お前が言うな! - 嘘八百のこの世界

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告
お前が言うな! カテゴリーの記事

お前が言うな! パート8

「「お前が言うな!」というよりも、「いらんこと言うな!」と昭恵に言われてしまいまっせ(笑)」



「NHKをぶっ壊す」を口癖にしているおかしな人物を批判しているのは私ぐらいなのかと思っていたが、他にもマトモなジャーナリズムが存在していた。
リテラである。リテラは私とは別の切り口でこの男の詭弁を暴いている。
この男の差別思考を助長したのが昭恵であることまで暴いている。

現在は問題発言をした動画を削除したらしい・・・
「都合の悪い動画はぶっ壊す」ということか(爆)
都合が悪くなった動画のみを削除するんじゃないよ!

昭恵はこの男と結託して自分の犯罪隠蔽を企んだつもりだろうが、かえって火に油を注ぐ結果となってしまったようだ。
どうせ結託するならもう少し頭の切れる人物を選べばよかったのだが、相手を陥れようとペラペラしゃべりすぎたことで反対に自らの墓穴を掘ってしまうような浅はかな思考しか持ち合わせていないような男と結託したのが間違いだったようだ。
このようなおかしな発言をする人物が「NHKをぶっ壊す」発言を繰り返すということは、「このようなおかしな人物に攻撃されているNHKは、意外とマトモな組織なのかもしれない」と、逆に大衆に思われてしまうかもしれないのだ。
「ひょっとしてこの人物は、この“逆効果現象”を演出するためにNHKが送り出したエージェントなのかもしれない」とさえ思ってしまった。
「まさか、そんなことはないだろう」と思いたいが・・・
どっちにしても立花さん、「お前が言うな!」というよりも、「いらんこと言うな!」と昭恵に言われてしまいまっせ(笑)




(リテラ)さん
http://lite-ra.com/2018/04/post-3924.html
リテラ > スキャンダル > 不祥事・トラブル > 昭恵が友達申請の区議が同和デマ「昭恵から聞いた」
昭恵夫人から“友達申請”受けたYouTuber区議・立花孝志が“森友=同和利権”デマを「昭恵から聞いた」と告白!

2018.04.03

佐川宣寿・財務省前理財局長の証人喚問から1週間。逃げ切りモードの官邸は、野党や国民が要求する安倍昭恵夫人の国会招致を潰そうと躍起になっている。先日、安倍首相は昭恵夫人の55もの名誉職について「ほとんど辞退する」と明言した。しかし、いくら“昭恵隠し”をしようとも、その疑惑の発端となった昭恵氏本人のトンデモ行動はやみそうにない。
 たとえば最近も、昭恵夫人は、ある人物のFacebookに「友達申請」をした。葛飾区議の立花孝志氏だ。『直撃LIVE グッディ!』(フジテレビ)の取材班が、独自に森友問題を追及しているという立花氏を取材している最中に、昭恵夫人から友達申請が届いた。昭恵夫人からは「私は年中泣いていますが、そんなに弱くないので大丈夫です」「いつか全貌が明らかになればいいですが、これ以上犠牲者が出ないことを祈ります」なるメッセージも送られてきたという。
 しかし、立花氏といえば「NHKをぶっ壊す」をキーフレーズに東京都知事選にも立候補経験のある元NHK職員だが、YouTubeで日々“独自のトンデモ主張”を展開していることで知られる人物。森友問題に関しても複数の動画を投稿しているが、そのなかにはよくわからない推測を並び立てているだけで、“暴走”としか言いようのないものも数多く含まれている。
 しかも、立花氏は例の“森友問題は同和問題”なるデマまで言いふらしていた。たとえば、3月22日に投稿した「森友事件と同和【部落】について」なる動画ではこんな話を吹聴している。
「当時は情報公開請求なんてなかったですから、内緒で土地を安く売るわけですよ。それで『地域の特殊性』なんていう言葉なんてね、同和の人に言われたからなんて書けないから『地域の特殊性』を考慮しっていうこの言葉で、どうも近畿財務局は地域の同和の人たちに土地を安く売ってたんですね。そんな時代があったそうです」
「これまでもそういうおいしい汁を吸ってきたから、この同和のやり方を今回、森友問題で適用しているわけ。そのやり方をうまく使ってるわけです」

