不正選挙・不正政治 - 嘘八百のこの世界
FC2ブログ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント
月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告
不正選挙・不正政治 カテゴリーの記事

国民は選挙で敗れた共産党の立候補者が敗れたにもかかわらず選挙後も“普通に”生活していることに疑問を持つべきである

「嘘だらけ不正だらけのこの国の不正選挙・不正政治あれこれ」


嘘だらけ不正だらけのこの国で、まともな選挙が行われているはずがないことは言うまでもない。嘘だらけ不正だらけのこの国の不正選挙・不正政治を改めて振り返ってみる。

まずは「選挙実施の前段階が不正であり嘘八百だ」という話である。
政党間対立自体が不正であり嘘八百だ」という話である。
「自民党と異神がグルだ」ということは言うまでもない。
さらには「自民党と共産党がグルだ」ということも言うまでもない。
国民は全く意味のない「右と左の対立ごっこ」に踊らされてはならない。
「すべてが芝居である」ことに気づかなければならない。
芝居に莫大な血税が使われていることに気づくべきである。
国民は選挙で敗れた共産党の立候補者が敗れたにもかかわらず選挙後も“普通に”生活していることに疑問を持つべきである。
選挙で敗れた共産党の立候補者さんに訊きたい。

選挙に負けてもあなたは生活に困らないんですか?

どこから生活費を出してもらってるんですか?

共産党じゃなくて自民党からですか?

どちらも表看板が違うだけの同一組織なんですか?

初めから「負ける役割」で芝居に参加しているんじゃないのですか?





(植草一秀の『知られざる真実』)さん
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2019/04/post-806d.html
2019年4月 8日 (月)
やはりプロレス興行だった大阪ダブル選

4月7日に投開票日を迎えた統一地方選第一弾は懸念していた通りの結果になった。

注目された北海道知事選、大阪ダブル選、浜松市長選で、安倍内閣が望む結果がもたらされた。

知事選で唯一の与野党対決になった北海道では前夕張市長の鈴木直道氏が当選した。

元衆議院議員の石川知裕氏は敗北した。

大阪では維新の候補が知事選、市長選で勝利した。

自公は独自候補を擁立したが敗北した。

浜松市では水道民営化を推進してきた鈴木康友前市長が再選を果たした。

統一地方選第一弾の最大のポイントは投票率が極めて低かったことだ。

4月7日午後9時半時点での毎日新聞社集計では、

11道府県知事選の投票率平均が、2015年に続いて50%を下回り、過去最低を更新する可能性が高いとのこと。

41道府県議選も軒並み低調で、過去最低だった前回15年の45.05%を下回る可能性があるとのことだ。

政令市長・市議選も低い水準にとどまった。

政治を私物化している既得権益勢力は、投票率が限りなく低くなることを望む。

その一方で、我が陣営からは一人の棄権者も出さないように努める。

自陣営の全員参加と、限りない投票率の低下推進。

これが彼らの勝利の方程式である。

メディアは有権者が政治に関心を持たぬよう情報工作を展開する。

同時に、既得権勢力の優勢を伝える。


このことによって、反既得権勢力陣営の主権者の投票意欲を削ぐ。

実際に投票率が下がれば、自陣営が勝利し、事前に流布した既得権勢力優勢の情報流布と齟齬を来さない。

大阪ダブル選は「プロレス興行」の可能性が高いと指摘してきたが、この推察は間違っていなかったようだ。

自民党の二階俊博氏が維新に対して「いささか思い上がっているのではないか」と述べて、独自候補を擁立したが、そもそも勝利を狙っていなかったと考えられる。

自公は維新の勢力挽回を手助けしたのだと思われる。

自民党の一部を割り、維新勢力、国民民主の一部と結合させて、第二自公を創設する準備作業が始動したのではないか。

自公と第二自公による二大勢力体制を構築すれば、日本の既得権勢力は安泰になる。

米国の共和、民主二大政党体制と類似した政治体制が確立されることになる。

安倍内閣は、憲法改定に突き進むには、維新および国民民主との連携が有効であると判断していると見られる。

維新と国民民主の一部、さらに、先に創設された希望は、自公と水面下、あるいは水面上でつながっている。

この勢力が動き始める可能性が高い。

自民党の二階俊博幹事長は、こうしたことを計算に入れて、大阪ダブル選を仕切ったのだと思われる。

維新と敵対した演出を施したが、実際には敵対していない。

本当に勝利をもぎ取りに行く候補者擁立を行っていないことが何よりの証拠だ。

野党陣営の結束力の弱さも北海道、大阪での敗因のひとつだ。


浜松では水道民営化を推進してきた前市長が、選挙に際して水道民営化を一時的に凍結した。

しかし、選挙が終われば水道民営化に突き進む可能性が高い。

安倍政治の選挙の乗り越え方は、

第一に低投票率推進

第二に野党分断作戦

である。

新元号発表をはさみ、政治問題への関心を低下させることに成功した。

もう一つ、選挙では、何より候補者が重要だ。

有権者の心を掴める候補者を擁立しなければ、体制だけでは勝利できない。

そして、選挙結果を生んだ最大の要因は、主権者の姿勢だ。

主権者が全員参加しなければ、主権者が望む方向に政治の現状を変えようがない。

道府県議選では、945の選挙区のうち、39%にあたる371の選挙区で612人が無投票当選になった。

野党勢力が疲弊し切ってしまっている。

既得権勢力の思うつぼになり始めている。

野党陣営の全面的な刷新が強く求められる。





婦女暴行犯罪歴があってヤ○ザとの関係が噂されている人物を市長や知事に「選ぶ」ほど大阪人はバカじゃないと思いますけどね。



https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=115331
自民党関係者からの超ド級の爆弾情報③ 〜松井・大阪府知事(おおさか維新)の秘密暴露と笹川・小池・神戸Y組との繋がり〜

2016/08/09 1:35 PM

先の都知事選において、小池都知事の背後には笹川財団がいて、笹川堯氏も小池氏の選挙応援に駆けつけていましたが、ある情報によると松井一郎大阪府知事がその仲立ちをした可能性が指摘されています。また、前回の記事で小池氏の背後に「おおさか維新と神戸Y組、笹川(右翼)」がいることが指摘されていました。
 今回の記事では、松井府知事の秘密と笹川良一との関係性が暴露されています。松井府知事の父親は、笹川良一の直系の子分で、"払い下げの豪華なキャデラック"を乗り回すほどだったようです。松井府知事は高校在学中に傷害事件を起こしてしまい、その際、父親のコネで笹川良一が理事をしていた福岡工業大学附属高校に特別枠で編入しています。
 "続きはここから"以降の情報によると、この傷害事件とは「強姦」だったとのことこれが本当なら"鳥越さんの女性スキャンダルどころの話ではありません"。その上、不正選挙で府知事になった可能性が極めて高いです。
 最後の赤字部分ですが、小池氏(神戸山口組と笹川右翼)と維新グループが結託して、東京の既得権益(利権)を山口組から神戸山口組の方に振り替えようとしていることが指摘されています。確かに、小池氏は、これから「都議会のドン」こと内田茂氏に切り込んでいくことが予想されます。そして、内田茂氏は山口組と親しかったようです。また、オリンピック利権にも斬り込んで行くようですが、JOC副会長と山口組組長が仲良く写っている写真が既に流出しています。
 こうした裏社会の利権争いのために選挙や政治が乗っ取られてはたまりませんが、ただ"小池を支持する背後グループは天皇陛下側についている"ということもあり、国民にとってプラスになる働きをしてくれる可能性があると思います。しかし、利権目的のために天皇陛下側についているなら、いずれ馬脚を現すことになるのではないかと思います。望むのは、すべてを告白した上で、和解し、まともな社会にしていくことです。




