嘘八百のこの世界
FC2ブログ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

戦争を終わらせる(始めさせない)ためには「戦争の真実」を理解しなければならない by ソウルマン

「太平洋“八百長”戦争・完全証明」


「あの戦争が八百長だったこと」を日本で一番告発した作家は、鬼塚英昭氏であるだろう。
同じことをネットで一番告発したのは、ひょっとしたら私かもしれない。
「よくも同じことばかり飽きもしないで書きよるわ」と、思われているかもしれない。
これだけ「同じこと」を告発しているわりには、読者の方の反応があまり感じられない。
あまり関心がないのかな?
戦争というものが身近に感じられないことが、その理由なのかもしれない。
戦争体験者で今も生きておられる方は、ごく少数しかいないだろう。
「戦争を知らない子供たち」が流行っていた時代の若者でさえ、今では高齢者である。
ましてや「戦争を知らない子供たち」の後追い世代である私が戦争の怖さを実感できているはずがないことは、言うまでもないことである。
斉藤和義の「僕の見たビートルズはTVの中」じゃないけれど、「僕の見た戦争はTV・映画の中」である。
「そんな戦争の「せ」の字も知らない若造が、戦争が八百長だなどと知ったようなことを抜かすな」と戦争体験者の方からお叱りを受けるかもしれないが、それでも黙っていられないのでこれまで書いてきました。

私が黙っていられない理由は、「戦争の真実」を知ってしまったからです。
「過去に発生したほとんど全ての戦争が八百長である」という真実を。

勿論真実を知った以上黙っていられないという私の持って生まれた性格も、大きな要因であるでしょう。
「知っていても知らないふりをして生きていった方が得だからそうしよう」というような器用な生き方を私はできませんし、するつもりもありません。
誰が何と言おうと、私は「過去に発生したほとんど全ての戦争が八百長である」ことを確信しています。

そして、私が「戦争の真実」を書いてきたもう一つの理由は、戦争が決して「過去の物語」ではなく現在・未来へと続いていく問題であるからです。
我々よりも我々の子や孫が戦争に巻き込まれてしまうかもしれないからです。
我々の子や孫が「他人に殺される」か「他人を殺す」かもしれないからです。

それも「偶然」ではなく誰かの故意による「計画」で起こされた戦争が原因で。

我々の子や孫をこのような悲惨な目に遭わせる戦争が「偶然」発生するものではなく誰かさんの「計画」であったならば、あなたは許すことができますか?
私にはできません。
もう一度誰でもわかるように、我々日本人が直近で体験したあの戦争の真実をまとめておきます。
この記事から「太平洋“八百長”戦争年表」を、この記事から「太平洋“八百長”戦争証明のポイント」を、転載します。

これで太平洋“八百長”戦争が完全証明されたと思っています。

「「そうだったんだ」とテレビで堂々と嘘をついているあの人があらゆる放送局の番組で時事問題の解説をしている理由」を考えてみてください。
ここに「すべてのテレビが同じ目的をもって同じ方向に向かっている」ことが証明されています。

「国民に真実を知らせるな」という方向に。

「国民に戦争の真実を知らせるな」という方向に。

「国民に北朝鮮の真実を知らせるな」という方向に。

「国民にシリアの真実を知らせるな」という方向に。

「国民にこの世界が嘘八百であることを知らせるな」という方向に。


現在の新聞・テレビは、戦時中の大本営発表と全く変わりありません。
これまで何度も書いてきましたが、最後にもう一度書いておきます。

戦争を終わらせる(始めさせない)ためには「戦争の真実」を理解しなければならない。





<太平洋“八百長”戦争年表>

1、 1918年、モスクワのイルミナティ大会により「日支闘争計画書」が作成される。
http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-260.html   

2、 1919年、アメリカで「オレンジ計画」が立案される。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B8%E8%A8%88%E7%94%BB

3、 1924年、イギリスのヘクター・C・バイウォーターの「未来予測」発表。
http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-285.html

4、 1930年、幣原喜重郎が「ロンドン海軍軍縮条約」を締結する。
http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-268.html

5、1936年、「二.二六事件」が起こされる。
http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-463.html

