ワクチン・AIDS・エボラ - 嘘八百のこの世界
FC2ブログ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告
ワクチン・AIDS・エボラ カテゴリーの記事

CSISは子宮頸がんワクチンの接種、推進に関する日本政府への提言なども行ってきている

「CSISに命じられた政策は、日本民族を滅亡させるための「政策」である」



この国でまともなジャーナリズムが存在しているのは、リテラぐらいである。
大手マスゴミは、一切このような“国民が絶対に知るべき情報”を伝えない。
まさに存在自体がダマスゴミである・・・



(リテラ)さん
https://lite-ra.com/2019/03/post-4610.html
安倍政権が3億円の寄付をした米シンクタンクの正体! アーミテージレポートで日本属国化を進めるジャパンハンドラー
2019.03.17 12:06

トランプ大統領におねだりされて戦闘機やミサイルなどを爆買いし、普天間返還の見通しも立たぬまま辺野古新基地建設を強行、そしてトランプのノーベル平和賞推挙……。“対米隷属”が甚だしい安倍首相だが、ここにきて、さらなるえげつない“アメリカへの貢物”が判明した。あのジャパンハンドラーたちの巣窟である米シンクタンク「戦略国際問題研究所」(CSIS)に、日本政府が巨額の寄付金をつぎ込んでいたというのだ。
 14日付のしんぶん赤旗によれば、第二次安倍政権の2013年度からの6年間で、日本政府がCSISへ寄付した金額はなんと2億9900万円にのぼるという。共産党の宮本徹衆院議員の追及によって外務省が明らかにしたもので、外務省は「国際情勢に関する情報の収集および分析」「海外事情についての国内広報その他啓発のための措置および日本事情についての海外広報」などを寄付の理由にあげている。
 だが言うまもなく、寄付の原資は税金だ。国民の血税を米国の一民間シンクタンクに勝手に寄付するなんてことが許されるのか。
 しかも、問題は寄付した相手の正体だ。「戦略国際問題研究所」(CSIS)は前述したようにワシントンに本部を置く民間シンクタンクだが、アメリカの政財界の意向を受けて、日本をコントロールする“任務”を帯びた知日派「ジャパンハンドラー」の巣窟といわれているのだ。
 実際、このシンクタンクが、日本の政治家や官僚を「客員研究員」や「ゲスト」として大量に招き入れ、“親米保守”“米国の利害代弁者”に取り込んでいるのは有名な話。
 さらに、CSISの日本政府への影響力を象徴するのが、同研究所が定期的に発表するリチャード・リー・アーミテージ米元国務副長官とジョセフ・ナイ元米国防次官補による「アーミテージ・ナイレポート」だ。同報告書には日本の安全保障政策や諜報政策などのプロトプランが含まれており、日本政府はその提言のことごとくを実現してきた。
 たとえば2012年の第3次アーミテージ・ナイレポートでは、〈平時から戦争まで、米軍と自衛隊が全面協力するための法制化を行うべきだ〉〈集団的自衛権の禁止は日米同盟の障害だ〉などとして、集団的自衛権の行使容認や自衛隊の活動を飛躍的に拡大させる安保法制策定が“指示”されていた。
 また〈日米間の機密情報を保護するため、防衛省の法的能力を向上させるべき〉〈日本の防衛技術の輸出が米国の防衛産業にとって脅威となる時代ではなくなった〉などとされている部分は、読んでの通り、安倍政権下での特定秘密保護法の成立や武器輸出三原則の見直しにつながっている。
 第3次報告書では、他にも〈原子力発電の慎重な再開が正しく責任ある第一歩だ〉〈女性の職場進出が増大すれば、日本のGDPは著しく成長する〉などとあり、第二次安倍政権は原発再稼働政策や「女性活躍推進法」によってこうした“対日要求”を叶えてきた。
 そんなところから、CSISとアーミテージ・ナイリポートが日本の政策をすべて決めているなどという陰謀論めいた見方さえ、ささやかれるようになった。

https://lite-ra.com/2019/03/post-4610_2.html
安倍政権下で寄付金が10倍以上! 安倍首相はCSISであいさつ

 つまり、こうした日本の対米従属を支えるシンクタンクに、安倍政権が3億円の巨額寄付をしていたのだ。
 しかも、あからさまなのが安倍政権下で寄付金額がどんどん増えていることだ。赤旗によると、2013年度に780万円、14年度の890万円だったものが、安保法制が国会で成立した15年に3432万円と爆上げ。翌16年度には8300万円とさらに増加し、17年度、18年度も8000万〜9000万円を維持している。5年間でなんと10倍も増加させているのだ。
 これはいったいどういうことなのか。実は、安倍首相は歴代首相のなかでも、このジャパンハンドラーのシンクタンクにもっともしっぽをふってきた総理大臣である。
 2012年の末、総選挙で自民党が政権に返り咲くと、安倍首相は翌2013年2月に訪米しているが、このとき、さっそくCSISでスピーチを行い、アーミテージ氏らを前に「申し上げます。日本もまた、厳しい財政制約の下にあります。けれども、わたくしは政府に命じ、国土防衛のため予算を増額するようにいたしました。長年月において初めてのことであります」と自分の忠犬ぶりをアピールした。
 また、安倍首相は2015年4月の米議会演説で“安保法制をこの夏までに成立させます”と公言すると、同年7月9日にやはりCSIS主催のシンポジウムに出席し「米国の権威あるシンクタンクであるCSISが、日本国際問題研究所と一緒になって、世界の歴史に関してとても有益なシンポジウムを開催されると聞き、エールを送りにやってまいりました」とうやうやしく挨拶をしている。

