2016年04月の記事 - 嘘八百のこの世界

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 最新トラックバック 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告
2016年04月の記事

「Sometimes it Snows in April」 Prince

今日で4月も終わりですね。
今日の1曲は、先日他界したプリンスの「Sometimes it Snows in April」です。











初めての方にも安心してお試しいただけるよう「返金保証」等、5大特典付!


「Old Time Lovin」Al Green

今日の1曲は、アル・グリーンの「オール・タイム・ラヴィン」です。

















「Tell It Like It Is 」Aaron Neville

今日の1曲は、アーロン・ネヴィルの「Tell It Like It Is 」です。



















何が日本の文化大使だ! 日本の文化とイルミナティの文化をはき違えるんじゃないよ!

「日本の文化を知らない日本人、日本の文化を理解している外国人」




(リテラ)さん
http://lite-ra.com/2016/04/post-2191.html
ピーター・バラカン「ベビーメタルはまがい物」発言はおかしくない! ベビメタ批判・経歴がタブーの音楽業界
2016.04.27

先日発売したアルバム『METAL RESISTANCE』が4月23日付の米ビルボードアルバムチャートで初登場39位となり、坂本九以来の快挙とも報道されているBABYMETAL。同じく今月3日には、イギリスのウェンブリー・アリーナ(約1万人キャパの大会場)でのワンマンライブも成功させ、まさに、クールジャパン・Kawaii Cultureの伝道師となっているわけだが、そんなBABYMETALを批評したピーター・バラカン氏がSNSを中心に大炎上に巻き込まれている。
 25日放送の『モーニングCROSS』(TOKYO MX)にコメンテーターとして出演したバラカン氏は、司会者がBABYMETALの世界での活躍を紹介したあとにBABYMETALに関するコメントを求められると、笑いながらクビを横に振り「世も末だと思っています」と発言。また、「日本の文化大使じゃないかと思うんです」という他のコメンテーターの意見にも笑いながら「いやー、そうあっては困るなぁ」と返していた。
 その番組を見ていたBABYMETALのファンがバラカン氏のツイッターアカウントに〈ニュースクロス、ピーター・バラカン含め誰一人ベビメタの事を知らなかった感じ、バラカンも見た目だけでコメントした感じ、ラジオも聞いていたので残念・・歳とると先入観や固定観念で決めつけてしまう。自分もいずれはそうなるのかなw〉とリプライ。それに対し、バラカン氏が〈番組の前からメディアを通じて少しは耳にしていましたが、ぼくは全く評価できません。先入観ではありません。あんなまがい物によって日本が評価されるなら本当に世も末だと思います〉と返したことから炎上が始まった。
 その後、バラカン氏のツイッターにはBABYMETALのファンから〈ライブ映像はご覧になりましたか? ぜひ映像をご覧になってからどこをまがい物と感じるか説明していただけませんか?〉〈器の小さい男だなって思った。まがい物と言われようとも結果として世界で評価されてるから本物だろう〉〈誰かいい耳鼻科紹介してあげて〉などというリプライが殺到した。
 確かに、「まがい物」「世も末」という表現はファンにとってはキツ過ぎると感じるかもしれないが、それにしても、バラカン氏の発言はあくまで音楽批評の範疇を出るものではない。






まず「このBABYMETALというのは一体何なんだ」と思い、動画を見てみた。
この動画のショッカーの戦闘員のような服を着ている者もこの動画のコンサートに来ているファンも、イルミナティ・サインをしている。恐らく、ほとんどのファンも、このグループも、このサインが何を意味しているかを全く分からずにしているのだろう。
そしてこの動画にも、ピラミッドと目玉という“おなじみのイルミナティのシンボル”がふんだんに使用されている。明らかにこのBABYMETALというグループは、イルミによって作られたあやつり人形の一つである。

ところでピーター・バラカン氏のことをよく知らない人のために、バラカン氏のことを簡単に紹介しておきます。
バラカン氏は、“売れている”音楽ばかりを主に紹介している大多数の日本の音楽評論家の中で、そのミュージシャンの曲が売れているかいないかといった判断基準を度外視し、単純に「自分がいい」と思った音楽のみを紹介し続けている「本物の音楽評論家」なのです。
名前こそ出さないが、昔は、大袈裟なメロディーラインを強調し、売れ線の音楽ばかりを歌っている外国のロック・バンドのことを「産業ロック」と名付けて批判していたくせに、数年前から、産業ロックであろうとヘビメタであろうとアイドルであろうと、「“売れてる”ミュージシャンはすべて良し」と言わんばかりに、その時代時代の“売れている”ミュージシャンを、節操なく何でもかんでも紹介している“商売上手な”某有名音楽評論家とは、大違いである。

バラカン氏は、ヘビメタどころかレッド・ツェッペリンもプログレも、ほとんどと言っていいぐらい紹介しない。
ましてやマドンナやレディ・ガガやテーラー・スウィフトのような“大衆迎合型のイルミ歌手”などを紹介することは、絶対と言ってない人物なのだ。
先日デヴィッド・ボウイの死亡ニュースが流れた時も、自分の受け持ちのラジオ番組でボウイの曲は1曲しかかけず、同時期に他界したオーティス・クレイを数曲かけたのだ。
はっきり言って、好みでないボウイの曲など1曲もかけたくないのだ」というのが、バラカン氏の本音だろう。
また後日他界したダン・ヒックスについては、番組で、まるまる特集したのだ。

私には、“星 一徹のように頑固一徹な音楽評論家”であるバラカン氏の心の声が聞こえてくる。

いくらメシのためとはいえ、自分が好きでもない音楽を紹介しなければならないのなら、こんな仕事はいつでも辞めてやる」と。

BABYMETALがどういったグループか以前に、ロック、ブラックミュージック、ジャズを始めとした深い音楽知識を有しているバラカン氏に対して、この程度のレベルのグループについてのコメントを求めるという愚行を行なった人間に、「一体、あんた何を考えてるの?」と、言ってやりたい。
この私でさえ、AKB等のつまらん歌手についてコメントを求められたら、ついムカッと来るだろう。「このグループがいいか悪いか以前の問題だ、つまらん質問をするな!」と。

バラカン氏も、思っただろう。

この私を一体誰だと思っているんだ、レッド・ツェッペリンについて訊かれるだけでもイラッとするのに、何がBABYMETALだ。今までろくな音楽も聴いた事のないあんたなんかに音楽に関するコメントなどされたくもない。私の聴いている音楽について少しでも学んだ上で、少しはマトモな質問をしてこい」と。

BABYMETALを日本の文化大使などと思っているバカから質問を受けるバラカン氏が、気の毒である。
何が日本の文化大使だ! 日本の文化とイルミナティの文化をはき違えるんじゃないよ!
こんなバカな日本人なんかより、よほどに外国人のバラカン氏の方が「本当の日本の文化」を理解していることは、言うまでもないことです。







「うつくしい・・・」というような“統一教由来の美辞麗句”を好んで用いる輩を、信用してはいけません。

「悪事を起こす際、事前映像や事前予告を残す習性を持つキチガイども」



まずは、こちらをどうぞ↓



昨年から熊本を舞台とした映画『うつくしいひと』を製作していたらしい・・・



http://natalie.mu/eiga/news/164554
橋本愛&高良健吾、行定勲監督の熊本PR映画『うつくしいひと』に出演
2015年11月2日 12:25
行定勲がメガホンを取る熊本県のPR映画「うつくしいひと」に、橋本愛と高良健吾が出演していることがわかった。
「うつくしいひと」は、熊本へロケハンに訪れた映画監督と若い女性が出会い、小さな旅をするさまを描く作品。橋本と高良のほか、映画監督役を務める政治学者の姜尚中や、石田えり、くまモンが出演する。熊本の町並みや自然などの地域資源を活用して撮影が行われ、監督の行定や出演者も全員が熊本県出身者でそろえられている。行定は「故郷、熊本で映画を撮ることができることを大変嬉しく思っています」「他の都市でも起こりえるような普遍的な出来事をあえて熊本の風景や情緒を活かして描くことで、熊本にしかない良さが生まれ再確認できることを期待しています」とコメントを発表している。
オール熊本ロケの本作は10月16日にクランクアップを迎え、年明けにも完成する予定。その後は東京での完成披露試写会や各地の映画祭、動画配信サイトなどで公開される。




この映画の存在を知って、東日本大震災の1年前からフジテレビが企画していた『老人と放射能』というドキュメンタリーを思い出した。



http://www.excite.co.jp/News/release/20120113/Prtimes_2012-01-13-84-258.html?_p=3
この16年間“視聴者目線で作ること”を大切に制作してきました。
“ドキュメンタリーは客観であれ”と言いますが、それはまやかしだと思います。
事実はねじ曲げずに、単に記録してまとめるのではなく、
何を言いたいのかを明確にし、時には主観を入れて放送しているところが
支持されているのかなと思います。
 600回記念の作品『老人と放射能』が、ほかの震災の企画と一線を画すのは、
本来“日本の春”という企画で震災が起こる1年前から福島県浪江町で
取材を始めていた企画であるところです。
老人は非常に奇特な方で、
人のために尽くすのを信条としていましたが、お金をだまし取られ、
すべてをなくしてしまい自然だけを頼りに暮らしていた時に、
震災が起きてしまうということになります。
使用しているカメラの特性もあり、すごく自然の映像がきれいです。
あとで震災後の映像と重ね合わせるとこんな自然を失ってしまったのかと
思いますし、日本人として何が大切か考える良い機会になると思います。

この作品は、原発事故があって、こんな日本人がいたと後々人々の
記憶に残る作品だと思います。僕は、この番組をすべての日本人に捧げます」





「彼ら」は悪事を起こす際、事前映像や事前予告を残す習性を持つようである。
これらの映画やテレビ・ドキュメンタリーは、「偶然の産物」であるとのことだ・・・
恐るべき「偶然」・・・




http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-542.html
おくりびと~81~STAP細胞~午前11時3分
「3.11人工地震であきたらず、広島原爆投下の前日まで登場する“おくりびと”」


本日8月5日の夜9時より、BS・TBSテレビにて映画「おくりびと」が放映される。
この映画は第81回アカデミー賞外国映画賞を受賞している。
81は日本の国番号である・・・。
9月13日ロードショウ公開。
913=(8+1)13=8113・・・偶然でしょうか?
同じく81の日本の国番号を使用して3.11人工地震を予告した映画「オーメン」のことは記事にしたが、「彼ら」は3.11人工地震にあきたらず、広島原爆で葬られた人々まで“キレイになって,逝ってらっしゃい。”(おくりびとのキャッチコピー)と言おうとしているのか・・・。




そいれにしても、「うつくしい・・・」などといったお題目を唱える人間は、ろくな人物がいないようである。この国の首相という「任務」を与えられたお人形さんも、同じようなことを言ってましたね。





美しい国(うつくしいくに 英訳:Beautiful Country)とは、「日本国の安倍内閣が国民と共に目ざす」と宣言した国家像である。
『活力とチャンスと優しさに満ちあふれ、自律の精神を大事にする、世界に開かれた、「美しい国、日本」 』と定義されている。
安倍内閣成立後、安倍は「『美しい国づくり』プロジェクト」を提唱し、内閣官房に「『美しい国づくり』推進室」を設置した。さらに、有識者を集めた「『美しい国づくり』企画会議」を設置し、座長には平山郁夫、座長代理には山内昌之が就任した。
企画会議は2007年4月3日および5月30日の2回討議を行ったのみで、安倍内閣の総辞職が予想されたため、安倍の指示を待たず同年9月21日付で自主的に解散し、プロジェクトは終了した。会議開催や事務所設置などで費やされた経費は4900万円であった。後任の内閣総理大臣である福田康夫は、経費について質問され「会議をやっただけでそれだけというのはちょっと高すぎる。高すぎるということは無駄だということだ」と指摘した。
安倍の著書『美しい国へ』によれば、「君が代」は「世界でも珍しい非戦闘的な国歌」であるという。
『美しい国』という題名は、世界基督教統一神霊協会(統一教会、統一協会)の初代日本支部長を務めた久保木修己の遺稿集として、2004年に世界日報社から出版された『美しい国 日本の使命』にも使用されている。なお、安倍晋三の祖父の岸信介や父の安倍晋太郎は国際勝共連合会長の久保木と交遊があった事が指摘されている




http://www.kantei.go.jp/be-nippon/project/project_001.html
「美しい国」とは?

