千葉ロッテマリーンズ・プロ野球 - 嘘八百のこの世界

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告
千葉ロッテマリーンズ・プロ野球 カテゴリーの記事

「Rolling Stone(Catfish Blues)」Muddy Waters

マリーンズに救世主が登場した。
マット・ドミンゲス内野手だ。
オープン戦から今一つな内容で、開幕から2軍で調整していたのだが、
1軍昇格後、ここのとこ大ブレークしている。
24日の日本ハム戦では、2点ビハインドの9回裏に代打で登場し、同点2ランを放つ。
1点勝ち越された11回裏に同点打を放ち、清田のサヨナラ打に繋げる大活躍をした。



https://www.nikkansports.com/baseball/news/201805240000992.html
ロッテ・ドミンゲス救世主の極み 敗戦危機2度救う
[2018年5月25日6時45分 ]

<ロッテ7-6日本ハム>◇24日◇ZOZOマリン

 ロッテ・ドミンゲスが2度チームを救った。

 まずは敗戦目前の9回裏1死一塁で代打に立ち、左越えの同点3号2ラン。延長戦に持ち込んだ。さらに1点勝ち越された直後の11回も2死二塁から左中間へ同点二塁打。延長12回サヨナラ勝ちに貢献し「エキサイティング! 接戦で力になれた。本当に素晴らしい、長い1日だった」と興奮。その間、鈴木の定位置である三塁も守り、井口監督は「守備も自信がある選手。サードでスタートもありえるかな」と先発起用も示唆した。



井口監督はサードでのスタメンを匂わせたにもかかわらず、
翌日の25日のオリックス戦ではスタメン起用されなかった。
しかし代打で登場したドミンゲスは、きっちりとヒットを打った。
そして昨日26日のオリックス戦で、ついにファーストでスタメン起用された。
結果は2ホーマーの3打点であり、勝利に大きく貢献した。



https://www.nikkansports.com/baseball/news/201805260000775.html
ロッテ・ドミンゲス2打席連発 5試合で4本塁打
[2018年5月26日18時43分]

<オリックス3-6ロッテ>◇26日◇ほっともっと神戸


 ロッテのマット・ドミンゲス内野手(28)が来日初の2打席連続本塁打をマークした。

 「5番・一塁」でスタメン出場すると、まずは1点を追う4回先頭で同点の左越え4号ソロ。2点を勝ち越した直後の5回2死二塁でも、再び左翼席へ5号2ランを放り込んだ。

 直近5試合で4本塁打を量産し「真っすぐをしっかり捉えられるのが自分の特徴だと思っているし、失投をしっかり捉えられた」と納得の表情だった。




昨年まで外国人選手に泣かされ続けていたマリーンズに、救世主が登場した。
投手のボルシンガー、シェッパーズと共に、これからも活躍してもらいたいものだ。
いくら井口野球が浸透して盗塁数が大幅に伸びたと言っても、
長距離砲がいなければ勝ち進めない。
ドミンゲスの存在は、長距離砲の少ないマリーンズにとってメチャメチャ貴重である。
そのドミンゲスだが、なんと、マディ・ウォーターズが好きなのだそうだ!
選手名鑑の「好きな俳優・アーティスト」の欄にMuddy Watersと書かれているのである
ドミンゲスは28歳の白人であるが、”本物のブルース”を理解しているようだ。
ますますドミンゲスが気に入った私である(*^-^*)


というわけで、今日の1曲は、マディ・ウォーターズの「Rolling Stone(Catfish Blues)」です。



<参考記事>
http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-908.html
生誕100年?102年?マディのブルースは永遠です MUDDY WATERS
「More Real Folk Blues」MUDDY WATERS



ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

史上最低の監督から史上最高の監督になった?