https://lite-ra.com/2019/03/post-4610_3.html
安倍首相とジャパンハンドラーの関係の裏に岸信介と日本財団

 2012年の第3次アーミテージ・ナイレポートにあった特定秘密保護法や武器輸出三原則撤廃、安保法制が安倍政権下で次々と実現されたことは前述したが、安倍首相自身がその時期、露骨な形でCSISと接触をもっていたというわけだ。
 そして、そのことと軌を一にするように、安倍政権はこのジャパンハンドラーのシンクタンクに巨額の寄付金を支払うようになり、その金額をどんどん増額させていった。
 この安倍首相の異常とも言えるCSISへの忠誠の背景には、祖父である岸信介の影響があるのではないかとも言われている。
 周知の通り、戦後日本の安全保障政策はアメリカの意向に左右されてきたが、米ソ冷戦構造においては、とりわけ1950年の朝鮮戦争開戦前後に米国は対日政策をガラリと転換していった(逆コース)。その流れのなか、米国によって“日本再武装化の旗手”として首相の座に押しあげられたのが岸信介だった。岸はCIAの工作員リストにも名前があがるなど、日本をコントロールしようとする米知日派と深い関係があった。安倍首相はその岸にならい、人脈を引き継ぐかたちで、このジャパンハンドラーのシンクタンクと関係を深めていったのではないか。そんな推測の声が聞こえてくるのだ。
 一方では、第二次安倍政権下でのCSISとの関係深化と寄付金急増の背景に、安倍首相の有力ブレーンである笹川陽平・日本財団会長の介在もささやかれている。というのも、CSISは日本財団傘下の東京財団と密接な関係にあり、2016年の2月にはCSISと笹川平和財団が共同で研究会を設立しているからだ。
 いずれにしても、この3億円にものぼる寄付金は、親米保守政権のケツ持ちへの“上納金”であることは間違いない。そして、安倍政権は今後も、このCSISのシナリオどおりに動いていくのだろう。

https://lite-ra.com/2019/03/post-4610_4.html
イージス・アショア購入も米国を守るためだった! CSISがレポートに明記

 昨年10月、CSISは第4次アーミテージ・ナイレポートを発表しているが、この第4次報告書では、日米の基地共同運用の拡大、日米による共同統合任務部隊の創設、共同作戦計画の策定、GDP1%以上の防衛費の支出などが求められている。周知の通り、すでに安倍政権は毎年過去最高の防衛費を更新しているが、今後も、米国の要請どおりに日米の軍事一体化を進めていくのは火を見るより明らかだ。
 無論、CSISが提言する対日要求は米国の利益が第一だ。たとえば安倍政権が導入する地上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の日本配備は、現在、秋田県と山口県で計画が進められているが、これは、米国の軍事拠点の防衛が目的だ。CSISは昨年5月に発表したレポートのなかで「(アショアは)米国本土を脅かすミサイルに対し、前方に配備されたレーダーの役割を果たしうる」としており、実際に、秋田市は北朝鮮とハワイを結ぶ直線上に、萩市はグアムを結ぶ直線上にそれぞれ位置している。
 トランプにすりよるだけでは飽き足らず、国民の血税を使ってジャパンハンドラーたちへ貢ぎ、その言いなりとなっている安倍政権。「自主憲法制定」などと勇ましく吠える連中がやっているのは、実のところアメリカの“奴隷”として日本の属国化を推し進めることにすぎない。安倍応援団が好んで使う“国賊”という言葉は、安倍政権にこそお似合いだということだろう。
(編集部)





CSISには何度も触れているが、改めてウィキを見てみる。


戦略国際問題研究所(せんりゃくこくさいもんだいけんきゅうじょ、英語: Center for Strategic and International Studies, CSIS)は、アメリカ合衆国のワシントンD.C.に本部を置く民間のシンクタンク。1962年にジョージタウン大学が設けた戦略国際問題研究所(CSIS)が、後に学外組織として発展したものである[1]。現在のフルタイム常勤職員は220人[2]。議長はトーマス・プリッツカー(Thomas J. Pritzker)、所長兼CEOはジョン・ハムレ(John J. Hamre)[2]。
全世界のシンクタンクをランク付けしたペンシルベニア大学によるレポート(Go to think tank indexの2014年版)によれば、CSISは防衛・国家安全保障(Table 14) で世界第1位、外交政策・国際関係論(Table 31) で第5位、革新的政策提言(Table 44) の総合では第4位(全米で3位)にランクされており[3] 。ワシントンでもシンクタンクとして認知されている[4]。
公式には超党派を標榜し、民主党・共和党を含む幅広い人材が関与している。USニューズ&ワールド・レポートは「中道」(centrist)と表現している[5]。

「ジョージタウン大学戦略国際問題研究所」は、イエズス会の神父エドマンド・アロイシャス・ウォルシュ(Edmund Aloysius Walsh、1885年10月10日 - 1956年10月31日)が、1919年に同大学内に創った「エドマンド・A・ウォルシュ外交学院」が改組されたものである。ウォルシュは地政学者カール・ハウスホーファーの弟子であり、その学問をアメリカに移植することを目的とした組織であった。
設立にあたっては、アーレイ・バークおよびデイビッド・マンカー・アブシャイア(David Manker Abshire)[6]が主導[7]。1987年にジョージタウン大学から独立した研究機関となった。設立の経緯から、アメリカ陸軍などアメリカの国家安全保障グループとの繋がりを強みとする。

理事長には、1999年よりサム・ナンが、同研究所所長最高経営責任者には、2000年4月よりジョン・ヘイムリがついている。また、ヘンリー・キッシンジャーやカーラ・ヒルズ、リチャード・アーミテージ、ズビグニュー・ブレジンスキーが理事を務め、顧問にはキッシンジャーと弟子のブレント・スコウクロフトがいる。彼らの多くはアメリカ国家安全保障会議の国家安全保障問題担当大統領補佐官でもあった。
イラク戦争後の“復興”において、リポート「より賢い平和(A Wiser Peace)」を作成し、時のアメリカ合衆国国防長官ドナルド・ラムズフェルドに提出した。
日本人では小泉進次郎や、浜田和幸辻清人渡部恒雄などが一時籍を置いた。現在では日本から多くの将来有望な若手官僚や政治家(候補含む)がCSISに出向して学んでくる慣習が確立している。日本部には、防衛省、公安調査庁、内閣官房、内閣情報調査室の職員の他、日本貿易振興機構や損害保険会社、日本電信電話の職員も、客員研究員として名を連ねている。また、日本の現役政治家とも縁が深く、麻生太郎安倍晋三なども度々CSISを訪れ、講演でスピーチを行っている。
CSISは日本では公益財団法人東京財団(日本財団の下部組織)と協力関係にある。東京財団の他にも笹川平和財団、特定非営利活動法人世界開発協力機構が、パシフィックフォーラム CSISを通じてフェローシップ・プログラムの提携を行っている[8]。また、2011年には日本経済新聞社と共同で「日経・CSISバーチャル・シンクタンク」の創設を発表し、2012年に立ち上げた。
稲盛財団理事長の稲盛和夫は国際評議員を務め、2002年4月1日には政界・経済界等の若手リーダーを養成するための設立基金500万ドルを財団から寄付し、「アブシャイア・イナモリ リーダーシップ・アカデミー」(Abshire-Inamori Leadership Academy:略称AILA)をCSIS内に共同で設立した[9]。パシフィックフォーラム CSISでは、半田晴久と稲盛の他、オリックス元会長の宮内義彦が日本在住の理事を務めている[10]。
CSISは子宮頸がんワクチンの接種、推進に関する日本政府への提言なども行ってきている。






