原発・放射能 - 嘘八百のこの世界

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
原発・放射能 カテゴリーの記事

何の知識もないくせに、金欲しさに「原発は安全です」などと言うんじゃないよ!

「原発マフィアの犯罪がもたらした大負債を国民に押し付ける犯罪国家に怒りの感情を表し、その犯罪者の手先となって国民を騙し続けるマスゴミを糾弾した長渕剛に『乾杯』!」



http://www.jiji.com/jc/article?k=2016120900050&g=eco
廃炉・賠償、21.5兆円に倍増=福島原発事故で新試算-東電改革、再編を明記

経済産業省は9日、有識者らで構成する「東京電力改革・1F(福島第1原発)問題委員会」(東電委員会)を開き、東電福島第1原発の廃炉や賠償などの事故対応費用が計21.5兆円になるとの新たな試算を示した。従来想定の約11兆円から2倍程度に膨らむ。4月の小売り全面自由化で参入した「新電力」にも負担を求める。
 経産省は、東京電力ホールディングス(HD)改革の提言案の骨子も提示。原発や送配電に関し「他社と共同事業体設立」と明記し、再編・統合を通じた収益拡大を促した。2016年度末に「脱国有化」を判断する予定。今回、19年に国の関与の在り方を改めて判断する方針を示し、「実質国有化」を継続する方向性を打ち出した。
 新試算では、廃炉費用が8兆円(従来2兆円)に拡大。賠償は7.9兆円(同5.4兆円)、除染が4兆円(同2.5兆円)、中間貯蔵施設が1.6兆円(同1.1兆円)に膨らむ。
廃炉費用は東電HDの利益で確保させ、積み立てさせる。東電HDが送配電事業で上げた利益は料金引き下げではなく廃炉に優先的に充てる。廃炉以外の費用は、交付国債による国の融資枠を現在の9兆円から13.5兆円に拡大して対応する。
 東電HDの広瀬直己社長は衆院原子力問題調査特別委員会に出席し、廃炉について「時間がかかるが、できるだけ国民に迷惑を掛けないよう完遂していく」と述べた。
 賠償費用の返済は、東電HDを含む大手電力が引き続き負担する。ただ、そのうち2.4兆円は過去の積み立て不足分と見なし、2400億円程度を送配電網の利用料金に上乗せする形で新電力にも負担を求める。新電力契約者の電気料金は一般標準家庭で月18円程度の値上げとなる。
 提言内容は、原子力損害賠償・廃炉等支援機構と東電HDが年明けにも策定する新たな再建計画に反映される見通し。
 世耕弘成経済産業相は閣議後記者会見で、事故対応費用に関し、「当面、上振れすることはないが、今後予見できないことで状況変化はあり得る」と語った。(2016/12/09-12:35)




これって酷い話ですよね。
東電と政府が進めて来た原子力政策が原因で、あの事故が起きたわけでしょう。
本当に悪いのは原発テロを起こした「彼ら」なんですが、それはとりあえず置いておいて、
東電と政府を中心とした原子力マフィアの責任を、何の罪もない国民に電気代の値上げという形で押し付けようとしているわけだ。
これは許してはいけませんよね。少なくとも東電は倒産させるべきだし、原子力マフィアの連中には個人資産を差し出させるべきである。
本当なら今まで原発を推進してきたコイツらは市中引き回しの刑にして、磔に処すべきだが、最低でも個人資産を拠出させ、死ぬまで罪を償わせるべきである。
このような極悪犯罪者がろくな謝罪もせずに、いまだにのうのうと贅沢な生活をし、平気の平左でふんぞり返っている。コイツらだけは、決して許されない。

お前ら原発マフィアは何の根拠もなく「原発は安全だ」と吹聴し、私腹を肥やすという自己都合のみを理由に原発を推進し、その結果として史上最悪の大災害を引き起こした。
日本国民は未来永劫放射能汚染に苦しみことになり、莫大な経済的損失も被ったのだ!

お前らの極悪犯罪行為によって命を奪われた人間も、数限りなく存在しているのだ!

これだけの極悪犯罪行為を犯したのにも拘らず、何の罪も償わず、自分たちの極悪犯罪行為によってもたらされた膨大な負債を何の罪もない国民に押し付け、さらには何事もなかったかのように原発を再稼働させようとしている。

これは凶悪殺人犯が何の罪も償わず、新たな殺人を犯そうとしているのと同じである!

信じられないことに、我々は、これほどまでの凶悪犯罪者が大手を振ってのさばっているクレイジー国家で生活しているのである。
国民も国民である。
韓国の国民が正しいとは言わないが、韓国国民が犯罪に手を染めた国家元首にあれだけ怒りの声を上げているのに比べて、この国の国民はあまりにおとなしすぎる。
この国の政治家・官僚・東電を始めとした原子力マフィアが犯した犯罪行為は、朴槿恵の犯した犯罪が子供の悪ふざけに見えるほど大きなものであるのだ。
これ以上国家犯罪者をのさばらせないためにも、怒りの声を上げるべきである。
少なくとも国民は、原子力マフィアの広告塔として原発推進のテレビCMに出ていた奴らに怒りの声を上げるべきである。

「何の知識もないくせに、金欲しさに「原発は安全です」などと言うんじゃないよ!」
「土下座をして国民に謝れ! 少なくともお前が貰ったCM出演料は全額拠出しろ!」
と。




http://www.asyura2.com/14/genpatu38/msg/866.html
原発のCMに出ていた有名人/佐野史郎さんの自己批判には感動する。それに引き換え勝間、星野、草野らは…
http://www.asyura2.com/14/genpatu38/msg/866.html
投稿者 gataro 日時 2014 年 6 月 25 日 10:12:19
勝間、星野、草野…原発CMに汚染された“黒いタレント”たちの苦しい言い訳
http://www.mynewsjapan.com/reports/1423





 福島第一原発事故を引き起こした原因の一端は、多額のカネを受け取って安易に原発の有用性をPRしてきたCMタレントたちにもある。出演者を過去5年間について調べ、その12名を影響力によってランキングしたところ、ダントツのワースト1位は、経済評論家の勝間和代氏だった。勝間氏は形だけ「お詫び」を表明したが、原発の“毒饅頭”を受けとったまま、中立な振りをして今後も評論家を続けるつもりだろうか。2位は、皮肉にも被災地・東北楽天で指揮をとる星野仙一監督、3位は中立的な立場が求められる司会者・草野仁氏。これら「不適切な人たち」に、原発の安全性をどこまで確認した上で出演したのか尋ねた。

(以下略)






最後に、長渕剛がマスゴミ批判の歌を歌ったそうだ。
先日、日本の政治家や歌手がマスゴミ批判をしないことを嘆く記事を書いたが、長渕は私の記事を見ていたのだろうか? なわけねーか(笑)
私に言わせれば、この程度の歌詞ではまだまだ生ぬるいのだが、オリンピックやワイドショーを批判しただけでも長渕を評価するべきだろう。
長渕に続いて、他にも“本当の事が歌える歌手”が出てくることを期待したい。
歌謡曲の歌手ならいざ知らず、広く国民に向けて歌を歌っているシンガーが、“本当の事”が歌えなくてどうするんだ!
少なくともロック歌手を自称しているシンガーは、この程度のマスゴミ批判、政治家批判、社会批判ができないようじゃロック歌手を名乗るなと、私は言いたい。





(リテラ)さん
http://lite-ra.com/2016/12/post-2753.html
長渕剛がFNS歌謡祭でワイドショーや歌番組を真っ向批判! 凍りつくフジ、『とくダネ!』は長渕映像を封印
2016.12.08

昨晩の『2016FNS歌謡祭 第1夜』(フジテレビ)での長渕剛のパフォーマンスが大きな話題となっている。本サイトは「FNS歌謡祭出演なんかよりすごい!」として、長渕剛が作家の柳美里と共作した福島・南相馬の高校の校歌を紹介したが、FNS歌謡祭のほうもすごかった。
 番組の最後、トリとして登場した長渕。同番組への出演は今回が初めてで、予め告知されていたのは、この歌謡祭用にアレンジされたスペシャルバージョンの『乾杯』を披露するということだった。
 カラフルなジャケット姿に、ギターを持ってひとりで暗いステージに立った長渕は、のっけから鬼気迫る雰囲気を漂わせていた。画面右上には「初出演!魂の叫び」とのテロップ。ギターをかき鳴らし始めた長渕が歌ったのは、文字通り魂の叫びだった。
『乾杯』本編を始めるまえ3分半以上にわたって、ギターをかき鳴らし時折「はあ!」と叫びながら、オリジナルのメッセージを歌い上げた。
 その内容は強烈なもので、冒頭いきなり、こう歌い出す。

