千葉ロッテマリーンズ・プロ野球 - 嘘八百のこの世界
FC2ブログ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告
千葉ロッテマリーンズ・プロ野球 カテゴリーの記事

というわけで、丸を獲得できなかったことはロッテにとってはマルです(笑)

「丸とマル」



丸の巨人入りが決まりましたね。


https://www.asahi.com/articles/ASLCZ4QG3LCZPTQP003.html
巨人移籍の丸に新井「寂しいけどオレはおまえの味方」

2018年11月30日15時53分

プロ野球広島からフリーエージェント(FA)権を行使し、30日に巨人への移籍を表明した丸佳浩外野手(29)の主な一問一答は次の通り。

「今朝、僕からジャイアンツの原監督に『お世話になります』と直接伝えました」

 ――決め手となったのはどういったところか。

 「環境を変えて一からチャレンジしたいという思いが一番強かった」

 ――決断の時期は。

 「決めたのは昨日の夜です。広島は11年間プレーした球団ですし、当然悩んだ。こんな選手を11年間育ててくれて、広島には感謝しかない」

 ――チームメートから何か言葉をかけられたか。

 「新井さんから『移籍するのは寂しいけど、オレはおまえの味方。応援しているから頑張れ』と言っていただいた」

 ――巨人との交渉の場には原監督も同席していた。監督の言葉で響いたものはどんな言葉か。

 「いろいろあるけど、『広島で培ったいいものを巨人に持ってきて欲しい。このFAがまだまだ長い野球人生でプラスになる』と言ってもらったのが決め手になった。レベルアップしていきたい」




 「環境を変えて一からチャレンジしたいという思いが一番強かった」なんて、思ってもいないことをよく言えますナ。
「一番カネをくれる球団だから決めたんだ」と本音を言えるようなら、丸も大したものだと思うけどね。
落合が巨人に移籍した時そのような発言をしたことを覚えているが、丸がそんなことを言ったらボロクソに叩かれるのがミエミエだから、まぁ仕方がないことでしょうナ。

珍しくロッテが獲得に乗り出していたが、明らかに条件のいい巨人に入団することは初めから分かっていました。
CIAルートでカネが有り余っているゴミウリとカネで勝負するのは無理な話です。
ブラックマネーで他球団から選手を引き抜くことしか頭にないゴミウリのやり方を巨人ファンはどう思っているのでしょうか?
どんな方法でもチームが強くなって優勝したら嬉しいのでしょうか?
そのようなゴミウリのファンの気が知れません。
そのわりにはゴミウリが過去にカネで引き抜いてきた選手はさして活躍せず、チームも強くなっていないようですが・・・

万が一丸がロッテに入団したとしても、チームに良い結果はもたらさなかったことでしょう。年棒の少ない選手だらけのロッテの中で丸にだけ断トツにかけ離れた高年棒を支払うことになるわけですから、チーム内に不協和音が発生していたことは間違いありません。

「ロッテでマルなのは丸だけやな。他の選手は全員バツだ」とかね(笑)

ロッテ球団には浮いたカネで有力な外人でも獲得してほしいものです。
打線のてこ入れがない限り来期も期待できそうにありません。
長打が打ててかつ安定感のある外国人バッターがロッテには絶対に必要です。
丸獲得資金をそこに惜しまずに使うんだ!

というわけで、丸を獲得できなかったことはロッテにとってはマルです(笑)
ちなみに我が家にはマルという名のメスのウサギが生息しています(笑)



ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

真面目な努力家だけの堅物ではなく人間味あふれる福浦選手、これからも選手として指導者として活躍していってください

「努力の打撃職人・福浦選手 2000本安打達成おめでとう!!!」



https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180923/k10011640981000.html
「千葉一筋」福浦和也 地元に支えられ指導者に恵まれ2000本

