更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2013 051234567891011121314151617181920212223242526272829302013 07

【  2013年06月  】 

シティの下部機関に過ぎない英国政府、英国議会、英国国王・女王

太田龍

2013.06.26 (Wed)

 「まもなく日本が世界を救います ベン&龍10の緊急提言」太田龍 ベンジャミン・フルフォード2007年の書である。「陰謀」の世界では、小学校レベルのフルフォード氏と、博士レベルの太田氏では、そもそも「同じ土俵の上で対話する」ことに問題があると思うが、この時点では、「理解力の浅いフルフォード氏」に、太田氏は怒ることもなく暖かく見守るかのようなスタンスで、フルフォード氏の発言に耳を傾けていたのが微笑まし...全文を読む

PageTop▲

殺すなかれという戒律はキリスト教徒だけに適用する

歴史・宗教

2013.06.24 (Mon)

 「イエズス会とキリシタン大名による日本人奴隷貿易の真実」先日、紹介した「信長と十字架」におけて、「戦国時代に何故、キリシタン大名があんなに多くいたのか?」との疑問を提起したが、その理由を以下のようにまとめた。「イエズス会が、鉄砲の火薬の原料である硝石と引換えに、日本人女性を奴隷として海外に売り飛ばしていた事実があった。そして、その硝石欲しさのために、地方大名がイエズス会と懇意になって、自身の地位・...全文を読む

PageTop▲

我々の金の絨毯をもらわなければ、爆撃の絨毯が襲ってくるぞ

9.11他やらせテロ

2013.06.12 (Wed)

 「アメリカが隠し続ける金融危機の真実」そして最後まで奪われる日本ベンジャミン・フルフォード2009年の書である。サブプライムローン問題の真相、アメリカ軍産複合体と金融資本家、ビルダーバーグ会議、エコノミック・ヒットマン、日本に仕掛けられたバブル崩壊、基軸通貨としてのドルの崩壊等、著者独自の視線での展開が著されている。ここでは、「9.11同時多発“やらせ”テロ及び、アフガニスタン侵攻・イラク侵攻と軍産...全文を読む

PageTop▲

世界中の人々に愛されいる 努力の天才シンガー RAY CHARLES

レイ・チャールズ

2013.06.10 (Mon)

 「ジャズ、ゴスペル、ブルース、ソウル、カントリー、ジャンルの垣根を飛び越えた努力の天才シンガー RAY CHARLES」今日は、レイ・チャールズの命日である。彼のライブは、一度だけ来日時に観た。オープニングで「ミスター レイ・チャールズ」と、MCの紹介で始まり、たどたどしく登場して、ピアノに座って歌いだしたのを覚えている。演奏時間もかなり短かかった(1時間もなかったと思われる)が、独特のオーラを放...全文を読む

PageTop▲

イエズス会から日本を救った秀吉

歴史・宗教

2013.06.10 (Mon)

 「信長と十字架」<天下布武>の真実を追う第二部立花京子第一部は、信長とイエズス会・南欧勢力との関係、そして、それらを結びつける公家・武士勢力・大友宗麟や堺商人について記した箇所が中心となったが、第二部では、いよいよ、最大の関心事である「本能寺の変の黒幕」に迫っていく内容となる。以下、引用開始。*京都馬揃えは、華々しく行なわれた。天覧にそなえたからには、主賓は当然、天皇であるべきである。だが実はそう...全文を読む

PageTop▲

イエズス会の傀儡であった信長

歴史・宗教

2013.06.08 (Sat)

 「信長と十字架」<天下布武>の真実を追う第一部立花京子2004年の書である。この書を読むきっかけは、「何故、戦国時代にキリシタン大名があんなにたくさんいたのだろう?」との疑問を持ち、調べるうちに「キリシタン大名を操っていたイエズス会こそが、本能寺の変の黒幕である」と感じるようになり、「私と同様の結論を提示していると思われる」この書の存在を知り、強い関心を持ったからです。大作であるので、二編に分けて...全文を読む

PageTop▲

前月     2013年06月       翌月

Menu

真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事

カテゴリ

ランキング

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑

広告

ロック

頭脳警察、PANTA

RCサクセション、忌野清志郎

ブラック・ミュージック

検索フォーム

QRコード

QR