フォーク・フォークロック・シンガーソングライター・ネオアコ - 嘘八百のこの世界
fc2ブログ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント
月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告
フォーク・フォークロック・シンガーソングライター・ネオアコ カテゴリーの記事

「Shakin' The Blues」Tony Joe White and Waylon Jennings

今日の1曲は、トニー・ジョー・ホワイト&ウェイロン・ジェニングスの「Shakin' The Blues」です。ウェイロン・ジェニングスの作詞・作曲です。




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村



「神様、お考えになったことはありませんか。すべての人間を同じ色にしていたらどうなっただろうと」byダン・ペン

「NOBODY’S FOOL」DAN PENN


1973年にリリースされた、ダン・ペン初のソロアルバムである。
2016年に再発売されたものを聴いた。

肩の力を抜いたダン・ペンの生み出すサウンド、実にいいんですね。
ダン・ペンは、歌手としてだけでなく、アリサ・フランクリンやジェームス・カー等の黒人ミュージシャンに優れた楽曲を提供したソングライターとしてもとても有名である。

「ダン・ペンなしには黒人ソウルミュージックの歴史は語れない」と言っても過言ではないだろう。

個別の曲に触れておく。

「Nobody’s Fool」
ダン・ペンとボビー・エモンズとの共作である。
ナッシュビル・ホーンズとダン・ペンのヴォーカルの絡みがいい。


「Raining In Memphis」
ダン・ペンとスプーナー・オールダムとの共作である。
これもフォーンがいい。
メンフィスの雨音が思い起こされ、心に染み入る。


「Tearjoint」
ダン・ペンとドニー・フリッツとの共作である。
「ここは飲み屋じゃない。涙屋なのさ。ただ孤独な人間が集まって、座って涙を流す場所なのさ」と歌う。


「Time」
ダン・ペンの自作曲である。
「時間って何だ。昔は十分あったが、今の俺には全然ない。どこに行ってしまったのか」と歌う。今の私には逆に感じられる。昔は毎日がただただ忙しいだけで、「この世界がどうなってるのか?」なんて考える時間など全くなかった。今は違う。



「Lodi」
CCRのジョン・フォガティ作の曲のカバーである。
「人生は目論見通りにはならない」ことを歌っているようだ。
「ああ またローダイで立ち往生」と歌う。

「Ain’t No Love」
 ダン・ペンとドニー・フリッツとの共作である。
「この古い町には恋する相手がいない。あの娘がいなくなってからは、この古い町には恋する相手がいない」と歌う。

「I Hate You」
ダン・ペンとルロイ・ダニエルズとの共作である。
「お前なんか嫌いだ。嫌いになろうとしてるんだ」と歌う。
「恋しい気持ちと憎しみのはざまにある複雑な恋心」ちゅーやつのようですね。


「Player For Peace」
ダン・ペンとビル・レニーとグレッグ・レディングとの共作である。
曲の最後に「神様、お考えになったことはありませんか。すべての人間を同じ色にしていたらどうなっただろうと」と語っている。


「Skin」
ダン・ペンの自作曲である。というよりも、朗読である。
「根性があって正しいことをやろうと立ち上がる大物もいるけど、そういう人は撃ち殺されてしまう。ああ最近、いい奴が何人か撃ち殺されたね」「俺らはみんなブタだ。黒豚もいる。白豚もいる。どうも同じ一つの泥穴のなかでは仲良く楽しくやってられないようだ。それもこれも全部皮膚のせい。温かく優しい人の皮膚。考えてごらん、ただの皮膚だよ」と歌う。




ダン・ペンは、単なる優れたソングライター、シンガーではない。
「本当のこと」が語れる「本物の骨太ミュージシャン」である。
恐らくコロナ詐欺にも怒りの声を上げていることだろう。



評点:90点




<参考記事>
二人のレジェンドの生の演奏に触れることができた今回の経験は、私の記憶の断片(ダンペン)にしっかりと刻まれることになりました(笑)
「2019年3月、ダン・ペン&スプーナー・オールダム大阪ライヴ評」
http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-2810.html




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Games People Play」Joe South、King Curtis、Lee Dorsey、Inner Circle、Waylon Jennings、Freddy Weller、Lucinda Williams

今日の1曲は、ジョー・サウスの「Games People Play」です。
1968年にリリースされた、ジョー・サウスの自作曲です。



キング・カーティスのヴァージョンです。


リー・ドーシーのヴァージョンです。


インナー・サークルのヴァージョンです。


ウェイロン・ジェニングスのヴァージョンです。


フレディ・ウェラーのヴァージョンです。


ルシンダ・ウィリアムスのヴァージョンです。






ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「I'm Still Remembering」 The Cranberries

今日の1曲は、クランベリーズの「I'm Still Remembering」です。
カート・コバーンやJ.F.Kのことを歌っています。





ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Soldiers Who Want To Be Heroes」The Specials 、Rod McKuen

今日の1曲は、スペシャルズの「Soldiers Who Want To Be Heroes」です。



作者であるオリジナルのロッド・マッケンのヴァージョンです。




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村