fc2ブログ

嘘八百のこの世界

ソウルマン

Categoryサム・クック、ソウル・スターラーズ 1/6

  • これも再掲しておきます。サム・クックの冤罪を晴らすために。一人でも多くの人にサムの死の真相を理解してもらうために。一人でも多くの人に「噓八百のこの世界」を理解してもらうために。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・<「噓八百のこの世界」アーカイブ特集>「Mr.Soul サム・クック」ダニエル・ウルフ2002年発売のサム・クックの伝記。ジャーナリストのダニエル・ウルフが書いている。以前この書を...

  • 今日はサム・クックの命日で、昨日はオーティス・レディングの命日でした。よって二人が歌った曲で、サムの死後に発表された歴史的名曲である「A Change Is Gonna Come」を取り上げます。サムがこの曲を完成させたのは、1963年のクリスマス後です。サムがこの曲を録音したのは、1964年1月30日です。サムがこの曲を初披露したのは、1964年2月7日です。サムが嵌められて殺された(と思われる)のは、1964年12...

  • 今日の1曲は、「Nearer To Thee(主よ 御許に近づかん)」です。ウィキより。原曲は元々民謡として以前より存在していたとも言われており、詞は『旧約聖書』創世記28章11節・12節を基に19世紀にイギリスのサラ・フラー・アダムス(英語版)によって書かれた。現在知られている旋律は、アメリカ合衆国の作曲家、ローウェル・メイスンによって書き起こされた「ベサニー(Bethany)」を基にしている。1912年、豪華客船タイタニック号...

  • 今日の1曲は、メイヴィス・ステイプルズとリヴォン・ヘルムの「Carry Me Home」から「Farther Along」です。チャーチ オブ ゴッドの説教者である WB スティーブンスがこの曲の作者になっているようだが、いろんな説があるようで、トラディショナルということでいいのではないだろうか。大まかには「私たちが生きる意味や死んでいく意味は、さらに進む(信仰を深める?)ことで理解できるようになります」と歌っているようです。ゴ...

  • 今日は、サム・クックの命日です。サムの「Basin Street Blues」をアップします。この曲は、スペンサー・ウィリアムズ作曲の、ディキシーランド・ジャズ・バンドのレパートリーとしてよく演奏される曲のひとつです。曲名のベイズン・ストリートは20世紀初期にニューオーリンズのフレンチ・クオーターで悪名高い歓楽街として知られた、ストーリーヴィルの目抜き通りを指す。ベイズン・ストリートが歓楽街になったのは1870年頃である...