2015年01月の記事 - 嘘八百のこの世界

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 最新トラックバック 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告
2015年01月の記事

「うんざり(偽旗テロ編)」ソウルマン

「あまりに酷い「さるしばい」にうんざりして、またもや替え歌を作ってしまいました」


それにしても、毎日のように繰り返し報道される「偽装人質三文芝居」。「さるしばい」を演じ続ける大根役者。その臭い「さるしばい」を真剣に信じ込んでいる馬鹿なB層連中。
もう本当に「うんざり」です!
あまりに「うんざり度数」がヒートアップしてしまったので、性懲りもなく「さるしばい」に続いて、またもや替え歌を作ってしまいました(笑)
元曲は、先日紹介したRCサクセションの「うんざり」です。
是非、皆さん、歌ってみてください。流行らしてください(笑)



「うんざり(偽旗テロ編)」

(1番)
うんざりaha
うんざりaha
うんざりaha
うんざりaha
もう「さるしばい」にはうんざり
さんざ偽造の映像を見せられて
影の位置が違っていても
合成や加工はありません
もううんざりaha
うんざりaha

(2番)
もう「大根役者」にはうんざり
イスラム国の指導者はモサドのエージェント
テロ直前にイスラエルに行ってた誰かさん
マケインに演技指導をされたのかい?
うんざりBaby うんざりBaby
うんざりBaby うんざり ざり
うんざりBaby うんざりBaby
うんざりBaby うんざり 

(3番)
もう「八百長戦争」にはうんざり
元から存在しないテロの脅威を煽って
自衛隊を派遣するつもりさ
また国民を殺すつもりかい?
うんざりBaby うんざりBaby
うんざりBaby うんざり ざり
うんざりBaby うんざりBaby
うんざりBaby うんざり 

(4番)
もう「大本営発表」にはうんざり
政府の報じる嘘を拡散し
真剣な顔して嘘を垂れ流す
黄色い歯をしたその口で ざり
うんざりBaby うんざりBaby
うんざりBaby うんざり ざり
うんざりBaby うんざりBaby
うんざりBaby うんざり 

(5番)
もう「洗脳された国民」にはうんざり
いまだに「9.11」を信じてる
「3.11」でも騙されたまま
自分でものを考えることがない
オウムの信者のほうがまだマシさ
うんざりBaby うんざりBaby
うんざりBaby うんざり ざり
うんざりBaby うんざりBaby
うんざりBaby うんざり ざり
うんざりBaby うんざりBaby
うんざりBaby うんざり ざり
うんざりBaby うんざりBaby
うんざりBaby うんざり ざり
うんざりBaby うんざりBaby
うんざりBaby うんざり ざり
うんざりBaby うんざりBaby
うんざりBaby うんざり
 




「さるしばい」に続いて、大ヒット間違いなし!
紅白出場が決定したら、どちらの曲を歌うか悩んでいます(笑)
替え歌が得意だった清志郎も「評価」してくれていると、勝手に思っています(笑)
「さすがの俺でも、ここまでは歌えなかった」と(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大変、失礼しました。
インフルエンザは治ったはずなんですが、「狂った世界」で長い間暮らしてきたせいか、精神が病んできたようです(笑)
今度、ワクチンを打ちに行こうと思います(笑)




OKOK
(2005/11/23)
RCサクセション

商品詳細を見る

「 Wintertime Love 」The Doors

今日の1曲は、ザ・ドアーズの「ウィンター・ラヴ」です。






太陽を待ちながら太陽を待ちながら
(2013/07/24)
ザ・ドアーズ

商品詳細を見る

「Real Wild Child 」Iggy Pop

今日の1曲は、イギー・ポップの「リアル・ワイルド・チャイルド(ワイルド・ワン)」です。








ブラー・ブラー・ブラーブラー・ブラー・ブラー
(2015/03/18)
イギー・ポップ

商品詳細を見る

「Another Satellite 」XTC

今日の1曲は、XTCの「アナザ・サテライト」です。






スカイラ-キングスカイラ-キング
(2011/06/08)
XTC

商品詳細を見る

人物の影についても光の当たり具合から向きが異なることもあるという(爆)

「「さるしばい」を「さるしばい」であることが理解できず、真剣に信じ込んでいる馬鹿な日本人」


まずは、こちらをどうぞ↓


さ~るしばい、さ~るしばい・・・、いつまで臭い「さるしばい」を演じ続けているのか!
イスラム国の指導者であるバグダディはユダヤ人でモサドの工作員ですよ。
マケインもイスラム国と繋がっていることを認めていますよ。
イスラム国を作ったのはアメリカとイスラエルですよ。
例の殺害予告の映像も偽造されたものであることが判明しているのに、何の根拠もなく「合成や加工した形跡はない」と判断する政府とゴミウリ新聞。
後藤氏はあのユニセフと関係しているらしいですよ。
この「さるしばい」の目的は、「テロの脅威」を国民に植え付け、「テロと戦う国家」「戦争のできる国家」に仕向けることですよ。
あの集団的自衛権とやらを早速始動するつもりなんですよ!
さるしばいを演じ続けるチーム・イルミナティにもE加減うんざりするけれど、いまだにテレビ・新聞が報じる大本営発表を信じ込み、「「さるしばい」を「さるしばい」であることが理解できず、真剣に信じ込んでいる馬鹿な日本人」にも、うんざりさせられる今日この頃です・・・。
大本営発表を信じきったブログ記事などを見てしまった日は、本当に「うんざり」です。



(日刊ゲンダイ)さん
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/156705
人質殺害を口実に…安倍首相がNHKで「自衛隊派遣」を示唆 2015年1月26日
「最悪の事態」がとうとう現実となった。過激組織「イスラム国」による日本人人質殺害事件。こうなったのも、安倍首相が外遊先のカイロで、能天気ヅラして「イスラム国対策にカネを出す」と“宣戦布告”したのが原因だ。安倍首相は、イスラム国側から「アベ、おまえがハルナ殺した」と名指しされ、さぞ自責の念に駆られているのだろうと思ったら違った。「反省」どころか、今回のテロ殺害事件を安全保障や集団的自衛権の法改正問題と結び付けて“政治利用”しようとしているから許し難い。

この(テロ殺害事件)ように海外で邦人が危害に遭ったとき、自衛隊が救出できるための法整備をしっかりする」――。

 25日、NHKの日曜討論に出演した安倍首相。26日開会の通常国会で、安全保障と集団的自衛権の関連法案の成立に向けた意気込みを問われた際、こう強調していた。聞き手の島田敏男・解説委員が気心の知れた「寿司仲間」のために気が緩んだのだろうが、これは衝撃発言だ。



(donのブログ)さん
http://ameblo.jp/don1110/entry-11981018829.html
マケインさん早速写ってますね。あらら、なんとイスラム国の指導者バグダディが左から二人目にしっかり写っています。バグダディはユダヤ人で本名がサイモンエリオットでモサドの工作員であることがしっかりばれてしまいましたねwww

グーグル翻訳にて↓(原文はリンク先で読める)
スノーデン曰く、イスラエル維持のためには、イスラムテロリストが必要なので・・・米国、英国、イスラエルのシオニストたちが作った。そんなニュアンス。

サイモン•エリオット、別名アルバグダッドの住民、ユダヤ人の両親、モサドのエージェントの息子

エドワード•スノーデン、アブー•バクル•アル=バグダーディー、ISIL(別名ISIS)のボスによると、サイモン•エリオットという名前のユダヤ人の俳優である。



(新ベンチャー革命)さん
http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/34583814.html
日本国民は全員知れ!:安倍首相は、対日脅迫しているイスラム国と親しいマケイン米上院議員と人質事件の直前に会談している

新ベンチャー革命2015年1月23日 No.1048
タイトル:日本国民は全員知れ!:安倍首相は、対日脅迫しているイスラム国と親しいマケイン米上院議員と人質事件の直前に会談している
1.安倍首相は中東訪問時に、日本人人質をとるイスラム国による対日脅迫事件が起きることを事前に知っていたはず
 現在、2015年1月23日午後3時、日本人二人を人質にして対日脅迫しているイスラム国のいう72時間以内に2億ドルを払えという脅迫のタイムリミットが来ました。
 今日中に、イスラム国からなんらかの反応があるはずです。
 本ブログでは、イスラム国と米国戦争屋CIAネオコンはつながっているとみています。安倍首相が先日、イスラエルを訪問し、米戦争屋CIAネオコンのエージェントであるネタニヤフ・イスラエル首相と同じく米戦争屋CIAネオコンのエージェント・ジョン・マケイン米共和党上院議員と会っていますから、安倍氏は、米戦争屋がイスラム国指導者・バグダディに指示して、対日脅迫の偽旗テロ事件を起こすことを事前にウスウス知っていたとみるべきです


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150128-00050082-yom-soci
最初の映像、合成ではない…警察庁科警研が分析
読売新聞 1月28日(水)11時55分配信
 今月20日にインターネット上に投稿された後藤健二さん(47)と湯川遥菜さん(42)の殺害を予告する最初の映像について、警察庁科学警察研究所が「合成や加工した形跡はない」と判断したことが28日、わかった

 この映像については、2人の影の向きが違うように見えたり、風でなびく服の動きが異なることから、「合成」ではないかとの指摘が出ていた

 政府関係者によると、科警研が最初の映像を詳しく分析した結果、画像の一部分が切り貼りされた痕跡は見つからなかった。人物の影についても光の当たり具合から向きが異なることもあるという

 また、24日に投稿された湯川さんが殺害されたとみられる映像も、合成の可能性は低いとみている。


(ウィキより)
後藤 健二(ごとう けんじ、1967年 - )は、日本のジャーナリスト。
宮城県仙台市で末っ子として生まれる[1]。1991年に法政大学を卒業。東京放送系のテレビ番組制作会社を経て、1996年に映像通信会社インデペンデント・プレスを設立。アフリカや中東などの紛争地帯の取材に携わる。1997年に受洗し日本基督教団田園調布教会信徒となる。2006年、紛争地域の子供を取材した『ダイヤモンドより平和がほしい』で、第53回産経児童出版文化賞フジテレビ賞を受賞[2]。2011年の東日本大震災では、被災地の石巻市や気仙沼市で日本ユニセフ協会の記録員を務めた[3][4]。中東での取材中でアル=ヌスラ戦線に拘束されたものの、1日で解放された[5]。2014年10月に妻が夫婦の2人目の子供となる男子を出産[6][7]。前妻との間にも一女を設けている[7]。


http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2015/01/21/0007677199.shtml
アグネス友人の後藤さん拉致にショック
2015年1月21日
歌手のアグネス・チャンが、イスラム国に拉致された後藤健二さんがユニセフの活動を通じた友人であることと、ショックを受けたことから更新を休むことを21日のブログで明らかにした
 日本ユニセフ協会大使を務めるアグネスは報道を知った20日夜、「後藤さんはユニセフの活動を応援してくれる大切な仲間なので、胸が痛くなるほど心配です」と記した。
 そして「涙、涙。早く無事に解放される事を願っています。ちょっと何も考えられない状態になりました」と、混乱した内心を明かした。