皆さんにとって、「美しい国」とはどんな国でしょうか?「日本の美しさ」とは何でしょうか? 安倍内閣では、皆さんとともに目指したい、新しい、私たちの国のかたちを、
活力とチャンスと優しさに満ちあふれ、自律の精神を大事にする、世界に開かれた、「美しい国、日本」
と考え、そして、この私たちの国の理念、目指すべき方向を

Ⅰ 文化、伝統、自然、歴史を大切にする国
Ⅱ 自由な社会を基本とし、規律を知る、凛とした国
Ⅲ 未来へ向かって成長するエネルギーを持ち続ける国
Ⅳ 世界に信頼され、尊敬され、愛される、リーダーシップのある国


と考えています。
「美しい国、日本」は、私たち一人ひとりの中にあります。だからこそ、この「美しい国、日本」を、私たち一人ひとりが創り、そして誇りをもって伝えていきたいと考えています。





これを見て、先日も紹介した記事を思い出しました。



http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-406.html
戦争は平和なり 、自由は隷従なり 、無知は力なり
「あなたはビッグ・ブラザーに見張られている、「1984」の監視社会が本格化する」


ジョージ・オーウェルが小説の「1984」から30年経過した2014年の今、静かに小説が現実に近づきつつあるようだ。小説ではビッグ・ブラザー(イルミナティと言ってよいだろう)がテレスクリーンという映像装置から国民を24時間監視している監視社会が書かれている。国家機関である「真理省」は国民に三つのスローガンを唱えていた。

戦争は平和なり
自由は隷従なり
無知は力なり




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


どうやら詐欺師は、自己の企みと正反対の言葉を好んで用いる傾向があるようですね。

戦争は平和なり・・・ はいはい、そうですか(呆れ)

「ウソつかない、TPP断固反対、ブレない」と唱えていたのは、どこのどなただったのでしょうか・・・
いくらあんたが「無知は力なり」とマスゴミを使って国民を洗脳しようとしても、いつまでも国民は騙されてはいませんよ。
詐欺師が詐欺罪で裁かれる日も、そう遠くはないでしょう。

「うつくしい・・・」というような“統一教由来の美辞麗句”を好んで用いる輩を、信用してはいけません。



10種類の特殊効果撮影【フォトスタジオピモ】


ウエディングアイテムドットネット











いつまでも元気でイキイキ!愛犬用の抗酸化サポートサプリメント。


イタリアではワイヤレス(スマートメーター)を設置するのを全面的に禁止しました。

「知らぬ間にあなたの生活を監視し、知らぬ間にあなたの身体を蝕むスマートメーター」


兎角この世は嘘だらけ。兎角この世は詐欺だらけ。
原発詐欺、シェールガス詐欺、地球温暖化詐欺等については先日紹介したが、「彼ら」の計画する極悪詐欺は、まだまだ無数に存在している。
スマートメーターも、その詐欺の一つである。
世界中でスマートメーター反対運動が巻き起こっていますが、世界最大の情報隠蔽国家であるこの国では、全くそういった動きが見受けられません。
国民は、真実から遠ざけられているのです。
ここに「この国のマスゴミが世界最大のプロパガンダ機関だ」ということが、証明されています。





(zeraniumの情報掲示板)さん
http://8729-13.cocolog-nifty.com/blog/2016/04/post-c637.html
・世界的電磁放射線汚染源「スマートメーター」

政府は2020年内までに、日本全戸にスマートメーター導入予定   

   今、世界的に電磁放射線汚染源として問題になっているものに、スマートメーターがある。スマートメーターの実態は多くの人が知らないと思われる。だから「電気メーターの交換です」と言われれば、ほとんどの人が「そうですか」と素直に交換に応じてしまうに違いない。だがいったん交換してしまったら、「自分の家や町に住めない」という多くの人が出現する可能性がある。つまり、自宅や町がさらに多くの電磁放射線で汚染されることになりかねないからだ。(略)

   スマートメーターとは、「電気の使用量を30分ごとに電磁放射線(マイクロ波)で送信する新しい電力検針器」のことだ。これは「電力量計」、「通信機能を備えた電力メーター」、「インターネットにつながった積算電力計」などとも呼ばれている。ちなみに電気の検針器だけでなく、ガス、水道に関する使用データをマイクロ波で送信する検針器もスマートメーターと呼ばれている。しかし現在、日本で問題になっているスマートメーターはほとんどが電気に関するものなので、本書で「スマートメーター」と使う場合は、電気に関することに限定する。(略)

   「スマート」とはインターネットにつながるという意味で使われており、この文字が頭につく商品がどんどん開発されている。スマートテレビもその一つだ。これまで見て来たように、無線が一番電磁放射線を撒き散らすものであり、スマートメーターが全戸に設置されるようになると、その基地局から発せられる電磁放射線(マイクロ波)は、人の住むすべての地域を覆い尽くすこととなる。(略)日本政府は2020年内までに全戸にスマートメーターを設置する予定だ。(略)(日本国内でのスマートメーター設置状況については、本書を参照ください)

各国で広がる危機意識と反対運動

   2013年7月現在で、すでに4600万台以上のスマートメーターが導入されているアメリカでは、反対運動も活発化している。カリフォルニア州では2007年に、PG&E社がスマートメーターの設置を開始したが、設置された地域で「不眠」「頭痛」「めまい」「耳鳴り」「吐き気」などを訴える人が続出した。これらの症状は、基地局の塔のある周辺の住民が訴える健康被害と一致している。スマートメーターが1ヶ所に集中して設置されたマンションでは、その階上に住む人が体調を悪化させるということも起きている。

   スマートメーターから放射される電磁放射線の安全性が大きな社会問題となり、設置の中止を求める「ストップ・スマート・メーターズ!」などの市民団体も結成されている。カリフォルニア州では51の自治体が反対を表明しており、テキサス州、ミシガン州、イリノイ州、メイン州などでも反対運動が起きている。

   なかでもミシガン州のスターリングハイツ市は、「スマートメーターの設置を拒否する選択肢が全住民に与えられるまで、スマートメーターの設置を一時中止する」と決めた。イリノイ州ではネイバービル市の市民団体が、「合理的な保護対策が行なわれるまで、スマートメーターの設置を差し止めるよう」提訴した。メイン州では同州最高裁判所で、住民が「スマートメーターの電磁放射線による健康への影響、安全性、プライバシー侵害のおそれについて調査」するよう、公益事業委員会に求めた裁判の控訴審が行なわれている。

   反対運動はヨーロッパでも起きており、オランダの経済大臣は当初、罰則を設けてスマートメーターの設置を進めようとしていた。しかし市民団体や消費者団体が導入に強く反対し、議員の大多数も強制的な設置に反対票を投じたため、大臣は設置を任意にすることに決めたという。

   イギリスでも、エネルギー担当大臣が、「設置を強制しない」と述べている。
   当初、約1兆5480万円の予算を組んで、2019年までに全世帯にスマートメーターを設置する計画だった。そしてすでに40万世帯に導入されていた。しかし電磁波問題に取り組む市民団体がスマートメーター設置に反対し、議員とともに政府に働きかけた。その結果、「強制しない」という大臣の言を引き出したのだ。


   スマートメーター設置が進み、健康被害が表面化するなか、アメリカでは医学者たちも社会に対して公式な発言を始めている。2012年4月12日、「米国環境医学会」(AAEM)は高周波電磁放射線の健康影響に関する声明を出し、スマートメーターの設置について緊急警告を発している。

   同医学会の元会長ウィリアム・J・レイ博士はは次のように述べている。
   「『ガン』『心臓疾患』『呼吸困難』そして『線維筋痛症』のような末期疾患の困難から人々を守るために、新しい科学技術を取り入れる際には、その負の影響について調査すべきである。電磁放射線や無線技術は、病気から患者を守り救おうとする医師たちにとり、疑問を持たざるを得ない最先端技術である」


40人の科学者・医療専門家が正した「ウソ情報」

   カナダの情報誌『21世紀の家』が、スマートメーターの危険性について40人の医師たちのコメントを載せた。これは2012年5月24日付、モントリオール日刊誌『ル・ドボワール』に掲載された、「ワイヤレス・スマートメーターが人の健康に与える危険性はない」という文書に対して出された反論であり、『スマートメーター 粗野なニセ情報を正す』というものだ。彼らは電磁放射線の健康影響についての、何百もの論文を共同で執筆してきた国際的な専門家たちであり、科学者と医療関係の専門家たちだ。

   問題のウソとされる文書は、ケベック州のエンジニア・物理学者のグループによって提起されたものだ。彼らは何千もの研究結果は、低レベルマイクロ波の曝露によるがんの増加を示していない」などと記述していた。これに対しカーペンター医師らは次のように非難した。


   「彼らが引用した論文のほとんどは、その多くがワイヤレス業界の資金援助による研究である。(略)そこには実験条件に重大な不備がある」「企業からの助成金によるものでない研究では、低レベルマイクロ波の長期被爆を受けている人たちに、がんの顕著な増加が見られる。少なくとも携帯電話を10年以上使用するレギュラー・ユーザーには、脳腫瘍の増加リスクが見られる」(略)

   またスマートメーターに関して次のように述べている。
   「ワイヤレス(無線)のスマートメーターは、非常に衝撃の強いパルス・マイクロ波を作る。しかしその生物学的影響は十分に検証されてはいない。それらは1000分の1秒のマイクロ波を、平均で1日に9600回、最高で1日に19万回放射し、電磁放射線強度の最高レベルは、公認された安全な電磁放射線密度よりも2・5倍高い」


   「携帯電話のマイクロ波曝露は、主に頭や首に集中しているが、それは使用時だけである。しかしスマートメーターの場合は、全身がマイクロ波に曝(さら)され、体内の臓器が過剰曝露される危険性がある」「スマートメーターは変調マイクロ波に加えて、『汚れた電気』(キロヘルツ周波数の典型的な電磁干渉)の大きな源となる」

   そして「後悔する前に安全策を」と、次のようにコメントしている。
   「現時点では低レベルマイクロ波源の、長期の健康影響に関する独立した研究はほとんどないに等しい。しかし化学物質の何十年もの毒性研究の歴史から学ぶならば、低レベルマイクロ波の長期曝露は、より深刻な被害をもたらす可能性がある」

   「多くの科学者や医療専門家が、マイクロ波の曝露を避けるために「有線のメーター」を使うなどの方法を直ちにとることを勧める理由はそこにある。我々はマイクロ波技術を全廃しろと言っているわけではない。ただこれらの技術を使う際には、良識を持ち、開発と実行においては、曝露と健康被害のリクスを減らすために最善を尽くすことを求めているのだ」

   日本の科学者や医学者たちが40人も協力して、スマートメーターに関して、このようなコメントを社会に向けて発表する時は来るのだろうか?

   米国カリフォルニア州では、2012年12月、スマートメーター設置による「電磁放射線難民」となった女性が、電力会社などを相手に1億2000万ドルを請求する訴訟を、サンフランシスコ州立裁判所に起こした。音楽家のデボラさん(当時49歳)は2011年4月、突然、キーンという高音の耳鳴りに襲われた。それは突然スイッチが入ったかのように始まった。原因は近くのマンションに設置された100個以上のワイヤレス(無線)スマートメーターではないかと疑った。

   電磁放射線曝露による急性の症状として、「皮膚を針で刺すような痛み」「筋肉の収縮・コリ・痛み」「「運動失調」「脱水症」などを経験した。そしてきっちり4時間ごと(1時、5時、9時)に「心臓に痛み」を感じた。痛みは心臓発作のように始まり、「胸の痛み」「呼吸困難」「動悸」「吐き気」「めまい」「浮腫」「しびれ」と増え、「死の恐怖」を感じたという。

   その後症状は悪化し、家の中では眠れなくなり、食事も喉を通らなくなった。
   もう自宅にいることができなくなった。そして8月についに家を出て、2600マイル(約4200km)離れたウエストバージニア州グリーンバンク市にある、国立の「無線禁止区域」まで避難することになった。(略)彼女のような人が、これから増えることは確実と思われる。



               新型複合汚染の真実
            『スマホ汚染』 古庄弘枝著  鳥影社

                          抜粋




(日本や世界や宇宙の動向)さん
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51889036.html
2013年06月28日13:08
カテゴリ
日本もスマート・メーターに騙されるな!

電力、ガス、水道メーターをデジタル式にしたスマート・メーターについて日本ではあまり話題になっていませんが。。。それでも、東電や関西電力ではスマート・メーターの導入を考えているようです。日本政府はスマート・メーターの危険性も検証せずに、電力会社に勝手にこのようなものを導入させるのでしょうか???
スマート・メーターはグローバル・スマート・グリッドの一環であり、まずは各国単位でスマート・メーターを導入させようとしているのです。誰が?・・もちろん、グローバル企業です。この場合は電力会社やガス、水道事業会社です。日本だと、電力会社だけですが。。。
なぜ、そのようなことをしようとするのでしょう。もちろん、グローバル企業がさらに利益を得たいのは確かです。ただ、私の推測ですが、スマート・グリッドを張り巡らせることで、世界中の人々を監視し統制しようとしているのではないでしょうか。
また、各家庭にスマート・メーターやワイヤレス・インターネットを設置させることで、一人ひとりをいかようにも管理することができるようになるでしょう。また、ワイヤレス・インターネットの健康被害が懸念されています。携帯電話なども、長時間使い続けることで健康被害が報告されていると聴いています。グローバル・スマート・グリッドにより、世界中の人々は完全に彼等の罠にトラップされてしまいますね。
イタリアではスマート・グリッドの導入を全面的に禁止しました。イギリス政府も1年以上、導入を延期しました。
このような構想も全てアメリカ中心のイルミナティが推進しているのでしょう。彼等はあらゆる方角からNWOを完成させようとしています。日本でもスマート・メーターに対し絶対に反対すべきです!

http://the-tap.blogspot.jp/
(概要)
6月23日付け:
UK delays all Smart meter installations by a year. Italy bans them entirely.

