ユダヤ・イルミナティ・フリーメーソン - 嘘八百のこの世界
FC2ブログ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント
月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告
ユダヤ・イルミナティ・フリーメーソン カテゴリーの記事

人間は虫のようなものだ。あまりに増えすぎる。

緒方貞子氏が亡くなったようなので、この記事を再掲しておきます。


「イルミナティの人口削減計画促進シンクタンク、ローマクラブの正体」


昨日、NHKスペシャル「緒方貞子~戦争が終わらないこの世界で~」が放送された。
緒方貞子とは。(ウィキより)


緒方 貞子(おがた さだこ、1927年9月16日 - )は、日本の国際政治学者。学位は、博士(政治学、カリフォルニア大学バークレー校)。上智大学名誉教授。独立行政法人国際協力機構理事長、国連人権委員会日本政府代表、国連難民高等弁務官、アフガニスタン支援政府特別代表を歴任。
経歴[編集]
生い立ち[編集]
1927年9月16日、東京府東京市麻布区(現東京都港区)に外交官・元フィンランド特命全権公使の中村豊一・恒子夫妻の長女として生まれる。父の転勤で幼少期をアメリカ・サンフランシスコ、中国・広東省、香港などで過ごす。
小学校5年生の時に日本に戻り、聖心女子学院に転入、聖心女子大学文学部英文科を卒業。その後、父の勧めでジョージタウン大学およびカリフォルニア大学バークレー校の大学院で学び、政治学の博士号を取得した。
研究活動[編集]
国際基督教大学準教授、上智大学教授を歴任する。在籍中は上智大学国際関係研究所長や外国語学部長などを務めた。
公的活動[編集]
1968年、国際基督教大学講師を務めていた時に、参議院議員を務めていた市川房枝の訪問を受けて、市川から「今年(1968年)の国際連合総会日本代表団に加わって戴きたい」と要請される[1]。これが契機となって緒方自身は国際連合の仕事に関わるようになる[2]。
国連公使、国際連合児童基金執行理事会議長、国連人権委員会日本政府代表、第8代国連難民高等弁務官(1990-2000年)他を務める。2001年からアフガニスタン支援政府特別代表、2003年から国際協力機構(JICA)理事長。天皇家からの信頼も厚い[要出典]。
2002年、外務大臣田中真紀子の更迭時にはその後任に推す声もあった。2007年11月のデイヴィッド・ロックフェラー来日時には、回顧録出版記念パーティーの発起人を務めた。
人物[編集]
カトリック信者。
家庭・親族[編集]
曽祖父は元内閣総理大臣の犬養毅で、祖父は外交官で犬養内閣外相の芳沢謙吉。母・恒子は元共同通信社長の犬養康彦や評論家の犬養道子、エッセイストの安藤和津の従姉にあたる
夫・緒方四十郎(元日本銀行理事)は、朝日新聞社副社長や自由党総裁、副総理をつとめた緒方竹虎の三男である。緒方姓は竹虎の祖父・郁蔵(本姓大戸氏、備中(岡山県)出身)が緒方洪庵と義兄弟の盟を結びその姓を名乗らせたことに始まる。息子の緒方篤は映画監督。


いやはや、輝かしい経歴をお持ちのかたのようだ。
気になった点を纏めてみる。


1、<上智大学名誉教授>
  聖心女子学院、ジョージタウン大学もそうだがイエズス会系である。

2、<市川房枝の訪問を受けて、国際連合の仕事に関わるようになる。>

3、<デヴィッド・ロックフェラーと親交有り。>

4、<夫・緒方四十郎(元日本銀行理事)は、朝日新聞社副社長や自民党総裁、副総理をつとめた緒方竹虎の三男である。>

緒方竹虎とは。(ウィキより)

緒方 竹虎(おがた たけとら、1888年1月30日 - 1956年1月28日)は、日本のジャーナリスト、政治家。朝日新聞社副社長・主筆、自由党総裁、自由民主党総裁代行委員、国務大臣、情報局総裁、内閣書記官長、内閣官房長官、副総理などを歴任。栄典は正三位勲一等旭日大綬章。三男の緒方四十郎は元日本銀行理事。
緒方は1922年7月に帰国すると朝日新聞社幹部に温かく迎えられ、同月大阪朝日新聞社東京通信部長、翌1923年4月東京朝日新聞社整理部長、同年10月政治部長、1924年12月支那部長兼務、1925年2月、37歳で東京朝日新聞社編集局長兼政治部長兼支那部長と出世街道を走り、1928年5月取締役、村山龍平社長没後の主筆制採用で1934年4月東京朝日新聞社主筆、同年5月常務取締役。そして1936年の二・二六事件までは下村宏副社長が東京朝日新聞社の責任者だったが、下村副社長が広田内閣組閣に際して退社したため(拓務大臣として入閣しようとしたが、陸軍が拒否)、同年4月、緒方が後任の代表者となった[4]。
さらに二・二六事件後に緒方の構想による筆政一元化で同年5月朝日新聞社主筆、代表取締役専務取締役となった(専務取締役は1940年8月に辞任)。1940年8月には編集総長を置いて美土路昌一をこれに当てて東京本社、大阪本社、中部本社(現名古屋本社)、西部本社の4社編集局を統括させ、編集会議を設置して緒方主筆が議長となり、討議の上、社論を決め、全責任を主筆が負うことにした。緒方は外部に対して朝日を代表する者と見られ、一切の責任を追う立場になった。
近衛文麿のブレーン組織である昭和研究会には、緒方の承認の下、前田多門、佐々弘雄、笠信太郎、尾崎秀実ら中堅・若手論説委員や記者が参加しており、緒方自身も第2次近衛内閣期の新体制準備委員として新体制運動に積極的に関与した。しかしその中から、緒方が可愛がっていた尾崎秀実が1941年10月にゾルゲ事件で逮捕されたことは、緒方派に大きな打撃を与えた。