私がこれまで書いてきた問題となるキーワードだらけですよね。
これって陰謀論でも何でもないですよ。ウィキに書かれていることですよ。
しっかりとイエズス会が関係していますね。
日本国民は、ここに記された“CSISの協力者”の名前をしっかりと覚えておくべきです。
こいつらが、私がチーム・イルミナティと呼んでいる売国奴集団である。
こいつらは、その名の通り“戦略的に”日本民族を根絶やしにしようとしているのである。
その一つが「子宮頸がんワクチンの接種、推進に関する日本政府への提言」なのです。
「この国の政策を誰が決めているのかという重要事項を頭に入れないで、このことを問題視しない政治家に加担しても何の問題解決にもならない」ということを理解してください。
併せてこの重要な問題を問題視しないマスゴミは日本国民の敵であることを理解してください。
そのことを理解したうえで、改めて下記の「事実」を頭に叩き込んでおいてください。


・CSISに命令されたとおりに安倍がこの国の政策を決めている

・CSISに命じられた政策は、日本民族を滅亡させるための「政策」である

・CSISに命じられたマスゴミは、日本国民を騙すために存在している




これらの「事実」をより理解するために、マスゴミが絶対に伝えない「この国の支配体制に関する情報」を記した過去記事のリンクを貼っておきます。



*日本は太平洋戦争に負ける前から、すでに負けていたのだ!
「アーミテージ・レポートとは何か、そしてアーミテージが語る報復とは何か」

http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-1650.html


*戦後の日本国では米国のスパイが総理になることになっている。
「こうやって八百長戦争は演出される、八百長戦争演出家が養成されるルートを探る」

http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-1021.html


*「彼ら」が本当にされて困ることは何か?(「あやつり人形」PANTA)
「恐るべき“あやつり人形”の系譜、岸信介から安倍晋三へ」

http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-1010.html







ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「「1億人の飢餓を救う」というスローガンの下、「アフリカ難民救済」を目的にする」のなら、「アフリカの人々に干渉するな!不必要な干渉によって飢餓が発生したのだ!」「アフリカに西洋文化を押し売りするな!」「アフリカに武器兵器を輸出するな!」「アフリカの人々にワクチンを強要するな!」と、私は言いたい。

「クイーンとエイズとマジックと」



先日、映画「ボヘミアン・ラプソディー」を観てきたので感想を書いておきます。
映画はけっこう人気が出ているようですが事実とはかなり異なっているようです
まぁ映画なんてものは、基本的には創作であるのだから、事実と違っていても面白ければいいのかもしれません。
実際、けっこう面白かったです。
クイーンのメンバーを演じた俳優もかなり似ていたし、演技も中々のものでした。
特に、フレディ役のラミ・マレックの演技は良かったと思います。
クイーンは、正直言って私の好みではないのですが、フレディの才能は認めていますし、特に「ボヘミアン・ラプソディー」は傑作だと思っています。
しかし、ご多分に漏れず、このバンドも「彼ら」の目的に沿って「成功」を手に入れたようです。この世界で「成功」するには「彼ら」の僕になる必要があるようです。
フレディは奇抜な衣装を着ていましたね。
もろフリーメーソン好みの黒白模様や、目玉が複数個付いたやつとかね。
全てはファンではなく「彼ら」へのアピールなのでしょう。
フレディがゲイであったことは、映画でも紹介されているように有名な話です。
音楽業界や芸能界にゲイが溢れかえっていることは、決して偶然ではありません。
「彼ら」の多くが倒錯的な性嗜好を持っていることに起因しているのでしょう。
自分たちの“仲間”を拡散したいのでしょう。
そもそも「クイーン」という言葉自体が、「女役のホモセクシャル」を意味しています
私はフレディの死についても公式発表を信じているわけではありません。
フレディはエイズで死んだということにされていますが、そもそもエイズウィルス自体が存在していないかもしれないのです

HIVテストも国際規格化されておらず、国によって検査結果が異なるということらしいのだから。仮に“エイズウィルスらしきもの”が存在していたとしても、1974年、HIVはアメリカ国防総省フォートデリックの陸軍生物化学戦研究センターにて、CIAプログラム監督下にてロバート・ギャロ博士らにより作成されたらしいのだ。


エイズによる死亡者数は年々減少しているし、アメリカと比べて日本は極端に少なく、こちらでは「日本における死亡者は,1995年に男子52名,女子4名であり,以後,男子50名前後,女子数名の状況は変化せず,2006年には男子55名,女子5名となっている」と紹介されています。ここで公表されている死亡者についても、本当にエイズで亡くなったかどうかは怪しいものである。
フレディは「エイズは恐ろしい」ということを世界中の大衆に知らしめることを目的とした広告塔にさせられたのではないのだろうか。
少なくとも「彼ら」の最重要指針である「人口削減」には役立ったでしょう。
映画のラストシーンの場であるライヴエイドが偽善に過ぎないというのも、言うまでもないことです。

「「1億人の飢餓を救う」というスローガンの下、「アフリカ難民救済」を目的にする」のなら、「アフリカの人々に干渉するな!不必要な干渉によって飢餓が発生したのだ!」「アフリカに西洋文化を押し売りするな!」「アフリカに武器兵器を輸出するな!」「アフリカの人々にワクチンを強要するな!」と、私は言いたい。

フレディは、ライヴエイドに参加して「アフリカ難民救済詐欺」の広告塔にもさせられたようだが、死後に「彼ら」によって製作された映画の中でもいまだに広告塔にさせられているようだ。

いい加減、開放してやれよ・・・

クイーンを良く知っている世代の人間のみならず、この映画に魅了されたクイーンを知らない若い世代の人間までもが、「彼ら」のマジックに洗脳されてしまっているようである。
「11月9日公開」というマジックに・・・
「「嘘八百のこの世界」に気づくんじゃないぞ」というマジックに・・・