 アメリカの大統領が誰になろうとも
 凶と出るか吉と出るかって
 そりゃ俺達次第じゃねぇか
 今日もマスメディアの誰かが
 無責任な話ばかりしている


 これは、アメリカ大統領の顔色をうかがってばかりの日本のメディアに対する痛烈な批判だ。さらに、長渕は「歌の安売りするのも止めろー!」と、ミュージシャンたちに檄を飛ばした後、被災地を置き去りにしてオリンピックに浮かれるこの国にこう問いかける。

 俺達の東北、仙台、俺達の九州、熊本
 そして福島も頑張ってんだ
 オリンピックもいいけどよぉ
 若者の貧困 地域の過疎化どうする?
そして、サビ。
 騙されねぇぜマスコミ
 騙されねぇぜヒットチャートランキング
 騙されねぇぜワイドショー





原発マフィアの犯罪がもたらした大負債を国民に押し付ける犯罪国家に怒りの感情を表し、その犯罪者の手先となって国民を騙し続けるマスゴミを糾弾した長渕剛に『乾杯』!





ハムスターの回し車の中で一生クルクル回され続けているのが、お前たち一般大衆だ

「悪魔の祭典オリンピック開催の裏で、悪魔の計画が進められている」


“悪魔の祭典”オリンピックのニュースが、
テレビを通して、この国の“飼いならされた国民”を熱狂させている。
日本はメダルを何個取ったとか、
選手の活躍を自分の事のように純粋に喜んでいる“幸せな国民”。
オリンピックがどういったものかも知らずに、
ただ、お祭り騒ぎに浮かれている“オメデタイ国民”。

オリンピックは、「彼ら」が生み出した悪魔の祭典です。
今回のリオ・オリンピックを基にこのことを分かりやすく解説している動画を紹介します。
ロンドンは大抵酷かったが、リオも相変わらずえげつない。
開会式は目玉やフリーメーソンのマークや太陽崇拝やフェニックス等々、
明らかにイルミのシンボルに満ち溢れていた。
オリンピックの主催者は、
ハムスターの回し車の中で一生クルクル回され続けているのが、お前たち一般大衆だ
と言いたいようである・・・





国民の目を悪魔の祭典に向けさせている間に、悪魔の計画が進められているようである。
原爆を投下された広島と長崎では平和祈念式典が執り行われた。
平和を祈る気持ちなどさらさらない安倍が「形式的」に式典に参加する。
さらにはオリンピックの裏で、高江の住民にオスプレイ基地を押し付けようとしている。




(植草一秀の『知られざる真実』)さん
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2016/08/post-6cd5.html
2016年8月 6日 (土)
リオ五輪陰での東村高江暴挙を許さない!

ブラジル・リオでのオリンピックが開幕し、日本もオリンピック一色に染め抜かれる。

8月6日、午前8時は広島で平和祈念式典が開催された。

あの原爆投下から71年の年月が流れた。

NHKは祈念式典の模様を中継したが、前後はオリンピック報道一色である。

71年前の今日、8月6日午前8時15分に、米国は広島に原子爆弾リトルボーイを投下した。

きのこ雲の下に、抱き合う黒焦げの親子、無数の遺体が浮かぶ川、焼け崩れた建物。

幾万という人々が炎に焼かれ、その年の暮れまでに14万人もの命が奪われた。

米国による民間人大量虐殺である。

さらに米国は3日後の8月9日にも、原子爆弾ファットマンを長崎に投下した。

長崎でも、この年の年末までに7万4千人の命が消し去られた。

『東京が壊滅する日』(ダイヤモンド社)

http://goo.gl/giZZWz

を著した広瀬隆氏は、

「原爆投下のすべての目的が、財閥が得る巨額の収入にあったことは動かし難い事実である」、

原爆と原発は、

「双子の悪魔」

であると指摘する。


グローバルな強欲巨大資本が、

飽くなき利益追求のために

「原爆と原発」

の開発、使用、拡散に突進してきたのである。

オバマ大統領は広島を訪問したが、英誌は、オバマ政権が今後30年かけて1兆ドル(約101兆円)を投じて新型長距離巡航ミサイル『LRSO』の開発を軸に核戦力の更新を計画している、と報じている。

「核なき世界」

は単なる「きれいごと」に過ぎない。

米国は核兵器による民間人大量虐殺に対する反省も謝罪も示していない。


木村朗氏と高橋博子氏による著作

『核の戦後史』(創元社)

http://goo.gl/MiQ6BH

のなかで、高橋氏は次の事実を指摘している。

日本が政府としてアメリカに原爆使用について公式に抗議したのは、1945年8月10日に、スイス政府を通じてアメリカ政府に伝達した抗議文の1回だけであること。

当時の新聞は

「帝国、米に厳重抗議 原子爆弾は毒ガス以上の残虐」

の見出しで日本政府の抗議を報じた。

しかし、日本政府による原爆投下に対する抗議は、あとにもさきにも、この1回を除いて存在しないことを高橋氏が明らかにしている。

米国の国際法違反の民間人大量虐殺について、日本政府は一度しか抗議をしたことがないのだ。


逆に言えば、一度だけは抗議したが、敗戦とともに、完全に抗議の口を閉ざし続けてきたと言える。

いまだにこの極悪非道の残虐な犯罪に対する断罪もなければ謝罪もないのである。

そして、国民の目がオリンピックに向けられているさなかに、安倍政権は人権無視の対米隷属の行動に突き進もうとしている。

沖縄県の沖縄本島の北部にある「やんばる」と呼ばれる自然豊かな亜熱帯森林に囲まれた、東村(ひがしそん)高江の集落を取り囲むように、米軍のヘリ着陸帯=ヘリパッド建設を強行しようとしている。

1996年に「基地の整理縮小」をかかげて設置された「沖縄に関する特別行動委員会(SACO)」において日米両政府が最終報告に合意したのが「SACO合意」である。

この「SACO合意」に北部訓練場の半分の返還と返還予定地にあるヘリパッドの高江周辺への移転が含まれていた。

しかし、高江に住む住民は新たなヘリパッドに欠陥機種と言われるオスプレイが配備されることも聞かされていない。

しかも、建設予定のヘリパッドは高江の集落に隣接するかたちで設置されるものである。

住民が反発、反対するのは当然のことである。


7月10日の参院選が終了すると同時に、安倍政権は高江のヘリパッド建設強行のために500人を超える機動隊を投入。

人権無視、法令無視のかたちで住民排除に動き始めている。



ヘリパッド建設資材の搬入を阻むテントに対する撤去期限である8月5日24時を超えたため、現地では、沖縄防衛局が機動隊を大量投入してテントの住民・市民を強制排除する実力行使に突き進む可能性がある。

8月5日夕刻には、県内外から駆けつけた1000人を超える市民が集結し、「9年間守り続けた高江の命の森を壊させない」と訴える現地緊急抗議集会が開かれた。

国民の視線がオリンピックに向かうタイミングに合わせて、人権無視、法治無視、住民無視の横暴が展開される危険が迫っている。

権力の暴走を許さない!

権力による暴力を許さない!

人権無視を許さない!