朝日新聞社退社後、小磯内閣に国務大臣兼情報局総裁として入閣した緒方は、一方で「言論暢達」政策を採り、他方で編集責任者に対して新聞社に許される自主性の大枠に関する内面指導を行った。このような緒方の新聞指導は、情報局総裁たる緒方が戦局に関する十分な情報を入手していることを必要としたが、実際には陸軍の非協力などにより叶わなかった。情報政策の担い手たる情報局が、何ら自前の情報収集源を持てなかったことは致命的だった。

なお、緒方は政界復帰前の1952年4月、吉田茂、村井順とともに、アメリカのCIA、イギリスのMI5、MI6などを参考にして、内閣総理大臣官房に「調査室」という小さな情報機関を設立した[10]。これが現在の内閣情報調査室の源流である。緒方は、これとは別に強力な情報機関、いわゆる日本版CIAを新設する構想を持っており、吉田内閣入閣でこの構想は一挙に表舞台に登場したが、国会や外務省、世論の激しい批判を浴び、第5次吉田内閣の下で内調の拡充・強化を図るにとどまった。しかし、このときの緒方の動きを、アメリカCIAは高く評価した
アメリカ国立公文書館におけるCIA文書の公開により、CIAが緒方政権擁立のために積極的な工作を行っていたことが明らかになっている[11]。
一橋大学名誉教授加藤哲郎、同山本武利、立教大学兼任講師吉田則昭らによると、日本版CIA構想で緒方を高く評価したアメリカCIAは1955年、鳩山総理大臣がソ連との国交回復に意欲的なうえ、ソ連が左右両派社会党の統一を後押ししていると見て、日本の保守勢力の統合を急務と考え、鳩山の後継総理大臣候補に緒方を期待。緒方に「POCAPON(ポカポン)」の暗号名を付け、緒方の地方遊説にCIA工作員が同行するなど、政治工作を本格化させた。同年10~12月にはほぼ毎週接触する「オペレーション・ポカポン」(緒方作戦)を実行し、「反ソ・反鳩山」の旗頭として総理大臣の座に押し上げようとした。
緒方は情報源としても信頼され、提供された日本政府・政界の情報は、アレン・ダレスCIA長官に直接報告された。緒方も1955年2月の衆院選直前、ダレスに選挙情勢について「心配しないでほしい」と伝えるよう要請。翌日、CIA担当者に「総理大臣になったら、1年後に保守絶対多数の土台を作る。必要なら選挙法改正も行う」と語っていた。だが、自由民主党は4人の総裁代行委員制で発足し、緒方は総裁公選を前に急死。CIAは「日本及び米国政府の双方にとって実に不運だ」と報告した。ダレスが遺族に弔電を打った記録もある。結局、鳩山が初代自由民主党総裁に就任。CIAは緒方の後の政治工作対象を、賀屋興宣や岸信介に切り替えていく。


また、個人名のウィキペディアには記載されていないが、私が一番不審に感じているのはローマクラブと彼女の関わりである。池田大作や松浦晃一郎(ユネスコ第8代事務局長)と並んで、緒方貞子はローマクラブの日本人の名誉会員となっている。
ローマクラブとは。(ウィキより)

ローマクラブ(Club of Rome)は、スイスのヴィンタートゥールに本部を置く民間のシンクタンク
イタリア・オリベッティ社の会長であったアウレリオ・ペッチェイ(Aurelio Peccei)[† 1]とイギリスの科学者で政策アドバイザーでもあったアレクサンダー・キングが、資源・人口・軍備拡張・経済・環境破壊などの全地球的な問題に対処するために設立した。世界各国の科学者・経済人・教育者・各種分野の学識経験者など100人からなり、1968年4月に立ち上げのための会合をローマで開いたことからこの名称になった。1970年3月に正式発足。1979年にFEMAを設立。FEMAはローマクラブが設立した機関。「環境保護主義者」を動かしているのはローマクラブの代表機関であるアスペン研究所であり、彼らがアトランティック・リッチフィールドやその他の大手石油会社から莫大な資金援助を受けている。
本部は2008年にドイツのハンブルクからスイスのヴィンタートゥールへ移転した[1]。
定期的に研究報告を出しており、デニス・メドウズらによる第一報告書『成長の限界』[2](1972年)では現在のままで人口増加や環境破壊が続けば、資源の枯渇(あと20年で石油が枯渇する[† 2])や環境の悪化によって100年以内に人類の成長は限界に達すると警鐘を鳴らしており、破局を回避するためには地球が無限であるということを前提とした従来の経済のあり方を見直し、世界的な均衡を目指す必要があると論じている。その続編『限界を超えて-生きるための選択』(1992年)では、資源採取や環境汚染の行き過ぎによって21世紀前半に破局が訪れるという、更に悪化したシナリオが提示されている。その後も環境・情報・経済・教育などをテーマとした報告書が引き続き刊行されており、日本語版はダイヤモンド社から刊行されている。
近年の動向としては、「世界発展のための新しい道」として環境問題など五つの分野で提言を行なっている[3]。2007年には、OECD、欧州議会、WWFと共同で「Beyond GDP」という会議が開催され、進歩と富と幸福を計る尺度について議論が交わされた[4]。2008年11月にはローマクラブ創設40周年の会議がスイスで開催され、スイスの氷河の後退など地球温暖化の脅威に関する報告などがあった[5]。

ジョン・コールマン氏の「300人委員会 凶事の予兆」にからの抜粋。

ローマクラブは新世界秩序のプロジェクトのひとつであって、新暗黒時代といわれる「世界人間牧場」計画への速やかな移行を促進するために計画された。
ローマクラブの最古参メンバーは、ヨーロッパのいわゆる「黒い貴族」だ。