5月10日に、英政府はイギリス全域にワイヤレス(スマートメーター)を設置する計画を1年以上、延期しました。理由は深刻な健康被害を引き起こす恐れがあるからです。
イギリスで報道されているニュースは全てアメリカのメディアに検閲されています。通常、イギリスで報道されたニュースは全てアメリカのニュース・メディア(特にナショナル・パブリック・ラジオでは)によって同じように報道されています。しかし今回は違います。アメリカでは報道されていません。イタリアではワイヤレス(スマートメーター)を設置するのを全面的に禁止しました。この報道はアメリカメディアに検閲されました。


<スマートメーターの危険性について by 疫学者、研究者、著者のサム・ミラム氏>
http://stopsmartmeters.org.uk/
(概要)
独立非営利団体によるストップ・スマート・メーター(UK)の活動では、イギリス政府のスマートメーター計画(=グロル・スマート・グリッド・アジェンダの一環)を直ちに止めるように訴えています。我々は、ストップ・スマートメーターのキャンペーンを通して、スマート・メーターの危険性について多くの人々に知ってもらいスマート・メーターの導入に反対しています。
スマート・メーターは、電力会社や公益事業会社(ガス、水道など)がやろうとしている長期計画の一環です。インターネットを活用した電力、ガス、水道事業の運営や各家庭にワイヤレスでインターネット接続をすることは、多くの深刻な問題を発生させます。例えば、隠ぺいされた健康被害が懸念されます。また、家族のプライバシーの侵害、各家庭の財産の管理や主権の喪失、公共料金の値上がりなど、多くの危険性が文書に記述されているのです。スマート・グリッド構想は、既存の問題を解決するよりも、それ以上に深刻な問題を起こします。
現実的にみて、スマート・メーターの導入の真の目的は、電力会社や他の公益事業会社が利用者から料金を取り続けて儲けたいということなのです。我々は皆さんに、当然の人権を守るために戦い、スマート・メーターにNoを突きつけることを呼びかけています。スマート・メーターは強制ではありません。法的に皆さんはスマート・メーターを拒否することができるのです。
もし他の人々にスマート・メーターに反対するよう呼び掛けて下さるなら、ウェブサイトのパンフレットをダウンロードしてお配りください。近所の人たちや友人、知人にもパンフレットをお渡しください。そうすることで皆さんの地域の人々もスマートメーターの危険性について知ることができるのです。http://www.iemfa.org
<グローバル・スマート・グリッド地図:これは、利用者に料金を正確に請求するためのものではないのです。>





http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-406.html
戦争は平和なり 、自由は隷従なり 、無知は力なり
「あなたはビッグ・ブラザーに見張られている、「1984」の監視社会が本格化する」


確かに、『A Government of Wolves: The Emerging American Police State=狼達の政府 出現しつつあるアメリカ警察国家』で私が書いた様に、我々は、いずれもアメリカでの暮らしである警察国家における、相互接続された技術的な蜘蛛の巣の一環である、無人飛行機、スマート・フォーン、GPS機器、スマートTV、ソーシャル・メディア、スマート・メーター、監視カメラ、顔認識ソフト、オンライン・バンキング、ナンバープレート読み取り機や、ドライバー不要の自動車を特徴とする一種の『トワイライト・ゾーン』の中に入り込もうとしているのだ、そして、あらゆる新機器が、我々を厄介なワナの奥深くへと引きずりこんでいるのだ。
我々を待ち受けている“素晴らしき新世界”では、スパイされずに済む通信、追跡されない移動、人に知られない思想は存在しない。言い換えれば、どこにも逃げ隠れできないのだ。

















10種類の特殊効果撮影【フォトスタジオピモ】


ウエディングアイテムドットネット











いつまでも元気でイキイキ!愛犬用の抗酸化サポートサプリメント。



「Rock Me Baby」B.B. King, Derek Trucks & Susan Tedeschi 、B. B. King 、Muddy Waters 、JIMI HENDRIX、Otis Redding、The Doors & Albert King 、 Big Mama Thornton 、ACDC & The Rolling Stones、BB King/Eric Clapton/Buddy Guy/Jim Vaughan

今日の1曲は、ブルース・スタンダード・ナンバーの「Rock Me Baby」です。
この歌詞は、露骨な「男女間の誘い」なんです。
「Rock Me Baby Rock Me All Night Long」とは、はっきり言って「一晩中やろう」と言ってるわけです(笑)
色々なミュージシャンが歌っていますので、それぞれの味わいを感じてもらえたらと思います。
まず、B.B.キングとスーザン・テデスキーとデレク・トラックスのジョイントです。
B.B.キングとスーザン・テデスキーの掛け合いが、いかに‟際どい”ものかがご理解いただけるでしょう。



オリジナルのB.B.キングのヴァージョンです。



マディ・ウォーターズのヴァージョンです。



ジミヘンのヴァージョンです。



オーティスのヴァージョンです。



ドアーズとアルバート・キングのヴァージョンです。超レアものです。



ビッグ・ママ・ソーントンのヴァージョンです。メチャ貴重です。



ACDC & ストーンズのヴァージョンです。



最後に、B.B.キング、バディ・ガイ、クラプトン、ジム・ヴォーンのヴァージョンです。








10種類の特殊効果撮影【フォトスタジオピモ】


ウエディングアイテムドットネット











いつまでも元気でイキイキ!愛犬用の抗酸化サポートサプリメント。



「Stop Breaking Down」The Rolling Stones、Robert Johnson 、JUNIOR WELLS & BUDDY GUY、Eric Clapton

ストーンズがようやく新譜を出すそうだ。それもブルースのカヴァーだそうな。
メチャ楽しみです。


http://www.barks.jp/news/?id=1000125933
ザ・ローリング・ストーンズ、新作はブルース満載?
2016-04-06 15:25:03



今日の1曲は、「ストップ・ブレイク・ダウン」です。


オリジナルは、もちろんロバート・ジョンソンです。




ジュニア・ウェルズとバディ・ガイのヴァージョンです。



クラプトンのヴァージョンです。










10種類の特殊効果撮影【フォトスタジオピモ】


ウエディングアイテムドットネット











いつまでも元気でイキイキ!愛犬用の抗酸化サポートサプリメント。


先生、間違ってますよ。明治から現在までの“本当の日本の歴史”は、これこれこういうことなんですよ

「シェールガス~メタンハイドレート~ちきゅう~日本郵船~三菱~安倍を結ぶ、1本の“黒い線”を追う」



先日いただいたコメントをきっかけに少し調べてみると、「「シェールガス~メタンハイドレート~ちきゅう~日本郵船~三菱~安倍」と、1本の“黒い線”で繋がっているのでは?」「そしてこれらは、原発詐欺、シェールガス詐欺、地球温暖化詐欺、人工地震、八百長戦争に関係しているのでは?」と感じ、記事にすることにした。
個別にウィキより見てみる。



シェールガス(英語: shale gas、頁岩気)は、頁岩(シェール)層から採取される天然ガス(天然気)。従来のガス田ではない場所から生産されることから、非在来型[1]天然ガス資源と呼ばれる。
アメリカ合衆国では1990年代から新しい天然ガス資源として重要視されるようになった。また、カナダ、ヨーロッパ、アジア、オーストラリアの潜在的シェールガス資源も注目され、2020年までに北米の天然ガス生産量のおよそ半分はシェールガスになると予想する研究者もいる[2]。 別の研究者は、シェールガス開発により世界のエネルギー供給量が大きく拡大すると予想している[3]。ライス大学ベーカー研究所の研究では、アメリカとカナダにおけるシェールガスの生産量の増加によってロシアとペルシャ湾岸諸国からヨーロッパ各国へのガス輸出価格が抑制されると結論付けた[4]。2009年の米中シェールガス・イニシアティブにおいてアメリカのオバマ大統領は、シェールガス開発は温室効果ガス排出量を減らすことができるとの見解を示した[5]。しかしその後シェールガスの温室効果ガス排出量が、従来の天然ガスや石油よりも大きくなるとの指摘が学会から上がるようになった[6]。
シェールガスを含む頁岩は、泥岩の一種で硬く薄片状にはがれる性質をもち、粒子が細かく流体を通す隙間がほとんどないので、自然の状態では天然ガスの商用資源とはなりえない。また、貯留層が砂岩である在来型の天然ガスと異なり、泥岩に貯留することから、コールベッドメタン (CBM)、タイトガスサンド、メタンハイドレートとともに非在来型の天然ガス資源のひとつとされている。シェールガスの埋蔵エリアを資源プレイ[# 1]と呼ぶこともある[7]。資源プレイでは、ガスが発見されなかった場合の地理学的なリスクは低いが、ガスが発見され商用に成功した場合の期待利益も同様に低い。
頁岩は浸透率が低いので、商用量のガスを生産するためには人工的にガス採取用のフラクチャー(割れ目)をつくる必要がある。過去、シェールガスは頁岩層に自然にできた割れ目から採取されていたが、2000年代に入ってから水圧破砕法によって坑井に人工的に大きな割れ目をつくってガスを採取する技術が確立し、更に頁岩層に接している坑井の表面積を最大にするために水平坑井掘削技術(英語版)という技法で10,000フィート (3,000 m)もの長さの横穴を掘ることが可能となった。これらの技術進歩の結果シェールガス生産量が飛躍的に増加し、シェールガスブーム、シェールガス革命などと呼ばれるようになった。
商業的数量のガスをもつシェール層は通常有機物に富んでおり(0.5 % から 25 %)[8]、石油根源岩でもある。
2012年4月26日、朝日新聞の報道によればアメリカ地質調査所は米国中部でM3以上の地震の年間の回数が10年前に比較し約6倍になっているとしている。また2011年にはコロラド州とオクラホマ州でM5の観測史上の最大級の地震も記録された。メンフィス大学(英語版)地震研究情報センター[64]の研究者は採掘後に戻し注入された水によって断層が滑り易くなっていると考えている[65][66]。



次に水圧破砕法を見てみる。

水圧破砕法(すいあつはさいほう、英語: Hydraulic fracturing)は、地下の岩体に超高圧の水を注入して亀裂を生じさせる手法である。高温岩体地熱発電や、シェールガス・タイトオイル(シェールオイル)の採取に用いられている[1]。
天然ガスや石油の掘削の際は、特殊な砂粒(プロパント proppant)や、酸・防腐剤・ゲル化剤・摩擦低減剤などの化学物質を添加した水が使われており、フラクチャリング流体(fracturing fluid)またはフラッキング水(fracking water)とよばれる[2]。
化学物質による地下水の汚染、大量の水使用による地域の水不足の可能性、排水の地下圧入による地震発生の危険性といった問題点が指摘されている[3]。



次にメタンハイドレートを見てみる。

メタンハイドレート(英: methane hydrate)とは、低温かつ高圧の条件下でメタン分子が水分子に囲まれた、網状の結晶構造をもつ包接水和物の固体である[1]。およその比重は0.9 g/cm3であり、堆積物に固着して海底に大量に埋蔵されている[2]。メタンは、石油や石炭に比べ燃焼時の二酸化炭素排出量がおよそ半分であるため、地球温暖化対策としても有効な新エネルギー源であるとされる(天然ガスも参照。)が、メタンハイドレートについては現時点では商業化されていない。化石燃料の一種であるため、再生可能エネルギーには含まれない。

メタンハイドレートは大陸周辺の海底に分布しており、大陸から遠く離れた海洋の深部に有意な発見はない。それら分布領域における表層堆積物の特徴は、長い運搬過程を経た粒度の小さい砕屑物や鉱物粒子、火山灰などの他に有機物や有孔虫などの生物遺骸が含まれる海底泥質堆積物である。その海底面(表層)では生物活動による土壌が作られ、土壌の上に新たな堆積物が積み重なり海水の比率が減少するとともに堆積物の続成作用が働く環境となる。堆積作用により表層から埋没後しばらくは硫酸還元菌(例えば Archaeoglobus、Desulforudis など)の活動が続き、この活動している地層を硫酸還元帯という。活動時間が長い深部になるほど炭素同位体比(12C : 13C)は大きい値を示す。硫酸塩の枯渇などにより硫酸還元菌の活動が終わると、メタン生成菌の活動が活発になり、メタンと炭酸水素イオンが生成される。ここでは地層深部の圧密作用を受けメタンや炭酸水素イオンを含む水が上層へ移動し、一定の条件下で水分子のかご構造にメタンが入り込みメタンハイドレートとして蓄積される。このメタン醗酵が発生する層では 13C が炭酸水素イオンに濃縮されるため、メタンの炭素同位体比は軽く(13C が少なく)なる[5]。例えば、地球深部探査船「ちきゅう」が南海トラフ海域で採集したボーリングコア・サンプルの分析では、メタン生成菌由来であるとされている[6]。

2008年現在、日本近海は世界有数のメタンハイドレート埋蔵量を持つとされる。本州、四国、九州といった西日本地方の南側の南海トラフ[10]に最大の推定埋蔵域を持ち、北海道周辺と新潟県沖[3]、南西諸島沖にも存在する[10]。また、日本海側には海底表面に純度が高く塊の状態で存在していることが独立総合研究所[12]、石油天然ガス・金属鉱物資源機構、海洋研究開発機構などの調査よりわかっている。なお、新潟、秋田、京都など日本海沿岸の10府県による「海洋エネルギー資源開発促進日本海連合」は、「日本海側では、一部の地域における学術的な調査の実施にとどまり、開発に向けた本格的な調査・産出試験が実施されていない」として、日本海のメタンハイドレートの開発に向け、経済産業省資源エネルギー庁に予算の確保を要請しており[13]、海洋基本法に合わせて海洋政策の指針とする2013年度「海洋基本計画」では2018年度の商業化と2023年度以降の民間企業主導による商業化を目途として日本海側も調査する方針を示しており[14]、日本海側における表層型の調査を行った結果、新潟県上越沖と能登半島沖だけでメタンハイドレートを含んでいるとみられる特殊な地形をした有望な地点が広範囲に渡り225ヵ所見つかったことが2013年8月に経済産業省により発表され[15][16]、経済産業省資源エネルギー庁が2014年度に採掘調査を計画していることが発表された[17][18]。

メタンハイドレートの探索に関しては、超音波等を用いた反射法地震探査により海底擬似反射面(BSR)を捉えることが主流な手法であるが[28]、BSR以外に上越沖のような背斜構造やプレート境界、メタンシープ・メタンプルームを手がかりにする方法も提案されている[29]。

