないことがたくさんある。今回のこと(同性愛者の待遇)に限らないが、私たちは許しを乞わなければならない。謝罪するだけでなく——許しを」

 さらに法王は「そうした状態(同性愛)の人が善良な人物で、神を求めているとしたら、その人を裁く資格が私たちにあるだろうか」と付け加えた。

 この発言は、バチカンがフランシスコ法王の下で同性愛者のコミュニティーに対し、より融和的なアプローチを取ろうとしている可能性を初めて示唆したととらえられるが、教会内の保守派からは直ちに批判の声が出ている。

 法王はまた、「カトリック教会が謝罪すべき対象は、傷つけられてきた同性愛者たちだけではない。貧しい人々や、搾取されてきた女性たち、労働を強いられてきた子どもたちにも、教会は謝らなければならない」とも述べた。【翻訳編集】 AFPBB News






私はバチカン及びローマ法王が「彼ら」に支配されていると、何度も述べて来た。
その悪魔勢力の支配下であるローマ法王が、このような発言をする。
これは何を意味するのだろうか?
私は同性愛者を批判するつもりは全くない。正直言って個人的には関わりたくはないとは思っているが、少数派の人々の権利も守ってあげるべきだろう。バイセクシャルであることを公言したルー・リードのことを何度も記事にしていることからも分かるように、優れた音楽的才能を有するミュージシャンは、性嗜好に関係なく紹介してきたつもりである。

それにしても今回のローマ法王の発言は、同性愛行為を罪としてきたバチカンの基本的な方針を覆す発言である。「彼ら」は基本的にキチ○イであり、性的倒錯者がかなり占めているのも事実であるようだ。今回の発言の最大の理由は、性的倒錯者が多数派を占めるようになった「彼ら」の上層部からの指示によるものだろう。つまりそれは、「自分たちの性嗜好は正しいのだ」という自己肯定発言を世界に公表することによって、「自分たちの性嗜好の正当性」を世間に認知させることにあったのではないのだろうか。

この発言から見えてくるのが、例のオーランド銃乱射事件である。犯人とされた人物の標的となったのがゲイ・クラブであったのは、決して「偶然」ではないでしょう。「ゲイを狙う人物及びゲイを批判する人間は間違っている=ゲイは正当な性的嗜好である」という認識を、世間に認知させたいのです。日本でも同性愛者が頻繁にテレビに登場するようになったのも、決して「偶然」ではありません。全ては「彼ら」の意図が背後に存在しているのです。オーランド銃乱射事件については、ゲイ関連以外でもイスラム国(本当はイスラエル国)に犯人が傾倒していると報道している点や不可解な点が多数存在することからも、この事件も、“いつものごとく偽旗”であることは言うまでもありません。もうアホらしくなって記事にする気も起らなくなってきましたが・・・
オーランド偽旗テロの理由は、以下の事が考えられます。

1、同性愛の正当性及びそれに反対する人間の違法性を世間に認知させること

2、イスラム国(本当はイスラエル国)傾倒者を犯人に仕立てることで、イスラム教徒の凶暴性をアメリカ人に認識させること

3、こういったヤラセ・テロを起こさせることで、国民が国民を守るための法案整備を政府に求めるように仕向けること

4、銃社会の危険性を国民に訴える格好の材料となり、銃規制法案を成立させることで、FEMAを成功させることを容易にすること




(参考記事)
(世界の裏側ニュース)さん
http://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-12171420991.html
オーランドもCIAの偽旗作戦・警察官の内部告発より





さらにローマ法王の裏の顔から今回の発言の真相を読むと、「同性愛者の権利は認めるが、同様に生贄儀式を行っている我々悪魔崇拝主義者の“権利”も認めるべきだ」といったキチ○イの主張が見えてくる。生贄の儀式に供された子供の権利はなきものとして、自分たちキチ○イの“生贄をする権利”の“正当性”は認めさせたいらしい・・・
ローマ法王を含めた「彼ら」キチ○イ勢力が生贄儀式を日常行っているのは事実である。
こういった告発は、元FBIロサンゼルス支部長でさえ公の場で発言するようになっているのだ。こういった信じがたいニュース及びその裏を知るたびに、「宗教なんてものは全く必要でないどころか、百害あって一利なしの詐欺・洗脳に過ぎない」と、改めて確信する次第である。





(日本や世界や宇宙の動向)さん
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51954621.html
2015年03月21日18:41
カナダのローマ・カトリック教の司祭がローマ法王はイルミナティの支配下にあると暴露。

http://beforeitsnews.com/new-world-order/2015/03/roman-catholic-priest-exposes-pope-francis-as-the-illuminati-antipope-video-4004.html
(概要)
3月20日付け:

カナダ、オンタリオのキングストン大司教区のローマ・カトリック教司祭は、(投稿した)ビデオの中で、確かな証拠を提示しながら、フランシスコ・ローマ法王はイルミナティに育てられ、現在もイルミナティの支配下にあると現法王を非難しました。イルミナティはバチカンを乗っ取り、完全に支配しています。

この司祭は、フランシスコ・ローマ法王が行うスピーチの原稿は全てイルミナティが作成しており、さらに、法王の重要な行事のスケジュールを全て決めていると暴露しました。

司祭はバチカンに対して我慢の限界が来ているようです。ローマ法王とイルミナティの関係を暴露したことで、キングストン大司教区は世界で最初にローマから決別するのでしょうか。難しい選択を迫られそうです。

(オンタリオのローマ・カトリック教の司祭)

たぶん、まだ決別はしないでしょう。
第二バチカン公会議(イルミナティ=フリーメーソン)は徐々にローマ・カトリックの階級機構に浸透していきました。イルミナティのオカルトによる生贄儀式がローマ・カトリックの階級機構、特に、バチカン内部で執り行われており、悪魔からパワーを得ています。
イルミナティはバチカンのトップまでも支配しているということが明らかにされましたが、キングストン大司教区にもイルミナティの影響が浸透しているのでしょうか。そのため、司祭は必要に迫られて、イルミナティとバチカンの関係を暴露することになりました。



こちらのビデオでは、イルミナティがオバマとローマ法王を育て上げ、大統領と法王に就任させたということを証明しています。





http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-526.html
イルミさん、偽旗テロは発生してから報道しないとバレちゃいますよ(笑)
「超スクープ!ローマ法王、イエズス会総長、エリザベス女王に有罪判決が下される!」


ローマ法王(フランシスコ法王、ヨハネパウロ2世、ベネディクト16世)、カナダの英国教会及びイエズス会総長のアドルフォ・ニコラスと教会職員、エリザベス女王らに、強姦、拷問、殺人そして児童の人身売買の罪で有罪判決が下されたとのことである。

7月19日に、被告である、フランシスコ・ローマ法王、イエズス会総長のアドルフォ・ニコラスそして英国教会カンタベリー大主教のジャスティン・ウェブリーは、強姦、拷問、殺人そして児童の人身売買の罪で有罪判決が下されました。


主任検察官は、カトリック教会は、世界中のマフィア、政府、警察、裁判所と結託した世界最大の犯罪組織であると述べました。
2人の若い女性は、「フランシスコ・ローマ法王は子供の生贄儀式中に、彼女たちを強姦した。」と裁判所で証言しました。


さらに8人の目撃証言によって、ローマ法王が子供の生贄儀式中に女性を強姦していたことが証明されました。2009年と2010年の春にオランダとベルギーで第9サークルによる悪魔の生贄儀式が執り行われていたとのことです。
フランシスコ法王は、バチカン関係者が提出したバチカンの公文書の記録から、アルゼンチンでカトリック司祭を務めていたときにも、子供の生贄儀式に参加していたことが明らかになっています。そこでは新生児を使った生贄儀式(新生児の血を飲むなど)が行われていました。












「Lucy Mae」Buddy Guy

今日の1曲は、バディ・ガイの「ルーシー・メイ」です。















「I Want To Be a Cowboy's Sweetheart」 Cyndi Lauper、Suzy Bogguss 、Patsy Montana

今日の1曲は、シンディー・ローパーの「I Want To Be a Cowboy's Sweetheart」です。





Suzy Bogguss のヴァージョンです。




オリジナルのPatsy Montana のヴァージョンです。















「Ex's & Oh's」 Elle King

今日の1曲は、エル・キングの「Ex's & Oh's」です。













「Real Love」The Beatles

今日の1曲は、ビートルズの「リアル・ラヴ」です。











ワレワレ協力者だけは、“約束通り”苦しむことも、傷つくこともないようにしてくれて、ありがとう

「勲章=苦ん傷?=八百長章?」



http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2016062301000890.html
デービッド・サッチャー氏が死去 日本初空襲の搭乗員
2016年6月23日 11時54分
 【ロサンゼルス共同】米メディアなどによると、太平洋戦争で日本本土を初空襲した米軍ドゥーリトル隊の搭乗員、デービッド・サッチャー氏が22日、米モンタナ州の病院で脳卒中による合併症で死去した。94歳。
 1921年7月、モンタナ州生まれ。42年4月の初空襲で、B25爆撃機で空母から飛び立ち、日本の工場地帯などを爆撃。燃料切れで中国沿岸の海洋に墜落したが、負傷した仲間を助けて中国大陸に逃れた。この体験は搭乗員の手記が原作の映画「東京上空三十秒」にも描かれた。米政府から勇敢な行為をたたえる銀星章を授与された。





