医療・薬品・ガン・血液 - 嘘八百のこの世界

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
医療・薬品・ガン・血液 カテゴリーの記事

人工知能の正体は?

「人工地震、人工知能、人工と名の付くものにはろくなものがない?」


まずは、このニュースから↓
http://www.asahi.com/articles/ASJ8V5F5GJ8VULBJ00J.html?iref=comtop_list_api_n01
人工知能ワトソン、がん診断支援 8割で有用な情報提供
川村剛志
2016年9月18日18時11分

米IBMの人工知能「ワトソン」をがん患者の診断支援に使った東大医科学研究所の研究で、8割近くの症例で診断や治療に役立つ情報を提示したとの研究成果がまとまった。がんの原因となっている遺伝子変異を10分程度で特定し、適切な抗がん剤の処方につながったケースもあった。
 より早い正確な診断・治療につながると期待される。
 ワトソンは文章の意味や文脈を理解し、膨大なデータの中から特徴を見つけ出して学習し、回答する能力がある。
 同研究所の研究では、患者から採取したがん組織の、がんに関係する遺伝子の塩基配列を解析してオンラインで入力する。ワトソンは過去に発表された2千万本以上の医学論文や薬の特許情報などを参照し、がん発症や進行に関係している可能性のある遺伝子変異の候補を見つけ、根拠となるデータや抗がん剤の候補と一緒に提示する。
 同研究所分子療法分野の東條有伸教授(血液腫瘍(しゅよう)内科)によると、昨年7月以降、血液がん患者ら71人の延べ約100例で遺伝子情報を入力し、診断支援に活用。今年3月までの54人で分析すると、30人で診断や病態の解釈に役立つ情報を提示し、ほかの11人でも治療方針の参考になり、8割近くで有用な情報が得られた。




こんな記事も↓
http://o2o.abeja.asia/product/post-10126/
もう始まっている!?人工知能で変わる医療の未来

大手IBMのWatsonは企業とタッグを組み、さらに医療分野へ傾倒

人工知能といえば、クイズ番組や銀行、料理などあらゆる分野で活躍しているIBMの人工知能システムWatsonだ。実はこのWatson、2011年からすでに医療分野への活用を始めている。
例えば、保険約款と事故の内容を照らし合わせることで、保険の査定審査を行うことが可能。他にも、テキストベースで書かれた数ある医療文献を分析し、新しい知見を生み出すことにも成功しているようだ。
また、2015年4月には、多数の健康に関するデータを持つ企業にWatsonを導入する新規事業部門「Watson Health」の立ち上げを発表。
具体的には、個人の健康データを分析することで、個人が客観的な示唆に基づいた健康管理を可能にすることがねらいだ。さらに、第一段階の提携先企業となったApple、Johnson&Johnson、Medtronicの3社との取り組みの今後にも期待がかかる。

スタートアップも負けていない!画像診断で人間よりも早く正確に病気を発見
医療分野にディープラーニングを活用するスタートアップも現れた。特に、ディープラーニング技術を活用した、画像診断で病気を発見するタイプのサービスに注目が集まっている。
例えば、米サンフランシスコ発のEnliticは、ディープラーニングを用いて、ガンの悪性腫瘍を的確に発見できるシステムを開発した。元来、ガン腫瘍の特性を人間が判断をするのにかなりの時間を要する。
しかし、Enliticのシステムでは、CTスキャンやMRI、顕微鏡写真、レントゲン写真などあらゆる画像をディープラーニングに読み込ませ、ガン腫瘍の特性を解析。解析結果と遺伝子情報とを組み合わせることで、人間よりも精度が高く短時間に診断をすることができるようになった。

広がる医療分野での利用シーン、医者と人工知能の協業の時代が来るか

紹介してきたように、大企業からスタートアップまで、あらゆる企業が人工知能を医療分野で実利用化を推進しようと動き出している。
そして、医療論文から新たな知見の発見、画像診断による病気の早期発見など、想像以上に人工知能が活躍する場面が多いことがわかる。今や大量のデータを処理し、解析していくことに関しては、人間よりコンピュータの方が優れているのだ。米国版WIERDでもこんな指摘がされている。

Today’s machines are capable of crunching vast amounts of data and identifying patterns that humans can’t.
(今日の機械には、大量のデータを高速処理し、人間にはできないようなパターンを認識するだけの能力が備わっている。)

となると、これからは人とのコミュニケーションのように二度と同じことは繰り返されず、より人間らしさが求められる領域が、医者や看護師の仕事の中心となってくるのではないだろうか。
将来この分野の技術がますます進歩すれば、病気の特定や治療の提案は人工知能が行い、治療中のプロセスで必要になる患者の心理面のフォローをするコミュニケーションを医者や看護師が行うといった光景がみられるようになるかもしれない。







(管理人)
人工知能という奴の正体が、ここに見えている。
私は当然この分野については素人なので詳細は全く分からないが、
素人が人工知能と聞くと、いかにも「最先端の科学」であるような印象を受けるだろう。
人間を超える知識を持った存在、というような。
そして、これからの時代は人工知能が切り開いていくのだ、と感じるのではないのだろうか。
しかし、この人工知能を産み出したのは人間である。
所詮、人工知能など、人間が都合よくデータを入力した結果の被生産物に過ぎないのだ。
人間が正しい情報を入力した人工知能は正しく機能するだろうが、
誤った情報を入力した人工知能は“誤って”機能するのである。

「抗がん剤が正しいがん治療である」といった入力操作を行った人工知能は、
「抗がん剤が正しいがん治療である」という前提で、
“適切な抗がん剤の処方”を見つけ出すわけである。

「抗がん剤が正しいがん治療である」といった入力操作を行った人工知能は、
この入力された情報が本当に正しいのかどうかという判断はしないのである。

人工知能を産み出し、拡散している勢力は、「彼ら」である。
「彼ら」がこれまで行ってきた悪行を見る限り、
人工知能が「彼ら」以外の我々一般大衆にとってプラスとなるものとは思えない。
マイナスの存在であるということは、明らかなのである。

誤った情報(我々一般大衆にとって害悪である情報)を入力された人工知能は、
“誤って”機能するのである。
もちろん、「彼ら」は故意に“誤って”機能させているのではあるが・・・

人工地震、人工知能、人工と名の付くものにはろくなものがないのは、
言うまでもないことである。


最後に、NHKの人工知能に関する動画をアップしておきます。
最初の方でアナウンサーが、「人工知能が患者の命を奪って救った・・・」と、
紹介されています。
思わず「本当の事」を言ってしまったのかもしれませんナ(爆)






すばらしい新世界?