「さるしばい」を理解するためにも、改めて元イラン大統領の国連での演説に注目する必要があるでしょう(後半の半分でいいと思います)↓





「At Last I Am Free」Robert Wyatt

今日は、ロバート・ワイアットの70歳の誕生日です。
おめでとう!ロバート、自由になれましたか?
今日の1曲は、「アト・ラスト・アイム・フリー」です。
歌詞↓
http://www.songlyrics.com/robert-wyatt/at-last-i-am-free-lyrics/







ナッシング・キャン・ストップ・アスナッシング・キャン・ストップ・アス
(2014/11/26)
ロバート・ワイアット

商品詳細を見る

「Sweet Gene Vincent」Ian Dury & The Blockheads

今日の1曲は、イアン・デューリー&ザ・ブロックヘッズの「スィート・ジーン・ヴィンセント」です。
イアンは、7歳の時に小児麻痺を患い、左半身が不自由であったため、オートバイ事故で左足に障害を持っていたジーン・ヴィンセントに「同じく障害を持ったロック・ミュージシャン」としての共感を感じていたのだろう。
名曲です。歌詞↓
http://www.metrolyrics.com/sweet-gene-vincent-lyrics-ian-dury-the-blockheads.html




クラッシュのミック・ジョーンズが参加しています。






New Boots & PantiesNew Boots & Panties
(2006/06/27)
Ian Dury

商品詳細を見る

「Jumpin' Jack Flash 」The Rolling Stones

「俺は嵐の中で生まれた。歯のない髭の生えた魔女に育てられた。」と歌う、この曲の「LOVE YOU LIVE」におけるギターフレーズにノックアウトされたガキは、それ以来、ロックという魔法に取りつかれてしまった。
この魔法は死ぬまで解けそうにない。
今日の1曲は、ローリング・ストーンズの「ジャンピング・ジャック・フラッシュ」です。







アリサ・フランクリンのヴァージョンです。






Love You Live (Reis)Love You Live (Reis)
(2009/11/10)
Rolling Stones

商品詳細を見る

ヒューマニズム レイシズム 陽が沈む 今日も沈む  amazarashi

「夕日信仰ヒガシズム」amazarashi


2014年10月発売のamazarashiの最新アルバムである。
まずは、アルバムタイトルでもある「ヒガシズム」だが、「ヒューマニズム レイシズム 陽が沈む 今日も沈む」と言葉の語呂合わせをうまく使った歌詞が印象的である。そして、「夕日の前では誰もが等しく赤く染まる罪と罰 夕日信仰ヒガシズム 全ては消え行く脆くも有限の一区切り 夕日信仰ヒガシズム」と歌う。あまりにも不平等なこの世界の状況のなかでも、夕日だけは万民共通に訪れる。こういった思いから「夕日信仰ヒガシズム」というタイトルを名付けたのでは、という気持にさせられた。
「穴を掘っている」は、「親父がよく言っていた 「悪人も天国へいけるぜ」 だって神様も悪人 だってことはガキだって知ってるぜ 泣いても喚いても祈っても こんな世界に生れ落ちたのが証拠」と歌う。秋田は「神なる存在の正体」と、「この世界の真実」を明らかに理解している。また、「絶望を連れてくるのは希望」という歌詞には、PANTAが以前、「右目の希望を左目の絶望が笑っている」と歌っていたことを思い出した。秋田がその曲を知っていたか否かは知らないが、もし知らなかったとしたら、シンクロニシティの存在を証明していることになるのではないだろうか。
「雨男」は、「暗闇と生涯暮らすには 僕はもう沢山知りすぎた」と歌う。どうやら、秋田は「知りすぎた男」であるようである。そして、「「やまない雨はない」「明けない夜はない」とか言って明日に希望を託すのはやめた」と歌う。秋田は「根拠のないポジティブシンキングは役に立たない」ことを理解している。
「ひろ」は、19歳の自分に、当時「将来はこうなりたい」と思っていた理想と、現在の「理想どおりになれなかった自分」に対して、自分の心のうちを語っている内容である。秋田の人間性と「前向きな素直な心」が感じ取れる名曲である。この歌は、「この世界の真実」に気付いていないが、「この世界をよくしたい」「明るい未来を築いていきたい」と、前向きに考えている大多数の人間(例えば「ゆず」や「いきものがかり」のファン)でも、素直に好まれる曲であると思う。

ところで、「amazarashi イルミナティ」で検索すると、当ブログのこの記事が一番初めに出てくる(笑)。秋田君、君の歌う楽曲は、現存するJポップ歌手のなかでも群を抜いて優れているのは間違いないと思いますよ。しかし、そろそろ「三角とホルスの目のマークをバンドのロゴに使用する」のはやめたほうがいいんじゃないですか?それとも、なにかやめられない理由でもあるんですか?ソニーの指示なんですか?













評点:100点



夕日信仰ヒガシズム(初回生産限定盤)(DVD付)夕日信仰ヒガシズム(初回生産限定盤)(DVD付)
(2014/10/29)
amazarashi

商品詳細を見る

「PERSIAN LOVE 」HOLGER CZUKAY

今日の1曲は、ホルガー・シューカイの「パージャン・ラヴ」です。







ムーヴィーズ(紙ジャケット仕様)ムーヴィーズ(紙ジャケット仕様)
(2007/08/03)
ホルガー・シューカイ

商品詳細を見る

只者ではない「天使の声を持つお祖父さん」 ROBERT WYATT

「Different Time」ROBERT WYATT


ロバート・ワイアットの2014年11月発売の最新ベストアルバムである。
そして、ロバートは今作品で音楽活動の停止を発表しているため、ラスト・アルバムともなる。
ロバートは、1945年1月28日生まれ(もうすぐ70歳の誕生日である)のイギリス出身のミュージシャンである。ソフト・マシーン、マッチング・モールを経由して、1974年よりソロとなる。1972年に、パーティーで酔ったまま5階から転落し、その後下半身不随となりながらも音楽活動を続ける。
ロッド・スチュワートがあのガラガラ声をセールスポイントにしているのとは対照的に、ロバートは澄み切ったハイトーンの声をセールスポイントにしたミュージシャンである。
私個人としては、両者共に、甲乙つけがたいほどの“好みの声”ではあるが。
ロバートはよく「唯一無二の声を持つミュージシャン」と紹介されることが多いが、私は「天使の声を持つお祖父さん」と呼ばせていただきたい。

アルバムは2枚組みであり、1枚目はソフト・マシーンからソロに至るまでの曲が収められており、2枚目は他のミュージシャンとのコラボ作品が収められている。
いきなり、ソフト・マシーンの大作「ムーン・イン・ジューン」で幕を開けるが、なんとこの曲は20分弱もする。ロバートの自作であり、ソフト・マシーンでヴォーカルを取った最後の曲ということで思いいれもあるのだろうが、とてもベストアルバムの最初に持ってくる長さの曲ではない。やはり、ロバートは只者ではないようである。
「サインド・カーテン」はマッチング・モールの曲だが、ロバートの自作であり、「これが最初のヴァース、そしてこれがコーラス、そしてこれが二番目のヴァース」と、淡々と曲の構成を説明しているような歌詞である。やはり、ロバートは只者ではない。
「ジ・エイジ・オブ・セルフ」はロバートの自作であり、ベースのリフが印象的な曲である。「世界中の労働者が今も、リオ・ティント社のせいで死んでいる」との歌詞が光る。ロバートはきっちりとロスチャイルドを批判している。やはりロバートは只者ではない。
「フリー・ウィル・アンド・テスタメント」は共作だが、実に美しい名曲である。「つまり自分を知っていると言っても、どうしてそれがわかる?クモ恐怖症を理解するクモとは、いったいどんなもの?」「僕は自由だったことがあるんだろうか、僕にならない選択もあっただろうに」と歌う。あまりに深い・・・。やはり、ロバートは只者ではない。










<参考記事>
http://ototoy.jp/feature/2014122001
まさに集大成! 希代の音楽家、ロバート・ワイアットの全キャリアを凝縮したベスト・アルバムを配信

http://www.timeout.jp/ja/tokyo/feature/3473
ロバート・ワイアットについてあなたが知らない8つのこと


評点:90点








ディファレント・エヴリ・タイムディファレント・エヴリ・タイム
(2014/11/26)
ロバート・ワイアット

商品詳細を見る

「My Sweetness 」Stuff

今日の1曲は、スタッフの「マイ・スウィートネス」です。







スタッフ!!スタッフ!!
(2014/11/12)
スタッフ

商品詳細を見る

「Touch Me」The Doors

今日の1曲は、ザ・ドアーズの「タッチ・ミー」です。
私事ですが、結婚式のエンディングに、この曲をかけました。




カラオケです↓






ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・ザ・ドアーズ~40周年記念ミックス~ <ウルトラ・ベスト 1200>ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・ザ・ドアーズ~40周年記念ミックス~ <ウルトラ・ベスト 1200>
(2013/12/04)
ドアーズ

商品詳細を見る

「Wild Wild Life」Talking Heads 

今日の1曲は、トーキング・ヘッズの「ワイルド・ワイルド・ライフ」です。









ベスト!ベスト!
(2004/12/08)
トーキング・ヘッズ

商品詳細を見る

彼ら全員、イスラエルの諜報機関たとえばモサドの隠れユダヤ人である。

「首切りエンターテイナーショーに、血税2900億円を上納する売国政治家」


まずは、こちらをどうぞ↓


毎日のように大本営発表を報じ続けるマスゴミに、いまだに国民は騙され続けているのだろうか。あまりのアホらしさに、開いた口が塞がらない次第である。
こんなくだらんニュースを見ているぐらいなら、昔の仮面ライダーとショッカーの戦闘シーンでも見ていた方が、きっと為になるだろう。
詳細は省く。紹介するブログ記事を見ていただいたら、ご理解いただけるだろう。
「テレビニュース」と「仮面ライダー」が大差ない、ということを・・・。
それにしても、「近畿がない」というのは気になりますナァ・・・。



(つむじ風)さん
http://blog.goo.ne.jp/tumuzikaze2/e/4accfaeedd10c3921ad97f4414cdc481
首切りドラマ?! 日本人版リリース?!


