アーサー・アレキサンダー - 嘘八百のこの世界
FC2ブログ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント
月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告
アーサー・アレキサンダー カテゴリーの記事

「Anna」Arthur Alexander 、The Beatles、Humble Pie

今日の1曲は、アーサー・アレキサンダーの「Anna」です。
ほとんどの人がビートルズでこの曲を知っていると思いますが、アーサー・アレキサンダーの作詞作曲なんです。
つきあっていた彼女が「あなたよりも私のことを愛してくれる人ができたので私を自由にして」と言いに来て、「君が出ていく前に知ってほしい。僕は今も君をとても愛している。でも彼が君を僕以上に愛しているなら彼の下に行きなよ」と返す内容の歌詞です。
ジョン・レノンがこの曲を好きになったのも分かるような気がします。
今日は、アーサー・アレキサンダーの命日です。
アーサーは、53歳という若さで他界しました。


1963年のビートルズのデビューアルバム『プリーズ・プリーズ・ミー』に収録されているビートルズのヴァージョンです。ヴォーカルはジョン・レノンです。


ハンブル・パイのヴァージョンです。




<参考記事>
楽器を弾かないにも関わらず作詞・作曲ができるミュージシャン、Arthur Alexander
「Lonely Just Like Me」ARTHUR ALEXANDER
http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-469.html






ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Pretty Girls Everywhere」Huey Lewis & The News、Eugene Church 、The Walker Brothers 、Otis Spann 、Arthur Alexander

今日の1曲は、ヒューイ・ルイス・アンド・ザ・ニュースの19年ぶりの新譜より「Pretty Girls Everywhere」です。


オリジナルは、1958年に、ユージン・チャーチとトーマス・ウィリアムスによって書かれました。オリジナルのユージン・チャーチのヴァージョンです。


ウォーカー・ブラザーズのヴァージョンです。


オーティス・スパンのヴァージョンです。


この人も歌ってたんですね。
アーサー・アレキサンダーのヴァージョンです。







ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Cry Like A Baby」Dan Penn and Spooner Oldham、Box Tops、Arthur Alexander 、Cher

今日の1曲は、「Cry Like A Baby」です。
この曲は、1968年にダン・ペン&スプーナー・オールダムが書いたものです。
ダン・ペン&スプーナー・オールダムのヴァージョンです。


ボックス・トップスのヴァージョンです。


アーサー・アレキサンダーのヴァージョンです。


シェールのヴァージョンです。







ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

トップミュージシャンに愛された本物のミュージシャン、 Arthur Alexander

「ADIOS AMIGO:A TRIBUTE TO」ARTHUR ALEXANDER

1993年に他界したアーサー・アレキサンダーを偲んで英国のトップ・ミュージシャンを中心に翌年の1994年に発表したトリビュートアルバムである。
その参加ミュ-ジシャンの名を挙げたたけでまさに驚かされる。バーズのロジャー・マッギン、エルビス・コステロ、ロバート・プラント、グラハム・パーカー、マーク・ノップラー、ニック・ロウ、ゲイリー・U.S.ボンズ、ダン・ペン&ドニー・フリッツといった面々だ。いかにアーサーがトップ・ミュージシャンに愛されていたということが一目瞭然である。内容はどの曲も素晴らしい。タイトル曲である「アディオス・アミーゴ」をアーサーと共作したドニー・フリッツは「彼は兄弟のような存在であり、とても愛していた。彼を失って本当にさみしい」と、恋人を失った人間のように嘆いている。
ちなみに先に亡くなったため参加することができなかったが、もし存命であったなら必ず参加していたであろうミュージシャンは、他ならぬジョン・レノンであっただろうと推察する。













評点:90点

(参考記事)
http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-469.html
楽器を弾かないにも関わらず作詞・作曲ができるミュージシャン、Arthur Alexander

http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-480.html
After the Rain 雨の後で・・・、IRMA THOMAS





Adios Amigo: Tribute to Arthur AlexanderAdios Amigo: Tribute to Arthur Alexander
(1994/07/26)
Various Artists

商品詳細を見る

楽器を弾かないにも関わらず作詞・作曲ができるミュージシャン、Arthur Alexander

「Lonely Just Like Me」ARTHUR ALEXANDER

皆さんに質問です。ビートルズとストーンズとボブ・ディランがカバーした唯一のミュージシャンは誰でしょうか?
この質問に答えられる人は相当な音楽通だと思います。
はい、答えはアーサー・アレキサンダーです。
アーサーのことを知らない人が大多数だと思いますが、このエピソードを聞いただけでも、いかに彼が優れたミュージシャンだということが理解できるのではないでしょうか。

アーサーは、1940年にアラバマ州シェフィールドで生まれ、1961年にストーンズがカバーした「ユー・ベター・ムーヴ・オン」でデビューし、チャート24位となるが、その後は商業的には成功せずバスの運転手となる。
その後月日は流れ、1993年に、スプーナー・オールダム、ダン・ペン、ドニー・フリッツといったマッスルショールズの“職人ミュージシャン”による呼びかけと協力によって、超久しぶりに発表したアルバムが今作品である。

アーサーはオーティス・レディングやウィルソン・ピケットのようにシャウトするソウルフルなヴォーカルスタイルではないのだが、淡々と語りかけるような“温かみのある声”を持ったミュージシャンであった。自然に聞き手を“幸せな気分”にさせてしまうのだ。
そして、彼の偉大な点はその類まれな才覚にあると思う。その才覚とは、“楽器を弾かないにも関わらず作詞・作曲ができる”ということだ。それも前述したようなトップ・ミュージシャンが惚れこむほどの名曲を作ってしまうということだ。
このような特殊な才覚を持ったミュージシャンを私は他に知らない。
私自身“全く楽器の弾けない音楽好き”であるため、このエピソードを聞いたとき、「ひょっとして、俺でも作曲できるかも・・・」と思い、頭で思いついたメロディーを携帯に録音したりもしてしまったのだ(笑)。冗談はさておき、私のような人間にも希望を与えてくれる、ある意味“希望の星”でもあるのだ。

残念なことに、このアルバムを発表した年の6月9日にアーサーは心臓発作で他界してしまう。まだ53歳だった。
実は追悼の意も込めて、今回アーサーのアルバムを紹介しようと思いました。
何年も音楽活動をしていなかった人間が、亡くなる直前にアルバムを発表することになるとは・・・。それもこれだけ温かみのある素晴らしい作品を・・・。
「人間の人生というものは実に不思議なものだな」と、つくづく感じてしまう。
しかし、「人生の価値はその長短ではなく、生きている間にどれだけ価値のあることを残せたか」であると私は思う。その点、アーサーほど人々に“音楽が本来持つ温かな感情表現”を伝えてくれたミュージシャンも数少ないと思う。
天国にいるアーサーに、感謝の気持を伝えたい。














評点:100点



Lonely Just Like Me: The Final Chapter (Dig)Lonely Just Like Me: The Final Chapter (Dig)
(2007/10/09)
Arthur Alexander

商品詳細を見る