歌謡曲・演歌・民謡・童謡 - 嘘八百のこの世界
FC2ブログ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント
月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告
歌謡曲・演歌・民謡・童謡 カテゴリーの記事

「春の便り (The Coming Of Spring)」Che Apalache

の便りが来る3秒前ですが、今日の1曲は、チェ・アパラチェの「春の便り (The Coming Of Spring)」です(笑)
なんとこのグループはアルゼンチン人の白人のようです。
どう聴いても日本人の民謡歌手のようにしか聴こえませんが(笑)








ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「危険なふたり」沢田研二

今日は昨日の続きです。
当たり前か(笑)
はい、沢田研二の「危険なふたり」です。


音楽に関心がなくてもある程度の年齢を重ねた方ならご存知の曲でしょうが、ジョージ・ハリスンの「My Sweet Lord」とイントロが瓜二つです。作曲:加瀬邦彦/編曲:東海林修です。「My Sweet Lord」は1971年1月にリリースされているが、「危険なふたり」は1973年4月にリリースされています。

これは「偶然」とはとても思えません。
ジョージは逆に訴えるべきだったでしょう。
最後に忌野清志郎の「キューピッド」のイントロも瓜二つだったことにも言及しておきます。
清志郎のことは悪く言いたくないが、音楽業界は盗作天国のようですナ。



ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「大きな古時計」(My Grandfather's Clock)平井堅 他

今日の1曲は、「大きな古時計」です。
アメリカの作曲家、ヘンリー・クレイ・ワークが、1876年に作曲しました。
ヘンリーがイギリスを訪問している際に、宿泊先のホテルの主人から聞いたエピソードにヒントを得て歌にしたものである。
原曲ではお爺さんが生きた期間は、100年ではなく90年になっています。
ちなみに作曲家のヘンリーは、100年どころか51年の短い生涯だったそうです。
では、原曲の「My Grandfather's Clock」です。




日本語の「大きな古時計」です。


平井堅のヴァージョンです。




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村





「豊年節」元ちとせ Feat. 民謡クルセイダーズ

今日の1曲は、元ちとせ Feat. 民謡クルセイダーズ の「豊年節」です。







ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「おにのパンツ」Japanese Children's Song

今日は節分ということで、今日の1曲は、「おにのパンツ」です。
決して頭がおかしくなったのではありません(笑)



ついでに、こんな動画があったので紹介します。
はい、まんが日本昔ばなし「節分の鬼」です。
決して「鬼は外」なんて言ってはなりません。「鬼は内」と言いましょう(笑)





ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村