未分類 - 嘘八百のこの世界

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告
未分類 カテゴリーの記事

酒なら「ぬるめの燗」でもいいだろうが、ラーメンのスープに「ぬるめ」は「アカン」やろ!

「史上最悪の行列のできるラーメン店を訪れて」


先日、ニック・ロウの大阪ライヴに行ってきた。
コンサートに行く前にラーメンを食べに行ったので、まずはラーメン評から(笑)

ひと月ぐらい前だったか、ラーメン店を紹介するテレビ番組を観た。
ある有名ラーメン店の主人が他のおすすめラーメン店を紹介するという番組であった。
テレビでは、このラーメン店の主人が工夫を凝らしてラーメンのスープを生み出す様等が紹介されていた。
ラーメン店の主人は、「ラーメンを食べた客がニマッと笑みを浮かべる瞬間がたまらん」といったような趣旨のことを語っていた。
そのラーメン店の主人が自分のおすすめのラーメン店に自らラーメンを食べに行き、満足げに出されたラーメンを食べていた。
両方のラーメン店の主人が、ともにラーメンに対する拘りを熱く語っていた。
どちらのラーメンも美味そうに見えた。

私は、この話を信じ込んでしまった。

このラーメン店は、京都に本店がある「無○砲」という店である。
テレビを通してこの話を信じ込んでしまった私は、このラーメン店の大阪店に行った。
11時20分ぐらいに到着したが、もう行列ができていた。
行列に並んだ末、店に入れたのは12時頃であった。
Wスープのチャーシュー卵入り(1050円)を注文した。
拘りは、麺固め、こってり、ネギ多めであった。
ラーメンが出てきた。
スープを飲む。

ぬるい・・・

相当な違和感を覚えたが、残してはもったいないとの想いから、麺は食べた。
スープは残した。

はっきり言って、メチャ不味かった。

外国人らしき店員にスープの温度に関する拘りは伝えなかったが、
これほどぬるいスープが出てくるとは想像もしなかった。
ラーメンのスープに「ぬるめ」が出てくるとは・・・
店員も訊いてほしかった。
スープの温度は「ぬるめ」「普通」「熱め」のどれが希望かと。
ラーメンのスープは熱いのが当たり前だと思っていたし、
これまで食べてきた数々のラーメン店でスープがぬるいと感じたことはなかった。

酒なら「ぬるめの燗」でもいいだろうが、ラーメンのスープに「ぬるめ」は「アカン」やろ!
ラーメンのスープ恐怖症になりそうだ・・・
いや、それ以上である。
「あらゆる外食産業に“熱さ確認”をしなければならないのでは?」という想いに陥った。
なんで行列までして楽しみにしていたラーメンで、
これほど嫌な思いをさせられなければならないのか!

このような想いをした客は私だけではなかったようである。
隣の客は、ほとんどラーメンに口をつけずに残して帰っていた。
ラーメンが出されるまではその理由が分からなかったが、すぐに分かった。
イタリア・ローマで史上最悪のレストランに行ったことを書いたが
今回はその国内篇と言ってもいいだろう・・・

「よくもこのようなぬるいスープを平気で客に出すラーメン店を史上最高の豚骨ラーメン店であるかのような放送をしやがったな」と、テレビ局に対しても腹が立った。
「テレビが伝える反対が正解である」とブログで書いたが
これは歴史上の人物についてだけではなくラーメン店にも言えることであるようである。
この「恐るべき真実」を、身に染みて理解させられた。

史上最高の豚骨ラーメン店なら、熱いスープぐらい出せよ!
「支店にまでは目が届いていなかった」などという言い訳は通らない。
テレビのラーメン番組を信じ込んでしまった私が悪いのか。

「嘘八百のこの世界」が、テレビのラーメン番組にまで及んでいたとは・・・

麺の固さやネギの量などはどーでもいいけど、スープの熱さだけは拘りたい。
いや、そんな拘りを店側に伝えなければならない店には二度と行きたくない。
このラーメン店に「金返せ」などとは言わないが、これだけは言っておきたい。

ラーメンのスープは熱いのが当たり前だ!



ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村


“普通の商品宣伝記事”ですみません(笑)

「おすすめ年賀はがきと喪中はがきについて」


今日は、いつもと違うことを書きます。
はい、“普通の商品宣伝記事”です(笑)
当ブログでは、アマゾンとA8ネットの広告を扱っています。
別に、広告を貼っている特別な理由があるわけではありません。
敢えて言うなら、誰でも思いつくように、
「どーせブログをやるんやったら少しは小遣い稼ぎができた方がええな」
と、感じただけなんです。
アマゾンでは主に紹介した本やCDを貼っており、
購入いただいたポイントで、たまに500円程度の金券として使わせていただいてます。
A8ネットの広告は右上に貼っておりますが、
ほとんどの商品は、正直言って自分では購入していません。
本やCDについては自分の感想を書いていますが、それ以外のA8ネットの商品については「なんとなく良さそうだな」と思って選んでいるだけなので、「この商品はメチャいいですよ」なんてことは、流石によー言えません(笑)
やり手の誰かさんのように、“巧みな商品説明”は、とてもできません(笑)
ただ今回たまたま自分で購入して「これはお得やな」と感じた商品があったので、
紹介しようと思います。
それは、年賀はがきと喪中はがきです。
私も正直言ってこの手の習慣はやめれるものならやめたいと思っているんですが、
やめる説明をするのも大変なので(特に親戚関係)、細々と続けております(笑)
本日、ネットで調べて喪中はがきを購入しました。
けっこう安く購入できたと思って満足していました。
よくあるスーパーやホームセンター等に置いてあるチラシの会社よりも、
かなり安く購入できたからです。
金額が安いうえに、送料も無料であり、注文の方法も、とても簡単なんです。
購入した後でA8ネットの年賀状特集を見たら、
なんとその会社がA8ネットの提携会社に入っているではありませんか。
これは自信をもって皆さんに紹介できると思い、提携しました。
私も真剣に調べたわけではありませんので最安値かどうかは分かりませんが、
ご自身でネット等で調べてみてください。
決して損はしないんじゃないかと思います。
その会社の年賀はがきと喪中はがきの広告を貼っておきます。
よろしかったら(いいなと思われた方は)、購入いただけたら嬉しく思います。
以上、いつもの私らしくない“普通の商品宣伝記事”ですみませんでした(笑)





ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Nobody Knows The Way I Feel This Morning 」Aretha Franklin 、Dinah Washington、Clara Smith

昨日、今日の1曲をアップした後、ブログ記事が消えてしまった。
背景しか表示されなくなったんだ。
ひょっとして「やられた」かと思った。
FC2にメール連絡して、原因が分かり、元の状態になった。
もうしばらくは、ブログを続けることができそうです。

今日の1曲は、アリサ・フランクリンの「Nobody Knows The Way I Feel This Morning」です。


ダイナ・ワシントンのヴァージョンです。


クララ・スミスのヴァージョンです。







ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

最大の事故の責任者は、2001年の年に大蔵海岸で花火大会をすることを決めた人間です。

「2001年明石花火大会事故について思うこと」


夏真っ盛り、各地で花火大会が開催されているようですが、
私にとっても忘れられない花火大会があるので、記しておこうと思います。
それは、2001年明石花火大会のことです。
もう15年も前のことであり、ご存じない方もけっこうおられると思いますので、ウィキとまとめサイトのリンクを貼っておきます。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%98%8E%E7%9F%B3%E8%8A%B1%E7%81%AB%E5%A4%A7%E4%BC%9A%E6%AD%A9%E9%81%93%E6%A9%8B%E4%BA%8B%E6%95%85

