戦争 - 嘘八百のこの世界
fc2ブログ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント
月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告
戦争 カテゴリーの記事

「“八百長”戦争システムは、今も昔も変わっていません。 このシステムをご理解いただけなければ、またもや「同じ過ち」をくり返してしまいます。 決して「同じ過ち」をくり返してはいけません。」byソウルマン

「戦争や特攻を美化する詐欺師に騙されてはいけません!」


昨日の記事で「あの戦争が八百長であった」ことに触れたが、改めてこの「事実」を纏めた記事を掲載する。併せて他の過去記事も盛り込み、より詳細が分かるようにアレンジした。
「あの戦争が八百長であった」ことは、私の中では「常識」なのだが、まだまだご理解いただいていない方が大多数であるように感じる。
当ブログの読者でない方は勿論だが、以前から当ブログの読者である方の中にもご理解いただけていない方が多数おられるように感じている。
私としては「ずっと前から当ブログを見ていただいているのなら当然ご理解いただいているはずだ」と思っていたのだが、どうやらそうでもないらしい。
コロナの嘘に騙されている人以上に、戦争の嘘に騙されている人は相当数いるようだ。
この記事を掲載してもどれだけの人がご理解いただけるかは分からないが、数名の方でもご理解いただけるようになれば、私としては本望である。
音楽・読書感想・歴史・社会問題・政治・災害・陰謀・医療・コロナと、これまで多岐にわたって記事を書いてきたが、その中でも一番私が訴えているのはこのことかもしれない。
膨大な量になるので、ちょっとやそっとでご理解いただくことは難しいだろう。
1日1記事でもいいからお読みいただき、少しずつでもご理解いただければと思います。
“八百長”戦争システムは、今も昔も変わっていません。
このシステムをご理解いただけなければ、またもや「同じ過ち」をくり返してしまいます。
決して「同じ過ち」をくり返してはいけません。
戦争や特攻を美化する詐欺師に騙されてはいけません!







「太平洋“八百長”戦争・完全証明」


「あの戦争が八百長だったこと」を日本で一番告発した作家は、鬼塚英昭氏であるだろう。
同じことをネットで一番告発したのは、ひょっとしたら私かもしれない。
「よくも同じことばかり飽きもしないで書きよるわ」と、思われているかもしれない。
これだけ「同じこと」を告発しているわりには、読者の方の反応があまり感じられない。
あまり関心がないのかな?
戦争というものが身近に感じられないことが、その理由なのかもしれない。
戦争体験者で今も生きておられる方は、ごく少数しかいないだろう。
「戦争を知らない子供たち」が流行っていた時代の若者でさえ、今では高齢者である。
ましてや「戦争を知らない子供たち」の後追い世代である私が戦争の怖さを実感できているはずがないことは、言うまでもないことである。
斉藤和義の「僕の見たビートルズはTVの中」じゃないけれど、「僕の見た戦争はTV・映画の中」である。
「そんな戦争の「せ」の字も知らない若造が、戦争が八百長だなどと知ったようなことを抜かすな」と戦争体験者の方からお叱りを受けるかもしれないが、それでも黙っていられないのでこれまで書いてきました。

私が黙っていられない理由は、「戦争の真実」を知ってしまったからです。
「過去に発生したほとんど全ての戦争が八百長である」という真実を。

勿論真実を知った以上黙っていられないという私の持って生まれた性格も、大きな要因であるでしょう。
「知っていても知らないふりをして生きていった方が得だからそうしよう」というような器用な生き方を私はできませんし、するつもりもありません。
誰が何と言おうと、私は「過去に発生したほとんど全ての戦争が八百長である」ことを確信しています。

そして、私が「戦争の真実」を書いてきたもう一つの理由は、戦争が決して「過去の物語」ではなく現在・未来へと続いていく問題であるからです。
我々よりも我々の子や孫が戦争に巻き込まれてしまうかもしれないからです。
我々の子や孫が「他人に殺される」か「他人を殺す」かもしれないからです。

