ザ・ビートルズ、Jレノン、Gハリソン、Pマッカートニー - 嘘八百のこの世界
FC2ブログ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告
ザ・ビートルズ、Jレノン、Gハリソン、Pマッカートニー カテゴリーの記事

いくら整形等で顔かたちを似せたとしても、人間性というか、人となりを似せることはできません

「「ポール・マッカートニー替え玉説」の再検証」


「「オリジナル「ポール・マッカートニー」は素晴らしいヴォーカリストだった」さんから偽物フォールの利き腕を疑うコメントいただいたので、改めて検証してみました。
ご指摘いただいたのは、この動画のようです。


確かに、フォールは会話の際に右腕ばかりを使っていますね。
どーみても右利きのように感じられます。
次に、最近の動画をどーぞ。


やはり、忙しいのは右腕のようですね。
1977年の動画をどーぞ。
1分30秒ぐらいからでいいと思います。



やはり、右手をよく使いますね。
そして、本物のポールの会話時の動画を調べました。
ともに1964年の動画なので、勿論、本物のポールです。


どちらかと言えば左手を主に使っているようですが、
本物のポールも右手をけっこう使ってますよね。
以上より、「ポール・マッカートニー替え玉説」を検証するにあたり、利き腕だけでは有力な証拠にはならない、と感じました。
しかし、いろんな動画を観て、改めて感じました。

「明らかに別人である」と。

1968年のフォールの動画をどーぞ。


理屈じゃありません。
どう控え目に見ても、1964年の動画のポールと、1968年の動画の人物は、同一人物には思えません。
いくら整形等で顔かたちを似せたとしても、人間性というか、人となりを似せることはできません。
1964年の動画のポールは、ジョークを言いながらも、シャイで控え目な人間性が垣間見えます。
しかし1968年の動画の人物からは、そういった印象が全く感じられません。
以上より、「ポール・マッカートニー替え玉説」は「説ではなく真実である」と、私は判断しました。




<参考記事>
音楽界に友達がいなくて有名でw ギョーカイの人は偽物だとみんな知ってる
「ポール・マッカートニーは1966年に死んでいた?現在のポールは替え玉?」

http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-672.html




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Something」The Beatles、George Harrison 、Elvis Presley 、Frank Sinatra 、Ray Charles、James Brown、

今日の1曲は、ビートルズの「Something」です。
1969年のアルバム「Abby Road」に収録されており、ジョージ・ハリソンの作品であり、代表曲であり、ビートルズのA面シングルに採用された唯一のジョージの作品である。
当然、ヴォーカルもジョージがとっています。


ジョージ・ハリソンのヴァージョンです。


エルビス・プレスリーのヴァージョンです。


フランク・シナトラのヴァージョンです。


レイ・チャールズのヴァージョンです。


ジェームス・ブラウンのヴァージョンです。




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村



「Michelle」The Beatles 、Four Tops

今日の1曲は、ビートルズの「Michelle」です。
この曲は1965年発売の「ラバー・ソウル」の収録されてますので、本物ポールの曲ですね。ポールは1966年に他界してますから



フォー・トップスのヴァージョンです。





ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「We can work it out」 The Beatles 、Stevie Wonder

今日の1曲は、ビートルズの「We can work it out」です。
本物ポールが歌っています。



スティーヴィー・ワンダーのヴァージョンです。
2010年、ホワイトハウスにて。オバマと偽物ファールが客席に・・・




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「He's So Fine」The Chiffons 「My Sweet Lord」George Harrison 、Edwin Star、Billy Preston & Eric Clapton、Boy George 、Nina Simone

今日は、2曲。
まずは、シフォンズの「He's So Fine」です。


何かの曲に似てますか?

はい、ジョージ・ハリスンの「My Sweet Lord」です。


「He's So Fine」の作曲者であるリチャード・セルフは1967年に他界していたのですが、楽曲を管理するブライト・チューンズ社にジョージは訴えられ、敗訴しています。
ジョージはこう語っています。
「何年も前に死んだ彼(セルフ)の会社を引き継いだ会計士たちが、金目当てに僕を訴えている」と。
さらには、「1969年に全米トップ20ヒットを記録したエドウィン・ホーキンス・シンガーズによる18世紀のゴスペルナンバー「オー・ハッピー・デイ」に「My Sweet Lord」はインスパイアされた」と語っています。

音楽界に似通った楽曲は腐るほど存在しています。
こういった特集をやろうかなとも思っています。
ジョージは運が悪かったのか、嵌められたのかもしれませんね。

「My Sweet Lord」のカバーをアップします。
エドウィン・スターのヴァージョンです。


ビリー・プレストン&エリック・クラプトン他のヴァージョンです。
フォールもいる?


ボーイ・ジョージのヴァージョンです。


ニーナ・シモンのヴァージョンです。







ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村




テンプレート説明

このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。
背景はスライドショーになっています。

◎プラグイン説明

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。
←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。
このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

※最上部メニューバーの上に隙間がある方

最上部のメニューバーの上にFC2検索バー用のスペースを設けています。
検索バーを表示しない設定にしている方は、cssの最上部メニュー.MegaMenuの中にあるtop:27pxをtop:0に変更してください。

◎背景スライドショー説明

random : 1, // ランダム 0:オフ 1:オン
transition : 1, // 0:単純画像切替 1:フェード 2~7:移動 8:ページ更新毎に切り替え
transition_speed : 1000, // 画像間の切替時間
slide_interval : 3000, // 1枚毎の画像停止時間
slides : [
{ image : '画像URL' } // 画像の追加・削除はここ

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れません。