道理で松井が元ヤ○ザの議員を処分できない(するつもりもない)はずです
中間開票速報もしなくなったようです。



(国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」)さん
https://archives.mag2.com/0000154606/20190408005956000.html
<北海道・大阪知事選市長選の隠ぺい>マスコミの当選虚偽報道と国策選挙会社の中間開票速報の隠ぺい
2019年04月08日

<北海道・大阪知事選市長選の隠ぺい>マスコミの当選虚偽報道と国策選挙会社の中間開票速報の隠ぺいに抗議せよ
北海道知事選一切開票速報をやらず隠ぺい中
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/hs/H31chijidogi/sokuho/ippan/chiji.htm

札幌市だけ中間開票速報を実施
現在まったくの互角

国策選挙会社ム○シグループのプランズハ○ス社が請け負っている

大阪府選挙管理委員会の中間開票速報は、

21時45分からの 大阪府知事選挙 中間開票速報も 大阪市長選の中間開票速報も
一切 やっていない。現在24時52分である。


うしろめたいからだろう。

また北海道知事選の中間開票速報も一切行われていないのだ。

契約では21時45分からの中間開票速報を実施となっているにもかかわらず。


そして今、またバーコード不○がおこなわれようとしている。開票所へ急げ。

まだ選挙は、これからが本番なのだ。





またも得票がゼロとなった人物が出たようです。
昭恵の応援団の子分のわりには優遇されてはいないようですナ。
それとも、またもやヤラセなんですか?



https://www.youtube.com/watch?v=9tfOGq2R_c4





タイでは国民が不正選挙を糾弾しているようですが、この国では・・・



https://www.chunichi.co.jp/s/article/2019033101002143.html
2019年3月31日 23時18分

タイ、不正選挙と学生ら抗議 投開票から1週間

【バンコク共同】タイの首都バンコクの数カ所で、24日の下院総選挙から1週間を迎えた31日、選挙が公正に行われなかったとして学生や市民らが抗議集会を開いた。約5年ぶりの民政復帰のための総選挙を巡っては、ソーシャルメディアなどで不正を指摘する声が出ている。
 学生など若い世代が中心となった集会には約150人が参加。主催者側が「不正選挙はいらない」「選挙管理委員会のメンバーは辞任しろ」などと叫ぶと、「私たちの声を尊重しろ」などと書かれた紙を手にした参加者から歓声が湧いた





不正選挙が行われるのかどうかわかりませんが、法案自体が不正というか狂っています。
何が「ユダヤ人国家法」だ!お前らはユダヤ人でさえないじゃないか!
とても他国のこととは思えません。
このままではこの国でも「日本人を装った外国人」によって「朝鮮人国家法」が成立してしまうかもしれません。
「日本人を装った外国人」がグルとなって行う不正選挙によって・・・
なにせ「日本人を装った外国人」によって傀儡支配されている国なんですから・・・






https://www.tokyo-np.co.jp/article/world/list/201904/CK2019040802000184.html
あすイスラエル総選挙 ユダヤ人主義の新法が争点 アラブ系住民、反発
2019年4月8日

イスラエルの総選挙(国会定数一二〇、比例代表制)が九日、実施される。争点の一つになっているのが、昨年七月にネタニヤフ首相(69)率いる右派が制定した「ユダヤ人国家法」だ。新法はユダヤ人だけが民族自決権があると規定。具体的にユダヤ人以外の参政権などを制限する条項はないが、国民の約二割を占めるアラブ系住民には戸惑いと反発が広がっている。 (イスラエル北部ハイファで、奥田哲平、写真も)
 「この法律は私の国籍を奪ったようなものだ。イスラエルに住んでいるだけで、国民じゃないといわれていると感じる」。イスラエル北部ハイファ近郊に暮らすアラブ系のイスラム教少数派ドルーズ派の会社経営サアブ・アンワールさん(51)が憤慨する。
 独自の教義を持つドルーズ派は人口の1・6%(十四万人)。イスラム教の中でも異端視され、歴史的な経緯からアラブ系の中で唯一兵役に就く。アラビア語が話せるため、パレスチナ自治区との境界に配置されることが多く、「国に尽くしている」との誇りが強い。アンワールさんも六年前まで二十七年間イスラエル軍に勤めた元准将だ。
 退役後も無人機の製作に携わる企業を経営するなど、軍との関わりは今も深い。二〇〇九年以来続くネタニヤフ政権は「軍事的、経済的に大国並みになった」と評価するが、ユダヤ人とそれ以外の国民の分断を助長したと批判的だ。「買い物に行ってアラビア語を話すと、周りは飛び上がるように驚く。アラブ人は化け物じゃないのに…」
 ネタニヤフ政権率いる与党リクードの法制定の狙いは右派の政権基盤固め。だが、ドルーズ派には従来リクード支持者も多く、「裏切られた」との声が漏れる。イスラエル北部ラミに暮らす社会福祉士ワリード・ラティフさん(54)は「選挙結果で現政権を罰しなければならない」と左派系政党に投票するつもりだ。
 一方、ほかのアラブ系住民には投票忌避の動きが広がっている。だが、政治評論家ワディア・アワウデ氏(55)は「アラブ系の投票率が50%程度に下がれば、結果的に右派の議席が増え、ネタニヤフ氏を助けることになる」と指摘する。アラブ系政党が二つに分裂した影響もあり、現国会で第三勢力(十三議席)だったアラブ系は世論調査で、十議席前後に減る見通しだ。候補者の一人イマーン・ヤシーンさん(55)は選挙集会で「ボイコットせず、怒りを行動で示してほしい」と訴える。
<ユダヤ人国家法> 憲法のないイスラエルで、一般法の上位に位置付けられる基本法の一つとして制定された。イスラエルは「ユダヤ人の歴史的な郷土」とし、公用語からアラビア語を外し、ヘブライ語のみと定めた。東エルサレムを将来の独立国家の首都と位置付けるパレスチナに対し、東西エルサレムを「首都」と明記した。ユダヤ人入植地推進も掲げた。宗教や人種の平等をうたった1948年の独立宣言に反するとの指摘も根強い。







ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村



「日本の全原発の管理会社がイスラエルのマグナBSPである」ということを知っているのか?知っているのなら「自国の生命線である原発管理を外国企業に任せていることは信じがたい暴挙であるし看過することはできない」と思わないのか?」と、山本太郎に言いたい。

