ロバート・ジョンソン、サン・ハウス - 嘘八百のこの世界

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
ロバート・ジョンソン、サン・ハウス カテゴリーの記事

「Love in Vain」Robert Johnson、The Rolling Stones 、The Faces 、Keb' Mo'

今日の1曲は、ロバート・ジョンソンの「ラヴ・イン・ヴェイン」です。
以前は、ストーンズのオリジナルかと思っていましたが、ロバートがオリジナルです。
恋人を駅まで見送る歌なんですが、最後の歌詞がかっこよすぎます。



when the train,it left the station
two lights on behind
well, the blue light was my blues
and the red light was my mind
all my love's in vain

(彼女を乗せた)列車が駅を走り去った
二つの光を残して
青い光は俺の憂鬱
赤い光は俺の心
すべての俺の愛がむなしい




こんな歌詞を書いたローバートは、まさに天才としか言えません。
一見、単純そうな歌詞の中に、深い失意を忍ばせています。
究極のラヴソングでしょう。


ロバートのヴァージョンです。


ストーンズのヴァージョンです。


フェイセズのヴァージョンです。


ケブ・モのヴァージョンです。





ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Sweet Home Chicago」Robert Johnson、Blues Brothers 、Freddie King 、Buddy Guy, Eric Clapton, Johnny Winter, Robert Cray, Hubert Sumlin、Buddy Guy 、Bonnie Raitt, Tracy Chapman, Jeff Beck and Beth Hart 、Obama, BB King, Buddy Guy, Mick Jagger, Jeff Beck 他

今日の1曲は、ロバート・ジョンソンの「スウィート・ホーム・シカゴ」です。
私は以前からこの曲は知ってましたが、9年ぐらい前まではロバートの作詞作曲だとは知りませんでした。
このことを私に教えてくれたのは、メンフィスの路上ライヴで知り合ったアメリカ人(白人)の男性でした。
ロバートの残した楽曲の数は決して多くはないですが、歴史的名曲を残しています。
ところで、この曲はシカゴのことを歌っているのではなく、カリフォルニアにあるポート・シカゴのことを歌っているそうである。



http://www.tapthepop.net/news/24122
謎の?!地名にまつわるブルース〜Sweet Home Chicago〜




何はともあれ、この曲が歴史的名曲であることは間違いありません。
オリジナルのロバートのヴァージョンです。


ブルース・ブラザーズのヴァージョンです。


フレディ・キングのヴァージョンです。


バディ・ガイ、クラプトン、ジョニー・ウィンター、ヒューバート・サムリンのヴァージョンです。


バディ・ガイのヴァージョンです。


ボニー・レイト、トレイシー・チャップマン、ジェフ・ベック、ベス・ハートのヴァージョンです。


オバマ、B.B.、バディ・ガイ、ミック、ジェフ、デレク他のヴァージョンです。
ミックがオバマにマイクを渡すところなど、何とも言えません。
これだけ見ていたら、オバマがいい人のように見えてきますね・・・







ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村







「I Believe I'll Dust My Broom」 ROBERT JOHNSON 、Elmore James

今日の1曲は、ロバート・ジョンソンの「I Believe I'll Dust My Broom 」です。


エルモア・ジェイムスのヴァージョンです。




「Cross Road Blues」Robert Johnson 、John Mayer and Eric Clapton 、The Doors 、Cream

今日の1曲は、Robert Johnsonの「Cross Road Blues」です。
あの伝説の基となった曲です。
あの伝説が真実か否かは別として、
あの伝説を曲にしてしまうところが、ロバートのすごいところでしょう。
ロバート自身が〝伝説のブルースマン”となっていることは、誰もが認める「事実」です




John Mayer and Eric Clapton のヴァージョンです。




The Doors のヴァージョンです。



Cream のヴァージョンです。




「Come On In My Kitchen」Robert Johnson、Taj Mahal 、Leon Russell & Friends 、 George Harrison, Eric Clapton, Leon Russell and Ringo Starr

今日の1曲は、Robert Johnson の「Come On In My Kitchen」です。



Taj Mahal のヴァージョンです。



Leon Russell & Friends のヴァージョンです。


George Harrison, Eric Clapton, Leon Russell and Ringo Starrのヴァージョンです。



テンプレート説明

このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。
背景はスライドショーになっています。

◎プラグイン説明

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。
←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。
このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

※最上部メニューバーの上に隙間がある方

最上部のメニューバーの上にFC2検索バー用のスペースを設けています。
検索バーを表示しない設定にしている方は、cssの最上部メニュー.MegaMenuの中にあるtop:27pxをtop:0に変更してください。

◎背景スライドショー説明

random : 1, // ランダム 0:オフ 1:オン
transition : 1, // 0:単純画像切替 1:フェード 2~7:移動 8:ページ更新毎に切り替え
transition_speed : 1000, // 画像間の切替時間
slide_interval : 3000, // 1枚毎の画像停止時間
slides : [
{ image : '画像URL' } // 画像の追加・削除はここ

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れません。