の声を日本全土で上げてゆかねばならない。





悪魔の祭典開催の裏で、悪魔の計画が進められている。
憲法を改悪して八百長戦争にこの国を巻き込もうとしている安倍に対して
「憲法改正反対」の声を上げただけの善良な国民を、警察が不当聴取したのだ。
この国の政治は、
明らかに戦前の治安維持法や特高警察による恐怖政治に逆戻りしようとしています。
そして大手マスゴミは、一切この事実を報道しようとしません。
戦前以上の大本営報道を繰り返しているようです。





(リテラ)さん
http://lite-ra.com/2016/08/post-2493.html
長崎原爆の式典で安倍首相に「改憲反対」と叫んだ参列者を警察が拘束! 取材中の不当聴取なのにマスコミは抗議も報道もせず
2016.08.13
原爆が落とされた8月9日、今年も長崎で開かれた平和祈念式典。しかし、その中でこの国が「平和」とはまったく逆の方向に向かっていることを示す事態が起きた。なんと、安倍首相の挨拶の最中、改憲反対を叫んだ市民が、それだけで警察に連行されてしまったのだ。
 それは、この平和祈念式典で安倍首相があいさつをするため演台に向かおうとしたときのことだ。安倍首相が参列席に一礼した瞬間、参列席から男性が「改憲反対」という声を上げた。
 もちろん、それ自体が問題なのではない。この男性は声をあげただけで、安倍首相に近づいたわけでもなければ、挨拶を妨害したわけでもない。というか、そもそも、広島、長崎の原爆の式典で挨拶をする安倍首相については、地元でもその態度や政策との不一致を批判する声が強く、これまでもしばしば厳しいヤジが飛んできた。今回もそれが起きたというだけに過ぎない。
 ところが、おかしいのはこの後だった。式典終了後、報道陣がこの男性に発言の意図を確認しようと取材し、男性もそれに応じていた。ところが男性が「首相は民主主義をないがしろにしている」などと説明している最中に、複数の警察官が割って入ってきたのだという。そして、男性を取り囲んで事情を聴き始め、警察車両まで連れて行ったというのだ。
 このいきさつを報じた長崎新聞によると、浦上署は「本人の了解を得た上で、車に乗り込んでもらった」としたが、男性は終始「触らないでください。離してください」と訴えていたという。
 これは明らかに警察による不当な事情聴取であり、取材に対する妨害行為だ。男性は式典の参列者であり、何か暴行を働いたわけでも、妨害行為を行ったわけでもない。たんに「改憲反対」と述べただけだ。それだけで無理やり事情聴取をされるというのは、治安維持法や特高警察があった戦中の時代に逆戻りしているようではないか。





悪魔の祭典に目を奪われている間に、伊方原発が“こっそり”再稼働されました。
福島原発事故の放射能被害は増大するばかりで、
何の解決にも至っていないというのに。
原子力村の金儲けのために、イルミの手先として国民を生贄の犠牲者とするために、
悪魔の計画を“再稼働”させた。
オリンピックやスマップやゴジラまで使って
国民をどーでもいいことに目を向けさせ、重大な問題から目をそらせようとしている。
オリンピック選手が金メダルを何個取っても
国民の生活は少しも良くならないということに、気づかせないようにしている。





http://www.asahi.com/articles/ASJ8D2VD1J8DPFIB001.html
愛媛)住民、避難計画に不信感 伊方3号機再稼働
宮田裕介
2016年8月13日03時00分

四国電力伊方原発3号機(伊方町)が12日、約5年3カ月ぶりに再稼働した。地元や周辺自治体の首長は安全の最優先や情報公開を改めて要望。一方で、「事故の時に本当に逃げられるのか」と不安を募らせる住民もいる。
 東西に細長い佐田岬半島の付け根近くにある伊方原発。避難計画では重大事故が起きた場合、原発より西側に住む約4700人は、県内や大分県、状況次第で広島県、四国各県に避難する。道路が寸断されれば、船で避難する想定だ。
 原発から西に約20キロ。宇和海を望む伊方町名取地区で、かんきつ類を栽培している山下三郎さん(70)は「避難計画は机上の空論だ」と断言する。



http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2016081302000130.html?ref=rank
伊方原発再稼働 住民は誰が守るのか
2016年8月13日
四国電力伊方原発の再稼働に、住民は特に不安を募らせる。そのわけは周辺を歩いてみれば、すぐ分かる。それはあってはならない場所にある。
 日本で一番再稼働させてはいけない原発の一つ-。伊方原発をそう呼ぶ人は少なくない。
 その根拠は特殊な立地にある。
 伊方原発は、日本一細長い愛媛県の佐田岬半島の付け根のあたり、瀬戸内海に面したミカン畑のふもとに立つ。
 原発の西には四十の集落が、急な斜面に張り付くように点在し、約五千人が住んでいる。小さな急坂と石段の町である。
 四国最西端の岬の向こうは、豊予海峡を挟んで九州、大分県だ。
 八キロ北を半島とほぼ平行に、中央構造線が走っている。最大級の断層帯だ。発生が心配される南海トラフ巨大地震の想定震源域にも近い。
 「日本三大地滑り地質」とも呼ばれ、「急傾斜地崩壊危険箇所」などの標識が目立つ。二〇〇五年には、半島唯一の国道197号の旧名取トンネルで地滑りの兆候が見つかり、崩落の危険があるとして廃止されたこともある。

 このような土地柄で、巨大地震と原発の複合災害が起きたらどうなるか。専門家であろうがなかろうが、想像には難くない。
 大小の道路は寸断され、トンネルは崩落し、斜面の家は土砂崩れにのみ込まれ…。
 それに近い光景が四月の熊本地震で展開された。その震源とは中央構造線でつながっているらしい。住民の不安は増した。
 四国電力が五月から六月にかけて実施した半島の“お客さま”への調査でも、「地震・津波への不安」を訴える人が増えている。
 たとえ国道が無事だとしても、西側の住民は、原発の前を通って東へ向かうことになる。




(IWJ)さん
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/325198
伊方原発再稼動に反対する市民によるゲート前抗議行動および集会 2016.8.12

反戦? 原子力推進? 予言者?

「鉄腕アトム誕生の目的は? 漫画の神様・手塚治虫の正体を探る」




漫画やアニメーションが好きな人間なら、誰もが手塚治虫のことを「漫画の神様」と呼び、その才能を讃えるだろう。
私も、そのように感じる手塚治虫の読者の一人である。
実は私は子供の頃は漫画大好き少年であり、手塚治虫に限らずあらゆる漫画を読んだものなのだ。そして、将来は漫画家になりたいとさえ思っていたのである(笑)
手塚治虫の漫画作品は、ストーリー性があり、それも「火の鳥」に代表されるように宇宙の神秘・生命の神秘に迫ったものさえあり、最早、漫画の枠を超えた「大人が読むべき一大叙事詩」といっても言い過ぎではないかもしれない。
ただ手塚治虫に関しては以前から疑問に感じざる負えない点が多々あったのも事実であり、そのあたりを探ってみようと思った次第である。
手塚治虫の家系をウィキで見てみる。



手塚治虫(本名・治)は1928年11月3日、摂津国であった大阪府豊能郡豊中町(現在の豊中市)に、父・手塚粲(てづかゆたか・1900年 - 1986年5月14日)と母・文子の長男として生まれた。明治節に生まれたことから「明治」にちなんで「治」と名づけられた。祖父・手塚太郎は司法官で、1886年(明治19年)に創立された関西法律学校(現在の関西大学)の創立者の一人である。大阪地方裁判所検事正から名古屋控訴院検事長、長崎控訴院長などを歴任している。曾祖父・手塚良仙は適塾に学んだ蘭方医で、1858年(安政5年)に江戸の神田お玉ヶ池種痘所(現在の東京大学医学部の前身)を設立した人物の一人でもある。その生涯は治虫の晩年の作『陽だまりの樹』でフィクションを交えつつ描かれており、福澤諭吉の自伝(『福翁自伝』)にも記録が残っている。遠祖は平安時代の武将・手塚光盛とされる。


手塚治虫は明治節に生まれたとのことである。明治節とは明治天皇の誕生日らしい。
11月3日が明治節であり、日本国憲法が公布された日であり、文化の日であることは、関係しているのかもしれない。さらに言えば、「311」と関係しているのかもしれない。
曾祖父が有名な蘭学医であり、福沢諭吉と親交があったというのも、「偶然」でないような気がする。

次に気になるのが、「鉄腕アトム」である。
同じく、ウィキで見てみる。



『鉄腕アトム』(てつわんアトム、日本での英題はMighty Atom)は、手塚治虫のSF漫画作品及び同作を原作としたテレビアニメ、特撮テレビ番組の作品名、並びに作品内の主人公である架空のロボットの名称である。テレビアニメ版で使用された主題歌の曲名でもある。