6、1941年、ロックフェラーの別のフロント組織、太平洋問題研究所 (IPR)が、日本の真珠湾攻撃工作資金を拠出する。
http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-2621.html

7、 1941年、日本海軍が「真珠湾攻撃」決行。太平洋戦争勃発。
http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-270.html

8、 1945年、広島と長崎に原爆が投下される。ポツダム宣言受諾。日本敗戦。幣原喜重郎が戦後初代の内閣総理大臣となる。
http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-46.html

9、1945年、「8.15宮城事件」が起こされる。
http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-536.html

10、日本は戦争のための兵器購入資金を敵国の米国ディロンから「借り入れ」ていた。戦後ディロン・リードは、日本の再軍備=自衛隊の創立と、日米安保条約=在日米軍によって莫大な収益を上げてきた。
http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-1012.html

11、ディロン・リード社は、日本の軍需会社に投資をしていた。日本の海軍力を増強させ、アメリカとの戦争へと向かわせる強力な力を発揮したのは、ディロン・リード社の日本への投資ゆえであった。
http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-2763.html







<太平洋“八百長”戦争証明のポイント>

・東京大空襲で皇居や財閥系企業の施設は被害を受けなかった。

・三菱重工広島造船所や長崎造船所は広島、長崎の原爆投下でも被害はなかった。

・東京裁判では米国にとって最大の「敵」であったはずの人物は無罪とされた。

・天皇の戦争責任を追及したアメリカ人ジャーナリストのバーガミニは、日本ではなく米国から妨害工作を受け、ジャーナリスト生命を断ち切られた。

・戦時中、財閥系企業は「天皇の軍隊」を利用して莫大な利益を上げた。

・財閥解体なんて嘘八百であり、戦後も存続・拡大し続けている。

・昭和天皇はガーター騎士団の一員(エリザベスの臣下)であった。
日本がイギリス相手に戦争を起こすということは、君主への反逆を表すことになる。

・石油も鉄くずも所有していない日本が、何故に4年も戦争を続けることが出来たのか。
敵国であるはずの米国から、裏ルートで輸入されていたからだ。

・白洲次郎やヨハンセン・グループは、空襲や原爆の情報を事前に教えられていた。

・満州国で実権を握っていたのは、岸信介をはじめとした田布施グループである。

・満州国で岸信介は麻薬を取り仕切っていた。
麻薬の製造方法や販売手段を日本は知らなかったはずである。
それらの情報を教えたのは誰か。

・田布施グループの一人である松岡洋右が国際連盟脱退のお膳立てをすることによって、
日米開戦の原因を作った。

・ロンドン海軍軍縮条約を締結させて日本海軍の弱体化を謀った幣原 喜重郎は、
フリーメーソンだった。

・幣原喜重郎の妻・雅子は三菱財閥の創業者・岩崎弥太郎の四女である。
ここでフリーメーソンと三菱が繋がってくる。

・太平洋戦争開戦以前に、「日支闘争計画」が存在していた。
これは、日本と中国を戦争させる計画である。

・開戦前の二.二六事件も、終戦の際の八.一五宮城事件も、ヤラセであった。
ともに「あの戦争は軍部が独走して起こしたものであり、天皇は戦争に反対していた」という嘘を広めることが目的だった。



ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「ディロン・リード社は、日本の軍需会社に投資をしていた。日本の海軍力を増強させ、アメリカとの戦争へと向かわせる強力な力を発揮したのは、ディロン・リード社の日本への投資ゆえであった」by 鬼塚英昭

「天皇種族・池田勇人 知るのは危険すぎる昭和史」鬼塚英昭


2014年12月の書である。以下、一部引用する。


*G・ディビスとJ・ロバーツの『軍隊なき占領』(1996年)に、首相吉田茂と蔵相池田勇人が登場する。

1948年はじめ、ワシントンか東京へ政府高官の使節団が数回派遣されたが、すべてジャパン・ロビーが仕掛けたものであった。1月には陸軍次官ドレイパーが来日した。ドイツの一大産業コンバインをアメリカ軍政府の猛攻撃から救って名をあげた男である。ジャパン・ロビーのもっとも有力な後援者のひとりであり、彼自身の投資銀行、ディロン・リード社が巨額の投資を保有している日本の経済復興には、特別の関心があった。もうひとつの現実的な動機は、日本が対民間融資のよい顧客になるだろうという見通しであった。のちに彼は首相吉田茂や蔵相池田勇人との個人的接触や手紙による働きかけによって自社のビジネスを獲得する。