「手塚治虫が遺作「ネオ・ファウスト」に残した“本当の想い”とは」



まずは、こちらの記事から。

(スプートニク)さん
http://jp.sputniknews.com/science/20160622/2346816.html
2016年06月22日 05:48

日本の株式会社メガカリオンの学者チームが商業規模で人工血液の生産を開始するつもりだ。このプロジェクトへの投資家は探されているところだ。

2016年4月に、メガカリオンはiPS細胞から作られた人工血液製のサンプル製造に初めて成功した。現在、ドナー血液の需要の10万分の1しか会社はカバーできない。
近い将来、高齢化、つまり潜在的ドナーの不在により世界にドナー血液の不足が訪れる。さらに、輸血センターが稼動するための状況が作られていない居住区でも人工血液は使用することができると、テクノロジーの開発者は語った。




株式会社メガカリオンという企業を見てみた。

http://www.megakaryon.com/aboutus/
http://www.megakaryon.com/mission/



三菱、ハーバード大学が関係しているようである・・・
ここで紹介されていたカール・ラントシュタイナーという人物をウィキで見てみた。




カール・ラントシュタイナー(Karl Landsteiner、1868年6月14日 - 1943年6月26日)は、オーストリア・ハンガリーの病理学者、血清学者。ABO式血液型を発見した。
ラントシュタイナーはウィーンでユダヤ人として生まれた。父は、記者・新聞編集者・法学博士のレーオポルト・ラントシュタイナー(Leopold Landsteiner)。父親とは6歳のときに死別し、母ファニ・ヘス(Fanny Hess)によって育てられた。 1891年にウィーン大学で医学の学位を取得し、ドイツのエミール・フィッシャーらの下で学んだことにより化学にも精通していた。
1900年にABO式血液型を発見、翌1901年11月14日に論文を発表。なお、ラントシュタイナーが発見したのはAB型以外の3つであり、発表時点ではA型、B型、C型としていた。これにより、1930年にノーベル生理学・医学賞を受賞している。
1908年にウィーン大学の病理学の教授となり、同年ポリオの病原体、ポリオウイルスを発見した。1916年にはヘレン・ヴラスト(Helen Wlasto)と結婚し一人の息子をもうけた。その後、第一次世界大戦のため、オランダへと移った。
1922年にニューヨークのロックフェラー研究所に加わり、1937年にはラントシュタイナーとその弟子アレクサンダー・ウィーナーでRh因子を発見。この間、アメリカの国民となり、1939年に退職後も終生をニューヨークで過ごした。1943年、実験室において心臓発作で死去した。
1997年から2002年のユーロ流通開始まで発行されていた1000オーストリア・シリング紙幣に肖像が使用されていた。





血液型を発見し輸血医療の道を拓いたという“偉大”な人物は、ユダヤ人であり、ノーベル生理学・医学賞を受賞しており、ポリオウイルスを発見しており、ロックフェラー研究所に加わっていたようである。
輸血、ポリオウィルス、ワクチンというものに、改めて疑惑の念を持たざるを得ない。





http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-1043.html
血液(血球)が骨髄で造られるとするならば、これら骨のない動物の血液はいったいどこで造られているのでしょうか?
「血は骨でなく腸で造られる?白血病は癌ではない?」




http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-1105.html
血液が血管を造り、消化器を造り、最後に骨格を造る。なのに骨髄で造血している?
「嘘八百の「輸血」「献血」「造血」、そして旧約聖書レビ記7章27節の本当の意味は?」





先日記事にした手塚治虫は、原子力産業を推進しているとしか思えない「鉄腕アトム」を描いたり、2008年6月14日の岩手・宮城内陸地震の日時まで漫画で予言していたりしていた何かと不思議な人物でもあった。しかし、自らクローン人間のことを漫画に描いていた反面、こういった生命の営みを破壊する行為に対しては強い危機感を抱いていたようである。ひょっとしたら手塚治虫は、「彼ら」から未来の行動計画を聴かされていたのかもしれない。未来の地震の日時まで言い当てていたことからも、その可能性は十分にあり得ることだろう。手塚治虫は「彼ら」の未来計画を理解していたからこそ、それがいかに危険なものであるかということも人一倍理解しており、「それだけは許してはならない」という想いから、遺作となった「ネオ・ファウスト」にその想いを描いたのではないのだろうか。

この人工血液というものが本当に承認されてしまうと、血液という人間の生命体としての根幹が崩されてしまうわけであるから、人工血液を体内に宿した人間は、最早人間とは呼べない別の生命体となってしまうのかもしれないのである。
これは、人口削減計画を推進することで人類そのものを激減させ、新たな新人類を誕生させようとする「彼ら」イルミナティーの計画と合致するものではないのだろうか。
まさに手塚の危惧していたことが、実現してしまうことになるのです。
私も手塚治虫と同様に、こういった神の領域(この表現が正しいかどうかは別として)を破壊するという行為を絶対に許してはならない、と感じます。
まして「血液の闇」を見る限り、「輸血は我々一般人のための“善良なる医療行為”である」という「公式ストーリー」には疑問を持たざるを得ず、「輸血の真実」は「彼ら」が悪意を持って生み出した“悪魔の医療行為”であるとしか私には思えませんので、この「人工血液による輸血」という新たな輸血が安全とは、とても思えるはずがありません。
「血液の闇」が存在しているということを国民に周知させない状態で、この新たなる「人工血液による輸血」という新たな輸血を承認するべきではないでしょう。
国民の生命に関することなのですから、しっかりと情報を開示するべきです。
相変わらずマスゴミは「どーでもいいクズニュース」ばかりを垂れ流し続けていますが、こういった人間の生命に関する重大問題(「血液の闇」に関することも含めて)こそ、一番に国民に提起するべきではないでしょうか。芸能人のガン発覚や、都知事の公費流用問題ばかりに無駄に時間を費やすべきではありません。
あの戦争でも「本当に重要なこと」は隠されたままであるように、こういった人間の生命に関する「本当に重要なこと」も隠されたままなのです。


最後に手塚治虫の遺作となった「ネオ・ファウスト」のアニメ動画及び、NHKが製作した「手塚治虫 世紀末へのメッセージ」の動画を紹介します。
既に述べたように、手塚治虫は死の直前に、我々残された人類に警鐘を鳴らしています。
恐らく手塚治虫は「ファウスト」の小説そのままに、「彼ら」(=悪魔)に魂を売ることを条件に「成功」を手に入れた可能性が高いと感じますが、死の直前に、「彼ら」(=悪魔)に抵抗したのだと察します。
その証拠が、遺作となった「ネオ・ファウスト」に「彼ら」(=悪魔)の未来計画を暴露していることではないのでしょうか。

これが、手塚治虫が「ネオ・ファウスト」に残した“本当の想い”だったのでしょう。
「我々は手塚治虫が最期に残した警鐘に真剣に耳を傾けなければならない」と、感じます。

このまま「彼ら」の未来計画が遂行されてしまえば、現在の人間という存在は絶滅してしまうかもしれません。
この地球に生息している“人類らしき生命体”は、「彼ら」と「彼ら」の家畜と化したクローン人間のみとなってしまうかもしれません。
マイクロチップを内蔵され、人工血液が流れるクローン人間のみが、「彼ら」以外に「彼ら」の家畜として生存している未来が到来するのかもしれません。
これが、「彼ら」の未来計画書の一つであるオルダス・ハックスリーの書いた「すばらしい新世界」なのかもしれません。

