映画音楽・スタンダード・トラディショナル - 嘘八百のこの世界

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告
映画音楽・スタンダード・トラディショナル カテゴリーの記事

「Dust My Broom」Elmore James、Robert Johnson 、ZZ Top、Howlin' Wolf 、B B King 、Freddie King、Albert King 、Taj Mahal 、Johnny Winter 、Gary Moore 、Stevie Ray Vaughan 、KEITH RICHARDS & THE FACES

今日の1曲は、エルモア・ジェイムスの「Dust My Broom」です。


オリジナルのロバート・ジョンソンのヴァージョンです。


ZZトップのヴァージョン(歌詞付き)です。


ハウリン・ウルフのヴァージョンです。


B. Bキングのヴァージョンです。


フレディ・キングのヴァージョンです。


アルバート・キングのヴァージョンです。


タジ・マハールのヴァージョンです。


ジョニー・ウィンターのヴァージョンです。


ガリー・ムーアのヴァージョンです。


スティーヴ・レイ・ヴォーンのヴァージョンです。


最後に、キース・リチャーズ&フェイシズの超レアヴァージョンです。


月曜日の朝から、おもいっきりぶっ飛んでしまいました(笑)
これだけの多くのトップ・ミュージシャンに愛され、歌い続けられる超名曲を生み出したロバート・ジョンソンという人物は、まさにレジェンドの中のレジェンドですナ。




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村



「634-5789」(映画『Blues Blues Brothers 2000』) Wilson Pickett, Eddie Floyd, Jonny Lang、Wilson Pickett、Tina Turner&Robert Cray 、Bruce Springsteen、Otis Redding

今日の1曲は、映画『Blues Blues Brothers 2000 』よりウィルソン・ピケット、エディ・フロイド、ジョニー・ラングのウィルソン・ピケットの「634-5789」です。
旧式のパソコンが時代を語っていますね。
この時代でないと映像化できなかった「史上最高のブルース・ソウル映画」でしょう。



ウィルソン・ピケットのヴァージョンです。


ティナ・ターナー&ロバート・クレイのヴァージョンです。



ブルース・スプリングスティーンのヴァージョンです。



オーティス・レディングのヴァージョンです。






ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「This Little Light of Mine 」Sam Cooke、Brenda Lee、Etta James、 Mavis Staples、Ray Charles 、Bruce Springsteen、Soweto Gospel Choir、

今日の1曲は、「This Little Light of Mine 」です。
この曲は、1920年代にHarry Dixon Loes によって書かれた子供向けのゴスペルソングである。

Sam Cookeのヴァージョンです。


Brenda Leeのヴァージョンです。


Etta Jamesのヴァージョンです。


Mavis Staplesのヴァージョンです。


Ray Charles のヴァージョンです。


Bruce Springsteenのヴァージョンです。


Soweto Gospel Choirのヴァージョンです。




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「I Love You For Sentimental Reasons」Nat King Cole、Ella Fitzgerald、Sam Cooke 、Rod Stewart 、Linda Ronstadt「For Sentimental Reasons」「Tenderly」「The Autumn Leaves」Natalie Cole

今日の1曲は、ナット・キング・コールの「I Love You For Sentimental Reasons」です。



エラ・フィッツジェラルドのヴァージョンです。


サム・クックのヴァージョンです。


ロッド・スチュワートのヴァージョンです。


リンダ・ロンシュタットのヴァージョンです。


ナット・キング・コールの実娘であるナタリー・コールのヴァージョンです。
「Tenderly」「The Autumn Leaves」も。







ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村



「いつも何度でも」木村弓、Nataliya Gudziy

今日の1曲は、映画『千と千尋の神隠し』より木村弓 の「いつも何度でも」です。
この曲は、映画の公開にあわせて2001年7月の発売されています。
「3.11」どころか「9.11」以前なのです。
不思議な歌詞ですが、
なぜか「3.11」を予言していたかのような印象さえ受けてしまいます。
「海の彼方にはもう探さない」という最後の歌詞など・・・
偶然なんでしょうが、
「3.11」後の日本の情景にぴったりと嵌っているように感じます。



ナターシャ・グジーのヴァージョンです。
「広島・チェリノブイリの悲劇・同じ過ちを繰り返してはならない」と彼女は語ってますが、またもやこの日本で「悲劇・同じ過ち」が繰り返されてしまいました。
広島・長崎・チェリノブイリ・東北の人々は、何も「過ち」などしていません。
「過ち」に見せかけた極悪非道な行為を起こされてしまったのです。
真実を理解して声を上げない限り、また同じ「過ち」を繰り返させられてしまいます。








ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

テンプレート説明

このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。
背景はスライドショーになっています。

◎プラグイン説明

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。
←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。
このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

※最上部メニューバーの上に隙間がある方

最上部のメニューバーの上にFC2検索バー用のスペースを設けています。
検索バーを表示しない設定にしている方は、cssの最上部メニュー.MegaMenuの中にあるtop:27pxをtop:0に変更してください。

◎背景スライドショー説明

random : 1, // ランダム 0:オフ 1:オン
transition : 1, // 0:単純画像切替 1:フェード 2~7:移動 8:ページ更新毎に切り替え
transition_speed : 1000, // 画像間の切替時間
slide_interval : 3000, // 1枚毎の画像停止時間
slides : [
{ image : '画像URL' } // 画像の追加・削除はここ

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れません。