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

トランプ次期大統領はワクチン政策に疑問を持っている

「米国政府がワクチンの水銀で自閉症になると認めた」


まずは、こちらの記事から。

(日本や世界や宇宙の動向)さん
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52000729.html
2017年01月10日11:16
ワクチンを拒否しているアーミッシュ派の子供たちには自閉症が殆どいません。

http://www.thedailysheeple.com/the-amish-dont-get-vaccinated-and-they-rarely-get-autism-cancer-or-heart-disease-coincidence_012017
(概要)
1月9日付け

・・・・洗脳された大衆はCDC米質病対策予防センターが勧めるワクチン(予防接種)を受け入れ、どのワクチンもよく効き、100%安全であり効果的だと信じています。一部のワクチンは多少の効き目はあるのでしょうが、それでも健康へのリスクを冒すことになる危険性があります。

CDCのデータによると、水銀が含まれるワクチン(チメロサール)を接種した子供たちは接種しなかった子供たちに比べ、自閉症の発症率が27倍も高くなることが明らかになりました。
小児科医はワクチンについて疑問に思うようなことは許されていないのです。そしてCDCが勧めるワクチンの量よりも少ない摂取量を与えてはならないのです。小児科医がそのようなことをすれば、悪名高いAMA米国医師会からの激しい怒りを買い、小児科医は医療行為を妨害されたり医師免許はく奪されてしまいます。
ただし。。。全ての種類のワクチンから水銀だけを取り除いても自閉症の発症率は減るのでしょうか。

アメリカのアーミッシュ派(米ペンシルベニア州に多く居住するキリスト教の一派。電気、水道、自動車などの現代技術を使わずに生活)のコミュニティでは自閉症の子供はほどんどいません。
生まれつき自閉症を患った子供たちはこの世にはいないのです。
自閉症は幼児期、児童期に発症します。これは環境要因によるもので、大量の神経毒を口や注射を介して体内に入れたことによるものです。
実際にこの20年間でCDCのワクチン促進活動により、自閉症ASD学習能力障害を持つ子供の割合が急増しました。

アーミッシュ派のコミュニティで自閉症が殆ど存在しない理由は、アーミッシュ派が何世紀にもわたりアメリカの先進医療や科学とは無関係に暮らしてきたからです。彼等は自閉症になる主な要因(特にワクチン)にされされることが殆どなかったのです。
ペンシルベニア州のダッチ郡では、現在、たった3人の子供が自閉症です。しかもそのうちの1人は中国から養子として受け入れた子供です。もう1人はワクチンを受けた直後に自閉症を発症した子供です。
世界には2000万人の自閉症の子供たちがいます。特に男の子の発症率は女の子よりも4~5倍多いのです。
アメリカでは、現在、68人に1人の子供が自閉症ASDです。
2012年以降、自閉症の発症率が30%も増加したのです。どうしてここ数年で自閉症の発症率が増加したのでしょうか。
アメリカの子供たちは7歳になる前に50回ものワクチンを接種されることになっています。これらのワクチンには病原菌、水銀、ホルムアルデヒド、グルタミン酸ナトリウム、アルミニウムなどの神経毒が含まれています。
インフルエンザの予防接種には、EPA米環境保護庁が許可した、水道水や魚に含まれる水銀の量の25,000倍もの水銀が含まれています。水銀は人体にとって最も有毒な物質の1つです。


アーミッシュ派は宗教的な理由から全てのワクチンを拒否しています。
しかも、アーミッシュ派は、現在、最も危険と言われているワクチン3種(B型肝炎とPHVヒト・パピローマ・ウイルスとはしか+おたふくかぜ+風疹のワクチン)を完全に拒否しています。CDCも、これらのワクチンが自閉症と関連していることをほのめかしています。これは史上最大の医療隠蔽工作なのです。
複数回接種するタイプのB型肝炎のワクチンには、 チメロサール(50%が水銀)が含まれています。

宗教的な信念を持つ両親のおかげで、アーミッシュ派の新生児の中枢神経と肝臓には揮発性有毒物質が存在しません。
アーミッシュ派の子供たちには学習障害がありません。さらには、アーミッシュ派の人々には癌や心臓病、糖尿病などの生活習慣病が存在しません。
なぜなら、彼等は遺伝子組み換え食品を口にせず、医療用の薬を飲まず、ワクチンの接種を受けていないからです。

政府機関はアーミッシュ派の健康と他の米国民の健康を比較した調査を一切実施していません。
CDCはワクチン・ビジネスを規制しようとはしません。CDCは、危険な化学物質、有毒な重金属、発がん性物質、水銀などの保存料が含まれるワクチンの接種を促進しています。
一生にわたり苦しむことになるワクチンの副作用(自閉症、アスペルガー、肝臓ガンなど)から子供たちの身体を守るためには、我々の生活スタイルとナチュラル・ヘルスを重視すべきなのです。




アーミッシュ派をウィキで調べてみました。


アーミッシュ(英語: Amis、ドイツ語: Amische)は、アメリカ合衆国のペンシルベニア州・中西部などやカナダ・オンタリオ州などに居住するドイツ系移民(ペンシルベニア・ダッチも含まれる)の宗教集団である。
移民当時の生活様式を保持し、農耕や牧畜によって自給自足生活をしていることで知られる。原郷はスイス、アルザス、シュワーベンなど。人口は20万人以上いるとされている。

アーミッシュとメノナイトはルーテル派(ルター派)とツヴィングリ派の新教再組織から分かれてスイスのチューリッヒで生まれた一派で、のちにドイツに移住した。キリスト教と共同体に忠実である厳格な規則のある派で、創始者のメノ・シモンズの名前をとってメノナイトといわれ、メノナイトの一員ヤコブ・アマン(英語版)は教会の純粋さを保つためにほかのグループから離れて暮らすいっそう保守的な派を作った。彼の名前からこの派の人たちのことをアーミッシュという。ライフスタイルは少し違うが、メノナイトもアーミッシュも基本的信条は同じで、ひとくくりにアーミッシュと呼ばれている。

アーミッシュは移民当時の生活様式を守るため電気を使用せず、現代の一般的な通信機器(電話など)も家庭内にはない。原則として現代の技術による機器を生活に導入することを拒み、近代以前と同様の生活様式を基本に農耕や牧畜を行い、自給自足の生活を営んでいる。自分たちの信仰生活に反すると判断した新しい技術・製品・考え方は拒否するのである。一部では観光客向け商品の販売などが行われている(アーミッシュの周辺に住む一般人が、アーミッシュのキルトや蜂蜜などを販売したり、アーミッシュのバギーを用いて観光客を有料で乗せたりする例もある)。

