ザ・ビートルズ、Jレノン、Gハリソン、Pマッカートニー - 嘘八百のこの世界
FC2ブログ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント
月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告
ザ・ビートルズ、Jレノン、Gハリソン、Pマッカートニー カテゴリーの記事

「The Fool On The Hill」The Beatles、Eurythmics、Sergio Mendes & Brasil 66、The Four Tops、村治佳織

今日の1曲は、ビートルズの「The Fool On The Hill」です。




ユーリズミックスのヴァージョンです。
客席にフォール、リンゴ、オノ・ヨーコがいます。


セルジオ・メンデス&ブラジル'66のヴァージョンです。


フォー・トップスのヴァージョンです。


村治佳織のヴァージョンです。




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「 You Can't Do That」The Beatles 、Diana Ross & The Supremes

今日の1曲は、ビートルズの「You Can't Do That」です。
1964年の曲で、実際の作者はジョン・レノンです。
自分の彼女が他の男と話していることに腹を立てて、「前にも言ったじゃないか。そんなことはしないでくれ。それならもう分かれるしかない」と言い放つ内容の歌詞です。
けっこう嫉妬深い男のようですね(笑)



ダイアナ・ロス&ザ・スプリームスのヴァージョンです。
傘を持って歌っていたんですね(笑)




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「I Feel Fine」「She's A Woman」「Baby's In Black」「Ticket To Ride」「Long Tall Sally」The Beatles

今日は、1965年のNME Awardsからビートルズのライヴをお届けします。
会場は熱気と興奮で溢れかえっており、ビートルズの演奏は最高の出来です。
特にポールのヴォーカルがいい。やっぱホンモノは違う。
私は、ビートルズのベストライヴだと思っています。
曲は、「I Feel Fine」「She's A Woman」「Baby's In Black」「Ticket To Ride」「Long Tall Sally」の5曲です。
後半は表彰式になっており、なんとストーンズのメンバーも登場する。
煙草をくわえて登場するキース・リチャーズに続いて、同じく煙草をくわえてブライアン・ジョーンズが登場する。
ともに演奏したわけではないが、ビートルズとストーンズが同じステージに立つという設定は超レアだろう。








ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Let It Be」 The Beatles 、Ray Charles、Gladys Knight & The Pips

今日の1曲は、ビートルズの「Let It Be」です。
歌詞はあまり好きではないですが、曲としては決して悪くはないと思います。



レイ・チャールズのヴァージョンです。


グラディス・ナイト&ザ・ピップスのヴァージョンです。



多くは語りません。
下記の記事を見てもらえたらと思います。
この頃は、フォールのことは分かってませんでした。
しかし、兆候は感じていたようです。


http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-166.html
バフォメット(悪魔)に身も心もなすがままに
「ポール・マッカートニーが歌う、新世界秩序賛歌!?」




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Yesterday」The Beatles、Ray Charles 、Marvin Gaye

現在、私は「今日の1曲」の下書きをワードに書いています。
通常ブログは下書きを書いてからアップするんですが、「今日の1曲」では初めてです。
何故下書きをしているかと言うと、いつものようにブログに直接「今日の1曲」をアップしようとしていてほぼ完成していたんですが、突然妨害が入ったんからです。画面が真っ白になってしまい、記事が消えてしまったんです。時間が経っても修復しそうになく、さらにはブログの管理画面がピカピカと光ったりして、明らかな妨害を受けたのです。
仕方なくブログを×で消し、どーしようと思ったが、下書きをして書くことにしました。性懲りもなく(笑) たかが「今日の1曲」で下書きとは・・・
アップしようとしていた曲は、ビートルズの「Yesterday」です。偽物フォールのことを少し書きましたから、そのことを「彼ら」の手先は目を光らせているのでしょうか?
ひょっとしたら、「彼ら」にとってはコロナ詐欺のことよりもポールが替え玉に代わっていることを暴かれることの方がヤバイのかもしれません。ブログを書いている途中でこのような妨害に遭うということは、「彼ら」の手先は私がブログに書こうとしている準備段階の文面を見ているとしか思えません。恐らくFC2も「協力」しているのでしょう。
ちゅーわけで、懲りもせずに「予定通り」「今日の1曲」をアップします。



今日の1曲は、ビートルズの「Yesterday」です。
なんでも「世界で最も多くカヴァーされた曲」としてギネス・ワールド・レコーズに認定されているそうですが、「偽物フォールにだけはカヴァーするな!」と言いたいです。偽物フォールは「僕が14歳の時に乳癌で死去した母への想いを歌った曲」と2001年に述べているそうですが、「偽物のくせに知ったような嘘をこくな!」と言いたいです。
1966年のミュンヘンのライヴです。


1965年のニューヨークのライヴです。


やっぱホンモノはいい。
レイ・チャールズのヴァージョンです。


マーヴィン・ゲイのヴァージョンです。


あと何人かのヴァージョンをアップしかけていたんですが、もうこのへんでいいです。疲れました。




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村