ウォーターボーイズ - 嘘八百のこの世界
fc2ブログ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント
月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告
ウォーターボーイズ カテゴリーの記事

「人々は分け前を求める犬のように奪い合いをする なんと冷酷で なんと辛いことか だけど それでも僕らがやっていることに比べればマシさ 僕らが互いにやっていることといったら・・・ 僕らは恋人にはなれないんだ」(「We Will Not Be Lovers」THE WATERBOYS)

「FISHERMAN’S BLUES」THE WATERBOYS


ウォーターボーイズの1988年発表の4枚目のアルバムである。
アルバム全体を通してアイルランド人フィドラー、スティーヴ・ウィッカムのエレクトリック・フィドルが鳴り響く、アイルランド伝統音楽を取り入れた作品である。
セールス的にも一番売れたウォーターボーイズのアルバムである。
個別の曲に触れておく。
以前取り上げたベスト盤で紹介した曲は割愛する。


「We Will Not Be Lovers」
「言葉が君の武器さ 嘘が君の守りさ」と歌う。
さらには「人々は分け前を求める犬のように奪い合いをする なんと冷酷で なんと辛いことか だけど それでも僕らがやっていることに比べればマシさ 僕らが互いにやっていることといったら・・・ 僕らは恋人にはなれないんだ」と歌う。
意味深な歌詞とは裏腹に、イントロからエレクトリック・フィドルが鳴りまくる、リズミカルなアイリッシュ・ロックである。


「World Party」
「それは真実なんてものでは全くない 君が信じさえすれば それは真実なのさ」と歌う。ライヴで聴けば盛り上がるだろう。


「Jimmy Hickey’s Waltz」
明るいアイリッシュ調のインストである。


「Has Anybody Here Seen Hank?」
スローな聴かせる曲である。歌詞はよく分からない。


「When Will We Be Married?」
「いつ結婚しようか モリー?」と繰り返し歌うが、恐らく主人公は妄想の世界に入っているのだろう。他の男ばかり見ているモリーに一方的な自分の想いを抱いている男のことを歌っているようだ。

「When Ye Go Away」
「君が行ってしまったら 僕は泣くだろう」と歌う。
フィドルがとても美しい。

「The Stolen Child」
W.B.ウェイツの詩にマイク・スコットが曲を書いている。
マイク・スコットのヴォーカルにトーマス・マッコーウェンの朗読が加わる。
歌詞が実に意味深である。
「生贄にされてしまった子供」のことを歌っているのではないのだろうか。





マイク・スコットの詩の世界及びヴォーカルと、スティーヴ・ウィッカムのエレクトリック・フィドルがものの見事にかみ合って、独特なアイリッシュ・ロックの世界を生み出している。


評点:80点


<参考記事>
http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-4159.html
「僕らは奇妙な時代に生きている。奇妙なゴールのために働いている。僕らは新たに蘇るんだ。肉体から魂へと」(「Strange Boat」THE WATERBOYS)
「THE BEST OF THE WATERBOYS ’81-‘90」THE WATERBOYS




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「僕らは奇妙な時代に生きている。奇妙なゴールのために働いている。僕らは新たに蘇るんだ。肉体から魂へと」(「Strange Boat」THE WATERBOYS)

「THE BEST OF THE WATERBOYS ’81-‘90」THE WATERBOYS


ウォーターボーイズの91年発売当時のベストアルバムである。
ウォーターボーイズは、私には「知ってるようで知らないバンド」であった。
昔から知っていたのだが一部の曲しか聴いておらず、アルバムとして聴いたのは本作が初めてである。共作もあるが、ヴォーカルでリーダーであるマイク・スコットが全曲書いている。個別の曲に触れておく。

「A Girl Called Johnny」
「ジョニーという名の女の子を思い出す。地獄のように暗黒で、亡霊のように真っ白な。「生や死について語らないで。両方とも十分知っているわ」と彼女は言ったものだ」と歌う。アンソニー・シスルウェイトのサックスがいい。

「All The Things She Gave Me」
「彼女がくれた全てのものをどこに隠したらいいのか」と歌う。
これまたアンソニー・シスルウェイトのサックスがいい。


「The Whole Of The Moon」
「僕は三日月を見たが、君は月全体を見たんだ」と歌う。
ウォーターボーイズの代表曲である。


「Don’t Bang The Drum」
「君はまるで猿のようにドラムを叩くんだろう。もうドラムを叩くのはやめてくれ」と歌う。これまたアンソニー・シスルウェイトのサックスがいい。


「Fisherman’s Blues」
「漁師になるんだ。頭には希望の光が満ちており、腕には君がいる」と歌う。
スティーヴ・ウィッカムのアイリッシュなフィドルがいい。

「Strange Boat」
「僕らは奇妙な時代に生きている。奇妙なゴールのために働いている。僕らは新たに蘇るんだ。肉体から魂へと」と歌う。ある意味今の時代にこそピッタリの曲かも・・・


「And A Bang On The Ear」
マイク・スコット自身のこれまでの女性遍歴のことを歌っているのかな?
当時は将来ろくでなし子と結婚することになるとは思っていなかったことだろう(笑)

「Old England」
大英帝国の終焉を歌っている?
これまたアンソニー・シスルウェイトのサックスがいい。

「A Man Is In Love」
恋に落ちている男について歌っているが、ラストで「その彼とは自分のことだ」と白状する曲である。コリン・ブレイキーのフルートとスティーヴ・ウィッカムのアイリッシュなフィドルがいい。





ウォーターボーイズのグループ名は、マイク・スコットがルー・リードの「The Kids」という曲の歌詞から採用したらしい。
ということは、マイク・スコットはルー・リードのことが好きだったのだろう。
ルー・リードほどじゃないけれど、マイク・スコットも詩人である。
ウォーターボーイズは私には「知ってるようで知らないバンド」であったため知らなかったのだが(ややこしいな(笑))、本作の後アルバムを1枚出してからは活動休止しており、2000年から活動を再開したらしい。
ウォーターボーイズは実質上マイク・スコットのバンドであるが、そのマイク・スコットは先程書いたように現在日本の漫画家であるろくでなし子と結婚しているため日本に年2回ぐらい来ているそうだ。ついでにライヴもやってほしいものである。
一度ライヴ体験してみたいバンドの一つである。
オチが無いようだが、これぐらいにしておこう。
CDレビューにオチは必要ないか(笑)



評点:80点





ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村


「Where the Action Is」The Waterboys、「Let's Go Baby (Where The Action Is)」Robert Parker

今日の1曲は、ウォーター・ボーイズの「Where the Action Is」です。




オリジナルのロバート・パーカーのヴァージョンです。







ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Purple Rain」The Waterboys

意外や意外、ウォーターボーイズがこの曲を演ってたんですね。
今日の1曲は、ウォーターボーイズの「パープル・レイン」です。
演奏は最高ですが・・・
アルバム「モダン・ブルース」のジャケットと同じもののようだが、ステージ背景の悪魔のようなシルエットが気になります・・・

















「The Whole of the Moon 」The Waterboys

今日の1曲は、ザ・ウォーター・ボーイズの「ザ・ホール・オブ・ザ・ムーン」です。
歌詞↓
http://www.lyricsfreak.com/w/waterboys/the+whole+of+the+moon_20145310.html








Whole of the Moon - Music ofWhole of the Moon - Music of
(1998/10/06)
Waterboys

商品詳細を見る