2018年9月23日 0時38分

プロ野球で、ロッテ一筋25年目のベテラン、福浦和也選手が史上52人目の通算2000本安打を達成しました。千葉で生まれ、千葉の高校に進み、千葉の球団、ロッテで大記録を達成した福浦選手、地元とともに歩んでつかんだ2000本安打でした。
続きを読む
「大勢のファンがいる本拠地で達成したことがうれしい」。2000本安打を達成した直後の記者会見で最初に口にしたのがこのことばでした。

千葉出身の福浦選手にとって、ホームグラウンドのZOZOマリンスタジアムで2000本安打を達成することに強いこだわりがありました。

福浦選手は達成前に思いを聞いたとき、「優勝も経験してきたけれど、マリンでは胴上げもビールかけもしていない。だから千葉で記録を達成できたら最高」と自身を鼓舞しているようにも見えました。

有言実行で記録を達成し、ツーベースを打った二塁ベース上で「無意識に」ガッツポーズが出ました。

そんな福浦選手ですが入団当初は大きな期待を背負う選手ではありませんでした。

ドラフトの指名順位は7位。
ピッチャーとして入団し、最初の背番号は「70」でした。

「地元の球団から指名されてうれしかった」と思う一方で、背番号をみて「お前はコーチか」というやじを受けたこともあったといいます。

プロ1年目、2軍の打撃コーチを務めていた山本功児さんとの出会いが福浦選手の野球人生を変えました。

バッティングセンスを評価され、野手転向を勧められました。
ピッチャーに未練のあった福浦選手は「山本さんに会うたびに転向しろと言われるので逃げ回っていた」と当時を振り返ります。

それでも7月には「やるしかない」と決心。
2000本安打への歩みはこの出会いから始まりました。

入団から3年間は2軍暮らしが続きましたが、4年目の7月にプロ初ヒットを打つと、そこからヒットを積み重ね、山本功児さんが1軍の監督を務めた2001年には初のタイトルとなる首位打者に。

その8年後には1500本安打も達成していました。

しかし2000本まではそこから9年かかりました。
ヒットのペースが落ち「3割を打てなくなった頃からきつかった」と振り返りました。

その一方で福浦選手に対するファンの期待は高まりました。

もともと熱い応援で知られているロッテのファンですが、多くが福浦選手の2000本を待ち望むようになりました。

1本のヒットを打つ難しさを実感する中で、くじけそうになっても支えとなっていたのは、毎試合、本拠地のライトスタンドから声援を送ってくれるファンの存在でした。
「あれだけ応援してくれて、なんとか期待に応えようとやってきた」と福浦選手。
ファンには感謝しかないと話します。

そして今シーズン、新たな転機がありました。
井口資仁監督の就任です。

2000本安打に残り38本、井口監督は福浦選手の記録達成を後押ししました。
「福浦の2000本を達成させるのは自分の仕事」と福浦選手の先発出場を増やしました。

みずからの経験から、疲労をためないよう多くを守備につかない「指名打者」で起用しました。

この配慮もあって、残っていた38本を1本1本着実に減らし、記録達成を迎えました。

試合後の記者会見、福浦選手は報道陣から次の目標を問われるとこう言いました。
「井口監督をマリンで胴上げすること」。
43歳となる来シーズンに向けた現役続行宣言でした。

野球人生を変えた今は亡き山本功児さん、記録を大きく後押ししてくれた井口監督、そして声をからして声援を送ってくれた地元 千葉のファンのため、福浦選手はまだまだバットを振り続けます。