(嗚呼、悲しいではないか!)さん
http://ameblo.jp/jicchoku/entry-11978928631.html
マダム・ロスチャイルド
2015-01-19 21:00:00
テーマ:ブログ
マダム・ロスチャイルドからの手紙だそうです
http://www.darkmoon.me/2015/madame-rothschild-know-behind-paris-attacks/


親愛なるラシャ

私はあなたが促すウェブサイトのコメント欄に書きこむことはない。何故ならそうすることは子供のようだと感じざるを得ないので。私が最も強調しようとすることは私の個人的情報に基づいており、あなたが知っているように私はフランスの居住者でありパリやその他の高官に多くの友達を持っている。パリの馬鹿騒ぎがイスラム教徒によるものではないと信じているというだけではなく、私は実際のそうではない確証を知っている。

イスラム教徒は何もしていない-繰り返すが何もしていない-先週パリで起こった大虐殺に関わることはなんであれ。

私が知っている数名の若い女性が、パレスティナ運動の活動家であり、ジョージ・ギャロウェイだと思いますが、彼らの同胞とともに二日前に全てを説明した。子の全体の事件はブラッセルで組織化された。噂によれば射殺されたという最初のフランス警官のアーメッド・メラベットさえ、イスラム教徒では全くなかった。彼の本当の名前はアビグドールであり、彼の弟の名前はマローチであり、最近メレクに変えた。彼ら全員、イスラエルの諜報機関たとえばモサドの隠れユダヤ人である。

アンビグドールは今ブエノスアイレスにおり、そこに6年間とどまることになるだろう。それはイスラエルの心理作戦に深く関連する標準的作戦行動である。その後、彼は新しい名前で表に出てくるが、その時には勿論、民衆はパリ攻撃について全く忘れているだろう。

グラディオを覚えていますか?もし覚えていないなら、それでも構わないが、あなたはそれによって今まさに生きている。

ラーシャ、私は延々としゃべり、果てることなくしゃべり続けられ、膨大に長く書くことができると知られていますが、これが今のところ全てです。私はシドニーからフランスと英国に戻る三月には時々Eメールできるでしょう。うまくゆけば、周りにはうろちょろ歩く人もなく、我々は座ってワインを共に楽しめるでしょう、二人の女王にふさわしく。一人はドラマの女王(私)、もう一人は神秘の女王(貴方)

これで終わりです。これで失礼します。お元気で、お会いしたいです。

エリーK

追伸:パリの茶番について
その演技者達が支払われた金額を言うのを忘れました。666,000ユーロまたはドルであり、その事件が演じられた国によって拠出された。その金額はあなたにはランダムで無意味に思えるかもしれないが、秘密主義のユダヤ人にとって数秘術と合図がいかに重要かを知れば、物事が意味をなし始める。

さらに、6という数字の意味合いは、その実行部隊はその数字の年間は再登場は許されないこにあなたは気づくでしょう。

彼らは新たに創作された登場人物の下で非の打ちどころのない世間体の生活を生きて、6年間身を潜めていなければなりません。彼らは最終的に日中の強い光の中に浮かび上がるとき、それは彼らが彼らのオリジナルの芝居を行った国になることはありません。

したがってアヴィグドール、パリ作戦の「英雄」、そして彼の共犯のすべての残りの犯罪者は、他の場所で新しい生活を開始します:新しいアイデンティティ、新しい論文、提供される新しい身分証明書、パスポート、さらには新しい家で。すべてのものが人生で新しいスタートが切れるように、これらの工作員に与えられます。妻やおとり捜査員であるパートナーを含め。絶対に何も何も、、偶然に任されてはいない。

ELLIE KATSNELSON (pen name)だそうです。

彼女をここで見つけました。(教えてもらったんだけど)



(建築とかあれこれ 呪いもあれこれ)さん
http://kinokokumi.blog13.fc2.com/blog-entry-7101.html
安倍総理だけが消され…
近畿がない!!!



「My Baby」The Pretenders

今日の1曲は、プリテンダーズの「マイ・ベイビー」です。








ザ・グレイト・プリテンダーズ(シングルズ)ザ・グレイト・プリテンダーズ(シングルズ)
(2015/02/25)
ザ・プリテンダーズ

商品詳細を見る

偽旗テロ→偽旗テロ対策支援

「“テロ対策支援”を口実に、国民の血税を湯水のように「彼ら」に献上する売国政治家」


最近は、ニュースを見聞きすること自体が、アホらしくなってきている。
安倍は、アメリカ・イスラエルの傀儡であることが知れわたっているアルカイダによって指令されていたと犯人が公言しているパリの偽旗テロに対して、「テロとの戦い」を強調するだけでなく、 これまたアメリカ・イスラエルの傀儡であることが分りきっているイスラム国に対する“テロ対策支援”として、中東に25億ドル(約2900億円)を支援するらしい。
そして、この日本のとった行動に不満を持ったイスラム国が、日本人二人を拉致し、日本政府に2億ドルを要求しているという・・・。
どこまで本当で、どこから嘘なのか・・・、この拉致ニュースも本当なのか否か・・・。
大半が嘘だろうが、実際問題、訳が分らない。
それにしても、2900億円とはスゴイ大金ですよ。日本はそんなに金持ちなんですか?
借金国家ではなかったんですか?そんなお金があるのなら、震災等で困り果てている自国の国民に優先して援助してあげるべきではないのですか?
そもそも首相というものは、そんな大金の使用方法を、国会や国民の意見も聞かないで、即決できるものなんですね。私は素人だから法律的なことはよく分かりませんが、単純に、常識としておかしいと思います。野党もグルなのかどうか分りませんが、文句の一つぐらい言うべきじゃないんですか?
そもそもテロも、アルカイダも、イスラム国も、全部嘘じゃないですか!
私のような素人でも分るのに、政治家さんや、マスコミさんが分らないわけないでしょ!
すみません、皆さん全員、「彼ら」のお仲間だったんでしたね。皆さんの「お仕事」は国民を騙すことであり、真実を追究することではなかったんですもんね。
あ~、アホらし・・・。
この2900億円も、中東というよりも、「彼ら」イルミナティに渡されるんでしょうね。
身代金の2億ドルも、イスラム国経由で「彼ら」に渡されるんじゃないんですか?
替え歌を歌ってるぐらいじゃ、腹立たしさは収まりませんワ。



http://mainichi.jp/select/news/20150118k0000m010026000c.html
安倍首相:中東に2900億円支援…地域の安定訴え
毎日新聞 2015年01月17日 19時39分(最終更新 01月17日 22時21分)
 【カイロ高橋恵子】安倍晋三首相は17日午前(日本時間同日午後)、エジプトの首都カイロで開かれた日エジプト経済合同委員会で演説し、中東の安定に貢献するため、地域全体に人道支援、インフラ整備など非軍事分野で新たに25億ドル(約2900億円)の支援を実施すると表明した
首相は演説で、イスラム過激派組織「イスラム国」の活動拡大などを踏まえ、「テロや大量破壊兵器を当地で広がるに任せたら、国際社会に与える損失は計り知れない」と危機感を表明。日本と中東は本来、「中庸が最善」という考え方を共有しているとして、この地域が安定を取り戻すために「変わらぬ伴走者でありたい」と訴えた。首相は2013年にサウジアラビアを訪問した際、22億ドルの支援を表明し、既に実行済み今回は追加支援になる
 具体的には、「イスラム国」の脅威にさらされているイラク、シリア、トルコ、レバノンの難民支援などに総額2億ドルを拠出。民主化運動で混乱が続くエジプトに国際空港拡張や電力網整備に3億6000万ドルの円借款を供与する。首相は交通インフラや再生可能エネルギーに関する日本の技術を提供する考えも示した。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150120-00000080-jij-pol
「イスラム国」日本人殺害警告=湯川さんら2人か―72時間以内、2億ドル要求
時事通信 1月20日(火)15時27分配信
【エルサレム時事】シリア、イラクで勢力を拡大する過激組織「イスラム国」を名乗るグループが20日、湯川遥菜さん(42)=千葉市出身=とフリージャーナリストの後藤健二さん=仙台市出身、1967年生まれ=とみられる日本人2人を人質に取り、身代金2億ドル(約235億円)を72時間以内に支払わなければ殺害すると警告するビデオ声明をインターネット上に公表した。イスラム国による日本人殺害警告が確認されれば初めてとなる。
 政府関係者は20日夜、ビデオ声明について「本物の可能性が高いとみている」と述べ、信ぴょう性は高いとの見方を示した。
 殺害警告を受けて、安倍晋三首相は菅義偉官房長官に対し、事実関係の確認に全力を挙げるとともに、関係国と協力し、人命第一に対応するよう指示。安倍首相は訪問先のエルサレムで記者会見し、「人命を盾に脅迫することは許し難いテロ行為で、強い憤りを覚える。直ちに解放するよう強く要求する」と表明した。政府は首相官邸の危機管理センターに対策室を設置した。
 イスラム国が投稿したとされるビデオ声明には、湯川さんらとみられる男性2人が写っており、オレンジ色の服を着て、砂漠で並んでひざまずかせられている。
 声明は「(安倍首相が)イスラム国から8500キロ離れた場所から、進んで(イスラム教徒を攻撃する)十字軍に参加を約束した」と非難。要求している2億ドルの身代金について、「1人1億ドル」と主張した。
 安倍首相は、17日にカイロで行った演説で、イスラム国対策としてイラクなどに2億ドル程度の支援を行うと表明しており、声明は支援額と同額の身代金を要求した。これに対し、安倍首相はエルサレムの会見で、2億ドル支援は「避難民が必要としている人道支援だ」と述べ、予定通り実施すると明言した。


(世界の裏側ニュース)さん
http://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-11978926221.html
アメリカの政治家も 「パリ攻撃は偽旗」
アメリカの政治家ジャック・リンドブラードが、パリのシャルリエブドでの殺戮は「アメリカとモサド」がイスラエルのネタニヤフの権力を保つために行ったと主張

Paris attacks: US politician Jack Lindblad claims Charlie Hebdo killings were by 'US and Mossad' to keep Israel's Netanyahu in power

1月15日【Independent】http://www.independent.co.uk/news/world/europe/paris-attacks-us-politician-jack-lindblad-claims-charlie-hebdo-killings-were-by-us-and-mossad-to-keep-israels-netanyahu-in-power-9979696.html