http://matome.naver.jp/odai/2137419730765194001

実は当日、私は家族でこの花火大会に参加していたのです。
会場は、JR朝霧駅の南側に位置する大蔵海岸という場所でした。
我々はJR明石駅周辺の駐車場に車を預け、JRに乗って一駅東にある朝霧駅まで行き、会場に向かったのです。
帰りは混雑することが予想されるので、
朝霧から明石までの帰りの切符を事前に買っておいたのです。
朝霧駅から会場に行く際に歩道橋を通らなければ行けないのですが、ろくな警備体制もできておらず、
「こんなんで大丈夫かな」と、感じていたのです。
予想は当たってしまったわけですが・・・
花火も終了間近となり、早めに帰ろうと会場を移動しだした我々ですが、もうすでに歩道橋はすし詰め状態でした。
切符も買ってるし、無理してでも歩道橋を渡ってJRに乗ろうとも思いもしたが、やっぱりこの混雑はヤバイと思い、
一駅歩いて明石駅の車のある駐車場まで帰ることにしました。
切符は損しましたが、結果的には大正解でした。
家に帰ってから、ニュースで事故の実態を知りました。
まさか、あそこまでの大事故になっていたとは・・・
無理して歩道橋を渡っていたら、間違いなく巻き添えになっていたはずです。
まだ娘が4歳だったので、大変なことになっていたはずなのです・・・
お亡くなりのなった方の遺族にはかける言葉も出てきませんが、
悔やんでも悔やみきれない思いだったと思います。
花火大会に行っただけで、こんなことに巻き込まれてしまうなんて・・・

明石市と兵庫県警と警備会社が訴訟され、賠償金を支払ったとのことです。
賠償金が保険金で支払われたのかどうかは知りませんが、
保険金でないとしても賠償金は警備会社以外は我々の税金から支払ったことになるのですから、
明石市と兵庫県警は、何も腹は傷んでいないでしょう。
そもそも命はかえらないのですから、金で済む問題ではないのです。

ここからは私の個人的な思いですが、本当の事故の責任者は、
兵庫県警でも警備会社でもないと思います。

最大の事故の責任者は、2001年の年に大蔵海岸で花火大会をすることを決めた人間です。

それが誰かは知りませんが(恐らく花火大会の運営に関わっていた人物でしょう)、明らかにこの年になって初めて、
花火大会の会場は変更されたのです。
前年までは、JR明石駅の南側に位置する明石市役所の周辺が会場だったのです。
ここなら花火終了後も
参加者は四方バラバラに帰路につくことができるので、
一箇所に閉じ込められるということにはならなかったのです。
実際、過去にもこういった問題は一度も起らなかったのです。
そのような「安全快適な花火大会」であったにも拘わらず、
誰かがこの花火大会の会場を大蔵海岸に変更したのです。
それも、全く何の安全配慮対策もとらないまま・・・
地元の住人ならば、この年になって初めて会場が変更されたことは知っているはずです。

明らかに、この無謀な会場変更が事故の原因なのです!
これは明らかな人災なのです!

そして不思議なことに、このこと(この年に会場が変更されたこと)をマスコミは報じないのです。
「誰が、何故、何の目的で」会場を変更したのかということを
報道しないし、そのことの是非を論じようともしないのです。
私は「マスコミも含めた組織ぐるみで国民から真実を遠ざけようしている」と、感じます。
明石花火大会の会場変更を提案した人間に「顔を出してきちんと謝れ」と、言いたいです。

私が会場変更を提案した人間です。
私がきちんとした調査をしないで会場を変更したばかりに、
これだけ悲惨な事故を起こしてしまいました。
責任は全て私にあります。本当に申し訳ございませんでした。
お亡くなりになられた方や遺族の皆様には謝って済まされる問題ではございませんが、
一生涯、罪は償う所存でございます。本当に申し訳ございませんでした。
」と。





本当にやっとられませんですた(笑)

「嘘だらけの社会の中で、せめて真実告発系のブロガー間での嘘は止めましょう・・・」


今日は、いつもと違うことを書こうと思います。
先日私がアップした記事とほぼ同内容に近い記事を書かれているブログの存在に気づいてしまい、気づいた以上は黙っているわけにはいかないと思い、記事にすることにしました。

まず、私の記事です↓

創世記3章22節→スカル&ボーンズ→ブリュッセル偽旗テロ
「ブリュッセル偽旗テロの首謀者は、スカル&ボーンズ関係者である」
http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-1426.html

この記事は、3月24日の午前2時頃にアップしました。
ブログ内には時間まで表示されないが、同日に「今日の1曲」の記事をアップしているので、この記事がアップした時間の目安が証明されている。「今日の1曲」は、いつもだが、この日も午前中にアップしているのだ。

