2014年11月の記事 - 嘘八百のこの世界

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告
2014年11月の記事

「ソウルマン」の魂は決して消えない SAM & DAVE

「I THANK YOU」SAM & DAVE


サム&デイヴの1968年の全盛期のラスト・アルバムである。
「私はみんなが席から立ち上がって欲しいんだ」という歌詞から始まる、アルバムタイトルナンバーでもある「アイ・サンキュー」で幕を開ける。まるでライヴ・アルバムのようだ。
次に「エヴリバディ・ガット・トゥ・ビリーヴ・イン・サムバディ」と、これまたノリノリのソウルナンバーが続く。
そして、オーティスの世紀の名曲「ディーズ・アームス・オブ・マイン」をしんみりと聞かせる。本家オーティスのヴァージョンと比べると淡々とした印象がするが、それはそれで味わい深い。本作発表前年、オーティスは飛行機事故により他界している。同じスタックスの看板スターだったオーティスと彼らは、当然親交があったはずだ。本作で彼らがオーティスの曲をカヴァーしたことはとても感慨深い。
「イフ・アイ・ディドゥント・ハヴ・ア・ガール・ライク・ユー」も、実に泣かせるソウル・バラードである。
とりたてて派手な曲はないのだが、「ユー・ドント・ノウ・ホワット・ユー・ミーン・トゥ・ミー」「トーク・トゥ・ザ・マン」「エイント・ダット・ア・ロット・オブ・ラヴ」等、実に軽快でソウルフルなナンバーが満載である。バックを務めるスティーヴ・クロッパー等のスタックス・メンバーの演奏も冴えわたっている。
とにかく「ソウルマン」としての彼らの掛け合いヴォーカルは凄まじい。なんらかの事情があったのだろうが、本作が実質、彼らのラスト・アルバムになってしまったのは残念である。
1971年に二人は袂を分かち、デイヴ・プレイターは1988年に亡くなる。サム・ムーアは現在も活躍中である。









最後に、サム・ムーアと清志郎の貴重なジョイント・ライヴの動画を紹介する。
「ソウルマン」の魂は決して消えない。少なくとも、私の心の中では生き続けている。





評点:70点





アイ・サンキューアイ・サンキュー
(2012/11/07)
サム&デイヴ

商品詳細を見る

「Walk On」Lucinda Williams

今日の1曲は、ルシンダ・ウィリアムスの「ウォーク・オン」です。
歌詞↓
http://www.oldielyrics.com/lyrics/lucinda_williams/walk_on.html







Down Where the Spirit Meets the BoneDown Where the Spirit Meets the Bone
(2014/09/30)
Lucinda Williams

商品詳細を見る

“彼ら”と“私たち”を区別する必要なんてないのよ。私たちは皆ひとつなのだから。ANGELIQUE KIDJO

「OYAYA!」ANGELIQUE KIDJO


アンジェリーク・キジョーの2004年のアルバムである。
全曲がフランス人のベース奏者である夫のジャン・エブライユと彼女の共作である。
本アルバムは、アメリカ大陸各地の音楽からアフリカにルーツを遡った三部作の三枚目である。一作目「OREMI」はアメリカ、二作目「ブラック・アイヴォリー・ソウル」はブラジルの音楽を扱っており、今作はカリブの音楽である。
どの曲もカリビアン・テイスト満載の、カリプソ、サルサ、ボレロ、メレンゲ、スカ等の音楽で構成されており、実に陽気でハッピーな気分にさせてくれる内容となっている。
一部の曲について少し触れておく。

一曲目の「SEYIN DJRO」は実にノリノリのアップテンポな曲であり、「私の魂は喜びと笑いを捜し求めているのよ」と歌う。
「CONGOLEO」はカリプソ風味の実に楽しい曲であり、「カリブに向かう船に乗ってやって来た禁断のリズム、今では世界中がのっているわ」と歌う。
「OULALA」はドミニカのメレンゲのビートを用いた「ウララ~、ウララ~」と歌うリズミカルな曲であり、例の山本リンダの曲を圧倒するパワフルな曲である。
「CONGA HABANERA」はキューバのサルサ調の曲であり、バタという太鼓のリズムが印象的な曲である。「私の先祖たちがキューバにもたらした、物語やリズムのことを教えてあげるわ」と歌う。
「MUTOTO KWANZA」は今作品のプロデューサーでもあり、ロス・ロボスのサックス奏者でもあるスティーヴ・バーリンのサックスが効果的に組み入れられているスカ調の曲である。「何よりも子供たちが第一!どこの子であろうと、子供たちの言うこと、必要としているものに耳を傾けてあげましょう」と歌う。

いや~、どの曲も実に素晴らしい。今作品は「カリブ音楽のルーツは、奴隷として連れて来られたアフリカ人の祖先がもたらしたものである」ということを見事に証明している。
最後にアルバム解説より、「人類は一つだと心から信じているわ」と主張するアンジェリークの言葉を紹介する。

これだけ強くそう思うのは、私がアフリカで育っているからよ。自然の中で育つと、全ての命を理解し、尊重するようになるの。でも、そういう価値観を人から遠ざけようとする人もいる。理解してしまったが最後、誰かを嫌う理由なんてなくなってしまうものね。“彼ら”と“私たち”を区別する必要なんてないのよ。私たちは皆ひとつなのだから

究極の人種差別主義者である誰かさんに聞かせてあげたい言葉ですナ。









評点:100点




OyayaOyaya
(2004/05/11)
Angelique Kidjo

商品詳細を見る

「Breakaway」Tracy Ullman

今日の1曲は、トレイシー・ウルマンの「ブレイク・アウェイ」です。







そっと抱きしめて~コンプリート・スティッフ・レコーディングスそっと抱きしめて~コンプリート・スティッフ・レコーディングス
(2010/08/25)
トレイシー・ウルマン

商品詳細を見る

「Cracking Up」「Raging Eyes」Nick Lowe

今日は2曲、ニック・ロウの「クラッキン・アップ」「レイジング・アイズ」です。






レイバー・オブ・ラストレイバー・オブ・ラスト
(2011/03/25)
ニック・ロウ

商品詳細を見る

「Bobby's Girl 」Tracey Ullman

今日の1曲は、トレイシー・ウルマンの「ボビーズ・ガール」です。






夢みるトレイシー(K2HD/紙ジャケット仕様)夢みるトレイシー(K2HD/紙ジャケット仕様)
(2006/03/15)
トレイシー・ウルマン

商品詳細を見る

違う、違う。息子が仕えていたのは本物の金日成将軍だわ。いまのあの首領様じゃない。

「北朝鮮を継ぐ男~革命家・朴甲東の80年の軌跡~」近藤大介


2003年の書である。
私が本書を読もうと思ったのは、太田龍氏を初めとする「この世界の真実を告発する強い意思を持った人物」の著書を数多く出版している成甲書房のことを調べたことがきっかけである。この出版社を創業した朴甲東(パクカプトン)氏が北朝鮮の金日成の粛清から逃れて日本にやって来た人物であることを知り、「日本人ではなく朝鮮人の朴甲東が、何故に成甲書房を創業したのか」ということが知りたかったのである。
以下、一部引用する。各項目にコメントを入れていこうと思う。(青字が私のコメントです)


*「甲東、知識はもっとも貴重な宝だ。お金は失うことがあるが、自分の頭の中にしまってある知識だけは安全だ。だから、その日教わった知識はその日のうちに全部頭の中にしっかり蓄えることだ。大将が戦場へ行って、兵書を読みながら戦えるか。宰相だって本を見ずに自分の言葉で語らねばならない。いま蓄えた知識の宝が、おまえの将来に必ず役に立つのだ」
甲東は、祖父から繰り返し聞かされたこの言葉が後年、身にしみるようになった。


この言葉には私も感銘を受けた。確かにお金は失えばそれで終わりだが、知識は失われない。当ブログでは学校や一般社会では決して教わらない「真実の情報」を、自分自身も勉強しながら皆さんにお伝えしていこうとしているわけだが、改めて「知識の重要性」、それも「真実の知識を身につけることの重要性」を教えられた気がする。

*冷静に考えてみれば、アメリカは南にアメリカの傀儡政権をつくるために李承晩をハワイから連れてきたわけだし、ソ連は同様に北にソ連の傀儡政権をつくるためにソ連から「金日成」を連れてきたわけだ

アメリカもソ連も元は同じ、イルミナティの管理下に存在しているのだ。ということは、朝鮮を南北に分断して、それぞれの傀儡政治家を用意した、ということが「朝鮮分断の真相」だろう。

*北朝鮮では発疹チフスが猛威をふるっており、三月の時点ですでに数万人の死者を出していたが、北朝鮮政府は「米軍が撒き散らした細菌によるものだ」と宣伝するばかりで何ら対策を講じていなかったと、のちに知った。

この頃も米軍は細菌兵器を使用していたようですね。

*息子の話を始めて、初めて歯のない顔にかすかな笑いを浮かべた。甲東が続けた。
「金日成将軍の部下として戦死したのなら、息子さんは革命烈士ではないですか。おばあさんは革命烈士の遺族として称えられてしかるべきなのに、なぜこんな生活を強いられているのですか」
違う、違う。息子が仕えていたのは本物の金日成将軍だわ。いまのあの首領様じゃない。だから戦死しても墓一つつくってもらえんのだわ。あたしだって、朝鮮に渡ってきたとたんに、こんなところに隔離されちまった


金日成も別人が本物に成りすましていたようですね。ビートルズの誰かさんと同じですナ。
世の中はどこまで嘘八百なんでしょうか。


*甲東は、ふたたび深い苦悩に陥った。自由国家に脱出するには東ドイツか中国へ行くしかない。
そして中国から香港へ出て日本に渡るのが最善の策だ。だが外国への家族帯同は認められていない。自分が亡命したら、残された妻と四人の子供が即刻粛清されることは火を見るより明らかだった。長い中国での避難生活で苦労をかけてきた家族を裏切ることはできない。だが、このまま平壌に残っても、数ヶ月以内に自分は逮捕され、残された家族はやはり強制収容所送りだろう。そうでなくても妻は余命いくばくもないほど弱ってきているというのに・・・。
牡丹峰にアカシアの黄色い花がぽつぽつと咲きだしたころ、甲東は断腸の思いで、自分が生き抜いて、金日成政権を外側から倒そうと決断を下した。


ということは、著者の家族は金日成に処刑されているのは間違いないだろう。著者が生き残るにはこの選択肢しか無かったのだろうが、あまりに惨い話である。

*だだっ広い執務室に入ると、「『ソウル新聞』の連載は全部読みました」と朴大統領が切り出した。「お兄さんが日本軍に殺されたって書かれていましたね。私のすぐ上の兄も10月の大邱(テグ)暴動のとき、警官に撃たれて殺されたんです。布団にくるまれた遺体を兄嫁が引きとったそうです。だから、兄を殺された人の気持はよくわかります」
つづいて朴大統領の口から出てきたのは、アメリカに対する恨みだった
・・・・・(中略)・・・・・
「朴先生、私は中ソと国交を結ぶ重責を担えるのは、あなたしかないと考えております。私の全権を担った密使として、モスクワと北京へ行ってもらえませんか」
・・・・・(中略)・・・・・
「閣下、冷静に考えてみてください。かつて私がソウル金浦空港に降り立ったとたんに、こちらの中央情報部の連中が私に張りついてきました。同様に私がモスクワ空港に降り立てば、CIAが追わないわけがありません。アメリカに秘密でやるというのは現実問題として不可能です。また、ソ連や中国だってアメリカは嫌いでしょうが、アメリカを無視して国交回復をしようといっても尻込みするにちがいありません。そして、密使となった私は、誰の手にかかったのかもしれないまま消されてしまうに決まっています」
大統領は甲東の言葉を聞きながら、こめかみをピクピク痙攣させた。よほどアメリカに対して激しい恨みを抱いているようだった。
大統領は、しばし沈黙したのち、話題を変えた。
「朴先生、それではわが国は中ソと国交を結ぶことは可能でしょうか」
「それはもちろん可能です。ただ、いま国をあげておこなっている反共スローガンを、反金日成スローガンに変える必要があるでしょう。私は大韓民国にとって、反共というのは反ソ連や反中国ではないと思っています。韓国は、中ソ両大国と一戦交えるなどということはできないからです。ソ連はアメリカに、中国は日本に任せておけばいいのです。雲海のような共産主義全体を消し去ろうとせずに、われわれは仇敵である金日成のことだけを考えるべきです」
「それは確かにそうだ。しかし、中央情報部がいうことを聞かないんですよ。私が反金日成スローガンをやれば、北も私の個人攻撃を始め、韓国側で北に同調する者が大勢出てくるといってね」
「ハハハ、それはそうだ。でも中央情報部がねぇ・・・・・」
朴大統領は別れぎわに「資金まで全部準備していたのですが、残念です。近いうちにまたお目にかかりたい」といった。
・・・・・(中略)・・・・・
甲東は、10月27日の朝、ラジオニュースを聞いていて仰天した。
「昨晩、韓国の朴 正煕大統領が、ソウル市内の料亭で暗殺されました。深夜になって同席していた金載圭(きんさいけい)・中央情報部長が殺人容疑で緊急逮捕されましたが、詳しいことはまだわかっていません」
犯人である金載圭(キムジェギュ)・中央情報部長はその後、裁判の過程で
「朴政権下で抹殺された自由民主主義を回復するためにおこなった。私とともに韓国を民主化しよう」と、自分を民主化運動の闘士であるかのように主張した。しかし、甲東が朴大統領に面会したときの様子などから考えて、金載圭の背後に大きな存在があるのではないかと思った
それにしても、朴大統領は死の直前に甲東に何を託そうとしたのだろうか


著者は朴大統領にこれだけの相談を持ちかけられる程の人物であるという事実でも分るように、単なる出版会社の創業者といったレベルの人間ではない。相当な政治的影響力を有する人間なようだ。朴大統領の暗殺事件の直前にこんな会話を交わしていたとは・・・、
暗殺者の背後にいた勢力を暗に示しているようである。


読み終えて思うことだが、著者の人生はまさに「波乱万丈」そのものといってよいだろう。
簡単に本書の内容を要約する。
著者は1919年3月11日(3.11である。出生時から「3.11人工地震」のことを告発する出版会社を設立することが運命付けられていたのだろうか。偶然にしては恐ろしすぎる。)に、ソウルの南約300キロにある丹渓里(ダンゲリ)で、名門両班(ヤンパン)の地主の次男として生まれる。当時の朝鮮は日本に統治されていた時代であった。
幼少の頃から「朝鮮独立、日本支配からの脱却」を著者は家族から教育され、成長するにつれ、実際に朝鮮独立政治行動を行うようになる。
さらに著者は共産主義にも傾倒していく。どうやら当時は、「朝鮮独立運動=共産主義運動」といった風潮が存在していたようである。その後日本は敗戦し、朝鮮独立となるはずなのだが、「彼ら」の工作による傀儡指導者が現れ、朝鮮は北と南に分断される。
著者は南朝鮮労働党の総責任者であったわけだが、金日成は南朝鮮労働党に在籍していた人物を徹底的に弾圧する。著者も3年間も監禁生活を強いられ、風呂も入れず、着替えもなく、浮浪者のような生活をさせられている。
こういった激動の人生を送った末に、命からがら日本に脱出することが叶い、現在に至る。

ところで朝鮮の実情については書かれているが、私が一番知りたかった「何故に成甲書房を立ち上げたのか」ということについては一切述べられていなかった。これでは著者の激動の人生とこの出版社の関連性が全く分らない。私が知りたかったのは著者が「普通の出版社」ではなく、「真実を告発することを目的とした出版社」を立ち上げた真相なのである。私が推察するに、「自分自身がこれだけ激動の人生を生き抜いてきた人生訓から、『北朝鮮のみが奴隷国家ではなく、世界全体が「彼ら」による奴隷支配によって成り立っている』という真相にある時気付き、このことを世に知らしめようと思った」ということが、成甲書房を立ち上げた動機である、と勝手に判断する(笑)。

この推察が真実か否かは全く判らないが、「モラトリアムな人生を歩んでいる大多数の現代日本人にとって、本書を通して著者のあまりにもリアルな激動の人生を疑似体験することは、きっと各自の今後の人生において役に立つ貴重な「知識」となるであろう」と感じた。


評点:70点




北朝鮮を継ぐ男―革命家・朴甲東の80年の軌跡北朝鮮を継ぐ男―革命家・朴甲東の80年の軌跡
(2003/01)
近藤 大介

商品詳細を見る

「Don't Let Me Be Misunderstood 」ELVIS COSTELLO

今日の1曲は、エルビス・コステロの「Don't Let Me Be Misunderstood 」です。








King of America (Bonus CD)King of America (Bonus CD)
(1995/07/31)
Elvis Costello

商品詳細を見る

いかがかな? 私の地震発生装置の威力は?