アメリカの上院議員候補者が、先週パリで起こった残虐な攻撃の背後にある隠された理由について彼が信じている説について発言した彼はこの殺戮はテロリストによるものではなく、アメリカとモサド(イスラエルの諜報機関)がイスラエルの現首相の権力を維持する目的で行ったと考えているとのこと

クアシ兄弟およびアメディ・クリバリは、集団でパリ市内での3回に渡る衝撃的な攻撃の間に17人を射殺しているが、プレスTV(イランの国営放送)とのインタビューに対し、ロサンゼルス市議会のグリーン党所属のジャック・リンブラード氏は、これは彼らの過激な宗教上の信念によるものではなく、アメリカ政府およびモサドからの命令を受けて実行したものであると主張している。

リンブラード氏はさらに、今回の血なまぐさい攻撃は、ヨーロッパを「(ベンジャミン)ネタニヤフの言いなり」のままに維持し、イスラエル首相である彼の権力を確かなものにすることを目的に編成されたものであると信じていると付け加えている。

彼はさらに、ジャーナリスト11人および警察官1人が殺害された攻撃の間、シャルリエブドの事務所の外に残されたクアシ兄弟の逃亡用の車はモサドの工作員によって意図的に残されたもので、現場に残された一人のテロリストのパスポートも「911事件と全く同じで、故意に」残されたものであると主張し、この痕跡を「偽旗作戦」のものとしている。

その後、ISIS(イスラム国)の過激派集団はパリの攻撃を賞賛し、同様の事件がもっと起こるだろうと警告する動画を公開。その後、「アラビア半島のアル=カイーダ(AQAP)」が今回の攻撃は同集団によるものであると公表している。

フランスの警察は、「テロリズムを賛美した」件で54人を逮捕している。


アメリカ政府がテロ行為を支援、あるいは政府への反対意見を根絶する目的でアメリカ市民のプライバシーの権利を蹂躙しているとリンドブラード氏が主張したのは以前にもあった。

昨年、同氏はアメリカ当局が自らの利益のために紛争の「両側に資金を提供」しており、FBIによる監視手段は、アメリカ市民をコントロールし、あらゆる形式の革命が起こらないように作られたものであると主張している。

彼はさらに、パリの攻撃はアメリカ政府の仕業である可能性があるという今週のロシアの新聞によるアメリカ主導の陰謀を示唆するコメントを続けている。

ロシアの新聞、コムソモールスカヤ・プラウダ紙は今週、「アメリカ人がパリのテロ攻撃を計画的に実施したのか?」というヘッドライン記事を打ち出し、今回の殺害の背後にアメリカ政府がいることを示唆するような内容の複数のインタビューを報道している。

うち一人は、今回の攻撃はフランスのフランソワ・オランド大統領が、ロシアに対して現在行われている経済制裁に対する考え方を揺らがせたことに対する復讐であったと示唆している。

この攻撃に団結して反対する目的で行われたパリでの行進に世界の政治リーダーらが50人押しかけた翌日、トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領はこの攻撃の責任は「西側」にあると非難し、明らかに「二枚舌」であると主張している。

「イスラム教徒として、私たちはテロ行為あるいは大虐殺に味方したことは一度もありません。人種差別、兵とスピーチ、そしてイスラム恐怖症がこれらの大虐殺の背後に潜んでいます」

「犯罪者が誰かは明らかです。フランス人がこの大虐殺を企て、イスラム教徒が非難されているのです」とトルコの大統領は今週、主張している。


(櫻井ジャーナル)さん
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201501190000/
2015.01.19
米軍主導の空爆開始以来、ISの支配地域が3倍に拡大した背景には米国、イスラエル、サウジの動き
昨年9月、IS(イスラム首長国。ISIS、ISIL、IEILとも表記)に対する空爆をアメリカは始めた。サウジアラビア、ヨルダン、バーレーン、アラブ首長国連邦といった親米イスラム国を引き連れての攻撃だが、最初に破壊されたビルは、その15から20日前の段階で蛻の殻だったとCNNのアーワ・デイモンは翌朝の放送で伝えているアメリカをはじめとして、攻撃したのはISを創設、支援、訓練してきた国々。情報が漏れても不思議ではない。

 ウォール・ストリート・ジャーナル紙によると、それから約4カ月後、シリア領内でISが支配する地域は3倍に拡大したという。この間にアメリカはシリアの「穏健派反政府軍」に武器を供与して戦闘員を訓練、さらに400名のアメリカ兵を訓練のために派遣するとしているのだが、これまで訓練を受けた少なからぬ戦闘員が武器を携えてISへ「投降」している訓練期間は「穏健派」、訓練が終わればISというようにラベルを貼り替えているだけにしか見えない。事実上、アメリカ軍がISに武器を提供、その戦闘員を訓練している。



 2013年9月、退任間近だった駐米イスラエル大使のマイケル・オーレンは、イスラエルの希望はシリアの体制転覆であり、バシャール・アル・アサド体制よりアル・カイダの方がましだとエルサレム・ポスト紙のインタビューで語っている。イスラエルはこれまで何度かシリアを空爆しているが、ISを支援するものだと指摘されている。

 その前年、2012年にはヨルダンの北部に設置された秘密基地でアメリカの情報機関や特殊部隊がISの主要メンバー数十人を含む戦闘員を軍事訓練、トルコと同じようにヨルダンにISはシリアへの侵入ルートを持っていると言われている。

 ISがファルージャとモスルを制圧した際、その動きをスパイ衛星や通信の傍受などで把握していたはずのアメリカが反応していないことに疑惑の目を向ける人は少なくない。イラク軍の一部指揮官が戦闘を回避したとも言われている。

 その当時に首相だったノウリ・アル・マリキはメーディ・サビー・アル・ガラウィ中将、アブドゥル・ラーマン・ハンダル少将、ハッサン・アブドゥル・ラザク准将、ヒダヤト・アブドゥル・ラヒム准将を解任、昨年3月には、サウジアラビアやカタールを反政府勢力へ資金を提供していると批判している。

 マリキは反政府軍対策のため、アメリカ政府に対して2011年と12年にF-16戦闘機を供給するように要請、契約もしていたが、納入は遅れていた。そこで昨年6月にマリキはロシアに支援を要請、受け入れられ、数日のうちに5機のSu-25近接航空支援機がイラクへ運び込まれた。

 アメリカからロシアへ軸を移そうとしたマリキは選挙で勝利したものの、次期首相に指名されなかった。アメリカ政府から支援を約束されたフアード・マアスーム大統領がハイダル・アル・アバディを指名したのだ。アバディはイギリスのマンチェスター大学で博士号を取得した人物で、サダム/フセイン時代にはロンドンで亡命生活を送っていた

 本ブログでは何度も書いているが、イスラエルはアメリカ(ネオコン/シオニスト)とサウジアラビアと手を組み、シリア、イラン、そしてレバノンのヒズボラを倒すための秘密工作を始めたとシーモア・ハーシュがニューヨーカー誌に書いたのは2007年のこと。

 ISはイラクだけで活動していた時期、ISI(イラクのイスラム国)と呼ばれていた。このISIが編成されたのは2006年のこと。その核になった武装集団がAQI(イラクのアル・カイダ)で、2004年に創設されている。

 AQIを率いていたのはアブ・ムサブ・アル・ザルカウィなる人物だが、ISIが編成されてから5カ月ほど後に殺され、アブ・アブドゥラ・アル・ラシド・アル・バグダディとエジプト在住のアブ・アユブ・アルーマスリが引き継いだとされている。このふたりは2010年に殺され、アブ・バクル・アル・バグダディが新しいリーダーになって現在に至っている。

 ネオコン/シオニストがシリア、イラン、イラクの殲滅を口にしたのは遅くとも1991年のこと。ウェズリー・クラーク元欧州連合軍最高司令官によると、国防次官だったポール・ウォルフォウィッツがそう話していたという。その翌年、国防総省の内部ではウォルフォウィッツを中心とするグループがDPG(国防計画指針)の草案を作成、EU、旧ソ連圏、南西アジアが新たなライバルに育つことを阻止しようとした。

 遅くとも1991年の段階でネオコン/シオニストはシリア、イラン、イラクの体制を倒そうとしていたわけで、この戦略は現在も生きているはず。ハーシュの記事は、ISがアメリカ、イスラエル、サウジアラビアの秘密工作で作られた戦闘集団だと示唆している。ISの支配地拡大はそうした疑惑をさらに強めている。

 そうしたISは破壊と殺戮だけでなく、「性的聖戦」とか「聖戦結婚」という名目で、女性を「慰安婦」にしていることでも知られている。2013年頃は騙されていたようだが、後に拉致されるようになった。最近、そうした行為を拒否した女性、約150名を殺害したと伝えられている。


http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201501170000/
2015.01.17
「言論の自由」を宣伝するデモでイスラエルのパレスチナ人弾圧を口にしたBBC記者へ解雇の脅し
フランスのシャルリー・エブド紙が襲撃された事件を受け、「テロに抗議」、言論の自由を訴えるという名目のデモがあり、フランス全土で約400万人が参加したという。そのデモにはフランスのフランソワ・オランド大統領をはじめ、各国の首脳が顔を見せていたが、その首脳は警官隊に警備され、隔離された場所で演技していたにすぎなかった。

 アメリカからの参加がなかったようだが、偽善的な行為に加わりたくなかったと言うわけではなさそうだ。捜査を指揮していながら事件の直後に「自殺」したエルリク・フレドゥがはアメリカ政府高官の逮捕令状を要求していたという噂もある。

 事件の舞台になったシャルリー・エブドでは6年前、「反ユダヤ」と言われた漫画を書いたという理由でモーリス・シネという漫画家が解雇されている。同紙で20年にわたって漫画を書いていたベテランだという。

 フランスのデモを取材したBBCの記者、ティム・ウィルコックスはインタビューの中でパレスチナ人がユダヤ人によってひどい目にあっているとする指摘が少なくないと発言したところ、解雇を求める声がアメリカの有力メディアからも出た。結局、解雇を避けるために謝罪したというが、西側が宣伝する「言論の自由」とはこの程度のもの

 日本の大手メディアは「大本営発表」型の報道を受け継ぐ支配層の宣伝機関にすぎないことは言うまでもないが、それを強調しようとしたなのか、アメリカの有力メディアを持ち出す人がいる。ウォーターゲート事件を追及したボブ・ウッドワードとカール・バーンスタインは英雄に祭り上げられ、彼らの所属していたワシントン・ポスト紙は「言論の自由」を象徴する媒体と見なされているようだ。