こんな恐るべき未来を我々は決して受け入れてはいけないことは、言うまでもないことです。
「彼ら」は、自分たちのパペットをあらゆる国家に配置し、自由自在に操ることによって戦争を作りだし、罪のない人々を殺戮してきました。
右も左も宗教も創作してきました。
全てが自分たちに都合のいいように大衆を支配するためです。
「彼ら」は、いまだにこの支配構造に気づいていない大多数の大衆をバカにしています。
せいぜい「安倍辞めろ」ぐらいの発想しか思いつかない大衆を。
「政治家などは我々が配置したパペットに過ぎないことにまだ気づかないのか」と。

この支配構造をしっかりと理解し、「彼ら」に「NO」を叩き付けられるのは、今しかないのかもしれません。
手塚治虫の遺作である「ネオ・ファウスト」は、単なる漫画・アニメではありません。
もちろんSF映画の物語でもないのです。
もう一度言います。「「ネオ・ファウスト」に描かれているストーリーは、手塚治虫が我々・未来人に残した最期の警鐘だ」ということを、くれぐれも忘れないでください。








ガン製造→ガン検診→ガン治療→人口削減計画達成

「嘘八百のガン検診、ガン治療、そして洗脳マスメディア」




http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201606/CK2016061002000133.html?ref=rank
小林麻央さん、乳がんで闘病 夫・海老蔵さん「深刻」と説明
2016年6月10日 朝刊
歌舞伎俳優の市川海老蔵(えびぞう)さん(38)が九日、東京都内で記者会見し、妻でフリーアナウンサーの小林麻央(まお)さん(33)が乳がんで抗がん剤治療を受けていると明らかにした。海老蔵さんは麻央さんの病状について「深刻という言葉でご理解いただければ」と説明した。
 海老蔵さんによると、麻央さんのがんは約一年八カ月前に人間ドックで判明。長期間入院していたが、最近は通院しながら治療を続けている。二人の子どもの生活などへの影響を考え、公表を控えたという。海老蔵は「とにかく治るまで麻央を全面的に支える。子どもたちは本当にひたすら、麻央が元気になることを願っている」と話した。
 麻央さんはニュース番組のキャスターなどで活躍。二〇一〇年三月に結婚し、長女堀越麗禾(れいか)ちゃん(4つ)と長男勸玄(かんげん)ちゃん(3つ)を出産した。




昨日の報道ステーションでも、このニュースが市川海老蔵の会見入りで大々的に報道されていた。皆さんは、これをどう思われますか?
「何とも思わない」又は「小林麻央さん可哀想、ガンと闘って」などと思われている方は、相当洗脳されているとしか言いようがありません。ご当人及びご家族・関係者・ファンの方には重大問題だろうが、それ以外の一般人には全く関係のないニュースである。
日本中でがんと宣告された人間は、数限りなく存在するのである。
であるにも拘わらず、何故に特定の人物のガン治療のみを、さも“世紀の大事件”であるかのように、大々的に報道するのだろうか? 
芸能ニュースで取り上げるだけなら分かるが、報道ステーションのようなメジャーなニュース番組で大々的に取り上げるようなニュースではない。
他に報道しなければならない重大なニュースは山ほど存在しているのだ。
であるにも拘わらず、他のニュースに先駆けてこのニュースをこれだけ大きく取り上げるということは、他に別の意図があるに違いないのである。
それは何なのか?
こちらにご訪問いただいている賢明な読者の方なら、説明する必要もないと思いますが・・・
はい、「ガンを利用した人口削減計画の推進」です。
「彼ら」の極悪計画は、以下のようなものとなります。

1、添加物、遺伝子組み換え食品、放射能拡散、ケムトレイル、ワクチン等によってガンを作りだす。

2、ガン検診の推進

3、ガン治療の推進

4、人口削減計画達成


ざっと、こんな感じでしょう。個別に順を追って、補足しておきます。
1については、当ブログでは何回も説明しています。
ここで我々が理解しておかなければならないことは、「ガンは意図的に作られている」という“絶対的事実”です。もう少し分かりやすく、説明しましょうか。
大多数の人間が「昔よりも食生活は向上し、医療も進歩した」と、思っていますよね。
では、何故昔よりもガン患者は増え続けているのですか?
食生活が向上し、医療も進歩したのなら、ガンになる人も減っていくはずですよね。
しかし実際のガン患者及びガンによる死亡者の数は、劇的に増加しています。
下記サイトのグラフを見てください。
明らかにガン患者やガンによる死亡者が増えたのは、「彼ら」が起こした明治維新以降からなのです。これは明治維新以降にこの国を支配した「彼ら」が、日本人に静かに毒を注入し、「日本人ガン化計画」を推進してきた証拠なのです。
そもそも江戸時代のほとんどの日本人は、ガンなどにならなかったのです!
これが「ガンは意図的に作られている」証明なのです。



http://www.tokyo-eiken.go.jp/sage/sage2012/
 2. 年次推移と世代マップ
 1) 全がん
 (1) 年次推移(図1)
 1899年のがんによる死亡者数は,男子9,780名,女子9,602名であり,男女とも総死亡者数(男子476,249名,女子455,828名)の2%強を占めていた.がんによる死亡者数はその後徐々に増加し,1940年には総死亡者数の4%強(男子26,769名,女子25,420名)になっている.第2次世界大戦後の1950年には,男子32,670名,女子31,785名と,第2次世界大戦前と同様に男女ほぼ同数になっている.
 以後,男女とも単調に増加するとともに男女間の隔たりも次第に増大し,2010年には男子211,435名,女子142,064名となり,その差は約7万人になっている.




2が、今回の詐欺報道の目的です。
身近な芸能人のガン発覚を誇張して報道し、「ガン検診の重要性」を説くことで、今まで以上に“する必要のないガン検診”をしてしまう人が増えるでしょう。
ガン検診など嘘八百の詐欺であるにも拘らず!
今回の報道の狙いは、ズバリ言って、「30歳以上の人間もガン検診が必要である」という嘘八百を“何も知らない一般シープル”に拡散することでしょう。
この詐欺検診の増加によって「彼ら」の配下にある製薬会社・医療関係者は莫大な金銭的利益を得ることが可能となり、目的である人口削減に“貢献”することとなります。
市川海老蔵の奥さんがガンになったのは嘘だとは言いませんが、今回の報道を邪悪な目的で拡散しようとしている勢力が存在していることは、間違いのない事実でしょう。
我々は、歌舞伎界・芸能界というところが「彼ら」の傀儡が「彼ら」の邪悪な目的を遂行するために存在している恐るべき世界だということを、しっかりと認識しておくべきです。
「彼ら」の傀儡は、アンジェリーナ・ジョリーだけではないのです。




(日本や世界や宇宙の動向)さん
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51883885.html
2013年05月22日15:40