福浦選手、2000本安打達成おめでとうございます。
勝利で祝いたかったのだが、残念ながらそうはならなかった。
福浦の2000本安打となった2塁打がきっかけで決勝点となる得点となり、福浦の2000本安打がマリーンズの勝利に花を添えるはずだったのだ。
なんとその1点をリードした9回に抑えの内が2死後に山川に逆転3ランを打たれてしまい、逆転負けを喫してしまったのである。
こんな日ぐらい勝利で祝ってやれよと言いたいところだが、最後の最後まで“いかにも今年のロッテらしい”幕切れだった・・・
しかし満員のファンの声援を受け、地元である千葉マリンで達成できたことは、本当に良かっただろう。福浦らしい2塁打で決められたことも。
福浦は、1994年のドラフト7位でマリーンズに入団した。
球団最下位指名は勿論、12球団でも最下位指名の64番目だったんだ。
騒がれて競合の末にドラフト1位で入団しても全く活躍できない選手もたくさんいるなかで、最下位指名からここまでの偉業を達成できた福浦は、本当に努力の人であったようだ。
誰もが福浦の“野球に対するひたむきさ・真面目さ”を褒め称える。
2000本安打達成後の記者会見を見ても、福浦の真面目さが伝わってくる。
ただ会見が長かったこともあってか、真面目さを通り越してあまりの糞真面目な記者会見の応対ぶりに「もうちょっとジョークを交えた会見が出来ないのか」と、感じてしまった。
福浦の記者会見は、外人が日本人に対して感じている印象そのものであるような気がした。
はっきり言って聞いていて面白くないのである。
しゃべりが仕事でないプロ野球選手にユーモアのセンスを求めること自体が問題であるのは重々分かってはいるが、それでも退屈に感じてしまったのである。
記者会見を見てそんな印象を感じさせた福浦だが、意外とそうでもないようである。




https://www.nikkansports.com/baseball/news/201809230000077.html
<福浦和也こんな人>
◆ものまね王 若い頃は、宴会部長だった。福山雅治のものまねが得意で「こんばんは、福山雅治です」とラジオの語り口をまねして、そこから福山の歌を歌うのがお決まり。先輩たちから「やれよ」と言われ期待にこたえていた。松山千春もおはこ。打撃フォームも、ものまねが基礎。イチローとケン・グリフィーJrを合わせて自分のフォームにした。ボンズらもまねしたが、合わなかったらしく取り入れなかった。まだフォームが固まっていない頃、2軍の試合で毎試合違う選手をものまねしながら打っていた。
◆帰っちゃった 寮を出る3年目までは寝坊、遅刻の常習犯だった。レン・サカタ2軍監督から「ゴー、ホーム」と怒られて、本当に帰ってしまったこともあった。その後、中学時代に通ったそろばん塾で知り合った夫人との結婚もあり、意識が変わった。
◆起きない 飛行機ではどんなに揺れても爆睡できる。プロ1軍初昇格の時は秋田から羽田へのフライト。強風で飛行機が飛ばないかもしれないほどだったが爆睡した。またある時は目的地に着いても起きず、チームメートがみんな降りてしまい、だれもいなくなった機内で目を覚ました。
https://www.nikkansports.com/baseball/news/201809230000077.html?Page=2
◆いたずら好き 弟子入り志願してきてかわいがっていた大松(現ヤクルト)の帽子とサングラスを瞬間接着剤でくっつけた。サングラスは帽子のつばの上に固定。「あれっ取れない」となった。また若手選手の私服を冷蔵庫に入れたことも。入れられた選手によると「パリパリになった服を広げて着て帰るんですけど、風呂上がりだと服がすぐ温まって着られるんです」。クリーニングから上がってきた若手選手のユニホームで汗だくの頭をつるりと拭いて、きれいにたたみ直して置いておいたこともあった。他にも、駐車場のコーンをだれかの車に載せておくのもよくやった。バンパーの隙間に挟まっていたこともある。





この記事を見て、正直言ってホッとした。
人間味あるじゃないか、福浦さん!
真面目な努力家だけの堅物ではなく人間味あふれる福浦選手、これからも選手として指導者として活躍していってください。
「2000本安打達成の記録と共に引退も発表するのでは?」と思っていたが、本人はまだまだ選手を続けるつもりであるようです。
全盛期と比べると力の衰えは隠せないが、福浦は野球が本当に好きなんでしょう。