日本近海で初期に日本政府(メタンハイドレート資源開発研究コンソーシアム)によるメタンハイドレート採取の研究が行われたのは、南海トラフであった。この海域では、海底油田の採掘方法を応用して1999年から2000年にかけて試掘が行われ、調査範囲における分布状況が判明し、総額500億円を費やしたが商業化には至っていない。これは、南海トラフなど太平洋側のメタンハイドレートは、分子レベルで深海における泥や砂の中に混溜しており、探索・採取が困難を極めているからであるとされている[22]。
1990年代に設立されたエネルギー総合工学研究所の、太平洋側で砂層型メタンハイドレートの調査を行ったメタンハイドレート調査委員会で初代調査委員長を務めた石井吉徳は「採掘以外にもメタンハイドレートからメタンを取り出すためにもエネルギーが必要であり、最終的に1のエネルギーを使ってメタンハイドレートから得られるエネルギーは1に満たない。」と主張している[40][41][42]。
大気中のメタンは二酸化炭素の20倍超もの温室効果があると言われており[43]、メタンハイドレートは放置したままでも海水温の変化や海流の影響で僅かずつメタンを乖離し、そのメタンは自然と海中から大気中に放出されてしまうため、積極的に開発し、利用して温暖化効果を抑制すべきだとする意見が存在する。このメタンによる温室効果は最終的には数千兆円もの損害を与える可能性が指摘されている[43][44]。 アメリカ地質調査所等はメタンハイドレート開発によって発生するメタンのうち回収しきれずに大気中に放出されるメタンが気候変動にさらに大きな影響をもたらす可能性があることを警告している[45][46]が、前述のように開発せずに放置した場合の弊害も大きいとされる。アメリカ合衆国エネルギー省国立エネルギー研究所メタンハイドレート開発技術マネージャーのレイ・ボズウェルは特に表層型のメタンハイドレートは回収不能なメタン放出の危険性が高く、安易に開発を進めることは好ましくないとしており[47]、これはメタンハイドレートを温度を下げずに回収する仕組みを考案することで回避可能である。なおメタンの大気中の滞留期間は12年程度、二酸化炭素は5年から200年と解析方法によって差がある[48][49][50][51]。温暖化ガスに地震で放出されるメタンも考慮すべきとの論もある[52]。



次にこちらの記事より。

http://www.jogmec.go.jp/library/recommend_library_01_000016.html
モントニー地域では、JOGMECと三菱商事株式会社が出資するShale Gas Investment Canada Ltd.(SGIC社)がその子会社Cutbank Dawson Gas Resources Ltd.(CDGR社)を通じてシェールガス開発プロジェクトに参画しています。合計可採埋蔵量が、日本の天然ガス年間需要の約9年分相当と推定される本事業は、カナダ最大の天然ガス事業者Encana Corporationが主体となり推進中です。
 JOGMECは、本プロジェクトを2012年2月にCDGR社の借入金を対象とする債務保証事業として採択し、2013年1月には、SGIC社に対して資産買収出資対象事業として採択しました。2013年からはCDGR社やEncana社とともに、効率的な採掘に向けて共同研究を開始しました。
 また、三菱商事は、Shell Canada、韓国ガス公社、中国石油天然気とともに、BC州キティマット港周辺に、年間1,200万トンの液化能力を持つLNG輸出基地を建設する計画です。当該プロジェクトから産出されるシェールガスを、同輸出基地でLNG化し、日本に輸出することが期待されます。

http://www.jogmec.go.jp/library/recommend_library_01_000017.html
三菱商事株式会社は、子会社を通じてコルドバ地域のシェールガス開発事業に50%の鉱区権益を有し、事業を推進中です。JOGMECは、本事業に対し資産買収出資及び債務保証の支援を行っています。このプロジェクトには、東京ガス、中部電力、大阪ガスの他、韓国ガス公社も参入し、共同で開発に取り組んでいます。



次にこちらの記事より。

http://ww5.tiki.ne.jp/~people-hs/data/5768-2.html
『人民の星』 5768号2面 2013年3月13日付

アメリカ シェールガスで詐欺 世界から資金をくすねる策略
________________________________________
 アメリカのオバマ政府が先頭になり、アメリカの「シェールガス革命」をさわぎたてている。頁岩層にとじこめられている天然ガスの採取の画期的な技術の開発によって、アメリカが世界最大の天然ガス大国――「天然ガスのサウジアラビア」(米大統領オバマ)となり、燃料価格が劇的に安くなり、石油化学などアメリカの製造業復活のきっかけになるし、雇用も改善されると、イギリスの「産業革命」に匹敵する画期的なことであるとの宣伝である。「シェールガス革命」なるものは、衰退がいちじるしいアメリカに世界から資金をすいよせようとする詐欺まがいの宣伝である。

安倍政府は数兆円も差し出す
 シェールガス宣伝の先頭にオバマがたっている。オバマは二〇一二年年頭の一般教書演説で、シェールガス開発によって六〇万人の雇用ができるとし、「アメリカには一〇〇年近く持続可能な天然ガス供給量がある。政府はこのエネルギーの安全な開発にむけ可能なかぎりの行動をとる」と宣言している。
 米エネルギー省は昨年、アメリカでのガス供給全体にしめるシェールガスの割合が二〇一〇年に二三%におよんでいること、二〇三五年には四九%までに急増する見込みであり、二〇二〇年すぎには国内供給が消費を上まわり、純輸出国になるとの見通しをだしている。オバマは「シェールガスはわが国にエネルギー面での自立をもたらした」とさけんでいる。

三菱商事など米施設に投資
 「シェールガス革命」の宣伝のもとで、アメリカへの投資が拡大している。日本からは、大阪ガスと中部電力がテキサス州のLNG(液化天然ガス)輸出施設建設に名乗りをあげ、四四〇万㌧の輸出権益の確保をはかっている。三菱商事と三井物産は米ルイジアナ州で八〇〇万㌧、東京ガスと住友商事はメリーランド州で二三〇万㌧と、LNG基地の権益確保の交渉をすすめている。
 これらの投資で、オバマ政府の輸出認可はまだおりていない。さきの日米首脳会談で、首相・安倍はオバマに早期承認を要請した。これにあわせ安倍政府は、シェールガスの対日輸出のために官民の基金をつくり、アメリカ国内でLNG基地を建設する検討をはじめている。

シェール井は3年で枯れる
 日本でのシェールガスの宣伝は「“シェール革命”の衝撃 世界をゆるがす新資源」(NHK「クローズアップ現代」)、「アメリカに広大にねむる地下資源がアメリカの製造業を雄々しく復活させる」「いまはシェールガス・オイルを知らずして日本の未来は語れない」(『週間東洋経済』)など、いちだんとオクターブをあげている。
 こうした宣伝はまったくの人だましである。シェールガスの採取そのものはアメリカでは、すでに一九世紀なかばからはじまっている。近年まで大規模に採取がおこなわれなかったのは、既存の油田や天然ガス田にくらべコストが高いし、深刻な環境破壊が懸念されていたからである。
 既存の油田や天然ガス田は、透過性のない緻密地層がおおいかぶさっているところや原油やガスが流動できる砂岩や石灰岩のところに濃縮・貯留されている。これをほりあてると、地上に噴出するため生産性が高いし、寿命も三〇年ほどある。
 シェールガスは、透過性のすくない頁岩(シェール)のなかにとじこめられており、濃縮・貯留されていない。ガスの採取は、岩盤を破砕することで得られる。だから生産性は、既存の天然ガスの一万分の一以下であり、一つのガス井は三年ほどでかれてしまう。
 シェールガス生産の大きな転機となったのは二〇〇五年だった。そのとき約一万五〇〇〇のガス井があったが、二年後の〇七年にはそのうちの四二〇〇井が生産をおえている。いまニューヨーク州でシェールガス開発の解禁が問題となっているが、企業が申請している掘削予定のガス井は五万におよんでいる。ともかくつぎからつぎへとガス井を掘削しなければ、生産の維持ができない。
 採算にあわないことからシェールガスの掘削は一九九〇年代末までは、ガス生産の一%余りであった。シェールガスが注目されるようになったのは二〇〇〇年代にはいり、既存の陸上のガス田、海底ガス田の衰退があらわになったことと、原油価格、天然ガス価格の高騰である。

深刻な環境破壊や地震誘発
 シェールガスの採取のもう一つの壁は、大規模な生産をすすめれば深刻な環境破壊をもたらすことだった。現在、掘削につかわれている水圧破砕法は、地下二〇〇〇~三〇〇〇㍍の頁岩の岩盤まで穴をほり、そこから横穴をほって発破をかけてこまかいひびわれを拡大させ、潤滑剤やゲル化剤、界面活性剤、酸、油、放射性物質などなん百種類もの有害物質をまぜた水を五〇〇~一〇〇〇気圧の水圧をかけて頁岩を破砕し、ガスの通り道をつくる。これを十数回もくりかえす。
 こうした掘削によって、土壌や地下水は汚染され、地震を誘発する。水圧破砕につかった廃液・汚泥の汚染もある。地盤にもれだしたシェールガスが地下水にまじり、水道の蛇口でマッチをするともえるということがおきている。
 水圧破砕法はさいきん発見されたものではなく、既存の技術である。それが大規模につかわれてこなかったのは、環境破壊をまねくからである。ところが二〇〇五年、当時のブッシュ政府は「エネルギー政策法」を成立させ、環境破壊をおさえるための「水質浄化法」や「安全飲料水法」の規制からシェールガス開発をはずす措置をとった。いくら環境を破壊しても、法律でさばけないことにしたのである。

全米で広がる開発反対運動
 「エネルギー政策法」成立の中心となったのは副大統領チェイニーであった。チェイニーは大手開発企業ハリバートン社の最高経営責任者をつとめていた経歴がある。同法の成立によって、それまで中小のガス会社中心だったシェールガス開発にエクソン・モービルなどメジャー(国際石油独占体)がいっせいにのりだした。
 シェールガス開発で「画期的」だったのは、その技術ではなく、もうけ第一ですき勝手に掘削できる法改悪だったのである。
 アメリカ各地では、シェールガスの水圧破壊に反対する運動がひろがっている。昨年七月には首都ワシントンで、水圧破砕の停止をもとめ五〇〇〇人がホワイトハウスにおしかけた。五万ものシェールガス井の掘削が計画されているニューヨーク州では昨年らい、「ニューヨークを水圧破砕するな」のスローガンをかかげたデモがくりかえされている。

 「シェールガス革命」の破たんはアメリカではすでにあらわとなっている。一つは、「安い」といわれるシェールガスの価格である。シェールガスをふくめた天然ガスのアメリカ国内の価格は、現在、一MMBTU(一〇〇万英国熱量単位)三㌦を切っている。この価格は、〇八年の八㌦から暴落し、半分以下となり、生産コストを下まわっている。
 原因は〇八年秋の金融・経済恐慌による生産の低下とともに、各企業がいっせいにシェールガス開発にのりだし生産過剰になっていること、シェールガスを市場にだすパイプラインやLNG基地の整備がおいついていないことにある。価格の低迷で儲けにならないことから、一部のシェールガス田では掘削を休止させたり、行き場のないガスをもやしている。
 「シェールガス革命」がまやかしであったことはもう米欧ではあきらかになっており、オバマ政府は窮地におちいっているのである。オバマ政府は、シェールガス開発の基盤整備のために海外からの投資を必要としており、そのために日本を動員しようとしている。アメリカ言いなりの安倍政府と日本の売国独占資本は、“バスにのりおくれるな”との宣伝をやり、アメリカのシェールガスの基盤整備のために数兆円ものカネをさしだそうとしている。



次にこちらの記事より。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10140651540
原発セールスマン安倍首相について。 安倍晋三
k666koshimizuさん   2015/1/1414:58:55
原発セールスマン安倍首相について。

安倍晋三首相の兄である「安倍寛信」は三菱商事の取締役であり、この三菱商事のグループ会社である三菱重工は日本屈指の武器製造メーカーです。
そして三菱重工といえば、日本屈指の原発製造メーカーです。

そして、安倍晋三首相はこの原発をも世界各地で売り歩いています。

果たしてこれが首相と呼ばれる人間のすることなのでしょうか。




もう一度この記事を見てみると、「液化天然ガス(LNG)を運ぶタンカー(画像提供:日本郵船(株))」という日本郵船提供のタンカーの写真が掲載されています。
日本郵船を見てみます。


日本郵船株式会社(にっぽんゆうせん、Nippon Yusen Kabushiki Kaisha)は、1885年(明治18年)9月29日に創立された船会社であり、三菱商事とともに三菱財閥(現・三菱グループ)の源流企業である。1893年(明治26年)12月15日に株式会社となった。日本の3大海運会社の一つであり、戦後の株式特定銘柄5社の一つでもある。
1870年(明治3年) - 九十九商会(後の三川商会、三菱商会へ)が大阪市西区で設立。
1875年(明治8年) - 国有会社である日本国郵便蒸気船会社の経営が岩崎弥太郎に任される(三菱商会が郵便汽船三菱会社へ改称)。同年、郵便汽船三菱会社はen:Pacific Mail Steamship
2002年(平成14年) - 地球深部探査船「ちきゅう」の運用管理者に決定。マン島に子会社 Saga Shipholding Limited を設立、保有していた八隻のオープンハッチ・バルカーを同社に売却。
2012年(平成24年) - 豪ウィートストーンLNGプロジェクトへ三菱商事と東京電力と共同参画。



これらの「シェールガス~メタンハイドレート~ちきゅう~日本郵船~三菱~安倍」を結ぶ“1本の黒い線”の繋がりを調べたうえで、思い出したことがありました。


http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-155.html
人の命は誰もがみな等しい
「決して知らされない闇の日本支配構造とフリーメイソン・イルミナティの繋がり」


