ケルト・ミュージック、ニューエイジ - 嘘八百のこの世界

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告
ケルト・ミュージック、ニューエイジ カテゴリーの記事

「The Booley House」 The Gloaming

今日の1曲は、The Gloamingの「The Booley House」です。







ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村


アカペラだけで聴かせることのできるシンガー KARAN CASEY

「SONGLINES」KARAN CASEY


カラン・ケーシーの1997年のソロ・デビュー・アルバムである。
カランは、1969年生まれのアイルランド南東部のウォーターフォード州出身のシンガーである。1993年に渡米し、ジャズやクラシックを学んでいたが、アイリッシュ伝統音楽への興味が再燃し、マンハッタンのアイリッシュ・パブで歌うようになる。1994年にシェイマス・イーガンとウイニフレッド・ホーランに誘われて、ソーラスに加わる。
本作のプロデューサーもシェイマス・イーガンが務めている。

ソーラスのヴォーカリストとして活躍していた彼女の声に魅かれ、本作を聴いてみたい気になった。ソーラスの作品と比べると、どうしても演奏面においては物足りなさは感じてしまうが、インスト中心のソーラスでは表現できなかった彼女の歌いたかった歌を発表するという目的は成功したと言えるだろう。決して派手さはないのだが、カランの澄みきった透明感のある歌声が、アルバム全体を通して堪能できる。

「Roger the Miller」は、爽やかなフォーク調のポップな曲である。

「She Is Like the Swallow」「Shamrock Shore」は、ともに落ち着いた感じの語りかけるような曲である。

「The Creggan White Hare」は、繊細かつ軽快な曲である。

「The Song of Wandering Aengus」は、弦楽器の印象的な美しい曲である。

「The World Turned Upside Down」は、ドラムの印象的な軽快な曲である。

「One, I Love」は、ほぼ、「An Buachaillin ban」「The Labouring Man’s Daughter」は、完全なカランによるアカペラである。恐らく彼女はこれがやりたかったのだろう。アカペラだけでここまで聴かせることのできるシンガーは、そういないだろう。





評点:70点






ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Rusheen Bay」 Sharon Shannon & Band

今日の1曲は、Sharon Shannon & Bandの「Rusheen Bay」です。







ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Only Time」 Enya

今日の1曲は、エンヤの「Only Time 」です。







ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

最強コンビ(チーフタンズ&カルロス・ヌニェス)が織り成す珠玉の音楽 The Chieftains

「Santiago」The Chieftains


1996年のチーフタンズのアルバムである。
アルバム全体を通してスペイン・ガリシア地方のバグパイプ、ガイタ奏者のカルロス・ヌニェスが参加していることが、最大の特徴だろう。

アルバム冒頭の5曲は「サンティアーゴへの巡礼の旅」という括りの題名が付いて、
組曲のようになっている。

「チャラパルタ」は、スペイン北部バスク地方の古代楽器の名称であり、その音色でスタートする。

「アルク・ダンツァ/アリン・アリン」は、バスクのフリー・ダンスのための楽曲である。ケパ・フンケラのアコーディオン演奏が実にいい。

「ダム・ペイターファミリアス/アド・アナム」は、中世の曲である。巡礼の旅人の間でとても人気があった聖歌である。

「聖歌隊員の決闘」は、パディ・モロニーのユーリアン・パイプとカルロス・ヌニェスのガイタ、アイルランドとガリシアのバグパイプの共演である。圧巻の一言です。

「グアダルーペ」は、ゲスト参加のリンダ・ロンシュタットとロス・ロボスによるデュエットである。メキシコ色が満開のこの曲は、実にトロピカルである。

「ミーニョ・ワルツ」は、マット・モロイのフルートが素晴らしい。

「出帆/ムイネイラ・デ・フレキシド」は、チーフタンズとカルロス・ヌニェスが最初に一緒に演奏した曲である。実に勇壮な曲だ。

「サンティアーゴ・デ・クーバ」と「ガイエギータ/ツタンカーメン」は、キューバで現地のミュージシャンと録音したものであり、ライ・クーダーがマンドーラで参加している。「ティアーズ・オブ・ストーン」は、「男の約束など信用するな」という若き乙女に忠告する意味が込められているという美しい曲だ。

「ダブリン・イン・ヴィーゴ」は、ガリシアの中心都市ヴィーゴにあるダブリンというアイリッシュ・パブでのライヴだ。こちらにも熱気が伝わって来る

11月の日本公演が楽しみである。





評点:100点







ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

テンプレート説明

このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。
背景はスライドショーになっています。

◎プラグイン説明

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。
←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。
このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

※最上部メニューバーの上に隙間がある方

最上部のメニューバーの上にFC2検索バー用のスペースを設けています。
検索バーを表示しない設定にしている方は、cssの最上部メニュー.MegaMenuの中にあるtop:27pxをtop:0に変更してください。

◎背景スライドショー説明

random : 1, // ランダム 0:オフ 1:オン
transition : 1, // 0:単純画像切替 1:フェード 2~7:移動 8:ページ更新毎に切り替え
transition_speed : 1000, // 画像間の切替時間
slide_interval : 3000, // 1枚毎の画像停止時間
slides : [
{ image : '画像URL' } // 画像の追加・削除はここ

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れません。