「山本太郎VS内海聡?」



山本太郎が日本母親連盟という団体の講演会に参加して、主催者である日本母親連盟を徹底的に叩いたようである。
その動画と、これをまとめた記事のリンクを貼っておく。






https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190228-00186874-hbolz-soci
山本太郎氏、日本母親連盟を支持者の面前でぶった斬り!
2/28(木) 8:33配信



思ったことをはっきりと発言しない煮え切らない政治家が多い中で、山本太郎はやはり違っていた。
思ったことを十二分に話していた。
それも綿密に資料を調べ上げ、論理的にスライドを使って分かりやすく説明していた。
大したものである。主催者である日本母親連盟も、自ら招いた講演者にここまでぶった切られるとは思わなかったことだろう(笑)
しかし私は100%山本太郎の話が正しいと言っているのではない。
「オカシイ」と感じるところも多々あった。
それは、自分の知識がないことは棚に上げておいて日本母親連盟の活動がさもカルトであるかのように聴衆に思わせるように語っていたことである。
以下、具体的に指摘する。


日本母親連盟が東日本大震災をアメリカがやった人工地震だと指摘しているところ

日本母親連盟がどこまで人工地震に踏み込んでいるかは知らないが、震災時に「トモダチ作戦」で救助活動をした米空母ロナルド・レーガンの乗組員が被爆していることを日本母親連盟は語っているらしく、リチャード・コシミズの主張に近いものであるようだ。
犯人はアメリカというよりも国家を私物化した「彼ら」だと私は思っているが・・・
ほとんどのシープルは、「人工地震なんてトンデモだ」と思っているだろう。
自分で何一つ調べていないくせに。
「そのようなシープルの無知に付け込み、自分自身もよく人工地震や原発テロのことをよく調べもしないで「人工地震なんてありえない」かのように思わせぶりな話をした山本太郎の方が余程にトンデモである」と言いたい。
さらには「日本の全原発の管理会社がイスラエルのマグナBSPである」ということを知っているのか?知っているのなら「自国の生命線である原発管理を外国企業に任せていることは信じがたい暴挙であるし看過することはできない」と思わないのか?」と、山本太郎に言いたい。


日本母親連盟がワクチンや健康診断に反対しているところ

この点については私は日本母親連盟の主張に賛同する次第だが、「常識」のない山本太郎は賛同できないようである。
ワクチンや健康診断についてはこれまで何度も書いているので読者の方はこれらの真実は「常識」としてご理解されていると思いたいが、いまだに「常識」をお持ちでない方がここにおられるようならば、過去記事を見てもらいたい。
かといって、ホメオパシーがいいなんて一言も言ってませんよ(笑)


日本母親連盟が児童相談所の問題点を指摘しているところ

児童相談所の問題についても過去に記事にしています。
山本太郎は「親の虐待と児童相談所の問題は別だ」と語っているが、確かにその通りである。
そうであるならば、親の虐待だけを問題視するのではなく児童相談所の問題(親の虐待を見すごしているという問題じゃありませんよ)をちゃんと調べるべきであり、その問題点を大々的に取り上げるべきである。もし児童相談所に何も問題がないと判断したのならば、「児童相談所を問題視する指摘の方が問題だ」と根拠を上げて説明するべきである。



こんなことを書いたら私が日本母親連盟を擁護していると勘違いする人がいるかもしれないので言っておきますが、そんな気持ちはサラサラありません。
山本太郎の指摘で評価できるのは、この団体と日本会議の関係を指摘したことである。
日本母親連盟は日本会議と無関係であることを証明するべきである。
少なくとも日本会議との関係が疑われるような人物を代表者にするべきではない。
9条を含めた憲法改悪についても賛成か反対かを明らかにするべきであり、曖昧模糊にするべきではない。
この立場を明確にしない限り、日本会議との関係を疑われても仕方ないだろう。
山本太郎の講演後に日本母親連盟の代表が「日本を変えたい」との主張を述べていたが、政治的思考を明確にしていない団体に日本を変えられるほど恐ろしいことはない。
国民主権、基本的人権、平和主義をなくさなければ本当の自主憲法にはならない」という危険思想を基にしたファシズム国家に日本を「変え」ようとしていると思われても仕方ないだろう。
内海聡は日本母親連盟と関係している(創設者?)らしい。
こういった疑惑が出てしまった以上、内海聡は日本会議との関係を疑われても仕方ないだろう。
内海聡はこの疑惑を否定するのならば、自分は無関係であることを根拠を上げて説明するべきである。
ひょっとしたら内海聡は日本会議勢力に嵌められたのかもしれないが・・・

これまで当ブログでは山本太郎も内海聡も肯定的に紹介して来た。
両名とも基本的には「彼ら」と戦っている信用出来る人物である、と。
その気持ちは今も変わっていない。
しかし、どのような人物でも(私も含めて)その主張を鵜呑みにしてはいけない。
その人物の主張が正しいか否かは、自分の頭で冷静に考えることが必要である。

山本太郎に言いたいことをまとめておく。

原発や安倍や日本会議を叩くのはいいが、人工地震やワクチン詐欺や医療詐欺や児童相談所のことをちゃんと勉強しろ、と。

内海聡に言いたいことをまとめておく。

ワクチン詐欺や医療詐欺や児童相談所を叩くのはいいが、日本会議と関係しているような人物を代表者にしたような会と関係して悦に入ってるんじゃないよ、と。






ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

レーダー付近では『鳥が焼き鳥になる』ほどエネルギーが強いのです

「アホノミクスの目的は、日本民族絶滅である」


アベノミクスかアホノミクスか知らないが、安倍のやっていることは日本民族にとって百害あって一利なしであることだけは間違いない。
はっきりと言っておきます。

「アホノミクスの目的は、日本民族絶滅である」と。

テレビはメーソン嵐の解散報道や嘘かホントか分からない児童虐待のニュースなどの“どーでもいいニュース”ばかりをしきりに取り上げて、国民を痴ほう状態においておくことに懸命である。
国民は長年にわたってせっせと貯めた年金資金を“詐欺同然の株投資”によって盗まれ、汗水働いた労働賃金を基とした血税を“全く必要のない武器兵器”の購入費として問答無用に使われてしまう。
さらには電磁波による健康被害や得体のしれない放射能被害にもさらされ、命までむしり取られようとしている。
何度でも言っておきます。
「「信じる者は救われる」のではなく「信じる者は殺される」」と。
テレビ・新聞という名の「宗教」による洗脳工作にご用心ご用心!




https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/246794
年金運用で過去最大損失 GPIFで14.8兆円が溶かされていた
2019/02/02 14:50 

どう落とし前をつけるつもりなのか。

 公的年金を運用する「年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)」が1日、2018年10~12月期の運用実績を公表。なんと14兆8039億円の赤字だった。利回りはマイナス9.06%。7兆8899億円の赤字を出して大問題になった15年7~9月期を大きく上回る過去最大の損失額だ。GPIFが抱える150兆円資産の約1割が、わずか四半期で消えてしまった。