天皇一族は売春業者

 19世紀初頭、世界帝国を建設しようと考えた英国はアジアに対し、アヘン=麻薬を売り、アジア人に英国に対する抵抗心を喪失させ、アヘン売買の利益でアジアを支配するための兵器を買う戦略を採用する。

英国のアヘン売買の中心となったのが、銀行ジャーディン・マセソンであった。マセソンは、英国がインドでアヘンを買い付ける資金を提供し、中国、日本にアヘンを運搬する船の建設費を出し、アヘンの売り上げはマセソンの銀行口座に振り込まれ、その資金で中国、日本を攻める兵器が購入された。兵器の代金は、マセソンの銀行口座で決済された。

マセソン、中国では香港に香港上海銀行(現在の中国の中央銀行)を支店として置き、日本では東京に日本銀行=日銀を支店として創立した。日本政府の井上馨、渋沢栄一に「命令」し、ノウハウを教え、日本銀行を創立させたのは、麻薬銀行マセソンのアレクサンドラ・シャンドである。

日本の中央銀行、日銀は麻薬銀行として創立された。しかし中国と違い、日本では麻薬は売れなかった。


困ったマセソンは、福沢諭吉と天皇に相談し、日本人女性を誘拐し「売春婦」として海外に「販売」する事にした。


貧しい農村の女性には海外で豊かな生活が出来るとダマシ、良家の娘達には洋裁学校を紹介するとダマシ、天皇と三菱財閥は日本人女性を「売春婦」として、海外に売り飛ばした。

天皇と三菱の経営する船会社、日本郵船がダマサレタ女性達を売春婦として海外に運んだ。大部分が処女であった日本人女性達は、船の中で「売春婦」として教育するため、英国人水夫達に毎日、強姦輪姦された。これは天皇の「命令」である。

天皇がダマシ、売春婦として海外に売り飛ばした日本人女性の数は、50万人を超える。大くの女性は、20歳代で梅毒等の性病で死に、または刃物で自分の喉を突き刺して自殺した。

天皇一族の財産はこうして作られた。
http://alternativereport1.seesaa.net/article/50371493.html



1885年、天皇一族と三菱財閥で日本初の船舶会社

日本郵船が創立される。


明治維新により富国強兵の道を歩み始めた日本は、欧米からあらゆる兵器を購入し続けていたが、欧米への支払いに当てる資金が日本には無かった。

そこで福沢諭吉は、


「賤業婦人の海外に出稼ぎするを公然許可すべき」


という指示を天皇に与える。賤業婦人つまり売春婦として日本人女性を海外に「輸出、 売却」し、兵器購入資金を作るというプランであり、天皇一族はこのプランに飛び付き実行する。


(福沢諭吉全集 第15巻)


1900年初頭から天皇の命令の下、

「海外に行けば良い仕事があり、豊かな生活が出来る」


という宣伝が日本全国で大々的に行われた。

日本の健全な家庭に育った当時の若い女性達は天皇の言葉を信じた。

天皇一族によりだまされ「売春婦として欧米に販売された」日本人女性の数は数十万人。

大部分は健全な家庭に育った若い女性達であり、天皇は「健全な女性を売春婦」として「売却」する事で、欧米の売春業者から女性1人あたり数千円、当時普通の会社員で
あれば10数年分の給与を手に入れていた。

その金額が数十万人分=莫大な資金がこの天皇一族のサギ行為、女性の人身売買により天皇一族に転がり込んだ。 その資金の一部は戦争のための兵器購入に当てられたが、
大部分は天皇の「個人財産」として「蓄財」された。

天皇一族は自分の金儲けのために、健全な若い日本人女性をだまし、売春婦として欧米に「売却」して来た。

天皇一族は欧米の売春業者とタイアップした日本の売春業者であった。

天皇により経営される日本郵船により、欧米に「売却」された日本人女性は、1人残らず現地に着くと即座に売春宿に「連行」され監禁された。そして売春を強制された。

初めての外国であり、逃げ場も助けてくれる相手もいない。
数十万人の日本人女性が、天皇によって売春を強制された。

これが従軍慰安婦の原型である。


日本郵船の共同経営者三菱財閥もこの売春業で巨大化した。
この莫大な富を生む売春業に参加させてもらったお礼に、三菱財閥は昭和天皇の結婚後の新居を、全額三菱財閥の出資で建設する。


渋谷区下渋谷の第一御領地の「花御殿」が昭和天皇の新婚の住居であり、それは数十万人の日本人女性を「売春婦として販売した」利益で、三菱の天皇に対する「売春業参加のお礼」として建設された。

(山田盟子「ウサギたちが渡った断魂橋」 新日本出版社)。


また天皇が大株主であった船舶会社商船三井も天皇と協力し、同一の「売春婦・輸出事業」に従事する。 こうして日本人女性の「販売業者」として天皇一族が蓄積した財産は、第二次大戦後日本に進駐してきた

米軍GHQの財務調査官により調査され、当時の金額で1億ドルを超えると記録されている。

国民に対しては「自分は神」であるとしていた天皇は、女性の人身売買で金儲けし、また日清戦争、日露戦争で中国、ロシアから得た賠償金を自分の私財として「着服」していた。

戦争中全ての日本人は餓死寸前の中、軍需工場で「無給」で重労働を行っていた。
そうした重労働と日本人男性=軍人の死によって戦争によって得られた賠償金を、国民のためでなく自分の私的財産として天皇は着服し、密かに蓄財していた。

また日本軍が朝鮮、中国に侵略し、朝鮮人、中国人を殺害し略奪した貴金属は、天皇の経営する日本郵船によって日本に運び込まれ、日銀の地下金庫にある天皇専用の「黄金の壷」という巨大な壷に蓄財された。

中国、朝鮮から略奪された貴金属、そして賠償金=侵略戦争 は天皇の個人的蓄財のために行われていた。

この問題を調査したエドワード・ベアは、「天皇一族は金銭ギャングである」と吐き棄てるように語っている。

(エドワード・ベア「天皇裕仁」 駐文社)





どうやら答えが出たようですね。
この“1本の黒い線”は何も今に始まったものではなく、明治維新という名の「売国政策」によって成立した繋がりであるようです。
そして明治時代に売春業で結託していたこの古臭い腐りきった繋がりは、現在、原発詐欺、シェールガス詐欺、地球温暖化詐欺、人工地震、八百長戦争へと関係する、さらなる“恐るべき繋がり”へと「発展」したようです。
これらの「下請売国業者」のバックが誰であるかは、説明する必要はありませんよね。
学生の皆さん、先生が明治維新から戦争までの「公式ストーリー」通りの歴史の授業をしていたら、「先生、間違ってますよ。明治から現在までの“本当の日本の歴史”は、これこれこういうことなんですよ」と、教えてあげてください(笑)




10種類の特殊効果撮影【フォトスタジオピモ】


ウエディングアイテムドットネット











いつまでも元気でイキイキ!愛犬用の抗酸化サポートサプリメント。


RIP Prince

「偉大なる天才ミュージシャン、プリンス、貴方の名前と勇気ある行動は、永遠に語り継がれることでしょう」



21日、プリンスが自宅で亡くなりました。

http://www.huffingtonpost.jp/2016/04/21/prince-passed-away_n_9751184.html
プリンスさん死去、57歳「パープル・レイン」など世界的ヒット
2016年04月22日 03時20分


「パープル・レイン」「ビートに抱かれて」など数多くの世界的なヒット曲で知られるアメリカのミュージシャン、プリンスさんが4月21日、死去した。57歳。

プリンスさんの広報担当者が、ハフポストUS版に事実を認めた。アメリカ・ミネソタ州の「ペイズリー・パーク」と呼ばれるプリンスさんの自宅で亡くなったという。死因などは明らかになっていない

プリンスさんは4月14日、アトランタでのコンサート中に体調を崩して残りのツアー日程をキャンセル。15日にはプライベート・ジェットに乗っている途中でインフルエンザが悪化し、緊急着陸してイリノイ州の病院に救急搬送されていた。その後、容体が回復し、自宅に帰っていたという。



プリンスがケムトレイルについて語っていたことを、当ブログでも紹介しました。
http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-35.html
ジョージ・ワシントンの前には8人の大統領がいた!?
「プリンスが語るイルミナティの陰謀。“ケムトレイル”“歴史捏造”“アメリカは植民地であり、国民は使用人である”“オバマを信じない”“国連による宗教洗脳”」



プリンスの死は、決して「偶然」ではないと思います。
「彼ら」はジョン・レノンやジョージ・ハリソンやマイケル・ジャクソンのときと同じく、ミュージシャンが真実を語ってからしばらく日数を置いて、忘れたころに「行動」に移すのです。
音楽業界を支配している「彼ら」は、ミュージシャンが真実を語ることを許さないのです。
真実を語らず、大衆を洗脳する人形のようなミュージシャンだけが、生き残れるようにされているのです・・・
プリンスはその才能は勿論、真実を語る勇気を持った偉大なミュージシャンでした。
私がアメリカ旅行に行った際、メンフィスで出会った20代の黒人男性に一番好きなミュージシャンは誰かと尋ねたら、プリンスの名前が出て来たことを覚えています。
偉大なる天才ミュージシャン、プリンス、貴方の名前と勇気ある行動は、永遠に語り継がれることでしょう。














ウエディングアイテムドットネット











いつまでも元気でイキイキ!愛犬用の抗酸化サポートサプリメント。


3月26日から4月27日まで現在のちきゅう:「南海トラフ地震発生帯掘削計画」実施中

「南海トラフ“人工”地震に警戒を!!!」



先日も取り上げたこの記事。
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/48455

IWJさんのこの動画
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/297447

そして、コメントいただいた「ちきゅう」について改めて調べたら・・・
3月26日から4月27日まで現在のちきゅう:「南海トラフ地震発生帯掘削計画」実施中
とのことである・・・
http://www.jamstec.go.jp/chikyu/j/status/

悪魔の数字を考慮すると、4月23日、5月4日、5月13日がヤバイ・・・
2+1+6+4+2+3=18(6+6+6)
2+1+6+5+4=18(6+6+6)
2+1+6+5+1+3=18(6+6+6)

事前に「計画」をばらされると、「彼ら」も「仕事」がやりにくいだろう。
南海トラフ周辺の方は「備えあれば憂いなし」とは言わないが、警戒に越したことはないだろう。
何もなければ、それがベストなのだ。




三菱と「ちきゅう」
http://www.mhi.co.jp/news/sec1/200507294370.html
2005年7月29日 発行 第 4370 号
地球深部探査船「ちきゅう」を竣工
29日、海洋研究開発機構への引渡し式を開催


 三菱重工業は、2000年から建造を進めてきた地球深部探査船「ちきゅう」を竣工、29日、独立行政法人海洋研究開発機構(理事長・加藤康宏氏)に引き渡す。水深2,500mの海域で海底下7,000mまでの連続した地質サンプル(コア)を採取することができる世界初のライザー掘削方式※1科学調査船。引渡し後は、試験運用を経て、国際協力プロジェクト(統合国際深海掘削計画:IODP)に参加、地球科学の発展に貢献していくことになる。
 当社は同日、長崎造船所(長崎市)で、海洋研究開発機構の加藤康宏理事長の参列を得て、引渡し式を開催、当社からは、太田一紀常務執行役員が出席する。




(世界の真実の姿を求めて!)さん
http://oujyujyu.blog114.fc2.com/blog-entry-2373.html
ちきゅう号による東日本大震災の海底調査は大津波爆発説を裏付ける。

しかし

「津波プレート跳ね上がり説」を否定する意見もあった。

海溝付近ではプレートのくっつきが弱く、ひずみを普段から解放し、断層はずれないという説。

探査船ちきゅう号の調査結果は「津波プレート跳ね上がり説」を否定するものだった。

探査船ちきゅう号が、水深6900mの海底下850mまでの掘削調査を行い、
ずれ動いたとみられる層を見つけた。

ずれ動いたとみられる層は「すべりやすい粘土層」。
層の厚さは最大で5m程度。
粘土の中でも摩擦が小さく、ずれやすいスメクタイトという鉱物が多く含まれていた。


ちきゅうが調査した場所は、
ずれ動いた震源域の中でも、「とくにずれが大きい場所」
=「第二のすべり」が発生した場所(深さ7kmのプレート境界付近)
(ちきゅうは今年4~5月、宮城県・牡鹿半島沖220キロで掘削を行った。
ここは日本海溝の西側で、海底下に太平洋プレートと北米プレートの境界がある。
境界がずれ動いた震源域の中でも、とくにずれが大きい場所。)

「第二のすべり」が発生した場所は「すべりやすい粘土層」だった。
「第二のすべり」が発生した場所は、くっつきが弱く、ひずみを普段から解放していた。)


従って
ひずみが蓄積してプレートが跳ね上がり、「第二のすべり」が発生したという説は否定される。

数百年にわたって、蓄積された歪が、地震がきっかけで、一気に開放されたという説=「津波プレート跳ね上がり説」はありえない。

それでは何が、
爆発的な破壊をもたらし、
大津波を発生させ
300km上空まで、大気の波を発生させたのか?