それも「偶然」ではなく誰かの故意による「計画」で起こされた戦争が原因で。

我々の子や孫をこのような悲惨な目に遭わせる戦争が「偶然」発生するものではなく誰かさんの「計画」であったならば、あなたは許すことができますか?
私にはできません。
もう一度誰でもわかるように、我々日本人が直近で体験したあの戦争の真実をまとめておきます。
この記事から「太平洋“八百長”戦争年表」を、この記事から「太平洋“八百長”戦争証明のポイント」を、転載します。

これで太平洋“八百長”戦争が完全証明されたと思っています。

「「そうだったんだ」とテレビで堂々と嘘をついているあの人があらゆる放送局の番組で時事問題の解説をしている理由」を考えてみてください。
ここに「すべてのテレビが同じ目的をもって同じ方向に向かっている」ことが証明されています。

「国民に真実を知らせるな」という方向に。

「国民に戦争の真実を知らせるな」という方向に。

「国民に北朝鮮の真実を知らせるな」という方向に。

「国民にシリアの真実を知らせるな」という方向に。

「国民にこの世界が嘘八百であることを知らせるな」という方向に。


現在の新聞・テレビは、戦時中の大本営発表と全く変わりありません。
これまで何度も書いてきましたが、最後にもう一度書いておきます。

戦争を終わらせる(始めさせない)ためには「戦争の真実」を理解しなければならない。





<太平洋“八百長”戦争年表>

1、 1871年、アルバート・パイクが第一次世界大戦、第二次世界大戦、第三次世界大戦を予言する書簡を記す。
http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-3148.html

2、 1918年、モスクワのイルミナティ大会により「日支闘争計画書」が作成される。
http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-260.html   

3、 1919年、アメリカで「オレンジ計画」が立案される。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B8%E8%A8%88%E7%94%BB

4、 1924年、イギリスのヘクター・C・バイウォーターの「未来予測」発表。
http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-285.html

5、 1930年、幣原喜重郎が「ロンドン海軍軍縮条約」を締結する。
http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-268.html

6、1932年3月、満州国が建国される。
http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-3428.html

7、1936年、「二.二六事件」が起こされる。
http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-463.html

8、1936年10月、岸信介が満州国に渡る。麻薬事業を営む。
http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-1010.html

9、1940年、チャップリンが映画「独裁者」製作。
http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-3731.html

10、1941年、ロックフェラーの別のフロント組織、太平洋問題研究所 (IPR)が、日本の真珠湾攻撃工作資金を拠出する。
http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-2621.html

11、 1941年12月8日、日本海軍が「真珠湾攻撃」決行。太平洋戦争勃発。
http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-270.html

12、1945年3月10日、東京大空襲。
http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-3218.html

13、 1945年8月6日・9日、広島と長崎に原爆が投下される。ポツダム宣言受諾。日本敗戦。幣原喜重郎が戦後初代の内閣総理大臣となる。
http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-46.html

14、1945年、「8.15宮城事件」が起こされる。
http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-536.html

15、日本は戦争のための兵器購入資金を敵国の米国ディロンから「借り入れ」ていた。戦後ディロン・リードは、日本の再軍備=自衛隊の創立と、日米安保条約=在日米軍によって莫大な収益を上げてきた。
http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-1012.html

16、ディロン・リード社は、日本の軍需会社に投資をしていた。日本の海軍力を増強させ、アメリカとの戦争へと向かわせる強力な力を発揮したのは、ディロン・リード社の日本への投資ゆえであった。
http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-2763.html







