オールディーズ - 嘘八百のこの世界
fc2ブログ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告
オールディーズ カテゴリーの記事

<ロニー・スペクター追悼>「Be My Baby」「Walking In The Rain」「You Baby」𝐓𝐡𝐞 𝐑𝐨𝐧𝐞𝐭𝐭𝐞𝐬

ロネッツのリードシンガーだったロニー・スペクターが亡くなりました。

https://amass.jp/154386/
ザ・ロネッツのロニー・スペクターが死去

2022/01/13

60年代を代表するガールズグループ、ザ・ロネッツ(The Ronettes)のロニー・スペクター(Ronnie Spector)が死去。スペクターの家族は米国時間1月12日未明に彼女の公式サイトにて声明を発表。声明では「私たちの最愛の地球の天使であるロニーは、癌との短い戦いの末、今日、穏やかにこの世を去りました」と書かれています。78歳でした。

以下、家族の声明より

「私たちの最愛の地球の天使であるロニーは、癌との短い戦いの末、今日、穏やかにこの世を去りました。彼女は家族と一緒にいて、そして夫のジョナサンの腕の中にいました。ロニーは、目を輝かせ、元気で、ユーモアのセンスがあり、笑顔を絶やさずに人生を送りました。彼女は愛と感謝の気持ちでいっぱいでした。彼女の喜びに満ちた音、遊び心、そして不思議な存在感は、彼女を知る人、聞く人、見る人の中に生き続けるでしょう。

ロニーは、花の代わりに、地元の女性保護施設やアメリカン・インディアン・カレッジ・ファンドへの寄付をお願いしました。ロニーの人生と音楽を祝う会は、将来的に発表される予定です。この時、家族はプライバシーを尊重していただきたいと思っております」

ロニー・スペクターことヴェロニカ・ベネットは、マンハッタンのスパニッシュ・ハーレム地区で生まれる。彼女は幼い頃から歌い、姉のエステル・ベネット、いとこのネドラ・タリーとともに家族でグループを組んでいた。当初は“ダーリング・シスターズ”と呼ばれていたが、“ロニー&レラティヴス”に改名し、最終的には“ザ・ロネッツ”となった。60年代初頭にはライヴ活動で成功を収める。その後、フィル・スペクターのフィレス・レコードのオーディションを受け、フィル・スペクターが興味を持ち、契約を交わす。1963年に「Be My Baby」がヒット。その後も「Walking In The Rain」「Baby, I Love You」「Do I Love You」などをヒットさせる。ザ・ロネッツは、ローリング・ストーンズやエリック・クラプトンなどのメジャーなロック・アーティストとツアーを行った。ビートルズは1966年の全米ツアーにザ・ロネッツを抜擢。ザ・ロネッツはこれを最後に1966年に解散した。

ロニー・スペクターは、1968年にフィル・スペクターと結婚。フィルは彼女を虐待し、1974年に離婚が確定した。ロニー・スペクターは1990年の回顧録『Be My Baby: How I Survived Mascara, Miniskirts, and Madness』の中で、虐待について告白している。

ザ・ロネッツは2007年にロックの殿堂入りを果たした。




ロニー・スペクターだけでなくロネッツの3人ともチェロキー族の血を引いていたんですね。親近感を感じてしまいました。私はチェロキー族じゃないけれど(笑)
「Be My Baby」「Walking In The Rain」「You Baby」の3曲で追悼します。














ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「I Do Love You」Trish Toledo、Barbara Mason

皆さん、お久しぶりです!?
というほどのことではないかな?
実は、私、ウサギを4羽飼っていまして(厳密には飼っていたですかね)、
お父さんウサギであるメルちゃんが、18日に亡くなってしまったんです。
動かなくなっていたんでヤバいことは分かっていたんですが、テレビで映画を観ていて、途中で観に行ったらもう横になっていて亡くなっていたんです。
最期を看取ってあげられなかったことを後悔しています。
とてもかわいいウサギさんだったんで、とても残念です。
というわけで、プチ喪中をしていたわけです。


今日の1曲は、トリシュ・トレドの「I Do Love You」です。



オリジナルのバーバラ・メーソンのヴァージョンです。








ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

<フィル・スペクター追悼③>「 To Know Him Is to Love Him(会ったとたんに一目惚れ)」Teddy Bears

今日の1曲は、テディ・ベアーズの「 To Know Him Is to Love Him」です。
邦題は、「会ったとたんに一目惚れ」です。
1958年にリリースされたフィル・スペクターの自作で、チャート1位になりました。
結果的に、この3日間は、フィル・スペクターの追悼特集になりました。





ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

<フィル・スペクター追悼②>「Be My Baby」The Ronettes、John Lennon 、Linda Ronstadt、弘田三枝子

昨日フィル・スペクターを追悼したのだが、追悼ついでにもう1曲とりあげます。
やっぱりフィル・スペクターと聞いて連想する曲の1位は、この曲でしょう。
はい、「Be My Baby」です。
この曲はザ・ロネッツが1963年8月に発表した楽曲であり、作詞・作曲はジェフ・バリー、エリー・グリニッチ、フィル・スペクター、編曲はジャック・ニッチェです。
ちなみに、フィルはロネッツのリードシンガーのヴェロニカ・ベネット(別名ロニー・スペクター)と後に結婚しました。
フィルはユダヤ系ですが、ロネッツのヴェロニカとエステル姉妹の母親はアフリカ系とチェロキー族の混血だったようです。
ロネッツのヴァージョンです。



意外な人物がこの曲を歌っていました。
ジョン・レノンのヴァージョンです。
アレンジ変えまくってますね。なかなか歌わないのでインストかと思ってしまいました(笑)


リンダ・ロンシュタットのヴァージョンです。
静かな「Be My Baby」もいいですね。


弘田三枝子のヴァージョンです。





ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Stupid Cupid」「Lipstick On Your Collar」「Everybody's Fool」「Don!t Break The Heart That Loves You」(日本語)「Where The Boys Are」(日本語)Connie Francis

今日は、コニー・フランシスのスペシャルです。
日本のテレビに出演した時の動画です。
曲は、「Stupid Cupid」「Lipstick On Your Collar」「Everybody's Fool」
「Don!t Break The Heart That Loves You」(日本語)「Where The Boys Are」(日本語)です。








ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村