 こうした“同和デマ”については、本サイトで以前検証し、完全に事実無根のデマであることが判明しているので、詳しくはその記事(http://lite-ra.com/2018/03/post-3890.html)をご覧いただきたい。
 それにしても、佐川氏証人喚問を目前に控えたなか、“同和デマ”を口にするような“暴走区議”に対して、総理大臣夫人がFacebookで友達申請をしていたとは……。まったくその自覚のなさに唖然とするが、この問題はその後、さらに驚くべき展開があった。他ならぬ立花氏が、この“同和デマ”を「昭恵から聞いた」と暴露したのだ。

http://lite-ra.com/2018/04/post-3924_2.html
「昭恵夫人と何十と連絡を取り合って、同和の問題に触れた」

それは、立花氏自身が4月1日にYouTubeにアップした動画でのことだ。立花氏はその日、森友問題を追及している著述家・菅野完氏に電話しており、アップしたのはその会話をおさめたものだった(現在は削除)。
 動画では、立花氏が森友=同和利権説を吹聴していることに対して、菅野氏が「レイシズムに加担している」「『同和利権』って何ですのん?」と追及。すると立花氏は、「いわゆる差別という言葉の代わりに僕は昭恵夫人を使ってやったことだと僕は見てる」などと意味不明なことを口に。さらに、菅野氏が「根拠は何なのか」と問うと、立花氏はなんと自ら「昭恵に聞いたんですよ」と口にしたのだ。
 以下、やりとりをなるべく忠実に書き起こしておこう。
菅野「根拠は何なんですか」
立花「(言い出したのは)最近でね」
菅野「うん、で、根拠は何なんです」
立花「え、や、今から言いますから」
菅野「うん」
立花「昭恵に聞いたんですよ
菅野「昭恵夫人が、そしたら、何を言わはったんですか。何か昭恵夫人、紙めくってはるんですか」
立花「いや、だから根拠はって言うから。きっかけはそこなんですっていうことなんですよ」
菅野「え、きっかけが昭恵夫人が『同和やから』って言うたから?」
立花「そうそうそう、同和やから、同和やからじゃないですよ? そこの同和のことで、僕、昭恵夫人とずっと、あのー、それこそ何十っていう連絡を取りあってるから。そこでね、僕は、そこの同和の問題っていうとこに触れてね
菅野「誰が?」
立花「うん、いやいやいや、私も昭恵夫人も
 その後も、立花氏は菅野氏から「同和の問題」なる話の根拠を問われて、なにひとつ証拠を挙げられなかった。繰り返しになるが、本サイトの取材でもデマであることが確かだとわかっているのだから当然だ。しかし、立花氏によれば、なんと昭恵夫人から“同和デマ”を持ち出してきたというのだ。これは看過できないだろう。
 もちろん、これまでの立花氏の動画を見ていると、言い分をそのまま鵜呑みにすることはできない。実際、立花氏は昨年の段階から森友問題に関連し「同和利権」などと連呼する動画を投稿していたから、昭恵氏から初めて“同和デマ”を聞いたというのはちょっと考えられないだろう。
 だが、一方で、昭恵夫人と立花氏が“同和デマ”を共有していた可能性はかなり高い。というか、昭恵夫人がこの区議に友達申請をした経緯を考えると、むしろ、“同和デマ”にすがるためにコンタクトをとったとしか考えられないのだ。





「この国ではヤクザが平然と政治をしている」というタイトルを見て、この記事のことかと思ったら、安倍やアホウのことを言っているようだ。まぁ元暴力団の地方議員もこの国の総理・副総理も似たようなもんだけどね・・・


http://www.asyura2.com/18/senkyo242/msg/458.html
チンピラ大臣にヤクザ官僚…居直り許す大メディアの大罪(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/18/senkyo242/msg/458.html
投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 4 月 02 日 19:50:15





何?「心配かけた」だと?
ずっと雲隠れしていたアンタのことなど誰も心配なんぞするわけないだろ!
疑惑だらけの土地取得の釈明も一切国民に示していないアンタが、
何もなかったかのように平気で入学式なんぞに出てくるんじゃないよ!
何もやましいことがないというのなら、
堂々と国民の前に出てきて無実の根拠とやらを説明してみろよ!
テレビ・新聞はちゃんと追及しろよ!
森友のおかげで自分が注目されなくなったと思って安心してるんじゃないよ!
どっちも安倍と昭恵が関係してるんだろ!