最初のワシントンでの会議を受け、1980年12月5日に補足会議が開かれた。この会議では、ローマクラブの「グローバル2000レポート」、すなわち世界的な大量殺戮計画が承認され、受け入れられた。このレポートは西暦2010年までに25億人以上を殺せというもので、そこから「グローバル2000」というタイトルがついている。第二回会議では、安楽死肯定政策が、老齢人口の増加を抑える手段として採用された。また、ラッセルの使った「ムダ飯食い」ということばが熱狂的に支持され、ローマクラブから「必要以上の余剰」と見られている数十億人を表すキーワードとなった。
1982年3月にパリで開かれたローマクラブの補足会議で、創設者アウレリオ・ペッチェイは次のような発言をした。
人間は虫のようなものだ。あまりに増えすぎる。・・・民族国家という概念を考え直すときだろう。民族国家は世界文化の障害になっている。キリスト教は高慢な人間と商業主義社会を生み出すが、そこから生まれるのは、死んだような文化とクラシック音楽だけだ。これは抑圧の印だ」
ペッチェイは、人類は天地創造の際のある種のアクシデントであり、世界人口の大半は不要である、そういった人間の考えを考慮に入れる必要はない、と言う。これは、エジプト、ユダヤ、シリアなど古代世界の各地でさかんにおこなわれた、オカルト神権政治の考え方だ。そのなかでは、ディオニソス・カルトが非常に重要な役目を果たしていた。
ローマクラブの数次にわたる会合から、彼らの狙いと目的がはっきりと見えてくるだろう。それは、世界から産業の発達をなくしてしまうこと、科学研究を止めさせること、都会の、特に北米の旧工業都市の人口削減すること、人口を農村地帯へ移動させること、世界人口を二十億以上間引くこと、ローマクラブの計画に反対する政治勢力を再結成させないこと、大量解雇・失業と階級・人種間戦争で米国を不安定化すること、そして高金利とキャピタルゲインへの重課税で資本投資の意欲をつぶしてしまうことだ。

ローマクラブの狙いと目的は何か。本質的には1848年の共産党宣言にしたがったものであり、性格と起源は社会主義であり、動機にはグノーシス派、カルデアの黒魔術、薔薇十字思想、イシス=オシリス、ディオニソス、悪魔崇拝、オカルト神権政治、ルシファー信仰、フリーメーソンなどの暗黒の霊的な力が働いている。西洋キリスト教文明の転覆が、ローマクラブの活動の中でも優先事項だ。あらゆる国の国家主権の破壊がこれに続き、さらに数十億人の抹殺も、ローマクラブが目指す上位にある。ペッチェイの考え方では、民族国家、個人の自由、宗教、表現の自由は、新世界秩序の長靴の下で粉々に踏み砕かれなければばらない。ローマクラブが設立されたのは、それを可能な限り短い時間で達成するためだ。ローマクラブの課題は、すでに西洋キリスト教文明を終わらせるために活動していた数多くの社会主義組織を、ひとつの組織の傘下にまとめあげることだった。
ローマクラブが直面している問題は、日本の失業が米国のレベルにまで達したときに確実にくるであろう反動にどう対処するかだ(残念ながらわたしの推測は適中してしまった)。日本人が、米国の労働者がすでにしているように、黙って、おとなしく失業を受け入れ続けることはないだろう。日本という国を破壊するのは難しい。だが、毒を少しずつ、きっちり分量を計って広めていくことで、日本での革命を達成できるとローマクラブは考えている。それは大衆を立ち上がらせないような、ことばを換えれば、米国型のモデルを使って、日本への攻撃を継続しようということだ。


緒方貞子氏について整理してみる。
まず、イエズス会については前にも触れたが、キリスト教を装った実際はユダヤ・カバラ教であることはほぼ間違いない。イルミナティの別名と言ってもいいだろう。ザビエルの頃から日本に深く浸透し、皇室にも強い影響を与えている。緒方氏はこのイエズス会にどっぷりとはまっているらしい。
市川房枝については、婦人参政権を求める運動をしておきながら戦争遂行に協力する行動をとっている。以前、ロッフェラーが「ウーマンリブは我々が作ったのだ」と語る動画を紹介したが、その日本におけるフェミニズム運動の先駆者であったようであり、かなり怪しさを感じる。その市川房枝から国連の仕事を紹介された、というのはこれまた怪しさを感じざるをえない。
そして、デヴッド・ロックフェラーがイルミナティの中核人物であることは疑いようのないことである。
さらに強烈なのは、暗号名ポカポンというコードネームのCIA工作員であった緒方竹虎を祖父に持つということだ。自分のことではない、と主張されるとは思うが、彼女の育った環境は一般人のそれとはあまりにかけ離れている。彼女がこれだけの“素晴らしい”肩書きを持っておられるのは、彼女の努力も当然あるだろうが、この特殊な家系による理由がかなりあるだろうと推測する。
それから極めつけなのは、彼女があのローマクラブに関わった限られた日本人であるという事実だ。どうやらローマクラブという組織は、イルミナティの別働隊というか、その中でも「超ラジカルな人口削減促進部隊」のようなものであるらしい。
ジョン・コールマンの本は2000年の書だが、彼らの邪悪な計画が着々と実行されていることは火を見るより明らかである。特に腹の立つ話だが、最後の「日本破壊計画」については、「派遣労働の拡大による実質失業者の増加」、「TPP」、「遺伝子組み換え食品」、「3.11人工地震」と、彼らの計画通りに“こと”が進んでいると思われる。
NHKスペシャルのテレビでは、「ユーゴスラビアにおいて、クルド人を難民扱いとしみなして救った」とか、「内戦で苦しむルワンダの子供を救った」とか、美化された放送内容だったが、緒方さん、「あなたの真実は何なんでしょうか?」と、問いかけたい。番組の報道通りの「平和的・奉仕的な活動」を終生されておられたのなら、何故にコールマン氏曰く“人口削減を推進するオカルト組織であるローマクラブ”の名誉会員でおられるのか、納得のできる回答をもらいたいものだ。
最後に、ローマクラブに関する動画を紹介する。


https://www.youtube.com/watch?v=-O9tcJpZDa4



ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

ジャニー社長のタレントたちへの性的虐待は都市伝説などではないばかりか、最高裁でも認定された事実なのだ

「嘘八百の芸能界、嘘八百のジャニー喜多川②」


この手の話題は触れたくないとは言いながらも、あまりに酷い偏向報道というか相変わらずの大本営報道を見聞きするにつれ、黙っていられないと思い、再度触れておきます。
私は何も個人の性嗜好のことを責めているわけではありません。
この男が自分の職業上の強い立場を利用して、自分の所属タレントを文字通り“所属”させてきた公私混同も甚だしい超パワハラ行為に対して異議を唱えているのであり、この事実を一切無視してこの超パワハラ性犯罪者を“偉大な芸能界の功労者”であるとばかりに問答無用に褒め称えている、世にも奇妙なマスゴミどもに文句が言いたいだけなのです。
読者の皆さんはご理解いただいているとは思いますが、何も知らない“純真無垢”な周囲のジャニーズファンに教えてあげてください。
「嘘八百の芸能界、嘘八百のジャニー喜多川」という真実を!
そして、考えてみてください。
「何故にマスゴミ各社はジャニー喜多川を褒め称えるばかりなのか」ということを。
「ジャニー喜多川の背後に存在する勢力は何者なのか」ということを。





