ルーツミュージック・ニューオーリンズ・リズム&ブルース・ブギウギ - 嘘八百のこの世界
fc2ブログ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告
ルーツミュージック・ニューオーリンズ・リズム&ブルース・ブギウギ カテゴリーの記事

「Got The Boogie」Roy Gaines

今日の1曲は、ロイ・ゲインズの「Got The Boogie」です。






ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Beat Me Daddy, Eight To The Bar」Will Bradley、The Commander Cody Band、Ella Fitzgerald

今日の1曲は、ブギウギのトラディショナルである「Beat Me Daddy, Eight To The Bar」です。 1940年にレコーディングされたウィル・ブラッドリーのヴァージョンです。



コマンダ・コディー・バンドのヴァージョンです。


エラ・フィッツジェラルドのヴァージョンです。






ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村


「Junco Partner」Dr. John、 James Waynes、Louis Jordan、Professor Longhair、Dirty Dozen Brass Band、The Clash

今日の1曲は、ドクター・ジョンの「Junko Partner」です。
タイトルは「ヤク中」のことらしいです。



オリジナルである1951年録音のジェームス・ウェインズのヴァージョンです。


ルイ・ジョーダンのヴァージョンです。


プロフェッサー・ロングヘアのヴァージョンです。


ダーティー・ダズン・ブラス・バンドのヴァージョンです。


クラッシュのヴァージョンです。ダブが流行っていた頃ですね。





ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村


「Iko Iko」Dr. John 、「Jock-A-Mo」James "Sugar Boy" Crawford、「Iko Iko」The Dixie Cups、Grateful Dead、Zap Mama、Cyndi Lauper

今日の1曲は、ドクター・ジョンの「Iko Iko」です。



この曲の原曲である「Jock-A-Mo」は、1953年にニューオーリンズのジェイムズ・"シュガー・ボーイ"・クロフォード によって録音され、60年代にはディキシー・カップスによって「Iko Iko」としてカヴァーされました。
ニューオーリンズのマルディグラ・インディアンを題材にしたものであり、「Jock-A-Mo」とは「おどけ者」といった意味で、「Iko Iko」は「聴け」「大丈夫」「行くぞ」といった意味らしく、インディアンが戦いを始める時に使われていたようです。
あの愛子さんとは関係なさそうですね。当たり前か(笑)

ジェイムズ・"シュガー・ボーイ"・クロフォードの「Jock-A-Mo」です。


ディキシー・カップスのヴァージョンです。


グレイトフル・デッドのヴァージョンです。


ザップ・ママのヴァージョンです。


シンディ・ローパーのヴァージョンです。






ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村



「Such a Night」Dr. John

今日の1曲は、ドクター・ジョンの「Such a Night」です。




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村