<太平洋“八百長”戦争証明のポイント>

・東京大空襲で皇居や財閥系企業の施設は被害を受けなかった。

・東京大空襲を指揮したカーチス・ルメイに佐藤栄作は「功労者」として勲一等旭日章を与えた。

・三菱重工広島造船所や長崎造船所は広島、長崎の原爆投下でも被害はなかった。

・東京裁判では米国にとって最大の「敵」であったはずの人物は無罪とされた。

・天皇の戦争責任を追及したアメリカ人ジャーナリストのバーガミニは、日本ではなく米国から妨害工作を受け、ジャーナリスト生命を断ち切られた。

・戦時中、財閥系企業は「天皇の軍隊」を利用して莫大な利益を上げた。

・財閥解体なんて嘘八百であり、戦後も存続・拡大し続けている。

・昭和天皇はガーター騎士団の一員(エリザベスの臣下)であった。
日本がイギリス相手に戦争を起こすということは、君主への反逆を表すことになる。

・石油も鉄くずも所有していない日本が、何故に4年も戦争を続けることが出来たのか。
敵国であるはずの米国から、裏ルートで輸入されていたからだ。

・白洲次郎やヨハンセン・グループは、空襲や原爆の情報を事前に教えられていた。

・満州国で実権を握っていたのは、岸信介をはじめとした田布施グループである。

・満州国で岸信介は麻薬を取り仕切っていた。
麻薬の製造方法や販売手段を日本は知らなかったはずである。
それらの情報を教えたのは誰か。

・太平洋戦争前から日本は英米に多額の借金をしていた。

・満州国建国にあたって、日本はイギリスにさらなる借金をしていた。

・田布施グループの一人である松岡洋右が国際連盟脱退のお膳立てをすることによって、
日米開戦の原因を作った。

・ロンドン海軍軍縮条約を締結させて日本海軍の弱体化を謀った幣原 喜重郎は、
フリーメーソンだった。

・幣原喜重郎の妻・雅子は三菱財閥の創業者・岩崎弥太郎の四女である。
ここでフリーメーソンと三菱が繋がってくる。

・太平洋戦争開戦以前に、「日支闘争計画」が存在していた。
これは、日本と中国を戦争させる計画である。

・ヒトラーはユダヤ財閥から資金を与えられていた。

・チャップリンは映画「独裁者」を製作することによってアメリカ国民にナチスと戦うように戦意高揚させた。チャップリンはフリーメーソンだった。

・開戦前の二.二六事件も、終戦の際の八.一五宮城事件も、ヤラセであった。
ともに「あの戦争は軍部が独走して起こしたものであり、天皇は戦争に反対していた」という嘘を広めることが目的だった。



ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「「あの戦争は太平洋戦争じゃなくて大東亜戦争だ!アジアの人を西洋諸国から救うために行ったんだ!」などといまだに話しているアホがいるけれど、何度も言うが、あの戦争は八百長でした。八百長戦争であるにもかかわらず、アジアの人を解放するために起こしたわけがないことぐらい分かるだろ!」byソウルマン

「参政党って何者?⑤」


参政党の動画をアップしておきます。でも観る必要はないですよ(笑)



この人の話の嘘・偽りを証明するために、この動画をアップしました。
You Tube開いたら、勝手にこの動画が出て来たんですよ。
誰か(「彼ら」?)が私に参政党について書かせようとしているのかな?
私もシナリオに嵌められているのかな?
このシリーズもうやめとこうかと思ったが、こんな動画をちらっと観たら、また文句言いたくなったんですよ。だってほとんど騙されている人ばかりだから。
なんでこんな人間に騙されるの?と思うから。
ちょいと腹が立っているので、言葉が汚くなることを事前に言っておきます。

コロナについては基本的にはホントのことを言っているから、良しとします。
存在証明が無いことを一言も言わないことは問題だが。
でも他の政治家が全然言わないのに、語っているだけでエライと思います。
そこだけは評価します。
でもなんで、一部の言葉が消されているだけで、あなたの動画はバンされないの?
誰が言葉を消す工作をしたの?
You Tubeの人間?
参政党の編集担当者?
両者の打ち合わせの上?
まぁ良しとしておきます。

私が言いたいのは、あなたが「戦争の真実」を全く分かっていないことです。
何もわかっていないくせに、さも分かっているかのように嘘を喧伝していることです。
あの戦争を美化することに終始し、真実を偽っていることです。
あなたの詭弁に騙されている人間ばかりだから、黙っているわけにはいかないのです。

何が大和魂だ!あなたの言ってることは「邪魔屠騙し」だろ!