もはや
人工的な爆発しかありえないでしょう。


http://oujyujyu.blog114.fc2.com/blog-entry-2564.html
「ちきゅう」が、掘った位置と、 4/1三重県南東沖地震の震源地が、ほぼ一致

本日(2016/04/01 11:39:06)の三重県南東沖地震地震発生地点は下図の楕円内
→北緯33.3 、東経136.4 ~ 136.5 深さ10km

そして
地球深部探査船「ちきゅう」は、その楕円内で以前に海底掘削を行っていた。
→地動センサシステム設置という目的で海底掘削をしている。

各観測点(地動センサシステム設置場所)は赤の点で表示されている。
そして
赤い点が今日4/1の地震震源地範囲の中にある。

https://www.jamstec.go.jp/donet/j/kounai/




(日本人は知ってはいけない。)さん
http://cosmo-world.seesaa.net/article/224142612.html
2011年09月03日
ちきゅう のお仕事。

世界最強の掘削船「ちきゅう」を知らない人はそう多くは無いでしょう。
3・11人工地震については、多くの記事を書いてきましたが、今日は「ちきゅう」がこの地震にかかわった可能性について考えてみたいと思います。

そもそも「人工地震」といっても、その「揺れ」の全てが作為的な物ではありません。
あくまでも条件に合った場所を選択し地震を起こす所謂「トエリガー」の役目を果たせばいい訳です。

海底にボーリング掘削を行なえば自動的に穴には周囲の海水が高圧で流れ込みます。
実にこれだけでも圧力注入された水が周りの金属と反応して原子状水素ガスが発生し、水素核融合で地震の発生に繋がります。

この考えは山本博士の主張ですが、真実に肉薄した論文を公表したために(?)短い人生を終えました。

そこに加えてイラク戦争のときに、フセインのコンクリートの岩盤で覆われた地下基地の天井さえもぶち抜いたとされる核弾頭のバンカーバスターミサイルを使って、ボーリングした海中の穴の中へ撃ち込めば、深さ30~40kmの穴は確実にあき、そこが震源地と呼ばれることでしょう。

ピンポイントに狙った東京湾北部断層が動きさえすれば、後は運動してプレートのズレによる大地震は可能となります。

ましてやボーリングされた穴を標的にさらにバンカーバスターミサイル連続発射で掘り進めるならば、余震は幾日にもわたって続きます。


何もしなくてもすでに破壊された岩盤内の水素核融合と破壊による崩落やズレもあいまって、繰り返し同一ポイントを震源とした異常地震が続くことになります。

東京湾内、海ほたるが震源地? これだけではピンと来ないと思われますが、地図上で見ると、なんと首都東京がピンポイント攻撃を受けていた驚愕の事実が見えてきます。
東京湾内では「定点地震」が繰り返し起きていました。


メディアがあえて注目せず、報道しなかった現実です。

通常のテロリスト集団が都会の真ん中のこんなに目立った場所で人目に触れず破壊工作を進めていたとは到底信じられません。

長期滞在の不審なボーリング工事を続ける国籍不明の特殊船舶や不審な潜水を繰り返すテロリストダイバー集団がいたならば、即刻、東京海上保安庁の巡視船に発見され、逮捕されて、大々的なニュースになっていたに違いありません。

何か特殊な権威や社会的事情を背景に持つ特殊船舶でなければ到底成し遂げられなかった動きです。
言いかえれば「内部犯行」の可能性を示唆している訳です。

そのような船舶を検索すると大震災の前後にここに長期滞在し、なおかつボーリング工事まで可能な巨大船舶といえば……その特定は難しくありません。


この海ほたる付近の会場に震災を前後して長期停泊していた日米主導の国際深海掘削計画の名の下で働く科学掘削船、「ちきゅう」です。

この船舶はなぜか、東北もしかり、震災前後にいつもそこにいたという隠しようのないGPS履歴による足跡がリアルタイムでネット上に残されています。


ちきゅうは日米主導と言っても実質アメリカ専属のものかもしれません。
この船で固い岩盤の(北緯35・3度 東経139・5度)をボーリングして穴を空け、純粋小型水爆を繰り返し投入してはリモート起爆し、爆破の勢いで東京湾北部断層を動かして1923年の関東大震災さえも再現しようとしていたのではないかと、うわさされています。


アリバイ工作として3・11の日には、子供たちを船内に招いて一般見学させていたようで、表向きは楽しい地球深部探査船で資源探査とか、新しい科学とか、何か日本の明るい未来に貢献している船舶に思えますが、実際はその反対に「日本を滅ぼす人工地震兵器をボーリングして巧妙に仕掛けるためのアメリカの恐ろしい船舶ではないだろうか」と専門家の間でささやかれています。

「ちきゅう」の乗組員が失言的に、自分たちの行なっている仕事をインタビューの中で堂々と暴露してしまったとんでもない動画映像もネット上で広く公開され物議をかもしています。
記事の最後にその動画をUPしました。

この人は日米合作ちきゅう号の乗組員であり、インタビューの中でこの海中深くまでボーリングできる特殊船舶のちきゅうの一般に知られていない使用用途について聞かれていますが、その質問に対する回答説明の最後に勢いあまってこうまで答えています。

「その他、人工地震等を発生させまして、その地震波を測定するための装置です」
この乗組員がはっきり「ちきゅうによって人工地震等を発生させている」と公言しています。

今や各サイトに広まり回収不可能な人工地震計画稼働中の一つの証拠です。

実際、このちきゅうが悪用されればボーリング用ドリルの刃先を何本も交換しながら船の真下の海底の岩盤の断層に無数の穴を空けて、その穴めがけて核弾頭付きバンカーバスター弾を撃ち込んで核爆発を再三繰り返すと、それなりの大地震を引き起こせるというのは理論上、十分可能なことです。

一説ではボーリング調査済みの穴は容易には埋め戻せないものなので、通常そこには黄色いキャップで封印して作業終了となるそうですが、東海から南海地方にかけてそのような海中の穴はすでに無数に存在しており、後日、GPS探査で現地入りしてくる原子力潜水艦はこの黄色を目印にバンカーバスター弾の標的にしているのではないだろうか、とまでささやかれています。


しかしながら海ほたるを震源とした首都東京の大地震誘発・起震を再三試みたようですが、計画は大失敗だったようです。

なぜなら関東ローム層は砂の上に固い岩盤を置いた天然の要塞のような地形のため、砂地をいくら爆破させてもサンドバッグ効果で威力は吸収されてしまい、東京湾北部断層をちょうどピンポイントに狙って集中攻撃を繰り返した爆破工作でさえ、巨大な関東大震災は人工的には起こせず、3月12日以降始まった首都攻撃は結果、最大でも震度3しか達成できなかったのです。

特異な地殻構造上の保護に加えて、日本の建築基準法は世界最高水準で震度6強にさえ耐えうる構造でないと許可されないため、首都壊滅には程遠い極小被害ですみました。

確かにこれが緻密に構造計算し尽くされた首都東京ではなく、諸外国の微弱な都市だったならば、明らかに被害は甚大だったでしょう。

以前から海ほたるには水爆が多数仕掛けられているという情報は飛び交っていました。

ハマコーが「アメリカに逆らえば第三の原爆が落とされる」と「TVタックル」というテレビ番組で叫んだことは有名ですが、実にこの地震兵器の脅威のために歴代の政治家たちはことごとく脅され、揺すられ、ユダヤ金融資本に都合のよい売国奴政策を強いられてきたとも言われています。













「Hollywood Perfume」 The Pretenders

今日の1曲は、プリテンダーズの「ハリウッド・パヒューム」です。













「Anybody Seen My Baby」 The Rolling Stones

今日の1曲は、ローリング・ストーンズの「Anybody Seen My Baby」です。


















2016年コンサート評 Brian Wilson

「「音を楽しませる」ことを誰よりも得意としていたミュージシャンであり、誰よりも繊細な内面を併せ持っていたミュージシャン、ブライアン・ウィルソン」 



先日ブライアン・ウィルソンの大阪ライヴに行ってきたので、コンサート評を記しておく。
まず、ブライアン・ウィルソンと言えばビーチ・ボーイズである。
これまでの人生の中で私がビーチ・ボーイズに関して一番印象に残っているのは、ハワイのサンセットクルーズに参加したときである。
船内でビーチ・ボーイズのサウンドが流れ、乗客全員が音楽に合わせて踊るのである。
見ず知らずの人間同士が肩を組んだりして・・・
まさに千葉ロッテマリーンズファンの外野のノリである。
分かる人にしか分からないであろうが・・・(笑)

もちろんほとんどが外人(白人)だったが、異様なノリであった。
だから私には、ビーチ・ボーイズは「アメリカ西海岸よりも最もハワイにマッチしたバンド」のような印象がある。
脳天気なアメリカ白人が好む脳天気なハッピー・ポップ・ミュージック・・・
これが私のビーチ・ボーイズに抱く最大のイメージである(笑)

さらに私は、ストーンズを始めとしたロック・ミュージックやブラック・ミュージックを中心に聴いてきた人間である。
ビーチ・ボーイズは、そういった好みの音楽の“合間”に聴いていたのだ。
そんな私だから、ビーチ・ボーイズに特別な思い入れはない。
かといってビーチ・ボーイズが嫌いというわけでもない。
それなりに聴いていてハッピーな気分にもさせてくれるし、キャッチなメロディー、コーラスの美しさにも、目を見張るものがある。
ブライアン・ウィルソンが天才と呼ばれる数少ないミュージシャンの一人であることも、誰もが認める間違いのない事実である。
こういった想いを持つ私がブライアン・ウィルソンのライヴを観に行った理由は、下記のような心境であったためである。

1、名作「ペット・サウンズ」の再現ライヴを演るのは、今回が恐らく最後である。
2、ビーチ・ボーイズのヒットソングも演るらしい。
3、天才ブライアン・ウィルソンのライヴが観れるのも、最後かもしれない。

以上である。ライヴの前々日に電話予約し、当日券を購入して観た。
結論から言って、行って良かった。
総勢12人編成のバンド(テデスキー・トラックス・バンドと同じだ)であり、他のメンバーがブライアンを盛り上げていた。そのバンドメンバーの“想い”が、嬉しく感じられた。
ビーチ・ボーイズのサウンドはレコード以上で、ノリも最高だった。
「コーラスもレコードのように表現できないのでは」と思っていたが、実に美しいハーモニーを聴かせてくれた。
ビーチ・ボーイズのサウンドは不思議なもので、アメリカ人でも何でもない日本人の私でさえ、何か懐かしさを感じさせる不思議な魔力を持っているように感じさせられる。
「レコードと同じ、いや、それ以上のサウンドを生で聴いている。それも“生のブライアン”が私の目の届く場所で歌っている」と思うだけで、幸せな気分にさせてもらった。

「ペット・サウンズ」の再現ライヴも良かった。
「改めて名作だな」と、感じさせられた。
「ペット・サウンズ」は、実質ブライアンのソロアルバムである。
このアルバムがなければ、今ほどのブライアン・ウィルソンの評価はなかったであろう。
いくらビーチ・ボーイズのサウンドがキャッチな美しいメロディーであったとしても、ビーチ・ボーイズは歌詞が車と女の子とサーフィンばかりの“意味のない歌詞”オンリーのバンドであったとみなされていたかもしれない。そしてその中心人物であったブライアンは、“売れるための音楽”ばかりを作曲している日本の歌謡曲の著名な音楽家とさして変わらないと思われ、“俗人向けの大衆音楽作曲家”といった低評価を下されていたかもしれない。
ポップミュージックがシングルを中心に聴かれており、アルバムという概念のまだ少なかった時代に発表された「ペット・サウンズ」は、「私小説のようなアルバム」「物語風に貫かれた音楽性を見事に表現した音楽作品」であった。
自作の歌詞でないということが、少し残念ではあるが・・・
歌詞はプロの作詞家・トニー・アッシャーが書いたものが大半である。
このアルバムを発表した後ブライアンはドラッグにのめりこみ、精神不安は増大し、ライヴ活動もしなくなる。
このブライアンを襲った心の闇の裏に「音楽産業の深い闇」が存在していたであろうことは、容易に察しが付く。
ビートルズの例の件も、関係していたのではないのだろうか・・・

私は歌詞に意味を持つ曲を歌うミュージシャンを好む傾向があるようだが、音楽とは読んでその通り「音を楽しむ」と書く。「音を楽しむ」、「音を楽しませる」ことを誰よりも得意とし、誰よりも繊細な内面を持ち合わせていたミュージシャンのライヴを“楽しみ”、そのミュージシャンの繊細な内面に想いを寄せるということも、悪くはないものである。



<セット・リスト>
http://nme-jp.com/news/18301/






























「Black Market」 Weather Report

今日の1曲は、Weather Reportの「Black Market」です。














今回も2ちゃんねるの掲示板で熊本の地震を予言していた書き込みがあったそうです。

「熊本“人工”地震を仕掛けた悪魔への当面の対抗策は、即時原発廃止しかない!」


http://gendai.ismedia.jp/articles/-/48455
4月14日21時26分に北緯32.7度、東経130.8度深さ11kmを震源とした、震度7、M6.5の地震が熊本県で発生した。いわゆる内陸直下型地震であり、2004年に起きた中越地震同様に多くの余震が続いている。




熊本地震でお亡くなりになられた方へ、ご冥福をお祈りいたします。

4月14日~4+14=18(6+6+6)
21時26分~2+1+2+6=11

地震と言えば・・・
音楽や読書感想を主体とした「普通のブログ」にしていきたいと願う「普通の私」ですが、「彼ら」悪魔勢力は私を「普通のブロガー」にはさせてくれないようです。
今回も人工地震である証拠が、早くも続々と出ています。
まず9.11じゃないけれど、“同時多発地震”て何ですか!
連続して起こりすぎです。
初めに振幅の大きな波形が出る「人工地震の特徴」が出ています
2チャンネル(「彼ら」の下請のたまり場です)に、“事前予告”が出ています。
アニメにも・・・
ザトウクジラが打ちあげれられていました・・・
発光現象(HAARPの証拠?)もありました・・・




http://arcanaslayerland.com/2016/04/15/kumamoto-earthquake/
熊本の地震に予兆・前兆は?人工地震の可能性や予言の噂について
2016年4月15日
大きな地震が起きる前には、よく予兆や前兆があるものだと言われています。
例えば、動物たちの異変なんかはよく耳にしますよね。 ペットが不可解な反応をしたり、いつもと違う行動を取って主人を困らせることがあったりと、後で思えば『あの時のあれは・・・』なんてこともよくあるそうです。
わかりやすいところでは、ペットの犬が異常に吠え出すとか、落ち着きがなくなるとかですね。
熊本の地震の前にこんな予兆・前兆のような出来事がありました。