今年のマリーンズは途中までは3位に入るなど健闘していたが、クライマックスシリーズに出場できるか否かの大事な時期にドラフト1位の高卒ルーキーの安田を指名打者で起用するなど、はっきり言って“今の勝利を目指すよりも来年度以降の勝利を目指す”かのような井口采配の結果、下位に低迷することになってしまった。
「安田を起用して来年度以降の勝利を目指すのであれば、あの大事な時期ではなく今の時期に起用するべきじゃなかったのか」という想いが、私にはある。
上位進出が見込めなくなった今こそ、安田を1軍で起用するべきじゃないのでしょうか。
福浦の2000本安打が決まったから、やっと安田を再度1軍に上げるつもりなのかな?
井口監督に言いたい。

「将来性のある選手を起用する時期を間違えているのではありませんか」と。
さらには「本気でマリーンズを優勝させようと思っているのですか」と。

マリーンズには将来性有望な選手がたくさんいます。
特に先発投手は若手が育ってきています。
問題は中継ぎを含めたリリーフ陣と打者です。
現在のマリーンズの打者の貧打ぶりは、救いようがないほど酷い状態です。
外国人選手の獲得を含めて貧打対策を真剣に考えないと、来年も今年と同じ過ちを繰り返してしまうでしょう。
井口監督は打線を固定することにある程度は成功したようだが、反面全く起用されない選手が伊東監督の時代と比べると格段に増えてしまった。
明らかに成績を残している選手を使い続けるのはいいと思うが、それほどの成績を残していないにもかかわらず同じ選手を起用し続ける選手起用には疑問を感じざるを得ない。
投手陣(特に若手先発陣)に対してはけっこう厳しさを打ち出していたように思えるが、レギュラーで起用している野手に対しては非常に甘かったようにも感じた。単なるエラーどころか怠慢プレイとも思われるプレイをした選手を翌日以降もそのまま使い続けることが多かった。他の選手に対する戒めの意味でも、少なくともそういったプレイをした選手は翌日のスタメンからは外して欲しかった。レギュラー選手だけでなく控えの選手にも「あのようなプレイをしたらスタメンを外されてしまう。俺たちはプロなんだから、決して気の抜けたようなプレイはしてはならない」と思わせるように仕向けてほしいのです。
そういう厳しさをレギュラー選手にも示さないと、チームは強くならないのである
井口監督には期待が大きかった反面、今年の井口采配に対する不満も大きいのだ。

福浦の2000本安打達成に関する記事を書いていたはずだが、気が付いたら井口監督批判になってしまった(笑) しかし、いい意味での助言を井口監督に与えることが出来るのは、年齢の近い福浦ぐらいだろう。福浦選手には、選手としてのみならず“監督アドバイザー”としても来年度も井口監督を支えてあげてもらいたいものである。






ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「WE LOVE MARINES」

「マリーンズを愛しているからこそ、敢えて井口監督に苦言を呈する」



https://www.nikkansports.com/baseball/news/201807250000016.html
井口監督ぶ然…拙守拙攻「ミス多すぎ。話ならない」
[2018年7月25日0時50分]

<ソフトバンク10-10ロッテ>◇24日◇京セラドーム大阪


 延長12回、今季両リーグ最長の5時間45分に及ぶ乱打戦の末に引き分け、ロッテは3位をキープしたが、ミスが続出した。

 6回には平沢大河内野手、藤岡裕大内野手が2人連続バント失敗。延長に入ってからも内竜也投手の暴投や内野の失策など、守備の乱れから11回は2点、12回も1点のリードを追いつかれた。井口資仁監督は「ミスが多すぎ。話にならない。こんなことしてちゃ勝てるわけない」と厳しかった。

 また先発の石川歩投手が2回で緊急降板するアクシデントにも見舞われた。10日の西武戦から中3日で球宴、中2日で17日の楽天戦と登板が続いていた。井口監督は「肩に力が入らないと言うので、早めに大事を取った」と説明。石川は降板後もベンチから声援を送り、試合後は「おそらく次回は大丈夫」と話した。



https://www.nikkansports.com/baseball/news/201807260001043.html
井口監督「後ろがしんどい」抑え内4点リード守れず
[2018年7月26日23時4分]

