XTC、ザ・デュークス・オブ・ストラトスフィア、アンディ・パートリッジ - 嘘八百のこの世界
fc2ブログ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント
月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告
XTC、ザ・デュークス・オブ・ストラトスフィア、アンディ・パートリッジ カテゴリーの記事

「Battery Brides」XTC

今日の1曲は、XTCの「Battery Brides」です。





ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「When You’re Near Me I Have Difficulty」XTC

今日の1曲は、XTCの「When You’re Near Me I Have Difficulty」です。





ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Burning With Optimism's Flames」XTC

今日の1曲は、XTCの「Burning With Optimism's Flames」です。
1980年リリースのアンディ・パートリッジ作の曲です。
「彼女は楽天的な炎で燃えている」
「微笑みさえすれば夜は消えてなくなるのさ」と歌っています。






ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村


「No Language In Our Lungs」XTC

今日の1曲は、XTCの「No Language In Our Lungs」です。
1980年のアルバム『ブラック・シー』に収められたアンディ・パートリッジの曲です。
「我々の肺には言葉がない」と歌っています。
当たり前やん・・・
いや、そのまんまの意味ではなく、「世界に自分の想いが伝えられない」→「自分の言葉を世界に発せられないとはどういうことなんだ」→「本当に伝えるべきことを伝えられないのなら言葉を持っていないのと同じだ」とアンディは訴えているのでしょう。
あくまでも私の意訳ではありますが(笑)
「世界同時詐欺を基にしたファシズム」が蔓延している今の時代こそ、「言うべきことも言わずに奴隷のようにマスクをして服従しているシープルだらけ」の今の時代こそ、アンディの叫びが心に響きます。












ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「The Somnabulist」XTC

今日の1曲は、XTCの「The Somnabulist」です。







ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村