アンジェリーナ・ジョリーの乳房切除についての罠

http://www.naturalnews.com/040365_Angelina_Jolie_gene_patents_Supreme_Court_decision.html
5月17日付け:
・・・・以下にこの記事の簡単な概要のみを記します。・・・・
再び英文を訳す気力はもうありませんので。。。肩痛ッ
・・・・アンジェリーナ・ジョリーの乳がん予防のために行った乳房切除の発表は、全て利権企業と共謀したPR活動の一環だったのです。アンジェリーナは母親が乳がんで亡くなっており、彼女も87%の確率で乳がんになると遺伝子検査で分かったと言われていますが、この統計も嘘です。
またアンジェリーナとブラッドピットがメディアの前で話した言葉には世界中の女性をその気にさせるマインドコントロール話術が含まれています。勇気ある選択とか家族とか。。。そして世界中の女性に乳がんに対する恐怖を植え付けており遺伝子検査を受ける必要があると思いこませています。
ではなぜ、このようなPR活動を行ったのでしょうか。
米最高裁はもうじき、乳がん遺伝子検査に関する特許の有効性について判断を下します。その特許を持っているのがミリヤッド・ジェネティックス社です。この会社は世界最大のDNA検査、分析ツールのメーカーです。最高裁がこの会社の特許の有効性を認めれば、今後、数年間で数兆円規模の利益が見込まれます。アンジェリーナの乳がん遺伝子検査を行ったのがこの会社です。アンジェリーナが乳がん予防のための切除施術をしたと発表した途端に、この会社の株価が急騰しました!アンジェリーナは純真な気持ちで乳房を切除したわけではありません。裏に大金が絡んでいるのです。表面上は美しい女優のアンジェリーナは大企業から大金をもらう代わりに世界中の女性をだまして、高額な乳がん遺伝子検査を受けさせ、無駄な乳房手術を受けさせようとしているとんでもない女性です。夫のブラッドピットも共謀しています。彼等はそんなにお金に困っているのでしょうかね。
アンジェリーナを使ったPR宣伝の効果は:
1、乳がん遺伝子に関する偽の統計を公表し、世界中の女性に乳がんに対する恐怖を植え付けた。
2、世界中の女性が乳がん遺伝子検査を受けるべきと思った。ミリヤッド・ジェネティックス社は乳がん遺伝子検査を行うだけでも1回の検査で3000ドルから4000ドルの収益を得る。この検査だけでも数十億ドルもの収益を生む。しかしそのような収益を得るには、米最高裁が、乳がん遺伝子検査の特許を認めなければならない。世界中の女性がこの検査を支持することで、最高裁はミリヤッド・ジェネティックス社の特許を有効と認めざるを得なくなる。
3、アンジェリーナの発表後にミリヤッド・ジェネティックス社の株価が急騰した。
また、特許が認められることで人の遺伝子に関する産業が急成長し、関連企業の吸収合併でさらなる利益を生む。ミリヤッド・ジェネティックス社は企業規模が拡大する。


そしてオバマケアは、この検査方法を支持し、ミリヤッド・ジェネティックス社には納税者の税金から補助金として大量の資金が流れるでしょう。オバマは自分と繋がりのある利権企業に税金を大量に流しています。




http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-1207.html
人間ドッグは、いわば「病気を作る商売」。再検査に持ち込むためにやたら「異常」を連発するのです。
「健診を受けた人ほど早死にしている、現大医学の神は死神である」


欧米でも以前は健診がなされていたが、「健診を受けた人ほど早死にしている」ということが立証されたため、国家は一切健診を勧めてはならないとなっているのだ。
健診を実施しているのは世界で日本だけだとのことだ!




http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-1053.html
日本、韓国、台湾だけがガン検診を認めている、人間ドックは世界で日本だけ
「「知ってはいけない」、いや、絶対に「知っておかなければならない」話」


ガン検診を受けた人がガンになる・・・
10人に1人以上がCT検査で被爆している、CTはX線の300倍以上の被爆である・・・
メタボ検診は病人狩りのスタートライン、早期発見早期殺害・・・
日本の70歳以上の二人に一人は降圧剤を打たれるから痴呆・EDになる、脳に血がいかないからボケるのは当たり前・・・
降圧剤治療、高血圧治療をした人はしなかった人の5倍死んでいる・・・
コレステロール低下剤で毎年約1万人が殺されている・・・
血糖値降下剤で血糖を下げた、それがヘドロになって血管がつまる、糖尿病、ガン、脳梗塞、動脈硬化を促進する・・・
ペット検診は10万払ってペテンに引っかかる・・・
日本、韓国、台湾だけがガン検診を認めている、人間ドックは世界で日本だけ・・・
動物性たんぱく質が史上最悪の発がん物質・・・





次に、3です。ここで絶対に覚えておかなければならない「常識」は、ガンで亡くなられた人の大多数が「ガンによる死亡」ではなく、「ガン治療という名の医療殺戮」が原因で亡くなられているという「真実」です。
そうです。本当に恐ろしいのは、ガンではなく、ガン治療なのです!




http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-157.html
医者は自分には抗がん剤を打ちません
「イルミナティによる医療殺戮、抗がん剤は猛毒殺人兵器です!」


医師たちも、抗がん剤の恐怖を知っている。だから、自分や身内には絶対、抗がん剤は打たせない。
  こんなアンケートがある。内外の271人の医者に、「自分自身に抗がん剤を打つか?」と尋ねたら、なんと270人が「断固ノー!」だった。

  患者が食事療法などを切望しても、無視して抗がん剤を打ちまくってきた東大医学部の教授4人が、自らががんになったら4人とも抗がん剤拒否で、食事療法で治したという、笑えないエピソードがある。
  日本人の死亡原因のトップはがんである。厚労省の発表では、年間約35万人ががんで“死亡”しているという。しかし、この数値には悪質なごまかしがある。がん死と発表された患者の約8割はがんで亡くなっているのではない。かれらはがんではなく、病因で施されたがん治療の犠牲者なのだ。

そもそも抗がん剤のルーツは、第1次、第2次世界大戦で濫用された毒ガス兵器である、この窒素マスタードガス剤は、たとえば乳がん治療で使われる抗がん剤(投与量換算)では8割を占める!
  これら毒ガス兵器(マスタードガス類)は、すでに1923年、ジュネーブ条約の化学兵器禁止条約で「サリン」「VXガス」と並んで「禁止指定」の「最も危険なランク」である「第一剤・化学兵器」として使用禁止とされている。

  それが、あろうことか戦後は、密かに医薬品の抗がん剤に化けた。





最後に4ですが、当ブログでは何回も紹介していますので皆さんは十分にご理解いただいているでしょうが、もう一度、このクレイジー・ワールドの「常識」を再確認してください。そして、いまだに騙され続けている大多数の周囲の人々に教えてあげてください。
学校教育・新聞・テレビが絶対に教えようとしない、いや、絶対に教えることができるわけがない「キチ○イが支配しているこの世界の真実」を。




http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-47.html
自然界の永久の調和として、人口5億人を維持しよう
「イルミナティの究極の目的は、人口削減(世界人口を5億人にする)である!」


















人間ドッグは、いわば「病気を作る商売」。再検査に持ち込むためにやたら「異常」を連発するのです。

「健診を受けた人ほど早死にしている、現大医学の神は死神である」


以前にも同じようなことは書いたが、重要なことなので何回でも紹介する。
船瀬俊介が、非常に分かりやすく「医療の嘘」を解説してくれている。
船瀬氏の声に真剣に耳を傾け、できれば著書も購入して読まれることをお勧めする
船瀬氏は「早期発見、早期殺人」などと言って聴衆を笑わせているが、これは決して笑い話などではなく、今現在も堂々と行われている「医療殺戮」の現実であるのだ。
欧米でも以前は健診がなされていたが、「健診を受けた人ほど早死にしている」ということが立証されたため、国家は一切健診を勧めてはならないとなっているのだ。


健診を実施しているのは世界で日本だけだとのことだ!