 しかし、そのバーンスタインは1977年にワシントン・ポスト紙を辞めた後、ローリング・ストーン誌に「CIAとメディア」という記事を書いているそれによると、400名以上のジャーナリストがCIAのために働き、1950年から66年にかけて、ニューヨーク・タイムズ紙は少なくとも10名の工作員に架空の肩書きを提供しているとCIAの高官は語ったという。(Carl Bernstein, “CIA and the Media”, Rolling Stone, October 20, 1977)

 本ブログでは何度も書いていることだが、アメリカの支配層は1948年頃中、情報操作を目的とするプロジェクトもスタートさせている。いわゆる「モッキンバード」で、その中心には4名がいた。ウォール街の弁護士で大戦中から破壊活動を指揮していたアレン・ダレス、やはりウォール街の弁護士でダレスの側近として極秘部隊OPCの局長を務めたフランク・ウィズナー、ウィズナーと同じようにダレスの側近で後にCIA長官に就任するリチャード・ヘルムズ、そしてワシントン・ポスト紙の社主だったフィリップ・グラハムである。(Deborah Davis, “Katharine The Great”, Sheridan Square Press, 1979)

 このプロジェクトには他のメディア幹部も協力、CBSの社長だったウィリアム・ペイリー、タイム/ライフを発行していたヘンリー・ルース、ニューヨーク・タイムズ紙の発行人だったアーサー・シュルツバーガー、クリスチャン・サイエンス・モニターの編集者だったジョセフ・ハリソン、フォーチュンやライフの発行人だったC・D・ジャクソンなどの名前も挙がっている。一般にリベラルと見なされているニューヨーク・タイムズ紙やロサンゼルス・タイムズ紙なども体制派の新聞にすぎない。

 第2次世界大戦の前、ウォール街の大物たちがフランクリン・ルーズベルト大統領を引きずり下ろしてファシズム体制を樹立させようとしていたとき、反ルーズベルトのキャンペーンに新聞を利用することになっていた。こうしたことはスメドリー・バトラー退役少将の議会証言で明らかにされた。

 アメリカは嘘の上に築かれた国であり、アメリカの有力メディアが言論の自由を尊重しているということも嘘のひとつにすぎない。ワシントン・ポスト紙が「有力紙」と見なされるようになったのは、モッキンバードで社主だったフィリップ・グラハムがアレン・ダレスと手を組んで以降のことだ。


「Winners & Losers 」Iggy Pop

今日の1曲は、イギー・ポップの「ウィナーズ&ルーザーズ」です。







ブラー・ブラー・ブラーブラー・ブラー・ブラー
(1993/12/20)
イギー・ポップ

商品詳細を見る

「さるしばい」ソウルマン

「イルミナティがこの世界から滅び去った世界を夢見て、歌を作りました」


いつも「お気に入りの歌」と「陰謀記事」を中心に書いている当ブログだが、今回は、この二つを合体してみました。
さらに、元来私が生粋の“宴会男”であることは、生の私を知ってる人にはけっこう有名な話なのだが、その宴会男としての“遊び心”を加えてみました。
曲は、先日紹介した岩井宏の「かみしばい」の替え歌です。
「彼ら」イルミナティがこの世界から滅び去った後、生き残った世界の人々が、「過去に存在していたイルミナティ」のことを、「過去に存在していた紙芝居屋の親父」のように懐かしんで(?)歌う、という設定にしてみました。
是非、皆さんも歌ってみてください(笑)
流行らしてください(笑)



「さるしばい」

(1番)
さるしばい さるしばい
さるしばい屋のイルミナティはもういない

子飼いのISISやアルカイダを使って、偽旗テロをする
自作自演の臭い演出、呆れたものですナ

(2番)
さるしばい さるしばい
さるしばい屋のイルミナティはもういない

小さな小島に大きな問題を創って、戦争を演出する
独裁者や共産主義を自ら創って、戦争を企画する

(3番)
エイズやエボラや鳥インフルエンザを作って、国民を怖がらせる
感染対策と嘘をついて、毒ワクチンを強制する

さるしばい さるしばい
さるしばい屋のイルミナティはもういない

(4番)
ケムトレイルや人工地震を起こして、気象を操作する
原発テロで放射能をばらまき、人口削減に力を入れる

さるしばい さるしばい
さるしばい屋のイルミナティはもういない






「彼ら」(=イルミナティ)の数々の悪事を歌詞にしたら、まだまだ続編が作れそうだが、きりがないので此の辺にしときます。
2015年度レコード大賞最有力候補!
晴れて紅白出場が実現したら、実名で出演することを約束します。

最近インフルエンザにかかり、熱で頭がおかしくなったみたいです(笑)
大変、失礼しました。

「Tonight's The Night [Gonna Be Alright] 」Rod Stewart

今日の1曲は、ロッド・スチュワートの「Tonight's The Night [Gonna Be Alright] 」です。









ナイト・オン・ザ・タウン・デラックス・エディションナイト・オン・ザ・タウン・デラックス・エディション
(2013/05/29)
ロッド・スチュワート

商品詳細を見る

「かみしばい」岩井 宏

今日の1曲は、岩井 宏の「かみしばい」です。
岩井さんはバンジョーの名手でしたが、56歳で交通事故で亡くなられています。








30才30才
(2012/10/03)
岩井宏

商品詳細を見る

「目玉」は全て知っている。

「阪神淡路大震災から20年、騙され続ける人を疑うことのない“純情な”日本人」


神戸では地震は起きませんから・・・。
こういった話を、私は昔聞いたことがある・・・。
当時、その会話に不自然さを感じる人間はいなかっただろう。
大多数の人間が、「神戸で地震が起こるはずがない」と、思っていたはずだ。
それが起きた・・・、いや起こされた・・・、それも、とてつもない奴が・・・。
あれから早いもので20年になるらしい。
20年経っても、200年経っても、この世界をキチガイが支配している限り、真相は永遠に伝えられないだろう。自ら“知ろう”としない限り。
真相は、下記ニュースの追悼式典における「目玉」の如き祭壇が、全てを語っている。
「百聞は一見にしかず」、である。



http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150117/t10014756641000.html
阪神・淡路大震災20年の追悼式典


(ザ・エデン)さん
http://kinnikuking.blog81.fc2.com/blog-entry-1286.html
阪神淡路大震災の謎
阪神淡路大震災(兵庫県南部地震)発生前に見られた発光現象。


2014年8月27日にカリフォルニアで発生したM6.0の時にも、謎の光が目撃された。


http://karapaia.livedoor.biz/archives/52172497.html
                <※上記サイトより>
プラズマ?政府の極秘実験か?それとも・・・アメリカで地震発生前に観測された正体不明の光の謎

2014年8月27日午後9時13分、カリフォルニア湾一帯をマグニチュード6.0の地震が襲った。
奇妙なことに、地震発生前やその最中に、上空で謎の光が目撃されていたという。もしかしたらこの地震と関係があるかもしれないと噂されている。
映像はカリフォルニア州サンタローザの監視カメラが、2014年8月24日午前3時頃に撮影したものだ。この地域を地震が襲う前、およそ7分間に渡って、数秒毎の光が輝いている。しかも、その内の一つはかなり大きい。
地震のストレスで故障した変圧器が原因である可能性もあるが、そうであるならば激しく地面が揺れている間は光が消失してしまうはずだ。
さらに同様の光は、数十年以上前から多くの地震発生地で報告されているが、そこに変圧器は存在しなかった。
                      <※引用終了>

2011年4月7日に日本の宮城県で震度6強が発生したが、その時にも謎の光が目撃された。


この光は、変電所がショートしたものだと一般では言われているが、地震発生時、変電所に人は居なくて誰もそれを目撃した者はいない。
<※詳細⇒ http://www.j-cast.com/2011/04/08092593.html?p=all 
ショートなら短い時間で発光は終わるが、この光はかなり長いし、映像を良く見ると複数の場所から発光が見られる。
(※阪神淡路大震災前の発光現象を記録した映像を見ると、同じく複数の場所から発光が見られる)
8日朝、変電設備がところどころ黒く焦げている様子が確認されているらしいが、地震兵器による発光現象を変電所のせいにするために、黒く焦げさせる工作員を派遣した可能性も考えられる。

地震と気象を操る兵器と言えば『HAARP(http://kinnikuking.blog81.fc2.com/blog-entry-1175.html)』。


2011年3月13日、桜島噴火時に観測された謎の発光




http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-241.html
悪魔の数字と人工地震

http://www.asyura2.com/0502/jisin12/msg/374.html
神戸地震(兵庫県南部地震)は、人工地震と自然地震のダブルの双子地震で、直前に赤い稲妻・キノコ雲が空に走ったとの証言

●地震直前に赤い稲妻が走った!
 人工地震説を唱える人は、一つの根拠として地震発生直前の発光現象を挙げている。
 徳山和夫さん(61歳)が撮影した地震発生直前の発光写真は、有名になった。2月3、4日頃東京新聞、産経新聞にカラー印刷で掲載されたから、記憶している方もいると思う。徳山さんが1月17日午前5時40分頃、神戸市内から淡路島方面に向けて撮影したその写真は、西空が夕焼けの様に赤く染まっている光景を捉えている。やや遠くに、雲を刃物で切り裂いたかのような一直線から、一際赤い空が見えている。その手前は何筋にも雲が切れ、やはり赤い空が見えている。地震発生の数分前の光る西空である。
 「細く薄い雲のような物が、空の石(西)から左(東)に向け、さっと走った。その直後。
 三回、雲越しに稲光のような光が見え、激しい揺れでハンドルをとらえた
(震源から約40
 キロ東の伊丹市を南に向けて走行中だったタクシー運転手の吉井好雄さん--37歳-)
 「雷が落ちた様にピカッと白い光が目に飛び込んできた」(震源地近くの明石海峡付近で底
 引き網漁をしていた淡路島・淡路町の大平憲次郎-48歳-)
 「カメラのストロボをたいたときのように明るくなった」(西宮市から通勤途上だった会社
 員-48最-)(以上3件、「日本経済新聞」1月17日付夕刊による)
 その他、色々の新聞に目撃者談が発表されている。こういう地震直前の空の発光現象は、昭和18(1943)年の鳥取大地震、昭和40年から5年間続いた松代群発地震の時にも見られたもので、今回のも決して雷の見間違いではない(発光現象そのものが電磁波現象である。電磁波からスカラー波(重力波)を発生する事が出来る。重力波と共鳴現象で地震を発生する事が出来る!忍。神戸海洋気象台の「当時、雷は発生していない」という言がある)。
 ところが、キノコ雲の様なものが空に立ち上がったという目撃者がいるらしい。これはどこかのFMで放送されたもので、未だに確かめていないが、キノコ雲といえば、ただ事ではない。これが事実で、目撃者が複数いるならば、原爆による人工地震説の有力な証拠となるかもしれないが、地震の予兆現象には豊富な例を持っている中国では、大地震の直前に巨大なキノコ雲が出現したという報告がある。
 又目撃者の中には「赤い稲妻が走った」というのもある。その「赤い稲妻」が雷の稲妻のように上空から地上に向かって光ったならば、次のような推理も可能だろう。
 「地震直前、空が1/4程不気味な赤色になり、赤い稲妻が走ったのを見たという数人の証
 言がある。これは震源を発生させる断層に向かってマイクロウェーブ波を撃つ時、複数のマ
 イクロウェーブ波の焦点を取る為に、人工衛星からマイクロウェーブを発射した時起きたプ
 ラズマ現象である。この人工衛星は湾岸戦争の時使われたプラズマ兵器でもある
」(OHさん)