21世紀の未来を舞台に、原子力(後に核融合)をエネルギー源として動き、人と同等の感情を持った少年ロボット、アトムが活躍する物語。米題は『ASTRO BOY(アストロ・ボーイ)』。
本作は、1951年(昭和26年)4月から翌年3月に連載された『アトム大使』の登場人物であったアトムを主人公として、1952年(昭和27年)4月から1968年(昭和43年)にかけて、「少年」(光文社)に連載され、1963年(昭和38年)から1966年(昭和41年)にかけてフジテレビ系で日本で初めての国産テレビアニメとしてアニメ化された。このアニメ第1作は平均視聴率30%を超える人気を博し、その後、世界各地でも放映された。
1981年には、様々な形で、本作が出版された数の累計が1億冊を突破した。
1980年(昭和55年)に日本テレビ系でカラー版の『鉄腕アトム (アニメ第2作)』が制作され、さらに1作目と同じくフジテレビ系にて2003年(平成15年)に『ASTRO BOY 鉄腕アトム』として、2回目のリメイクが放映、2009年にはCG映画『ATOM』が公開されている。
アトムの家族の名前はパパ(エタノール)を除き、元素名に由来している。アトムはAtom(原子)、ウランはUranium(ウラン)、コバルトはCobalt(コバルト)など、ママ(リン)=Phosphorus(リン)とチータン=Titanium(チタン)を除き、放射性元素に関する名前が付けられている。




はい、テレビ放送の第1回目が韓国ウジテレビ、2回目がCIA日本テレビのようですね。アトムのみならず家族の名前も、ほとんどが放射性元素から付けられている。
これを「偶然」と判断すること自体が、どうかしているでしょう。
明らかにアトム誕生の裏には、日本に原子力産業を根付かせたかった勢力の意図が感じられます。初代原子力委員会委員長正力松太郎を擁して日本原子力産業協会が設立されたのが1956年ですから、アトム誕生からテレビ放映開始の時期とぴったり一致します。「鉄腕アトム」は子供に夢を与える目的で誕生したのではなく、原子力産業を支配している「彼ら」が日本に原子力産業を根付かせる目的で誕生したのでしょう。テレビが何のために存在しているのかということを十分ご理解いただいている当ブログの読者の方なら、これ以上の説明は不要ですよね。

次に、手塚治虫記念館を見てみます。
ウィキより。写真を見てください。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%9D%E5%A1%9A%E5%B8%82%E7%AB%8B%E6%89%8B%E5%A1%9A%E6%B2%BB%E8%99%AB%E8%A8%98%E5%BF%B5%E9%A4%A8

何かに似ていないでしょうか?

はい、原爆ドームです。

http://image.search.yahoo.co.jp/search?rkf=2&ei=UTF-8&p=%E5%8E%9F%E7%88%86%E3%83%89%E3%83%BC%E3%83%A0

私には、これもとても「偶然」とは思えません。

次に、手塚治虫は予言者であったという話があります。





http://karapaia.livedoor.biz/archives/51176327.html
手塚治虫作品の中の、有名な医学系漫画、「ブラックジャック」内で、恐るべき予言ともいうべき1コマがあったのだそうだ。それは『6月14日午前8時ごろ東北一帯にマグニチュード7.5の地震発生』と描かれた一コマで、実際に今年の6月14日午前8時頃、岩手・宮城内陸地震が起きた。しかもその時間までほぼ一緒。

 これはもう神がかり的な何かであるとしか思えないわけで、手塚先生の漫画を総ざらいして、もう一度よく見てみることで予防できる災害とかあるかもしれないわけなんだ。
漫画で設定されている日時と実際に地震が起きた日時を比べてみると・・・
▼手塚治虫
日時:6月14日午前8時
場所:東北地方
規模:M7.5

▼実際の地震
日時:6月14日午前8時
場所:東北地方
規模:M7.2(推定)
*ブラックジャック、「もらい水」(第17巻・第158話)

マグニチュードの規模の違いだけでほぼ的中させていることにびっくり。



もう一つの予言?(ベトナム戦争篇)


(saigon ronin)さん
http://saigon-ronin.blogspot.jp/2012/10/blog-post_24.html
鉄腕アトムの放送開始が1963年で、同年10月26日に茨城県東海村の日本原子力研究所の動力試験炉は日本で初めての原子力発電に成功します。

 つまり、「原発推進のプロパガンダ」だったワケですよ、「鉄腕アトム」わ。


 しかし当時は、原子力利用の危険性を深く考えなかったことと、「ヒロシマ」と「ナガサキ」に落とされた原子力爆弾や、福竜丸事件に対する「原子力アレルギー」を払拭するために、原子力利用のプラス面ばかり強調されたワケです。

 そしてそれは福島での事故発生まで継続され、「鉄腕アトム」も何度もリメークされて、子供たちの「洗脳」に使われたワケです。

 手塚治虫氏は優れたクリエイターであり、「鉄腕アトム」だけを取り上げて非難するのもアレですが、医学部の学生であった経歴からすれば「放射線障害」に関して多少の知識はあったのでは?・・・とも思えてなりません。

 手塚氏に関しては他にも奇妙な点があります。「鉄腕アトム」以外にもワタシの好きだったアニメで「W3(ワンダー3)」というTVアニメがあったのですが、その第1話をYoutubeで発見しました。


The Wonder 3 (1965)



放送開始が1965年なのに、ナゼ?1970年(未来)の戦争シーンから始まるのか?1970年当時といえばベトナム戦争が真っ盛りの頃であり、その未来を暗示してたのか?

 1964年に「トンキン湾事件」が発生し、それを理由にアメリカはベトナムに介入していくワケですが、ベトナム戦争が、かくも「泥沼化」するとは誰も予想し得なかったハズ。

 この1970年の戦争シーンが「ベトナム戦争」を暗示しているのであれば、「ベトナム戦争」の長期化は既に織り込み済みであったと?

 で、久しぶりに「妄想脳」を働かせるならば、まず、「銀河系連盟」が存在する星にナゼ?「イルミナティの目」が描かれているのか?そして「地球人類を裁く」≒「間引きする」というのは、「N.W.O.(ニュー・ワールド・オーダー)」の考え方そのものです。

それと、手塚氏の代表作でもある「火の鳥」ですが、「火の鳥」=「フェニックス」も「N.W.O.」のシンボルのひとつです。

 ロンドン・オリンピックは「シオンニズムの祭典」ではないか?・・・と、妄想を働かせたワタシですが、大会が無事に終わって何よりでした。ロンドン・オリンピックにまつわる様々な「アイコン」が、「シオニズム」を暗示しているのではないかと述べたワケですが・・・。
https://www.youtube.com/watch?v=ij3sgRG5sPY&spfreload=10

解説者は「花びら」などとトンチンカンなことを言ってますが、誰が見てもこれは、フェニックス(火の鳥)の「死と再生の儀式」を意味していることは明らかです。つまり、「シオニストの祭典」が完結したことを表現しているワケですよ。

 つまり、「シオニストの祭典」=「ロンドン・オリンピック」は成功した。・・・と、宣言しているに等しいワケです。





次に、アトムの最終回の話がヤバイ。
ウィキより、見てみる。



主人公の青年・丈夫は、幼い頃、隣に住む少女ジュリー(壽理)と遊んでいた際、子供故の無邪気さから来る残酷な遊びで彼女に瀕死の重傷を負わせてしまう。その後ジュリーが家出したと聞いた丈夫は、両親の言いつけを破り夜の街へとジュリーを探しに行くが、暗闇の中、両親から与えられていた銃でジュリーの母親を誤って撃ってしまい、その際ジュリーの母親がロボットであることを知ってしまう。
それから時は流れ、無事保護され美しく成長したジュリーと再会した丈夫は、互いに好意を持ち愛を育むようになっていった。だがある日、それまでの生活がすべて偽りだった事を知ってしまう。実はジュリーの母親同様丈夫の両親もロボットであり、親としての優しさは偽りで、丈夫に対する愛情など微塵もなく、ただ単に自分たちの娯楽である殺し合いの道具として育てていたのだった。
近未来、地球は環境汚染が進んだために人類の数が激減し、それに替わってロボットが支配する世界となっていた。貯蔵所に保存してある精子と卵子を人工授精させ、人工子宮で培養されて産まれた人間の子供をロボットの親が育て、ある年齢まで成長すると育てた子供同士で殺し合いをさせ、それを娯楽として楽しむ世界。この世界では、人間は単にロボット達の家畜であり見世物であり、そして殺し合いの道具でしかなく、両親が子供の丈夫に銃を与えたのも、銃の扱いを覚えさせて将来の殺し合いに備えるためであった。
真実を知った丈夫はやがて闘技場に送られるが、殺し合いの見世物となる事を拒否。ジュリーの母親と闘技場のロボットたちを破壊し、ジュリーを連れて脱走する。そしてジュリーと共にロボット博物館に向かい、そこに保存展示されていたアトムにエネルギーを与えて甦らせるとそれまでの事情を話し、それを聞いたアトムは2人を無人島へ連れて行く。
事情を知ったアトムは2人を助け追っ手と戦う事を決意するが、戦いに赴く直前のアトムの言葉、そして丈夫の前に現れた追っ手のロボットたちの言葉からジュリーに関する残酷すぎる事実が明かされていく。それは全て、2人が子供の頃の「残酷な遊び」が原因であった…。