戦勝国が、敵国に空襲した自国の兵士に勲章を与える。
やられた日本人の末裔としては腹立たしいことではあるが、ある意味、理解できることではある。




http://www.asyura2.com/10/senkyo91/msg/520.html
画像 情報流通促進計画より
http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005/e/01c4b5e3429b75fa4ecc03624afecc58
情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)
2010-07-27 05:50:08
日本への無差別爆撃実行者に勲一等旭日大綬章が与えられたことをご存知ですか?~実行者の名はルメイ

 冒頭の写真は、米空軍参謀総長カーチス・エマーソン・ルメイ(Curtis Emerson LeMay)に対して、勲一等旭日大綬章が与えられたことを証する表彰状だ(※1)。ウィキぃによると、【ルメイは対日作戦として、日本の都市の無差別戦略爆撃を立案した。これは前任者の精密爆撃作戦が手ぬるい(効果が薄い)と判断したことによる。すなわち、高高度からの爆撃の標的破壊率が5%に過ぎなかったためである】という人物で、当時【日本側から「鬼畜ルメイ」・「皆殺しのルメイ」と渾名された】という
 ルメイは、
1:高高度からの爆撃をやめ、低空(1,800メートル以下)からの爆撃とする。
2:爆弾は焼夷弾のみとし、最大積載とする。
3:搭載燃料を最小限とし、防御用の銃座は外す。
4:攻撃は夜間とする。
こととしたうえ、【日本の「木と紙でできた家屋」を効率良く破壊延焼する専用焼夷弾を開発した】という。
 この作戦に対しては、【当初「民間人攻撃は国際法に反する」と反対の声があがっていた。しかし「日本では民間人の居住地区でも軍需物資を作っている。それを考えれば民間人攻撃は戦略上重要なことだ。」と押し切ったという。】
 その結果、【標的となった日本の都市は、軍需工場、民間住宅地の区別なく徹底的に焼き払われ壊滅的な打撃を受け】、【焦土化作戦は東京・大阪等の大都市を焼き払った後は、地方の中小都市までが対象となった】という。

 また、【ベトナム戦争では空軍参謀長の任にあり、「(北)ベトナムを石器時代に戻してやる」と豪語して北爆を推進した】ともいう

 なぜ、このような人物に勲一等旭日大綬章が送られたのか?





敗戦国が、敵国の空軍参謀総長に勲章を与える。
これは、「普通」に考えればおかしいですよね。
「日本を焼け野原にしてくれてありがとう。国民を殺してくれてありがとう」という“感謝のしるし”のつもりですか。

この勲章の理由の一つが、ここにあります。
ただ敗戦が決まってから敵国に協力したのではなく、戦争を始める前から敵国と“協力”していたんですけどネ。




http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-1549.html
皇居や財閥ビル、軍事施設は攻撃せず、各地の空襲や広島、長崎でも三菱などの軍需工場は無傷であった
「原爆の爆発手段が空中起爆でも地上起爆でも、「本当に重要なこと」ではない。「本当に重要なこと」は、原爆の真相が日米合作の“八百長”人体実験だった、ということだ!」


第2次世界大戦の末期、すでに日本の敗戦はだれの目にも明らかであり、軍事的勝敗を決するのに、原子爆弾を使う必要はまったくなかった。終戦1年前には、アメリカは軍事要塞であったサイパン、テニアンを陥落させ太平洋上の制空権、制海権を完全に握っていた。そうして、日本の67都市をやりたい放題に空襲し、逃げまどう人人をあざ笑いながら機銃掃射で狙い撃ちにした。日本の若者たちは丸腰で米軍が待ち受ける洋上へ送り出され、潜水艦からの魚雷を受けて次次と船ごと沈められていた。戦地では武器も食料もなく、飢えと病気による死者が圧倒的であった。この泥沼の戦争で320万人もの国民が犠牲となった。

 中国との戦争ですでに敗北が決定的であった天皇を頂点とする日本支配層は、敗戦に伴う国内人民による「国体の変革」(革命)を恐れ、負けるとわかりきったアメリカとの戦争に突き進んだのである。それは、日本国民の生命を差し出し、民族の利益を売り渡してアメリカに自分たちの地位を保障してもらう残忍な道であった。そのためにわざと敗戦を長引かせて、東京空襲でも、広島、長崎の原爆投下でも直前に空襲警報を解除するなどアメリカの皆殺し作戦に晒して国民をへとへとに疲れさせ、アメリカが日本を単独占領できるよう手助けをした。アメリカは当初から天皇や財閥を「占領の協力者」とみなし、東京空襲では市民の居住区を徹底的に焼き尽くす一方で皇居や財閥ビル、軍事施設は攻撃せず、各地の空襲や広島、長崎でも三菱などの軍需工場は無傷であった。






(リテラ)さん
http://lite-ra.com/2015/11/post-1664.html
安倍政権が安保法制を押し付けたジャパンハンドラー・アーミテージに最高勲章授与! 安倍と米国の闇の関係
2015.11.09

 恒例の秋の叙勲がさる113日に発表されたが、そこには驚くべき2つの“戦争屋”の名前があった。ドナルド・ラムズフェルド米元国防長官とリチャード・リー・アーミテージ米元国務副長官だ。当日は朝からネット上で話題になっていたが、このことをクローズアップして報じた大手マスコミがほとんどなかったため、見逃した人も多かったはずだ。
 改めて言うまでもないが、この2人は「イラクに大量破壊兵器がある」との偽情報に基づいたイラク攻撃を主導した“戦争屋”コンビだ。しかも、与えた勲章がかつての勲一等に当たる「旭日大綬章」というからさらに驚く。いったい、どういう見識なのか。大手紙政治部記者が解説する。






敗戦から70年が経過しても、相変わらず、戦争法案や原発政策に“助言”し、“人工地震を含めた”環境問題にまで“影響”を与えているジャパン・ハンドラーに勲章を与える。
これも「普通」ではおかしいことではあるのだが、「普通」でないクレイジー国家にとっては、「普通」のことなのだろう・・・

「勲章=苦ん傷?」「国民を苦しめてくれて、傷つけてくれて、ありがとう」という意味か?
「ワレワレ協力者だけは、“約束通り”苦しむことも、傷つくこともないようにしてくれて、ありがとう」というのが、本当の意味なのか? なにせ「八百長」なんだもんネ。




(おまけ)

(櫻井ジャーナル)さん
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201605170000/

1959年のキューバ革命はマフィアとCIAとの関係を強めることになる。キューバやマイアミを縄張りにしていたランスキーはアメリカの好戦派と同じようにキューバの再支配を目論んでいた。

 キューバへ進出する際、ランスキーが手を組んだ相手がサントス・トラフィカンテ・シニア。キューバ革命の当時はその息子であるサントス・トラフィカンテ・ジュニアに世代交代していた。アメリカがインドシナへ本格的に軍事介入するのと並行してCIAは秘密工作を展開、麻薬取引に手を出すのだが、そのパートナーとしてランスキーやトラフィカンテ・ジュニアが重要な役割を果たした。

 グリーン・ベレー出身で、米陸軍の極秘機関「ISA(情報支援活動)」のメンバーだったジェームズ・グリッツ(通称、ボ・グリッツ)中佐によると、アメリカ政府と犯罪組織をつなぐキーパーソンはリチャード・アーミテージだった。これは「黄金の三角地帯」に君臨していたクン・サの証言に基づいている。

 その後、1980年代にニカラグアの革命政権を倒す秘密工作を展開したときには南アメリカのコカイン、アフガニスタン戦争ではパキスタンからアフガニスタンにかけてで栽培されているケシを原料とするヘロインの流通量が増大するが、いずれも黒幕はCIAとその手下であり、今では麻薬資金が世界の金融システムを支えているとも言われている。


「Savoy」Jeff Beck

今日の1曲は、ジェフ・ベックの「サボイ」です。















すばらしい新世界?