こういったことを紹介しているサイトはほとんどないが、貴重なサイトを紹介する。

http://wgen.kodansha.ne.jp/archives/7525/
アメリカ人は「健康診断」なんて受けない



(医療革命の書)さん
http://kenko.club-daishizen.com/index.php?%E6%A4%9C%E8%A8%BA%E3%81%8C%E7%97%85%E6%B0%97%E3%82%92%E4%BD%9C%E3%82%8B
検診が病気をつくる

健診・人間ドッグ
世界に類をみない日本発祥のシステム。人間ドッグで有難がるのは日本だけです。人間ドッグの受診は、1984年41万人だったのが、30余年後の2009年では、約7倍の301万人にまで激増しています。
世界では、病気が起きていないのに、わざわざお金を払って、病気の判断基準も曖昧で危険な検査を受けません。
世界では、人間ドッグや健診(健康診断)の代わりに、初期医療が浸透。医師会や大学病院の権力からやや離れた、地元のかかりつけ医やホームドクターを持つことが社会に根付いている。人間ドッグの形骸化した「正常値」より、時間をかけて何でも包括的に相談に応じ、説明責任を果たしてくれる顔の見えるホームドクターを作っておくほうが望ましい。
(NY科学アカデミー会員 中原英臣医学博士)
「医師は手ぐすね引いて待っていても食べてはいけません。病院は「人間ドッグ」という投網を投げて、再検査に引っかからせ、「患者」を見つけ出す必要があるのです。人間ドッグなら医師法に触れず堂々と宣伝ができる。人間ドッグは、いわば「病気を作る商売」。再検査に持ち込むためにやたら「異常」を連発するのです。」




以上、転載終了。詳細はリンク先を見てください。

最後にもう一度、船瀬氏の動画を紹介する。

・現代医学の神は死神である・・・
・9割の医療は詐欺と殺人に堕落している・・・
・第一次大戦の毒ガス兵器(マスタードガス)が抗がん剤になった・・・


ソフトバンクは788億円の純利益を出しているにもかかわらず、500万円しか税金を支払っていないらしい。割合はなんと0.006%である・・・。
消費税を上げまくっておいて、何が法人税引き下げだ!
ソフトバンクホークスの選手には全く関係ないが、この企業は頭のてっぺんから足のつま先までイルミナティ色一色の超ブラック企業である。だから、こんな不正な税金操作が許されているのだ。
国家も製薬会社も医者もソフトバンクも、ぜ~んぶ「チーム・イルミナティ」の一員としてE思いをし、何も知らない一般国民が搾取され殺されていくという「フェビアン社会主義に基づいたファシズム社会」に我々は生活しているということをお忘れなく。
「彼ら」に対抗するには、少なくとも「知識武装」しなければなりません。
とりあえず「健診」「人間ドック」「ソフトバンク」にNOを叩き付けることからでも、「新しい希望ある未来への第一歩」が踏み出せるものだと、私は思います。



血液が血管を造り、消化器を造り、最後に骨格を造る。なのに骨髄で造血している?

「嘘八百の「輸血」「献血」「造血」、そして旧約聖書レビ記7章27節の本当の意味は?」


先日、船瀬俊介と内海聡の共著である『血液の闇』を読まれた方より、この問題に関する考察を鍵コメでいただきました。私はこれまでも血液関連の闇については何回か書いてきたが、改めて、この“どす黒い闇”について考察してみました。
まずは、下記の動画を見てください。特に大沼四廊氏の話は、貴重であると感じました。
大沼氏の話は、先日紹介した「千島学説」が正しいものであることを証明しています。
つまり、「血液は骨髄で造られていない」という“真実”を証明しています。少々長いですが、十分見る価値はあると思います。


「造血の一番最初は卵である。卵の中には骨はない。最初は膜で血液を造ります。
血液が血管を造り、消化器を造り、最後に骨格を造る。なのに骨髄で造血している?
「人の血は骨で造っている」と、中学の教科書に書いている。」
「骨髄液は油の固まりでできている。血液の主成分は水分でできている。なのに骨髄で造血している?」
「頭痛でもなんでも体調の悪い人は白血球が動いていない。動いていない白血球がどうして増殖・分裂するのか・どの医者に聞いても答えはない。白血病は癌ではない。」






次に、『血液の闇』を紹介しているサイトがあったので、そこから一部紹介します。

http://www.sangokan.com/book/ketsueki.php
血液の闇 輸血は受けてはいけない 船瀬俊介、内海聡著 三五館

●はじめに
輸血は、近代医学最大の失敗であり洗脳である。
血液製剤も同罪である。
このことについては、船瀬俊介著『病院で殺される』、内海聡著『医学不要論』でも概略を述べた。
しかし、これら血液ビジネスの闇は底無しに深い。
そこには空前の誤解と膨大な利権が巧妙に絡み合っている。
輸血と血液利権、そして赤十字の闇を追っていたとき、われわれでさえも愕然とする最大の洗脳がそこにはあった。
現在、日本だけで、毎年約120万もの人が輸血を受けている。
そして膨大な輸血・血液製剤の利権の背後で、輸血・血液製剤という毒により、おびただしい生命が奪われ、医原病に苦しめられている。
その悪意による薬害の犠牲者、被害者たちは原因を一切問われることなく、暗黒の闇に葬られている。
輸血で殺していることに医師は気づかず、遺族も世間も知らされていない。
エホバの証人の輸血拒否事件を題材にしたドラマ「説得」にも医学的な裏が隠されていた。
その子どもは輸血をしなくても十分に生き残るチャンスがあったのだ。
しかし、この驚愕事実もまた闇に塗り込められている。
救命するはずの輸血が、命を奪っている……。
その衝撃事実ですら、ほとんどの医師たちは知らない。
その無知は医学教育(狂育)の欠陥に由来する。
さらに、輸血・血液製剤は、感染症の爆発点、蔓延の温床である。
エイズ、肝炎などなど……、輸血・血液製剤に巧妙に秘められた“目的”は感染症による新たな病人の大量生産であった。
さらに輸血時に免疫拒絶反応で急死するGVHD(移植片対宿主病)や感染症防止などの名目で導入された、血液への放射線処理は、さらなる悲劇を生み出した。
最大50グレイという致死量をはるかに超える照射は血球細胞の染色体をズタズタに裂断し、死んだ血球細胞が抹消血管、肺や腎臓のフィルターを詰まらせる。
輸血性肺障害、腎不全などで、新たな大量死が続出する。
輸血のさらなる暗部が免疫力低下だ。
輸血の42%はガン患者に使われている。
すると、免疫が損なわれ、ガン再発が加速される。
喉頭ガンの場合、輸血すると再発率は平均4・6倍にも跳ねあがる。
輸血は、まぎれもない発ガン医療なのだ。