「心配かけた」などとお前が言うな!



http://www.yomiuri.co.jp/national/20180403-OYT1T50090.html?from=ytop_ylist
加計理事長「ご心配かけた」…獣医学部で入学式
2018年04月03日 21時59分

学校法人「加計(かけ)学園」(岡山市)が愛媛県今治市に新設した岡山理科大学獣医学部で3日、入学式が行われた。
 獣医学部の新設は52年ぶり。学園の加計孝太郎理事長はあいさつで、「ご心配をかけたが、予想を上回る志願者があり、新設が待ち望まれていたことを示している。世界に冠たる獣医学部を目指す」と述べた。
 1期生として入学したのは獣医学科の147人(定員140人)と獣医保健看護学科の39人(同60人)。新設は国家戦略特区制度の活用で実現したが、加計理事長が安倍首相の長年の友人であることなどから、国会で野党側が「決定過程が不透明」と追及してきた経緯がある。





http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-2429.html
カネの流れを明らかにすれば真実が見えてくるのに、テレビ・新聞は全く触れようとしない
「「NHKをぶっ壊す」→「安倍疑惑をぶっ壊す」?→「善良な国民の思考能力をぶっ壊す」?」



ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村




お前が言うな! パート7

「呆れてものが言えない。いや、昭恵てものが言えない?」



昭恵がまたもやトンデモ発言をしたようである。
呆れてものが言えない。
いや、昭恵てものが言えない?
何が「私が真実を知りたいと本当に思う」だ!
籠池夫妻と一緒になって「安倍晋三記念小学校」を建設しようとしていた当事者が、
「私は全く関係していない。私は被害者なのよ」と言わんばかりである。
籠池夫妻はいまだに牢獄に入れられたままなのに、籠池夫妻を気遣うどころか、自分は官邸で忘年会を行うというようなイメルダ夫人顔負けの厚顔無恥な生活に明け暮れており、やりたい放題好き放題の史上最悪のダメ首相夫人である。
まさに公私混同・傍若無人の振る舞いである。
そして、この発言である。
一時は昭恵を応援してやった私だが、ここまで浅ましい「自分さえ助かればいい」という考えの持ち主にかける温情は存在しないし、温情をかける価値ももない。
勿論昭恵を表に出して「自分は関係ない」とばかりに振る舞っている安倍が許せないのは、
言うまでもないことである。
今すぐ籠池夫妻を釈放して、この悪魔の“自分勝手”夫婦を牢獄にぶち込むべきである。




https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180203-00000053-asahi-pol
昭恵さん、森友問題「私が真実を知りたいと本当に思う」
2/3(土) 18:51配信
安倍晋三首相の妻昭恵氏は3日、訪問先の福岡県田川市で、学校法人・森友学園(大阪市)への国有地売却問題について、「私が真実を知りたいって、本当に思います。何にも関わっていないんです」と語った。

園の籠池泰典・前理事長が財務省と交渉した際のやり取りの音声データについて記者に問われ、こう述べた。音声データには、昭恵氏から「電話があった」とする籠池氏の発言が記録されていた。安倍首相は2日の衆院予算委員会で「妻に確認したところ、そのような電話はしていないということだった」と述べた。

 昭恵氏はこの日、自身が会長を務める公益財団法人・社会貢献支援財団(東京)が昨年表彰した田川市のNPO法人を訪れた。



https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/222445/1
籠池氏と連携 森友音声データから見えた昭恵夫人の“役割”
2018年2月3日

安倍首相が、森友学園への国有地払い下げ問題についての昭恵夫人の関与を改めて否定した1日の参院予算委。共産党の辰巳孝太郎議員は、学園と国との交渉過程の音声データに、籠池泰典前理事長が「昭恵夫人からの電話があった」と発言していると明らかにした。

 共産党は委員会後、音声データを公開。3時間にも及ぶ交渉から聞こえてきたのは、高圧的な籠池夫妻と低姿勢の役人たち――そして、籠池氏と昭恵夫人の密な連携ぶりだった。

 籠池氏は2016年3月15日、小学校建設予定地の「新たなゴミ」について、昭恵夫人の名前を挙げて、財務省に直談判。翌日、籠池夫妻は工事業者らとともに、近畿財務局、大阪航空局と打ち合わせを持った。音声データはその時のものだ。

■財務省役人は昭恵夫人の存在を認識

 籠池氏は終始、強気。近畿財務局の池田統括官が「地下埋設物の撤去工事に関しては(籠池)理事長に伝わっていない点は反省」と低姿勢に出ると、籠池氏は「反省しているの。民間企業やったらすんませんでしたで土下座する話よ」「国の役人は謝れへんのか」とケチョンケチョン。池田統括官は「申し訳ございませんでした」と謝罪した。