この陸軍次官ドレイパーの随員の一人として、ドッジは日本にやって来たのである。ディロン・リード社を知るとき、ドッジの経済安定9原則の謎が解ける。春名幹男の『秘密のファイル:CIAの対日工作』に、ディロン・リード社のことが書かれている。

1947年末、特に財閥解体問題で不安を募らせたケナンに加えてジェームズ・フォレスタル国防長官、ウィリアム・ドレーパー陸軍次官、ポール・ニッツェ国務省国際貿易局次長がチームを作り、SCAP政策の修正に乗り出した。ケナンを除くと、全員がウォール街の投資会社ディロン・リード社の出身だった。
フォレスタルは、戦前の1940年、ルーズベルト大統領に請われて、ディロン・リード社社長から、海軍次官(後に海軍長官)に就任した。この会社で、ドレーパーはフォレスタルの下で副社長だった。さらに、若き投資家ニッツェもいた。フォレスタルのお付きという形で、ニッツィもワシントンに移った。ニッツィはそれ以後ずっとワシントンにとどまり、戦後は冷戦時代の核戦略を策定した。
彼らは戦後、一緒になって、GHQが進めようとしていた厳しい財閥解体政策を骨抜きにさせた。


ドッジは陸軍次官ドレイパーと一緒に日本にやってくる。この点から、彼の「経済安定9原則」を見る必要がある。
ディロン・リード社は、日本の軍需会社に投資をしていた。日本の海軍力を増強させ、アメリカとの戦争へと向かわせる強力な力を発揮したのは、ディロン・リード社の日本への投資ゆえであった。戦争は、特に大戦争はいつも八百長である。ディロン・リード社は戦前の日本への投資残高を返済させ、なお、経済を復興させ、未来の利益獲得を目指した。そのために、ドッジを日本へ連れてきたのである。日本経済が復興し、ディロン・リード社が日本へ再投資をし、莫大な利益を獲得することを狙ったのだ。
「のちに彼(ドレイパー)は首相吉田茂や蔵相池田勇人との個人的接触や手紙による働きかけによって自社のビジネスを獲得する」、『軍隊なき占領』にはそう書かれているのが、そのことを証明している。首相吉田茂も蔵相池田勇人もディロン・リード社のために(決して日本のためにではなく)、働いていたことも、この短い文章の中にかいま見える。

*ここでもう一人の男が登場する。ジェームス・リー・カウフマンである。戦前から日本で開業していた数少ない外国人弁護士のひとりで、当時、日本アメリカ協会の会長を務めていた有力者である。カウフマンは5年間、東京帝国大学法学部教授の職にあった。彼はまた、アメリカの銀行の日本での債券発行の代理人でもあった。要するに、デュポンという軍事会社の日本投資も、彼が代理人として実行したのである。カウフマンが先頭に立ち、マッカーサーの財閥分割計画を阻止するのである。簡単に記すと以下のようになる。
マッカーサーは財閥を解体し、賠償政策を遂行しようとした。それは、国務省と陸軍・海軍の三省の調整委員会が決定した賠償政策に基づくものであった。しかし、ディロン・リード社の副社長で陸軍次官のドレイパーは、カウフマンから情報を貰うと、反対運動に乗り出した。賠償政策とは何か。日本の侵略によって経済的損害を被った国々に日本の工業施設を提供するということであった。ディロン・リード社は賠償停止へと動いた。ディロン・リード社は戦前に発行された2500万ドルにのぼる債権の見返り物資として、賠償に充てられる予定の物資をおさえたのである。
「のちに彼は首相吉田茂や蔵相池田勇人との個人的接触や手紙による働きかけによって自社のビジネスを獲得する」とは、こういうことだったのである。首相吉田茂と蔵相池田勇人はドレイパーから、甘いキャンディを嘗めさせられるのである。それは何か。ドレイパーがドッジを使った一つの作戦の中に、甘いキャンディが隠されていた。