次に、この私の記事に瓜二つな記事は、これである↓

http://golden-tamatama.com/blog-entry-2311.html

この記事がアップされた日時は、2016/03/24 12:30:54と表示されている。
明らかに、私の記事より後である。どう考えても、私の記事を見て自分なりに加工し、さも「自分で考えた記事ですよ」と言わんばかりに、書いておられるようだ。
似通っている点は説明するまでもないが、「ブリュッセル偽旗テロとスカル&ボーンズの関係を指摘していること」、「スカル&ボーンズをウィキから説明していること」、「スカル&ボーンズと322という数字の関係の由来を説明していること」、「数字の由来が創世記の3章22節であると説明していることと、その文面を私の記事と同様に記していること」、「最後に使用しているYouTube動画も、二つとも私がアップしたものと全く同じであること」である・・・。

これらが「偶然だ」と主張されるなら、私も開いた口が塞がらない。
私の記事を引用するなり転載するのなら、リンクを貼るなりしていただいて出処を明らかにしていただければ、何の問題もないのである。情報は多くの人に伝わった方がいいと私は思っているので、引用・転載は大歓迎である。私も多くのブロガーさんの記事を引用・転載させていただいている。ただ、必ずリンクを貼るなりして、元記事が何であるかを明らかにしているつもりだ。しかし、リンクも貼らず、元記事の存在も無視して、さも自分一人の独力で作成した記事であるかのように書かれるのはどうかと思う。特に私が気になっているのは、日数が経過してブログ記事が独り歩きし、「記事を盗作したのは私(ソウルマン)である」と、間違える人間が出てくる可能性が存在することである。そういった間違った認識を持った人間に事実関係の説明を求められ、説明する必要もないことに時間を取られたら、「いい加減にしてくれよ!」と、思うだろうし、私としては、全くの心外である。現に今でさえ、こんな本来なら書く必要のない記事を書かざるを得ない羽目にさせられているのだ。
万が一、「盗っ人猛々しい」どころか「盗っ人に盗っ人呼ばわり」されたりしたら本当にやってられないので、勘違いする人が出てこないようにするためにも、はっきりと記事にすることにしたのだ。こんな記事は、本当は書きたくないのだ。

私の記事を盗用したと思われるブロガーさんは本も出版されているぐらいだから、私などより余程に著名な方である。全くの素人ブロガーさんなら仕方ないところもあるだろうが、著名人であるだけに、これはマズイのとちゃいますか。
私はこの私の記事を盗用したと思われるブログはめったに見ないのですが、ある他のブロガーさんの記事を読んだことで、今回の事に気づいたのである。そのブロガーさんの記事を見ていなければ、ずっと気づかなかったでしょう。
私の記事を盗用したと思われるブロガーさんは、盗用しても気づかれないと思っていたのでしょうか? 盗用するにしても、もうちょっとばれないようにできないものですかね・・・。悪さをするにしては、あまりに馬鹿正直すぎますよね・・・。
私がこんな記事を書いても、知らないふりをされるのでしょうね。私は寛大な方なので事を大きくするつもりはありませんが、このブロガーさんのふざけた口調である「本当にありがとうございますた。」じゃないけれど、「本当にすみませんですた。」ぐらい、言って来られたらどうかと思います。 でも、こんなふざけた口調で謝罪されても、余計に腹が立って来るかもしれないですね(笑)
本当に貴重な時間をつまらんことに使わせやがって・・・
本当にやっとられませんですた(笑)


テンプレート説明

このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。
背景はスライドショーになっています。

◎プラグイン説明

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。
←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。
このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

※最上部メニューバーの上に隙間がある方

最上部のメニューバーの上にFC2検索バー用のスペースを設けています。
検索バーを表示しない設定にしている方は、cssの最上部メニュー.MegaMenuの中にあるtop:27pxをtop:0に変更してください。

◎背景スライドショー説明

random : 1, // ランダム 0:オフ 1:オン
transition : 1, // 0:単純画像切替 1:フェード 2~7:移動 8:ページ更新毎に切り替え
transition_speed : 1000, // 画像間の切替時間
slide_interval : 3000, // 1枚毎の画像停止時間
slides : [
{ image : '画像URL' } // 画像の追加・削除はここ

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れません。