『九州で相次ぐクジラの打ち上げや定置網にかかるニュース』

これは、4月4日に熊本県天草市で約8mのザトウクジラが定置網にかかり、4月8日には長崎県長崎市で約7mのザトウクジラが海岸に打ち上げられていたニュースです。
熊本県の地元漁業の話によると、クジラが定置網にかかったり、打ち上げられるようなことは、いままで無かったといいます。
地震の予兆や前兆は地下深くで起きるものなので、地中や水中の生物の方が感知しやすく、またその影響を受けやすいと言われています。 地震予知によくナマズが暴れるといった話が出てきますが、ナマズは水底付近に生息していることから感知が早いのかもしれませんね。
地震の前の動物の前兆行動について研究している麻布大学獣医学部の太田光明教授(介在動物学)は次のように語っています。

「犬は30頭に1頭の割合で電磁波への明確な反応がみられました。イルカの場合はより反応が顕著です。地震発生前にクジラなどが岸に上がったりするのも電磁波の影響で、方向感覚を失ったためである可能性が高い。これまでの実験結果や事例などからも、電磁波の与える影響は否定しきれません
引用元:大地震予測“切り札”は犬とネコ!その異常行動を見抜け

また、2011年3月11日に起きた東日本大震災の6日前に、茨城県鹿嶋で50頭以上のイルカが打ち上げられていたことがあったり、その東日本大震災の3週間前に起きたニュージーランドのクライストチャーチ(M6.3)の地震の2日前に、現地のイルカが107頭打ち上げられていたこともありました。
また、1995年1月17日に起きた阪神淡路大震災の2日前にも、神戸でイルカが87頭打ち上げられていたこともあり、海洋生物の座礁と地震には、なんらかの因果関係があることは間違いなさそうです。


(追記4/16)
こんなのもありました。

2016年4月15日、三重県尾鷲市で捕れたメガマウス。 南海トラフ地震が予測されている地域での捕獲というところが不気味です。

地震があれば、事前にそれが起きることを予言していたことが話題になりますが、今回も2ちゃんねるの掲示板で熊本の地震を予言していた書き込みがあったそうです。
たまたまなのか、それとも意図的に書き込まれたものなのかわかりませんが、とにかく、当たっているということで一部の人たちの間では噂にになっているようです。




(TOCANA)さん
http://tocana.jp/2016/04/post_9479_entry.html
熊本地震は人工地震だった!? 恐怖の数字「18」とイルミナティの陰謀
2016.04.16
■熊本地震は人工地震か!?
 ところで、魔女である筆者が入手した極秘情報によると、どうも今回の地震は「自然地震ではなかった可能性が高い」という。なんと、熊本地震には秘密結社イルミナティが起こすとされる「人工地震」に見られる特長がいくつも備わっていたようなのだ。
 まず、熊本地震の震源の深さが地中10キロと極めて浅い。その後も、ほぼすべての余震が深さ10キロ前後で発生している。陰謀論上、現代技術をもってすれば人類は地中を10キロまで掘り下げることができるため、ベクテル社をはじめとするユダヤ・イルミナティ系列の建設会社が掘削作業を担い、核爆弾を仕掛けたというのだ。
 さらに、人工地震である証拠として、今回強い揺れに襲われた地域の人々の間では、数日前から異様なプラズマが目撃されていたそうだ。ここ数日、電磁波が通常よりも多く発生しており、電磁波過敏症の人は体調が悪化したとの報告もある。



 そしてもうひとつ、熊本地震が起きた2016年4月14日というタイミングに注目してほしい。イルミナティが人工的に地震を起こす場合、月日を足し合わせるなどして、18になるタイミングを好む。18は、6を3つ足し合わせた数である。この“6の3並び”、すなわち「666」とは、イルミナティが崇拝する悪魔(聖書に登場するする「獣」)を象徴する数字なのだ。では、過去の例を見てみよう。

http://tocana.jp/2016/04/post_9479_entry_2.html

■大事件・大災害と恐怖の数字「18」
・ 東日本大震災(2011年3月11日)
2+0+1+1+3+11=18
・ 阪神・淡路大震災(1995年1月17日)
1+17=18
・ パキスタン地震(2005年10月8日)
10+8=18
・ 青海地震(2010年4月14日)
4+14=18
・ 鹿児島県北西部地震(1997年5月13日)
5+13=18
・ 大分県西部地震(2006年6月12日)
6+12=18
・ 静岡県東部地震(2011年3月15日)
3+15=18


 いかがだろう。熊本地震を含め、これだけ多くの地震が「18」と関連するタイミングで発生しているのだ。しかも、「18=6+6+6」の日に起きるのは地震に限らない。イルミナティが関与したとされる数々の事件や災害も、同様のタイミングで発生している。
 1991年に始まった「湾岸戦争」、2006年に起きた「北海道佐呂間町の竜巻災害」、2008年の「ブリティッシュ・エアウェイズ38便墜落事故」は、すべて1月17日に起きた。そして1958年の「滄浪号ハイジャック事件」は2月16日、1972年の「千日デパート火災」は5月13日と、ことごとく月日を足すと「18」を示すのである。






http://yaraon-blog.com/archives/82958
アニメ『ビッグオーダー』このタイミングでこのテロップ・・・アカン!!!
名前:名無しさん投稿日:2016年04月16日


名前:名無しさん投稿日:2016年04月16日

これはいけない





さらに、悪名高き「3.11予告映画」である「世界侵略:ロサンゼルス決戦」が、4月13日(*前日)のBSジャパンでテレビ放送されていたのは決して「偶然」ではないと、付け加えておきます。



<参考記事>
http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-321.html
311=KKK、そしてマグナBSP
「東日本大震災は人工地震であり、福島原発事故はイスラエル・マグナBSPによるテロである」





この悪魔の行為から我々が身を守るために、直ちにすべきことは何でしょうか?
はい、原発の即時停止・即時廃止です!




(みんな楽しくHappy♡がいい♪)さん
http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-4617.html
川内原発即刻停止を!  「やっぱり心配ですね」「心配になりますよね」熊本県大地震 番組内容書き出し

玉川:
さっき先生は構造線の話をされましたけど、
別府ー万年山断層の方から、左下に伸びる方の構造線がずれてる。
で、その構造線の上に、今回気になっている方がいっぱいいらっしゃると思うんですけど、川内原発が乗っかっているわけですよ。
そのポコっと膨れたところ





ここまでヤバイ状況であるにも関わらず、信じられないこの鬼畜売国奴の発言! 
決して許してはいけません!!!



http://www.asahi.com/articles/ASJ4J40XNJ4JULFA006.html?iref=comtop_rnavi_arank_nr05
川内原発「停止させる必要ないと判断」 丸川環境相
2016年4月16日12時41分

原子力防災担当相を兼務している丸川珠代環境相は16日午前11時半からの政府の地震非常災害対策本部会議で、稼働中の九州電力川内原発(鹿児島県)について、「原子力規制委員会において停止させる必要はないと判断されている」と報告した。





そして、まるで“予定していたかのように” 緊急事態条項の必要性を説く発言。
恐るべきシナリオが存在しているとしか思えません。
このままでは、本当に日本民族は死滅してしまいます。
これがアベノミクスとやらの最終目標なのでしょうか・・・




http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS15H54_V10C16A4PP8000/
緊急事態条項「極めて重い課題」 熊本地震で官房長官
2016/4/16 0:33
菅義偉官房長官は15日の記者会見で、熊本地震に関連し、大災害時などの対応を定める緊急事態条項を憲法改正で新設することについて「極めて重く大切な課題だ」と述べた。「憲法改正は国民の理解と議論の深まりが極めて重要だ」とも語り、慎重に検討すべきだとの立場を示した。
 自民党は野党時代にまとめた憲法草案で、緊急事態条項の新設を明記している。





(追加)
(ハーモニーズ)さん
http://ameblo.jp/atom-green-0201/entry-12150827988.html
九州が2014年に世界地図から消されていた事実
2016-04-16 13:48:54

そこで思い出したのは、2014年の7月にウィスコンシン州立大学のCIMSS(Cooperative Institute for Meteorological Satellite Studies)の衛星画像の下に描かれている日本地図から、九州が全部消されていた事実です。











「When Will We Be Paid」「Are You Sure」The Staple Singers

今日2曲。ステイプル・シンガーズの「When Will We Be Paid」「Are You Sure」です。
メイヴィスの低音バリバリのヴォーカルは圧巻です。















「Break On Through (To The Other Side)」 The Doors

今日の1曲は、ザ・ドアーズの「Break On Through (To The Other Side)」です。




















「Fucking Ada」 Ian Dury

今日の1曲は、イアン・デューリーの「ファッキン・アイダ」です。















「The Other End of the Telescope」Elvis Costello

今日の1曲は、エルビス・コステロの「The Other End of the Telescope」です。












そして詐欺師は大衆が詐欺の被害に遭っていることに気づくことを、一番恐れているのです

「パナマ文書騒動の真相を探る」



まずは、こちらをどうぞ↓




パナマ文書が暴露されて、世界を騒がせている。
これはいわゆるオフショア市場と呼ばれるもので、分かりやすく言えば「脱税市場」のことである。この「脱税市場」が存在しているのはパナマに限ったことではなく、スイスやリヒテンシュタインやケイマン島など世界中に数多存在している“公然の秘密”である。
この「脱税市場」の恩恵を被っている者の代表は、言うまでもなくロスチャイルドを筆頭とした「彼ら」である。しかし、今回の事件でロスチャイルドは勿論、ロックフェラー、モルガン等の著名な「彼ら」の家系の名前は一切出ていないようである。


http://www.mag2.com/p/money/9580
「パナマ文書」をリークした米国の狙い~資金源に共和党、ソロスも=高島康司
2016年4月10日
いま大きく報道されている「パナマ文書」のリークには、まったく報じられていない裏がありそうだ。
今回「パナマ文書」をリークした「ICIJ」やその親組織である「CPI」の活動資金は、かつて「カラー革命」や「アラブの春」を主導したアメリカ政府系NGOを支援していた団体が提供している。これはアメリカ政府の外交政策を実現するために画策された事件である可能性が非常に高い。

パナマ文書リークのNGO、資金源は「カラー革命」「アラブの春」と同一

拡大するスキャンダル

今回のテーマは、まったく報じられることのない「パナマ文書」の裏である。
「パナマ文書」とは、租税回避地への法人設立を代行するパナマの法律事務所、「モサック・フォンセカ」の金融取引に関する1977年から2015年12月までの内部文書のことである。
この文書には各国の指導者や著名人の名が記されており、彼らの脱税や不正取引を証明する重要な証拠になると見られている。
これまでに「モサック・フォンセカ」は、税率が極端に低く世界の富裕層の「租税回避地」となっているパナマに、24万社の「オフショア企業」と呼ばれるペーパーカンパニーを法人登記。「オフショア企業」のオーナーとなった「モサック・フォンセカ」の顧客は、「租税回避地」であるパナマのペーパーカンパニーを通して投資を行うことで、本国における租税の支払いを回避する仕組みだ。
この内部文書を最初にリークしたのは、アメリカのNGO、「国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)」だ。その後「パナマ文書」は、世界中の100以上に上る報道機関に流出した。「ICIJ」のサイトでは各国の政治家や著名人の名前を公表している。以下は代表的な人物だ。
• アルゼンチンのマクリ大統領
• ブラジル、7党の政治家
プーチン大統領の友人数名
習近平国家主席の親族
• 中国政府高官複数
キャメロン英首相の亡父
• パキスタン、シャリフ首相の子弟
• ウクライナ、ポロシェンコ大統領
アイスランド、グンロイグソン首相夫妻
シリア、アサド大統領の親戚
• 「バルセロナ」のメッシ選手
文書の公表の直後、アイスランドでは多くの国民が激しく抗議したため、4月5日、グンロイグソン首相は辞任した。
これからさまざまな著名人の名前が公表され、この問題は大きなスキャンダルに拡大していくことは間違いない。

リストに「米政治家は含まれていない」の裏

これがいまのところの事件の全容だが、公表された名前を見るとやはり大きな違和感を感じてしまう。金融取引の内部文書がリークした「モサック・フォンセカ」はパナマの法律事務所である。中南米はアメリカの実質的な裏庭と化しており、政治や経済のあらゆる領域でアメリカとの関係がもっとも深い地域である。
そうであるにもかかわらず、今回リークされたリストにはアメリカの政治家や民間人の名前はまったく含まれていない。リークした「ICIJ」はこれから多くの米民間人の名前を公表するとしているが、それには米政治家は含まれていないとしている。

実質的にアメリカの政治的な支配地域といってもよい「租税回避地」であるパナマでリークした文書に、米政治家の名前が一切出てこないというのは実に奇妙な話である。ホワイトハウスのアーネスト報道官は、米司法省がこれから調査を開始するとしているが、「ICIJ」が米政治家の名前は含まれていないというのだから、司法省の調査でも出てくるかどうかは分からない。
このように見ると、やはり今回の「パナマ文書」のリークは不自然である。報道されているような事件ではない可能性がある。見えない裏がありそうだ。まずは今回の公表に至った経緯を確認してみよう。