(wantonのブログ)さん
http://ameblo.jp/64152966/entry-11977566877.html
1.17 阪神淡路大震災
~もうじき、20年がこようとしています。

解説:米OSS「戦略事務局」
(CIA「中央情報局」の前身)作成機密文書


2005年4月に米国で公開された
「Psychological Warfare Earthquake Plan Against Japanese Homeland 」

と題する米軍機密文書(1945年、CIAの前身である米戦略事務局OSS
によって作成)によれば、第二次大戦末期の1944年にカリフォルニア
大学のバイヤリー教授を中心とする地震学者たちが総動員され、
日本近海のどこの海底プレートに強力な爆弾を仕掛ければ、人工的に
巨大な津波を起こせるかシュミレーションを繰り返した
」という。

ここでいう「強力な爆発物」とは、開発まもない「原爆」のこと。
この文書には「日本本土攻撃作戦」の副題が付けられ、
「悪魔の攻撃」と呼ばれる章では、「日本人の目を覚まさせるには
地獄に飲み込まれたと思わせる必要がある。
そのためには、地震を恐れる日本人の特性を徹底的に突くべし。
地震攻撃に勝るものはない」と結論付けている。


当時の米軍における研究開発部門の責任者であったスタンレー・ロベル
博士やマーシャル・チャドウエル博士の分析によれば、「日本の周辺に
ある海底の地震プレートをピンポイントで爆破すれば、巨大な津波を
発生させることが可能となる。目標とすべきプレートの周囲8km以内に
爆弾を仕掛ければ、1年以内に狙った場所で地震を起こすことができ、
津波も誘導できる
」。

この秘密文書の最後には「地震・津波攻撃の目的は日本人をパニック
に陥れることで、神国日本や軍部独裁に対する不信感を醸成することにある。
日本人が国家を捨て、個人の生存を第一に考えるようにするための
ショック療法ともいえる」と記されている。

本土決戦を唱える日本に対し「戦意を喪失させるには地震・津波攻撃が
有効手段である」と、最後まで検討されていた。このことを裏付けるのが、
ニュージーランド外務省の情報公開法に基づき、1999年に公開した
極秘外交文書。


曰く
米政府は第二次大戦の末期から地震・津波兵器の開発を進めてきた。
ニュージーランドの沖合いで実施された津波爆弾『プロジェクト・シール』
の実施では30メートルを超える津波の発生に成功。
日本を降伏させるために、この津波爆弾を使うか、
原爆を投下するか検討されたが、精度が高く、効果が大きい
原子爆弾が使用された
」。

実際、ニュージーランドで研究開発にあたっていたコンプトン博士
が米軍の極秘作戦において中心的な役割を担っていた。
同博士は、その後もビキニ環礁での核実験を視察し、津波兵器と
核兵器の比較検討を継続して行ったという記録が残されている



OSS地震兵器機密文書を暴露し

日本の皆さん!阪神大震災は米軍による

日本経済を弱らせるための地震兵器による攻撃だった。

近い将来、ヤツ等はさらに第二、第三と

日本本土に地震攻撃をしかけてくるだろう!


と警告を発し続けたJoe Vialls(ジョー・ヴィアリス)氏の
メッセージを日本のマスコミや指導者層は、キチガイ扱いし、
嘲笑し、無視黙殺を続けた。

そして迎えた今回の東日本大震災。
彼の口を封殺するためか、何者かによって彼は暗殺されてしまい、
彼のサイトも閉鎖された。
現在は同じアドレスで女性ヌードサイトが出てくる。
彼の名を貶め、彼の発言の信憑性を無くす意図が読み取れる。
わざわざドメイン名はそのままにして、内容をそっくり全て
ポルノサイトに変えてしまうとは、何と手の込んだことをするものだ。


私達は、文字通り命を賭けてこの悪魔の軍事作戦が存在する
決定的 証拠を公開して警鐘を乱打し、日本人をそして世界の
人々を救おうとした、彼の勇気を称え、
心から感謝しなければならない。

あいにく彼の努力は今までのところ報われた形跡は無い。
民衆の中に刷り込まれた『地震はプレートが原因の自然現象。
地震兵器などはSFの産物。
本気で信じるのはバカ。』という固定観念は救い難いほど深い。
政財界、マスコミのトップは知っていても黙して語らず。
高い報酬が口止め料だ。

現代の戦争は、宣戦布告によって始まるとは限らない。
否、皆無と言って良い。
まず何らかのイチャモンをつける。
独裁者から民衆を解放する、自国民の財産と生活を守る、
とかもっともそうな理由で軍を派遣し、侵略する。
日本にはイラクのフセインのような外から軍を派遣するに
ふさわしい独裁者が不足している。
日本と中東では文化、政治の背景が違う。
国民性は大人しく、規律を守るので、暴動を煽りにくい。

その場合、脅迫は何の予告も無く、突然襲う自然災害の形を
とって行うのが適当だ。
日本人は何万人殺されても疑問に思わず、
また勤勉にコツコツと復興に向けて仕事に励み出す。
金融マフィア達は冷たい笑みを浮かべ、いつものように
大人しいアリ達を良いカモとして陰で搾取を開始する


民主党情報筋によれば、今回の大震災の直後早速、
彼等は日本国民の血税から60兆円をせしめていったという。
多大な人的物的損害が出て、被災者は生きるか死ぬか
ギリギリの生活を強いられているというのにだ。

しかも財政出動すべき日銀は既に彼等に通貨発行権を
奪われている。

例:10,000円札発行の印刷代20円/枚→通貨発行益9,980円
+政府(国民)への貸し付けで元金と利息を徴収
(参照:日銀法第34条「国に対する貸付け等」)。
何というボロい商売だ。
震災緊急融資でもこうして人の不幸をネタに情け容赦なくむしり取る。
これも地震兵器同様、国民は全く蚊帳の外。
さらに彼等にはハイパーインフレという「金融核兵器」もある。
非情な金貸しが瀕死の日本国にとどめを刺すのか。

現在世界で「公然の秘密」として行われている、
擬似自然現象兵器使用の目的は「脅迫」であったり
「報復」であったり様々だが、指導者層以外、
一般大衆には何も知らされない。
一般人は、悲しみに暮れながらも、自然災害だから
しょうが無い、とあきらめる。

宣戦布告も無ければ、戦争終結宣言も
無い。多大な民衆の犠牲と悲しみだけが残される。
これが現代の、新しい形の隠れた戦争なのだ




後半の半分のみでいいと思います↓



「遙かなるクリスマス」 別府葉子(オリジナルは、さだまさし)

今日の1曲は、別府葉子さんの「遙かなるクリスマス」 です。
オリジナルは、さだまさしです。
別府さんは実力派シャンソン歌手ですが、現代曲も積極的に歌っておられます。


別府さんの公式ブログ「葉子通信」です。
心優しい別府さんの人となりが感じられます。(*CDはこちらで購入できます)
http://yokomusette.blog31.fc2.com/

オリジナルの、さだまさしヴァージョンです。




「SAYONARA」DREAMS COME TRUE

今日の1曲は、DREAMS COME TRUEの「SAYONARA」です。






The Swinging StarThe Swinging Star
(1992/11/14)
DREAMS COME TRUE

商品詳細を見る

偽旗テロ→偽旗追悼行進

「テロだけでなく、追悼行進まで捏造する“嘘八百のこの世界”」


例のパリ偽旗テロの証拠も続々と出てきているが、その後パリで行われた政治家らの追悼行進とやらも、写真が捏造されていたようである。
こういった“真実の報道”をする国は、ロシアのみであるようだ。
アメリカが正義としたことは全て正義となる、どこかの島国のテレビを見ている限り、国民は死ぬまで洗脳され続けるのだろう。
年は変わっても「嘘八百のこの世界」は、一向に改まらないようである・・・ ・・・。



http://japanese.ruvr.ru/news/2015_01_14/282100526/
14.01.2015, 16:26
パリのテロ犠牲者哀悼行進、政治家の行進姿は捏造
シャルリ・エブド社襲撃事件に抗議し、パリで数カ国の政治家らが追悼行進に参加した写真は捏造されたものだった。ドイツ経済ニュース(Deutsche Wirtschafts Nachrichten, DWN)が報じた。
政治家らが行進する姿を捉えた一枚は全世界を駆け巡った。パリでは11日、100万人を越える市民が行進に加わり、テロ事件での犠牲者への連帯を示した。ニュースに踊った文句は、その行進の先頭列には欧州の首脳らがし、追悼行進で市民と政治家らが一体感を示したというものだった。
ところが、実際はこの写真は作られたものであった事が発覚した。政治家らは行進の先頭を歩かず、レオン・ブリュム広場へと続く封鎖された横丁を歩いており、政治家の後に続いていたのは「人民」ではなく、治安維持機関の職員らだった。政治家らの小さな団体の後ろは空白だった。DWNによれば、ル・モンド紙は撮影が行われたのは地下鉄のVoltaire駅付近だと確証づけた。
続きを読む: http://japanese.ruvr.ru/news/2015_01_14/282100526/


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150111-00000010-jij_afp-int
仏紙襲撃事件の10代「容疑者」、心境を告白
AFP=時事 1月11日(日)10時22分配信
【AFP=時事】ムラド・ハミド(Mourad Hamyd)さんは自分自身のことを両親と一緒に暮らす普通の18歳だと言う。しかし、風刺週刊紙シャルリー・エブド(Charlie Hebdo)本社襲撃事件にフランス中がくぎ付けになった日、「3人目の容疑者」として世界中に知られる存在となってしまった──事件発生時、教室で授業を受けていたにもかかわらず、だ。