元寇や神風は、まぁ許しておこう。
明治維新を中途半端に話すんじゃないよ!
明治維新は維新側と幕府側の八百長でした。
どちらも外国勢力に雇われた売国奴でした。
そういったことも知らないくせに、九州の人に取り入るために、九州の人が明治維新でも活躍したようなことを語って人気を取ろうとするんじゃないよ!
西郷隆盛の名を語っていたが、西郷さんの真実を何もあなたは知らないでしょ。
西郷さんは朝鮮に戦争をしに行こうとしたんじゃなくて、話し合いに行ったんですよ。
西郷さんは、日本・朝鮮・中国が手をくんで、ともに「彼ら」イルミナティ悪魔勢力と戦おうと話をつけに行こうとしたんですよ。
この事実が隠蔽されて、西郷さんは征韓論者であったかのように偽られているんですよ。
「彼ら」イルミナティ悪魔勢力は、「西郷の危険思想を許すまじ」ということで、大久保・岩倉等に命じて西南戦争で西郷さんを殺させたんですよ。
なんにも知らないくせに、西郷さんのことを分かったように語るんじゃないよ!
西郷さんの名を自分の人気取りに利用するんじゃないよ!
「お前なんかに俺の名を利用されたくない」と、西郷さんは思ってますよ!

特攻隊を肯定するんじゃないよ!
鹿児島の知覧から特攻が出たからといって、特攻万歳と喧伝するんじゃないよ!
あの戦争は八百長でした。
英米と日独は対立なんかしていませんでした。
英米のトップも日独のトップも「彼ら」のエージェントでした。
国家のトップがエージェントで、国民を殺すために起こされたのが、あの戦争でした。
これまでその証拠を誰よりも私は示してきました。
特攻で殺された人々は、「彼ら」の八百長工作で殺されたんですよ!
なんにも知らないくせに、戦争や特攻を美化・肯定するんじゃないよ!
あなたが無知なのか工作員なのかは私は知らないが、マイクを持って嘘八百の戦争話を無知な大衆に吹聴するんじゃないよ!
戦争や特攻を肯定するということは、これから新たな戦争をつくりだし、新たに国民を殺すように仕向けているということなんですよ!
そんなに戦争を肯定したいなら、あなたひとりで戦争に行って来いよ!
国民を巻き添えにするんじゃないよ!

「あの戦争は太平洋戦争じゃなくて大東亜戦争だ!アジアの人を西洋諸国から救うために行ったんだ!」などといまだに話しているアホがいるけれど、何度も言うが、あの戦争は八百長でした。八百長戦争であるにもかかわらず、アジアの人を解放するために起こしたわけがないことぐらい分かるだろ!
ということです。
こんな戯言を言ってるのは、何も参政党の人間だけではない。
怪しい商売ネトウヨのような人間が、この国には腐るほど存在しています。
ちょっと調べたら、この手の人間の裏に怪しい宗教があることがよくあるのだ。
いいか悪いかは別として、本当に天皇大好きで日本大好きならば、「明治天皇すり替え事件」のことを問題視しているはずじゃないか。
このことを問題視しないということは、外国勢力の手先となって「明治天皇すり替え事件」に関わった国賊・売国奴勢力と同じ系統の人間であることの証明である。
そのような国賊・売国奴が、大和魂なんて言葉を使うんじゃないよ!
国民も国民だ。このような国賊・売国奴に騙されるんじゃないよ!
あの戦争が八百長であったことをちゃんと理解すれば、このような国賊・売国奴の戯言に騙されるはずがないのだ!


もうちょっとだけ言っておきます。


切り抜き動画がネットで拡散されていると文句言ってますが、嘘・デマを流していると言ってますが、切り抜きでもあなた方が話した言葉が紹介されているのは事実でしょ。
「これは切り抜きで事実ではない」というのなら、具体的に「本当はこういったことを語っていて、この言葉はこうこうこういう理由で間違いだ」と言いなさいよ!
「嘘やデマだという根拠」を示しなさいよ!
そういった説明をしないで「切り抜きだから間違いだ」では通りませんよ。

人口削減を肯定する発言をしてるでしょ!

消費税を下げると言いながら、消費税が下げられるわけがないと発言してるでしょ!

創憲なんて詭弁を使って実質改憲推進してるでしょ!

6月になって緊急事態条項反対の文言をやっとホームページに載せながら、こそっと授権法というヒトラー法を載せていたんでしょ!その後、それもこそっと削除したんでしょ!

自民を批判するふりして安倍を肯定しているでしょ!

統一教会や生長の家や日本会議と関係している証拠が複数点ありますよね!

それを打ち消す証拠も示していないのに、何も裏が無いと言えますか?





ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「八百長戦争に国民を参戦させるには、独裁者役と喜劇役者役の役者が必要なようですね。 八百長戦争に国民を参戦させるための昔の役者は、ヒトラーとチャップリンでした。 八百長戦争に国民を参戦させるための今の役者は、プーチンとゼレンスキーのようですね。」byソウルマン

「ヒトラーもチャップリンも、ともに「彼ら」に雇われていたエージェントでした」


NHKの映像の世紀バタフライエフェクト「ヒトラーVSチャップリン終わりなき闘い」という番組を観たので、感想を書いておきます。
ヒトラーとチャップリン、この二人は一体何者だったんでしょう?
結論から言います。

ヒトラーもチャップリンも、ともに「彼ら」に雇われていたエージェントでした。

この二人は、誕生日が4日しか違わないんです。
ヒトラーは、1899年4月20日生まれ。
チャップリンは、1899年4月16日生まれ。
二人は出生時から「彼ら」のエージェントになる運命だったのかもしれません。

二人とも、ちょび髭をしていました。
これは「偶然」ではなく、「彼ら」の指示だと思います。
同じく北のカリアゲ君がカリアゲをしているのも、「彼ら」の指示だと思います。

二人の任務の一つが、大衆操作です。
ヒトラーは、あの演説で大衆操作しました。
チャップリンは、あの芸風で大衆操作しました。

二人のもう一つの任務が、大衆を八百長戦争に駆り立てることです。
ヒトラーについてもチャップリンについても以下の過去記事をきちんと見ていただけたら正体が理解できると思いますので、リンクを貼っておきます。

http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-3731.html
「今起こされているコロナ詐欺は、戦争と「同じ方程式」で国民を騙そうとしているのです」byソウルマン
「チャップリンが「独裁者」を製作した理由は?」



この二人は、大衆を八百長戦争に駆り立てることに多大な貢献をしました。
何も知らずに騙されていた国民にとっては、最悪な存在でした。
チャップリンの映画は良い作品が多かったと思いますが、うわべだけでなく映画の裏に隠されていた“悪魔の意図”を我々は理解しておくべきでしょう。
番組内でチャップリンの発言が紹介されていました。

(ヒトラーについて)
「ちょっと考えてみたら、彼は狂人で、私は喜劇役者だ。
しかし一つ間違えば、その反対になっていたかもしれない」

ヒトラーは狂人役を演じ、チャップリンは喜劇役者役を演じました。
チャップリンの発言は、「お互い反対の役を演じるように命じられていたら、そのようになっていただろう」という意味でしょう。

(映画「独裁者」について)
「すべての映画はプロパガンダです。そして「独裁者」は民主主義のプロパガンダなのです」

チャップリンは正直に告白しています。
プロパガンダ映画をつくってしまった罪の意識に苛まれていたのでしょう。
アメリカ国民を八百長戦争に駆り立ててしまった罪の意識に苛まれていたのでしょう。
ハリウッド映画は勿論、民主主義なんてのもプロパガンダに過ぎません。

ロシアとウクライナの八百長戦争が行われているこの時期にこの番組が放送されたのは、決して「偶然」ではありません。
日本国民にプーチンに対して怒りの声をあげるように仕向けるためのプロパガンダ番組なのです。
日本国民をロシアとウクライナの八百長戦争に参戦させるように仕向けるためのプロパガンダ番組なのです。
そういえば、ゼレンスキーは元喜劇役者でしたね。

八百長戦争に国民を参戦させるには、独裁者役と喜劇役者役の役者が必要なようですね。
八百長戦争に国民を参戦させるための昔の役者は、ヒトラーとチャップリンでした。
八百長戦争に国民を参戦させるための今の役者は、プーチンとゼレンスキーのようですね。

昔も今も「同じ手段」「同じ役者」「同じプロパガンダ」を使って国民を「同じ八百長戦争」に駆り立てようとしているのです。

日本では、その演出のために憲法改悪が仕組まれているのです。
映画「独裁者」のチャップリンのスピーチを使って憲法改悪に抗議する動画を紹介しているツイッターのリンクを貼っておきます。


https://twitter.com/retopsnart/status/1494443703985111040
その通り。押し付け憲法(正確には合作)だとしても結果オーライなのよ。現憲法以上に人権を尊重した憲法を作れる日本人なんかいる訳ないでしょw