この「パナマ文書騒動」は、「彼ら」の名前が出ていない以上、所詮“茶番”に過ぎないのだ。
この“茶番”を仕掛けた犯人が誰であるのかは、説明するまでもありませんよね。
はい、名前の出ていない「彼ら」です。
「彼ら」は別の「脱税市場」をしっかりと確保しており、他の「脱税市場」に資産を隠していた者を自らの下請を使ってリークしたのである。
名前が出ているのは、「彼ら」と対立している者が中心であるようだ。
日本では電通や三菱商事やユニクロ等の企業も含まれていたようだが、これらの企業は「彼ら」の手下の存在ではあるが、「彼ら」から見たら“小物”なのである。
これらの企業は故意に狙われたわけではなく、“狙った獲物”を得るための餌にされたようなものであろう。しかし電通配下の日本のマスゴミは、決して“この事実”を報道しないようですがね・・・。
プーチンの友人とアサドの親戚の名前が出ていることから、この二人がターゲットにされた可能性が高いでしょう。この二人は、明らかに「彼ら」と敵対している人物ですから。
習近平の親族の名前も出ています。「彼ら」にとって中国は微妙な立ち位置だと思いますが、「彼ら」は習近平を良く思っていないのでしょう。

しかし「彼ら」が本気でターゲットとした本命は、キャメロンとアイスランドのグンロイグソン首相なのではないのでしょうか。グンロイグソン首相は、早くも辞任させられています。
グンロイグソンをウィキで見てみます。



シグムンドゥル・ダヴィード・グンラウグソン(アイスランド語: Sigmundur Davíð Gunnlaugsson [ˈsɪɣmʏntʏr ˈtaːvið ˈkʏnløyxsɔn]、1975年3月12日 - )は、アイスランドの政治家[1]。進歩党党首。元ジャーナリスト、ラジオパーソナリティ。
党首を務める進歩党は2013年4月のアイスランド総選挙で議席を大きく回復し、同じく議席をわずかに伸ばした独立党と連立政権を樹立[2]、シグムンドゥル・ダビドは同国史上最年少の38歳で首相に就任した。
EU加盟やユーロ導入には引き続き慎重であるべきとした上で、同国の金融破綻以来実施されている資本規制を撤廃する考えなどを明らかにした[3]。
2016年4月、パナマの法律事務所から流出したパナマ文書の内容が報じられたことで、租税回避地の法人を購入して巨額の投資を行っていたことが露見して辞任を表明した。




はい皆さん、ピーンと来ましたでしょうか。
「EU加盟やユーロ導入には引き続き慎重であるべきとした」という箇所です。
EUもユーロも、推進しているのは「彼ら」です。これらは「彼ら」の“最終目標”であるワン・ワールドへの布石となる施策なのです。これらの施策に反対しているグンロイグソンを、「彼ら」が良しと思っているはずがないのです。
これと同じことが言えるのが、イギリスのキャメロン首相です。
イギリスはユーロを導入していませんし、EUからも脱退しようと考えています。
キャメロンは明らかに「彼ら」の配下の人物でしたが、“最終目標”に背こうとしていたのです。「彼ら」はキャメロンを追放しようと決めたのではないのでしょうか。




http://www.globalmacroresearch.org/jp/archives/2082
テレグラフ紙(原文英語)によれば、英国のキャメロン首相はEU離脱を問う国民投票において、EU側の歩み寄りがない場合、EU離脱を自ら国民に呼びかける可能性を示唆した。
キャメロン首相率いる保守党は2017年末までにEU離脱を問う国民投票を行うことを公約にしており、情勢次第では国民投票を2016年内に早めることも示唆している。
今回の首相の発言は、移民やテロなどの問題で混乱するヨーロッパ大陸を見、EUから距離を置こうとするイギリス国民の民意を反映してのものと思われる。





そしてアイスランドのグンロイグソン首相がターゲットとされた最大の理由は、下記の記事にあるのではないのでしょうか。「彼ら」はアイスランドの「改革」を良く思っていません。
アイスランド国民が幸福になることが、許せないのです。
さらにはアイスランド国民の幸福が他国に広がることが、許せないのです。
ワンワールド・ワンマネーの奴隷支配体制の下で、大衆を奴隷支配しておきたいのです。
そして詐欺師は大衆が詐欺の被害に遭っていることに気づくことを、一番恐れているのです。



http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-970.html
さらに、驚きのニュースです。アイスランドは、国民に対して、住宅ローンを免除したそうです!
「我々は、「彼ら」による悪魔の中央銀行詐欺から脱出した、偉大なる国家に学ばなければならない」


前回に続いて、「中央銀行詐欺<脱出編>」を記しておきます。古い記事ではあるのですが、テレビを中心に生活をされている方はご存じないと思いますので紹介しておきます。
「彼ら」による悪魔の支配システム(=紙幣発行権の強奪)から脱出した国家があります。これが当たり前なんですけどね・・・。
その偉大な国家は、アイスランドとハンガリーです。日本も両国家に学ぶべきです。
「国が国の紙幣を発行・管理する」、この当たり前のことが出来ていないばかりに、国家は借金漬けにさせられているのです。アメリカや日本が何故にこれほどの借金を負わされているのか、その原因は、全てといっていいぐらい、この「悪魔の中央銀行詐欺システム」にあるのです。「彼ら」は、本当に寄生虫以下の存在です。国家にこのような腐敗システムを構築し、国家が破たんしてしまうまで食いつぶそうとしているのです。
ちなみにこれも有名な話なのですが、FRBの詐欺システムを廃止しようとした結果、「彼ら」に暗殺された偉大な政治家がいたことを記しておきます。その政治家とは、リンカーンとケネディーです。我々は、この二人がアメリカ国家・国民のために、文字通り「命を懸けた」ということを忘れてはいけません。
「彼ら」が最も恐れていることが、この「中央銀行詐欺システム」を終わらされることです。
このシステムを終わらせれば、「彼ら」の息の根を止めることができます。ネットの情報が急速に広まった現在、真実に覚醒した人々は急増しています。「彼ら」の悪魔支配が終焉するのも、そう遠くないことと思います。そうなったとき、今まで「彼ら」の走狗として国民を騙し続けてきた小泉や安倍やハシシタなどは、その悪事の数々が国民の前に白日の下に晒され、厳しい裁きを受けることになるでしょう。









「Mickey Mouth」DULFER

今日の1曲は、ダルファーの「ミッキー・マウス」です。









「Sleeping In My Car」Roxette

今日の1曲は、Roxette の「Sleeping In My Car」です。












鬼塚英昭氏の告発も真実だろうが、太田龍氏の告発も真実である。

「だから今も日本は侮られる 田中角栄こそが対中売国者である」
鬼塚英昭




2016年3月の鬼塚英昭の書であり、遺作となった書でもある。
先日追悼記事を書いたが、著者は本年1月25日に永眠した。最近は著者の書を読んでいなかったが、今回読もうと思ったのは、この訃報を知ったことが最大の理由である。
私は基本的には田中角栄のことをそんなには悪く思っていない人間である。ただ「タブーを恐れず数多くの真実を告発してきた“本物のジャーナリスト”である著者が、文字通り最期の力を振り絞って書いた書は読まなければならない」という思いが優先した。
田中角栄は「ロッキード事件を筆頭として賄賂を貰っていたダークな政治家」という印象が、否めない人物である。本書も、「金に汚い田中角栄」というテーマが一貫して記された「田中角栄批判本」である。さらに本書は、ロッキード事件よりも対中リベートの話が主題となっている。ズバリ言って、「ODAの名目で3000億円の対中援助をした見返りに、300億円のリベートを田中角栄は得た」と、主張しているのである。
著者がこの告発をしている元となるのは、佐藤慎一郎の書「総理秘密報告書」であるようだ。
私は佐藤氏のことはよく知らない。本書を読み終えて、著者のこの告発が真実か否かの判断はつかない。しかし金額は別として、いくらかの“見返り”があったことは真実であるような気がする。
ただそれよりも、ODAという名目でいまだに対中援助を続けていること自体に問題があると感じる。これは中国だけのことではない。様々な国家に「金銭援助」をしていること自体に問題があるのではないのだろうか。バブル経済真っ只中で、有り余る金満国家である日本ならば、こういった「金銭援助」も分からないではないが、現在の日本は東日本大震災の大被害に象徴されるように、とてもじゃないけれど外国に「金銭援助」をしているような余裕があるとは思えない。逆に外国に「金銭援助」してもらいたいぐらいなのではないのだろうか。少なくともこういった「金銭援助」は自国民が国家から十分な「金銭援助」を受けた後で余った金があるのならしても問題ないだろうが、現在の日本は、とてもそのような余裕があるとは思えない。こういった莫大な「金銭援助」が何ら国民の許可を得ることを必要とせず、与党政治家の判断のみで決定されるというシステムそのものに問題があるように感じる。そしてこの「金銭援助」には本書に示されているように“見返り”が裏で存在しており、政治家への裏金となっているのが隠された真実であるような気がする。何気ないニュースで「政府は○億円の援助をする」ことを発表しました、というように報道し、野党も新聞・テレビもこのことを全く批判しないという“不思議な規定ルール”がこの国には存在しているように感じられる。こういった問題提起を起こすきっかけとなる可能性を示していることが、本書の最大の価値であると感じる。

政治家が多額の賄賂を受け取るということが決して許されることでないことは、言うまでもないことである。しかし、私はこのことをそれ程ヤイヤイと言うつもりはない。
それは、この世界には政治家の賄賂よりももっと悪いこと(許されないこと)が山ほど存在するからである。その具体的な内容が何かということは、当ブログの読者の方なら、今更説明する必要はないでしょう。
端的に言えば、「その政治家なり人物が「彼ら」悪魔勢力の配下の人間か否か」ということである。田中角栄はこの国の原子力発電の初期導入に関わった人間であるから、当初は「彼ら」の配下であったことは間違いないだろう。しかし、その後は「彼ら」に反旗を翻した人間であったことも間違いないだろう。その最たるものが、単独での日中国交正常化を成し遂げたことだろう。「彼ら」は田中角栄のこの政策を良しと思わなかった。そして、田中角栄は陥れられた。ロッキード事件である。
以前、私がアマゾンに投稿した記事より引用する。



http://www.amazon.co.jp/dp/4537023007/ref=pdp_new_dp_review
*田中首相に5億円の贈賄をした、というのはロッキード社である。ところが、そのロッキード社の役員コーチャンとクラッターは、アメリカの上院とSEC(アメリカ証券取引委員会)で、ことこまかに贈賄の供述をしているが、アメリカ国内では訴追されていない。つまり、彼らにとってこれは、刑事事件になっていないわけだ。・・・・・贈賄側は無罪でのうのうとしている。収賄側の角栄は政治生命を絶たれる。アメリカ(ユダヤ)がいつも大上段で振りかざす「公平」とは、いったい、なんのことだろう。しかもコーチャン=ロッキード側は、この刑事免責は、念のため、検察庁ではなくて最高裁判所からもらいたい、というのだ。あらかじめ日本の裁判所のトップから、この件についてはロッキード側は無罪であることの保障をせよ、というご念の入った要求になる。非常に驚いたことに、日本の最高裁判所は、このコーチャンの要求をそっくり丸呑みした。・・・・・さらにびっくりさせられるのは、これほどの暴挙について、時の三木武夫首相も中曽根康弘自民党幹事長も稲葉修正法務大臣も、マスコミも、革新勢力も、ただのひと言も異議を申し立てなかったことだ。・・・・・最高裁判所と最高検察庁、そして自民党が、日本の主権をユダヤ(アメリカ)に売り渡した、といわざるをえないではないか。これほどまでに、ユダヤが日本の司法界を手の内に入れていたとは!


太田龍氏の書からの引用である。ここに「ロッキード事件の真相」が証明されている。
それと同時に、この島国が誰に支配されているかも証明されている。
もう説明不要ですよね。支配者が支配しているのは、与党だけではありませんよ。
野党も検察も最高裁判所もマスコミも、あらゆるこの国のシステムを支配しているのですよ!
そして、この支配構造は現在も続いているのです。
この支配構造が正しく理解できていなければ、マスゴミが垂れ流すあらゆるニュースの真相を理解することはできません。鬼塚英昭氏が最期に記した本書の内容は真実でしょうが、この支配構造を記していないことが残念です。田中角栄の金満政治は決して許すことはできませんが、それ以上にこの支配構造の背後で「彼ら」の僕となって国民を騙し続けている売国奴ども(=チーム・イルミナティ)を、私は許すことはできません。



おまけ
http://www.asyura2.com/16/senkyo204/msg/175.html


この記事のコメントにも出ているが、私腹を肥やすために田中角栄を利用して「天才」という書を出した男も、チーム・イルミナティの一員であることを付け加えておきます。


評点:60点









「Sly Stone Medley」Tedeschi Trucks Band & Friends

今日は、Tedeschi Trucks Band & Friends の「Sly Stone Medley」です。
欲を言えば先日のライヴ、アンコールでこれをやってくれたらメチャクチャ盛り上がったでしょうナ。









テンプレート説明

このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。
背景はスライドショーになっています。

◎プラグイン説明

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。
←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。
このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

※最上部メニューバーの上に隙間がある方

最上部のメニューバーの上にFC2検索バー用のスペースを設けています。
検索バーを表示しない設定にしている方は、cssの最上部メニュー.MegaMenuの中にあるtop:27pxをtop:0に変更してください。

◎背景スライドショー説明

random : 1, // ランダム 0:オフ 1:オン
transition : 1, // 0:単純画像切替 1:フェード 2~7:移動 8:ページ更新毎に切り替え
transition_speed : 1000, // 画像間の切替時間
slide_interval : 3000, // 1枚毎の画像停止時間
slides : [
{ image : '画像URL' } // 画像の追加・削除はここ

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れません。