以上の衝撃事実に気づき、世界的に無輸血手術に取り組む医師たちが増えている。
血液を失っても浄化した海水のミネラル濃度を調整して注入すれば、生命は活性化する

1897年、奇跡の真実を証明したのがフランスの生理学者ルネ・カントンだ。
犬による動物実験で証明している。
“カントンの犬”は、血液を失っても水分とミネラル分の補給で、助かることを証明した。
それは――体細胞が血球に戻る――という千島・森下学説を裏づけるものだ。
たとえば顆粒球は1時間に2、3倍の勢いで増殖。
そして、血球は他の血球に自在に変化する。
約50年前に闇に葬られたこの学説こそ、輸血の闇を暴き、新たな医療の光明をもたらす

さらにリンゲル液をもしのぐ海水療法(タラソテラピー)についても未来医療への可能性として問題提起してみたい。

第1章 こうして輸血で殺される
●昭和天皇も輸血で殺された?
●「輸血するほど出血する」「治療法はない」
●輸血とは頻繁に行なわれる臓器移植だった
●GVHDを知らなかった医者たち
●血縁者の輸血は逆に危険だ
●600件に1件の割合で発症

輸血には、発症したら「確実に死ぬ」GVHDという副作用がある――この事実を知ったら、あなたは輸血を受ける気持ちはゼロになったはずだ。
輸血や血液製剤の同意書にサインする気になるか?答えはノーだろう。
「輸血したら容体が急激に悪化して、死亡した」あなたの身近で、こんな話を聞いたことはないだろうか?それは、隠された輸血の急性副作用死GVHDなど、その他さまざまな輸血の毒性による可能性が高い。
しかし、遺族は「輸血は救命措置だ」と信じている。
まさか、輸血が原因で急死するとは夢にも思っていない。
輸血は、交通事故などによる出血多量のときに行なわれる。
そう思っている人が多い。
しかし、医療現場ではそうではない。
ただの「貧血」でも堂々と大量輸血が施されるのだ。
「彼女は病院の治療で殺されたのではないか?」私のもとに相談に来た方の親族Xさんのケースも悲惨だ。
Xさんは生活保護を受給していた。
これが悲劇の要因になった。
生活保護受給者は、医療利権にとっては、じつに“美味しい”のである。
医療費は国庫負担。
だから青天井で取り放題となる。
一人の患者に90もの病名をつけて診療報酬をだまし取っていた悪質なケースすらある(『逸脱する病院ビジネス』NHK取材班、宝島社)。
病院ビジネスの闇~過剰医療、不正請求、生活保護制度の悪用 (宝島社新書)
Xさんも「貧血」を理由に大量輸血にひきずりこまれた。
彼女は、血液検査で「ヘモグロビン値Hbが低い」と医師に言われ、「貧血」と診断された。
入院直後に「数値を上げるための輸血」を行なうとして、「輸血同意書」を迫られた。
あまりに急な話に、家族は同意せざるを得なくなりサイン。
すると、いきなり彼女は照射赤血球濃厚液︲LR「日赤」を3パックで計800㎖(3万5500円相当)の輸血を強行された。
ここで少し用語の整理をしておこう。
血液が原料になっている医薬品はすべて「血液製剤」という。
Xさんに投与されたのは「血液製剤」の中の「輸血製剤」。
これは、赤血球製剤、血小板製剤、血漿液など、それほど加工処理されていないもので、「輸血」といった場合にはこの「輸血製剤」が用いられたことを示す。
輸血直後、Xさんは「気分が悪い」と訴え、意識不明になった。
その後は体中が内出血のように赤紫に変化し、最後にはどす黒く変色し、ミイラのようにやせ細っていった。
もはや、ほとんど歩くことも、食事をすることもできなくなり、一度も家に帰ることなく、入院から2カ月後、枯れ木のようにやせ衰えて息を引き取った。
このケースは輸血直後に意識不明に陥っており、皮下出血などの症状からGVHDを発症した疑いが極めて高い。
こうした壮絶な奇怪死ですら、まったく普通の病死として扱われ、何の死因解明も行なわれていないのが日本の医療の実態なのだ。


●「貧血」という輸血への仕掛け罠
●生き延びても待つのは凄絶地獄
●吸血ビジネスは止められない
●GVHD、放射線、抗凝固剤で出血
●輸血には多くの危険が隠れている
●日本の輸血における3大事件
●患者をダマす「輸血説明書」
●坂口元厚相は肝炎10%と証言
●悪化させて稼ぐ医療のビジネスモデル
●エンドレスで稼ぎ続ける現代医療

第2章 エホバの証人“輸血拒否”事件の真相

●闇に塗り込められた驚愕事実
現在、日本だけで、毎年約120万人が輸血を受けている。
手術をすれば、輸血をするのが当たり前と思わされ、ほとんどの人がそれを疑うことさえない。
そして、膨大な輸血・血液製剤の利権の背後で、無駄な治療やリスクの大きい投与が平気で行なわれ、それによって死亡事故や医原病が多発しているにもかかわらず、赤十字は副作用報告を隠蔽し、それらが輸血が原因であると気づかれることもない。
医師は気づかず、遺族ももちろん気づくことができない闇の中におかれている。

ビートたけしが主演して製作されたドラマ「説得」で有名なエホバの証人に関する輸血拒否事件、この事件にも医学的な裏の意図が隠されていた。
この驚愕事実もまた闇に塗り込められて、医療利権に都合のよい情報としてプロパガンダされている。
しかし、実際にその事件を洗ってみると、一般に知られている事実とは違った様相を呈してくる。
この事件において、子どもが出血したのは手術の検討に入った段階で推定0・5ℓ程度であり、決して大量失血といえるようなものではない。
この程度の出血は、今の日本の規準でも輸血の必要のない手術が可能であったということだ。
子どもの治療にあたった医者が輸血にこだわったのは、当時の厚生省の輸血ガイドラインの基準が、世界の輸血に関する主たる研究と比べても、話にならないくらい低すぎたこと(つまり、なんでもかんでも輸血をさせることになる基準であったこと)、そしてなにより現行のガイドラインに従わねば訴えられてしまうという「恐れ」が一番の理由である。
まず、この章においては、このエホバの証人輸血拒否事件の真相を追いながら、医師たちはどう思い、どのような教育を受けているのか、なぜ子どもは死亡に至ったのかを再検討してみることにしよう。

●ドラマ「説得」とエホバの証人輸血拒否事件の嘘とは?
では、輸血拒否事件とはどのようなものだったのかということからひも解いてみることにしよう。
だれもが一度は耳にしたことがあろう有名な事件であるがゆえ、「輸血拒否」を非難するときに必ずといっていいほど取り上げられる事件である。
この事件は1985年のことであり、当時マスコミにかなり取り上げられ、さまざまな憶測も入り乱れた。
そして、結果的にエホバの証人の輸血拒否の考えを知らしめる象徴的な事件となった。