最大の要因は、アベノミクスの一環として、14年10月にポートフォリオの見直しを行ったことです。国内株と外国株の比率をそれぞれ12%から25%に引き上げ、巨額資金を株式市場に振り向けた。それで株価は2万円台に上昇しましたが、GPIFの資産が市場の変動の影響をモロに受けるようになってしまった」(経済評論家・斎藤満氏)

 18年10~12月期の赤字は国内株と外国株の巨額損失によるもので、国内債だけは4242億円の黒字。安倍首相の号令で株式の比率を上げなければ、15兆円もの損失は出ていなかったのだ。



(リテラ)さん
https://lite-ra.com/2019/02/post-4523.html
トランプに「武器を買え」と迫られ購入のイージス・アショアは2350億円! 健康被害や経済損失に懸念も安倍政権は住民軽視
2019.02.02

安倍政権が2023年度の導入を推し進めている、地上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」。先月29日には、米国務省がイージス・アショア2基の日本への売却を承認。関連費用を含めた価格は約2350億円と発表された。トランプ米大統領は昨年9月26日、安倍首相との会談後の記者会見でこう述べている。
「私が『日本は我々の思いを受け入れなければならない。巨額の貿易赤字は嫌だ』と言うと、日本はすごい量の防衛装備品を買うことになった」(朝日新聞より)

本サイトでも以前からお伝えしてきたように、安倍首相からトランプ大統領への“貢物”の最たるものがこのイージス・アショアの購入であるわけだが、当初は1基あたり800億円とされていた。目を疑うような価格高騰だ。
 しかも、発表された「2350億円」は発射装置や施設整備の費用を除いた金額なのだから、騙されてはいけない。現に、防衛省は昨年7月末、イージス・アショア2基の配備費用が総額約4664億円となる見通しと発表している。だが、これもまた「つくりました、はい終わり」では済まない。イージス・アショアが搭載する新型迎撃ミサイル「SM-3ブロック2A」(1発あたり40億円前後)や建屋などの施設整備費が重なり、〈基地建設費なども含めれば8000億円近くに達する見込み〉(「週刊朝日」18年11月9日号/朝日新聞出版)とも言われている。
 さらに、前陸上自衛隊武器学校長の市川文一氏は、〈アショアの維持管理費が将来、想定以上に膨らむ可能性が高い〉(「週刊新潮」18年11月8日付/新潮社)と指摘している。市川氏によれば、ソフトウェアの更新等の維持管理費は導入時には最低限の費用で見積もられるが、そこには〈故障した場合の修理費、システム全体が新しくなった場合のバージョンアップ費用は、事前に見積もることができないので含まれない〉という。
 ようするに、米国にふっかけられたイージス・アショアには無茶苦茶なカネがかかり、その運用にもじゃぶじゃぶと血税が投入され続けるのが目に見えているのだ。
 しかも、問題は費用だけではない。元海上自衛官で軍事評論家の文谷数重氏が、本サイトの取材に対してこう解説する。
「安倍首相は、イージス・アショア配置の“必要性”として北朝鮮の弾道ミサイルの存在をあげてきました。ですが、周知のように南北、米朝関係は和平ムードに好転。弾道弾発射が途切れ、国際圧力は緩和し、経済改善の目が出はじめたなか、その“必要性”は薄れています。そもそも日本はイージス艦を7隻持っており、これはアショアとほぼ同性能です。アショア配備が多少遅れても、ミサイル防空に穴はあきませんから、住民の反発を無視して急がねばならない理由もなくなりました。少なくとも、計画の不適切な部分は見直すべきでしょう」

https://lite-ra.com/2019/02/post-4523_2.html
・・・・・(中略)・・・・・
加えて大問題なのが、イージス・アショアが発する電磁波の存在だ。施設からは大出力の新型レーダー「SSR」からの電磁波が発せられ、それによる健康被害や電波障害、ドクターヘリ運用への弊害などに住民から懸念の声があがっている。政府は近く秋田市と萩市で電波の影響調査を実施するとしているが、なぜかイージス・アショアに搭載予定のSSRではなく、それよりも出力の小さい陸自の対空レーダーを使うという。SSR実機での調査は配備地として決まった後で行う予定だ。住民軽視にもほどがあるだろう。

電波の影響はありますよ。だからこそ、イージス艦は陸地から離れてから電波を出す約束となっていますし、そのときは危険防止のため乗員を屋外には出しません。ドクターヘリへの影響は、米軍のXバンドレーダーでも示されているとおりで、輻射によって飛行機が飛べなくなるため、急患時は実際に輻射を停止しています。レーダー付近では『鳥が焼き鳥になる』ほどエネルギーが強いのです。その点、日本のアショア配置の候補地は最悪でしょう。秋田市の陸上自衛隊新屋演習場は、住宅地まで最短で1kmもなく、秋田県庁までは3kmほど。その上、市街地大部分が半径5km以内に入ります。山口県の場合、設置候補は萩市にある演習場ですが、隣の阿武町のほぼ全体がレーダーの捜索範囲に晒されることになります。健康被害への不安は当然です」(前出・文谷氏)




http://www.asyura2.com/18/genpatu50/msg/846.html
[緊急・注意喚起] 関東以西の線量が急上昇 鼻血続出 大量の放射能漏れか 汚染源は東海村か
投稿者 魑魅魍魎男 日時 2019 年 2 月 02 日 07:32:48

[引用] 「ただ今の空間線量 ホワイトフード」 news.whitefood.co.jp/radiationmap
一昨日あたりから、関東以西の線量が跳ね上がっています。
(原子力規制庁の各モニタリングポストのデータですが、現在は下がっており、
あわてて隠ぺい改ざんした可能性があります)
また、おそろしいことに、ここ数日、鼻血を出す人が続出しています。
放射性物質、とくにアルファ核種を吸い込んで鼻の粘膜に付着すると鼻血の原因となります。
(普及型の線量計はアルファ線に反応しません)
情報源は不明ですが、1月30日に千葉沿岸部で黄色い粉が降ったという話もあります。
この寒い季節に花粉が舞うわけはありません。
どこからか放射性物質が大量に漏れたことはほぼ確実でしょう。
1月30日に東海村で放射性物質漏洩を知らせる警報が鳴る事件がありました。
外部への漏洩はないと報道されましたが、実はウラン、プルトニウムが大量に漏れたのでは
ないでしょうか?

しばらくの間、なるべく外出は避け屋内にとどまったほうが安全です。窓も開放しないことです。
放射性物質を体内に取り込まないよう、十分、御注意下さい。




詳細はリンク先を見てください。



ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

自国が借金まみれだというのなら、ぬけぬけとODAなどと余裕こいてるんじゃないよ!