「手塚治虫が遺作「ネオ・ファウスト」に残した“本当の想い”とは」



まずは、こちらの記事から。

(スプートニク)さん
http://jp.sputniknews.com/science/20160622/2346816.html
2016年06月22日 05:48

日本の株式会社メガカリオンの学者チームが商業規模で人工血液の生産を開始するつもりだ。このプロジェクトへの投資家は探されているところだ。

2016年4月に、メガカリオンはiPS細胞から作られた人工血液製のサンプル製造に初めて成功した。現在、ドナー血液の需要の10万分の1しか会社はカバーできない。
近い将来、高齢化、つまり潜在的ドナーの不在により世界にドナー血液の不足が訪れる。さらに、輸血センターが稼動するための状況が作られていない居住区でも人工血液は使用することができると、テクノロジーの開発者は語った。




株式会社メガカリオンという企業を見てみた。

http://www.megakaryon.com/aboutus/
http://www.megakaryon.com/mission/



三菱、ハーバード大学が関係しているようである・・・
ここで紹介されていたカール・ラントシュタイナーという人物をウィキで見てみた。




カール・ラントシュタイナー(Karl Landsteiner、1868年6月14日 - 1943年6月26日)は、オーストリア・ハンガリーの病理学者、血清学者。ABO式血液型を発見した。
ラントシュタイナーはウィーンでユダヤ人として生まれた。父は、記者・新聞編集者・法学博士のレーオポルト・ラントシュタイナー(Leopold Landsteiner)。父親とは6歳のときに死別し、母ファニ・ヘス(Fanny Hess)によって育てられた。 1891年にウィーン大学で医学の学位を取得し、ドイツのエミール・フィッシャーらの下で学んだことにより化学にも精通していた。
1900年にABO式血液型を発見、翌1901年11月14日に論文を発表。なお、ラントシュタイナーが発見したのはAB型以外の3つであり、発表時点ではA型、B型、C型としていた。これにより、1930年にノーベル生理学・医学賞を受賞している。
1908年にウィーン大学の病理学の教授となり、同年ポリオの病原体、ポリオウイルスを発見した。1916年にはヘレン・ヴラスト(Helen Wlasto)と結婚し一人の息子をもうけた。その後、第一次世界大戦のため、オランダへと移った。
1922年にニューヨークのロックフェラー研究所に加わり、1937年にはラントシュタイナーとその弟子アレクサンダー・ウィーナーでRh因子を発見。この間、アメリカの国民となり、1939年に退職後も終生をニューヨークで過ごした。1943年、実験室において心臓発作で死去した。
1997年から2002年のユーロ流通開始まで発行されていた1000オーストリア・シリング紙幣に肖像が使用されていた。





血液型を発見し輸血医療の道を拓いたという“偉大”な人物は、ユダヤ人であり、ノーベル生理学・医学賞を受賞しており、ポリオウイルスを発見しており、ロックフェラー研究所に加わっていたようである。
輸血、ポリオウィルス、ワクチンというものに、改めて疑惑の念を持たざるを得ない。





http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-1043.html
血液(血球)が骨髄で造られるとするならば、これら骨のない動物の血液はいったいどこで造られているのでしょうか?
「血は骨でなく腸で造られる?白血病は癌ではない?」




http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-1105.html
血液が血管を造り、消化器を造り、最後に骨格を造る。なのに骨髄で造血している?
「嘘八百の「輸血」「献血」「造血」、そして旧約聖書レビ記7章27節の本当の意味は?」





先日記事にした手塚治虫は、原子力産業を推進しているとしか思えない「鉄腕アトム」を描いたり、2008年6月14日の岩手・宮城内陸地震の日時まで漫画で予言していたりしていた何かと不思議な人物でもあった。しかし、自らクローン人間のことを漫画に描いていた反面、こういった生命の営みを破壊する行為に対しては強い危機感を抱いていたようである。ひょっとしたら手塚治虫は、「彼ら」から未来の行動計画を聴かされていたのかもしれない。未来の地震の日時まで言い当てていたことからも、その可能性は十分にあり得ることだろう。手塚治虫は「彼ら」の未来計画を理解していたからこそ、それがいかに危険なものであるかということも人一倍理解しており、「それだけは許してはならない」という想いから、遺作となった「ネオ・ファウスト」にその想いを描いたのではないのだろうか。

この人工血液というものが本当に承認されてしまうと、血液という人間の生命体としての根幹が崩されてしまうわけであるから、人工血液を体内に宿した人間は、最早人間とは呼べない別の生命体となってしまうのかもしれないのである。
これは、人口削減計画を推進することで人類そのものを激減させ、新たな新人類を誕生させようとする「彼ら」イルミナティーの計画と合致するものではないのだろうか。
まさに手塚の危惧していたことが、実現してしまうことになるのです。
私も手塚治虫と同様に、こういった神の領域(この表現が正しいかどうかは別として)を破壊するという行為を絶対に許してはならない、と感じます。
まして「血液の闇」を見る限り、「輸血は我々一般人のための“善良なる医療行為”である」という「公式ストーリー」には疑問を持たざるを得ず、「輸血の真実」は「彼ら」が悪意を持って生み出した“悪魔の医療行為”であるとしか私には思えませんので、この「人工血液による輸血」という新たな輸血が安全とは、とても思えるはずがありません。
「血液の闇」が存在しているということを国民に周知させない状態で、この新たなる「人工血液による輸血」という新たな輸血を承認するべきではないでしょう。
国民の生命に関することなのですから、しっかりと情報を開示するべきです。
相変わらずマスゴミは「どーでもいいクズニュース」ばかりを垂れ流し続けていますが、こういった人間の生命に関する重大問題(「血液の闇」に関することも含めて)こそ、一番に国民に提起するべきではないでしょうか。芸能人のガン発覚や、都知事の公費流用問題ばかりに無駄に時間を費やすべきではありません。
あの戦争でも「本当に重要なこと」は隠されたままであるように、こういった人間の生命に関する「本当に重要なこと」も隠されたままなのです。


最後に手塚治虫の遺作となった「ネオ・ファウスト」のアニメ動画及び、NHKが製作した「手塚治虫 世紀末へのメッセージ」の動画を紹介します。
既に述べたように、手塚治虫は死の直前に、我々残された人類に警鐘を鳴らしています。
恐らく手塚治虫は「ファウスト」の小説そのままに、「彼ら」(=悪魔)に魂を売ることを条件に「成功」を手に入れた可能性が高いと感じますが、死の直前に、「彼ら」(=悪魔)に抵抗したのだと察します。
その証拠が、遺作となった「ネオ・ファウスト」に「彼ら」(=悪魔)の未来計画を暴露していることではないのでしょうか。

これが、手塚治虫が「ネオ・ファウスト」に残した“本当の想い”だったのでしょう。
「我々は手塚治虫が最期に残した警鐘に真剣に耳を傾けなければならない」と、感じます。

このまま「彼ら」の未来計画が遂行されてしまえば、現在の人間という存在は絶滅してしまうかもしれません。
この地球に生息している“人類らしき生命体”は、「彼ら」と「彼ら」の家畜と化したクローン人間のみとなってしまうかもしれません。
マイクロチップを内蔵され、人工血液が流れるクローン人間のみが、「彼ら」以外に「彼ら」の家畜として生存している未来が到来するのかもしれません。
これが、「彼ら」の未来計画書の一つであるオルダス・ハックスリーの書いた「すばらしい新世界」なのかもしれません。

こんな恐るべき未来を我々は決して受け入れてはいけないことは、言うまでもないことです。
「彼ら」は、自分たちのパペットをあらゆる国家に配置し、自由自在に操ることによって戦争を作りだし、罪のない人々を殺戮してきました。
右も左も宗教も創作してきました。
全てが自分たちに都合のいいように大衆を支配するためです。
「彼ら」は、いまだにこの支配構造に気づいていない大多数の大衆をバカにしています。
せいぜい「安倍辞めろ」ぐらいの発想しか思いつかない大衆を。
「政治家などは我々が配置したパペットに過ぎないことにまだ気づかないのか」と。

この支配構造をしっかりと理解し、「彼ら」に「NO」を叩き付けられるのは、今しかないのかもしれません。
手塚治虫の遺作である「ネオ・ファウスト」は、単なる漫画・アニメではありません。
もちろんSF映画の物語でもないのです。
もう一度言います。「「ネオ・ファウスト」に描かれているストーリーは、手塚治虫が我々・未来人に残した最期の警鐘だ」ということを、くれぐれも忘れないでください。








「People are Strange」The Doors

今日の1曲は、ドアーズの「People are Strange」です。











世界最大級の原発事故が起こっても(起こされても)、何ら学習もしない不思議の国

「クレイジー・ワールド、クレイジー・ジャパン⑤」


改めて、いや何度でも↓
https://www.youtube.com/watch?v=9BG6URzDxno


未曾有の原発事故を経験したのに・・・
いまだに被害がおさまる兆候もないのに・・・
同じ過ちは繰り返さないと誓ったはずなのに・・・
事故の本当の原因が隠されたままなのに・・・
同じ過ちを繰り返そうとしている、クレイジー・ジャパン・・・