(リテラ)さん
https://lite-ra.com/2019/09/post-4946.html
ジャニー社長「お別れ会」への退所タレント参列をマスコミが美談仕立てに! 一方、ジャニー社長の「タレント性的虐待」過去はやはり一切報じず
2019.09.04 09:58

きょう、ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長のお別れ会が、東京ドームで執り行われ、近藤真彦、中居正広、木村拓哉らからジュニアまでジャニーズタレント総勢154人、多くの芸能界関係者が参列。安倍首相も弔電を送り、近藤真彦がそれを読み上げた。そして、マスコミはこうした様子をこぞって大きく取り上げ、ジャニー社長がいかにタレントたちから慕われていたかを伝えた。
 また、今回、大きく取り上げられたのは、お別れ会に、郷ひろみ、川崎麻世、薬丸裕英、布川敏和、大沢樹生、ONE OK ROCKのTakaなどジャニーズを辞めたタレントたちも招待され、多数が参列していたことだ。ワイドショーもスポーツ紙も、「ジャニーズを退所したタレントたちもジャニーさんに感謝の意を語った」と、美談仕立ての報道を展開した。
「もちろん、これは、ジャニーズ事務所から事前に、『今回は退所したタレントの参列も取り上げて良い』と指示が出ていたんです。というか、◯◯はインタビューしてもいい、△△は映像のみ、××は名前も触れるな、などと細かい注文もついていた。ジャニーズ事務所は独立したタレントへの圧力で、公正取引員会から注意を受けるなど風当たりが強くなっていますからね。ジャニーさんとタレントとの“ファミリー的な関係”をアピールして、イメージアップしようとしたんでしょう」(スポーツ紙記者)
しかし、御用マスコミがいくら美しい物語として演出しようとも、ジャニーズ事務所のグロテスクなタレント支配の事実は消すことができない。それは、独立したタレントへの圧力だけではない。このお別れの会にも呼ばれなかった元所属タレントや元ジュニアの中には、他でもないジャニー氏から性的虐待を受けて、辞めたタレントがかなりの数、いるのだ。
 本サイトは、7月9日、ジャニー喜多川社長が逝去したときに、この性的虐待問題を取り上げ、再検証する記事を掲載した。ジャニー氏が日本のエンタテインメントに大きく貢献したのは事実だが、タレントに性的虐待を行なっていたことは最高裁で確定している事実であり、この問題を抜きにして、ジャニー社長、ジャニーズ事務所を語ることはできないと考えたからだ。
 しかし、その後もテレビやスポーツ紙など御用マスコミは一切、このジャニー社長のグロテスクな過去を報道することはなかった。このままいけば、ジャニー社長の死とともに性的虐待という事実もまた、なかったことになってしまうのだろう。
 だが、ジャニー社長の性的虐待は、過去の個人の問題でなく、いまのジャニーズ事務所や芸能界の強権的なタレント支配にも通じる問題だ。お別れ会に際し、改めて記事を再編集してお届けするので、その負の歴史を是非記憶に止めておいてもらいたい。
(編集部)
●複数の元ジュニア、ジャニーズOBが「文春」でジャニー社長からの性的虐待を告発
 ジャニーズ事務所の代表取締役社長であるジャニー喜多川氏の死去に際し、ジャニー社長賛美報道が繰り広げられている。ジャニー社長のショービジネス、芸能・エンタテインメント界での功績、スターを多数輩出した卓越した審美眼、タレントたちとの親子のような強い絆……。しかし一方で、メディアが一切触れていないことがある。ジャニー社長の性的虐待という問題だ。
 実はかなり古い時代から、ジャニー社長のタレントやジュニアに対する性的虐待の告発は数多く存在した。なかでも衝撃的だったのが、1988年に元フォーリーブスの北公次が出した告発本『光GENJIへ』(データハウス)だろう。北はこのなかでジャニー社長からの性的虐待を赤裸々に記しているが、その後も元ジャニーズの中谷良による『ジャニーズの逆襲』(データハウス/1989年)、平本淳也の『ジャニーズのすべて 少年愛の館』(鹿砦社/1996年)、豊川誕の『ひとりぼっちの旅立ち』(鹿砦社/1997年)、光GENJIの候補メンバーだった木山将吾の『Smapへ――そして、すべてのジャニーズタレントへ』(鹿砦社/2005年)などの告発本が刊行され、
いずれもジャニー社長からの性的虐待を訴えたのだ。
 多くのマスコミは、ジャニーズタブーのため、これら告発本やその内容はほぼ黙殺、まともな検証がなされていないため、現在ではジャニー社長の性的虐待を“都市伝説”のように思っている向きも多いだろう。しかし、ジャニー社長のタレントたちへの性的虐待は都市伝説などではないばかりか、最高裁でも認定された事実なのだ。
 その裁判のきっかけは、1999年に「週刊文春」(文藝春秋)がジャニーズ事務所の数々の問題を告発するキャンペーン記事を掲載したことだった。キャンペーンは10回以上に及び、そのなかでも衝撃的だったのがジャニー社長の性的虐待や児童虐待だった。
 記事は複数の元ジュニアやジャニーズOBの証言をもとに、ジャニー社長の性的虐待を赤裸々に告発するものだったが、これに対し同年11月、ジャニーズ事務所は名誉毀損で「週刊文春」を提訴。そして裁判でジャニー社長の性的虐待の有無が争われることとなった。その裁判の過程で「週刊文春」側証人として元ジャニーズJr.の2人が出廷、裁判の場で、性的虐待の実態を赤裸々に語ったのだ。
 ジャニーズタブーのためマスコミはその裁判の動向はほとんど報じていなかったことに加え、元ジュニアの証言は性被害というセンシティブな問題であることから非公開で行われたため、まったく外部に伝わっていなかったが、月刊誌『噂の真相』(2002年2月号)が、その証言内容をつかみ詳細を報じている。
 記事によれば、証言に立った元ジュニアは2人とも未成年。2001年7月25日大阪地裁のある法廷でのことだという。証言者のひとりであるA君は仕事で夜遅くなり、電車がなくなったとき、他のジュニア数人と“合宿所”と呼ばれるジャニー社長の自宅である六本木の高級マンションに宿泊した。そんななかジャニー社長から性的虐待を受けたのだという。