「悪魔の計画の再来か、ロナルド・レーガン→トモダチ作戦→人工地震」

何もなければいいが・・・、あの忌々しい米空母「ロナルド・レーガン」が来年8月に横須賀に来るらしい・・・。まるで地震の到来を予測していたかのように“偶然”震源地周辺に現れ、「トモダチ作戦」と称して救援活動を行い、「被爆した」とのことで法外な賠償請求を行った例の米空母である。
そして、長野で発生した地震にも人工地震の疑いが出てきている。
さらに「ミンキーモモ」だけでなく、「ルパン3世」までが地震兵器について語っている。



(ロシアの声)さん
http://japanese.ruvr.ru/news/2014_11_25/280478628/
米国、2015年8月に横須賀に原子力空母「ロナルド・レーガン」を派遣
米国の原子力空母「ロナルド・レーガン」は2015年8月から、現在横須賀基地に駐留の空母「ジョージ・ワシントン」と任務を交代する。米海軍第7艦隊司令部は25日、記者会見で明らかにした。
共同通信の報道では、交代式はカリフォルニア州サンディエゴで行われる。
「ジョージ・ワシントン」はディーゼル型航空母艦「キティーホーク」と任務を交代し、2008年から横須賀基地に駐留している。
「ロナルド・レーガン」は米国艦隊では3番目に強力な打撃力を誇り、軍用機、ヘリを最高90台搭載できるほか、乗員数は5500人以上。
リアノーボスチ通信



http://www.afpbb.com/articles/-/2790092?pid=6950765
米空母ロナルド・レーガン、日本沖合に到着
2011年03月13日 19:54 発信地:東京
【3月13日 AFP】(写真追加、写真追加)東北地方太平洋沖地震の救援のため派遣された米空母ロナルド・レーガン(USS Ronald Reagan)が13日朝、日本沖合に到着した。

 米太平洋艦隊は米SNSサイト、フェイスブック(Facebook)のページで、ロナルド・レーガンは自衛隊などの救援活動を最大限支援すると説明している。日本政府は救助用ヘリの給油と、被災地への人員輸送のため米空母による支援を要請していた。


(richardkoshimizu’s blog)さん
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201103/article_126.html
大地震が起きると、まるで待っていたかのように米艦船が現場に現れるんです。
作成日時 : 2011/03/21 06:59
大地震が起きると、まるで待っていたかのように米艦船が現場に現れるんです。

たった2日で到着。早っ!!私の記憶違いでなければ、ハイチのときもスマトラのときも、すぐそこに米艦隊がいた気がするなあ。



(なわ・ふみひと)さん
http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/library512.html
そして空母ロナルド・レーガンを含む約20隻の艦船が3月13日に宮城県沖に実にタイミングよく到着。船なのにいくらなんでも到着が早すぎます!
  過去の人工地震地でもすでに待機していたかのような偶然の通りかかりがいつもあります。もし空母ロナルド・レーガンが偶然日本の近海にいたならば、所属の異なる残りの艦船までも偶然近くにいたというのはあまりにも出来すぎて不自然です。
  また、空母ロナルド・レーガンが帯同する艦船に、強襲揚陸艦エセックス、ドック型揚陸艦トーテュガ、ハーバーズ・フェリー、ジャーマンタウンといった救援活動にうってつけの艦船が含まれており、そのうちエセックス、トーテュガに至っては空母ロナルド・レーガンとは別の第7艦隊所属です。どうも準備がよすぎます。
  あらかじめ地震の発生を知っていたとしか思えない、少し考えれば誰でもわかる幼稚な自作自演の演出です



(ちるみぃでっどりー)さん
http://blog.goo.ne.jp/kill_me_deadly/e/26d198d823b25bf7df741937ee8ed7fc
東北の日本人は発ガンせず、トモダチ作戦の米軍兵だけが発ガンした

★ 311では、米軍兵士だけが日本人より深刻な被曝をした

さて、311で真っ先に福島の救助に駆けつけた、米軍の「トモダチ作戦」で、米兵たちは被曝しました。
しかし、どうやら、東北地方在住の日本人よりも、トモダチ作戦に参加していたアメリカ人のほうが、深刻な被曝ダメージを受けているようなのです。
これは、大変、奇妙な現象です。
被曝したアメリカ人たちは、危険な福島原発には近づかずに、三陸沖に少しの期間、滞在していただけなのに、癌になってしまったのです
そして、「100人、200人と集団で被曝しているから、たくさんのお金をください」と、次々に集団訴訟で訴えています。
この話を聞くと「日本人は、1人も癌患者が確認されてないのに、米軍人だけ100人も200人も癌になって、ズルイ。集団で癌を詐称して、東電から莫大な補償金を巻き上げるつもりか」と言いたくもなります。
しかし、米軍人に癌患者が出たとしたら、福島原発からの放射能が原因ではなかったのです。
「えっ、それじゃあ、どこで被爆したの?」
「どこって、そりゃ、岩手沖の311震源域だろうね」
どうやら、米兵は「原発のある福島沖」ではなく、「三陸沖(岩手県沖)」で被曝したらしいのです。
もし、米軍人が、福島沖ではなく三陸沖で被爆していたとしたら、それはそれで、話がつながる仮説があります

それは、被曝した米軍さんとは別部隊の、米軍「人工地震チーム」が海底に仕掛けた、核爆弾の爆発した海域に、直後に入ったから被爆した、という仮説です
だから、311の震源地、三陸沖で被曝することになった。
これなら、筋が通ります。
まず、陸前高田市の高田松原の津波に流された、松林の材木瓦礫から高い放射能が検出されたことは、津波が放射能を含有していたならば、合致します
また、とある顧客の友人が、陸前高田市の市街地に入る直前の高台で、新車が謎のエンジン停止(核爆発の電磁波の干渉で、車載コンピューターが一時機能停止)してから、まもなくして地震と津波が襲来したが、本人はこのエンジン停止のお蔭で命を救われた、という話もあります。
そして、岩手県沖での海底水爆を使用したなら、不自然に、三陸沿岸の放射能濃度が高かった理由にもなります
さすがに、福島沖ならいざ知らず、三陸沖なのですから、福島原発にすべての罪を擦り付けるのは、無理があると思います
なお、福島原発の放射能もれは限定的だったため、日本人に癌の発症例はありませんでした。
しかし、福島原発より放射能汚染が深刻だった震源地の近くに、地震直後に侵入した米海軍艦船だけが、被曝の条件を満たしたのです。
かくして、福島沖の海底に植え込まれた核爆弾が地震の原因であり、311は米軍による人工地震であった仮説が説明されるわけです。
また、癌になったと主張する兵士たちは、空母ロナルド・レーガンに乗っていた人たちでした。
同空母が、311直後に待っていたかのように、震源域に急行してきたのは、津波の「被害=戦果」の確認のためです
しかし、早く震源域に入りすぎたのか、被曝してしまった。
ある意味、米軍の自業自得でもあるのですが、かわいそうなのは、何も知らない米兵たちです。
1953年に、日本の第五福竜丸は、米軍のビキニ環礁の水爆実験により、爆心地から、なんと160キロも離れた海域で、死の灰を浴びて被曝しましたが、その放射能で死者がでました。
水爆の死の放射能は、同心円上に広がり、半径160キロまで届いたのです。
すさまじい放射能汚染です。
そんなものを、三陸沖の海底で使ったなら、いくら海水が防御壁になるといっても、ある程度の放射能が海上にもれるのは、当然でしょう。
そして、このことは、トモダチ作戦にあたった米軍艦隊が被曝したのは、福島原発が原因ではなく、海底水爆が原因だったことを示唆しています。
海上で強い中性子線を浴びていれば、311より3年で発癌する人も出てくるということでしょうが、今後も増えるかもしれません。
ロナルド・レーガン乗組の人員は、合計で、5680名ですが、空母全体が放射線に包まれていたなら、全てが等しく強い中性子線を浴びて、全員が癌になっていてもおかしくはありません
この集団発がんの問題、米国は必死に「福島原発が原因」だと主張するでしょうが、そうなると、当の日本人に集団発がんが起きていないことに、注目が集まります。
風が、ずっと海に向かって吹いていた、とかなんとか、ムチャクチャな言い訳をするしかありませんね
もしくは、大手メディアが癌集団発症を、911と同じように「黙殺」するのでしょうか。
それでは、100人の軍人さん、どんどん訴訟を進めて、被曝した場所を特定してください!



(ザ・エデン)さん
http://kinnikuking.blog81.fc2.com/blog-entry-1280.html
2014年11月22日に発生した長野震度6の謎

http://kinnikuking.blog81.fc2.com/blog-entry-1278.html
アニメ「ルパン三世」は、地震兵器組織の存在を教えている

ルパン三世 2nd Series 第6話「ピサの斜塔は立っているか」

地震発生装置でピサの斜塔を破壊するという脅迫犯が現れた。イタリア政府は脅迫に応じ大金を用意するが、ルパンはそれを横取り。逆上した脅迫犯はついに…
地震兵器組織リーダー
いかがかな? 私の地震発生装置の威力は?
(※地震兵器組織のリーダーの正体は、元国立地震研究所の主任教授ドクターパオロ。地震研究所で勝手な研究ばかりをしていて追い出された。現実世界に存在する地震兵器組織にも、そういった地震研究所の人間がいると思われる)
地震兵器組織リーダー
この装置(↑)があるかぎり、イタリア中の、いや世界中のあらゆる地震の巣がある場所に地震を起こすことができるのじゃ! いわば、世界の運命はこの手の中にあるというものじゃ!
地震対策本部長官
「しかし、いったいどうやって地震を?」
地震兵器組織リーダー
「ご存じのように、地震発生原因については、弾性反発説、マグマ還流説、マントル対流説など諸説があるが、そのメカニズムはただ一つ、
地中の地殻の変動によって起こる。
私が開発したこの装置を使えば、地震エネルギーの溜まっている場所に特殊電磁波を送り、
工的に地中にひずみを発生させることができるというわけじゃ

(※現実世界に存在する地震兵器HAARPと似ている。








「Do It Anyway」The Woodentops

今日の1曲は、ジ・ウッデントップスの「ドュー・イット・エニウェイ」です。






Before During After: Woodentops 1982-92Before During After: Woodentops 1982-92
(2013/06/04)
Woodentops

商品詳細を見る

1988年11月2日、米国ABC放送は、米国中間選挙の投票「前日」に「当選者と、その獲得票数、選挙結果」を報道した

「アベノダマス(?)の正体、「日本を取り戻す」(建て前)→「日本をイルミに売りわたす」(本音)」


特殊な地域から「日本をイルミに売りわたす」使命を命じられた売国奴勢力の末裔が、「日本を取り戻す」というプロパガンダを用いて、解散総選挙へという新たな選挙詐欺を演じようとしています。莫大な国民の血税を無駄にして。
どうせ「彼ら」の得意技である「フリーメーソン大国アメリカ譲りの不正選挙」をまたしても行うつもりでしょう。
いくら不正選挙をされても、我々は決して投げやりになることなく一票を投じなければなりません。「どーせ不正選挙するだけだろう。選挙なんぞに行ってもしゃーないワ」と、投票を棄権することになれば、ますます「彼ら」の思う壺です。「落とそう!原発大好きイレブン」運動を推進されている方がおられるようですが、少なくともこのリストの載っているような腐った連中は当選させないように対立候補に投票したいものです。日刊ゲンダイさんのみならず、少しは存在しているはずの「ジャーナリスト根性」を有するジャーナリスト諸氏は、不正選挙撲滅の声をあげてもらいたいものです。
その声を一番あげてもらえそうなジャーナリストに古舘伊知郎氏がいます。古舘氏は、テレビ朝日の政治部が「安倍をテレビ出演させて、安倍自民に都合のいいようなヤラセ報道をしてくれ」と、古舘氏に話しかけたが、古館氏はキッパリと断ったそうです。これが解散発表当日、安倍が「報道ステーション」にだけ出演しなかった本当の理由だそうです。
相変わらず本体のマスゴミがいかに腐りきっているのかを証明する事例ですが、一人ひとりのジャーナリストの精神はまだまだ輝いているようです。古館氏に「アッパレ」をさしげたい気分です。



http://news.livedoor.com/article/detail/9487507/
解散発表当日、安倍首相が『報道ステーション』にだけ出演しなかった理由
2014年11月19日 22時30分
LITERA/リテラ
安倍首相が解散会見を行った11月18日、夜のニュース番組にちょっとした異変が起きた。
 通常、解散のような大きな政治的決断をした後は、各局のニュース番組に首相自ら出演するのが慣例になっている。実際、この日の夜も安倍首相は『ニュースウオッチ9』(NHK)を皮切りに、『NEWS ZERO』(日本テレビ系)、『NEWS23』(TBS系)に立て続けに出演した。
『NEWS23』では景気に対する街の声を番組側が紹介したところ「厳しい」という意見のほうが多かったため、安倍首相が逆ギレする一幕もあったが、とにかくこれらの番組では、安倍首相自身が顔を出して、解散理由を述べていた。
 ところが、その中で、安倍首相が出演しなかった番組がある。それは、古舘伊知郎がキャスターをつとめる『報道ステーション』(テレビ朝日系)。この日の『報ステ』のトップは解散ではなく高倉健の訃報で、冒頭から延々と高倉健の回顧特集が流された。かなりの時間が経ってから、ようやく解散のニュースになったが、共同会見の映像が放映されただけで、安倍首相の単独取材映像は1秒もなかった。
 そんなところから、メディア関係者の間では「朝日嫌いの安倍首相が、嫌がらせでテレビ朝日だけ拒否した」「以前、『報ステ』に出演したときにいろいろ突っ込まれたため、古舘のインタビューは受けないと逃げたらしい」といった見方が広がっている。
 たしかに、メディアに対する異常な検閲姿勢と批判されることを極度に嫌がる安倍首相ならありうる話。しかし、テレビ朝日の関係者によると、事情はまったく逆だという。
「テレビ朝日の政治部は安倍首相サイドに根回しして、他の番組同様、『報ステ』への出演の内諾を取り付けていた。ところが、古舘さんが『やらない』と拒否したらしいんです。政治部はせっかくお膳立てしたのに、とカンカンですよ」
 なんと、袖にしたのは古舘側だったというのだ
。たしかにいわれてみれば、テレビ朝日政治部は朝日新聞ほど安倍首相と関係は悪くない。早河洋会長、吉田慎一社長はむしろ、本サイトで既報のように、何度も官邸を訪ねるなど、安倍首相とべったりの関係を築いている
 では、古舘はなぜ拒否したのか。原因はまさにその安倍首相に恭順の意を示すテレ朝上層部との関係にあったようだ。
「安倍政権はメディアへの圧力を強めているため、テレ朝側としてはとにかく政権を刺激したくない。ところが、古舘さんはじめ、『報ステ』スタッフは安倍首相に批判的なため、あまり厳しい質問をしないように上層部が釘を刺した。それで、古舘さんが『だったらやる必要はない』という話になったらしい」(前出・テレビ朝日関係者)
 これが事実なら、古舘の意気やよし!という感じだが、しかし、同時に俄然、信憑性を帯びてくるのが、『報ステ』打ち切り、古舘降板説だ。
 本サイトでも報じたように、このところ、古舘とテレ朝の上層部、とくに早河会長との確執が取り沙汰されている。早河会長はもともと『ニュースステーション』のプロデューサーで、『報ステ』に古舘を抜擢した当事者だが、自局の看板ニュース番組の安倍批判、原発批判の路線転換を迫り、これに古舘が反発してきた。
 今年4月、『報ステ』10周年パーティーで、挨拶に立った古舘はこんな挨拶をしている。
「早河社長から好きなようにやってくれ。何の制約もないからと言われて始めたんですが、いざスタートしてみると制約だらけ。今では原発の"ゲ"も言えない」
 