「今年のマリーンズはちょっと違う?」


今日は、千葉ロッテ・マリーンズについて書きます。
興味ない方はスルーしてほしい。
またもやマリーンズが勝った。開幕戦は落としたが、その後連勝して楽天に勝ち越し、オリックス戦の初戦に勝って3連勝で現在リーグ2位である。
マリーンズに興味のない大多数の方は分からないだろうが、明らかに今年のマリーンズは変わった。何が変わったかって?
監督が変わった。
はっきり言って、「それがすべて」である。
以上、終わりです・・・

これだけでは流石に味気ないので(笑)、思うところを書いておきます。
もう少し具体的に言うと、「史上最低の監督から史上最高の監督になった」ということです。

去年までの監督は誰でしたっけ?

選手の実績や努力を選手起用の基準とせず、自分の好き嫌いのみを基準として選手を起用する人間でした・・・。私が何のことを言っているのか分からない方が大半だと思うので、私がこのように感じた理由を書いた去年の記事を貼っておきます。


http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-1936.html
チームとして一番怖いのは、「敗因を理解していない」ことなのです。
「千葉ロッテ・マリーンズの開幕スタメンオーダーについて思うこと」



http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-1985.html
私物国家、私物球団・・・
「千葉ロッテ・マリーンズ・伊東監督の選手起用について思うこと」



http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-1987.html
チームとして一番怖いのは、「敗因を理解していない」ことなのです。 パート2
「「試合の敗因」も、「戦争発生の本当の原因」も、理解することが重要である。敗因(原因)を理解していない限り、「同じ過ち」を繰り返してしまうのです。」



http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-2116.html
どーでもいいから、はよ辞めろ!
「私物国家・私物球団」



http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-2128.html
伊東監督、ご苦労様!
「あ~よかった!」





マリーンズのファンは優等生的な人間が多く、あまり監督を批判したりする人は他球団よりは少ないように感じます。球場で監督や選手を批判するような発言をしようものなら、白い眼で見られるような雰囲気さえあります。であるにもかかわらず、ここまではっきりと自分の思うところを書いているマリーンズファンも珍しいでしょう。これも、私の「おかしいものはおかしい」と言わなければ気が済まない性分から来るものなのでしょう。
でも、私がこのように思うのは、ひとえにマリーンズを愛しているからであり、「強いチームになってほしい」と真剣に願っているからなのです。「どーでもええけど、とりあえずこのチームのファンになっとくわ」などと思う“とりあえずファン”なら、このようなことは絶対に書きません。

井口監督になって具体的にチームが変わった主な点を記してみます。

1、 コーチ陣をかなり変えた。今まではマリーンズ出身でないコーチが大半だったが、マリーンズ出身の人間を多数コーチとして迎え入れた。さらには井口監督がホークス時代に親交のあった人間も迎え入れた。単純にマリーンズファンとしては元マリーンズの選手がコーチとして戻ってきてくれたことは嬉しいし、井口監督の人脈がかなりあることも感じられる。特に金森コーチの復帰は大きいだろう。

2、 キャンプに走塁臨時コーチとして島田誠コーチを招聘し、選手に走塁に関する意識を徹底させた。盗塁だけでなく次の塁を盗む意識を求めた。積極的な走塁を目指すように指導し、その結果失敗に終わっても決して選手を責めないことを選手に伝えた。結果としてオープン戦から今まで選手全員が積極的に走塁するようになり、相手チームにも「マリーンズは常に走ってくる」と意識させ、警戒させるようになった。

3、 選手起用を活性化させた。ルーキーの藤岡と菅野を積極的に使い、結果も残している。中堅の荻野や中村やベテランの福浦もルーキーに負けじとばかりに活躍している。前監督が少し使って打てなかったらすぐに2軍に落とされていた“未完の大砲”こと井上をオープン戦から今まで4番で起用し続けている。井上は開幕2戦でホームランを2本打って勝利に貢献した。