環境汚染、人類の数が激減、人工授精、ロボット達の家畜であり見世物であり、そして殺し合いの道具となった人類、これらはまさに「彼ら」が目標としている人口削減計画が達成させられた“理想の未来社会”なのではないのだろうか。




次に、手塚治虫の最後の作品を見てみます。それは「ネオ・ファウスト」というゲーテの「ファウスト」を元とした作品なのです。「ファウスト」は、「成功と引き換えに悪魔に魂を売る」というブルースの伝説にもなったストーリーである。
ゲーテがフリーメーソンであったことは、有名な話である。




(さてはてメモ帳)さん
http://satehate.exblog.jp/18430216/
ゲーテは、1780年1月、ワイマールの国務大臣でロッジ支部長のJ・Kフォン・フリッチ侯爵に自分のフリーメイソンリーへの加入を急がせる嘆願書を出している。これ以前にはゲーテがメイソンではなかったことを示す証拠である。

この嘆願書の効果があって彼は1780年6月23日、ワイマールのロッジ「アマーリア」に加入できた。


ー中略ー

晩年の作品「ファウスト」にも明確に示されているように、彼は錬金術、オカルチズムに対する関心は早くから非常に強く、当代随一のオカルチストであり、メイソンであったカリオストロに心酔し、早くも1782年にはかのボーデに手引きでヘルダーやワイマール大公カールと共に啓明会の第一位階となり、「アバーリス」なる会士名を得ている。




(Electronic Journal)さん
http://electronic-journal.seesaa.net/article/18013178.html
1782年7月16日にイルミナティとフリーメーソンの間で
会談が行われ、協議の結果、イルミナティは正式にフリーメーソ
ンの中のひとつの派とすることになったのです。しかし、これは
ヴァイスハオプトの巧みにして、強引な説得力の賜物であり、イ
ルミナティとの合併に強く反対するフリーメーソンの会員は少な
からずいたのです。
 その一方でイルミナティが加わったことで、フリーメーソンの
会員は300万人を超える大組織になり、著名にして有望な会員
が次々とイルミナティの思想に取り憑かれるような事態になって
いったのです。とくに感受性の強い学者や作家、芸術家などがイ
ルミナティの魅力に取り憑かれたといわれます。
 その1人がゲーテなのです。ゲーテは晩年、「ファウスト」に
よってドイツ文学の金字塔を築いたのですが、その作品はイルミ
ナティ的な神秘主義をロマン主義文学に託したものなのです。

 イルミナティとの合併以前からのフリーメーソンのメンバーで
ゲーテと同様にロマン主義文学者である哲学者のジャン=ジャッ
ク・ルソーもイルミナティに共感を抱き、その自由思想によって
フランス革命に霊感を与えたといわれています。




手塚治虫が「ファウスト」を取り上げたのは今回のみならず、なんと3回もあるそうである。ウィキより。


手塚治虫は生涯で3回、ゲーテのファウスト物語を基にした漫画を描いた。1作目は戦後間もない20歳の頃に描いた児童向け赤本漫画『ファウスト』で、2作目は虫プロ社長を辞めた直後の、人生のどん底と語った42歳の頃に描いた『百物語』である。『ネオ・ファウスト』は3作目に当たる。



手塚治虫の「ファウスト」にかける思いは、最早、執念といってもいいかもしれない。何がそこまで手塚治虫を本気にさせたのであろうか。

最後に、同じくウィキに手塚治虫の反戦への思いが記されているので紹介します。
手塚治虫さん、あなたの真実は一体何だったのでしょうか?




手塚は自らの戦争体験によってもたらされた「生命の尊厳」を自身のテーマの一つとして挙げている。
手塚は、自身はマンガに置いて時代の流れに合わせ転向を繰り返す転向者であるとした上で、「ただ一つ、これだけは断じて殺されても翻せない主義がある。それは戦争はご免だということだ。だから反戦テーマだけは描き続けたい。」と語っている。
手塚は子供を「未来人」と呼び、以下のように語っている。
「私は、暗い時代といわれた昭和初期のなかでも、実に恵まれた環境で子ども時代をすごせたと思っています。しかしそれも、青春期には、空襲と窮乏生活によってほとんど失ってしまいました。父は戦争にとられるし、勉強はできず、腹をすかせ、大勢の友人を失いました。空襲に襲われて周囲が火と死体の山となったとき、絶望して、もう世界は終末だと思ったものです。だから戦争の終わった日、空襲の心配がなくなって、いっせいに町の灯(ひ)がパッとついたとき、私は思わずバンザイをし、涙をこぼしました。これは事実です。心の底からうれしかった。平和の幸福を満喫し、生きていてよかったと思いました。これは、当時の日本人のほとんどの感慨だと思います。
 もう二度と、戦争なんか起こすまい、もう二度と、武器なんか持つまい、孫子(まごこ)の代までこの体験を伝えよう。もう二度と、戦争なんか起こすまい、もう二度と、武器なんか持つまい、孫子(まごこ)の代までこの体験を伝えよう。 あの日、あの時代、生き延びた人々は、だれだってそういう感慨をもったものです。ことに家や家族を失い、また戦争孤児になった子どもたちは、とりわけそう誓ったはずです。 それがいつの間にか風化し形骸化して、またもや政府が、きな臭い方向に向かおうとしている。子どもたちのために、当然おとながそれを阻止しなければならないと同時に、子ども自身がそれを拒否するような人間にはぐくんでやらなければならないと思うのです。 それは結局、先に述べたように、子どもに生きるということの喜びと、大切さ、そして生命の尊厳、これを教えるほかないと思うのです。人命だけでなく生命あるものすべてを戦争の破壊と悲惨から守るんだという信念を子どもにうえつける教育、そして子どもの文化はそのうえに成り立つものでなければならない。けっして反戦だの平和だのの政治的のみのお題目では、子どもはついてこない。率先して、生命の尊厳から教えていくという姿勢が大事なのではないでしょうか。
手塚は作品の中で天使と悪魔の二面性や、異民族間、異文化間の対立や抗争などを繰り返しテーマにしている。手塚は戦後間もない頃、酔っ払ったアメリカ兵にわけもわからず殴られ強いショックを受けたことがあり、これがこのテーマの原体験になっているのだとしている。もっとも、『ジャングル大帝』などにおける「分厚い唇、攻撃的なイメージ」といった類型的な黒人観は批判されており、手塚の死後の1990年には「黒人差別をなくす会」により糾弾を受けている。これ以後、手塚の単行本には差別と受け取られる表現について弁明する但し書きが付けられるようになった。
また、漫画を描く際にプロ・アマ、更には処女作であろうがベテランであろうが描き手が絶対に遵守しなければならない禁則として、“基本的人権を茶化さない事”を挙げ、どんな痛烈且つどぎつい描写をしてもいいが、「戦争や災害の犠牲者をからかう」「特定の職業を見下す」「民族、国民、そして大衆を馬鹿にする」だけはしてはならない、「これをおかすような漫画がもしあったときは、描き手側からも、読者からも、注意しあうようにしたいものです」と述べている。










原子炉等規制法による再利用基準は100ベクレル/kgだから、今回、各地に拡散されようとしている除染土は基準の80倍にもなる。

「イルミナティが勧める恐怖の“睡眠学習”、放射能・食べて応援、撒いて人口削減・・・」



まずは、こちらをどうぞ↓




この狂った島国では、狂った計画が、狂った指導者によって、着々と進められている。
真実から眠らされた国民は、実生活でも眠らされようとしている。
イルミナティが勧める恐怖の“睡眠学習”は続く、その眠りが永遠のものとなるまで・・・




http://www.asahi.com/articles/ASJ534CVGJ53PTIL00T.html?iref=comtop_6_03
神戸の車暴走、容疑者「状況よく覚えていない」
2016年5月3日20時16分
3日午前11時5分ごろ、神戸市中央区布引町4丁目のJR三ノ宮駅前で乗用車が暴走し、歩行者が相次いではねられた。兵庫県警によると、歩行者のうち男性(51)と妻(44)、中学3年生の次女(14)の3人が重傷を負い、別の夫婦が負傷した。車に乗っていた2人もけがをし、県警は運転していた無職沢井国一容疑者(63)=同区港島中町6丁目=を自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)の疑いで現行犯逮捕した。
当時の状況について沢井容疑者は県警の調べによく覚えていないと供述。同乗していたのは沢井容疑者の息子(22)といい、県警は車が暴走した経緯を捜査している。