 そして、この不信感が決定的になったのが、川内原発の誤報・編集問題だった。誤報は軽微で編集も趣旨を歪めたものではなかったが、テレビ朝日は原子力規制委員会から抗議されるや、吉田社長自らが全面謝罪。『報ステ』プロデューサーにスタッフを減給処分にした。しかも、テレ朝は自らこの問題をBPOに持ち込んでいる。
「通常、BPOは視聴者や報道被害にあった人からの告発で審議入りになる。ところが、今回はテレ朝がどこよりも先に報告書を提出しているんです。上層部が『報ステ』の不祥事を捏造したようなものです。古舘さんはこういう仕打ちに非常に不信感をもっていて、周囲では来年の春に自ら辞めるという覚悟を決めたんじゃないかともいわれています」(『報ステ』スタッフ)
 一方、早河会長側もポスト古舘の動きを着々と進めているという話もある。
「早河会長と安倍首相の仲をとりもったのは幻冬舎の見城徹社長なんですが、見城氏はバーニングプロ・周防郁雄社長の右腕的存在。その関係で、かなり前からバーニング傘下のプロダクション所属の宮根誠司か羽鳥慎一を古舘の後釜に据えようと動いているという話があります。川内原発問題で過剰対応をしたのも、早河会長の『報ステ』古舘潰しじゃないかと見られていますね」(前出・テレ朝関係者)
 ようするに、今回の安倍首相拒否は、こうした暗闘の末に起きた古舘の覚悟の行動だったという可能性はあるだろう。
 反権力的なスタンスをもつ数少ないニュース番組『報道ステーション』がどうなるのか、早ければ、来年の春にその答えがわかるはずだ。
(田部祥太)


(オルタナティブ通信)さん
http://alternativereport1.seesaa.net/article/408339795.html
2014年11月05日
米国の中間選挙・・・選挙が民主主義の象徴という偽善

1、前ブッシュ大統領は最初の大統領選挙において、民主党のゴア候補にわずか、500票差で勝利した

しかし、大統領選挙中の2000年11月、ブッシュの弟ジェフが州知事の地位に座るフロリダ州では、5万7700人の黒人の市民に対する選挙登録が拒否され、投票する権利が奪われていた

その理由は西暦3000年に殺人事件を「起こした」、西暦2700年に強盗事件を「起こした」という重犯罪歴による市民権=選挙権の「剥奪」であった。

投票権を奪われた黒人は民主党支持者であった

この件に関し合衆国連邦公民権委員会は、ブッシュが「意図的に黒人の投票権を奪ったもの」と非難声明を出している。

黒人に正当な投票権が認められていれば、ブッシュは大統領にはなれなかったものであり、ブッシュ政権は非合法なクーデター政権であった

非合法に政権を略取したブッシュが、アフガンとイラクにおいて、何等大統領としての権限が無いにも関わらず、戦争を行い、多数の死者を出している

これは非合法な殺人事件であり、ブッシュは直ちに殺人犯として逮捕、立件されるべきである


2、1970年、フロリダ州デイド郡選挙で投票終了3分後にチャンネル7は、ある候補者が9万6499票獲得と報道した。

3分で10万票近い集計は物理的に不可能である


これは「当選者が最初から決まっており」、その決められた当選者の獲得票が、最初から「何者か」によって決められている事、それが事前にマスコミに渡され「この当選者と獲得票数を報道するように」と命令が行われている事を明確に示している


3、1988年11月2日、米国ABC放送は、米国中間選挙の投票「前日」に「当選者と、その獲得票数、選挙結果」を報道した


4、2004年の米国大統領選挙では、黒人が投票所に行けないよう黒人居住区周辺の至る所で道路封鎖が行なわれ、事実上、黒人から選挙権が剥奪された。


5、国大統領選挙ではディーボールド社の選挙投票マシーン等が使用されている。

2004年の、ブッシュ大統領が選出された大統領選挙では、ガハナーという地域で638人が投票すると、この選挙投票マシーンは「自動的にブッシュに4258票と加算の表示を行った」。

3600票も水増しされ、投票は全てブッシュになっていた


この「選挙マシーン」を開発したボブ・ウロセビッチ、トッド・ウロセビッチ兄弟は、現在、選挙マシーン製造メーカーのカウンシル・フォー・ナショナル・ポリシー社に「所属し」、新しいマシーン開発を行っている。

この企業の経営者ハワード・アーマンソンは、黒人奴隷制度復活論者として「有名」である。

黒人居住区での道路封鎖による黒人の投票妨害と、このマシーン製造は「連動」していた



6、2004年、大統領選挙で、米国ヤングスタウンでは、25の選挙マシーンでケリーに投票すると、「不思議な事に」全て「ブッシュ」と表示される事態が発生した。

また、ケリーの支持者の多い地区では投票のために10時間以上、行列で待たされる事態が発生した。長時間、待たされ嫌気がさし、投票をやめて帰宅する人間が続出した。

なお、ブッシュの支持地区では、こうした行列は「全く無かった」。

また、ニューメキシコ州では、民主党支持者の多い地区の投票場で、「投票用紙ではない紙」が渡され、それで投票した人達の「投票が全て無効になった」。

この選挙において、ノースカロライナ州カーテレット郡では、4500票の入った「投票箱」が「いつの間にか消滅した」。

さらに、オハイオ州フランクリン郡では、マイティ・テキサス・ストライク・フォースという武装組織が投票所前で、マシンガン等で武装して待機し、「民主党に投票した人間を、その場で射殺する」と拡声器で、投票時間の開始から終了まで継続して投票に訪れた人々を「脅迫」し続けた。

オハイオのウォーレン郡では、投票途中で、突然、国土安全保障省の人間達が姿を現し、投票マシーンを持ち去ってしまった。

その結果、大部分の人間達が、投票不可能になってしまった。

この圧倒的多数の選挙民が「投票出来なかった」地域での「開票結果は、投票していない人々の圧倒的多数がブッシュに投票した事により、ブッシュの圧勝」であった。

オハイオ州マホニング郡では、ケリーと投票すると自動的にブッシュと表示される「選挙マシーン」が使用されていた。

このマシーンでは、「ケリー」に投票しても「ブッシュ」と表示され、「ブッシュ」に投票しても「やはりブッシュ」と表示され「票が集計されて行った」。

この民主党が強いオハイオ州では、投票された用紙が58000票「行方不明」になった



7、1996年、ジョージア州のマックス・クレランド民主党・上院議員の選挙では、「投票マシーン」を用い、民主党に投票すると6割が自動的に共和党になる事態が発生した。

同年、チャック・ヘーゲル上院議員は、自分の選挙で、ヘーゲル自身の経営する企業が製造した投票マシーンを使用した。「不思議な事に」投票結果は100%全て、ヘーゲルに「票を投じていた」。「歴史上初めて」全投票を獲得し圧勝するという「偉業を成し遂げた」ヘーゲルは、議員として再選された。

 米国において選挙は「最初から何者かによって結果が決められている事」、選挙によって政治に民意が反映する事など、「一切無い」事が分かる。

選挙で議員が選ばれるので、民主主義国家であるという小学校の教科書の記述を大人になっても信じている者達は、童話のピノキオが実在人物であると信じ続けている者達である




(緑茶会(脱原発政治連盟))さん
http://ryokuchakai.com/2014/11/18/11/
2014衆院選:「落とそう!原発大好きイレブン」
投稿日: 2014年11月18日
2014年12月の総選挙が決まりました。
これを機会に原発に前のめりの政治に終止符を打ち、原発推進体制をあらため、脱原発を目指す議員の多数当選と脱原発の実現を目指しましょう!
緑茶会では、まずは取り組みの第一弾として、これまで原発推進に前のめりだった議員11人を選び、「落とそう!原発大好きイレブン」としてリスト化しました。
【「原発大好きイレブン」の選挙区にお住まいの方へ】
イレブンを落選させることは可能です。
どんなに得票しているイレブンも、有権者の50%の得票を得てはいません。絶大な強さを誇る安倍総理ですら有権者の44%からしか得票していません。前回の投票率は59%。もし棄権した41%の有権者全員が「安倍以外」に投票していたら?2位だった民主党候補が48%から得票する結果となります。
あきらめないで下さい。

有権者は本当は結果を左右する大きな力を持っているのです。
好き嫌いとか、正しいとか悪いとかでなく、まずは「原発大好きイレブンが落とせるか?」です。私たちは、そういう「戦略的投票」を今度の総選挙で、とくにイレブンの選挙区では実践してみてほしいのです。そのために作成したこの「落選させるべき議員のリスト」をぜひご活用下さい。




「Lost Weekend 」Lloyd Cole and the Commotions

今日の1曲は、ロイド・コール&ザ・コモーションズの「ロスト・ウィークエンド」です。








Lloyd Cole 1984Lloyd Cole 1984
(2011/07/18)
Lloyd Cole

商品詳細を見る

たとえ徳川家が滅亡に追いやられても、武士の魂だけは決して忘れてはならない

「幕末・明治維新の真相、歴史の裏舞台に“貢献”したフリーメーソン・工作員の正体を暴く②(徳川編)」

前回に続き、「幕末・明治維新の真相」について書いていこうと思います。
前回は坂本龍馬を中心とした維新勢力の正体を中心に書きましたが、今回は敵対していた徳川について見ていこうと思います。なんと徳川側にも、フリーメーソン・工作員は暗躍していたようです・・・。

皆さんは疑問に思わないでしょうか?
幕末に徳川慶喜は大政奉還を上奏し、いわゆる明治維新によって徳川政権は倒され、歴史上から抹殺されたはずであるのに、明治になってからも徳川の末裔はしっかりとその地位を確立した存在であり続けていることに・・・。
その疑問を探ってみたいと思います。



まずは、こちらをどうぞ↓
https://www.youtube.com/watch?v=yTJ_CmKN8aU

こちらで書き起こしをしてくれています。

http://www.telejirou.com/archives/12299
幻の徳川家16代将軍
都市伝説テラー・オリエンタルラジオ・中田敦彦が、
幻の徳川家16代将軍について語る。
徳川の将軍と言うと、
15代将軍の徳川慶喜で終わったと、
教えられてきた。
ところが、
幻の16代将軍・徳川家達(とくがわいえさと)という存在があった。
本来、徳川家達が15代将軍になるはずだったが、
14代将軍の徳川家茂が死んだ時、
徳川家達はまた幼かったという事もあり、
徳川慶喜が15代将軍になったのである。
結局、徳川家達が将軍にならなかった理由は、
大政奉還が行われて、
明治政府に政権を明け渡したからである。
その事によって、
徳川慶喜は大政奉還をした最後の将軍という事で、
歴史に名を名を残した。
しかし徳川家達は歴史に名を残す手前で、
なれずに、
歴史から名を消している
まさに悲劇の人物であるが、
徳川家達の悲劇は始まりに過ぎなかった。
その後、徳川家はどうなったかと言えば、
家が取り潰される事もなく、
一貴族として存続はする。
そこで、
徳川家達は歴史に名を残そうと政治家になる。
そして、
徳川家達は、
30代になり大きなチャンスがやってくる。
それが、
初代東京市長(現・東京都知事)である。
東京都知事に徳川家達になるという事は、
江戸を治めていた徳川が再び、
江戸を治める事になる。
しかし、
内定直前にまでなったが、
徳川家の当時のお目付け役であった、
勝海舟の反対にあう。
勝海舟からすれば、
国を背負って欲しいので、
江戸だけで満足してほしくないという意見を受け、
徳川家達は泣く泣く東京市長を辞退した。
その後、
50代になった徳川家達に再びチャンスが訪れる。
今度は総理大臣である。
時の山本権兵衛内閣がスキャンダルで潰れる。
どうにか次の候補を探さなければいけないという事で、
陛下から指名があったのが、
徳川家達であった。
しかし、
今度は、
徳川一族から反対にあった。
徳川一族は、
政治のトップに立って失敗したら、
徳川の立場がないと非常にネガティブに反対された。
この徳川一族の反対にあい、
徳川家達は、
またもや泣く泣くチャンスを奪われた。


德川 家達(ウィキより抜粋)

德川 家達(とくがわ いえさと)は、徳川宗家16代当主。もとは田安徳川家7代当主。静岡藩初代藩主。幼名は亀之助。号は静岳。位階、勲等、爵位は従一位大勲位公爵。世間からは「十六代様」と呼ばれた。第4代から第8代までの貴族院議長、ワシントン軍縮会議首席全権大使1940年東京オリンピックの組織委員会の委員長第6代日本赤十字社社長などを歴任した。大正期には組閣の大命も受けた(拝辞)。

明治10年(1877年)、イギリスのイートン・カレッジに留学する。同校では、寄宿舎での学生による模擬議会に大きな感銘を受けたと回顧している。明治15年(1882年)10月に帰国する。
家達は海軍大臣の加藤友三郎や駐米大使の幣原喜重郎などとともにワシントン軍縮会議首席全権を務め、イギリス・アメリカ・日本の海軍主力艦保有比率を10:10:6にする条約を締結した。この決定は欧米列強の軍事的緊張を是正して国際関係を安定化させることが目的だったが、国内では海軍軍令部や右翼から「軟弱外交」との批判を受けた。
大正2年(1913年)に恩賜財団済生会会長、大正4年(1915年)に明治神宮奉賛会会長に就任。大正10年(1921年)には大日本蹴球協会(現在の日本サッカー協会)の名誉会長として、その発足に立ち会っている[1]。
昭和4年(1929年)11月、第6代日本赤十字社社長に就任した。昭和9年(1934年)には、日本におけるアジア初の国際会議となった第15回赤十字・赤新月国際会議の東京開催に尽力した。さらに昭和11年(1936年)12月には、1940年の東京オリンピック招致成功を受けて、東京市や大日本体育会などを中心として設立された「第十二回オリンピック東京大会組織委員会」の委員長に就任した。
昭和15年(1940年)死去、享年78。大勲位菊花大綬章受章。



德川 家達については以前にも書いたが、改めて気付いたことも多い。
テレビでは德川 家達は「悲劇の主人公」といった話になっているが、1940年東京オリンピック委員長、第六代日本赤十字社社長を歴任するなど実に輝かしい経歴の持ち主である。とても倒された過去の大名の末裔とは思えない待遇である。
そして、あのフリーメーソンであることが発覚した幣原喜重郎などとともにワシントン軍縮会議首席全権を務め、イギリス・アメリカ・日本の海軍主力艦保有比率を10:10:6にする条約を締結した、とのことである。この日本の歴史における重大事件が、日本を太平洋“八百長”戦争に押しやる要因となったことは以前書いた通りである。この重大事件にも德川 家達は関わっていたのである・・・。
イギリス留学もしており、どう考えても「彼ら」指示で動いていたとしか思えないのである。

現在の徳川家の末裔たちはどうされているのだろうか?


http://matome.naver.jp/odai/2136859473149571501
徳川家のまつえいたちは今なにをやっているのか?