仏同時人質事件「隠れて助かった」生存者たち、携帯端末も一役

 パリ(Paris)で7日に起きたこの事件の2人の容疑者のうち一方の義理の弟であるハミドさんは、ニュースやソーシャルメディアで自分の名前が出回っていることに恐怖を感じるとともに困惑し、同日のうちに自ら警察に出向いた。そして9日夜、刑事責任を問われることなく釈放された。だが、ハミドさんの動揺は大きい。
 担当弁護士のマリー・キャラガー(Marie Calleghaer)氏と数人の家族が同席する中、見るからに疲れ切った様子のハミドさんはAFPに対し、「事件に衝撃を受け、完全に途方に暮れました。でも、警察の人たちは僕に対し、とても的確な対応をしてくれました」と話した。
 シェリフ・クアシ(Cherif Kouachi)容疑者(32)とサイド・クアシ(Said Kouachi)容疑者(34)の兄弟がシャルリー・エブドを襲撃し、12人を銃で殺害した事件当時、ハミドさんは学校にいたと数多くの人が証言している
 眼鏡をかけた医学部志望のハミドさんは、「僕は両親と静かに暮らしている普通の高校生なのに、僕についてソーシャルメディアで恐ろしいことや間違ったことを書き込んでいる人たちがいたことにショックを受けています」、「犠牲になった人たちに、お悔やみを申し上げます」などと語った。
 現在のところ、警察も全くノーマークだったハミドさんがなぜ事件と関連付けられたのかは不明だ。しかし、ハミドさん自身が指摘し、恐れるとおり、報道やインターネット上の書き込みに登場したその名は、今後何年も不当な非難にさらされ続ける可能性がある。
 ハミドさんは、「これで私の将来に傷が付かなければいいのですが。僕は事件とは何の関係もありません。シェリフ(容疑者)は義理の兄だというだけで、うちの家族とは本当に疎遠でした」と述べた。パリに住んでいた同容疑者が、フランス北部に住むハミドさん一家を訪ねることはほとんどなかったという。
 一方、ハミドさんの親戚の1人はAFPに対し、7日に身柄を拘束された後、10日に釈放されたシェリフ容疑者の妻であるハミドさんの姉について、「無実だと確信している」と語った。【翻訳編集】 AFPBB News


http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201501130001/
(櫻井ジャーナル)さん
2015.01.13
仏週刊紙襲撃を利用し、イスラエル批判を「イスラム過激派」との戦争へ転換しようとするネオコン
フランスの週刊紙、シャルリー・エブドが襲撃されたことを利用して反イスラム団体の動きが活発化しているが、そうした中、アメリカのジョー・リーバーマン前上院議員は「イスラム過激派」に対する地球規模の戦争を呼びかけている。

 リーバーマンはネオコン/シオニストとして有名だが、この勢力は1992年に国防総省の内部でポール・ウォルフォウィッツ国防次官(当時)を中心としてDPG(国防計画指針)の草案を作成した。いわゆる「ウォルフォウィッツ・ドクトリン」。ネオコン/シオニストはこのドクトリンに基づいて行動している。

 このドクトリンではアメリカを唯一の超大国と位置づけ、新たなライバルが出現することを阻止するとしている。潜在的なライバルとして意識しているのはヨーロッパ、東アジア、旧ソ連圏、南西アジア。この草案が作成される前年、ウォルフォウィッツはシリア、イラン、イラクを5年か10年で殲滅すると語っていたという。これはウェズリー・クラーク元欧州連合軍最高司令官の話だ。

 ビル・クリントン政権になるとネオコン/シオニストのホワイトハウスでの影響力は低下するが、政府の外では活発に動き、1996年にはイスラエルの新しい戦略をテーマにした文書「決別」を作成している。その中で労働シオニズムを否定、トルコやヨルダンとの友好関係を深めると同時にイラクからサダム・フセインを排除して傀儡政権を樹立して親イスラエル陣営に取り込み、シリアを孤立させるというシナリオを描いていた

 ネオコン/シオニスト系のシンクタンクPNACは2000年にDPGを発展させる形で報告書「米国防の再構築」を発表、それが01年から始まるジョージ・W・ブッシュ政権が打ち出す政策の基礎になった。

 ブッシュ・ジュニア大統領は当初、「中国脅威論」を叫んでいたが、9月11日にニューヨークの世界貿易センターとワシントンDCの国防総省本部庁舎(ペンタゴン)が攻撃されると中東をターゲットにする。クラークによると、その直後に作成された攻撃予定国のリストにはイラク、イラン、シリア、リビア、レバノン、ソマリア、スーダンが載っていたという。

 シーモア・ハーシュはニューヨーカー誌の2007年3月5日号で、アメリカ、イスラエル、サウジアラビアがシリアとイランの2カ国とレバノンのヒズボラをターゲットにした秘密工作を開始したと書いているのだが、その3年前にイラクではアル・カイダ系の戦闘集団AQIが活動を開始、06年にはこのAQIが中心になってISIが編成され、IS(イスラム国。ISIS、ISIL、IEILとも表記)につながる。この戦闘集団はアメリカ、イスラエル、サウジアラビアの秘密工作で使われている

 いわゆる「アラブの春」の流れに乗る形で2011年にリビアやシリアでも体制転覆の動きが活発化、その年の春からトルコにある米空軍インシルリク基地ではアメリカの情報機関員や特殊部隊員が、イギリスやフランスの特殊部隊員と共同で反シリア政府軍を訓練、12年にはヨルダンの北部に設置された秘密基地でアメリカの情報機関や特殊部隊がISの主要メンバー数十人を含む戦闘員を訓練したと伝えられている。

 アル・カイダ、あるいはISはキリスト教徒など中東の少数派を虐殺するだけでなく、イスラム教徒も攻撃の対象にしてきたが、イスラエルやサウジアラビアへは手を出していない。その背景を暗示する発言を駐米イスラエル大使だったマイケル・オーレンは退任前の2013年9月にしている。イスラエルはシリアの体制転覆が希望だと彼は明言、バシャール・アル・アサド体制よりアル・カイダの方がましだとエルサレム・ポスト紙のインタビューで語っているのだ。イスラエルが負傷した反シリア政府軍の兵士を治療していることも知られている。

 その一方、イスラエルはパレスチナに対する攻撃を続け、破壊と虐殺を繰り返し、国際的な反発が強まっていた。そうした声はヨーロッパの支配層にも影響を及ぼし、例えば、スウェーデンのマルゴット・バルストロム外相は10月30日、同国政府はパレスチナを国家として承認する決定を下したとする声明を出している。

 そのほか、イギリス、スペイン、アイルランドなどの議会が相次いで政府に承認を求める動議を採択、12月2日にはフランス国民議会(下院)がパレスチナを国家として承認するよう政府に求める決議を採択、EUの外務・安全保障政策上級代表兼欧州委員会副委員長のフェデリカ・モゲリーニもイスラエルに対し、1967年にイスラエルが軍事侵攻する以前の領土に戻るように求めている。

 ウクライナの体制転覆プロジェクトを成功させるため、ネオ・ナチを使ったクーデターで親米派が市民や警官を狙撃したことに目を瞑るよう、エストニアのウルマス・パエト外相に言ったキャサリン・アシュトンからモゲリーニは11月1日に引き継いだ人物。

 そのほか、昨年7月にはフランスの大手石油会社、トタルのクリストフ・ド・マルジェリ会長兼CEOが石油取引をドルで決済する必要はないと言い切り、その3カ月後にモスクワの飛行場で事故のために死亡、12月6日にはフランソワ・オランド仏大統領がロシアを突然訪問してプーチン大統領とモスクワの空港ビルで会談、年明け後には西側のロシアに対する「制裁」を辞めるべきだと語り、ロシア嫌いのアンゲラ・メルケルが首相のドイツでも、外務大臣や副首相がロシアを不安定化させる政策に反対すると表明している。

 中東/北アフリカでもウクライナでも、ネオコン/シオニストやイスラエルにとって好ましくない流れができつつあった。リーバーマンはシャルリー・エブド襲撃を利用し、流れを「反イスラム」へ変えたいと願っている。

 イスラエルは自分たちの正当性とパレスチナ人の残虐性を世界の人々や自国民に印象づけるため、「イスラム教徒のテロ行為」を演出することがある。その一例が1985年のアキレ・ラウロ号事件。イスラエルの情報機関ERD(対外関係局)に所属していたアリ・ベン-メナシェによると、イスラエルの情報機関は工作にモハメド・ラディ・アブドゥラなる人物を利用した。

 ラディはヨルダン軍の大佐だったが、パレスチナ難民を追い出すために約5000名の戦闘員をアジュルーンの森で虐殺したことに反発、ロンドンに移住してアンソニー・ピアソンなるイギリス人とビジネスを始めた。この人物はイギリスの特殊部隊SASの元将校で、イスラエルともつながりがあり、ラディはイスラエルの情報機関に取り込まれてしまう。

 イスラエルの命令はラディを介してアブル・アッバスなる人物に伝えられる。アッバスもイスラエルのコントロール下にあったのだが、本人はシチリア島のドンから資金を得ていると思っていた。そのアッバスが編成したチームが客船のアキレ・ラウロ号を襲撃、その際にイスラエル系アメリカ人を殺害、イスラエルにとって格好の宣伝材料になった。