<ソフトバンク6-5ロッテ>◇26日◇ヤフオクドーム


 ロッテは快勝ムードから一転、2試合連続の延長戦の末にサヨナラ負けした。

 先発の二木康太投手は7回まで自己最多の12三振を奪い、散発3安打無失点と完封ペースの快投。8回2死からソフトバンク今宮に単打を許し、104球で降板したが、その時点で4点のリードがあった。

 だが5-1で迎えた9回、抑えの内竜也投手が3ランを許すなど、4点差を守れず延長戦に突入。最後は延長10回、5番手で登板した大谷智久投手が1死満塁から松田にサヨナラ打を浴びた。

 内はこれで4試合連続失点。24日も延長11回、2点リードのセーブ機会に登板して同点に追いつかれていた。試合後は「すみませんしか出てこないです」と猛省。井口資仁監督は「後ろ(の投手)がしんどい。本人が頑張らないといけないところ。ボールを振らせるところでストライクを投げたり、自信がないのかリードなのか…。チームの流れも悪い方にいっている。1回休ませるのか考えないといけない」と起用法を再考する方針を示した。

 また、4月30日以来となる白星がこぼれ落ちた二木は「4点差あったので、最後まで絶対にいこうと思っていた。でもあそこ(8回2死)でヒットを打たれて、左打者が3人続くとなれば代えられてもしようがない。しっかり抑えて、イニング間に『(9回も)いかせてください』と直訴するのがベストだった。打たれた自分の力不足」と振り返った。





二日続けて監督の采配ミスで勝っている試合が引き分けと敗戦となった。
24日は、2軍からやっと上げてもらって打率5割近くをキープしていた伊志嶺を早々と岡田に代えた。
昨年からノーヒット記録を更新し続けている迷バッターに・・・
岡田は、打席では当然のごとく凡退を繰り返す。
とどのつまりは2点リードで迎えた延長11回裏だった。
内の乱調で1アウト1、3塁のピンチの際である。
打球はセンター岡田の左寄りに飛んだ。
普通に1バウンドで処理していれば、1点は取られたものの、まだ1点リードしていたのだ。
それを岡田は無理して突っ込み、打球を後ろに逸らしてしまった。
結果1塁ランナーもホームに帰してしまい、同点にされてしまった。
何が守備固めだ。完全に守備でも足を引っ張ってるじゃないか・・・
延長12回表に井上のホームランで勝ち越したが、その裏の先頭バッターの3塁ゴロを平沢がエラーしてしまい、最終的に10対10の引き分けとなった。
大事な場面で急造の3塁手の平沢を試合後半の定番のように起用する井口采配に問題があるのだ。


そして昨日。
8回2アウトまで3安打に抑えていた二木を突然交代させたのだ。
抑えに不安があるにも関わらず、信じられない継投策である。
嫌な予感は的中する。
8回は1点の失点で済んだが、9回に前回打たれた内を起用する。
内の投球は疲労からかヘロヘロだった。
4点のリードを守ることが出来なかった。
延長10回は、これまた前回打たれている大谷が登板し、サヨナラ負けを喫した。


何が「ミスが多すぎ。話にならない。こんなことしてちゃ勝てるわけない」「後ろがしんどい」だ!
全部アンタの采配ミスが原因じゃないか!
なんで絶好調の伊志嶺を絶不調の岡田に代えるんだ!
岡田の守備が絶品だったのは昔の話だ!

なんで完璧なピッチングをしていた二木を代えるんだ!
抑えに不安があることを理解していないのか!
自分のチームの状態も把握していないのか!

自分の采配ミスについては一言も触れず、選手のせいにするところは前監督と同じじゃないか!
伊志嶺と二木が可哀想だ。
頑張っても大事なところで交代させられてしまうなんて。
井口よ、伊志嶺と二木に謝れ!
「おれの采配ミスだった。許してくれ」と。

これ以外も、おかしな采配・選手起用が目に付く。
絶好調だったドミンゲスを少し打たなくなっただけで全く起用しなくなったこと。
指名打者でも不調の鈴木の代わりに3塁にでも起用できるだろ!
代打にも起用しないで2軍に落とすとは何を考えているんだ!