やはり、CIAの情報員だったそうです。
芸能界がどういった存在であるかということが理解できましたよね。
それを言うなら、この国の総理大臣も同じようなものですが・・・





http://www.thutmosev.com/archives/52688814.html
2016年01月16日00:15
ジャニー喜多川の半生 アメリカ生まれでCIAの情報員もしていた

ジャニー喜多川の数奇な半生

そのジャニー喜多川は波乱に飛んだ人生を送っていて、まず国籍が不明とされています。

父は僧侶だがプロ野球のマネージャーもやっていて、野球の縁なのかアメリカに渡り、1931年にロサンゼルスでジャニーが生まれた。

日華事変が始まると日本に帰国したが、戦後の1947年に兄弟3人でアメリカに帰国しました。


法律上アメリカで生まれた人にはアメリカ国籍が与えられるので、兄弟はアメリカ国籍だが、日本国籍も持っているとされている。

つまり2重国籍だったようなのだが、現在の国籍がどうなっているのかは、娘の藤島ジュリー景子を含めて判然としません。

ロサンゼルスでは音楽関係のバイトをしながら高校を卒業し、美空ひばりのLAコンサートでもバイトで手伝ったとされています。


美空ひばりやその関係者と知己を得た事で日本の芸能界にコネクションが出来、後に芸能界入りするきっかけになりました。

1952年には日本でCIA情報員として働き、早い話アメリカ軍のスパイのような事をしていたようです。

朝鮮戦争では朝鮮半島で英語と朝鮮語の通訳もしていて、語学は非常に堪能なようです。


その後はアメリカ大使館に勤務したあと上智大学を卒業し、1955年にバンドを結成し芸能界デビューしました。

美空ひばりの力なのか、CIAやアメリカ軍の力なのか、当時の芸能界ですぐに受け入れられました。

1952年はGHQの占領が名目上終わった年だったが、1960年に現在の日米安保条約が締結されるまで、実質的に続いていました。


1962年に初代ジャニーズを結成しジャニーズ事務所がスタートし、1975年に正式に株式会社になりました。





この男の悪事を告発した北公次は2012年に亡くなっていたんですね。
全く知りませんでした。
そして、亡くなる前日に不可解な遺書を残していたようです。





https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1482098839
不可解です。北公次さんが、癌で、亡くなりまいたが
2012/2/2319:14:13

不可解です。北公次さんが、癌で、亡くなりまいたが、一時期、暴露本まで出し、あれほどジャニー喜多川さんを批判していたのに、亡くなる前日に「どうしても言わせて頂けるなら ジャニーさん メリーさん
ありがとうございました 感謝します」という、遺言が書けるのでしょうか?。
最近は、以前と違い、病床で気持ちも丸くなり、感謝の念があったとも思えますが、なんか、出来過ぎた遺言だと感じてしまうんですが・・・。
親戚で癌で、亡くなった人がいるのですが、亡くなる一日前なんか、意識がなく、ましてや遺言なんか残せる状況ではなかったといいます。


考えたくはないですが、そばで見守っていた江木さんと、おりもさんが、ジャニーズ事務所からいくらかもらったのでしょうか?。それで遺言の内容を操作・・・!?。

でもそんなことはあってほしくないです。それとジャニーズ事務所からみの疑惑をいうと、質問も削除されそうですが・・・。





本当に不可解ですね。
死の前日にこのような文章を書けるわけがありません。
さらには、自身の生前の行動を否定するような文章を書くわけがないのです。
ということは、この遺書は本人が書いたものではないということです。
誰がこの遺言を「作成」したのでしょうか?
「彼ら」の関係者であることは間違いないでしょう。
私には「芸能界の真実を隠蔽する」ことと「芸能界のタブーを破ったらこうなるんだぞ」ということを他のアイドルに知らしめることを目的として「作成」されたとしか思えません。





https://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20120223-907794.html
北公次さん亡くなる前日に“遺言”
[2012年2月23日10時48分 紙面から]

70年代を代表する男性アイドルグループ、フォーリーブスのメンバーで歌手の北公次(本名・松下公次)さんが22日午前1時29分、肝臓がんのため、都内の病院で亡くなった。63歳だった。
 北さんの公式サイトには、亡くなる前日21日に北さんが自らしたためたとみられる「ファンの皆様
 お世話になった皆様へ」と題した“遺言”が掲載された。

 本当に本当にありがとうございました。
 北公次としての人生を全う出来た僕は本当に幸せでした。
 大好きなステージを沢山させていただきました。
 きっと
 僕からのこのメッセージを読んでいただける頃は
 もう僕は居ませんがみんな悲しまないでね。
 僕は空からみんなを見守るよ!
 ありがとうを言うのもこれで最後です
 今まで応援ありがとうございました。
 そして最後にどうしても言わせていただけるなら
 ジャニーさん
 メリーさん
 ありがとうございました
 感謝しています。

 2012年2月21日
 北公次(原文まま)

 文中には、間近に迫った死を覚悟したような文言があり、北さんが瀕死(ひんし)の状況の中、つづったものとみられる。また最後にはフォーリーブスが所属していたジャニーズ事務所の社長ジャニー喜多川氏と姉のメリー喜多川氏への感謝の言葉をつづった。北さんは暴露本「光GENJIへ」を発刊、ジャニー氏らを批判したことがあり、その謝罪の思いを最後に伝えたかったようだ。





http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-2942.html
芸能界→ゲイ能界
「嘘八百の芸能界、嘘八百のジャニー喜多川」






ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村




国民は「売国奴政治家と売国奴マスゴミによる水道民営化詐欺の被害に晒されている」ということを自覚するべきである!

