ライ・クーダー - 嘘八百のこの世界

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
ライ・クーダー カテゴリーの記事

「Jesus On The Mainline」Ry Cooder、Ry Cooder and David Lindley 、Staple Singers


今日の1曲は、Ry Cooderの「Jesus On The Mainline」です。



Ry Cooder and David Lindleyのヴァージョンです。




元歌と思われるStaple Singersのヴァージョンです。








中でも最悪なのはテレビ テレビが最悪なものだ RY COODER

「PULL UP SOME DUST AND SIT DOWN」RY COODER


ライ・クーダーの2011年のアルバムである。ライは1947年3月15日生まれのロサンゼルス出身のシンガーソングライターであり、ルーツミュージックの探求者であり、スライドギターの名手としても知られている。4歳のときに事故により片目を失明し、以後義眼となる。ジョン・リー・フッカーやアリ・ファルカ・トゥーレとも共演アルバムを出している。2009年に、ニック・ロウとともに来日公演を行なった。私も見に行ったが、実にほのぼのとした素晴らしい内容であった。
今作品でライは、“米国銀行家及び米国社会に対する怒り”をぶちまけている。アルバム制作のきっかけは、ライが愛読している政治ブログの編集長ロバート・シアのコラムによるものらしく、今作品の冒頭の曲「ノー・バンカー・レフト・ビハインド」で歌われている。そのコラムの内容は、米政府の公的資金注入による金融機関の救済を厳しく批判しており、ブッシュ政権の教育政策「ノー・チャイルド・レフト・ビハインド(落ちこぼれゼロ)」にひっかけて、その政策を「ノー・バンカー・レフト・ビハインド(銀行家を一人残らず助ける)」と名付けたものだった。
「ハンプティ・ダンプティ・ワールド」では、「我は男と女を作り、シンプルな道具を与えた そして彼らのパートナーとなる 魅力的な諸々も だが彼らは掟に反する事物を欲したのだ 中でも最悪なのはテレビ テレビが最悪のものだ」とテレビによる洗脳を批判している。「クリスマス・タイム・ディス・イヤー」では、「ジョニーは脚を失い、ビリーは顔の大部分をなくした クリスマス、それが彼らにはわかるのだろうか? トミーは見かけは変わらないが、精神がいってしまった これがクリスマスだってことがわかるのだろうか?」とクリスマスどころではない戦争による犠牲者のことを歌っている。一番気に入ったのは、「ジョン・リー・フッカーを大統領に」だ。親交のあったジョン・リー・フッカーそっくりのギタープレイや歌唱法で演じているところは正にアカデミー賞級である。
是非、日本語対訳を見ながら、じっくりと聴いていただきたい一枚である。








評点:100点


プル・アップ・サム・ダスト・アンド・シット・ダウンプル・アップ・サム・ダスト・アンド・シット・ダウン
(2011/09/21)
ライ・クーダー

商品詳細を見る
テンプレート説明

このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。
背景はスライドショーになっています。

◎プラグイン説明

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。
←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。
このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

※最上部メニューバーの上に隙間がある方

最上部のメニューバーの上にFC2検索バー用のスペースを設けています。
検索バーを表示しない設定にしている方は、cssの最上部メニュー.MegaMenuの中にあるtop:27pxをtop:0に変更してください。

◎背景スライドショー説明

random : 1, // ランダム 0:オフ 1:オン
transition : 1, // 0:単純画像切替 1:フェード 2~7:移動 8:ページ更新毎に切り替え
transition_speed : 1000, // 画像間の切替時間
slide_interval : 3000, // 1枚毎の画像停止時間
slides : [
{ image : '画像URL' } // 画像の追加・削除はここ

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れません。