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/222445/2
当時、財務省の役人は、昭恵夫人が小学校の名誉校長であることを知っていた。1日の予算委で太田理財局長が認めている。籠池氏の背後に首相夫人を見ていたと考えれば、役人の異常な低姿勢もうなずける。

 ハイライトは交渉の最終盤。「新たなゴミ」をどうするのか、大詰めを迎えていた。

籠池 全部取るとなるとナンボ? それ出してくださいよ。

工事業者 とにかく何千万という単位ではないですよ。

籠池 えーなんでそんなになるんかなー。昨日、我々が財務省から出た途端に、安倍夫人から電話がありましてね。「どうなりました? がんばってください」って言ってはったけど、何て答えたらええのか、分からへんわ。どうしよ。そちらの案は?

国 額を聞かないと。我々としては産業廃棄物を撤去すると。

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/222445/3
終了間際、籠池氏は総理夫人との“連携ぶり”を役人に見せつけたが、これはあながち、籠池氏のハッタリとも思えない。というのも、誰とでも親しみやすい昭恵夫人は連絡を密に取るタイプだからだ。

 昭恵夫人と籠池夫人は2016年6月4日から17年3月16日まで、昭恵夫人から34通、籠池夫人から49通もメールのやりとりをしている。森友問題が世間で騒がれてからも数週間メールを続けていたほどだ。国と重要な協議を済ませた籠池氏に電話の1本入れても不思議ではない。

 籠池氏が財務省を出た途端の電話というのも、小学校建設についての昭恵夫人の並々ならぬ関心をうかがわせる。安倍首相は「私や妻が関係していたら首相も国会議員も辞める」と答弁しているが、電話が本当なら、昭恵夫人と籠池氏が連携を取って国との交渉を進め、役人もそう見ていたことになる。

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/222445/4
昭恵夫人は電話をしたのか――安倍首相は「質問の事前通告をすれば、確認する」と答弁したが、人づての確認では真相はわからない。いよいよ昭恵夫人本人の証人喚問が必要になってきた。

「森友・加計問題の幕引きを許さない市民の会」のメンバー、醍醐聰東大名誉教授が言う。

もちろん、佐川長官の罷免や昭恵夫人の証人喚問は必要です。ただ、森友疑惑は昭恵夫人や佐川長官の問題で片付けてはなりません。疑惑が深まるばかりなのに、他人事を貫き、とぼけ続ける安倍首相や麻生財務相の責任が一番重い

 通常国会で野党は安倍首相と麻生財務相のクビを取りにいくべきだ。




http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201802/CK2018020202000133.html
文書「全て廃棄」→存在 値引き「適正」→過大の疑い 佐川氏答弁 次々破綻
2018年2月2日 朝刊

国有地が格安で売却された森友学園問題で、財務省の佐川宣寿国税庁長官が理財局長当時に答弁していた内容が国会審議で次々と破綻している。一方、安倍晋三首相は佐川氏の国税庁長官への昇格を「適材適所」と強調。政府・与党は佐川氏の証人喚問などの国会招致に応じない構えだ。(金杉貴雄)
 財務省の太田充理財局長は一日の参院予算委員会で、国有地売却を巡り学園側との交渉に関する内部文書を、昨年十一月の会計検査院の報告前日まで提出しなかったことについて「文書に気付かなかった。おわびする」と釈明。公表した五件以外にも、同様の文書があると明らかにした。
 佐川氏は理財局長当時の国会答弁で「交渉記録は廃棄し、残っていない」と全て廃棄したとの認識を繰り返してきた。
 共産党の辰巳孝太郎氏は一日の参院予算委で「われわれは国会で再三提出を求めてきたのに出してこなかった。明らかな隠ぺいで、政権は隠ぺいを許容している」と批判した。
 破綻している佐川氏の答弁は、これだけではない。八億円もの大幅値引きでの売却について、国有地の地下で見つかった新たなごみの量を推計した結果を「適正」と主張したのもそうだ。会計検査院の報告も「十分な根拠が確認できない」としている。
 値引きに至る経緯も同様だ。佐川氏は「価格を提示したこともなく、先方からいくらで買いたいといった希望があったこともない」と事前の価格交渉を否定していた。だが実際は、近畿財務局の担当者が売買契約前に学園の籠池泰典前理事長と協議し、籠池氏から値引きを求められると「ゼロに近い金額まで努力する作業をやっている」と伝えていたことが分かっている。
 立憲民主党の枝野幸男代表は一月二十四日の衆院本会議で、佐川氏の一連の国会答弁を「虚偽」と指摘し、更迭を求めた。



ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

お前が言うな! パート6

「さも本当であるかのように嘘を垂れ流す、悪魔の手先・詐欺師どもに騙されるな!」



右を向いても左を見ても、どこもかしこも悪魔の手先・詐欺師だらけ。
こいつらは「偶然」新聞・テレビ等で発言しているように思われるが、
その実態は、悪魔勢力の統一された指令に従って発言しているのである。
「新聞・テレビを信じているバカな国民を騙すのだ。そのためにお前らを政治部記者やキャスターや政治評論家や政治家に採用してやっているんだ。安倍が被害者であるように、トランプの発言が単なるトンデモであるように、北朝鮮が単なるトンデモ国家であるように、しっかりと国民を騙すんだゾ!」と。
さも本当であるかのように嘘を垂れ流す、悪魔の手先・詐欺師どもに騙されるな!




(リテラ)さん
http://lite-ra.com/2017/03/post-3004.html
田崎史郎、山口敬之、ミヤネ屋…森友問題でも露骨すぎる安倍擁護を展開中!安倍応援団の情報操作に騙されるな!
2017.03.18
「安倍内閣総理大臣から、100万円の寄付金をもらった」
 渦中の森友学園理事長・籠池泰典氏の爆弾告白に、安倍政権が逆ギレし、籠池氏の証人喚問が23日におこなわれることが正式に決まった。
  
 国民の財産である国有地がタダ同然で払い下げ、教育機関としての資質に数々の問題があったにもかかわらず小学校設置が認可、安倍晋三首相や稲田朋美防衛相の虚偽答弁が次々と明らかになるなど、安倍独裁体制のアクがつまった、この森友学園問題。いつもは安倍政権の顔色をうかがい、政権批判につながるような話題はほとんど取り上げないテレビ、とくにワイドショーも、今回ばかりは、連日この問題を報じている。
 しかしこの期に及んでも、相変わらずの“安倍擁護”を繰り広げる連中がいる。その擁護は、もはや政権のスポークスマンとか代弁者というレベルを超えて、ほとんど創作、デマの域に達していると言ってもいいほどだ。
 たとえば、籠池理事長の証人喚問が決定した昨日17日、元TBS政治部記者の山口敬之氏がインターネットテレビ局・AbemaTVのニュース番組『AbemaPrime』に出演し、安倍首相と電話で話したと“仲良しアピール”をしつつ、こんなことを語った。
「安倍さん、さっき言ってたけど、『証人喚問になってよかったよ』と」
「(安倍首相は19日から訪欧するため)頭の中はそれでいっぱい」
「(森友問題には)あんまり興味がないようだった」
「籠池さんとはまったく面識がないので、よく知らなかったらしい」

 
 山口氏といえば、本サイトでも報じてきたとおり、TBS時代から安倍首相の太鼓持ちとして有名だったが、昨年TBSを退職してからも、幻冬舎から安倍PR本を2冊も出したり、ワイドショーに出演しては安倍首相の功績を過大に讃え、安倍首相の失政や不祥事はなかったことにする、安倍サマのための解説を繰り広げるなど、“安倍太鼓持ち”活動に精を出している人物だ。
安倍政権は、籠池氏に暴露された寄付金問題について、逃げ切れると高をくくっている。実際は寄付じたいが『ない』ということではなく、現金授受のため物証に乏しく、立証が難しいというだけなのですが。逆にいえば、寄付はウソと言い切ることもできない。しかし官邸は、証人喚問で籠池氏側の発言にひとつでもウソがあれば、全部がウソ、という方向にもっていこうとしている」(大手紙政治部記者)