「これこそ陰謀論ではなく国家の陰謀なのです」



http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/list/201810/CK2018101602000140.html
消費税10%表明 高齢者、年金抑制の恐れ
2018年10月16日 朝刊

 安倍晋三首相は十五日の臨時閣議で、消費税増税の目的は「全世代型社会保障制度」への転換と「財政健全化」の両立だと説明した。消費税増税の目的は政治状況によって変わる側面があり、今回は全世代型社会保障改革を打ち出した。だが、全世代という言葉と裏腹に、年金受給開始年齢の引き上げなど、高齢者へのしわ寄せが懸念される。財政健全化も進んでいない。
 消費税増税分の使い道は二〇一二年、与党の民主党と野党の自民、公明両党が合意した「社会保障と税の一体改革」で決定。少子高齢化で膨らむ社会保障費に充て、将来世代の負担を軽くするため国の借金返済も着実に進めるとした。
 10%への引き上げによる増収は、約五兆六千億円と見込まれる。もともとの使い道は、社会保障と借金返済が「一対四」とされた。しかし安倍首相は昨年十月の衆院選で、増税分の使途を変更し、教育無償化などに充てると表明。政策経費と借金返済の比率は「一対一」へと変わった。
 この使途変更と二度の増税延期により、財政健全化は足踏み。政策に必要な経費を税収で賄えているかを示す「基礎的財政収支」(プライマリーバランス)を黒字化する政府の目標は、二〇年度から二五年度へと変更されている。
 全世代型社会保障改革はこの延長線上にあり、教育無償化に、高齢者向けの社会保障などを組み合わせた内容だ。具体的には、増税分の使途変更と経済界の負担で二兆円規模の財源をつくり、幼児教育・保育の無償化などに充て、子育て世代への支援を充実させる。
 一方、高齢者向けには、企業に雇用継続を義務付ける年齢を現行の六十五歳から引き上げ、社会保障の「支え手」側に回ってもらう。首相は原則六十五歳の年金受給開始年齢について、七十歳超も選べる制度改革にも意欲を示す。財務省は支給開始年齢の一律引き上げを提案している。
 これらによって、高齢者の社会保障費を抑制する狙いがある。しかし、働きたくないお年寄りにとって負担感が増すのは否めない。 (渥美龍太、中根政人)




「消費税も上げられて年金も抑制されてしまう。腹立つけど、財政が厳しいからしゃーないんかな」なんて、こんなニュースを見て「納得」させられていませんか?
まぁ、当ブログにご訪問いただいている皆さんには、このような“お人よし”はおられないと思いますが(笑)
全ては、国民を人間扱いしていない国家詐欺なのです。
消費税なんて上げなくても、財源は十分にあるはずなのです。
その最大の証拠が、国民にその存在をひた隠しにしている特別会計という名の裏会計の存在です。
潤沢な財源があるにもかかわらず、国民には「財源がない」とか「社会保障を充実される為」だとか嘘八百の”でまかせ口実”を信じ込まさせ、国民に「仕方ないか」と思わせる国家詐欺なのです。

これこそ陰謀論ではなく国家の陰謀なのです。

この国家詐欺を推進しているのは、安倍やアホウだけではなく、マスゴミ・御用学者・芸能人等のチーム・イルミナティの連中です。
国に財源がなくて借金だらけだと言うのなら、アメリカの兵器を大量に買うんじゃないよ!
北朝鮮や中国の脅威などすべてがヤラセの演出であり脅威など元から存在して無いくせに、アメリカの兵器を大量に買う必要がどこにあるんだ!
自国が借金まみれだというのなら、ぬけぬけとODAなどと余裕こいてるんじゃないよ!
ODAという名目で、発展途上国にジャブジャブ湯水のように国民からむしり取った税金を差し上げてどーするんだ!

これに対して何も文句を言わない野党、お前らは安倍とグルなのはチョンバレだ!

国家にむしり取られるのはカネだけじゃないよ。
憲法改正という名の憲法大改悪を行うことで国民の命も再びむしり取るつもりなんだゼ!
マスゴミや御用芸能人も一緒になって国民を騙しにかかっている。
これらは全て「彼ら」の指示命令系統の下に実行されているオペレーションであることは、言うまでもありません。
白痴製造機で子供のころから洗脳され、自分が洗脳されていることにも気づかない国民は、またもや命を奪われてしまうよ。
当ブログの読者の方はこのようなこの世界のシステムを理解されているだろうから、このような知識は「常識」としてご理解いただいていると思うが、何も知らない周囲の人に教えてあげてください。真実を。
今なら、まだ間に合うかもしれませんから・・・




http://parstoday.com/ja/news/japan-i48723
日本、アメリカから戦闘機62機を購入
2018年10月14日20時22分

日本防衛省が、防衛力の強化のため、今後数年でアメリカからF35戦闘機20機をはじめとする戦闘機62機を購入する意向だと発表しました。
ジャパントゥデイが14日日曜、伝えたところによりますと、日本は、中国の脅威や領空侵犯に対して防衛力を強化する目的で、これらの戦闘機を5年に渡って購入する予定です。
日本防衛省は先ごろ、「航空自衛隊の戦闘機は、この半年に、中国機に対して345回のスクランブル・緊急発進を行った」と発表しました。
この報告によりますと、航空自衛隊の戦闘機が中国機に対して緊急発進を行った回数は、前の年の同じ期間に比べて20%、回数にして58回増えており、これは日本と中国の空の緊張を物語っているということです。
日本防衛省は、アメリカから最新のミサイルや軍備を購入する目的で、2019年度の防衛予算を470億ドルと計上しています。
こうした中、日本防衛省は、さらなる購入が必要となり、政府が中国や北朝鮮に対抗するための計画に集中した場合、この予算は拡大される可能性があるとしました。

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。
https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese
http://youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ





(リテラ)さん
https://lite-ra.com/2018/10/post-4314.html
安倍首相が自衛隊を前に改憲アピール! 民放連は広告料欲しさと政権忖度で“改憲CMの量的制限しない”と
2018.10.15

24日から召集される臨時国会を前に、昨日おこなわれた自衛隊の観閲式で、安倍首相が憲法改正をアピールする演説をぶった。
「すべての自衛隊員が、強い誇りをもって任務をまっとうできる環境を整える。これはいまを生きる政治家の責任であります。私はその責任をしっかり果たしていく決意です」
 このスピーチが「憲法改正によって9条に自衛隊を明記する」ことを謳っているのは明々白々だが、政治的中立が大原則である自衛隊の観閲式で内閣総理大臣が憲法改正を主張するなどもってのほかの行為だ。
 しかも、安倍首相はこのスピーチで「いまや国民の9割は、敬意をもって自衛隊を認めています」と強調。「60年を超える歩みのなかで、自衛隊の存在はかつては厳しい目で見られたときもありました。それでも歯を食いしばり、ただひたすらに、その職務をまっとうしてきた」「まさに諸君自身の手で信頼を勝ち得たのであります」などと語った。
 まったくよく言うよ、だろう。ついこの前までは「自衛隊を合憲とする憲法学者はわずか2割」「そのせいで自衛隊員の子どもがいじめられている!」などと主張していたのに、これを石破茂氏に「いま国民で自衛隊を違憲と思っている人は読売新聞の調査だと1割もいない。自衛隊に対して好感をもっている国民は9割だ」と反論されると、今度は「残念ながら自衛隊はたしかに国民に信頼をされている。多くの人は(自衛隊を)憲法違反とは思っていない」(NHK『日曜討論』9月16日)などと言い出していたではないか。
 自衛隊が国民から信頼されていることを「残念」と口にするような人物が「強い誇りをもって任務をまっとうできる環境を整える」なんて述べること自体が白々しく、本音は自衛隊をダシに使って自分の悲願である改憲にもち込もうという魂胆が見え見えだ。
 だいたい、JNNが13・14日におこなった世論調査では、自民党が臨時国会で改憲案を提出するという考えに対し、「賛成」とする意見が33%だったのに対し、「反対」は52%と過半数を超えている。主権者たる国民の半数が改憲案の国会提出を求めていないにもかかわらず、議論を進めようとする道理はない。
 だが、恐ろしかったのは、この安倍首相の演説の扱われ方のほうだ。
 なんとNHKは、この観閲式における安倍首相のスピーチを、昨日の正午のニュースと『NHKニュース7』でトップニュースとして放送。無論、自衛隊のイベントで総理大臣が改憲をアピールすることの問題点などは一切指摘せず、そればかりか『ニュース7』では離島防衛の必要性を強調するようなVTRまで用意。まるで“日本を取り巻く周辺環境が切迫した状況で自衛隊の存在感が高まっている”と言わんばかりだったのだ。
 安倍首相の主張を垂れ流すだけではなく、改憲による自衛隊明記に一理あるかのように誘導する構成で安倍首相をアシストする──。NHKの御用っぷりはいまにはじまった話ではないが、安倍首相が臨時国会で目指している自民党改憲案の提出が現実化したとき、こんなプロパガンダ報道がまかり通ることを思うとゾッとするではないか。