ルーキーの野手が入ったことと外国人の投手が入ったこと以外は、戦力は去年とほとんど変わっていません。それどころか角中がケガでリタイアしているし、去年一番ホームランを打ったペーニャを獲得しなかったので、単純に「実績」という意味では去年より戦力ダウンしているかもしれません。前監督は外国人が打たないことをフロントのせいにしたりして、自分の選手起用や采配に責任があることを認めようとしませんでした。井口監督はこのような“言い訳”を決して口に出さず、自分の理想とする野球を選手に伝え、実行に移しているのです。去年まで現役の選手として一緒に汗を流して取り組んでいたので、マリーンズの個々の選手の潜在能力も理解していたのです。潜在能力のある選手を起用せず、そうとは思えない選手を起用し続けていた前監督の不可解な選手起用に疑問を感じていたのです。
井口監督は引退試合の際に、ファンへのメッセージに「このチームにはまだまだ伸びしろのある若手や中堅がたくさんいますので応援してください」といった趣旨の発言をしました。その言葉の通りに潜在能力のある選手を積極的に起用することによってチームを強くしようとしているのです。私には「潜在能力のある選手がいるにもかかわらず、その選手を積極的に起用せず、おかしな選手起用を行ってきた前監督への逆襲である」とさえ感じます。

まだ開幕して4試合経過しただけなので秋にどのような結果になるかは分かりませんが、私は最後まで井口監督とマリーンズの選手を見守り続けていこうと思います。ほとんどの評論家がマリーンズを最下位に予想していましたね。私はその予想が覆されると逆予想していますし、そうなることを願っています。

マリーンズのファンでない方がこの記事を見て頂いていたら、騙されたと思ってマリーンズの応援団のいる外野席に足を運んで見てください。マリーンズの選手の活躍する姿は勿論ですが、「熱い応援」に魅了されるかもしれません。「マリーンズの応援は12球団1である」との評判なのです。12球団1の応援を有するマリーンズが、実際に12球団1(日本一)になることを願っています。そして、「今年のマリーンズの選手の表情は、去年とは違って誰もが生き生きと輝いて見える」と感じています。



ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

球も速いが勝負も早い!

「肝っ玉ルーキー千葉ロッテ・マリーンズ永野投手誕生、 居酒屋から幕張のサウスポーストッパーへ」





「そうよ たまたま居酒屋で 横にすわっただけだもの~♪」

今年の3月にたまたま居酒屋で横にすわった(?)ことがきっかけで子供ができてしまったプロ野球選手のルーキーがいるようだ。
千葉ロッテ・マリーンズのドラフト6位である永野将司投手である。
速球はMAX154キロということだが、彼女と居酒屋で出会ったのも今年の3月だということであり、まさに「球も速いが勝負も早い」ようである(笑)
この肝っ玉ルーキーの活躍が楽しみである。




https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171120-00000079-dal-base
ロッテ・ドラ6永野が契約会見で新婦紹介 前日に婚姻届提出、すでに妊娠
11/20(月) 14:29配信

 ロッテからドラフト6位指名された永野将司投手(24)=本田技研工業株式会社=が20日、埼玉県狭山市内で入団交渉に臨み、契約金3000万円、年俸770万円で契約合意した。(金額はいずれも推定)
永野とともに契約交渉の席に同席したのは新婦・紗央里さん(21)だった。

 今年3月に居酒屋で知り合った。高校時代にソフトボールの選手だった紗央里さんと野球の話題を通して意気投合。交際を発展させた。大安だった前日19日に婚姻届を出した。そして妊娠5カ月。おなかには小さな命が宿っている。

 永野が照れながら新婦を「優しくて思いやりのあるところが好きです」と言えば、紗央里さんも「(永野の)優しいところに引かれました」と声をそろえた。

 夢だったプロ入りをかなえた上に結婚と新婦の妊娠。この三重奏の喜びに記者会見場は祝福ムードに包まれた。出産予定は来年の4月だという。

 担当の高橋薫スカウトが「1年目から即戦力として期待している」と話すように、早くもリリーフ候補だ。左腕から繰り出す速球はMAX154キロで、スライダー、フォークといった変化球にも威力がある。