http://lite-ra.com/2017/03/post-3004_2.html
官邸は、籠池=ペテン師という印象をつくり、証人喚問に応じた安倍首相は潔白というイメージ操作に躍起になっている。山口氏の「安倍さんは、『証人喚問になってよかったよ』と言っている」をはじめ安倍首相が強気であることをアピールしているのは、まさにそうした官邸の意を汲んだものだ。
 こうした政権の意に沿った、イメージ操作を展開しているのは山口氏に限ったことではない。
「籠池氏が、現職閣僚との金銭授受を明かす」という情報を菅野完氏が明かすや否や、官邸は、籠池氏や籠池氏を独占取材した菅野氏に対し“信用ならない人間がフェイクニュースを流している”というイメージ操作をさかんに行っている。
 安倍応援団番組『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ)は他局のワイドショーが森友問題を盛んに報道し始めてもなかなか番組で取り上げず、ようやく取り上げたかと思ったら「安倍首相は被害者」などと擁護し、菅野氏が会見で財務省の工作や迫田英典前理財局長の責任に触れると即座に財務省の否定コメントを報じ、「100万円の寄付は学園が用意した講演料を昭恵夫人が辞退したら勝手に寄付扱いにされた」などという都合のいい憶測を垂れ流した。
 政権の代弁者・田崎史郎氏は、『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日)や『ひるおび』(TBS)、『直撃LIVE グッディ!』(フジテレビ)をはしごしながら、「森友問題については、ウソの情報やフェイクニュースが多い」「籠池さんはおかしな人、政治家はみんな避けていた」としたり顔でデマ解説。アッキーのお友だち・古市憲寿氏は「昭恵さんは私人じゃない、傷ついているんじゃないか」などと昭恵夫人擁護。関西でもいつもは威勢のいい辛坊治郎氏も歯切れが悪く、寄付問題については「あまり籠池氏の発言を信じると、当時の民主党の偽メール事件みたいなことに」とまるでデマ扱い。
 いまのところ、連日投下されるネタのおもしろさと高視聴率を背景に、各局とも森友報道を続けており、こうした安倍応援団の擁護もあまりの露骨さに、むしろ視聴者たちは不信感をおぼえている。実際、森友学園問題に消極的だった『ミヤネ屋』はそれまで圧倒的なひとり勝ち状態だった視聴率を大きく落としている。
 しかし、籠池証言のウソがひとつでも見つかれば、自分たちの虚偽答弁は棚に上げ、安倍応援団たちを総動員してすべての疑惑がフェイクニュースだったかのごとく扱い、証人喚問で一気に疑惑そのものの幕引きをはかりにかかるだろう。
 この安倍政権下の数年で、安倍応援団の面々が繰り広げてきた数々の情報操作、プロパガンダ、デマについての記事を以下に、再掲するので、ぜひご一読いただき、もう騙されることのないようご注意いただきたい。

(編集部)




http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20170317/plt1703172059006-n1.htm
大前研一氏 「米との二国間協議で日本の官僚は勝ち目なし」 (1/3ページ)
2017.03.18

トランプ政権は今後、日本に対して本格的に貿易交渉や経済協定の見直しを主張してくることになる。その時、我が国はどう対応すればよいのか。大前研一氏は「トランプ大統領の主張にまともに向き合ってはいけない」と警告する。



http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-367.html
福沢諭吉→大前研一→橋下徹
「「ユダヤの手先」「国賊」大前研一を斬る」太田龍





https://jp.sputniknews.com/japan/201703163437541/
岸田文雄外相は16日、ティラーソン米国務長官と東京都内で会談した。北朝鮮の核・ミサイル開発は「断じて容認できない」として、北朝鮮に挑発行動の自制と国連安全保障理事会決議の順守を求めることで一致した。核開発阻止に向け、中国に建設的な役割を果たすよう働き掛ける方針も確認した。中国が軍事拠点化を進める南シナ海問題への懸念を共有。外務・防衛担当閣僚による日米安全保障協議委員会(2プラス2)の早期開催へ調整を加速させる方針を申し合わせた。共同通信が報じた。

ティラーソン氏はこの後、安倍晋三首相とも会談した。
両外相は会談で、米国が検討に着手した北朝鮮のテロ支援国家再指定に絡み、緊密に意思疎通を図ることを確認。対北朝鮮で日米韓3カ国の連携強化が重要だとの考えで一致した。沖縄県の米軍基地負担を目に見える形で軽減することでも合意した。
会談後の共同記者会見で岸田氏は「北朝鮮問題の解決に中国の役割は大変重要だ。中国が建設的な役割を果たすよう、米国とともに働き掛けていく」と述べた。
ティラーソン氏は、慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的解決」で一致した2015年12月の日韓合意への支持を表明した。



http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-1903.html
ショッカーを創ったのは、仮面ライダーなのだ。ショッカーと仮面ライダーは、グルなのだ。
「地球支配階級が仕掛けた悪魔の世界戦争ビジネス」鈴木啓巧




http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-1898.html
アイゼンベルグは、イスラエルに渡り、核兵器企業を起こし、2009年現在、北朝鮮の核兵器を製造している。
「北朝鮮ミサイル→アイゼンベルグ→岸信介→安倍晋三」