そして竜巻、日本には竜巻が以前から発生していたのだろうか・・・
そして「人種を基準とするプロファイリングの強化を検討すべき」だとのことだ・・・





http://www.asahi.com/articles/ASJ6N4G0DJ6NULBJ00N.html?iref=comtop_8_01
40年超の高浜原発、初の運転延長認可 例外が続く恐れ
2016年6月20日21時27分

原子力規制委員会は20日、運転開始から40年を超えた関西電力高浜原発1、2号機(福井県)について、60年までの運転延長を認可した。東京電力福島第一原発事故の後、原発の運転期間を原則40年とする制度ができてから初めて。運転延長の審査の「ひな型」ができたことになり、「例外」とされてきた運転延長が他原発でも相次ぐ可能性が高い。
規制委は高浜1、2号機について、劣化しつつある一部の配管や電気ケーブルの補強や交換を条件にした上で、60年の時点でも安全機能が維持できると判断。1号機は2034年11月、2号機は35年11月までの運転を全会一致で認めた。ただ、関電はケーブルの交換など安全対策工事に3年以上かかるとみており、再稼働は早くても19年秋以降になる見通しだ。
 今の制度では、原発の運転期間は規制委が認めれば1度だけ最長20年延長できる。1、2号機の場合、経過措置で猶予された7月7日の期限までに三つの許認可を受ける必要があった。
 関電は15年3月に新基準に基づく審査を、翌月に延長認可を申請。規制委は、期限までに許認可がそろわず「時間切れ」で廃炉を迫られる事態を避けるため、他の原発を後回しにする形で今年4月に新規制基準に基づく許可を出した。重要設備を実際に揺らして耐震性を確かめる試験を先送りして、今月10日に工事計画を認可した。
 福島の事故後、電力各社は40年前後の老朽原発6基の廃炉を決めたが、35年以上の原発は高浜以外に5基ある。関電は美浜原発3号機(福井県)についても延長を申請しているが、主な審査は終わり、期限の11月末までに認可される可能性が高まっている。(北林晃治)




(リテラ)さん
http://lite-ra.com/2016/06/post-2353_2.html
NHKディレクターが原発報道への圧力を明かした! 経営委員会で原発推進の番組をつくれという指示が
2016.06.20

七沢氏は11年3月16日から元放射線医学研究所の研究官・木村真三氏と福島に向かい、原発から4キロという至近地などで土壌や植物のサンプリングを開始した。できるだけ早くサンプリングして分析し、半減期の短い放射性核種を検出するためだ。東京の通常の1200倍という強い放射線のもと、放射能汚染の独自調査を行い、ETV特集『ネットワークでつくる放射能汚染地図』を制作・放送した。これには視聴者からの問い合わせが殺到し、17もの賞を受賞するなど大きな反響を呼ぶが、今度もNHK内部の評価はまったく別のものだった。
「番組が『失速』するまでに起こった最初の出来事は、番組プロデューサーと私が2012年4月に『厳重注意』を受け、取材をともにしたチーフ・ディレクターが『注意』されたことである。理由は取材の舞台裏を綴った番組スタッフの共同著書『ホットスポット』(講談社、2012年)に私が書いた記述が『上司を批判して傷つけ、日本放送協会の名誉を毀損した』こと、そして1年前の取材で『上司に無断で立ち入り禁止地域に入った』ことであった」
 “立ち入り禁止地域に入った”とは、11年3月15日、NHK報道局長名で出された「原発周辺の避難指示地域には引き続き入らないし取材はしない」「20〜30kmの地域では、国の指示に従って屋内退避し新たな取材などには入らない」という通達に対し、著者と取材班は原発から2.5キロの地点で取材を続けていたことだ。
 当時の大手メディアにはこれと同様の内規が存在し、メディアを“現場”から、そして“事実”から遠ざけた、知る権利や報道の自由への大きな足かせだと指摘されたが、そうした状況で果敢にも“現場”に行った七沢氏が処分されてしまったのだ。また七沢氏とともにサンプリング調査を行った木村氏もまた、「情報伝達一元化」という名目で、国から統制され、研究者として自由な調査を禁じられたことで、厚生労働省直轄の研究所に辞表を出している。
 それだけではない。11年6月28日、NHK最高意思決定機関の経営委員会で、『ネットワークでつくる放射能汚染地図』が問題になった。
「その日の経営委員会の席上、視聴者対応担当の理事がインターネットでこの番組の話題が広がり、子育て世代の女性を中心に多くの反響が寄せられていることを紹介、国際日本文化研究センター教授の経営委員長代行が、原発事故の放射能汚染は国民の関心事なので『政治を変えていく』くらいのインパクトをもつ番組を作っていただきたいと要望した。するとJR九州会長の経営委員が『日本の原発54機が全部止まってしまうと、エネルギーの大危機がくる。これについてはどういう番組を作っておられるのか』と発言、鉄鋼業界出身で後の東電会長となる経営委員も『国際放送で、稼働している原発の停止について、日本はどう考えているのかを国際的なスタンダードで世論をリードできるような政治家や科学者の座談会のような番組を作ってもらえれば』と述べた」 
 事故からわずか3カ月。NHK経営委員会のなかでは、原発の危険性を指摘する番組よりも再稼働を推進する番組をつくれ、といった唖然とするような議論がかわされていたのだ。ちなみに同書では匿名だが、“JR九州会長”とは当時代表取締役会長で現在は相談役の石原進氏、そして“鉄鋼業界出身で後の東電会長”は川崎製鉄出身で現在は東電会長の数土文夫氏だ。




(みんな楽しくHappy♡がいい♪)さん
http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-4659.html
未だ原因わからず 東海第二原発放射性廃液漏れ「どこからどうやって漏れてるの?」〜定期的に堰内にたまった汚染水を回収します

東海第2原発で放射性廃液漏れ
2016年6月2日 デイリースポーツ
2日午後2時55分ごろ、茨城県東海村の日本原子力発電東海第2原発で、廃棄物処理棟の室内に液体がたまっているのを作業員が確認した。原電によると、確認された液体の量は約750リットルで、1リットル当たり37万ベクレルの放射性物質が検出された。作業員の被ばくや、建屋の外への放射性物質の漏えいはないという。

 原電などによると、処理棟には液体廃棄物の入ったタンクの中の気体を処理する装置があり、液体はこの装置を囲む地下1階の堰内にたまっていた。地下2階でも少量の水たまりが見つかった。1日夕の点検時には漏えいはなかったという。




廃液がどこから漏れているかもわかっていない。
だからどうして漏れているのかもわからない。
つまり、原因がわかっていない。
なので、対策は定期的に溜まった水を回収するしかない。



えぇーっ!!



6月2日 1リットル当たり37万ベクレルの放射性物質がある廃液約750リットル漏れる
4日後の6月6日 原子力規制委員会が「原因を究明するよう」伝える。
8日後の6月10日 日本原子力発電株式会社「現在、原因を調査中です」



今日は18日後の6月20日原因はまだわかっていないようだ…(調査結果の資料いくら探しても見つからず)




http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-4655.html
石坂浩二が「原子力が必要です」とキッパリ言う。テレビCMにビックリ!
「原子力エネルギーが必要だ」と、石坂浩二がテレビに出てきて突然話しだすCMに遭遇した。
ものすごく驚いた!
その動画を探してみた。

石坂浩二ってこういう人だったんだ d(*ゝω・)ネッ!