アーミッシュの日常生活では近代以前の伝統的な技術しか使わない。そのため、自動車は運転しない。商用電源は使用せず、わずかに、風車、水車によって蓄電池に充電した電気を利用する程度である。移動手段は馬車によっているものの、ウィンカーをつけることが法規上義務付けられているため、充電した蓄電池を利用しているとされる。しかし、メノナイトは自動車運転免許を持つことが許されており、家電製品も使用している。
アーミッシュは現代文明を完全に否定しているわけではなく、自らのアイデンティティを喪失しないかどうか慎重に検討したうえで必要なものだけを導入しているのである。

アーミッシュでは独自の農業を行いほぼ完全な自給自足の生活を送っている。農業は農薬や化学肥料を全く使わずアーミッシュの農作物は市場では高値で売られ一部の高級ホテルや高級レストランで重宝されている。






ほとんど文明を否定している人びとのようである。
あと、怒ってはいけない、聖書以外の読書をしてはいけない、
音楽を聴いてはいけない等の戒律があるようである。
文明生活にどっぷりとつかっている私には、とても無理な生活である。
しかし、アーミッシュの生活信条も、分かるような気がする。

つまり、文明とはイルミナティ・悪魔勢力が産み出した邪悪な存在であるからだ。

恐らくアーミッシュは、文明の正体を理解しているのではないのだろうか。
私は文明の本質を理解しているつもりだが、全否定はしていない。
車にも乗るし、読書もするし、音楽も聴くし、電気も使う。
文明の良いところはそれなりに活用し、ワクチンや遺伝子組み換え食品等の明らかに体に有害なものは遠ざけるべきでしょう。


次に、こちらの記事を。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170111-00000074-reut-n_ame
ワクチン諮問委トップにケネディ元大統領の甥、トランプ氏が要請

ロイター 1/11(水) 18:30配信
[シカゴ 10日 ロイター] - 暗殺された故ジョン・F・ケネディ元米大統領のおい、ロバート・F・ケネディ・ジュニア氏が10日、トランプ次期大統領の要請に基き、ワクチンの安全性を再検証する諮問委員会を率いることに同意したと明らかにした。

同氏は環境活動を手掛ける弁護士で、ワクチンに懐疑的な立場をとっている。このためワクチンの専門家らは、同氏が率いる諮問委の設置により、小児期のワクチン接種と自閉症に関連性があるとする説に信ぴょう性を与えてしまう恐れがあるとして強く批判している。

この説は1998年に医学誌ランセットに掲載されたが、その後に間違いと判明。ランセットは掲載を撤回し、後に多数の研究でワクチンの安全性が確認されている。

ケネディ氏は、ニューヨークでトランプ氏と会談した後、記者団に「トランプ次期大統領はワクチン政策に疑問を持っている」と語った。





私はトランプを良く思っていないことは何度も記事にしているが、
「ひょっとしてトランプは本当に善玉なのでは?」という気が、少ししてきている。
ワクチンに否定的な考えを持つケネディ元大統領の甥をワクチン諮問委のトップに要請しているというのだ。
ということは、トランプもワクチンに否定的な考えを持っているのだろう。

それとも、「あのトンデモ男のトランプが否定しているのなら、
本当はワクチンは有害ではないのかもしれない」という考えを大衆に拡散するための“逆張り作戦”か?

TPPも否定しているようだし、地球温暖化もでっちあげだと言っているし、
イスラム国はオバマとヒラリーがつくったと言ってるし、ワクチンも・・・

この男は信用できるかも?
私が以前から指摘している「操り人形」としての評価を、「操り人形から脱出した男」と覆してくれることを期待したい。


最後に、米政府がワクチンの水銀で自閉症になると認めたという記事を紹介します。

あなたは、これでもワクチンを打ちますか?子供に打たせますか?



http://tomorrowkids-service.com/autism/usa_government.html
米国政府がワクチンの水銀で自閉症になると認めた

この国では、一切報道されないスクープです。
全米自閉症協会の発表によると連邦裁判所は、退行タイプの自閉症につき、ワクチンのチメロサールで自閉症になると判断し子供たちに有利な判決を下した。
これは、個々のケースであり、2007年に起こした4800人の訴訟とは別物です。
世界で初めて公的機関が、水銀で自閉症になる事を認めた

水俣病の時もそうでしたが、熊本大学医学部が昭和34年に原因は水銀と断定しましたが、国が認めたのは、9年後の昭和43年でした。
その間の9年間は、何十人の研究者、専門家と称する人たちが、原因は、水銀ではないと言い続けていました。
この国で自閉症水銀説を否定しつづけた人たちが、今後どのような振る舞いをされるのでしょうか?
とにかくこれで、この事が、広く認識され自閉症の発症率が、下がることを祈る限りです。

ワクチンが自閉症の原因となる判決

ミズーリ州ニキサ市-連邦請求裁判所と予防接種公的補償プログラムは、ワクチン(水銀が主成分となる保存料、チメロサール含有のワクチン)摂取後に、 結果として退行した子供に有利な判決を下しました。
この裁判の内実は、原告側に打たれたワクチンが、後に退行性脳障害と自閉症へと導く症状を増大させたと述べられていました。
公式な文献によると、この子供はワクチンが与えられるまでは健康な子供のように発育していましたが、ワクチン後すぐに自閉症へと退行していきました。
その子供は全米でも著名な自閉症の専門家によって診断されました。
10年以上もの間、数千人の保護者は、ワクチン後に彼らの子供たちが急激に退行していったという報告書を出していました。

自閉症のケースは過去15年の間150人に1人という数で劇的に増加しており、今日の小児発達障害疾患のトップであります。
全米自閉症協会(National Autism Association)は、この判決は、多くの保護者が長い間訴え続けてきたことの証明であるとしています。
NAAの会長であり、自閉症児の親でもあるウェンディ・ファウニアー会長は次のように語りました。
「このケースは、現在も同じ問題を抱える全米数千の子供たちにも影響すると思います。
ワクチンに関する同じような裁判の数は5000とのぼり、これが、我々が長い間信じ続けてきたこと-ワクチンは子供たちを自閉症へと退行させた-ということを証明する、初期段階であると確信しています。
また疾患コントロールセンター(Centers for Disease Control/CDC)が現在のワクチンの含有物は、全ての子供に安全ではなく、どの薬剤服用にしても、個人に対する危険性と影響度を考慮していかなくてはいけない、と認識しています。」
チメロサールは小児科用ワクチンからは取り除かれましたが、妊婦や子供たちに推薦されるインフルエンザ予防接種には未だに使われています。米国予防接種諮問委員会の会合が、2008年CDCで開かれ、委員会は18歳までの未成年者には一年に一度のインフルエンザ予防接種を受けることが票決され、水銀フリーのどのワクチンを利用すべきかは述べられませんでした。
• TAIM紙の記事
写真のマイクの数に注目してください。米国での関心の高さうかがえるかと思います。

