ニック・ロウ、ブリンズレイ・シュワルツ、ロックパイル - 嘘八百のこの世界
FC2ブログ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント
月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告
ニック・ロウ、ブリンズレイ・シュワルツ、ロックパイル カテゴリーの記事

「Christmas Can't Be Far Away」Nick Lowe、Eddy Arnold

クリスマスイヴの今日の1曲は、ニック・ロウの「Christmas Can't Be Far Away」です。
メリークリスマス!




ダイダリウス・ブーデロウ・ブライアントによって書かれた、オリジナルであるエディ・アーノルドの1961年のヴァージョンです。






ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「What's So Funny 'Bout Peace, Love, and Understanding」Brinsley Schwarz 、Elvis Costello &Nick Lowe 、Bruce Springsteen、The Strypes

今日の1曲は、ブリンズレー・シュワーツの「What's So Funny 'Bout Peace, Love, and Understanding」です。
ブリンズレー・シュワーツは、若いころのニック・ロウが在籍していたバンドです。


エルビス・コステロ&ニック・ロウのヴァージョンです。


ブルース・スプリングスティーンのヴァージョンです。


ストライプスのヴァージョンです。


今のニック・ロウのヴァージョンです。


<参考記事>
http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-1670.html
ELVIS COSTELLO 2016年コンサート評
「エルビス・コステロが日本の聴衆に本当に伝えたかったことは?」



ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Rose of England」Nick Lowe 、Graham Parker

今日の1曲は、ニック・ロウの「Rose of England」です。
以下のような歌詞が含まれています。

役立たずの息子を見て母親は泣き叫ぶ
「神様 どうかお慈悲を どこでどう間違ったのでしょう
このおなかから出た子らが 銃を手にして倒れるのです イギリスの薔薇のために」


ポップな曲調の中に、ニックは反戦の想いを忍ばせています。



グレアム・パーカーのヴァージョンです。







ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Heart」 Nick Lowe、 Rockpile

今日の1曲は、ニック・ロウの「Heart」です。



ロックパイルのヴァージョンです。
ヴォーカルは、ビリー・ブレムナーです。







ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

ニック・ロウ&エルビス・コステロ ≒ 淀川長治&横山やすし?

「2018年 ニック・ロウ大阪公演 コンサート評」


前置きはさておき(笑)、ニック・ロウのコンサート評を書いておきます。
私の記憶の限り、これまでニック・ロウのライヴを3度は体験している。
今回は、4度目もしくは5度目であるだろう。
いつ行っても安心して演奏を楽しませてもらえるミュージシャンである。
最近書いたCDレビューからけっこう演奏してくれたのも、嬉しかった。

1曲目は、「People Change」である。
2曲目は、「Stop Like Roses」である。
3曲目以降は順番はうろ覚えだが、以下のような曲を演奏した。
「Without Love」「Ragin’ Eyes」「What’s Shakin’ On The Hill」「I Live On A Battlefield」「Cruel To Be Kind」「Heart」「Tokyo Bay」「Has She Got A Friend」「Long Limbed Girl」「I Read A Lot」「House For Sale」etc

私が特に嬉しかったのは、アーサー・アレキサンダーの曲のカバーである「Lonely Just Like Me」を演奏してくれたことである。
ニックは、アーサーが大のお気に入りであるようだ。
できれば同じアーサーの「In The Middle Of It All」も演奏してくれたら最高だったのだが。

後半は、「(What’s So Funny ‘Bout)Peace,Love And Understanding?」
「I Knew The Bride(When She Used To Rock’n’Roll)」で締めた。
アンコールはてっきり「Half A Boy And Half A Man」だと思っていたが、
ロックパイル時代の「WhenI Write The Book」、
そしてラストは何と、エルビス・コステロの名曲「Alison」だった。
何というサプライズだ! ニックが歌う「Alison」は初めて聴いた。
エルビス・コステロの初期のアルバムはニック・ロウがプロデュースしていたので、恐らくニックはこの曲の制作過程にかなり関わっていたのだろう。
それぞれがお互いの曲を自分の曲として歌いこなしているニック・ロウとエルビス・コステロ、この二人はイギリスが誇るポップ・ロック界の最高レベルのミュージシャンである。 

白髪で、黒縁メガネをして、淀川長治に似てきた今のニック・ロウ。
若い頃は黒縁メガネをして、横山やすしに似ていたエルビス・コステロ。
2人が改めてコンビを組めば、ミュージシャン・ユニットとしてだけでなく、
漫才コンビとしても日本で大成功するカモですナ(笑)






ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村