(原子力発電 原爆の子)さん
http://besobernow-yuima.blogspot.jp/2015/10/microcarpa1-azureneo-mysterious.html
2015年10月17日土曜日
英紙テレグラフ「眠り病がカザフの村を陥れた白昼の悪夢~近隣にウラニウム鉱山跡」

眠り病がカザフの村を陥れた白昼の悪夢
Sleepingsickness traps Kazakh town in waking nightmare

科学者たちが、何百人もの人びとを数時間の昏睡に陥れてきた謎の病気に頭を悩ませている

【モスクワ発】ロランド・オリファント Roland Oliphant
2015年3月26日

カザフの小さな村、カラチの住民たちは2年間にわたり――文字どおり――悪夢を生きてきた。

この中央アジア大草原の辺鄙な人里の住民は、なにをやっていても、だれであっても、どんな時でも、あるいはどんな日でも突発的に眠りこんでしまう――その後、数日間は意識を失ってしまう――とわかっていながら、暮らしている。

少なくとも8回は謎めいた「眠り病」発作に襲われたとロシア国営ヴィスチンTVで語ったリュボフ・ビルコワは、「ある瞬間、話していると、次の瞬間、眠っているのです」といった。「時には眠っていませんが、酔っているように見えるのです。


2年前の2013年3月、厄介な倦怠感発作がはじまってから、カラチの人口600人の4人に1人近くが「眠って」しまっていた

症状として、虚弱感、発語障害、長時間の記憶喪失が現れ、発作は熟睡から重く怠惰な眠気まで、さまざまな強度の違いがある。

説明のつかない「病気」は――仕事していたり、ベッドにいたり、あるいは通を歩いている時でも――どの瞬間にも発症しうるし、患者は終日から1週間近くまで、さまざまな期間、眠りつづけることがある。

この病気は、年齢、性別、健康状態の区別なく、だれにでもかかりうるし、動物種の違いさえも区別しない。

9月のある日、1時間以内にクラスの生徒たちのうち、8人が眠りこけてしまった。

村の女性が1月にロシア人ジャーナリストたちに語ったところでは、朝の早い時間、猫でさえ途方もなく突発的な活動過多になって、犬に襲いかかり、飼い主を噛んだあと、この病気にかかり、眠りこんだとのことである。

医者たちは病気に困惑しているが、村人たちは、発作にいくつか共通の要素があるという。症状は波になって現れる傾向があり、地表が凍りつくころより、融雪期に現れやすく、一部の人たちは、風向きと相互関係があるという

地区行政府のアマンベク・カルザノフ主席は3月初め、男性と女性の各1名が症状を訴え、入院したことから、第9波の到来を発表した。

カルザノフ氏が、地区保健所は症状に対処できるだけの装備を整えているとロシアとカザフの報道陣に語ったものの、病院にできることは、昏睡のあいだ、患者の看護をする以外、なにもない。

カザフ、ロシア、さらに遠くからやってきた医者たちや科学者たちは、発作の明確な原因を見つけられなかったといっている。

ウイルスと細菌の検査の結果、同様な症状のあるアフリカ睡眠病のような既知の病気は除外された。

だが、他にも、ソヴィエトの核産業の遺産を指摘する向きもある。

カラチは、かつてソ連の核兵器計画向けのウラニウム鉱石の生産で賑わった鉱山の町、クラスノゴルスクに隣接している。

ウラニウム鉱山は1980年代末に閉鎖されたが、多くの地元住民と一部の科学者たちは、放棄された事業が破滅的な遺産を置き土産にしたのではと疑っている。


「特定の場所におけるラドンの濃度は、通常レベルの4倍から5倍になっています。その近くにウラニウム鉱石があります。たぶん、(問題は)そこから来るのでしょう」と、カザフスタン国立核センター・放射線安全研究所のアルツオン・グリゴリエフ研究部長は語った。

しかし、何十回も現地調査が実施されたものの、放射性ガスと反復性昏睡発作の正確な関連はまだ証明されていない。

なんらかの原因が特定されるまで、住民にできることはほとんどなく、外出するさいに、悪夢めいた状況をやり過ごすのに役立つように旅行かばんの荷造りをするだけである。

「みなが怖がっています。みなが眠るのを怖がっているのです」と、ビルコワ夫人がいった。




http://www.asyura2.com/15/genpatu43/msg/252.html
ところかまわず眠りこける「眠り病」が流行中 
http://www.asyura2.com/15/genpatu43/msg/252.html
投稿者 魑魅魍魎男 日時 2015 年 6 月 19 日 15:55:01

前回、駅や電車内で意識を失う人が増えていることを書きましたが、
ところかまわず眠りこける「眠り病」も増えているようです。
下にツイートを添付します。
床や地面、階段などあたりかまわず、昏々と眠っている人の写真がアップされています。
状況から考えて、泥酔とも思えず異常です。

運転手や駅員など勤務中の居眠りも多々目撃されています。
声をかけて起こせば目覚めるのが睡眠、覚めないのが気絶と言われますが、
いくら起こしても目覚めない人もいるようで、完全に意識を失っている可能性もあります。
TV出演中や将棋名人戦の最中でさえ寝入ってしまう人がいます。

緊張していたら、居眠りは絶対にしないものです。
眠気を自分の意思では全くコントロールできないようです。
この眠り病も、放射能被ばくの影響が強く懸念されます。
1F作業員であった磐城相馬さんもすぐ眠りに落ちたと報告しています。
「磐城相馬さんの福島第一原発作業員日誌」 (拙稿 2014/1/13)
http://www.asyura2.com/13/genpatu35/msg/757.html
「2012年5月5日(土)
今日の話題は、体調。みんな最近、体がとみに怠いという。
 丸山さんは帰りの送迎バスに乗るとすぐ寝てしまう。そのため、全面マスク
(1Fから3キロほど行った路上で全面マスクを外しサージカルマスクを着ける)をしたまま
Jヴィレッジに着いてしまうこともしばしば。
僕も最近疲れやすく、帰りのバスの中でいつの間にか寝てしまい、読んでいた文庫本が足下に
転がっていることが少なくない。とにかく、1F行きの送迎バスに乗ったとたん眠気が襲ってきて、
睡眠導入剤を服用したときのようにスッと眠りに落ちる

いくつか関連記事を挙げます。
国会での居眠りは昔からありますが、もし最近増えているようなら、やはり被ばくの影響を
疑うべきでしょう。
車の運転手も知らぬ間に眠りに落ちたという例が多く、重大事故が多発しているのも
うなずけます。大変恐いことです。

みなさんも気をつけましょう、と言いたいところですが、いきなり抗し難い強烈な睡魔に襲われたら
どうすることもできません。
そのうち、あちこちで人が倒れているのは当たり前、眠っているのか、気絶しているのか、
あるいは死んでいるのかもわからない、数が多すぎて誰も助けられない、助けようとしない、
そんな恐ろしい状況になるのではないでしょうか?
ところかまわず眠っている人の写真を見ていると、日本の社会に亀裂が走り、
どんどん崩壊しているような気がしてなりません。




(さてはてメモ帳)さん
http://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/9ae57310bd5aa4192e8f3c96840a7465
蔓延し始めたぶらぶら病 院長の独り言 +




(みんな楽しくHappy♡がいい♪)さん
http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-4625.html
神戸市の水道水からヨウ素131が!!!水道水蛇口放射性物質ランキングは東京都が初のNo1に!!2016年1〜3月原子力規制委員会蛇口水ランキング発表

今回は、原子力規制委員会 上水(蛇口水)のモニタリング 結果を見て驚きました。
兵庫県神戸市の水道蛇口水からヨウ素131が検出されている!@@:
そしてとうとう、東京都の水道水が日本で一番セシウムが含まれているということになってしまいました><;

と、いうことで、発表!!
水道蛇口に含まれる水放射性物質ランキンング

1 東京都 0.00213 Bq/kg
2 栃木県 0.00170 Bq/kg
3 群馬県 0.00130 Bq/kg


なんと!
東京都がセシウム水道水No1となりました。
東京都は今までに3位になったことは数回ありますが、
平成24年1月から3ヶ月ごとに公表されるようになって、初めての1位です。

2位の栃木県はセシウム134が検出されていません。
セシウム137だけの数値だと東京都も栃木県と同じ0.0017Bq/kgでした。


3 埼玉県 0.00130 Bq/kg
5 福島県 0.00120 Bq/kg
6 宮城県 0.00110 Bq/kg
7 茨城県 0.00080 Bq/kg
8 山形県 0.00076 Bq/kg
9 千葉県 0.00057 Bq/kg
10 兵庫県 0.00045 Bq/kg (ヨウ素131)
11 神奈川県 0.00040 Bq/kg
12 新潟県 0.00038 Bq/kg

兵庫県神戸市はヨウ素131のみで10位になっています。
ヨウ素131は半減期が短いので、実際にはかなりの量が入っていたのではないのか?