●事実を検証してみる
この事件は、さまざまな医療利権側の思惑によって、一方的で偏った報道になった可能性が高い。
では、事実とはなんで、報道のどこに誤りがあったか検証してみる。
事故の詳細は大泉実成氏の『説得』(講談社)に詳しい。
時系列で要約してみる。

16時10分頃A君が4時30分に約束の聖書研究を受けるため、目的地へ自転車で出発。

16時35分府中街道を走りガードレールとダンプカーの間を抜ける際に転倒、両足を轢かれる。
すぐに119番通報。

16時38分通報から3分ほどで救急車が到着。
応急処置開始。

16時42分救急車到着から4分ほどで、止血帯による処置完了。
意識ははっきりしており、救急隊員にきちんと受け答えをする。

16時56分S医科大学救命救急センターに到着。
医師の最初の所見では「両下肢解放性骨折、入院60日」。

17時頃出血量約500ccと推定され、「一刻も早い輸血が必要」と判断される。

17時30分頃輸血および緊急手術を行なう前に両親が駆けつける。
手術同意書へのサインを求められるが、輸血ができないと述べる。
医師は両親に怪我の状況を見せる。

父親とA君はわずかな会話をする。

「だいじょうぶか」
「うん」
「お父さんがついてるからな。
しっかりしろよ」
「うん……お父さん、ごめんね」

18時過ぎセンター長が電話で父親の説得を試みる。
A君の意識がもうろうとし始め、人工呼吸用チューブが取り付けられる。

19時10分過ぎA君の人工呼吸用チューブを外し、A君の意思を確認しようとする。
意識は戻らず再びチューブ装着。

19時45分集中治療室(ICU)に移される。

20時頃A君は自発呼吸を停止。
瞳孔も開く。

21時18分A君が死亡。

●さまざまな医師の証言
対応した医師はどう考えていたか、『説得』から引用してみよう。
「最大限の治療を尽くして、それで、戻らない、なんともならない、というのであれば、ある程度あきらめはつくけれども、でも、僕はもう今でも信じてますけど、明らかに、あの時点で輸血をしておけば百パーセント助かったろうっていうのはね。

だから……口惜しいんですよね。
運ばれて1時間以内に輸血をしていれば、助かる確率は十分でしたからね。
(略)
余分な時間をね。
たくさん、費し過ぎたと思うの。
あの2時間半というね。
ただ輸血するかしないかだけのためにね。
本当にね、2時間半が、彼の命を奪ったようなもんだと思う」

また、外科医でエホバの証人の無輸血手術を行なってきた大鐘稔彦氏は著書『無輸血手術』(さいろ社)でこう述べている。
「第三者の無責任な批判と咎められるかも知れないが、この診断結果からも言えることは、どうせなら、運び込まれた段階で整形外科医は即“無輸血手術”に踏み切るべきではなかったか、ということである」
医師の語ったところや本に描かれた状況からすると、後述するイングルウッド病院のような処置が早急に行なわれていれば、A君はかなりの確率で救命されていた可能性が高いと推論できる。
病院に運び込まれたA君は、意識明瞭で話の受け答えができており、医師も緊急に深刻な事態だと思っている様子ではない。
しかし、まさに「説得」の最中、結果的に放置されている時間があまりにも長すぎたために、どんどん悪化し、尿が出なくなり、腎機能も働かなくなっていく。

このことからすると、「説得」に4時間もかけ、手術に踏み切らなかったことなどが腎機能などの臓器を悪化させ、血圧が低下し、事故から5時間後の死亡につながった可能性が高い。
両親は輸血は拒否していたが、医療処置を拒否しているわけではない。
「一刻も早く治療してほしい」と頼みこんでいる。
それに対して病院は「輸血を認めないなら治療はしない」という方針であった。
結果的にA君は亡くなり、その原因として「輸血拒否」がやり玉にあげられることになる。
ここで重要な問題は、どちらの主張や行動が医学的に正しく、どちらが間違っていたのかという検証である。


●エホバの証人〝輸血拒否〞は正しかった
じつはこのとき、エホバの証人の父親は、海外の最先端の治療ガイドラインや考え方にも通じるような「無輸血で手術してほしい」という決意書を出している。
本書でもおいおい述べていくが、これは結果的にみると救命にとってもっとも正しい方針を主張したわけだが、医師たちは無知ゆえに、それを受け入れることができなかった。
この事件は、医療利権の仕掛ける洗脳から解けた状態で検証してみると、「説得」の対象がひっくり返ってしまう。
「無輸血でも手術して助けられるのだから、早く手術してほしい」と、両親やエホバの証人の信者たちから説得されていたのは、むしろ医者のほうだったのである。
そして、結果的に「輸血しなくても大丈夫だ」という説得のほうが医学的に正しかったということだ。
これは現在の治療ガイドライン的に見てもそうである。
たとえば、厚労省と赤十字社が出している「血液製剤の使用指針」(改定版)にはこうある。
「急性出血に対する適応(主として外科的適応)で、循環血液量の20~50%の出血量に対しては、人工膠質液(ヒドロキシエチルデンプン(HES)、デキストランなど)を投与する」どういうことかというと、20~50%程度の出血量であるならば、「人工膠質液」での対応が可能だと言っているのだ。
これは平成26年現在でも十分通用する。
そして、じつはこの事件で亡くなったとされる子の総出血量は、事故から50分後の段階では医師たちの推定で500cc程度と見込まれている。

つまり、手術をしようとする17時の段階では循環血液量の約20%というレベルであり、「血液製剤の使用指針」からいっても、輸血の必要などなく、膠質液で十分に代用が可能な範囲であった。
医師としては血液量に余力がなくては手術ができない(じつはこれ自体が一番の誤解なのだが……)と言うだろうが、まだ現代医学の基準でも、少なく見積もって手術を検討している段階では1000㎖近い余力があったことになるのだ。
つまり無輸血でも手術し、救命する可能性は十分にあったのだ。
改定された今の治療ガイドライン指針なら、輸血にこだわる必要はなかったどころか、輸血する必要もなかった。

●子どもは「生きたい」と証言したのか?
●「輸血同意書」を求めるワケ
●「別の選択肢」は、なぜ用意されていないのか?
●医師は訴訟を怖れる
●輸血の実態とガイドライン
●「参考書」にはなんと書いてあるか?
●「血液製剤の使用指針」は何を言っているか?