2軍で高打率を残していた根元を1軍に上げなかったこと。
やっと1軍に上げたようだが、大事な場面での代打起用にも使おうとしていない。

岡田に限らず、三木、江村を1軍に起用しているが、そのほとんどが守備要員であり、打席のチャンスを与えていないこと。
岡田は論外だが、三木や江村はこれからの選手である。
チャンスを与えないのなら、2軍で鍛えさせた方が本人のためなのだ。
前監督の選手に対するえこひいきは酷いと感じていたが、今の井口よりはマシである。
吉田に関しては、今年になって一度も1軍に上げてもらっていない。
吉田は打撃はたいしたことないだろうが、肩は超一流であり、貴重な戦力になるはずなのだ。

これ以外も不満はいろいろあるが、やめておく。
井口監督になってよくなったことも数多く存在している。
それは、以前述べた通りである
正直言って、井口批判はしたくなかった。
私は、彼の人間性を買っていたし、強い期待もしていた。
勿論、その気持ちは今も変わらない。
実際、昨年と比べて今のマリーンズは高位置にいる。
今のマリーンズが高位置にいるのは、井口監督の選手起用によるところが大である。
であるからこそ(期待が大きいからこそ)、不満も目に付くのである。
マリーンズを愛しているからこそ、敢えて井口監督に苦言を呈するのである。
井口監督には、自分の間違っているところを正し、チームを良い方向に持っていってくれることを期待する。

今日の1曲は、「WE LOVE MARINES」です。
マリーンズ、ファイティン!







ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Rolling Stone(Catfish Blues)」Muddy Waters

マリーンズに救世主が登場した。
マット・ドミンゲス内野手だ。
オープン戦から今一つな内容で、開幕から2軍で調整していたのだが、
1軍昇格後、ここのとこ大ブレークしている。
24日の日本ハム戦では、2点ビハインドの9回裏に代打で登場し、同点2ランを放つ。
1点勝ち越された11回裏に同点打を放ち、清田のサヨナラ打に繋げる大活躍をした。



https://www.nikkansports.com/baseball/news/201805240000992.html
ロッテ・ドミンゲス救世主の極み 敗戦危機2度救う
[2018年5月25日6時45分 ]

<ロッテ7-6日本ハム>◇24日◇ZOZOマリン

 ロッテ・ドミンゲスが2度チームを救った。

 まずは敗戦目前の9回裏1死一塁で代打に立ち、左越えの同点3号2ラン。延長戦に持ち込んだ。さらに1点勝ち越された直後の11回も2死二塁から左中間へ同点二塁打。延長12回サヨナラ勝ちに貢献し「エキサイティング! 接戦で力になれた。本当に素晴らしい、長い1日だった」と興奮。その間、鈴木の定位置である三塁も守り、井口監督は「守備も自信がある選手。サードでスタートもありえるかな」と先発起用も示唆した。



井口監督はサードでのスタメンを匂わせたにもかかわらず、
翌日の25日のオリックス戦ではスタメン起用されなかった。
しかし代打で登場したドミンゲスは、きっちりとヒットを打った。
そして昨日26日のオリックス戦で、ついにファーストでスタメン起用された。
結果は2ホーマーの3打点であり、勝利に大きく貢献した。



https://www.nikkansports.com/baseball/news/201805260000775.html
ロッテ・ドミンゲス2打席連発 5試合で4本塁打
[2018年5月26日18時43分]