「水道民営化詐欺パート3」



あまりに腐りきったこの国の売国奴政治家にあきれ果て、それに対して本当に怒りの感情を持っているのかも疑わしく感じられるこの国のシープルにもあきれ果て、すべてが邪魔くさくなってきた今日この頃だが、嘆いてばかりもいられないので少しばかり書いておく。
まずは、2018年11月の参院・厚生労働委員会における福島みずほの「ヴェオリア社の担当者が入っている。公平性がない。コンセッションの部分は削除すべき。立法事実は失われた」という動画をアップします。長い動画ですが、少しだけでも観てください。




福島みずほはマトモなことを言っている。
他にこのようなマトモな発言をしている政治家がどれだけ存在しているのか疑わしいものである。
右も左も糞もないのである。
水は思想以前の問題である。
「水が飲めなくても大丈夫」という人間はいないだろう。
あなたがレプティリアンでないのであれば・・・
その一番大事な水が外資に売られようとしているのである。
この重要な問題をスルーする政治家は政治家じゃない。
政治家の皮をかぶったカスである。
今回の選挙(どーせ不正だが)でこの重要事項を国民に訴えた政治家はどれだけ存在しているのか?
マスゴミがスルーしまくっているのは言うまでもないことである。

国民は「売国奴政治家と売国奴マスゴミによる水道民営化詐欺の被害に晒されている」ということを自覚するべきである!




http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-11.html
水道民営化詐欺!
「水まで盗む」イルミナティの「ドス黒い繋がり」(麻生太郎、橋下徹、ブッシュ、アル・ゴア、ネスレ社、ベクテル社、シーグラム社、ロックフェラー、ロスチャイルドetc・・・)




http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-369.html
水道民営化詐欺パート2
「「ユダヤの手先」「国賊」橋下徹が遂行する“水道民営化詐欺”を決して許すな!」






http://www.asyura2.com/18/genpatu50/msg/634.html
日本の水道事業を乗っ取るロスチャイルド・麻生財閥 次の狙いは日本の核ゴミ廃棄場化だ 
http://www.asyura2.com/18/genpatu50/msg/634.html
投稿者 魑魅魍魎男 日時 2018 年 12 月 08 日 02:26:22

水道民営化が大きな問題になっている。
福島みずほ議員が内閣府に水メジャーの仏ヴェオリア社の担当者が入っており、
公平性がないことが暴露された[1]。
このヴェオリア社の前身はジェネラル・デ・ゾー社といい、1853年にロスチャイルド・パリ家が設立した
水道会社である[2][3][4]。
麻生太郎副総理の一族が経営する麻生セメントはスイスのセメント大手であるラファージュ・
ホルシム社との合弁会社である[5]。
この会社は、2015年にロスチャイルド家との関係が深いフランスのラファージュ社と、
スイスのホルシム社が経営統合して誕生した世界最大級のセメント会社である[6][7]。
麻生セメントは日本を担当するグループ企業の1つである。
(ちなみに、あのヒラリー・クリントンはラファージュの元重役である[8]。
トランプ大統領は"困ったちゃん"であるが、彼女が大統領になっても困ったことになっただろう)
このラファージュ・ホルシム社の大株主はグループ・ブリュッセル・ランバートという
ロスチャイルドの投資銀行である[9]。
これらからわかるように、実質的に麻生セメントに出資しているのはロスチャイルド家であり、
麻生太郎副総理は彼らの代理人と言ってよい。
ロスチャイルド家が麻生太郎を利用して法律を改正させ、日本の水道事業を乗っ取り、
ボロ儲けをしようとたくらんでいることは明らかであろう。
まさしく公共事業の私物化、売国行為である。
さて前置きが長くなったが、このヴェオリア社が狙っているのは水道事業だけではない。
この会社は廃棄物処理事業も行なっており、低レベル放射性廃棄物の処理事業を
日本で始める計画を発表している[3][10]。
何しろ8000Bq/kgの汚染土まで再利用可能という、核廃棄物処理業者にしたら
夢のような国である。
廃炉などで出た核ゴミをフランスから運んでも十分に採算が合う。
手始めに日本国内の放射性廃棄物を処理し、その次は海外の核ゴミも受け入れるよう
日本政府に圧力をかけるのは間違いない。
それどころか、低レベルだけでなく高レベル廃棄物(使用済み核燃料)も引き取れと
押しつけられる可能性がある。
もちろん日本の国民は激しく反対、抵抗するだろう。
その対抗策として、汚染土・ガレキの再利用や焼却を進め、日本の農地を徹底的に
汚染させようとしている。
無汚染の農作物が栽培できないようにして、海外からの食品を輸入させ、
その条件として核ゴミを無理矢理引き取らせるつもりなのだ。
筆者は日本が世界の核ゴミ最終処分場になると再三指摘してきたが、
ヴェオリア社による水道事業乗っ取りは、その足がかりだと思ってよいだろう[11][12]。
現役キャリア官僚・若林冽氏の小説にも、日本が世界中の放射性廃棄物を受け入れるという話が
出てくる[12]。
おそらく、霞ヶ関では核ゴミ受け入れ計画がすでに極秘で進められているのであろう。
ロスチャイルドといえば、政界入りの前はマクロン仏大統領はロスチャイルド家の中核銀行である
"ロチルド & Cie"で働いていた[13]。彼もロスチャイルドの代理人である。
彼らの後ろ盾があったからこそ、若くして大統領になれたのだ。
パリの激しい抗議デモが連日報道されている。
あれはロスチャイルドの支配に対する抵抗なのだが、もちろん彼らの支配下にあるマスメディアは
ロスチャイルドの"ロ"の字も報道しない。





