嘘八百のこの世界
FC2ブログ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

「Bus Driver」 Muddy Waters

今日の1曲は、マディ・ウォーターズの「Bus Driver」です。







ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

“普通の商品宣伝記事”ですみません(笑)

「おすすめ年賀はがきと喪中はがきについて」


今日は、いつもと違うことを書きます。
昨年も書きましたが、“普通の商品宣伝記事”です(笑)
当ブログでは、アマゾンとA8ネットの広告を扱っています。
別に、広告を貼っている特別な理由があるわけではありません。
敢えて言うなら、誰でも思いつくように、
「どーせブログをやるんやったら少しは小遣い稼ぎができた方がええな」
と、感じただけなんです。
ただ、思ってもいないことは「ええでー」とはとても言えない性格なので、
本当にいいのか悪いのかが分からない商品は、お勧めすることはできません。
そんな私でも、自分で買って「間違いなく良かった」「得をした」「これなら皆さんにもお勧めできる」と感じたものがあります。
はい、年賀はがきと喪中はがきです。
私らしからぬ、ありきたりの日本の慣習です。
こんなものは止めれるならば止めた方がいいのかもしれませんが、
止める理由を相手に伝える方がさらに大変なので、私も細々と続けています。
昨年は、ネットで調べて喪中はがきを購入しました。
今年は、年賀はがきを購入するつもりです。
けっこう安く購入できたと思って満足していました。
よくあるスーパーやホームセンター等に置いてあるチラシの会社よりも、
かなり安く購入できたからです。
金額が安いうえに、送料も無料であり、注文の方法もとても簡単なんです。
購入した後でA8ネットの年賀状特集を見たら、
なんとその会社がA8ネットの提携会社に入っているではありませんか。
これは自信をもって皆さんに紹介できると思い、提携しました。
私も真剣に調べたわけではありませんので最安値かどうかは分かりませんが、
ご自身でネット等で調べてみてください。
決して損はしないんじゃないかと思います。
その会社の年賀はがきと喪中はがきの広告を貼っておきます。
商売の下手な私ですが、昨年はこの当ブログには珍しい広告記事にたくさんの方が反応していただき、ご注文もけっこういただきました。
改めて、ご注文をいただいた皆さん、ありがとうございました(*^-^*)
今年もよろしかったら(いいなと思われた方は)、購入いただけたら嬉しく思います。
以上、いつもの私らしくない“普通の商品宣伝記事”ですみませんでした(笑)













ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Watch Yourself」Buddy Guy

今日の1曲は、バディ・ガイの「Watch Yourself」です。




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Help Me」Sonny Boy WilliamsonⅡ、Buddy Guy and Junior Wells 、The Yardbirds 、Van Morrison

今日の1曲は、サニー・ボーイ・ウィリアムソンⅡの「Help Me」です。


バディ・ガイ&ジュニア・ウェルズのヴァージョンです。



ヤードバーズのヴァージョンです。



ヴァン・モリソンのヴァージョンです。






ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

うんざりするぜ 星がいっぱいついたボロ布に敬礼なんて 思ったことを口にして目が見えなくなる方が 冗談めかして言うよりよほどまし by エルビス・コステロ

「MOMOHUKU」Elvis Costello & The Imposters


2008年のエルビス・コステロ&ジ・インポスターズのアルバムである。
タイトルは、チキンラーメン、カップヌードルの開発者である安藤百福に捧げられたことが理由であると、コステロ自身が明かしたとのことである。
その割にはタイトル曲もないし、このことを連想させる曲もない。
敢えて言えば、1週間でアルバムを完成させたことのように完成に時間をかけなかったことぐらいが由来になるのかもしれない。
コステロは、冗談めかしてこのように語っている。
「やることといったらお湯をかけることぐらいだった」と(笑)

「No Hiding Place」は、ギンギンのロックである。
デイヴィ・ファラガーの唸るようなベースが印象深い。

「American Gangster Time」は、デビュー当時のパンク・サウンドを連想させる。
特に、スティーヴ・ナイーヴのキーボードは“当時そのまま”である。
「うんざりするぜ 星がいっぱいついたボロ布に敬礼なんて 思ったことを口にして目が見えなくなる方が 冗談めかして言うよりよほどまし」という歌詞がいい。
きっちりとアメリカを批判するコステロの姿勢が潔い。

「Turpentine」は、これまたイケイケのロックである。
「テレピン油を飲んでいた頃を振り返る 僕を責めないでくれ きみに一杯くわせただけじゃないか 毒が回るには時間がかかる だからこの件は扉を閉めて鍵をかけよう そうすればこれはただの歴史上の偶然ってことになる」という歌詞が気になる。
こういうことか↓
https://prospine.ru/ja/useful-properties-of-turpentine-and-indications-for-use-live-turpentine-instructions-for-use-analogs-indications-contraindications-effects-side-effects-dosage-composition/
要するに、このような毒物を体内に入れさせられている危険性をコステロは訴えているのだろう。ワクチンもテレピン油を毒物である。悪魔に騙されて殺されて、「歴史上の偶然」で済まされてはならない。

「Harry Worth」は、肩の力の抜けたボサノヴァ風の曲で、実に心地よい。

「Drum & Bone」は、淡々としたロックである。
「我々は所詮皮と骨だけなのかもしれないね」という歌詞が粋である。

「Flutter & Wow」は、コステロの得意とするバラード・ロックである。

「Mr.Feathers」は、淡々とした“聴かせる”曲である。
タイトルは「ミスター羽」となるわけだが、「軽い人間」のことを歌っているのかな?

「My Three Sons」は、自分のことか他人のことか分からないが、3人の息子を持つ父親のことを歌っている。コステロは、本当はこの手の音楽が好きなんじゃないのかな?

「Pardon Me,Madam,My Name Is Eve」は、言わずと知れた旧約聖書の創成期に登場するイヴが語り手として登場する曲である。
アダムの今の奥さんに「別の生では私が唯一の妻だった」と迫る設定です。
コステロは、少なくともカトリックではなさそうですナ。
続編としてアダムを語り手としたアンサーソングを作ってもいいじゃないのかな(笑)

「Go Away」は、まるでアンコールの最後のライヴ会場にいるような臨場感を感じさせられるノリノリのロックである。
最後の最後まで盛り上げてくれたエンターテイナーのコステロに、アッパレをあげよう(笑)


基本的に“ロックンローラー、エルビス・コステロここにあり”といった感じのアルバムですね。ただこのロックンローラーは決して単純明快ではなく、一癖も二癖も三癖もある“思ったことを口にできる”“超うるさ型ロックンローラー”であると、一癖も二癖も三癖もなく”思ったことを口にできない”小心者の私は思うのである。
何? ホンマカイナって(爆)
冗談は抜きにして、10月に発売される新作が非常に楽しみである。





評点:90点






ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

テンプレート説明

このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。
背景はスライドショーになっています。

◎プラグイン説明

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。
←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。
このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

※最上部メニューバーの上に隙間がある方

最上部のメニューバーの上にFC2検索バー用のスペースを設けています。
検索バーを表示しない設定にしている方は、cssの最上部メニュー.MegaMenuの中にあるtop:27pxをtop:0に変更してください。

◎背景スライドショー説明

random : 1, // ランダム 0:オフ 1:オン
transition : 1, // 0:単純画像切替 1:フェード 2~7:移動 8:ページ更新毎に切り替え
transition_speed : 1000, // 画像間の切替時間
slide_interval : 3000, // 1枚毎の画像停止時間
slides : [
{ image : '画像URL' } // 画像の追加・削除はここ

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れません。