電力の安定供給のためには原子力、火力、再生可能エネルギーによるエネルギーミックスが必要だと考えます。
エネルギーを考えることはこの国のこれからを考えること。






http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-388.html
知事は日本にとってよろしくない。いずれ抹殺する。
「日本政府は震災の8日前、2011年3月3日に津波が来ることを知っていた」


「日本政府は2011年3月3日に津波が来ることを知っていた」、こう語るのは、前双葉町町長の井戸川 克隆氏である。
これはどういうことだろう。日本政府はアメリカまたはイスラエルから「東北に人工地震を起こすぞ」という事前通告を受けていたことに違いない。そうでなければ、気象予報のように事前に津波の発生を感知できるはずがない。
そして政府及び東京電力・東北電力・日本原燃は、このことを隠蔽し、“さも知らなかったふりをして”地震・津波の日を迎えたのである。
東北の人々に避難勧告もしないで、見殺しにしたのである。
もちろん、最大の犯罪者は人工地震を起こした奴らなのは言うまでもないが、それを事前に知っていて、何の対策も示さなかった政府及び電力会社関係者は同罪である。
井戸川氏もこれだけの発言をされるからには、「裏付けされる確固たる証拠」が存在するに違いない。そうでなければ、とてもじゃないけれど、こんな発言はできないはずである。
国民の税金でオバマと寿司を食べて、“TPP交渉をしたふり”をして、国家国民をアメリカに売りわたそうとしている安倍自民党も許すことはできないが、震災当時、政権を握っていた菅民主党も決して許すことができない。
この世界に“善良なる神”が存在するのならば、お前らは間違いなく地獄に叩き落されるだろう。

ところで、この井戸川氏が「政府の原発放射能汚染報道の嘘」を海外マスコミに告発している。
悲しいかな我が国の“売国マスゴミ”は全く取り上げていない。
併せて、前福島県知事の佐藤栄佐久氏が当時、「佐藤氏が東電の情報隠蔽を告発した復讐として、“不正な土地取引がある”という事件をでっち上げられて、知事辞職に追い込まれた」という告発をしている動画(ドイツの放送局である)を紹介する。
正しい行いをした人間が罰せられ、悪行を行なった人間が何の裁きも受けずにのさばっているというこの国の現状に思いやられるが、私は「最後に正義は勝つ」と、信じたい。





http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2016062001002190.html
岩手・奥州で竜巻か、建物に被害 プレハブ横倒し、10軒前後
2016年6月20日 22時18分

 20日午後6時20分ごろ、岩手県奥州市水沢区佐倉河で「プレハブが横倒しになっている」「トタン屋根が宙に舞っている」などと110番が相次いだ。市によると付近で少なくとも10軒前後の建物被害が確認され、県警などは竜巻といった突風による被害とみている。けが人の情報はない。
 県や県警によると、横倒しになったのはプレハブの物置と確認され、ほかにビニールハウスが飛ばされたり、民家のガラスが割れたりした。水沢署が被害状況を詳しく調べている。
 盛岡地方気象台は、岩手県内陸で竜巻などの激しい突風が発生したとみられるとして、竜巻注意情報を出した。





http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2016062001002025.html
皇太子ご夫妻が岩手訪問 8カ月ぶり、復興状況視察
2016年6月20日 19時57分

皇太子ご夫妻は20日、東日本大震災の発生から5年が過ぎた被災地の復興状況を視察するため、東北新幹線で岩手県を訪問された。1泊2日の日程で、宮古市の宿舎では、達増拓也知事らから現状について話を聴いた。21日は被災者を励ますほか、震災遺構として一般公開されている「たろう観光ホテル」なども見て回る。
 ご夫妻が東北の被災地へ足を運ぶのは、昨年10月に日帰りで福島県を訪問して以来で約8カ月ぶり。岩手県をそろって訪れるのは、釜石市で被災者を見舞った2013年11月以来となる。




http://jp.reuters.com/article/usa-election-trump-idJPKCN0Z60LA
2016年 06月 20日 16:20
米国は人種に基づくプロファイリング強化検討すべき=トランプ氏

[19日 ロイター] - 米大統領選で共和党候補指名が確実となったドナルド・トランプ氏は19日、フロリダ州オーランドの銃乱射事件を受け、人種を基準とするプロファイリングの強化を検討すべき、との見解を示した。
同氏はCBSの番組で、イスラム教徒の米国人に対する警察による行動調査の強化を支持するかとの質問に対し国家として、プロファイリングというものを検討しはじめるべきだと思う。イスラエルなどの国々はこれを行い、成功している。プロファイリングの概念は大嫌いだが、常識を活用しはじめなければならないと述べた。
トランプ氏は昨年12月、カリフォルニア州でイスラム教徒の米国人と妻が14人を殺害した事件の後も、同様の発言をしている。













豊かな音楽的感性を持った粋な「OLD SOCK」 ERIC CLAPTON

「OLD SOCK」ERIC CLAPTON


2013年のエリック・クラプトンのアルバムである。
タイトルは、英国のスラングで「老人」「老いぼれ」という意味だそうだ。
アルバム発売当時68歳、現在71歳のクラプトンにすれば、そういった心境になってもおかしくはないだろう。実際クラプトンは、ギターを弾くことが困難であると発表したらしい。
しかし、今年の7月で80歳となるバディ・ガイはまだまだ元気である。
クラプトンも、まだまだ頑張ってほしいものである。

本作は、クラプトンがこれまでの人生を振り返って、影響を受けた名曲の数々をカヴァーした内容である。クラプトンと言えばブルースの印象が強いわけだが、本作は、レゲエ、ジャズ、カントリー、ソウル、ロックと、ブルース以外の曲で構成されており、改めてクラプトンの幅の広い音楽性が感じられる。
特に印象深いのは、レゲエナンバーが3曲も含まれていることである。
「ファーザー・オン・ダウン・ザ・ロード」は、タジ・マハールとネイティヴ・アメリカンのギタリスト、ジェシ・エド・デイヴィスの共作である。レゲエのリズムと同様に、歌詞も心温まるラヴソングである。
「ティル・ユア・ウェル・ランズ・ドライ」は、ピーター・トッシュの曲である。「井戸が枯れるまで、水のありがたさは分からない」と歌う。この曲の原曲は、オーティス・レディングもカヴァーした、ウイリアム・ベル作の「ユー・ドント・ミス・ユア・ウォーター」だろう。
「ユア・ワン・アンド・オンリー・マン」は、オーティス・レディングの自作曲である。 原曲は重厚なソウルナンバーだが、クラプトンは軽いレゲエナンバーにアレンジしている。クラプトンがこの曲を取り上げてくれたことは嬉しいが、オーティスの原曲の方がダントツに優れていることは、言うまでもない。

これら以外の曲も実に味があって、ほのぼのとした温かい構成となっている。
「どの曲も素晴らしい」と思う反面、「クラプトンはやっぱりブルースでないと」と感じるのも、正直なところである。私にとってクラプトンはあまり思い入れの少ないミュージシャンであるのだが、私がクラプトンを偉大であると感じるのは、彼の音楽的嗜好及びその音楽活動の軌跡による部分が大きい。世間でよく言われるそのギタープレイの技術云々よりも、多くのロックファンに、“黒人ブルースの素晴らしさ”及び“黒人ブルース・ミュージシャンの偉大さ”を広く浸透させた功績は大であると、個人的には感じる。

アメリカ南部を旅したときにメンフィスの公園で行われていた無料ライヴを体験し、そこで知りあった白人のオッチャンと“熱いブルース談義”をしたのだが、そのオッチャンの一番のお気に入りがクラプトンだった。そのオッチャンに奢ってもらったビールは格別に美味かった。オッチャン元気にしてますか? あの時はありがとう!
クラプトンと言えば、あのブルース好きのオッチャンを思い出す私である。






評点:80点






10種類の特殊効果撮影【フォトスタジオピモ】


ウエディングアイテムドットネット











いつまでも元気でイキイキ!愛犬用の抗酸化サポートサプリメント。





「If I Only Knew」Tom Jones

今日の1曲は、トム・ジョーンズの「If I Only Knew」です。




















「One Word (Peace)」 The Subdudes、Joe Cocker

今日の1曲は、サブデューズの「One Word (Peace) 」です。



ジョー・コッカーのヴァージョンです。

















「Jump & Wave」John King

今日の1曲は、ジョン・キングの「Jump & Wave」です。

















「JAMAICAN MAN」DANCEHALL DIVAS

今日の1曲は、DANCEHALL DIVAS の「JAMAICAN MAN」です。




















トランプがエスカレーターを下るシーンも同じであるだけでなく、トランプが右手を上げ、次に左手の親指を立てるところまで同じなのである

「アメリカ大統領選挙=魔女と野獣の猿芝居②」



勝手いいます独り言日記さんからの情報だが、以前私が書いたように、改めてアメリカ大統領選挙というものが猿芝居だということが証明されている動画を紹介する。

トランプに関するシンプソンズのアニメは以前記事にしたが、その時はトランプやヒラリーが過去のシンプソンズのアニメに登場している程度の認識しかなく、ここまで細かい“演技指導”がされていたということまでは理解していなかった。
2000年のアニメだが、トランプの服装(背広やネクタイの色)も、ヒラリーの服装(紫色の服やネックレス)も、「2015年の現実世界」と全く同じなのである・・・
さらに、トランプがエスカレーターを下るシーンも同じであるだけでなく、トランプが右手を上げ、次に左手の親指を立てるところまで同じなのである・・・
さらには、女性がポスターを落とすところも同じなのである・・・
さらにさらには、後方にセキュリティーの男性が二人いるところまで同じなのだ・・・


「偶然」でしょうか?