2008年当時の共和党 ジョンマケイン次期大統領候補の発言

連邦裁判所の判決の後の話だとおもいますが、テキサス州の役所の会議室で、自閉症の原因としてワクチンのチメロサール水銀について強力な証拠があると発言しました。
又、ABCニュースでも子供たちの自閉症の増加ついてワクチンの水銀が原因であると述べた。

翻訳文はこちら
2008年1月にニューヨークの寿司屋のマグロの水銀値がFDA(食品管理局)の基準値をこえてたからというニュースは、日本でも新聞、TVなどが、各社報道していました。マグロの水銀と、自閉症の水銀と、社会的、観点から言うと・・・・・人の価値観にもよりますが、知って救われる親や子もいるかと思います。
さて、これではっきりしたのだから、自閉症に関わる医療関係者、専門家の人たちが、乳幼児に打つ不活化ワクチンからチメロサールを抜けと声を大にして活動を起こすときではないでしょうか?
微量だといえ毒は、毒。毒入りワクチンは一刻も早く中止すべきです。
• 自閉症とワクチンの相関
最後に、このハンナちゃんの件は、退行性ですが、水銀が原因と、はっきり連邦裁判所は言っています。
退行性以外でも生まれてから、発達が極めて遅い場合でも水銀が、原因ではないかというケースになるかと思います。
これは、妊婦の水銀量の問題です。
元米国環境保護局(EPA)のキャサリン R マフィ博士は、妊婦の毛髪水銀量が、10ppm以下でも、赤ちゃんの発達に影響を及ばす場合があると言っています。
胎盤がつながっているので、赤ちゃんも母体と一緒の水銀量です。
ちなみに、千葉県民の毛髪水銀量の平均は、3.35ppmです。
(国立水俣病研究センター調査)弊社で委託検査したお母さんの中にも4ppmを超えている方もかなりいます。
DDIやGPLは、赤ちゃんの毛髪水銀基準値は、0.4ppm以下です。
以上のことから国や行政が、このことを広く国民に勘気させるべきではないでしょうか?










小松左京はエイズの到来を予言していた?

「映画「復活の日」とフォート・デトリックとエイズの不思議な関係」




先日録画していた「復活の日」をテレビで観た。
この映画は1980年のもので、原作は、小松左京が1964年に書いた小説だとのことだ。
今になってこの古い映画を観たのだが、一言、呆れてものも言えない。
いや、これから言います(笑)
「生物兵器の開発過程で出来た、猛毒の新型ウイルス「MM-88」がスパイによって持ち出され、「MM-88」は増殖を始め、全世界に蔓延し、人類を含む地球上の脊椎動物の殆どが絶滅してしまう」という内容なのだ。
この新型ウイルス「MM-88」による感染症の病名は、イタリア風邪とされた。
あのスペイン風邪とそっくりである・・・
イタリア風邪から身を守るためにワクチンが開発され、世界中の人々が数少ないワクチンを求めて暴徒と化した。

スペイン風邪で死亡した人々の大多数が、ワクチン接種をした人ではなかったのか!

結局、ワクチンの「効果」があったのかなかったのか、南極にいた一部の人々を除いて、
人類は死に絶えた。

凄い映画である・・・
角川春樹事務所とTBSが共同製作で、南極ロケを実施して総製作費は25億円もしたとのことだ。
この製作費は、どこから出たのだろうか?
そこまでしてこの映画を製作した理由は、何だったのだろうか?

この映画制作の背後に、「彼ら」がいたのではないのだろうか?

原作者は、あの人工地震予告の匂いがプンプンする「日本沈没」を書いた小松左京である。
小松左京がこの小説を書いた理由は、下記の三つが考えられる。

①小松左京はウイルスの恐怖を信じており、これに対抗するにはワクチンが必要であると考えていた。

②小松左京はウイルスよりも本当に恐ろしいのはワクチンであると知っていたにもかかわらず、「本当に恐ろしいのはウイルスで、ワクチンは恐ろしいウイルスから身を守るために必要不可欠なものであるという嘘」を拡散するために、この小説を書くように、ある勢力から依頼されていた。

③小松左京は、「偶然」この小説の発想が思い浮かんだ。

皆さんは、どの理由が真実だと思われますでしょうか? 私は・・・

小松左京があの手塚治虫や松本零士と親交があったというのも気になる。松本零士の「銀河鉄道999」の「999」は、「666」の裏返しだとしか思えない。

ちなみに、小松左京は「本当の事」も小説に書いている。
「新型ウイルスは米国メリーランド州のフォート・デトリックで生物兵器として研究されていた」と。


https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%87%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF
1964年に書き下ろされた小松左京のSF小説「復活の日」で引用され



これはまさしくエイズのことである。
ひょっとして小松左京が「復活の日」で書いた新型ウイルスとは、
これから「開発」される予定であったエイズのことだったのではないのだろうか? 
手塚治虫と同様に、小松左京は予言者だったのだろうか?
それとも、誰かから「ある計画」を事前に知らされていたのだろうか?
エイズとフォート・デトリックの関係を告発した「原発問題」さんの記事を転載する。




(原発問題)さん
http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/c80d3523475dfbe72c7edd5f9b409b0f
悪魔の遺伝子操作―エイズ 米国防総省の実験室(フォート・デトリックの550番建物)で密かに製造されていた
2012-12-03 22:42:45
悪魔の遺伝子操作―エイズ
米国防総省の実験室(フォート・デトリックの550番建物)で密かに製造されていた
内容(「BOOK」データベースより)

人類を滅亡に導く恐怖の病原体エイズ。
そのウイルスは米国防総省の実験室(フォート・デトリックの550番建物)で密かに製造されていた。

悪魔の遺伝子操作―エイズは誰が何の目的でつくったのか [単行本]
ヤコブ ゼーガル (著), リリー ゼーガル (著), Jacob Segal (原著), Lilli Segal (原著), 川口 啓明 (翻訳)