こんなもん許してはいけないのは言うまでもないことですが、私の考えは昨日書いた通りです。改憲勢力も反改憲勢力も、同じ穴の狢です。
共産党は表向き改憲に反対しているように見えますが、この文章を見ても分かるように、本気で改憲の危険性を訴えていないことはミエミエです。
上っ面見せかけだけの改憲反対表明です。
「改憲阻止のために共産党に投票したけど結局自民党が議席をとってしまったな。でも選挙の結果だから仕方がないな。政治に無関心な国民が悪いんや」と国民に思わせる(=騙す)ことが共産党(=裏自民党)の本当の目的です。

「右も左も根は同じ」です。

共産党も立憲民主党も山本太郎も、改憲にも戦争にも本気で反対なんてしていません。
子供に毒ワクチンを打たすことに抗議一つしてこなかった政党・政治家が国民のことを思っているはずがありません。悪魔の手先であることがここに証明されています。

右も左も改憲推進・戦争推進・人口削減推進です。
子供に毒ワクチンを打たせることに抗議一つしない「悪魔の手先の国賊ども」です。

だから我々のするべきことは、真実に気づくことです。
「お前らはグルだ」「国民の敵だ」「全員辞職しろ」と声を上げるべきです。
選挙に行っても何の解決策になんかなりません。ボイコットするべきです。

「我々の血税を使って不正な選挙芝居・民主主義芝居をするんじゃない。選挙芝居なんかやめて選挙に使うカネは今すぐ国民に返せ」と声を上げるべきです。

2年以上コロナ詐欺を推進してきた詐欺政党・詐欺政治家に騙されてはいけません!

「右も左も根は詐欺師」です。




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村


「コロナ同様ウクライナとロシアの戦争なんて存在していない」byソウルマン

「この世はすべて舞台=嘘八百のこの世界」


ご紹介いただいた動画をアップします。
前々からの私の以下の主張を分かりやすく説明してくれています。
「テレビを観る暇があるのなら、この動画を観るべきだ」と、私は思います。

・911詐欺

・コロナ詐欺

・ウクライナ詐欺

・右も左も根は同じ

・嘘八百のこの世界


でも、理解できる人がどれだけいるのやら・・・




この世はすべて舞台(前編)

https://www.youtube.com/watch?v=Ttr0Gn5SrmA







「彼ら」のいつもの方程式は「チェスの試合の両陣営を操ることだ」ということを、ご理解ください。

「コロナ詐欺の後にウクライナとロシアの戦争が勃発したのはすべてシナリオである」ということを、ご理解ください。

「プーチンもゼレンスキーもチェスの駒だ」ということを、ご理解ください。

「いつまでもチェスの駒に踊らされていてはいけない」ということを、ご理解ください。

「コロナ同様ウクライナとロシアの戦争なんて存在していない」ということを、ご理解ください。

「国民を騙すためにテレビが存在している」ということを、ご理解ください。

この世界が「嘘八百のこの世界」であることを、ご理解ください。



あらためて、この記事を紹介します。

http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-4194.html
「「戦争詐欺」と「新型コロナウイルス詐欺」は「同じタイプの詐欺」です。 どちらも「存在していない敵国」と「存在しないウイルス」が「存在している」と嘘をつくことで国民を騙し、国民から自由を奪い、国民を殺すことを目的とした「同じタイプの詐欺」なんですよ!」byソウルマン
「ロシアとウクライナの“戦争ごっこ”」




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「「東大の学生はとても頭がいい」と「普通の人間」は思っているだろうが、私には「東大の学生は日本最高峰のアホ」「自分で何が真実であるのかを考えることが出来ない救いようのないアホ」「最高峰のコロナ脳」としか思えない。 勿論「東大に入れるはずもないアホのひがみ根性」と思ってもらって結構です(爆)」byソウルマン

「「戦争のつくりかた」と「国民の騙しかた」」


今日は、戦争関連の動画を二つ紹介します。決して「お勧め動画」ではありませんが・・・
まずは、「戦争のつくりかた」というタイトルの動画です。
「戦争のつくりかた」の本質には全然迫っていないが、とりあえず「戦争はするべきでない」ことを分かりやすく説明されていることは評価できるでしょう。
「戦争のつくりかた」というタイトルよりも「コロナのつくりかた」というタイトルにしたら、真実に近くなるでしょう。
「政府の方針通りにメディアが国民を騙している」ことが説明されていますので。