 いや、NHKだけではない。もし、憲法改正が発議され、国民投票にもち込まれた場合、もっとも恐ろしいのは、民放のテレビ・ラジオ局が放送する「改憲賛成」を呼びかけるCMの問題だ。

https://lite-ra.com/2018/10/post-4314_2.html
民放連が「改憲CMの量的制限しない」方針! 広告料欲しさに公平性を放棄

 まず、憲法改選が発議されれば国民投票運動が60〜180日間にわたっておこなわれるが、現行の「国民投票法」では、新聞広告に規制はなく、テレビ・ラジオCMも投票日の15日前まで「憲法改正案に対し賛成又は反対の投票をし又はしないように勧誘する」CMを無制限に放送することが可能になっている。しかも、投票日前2週間のあいだも「賛否を勧誘」しないCMならば投票日まで放送できる。つまり、有名人が登場して「私は憲法改正に賛成です」などという意見広告は放送可能だ。
 そんななか、さっそく不穏な動きが出てきた。国民投票運動におけるCMについて、先月9月20日、日本民間放送連盟(民放連)の大久保好男会長(日本テレビ社長)が「量的な自主規制はしないという考え方のもとで検討していく」と明言したのだ。
 そもそも国民投票法は、2006年に参院憲法特別調査特別委員会で可決された際、18項目もの附帯決議がつき、そのなかには〈テレビ・ラジオの有料広告規制については、公平性を確保するためのメディア関係者の自主的な努力を尊重するとともに、本法施行までに必要な検討を加えること〉というものが含まれていた。にもかかわらず、民放連は昨年5月の段階で「これまで内部で議論したことはない」(朝日新聞2017年5月31日付)とコメントする始末で、結局、「自主規制なし」と判断したのである。
 この判断の背景には、国会からの注文を無視してでも大量出稿が見込まれるCMを規制したくないという民放各局の金勘定はもちろん、安倍政権に対する忖度も働いたはずだ。
 言うまでもなく、現行の国民投票法のままでは、約176億円(2017年度)というダントツの政党交付金を受け取っている自民党をはじめ、国会で多数を占める改憲派が潤沢な広告資金を抱えており、CMを使った広報戦略では圧倒的に有利となる。そのため、メディアには「公平性の確保」が求められていたわけだが、それを民放連が放棄したいま、資金力にものを言わせ、電通を味方につけた安倍自民党による「改憲賛成CM」が溢れかえるのは目に見えている。ちなみに、政党交付金の原資は国民の血税だ。

https://lite-ra.com/2018/10/post-4314_3.html
自民党だけでなく日本会議や安倍応援団員たちによる改憲CMも可能に

 しかも、『広告が憲法を殺す日 国民投票とプロパガンダCM』(本間龍、南部義典・著/集英社新書)では、自民党を筆頭とした政党だけではなく、日本会議のフロント団体などの右派勢力による改憲賛成を煽るCMが放送される可能性も考えられるという。通常、テレビ局や広告代理店が気にする“支払い能力がある団体か否か”という問題も、「自民党に口添えしてもらえばいい。政権与党がバックについているなら、審査部も細かいことは言わないでしょう」(本間氏)というのだ。
 国民投票運動CMでは、安倍自民党が改憲案に盛り込もうとしている教育の無償化や充実を前面に押し出したり、北朝鮮や中国の脅威や自衛隊の被災地復興活動などを繰り返し流し、9条に自衛隊を明記したほうがいいと刷り擦り込むだろう。いや、安倍首相と仲の良い松本人志や中井貴一、安倍応援団的発言を連発している員であるつるの剛士、小籔千豊のようなといった芸能人らが出演し、「改憲に賛成します」とアピールする意見広告が投票日まで繰り返し放送される可能性だって十分考えられるのである。
 前出『広告が憲法を殺す日』によると、先進7カ国で国民投票制度がある国で有償のテレビCM枠を買うことが自由なのはカナダと日本だけ。イギリスやフランス、イタリアでは全面禁止で、「○○派と××派の双方に、国が確保した放送枠を無償で提供する制度が主流」だという。──国民がいますぐ求めてもいない憲法改正の議論をはじめるより前に、喫緊の問題は不公平すぎる国民投票法のCM規定のほうだろう。
(編集部)


ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

先だって安倍晋三さんに誘われて食事したんですが、日本を命懸けで守ろうとしている気概をひしひしと感じました。 by 張本勲

「チーム・イルミナティあれこれ・・・」



私は、これまでこの国を、日本民族を、悪魔の手先となって絶滅させようとしている勢力が存在していることを何度も訴えてきた。
私は、その勢力のことを「チーム・イルミナティ」と呼んできた。
その勢力の構成員は数限りなく存在しているが、そのうちの何人かをここに記しておこう。
哀しいかな、この現実を理解したうえでなければ、問題解決には至らないだろう。
この国には、三権分立など存在していない。
悪魔の手先である「チーム・イルミナティ」が「無罪」と決めたら「無罪」となるのである。
悪魔の手先である「チーム・イルミナティ」が「有罪」と決めたら「有罪」となるのである。
この勢力は、法律でさえ操っている。
この勢力は、政治家・官僚・民間企業・大学教授・評論家・マスゴミ・医者・芸能人・スポーツ選手等、あらゆる業界に蔓延っている。
この勢力は、もう一度「原発事故」を起こそうと企んでいる
この勢力は、日本人を装った日本人以外の人間が中心となっているようだ
この勢力は、日本とは全く関係ないくせに、日本の名称を詐称する習性があるようだ
この勢力は、明治維新という名の売国クーデターに関わった売国奴が発祥であるようだ