<オリックス3-6ロッテ>◇26日◇ほっともっと神戸


 ロッテのマット・ドミンゲス内野手(28)が来日初の2打席連続本塁打をマークした。

 「5番・一塁」でスタメン出場すると、まずは1点を追う4回先頭で同点の左越え4号ソロ。2点を勝ち越した直後の5回2死二塁でも、再び左翼席へ5号2ランを放り込んだ。

 直近5試合で4本塁打を量産し「真っすぐをしっかり捉えられるのが自分の特徴だと思っているし、失投をしっかり捉えられた」と納得の表情だった。




昨年まで外国人選手に泣かされ続けていたマリーンズに、救世主が登場した。
投手のボルシンガー、シェッパーズと共に、これからも活躍してもらいたいものだ。
いくら井口野球が浸透して盗塁数が大幅に伸びたと言っても、
長距離砲がいなければ勝ち進めない。
ドミンゲスの存在は、長距離砲の少ないマリーンズにとってメチャメチャ貴重である。
そのドミンゲスだが、なんと、マディ・ウォーターズが好きなのだそうだ!
選手名鑑の「好きな俳優・アーティスト」の欄にMuddy Watersと書かれているのである
ドミンゲスは28歳の白人であるが、”本物のブルース”を理解しているようだ。
ますますドミンゲスが気に入った私である(*^-^*)


というわけで、今日の1曲は、マディ・ウォーターズの「Rolling Stone(Catfish Blues)」です。



<参考記事>
http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-908.html
生誕100年?102年?マディのブルースは永遠です MUDDY WATERS
「More Real Folk Blues」MUDDY WATERS



ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

史上最低の監督から史上最高の監督になった?

「今年のマリーンズはちょっと違う?」


今日は、千葉ロッテ・マリーンズについて書きます。
興味ない方はスルーしてほしい。
またもやマリーンズが勝った。開幕戦は落としたが、その後連勝して楽天に勝ち越し、オリックス戦の初戦に勝って3連勝で現在リーグ2位である。
マリーンズに興味のない大多数の方は分からないだろうが、明らかに今年のマリーンズは変わった。何が変わったかって?
監督が変わった。
はっきり言って、「それがすべて」である。
以上、終わりです・・・

これだけでは流石に味気ないので(笑)、思うところを書いておきます。
もう少し具体的に言うと、「史上最低の監督から史上最高の監督になった」ということです。

去年までの監督は誰でしたっけ?

選手の実績や努力を選手起用の基準とせず、自分の好き嫌いのみを基準として選手を起用する人間でした・・・。私が何のことを言っているのか分からない方が大半だと思うので、私がこのように感じた理由を書いた去年の記事を貼っておきます。


http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-1936.html
チームとして一番怖いのは、「敗因を理解していない」ことなのです。
「千葉ロッテ・マリーンズの開幕スタメンオーダーについて思うこと」



http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-1985.html
私物国家、私物球団・・・
「千葉ロッテ・マリーンズ・伊東監督の選手起用について思うこと」



http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-1987.html
チームとして一番怖いのは、「敗因を理解していない」ことなのです。 パート2
「「試合の敗因」も、「戦争発生の本当の原因」も、理解することが重要である。敗因(原因)を理解していない限り、「同じ過ち」を繰り返してしまうのです。」



http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-2116.html
どーでもいいから、はよ辞めろ!
「私物国家・私物球団」



http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-2128.html
伊東監督、ご苦労様!
「あ~よかった!」





マリーンズのファンは優等生的な人間が多く、あまり監督を批判したりする人は他球団よりは少ないように感じます。球場で監督や選手を批判するような発言をしようものなら、白い眼で見られるような雰囲気さえあります。であるにもかかわらず、ここまではっきりと自分の思うところを書いているマリーンズファンも珍しいでしょう。これも、私の「おかしいものはおかしい」と言わなければ気が済まない性分から来るものなのでしょう。
でも、私がこのように思うのは、ひとえにマリーンズを愛しているからであり、「強いチームになってほしい」と真剣に願っているからなのです。「どーでもええけど、とりあえずこのチームのファンになっとくわ」などと思う“とりあえずファン”なら、このようなことは絶対に書きません。

井口監督になって具体的にチームが変わった主な点を記してみます。

1、 コーチ陣をかなり変えた。今まではマリーンズ出身でないコーチが大半だったが、マリーンズ出身の人間を多数コーチとして迎え入れた。さらには井口監督がホークス時代に親交のあった人間も迎え入れた。単純にマリーンズファンとしては元マリーンズの選手がコーチとして戻ってきてくれたことは嬉しいし、井口監督の人脈がかなりあることも感じられる。特に金森コーチの復帰は大きいだろう。

