ニーナ・シモン - 嘘八百のこの世界

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告
ニーナ・シモン カテゴリーの記事

「Tomorrow Is My Turn 」NINA SIMONE、RHIANNON GIDDENS

今日の1曲は、ニーナ・シモンの「Tomorrow Is My Turn 」です。
歌詞↓
http://genius.com/Rhiannon-giddens-tomorrow-is-my-turn-lyrics




リアノン・ギデンズのヴァージョンです。











「Feeling Good」Nina Simone

今日の1曲は、ニーナ・シモンの「フィーリン・グッド」です。







不思議なヒーリング効果がある歌声  NINA SIMONE

「SILK&SOUL」NINA SIMONE


ニーナ・シモンの1967年のアルバムである。
オープニングの「イット・ビーズ・ザット・ウェイ・サムタイム」は、ニーナの弟であるサミュエル・L・ウェイモンの作である。ドラムが印象的なアップテンポな曲調であり、ニーナのダイナミックなヴォーカルが心地いい。
「ルック・オブ・ラヴ」は、ハル・デイヴィットとバート・バカラックが映画「007カジノ・ロワイアル」のために書いた静かな曲である。いかにも“バカラック・サウンド”といった感じである。
「ゴー・トゥー・ヘル」は、その名の通り「地獄へ行け」とニーナが叫ぶ強烈な曲である。フルート及びフォーン・セクションが効果的である。
「ラヴ・オー・ラヴ」は、夫でマネージャーでもあったアンディ・ストラウドの作だが、ニーナのピアノが素晴らしすぎる。
「チェリッシュ」は、ソフト・ロック・グループ、アソシエーションの1966年のヒット曲である。ニーナはマルチ録音で自身のヴォーカル・デュエットをやっているが、なかなかのものである。
「アイ・ウッシュ・アイ・ニュー・ハウ・イット・ウッド・トゥー・ビー・フリー」は、ビリー・テイラーが1964年に書いた名曲である。様々なアーティストがカヴァーしているが、私はこのニーナのヴァージョンが一番のお気に入りである。
「ターン・ミー・オン」は、愛する人が戻るのを待ち続ける曲である。ニーナはじっくりと情緒たっぷりに歌いこなしている。
「サム・セイ」は、チャールズ・ルービンの作である。アップテンポで、フォーン・セクションとニーナのエネルギッシュなヴォーカルが実にマッチしている。
「コンサメイション(consummation)」は、辞書によると、完成,完了; 成就,達成、頂点,到達点,極致結婚の完了.という意味だそうだ。今作品中唯一のニーナのオリジナルである。実に壮大で魂の安らぎを感じさせる名曲であり、アルバムのラストを飾るのにふさわしい。

いつ聞いても、ニーナの歌声には癒される。不思議なヒーリング効果があるようである。
またニーナの自伝映画を作る動きがあったようだが、遺族と映画関係者の間がうまくいっていないようで、現在途絶えているようである。是非、実現させてもらいたいものである。











評点:90点




シルク&ソウル+2シルク&ソウル+2
(2014/10/22)
ニーナ・シモン

商品詳細を見る

防寒対策にニーナの「熱いブルース」を NINA SIMON

「SINGS THE BLUES」NINA SIMON


ニーナ・シモンの1967年のアルバムである。
ニーナは基本的にはジャズ歌手として知られていると思うが、本作のようなブルースやフォークなど、実質ジャンルに縛られないで、多角的に歌いこなせるミュージシャンである。

一曲目の「ドュー・アイ・ムーヴ・ユー?」が実にいい。ニーナのヴォーカルにブルース・ハープ、ピアノ、ギター、掛け声が絡み合っており、ライヴのような異様な盛り上がりが感じられる。
「マイ・マンズ・ゴーン・ナウ」は、ガーシュインの名曲だが、単調なピアノの旋律にニーナの黒くて切ないヴォーカルが重なり合い、歌の世界に引き込まれてしまう。
「ザ・バックラッシュ・ブルース」は、アップテンポなブルース・ナンバーだ。エリック・ゲイルのギターが実にブルージーで味わい深い。
「アイ・ウォント・ア・リトル・シュガー・イン・マイ・ボウル」は、ピアノのイントロから始まり、ゆったりとした希望を感じさせる曲である。間奏のサックスが効果的である。
「ザ・ハウス・オブ・ザ・ライジング・サン」は、アニマルズのヴァージョンが有名だが、作者不詳の曲である。ニーナは淡々とリズミカルに歌いこなしている。
「ブルース・フォー・ママ」は、これまたピアノのイントロで始まるブルージーな曲である。ブルース・ハープと、エリック・ゲイルのギター、バーナード・バーディーのドラムがニーナのヴォーカルと絶妙に絡み合っている。「曲のタイトルはニーナのことを言っているのではないのだろうか」という気にさせられてしまう。