 快足サウスポーがピッタリくる。かつてロッテでストッパーとして活躍した河本育之氏がだぶってくる。

 「信頼される投手になりたい。力でねじ伏せ流れを変えるような投球がしたい。中継ぎ、抑えとしてアピールしていきたい」

 夫となり、そして父となる永野が「河本2世」を目指す。



ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

史上最高の引退試合、千葉ロッテ・マリーンズ井口資仁

「6番つけてる「資仁」は、やはり「只者(ただの人)」ではなかった!」


今日9月24日は、千葉ロッテ・マリーンズ井口資仁選手の引退試合だった。
9回裏、3対1で日本ハムにリードされていた。
代打の清田がヒットを打って、井口に打席が回ってきた。
ホームランを打ったら同点である。
まさか、そんな映画のようにうまくはいかないだろう・・・
なんと、その「まさか」が本当になった。

井口がセンター右に同点2ランを打ったのだ!


自分の引退試合をここまで劇的に持っていける男、これが井口である。
そしてなんと、井口はこのことを予告していたのだ。


https://thepage.jp/detail/20170922-00000001-wordleaf?page=3
「今の目標は引退試合でホームランを打つこと。4打席とも右方向へ打ちたい。今、それを追い求めて練習しています」


なんと井口はホームランを予告していた。
それも「右方向へ打ちたい」と言っており、その予告通りに右方向に打ったのだ!

なんと恐るべき選手なのだ。
改めて井口の凄さを思い知らされた私である。
6番つけてる「資仁」は、やはり「只者(ただの人)」ではなかった!

そして延長12回、鈴木大地のサヨナラヒットでマリーンズが勝利した。
こんな感動的な引退試合もそうないだろう。
井口の引退スピーチにも感動した。


https://www.nikkansports.com/baseball/news/201709240000760.html
わがマリーンズですが、このような順位で終わるチームではありません。まだまだ、伸びしろのある中堅、若手選手がたくさんいます。ぜひ、皆さん、今以上に熱い声援をよろしくお願いします。そして、選手の皆様、来シーズンはこの悔しさをファンとともにぶつけて、このマリンスタジアムにチャンピオンフラッグを掲げて下さい。選手の皆さん、期待しています。


よくぞ言ってくれた!
マリーンズは最下位に終わるようなチームじゃないんだ。
私利私欲を捨て、平等な選手起用をし、選手の潜在能力を引き出してやれば、
必ずや選手は実力を発揮してくれるに違いないのだ。
来季から井口がマリーンズの監督を引き受けてくれることがほぼ決定したようである。
選手の目が生き生きしていることが、こちらに伝わってくる。

ところで、最近になって捕手の吉田が髭をそったようである。
冗談抜きに吉田はイケメン顔が今の監督に嫌われている理由だと判断して、
髭を生やしてわざわざ顔がブサイクに見えるように変えたのだと思う。
しかし監督交代が決定した今、そんな“涙ぐましい工作”は不要であると判断して、
髭をそったのに違いない。
「野球の技術云々ではなく、容姿のことで気を使わなければならないなんて」と、
イケメン捕手の吉田は思っていることだろう。

井口新監督に言いたい。
「田村にも、吉田にも、他の捕手にも、平等にチャンスを与えてやってください」と。
「努力を含めた選手としての能力を選手起用の判断材料にしてください」と。
勿論、他のポジションでも同じことです。
まぁ“人格者で定評のある”井口新監督に、
このような要望が不要であることは間違いないでしょうけどね(笑)

来年のマリーンズが楽しみです。
私は、井口新監督を全面的に支持しています。
マリーンズ、ファイティング!







ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村



伊東監督、ご苦労様!