アホウの妹が皇室入りしていることもマスゴミは一切伝えない。
この人物をウィキより抜粋する。




寬仁親王妃信子(ともひとしんのうひ のぶこ、1955年〈昭和30年〉4月9日 - )は、日本の皇族。寬仁親王の妃。身位は親王妃。皇室典範における敬称は殿下。お印は花桃(はなもも)。勲等は勲一等宝冠章。旧名は麻生 信子(あそう のぶこ)。
第45・48 - 51代内閣総理大臣・吉田茂の孫。第92代内閣総理大臣麻生太郎の末妹。

1955年(昭和30年)4月9日、麻生セメント会長の麻生太賀吉の三女として生まれる。聖心女子学院初等科、中等科を経て、英国のロスリンハウス・カレッジ(Roselyn House College)へ入学した。

1972年(昭和47年)2月、16歳の時に寬仁親王(当時26歳)から求婚されたが、当時はまだ高校生で若すぎるということもあり、8年後の1980年(昭和55年)4月18日の皇室会議を経て婚約。同年の11月7日に成婚した。同日付で勲一等宝冠章を受章した。

日本赤十字社名誉副総裁のほか、社団法人東京慈恵会総裁、財団法人日本ばら会名誉総裁と、総裁職に就いている。





はいはい、日本赤十字社名誉副総裁ですか?



http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-216.html
日赤=日本支配者層の血の繋がり?
「ウィキペディアで探る日本赤十字社歴代社長及び、その親族の“ご立派”な肩書き」




アホウの妹の旦那の父親はあの終戦詐欺の黒幕だったようである。



http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-536.html
敗北するように、日本は明治維新のときから仕組まれていた
「日本のいちばん醜い日」 鬼塚英昭





皆さん、水道民営化詐欺の出所が理解できましたか?
皆さんの大事な水が売国奴に盗まれようとしていることも理解できましたか?
チーム・イルミナティという悪魔どもがすべて繋がっていることもネ。




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村



芸能界→ゲイ能界

「嘘八百の芸能界、嘘八百のジャニー喜多川」


私はジャニー喜多川を追悼する気などサラサラありません。
さらには、この人物の性嗜好の是非について言及する気もサラサラありません。
このようなレベルの低い話題に関わりたくないというのが本音ですが、この人物に少し触れることで「嘘八百の芸能界」を理解できるきっかけとなるかもしれないので、ほんの少しだけ触れておきます。
口にするのも吐き気がするだけですが、「嘘八百の新聞テレビ報道」に皆さんが一方的に騙されないようにするためにも「テレビが報道しない記事と動画」をアップしておきます。
皆さん、この人物の正体がテレビで報道されない理由は分かりますよね。
この人物が「彼ら」と繋がっているからです。
芸能会なんて鬼畜のような存在なんですヨ。
ジャニーズファンの幸せな女性の皆さん、あなたの好きなアイドルを否定するつもりはありませんが、アイドルの少年(おっさんも多いけど(笑))がいばらの道を乗り越えて現在の地位を獲得したことを覚えておいてくださいね。
少なくとも自分の子や孫をアイドルにしようなんて恐ろしい気を起こさないように!





https://www.excite.co.jp/news/article/Cyzowoman_201807_post_189646/
「ユーも仲間にならないかい」――13歳を誘い犯した、ジャニー喜多川のパワハラと“行為”
2018年7月4日 21:00

ジャニー氏に直接スカウトされた、その日から
 ジャニーズ事務所所属タレントの、乱倫スキャンダルが止まらない。

 TOKIOの山口達也による女子高生への強制わいせつ事件の衝撃が冷めやらぬ中、NEWSの小山慶一郎、加藤シゲアキに続いて、同メンバーの手越祐也にも未成年女性との飲酒パーティーに参加していた事実が発覚。

 こうも立て続けに出てくるということは、要するに、これがジャニーズタレントの日常なのだろう。業界全体、いや社会全体がコンプライアンス意識を向上させている中、まるで彼らだけ時計の針が止まっているか、なんなら逆回転しているかのように、不祥事が繰り返されている。

 だが、そもそもが未成年へのホモセクハラ(※)から始まっているようなジャニーズ事務所の成り立ちを考えると、彼らに自浄作用を期待するのは無理だろう。

 前々回では、ジャニーズ初のアイドルグループ「ジャニーズ」の中谷良氏が著書『ジャニーズの逆襲』(1989年・データハウス刊)で行った、11歳の時に受けたジャニー喜多川社長によるホモセクハラ告発を紹介。前回は、フォーリーブスの北公次氏が『光GENJIへ―元フォーリーブス北公次の禁断の半生記』(88年・同)で明かしている、ジャニー氏から受けたという陵辱行為の数々を紹介した通りである。

 この『光GENJIへ』は当時、大ベストセラーとなり、シリーズとして全10タイトルを数えることとなった。その中の1冊『さらば!!光GENJIへ』では、フォーリーブスの次にジャニーズでデビューしたグループ、ジューク・ボックスの元メンバー・小谷純氏とやなせかおる氏も、当時のジャニー氏より受けたホモセクハラ経験について、その詳細を語っている。

 小谷氏は、後楽園ゆうえんちで行われていたフォーリーブスのショーを見に行ったときに、ジャニー氏にスカウトされたのが、ジャニーズ入りのきっかけ。施設内でたくさんの乗り物に乗せてもらい、いきなりフォーリーブスを楽屋で紹介され、「ユーも仲間にならないかい」と言われ舞い上がってしまったという。

 そして、フォーリーブスやバックバンドと一緒に、ジャニー氏運転のマイクロバスに乗り、合宿所についていってしまう。家族には、「友達の家に泊まるよ」と嘘をつき、合宿所に泊まることになったというが、なんとその日から、ジャニー氏は連日のように小谷氏の肉体を弄ぶようになったという。

 初日こそ未遂に終わったというが、翌日も泊まることになると、

〈すると、その夜にもやはり、あの行為があったわけだ。ジャニーさんが僕の物を口に含んでいるのがわかったわけ〉

 当時、13~14歳、〈なぜこの人はこんな事をしているのか。それさえもわからない純粋な少年だったんだ〉という小谷少年は、あまりの驚きに恥ずかしさよりも疑問で頭がいっぱいになったという。