皆さん、ご立派な経歴をお持ちの方ばかりのようです・・・。



ところで、こういったブログ記事がある。

http://www.marino.ne.jp/~rendaico/bakumatuseihenco/tokugawakeco.htm
(れんだいこ)さん
【徳川家から見た幕末維新考】
「太田龍の時事評論」の2,006.8.25日付け№1783「徳川宗家第十九代後継者、徳川家広氏の重大な発言(『ボイス』九月号)」を紹介する。(れんだいこ編集)
  「ボイス」平成十八年九月号、二百二十八頁以下に、「徳川家から見た近代日本―幕府と長州の『戦い』は今日まで連綿とつづいている」、と言う座談会が掲載されて居る。座談会の出席者は、徳川家広(徳川宗家十九代後継者)、他二人。

 平成十八年七、八月は、日本歴史に残る重要な時期と成るであろう。この時期に筆者の見るところでは、次の四つの画期的事件があった。即ち、

 (1)鬼塚英昭著「天皇のロザリオ」(七月、成甲書房、上下二巻)の出版。
 (2)いはゆる富田メモの報道(七月二十日、日経新聞、そして各紙)
 (3)「徳富蘇峰終戦後日記」の出版(講談社)。
 (4)「ボイス」、九月号。前出座談会。

 天皇家の血統継承に、今、大きな問題が生じて居るが、徳川家の血統はどうなのか。筆者はこの問題について、「週刊日本新聞」四五一号、四、五頁で論じた。十五代将軍徳川慶喜が、いはゆる大政奉還したあと、英国(イルミナティサタニスト世界権力)の走狗と化した売国奴長州賊は、売国奴岩倉、三條らの一部公卿を手なずけて、徳川幕府を倒して、イルミナティの手先としてのニセ日本国をデッチ上げた。このことについては、「天皇破壊史」「長州の天皇征伐」(成甲書房)参照。

 しかし、この長州岩倉の売国奴一味は、徳川の血統を根絶やしにしなければならなかったにも拘わらず、それに失敗した。徳川慶喜が引退したあと、徳川宗家は十六代家達が継承、十七代家正、十八代恒孝に至って居り、十九代後継者が、徳川家広、だと言う。徳川の血統は、今、御三家、御三卿を含めて七系統。徳川の現存者子孫は、現在、約三百人、と聞いたことがある。

 「徳川と長州の戦いは、なを、継続中」(徳川家広)と言う。これは重大な発言である。「長州の天皇征伐」の熱心な読者には、そのことがただちに理解されるであろう。公式イデオロギーに毒されて居る普通の日本人には、このことの意味がまるで通じないかも知れないか。

 「長州」こそ、「大日本帝国」の主体であり、その真の創設者である。従って、敗戦と共にこの「大日本帝国」が崩壊したとき、蜷川新先生のような徳川幕府陣営の人物は、「長州」も、そして「長州天皇」も、当然、退陣するものと考えた。しかし、徳川家広によれば、敗戦後も長州勢力は、うまく立ち廻って主導権を握った、と言う。ここに、現代日本史の核心が存在する。(了)
 「ボイス」(平成18.9月号)の「徳川家から見た近代日本―幕府と長州の『戦い』は今日まで連綿とつづいている」(237P) 
北康利
________________________________________(作家)  徳川家に對して、長州閥の人々はごく最近まで、”色々仕掛けてきてゐた”やうですね。
徳川家廣
________________________________________(飜譯家)  (笑)。例へば「三百年のベール」。徳川家康の出自の謎を「解き明かした」明治のトンデモ本「史疑」の内容を紹介し、また其の本が世に出なかつた經緯を書いたものです。此の著者の南條範夫氏は、一高、東大と進み、商工省から滿州國に行つて、戰後には時代小説の大家と成つてゐるのは、皆さんご存知のとほりですが、實は舊制山口中學卒でもあります。詰り、岸信介と物凄く近い人なのですね。

 兔に角、長州藩閥人脈の方達は、大日本帝國の歴史を正確に記述される事を非常に恐れてゐる筈です。英吉利のバックアップを得て國を造り、シベリア出兵の失敗によつて中樞から一時追ひ出されるものの、其の後、滿州事變を畫策する事で強引に權力を奪還して、最後は大日本帝國の領土を失はせてしまつた。

 終戰時の日本の領土は明治維新時よりも狹く成つてゐました。一人當たりのGNPでいつても、低く成つてゐたのではないか。此の樣な事實から國民の目を逸らし、責任逃れするには、前任者に罪を擦り附ける ― 江戸時代が暗黒時代だつたと喧傳するしかない譯ですね。
谷澤永一
________________________________________(關西大學名譽教授)  成る程。近世の研究をしてゐても、未だ分からない事が澤山有りますが、近代に至つては、まだまだ時代を動かした本當の事實が明らかに成つてゐないと云ふ事ですね。此れは一寸、歴史學の埒内では書きやうがないですね。




ブログ主さんは気付いていないようですが、この記事は意図せずに「徳川家と長州は現在も対立している。徳川はあくまでも長州に敗れた過去の勢力である。」という間違った情報を拡散してしまっています。
あの慧眼の持ち主である太田龍氏も、すっかり騙されていたようですね。

次のブログ記事は、なかなか真に迫っておられます。


(Electronic Journal)さん
http://electronic-journal.seesaa.net/article/173536220.html
●「幕府にもいたフリーメーソン」(EJ第2960号)

グラバーは、一貫して長州藩や薩摩藩などの雄藩を支援し、倒
幕の動きを加速させていたように思えます。しかし、グラバーは
幕府にも手を伸ばしていたのです。それも徳川慶喜の側近に手を
打っていたのです。それは西周(にしあまね)という人物です。

 西周は、江戸の蕃書調所の教授をやっていたのです。蕃書調所
というのは、安政3年(1856年)に発足した江戸幕府直轄の
洋学教育研究機関です。開成所の前身で、東京大学の源流諸機関
のひとつであり、現代でいうと、西は東京大学の教授といったと
ころです。
 西は文久3年(1862年)に幕府の研修生としてオランダに
留学しています。留学先はライデン大学です
。学んだのは、自然
科学、国際法、国内法、政治学および統計学です。
 その西周は、ライデン大学から近くにある「ラ・ベルトゥ・ロ
ッジ ナンバー7」に加盟し、フリーメーソンになっています。
現在記録に残っているという意味では、日本人最初のフリーメー
ソンということになります
。同ロッジに残されている入会記録は
次のようになっています。
―――――――――――――――――――――――――――――
 1864年、10月20日。第一階級として入会。日本国、津
 和野生まれ、35歳、日本国官吏としてライデンに在住の西周
 助(本名)署名・       ──加治将一著の前掲書より
――――――――――――――――――――――――――――-
 この西周とグラバーとの接点を示す記録は何もありませんが、
何らかの交流があった可能性があるのです。というのは、このラ
イデン大学には、若きグラバーの写真が残されているからです。
ということは、ライデン大学とグラバーとは何らかのつながりが
あったことを示しています。この大学の日本学科には今でも多く
の学生が在籍し、日本語研究にかけては、ヨーロッパでもトップ
クラスの力の入れようなのです。当時日本のことを熟知していた
グラバーと関わりがあっても不思議はないのです。

 おそらく西はグラバーと面識があったと思われます。蘭学を志
していた西が、長崎のオランダ人を通じて西と知り合う可能性は
高いと思われるからです。
 推測ですが、事前にグラバーは西と会い、フリーメーソンの基
礎知識を教えたのではないかと考えられます。そして、グラバー
は、ライデン大学のフィッセリング教授を紹介したと思われるの
です。まフィッセリング教授はもちろんグラバーとフリーメーソ
ン仲間なのです。

 グラバーとしては、幕府の中枢にいる前途有望な若手スタッフ
が同じフリーメーソン仲間になけば、何かと気脈を通じやすくな
るので、フリーメーソンに入会することは歓迎なのです。
 それからもう一人西よりも一ヵ月遅れてフリーメーソンに入会
した幕臣がいたのです。津田真道がそうです。西と同じロッジに
入会したのです
。このあたりのことはほとんど知られていない出
来事です。     ――――― [新視点からの龍馬論/51]


西周(ウィキより抜粋)
西 周 (にし あまね、文政12年2月3日(1829年3月7日) - 明治30年(1897年)1月31日) は江戸時代後期から明治時代初期の幕臣、官僚、啓蒙思想家、教育者。貴族院議員、男爵、錦鶏間祗候。勲一等瑞宝章(1897年)。周助ともいう。
石見国津和野藩(現、島根県津和野町)の御典医の家柄。父・西時義(旧名・森覚馬)は森高亮の次男で、川向いには西周の従甥(森高亮の曾孫)にあたる森鷗外の生家がある。西の生家では、彼がこもって勉学に励んだという蔵が保存されている。
漢学の素養を身につける他、天保12年(1841年)に藩校・養老館で蘭学を学んだ。安政4年(1857年)には蕃書調所の教授並手伝となり津田真道と知り合い、哲学ほか西欧の学問を研究。文久2年(1862年)には幕命で津田真道・榎本武揚らとともにオランダに留学し、フィセリングに法学を、またカント哲学・経済学・国際法などを学ぶオランダ留学中の1864年にライデンでフリーメイソンリーに入会している。
慶応元年(1865年)に帰国した後、目付に就任[1]、徳川慶喜の側近として活動する。王政復古を経た慶応4年(1868年)、徳川家によって開設された沼津兵学校初代校長に就任。同年、『万国公法』を訳刊。明治3年(1870年)には乞われて明治政府に出仕、以後兵部省・文部省・宮内省などの官僚を歴任し、軍人勅諭・軍人訓戒の起草に関係する等、軍政の整備とその精神の確立につとめた。
明治6年(1873年)には森有礼・福澤諭吉・加藤弘之・中村正直・西村茂樹・津田真道らと共に明六社を結成し、翌年から機関紙『明六雑誌』を発行。啓蒙家として、西洋哲学の翻訳・紹介等、哲学の基礎を築くことに尽力した。
東京学士会院(現在の日本学士院)第2代及び第4代会長[2]、獨逸学協会学校(現在の獨協学園)の初代校長を務めた。

明治30年(1897年)、明治天皇は西の功績に対し勲一等瑞宝章、男爵の位を授けた。同年1月31日に死去。享年68。


津田 真道(ウィキより抜粋)
津田 真道(つだ まみち、文政12年6月25日(1829年7月25日) - 明治36年(1903年)9月3日)は、日本の武士(幕臣)、官僚、政治家、啓蒙学者。福澤諭吉、森有礼、西周、中村正直、加藤弘之、西村茂樹らと明六社を結成。岡山県出身。
美作国津山藩上之町(現:岡山県津山市)の生まれ。幼名は喜久治。後に真一郎、行彦とも名乗った。嘉永3年(1850年)に江戸に出て箕作阮甫と伊東玄朴に蘭学を、佐久間象山に兵学を学ぶ。
藩籍を脱して苦学したが、安政4年(1857年)蕃書調所に雇用されて、文久2年(1862年)には西周とオランダに留学しライデン大学のシモン・フィセリング(ドイツ語版)に学ぶ。オランダ留学中の1864年(元治元年)にフリーメイソンリーに入会している。4年後に帰国する。その講義録を慶応2年(1866年)に『泰西国法論』と題して訳出する。これは日本初の西洋法学の紹介となる。その後、幕府陸軍の騎兵差図役頭取を経て、目付に就任、大政奉還に際しては徳川家中心の憲法案を構想した(『日本国総制度』)。


大政奉還(ウィキより抜粋)
大政奉還(たいせいほうかん)とは、江戸時代末期の慶応3年10月14日(1867年11月9日)に江戸幕府第15代将軍徳川慶喜が政権返上を明治天皇に上奏し、翌15日に天皇がこれを勅許した政治的事件である。

雄藩の政治参加を伴う公武合体を構想していた薩摩藩は、参預会議(1864年)の崩壊により一橋慶喜(当時将軍後見職)や幕閣との対立を深め、また切り札と考えた四侯会議(1867年)でも15代将軍に就任した慶喜の政治力により無力化されたため、慶喜を前提とした諸侯会議路線を断念し、長州藩とともに武力倒幕路線に傾斜していった。
このような状況の中、土佐藩の後藤象二郎は、慶応3年(1867年)坂本龍馬から大政奉還論を聞いて感銘を受ける。坂本の船中八策にも影響され、在京土佐藩幹部である寺村道成、真辺正心、福岡孝弟らに大政奉還論の採用を主張した。これに薩摩藩の小松清廉らも同意し、6月22日薩土盟約が締結された。これは幕府が朝廷に大政を奉還して権力を一元化し、新たに朝廷に議事堂を設置して国是を決定すべきとするもので、その議員は公卿から諸侯・陪臣・庶民に至るまで「正義の者」を選挙するものとされていた。
大政奉還論はいわば平和裏に政体変革をなす構想であったが、薩摩藩がこれに同意したのは、慶喜が大政奉還を拒否することを見越し、これを討幕の口実にすることにあったといわれる。そのため、盟約には土佐藩の上京出兵、将軍職の廃止を建白書に明記することが約束された。
後藤はすぐに帰国して土佐藩兵を引率してくる予定であったが、山内容堂(前土佐藩主)は大政奉還を藩論とすることには同意したものの、上京出兵には反対し、建白書の条文から将軍職廃止の条項を削除した。薩摩側は長州・芸州との間で武力倒幕路線も進めており、結局9月7日に薩土盟約は解消された。
10月3日、土佐藩は単独で大政奉還の建白書を藩主・山内豊範を通じ将軍・徳川慶喜に提出した。
土佐藩の建白を受け、10月13日、徳川慶喜は京都・二条城に上洛中の40藩の重臣を招集し、大政奉還を諮問した。10月14日(11月9日)に「大政奉還上表」を朝廷に提出すると共に、上表の受理を強く求めた。摂政・二条斉敬ら朝廷の上層部はこれに困惑したが、薩摩藩の小松帯刀、土佐藩の後藤象二郎らの強い働きかけにより、翌15日に慶喜を加えて開催された朝議で勅許が決定した。慶喜に大政奉還勅許の沙汰書を授けられ、大政奉還が成立した。

大政奉還上表の前日の10月13日、徳川慶喜は開成所教授職を務めた幕臣の西周に対し、英国の議院制度等に関して諮問を行っている。大政奉還成立後の11月、西は意見書として「議題草案」を慶喜側近の平山敬忠に提出している(他にも慶喜周辺に存在した構想として、津田真道の「日本国総制度」(同年9月)などが知られている)。
西はこの中で、徳川家中心の具体的な政権構想を示している。西洋の官制に倣う三権分立が形式的にではあるが取り入れられ、行政権を公府が(暫定的に司法権を兼ねる)、立法権を各藩大名および藩士により構成される議政院がもつこととしており、天皇は象徴的地位に置かれている。公府の元首は「大君」と呼ばれ、徳川家当主(すなわち慶喜)が就任し、上院議長を兼ね、下院の解散権を持つものとされていた。軍事については、当面各藩にその保有を認めるが、数年後には中央に統合するものとされた。その他、従来の諸大名領を現状のままとし、公府の機構は幕府のそれとの関連が意識されているなど、極めて現実的な計画であった[2]。



はい!これまたフリーメーソンです(笑)。
ウィキは本当に正直ですね(笑)
グラバーと慶喜の間に入っていたのが、日本初のフリーメーソンとして有名な西周と津田真道だったのでしょう。大政奉還にも二人は関わっていたようですね。グラバーは維新側と幕府側の両サイドを操っていた「ダブルスパイ」だったようです。敵対しているはずの両勢力を結びつけるキーワードは「フリーメーソン」であるようですナ。

西周、津田真道とともにオランダに留学した榎本 武揚という人物がいます。


榎本 武揚(ウィキより抜粋)
榎本 武揚(えのもと たけあき、天保7年8月25日(1836年10月5日) - 明治41年(1908年)10月26日)は、日本の武士(幕臣)、外交官、政治家。海軍中将、正二位勲一等子爵。通称は釜次郎、号は梁川。名は「ぶよう」と故実読みされることもある。
幼少の頃から昌平坂学問所で儒学・漢学、ジョン万次郎の私塾で英語を学ぶ

ジョン万次郎を調べてみます。

ジョン万次郎(ウィキより抜粋)
ジョン万次郎(ジョン まんじろう、文政10年1月1日(1827年1月27日) - 明治31年(1898年)11月12日)は、江戸時代末期(幕末)から明治にかけての人物。日米和親条約の締結に尽力し、その後通訳・教師などとして活躍した。ジョン・マン(John Mung)とも呼ばれた。本名は中濱 萬次郎(なかはま まんじろう)。
天保12年(1841年)、手伝いで漁に出て嵐に遭い、漁師仲間4人と共に遭難、5日半の漂流後奇跡的に伊豆諸島の無人島鳥島に漂着し143日間生活した。そこでアメリカの捕鯨船ジョン・ハウランド号に仲間と共に救助される。日本はその頃鎖国していたため、漂流者のうち年配の者達は寄港先のハワイで降ろされるが、船長のホイットフィールドに頭の良さを気に入られた万次郎は本人の希望からそのまま一緒に航海に出る。生まれて初めて世界地図を目にし、世界における日本の小ささに驚いた。この時、船名にちなみジョン・マン(John Mung)の愛称をアメリカ人からつけられた。
同年、アメリカ本土に渡った万次郎は、ホイットフィールド船長の養子となって一緒に暮らし、1843年(天保15年)にはオックスフォード学校、1844年(弘化元年)にはバーレット・アカデミーで英語・数学・測量・航海術・造船技術などを学ぶ。彼は寝る間を惜しんで熱心に勉強し、首席となった。民主主義や男女平等など、日本人には新鮮な概念に触れる一方、人種差別も経験した。
嘉永4年(1851年)2月2日、薩摩藩に服属していた琉球にアドベンチャー号で上陸を図り、番所で尋問を受けた後に薩摩本土に送られた。海外から鎖国の日本へ帰国した万次郎達は、薩摩藩の取調べを受ける。薩摩藩では万次郎一行を厚遇し、開明家で西洋文物に興味のあった藩主・島津斉彬は自ら万次郎に海外の情勢や文化等について質問した。斉彬の命により、藩士や船大工らに洋式の造船術や航海術について教示、その後、薩摩藩はその情報を元に和洋折衷船の越通船を建造した。斉彬は万次郎の英語・造船知識に注目し、後に薩摩藩の洋学校(開成所)の英語講師として招いている。
帰郷後すぐに、万次郎は土佐藩の士分に取り立てられ、藩校「教授館」の教授に任命された。この際、後藤象二郎、岩崎弥太郎などを教えている。
万延元年(1860年)、日米修好通商条約の批准書を交換するための遣米使節団の1人として、咸臨丸に乗りアメリカに渡る。船長の勝海舟が船酔いがひどくまともな指揮を執れなかったため、万次郎は代わって船内の秩序保持に努めた(彼はアメリカ人との対等な交友を日本人船員にそねまれることを恐れ、付き合い方には注意していたとされる)。サンフランシスコに到着後、使節の通訳として活躍。帰国時に同行の福澤諭吉と共にウェブスターの英語辞書を購入し持ち帰る。
坂本龍馬も万次郎から聞いた世界観に影響を受けたと言われ、激動の幕末における影の重要人物である。