「あ~よかった!」


この世界には、「不思議な偶然」というものが、実際に存在するようである。
今日の1曲で「あ~よかった」をアップした後、千葉ロッテ・マリーンズの記事を見た。
なんと、伊東監督が辞任を発表しているじゃないか!
今日の1曲で「あ~よかった」をアップする直後まで、
私は全くこのニュースを知らなかった。
なんたる「偶然」・・・

でも、本当に、あ~よかった!

伊東を批判してきた私のこれまでのブログ記事が、少しは後押しをしたのだろうか?
この記事や、この記事や、この記事が。
開幕戦の先発メンバーに疑問を呈した記事も書いたが、
本当に嫌な予感が的中してしまった。

たかが1試合だと思ってなめてかかったら、ダメなのである!

この不可思議なスタメンオーダーが、最終的には自分の首を絞めることになったのだ。
ここまで惨憺たる結果を残してしまった以上、監督を辞任するのは当然の結果であった。
球団も本当は中途解任したいところだろうが、昨年までの検討を評価して、
自らの辞任という形で伊東に花を持たせてあげたのだろう。
伊東は今季最後までは監督を続けるらしいが、
最後までオカシナ采配を続けることだけは許されない。

昨日の試合でも、好投していた二木を交代させ、9回にまたもや益田を登板させた。
またもや益田は打たれてしまい、3対2で勝っていた試合を逆転負けしてしまった。
またもや二木の勝利が消えてしまった。
二木を交代させるのなら、何故に最後は内に任せないのか?
もし内が故障しているか何かの問題があって投げることができないのであれば、
他の投手に抑えを任せるか、最後まで二木に投げさせるべきである。
中継ぎなら益田を使ってもいいが、ストッパーで益田を使うのが危険すぎることは、
何度も経験済みじゃないか!
明らかに大敗を喫している試合は仕方ないが、
昨日のようにリードしている試合を不可解な投手交代によって落としてしまう試合が、
今年は多すぎる。

伊東監督を評価すべきことは、以下の2点のみである。

1、 田村を捕手として育てたこと(しかし、反面、吉田は極端に出場機会を減らされた)。
2、 涌井をFAで獲得するのに貢献したこと。

辛口と思われるかもしれないが、これは私の偽ざる心境である。
伊東が最後まで球団を私物化することは、絶対に許されない。

後任候補は井口とフランコらしい。
堀も含めてこの中から後任監督が誕生するのなら、何の心配もないだろう。
誰が選ばれても、選手としての実績も、
マリーンズ球団に対する愛着心を持っているという点でも、
人格者として多くの選手に慕われているという点でも、
申し分のない人選である。
「チームの勝利、そして優勝」という目標に向けて、
血眼になって選手を引っ張っていってくれるだろう。
選手を自身の好き嫌いという個人的感情ではなく、
実力本位で平等に起用してくれるだろう。

マリーンズには潜在的能力を持った選手がたくさん存在している。
その選手を、正しく、公正に、厳しく、愛情をもって、導いてやりさえすれば、
必ずや結果につながることだろう。

来期以降の千葉ロッテ・マリーンズの闘いが楽しみである。
そして、伊東監督、ご苦労様!






ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

テンプレート説明

このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。
背景はスライドショーになっています。

◎プラグイン説明

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。
←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。
このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

※最上部メニューバーの上に隙間がある方

最上部のメニューバーの上にFC2検索バー用のスペースを設けています。
検索バーを表示しない設定にしている方は、cssの最上部メニュー.MegaMenuの中にあるtop:27pxをtop:0に変更してください。

◎背景スライドショー説明

random : 1, // ランダム 0:オフ 1:オン
transition : 1, // 0:単純画像切替 1:フェード 2~7:移動 8:ページ更新毎に切り替え
transition_speed : 1000, // 画像間の切替時間
slide_interval : 3000, // 1枚毎の画像停止時間
slides : [
{ image : '画像URL' } // 画像の追加・削除はここ

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れません。