脅威の独裁国家であるはずの北朝鮮のミサイル発射映像が
テレビで“普通に”報道されることを、「オカシイ!」と思ってください。






お前が言うな! パート5

「八百長戦争の首謀者が戦争批判・・・」

よー言うわ・・・


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161027-00000047-jij-soci
オリエント史研究に情熱=戦争、皇室批判も―激動の一世紀歩む・三笠宮さま
時事通信 10月27日(木)9時47分配信
亡くなられた三笠宮さまは終戦まで軍人生活を送り、戦後は古代オリエント史研究に情熱を傾け、「オリエントの宮さま」と呼ばれた


 戦時中の体験から戦争批判を繰り広げ、歴史学者の立場から紀元節復活に反対。時に大胆な発言が波紋を呼んだが、暗い時代に戻るまいとの強い決意の表れでもあった。




http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-536.html
敗北するように、日本は明治維新のときから仕組まれていた
「日本のいちばん醜い日」 鬼塚英昭

お前が言うな! パート4

「ポール・マッカートニーの死亡年日時を検証する」



先日、「ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK-The Touring Years」を観て来ました。
映画の感想と併せて、例の件を再検証しようと思います。
明治天皇替え玉説」「ヒラリー替え玉説」等、替え玉にも色々ありますが、
これはもちろん、「ポール・マッカットニー替え玉説」の件です。
私の中では、これは最早「説」ではなく、「絶対的事実」となっていますが・・・
この件に触れないでビートルズの映画を観ても、ビートルズを語っても、
「ビートルズの真実」は見えてこないどころか、全く意味をなさないでしょう。
「ポール・マッカットニー替え玉説」を否定される方は、
何故にこの説が間違っているのかといった根拠を示す必要があります。
否定する根拠も示さずに、単に「そんなわけがない」とか、「何年もファンを騙し続けることは不可能だ」だといった“個人的な想い”に終始するようでは話になりません。
もちろん、「ビートルズのファンだから、そんなことは考えたくない」と、
思考停止状態になっている方は論外です。
論じる以前の問題ですので、そういった類の方はスルーしてください。
いつまでも子供が夢を見るように、自分の頭の中に理想のビートルズ像を思い描き、
夢の世界に一生浸っておいてください。それがあなたの幸せであるならば・・・
それこそ“マジカル・ミステリー・ツアー”なのかもしれません(笑)

例のドキュメンタリー映画を再度観ました。
再度観ることで改めて驚かされたことも多々あるのですが、疑問点も出てきました。
それは、ポールの死亡日時です。
定説(?)では、ポールの死亡日時は1966年11月9日となっているのです。
しかし、ここに問題が生じます。
ドキュメンタリー映画では、替え玉フォール(本名William Campbell)としての
初アルバムは「ラバー・ソウル」であると、紹介されています。
リンゴがフォールを「ゴム製ポール」と呼んでおり、ジョンがそれをアルバム名にしようとしたが、ジョージが人々に怪しまれると反対した結果、「ラバー・ソウル」になったと。
4人の魂がポールの肉体に宿ることを表わしていると。
ジャケット写真は、ポールが眠る墓地で撮影されたと。
フォールがバレないように、特殊なレンズを使用して全員が歪んで見えるようにしたと。
アルバム名は、ハートの逆形に合わせ、ポールへの愛を表わしたと。
それはスペードの形にも似ていたが、スペードのエースは死を意味するものでもあると。

しかし、この「ラバー・ソウル」が発売されたのは、1965年12月なのです。
ポールの死亡日とされている年より以前なのです・・・

ということは、このポール替え玉説はガセなのでしょうか?
私はそうは思いません。先ほど記した情報以外にも、ポール替え玉説を裏付ける具体的な
情報は、腐るほど存在しているのです。
一つや二つであれば偶然ということも有り得るでしょうが、これだけの“疑わしい情報”がそろっているということは、偶然では有り得ないでしょう。
ということは、日時の問題はどうなるのでしょうか?