どうやら、こんがらがった糸が解れてきたように思います。
幕府側の榎本 武揚に英語を教えたジョン万次郎は、敵対するはずの坂本龍馬の「世界観」にも影響を与えているようです。
どういった「世界観」でしょうか?
私には「邪悪な世界観」にしか思えません。
昨年私は足摺岬に行きましたが、明らかにジョン万次郎の銅像は「フリーメーソンのコンパス」を連想させる三角の定規を持っていました(笑)。
ジョン万次郎がフリーメーソンだったことは間違いないでしょう。
私は以前、「坂本龍馬の介入で徳川慶喜が大政奉還を上奏し、内戦を避けようとした(実際は鳥羽・伏見の戦い、戊辰戦争が起きた)が、日本を血みどろの内戦状態にしたかった「彼ら」がこの事実に怒り、龍馬暗殺を起こした」と見ていましたが、どうやらこの大政奉還も「彼ら」の想定内であり、龍馬暗殺は「知りすぎていた男」に対する単なる“とかげの尻尾きり”だった、というのが真相なのではないかと感じるようになりました。
「薩長と徳川の対立」というのも、全てが仕組まれた“出来レース”だったのでしょう。だからこそ大政奉還後の明治になっても、徳川家の末裔たちは“ご立派な名誉と地位”を授けられているのでしょう。
徳川幕府から明治へと移行する日本の重要な転換期に、ここに述べたようなフリーメーソン人脈が蠢いていたことは疑いようがありません。
その一環として、例の孝明天皇弑逆事件・明治天皇すり替えがあったことは言うまでもないことです。この事件の主犯と思われる伊藤博文や岩倉具視がフリーメーソンであったか否かは分りませんが、「彼ら」のエージェントであったことは疑いようがないでしょう。
どうやら日本が「彼ら」の“ゲームの駒”として戦わされていたのは、日露戦争の時からではなく、幕末の時代からだったようです・・・。
いや、それよりずっと前の太古の時代からかもしれません・・・。

最後に、これらの「幕末・明治維新の真相」を証明する事例として、徳川家とロスチャイルド家が2014年の現在も交流しているという記事を紹介します。
ただ気になったのは、徳川家広氏が「一番好きな歌手がアンジェリーク・キジョーだ」と答えている箇所です。私は大変複雑な心境です(笑)。
徳川家広氏の音楽に関する素養がどれだけあるのか私は知りませんが、アンジェリーク・キジョーのことは「彼ら」に教えてもらったとしか私には思えません(笑)。
キリスト教(実際はユダヤ・カバラ教)を禁止して国を守った家康も、今の徳川家の現状を見て、草葉の陰で泣いていることでしょう。
私には家康の心の声が聞こえてきます。
「たとえ徳川家が滅亡に追いやられても、武士の魂だけは決して忘れてはならない」と。





http://bylines.news.yahoo.co.jp/kataokahidehiko/20140501-00034967/
徳川家と英国ロスチャイルド家による日本史と世界史がリンクする奇跡の対談が実現
-シャーロット:私は、世界がより平和になると良いと、つくづく思います。誰かが魔法のようにしてくれれば良いのですが、残念ながらそれは不可能です。もし世界で人種や宗教に拘わらず、皆が仲良く暮らせたら、世界はもっと平和になるのです。それには文化の力が大切だと思います。私は音楽家なので、音楽が人々に人間本来持つ優しさをもたらすことを信じて、それに貢献できたら幸せだと思います。
-徳川:一番重要なのは、貧困をどうやってなくしていくか、ということだと思います。日本国内に関しては、若年者の雇用状態が悪いですね。先が全く見えない若い人達が増えている。ですから、どうやって国内の富を均平にさせるか、これが一番重要だと思います。それから文化ですが、戦争が長期化しているソマリア等アフリカ全体や犯罪が多いラテンアメリカでも音楽は社会を癒す力を持っています。私が一番好きなのは南アフリカワールドカップ開会式で歌ったアンジェリーク・キジョーですが、こんな素晴らしい歌手が生まれること、そういう力を信じたいと思います



あんたら、よく言うわ(爆)

「I Fought The Law 」CLASH

今日の1曲は、クラッシュの「アイ・フォート・ザ・ロウ」です。
歌詞↓
http://www.josefdotsky.com/clash-web-rockers/lyrics/index.php?mode=view&artist=the_clash&songname=i_fought_the_law




グリーン デイのカバーもアップしておきます。






ClashClash
(2000/01/27)
The Clash

商品詳細を見る

あなたの痕跡が涙の粒のようにいつまでも残っている、ANOUSHKA SHANKAR

「TRACES OF YOU」ANOUSHKA SHANKAR

アヌーシャカ・シャンカールの2013年のアルバムである。
タイトルは「貴方の足跡」という意味である。「貴方」とはアヌーシャカの父であるラヴィ・シャンカールのことである。ラヴィは2012年12月に他界している。本作品は父であるラヴィ・シャンカールの足跡を辿りながら、父の正統後継者であるアヌーシャカが「立派に父のインド伝統音楽を私が継承していくわ」といった明確な意志を表明したものであろう。そして同じくラヴィの娘である(アヌーシャカとは異母姉)ノラ・ジョーンズが、ヴォーカルで3曲に参加している。

1曲目の「ザ・サン・ウォーント・セット」は、ラヴィが亡くなる前の曲のようで、アヌーシャカは「彼が亡くなるまでの数ヶ月間、この曲は私にとって、父を手放したくない気持を表現する手段であり続けました。」と語っている。RAVI(ラヴィ)はサンスクリット語で「太陽」を意味するとのことで、「太陽はまだ沈まない、今はまだ大丈夫、もうしばらくの間は」とノラが歌う歌詞が痛々しく感じられる。
「メタモルフォシス」は淡々と迫って来るような曲調だが、女性コーラスが歌う歌詞は「死の神秘性」に触れており、リグ・ヴェーダの中でも最も神聖な詩のひとつであり、しばしば死の瞬間に朗読されるものだとのことだ。
「モンスーン」「リヴァー・パルス」「チェイシング・シャドウズ」等、アヌーシャカのシタールが圧巻である。
「トレース・オブ・ユー」「アンセッド」は、ともにノラがヴォーカルをとっているが、アヌーシャカのシタールと実にマッチしている。美しき才人である二人の娘によるこれだけ良質なアルバムによって追悼されて、さぞかし父であるラヴィ・シャンカールは、天国でニンマリと微笑んでいることだろうと思います。
最後に「トレース・オブ・ユー」の歌詞を紹介します。


あなたの痕跡が
涙の粒のようにいつまでも残っている
空気に触れて瑞々しく
私の心はあなたのために歌う。
雨雲が空気に触れた時に音を立てるように、
私を奏でて。















評点:90点



Traces of YouTraces of You
(2013/10/22)
Anoushka Shankar

商品詳細を見る

「99 Revolutions 」Green Day

今日の1曲は、グリーン デイの「99レボリューションズ」です。
ジャケットや背中にスカル&ボーンズのマークが入っているのが気になりますが・・・








デモリシャスデモリシャス
(2014/09/10)
グリーン・デイ

商品詳細を見る

明治維新こそ「彼ら」の「彼ら」による「彼ら」のための日本支配体制が確立された「日本転覆クーデター」なのです

「幕末・明治維新の真相、歴史の裏舞台に“貢献”したフリーメーソン・工作員の正体を暴く①(坂本龍馬編)」


前回に続き、今回は「幕末・明治維新の真相」に関する記事を書いていこうと思います。
皆さんは「幕末・明治維新」というとどういったイメージを思い浮かべるでしょうか?「坂本龍馬に代表される幕末の英雄による壮大な国家大改革」、「文明開化、日本の近代化の幕開け」、「身分制度の撤廃による民主主義の台頭」等々、肯定的な印象が強いのではないでしょうか?
結論から言いますと、こういった大多数の人が思い描いている明治維新の観念は嘘八百であります。事実は全くの正反対であり、明治維新こそ「彼ら」の「彼ら」による「彼ら」のための日本支配体制が確立された「日本転覆クーデター」なのです。「彼ら」にとって大変喜ばしい「日本転覆クーデター」を、さも「日本人にとって素晴らしい善なる民主主義革命であった」と日本人を洗脳するために、学校教育やマスゴミや御用作家による歴史小説等が使われて来たのです。こういった洗脳媒体を通して大多数の日本人が、「坂本龍馬は日本を改革した偉大な英雄だ」、「明治維新のおかげで日本は世界に誇る近代国家になれたんだ」と思い込んでいます。全く真実が分っていないバカが多すぎます。そういった人間は、「自分が洗脳されている事実にも全く気付いていない」から救いようがないのです。
実際問題、皆さん少し考えても見てください。地方の一介の下級武士がいくら弁舌がうまくても、いくら頭が切れて行動力があったとしても、いくら人望があったとしても、個人のこういった能力・才覚のみで薩長を結びつけ徳川幕府を倒すことが出来たと思いますか?
そんなことが出来るわけがないでしょう。龍馬のバックには龍馬を操る勢力が蠢いていたのです。その代表となるのがジャーディン・マセソン商会の代理人であり、武器商人であるトーマス・グラバーです。長崎に行かれた方なら誰もが訪れる観光名所であるグラバー園には隠しもしないでフリーメーソンのマークが刻まれた門柱があります。龍馬はグラバーの代理人に過ぎなかったのです。龍馬とグラバーの武器売買に関わっていたのが日本初の株式会社である亀山社中です。
亀山社中を見てみます。


亀山社中(海援隊)(ウィキより抜粋)
海援隊(かいえんたい)は、江戸時代後期の幕末に、土佐藩脱藩の浪士である坂本龍馬が中心となり結成した組織である。1865年から1868年まで3年余りに亘り、私設海軍・貿易など、薩摩藩などからの資金援助も受け、近代的な株式会社に類似した組織、商社活動としても評価されている。運輸、開拓、本藩の応援、射利、投機、 教育(修行科目 政法・火技・航海・汽機・語学等)等、隊の自活運営、政治・商事活動を行った。出版も手掛け和英通韻伊呂波便覧、閑愁録、藩論などがある。中岡慎太郎が隊長となった陸援隊と併せて翔天隊と呼ばれる。
1865年閏5月、幕府機関である神戸海軍操練所の解散に伴い、薩摩藩や商人(長崎商人小曽根家など)の援助を得て長崎の亀山(現在の長崎市伊良林地区・ 北緯32度44分55.52秒 東経129度53分12.53秒北緯32.7487556度 東経129.8868139度)において前身となる亀山社中(かめやましゃちゅう)が結成され、当初は、貿易を行い、交易の仲介や物資の運搬等で利益を得ながら、海軍、航海術の習得に努め、その一方で国事に奔走していた。
神戸海軍操練所時代に考えていた実践でもあり、目的はこれらの活動を通じて薩長の手を握らせることにもあった。 グラバー商会などと取引し、武器や軍艦などの兵器を薩摩藩名義で購入、長州へ渡すなどの斡旋を行い、険悪であった薩摩と長州の関係修復を仲介する。1866年3月、薩摩の西郷隆盛(吉之助)・長州の木戸孝允(桂小五郎)を代表とする薩長同盟の締結に大きな役割を果たす。
1866年6月の第二次幕長戦争(第二次長州征伐)においては長州藩の軍艦ユニオン号で、下関海戦に参加、幕府軍を相手に戦い、長州の勝利に大きく貢献する。

倒幕運動に奔走するが大政奉還、内戦回避の坂本と薩摩・長州の武力倒幕では意見が相違した。 同年11月15日(12月10日)、京都・近江屋で坂本が陸援隊隊長の中岡とともに暗殺されると求心力を失って分裂し戊辰戦争が始まると長岡謙吉らの一派は天領である小豆島などを占領し菅野覚兵衛らは佐々木高行とともに長崎奉行所を占領し、また小豆島も治めた。長岡兼吉が慶応4年4月土佐藩より海援隊長に任命されたが、同年閏4月27日(6月17日)には藩命により解散される。土佐藩士の後藤象二郎は海援隊を土佐商会として、岩崎弥太郎が九十九商会・三菱商会・郵便汽船三菱会社(後の日本郵船株式会社)・三菱商事などに発展させる。



武器商人グラバーと龍馬・薩長の関わりがよく分かりますよね。そして忘れてはいけないのが、これらの関係から三菱が誕生した、という事実ですね。龍馬が個人の能力のみで明治維新を成し遂げたのではないのと同様に、岩崎弥太郎個人のビジネス才覚のみで三菱が誕生したのではないことは言うまでもないことです。

そして龍馬を操ったグラバーはスコットランドの出身で、長崎に着いた時はまだ21歳でした。21歳の若造が個人の考えで遠く離れた外国の政治体制を転覆させることが出来ると思いますか?グラバーも所詮「彼ら」の使用人に過ぎないのです。
グラバーを見てみます。


トーマス・ブレーク・グラバー
トーマス・ブレーク・グラバー(英: Thomas Blake Glover、1838年6月6日 - 1911年12月16日)はスコットランド出身の商人。武器商人として幕末の日本で活躍した。
スコットランド・アバディーンシャイアで沿岸警備隊の1等航海士トーマス・ベリー・グラバー(Thomas Berry Glover)とメアリー(Mary)の間に8人兄弟姉妹の5人目として生まれる。ギムナジウムを卒業した後、1859年に上海へ渡り「ジャーディン・マセソン商会」に入社。同年9月19日(安政6年8月23日)、開港後まもない長崎に移り、2年後には「ジャーディン・マセソン商会」の長崎代理店(グラバーの肩書きは「マセソン商会・長崎代理人」)として「グラバー商会」を設立し、貿易業を営む。当初は生糸や茶の輸出を中心として扱ったが八月十八日の政変後の政治的混乱に着目して薩摩・長州・土佐ら討幕派を支援し、武器や弾薬を販売。亀山社中とも取引を行った。また、薩摩藩の五代友厚・森有礼・寺島宗則、長澤鼎らの海外留学、長州五傑のイギリス渡航の手引きもしている。

明治維新後も造幣寮の機械輸入に関わるなど明治政府との関係を深めたが、武器が売れなくなったことや諸藩からの資金回収が滞ったことなどで1870年(明治3年)、グラバー商会は破産。グラバー自身は高島炭鉱(のち官営になる)の実質的経営者として日本に留まった。1881年(明治14年)、官営事業払い下げで三菱の岩崎弥太郎が高島炭鉱を買収してからも所長として経営に当たった。また1885年(明治18年)以後は三菱財閥の相談役としても活躍し、経営危機に陥ったスプリング・バレー・ブルワリーの再建参画を岩崎に勧めて後の麒麟麦酒(現・キリンホールディングス)の基礎を築いた。


長州ファイブのイギリス渡航の手引きもしてますね。三菱とキリンにも関わっていますね。
そして、造幣寮(今の造幣局)に関わっているのも見逃せませんね。
グラバーを操ったジャーデン・マセソン商会を見てみます。


ジャーデン・マセソン商会(ウィキより抜粋)
ジャーディン・マセソン(Jardine Matheson Holdings Limited, 怡和控股有限公司)は、香港にヘッドオフィス(登記上の本社はバミューダ諸島・ハミルトン)を置くイギリス系企業グループの持株会社。ロスチャイルド系であり、米誌フォーチュン誌の世界企業番付上位500社のランキング「フォーチュン・グローバル500」(2009年度版)では世界411位。創設から170年たった今日でも、アジアを基盤に世界最大級の国際コングロマリット(複合企業)として影響力を持っている。