(水道の蛇口から毎日一定量の水道水を採取し、水分を蒸発させて濃縮したものを3か月分まとめてゲルマニウム半導体核種分析装置を用いて分析)




(田中龍作ジャーナル)さん
http://tanakaryusaku.jp/2016/05/00013533
8,000ベクレルの除染土、全国バラ撒き
2016年5月2日 22:51

環境省はこのほど、8,000ベクレル/kg以下の除染土を全国の公共事業で再利用する方針を固めた。
 原子炉等規制法による再利用基準は100ベクレル/kgだから、今回、各地に拡散されようとしている除染土は基準の80倍にもなる。

 4年前を思い出す。所管は同じく環境省だ ―
 福島の原発事故で放射能汚染されたガレキを、政府が全国各地の焼却場で燃やす“事業”だった。原発事故の翌年(2012年)のことだ。
 反対運動は燎原の火のごとく全国に広がった。子どもの健康を気遣う母親たちは集積場前で座り込んだ。機動隊が出動して人々を排除し、ガレキは搬入され、燃やされた。
 今回はガレキではなく福島の除染土が全国に持ち込まれようとしている。それも8,000ベクレル/㎏以下という驚くべき値だ。
 住民たちが今日、「除染土バラ撒き」の撤回を求めて、国会内で環境省と交渉を持った。(主催:FoE)
 環境省は「除染・中間貯蔵企画調整チーム」の参事官補佐2人が対応した。
 住民たちが重く見ているのは―
・原子炉等規制法が定める再生利用基準の100ベクレル/㎏と今回の8,000ベクレル/㎏は矛盾しないか?
・ワーキンググループの議事録とメンバーの名簿が非公開になっているのはなぜか?・・・などだ。

環境省の山田浩司参事官補佐は次のように回答した―
 「(8000ベクレル/㎏でも)覆土して管理するので問題ない」
 「未成熟な情報などがあり不当に誤解を招いたりするので非公開にしている」
 環境省が回答すると猛烈な反論が起きた。
 「覆土しても汚染物質が地下水に流れ込めば環境破壊が起きる」
 「(情報の非公開は)北朝鮮だ。改めて開示を求める」

 いまなお住民1万5千人が避難生活を続ける富岡町出身の主婦の言葉が、真相を突いた ―
 「避難者にアンケートを取ったら(富岡町に)戻りたいと答えた人は20%しかいなかった・・・」
 避難者を何が何でも帰還させるという政府の命題があり、そのために無理な除染をする。除染で出た土は法律(※)で福島県外に持って行かなくてはならない。

 福島で汚染された土を全国にバラ撒くのはガレキの時と同じだ。これでは環境省ではなくて汚染省である。
  ~終わり~
 

中間貯蔵・環境安全事業株式会社法。これにより(除染土の)中間貯蔵施設は30年以内に福島県外に出さなくてはならない。




(福島県は「放射能死灰の町」となった)さん
http://blog.goo.ne.jp/fukushine777/e/b751a28aaeca7e428b694ec8c811d676
橋下徹、福島の仮設住宅の人を痛烈批判「放射能で健康被害はバカな発想」大馬鹿発言
2012年10月27日
なんと、橋下徹が、放射能汚染により避難生活をしている人を痛烈批判、愚弄。

「放射能汚染で健康被害が出るなんて、都市伝説」

と言い放ち、福島県で避難生活している人やセシウムがれき焼却に反対している人を痛烈批判。無能としか言いようがありません。


http://twitter.com/sayasaya333

 環境省も、北九州市も、健康被害の報告を受け取り、検討を始めました。そういうことすら否定したいという、恐ろしい現実無視。市民の民意をくみ取る能力に欠ける人が政治家になると、こういうバカな発言をするようになる。



 橋下徹は、福島や東北で被災している人には無関心で、攻撃ばかりしますね。被災地の敵です。


 放射能が健康被害と無関係、などと主張する橋下や石原(東京都知事)、宗教セミナー主催者、福島第一原発の建物の中で1ヶ月くらい生活してきて下さい。私服で生活して生きて生還してきたら、主張を改めて聞いてみてあげます。











初めての方にも安心してお試しいただけるよう「返金保証」等、5大特典付!


自らの天下り先は認められても、住民の生命が脅かされる具体的危険は認められない

「悪魔が来りて放射能をばら撒く・・・」



まずは、こちらをどうぞ↓(忌野清志郎&2・3's「メルト・ダウン」 )




世界最大級の原発事故を起こした(正確には起こされた)国が、あの大事故の存在を既に忘れたかのように、あの事故はもう完全に収束したかのように、もう被災者は一人もいないと言わんばかりに、次々と原発再稼働をしようとしている。
遂に、原発銀座の福井県の高浜原発まで再稼働が容認されてしまった・・・。
原発の危険性を世界中のどの国よりも知らしめられた国であるにも拘らず、世界で唯一の原爆の地獄を味わされた国であるのも拘わらず、いとも簡単に認めてしまった。
林潤という裁判官の名前を我々は絶対に忘れてはいけない。樋口裁判長が再稼働の差し止めという勇気ある決定をされたにも拘わらず、この男が全てをなし崩しにしてしまった。
林さん、あなたが「原発事故は起きない、高浜原発は安全である」と判断した根拠を私は知らないが(元からそんなものが存在するはずもないが)、万一、原発事故が発生したらどう責任を取るつもりなのですか!
この判決は、福島原発事故で死にかかっているこの国に、とどめを刺す可能性を秘めているのですよ。
誤って済む問題じゃないですよ。
それだけ恐ろしい判決を、あなたは下したんですよ!
本当に、事の重大さが解っているのですか? 
まさか、あなたの天下り先を確保するためといった個人的な私利私欲で、この国家の運命を左右する重大判決を下したのではないでしょうね。
日本国民は、一生涯、あなたの名前と、クリスマスイヴに届けられたこの恐るべき判決を、忘れないでしょう。

悪魔に魂を売った人間は、経済界・政界だけではありません。司法界にも、しっかりと張り巡らされています。そういった人間は金銭面や待遇面で“おいしい思い”をするのでしょうが、一生涯、悪魔の命令には逆らえないのです。そういった人間にも、万一、良心というものが残っているとしたら、一生涯、良心の呵責に苛まれることとなるでしょう。
それとも悪魔の手下となった悲しきあやつり人形さんは、そういった“通常の人間ならば備わっている人の気持ちを思いやる心”というものを、全く失っているのでしょうか・・・。

話は変わるが、古舘氏が報道ステーションを降板することになったらしい。以前からそういった噂は出ていたが、ついに現実となってしまった。私から見たら、古舘氏には不満を感じることも多々あったが、「古舘氏はこの『嘘八百のニュース報道界』において、珍しく真実に迫った発言を語ることのできた貴重な勇気あるキャスターであった」ことは、間違いないだろう。「この世界が嘘八百である」ことや「テレビも新聞もプロレスと同じ八百長である」ことを語ったり「福島の子供の甲状腺がんが増大している」という「本当のこと」を報道したことは、大いに評価されるべきだろう。後任が誰になるか知らないが、体制(悪魔サイド)よりの御用キャスターが採用されそうな気がしてならない。
安倍政権になってからは、政界のみならず司法界・報道界にも、次から次へと「悪魔のあやつり人形」どもが投入されている。「彼ら」が企む八百長戦争突入への足固めは、着々と進められているとしか思えない。
古舘氏も感じていたことだろうが、私は、こんなことを毎日のように書いていても、本当に危機感を持っている人間がどれだけ存在しているのか全く実感がわかない。誰もが他人事のようにしか感じていないのではないのだろうか? 古舘氏の気持ちが分かるような気がする今日この頃である。