この事実から言えることは、「シンプソンズのアニメ制作者とトランプ及びヒラリーを操っている勢力(=「彼ら」)が同じである」ということだ。
トランプとヒラリーは、「彼ら」に服装の色や、手の上げ方及び順番までの細かい演出までも命じられている、「完全なパペット」であることの証明である。

名前は出しませんが、「トランプはユダ金と対決している善なる人物だ」などとほざいている、某有名陰謀論者さんに言いたい。

あなたはこの事実を知っても、相変わらず従来の主張を繰り返すつもりですか?
これでもその主張を変えないのであれば、あなたが物事を理解する能力のない救いようのないバカであるか、「彼ら」の配下の工作員のいずれかであるということが証明されたということになってしまいますよ!












http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-1492.html
「名俳優」トランプ
「アメリカ大統領選挙=魔女と野獣の猿芝居」


アメリカ大統領選挙という猿芝居も、宴たけなわである。
「美女と野獣」ではなく「魔女(ヒラリー)と野獣(トランプ)」が争っている演出がマスゴミを通して連日垂れ流され、アメリカには「大統領を選ぶ民主主義」が存在しているという「幻想」が、“幸せな大衆”の間では広まっているようである。
もちろん、この「幻想」は、あくまでも「幻想」に過ぎない。
アメリカに「大統領を選ぶ民主主義」など存在していないことは、言うまでもないことである。
「彼ら」によって完全に支配された国家に民主主義なるものがあると思うこと自体が、どうかしているのである。
アメリカ大統領選挙なんてものは、初めから結果が用意された猿芝居に過ぎない。
そもそも「彼ら」の支配下でない人物は、このストーリーの配役になることさえできないのだ。
役者は監督(=「彼ら」)に命じられるまま、自らが与えられた配役をこなすだけである。
大統領に当選する役を与えられた者は、大統領就任後も監督の「演技指導」に終生従うまでである。
役者の分際でまかり間違って配役以上の行動をとるようならば、間違いなく「死人役」を与えられることになるのである。






http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-1437.html
在任中のトランプの“大統領ぶり”を見ることはできないのだが、物語ではとにかく酷い前大統領として描かれている
「この嘘世界で発生しているあらゆる事象は、事前に計画されたものである」


イスラム国台頭、トランプ登場、911、東北震災・・・
これらに限らずこの世界で発生しているあらゆる事象は、事前に計画されたものである、
ということです。
これらを事前予告していた人物・アニメ等は、何も予言者でもなんでもありません。
単に、事前に「計画」を知っていただけのことです。
「計画」を「事前予告」する「業務」を担っていただけのことです。
「世界最大・最悪の愉快犯」に雇われて・・・





http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-1312.html
「9.11」の「公式ストーリー」を肯定している人間が、「彼ら」と敵対しているはずがないでしょう
「ドナルド・トランプの正体を探る」














皇居や財閥ビル、軍事施設は攻撃せず、各地の空襲や広島、長崎でも三菱などの軍需工場は無傷であった

「原爆の爆発手段が空中起爆でも地上起爆でも、「本当に重要なこと」ではない。「本当に重要なこと」は、原爆の真相が日米合作の“八百長”人体実験だった、ということだ!」



あれだけ原爆の空中起爆と地上起爆の論争に明け暮れていた一部のブロガーが、「何もなかった」「もうすでに解決した」とでも言わんばかりに静まり返ってしまった。
「本当に重要なこと」は言及しないまま・・・
原爆の爆発手段が空中起爆でも地上起爆でも、「本当に重要なこと」ではない。
これは、あくまでも目的ではなく手段に過ぎないのだ。

「本当に重要なこと」は、国民が絶対に知っておかなければならないことは、

原爆の真相が日米合作の“八百長”人体実験だった、ということだ!


この事実を完璧に理解しておかなければ、また同じことが繰り返される。
「過ちは二度と繰り返しません」どころか、過ちがまた再び繰り返されてしまうのだ!
何の謝罪もしないで、観光気分で、広島に訪れたアメリカの操り人形大統領。
謝罪の気持ちもないのなら、広島に来るんじゃないよ!
まぁ、謝罪という思考形態がプログラム設定されていないお人形さんに、文句を言っても仕方ないかもしれないが・・・





http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2016/06/post-5300_1.php
「オバマ米大統領は謝罪すべきだった」亀井静香衆院議員に聞く
2016年6月11日(土)06時55分
村田純一(時事通信編集委員) ※時事通信社の会員制ニュースサイト「Janet」より転載

アメリカのオバマ大統領が5月27日、被爆地・広島を訪れた。現職の米大統領としては初の被爆地訪問。当時小学生で、広島県内で原爆の「きのこ雲」を見たという衆院議員・亀井静香元金融担当相(広島6区)は、姉を被爆で亡くすという「原爆体験」を持つ。オバマ来日前は、「謝罪なき広島訪問は不要」との考えも示していた。今回のオバマの広島訪問や演説をどう受け止めたか聞いた。(聞き手=時事通信編集委員・村田純一)
「おわびと反省、具体的な言葉が無い」
――オバマ大統領来日前の記者会見で、亀井さんは「謝罪も反省もしないのであれば、広島に来ないでもらいたい」と発言していた。その後、広島を訪れたオバマ氏のスピーチをどう受け止めましたか。
亀井 逆に聞くが、オバマ大統領は何をしに広島に来たと思いますか。
――(2009年に「核なき世界」を提唱した)「プラハ演説」を行ったこともあり、いつかは広島に来て核廃絶の訴えを示そうと思ったのでは。
亀井 「核廃絶」というなら、「核兵器はよくない」と思っているわけでしょう。
――政権末期のレガシー(遺産)づくりではないかとも思いますが。
亀井 一方では、オバマ大統領自身が核開発関連予算をどんどん増やして、核兵器をどんどん強化している。
――実際、オバマ政権で核削減は進んでいないと指摘されています。
亀井 では何をしにオバマ大統領は広島に来たと思いますか。
――米大統領として謝罪まではできず、言葉では表せなかったが、その気持ちをにじみ出そうとはした――そう感じないわけではありません。
亀井 私は、全体としてはオバマ大統領を評価しているけどね。彼は大統領になって、やろうと思ったことはやれなかった。彼は従来の米国のような、いわゆる「強い米国」として軍事力で世界を従えるということに、基本的に賛成ではなかった。(だが米国が)今までやってきたことに惰性で流されていった。
 しかし、なぜ、オバマ大統領はあんな形で広島にやって来たのか。彼は間違えたと思う。どういうことかと言えば、政治家として、自分の深層心理にあるものを表現するのに、被爆者がいるところで、おわびもしない、反省もしない。そのような態度で、「自分の気持ちをよく推し量ってくれ」というのは思い上がりですよ。無礼だ。
 私は、オバマ大統領の深層心理は何かあると思っている。しかし、政治家として、それを表現できなければ、広島に来なければいい。政治家であれば、具体的な言葉と行動で表さなければ駄目だ。
【参考記事】原爆投下を正当化するのは、どんなアメリカ人なのか?
「遺族としては意味がない」
――やはり、きちんと謝罪の言葉は述べなければならないと。
亀井 そうでなければ、被害を受けた方々に、私が残虐非道なことをやった国の大統領だと見せ物として姿をさらしに来るか、それとも見物に来るのか、どっちかだ。(大統領来日前の)記者会見でも(私は)そのように言った。はっきり言って、オバマ大統領は非常に曖昧なことをやったんですよ。これに対する日本人の対応の方が悲しいよ。

http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2016/06/post-5300_2.php
――大統領歓迎ムード一色の観があった。
亀井 それが悲しい。
――被爆者は言いたいことをかなり封印したのではないか。とにかく、まずは米大統領に広島に来てもらえればいいということで。
亀井 いや、新聞にも、「何しに来たんだ」という声はだいぶ出ていますよ。被爆者が何で「よく来てくれた」と思うか。殺人者が殺された被害者の墓に来て、「すいませんでした。反省しています。おわびします」とも言わずに墓参りしてくれたって、遺族としては意味がないですね。墓参りに来るなら、そういうちゃんとした気持ちを表さないと。
――オバマ大統領の気持ちの中にそういう深層心理はあるかもしれないが、米国内には原爆使用を正当化する意見や、「謝罪は不要」との声もあり、言いたいことも言えなかった。
亀井 好意的に、彼の立場で言えば、来なかった方が良かっただろう。そんな状況で墓参りはしなさんなと。10万の人間が死んだ、墓場ですよ。
――中途半端な対応だったと。
亀井 例えば、米国が日本の首相に「真珠湾に来てくれ」と言うなら、行ってもいいと思いますよ。「宣戦布告の手続きを間違え、申し訳なかった」と。戦争にはルールがある。宣戦布告してから戦争を行うというルールを、手違いにより踏めなかった。それは「申し訳なかった」とおわびしていいし、「行くな」と言うのもおかしい。行けばいい。オバマ大統領も「申し訳なかった。おわびする」と言ってくれればいいんです。お互い素直に。
――亀井さんのように正直な意見を発言する人は意外に少ない。
亀井 いや、違う。マスコミがあおって、私のような気持ちを言えないようにしているんだよ。
――そんな雰囲気は確かに感じます。とにかく、まずは大統領が広島に来ればいいじゃないか、ということで。
亀井 何か、ハリウッドのスターが来てくれればうれしいなあ、みたいなことになっているんだ。
――米大統領だから核兵器発射のための装備も携行したし、核廃絶の言動と矛盾しているとの意見もある。演説では核廃絶の具体的手順は示さなかった。
亀井 自分で(核兵器を)拡大・強化しているじゃないですか。「核廃絶はできません。恥ずかしい」と言わなければいかんよ。
――しかし、米大統領が今まで70年以上も被爆地に来ず、ついに初めて広島の地を踏んだわけです。そのことを少しは評価することは。
亀井 ない。