 だが、それがさすがに普通ではないことくらいはわかってきた小谷少年は、ジャニー氏を避けるようになると、

「もうグループサウンズも終わりだよ。そろそろフォーリーブスも解散するから、その時はユーもグループに入れてジュークボックスとして売り出す企画をしているんだ。バンドとして力を入れてあげるから、一緒にやって行こうね。すぐに大スターになれるんだよ」

 そんな甘いささやきに、ジャニー氏の悪魔の行為を拒否する力を奪われてしまったという。

 エスカレートするジャニー氏は、小谷少年のお尻にも執拗に迫ったというが、その最後の一線だけは拒否し続けたという。

 やなせ氏の証言も、実に衝撃的だ。

 同僚とバイクに乗っていて事故を起こして入院し、まだ体が動かず朦朧としているやなせ氏の眼前に、ジャニー氏は大きくなった男性自身を圧し当ててきたというのだ。

〈それどころかジャニーは俺の口にいきなり立ったそれを無理矢理入れようとしているんだぜ! まったく悪夢だよ!〉

 以降、やなせ氏は、ジャニー氏を避けるようになり、デビュー後もジャニー氏の求めを拒否し続けたが、そんなやなせ氏にジャニー氏は、

「ねぇ、かおる。ソロにしてあげようか。やって見たいんだろう」

 と甘い言葉をささやいてきたという。それでも拒否し続けたやなせ氏は、なんと給料がもらえず、その後、もらえるようになっても他メンバーよりも少なかったという。

〈からだを許さない分だけ引かれているかのようだった〉

 セクハラであり、パワハラでもある、卑劣な行為の数々に驚かされるばかりである。

 もちろん一方だけの証言であるだけに、これを全て信用するつもりもないが、のちに、ジャニー氏のホモセクハラが裁判で認定された(2004年)ことを合わせ考えると……。

 ジャニー氏、及びジャニーズ事務所が、こうした過去に真摯な反省をし、所属タレントに徹底した人間教育をする気がない限り、まだまだ不祥事は続くのではないだろうか。

(渡邊孝浩)

※今日では差別意識を助長する表現ですが、「逆セクハラ」同様、「セクハラ」が男性から女性への“行為”と限定されていた当時の社会的状況を伝えるため、時事用語と捉え、1999年の「週刊文春」(文藝春秋)報道から引用しています。








ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村



「電磁波が体に悪いというデータや根拠を示せ」→「電磁波が体に悪くないというデータや根拠を示せ」

「5G及び電磁波問題あれこれ」



今日は、手短に書きます。
というか、リンクのみを紹介するので詳細はリンク先の記事を見てもらいたいです。
なんのことかというと、5Gや電磁波のことです。
まずは、肯定派の記事から。



https://www.hitachi-systems-ns.co.jp/column/125.html
第125回 「5Gって何?」の話
IPよもやま話




5Gのいいことしか書いていませんね。
次に、否定派というか5Gや電磁波の問題点を書いている記事を何点か紹介します。




(トカナ)さん
https://tocana.jp/2019/02/post_85230_entry.html
5Gの実験中に鳥297羽が謎の突然死!「まるで殺人現場」牛も異変…人体への影響は!?=オランダ




(In Deep)さん
https://indeep.jp/we-must-know-5g-risks/
世界42カ国の科学者たちが導入中止の運動を続けている第5世代移動通信規格「5G」の人体へ及ぼす強力な影響の真実





(ザウルスでござる)さん
https://blog.goo.ne.jp/zaurus13/e/9b51b84ac793ecde27754bb5ffc7b8f2
人類の第2次低脳化現象 (2) あなたも今リアルタイムで “低脳化” している?






私は、5Gや電磁波について専門家でも何でもない素人です。
だから、これらについての絶対的知識など、私にあるはずがありません。
しかし、冷静な目でこの問題を考えると、否定派にならざるを得ません。
学校教育に洗脳された人間は、「電磁波が体に悪いというデータや根拠を示せ」と主張する傾向があるようです。
電磁波の専門家ではない私は、そのようなデータや根拠を持ち合わせてはいませんが、逆にそのような主張をする人間に言いたいです。
「電磁波が体に悪くないというデータや根拠を示せ」と。
「電磁波が体に悪くないというデータや根拠を持ち得ていないくせに、自分の主張だけが正しいかのような隔たった主張をするな」と。
「それ以前に電磁波が体に悪いか悪くないかという議論を大衆に示したうえで、5GやIOTのことを語れ」と。
「電磁波が体に悪くないというデータや根拠を持ち得ていないから、それが出来ないのではないのか」と。

当ブログではこれまで「彼ら」がしてきた悪事を腐るほど書いてきましたが、これほど悪の限りを尽くしてきた「彼ら」が、こと電磁波に関してだけは一般大衆の身体のことを考えて害のない安全なものを提供しているとはとても思えません。
というよりも、そのように判断する方が自然ではないでしょうか。

電磁波に対して肯定派と否定派のどちらの意見が正しいかを議論する前に、まずは両者の主張を公明正大に大衆に伝えることが重要でしょう。
片方の意見・主張しか伝えない学校教育やテレビ・新聞は必要ありません。
電磁波に限らず様々な問題で自己の考えが正しいと主張するのなら、否定派の主張を堂々と受け止めたうえで自己の考えの正当性を訴えることが出来るはずです。
それが出来ないのなら、自己の考えが反論に耐えることのできない浅はかなものに過ぎないということでしょう。





ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

テンプレート説明

このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。
背景はスライドショーになっています。

◎プラグイン説明

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。
←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。
このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

※最上部メニューバーの上に隙間がある方

最上部のメニューバーの上にFC2検索バー用のスペースを設けています。
検索バーを表示しない設定にしている方は、cssの最上部メニュー.MegaMenuの中にあるtop:27pxをtop:0に変更してください。

◎背景スライドショー説明

random : 1, // ランダム 0:オフ 1:オン
transition : 1, // 0:単純画像切替 1:フェード 2~7:移動 8:ページ更新毎に切り替え
transition_speed : 1000, // 画像間の切替時間
slide_interval : 3000, // 1枚毎の画像停止時間
slides : [
{ image : '画像URL' } // 画像の追加・削除はここ

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れません。