●血液学の多種にわたる洗脳
まずは、「輸血が必要であり」「輸血は安全性が増してきており」「赤い血がないと死ぬ」というまことしやかな言説が、刷り込まれた嘘であるということから考えねばならない。
そもそも私は事故や手術に際して大量に失血した場合、何もする必要がないといっているわけではない。
現在行なわれている手術の大部分は無駄だと考えているが、それでも拙著『医学不要論』でも述べたとおり、すべての手術を根こそぎ否定しているわけではない。
第一に必要なのは、患者の出血を止め、当人の組織の液体量と電解質ミネラル濃度を元通りにすること、これは治療の原則として当たり前のことだ。
そしてそれができるのは現代では西洋救急医学であり、この外傷などに対する治療こそ西洋医学の真骨頂である。
もともと西洋医学は戦場医学から発展したものであり、救急時の生命危険に対してこそ効果を発揮する。
その際に、動物ではカントンの犬(第8章参照)、人間の場合でもイングルウッド病院などですでに万単位の症例があるように(第6章参照)、「輸血はまったく必要ない」ということなのだ。

こんなことを言うと、「この世界には輸血をして助かっている患者がたくさんいるだろう?」という反論がかえってくるはずだ。
それは赤い血=赤血球を補充しているから助かるのではない。
輸血製剤は違う意味で非常に質の良い、人体にとって適正な濃度に調整されたミネラル液であり、助かっている(ようにみえる)という事実の裏には、輸血という行為によって水分が補給され、電解質ミネラルの濃度が適性に回復しているという事実がある。
つまり、輸血液は人から採取した液体であるから、人間にとってちょうどいい濃度でカリウムやナトリウムやマグネシウムやカルシウム、微量元素が含まれている「適正な電解質バランス液」である。
これはミネラル液という一面においては生理食塩水やリンゲル液よりも優れている。
それゆえ、何もしないで放置されるよりは輸血したほうが人は救われる「ことがある」というのは事実なのだ




(管理人)
初めに言っておかなければならないのは、私は決してエホバを肯定していないということです。皆さんは、この宗教団体が世界中の各家庭に勧誘の手段として配っているカラー冊子の費用をどこから捻出しているかご存知でしょうか?
結論から言うと、ロスチャイルドからである。詳細はフリッツ・スプリングマイアー著の『悪魔の13血流』に詳しく紹介されています。
「ロスチャイルドが、“世界中の人々がより良い人生・生活を送る”ことを願って、莫大な冊子費用を肩代わりしているわけがない」と思っている私は、この「事実」だけで、「エホバが善良な宗教団体ではない」と判断しています。
しかし、しかしである。エホバは、唯一の輸血を拒否している宗教団体でもあるのです。私は血液の専門家でもなんでもないので断言はできませんが、「この「輸血拒否」という概念は、宗教的概念とは関係なく、医学的・生物学的判断として正しい行為である」と、現時点では考えています。
「癌治療の嘘に限らず、現代の西洋医学というものは嘘偽りの存在である」ことが理解できたら、必然的に「血液に関する公式ストーリー」というものも、下記の「事実」からみても、とても“善良な存在”であるとは思えません。


*赤十字は国民の“善意”をエサにして、“無料”で手に入れた血液を、“有料”で医療機関に“販売”している、という事実

*日本赤十字を天皇家が支配している、という事実

*造血の公式ストーリーが嘘偽りであるとしか思えない、という事実

*輸血医療そのものが嘘偽りである可能性が高い、という事実

*イギリス王室及びロスチャイルド等の世界支配者層が「飲血」をしているという“噂”の域を超えた“噂”が存在している、という事実


こういった「事実」から、まさに「血液の闇」は相当に深いものであることは間違いないだろう。ただ、船瀬氏は「昭和天皇は輸血で死んだ」と述べているが、私はこれもプロパガンダではないかと疑っている。日赤を支配している天皇家(藤原氏の末裔も背後にいるでしょうね)が「輸血の嘘」を知らないはずがない。逆に、この「昭和天皇の輸血の関する報道」は、「昭和天皇でさえ輸血を受けたのだから、輸血は正しい医療措置なのだ」という認識(プロパガンダ)を国民に「周知」させることを目的にした、「彼ら」の得意技である虚偽報道ではないのだろうか。実際に昭和天皇が輸血をしたとは、私にはとても思えません。

マスゴミ報道や過去の戦争に関する公式ストーリー(そういえば『日本の一番長い日』というプロパガンダ映画が今やってますね)が「嘘偽りのオンパレードで構成されている」ことを理解できたら、この「血液に関する公式ストーリー」も嘘八百であると考えるのが、ごく自然な思考の流れなのではないでしょうか。
陰謀というものは、陰でこそこそとやっていれば、「怪しい」と国民に感づかれてしまいかねないが、これだけ堂々とされると、「まさか、献血・輸血が嘘であるはずがない」と、大多数の国民は、コロッと騙されてしまうものなんでしょう。

最後に「輸血拒否」に関してエホバが主張している宗教的思想の根拠の一つとして、旧約聖書レビ記7章27節に「血を食用に供する者はすべて自分が属する民から断たれる」と記されている「Godの教え」の真相について探ってみたいと思います。
この記述は一体全体どう解釈すればよいのでしょうか?
これは旧約聖書の記述ですから、語っているのはヤーヴェ・エホバとされるGodとなります。ヤーヴェ・エホバとされるGodの正体はバール(悪魔)であり地球外生命体(爬虫類人的宇宙人)であることは、先日もそれ以前にも当ブログでは記事にしてきました。
私が「彼ら」と呼んでいるイルミナティ・悪魔(=神)崇拝主義者が今も生贄儀式を行っており生贄とされた人間(主として子供)の飲血をしているということは、今やネットでは広く知れわたっている「既成事実」であるようです。
この「既成事実」から察すると、この聖書の記述は、「ヤーヴェ・エホバとされるGod は善良な存在であり、飲血をしていた悪魔崇拝者を批判していた」という意味なのか、「ヤーヴェ・エホバとされるGodを中心とした地球外生命体(爬虫類人的宇宙人)のみに飲血が許されており、人間は決っして飲血をしてはならない」という意味なのだろうか?
私は後者が正しいのではないか、と思っています・・・。

「陰謀」と名付けられた「真実追求」から最早「オカルト」の領域に達してしまった当ブログですが、とかくこの世界は「嘘八百」であり「奇妙奇天烈」であり「オカルトチック」であるようですから、仕方のないことなのかもしれません(笑)
それにしても、血液は人間のみならずほとんど全ての生物にとって欠くことのできない存在であると同時に、非常に謎に満ち溢れた存在でもあるようですナ。
「血液の闇」はあまりに深く、追求すればするほど底なし沼にはまり込んでしまい、抜け出すことは至難の業であるようですので、この辺で「お開き」とさせていただきます(笑)




テンプレート説明

このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。
背景はスライドショーになっています。

◎プラグイン説明

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。
←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。
このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

※最上部メニューバーの上に隙間がある方

最上部のメニューバーの上にFC2検索バー用のスペースを設けています。
検索バーを表示しない設定にしている方は、cssの最上部メニュー.MegaMenuの中にあるtop:27pxをtop:0に変更してください。

◎背景スライドショー説明

random : 1, // ランダム 0:オフ 1:オン
transition : 1, // 0:単純画像切替 1:フェード 2~7:移動 8:ページ更新毎に切り替え
transition_speed : 1000, // 画像間の切替時間
slide_interval : 3000, // 1枚毎の画像停止時間
slides : [
{ image : '画像URL' } // 画像の追加・削除はここ

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れません。