(長周新聞)さん
http://www.h5.dion.ne.jp/~chosyu/kyodainaheiwadokurituyoronnokeltusyuuwo.html
巨大な平和・独立世論の結集を
新鮮な政治勢力を8・6へ
                対米従属打開に展望
      2016年6月13日付

 広島と長崎に世界史上唯一の原子爆弾が投下されてから71年目の夏を迎える。すでに日本の敗戦が決定的であった1945年8月6日と9日、アメリカは、広島と長崎に2発の原爆を投げつけて幾十万もの何の罪もない老若男女を殺戮し、街は廃墟と化した。生き残った人人にも今も癒えることのない被爆後遺症の苦しみを強いてきた。オバマ米政府は口先で「核なき世界」と欺瞞しながら、今も人類史上最大の犯罪を正当化し、核独占を続けて他国を恫喝し、より使用しやすい小型核兵器の開発に着手している。安倍政府は、その尻馬に乗って米軍のために新たな核出撃基地を増強し、武力参戦に道を開く安保法制を強行可決し、青年をアメリカの肉弾に差し出し国民の生命をミサイルの盾にする恥ずべき破滅の道を突き進んでいる。今年の8・6斗争は、原爆投下から71年たち見る影もなく腐朽衰退した対米従属政治に対し、全国民の歴史的な怒りを大きく束ねてたたかわれる。
 
 剥げ落ちた「日米安保」の欺瞞

 原爆は人類史上類を見ない大量殺戮兵器であり、それを人間の頭上に投げつけたのはアメリカだけである。そして、原爆を投げつけられたのは日本人だけである。アメリカは原爆投下について「日本軍国主義の無謀な戦争を終わらせるために必要であり、それによって日米の国民の生命が救われた」というウソと詭弁で、幾十万市民をむごたらしく焼き殺したことを正当化し居直ってきた。
 5月末、オバマが現職大統領としてはじめて広島を訪問し、わずか50分で被爆地を逃げるように立ち去った。はじめから「謝罪はしない」とクギを刺し、警官を総動員して市民を排除し、ろくに原爆資料館も見学せず、原爆慰霊碑前まで核攻撃発射を指令する装置を持ち込み、「空から死が降ってきた」などと他人事のような演説をおこない、被爆市民の歴史的体験に根ざす深い怒りを買った。
 アメリカ政府が、原爆を広島、長崎に投下した後に実際にやったのは、沖縄をはじめ日本中に米軍基地を置き、日本全土を核戦争の出撃基地にしてきたことである。オバマ政府は「核廃絶」の欺瞞の陰で、歴代政府のなかで核弾頭削減数を最低水準に抑え、今後30年間で1兆㌦を費やしてより小型の「使える核兵器」の開発に着手してきた。また、国連で提案され100カ国以上が賛同する「核兵器の全面禁止条約制定」への署名さえも拒否してきた。その口で叫ぶ「核なき世界」とは「アメリカ以外の核廃絶」であり、報復核攻撃の恐れがなく躊躇なく広島、長崎に原爆を投下した当時と同様の核の独占状態をつくり出すためでしかない。
 核兵器を廃絶するには、なによりもアメリカが核兵器の使用と製造、貯蔵、使用を禁止することを明確に宣言することが最大の近道である。
アメリカはみずからの原爆投下を謝罪し、核をもって日本から出て行け! というのが被爆地はもとより日本国民の圧倒的な声である。
 時を同じくして沖縄では、元海兵隊の軍属が20歳の女性を暴行したあげくに殺害し、ゴミのように草むらに遺棄する凶悪事件が起き、全国的な衝撃を呼んでいる。「安全保障」「日米同盟の強化」を掲げ、権力・金力を総動員して辺野古への新基地建設を強行する安倍政府と激しく攻防してきた沖縄では、71年前の沖縄戦以来の全県民の鬱積した怒りが沸き立っている。
 沖縄戦で米軍は、火炎放射器や毒ガスを使った皆殺し作戦を実行し、県民の4人に1人に及ぶ20万余の人人が逃げ場もなく殺された。戦後は、銃剣とブルドーザーによって島の主要部を力ずくで奪い取り基地にとって変えた。施政権返還後も、今日に至るまで強姦でも殺人でも無罪放免という屈辱的な植民地支配のもとに置かれてきた。数数の屈辱的な事件は、米軍が今に至るまで、侵略者・占領者として傲慢に振る舞っていることを突きつけている。

 安倍政府は尖閣問題や北朝鮮のミサイル問題を口実に、アメリカの指図のもとに近隣諸国への対立を煽り、南西諸島に自衛隊配備を急ぎ、いつ戦火を交えてもおかしくない事態を作っている。沖縄の現実は、日米安保条約が決して、日本を守るためではなく在日米軍を保障し、日本国民の生命と安全を踏みにじるものであることを赤裸裸に暴露している。「安保」と核攻撃基地があるから、戦時には真っ先にミサイルが飛んでくる。「安保を破棄すべきだ」「アメリカは基地を持って帰れ!」の世論が全島を席巻している。
 このたたかいは、日本の命運のかかった課題であり、本土との連帯を強めて発展している。

 新たな侵略の為の殺戮 原爆投下の目的

 第2次世界大戦の末期、すでに日本の敗戦はだれの目にも明らかであり、軍事的勝敗を決するのに、原子爆弾を使う必要はまったくなかった。終戦1年前には、アメリカは軍事要塞であったサイパン、テニアンを陥落させ太平洋上の制空権、制海権を完全に握っていた。そうして、日本の67都市をやりたい放題に空襲し、逃げまどう人人をあざ笑いながら機銃掃射で狙い撃ちにした。日本の若者たちは丸腰で米軍が待ち受ける洋上へ送り出され、潜水艦からの魚雷を受けて次次と船ごと沈められていた。戦地では武器も食料もなく、飢えと病気による死者が圧倒的であった。この泥沼の戦争で320万人もの国民が犠牲となった。
 中国との戦争ですでに敗北が決定的であった天皇を頂点とする日本支配層は、敗戦に伴う国内人民による「国体の変革」(革命)を恐れ、負けるとわかりきったアメリカとの戦争に突き進んだのである。それは、日本国民の生命を差し出し、民族の利益を売り渡してアメリカに自分たちの地位を保障してもらう残忍な道であった。そのためにわざと敗戦を長引かせて、東京空襲でも、広島、長崎の原爆投下でも直前に空襲警報を解除するなどアメリカの皆殺し作戦に晒して国民をへとへとに疲れさせ、アメリカが日本を単独占領できるよう手助けをした。アメリカは当初から天皇や財閥を「占領の協力者」とみなし、東京空襲では市民の居住区を徹底的に焼き尽くす一方で皇居や財閥ビル、軍事施設は攻撃せず、各地の空襲や広島、長崎でも三菱などの軍需工場は無傷であった。
 アメリカが原爆投下を急いだのは、戦後世界で優位に立つうえで、ヤルタ会談にもとづいて参戦したソ連を脅しつけて、天皇を頭とする日本の支配層を目下の同盟者に従えて日本を単独で占領支配するためであった。1500隻の艦船と五五万もの兵士を送り込み、地形が変わるほどの艦砲射撃を加えた沖縄戦も、日本本土を占領し中国、アジア支配の戦略のために、日本全土を公然とした核基地にするためにおこなわれた。そして、日本全土に米軍基地を張り巡らし、「民主主義」を装って日本の富をアメリカが強奪できる支配構造にとって変えた。そのことは戦後の全経験が証明している。
 今日、地震列島に54基もの原発を林立させ、福島原発事故が起きても「コントロールしている」とうそぶいて再稼働させたり、東北や熊本被災地の放置、食料自給を投げ捨てて国の富と経済的主権をまるごとアメリカ資本に売り飛ばすTPPの推進、大企業だけがもうけるアベノミクスのツケを国民に転嫁する増税などの惨憺たる暴走政治に行きついた。第2次世界大戦と原爆投下から始まったアメリカの植民地隷属支配のもとで、日本は政治、経済、文化の全面にわたってデタラメな社会となり、多くの人人が「貧乏になって戦争がはじまった」という戦前と重ねて戦争反対の意志を強めている。















「Thank You」 Boyz II Men

今日の1曲は、Boyz II Men の「Thank You 」です。























「Sexy Girl」Snow

今日の1曲は、スノーの「セクシー・ガール」です。
















どちらにしても、八百長だったのだ!!!

