fc2ブログ

嘘八百のこの世界

ソウルマン

Categoryレイ・チャールズ 1/6

  • 今日は、3曲。レイ・チャールズの「From The Heart」「One Mint Julep」「Stompin' Room Only」です。'61年ジャズ名門インパルス社から発表の、クインシー・ジョーンズのアレンジによるJAZZ/SOU名作アルバム「Genius+Soul=Jazz」に収録されています。レイは、ヴォーカル、ピアノ、キーボードを担当しています。Genius+Soul=Jazzポチッと押してもらえると、明日への活力となりますにほんブログ村千葉ロッテマリーンズランキング...

  • 今日の1曲は、1980年の映画『ブルース・ブラザース』より、レイ・チャールズとブルース・ブラザーズの「Shake a Tail Feather」です。この曲は、アザ・ヘイズ (Otha Hayes)、ヴァーリー・ライス (Verlie Rice)、アンドレ・ウィリアムズ (Andre Williams) が共作した歌で、1963年にシカゴを拠点として活動していたザ・ファイヴ・デュ・トーンズ (The Five Du-Tones) によるオリジナル録音は、1988年の映画『ヘアスプレー』のサウン...

  • 今日の1曲は、ジョージ・フェイムの「Get On The Right Track, Baby」です。「正しい軌道で行けよ」と歌っています。この曲は、タイタス・ターナー(May 1, 1933 – September 13, 1984)とレイ・チャールズの共作という説があるが、1956年にタイタス・ターナーがリリースしているので、タイタス・ターナー作だと思われます。タイタス・ターナーは、アメリカ・ジョージア州アトランタ生まれの黒人シンガーソングライターです。...

  • けっこう長かったが、今日でクリード・テイラーが携わった楽曲の特集は終わりです。最後は、レイ・チャールズの「 I'm Gonna Move To The Outskirts Of Town」です。この曲の作者は、William Westley WeldonとRoy Jordanです。リトル・ミルトンのヴァージョンです。アルバート・キングのヴァージョンです。アルバート・キング&スティーヴィー・レイ・ヴォーンのヴァージョンです。圧巻の一言です。目立たないが、バックのベースプ...

  • 今日の1曲は、レイ・チャールズの「I Can't Stop Loving You」です。「今日は感動すべきことがありました」とだけ、お伝えしておきます。だから、「I Can't Stop Loving You」なのです。ポチッと押してもらえると、明日への活力となりますにほんブログ村...