(管理人)
本書の中で私の最大の関心事である箇所を引用した。
「私の最大の関心事とは何か」って?
決まっているでしょう。

あの戦争が八百長であったことの証明です。

あの戦争が八百長であったことなど、「常識」です。
以前からの当ブログの読者の方なら、当然この「常識」はご理解いただいているはずですが。
「常識のない国民」だらけのこの国で、少しでも多くの方がこのような「常識」をお持ちいただけるよう、これまで私は微力ながら務めてきたつもりです。

少しはお役に立てたでしょうか?

今まで新聞・テレビ・学校教育に洗脳され、このような「常識」をお持ちでなかった方の中でも、少しは「目覚め」られ、「常識」を持つようになられた方も何人かはおられると思います。
しかし、私には実感がわきません。
そこそこアクセスがあるようですが、その割にはほとんど反応が感じられません。
正直言って「アホらしい」気さえしてきています。
我慢強い私でも、我慢の限界が来ている今日この頃です。
最後のメッセージとなるかもしれませんが、「同じようなこと」を繰り返し述べておきます。

著者は、本書の中で、何も池田勇人のことのみを追及しているのではないのです。
池田勇人を通して、この国の政治の真実を国民に理解してもらおうとしているのです。
池田勇人を理解することは、単なる「昔話」ではないのです。
池田勇人を理解すれば、現代の政治の真実が見えて来るのです。

池田勇人や岸信介や吉田茂に限らず、ほとんど全てのこの国の総理大臣は、日本国家・日本国民のために政治をしているのではなく、「彼ら」のために政治をしているのです。

珍しく国家国民のことを想う“人間らしい総理大臣”が現れたら、賄賂やスキャンダル等をでっち上げられたあげくに失脚させられるか、極端な話、殺されてしまうのです。

この国の政治家が悪魔に操られているからです。

悪魔に操られている政治家が、国民のために行動するわけがないのです。
悪魔に奉仕するために、その地位に就かしてもらっているのです。
「安倍辞めろ!」もいいけれど、悪魔に操られている“下っ端のカス”を辞めさせても問題の解決にはならないのです。
また別の「操り人形・売国奴政治家」が用意されるだけなのです。

本体の悪魔を糾弾しなければダメなのです。

しかし99%の国民は、悪魔の存在が見えていない。
“下っ端のカス”しか見えていませんから、話になりません。
悪魔の正体が何者であるかは当ブログではこれまで何度も書いてきたつもりですし、本書にも記されています。

“下っ端のカス”しか見えないようにさせている役割を担っているのが、新聞・テレビ・学校教育なのです。

これを「洗脳」と呼ぶのです。

オウムや統一教の信者だけが洗脳されていると思っていたら、大間違いなのです。

「自分は洗脳とは無縁だ」だと思っているあなたこそが、一番洗脳されているのです。

その洗脳工作員の一人が、あらゆるテレビに出演し、さも知識人ぶって「そうだったんだ」と堂々と国民に嘘をつきまくっているあのオッサンなんです!

残念ながら「政治とは、国家国民のために行動することではなく、国家国民を外国勢力に売り渡すことだ」と、我々は理解するべきでしょう。少なくともこの国においては。

「岸信介の孫である安倍と、吉田茂の孫であるアホウが、何故に総理大臣になれたのか」を考えてみてください。

「岸信介の孫である安倍と、吉田茂の孫であるアホウが、どのような勢力によって「都合のいい存在」であるか」を考えてみてください。

「岸信介の孫である安倍と、吉田茂の孫であるアホウが、何故に戦争法案を推進し、水道民営化詐欺の片棒を担ごうとしているか」を考えてみてください。

「岸信介の孫である安倍と、吉田茂の孫であるアホウが、何故に「国民にとって百害あって一利なし」なことばかりを推進しているのか」を考えてみてください。

「岸信介の孫である安倍と、吉田茂の孫であるアホウが、森友や加計で犯罪を犯していることが国民にバレバレでも、何故に一切罰せられずに平気で居直っていられるのか」を考えてみてください。

