ジャズ・フュージョン・フラメンコ・ラグタイム - 嘘八百のこの世界

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
ジャズ・フュージョン・フラメンコ・ラグタイム カテゴリーの記事

「Maple Leaf Rag」 Scott Joplin

今日の1曲は、Scott Joplinの「Maple Leaf Rag」 Scott Joplinです。







ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Epistrophy」Thelonious Monk、Cootie Williams

今日の1曲は、Thelonious Monkの「Epistrophy」です。
サックスは、Charlie Rouseです。



Cootie Williams のヴァージョンです。






ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

聴き手の心に静かに染み入る秀作 NORAH JONES

「DAY BREAKS」NORAH JONES


ノラ・ジョーンズの2016年のアルバムです。
ファーストに戻って、ジャズ中心の内容である。
特に気になった曲について少し書いておく。

「Don’t Be Denied」
オリジナルはニール・ヤングだが、主人公を男性ではなく女性に変えている。
「彼女がまだ少女だったとき ママは言った 「パパは今日家を出るの もう戻らないと思うわ」」という冒頭の歌詞は、3歳のときに両親の離婚を経験したノラにすれば、自分のことと思えて仕方なかったのではないのだろうか。
ニールの曲ではあるのだが、ノラは完全に自分の持ち歌にしてしまっている。
タイトルにあるように、幼少時の悲劇にも挫折しないで今の成功をつかみ取った自分のこれまでの人生を振り返っているかのようである。
ノラは、ニールのことを「尊敬している」と語っている。
社会の不正義に対して怒りの声をストレートに上げているニールの姿勢に、ノラは共感しているのだろう。

「Carry On」
「Don’t Be Denied」の続編と言ってもよいのではないのだろうか。
「別れに際して、過去のことは忘れて前に進みましょう」といった趣旨の歌詞である。
自分のことというよりも、離婚時の母親の心境を歌っているのではないのだろうか。

「Peace」
ホレス・シルヴァーが、1959年に発表した曲である。
「アメリカスズカケノキが育って ラッパスイセンが楽しそうに咲いている場所を知っている そこでは一日の憂いがゆっくりと消えていく 夕日の光に包まれて 一日が終わるときの平和」という冒頭の歌詞が気になる。
ポイントは、アメリカスズカケノキという単語である。
作者であるホレスの心情は知らないが、ノラは、明らかに平和を忌み嫌う国家であるアメリカに対して、反戦の意を込めてカバーしたのではないのだろうか。
ウェイン・ショーターのソプラノ・サックスが、実に素晴らしい。

「Day Breaks」
本作の中で、一番の秀作であるだろう。
ジャジーで淡々とした曲調だが、胸に迫ってくる何かを感じされられる。


少々インパクトに欠ける点があるのは否めないが、ノラの原点であるジャズに回帰した本作は、聴き手の心に静かに染み入る秀作であることは間違いない。





評点:70点





ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Undecided」Charlie Shavers 、Ella Fitzgerald 、Django Reinhardt、Coleman Hawkins 、Curtis Fuller、Benny Goodman 、Dee Dee Bridgewater

コメントいただいたので、改めて「Undecided」を取り上げます。
この曲は、1939年発表で、トランペッターのチャーリィ・シェイヴァーズ作曲、スィドニー・ロビン作詞です。
タイトルは「優柔不断」という意味です。

エラ・フィッツジェラルドのヴァージョンです。


チャーリィ・シェイヴァーズのヴァージョンです。


ジャンゴ・ラインハルトのヴァージョンです。


コールマン・ホーキンスのヴァージョンです。


カーティス・フラーのヴァージョンです。


ベニー・グッドマンのヴァージョンです。


最後に、改めて、ディー・ディー・ブリッジウォーターのヴァージョンです。







ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Directions」 Miles Davis

今日の1曲は、マイルス・デイヴィスの「ディレクションズ」です。







ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

テンプレート説明

このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。
背景はスライドショーになっています。

◎プラグイン説明

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。
←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。
このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

※最上部メニューバーの上に隙間がある方

最上部のメニューバーの上にFC2検索バー用のスペースを設けています。
検索バーを表示しない設定にしている方は、cssの最上部メニュー.MegaMenuの中にあるtop:27pxをtop:0に変更してください。

◎背景スライドショー説明

random : 1, // ランダム 0:オフ 1:オン
transition : 1, // 0:単純画像切替 1:フェード 2~7:移動 8:ページ更新毎に切り替え
transition_speed : 1000, // 画像間の切替時間
slide_interval : 3000, // 1枚毎の画像停止時間
slides : [
{ image : '画像URL' } // 画像の追加・削除はここ

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れません。