前身は東インド会社で、元は貿易商社。1832年、スコットランド出身のイギリス東インド会社元船医で貿易商人のウィリアム・ジャーディンとジェームス・マセソンにより、中国の広州(沙面島)に設立された。
設立当初の主な業務は、アヘンの密輸と茶のイギリスへの輸出。同じロスチャイルド系の香港上海銀行(HSBC)は、ジャーディン・マセソンなどが香港で稼いだ資金をイギリス本国に送金するために設立された銀行である。
清とイギリスとの間で1840年から2年間にわたって行われたアヘン戦争に深く関わっている。アヘンの輸入を規制しようとする清朝政府とイギリスの争いが起こった際に、当時のアヘン商人の一つであるジャーディン・マセソン商会のロビー活動により、イギリス本国の国会は9票という僅差で軍の派遣を決定した。
1859年(安政6年)、上海支店にいたイギリス人ウィリアム・ケズィック(ウィリアム・ジャーディンの姉の子)が横浜(旧山下町居留地1番館、現山下町一番地)に「ジャーディン・マセソン商会」横浜支店を設立。日本に進出した外資第1号としても知られる。後に吉田茂の養父・吉田健三が一時期、同社横浜支店長を勤めていた
鹿島によって建設された横浜初の外国商館である社屋は、地元民から「英一番館」と呼ばれた。跡地には現在シルクセンター(国際貿易観光会館)が建っている。
1863年(文久3年)、ウィリアム・ケズウィックは井上聞多、遠藤謹助、山尾庸三、野村弥吉、伊藤博文の長州五傑のイギリス留学を支援する。彼らの英国滞在は、ジェームス・マセソンの甥にあたるヒュー・マセソン(ジャーディン・マセソン商会・ロンドン社長)が世話した。
一方長崎でも、1859年9月19日(安政6年8月23日)に幕末・明治期の重要人物であるトーマス・ブレーク・グラバーが「ジャーディン・マセソン商会」長崎代理店として「グラバー商会」を設立。現在はグラバー園として公開されている。グラバーは、五代友厚(薩摩)、坂本龍馬(海援隊)、岩崎弥太郎(三菱財閥)等を支援した。



ジャーデン・マセソン商会はアヘン貿易をしており、ロスチャイルド系です。そして、「前身は東インド会社である」というのが最大のポイントである。ジョン・コールマンは、「世界を支配している闇の勢力「300人委員会」の前身は東インド会社だ」と述べている。ということは、「東インド会社=300人委員会=ジャーデン・マセソン商会=ロスチャイルド=「彼ら」」ちゅーわけですナ。
はい!これで皆さんもご理解いただけたのではないかと思います。「明治維新を操っていた黒幕は誰なのか」ということを。その黒幕がやっていた“商売”はアヘン貿易であり、武器売買であったということを。「そんなヤバイ“商売”をしている勢力が裏で操っていた「明治維新」というものが「善良なる民主主義革命」であるわけがない」ということは、善悪の判断がつくようになった子供でも理解できることでしょう。
そして、「吉田茂の養父・吉田健三が一時期、ジャーディン・マセソン商会横浜支店長を勤めていた。」という事実を我々は覚えておく必要があるでしょう。吉田茂は言うまでもなく麻生太郎の祖父であり、側近がCIAに情報提供していたことが暴かれている人物である。この「どす黒い血脈」が現在も続いていることは偶然でしょうか?必然でしょうか?
外国人である「彼ら」が直接日本の政財界のトップとして君臨しだしたら、さすがに“洗脳されやすい”日本人も「彼ら」に支配されていることに気付き、次第に暴動が起きるでしょう。しかし一般の日本人を装った、出自の怪しい特殊な地域出身者を中心とした傀儡を「彼ら」の代わりにトップに据え置くことで、「彼ら」は日本を秘かに間接支配することが出来るのです。「彼ら」の間接支配が明治維新から平成の現代まで続いていることを、しっかりと理解しておいて下さい。
最後に、「彼ら」の傀儡は維新勢力だけではなかったことを述べておきます。
このことは次回書こうと思います。





「Get It On 」T Rex

今日の1曲は、T・レックスの「ゲット・イット・オン」です。








電気の武者電気の武者
(2014/11/26)
T.レックス

商品詳細を見る

「One Hit (To The Body)」The Rolling Stones

今日の1曲は、ローリング・ストーンズの「One Hit (To The Body)」です。






ダーティ・ワークダーティ・ワーク
(2014/11/26)
ザ・ローリング・ストーンズ

商品詳細を見る

「Left Of Center」Suzannue Vega スザンヌ・ヴェガ

今日の1曲は、スザンヌ・ヴェガの「レフト・オブ・センター」です。
歌詞↓
http://petitlyrics.com/lyrics/474362












ベスト・オブ・スザンヌ・ヴェガベスト・オブ・スザンヌ・ヴェガ
(2012/06/20)
スザンヌ・ヴェガ、DNA・フィーチャリング・スザンヌ・ヴェガ 他

商品詳細を見る

「往く道は精進にして、忍びて終わり悔いなし」高倉健・追悼

「日本が世界に誇る名俳優、高倉健が亡くなる」




http://www.hochi.co.jp/entertainment/20141118-OHT1T50023.html
高倉健さん死去 すでに近親者にて密葬…FAX全文
2014年11月18日12時7分 スポーツ報知
映画俳優の高倉健(たかくら・けん、本名・小田剛一)さんが、死去していたことが18日分かった。10日午前3時49分、悪性リンパ腫のため東京都内の病院で死去した。83歳。福岡県出身。
 FAX全文は以下の通り。
映画俳優 高倉健は、次回作準備中、体調不良により入院、治療を続けておりましたが、容体急変にて11月10日午前3:49都内の病院にて旅立ちました。
生ききった安らかな笑顔でございました。
病名 悪性リンパ腫
「往く道は精進にして、忍びて終わり悔いなし」
83歳の命を全う致しました。
治療に携わって下さいました病院スタッフの皆様から温かい涙とともにお見送りを戴き、故人の遺志に従い、すでに近親者にて密葬を執り行いました。
これまで、お励まし戴きました皆様、心より深く感謝申し上げます。有難うございました。
今は、お一人おひとりの心の中に宿る故人の笑顔に、静かに祈りを捧げて戴けますことを願っております。
尚、勝手ではございますが、供花、供物などご遠慮させて戴きますこと、あわせてご了承下さいますようお願い申し上げます。
合掌





http://mainichi.jp/select/news/20141118k0000e040217000c.html
高倉健さん死去:「不器用な男」日本人の美学重ね
毎日新聞 2014年11月18日 11時53分(最終更新 11月18日 13時11分)
日本映画界最高の銀幕のスター、高倉健10+件さんが10日、83年の生涯を閉じた。俳優の名前で多くの観客を映画館に呼べる数少ない俳優だった。晩年まで、私生活をほとんど公にすることはなく、役柄のイメージの高倉健10+件を観客の心に残したまま旅だった。「健さん」として親しまれてきたのは、役の中での男の生きざまであり、高倉さん自身の生き方も重なって多くのファンが魅了された。日本映画は長年映画界をけん引してきた大きな柱を失った。
 高倉さんが人気を不動にしたのは任(にん)きょう映画。1960年代に大人気となった「網走番外地」「日本俠客伝」シリーズなどは、学生運動に身を投じる若者らからも圧倒的な支持を得た。着流しのアウトローが逆境に耐えながらも復讐(ふくしゅう)を果たす物語に観客は熱狂した。多くを語らず、いざという時に体を張って、義理や人情を大事にする姿は、男っぽさの神髄と受け入れられた。
 任(にん)きょう映画の減少とともに、高倉さんは人間ドラマやアクション、大作へと出演映画のフィールドを広げた。ただ、過酷で暗い過去をひきずり、大きな重荷を背負って生きる役はその後もずっと続いた。青函トンネル開通に挑む男を演じた「海峡」(82年)、殺人事件を犯し逃亡しながらも母子家族の酪農を手伝う日本版「シェーン」といわれる「遥かなる山の呼び声」(80年)、引かれた女の元情夫が手配中の男と知り職務を遂行する刑事役の「駅 STATION」(81年)など。
 武骨で口数は少ないが、人の情を大事にする素朴な男。「幸福の黄色いハンカチ」はその頂点の作品といっていいだろう。愚直なまでのきまじめさ、人生を常に遠回りしてしまい、必死に生きていても損な役回りになってしまう男の姿に、観客は共感と人生のつらさ、悲しみを感じた。
 最新作「あなたへ」(2012年)がコンビを組んで20作目となり、高倉さんが最も信頼を寄せる降旗康男監督は同作で「健さんも年を取り、過去の重荷から解放してあげたかった」と話した。さらに、「普通の俳優は努力して人物のキャラクターに入っていくが、健さんはキャラクターを自分の中に入れてしまう。だから、相手とふれあうことでしか芝居が出てこない」。自身を「不器用」と言うのは「それを自認しているからだ」と説明した。



高倉健が亡くなった。
当ブログにしては珍しく“普通”の記事を記しておく。
私ごときが健さんのことをつべこべ語る資格もないわけだが、それほど芸能界に関心のない私にとっても、健さんは特別な“オーラ”を感じさせる存在のように感じられた。
また健さんのことを悪く言う人はほとんどいないんじゃないかと思うくらい、人気の高い日本を代表する「いかにも日本人らしい」名俳優であったことは疑いようがない。

ただ私が感じるに、あまりにあの「寡黙で、渋く、男らしい」というイメージが強すぎて、「実際の自分をあるがままに見せることが出来なかったのが辛かったのではないだろうか」と、感じたりもする。実際の健さんは、けっこう饒舌な人であったらしい。
健さんと同様に、俳優のイメージがあまりに強すぎて自分の本来の性格を見せることが出来なかった人物に、あの「フーテンの寅さん」こと渥美清がいるだろう。実際問題、映画で登場するあの寅さんそのままの性格の人間が現実に存在するわけがないだろう。「大スターというものは、映画を見ている一般人が思い込んでいるイメージを守るために、自身の人生を犠牲にしなければならなかったのだろう」と、少し可哀想な気にさえなる。

「動乱」「幸福の黄色いハンカチ」「野生の証明」等々、健さんの代表作は多数存在するが、私が一番印象に残っているのは、「ブラック・レイン」である。あの寡黙な健さんが、サングラスをしてレイ・チャールズの「ファット・アイ・セイ」を歌う場面は傑作だった。
共演した松田優作はとうに他界したが、今頃は二人で映画談義に花を咲かせているかもしれない。








「CRUEL TO BE KIND 」NICK LOWE

今日の1曲は、ニック・ロウの「クール・トゥ・ビー・カインド」です。


円熟味溢れたアコースティック・ヴァージョンです。


カラオケもアップしておきます(笑)






クワイエット・プリーズ~ザ・ニュー・ベスト・オブ・ニック・ロウクワイエット・プリーズ~ザ・ニュー・ベスト・オブ・ニック・ロウ
(2010/02/25)
ニック・ロウ

商品詳細を見る

「They don't know 」Tracey Ullman

今日の1曲は、トレイシー・ウルマンの「ゼイ・ドント・ノウ」です。








そっと抱きしめて~コンプリート・スティッフ・レコーディングスそっと抱きしめて~コンプリート・スティッフ・レコーディングス
(2010/08/25)
トレイシー・ウルマン

商品詳細を見る

日本の歴史上重要な日英同盟を調印したのはフリーメーソンだったのです

「日露戦争からロシア革命の真相、それらの裏舞台に“貢献”したフリーメーソン・工作員の正体を暴く」


セオドア・ルーズベルトは、日露戦争の当初に、「アメリカは日本の勝利を望んでいる。日本はわれわれのゲームを戦っているのだ」と言ったそうである。
この言葉は「日露戦争が「彼ら」によって操られた八百長戦争であった」という真相を明らかにしている。
もう少し、日露“八百長”戦争の真相を解明していこうと思う。
それにはまず、日英同盟に触れなければならない。



日英同盟(ウィキより抜粋)
日英同盟(にちえいどうめい、Anglo-Japanese Alliance)は、日本とイギリス(グレートブリテン及びアイルランド連合王国)との間の軍事同盟。1902年1月30日調印発効、1923年8月17日失効。
第一次日英同盟は、1902(明治35)年1月30日に調印され即時に発効した。その後、第二次(1905年)、第三次(1911年)と継続更新され、1923年8月17日に失効した。第一次世界大戦までの間、日本の外交政策の基盤となった。
日英同盟は、イギリスのロンドンのランズダウン侯爵邸(現The Lansdowne Club 地図)において、林董駐英公使とイギリスのランズダウン侯爵ヘンリー・ペティ=フィッツモーリス外相により調印された[1]。
イギリスは義和団の乱以来満州から撤兵しないロシアを牽制したいと考えていたが、イギリス単独ではイギリスの中国における利権の維持にあたるには限界があった。そこで、それまでの「栄光ある孤立」政策を捨て[2]、まずドイツとの交渉を試みるも、ドイツはロシアと手を結んだため失敗し、その後義和団の乱で活躍した日本に接近した。日本では、伊藤博文や井上馨らがロシアとの妥協の道を探っていたが、山縣有朋や桂太郎や西郷従道や松方正義や加藤高明らはロシアとの対立はいずれ避けられないと判断してイギリスとの同盟論を唱えた。結果、日露協商交渉は失敗し、外相小村寿太郎の交渉により日英同盟が締結された。調印時の日本側代表は林董特命全権公使、イギリス側代表はペティ=フィッツモーリス外務大臣であった。
第一次日英同盟の内容は、締結国が他国(1国)の侵略的行動(対象地域は中国・朝鮮)に対応して交戦に至った場合は、同盟国は中立を守ることで、それ以上の他国の参戦を防止すること、さらに2国以上との交戦となった場合には同盟国は締結国を助けて参戦することを義務づけたものである。また、秘密交渉では、日本は単独で対露戦争に臨む方針が伝えられ、イギリスは好意的中立を約束した。条約締結から2年後の1904年には日露戦争が勃発した。イギリスは表面的には中立を装いつつ、諜報活動やロシア海軍へのサボタージュ等で日本を大いに助けた。
日本にとって、当時、世界一の超大国であったロシア帝国の脅威は国家存亡の問題であった。それは、日本側は日清戦争勝利による中国大陸への影響力の増加、ロシア帝国側は外交政策による三国干渉後の旅順・大連租借権・満州鉄道利権の獲得により顕著になった。両国の世論も開戦の機運を高めていった。
しかし、日本の勝算は非常に低く、資金調達に苦労していた。日英同盟はこの状況に少なからず日本にとって良い影響を与えた。
当時のロシア帝国は対ドイツ政策としてフランス共和国と同盟関係(露仏同盟)になっていた。日露開戦となると、当然軍事同盟である露仏同盟が発動し、日本は対露・対仏戦となってしまう危険性を孕んでいた。以上の状況に牽制として結ばれた日英同盟は、1対1の戦争の場合は中立を、1対複数の場合に参戦を義務づけるという特殊な条約であった(これは戦況の拡大を抑止する効果だと思われる)。結果、日英同盟は露仏同盟にとって強力な抑止力となった。上記の条約内容からフランスは対日戦に踏み込むことができなくなったばかりか、軍事・非軍事を問わず対露協力ができなくなった。
当時、世界の重要な拠点はイギリス・フランスの植民地になっており、主要港も同様であった。日本海海戦により壊滅したバルチック艦隊は極東への回航に際して港に入ることができず、スエズ運河等の主要航路も制限を受けた。また、イギリスの諜報により逐一本国へ情報を流されていた。
日本にとって日英同盟は、軍事資金調達の後ろ盾・フランス参戦の回避・軍事的なイギリスからの援助・対露妨害の強化といった側面を持つことになった




簡単に言うと、当時ロシアはフランスと同盟関係にあったため、日露戦争となると日本はフランスとも戦わなければならなくなるところだった。そこで日英同盟が結ばれることによってフランスが参戦できなくなることになり、イギリスは日露戦争を後方から推し進めることになったのである。ちなみに、この日英同盟の関係から1906年に明治天皇はガーター勲章を授けられている。その後、歴代天皇は全てガーター勲章を授けられている。
天皇はエリザベスの臣下に過ぎないのだ。
次に、日英同盟を調印した林 董を見てみる。



林 董(ウィキより)
林 董(はやし ただす、1850年4月11日(嘉永3年2月29日) - 1913年(大正2年)7月20日)は幕末の幕臣。明治期の日本の外交官、政治家。伯爵。初代陸軍軍医総監・男爵の松本良順は実兄。
下総国佐倉藩(のち千葉県佐倉市)の蘭医佐藤泰然の五男として生まれ、後に幕府御典医林洞海の養子となる。養母・つるは泰然の長女・董の実姉である。
ヘボン塾(のちの明治学院大学)で学んだ後、幕府の留学生としてイギリスへ行った後、榎本武揚率いる脱走艦隊に身を投じ、箱館戦争時には佐藤東三郎と名乗った。敗戦後、香川・兵庫の県知事、ロシア・イギリスの駐在公使、外務大臣、逓信大臣などを務めた。
董の孫・忠雄は三菱財閥の4代目総帥・岩崎小弥太の養嗣子となった。忠雄の妻・淑子は旭硝子の創業者・岩崎俊弥の次女として生まれ、伯父・小弥太の養女となった。忠雄が小弥太の婿養子となったことにより、林家は三菱の創業者一族・岩崎家と姻戚関係となる。また、董の娘・菊は福澤諭吉の次男・捨次郎に嫁ぐ。
1902年(明治35年)1月30日に、在英日本公使としてロンドンで日英同盟を調印した。このときの英国代表は外務大臣の第5代ランズダウン侯爵ヘンリー・ペティ=フィッツモーリスであった。1903年5月、イギリスのエンパイア・ロッジにてフリーメイソンに入会[1]
日露戦争後の1905年(明治38年)12月2日、ロンドンの在英日本公使館が昇格して大使館となった。林董は初代駐英大使に任命され、日本の外交官としては初めての大使となった。


はい、フリーメーソンでした(笑)。それにしてもウィキは正直ですね(笑)。
日本の歴史上重要な日英同盟を調印したのはフリーメーソンだったのです。
これでも皆さんは、「陰謀など存在しない」と言い切りますか?

