映画音楽・スタンダード・トラディショナル - 嘘八百のこの世界
FC2ブログ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告
映画音楽・スタンダード・トラディショナル カテゴリーの記事

「What A Wonderful World 」Louis Armstrong 、Rod Stewart、Stevie Wonder & Gloria Estefan 、Israel Kaʻanoʻi Kamakawiwoʻole、B.B. King

今日の1曲は、ルイ・アームストロングの「What A Wonderful World 」です。
ジョージ・ダグラス(本名ボブ・シール)とジョージ・デヴィッド・ワイスによって作られました。
この曲の歌詞は、私には皮肉にしか感じられませんが、近い将来に悪魔勢力が一掃され、本当の意味での「ワンダフル・ワールド」が到来することを願ってやみません。


ロッド・スチュワートのヴァージョンです。


スティーヴィー・ワンダー&グロリア・エステファンのヴァージョンです。


イズラエル・カマカヴィヴォオレのヴァージョンです。


B.B. キングのヴァージョンです。







ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Blame It On My Youth」Frank Sinatra 、Connie Francis 、Keith Jarrett、Aaron Neville

今日の1曲は、「Blame It On My Youth」です。
この曲は、1934年に、オスカー・レヴァントとヘンリー・ヘイマンによって作られました。
フランク・シナトラのヴァージョンです。


ナット・キング・コールのヴァージョンです。


コニー・フランシスのヴァージョンです。


キース・ジャレットのヴァージョンです。


アーロン・ネヴィルのヴァージョンです。




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村





「パリの空の下 (Sous le ciel de Paris)」Juliette Gréco、Edith Piaf「Under Paris Skies 」Andy Williams、Sam Cooke

今日の1曲は、「パリの空の下 (Sous le ciel de Paris)」です。
この曲は、ドレジャック(J. A. Dréjac)作詞、ユベール・ジロー(Hubert Giraud)作曲です。
1951年のフランス映画『巴里の空の下セーヌは流れる(Sous le Ciel de Paris)』で歌われました。
ジュリエット・グレコのヴァージョンです。


エディット・ピアフのヴァージョンです。


英語版の「Under Paris Skies 」のアンディ・ウィリアムスのヴァージョンです。


サム・クックのヴァージョンです。




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村




「Will You Still Love Me Tomorrow」Carole King 、The Shirelles 、Amy Winehouse 、Norah Jones、Rainbow、Bee Gees 、Linda Ronstadt 、The Four Seasons

今日の1曲は、「Will You Still Love Me Tomorrow」です。
この曲は、作詞ゲリー・ゴフィン作曲キャロル・キングによるものです。
キャロル・キングのヴァージョンです。


オリジナルの1960年発表のシュレルズのヴァージョンです。


エイミー・ワインハウスのヴァージョンです。


ノラ・ジョーンズのヴァージョンです。


レインボーのヴァージョンです。


ビージーズのヴァージョンです。


リンダ・ロンシュタッドのヴァージョンです。


フォー・シーズンズのヴァージョンです。




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村





「My Girl」The Temptations 、Michael Jackson 、Rolling Stones、Phil Collins 、Stevie Wonder 、Al Green 、Aaron Neville、、Otis Redding

今日の1曲は、「My Girl 」です。
スモーキー・ロビンソンとロナルド・ホワイトは、ミラクルズがニューヨークのアポロ・シアターで公演を行っていた頃に「マイ・ガール」を作り、その後デトロイトでレコーディングが行われました。歌詞はロビンソンの妻クローデットにインスパイアされた内容であり、イントロのギター・フレーズは、当時モータウンの専属バンドであったファンク・ブラザーズのロバート・ホワイトが作りました。
歌詞もメロディーも素晴らしいのは言うまでもありませんが、決めてとなるイントロのギター・フレーズを作ったファンク・ブラザーズのロバート・ホワイトの功績は大ですね。
冒頭の「曇りの日に太陽の光を手に入れた」という歌詞は、シンプルだけど心に突き刺さるものであり、この曲を後世に残る名曲にさせた究極の”決め台詞”となりましたね。
私も大好きな1曲あり、大好きなフレーズです。

1964年に発表されたテンプテーションズのヴァージョンです。


幼少時のマイケル・ジャクソンのヴァージョンです。
かわいい声ですね。


ローリング・ストーンズのヴァージョンです。


フィル・コリンズのヴァージョンです。


スティーヴィー・ワンダーのヴァージョンです。


アル・グリーンのヴァージョンです。


アーロン・ネヴィルのヴァージョンです。


最後は、オーティスに締めてもらいましょう。




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

テンプレート説明

このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。
背景はスライドショーになっています。

◎プラグイン説明

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。
←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。
このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

※最上部メニューバーの上に隙間がある方

最上部のメニューバーの上にFC2検索バー用のスペースを設けています。
検索バーを表示しない設定にしている方は、cssの最上部メニュー.MegaMenuの中にあるtop:27pxをtop:0に変更してください。

◎背景スライドショー説明

random : 1, // ランダム 0:オフ 1:オン
transition : 1, // 0:単純画像切替 1:フェード 2~7:移動 8:ページ更新毎に切り替え
transition_speed : 1000, // 画像間の切替時間
slide_interval : 3000, // 1枚毎の画像停止時間
slides : [
{ image : '画像URL' } // 画像の追加・削除はここ

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れません。