毎日冬の寒さが大変だと思いますが、ニーナの「熱いブルース」で暖まってもらえれば、と思います。












評点:90点




シングス・ザ・ブルース+2シングス・ザ・ブルース+2
(2014/10/22)
ニーナ・シモン

商品詳細を見る

秋の夜長にニーナとピアノ、NINA SIMONE

「NINA SIMONE AND PIANO!」NINA SIMONE


ニーナ・シモン(本名ユニース・キャサリン・ウェイモン)の1972年の作品に、1996年新たに未発表の4曲が追加されて発売されたアルバムである。
ニーナは1933年2月21日にノース・カロライナ州タイロンで生まれました。独学でピアノを学び、ジュリアード音楽院にも通いました。クラブでピアニストをしていたが、「アイ・ラブ・ユー・ポーギー」が大ヒットしてスターとなる。
ジャンルを飛び越えて活躍するのみならず黒人解放運動にも参加しました。2003年4月21日、フランスの自宅で亡くなりました。

本作品はジャズにジャンル分けしたが、彼女の曲はソウル、ブルース、フォーク等のあらゆる音楽エッセンセンスが込められており、ジャンルを超越したアーティストといってよいだろう。全編彼女の声とピアノのみで構成されるシンプルではあるが実に心を揺すぶらせられる内容となっています。アルバム解説から歌詞の内容を一部記す。
「シームズ・アイム・ネバー・タイアド・ラビング・ユー」は、「あなたを愛して、くたびれたことは一度もない」と歌う。“ネバー”を繰り返すところに力強さを感じる。
「ノーバディーズ・フォールト・バット・マイン」は、ニーナの自作で、「誰のせいでもない、みんな私のせいよ。私が死んだとしても、ソウルをなくしたとしても、みんな私のせいよ」と歌う。ニーナの潔い決意が感じられる。
「エヴリワンズ・ゴーン・トゥ・ザ・ムーン」は、「街は人であふれているけど、みんな孤独、道路の両側には家が立ち並んでいるけど、ホームではない。教会は歌であふれているけど調子はずれ、それはみんな月に行ってしまったからよ」と歌う壮大な曲。
「アイ・ゲット・アロング・ウイズアウト・ユー・ベリーウェル」は、ホーギー・カーマイケル作曲で、作詞は無名の女性だとのことでクレジットされていない。「あなたなしでもうまくやっていけると強がってみせるが、雨だれの落ちるのを見たり、月を見たり、春になると、あなたのことを思い出して、切なく悲しくなる」と歌う。

すっかり涼しくなってきた今日この頃ですが、ニーナの低く落ち着いた説得力のあるヴォーカルと、表現力豊かなピアノを聴いて、秋の気配を感じ取って下さい。













評点:80点





ニーナとピアノ+4ニーナとピアノ+4
(2013/09/11)
ニーナ・シモン

商品詳細を見る
テンプレート説明

このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。
背景はスライドショーになっています。

◎プラグイン説明

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。
←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。
このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

※最上部メニューバーの上に隙間がある方

最上部のメニューバーの上にFC2検索バー用のスペースを設けています。
検索バーを表示しない設定にしている方は、cssの最上部メニュー.MegaMenuの中にあるtop:27pxをtop:0に変更してください。

◎背景スライドショー説明

random : 1, // ランダム 0:オフ 1:オン
transition : 1, // 0:単純画像切替 1:フェード 2~7:移動 8:ページ更新毎に切り替え
transition_speed : 1000, // 画像間の切替時間
slide_interval : 3000, // 1枚毎の画像停止時間
slides : [
{ image : '画像URL' } // 画像の追加・削除はここ

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れません。