次に、日本政府は戦費の調達をどうやったのかを述べます。
これはズバリ、ロスチャイルドの米代理人であるジェイコブ・シフが用立ててくれました。
「日露戦争で「日本が勝利した」理由は、ロスチャイルドの代理人であるジェイコブ・シフが高橋是清に戦費を融資してくれたことである」というのは有名な話です。

「ロスチャイルドは日本人のことを思って融資してくれたのでしょうか?」

そんな訳はありません。

「当時、ロシア政府にポグロムという弾圧を受けていた同胞であるユダヤ人を助けるためだったのでしょうか?」

これも間違いです。

ロスチャイルド(=「彼ら」)の本当の目的は、ロシアを日露戦争勃発によって弱体化し、その後にロシア革命を起こさせることにありました。
「彼ら」の行動計画である共産主義国家を成立させるために・・・
日露戦争の真相は、「彼ら」の目的を遂行する手段として、日本を傭兵として利用するために日本に戦費を“融資”し、日本を勝利に導いたということなのです。

日露戦争に勝利した日本はその後どうなったのでしょう。
勝利したはずの日本は、得たものといえば南満洲鉄道を獲得するなど満洲における権益と南樺太を得ることとなったぐらいで、8万を越える戦死者を出し、何ら賠償金を得ることもできなかったため、日比谷焼打事件をはじめとして各地で暴動が起こったのです。
さらには、ジェイコブ・シフのクーン・ローブに対して金利を払い続けることとなったのです。
その屈辱のポーツマス条約を仕切ったのがセオドア・ルーズベルトなのです。
セオドア・ルーズベルトが、「日本はわれわれのゲームを戦っているのだ」と言った理由がよく理解できるでしょう。
日本は「彼ら」の「ゲームの駒」として、踊らされていたのに過ぎなかったのです。
そして、そのゲームの仕上げとしてロシア革命の成功に“貢献”した日本人スパイがいました。その名は明石 元二郎といいます。



明石 元二郎(ウィキより抜粋)
明石 元二郎(あかし もとじろう、元治元年8月1日(1864年9月1日) - 大正8年(1919年)10月26日)は明治・大正期の陸軍軍人。陸軍大将正三位勲一等功三級男爵。第7代台湾総督。福岡藩出身。
ドイツ留学、仏印出張、米西戦争のマニラ観戦武官を経て、明治34年(1901年)にフランス公使館付陸軍武官となる。明治35年(1902年)にロシア帝国公使館付陸軍武官に転任する。首都サンクトペテルブルクのロシア公使館に着任後、日英同盟に基づいた情報協力により、イギリス秘密情報部のスパイであるシドニー・ライリーと知り合い、友人となった
明石の依頼により、ライリーは明治36年(1903年)から建築用木材の貿易商に偽装して戦略的要衝である旅順に移住し材木会社を開業、ロシア軍司令部の信頼を得て、ロシア軍の動向に関する情報や、旅順要塞の図面などをイギリスおよび日本にもたらしている。
日露戦争が開戦すると中立国スウェーデンに移り、以後この地を本拠として活動する。明石(当時の階級は大佐)は日露戦争中に、当時の国家予算は2億3,000万円程であった中、山縣有朋の英断により参謀本部から当時の金額で100万円(今の価値では400億円以上)を工作資金として支給されロシア革命支援工作を画策した。この点について2013年に西部邁(評論家)は次のように述べた。「日露戦争のときには、日本にも明石元二郎という立派なスパイがいました。彼が使った工作資金はいまの標準でいうと数百億円ですってね。一兆円という話も聞いたことがある。それで第一次ロシア革命を煽り立てるわけです。これにはさすがのツアーも参ってしまった。」[1]
主にヨーロッパ全土の反帝政組織にばら撒き日本陸軍最大の謀略戦を行った。後に、明石の手になる『落花流水』を通して巷間伝えられるようになった具体的な工作活動としては、情報の収集やストライキ、サボタージュ、武力蜂起などであり、明石の工作が進むにつれてロシア国内が不穏となり、厭戦気分が増大したとされていた。
明石の著した『落花流水』や司馬遼太郎が執筆した小説『坂の上の雲』においては、次のような粗筋がベースになっており、明石の工作は成功したものとして描かれ、著名な外国人(日本人から見て)が登場している。
明治37年(1904年)、明石はジュネーヴにあったレーニン自宅で会談し、レーニンが率いる社会主義運動に日本政府が資金援助することを申し出た。レーニンは、当初これは祖国を裏切る行為であると言って拒否したが、明石は「タタール人の君がタタールを支配しているロシア人の大首長であるロマノフを倒すのに日本の力を借りたからといって何が裏切りなのだ」といって説き伏せ、レーニンをロシアに送り込むことに成功した。その他にも内務大臣プレーヴェの暗殺、血の日曜日事件、戦艦ポチョムキンの叛乱等に関与した。これらの明石の工作が、後のロシア革命の成功へと繋がっていく。後にレーニンは次のように語っている。「日本の明石大佐には本当に感謝している。感謝状を出したいほどである。」と。
明治43年(1910年)7月、寺内正毅韓国統監の下で憲兵司令官と警務総長を兼務し、韓国併合の過程で武断政治を推し進めた。
その後、大正4年(1915年)10月に第6師団長を経て、同7年(1918年)7月に第7代台湾総督に就任、陸軍大将に進級する。総督在任中は台湾電力を設立し水力発電事業を推進したほか、鉄道貨物輸送の停滞を消解するため新たに海岸線を敷設したり、日本人と台湾人が均等に教育を受けられるよう法を改正して台湾人にも帝国大学進学への道を開いたり[9]、今日でも台湾最大の銀行である華南銀行を設立したりしている。
関ヶ原の戦い(1600年)や、大坂の陣(1614-1615年)で戦ったキリシタン武将、明石全登の末裔と言われている。



「彼ら」の工作員と思われる○馬遼太郎も、けっこう真実を語っていたようです。
それにしても、「当時の金額で100万円(今の価値では400億円以上)を工作資金として支給されロシア革命支援工作を画策した。」とはすごすぎる。
明石にこれだけの大金を支給した山縣 有朋とは一体何者なのでしょうか?



山縣 有朋(ウィキより抜粋)
山縣 有朋[1](やまがた ありとも、天保9年閏4月22日(1838年6月14日) - 大正11年(1922年)2月1日)は、日本の武士(長州藩士)、陸軍軍人、政治家。階級は元帥陸軍大将。位階は従一位。勲等は大勲位。功級は功一級。爵位は公爵。
内務大臣(初・第2・第3代)、内閣総理大臣(第3・9代)、元老、司法大臣(第7代)、枢密院議長(第5・9・11代)、陸軍第一軍司令官、貴族院議員、陸軍参謀総長(第5代)などを歴任した。
自身が得た最高位の階級は陸軍大将だが、元帥府に列せられ元帥の称号を得ており、元帥陸軍大将と呼称された。各国でも大英帝国のメリット勲章等勲章を多数受章している
天保9年(1838年)、萩城下近郊の阿武郡川島村(現在の山口県萩市川島)に、長州藩の中間・山縣有稔(ありとし)の長男として生まれる。足軽以下の中間身分ながら将来は槍術で身を立てようとして少年時代から槍の稽古に励んでいた。このころ友人・杉山松助らに松下村塾への入塾をすすめられるも、「吾は文学の士ならず」として辞退したともいわれる[5]。
安政5年(1858年)7月、長州藩が京都へ諜報活動要員として派遣した6人のうちの一人として、杉山松助・伊藤俊輔らとともに上京し、尊皇攘夷派の大物であった久坂玄瑞・梁川星巌・梅田雲浜らに感化を受け9月に帰藩後に久坂の紹介で吉田松陰の松下村塾に入塾したとされる
文久3年(1863年)、高杉晋作の奇兵隊創設とともにこれに参加し、武芸や兵法の素養を活かして頭角を現す。高杉は身分にとらわれずに有能な人材を登用したため、低い身分であった伊藤や山縣などが世に出るきっかけを与えた。松下村塾と奇兵隊の存在により、幕末の長州藩からは伊藤や山縣のように、足軽以下の平民と大差ない身分の志士が多く出ている[6]。
慶応元年(1866年)に四代目総管に就任し、長州征討で高杉と共に活躍、戊辰戦争では北陸道鎮撫総督・会津征討総督の参謀となった
明治2年(1869年)に渡欧し、各国の軍事制度を視察する。翌年アメリカ経由で帰国。その後は大村益次郎の実質的な後継者として西郷隆盛の協力を得ることで軍制改革を断行、徴兵制を取り入れた(徴兵令)。
明治10年(1877年)に勃発した西南戦争では参軍として官軍の事実上の総指揮を執ったため、さながら薩摩閥と長州閥の直接対決の様相を呈した。錬度や士気で優る薩軍に対し、装備と物量・兵力で対抗して鎮圧した。9月に最後の城山の戦いでは、西郷へ自決を勧める書状を送った[7]。

明治21年(1888年)12月2日よりヨーロッパ各地へ視察旅行に出る




足軽以下の身分でありながら、伊藤博文と共にこれだけ“出世”できたのは、「彼ら」の援助が相当あったことは疑いようがないでしょう。しっかりと、「大英帝国のメリット勲章等勲章を多数受章している」ようだし、「ヨーロッパ各地へ視察旅行に行っている」ようである。悪名高き会津征討総督の参謀でもあり、西郷隆盛を自決に追いやった西南戦争の総指揮をとっていたようだから、相当「彼ら」に気に入られていたのでしょう。明石 元二郎に資金を渡したのは、実際は「彼ら」であったのは間違いないでしょう。当時の国家予算は2億3,000万円程であったのに、400億円もの大金を当時の日本が出せるはずもないし、日本がそこまでしてロシア革命を起こさせる動機も存在しないだろう。「彼ら」が「彼ら」の“ゲームの駒”である山縣 有朋や明石 元二郎を利用したという訳ですナ。

2014年の現在、「彼ら」は新たな“ゲームの駒”を利用して、新たな“八百長”戦争をひき起こそうとしています。「彼ら」の陰謀に嵌められないためにも「正しい歴史の勉強」が必要なのである。

「ヘレカンホー」「レスライ」「ポンレプンカムィ」「カピウ・ウポポ」マレウレウ

今日はアイヌの伝統音楽を歌うマレウレウの「ヘレカンホー」「レスライ」「ポンレプンカムィ」「カピウ・ウポポ」です。
マレウレウとはアイヌ語で蝶のことだそうです。







もっといて、ひっそりね。もっといて、ひっそりね。
(2012/08/08)
マレウレウ

商品詳細を見る

「すばらしい, ワクワクする, 架空の, 信じられないような」四人組、The Fabulous Four

「Simply Fabulous」The Fabulous Four

The Fabulous Fourのボーナス曲10曲を含んだベストアルバムである。
このグループに関する情報はほとんど皆無である。輸入盤CD解説によると、アメリカ南フィラデルフィア出身の4人組み男性ユニットであり、1957年に各メンバーのファーストネームのJの文字をとって「The Four J’s」と名乗っていたとのことだが、後にこのグループ名になったようである。Fabulousとは、「すばらしい, ワクワクする, 架空の, 信じられないような」という意味だそうである。このネーミングがピッタリの、実にワクワクさせられる夢見心地なサウンドを聞かせてくれる。
私がこのグループの存在を知ったのは、例のジェリー・ラゴヴォイのアルバムに彼らの曲が収録されていたことであるが、どの曲も「古き良きアメリカ」を思い起こさせる名曲揃いであり、白人のドューワップ、オールディーズもけっこういいものだな、と感じた。











評点:80点




Simply FabulousSimply Fabulous
(2004/03/23)
Fabulous Four

商品詳細を見る

「Bad Communication」B'z

昨日のThe Bubble Gum Brothersですが、ジャケットで明らかなイルミナティ・サインをしてましたね。
嫌になってきますが、日本の音楽界も相当にイルミに汚染されているようですね。
今日の1曲は、B'zの「Bad Communication」です。






B\'z LIVE-GYM Pleasure 2013 ENDLESS SUMMER-XXV BEST-【完全盤】 [Blu-ray]B\'z LIVE-GYM Pleasure 2013 ENDLESS SUMMER-XXV BEST-【完全盤】 [Blu-ray]
(2014/01/29)
B\'z

商品詳細を見る

世界中で最も遺伝子組み換え作物を大量消費しているのが日本人であることも、あまり知られていない。

「国民の健康を考える国家と考えない国家、あなたならどちらが“正しい”国家だと思いますか?」


ロシアは遺伝子組み換え食品(GMO)の表示を怠った企業に対して罰金を科す法案を通過させたそうだ。誰が聞いても、“当たり前”な法案だろう。
しかし、これに対して正反対な施策をとっている国が存在する。言わずと知れたアメリカである。アメリカではなんと、GMOの表示義務が有りません。GMOの表示を義務化する国民投票を行なわれたのだが、モンサントを始めとするイルミナティ企業による買収工作によって否決されたのです。アメリカ人にはGMO食品か否かを調べる術がないのです。
「世界人権宣言の嘘」の記事でも書いたように、「人権」が大好きな“民主主義”国家の国民には、食品の成分を調べるための人権は与えられていないのです。
日本は今現在、GMO表示の義務が有りますが、抜け穴だらけで実質アメリカと大差ない状況です。それもTPPが可決されたら、アメリカと同様にGMOの表示義務がなくなってしまう可能性が高いのです。あのイルミの中心地であるヨーロッパでさえGMOの厳格な表示規制が存在しているというのに・・・。
ところで、「遺伝子組み換え食品の何が問題なんだ」と、寝ぼけたことをおっしゃる方に、こう分りやすく説明させていただきます。
「あなたは毒を食べたいですか、食べたくないですか?」
「あなたは癌になりたいですか、なりたくないですか?」と。




