<ビル・ウィザース追悼>「Ain't No Sunshine」Bill Withers 、Stevie Wonder 、Freddie King 、Michael Jackson 、Ed Sheeran 、Lenny Kravitz 、Sting and B.B. King 、Buddy Guy and Tracy Chapman、The Neville Brothers - ソウル・ファンク・ゴスペル・ドゥーワップ
FC2ブログ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント
月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

<ビル・ウィザース追悼>「Ain't No Sunshine」Bill Withers 、Stevie Wonder 、Freddie King 、Michael Jackson 、Ed Sheeran 、Lenny Kravitz 、Sting and B.B. King 、Buddy Guy and Tracy Chapman、The Neville Brothers

ビル・ウィザースが亡くなりました。


https://www.arban-mag.com/article/53661
2020.04.04
ビル・ウィザース死去

シンガー・ソングライターのビル・ウィザースが、米現地時間3月30日(月)に亡くなったことを米「AP通信」が報じた。家族の発表によると、死因は心疾患との合併症。81歳だった。

「Ain’t No Sunshine(邦題:消えゆく太陽)」や「Lean On Me」、「Lovely Day」などのヒット曲で知られるビル・ウィザースは1938年、米ウェスト・ヴァージニア州の小さな炭鉱町で生まれた。

軍隊生活中に作詞・作曲をはじめ、1965年に除隊したのち、ロサンゼルスで本格的な音楽活動を開始。1971年にはデビュー・アルバム『Just As I Am(邦題:ありのままの私)』をリリース。33歳という遅咲きのデビューを飾った。

1972年のアルバム『Still Bill』をはじめ、数々のリリースを重ねていたが、1985年のアルバム『Watching You Watching Me』を最後に音楽界から遠ざかっていた。その後ビルの曲は、多くの後進アーティストたちにカバーされ、ドクター・ドレーやカニエ・ウェストなどのヒップホップ勢からもサンプリングのネタとして広く使用された。

ビルの功績を讃え、2009年にはドキュメンタリー映画『Still Bill』が制作。また、2015年には「ロックの殿堂」入りも果たした。その時のことをビルはこう語っている。

「私はこれを受け取るような人物ではない。私は社交的でなくてシャイなんだ。ダンスもしないし、いつもギターの後ろに隠れていたくらいだ(笑)。人生何があるか分からない。何かをしている限りね」

2018年にビル・ウィザースのトリビュート・アルバム『リーン・オン・ミー』を発表したホセ・ジェイムズは、彼の訃報を受け「ビルと出会えたこと、彼の音楽や彼自身から学べたことは、僕の人生とキャリアにとって最も大きなものでした」と哀悼の意を表している。



今週の「今日の1曲」は、ビルウィザースの追悼特集とします。
今日は、「Ain't No Sunshine」で追悼します。
ビルの自作であり、「彼女が行ってから太陽の光が照らさない」と歌っています。




スティーヴィー・ワンダーのヴァージョンです。


フレディ・キングのヴァージョンです。


マイケル・ジャクソンのヴァージョンです。


エド・シーランンのヴァージョンです。


レニー・クラヴィツのヴァージョンです。


スティング& B.B. キングのヴァージョンです。


バディ・ガイ&トレイシー・チャップマンのヴァージョンです。


ネヴィル・ブラザーズのヴァージョンです。









ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

COMMENT

No title

昨年ミュージック・エアでこの人のインタビューを見ました。
思索的で世の中を分析する能力に長けた、とても頭の良い(思考力のある、という意味です。)人だと感じました。
黒人であるということはどういう意味を持つか?ということを淡々と語る姿はシンガーソングライターというよりむしろ哲学者のようでした。
物静かな中にもユーモアもあり、独特の存在感のある人でした。
天国でもきっとさらにいろいろ思索を
重ねていくのだろう、と想像します。
ご冥福をお祈りします。

Re: No title

> 昨年ミュージック・エアでこの人のインタビューを見ました。
> 思索的で世の中を分析する能力に長けた、とても頭の良い(思考力のある、という意味です。)人だと感じました。
> 黒人であるということはどういう意味を持つか?ということを淡々と語る姿はシンガーソングライターというよりむしろ哲学者のようでした。
> 物静かな中にもユーモアもあり、独特の存在感のある人でした。
> 天国でもきっとさらにいろいろ思索を
> 重ねていくのだろう、と想像します。
> ご冥福をお祈りします。


コメントありがとうございます。

正直言って、私は、これまでビルの音楽をあまり聞いていませんでした。
訃報に当たって彼の残してくれた楽曲を聴くにつけ、彼の音楽的才能に驚嘆しています。
知性と教養に溢れた素晴らしいミュージシャンを失うのは哀しいことですが、
優れた楽曲を残してくれたことに感謝したいと思います。

EDIT COMMENT

非公開コメント