アルバート・キング、B.B.キング、フレディ・キング - 嘘八百のこの世界
FC2ブログ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告
アルバート・キング、B.B.キング、フレディ・キング カテゴリーの記事

「Don't You Lie To Me」Tampa Red、Fats Domino 、Chuck Berry 、Albert King、Albert King & Stevie Ray Vaughan、B B King 、The Rolling Stones

今日の1曲は、「Don't You Lie To Me」Albert 」です。
この曲は、1940年にタンパ・レッドによって書かれました。
「俺に嘘をつくな!」
まさに当ブログのテーマ曲にしたくなるようなタイトルですナ(笑)

タンパ・レッドのヴァージョンです。


ファッツ・ドミノのヴァージョンです。


チャック・ベリーのヴァージョンです。


アルバート・キングのヴァージョンです。


アルバート・キング&スティーヴィー・レイ・ヴォーンのヴァージョンです。
圧巻の一言です。


B B キングのヴァージョンです。


最後に、ローリング・ストーンズのヴァージョンです。







ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Match Box Blues 」Blind Lemon Jefferson 、Albert King 、Stevie Ray Vaughn & Albert King

今日の1曲は、ブラインド・レモン・ジェファーソンが1927年に書いた「Match Box Blues 」です。
ロバート・ジョンソンの曲調と相通じるものがありますね。



ブラインド・レモン・ジェファーソンの曲とは異なるように聞こえますが(?)、アルバート・キングのヴァージョンです。



アルバート・キングとスティーヴィー・レイ・ヴォーンのヴァージョンです。








ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「How Blue Can You Get」Johnny Moore's Three Blazers 、B.B. King 、Tedeschi Trucks Band 、Cyndi Lauper

先日、テデスキ・トラックス・バンドのライヴを観てきた。
メインの夫婦二人だけでなく個々のメンバーのプレイが素晴らしい、良いライヴだった。
マイク・マチスンがソロヴォーカルをとる曲が増えたのも良かった。
最後の方の曲でソロヴォーカルをとった、アリシア・シャコールの声にはぶったまげた。
体格のいい白人女性なんだが、アリサ顔負けの度迫力ヴォイスだった。
コフィ・バーブリジュのプレイが観れないかったことは残念な限りであるが、後を継いだゲイブ・ディクソンも良かった。

私は当日券を購入して観たのだが、A席を希望したのに「A席は満席で空いているのはS席のみである」と言われ、S席で観た。
S席といっても2階席でありA席と同じような座席位置なのだが、会場に入ってみるとA席に該当するような座席はガラガラであった。
高い席を売りたいがためにウドーは「A席は満席である」と嘘を言ったのである。
元からA席を売るつもりがなく、A席の配分をメチャクチャ少なくしていたのである。
嘘八百のウドー音楽事務所・・・

今日の1曲は、テデスキ・トラックス・バンドのライヴでアンコール前の最後に演奏した曲で、「How Blue Can You Get」です。
テデスキ・トラックス・バンドはB.B.キングのことを讃えてこの曲を演奏しましたが、もともとはジョニー・ムーアズ・スリー・ブレイザーズが1949年にレコーディングしています。
ジョニー・ムーアズ・スリー・ブレイザーズのヴァージョンです。


B.B.キングのヴァージョンです。


テデスキ・トラックス・バンドのヴァージョンです。


シンディ・ローパーのヴァージョンです。




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Overall Juction」Albert King 、Albert King & Stevie Ray Vaughan

今日の1曲は、アルバート・キングの「Overall Juction」です。
1989年の丁度今頃の「ジャパン・ブルース・カーニバル」でのライヴです。
当時の私はブルースの”本当の良さ”が理解できておらず、アルバートが来日していたことも知りませんでした。
今では本当に悔やまれます。”生きているブルースの伝道者”の生のライヴを観れたはずだったのに・・・


アルバート・キング&スティーヴィー・レイ・ヴォーンのヴァージョンです。







ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Ask Me No Questions」Stevie Ray Vaughan &Albert King 、B.B. King

今日の1曲は、スティーヴィー・レイ・ヴォーン&アルバート・キングの「Ask Me No Questions」です。


B.B.キングのヴァージョンです。








ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

テンプレート説明

このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。
背景はスライドショーになっています。

◎プラグイン説明

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。
←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。
このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

※最上部メニューバーの上に隙間がある方

最上部のメニューバーの上にFC2検索バー用のスペースを設けています。
検索バーを表示しない設定にしている方は、cssの最上部メニュー.MegaMenuの中にあるtop:27pxをtop:0に変更してください。

◎背景スライドショー説明

random : 1, // ランダム 0:オフ 1:オン
transition : 1, // 0:単純画像切替 1:フェード 2~7:移動 8:ページ更新毎に切り替え
transition_speed : 1000, // 画像間の切替時間
slide_interval : 3000, // 1枚毎の画像停止時間
slides : [
{ image : '画像URL' } // 画像の追加・削除はここ

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れません。