私は、恐らくポールの死亡日時が故意に修正されたと、考えます。
そして、下記の情報を得ました。



https://www.amazon.co.jp/ポール・マッカートニーを殺したのは誰?【全訳版】-BUYMA-Books-スティーヴン・レイディス-ebook/dp/B01ERQL4TI?SubscriptionId=AKIAJCDYKTBNARHXJIBA&tag=luneblanc-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B01ERQL4TI

このフィクションであり、歴史関連書である本書を通して、作者のスティーヴン・レイディスは、読者に「1965年に起こった交通事故でポール・マッカートニーは本当に死んだのか?」という疑問を問いかけ、答えを提示した。




私は、この書を読んでいません。しかし、著者が、ポールの死亡年を定説の1966年ではなく1965年としているのは、決して間違いではないと感じます。
ポールの本当の死亡日時は、1965年11月9日だったのではないのでしょうか?
そして、「ラバー・ソウル」は、ポールの死亡直後に発売したのではないのでしょうか?
恐らく大抵の曲は、ポールの死亡時に既に書かれてあったのでしょう。
このように考えると、日時の問題が解決してしまいます。
「ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK-The Touring Years」にはエルビス・コステロがコメンテイターとして出演しており、「ラバー・ソウル」の紹介の際、
「ビートルズが大きく変わった」という趣旨の発言をしていました。
明らかにコステロは、「ラバー・ソウル」でポールからフォールに入れ替わったことを
暗に伝えようとしていたのでしょう。

このように考えてみると、さらなる疑問が浮かんできます。
それは、ビートルズの日本・武道館公演のことです。
これは、1966年6、7月に行われました。
ポール死亡年が1965年ならば、日本に来たのはフォールとなります。
ポール死亡年が1966年11月ならば、死の直前のポールとなります。
1965年と1966年のポールの映像を見る限り、非常に判断しにくいです。
ポール死亡年が1966年11月が正しいとすれば、フォールにとっての初アルバムは
「サージェント・ペパーズ」ということになります。

「ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK-The Touring Years」の上映が終了した後に、
ニューヨーク・シェイ・スタジアムのビートルズ公演のライヴ動画(50分間)を30分間に短縮して演ってくれました。
映画以上にこのライヴは良かったのですが、気になったのはメンバー全員が胸に六芒星のバッジを付けていた事です・・・

「ビートルズは我々ユダヤの管理下だ」ということを示したかったのでしょうか・・・

ジョンが「ビートルズはキリストより有名だ」と発言をしたことで大騒動が起きたことは有名ですが、
ジョンは「芸能界はユダヤ教を発展させた場所だ」とも発言していたそうです。
これは、ドキュメンタリー映画で紹介されていました。
同じジョンの発言であるにも拘らず、
キリスト発言と比べてこの発言があまり知られていないのは、
ジョンの発言が大衆に拡散されるとマズイ(=真実)であることを物語っていますね。

「芸能界はユダヤ教を発展させた場所だ」という真実を。
さらに核心に迫れば、「ジョンが語るユダヤ教の実態は、悪魔・カバラ教である」と、
付け加えておきます。

それから、「ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK-The Touring Years」で
今のフォールがサージェント・ペパーズの頃を振り返り、
「誰かに代われるものなら代わってもらいたいと思っていた」と、語っていました。
自分自身が替え玉のくせに、よーこんな台詞が言えたものだ!
「お前が言うな!」と、言ってやりたい(笑)

最後に、1965年のニューヨーク・シェイ・スタジアムのビートルズ公演のライヴ動画と、
1966年の東京・武道館公演のライヴ動画をアップしておきます。
ポール? フォール? 皆さんの目には、どのように映りますでしょうか?






<参考記事>
http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-139.html
お前が言うな!
「自分達の巨悪は隠し通して善良なる人間の単独行動を徹底批判する売国奴連中」


http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-200.html
お前が言うな!パート2
「ワクチン広告塔の三原じゅん子の国会発言“恥を知れ”・・・あきれて物も言えない」


http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-329.html
お前が言うな!パート3
「不正選挙大国である日本が、他国の選挙に文句言える柄か!」





テンプレート説明

このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。
背景はスライドショーになっています。

◎プラグイン説明

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。
←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。
このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

※最上部メニューバーの上に隙間がある方

最上部のメニューバーの上にFC2検索バー用のスペースを設けています。
検索バーを表示しない設定にしている方は、cssの最上部メニュー.MegaMenuの中にあるtop:27pxをtop:0に変更してください。

◎背景スライドショー説明

random : 1, // ランダム 0:オフ 1:オン
transition : 1, // 0:単純画像切替 1:フェード 2~7:移動 8:ページ更新毎に切り替え
transition_speed : 1000, // 画像間の切替時間
slide_interval : 3000, // 1枚毎の画像停止時間
slides : [
{ image : '画像URL' } // 画像の追加・削除はここ

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れません。