http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2015/01/post-6e04.html
(マスコミに載らない海外記事)さん
シャルリー・エブド
2015年1月13日
Paul Craig Roberts
シャルリー・エブド事件は、多くの偽装作戦の特徴を帯びている。漫画家達の事務所襲撃は、高度に訓練された特殊部隊だけにある、統制が取れた専門的な襲撃だった。ところが、後に包囲され、殺害された容疑者達は、どじで、プロらしくない。二種類の全く違うタイプの人々のように見える。
通常、イスラム教テロリストは、攻撃で死ぬ覚悟をしているものだ。ところが、シャルリー・エブドを襲撃した二人の殺し屋は逃亡すると固く決めていて、成功したというのは、素晴らしい偉業だ。彼らの身元が明らかになったのは、二人が好都合にも、当局の為に、身分証明書を逃走用の自動車に残しておいてくれたせいだという。そのようなミスは、襲撃の専門的手口と辻褄があわず、9/11ハイジャッカーとされる連中の正体を特定するのに役立った、WTCタワー二棟の瓦礫中で奇跡のように見つかった、無傷のパスポートを思い出してしまう。
逃走用自動車に残された身分証明書は、都合の良いカモで、後に警察に殺害され、二人から我々はもはや何も聞きだせないクアシ兄弟の身分証明書であり、シャルリー・エブドを襲撃した専門家の身分証明書ではない、というのは妥当な推測に思える。この推測を支持する重要な事実は、襲撃の三人目の容疑者、逃走用自動車の運転手とされるハミド・ムラドが、自分の名がソーシャル・メディアで容疑者として出回っているのを見て、自分の危険性を察知し、治安部隊に、テロリストとして殺害されることから身を守るため、素早く警察に出頭したという報道だ。
ハミド・ムラドは、自分には確固としたアリバイがあると言っている。もしそうであれば、彼は偽装攻撃を損なってしまう人物となる。当局は、ムラドについては間違っていても、クアシ兄弟については正しいと言わざるをえない。あるいは、ムラドが、公式説明を裏付ける何らかの自白を強いられたり、拷問で言わされたりした可能性もある。https://www.intellihub.com/18-year-old-charlie-hebdo-suspect-surrenders-police-claims-alibi/
アメリカとヨーロッパのマスコミは、ムラドが、テロリストとして殺害されることを避けるため、アリバイがあるので自首した事実を無視している。私は、グーグルで、ハミド・ムラドを検索したが、見つけ出せたのは(1月12日)、アメリカやヨーロッパの大手マスコミ報道は、三人目の容疑者が自首したことを無視しているということだ。彼の自首の理由は報道から消されている。自首した容疑者は、シャルリー・エブド襲撃の一環だったという主張に信憑性を与える形でニュースは報じられている。容疑者とされる人物が、確固としたアリバイがあるので、自首したと報じているアメリカの大手マスコミは皆無だ。
一部のマスコミは、単にムラド自首を見出しにのみ載せて報じるばかりで、記事中では何の報道もしていない。私がグーグル検索したリストには、ワシントン・ポスト (1月7日、グリフ・ウィットとアンソニー・ファイオラによる記事); デイー・ヴェルト(ドイツ)“水曜日のパリの風刺誌シャルリー・エブド事務所虐殺に関連して容疑者の一人は警察に自ら出頭” ABCニューズ(1月7日)“シャルリー・エブド襲撃の一番若い容疑者、自首;”CNN (1月8日) “AFP通信社は、情報源を引用して、18歳の襲撃容疑者が警察に自首したと報じた。”

売女マスコミが報じないままでいる公式説明のもう一つの謎は、シャルリー・エブド捜査で重要な立場にいたフランス警察高官の自殺とされるものだ。人生で最も重要な捜査に関わっていた警察幹部エルリク・フレドは、何か不明の理由で、警察の自分の事務所で、1月7日、あるいは1月8日に(外国メディアでは、両方き日付が報じられている)真夜中、自分の捜査についての報告書を書きながら、自殺する決意をした。EST 1月13日 午後6時時点のグーグル検索では、この出来事に関するアメリカ主流マスコミ報道はみつからない。代替メディアは、一部のイギリス新聞同様報じているが、報告書がなくなったのかどうかという疑念にふれずにいる。公式説明は、フレドは、“鬱病”と“燃え尽き症候群”を患っていたというのだが、何の証拠も示していない。鬱病と燃え尽き症候群というのは、不穏な含意のある不可解な死に対するおきまりの説明だ。
またしても、アメリカの印刷、TVメディアが、ワシントンの為にプロパガンダ省役を果たしているのを我々は目にしている。調査をする代わりに、マスコミは、政府のありそうもない説明を繰り返している。
そこで我々は考えるべきなのだ。一体なぜ、イスラム教徒は、ワシントンや、そのフランス傀儡や、NATO傀儡諸国によって、過去14年の間、7ヶ国で、殺害された何十万人ものイスラム教徒に関してより、パリの雑誌の漫画に激怒するのだろう?
もしイスラム教徒が、風刺漫画を強調したいのであれば、一体なぜヘイト・クライム訴訟をおこさないのだろう?シャルリー・エブドがイスラム教徒を風刺した様なやり方で、ユダヤ人を風刺したなら、ヨーロッパの雑誌に一体何が起きるか想像願いたい。実際、ヨーロッパでは、ホロコーストのあらゆる側面を完全に支持した上でないと、ホロコーストを追究すれば、人は投獄されてしまう。
もし、イスラム教の裁判が、フランス当局に葬り去られたなら、イスラム教徒は自分達の意見を強調すればよい。人々を殺害しても、イスラム教徒を悪魔化することにしか役立たず、その結果、ワシントンの対イスラム教諸国戦争に役立つだけだ。
もしイスラム教徒が、シャルリー・エブド襲撃の犯人だとすれば、イスラム教徒は一体どういう狙いを実現したのだろう? 全く皆無だ。実際、イスラム教徒が行ったとされる襲撃は、フランスと、ヨーロッパのパレスチナに対する共感と支持と、イスラム教徒に対する更なるアメリカの戦争へのヨーロッパによる反対を終わらせてしまった。つい最近フランスは、国連で、アメリカ-イスラエルの立場に反対して、パレスチナ支持投票をしていたのだ。このフランス独自の外交政策主張は、対ロシア経済制裁は止めるべきだという最近のフランス大統領声明によって、強化されていた。
明らかに、フランスは、余りに独自の外交政策をやりすぎたのだ。シャルリー・エブド襲撃は、フランスを脅して服従させ、フランスを、ワシントンのいいなりになるよう引き戻すのに役立ったのだ。

イスラム教徒は実に間抜けなので、こうした形で、頭を撃ち抜いて自滅するのだと頑固に主張するむきもある。しかし、そうした間抜けさと、イスラム教徒によるとされる、9/11やら、シャルリー・エブドの専門的な襲撃とを、我々は一体どのように折り合いをつけられるだろう?
公式説明を信じるならば、9/11アメリカ攻撃は、大半がサウジアラビア人のイスラム教徒19人が、いかなる政府や諜報機関からの支援もなしに、16ものあらゆるアメリカ諜報機関、国家安全保障会議、ディック・チェイニーや、アメリカ政府中の高位にいるネオコン全員や、空港警備だけでなく、NATOの諜報機関や、イスラエルのモサドまでも出し抜いたのだ。超大国とされるものに対して、世界史上、最も屈辱的な打撃を易々と果たしたほど知性が高く有能な人々が、何であれ、彼らの意図をあらゆる形で示し、単なる訴訟だけで、フランスを混乱に陥らせることが出来たのに、一体どうして、頭を撃ち抜いて自滅するほど間抜けであり得るだろうか?
シャルリー・エブド事件の説明は全く通用しない。それを信じられるのであれば、読者はイスラム教徒にかなう玉ではない。
自ら専門家を任ずる人々の中には、フランスでの偽装攻撃は、フランス諜報機関の協力無しには不可能だっただと考える向きもある。これに対しては、事実上、CIAの方が、フランス大統領より強力に、フランス諜報機関を支配しているのは確実だと私は申し上げたい。グラディオ作戦がこれを証明している。イタリア政権の大半の人々が、CIAとイタリア諜報機関が、ヨーロッパの女性や子供達に対して、爆弾攻撃を実施し、選挙で共産党に入る票を減らすため、共産党に罪をなすりつけたことを知らずにいたのだ。
アメリカ人は、みじめなほど誤った情報与えられている国民だ。あらゆる歴史は、偽装作戦の歴史だ。ところがアメリカ国民は、そうした証明済みの作戦を“陰謀論”としてかたづけてしまうが、これは政府が、無頓着なアメリカ人をまんまと洗脳し、真実を認識する能力を奪ってしまったことの証明にすぎない。
アメリカ人は、非民主的な諸国民中、最先端に位置している。
一体誰がアメリカ国民を解放してくれるのだろう?

記事原文のurl:http://www.paulcraigroberts.org/2015/01/13/charlie-hebdo-paul-craig-roberts/


「いとしのえりー」サザンオールスターズ

今日の1曲は、サザンオールスターズの「いとしのえりー」です。







10ナンバーズ・からっと(リマスタリング盤)10ナンバーズ・からっと(リマスタリング盤)
(2008/12/03)
サザンオールスターズ

商品詳細を見る

「Blood,Blood,Blood」頭脳警察

今日の1曲は、頭脳警察の「Blood,Blood,Blood」です。
歌詞の解釈は人によって千差万別でしょうが、PANTAが歌う「てめえ」とは「アメリカのことではないか」と、私は感じます。











77
(2009/10/28)
頭脳警察

商品詳細を見る

「Summer Time Blues」RCサクセション

今日の1曲は、RCサクセションの「Summer Time Blues」です。
原発はいりません!








カバーズカバーズ
(2005/11/23)
RCサクセション

商品詳細を見る

「おもいで河」桜田淳子(オリジナルは中島みゆき)

今日の1曲は、中島みゆきの「おもいで河」といいたいところなんですが、動画がなかったため、桜田淳子ヴァージョンをアップします。
中学の頃の私は、日本語ではロックはできないと思っていたので、日本の音楽ではフォークミュージックを聴いていた。その考えを改めさせてくれたのはRCサクセションだった。

また当時、風呂に入る際に、風呂の外側にラジカセを置いて、テープを聴きながら風呂に入るという習慣が私にはあった(笑)。ある日、テープから流れる中島みゆきの「おもいで河」を風呂に隣接した台所で聴いていた(というよりも耳に入った)私の母が、歌詞の内容に共鳴して、「あんたにはこの歌詞の意味など解からんやろ」と、私に言ったことを覚えている。ちなみに母は、さだまさしの「案山子」については、「甘ったれた歌だ」と、手厳しく批判していたことも覚えている。

今日は母の命日なんですが、今でも「おもいで河」を聴くと、母の言葉を思い起こさせられます。
中島みゆきの数ある「わかれうた」の中でも、この曲は秀逸であると感じます。








THE BESTTHE BEST
(1985/12/28)
中島みゆき

商品詳細を見る
テンプレート説明

このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。
背景はスライドショーになっています。

◎プラグイン説明

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。
←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。
このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

※最上部メニューバーの上に隙間がある方

最上部のメニューバーの上にFC2検索バー用のスペースを設けています。
検索バーを表示しない設定にしている方は、cssの最上部メニュー.MegaMenuの中にあるtop:27pxをtop:0に変更してください。

◎背景スライドショー説明

random : 1, // ランダム 0:オフ 1:オン
transition : 1, // 0:単純画像切替 1:フェード 2~7:移動 8:ページ更新毎に切り替え
transition_speed : 1000, // 画像間の切替時間
slide_interval : 3000, // 1枚毎の画像停止時間
slides : [
{ image : '画像URL' } // 画像の追加・削除はここ

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れません。