日本人が知らない 恐るべき真実
http://d.hatena.ne.jp/rainbowring-abe/20060614 より
エイズウィルスの人体実験
人体実験は、通常は長期懲役刑の受刑者たちで行われた。
受刑者たちは、もしも人体実験を生き延びたならば釈放されるという約束のもとに志願したのだ。
このような取引は秘密でもなんでもない。米国では1969年までに423人の被験者がこのような人体実験によって病気になり、そのうち四人が死亡したことが公表されている。
一定数の被験者が人造ウィルスを接種された。そして被験者は当然のことながらエイズの急性感染症状を示した。これは症状が軽く、二週間後には自然に消えてしまう。そして再び完全な健康状態に戻ったように見えた。
一年以上も潜伏期間があるとは誰も思わなかったので、この人造ウィルスは軍事目的で利用するには十分な毒性を示さないと結論された。

そして、患者の観察は打ち切られ、被験者たちは約束通り、釈放された。
被験者であった元受刑者たちが、最も近いが彼らにとって快適とはいえない環境のワシントンDCではなくて、近くにある別の大都市であり、高度に発達した暗黒社会を持つニューヨークに向かうのは、恐らく当然のことであったであろう。
潜伏期間の長さと感染の程度とは逆の関係にある。輸血による大規模な感染後の潜伏期は短いが(約12ヶ月から18ヶ月間)、性交による感染では潜伏期が長い。
フォート・デトリックの被験者たちは、相当な量の人造ウィルスを注射されたに違いなく、約12ヶ月の潜伏期間が予測される。
ここで仮定したように、もしも人体実験が1978年の初頭に開始されたならば、臨床的エイズの最初の患者は1979年の春に出現するはずである。そして、実際にその通りであった。


調律師の独り言
http://blogs.yahoo.co.jp/akutanuf/48834422.html より全転載
No180.不可解な新型インフルエンザ
 最高警戒レベルであるフェーズ6(ひとつの国、共同体で大流行。交通機関の封鎖など社会的な対応が必要)にWHOが引き上げた新型インフルエンザ(H1N1亜型A型)は、新型といいながら特定年齢以上は感染しないとか噂された。最近はどういう訳かピタットと報道も止まってしまった。
ところが既に世界でも2,000名以上の発祥があると新聞に載っていた。
不可解と思う事項は①死者が多いのは発祥地とされるメキシコ人が多い。
②警戒レベルが高い割には(幸いであるが)死者数が少ない。
③通常のインフルエンザは寒い冬場に起こるのに、なぜこの時期に起こり夏になっても終息しないのか。
 近年、狂牛病、エイズ、エボラ、サーズ等ウイルスによる不可解な流行が多くなっている。これらについては「遺伝子操作により意図的に作られたものである」との諸説が頻繁に流れている。
 医療ジャーナリストの永井明著の「仕組まれた恐怖ーエイズは生物化学兵器だった?!」の中でエイズについて「エイズはアフリカ起源で、サルから人間に転移したという予断が先行し、論理の展開に強引さだけが目立つ。これらの論文を調べれば調べる程、私はアフリカ起源ではないという確信が強くなる」と
述べている。
「アメリカでサルに対するヒト遺伝子組み換え実験を伴う細菌移植が行われた。この実験を経て生み出された人工の新型ウイルスが生物兵器になった。この作られたエイズウイルスがやがてヒトに人体実験されていった」と結論づけている。
さらに、ドイツのフンボルト大学名誉教授のヤコブ・ゼーガル氏と、生理学のリリー・セーガル氏夫婦の
著書「悪魔の遺伝子操作」は次のように述べている。
「HIVはアメリカ国防総省の陸軍生物化学戦略センターとして知られる、メリーランド州のフレデリック市にあるフォート・デトリック陸軍敷地内の研究所において、人為的、作為的に遺伝子操作により作り出された」としている。
「HIVはビズナ・ウィルスとHTLV-1の二種類のウイルスを遺伝子操作によって人工的に組み替えた産物であり、決して生物的に、自然に変化して人間にも感染するようになったものではない」とも述べている。自然状態で動物から人間に感染する病原菌やウイルスは有り得ないからである。
ヒトゲノムの全容解明に成功した為に、人種間、民族間の細かい遺伝子まで明らかになり、特定の人種や民族にだけ感染するインフルエンザのような新しい生物兵器の作成は可能であるという。
 アメリカの人口3億人のうちヒスパニック系が7千万人を占めるようになった。不法移民が後を絶たないアメリカの中南米問題は深刻化しているという。
今回の新型インフルエンザについてうがった見方をすれば、ヒスパニック系人種に対する人体実験であったかもしれない。死者が多い事やメキシコ起源と見ればこの説もうなずける面もある。
さらに当時のアメリカからの日本への帰国者の言に寄れば、「マスクの着用奨励や義務などはなかった」
との証言もある。アメリカは世界中に派生しても弱毒性であり、全人類が死に絶える事もないし、ましては自国民に対してはさして問題はない事態を知っていたからに他ならない。
WHOの脅威を煽る発表に抗インフルエンザ薬タミフル、リレンザの備蓄が日本では既に3千万人分に上るという。
タミフルはスイスのエフ・ホフマン・ラ・ロシュという製薬会社が、米ギリアド・サイエンスから製造専売特許を得て独占的に販売している。この米国の製薬会社には、ドナルド・ラムズフェルド前国防長官が大株主として、97年から01年初頭にかけて会長件CEOを勤めていた。

国策であったとしたら対応には都合が良いし、莫大な薬の利権が転がり込んでくるだろう。
化学兵器の開発者は簡単に解毒剤が開発出来て特許が取れぼろ儲け、敵対国や自国の野望に対して限定的なダメージを与えることが出来、一挙両得でではないか。
生物化学兵器の使用、独裁、大量破壊兵器の所有を名目に、ブッシュ政権は石油利権がらみでイラクに攻め入ったとも噂される。
イラクを誹謗しながら米国一部利権屋は政府をそそのかし狂牛病、エイズ、エボラ、サーズ等を儲けの道具としているのではないか。
人類や地球を破壊させかねない核よりも、目的、人種、地域を限定的に攻撃できて利益も上げられるウイルス+遺伝子操作を用いた生物化学兵器が自由に生産可能である恐ろしい世の中になったのである。
世界の一握りの金持ち(ロスチャイルドを筆頭とする300人委員会)が自由に世界市場を操っているとの説もある。
この金に物を言わせ自由主義経済市場の名目の下に、資本主義経済を牛耳る金持ちは、簡単に世界征服が可能になるであろう。小説や映画の世界のみにとどまらない薄気味悪さを感じる。