(マスコミに載らない海外記事)さん
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/gmo/
2014年11月14日 (金)
ロシア議会、より厳格なGMO表示法を承認
公開日時: 2014年11月12日 15:19
Russia Today
ロシア下院は、包装に、消費者に対する警告がない、遺伝子組み換え生物(GMO)を含む製品を販売した企業に対し、罰金を科する法案を、第一読会で通過させた。
水曜日、第一読会で通過された法案は、遺伝子組み換え生物の原料を含む、あるいは遺伝子組み換え生物を使って作られた食品への適切な表示の欠如に対する責任を導入すべく、管理規定に対する一連の改訂を含んでいる。
法案が、法制化されれば、正しく品質表示しなかったり、正しくない情報を提供したりした生産者は、20,000から、150,000ルーブル(444 - 3,333ドル)の罰金をかけられる。監督機関は不適切に表示をした在庫を没収することもできる。法案は、国の消費者権利保護機関ロスパトレブナドゾルに、状況を監視し、違反者を罰する責任も与えている。
現在のロシア法は、2007年に発効したもので、重さで、0.9パーセントの遺伝子組み換え生物を含む全ての商品に対し、はっきり見える表示を要求はあるが、こうした法律を守らなかった者に対する懲罰は何も書かれていない。GMOを含む食料品の売上高や製造に対する制限はない。
公式統計によれば、ロシア食品業界でのGMOのシェアは、過去10年間で、12パーセントから、わずか0.01パーセントに低下し、現在ロシアで、GMOを含む食品として登録されているものは、わずか57種しかない。
法案について発言した下院農業委員会副委員長のナジェジダ・シュコルキナ議員(統一ロシア党)は、ロシアでの、遺伝子組み換え生物製品全面禁止は、世界貿易機関の規則に反するので、不可能だと述べた。
今年2月、ドミトリー・メドベージェフ首相は、この問題に専念する政府会議を開催し、そこで、ロシアは遺伝子組み換え生物に関する自前の研究基盤を立ち上げる予定で、それにより、専門知識を背景に説得力が増し、将来の立法の動きや、行政府の決定を可能にするだろうと述べた。
メドベージェフは、GMO製品を“絶対悪”として理解することについては、くぎを刺したが、政府は、食品業界での使用を支援することはないと述べた。
記事原文のurl:http://rt.com/politics/204851-russia-duma-gmo-fines/



http://bylines.news.yahoo.co.jp/tanakamegumi/20140109-00031399/
遺伝子組み換え、何が問題?
田中めぐみ | 環境・社会問題研究者
2014年1月9日 8時38分
米大手食品メーカーのゼネラルミルズが、主力のシリアルブランド「チェリオ」のオリジナルフレーバーから遺伝子組み換え原料を排除したことを発表し、アメリカで話題になっています。
なぜ話題になるのかというと、近年アメリカでは遺伝子組み換えの是非や表示規制を巡る議論が白熱し、規制を求める国民 & オーガニック食品業界 & 環境団体 VS 規制を阻止したいバイオ & 食品業界の争いが繰り広げられているからです。
遺伝子組み換え肯定派の同社が「消費者の需要に応えるため(AP)」に遺伝子組み換え原料を排除したことは新たな潮流であり、他社がこの動きに追随するのか注目されています。
アメリカの現状
アメリカでは、遺伝子組み換え食品の表示義務が一切なく、流通している加工食品や肉の大半に遺伝子組み換え原料・飼料が使用されています。
米農務省によると、2012年に米国内で栽培された大豆の93%、トウモロコシの88%、綿の94%が遺伝子組み換え種子とされています。これらは主に家畜の餌として使用されるか、異性化糖や大豆レシチン、綿実油として加工食品に添加されています。
メディア各社(ABC、NYTimes)が行った世論調査では、表示を希望する人が90%以上に上っていますが、現状では遺伝子組み換え食品を避けたければ、有機か非遺伝子組み換え認証の製品を選ぶしかありません。

一方、EUでは厳格な表示規制があるため、ゼネラルミルズのチェリオをはじめ、多くの食品メーカーが米国内で販売されている同じブランドの同じ製品を非遺伝子組み換えで生産しています。
いまさらながらもこの違いに疑問を抱いた米国民が表示規制を求め始めましたが、一昨年・昨年にカリフォルニア州とワシントン州で行われた表示義務化を巡る国民投票では、事前の世論調査で賛成多数だったにも関わらず、いずれも否決されています。原因は、表示や遺伝子組み換えの是非よりも、単なる賛成派と反対派の票取り合戦に陥り、巨額を投じたバイオ・食品業界の規制反対運動が勝利したとの見方が大勢を占めています。
コネチカット州とメイン州では可決されていますが、業界からの訴訟リスクに備えて、近隣の複数の州で同様の法案が可決することや、その合計人口が2千万人以上になることなどを施行の条件に掲げているため、実現は難しいと見られています。
行政の規制を待っていても問題は解決しないと、オーガニックスーパー大手のホールフーズ、メキシカン・ファストフードのチポレ、アイスクリームブランドのベン&ジェリーズなど、かねてから環境・社会問題対策に力を入れていた企業は、自主規制を開始しています。
日本の実情
日本では、表示規制はあるものの、例外規定が多いため、実質的には表示のないまま遺伝子組み換え食品が多く出回っていると考えられます。
消費者庁によると、表示義務があるのは、大豆、とうもろこし、菜種、綿実、アルファルファ、てん菜、パパイヤ、じゃがいもの8種類の農作物とそれを原料とする33加工品群ですが、加工後にDNAやそのタンパク質を検出できないものは表示義務がありません。しょうゆ、コーンフレーク、炭酸飲料などに使われるブドウ糖加糖液糖、ジャムなどに使われるトウモロコシ原料の水飴、大豆油、コーン油、菜種油、綿実油、てん菜原料の砂糖などがこれに該当します。また、原材料の上位3位以下で全重量の5%以下の場合、容器包装の面積が30cm2以下の場合も表示義務がなく、家畜の飼料として使われた場合もその肉や乳や卵に表示義務はありません。
日本は、綿と菜種のほぼ100%、トウモロコシの75%、大豆の65% (農林水産省)、飼料用トウモロコシの88%(農林水産省)をアメリカからの輸入に頼っていますが、前述の通り、米国で生産されるそれら作物のほとんどが遺伝子組み換えです。それでも遺伝子組み換えの表示をあまり見かけないのは、上記の例外規定に該当している製品が多いからでしょう。
また、ISAAA(国際アグリバイオ事業団)によると、日本はアメリカに次いで世界で2番目に多くの遺伝子組み換え種の流通・栽培を認可している国とされています。
実質的には遺伝子組み換え食品が広く流通しているにも関わらず、曖昧な表示規制のために問題が顕在化し難い日本の現状は、事態が公になっているアメリカよりも深刻なのかもしれません。




(IWJ)さん
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/96125
スーパー害虫出現! 遺伝子組み換え作物に自然からの報復~すでに世界一の輸入国ニッポンはTPP参加後どうなるのか!?(<IWJの視点>ぎぎまきの「ハニー・フラッシュ」:IWJウィークリー13号より)

日本は世界第1位のトウモロコシ輸入国

日本は世界最大のトウモロコシ輸入国だと聞いて驚いた。
 日本人が一年間に食すトウモロコシの量など、たかが知れていると私は思ってきた。せいぜい、スープやサラダに彩りとして添えられている数粒のコーンか、夏場に食べる1、2本程度のゆでトウモロコシか焼きトウモロコシくらいだろう。
 いつ、誰が、どこで、世界第1位の輸入国になるほどのトウモロコシを消費しているのだろうか。
 実は、消費しているのは人間ではなく、豚や牛といった家畜だ。輸入トウモロコシの約8割は飼料となり、家畜の餌として消費される。残りの2割は、食用油やアルコール、香料、デンプン、果糖など加工食品の原料となる。こうして目に見えない所で、日本人は大量のトウモロコシを消費している。その量は年間で1,600万トンにのぼる。
 輸入されるトウモロコシの約9割を、日本は最大生産国アメリカに依存している。アメリカのトウモロコシ作付面積は、なんと日本の国土面積ほどあるという。私たちが日々、口にする牛乳や「国産」とラベルの貼られた牛肉、豚肉、鶏肉は、アメリカからやってくる大量のトウモロコシによって支えられているのだ。
 そして今、アメリカのトウモロコシ畑で、異変が起きている。(※1)
 「コーンベルト」と呼ばれる、中西部にあるトウモロコシ生産地帯で、害虫被害が広がっているのだ。害虫被害の対象となっているのは、巨大アグロバイオ企業・モンサント社などが販売している遺伝子組み換えトウモロコシの一つ、「BTトウモロコシ」だ。
 茎の内部に入り込み食害する害虫被害に悩まされてきた農家にとって、「BTトウモロコシ」の登場は夢のようだった。昆虫病原菌の一種である、「バチルス・チューリンゲンシス」の遺伝子が組込まれているBTトウモロコシを食べた害虫は、餓死するように改良されているのだ。
 BTトウモロコシのおかげで、生産農家は、使用する殺虫剤の量を減らし、散布する労力も削減できた。その上、これまで害虫被害で損なわれてきた分も回復できるようになった。事実、導入当初のアメリカでは、収穫高は21,700万ドル増加し、殺虫剤使用量が1/3に激減という経済効果も報告されている。今回の騒動は、トウモロコシ生産大国のアメリカにとって、見過ごせない事態である。
 アメリカだけではない。
 2012年の世界の遺伝子組み換え作物の作付面積は、1億7,030万ヘクタールになった。商業栽培が始まった96年と比べると、面積は100倍に増加。農業生産者は世界で1,730万人にまで膨らんだ。遺伝子組み換え作物に関するニュースは、常に世界の注目の的だ。
(※1)遺伝子組み換え効かぬ害虫、予想より早く出現 米で被害
http://digital.asahi.com/articles/TKY201307310036.html?ref=comkiji_txt_end_kjid_TKY201307310036
 
遺伝子組み換え技術のしっぺ返し
 なぜ、殺傷能力を持つ作物に耐性を持つ害虫が発生するのだろうか。
 害虫は、毒素と接しながら世代交代をしていくうち、生命力の強い害虫が生き残り、抵抗力を持つ子孫が生まれるのだという。これを「スーパー害虫」と呼ぶが、一度、スーパー害虫が出現すれば、これまで不要だった殺虫剤を再び散布せざるを得ない状況になる。
 イリノイ大学の教授らが行った、州内の農家に実施したアンケート調査では、殺虫剤を「使う」と答えた農家が、「使わない」と答えた農家を上回った。5月には、ウォールストリート・ジャーナル誌が、農薬メーカーの12年度の売上が前年比より伸びていると報じている。(※2)
 農薬メーカーにとっては、スーパー害虫の出現は農薬の売上増につながるので歓迎だろうが、農家にとっては痛手となる。害虫被害により収穫量が減る上に、殺虫剤のコストが上乗せされる。そもそも、遺伝子組み換え作物の種子は高額だ。コーンベルト地帯の中には、経営が圧迫し、生産を諦めざるを得ない農家が生まれている。都市部に引っ越す世帯が増え、町の空洞化現象が起きているのだ。(※3)
(※2)Pesticides Make a Comeback- Wall Street Journal (英語)
http://online.wsj.com/article/SB10001424127887323463704578496923254944066.html
(※3)「Growing Doubt」(日本語字幕あり)
http://www.youtube.com/watch?v=CNxhw2jiDtA
 BTトウモロコシについては、新たなスーパー害虫出現による被害以前に、より根本的な問題点が以前から指摘されていた。1999年、生態系への影響が懸念されると、ニューヨーク大学の研究グループがイギリスの「ネイチャー」誌で指摘している。根から殺虫成分が土壌に染み出し、200日以上、殺虫性を土壌内に残留させることで、生物多様性を破壊するというのだ。
 他にも、アメリカのコーネル大学が同年、「ネイチャー」誌に発表した論文によると、BTトウモロコシの花粉をふりかけた植物の葉を食べた蝶の幼虫のうち、44%が4日間で死亡。生き残った幼虫も発育不全になったという。
 欧州連合は、こうした研究結果を受け、遺伝子組み換えトウモロコシの輸入承認手続きを凍結している。しかし、アメリカ政府は、慎重な姿勢を取り続ける欧州連合に対し、2003年、遺伝子組み換え作物の輸入を規制しているのは、世界貿易機関協定に違反しているとして、WTOの紛争処理機関に提訴した。これほどまでに、遺伝子組み換え作物は世界中で論争の続くテーマなのである。
 
TPPの影響
 
 そんな中、遺伝子組み換えに対する日本人の意識はまだまだ低い。世界中で最も遺伝子組み換え作物を大量消費しているのが日本人であることも、あまり知られていない。先述したように、トウモロコシの輸入量は世界一であり、その大部分が遺伝子組換えトウモロコシである。次に多く輸入しているのは大豆だが、その量は年間約300万トンで、約7割がアメリカ産、うち9割が遺伝子組換え大豆である。
 日本の場合、原料に遺伝子組み換え作物を使用した場合、その旨を表示する義務がある。表示方法は、「遺伝子組換え」、「遺伝子組換え不分別」、「遺伝子組換えでない」(任意表示)の3つ。しかし、実際に「遺伝子組換え」や「遺伝子組換え不分別」といった表示を私たちが目にすることは少なく、役に立つ情報にはなっていない。その理由は、現行の表示制度には数々の節穴があるからだ。
1) 原料の4番目以降には表示義務なし
原材料は含有率の多いものから記載されるが、3番目までの原料に遺伝子組み換え作物を使用していなければ、表示する義務はない
2) 原材料が5%以下であれば表示義務なし
遺伝子組み換え作物を原料にしていても、含有率が5%以下であれば、表示する義務はない
3)意図しない混入率5%以下の場合、表示義務なし
流通過程で、非遺伝子組み換え作物と遺伝子組み換え作物の完全な分別は困難であり、安全性審査の過程で「混入率が5%以下の可能性」とみなされた場合は表示義務対象外
4)検出できない場合は、表示義務なし
組み換えられたDNAが検出できない場合、表示義務対象外

 つまり、遺伝子組み換えの原料が使われていても、表示される場合は稀であり、表示義務があるのはごく一部なのだ。遺伝子組み換え作物を飼料にした肉についても、表示はされていない。私たちは知らない間に、世界中で安全性が疑問視されている遺伝子組み換え作物を、日々、口にしていることになる。
 日本はTPPの交渉参加を決定した。国会で批准し、本当にTPPに入ってしまえば、様々な食品の規制緩和が求められるだろう。対象となるのはもちろん、遺伝子組み換え作物だけではない。遺伝子組み換え作物の種子が大量に流入するほか、食肉でのホルモン剤や抗生物質使用の規制緩和、クローンや遺伝子組み換え家畜の容認などが懸念されている。
 6月、産経ニュースが興味深い記事を掲載した(※4)。アメリカが、遺伝子組み換え食品の表示義務を容認する方針を示した、というものである。これで、日本にとっては「食の安全」への懸念が払拭されるという内容だ。これまで、TPPに参加した場合、表示義務が撤廃される可能性が高いだろうと案じられていた中、この情報が真実であれば、ありがたいことだ。
 先に述べたように、遺伝子組み換え食品の表示義務はすでに緩い。もし、今ある表示義務すら撤廃されてしまえば、消費者は選択する術を失ってしまうからだ。
 ところが気になるのは、この産経の記事に、どこからこの情報がもたらされたのか、まったく記述がない点である。これではこの情報の信憑性が判断できない。
 記事を掲載したMSN産経ニュース及び、産経新聞に、いつ、誰が、このような主旨の発言をしたのか問い合わせたところ、「ニュースソースは新聞社にとって、信用問題に関わり、答えることができない」という回答を得た。けんもほろろの対応である。
 この情報を報じているのは産経新聞のみで、他に触れているメディアは一切ない。そもそも秘密裏に進められている交渉内容が、簡単にリークされるだろうか。
安倍総理がTPP交渉に初めて参加したのは7月下旬に開かれたマレーシアでの会合であり、この記事は6月16日に発行されている。正直なところ、この情報の真偽を疑う。TPPを推進したい誰かの情報操作ではないか?との疑いがぬぐえない。この件については、新しい情報を得た際は、続報としてお伝えしたい。
 福島原発事故後、放射能に汚染された食材や食品に敏感になってきた消費者にとって、TPPは連続パンチのような打撃である。食の安全がますます脅かされる事態へと発展するだろう。7歳の娘を持つ私も、いよいよ鬱々たる気持ちになる。
(※4)TPP交渉、米が遺伝子組み換え表示を容認 「食の安全」への懸念払拭
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130616/plc13061602030001-n2.htm









「Won't Be Long 」The Bubble Gum Brothers

今日の1曲は、The Bubble Gum Brothersの「Won't Be Long 」です。








GOLDEN☆BEST バブルガム・ブラザーズGOLDEN☆BEST バブルガム・ブラザーズ
(2010/04/28)
バブルガム・ブラザーズ

商品詳細を見る
テンプレート説明

このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。
背景はスライドショーになっています。

◎プラグイン説明

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。
←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。
このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

※最上部メニューバーの上に隙間がある方

最上部のメニューバーの上にFC2検索バー用のスペースを設けています。
検索バーを表示しない設定にしている方は、cssの最上部メニュー.MegaMenuの中にあるtop:27pxをtop:0に変更してください。

◎背景スライドショー説明

random : 1, // ランダム 0:オフ 1:オン
transition : 1, // 0:単純画像切替 1:フェード 2~7:移動 8:ページ更新毎に切り替え
transition_speed : 1000, // 画像間の切替時間
slide_interval : 3000, // 1枚毎の画像停止時間
slides : [
{ image : '画像URL' } // 画像の追加・削除はここ

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れません。