(田中龍作ジャーナル)さん
http://tanakaryusaku.jp/2018/06/00018233
【新潟県知事選】自公候補が隠す元大阪航空局長の過去 「森友」でイメージダウン恐れ?
2018年6月2日 22:53

新潟県知事選挙で若干のリードが伝えられる花角英世候補(自・公支持)。国土交通省のキャリア官僚で同省観光政策課長や観光庁総務課長を歴任した。課長よりランクが上の局長や局次長の肩書も持つのだが、それは全く記載されていない。
 花角氏は2010年8月に大阪航空局次長に就任、2011年8年から2012年9月まで同局長を務めた。
 森友学園に市価より8億円も値引きして国有地を払い下げたのは近畿財務局だが、値引きの根拠となるゴミの量と処理単価を算出したのは、大阪航空局である。近畿財務局と二人三脚で「昭恵案件」を処理するためにゴミをデッチあげた役所とも言える。
 森友学園側が「地下からゴミが出てきた」と言い出したのが2016年3月。大阪航空局がゴミの量と処理単価を弾き出すのは、その後だ。花角候補は、この時すでに大阪航空局長を退任しており、近畿財務局とつるんでのイカサマには関わっていない。


とはいえ、大きな肩書を隠されることには釈然としないものがある。2日、新潟市での街頭演説で田中は花角候補に「どうして大阪航空局長の経歴をプロフィールに載せていないのか?」と質問した。
 花角候補は「どうして?といわれましても」と かわそうとした。田中は質問を続けようとしたが、陣営の運動員が「時間がありませんから」と言って、候補の肩を抱いて連れ去った。
 田中と村上は花角候補の街宣会場をハシゴし、インタビューのチャンスをうかがった。インタビューできた頃、高く昇っていた陽はすでに落ちていた。
 選挙事務所を訪ねたが、事務所内部は玄関と壁で仕切られていて、まったく見えない。玄関の撮影も許可されなかった。
 隠蔽は安倍政権のお家芸だが、地方にまで浸透しているようだ。世の中、隅々まで暗くなっていくのだろうか。




(松阪こた堂接骨院~松阪市のむちうち・腰痛・交通事故整骨院)さん
https://bone.tokyo/hanazumi-hideyo
【新潟県知事選2018】花角英世(はなずみひでよ)氏の経歴・プロフィール

花角英世さんは、1958年5月に新潟県佐渡郡金井町(現在の佐渡市金井町)で生まれました。
年齢は、現在59歳だそうですが、公務員のためか正確な生年月日はネット上に発見できませんでした。
最初に、花角英世氏の学歴を見てみます。
1977年 新潟県立新潟高等学校卒業
1981年 東京大学法学部卒業
東大法学部から官僚という普通のエリートコースを歩まれています。
官僚だとうまく留学に乗っかる人もいるようですが、留学などの情報は見当たりませんでした。
次に、花角氏の職歴を見てみます。
1981年に運輸省(現在の国土交通省)に入省
1986年春から国鉄の分割民営化法案の作成などを進める国鉄改革実施対策室の係長
1987年国鉄改革推進部清算業務指導課の専門官
課長補佐では、1987年秋から95年秋までの約7年間で4つのポスト
(1988年秋:地域交通局総務課の法令担当補佐)
1999年 二階俊博運輸大臣秘書官
外務省在イタリア日本国大使館一等書記官
関東運輸局自動車第一部長
首都圏新都市鉄道(株)経営企画部長
総合政策局観光政策課長
観光庁総務課長
2009年7月自動車交通局総務課長
大阪航空局次長
2011年7月大阪航空局長

大臣官房審議官
2013年4月〜2015年7月、新潟県副知事
2015年9月〜現在、海上保安庁次長




https://twitter.com/nobineko_talkin/status/1002769155190239232
新潟知事選に立候補している花角英世候補ですが、なぜか国土交通省大阪航空局長の経歴を隠しています。森友問題の土地値引きには関わっていない時期なのにどうして⁇ #新潟知事選挙 #新潟のことは新潟できめる





(リテラ)さん
http://lite-ra.com/2018/06/post-4044.html
佐川前理財局長ら財務省全員不起訴は最初から決まっていた!“法務省の安倍官邸代理人”黒川事務次官が捜査潰し
2018.06.02

やっぱりか。5月31日、大阪地検特捜部は財務省の改ざん問題で虚偽公文書作成などの疑いで刑事告発されていた佐川宣寿・前理財局長らを不起訴としたことを公表。また、8億円の値引き問題で背任の容疑で告発されていた近畿財務局の担当者も不起訴となり、結局、告発されていた財務省幹部および近畿財務局職員の計38人は全員が不起訴処分となったのだ。
 やっぱりと述べたのは、この検察の方針がかなり早くからささやかれていたからだ。まず、背任については、昨年6月、森友学園を強制捜査した時点で、すでに立件見送りが確実視されていた。
「もし、背任を立件するつもりなら、森友学園への強制捜査とセットで、近畿財務局をガサ入れしていたはず。ところが、蓋を開けてみたら、結局、森友学園への詐欺と補助金適正化法違反での強制捜査だけになってしまった。強制捜査なしに立件はありえない。この時点で立件見送りは既定路線だったんです」(全国紙大阪地検担当記者)
 今年3月、朝日新聞が財務省による森友文書改ざんをスクープしたあと、特捜部が佐川氏に対する事情聴取を始めたが、これも、それ以前に立件見送りが決定されたという認識で一致していた。
「朝日新聞が改ざんをスクープしたときは、情報源が大阪地検特捜部だとされ、特捜部が佐川を立件するつもりじゃないかと言われていた。しかし、実際は逆で、リークされた時点で立件見送りが決まっていたんです。特捜部は佐川氏が告発されたあと、一応、捜査しているポーズをとっていましたが、むしろ、立件見送りの理由を探すために捜査を続けていたようなもの。まったくやる気が感じられなかった」(前出・全国紙大阪地検担当記者)
 実際、財務省が決裁文書の改ざんを認めてからまだ1カ月しか経っていない4月13日、毎日新聞朝刊が「大阪地検特捜部が佐川・前理財局長らの立件を見送る方針を固めた」と伝えている。これも大阪地検からのリークで、少なくとも、この段階で「全員不起訴」という捜査結果は決まっていたのである。