最後に改めて。一番恐ろしいのはウイルスやエイズではなく、ワクチンです!


http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-87.html
悪魔の遺伝子操作―エイズは誰が何の目的でつくったのか
「AIDSウィルスは存在しない?恐ろしいのはワクチンである」


今までAIDSについては書いてこなかったが、これまた「イルミナティの創造した人口削減のためのツールの一つ」である。「アフリカミドリザルから人に感染し、それが世界中に拡がった」などというのは“彼らのいつもの使い古された嘘”である。事実は、“彼らの下請組織であるWHO”を使ってワクチン接種を行い、世界中に大流行させたのだ。
さらに驚くべきことは、「AIDSウィルス自体が存在していない」そうである。HIVテストも国際規格化されておらず、国によって検査結果が異なるということらしい。つまり、「アメリカでは陽性となったが、オーストラリアでは陰性と判断された」ということが実際あるとのことだ。
そのことを告発した動画及び、「AIDSの真相」に迫ったブログを紹介する。
「AIDSになっても長生きをされておられる方が少なくない」ように感じていたが、“こういう理由”だからなんですかね。
皆さんも、仮にAIDSになってしまったからといって、落胆して自殺などしないように。少なくとも、ワクチンだけはされないことをお薦めします。



1974年、HIVはアメリカ国防総省フォートデリックの陸軍生物化学戦
研究センターにて、CIAプログラム監督下にてロバート・ギャロ博士ら
により作成された。
ヒトとヒツジの病原ウィルス2つを組み合わせる遺伝子操作で誕生。
もちろん「生物兵器」として。





多くの疾患の直接の原因は、予防接種である

「病院で殺される 長生きしたければ、行ってはいけない」船瀬俊介


船瀬俊介氏の2013年の書である。
ブログでは動画等を紹介していたが、著者の書を読んだのは初めてである。
結論から言うと、絶対に読むべき書である。
皆さんが、死にたくなければ。病院に殺されたくなければ。
本書の内容を一部、要約のみ記しておく。



*子供が日本脳炎の予防接種を受けてわずか1週間後に死んでも、
政府は因果関係を認めず、厚労省は「詳細な調査は不要」と決定した。

*ワクチン接種による副作用被害を厚労省は医療機関などへ報告を求めているが
義務はない。

*日本脳炎ワクチン接種が開始された2009年6月から3年間で、副作用被害が237件厚労省に報告されているが、実際は1万人以上と推計されている。
日本脳炎の患者は年間、日本全体で約3人、多い年でも10人前後。


ワクチンの「医薬品添付文書」には「劇薬」とはっきり警告されている。

2006年、世界の「タミフル」全消費量の約75%が日本に集中。
この薬剤を開発したギリアド・サイエンシズ社の元会長は、イラク戦争という名のイラク侵略を強行したアメリカのラムズフェルド元国防長官。

*「タミフル使用者と非使用者との間に、異常行動の発現率に差はない」という厚労省研究班の主任をしていた横浜市立大学某教授(本書には名前が記載されています)の口座に、「タミフル」輸入販売元の中外製薬から1000万円が振り込まれていたことが発覚。

*日本は、明治維新からわずか4年後の1872年、種痘の強制接種を導入する。
が、天然痘を予防するどころか、逆に天然痘が大発生し、1892年には16万5774人の患者が発生し、3万人もの人が亡くなった。

*バージニア州の医師、ヘンリー・R・バイビー博士の証言。
多くの疾患の直接の原因は、予防接種である。医療関係者たちは、このサービスで報酬を得るだけでなく、“素晴らしい”将来の患者をも製造しているのだ」

*インディアナ州の医師、W・B・クラーク博士の証言。
「ガンという病気は、牛痘ワクチンを使った種痘が強制される以前は、実際、ほとんど知られていなかった。わたしは、今までに少なくとも200人のガン患者を診たが、種痘を受けていない者の中には、ガンの患者は一人もいなかった

命を救うはずの輸血に、正しいガイドラインすらない。
「いつ輸血を開始してよいのか? どれだけ輸血したらストップなのか?」といった目標値も定まっておらず、医師の思い思いの判断で輸血や血液製剤を投与している。


*4人のノーベル賞受賞者を含む有力な科学者たちで構成された調査委員会が、医薬品に関する問題を徹底リサーチした結果。
①新薬の臨床試験はデタラメ。
②諸悪の根源は臨床試験を行なう医者と研究者たち。


*カリフォルニア大学、ハーディン・ジェームス博士の証言。
ガン治療を拒否した患者の平均余命は12年半である。しかし外科手術、その他のガン治療を受けた患者は平均すると治療後わずか3年しか生きていない




(管理人)
ここで紹介したのは、本書のごく一部の内容である。
これ以外にも、膨大な「国民が絶対に知っておかなければならない情報」が記されている。

あなたはいつまで「ワクチン」に騙されるつもりですか?
あなたはいつまで「輸血」に騙されるつもりですか?
あなたはいつまで「薬」に騙されるつもりですか?
あなたはいつまで「ガン治療」に騙されるつもりですか?

「死ぬまで」という哀しすぎる回答だけは、勘弁してくださいね。

著者の語る「西洋医学の神は死神である」という言葉は、決して大袈裟な表現ではない。
冒頭でも述べたが、繰り返します。

病院で殺されないためにも、家族全員が熟読すべき書である。
教科書を読んでいる暇があるのなら、今すぐ本書を読むべきである。


評点:100点



テンプレート説明

このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。
背景はスライドショーになっています。

◎プラグイン説明

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。
←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。
このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

※最上部メニューバーの上に隙間がある方

最上部のメニューバーの上にFC2検索バー用のスペースを設けています。
検索バーを表示しない設定にしている方は、cssの最上部メニュー.MegaMenuの中にあるtop:27pxをtop:0に変更してください。

◎背景スライドショー説明

random : 1, // ランダム 0:オフ 1:オン
transition : 1, // 0:単純画像切替 1:フェード 2~7:移動 8:ページ更新毎に切り替え
transition_speed : 1000, // 画像間の切替時間
slide_interval : 3000, // 1枚毎の画像停止時間
slides : [
{ image : '画像URL' } // 画像の追加・削除はここ

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れません。