「戦争のつくりかた」



次に、「ヒトラーとは何者だったのか」というタイトルの動画を紹介します。
あくまでも「反面教師動画」として・・・
初めに言っておくが、「観るべき動画」という意味ではなく「観るべきではない動画」として紹介します。だから、観る必要はありません。ちらっと聞き流してください(笑)
私はこの動画の冒頭部分しか聞き流していないのだが、どういった内容なのかは既に見切っている。どういう嘘をつくのかも見切っている。
はい、「東大の教授が本当のことを語るわけがない」ことは重々分かっているので、動画を観る前からこの教授が嘘を語っていることが分かるのです(笑)
「ヒトラーの正体を隠蔽する」ためにこの人物が動画で嘘を語っていることが分かるのです。
「ヒトラーの正体を隠蔽する」ことがこの人物に与えられた「業務」であることが分かるのです。
歴史の真実を語らないから、この人物は東大の教授になれたのである。
もし歴史の真実を語ったら、この人物は東大の教授になれるはずがないのだ。
日本における東大は、「国民を騙すために存在している学校教育」の最高機関なのだ。
「国民を騙すために存在している学校教育」の最高機関の教授が、真実の歴史を語るはずがないのだ。
東大の学生は、この教授の話を信じてしまうのだろうか?
この国や世界のシステムに疑うことなく、「こう理解しなさい」と「あらかじめ与えられた答え」をひたすら暗記することに粉骨砕身努力した結果としてめでたく入学できたのだから、受験当時と同じ精神構造であるならば、“そのまんま”受け入れてしまうのだろう。
「東大の学生はとても頭がいい」と「普通の人間」は思っているだろうが、私には「東大の学生は日本最高峰のアホ」「自分で何が真実であるのかを考えることが出来ない救いようのないアホ」「最高峰のコロナ脳」としか思えない。
勿論「東大に入れるはずもないアホのひがみ根性」と思ってもらって結構です(爆)

石田勇治 東京大学大学院教授 「ヒトラーとは何者だったのか」



「戦争のつくりかた」の動画を観ても、東大の教授の「ヒトラーとは何者だったのか」の動画を観ても、「戦争のつくりかた」も「ヒトラーとは何者だったのか」も理解できないでしょう。
あなたが「戦争のつくりかた」や「ヒトラーとは何者だったのか」を本当に理解したいと思っておられるのならば、この記事の最後にこのことに触れた過去記事のリンクを貼っておきますのでご覧になってみてください。
時間をかけて“素直な心”で見てもらえたら、「基本情報」は理解できると思います。
でも、やっぱ難しいかな?

ほんの少数でも“素直な心”の持ち主の方にご理解いただけたならば、嬉しく思います。

本当の「ヒトラーとは何者だったのか」が理解できたら、本当の「戦争のつくりかた」が理解できるようになるでしょう。
「戦争の真実」が分かれば、「ウクライナの“戦争ごっこ“が何故起きたのか」も理解できるようになるでしょう。
ここに書いたようなことは、東大の教授は口が裂けても語りません。
もしこのようなことを語ったら、速攻で東大教授の肩書を失うでしょう。
メディアからも総攻撃を受けるでしょう。
「嘘八百のこの世界」では「嘘の情報」しか受け入れられないからです。

「怖いウイルスが「偶然」発生したので、マスクやワクチンが必要だ」とか。
「独裁者によって戦争が「偶然」発生したので、独裁者に制裁を課し、ユニセフや日本赤十字に被害者救済のための募金をしましょう」とか。

「政府・大学教授・医者・テレビを信じる国民」は、「ウイルス詐欺」や「戦争詐欺」に騙され続けるのです。
すべてがシナリオであることなど知る由もなく・・・



http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-3731.html
「今起こされているコロナ詐欺は、戦争と「同じ方程式」で国民を騙そうとしているのです」byソウルマン
「チャップリンが「独裁者」を製作した理由は?」





ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村