「アメリカの、アメリカによる、アメリカのための占領国家、日本」


まずは、こちらの動画をどうぞ↓



スノーデンの情報によると、「特定秘密保護法はアメリカのアイディア」だそうだ。
理由は、NSA(アメリカ諜報局)が日本の諜報活動をうまく活かせるためだとのことだ。
またTPPが日本国家のための条約ではなく、アメリカ多国籍企業のためのものであることは、言うまでもないことである。
そして日本の最高意思決定機関は、国会ではなく、日米合同委員会である。
ということは、日本が中国や韓国等と戦争に向かわされるとしたら、それは日本の意思ではなく、アメリカの意思ということになる。
これまた“昔も今も戦争が自国のためでない八百長である”ことの証明である。
アメリカの、アメリカによる、アメリカのための占領国家、日本の証明でもあるのだ。

原爆が空中起爆か地上起爆かということで、真実告発系のブロガーの間では、論争というか、最早、ののしり合いの痴話喧嘩となっている今日この頃ではあるが、そんなことより問題なのは、「戦争が八百長である」という重大事実を度外視して論じていることである。
従来通り空中起爆であるならば、この国の支配者が裏でアメリカと共謀して原爆をアメリカに落とさせたのであり、地上起爆であるならば、この国の支配者が裏でアメリカと共謀して原爆の地上起爆を自ら実行したということである。

どちらにしても、八百長だったのだ!!!

2・26がヤラセであり8・15もヤラセであることが証明されているわけだから、あの戦争が八百長であったのは、紛れもない事実であるのだ。
「この事実を声高に唱えることなく、焦点のぼけた痴話喧嘩に明け暮れるべきではない」と、私は言いたい。
ちなみにアメリカといっても、別に国自体に問題があるわけではないのですよ。
アメリカ国家を支配しているキチ○イ勢力である「彼ら」が、諸悪の根源なんですよ。
私は、個別のアメリカ国民を恨んでなんていませんよ。くれぐれもお間違いなく。





(植草一秀の『知られざる真実』)さん
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2016/06/post-0717.html
2016年6月13日 (月)
政治弾圧冤罪ねつ造事案がまた一つ増えた

昨日の東京有楽町マリオン前でのTPP批准阻止に向けての街頭アピールには、休日の中、多くの主権者に参集賜り、深く感謝の意を表したい。

TPPは「私たちのいのちとくらし」に直結する重大問題であり、参院選の最重要争点であるが、一般的にはその重要性が十分に認識されていない。

その理由としてTPPという名称が内容を伝えない、一種の記号である点を指摘できる。

TPPの内容を端的に示せば

いのちよりお金の条約

国民より大資本の条約

日本よりアメリカの条約

と言うことができる。


TPPに参加してしまうと、日本のことを日本の主権者が決められなくなる。

これがもっとも根源的で重大な問題だろう。

そして、

日本の医療制度が破壊され、

安心して食べられる食糧の生産と消費者の選択権が破壊され、

労働者の処遇悪化と身分不安定化、

がもたらされる。


日本の主権者にとっては

百害あって一利なし

の条約である。


日本の政治家、政治集団、政党は、二つに分類することができる。

第一のグループは、グローバルに行動する強欲巨大資本の利益を追求するグループ。

第二のグループは、日本の主権者の利益を追求するグループ。

この二つに分かれている。

実権を握っているのは前者だ。

それが自公政権であり、安倍政権である。

グローバルに行動する強欲巨大資本の利益を追求するグループが、いま、何よりも重視しているのがTPPである。

TPPこそ、日本社会を、グローバル強欲巨大資本=多国籍企業が丸呑みにするための最終兵器なのだ。

したがって、政治家、候補者、政党、政治集団の本質を掴むには、

TPPへの賛否を問うのが何よりも分かりやすい。

参院選では、TPPへの賛否を確認して、候補者や政党が、どちらの側に立つ勢力であるのかを判定して投票先を決定するべきである。

日本のすべてを多国籍企業に献上してしまうのか。

それとも、日本を多国籍企業の侵略から守るのか。

TPPへの賛否に、その基本が鮮明に表れるのだ。





(田中龍作ジャーナル)さん
http://tanakaryusaku.jp/2016/06/00013837
日本はなぜ、「戦争ができる国」になったのか 著者・矢部宏治
2016年6月13日 09:25

(太字は田中龍作の勝手な解釈)
 日本がアメリカの属国に過ぎないことを改めて認識させられる著作だ。「日本はなぜアメリカのために戦争をするのか?」を明快に解き明かしてくれた。
 国権の最高機関は国会ではない。日本の最高意思決定機関は「日米合同委員会」なのである。同委員会の所在地は「ニュー山王米軍センター(通称・ニュー山王ホテル)=東京都港区」。
 ここで毎月、同委員会が開かれる。米軍のエリート将校と霞が関の高級官僚が35の部会に分かれて、日米の軍事問題を中心に協議する。
 日本の憲法を機能停止に追い込んでしまう重大な取り決めが交わされる(実際は押し付けられる)こともある。
 1953年9月29日に合意した取り決めは ―
「日本の当局は所在地のいかんを問わず(=場所がどこであろうと)合衆国軍隊の財産について、捜索、差し押さえ、または検証を行う権利を行使しない」
 米軍機が墜落すると米軍が現場を封鎖し、日本の警察や消防は手出しできない。米軍が好き勝手にできる法的根拠は、この取り決めに由来するのである。


日本はアメリカの戦争に協力してきたが、自衛隊が国外に出て戦うことだけは拒否することは許されてきた。
これまで「指揮権密約」つまり「米軍が日本の軍隊を自由に指揮するための密約」について議論されることはほとんどなかった。
 だが昨夏、安保法制をめぐる議論のなかで、それはあぶり出された。自衛隊は米軍の指揮下に置かれ行動するのである。
 第1回目の「指揮権密約」は吉田茂首相が1952年7月23日、極東軍司令官、駐日米国大使との間で結んだ。日本独立からわずか3か月後のことである。
 吉田首相は「有事の際に単一の司令官は不可欠であり、現状の下でその司令官は合衆国によって任命されるべきである」ということに同意した。
 63年を経た昨年、安保法制が成立。上記は現実のものとなったのである。
 「自衛隊が日本の防衛とはまったく関係のない場所で、米軍の指示のもと、危険な軍事行動に従事させられる可能性」や「日本が自分で何も決断しないうちに、戦争の当時国となる可能性」は飛躍的に高まった。

  ~終わり~


















「Get Down On It」Louchie Lou & Michie One

今日の1曲は、Louchie Lou & Michie One の「Get Down On It」です。



















「Clandestino」 Manu Chao

今日の1曲は、マヌ・チャオの「クランデスティーノ」です。
「クランデスティーノ」とは、「非合法」転じて「不法移民」のことを指しています。
マヌチャオは、不法移民の立場でこの曲を歌っています。
トランプの移民排除政策などは、許せないものなのでしょうね。




















「Here, There and Everywhere」The Beatles、Emmylou Harris 「Do You Know Where You're Going To」Diana Ross

今日の1曲は、ビートルズの「Here, There and Everywhere 」です。
ホンモノのポール作です。やっぱり、ホンモノがいい。




エミルー・ハリスのカヴァーです。



ところで、昔懐かしい(歳がバレル(笑))この曲に似てるような・・・



はい、ネスカフェのCMです。クリープを入れないコーヒーなんて・・・(汗)

この曲は、ダイアナ・ロスの「Do You Know Where You're Going To 」です。




テンプレート説明

このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。
背景はスライドショーになっています。

◎プラグイン説明

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。
←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。
このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

※最上部メニューバーの上に隙間がある方

最上部のメニューバーの上にFC2検索バー用のスペースを設けています。
検索バーを表示しない設定にしている方は、cssの最上部メニュー.MegaMenuの中にあるtop:27pxをtop:0に変更してください。

◎背景スライドショー説明

random : 1, // ランダム 0:オフ 1:オン
transition : 1, // 0:単純画像切替 1:フェード 2~7:移動 8:ページ更新毎に切り替え
transition_speed : 1000, // 画像間の切替時間
slide_interval : 3000, // 1枚毎の画像停止時間
slides : [
{ image : '画像URL' } // 画像の追加・削除はここ

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れません。