http://lite-ra.com/2018/06/post-4044_2.html
事件を潰したのは法務省の“安倍官邸代理人”黒川弘務・法務省事務次官

しかし、さまざまな証拠がありながら、どうして大阪地検特捜部は立件を諦めたのか。たとえば、国有地の8億円値引きについては、会計検査院が検査で「値引きの根拠は不十分」と結論付けているのだ。さらに、先月29日には、太田充理財局長が森友学園の土地購入上限額が1億6000万円だと把握していたことを認めており、財務省がそれに合わせて約8億円の値引きをおこなったことは明々白々だった。
 また、決算文書の改ざんにいたっては、財務省じたいが認めている話だ。しかも、文書の改ざんは300カ所以上におよぶもので、改ざん後は昭恵夫人のかかわりを示す部分や「特例的な内容」「本件の特殊性」といった文面が削られるなど、内容はがらりと変わっている。
 ところが、検察は安倍政権の主張そのままに「ゴミの撤去費を不適正と認定することは困難」「改ざん後の文書に虚偽内容が含まれていない」などとして、不起訴の判断をしたのだ。
 こうした背景には、1998年、大蔵省の接待汚職を立件したことで大蔵省と関係が著しく悪化した際のトラウマがあるとも言われている。また、大阪地検特捜部は2009年の村木厚子・厚生労働省局長の冤罪逮捕・証拠改ざん事件を引き起こして以降、信用は地に堕ちたまま。そもそも現在の大阪地検に他省庁の不正を単独で捜査する力なんてないとの指摘もあった。
 しかし、少なくとも大阪地検特捜部の捜査現場はやる気だった。それを上層部に潰されたのだ。
大阪地検特捜部は当初、森友学園への強制捜査とセットで、近畿財務局を背任容疑でガサ入れすることを考えていた。ところが大阪地検の上層部が頑として首を縦に振らなかった。改ざんについても同様で、今年の年明けに改ざんの事実を把握した特捜部は当初、佐川立件の方向で本格的に捜査しようとしていた。ところが、これも上層部に潰された。それで頭にきた特捜部の検事が朝日新聞にリークしたというのが実際のところです」(前出・全国紙大阪地検担当記者)
 そして、この捜査潰しの首謀者と指摘されているのが、“法務省の官邸代理人”こと、黒川弘務・法務省事務次官だ。
「黒川氏は小泉政権下で法務大臣官房参事官を務めて以降、官房畑を歩み、自民党、清和会に非常に太いパイプをもっている。官房長になったのは民主党政権下の2011年なんですが、このときも民主党政権には非協力的で、自民党と通じていると言われていました。そして、第二次安倍政権ができると、露骨に官邸との距離を縮め、一体化と言っていいくらいの関係を築くようになった。とくに菅義偉官房長官とは非常に親しく、頻繁に会っているところを目撃されています」(ベテラン司法担当記者)


http://lite-ra.com/2018/06/post-4044_3.html
小渕優子、甘利明の事件でも捜査潰しに暗躍した黒川法務次官

 小渕優子・元経産相の事件が秘書の立件だけで終わったのも、日歯連事件がしりすぼみとなったのも、この黒川氏の暗躍の結果だと言われているが、なかでも象徴的だったのが、2016年1月に発覚した、建設会社の依頼で都市再生機構(UR)へ移転補償金の値上げを“口利き”した見返りに賄賂を受け取っていた甘利明・元経済再生担当相の口利きワイロ事件を潰した件だ。
 甘利事件では、特捜部が国会議員秘書初のあっせん利得法違反を立件すると意気込んで捜査をおこない、同年4月の段階では、東京地検内部でも立件することでコンセンサスがとれていた。だが、当時、法務省官房長だった黒川氏はこれを「権限に基づく影響力の行使がない」という理屈で突っ返し、現場が今度はあっせん収賄罪に切り替えて捜査しようとしたが、これも「あっせん利得法違反で告発されているんだから、勝手に容疑を変えるのは恣意的と映る」などと拒否。さらには秘書の立件すら潰してしまった。実際、甘利氏の不起訴の方針が決まった後、現場の検事の間では「黒川にやられた」という台詞が飛び交ったという。
 黒川氏はこの甘利事件を潰した論功行賞として、2016年9月に法務省事務方トップの事務次官に就任。以前から検察内部では「黒川がいるかぎり政界捜査はできない」という声が広がっていたが、この人事によってそれは決定的なものとなった。
 森友問題が勃発したあと、永田町では、黒川事務次官と官邸をめぐるある噂が駆け巡った。それは「黒川次官と菅官房長官の間で、法務省の悲願だった共謀罪の成立とバーターで、安倍首相、昭恵夫人の疑惑に蓋をして、籠池理事長の口封じ逮捕をおこなうという密約が交わされた」というものだった。
 前出の大阪地検担当記者も、森友問題での黒川事務次官の動きについてこう指摘する。
共謀罪とのバーターについてはよくわかりませんが、この時期、黒川氏が官邸の意向を受けて、森友捜査をコントロールしようと、大阪地検にプレッシャーをかけていたのは間違いありません。地検幹部が毎日のように本省から連絡が入ってくる、とぼやいていましたから




http://www.asyura2.com/18/senkyo245/msg/564.html
張本勲「24時間、日本のことを考えている。あんな人、他にいませんよ。いま、日本の総理大臣が安倍さんで本当によかったな
http://www.asyura2.com/18/senkyo245/msg/564.html
投稿者 会員番号4153番 日時 2018 年 6 月 02 日 06:33:46

日本人より愛国者?

狼魔人日記から
https://blog.goo.ne.jp/taezaki160925/e/a5c95e9027e3d17c1738c46e40a63b64
テキサスの黄色いバラさんのツイート より
張本勲
「先だって安倍晋三さんに誘われて食事したんですが、日本を命懸けで守ろうとしている気概をひしひしと感じました。そういう臭いがしましたね。24時間、日本のことを考えている。あんな人、他にいませんよ。いま、日本の総理大臣が安倍さんで本当によかったなとしみじみ思いましたね…」
「私は歴代総理大臣にほとんど全員会っていますが、安倍晋三さんは間違いなくトップクラスですね」
「『安倍一強』の何が悪いんですか」

「メディアも酷い。裏社会といわれる人たちより悪いんじゃないですか」
「日本ほどいい国は他にはありません。四季はあるし、文化も素晴らしく、食事も美味しい。控えめで義理人情に厚く、礼儀正しくて優秀で勇敢。こんな民族はおりませんよ」
「亭主子供がいながら若い男に走る。それでいながらまた選挙に立候補する。恥というものを知らんのですかね」
「有権者も愚かなんですよ。ワイドショーが取り上げているから投票したり、その時の空気だけで政策を吟味したり、国防や外交については一切考えない」
「沖縄追悼式で黙祷するのが日本人として当然のことじゃないですか。それを何ですか。横でデモをしている連中。こいつら日本人ですか?どっかの国にそそのかされて『日本を破壊しろ。そうしたらよい思いさせてやる』と言われたか、日本を壊すことで甘い汁を吸おうとしている輩でしょう」
・・・・  




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

テンプレート説明

このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。
背景はスライドショーになっています。

◎プラグイン説明

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。
←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。
このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

※最上部メニューバーの上に隙間がある方

最上部のメニューバーの上にFC2検索バー用のスペースを設けています。
検索バーを表示しない設定にしている方は、cssの最上部メニュー.MegaMenuの中にあるtop:27pxをtop:0に変更してください。

◎背景スライドショー説明

random : 1, // ランダム 0:オフ 1:オン
transition : 1, // 0:単純画像切替 1:フェード 2~7:移動 8:ページ更新毎に切り替え
transition_speed : 1000, // 画像間の切替時間
slide_interval : 3000, // 1枚毎の画像停止時間
slides : [
{ image : '画像URL' } // 画像の追加・削除はここ

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れません。