2、 キャンプに走塁臨時コーチとして島田誠コーチを招聘し、選手に走塁に関する意識を徹底させた。盗塁だけでなく次の塁を盗む意識を求めた。積極的な走塁を目指すように指導し、その結果失敗に終わっても決して選手を責めないことを選手に伝えた。結果としてオープン戦から今まで選手全員が積極的に走塁するようになり、相手チームにも「マリーンズは常に走ってくる」と意識させ、警戒させるようになった。

3、 選手起用を活性化させた。ルーキーの藤岡と菅野を積極的に使い、結果も残している。中堅の荻野や中村やベテランの福浦もルーキーに負けじとばかりに活躍している。前監督が少し使って打てなかったらすぐに2軍に落とされていた“未完の大砲”こと井上をオープン戦から今まで4番で起用し続けている。井上は開幕2戦でホームランを2本打って勝利に貢献した。




ルーキーの野手が入ったことと外国人の投手が入ったこと以外は、戦力は去年とほとんど変わっていません。それどころか角中がケガでリタイアしているし、去年一番ホームランを打ったペーニャを獲得しなかったので、単純に「実績」という意味では去年より戦力ダウンしているかもしれません。前監督は外国人が打たないことをフロントのせいにしたりして、自分の選手起用や采配に責任があることを認めようとしませんでした。井口監督はこのような“言い訳”を決して口に出さず、自分の理想とする野球を選手に伝え、実行に移しているのです。去年まで現役の選手として一緒に汗を流して取り組んでいたので、マリーンズの個々の選手の潜在能力も理解していたのです。潜在能力のある選手を起用せず、そうとは思えない選手を起用し続けていた前監督の不可解な選手起用に疑問を感じていたのです。
井口監督は引退試合の際に、ファンへのメッセージに「このチームにはまだまだ伸びしろのある若手や中堅がたくさんいますので応援してください」といった趣旨の発言をしました。その言葉の通りに潜在能力のある選手を積極的に起用することによってチームを強くしようとしているのです。私には「潜在能力のある選手がいるにもかかわらず、その選手を積極的に起用せず、おかしな選手起用を行ってきた前監督への逆襲である」とさえ感じます。

まだ開幕して4試合経過しただけなので秋にどのような結果になるかは分かりませんが、私は最後まで井口監督とマリーンズの選手を見守り続けていこうと思います。ほとんどの評論家がマリーンズを最下位に予想していましたね。私はその予想が覆されると逆予想していますし、そうなることを願っています。

マリーンズのファンでない方がこの記事を見て頂いていたら、騙されたと思ってマリーンズの応援団のいる外野席に足を運んで見てください。マリーンズの選手の活躍する姿は勿論ですが、「熱い応援」に魅了されるかもしれません。「マリーンズの応援は12球団1である」との評判なのです。12球団1の応援を有するマリーンズが、実際に12球団1(日本一)になることを願っています。そして、「今年のマリーンズの選手の表情は、去年とは違って誰もが生き生きと輝いて見える」と感じています。



ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

テンプレート説明

このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。
背景はスライドショーになっています。

◎プラグイン説明

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。
←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。
このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

※最上部メニューバーの上に隙間がある方

最上部のメニューバーの上にFC2検索バー用のスペースを設けています。
検索バーを表示しない設定にしている方は、cssの最上部メニュー.MegaMenuの中にあるtop:27pxをtop:0に変更してください。

◎背景スライドショー説明

random : 1, // ランダム 0:オフ 1:オン
transition : 1, // 0:単純画像切替 1:フェード 2~7:移動 8:ページ更新毎に切り替え
transition_speed : 1000, // 画像間の切替時間
slide_interval : 3000, // 1枚毎の画像停止時間
slides : [
{ image : '画像URL' } // 画像の追加・削除はここ

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れません。