(リテラ)さん
http://lite-ra.com/2015/12/post-1822.html
高浜原発再稼動容認の裏に裁判所と原子力ムラの癒着! 原発推進判決出した裁判官が原発産業に天下りの実態
2015.12.25
住民の生命が脅かされる具体的危険は認められない
 12月24日、福井地裁は高浜原発再稼働の差し止めを命じた仮処分決定を取り消し、再稼働に向け大きな一歩を歩み始めた。この訴訟に関しては今年4月14日、同裁判所において「新規制基準に適合したとしても安全性は認められない」などとして再稼働しないよう命じる仮処分が出され、それを不服として関西電力側が異議を申し立てていたもの。つまり、今回の福井地裁の決定は関西電力側の主張が通ってしまったということでもある。
 だが、この差し止め仮処分取り消しの背景には、裁判所の露骨な“原発推進人事”があった。4月の高浜原発再稼働差し止めの仮処分を決定したのは福井地裁の樋口英明裁判長(当時)のことだ。
 樋口裁判長は、「10年足らずの間に各地の原発で5回にわたって想定を超える地震が起きたのに、高浜原発では起きないというのは楽観的な見通しに過ぎない」と指摘し、福島第一原発事故後に定められた原子力規制委員の新基準についても「緩やかにすぎ、合理性を欠く」と判断。政府の原発政策に根本から異議を唱える決定だった。
 ところが、裁判所はこの樋口裁判長を原発裁判にかかわらせないような人事を発令する。
 きっかけは樋口裁判長が、1年半前の14年5月、大飯原発の運転差し止め訴訟で原発の運転を認めない決定を下したことだった。その後、樋口裁判長が高浜原発の運転差し止め仮処分を担当することになると、裁判所は2015年4月1日付で、樋口裁判長を、名古屋家裁に異動させることを決定したのだ。
「彼ほどのベテランなら通常高裁に異動してもおかしくないはずですが、家裁への異動になってしまった。関係者の間では、懲罰人事、今後、原発訴訟に関わらせないようにするための“左遷”だと囁かれました」(司法記者)
 高浜原発の差し止め仮処分申請については、樋口裁判長が裁判所法28条に基づく「職務代行辞令」を利用して、名古屋地裁への異動後も引き続き審議を担当、再稼働を差し止める仮処分を決定したが、恣意的な異動命令に屈さない、裁判官としての人生をかけた大仕事だったと言える。
http://lite-ra.com/2015/12/post-1822_2.html
だが、その樋口裁判長もさすがに、今回の異議申し立ての審議には関わることはできなかった。裁判所の“原発推進人事”は見事に功を奏し、新たに赴任した林潤裁判長によって、高浜原発の再稼動差し止めは覆された。
 しかも、今回決定が下されたのは高浜原発だけではない。同じく12月24日、福井地裁の林潤裁判長は、大飯原発の3、4号機を再稼働しないよう求めた住民の申し立てについても退けた。樋口裁判長が下した決定について控訴審で審理が継続されている中でのことである。ようは外堀を埋めたわけであり、これで高浜、大飯の2つの原発が再稼働されることがほぼ決定的となった。
 もちろん、こうした人事を使った原発後押し判決の背後には、政府の意向がある。
司法の独立なんていうのは建前にすぎなくて、今回に限らず、法務省は権力側に都合の悪い判決を出した裁判官に報復のような人事をするんです。例えば刑事事件で無罪判決を出したり、行政訴訟で住民側を勝訴させた裁判官は必ずと言っていいほど地方の支部や家庭裁判所に異動させられる。今回のケースもまさにそれに当たるでしょう」(司法関係者)
 しかも信じられないことに、裁判所には直接、電力会社や原子力産業との癒着構造があるのだという。
 その典型的な例を「週刊金曜日」2011年6月3日号でジャーナリスト三宅勝久氏がレポートしている。記事によれば1992年、伊方原発と福島原発設置許可取り消しを求めた裁判で「国の設置許可に違法性はない」と電力会社側に沿った判決を下した味村治氏(故人)が、退官後の98年、原発メーカーでもある東芝の社外監査役に天下りしていたという。
 味村氏は東京高検検事長や内閣法制局長官を歴任し、最高裁判事となった人物で、いわば司法のエリート中のエリート。しかも味村氏の「原発は安全」との味村判決が、その後の原発建設ラッシュを後押しする結果となった。
 原発企業に天下ったのは味村氏だけではない。同じく三宅氏のレポート(「週刊金曜日」2011年10月7日号)でも司法関係者の原発企業天下りが紹介されている。
・野崎幸雄(元名古屋高裁長官) 北海道電力社外監査役
・清水湛(元東京地検検事、広島高裁長官) 東芝社外取締役
・小杉丈夫(元大阪地裁判事補) 東芝社外取締役
・筧栄一(元東京高検検事長) 東芝社外監査役・取締役
・上田操(元大審院判事) 三菱電機監査役
・村山弘義(元東京高検検事長) 三菱電機社外監査役・取締役
・田代有嗣(元東京高検検事) 三菱電機社外監査役
・土肥孝治(元検事総長) 関西電力社外監査役

http://lite-ra.com/2015/12/post-1822_3.html
ようするに、樋口裁判長とは真逆に、原発容認の決定を下したりなどすれば、裁判官たちには天下りというご褒美があるということらしい。これでは、司法の独立どころか、裁判官や検事までが原発企業の利益共同体、原発ムラの一員だったということではないか。
 そう考えると今回の高浜、大飯原発再稼働容認の決定は何ら不思議ではない。ほとんどの裁判官の頭の中にあるのは、下手な判決を出して政府ににらまれ、左遷されたくないという思いと、自分が得られる地位や経済的な恩恵だけなのだ。
“福島の教訓”などどこ吹く風で、再び原発大国への道を進んでいく安倍政権と、それを止めるどころか、自らも原発利権漬けになっている裁判所──。この国の腐敗はもはや末期的だ。
(伊勢崎馨)


http://lite-ra.com/2015/12/post-1818.html
『報ステ』降板、古舘伊知郎を追い詰めた安倍政権とテレ朝上層部の癒着!「原発のゲの字もいえない」と不満を
2015.12.24
しかし、こうした早河会長からのプレッシャーに対し、古舘と番組の現場スタッフは抵抗を見せてきた。実際、昨年4月に開かれた「報ステ」10周年パーティーで挨拶に立った古舘は、こんな挨拶をしている。
早河社長から好きなようにやってくれ。何の制約もないからと言われて始めたんですが、いざスタートしてみると制約だらけ。今では原発の“ゲ”も言えない

http://lite-ra.com/2015/12/post-1819.html
古舘伊知郎降板 総まとめ特集! これが1年半、古舘と『報ステ』が受けてきた圧力だ!
2015.12.24




(みんな楽しくHappy♡がいい♪)さん
http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-4488.html
ロシア・レニングラード原子力発電所2号機事故発生!!!

http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-4487.html
六ヶ所村再処理工場で火災〜いつ発生したか不明〜青森県の放射線量
再処理工場で火災=IAEA機器原因か-日本原燃

2015年12月17日 時事ドットコム

 日本原燃は17日、原発から出る使用済み核燃料の再利用を目指して建設中の六ケ所再処理工場(青森県)で、火災が発生していたと発表した。使用済み燃料を一時的に貯蔵する建屋に設置された国際原子力機関(IAEA)の機器が原因とみられる。
 原燃によると、IAEA職員らが16日、工場内の建屋で停電時も監視カメラなどの機器が動くようにするため、バッテリーの交換に訪れたところ、黒い粉などを確認した。地元消防が17日に現場を確認した結果、火災と判断。負傷者はなく、火災がいつ発生したかは不明という。(2015/12/17-21:21)



テンプレート説明

このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。
背景はスライドショーになっています。

◎プラグイン説明

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。
←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。
このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

※最上部メニューバーの上に隙間がある方

最上部のメニューバーの上にFC2検索バー用のスペースを設けています。
検索バーを表示しない設定にしている方は、cssの最上部メニュー.MegaMenuの中にあるtop:27pxをtop:0に変更してください。

◎背景スライドショー説明

random : 1, // ランダム 0:オフ 1:オン
transition : 1, // 0:単純画像切替 1:フェード 2~7:移動 8:ページ更新毎に切り替え
transition_speed : 1000, // 画像間の切替時間
slide_interval : 3000, // 1枚毎の画像停止時間
slides : [
{ image : '画像URL' } // 画像の追加・削除はここ

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れません。