「岸信介の孫である安倍と、吉田茂の孫であるアホウが、「国民にとって百害あって一利なし」なことばかりを推進しているにもかかわらず、何故にこの国のマスゴミや野党は“本気で”追及しようとしないのか」を考えてみてください。

「共産党が不正選挙を何故に追及しないのか」を考えてみてください。

そして、「右も左も根は同じ」であることを理解してください。

繰り返しますが、これらの疑問に対する回答は、何度も当ブログでは書いてきたつもりです。
当ブログの過去記事を振り返っていただいて、回答を見つける努力をしてみてください。
それでもご理解いただけない方は、冷たいようで申し訳ないですが、当「洗脳開放病院」でも匙を投げざるを得ません。
「ご自身の優秀な頭」でお考え下さい。

最後にドレイパーやディロン・リード社について記した過去記事のリンクを貼っておきますので、とりあえずここから回答を見つける努力をしていただければと思います。


http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-1012.html
日本は戦争のための兵器購入資金を敵国の米国ディロンから「借り入れ」ていたのだ。
「あやつり人形師(コントローラー)である「彼ら」の一人、謎のドレイパーを探る」





評点:70点







ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村




「What A Wonderful World 」Louis Armstrong 、Rod Stewart、Stevie Wonder & Gloria Estefan 、Israel Kaʻanoʻi Kamakawiwoʻole、B.B. King

今日の1曲は、ルイ・アームストロングの「What A Wonderful World 」です。
ジョージ・ダグラス(本名ボブ・シール)とジョージ・デヴィッド・ワイスによって作られました。
この曲の歌詞は、私には皮肉にしか感じられませんが、近い将来に悪魔勢力が一掃され、本当の意味での「ワンダフル・ワールド」が到来することを願ってやみません。


ロッド・スチュワートのヴァージョンです。


スティーヴィー・ワンダー&グロリア・エステファンのヴァージョンです。


イズラエル・カマカヴィヴォオレのヴァージョンです。


B.B. キングのヴァージョンです。







ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「That's How Strong My Love Is」O.V. Wright、Otis Redding 、Taj Mahal、Candi Staton 、The Rolling Stones

今日の1曲は、O.V.ライトの「That's How Strong My Love Is」です。


オーティス・レディングのヴァージョンです。


タジ・マハールのヴァージョンです。


キャンディ・ステイトンのヴァージョンです。


ローリング・ストーンズのヴァージョンです。




<参考記事>
熱いハートを持ったソウル・シンガー  O.V.WRIGHT
「INTO SOMETHING」O.V.WRIGHT

http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-832.html



ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「Baby Please Don't Go」Big Joe Williams 、Lightnin' Hopkins、John Lee Hooker & Van Morrison 、Aerosmith

今日の1曲は、以前も取り上げましたが、改めて「Baby Please Don't Go」をアップします。
この曲はトラディショナルですが、1935年にビッグ・ジョー・ウィリアムスによってポピュラー化されました。


ライトニン・ホピキンスのヴァージョンです。


ジョン・リー・フッカー&ヴァン・モリソンのヴァージョンです。


エアロ・スミスのヴァージョンです。





ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村



テンプレート説明

このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。
背景はスライドショーになっています。

◎プラグイン説明

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。
←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。
このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

※最上部メニューバーの上に隙間がある方

最上部のメニューバーの上にFC2検索バー用のスペースを設けています。
検索バーを表示しない設定にしている方は、cssの最上部メニュー.MegaMenuの中にあるtop:27pxをtop:0に変更してください。

◎背景スライドショー説明

random : 1, // ランダム 0:オフ 1:オン
transition : 1, // 0:単純画像切替 1:フェード 2~7:移動 8:ページ更新毎に切り替え
transition_speed : 1000, // 画像間の切替時間
slide_interval : 3000, // 1枚毎の画像停止時間
slides : [
{ image : '画像URL' } // 画像の追加・削除はここ

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れません。